アニメの世界観を崩さず、曲としての役割を果たす


クラムボン / Rough & Laugh

【TRACK LIST】
01. Rough & Laugh
02. Rough & Laugh -Rings Around Laugh REMIX- by kz
03. Rough & Laugh -A-bee REMIX- by A-bee
04. Rough & Laugh -melting the ice in my foolish heart REMIX- by Go-qualia

販売形式 : mp3
販売価格 : 単曲 250円 / アルバム 1000円

クラムボンは、楽曲のテクニカルな面を見せつけず、ポップに聴かせる天才だ。4月にリリースされたライヴDVD以来の作品となったシングル「Rough & Laugh」は、現在も放映中のアニメ”しろくまカフェ”のオープニングとして制作された。ボーカルと鍵盤で楽曲の顔となる原田郁子、楽曲制作を行い、バンドの柱となるベーシストのミト、そして変幻自在のリズムを展開させるドラマーの伊藤大助。3人の演奏技術の高さはそのままに、アニメのオープニングの王道を行く疾走感と、耳に残るポップなメロディーで幅広い世代のリスナーの心をがっつり掴んでくる。最新アルバム『2010』では、ダイナミックかつドラマチックな音楽を聴かせていただけに、昨年以降発表された2枚のシングル「はなさくいろは」「ある鼓動」からは、2000年から2001年頃のクラムボンに近い、シンプルなポップさが垣間見れる。タイアップが付くということは、アニメの世界観や対象という制約が付随することを意味するが、ミトはむしろそれを楽しみ、枠の中で楽曲を作ることを楽しんでいるように見える。だからこそ、この曲は今までのオリジナル楽曲とはひと味違ったポップ・ミュージックに仕上がっているのだ。

アニメ”しろくまカフェ”は、小学館の少女マンガ系雑誌”月刊フラワーズ”に連載中の、ほのぼの系ギャグ漫画のアニメ化作品。人間界に動物が溶け込み会話を交わす世界で、カフェを営むしろくまと動物達、そして人間達の生活を描いている。デフォルメせず、動物の縮尺や特徴を、人間界にそのまま取り入れたことから、シュールでゆるい笑いが人気の作品だ。タイアップが付いた楽曲において、ミトは「作品へのリスペクトが無いとユーザーにばれる」と話すが、この曲は作品へのリスペクトで溢れている。アニメの内容はもちろん、前シーズンのオープニング曲の煌めきをクラムボンなりに引き継ぎ、シンプルで淡い癒し系の絵に合わせたキャッチーなメロディー、そして17:30からという放映時間と対象年齢を意識したひらがなや記号を用いた歌詞。アニメへの造詣が深いミトだからこそ生まれるアイデアには、頭が上がらない。ヴォーカルから始まる冒頭は、オープニング用のショート・バージョンになってもインパクトがあり、原田郁子の柔らかで人を惹き付ける特徴的な声を存分に生かしている。また、ポップで疾走感のあるメロディーは、登場人物が自転車で坂を駆け下りるオープニング映像とマッチしていて、期待を煽る。アニメの世界観を崩さず、オープニング曲としての役割をしっかり果たしている。

今回のシングルでは、kz、A-bee、Go-qualiaによるクラブ、ダンス、アンビエントなど、電子音楽的要素を取り入れたリミックスも収録。クラムボンの王道ポップを絶妙に崩しつつ、作品の広がりを生かしたアレンジがなされている。kzによるリミックス・バージョンを使った、クリエイティブ・チーム”TYMOTE”のMVでは、”しろくまカフェ”のオープニングとはひと味違った映像とのコラボレーションを見ることができる。

アニメのタイアップの影響は大きい。テレビという媒体を通して、これまでクラムボンを聴いたことがなかったリスナーにも、クラムボンの音楽を届けることができる。「Rough & Laugh」は、クラムボンの音楽に初めて触れる楽曲としては最適だろう。シンプルな歌詞もキャッチーで覚え易いメロディーも、”子供から大人まで”という言葉がしっくりくる。全世代に向けて上質なポップ・チューンを発信しているクラムボンに、これからも目が離せない。(text by 櫻井希)

RECOMMEND

Predawn 児玉奈央 / LIVE in Sense of Wonder 2011 (HQD ver.)

Sense of Wonder 2011での児玉奈央 、Predawnのステージからそれぞれ3曲をピック・アップし、高音質のスプリット・ライヴ・アルバムとしてOTOTOYからリリース。音質は、DSD+mp3とHQD(24bit 48kのWAV)。Predawnと児玉奈央という2人の至高のシンガー・ソング・ライターが、今出会う!

>>>Predawn、児玉奈央の特集はこちら

ふくろうず / ごめんね

既にライヴでも披露している人気曲「マシュマロ」、そして「ごめんね」をリードトラックとした全9曲を収録。前作同様、スーパーカーやクラムボン、キセル等を手掛けた益子樹氏をレコーディング&マスタリング・エンジニアに迎え、さらにレンジを広げたポップセンスを堪能できる快作。

>>>ふくろうずの特集はこちら

タルトタタン / 1st LIVE @ SHIBUYA WWW (HQD ver.)

話題急上昇中のガールズ・ユニット、タルトタタンが、2012年9月1日に行われた自身初ライヴの高音質音源をOTOTOY限定で配信リリース。タルトタタンは今年6月にデビュー・アルバムをリリースした亀高綾乃と有井優による女子2人組ユニットで、収録時のライヴは、 西浦謙助(アゼル&バイジャン、進行方向別通行区分 etc)、田渕ひさ子(bloodthirsty butchers、LAMA etc / ex ナンバーガール)、田中貴(サニーデイサービス)という異色の編成で行われました。

>>>タルトタタンの特集はこちら

PROFILE

福岡出身の原田郁子、東京出身のミト、北海道出身の伊藤大助が専門学校で出会い、1995年に結成。シングル『はなれ ばなれ』で、1999年にメジャー・デビュー。当初よりライヴやレコーディングなどにおいて様々なアーティストとのコラボレーションを重ね、楽曲提供、プロデュース、執筆活動など多岐に渡る活動を続けながら、バンドとして独自のスタンスを築き上げている。野外フェスティヴァルにも数多く出演し、ライヴ・バンドとしての評価も高いなか、2010年に8枚目となるオリジナル・アルバム『2010』をリリース。2011年11月3日には、両国国技館にて公演を成功させている。

o

 
 

"powerpush"の最新アーカイヴ

the magic vol.7 ~A FIRST AID KIT リリースツアー・ファイナル DIALUCKライヴ・レポート
[POWERPUSH]・2017年02月21日・2人から3人へ、DIALUCKの魔法は進化していくーー リリースツアー・ファイナル・レポート 地元大阪を中心に活動している3ピース・ガールズ・バンド、DIALUCK。初の全国流通ミニ・アルバム『A FIRST AID KIT』をひっさげたリリースツアー・ファイナルが2月12日に北堀江club visionでおこなわれた。その模様をレポートする。 ライヴ中、ずっとサポートメンバーとして活動していたkanatama(Ba)のサプライズ感ゼロのサプライズ加入発表もあり、最後までDIALUCKらしいファイナルになりました。 初の全国流通ミニ・アルバムをハイレゾ配信中DIALUCK / A FIRST AID KIT【Track List】1. セーシュン2. あの街まで3. 憂日幻想列車4. 勇灯最終列車5. おとぎばなし6. Daydream7. ためいきこちらが、伝説のフォーチュンシングル!!! DIALUCK / I AM WHO I AM(24bit/88.2kHz)【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/88.2kHz)>>特集ページはこちら LIVE REPORT :
LEARNERSがKiliKiliVillaより2ndアルバム・リリース&インタヴュー掲載!!
[POWERPUSH]・2017年02月07日・楽しいを追求したその先にある"MORE"ーLEARNERS、待望となる2ndアルバムをリリース!! 松田"CHABE"岳二を中心とした5人組ロックン・ロール・バンド、LEARNERS。2015年12月にリリースされた1stアルバム『LEARNERS』は年を跨ぎロング・セールスを記録、ジャンルを問わず魅力的な楽曲をカヴァーするそのセンスとハッピーなライヴ・パフォーマンスは各所にて話題を振り巻き続けている。そんな中リリースされる待望の2ndアルバム『MORE LEARNERS』はオリジナル楽曲はもちろん、ビーチ・ボーイズやダイアナ・ロス、山下達郎もカヴァーしている「WHY DO FOOL FALL IN LOVE」をはじめ、チェッカーズのドゥーワップ・ナンバー「MOONLIGHT REVIEW 50’S」のカヴァーで日本語楽曲にも初挑戦するなど、前作よりも確実に"MORE"な仕上がりとなっている。OTOTOYでは今作をハイレゾ配信中。そしてリリースにあたり、リーダーである松田"CHABE"岳二にインタヴューを敢行。バンドの結成とそのこだわりについて話を聞いた。 LEARNERS / MORE LEARNERS'
by JJ
日本のインディー・シーンを引っ掻きまわすレーベル、KiliKiliVillaがついにOTOTOYにて配信スタート!!!
[POWERPUSH]・2017年01月20日・日本のインディー・シーンを引っ掻きまわすレーベル、KiliKiliVillaがついにOTOTOYにて配信スタート!!! 元銀杏BOYZの安孫子真哉がチーフ・プロデューサーとしてパンク、ハードコア、ギター・ポップ等アンダーグラウンドから飛び出してくる生き生きとした音楽をリリースするレーベルKiliKiliVilla。モデル・歌手のSARAと松田"CHABE"岳二によるユニットから発展した5人組ロックン・ロールバンドLearnersや、栃木・足利を拠点として活動する3人組のCAR10、北海道・苫小牧の若きトリオ、NOT WONKなどなど、現在の音楽シーンにおいてKiliKiliVillaのリリースは目が離せない状態になっている。 OTOTOYでは、すでに発売されているLearnersのファースト・アルバム、NOT WONKの2枚のアルバムを始め、1月11日リリースのSuueat.のシングル『Let's get lost EP.』や1月18日リリースのEccy『Lonely Planet feat.あるぱちかぶと』、『Blood feat.泉まくら』のシングルを配信開始。また、LEARNERS待望の2ndアルバム
Year in Music 2016──岡村詩野音楽ライター講座生による2016年ベスト・ディスク
[POWERPUSH]・2017年01月20日・Year in Music 2016──岡村詩野音楽ライター講座生による2016年ベスト・ディスク OTOTOYが主催するオトトイの学校にて、音楽評論家として活躍する岡村詩野のもと、音楽への造詣を深め、「表現」の方法を学ぶ場として開講している「岡村詩野音楽ライター講座」。 2013年より、年末に製作してきた『Year in Music』。その名のとおり、受講生の選盤によって、その年のベスト・ディスクのレヴューを集めたものになります。ひとりの師を仰ぎながらも音楽の趣味嗜好の異なる書き手たちが選んだ2016年のベスト・ディスクを、2017年につながるひとつの指標としてお楽しみください。 list 『Year in Music 2016』作品一覧(あ-ん) ・agraph『the shader』・イ・ラン『神様ごっこ』・in the blue shirt『sensation of blueness』・エンジェル・オルセン『マイ・ウーマン』・カニエ・ウェスト『ザ・ライフ・オブ・パブロ』・KOHH『DIRTⅡ』・Suchmos『MINT CONDITION』・ジェイムス・ブレイク『ザ・カラー・イン・エニシング』・ス
最終回は最大級のハーレム状態で締めくくり! 清 竜人ハーレム♡フェスタ♡スペシャル♡レポート
[POWERPUSH]・2017年01月17日・最終回は最大級のハーレム状態で締めくくり! 清 竜人ハーレム♡フェスタ♡スペシャル♡レポート 清 竜人が一夫多妻アイドル「清 竜人25」結成後、TSUTAYA O-EASTにて定期的に開催していた「清 竜人ハーレム♡フェスタ」。今年6月で清 竜人25が解散するにあたり、最後のハーレム♡フェスタが1月14日に新木場Studio Coastでおこなわれた。今回はスペシャル版ということで規模も出演アイドルもステージも最大数と、まさかのアイドルフェス仕様に。今回はトリを務めた我らが清 竜人25と、フィナーレの模様をレポートする。清家のみなさん、解散まで半年切りましたよぅ・・・! REPORT : 清 竜人ハーレム♡フェスタ♡スペシャル あと何回清 竜人25を見られるのだろうか。ステージを見ながら、そんなことを考えている自分自身に気がついた。 2017年1月14日、新木場Studio Coastで「清 竜人ハーレム♡フェスタ♡SPECIAL」が開催された。 清 竜人25が結成された2014年から、女性アーティストを招いて開催されてきた「清 竜人ハーレム♡フェスタ」。しかし、2017年6月17日の清 竜人25解散をひ
DIALUCK旋風吹き荒れる!初全国流通ミニ・アルバム『A FIRST AID KIT』リリース
[POWERPUSH]・2016年11月15日・レペゼン浪速! あっ、良い音楽は DIALUCKにあります。 地元大阪を中心に活動している3ピース・ガールズ・バンド、DIALUCK。OTOTOYでは、タワレコ大阪4店舗限定で販売し爆発的にヒットしたフォーチュンシングル『I AM WHO I AM』のハイレゾ配信も大きな話題になった彼女たちが、ついに初の全国流通ミニ・アルバム『A FIRST AID KIT』をリリース。もうすぐDIALUCK旋風が吹き荒れる! 関西から全国へ、このタイミングを逃してはならない! と、わざわざ編集長自ら関西に出向き、DIALUCK結成から今後の展開までを訊いてきました。 DIALUCK / A FIRST AID KIT【Track List】1. セーシュン2. あの街まで3. 憂日幻想列車4. 勇灯最終列車5. おとぎばなし6. Daydream7. ためいきこちらが、伝説のフォーチュンシングル!!! DIALUCK / I AM WHO I AM(24bit/88.2kHz)【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/88.2kHz)>>特集ページはこちら INTERVIEW : DIA
でんぱ組.inc、初ベストアルバムリリース記念 ねむきゅんソロ・インタヴュー!
[POWERPUSH]・2016年12月21日・でんぱ組.inc、初ベスト・アルバムリリース記念 夢眠ねむソロ・インタビュー! みなさま、お待たせいたしました…! でんぱ組.inc初ベスト・アルバムリリースを記念して、南波一海による夢眠ねむソロ・インタビューをお届けします!!!!!! でんぱ組.inc / WWDBEST 〜電波良好!〜'【配信形態】(左)(24bit/48kHz) WAV / ALAC / FLAC / AAC(右)(16bit/44.1kHz) WAV / ALAC / FLAC / AAC【配信価格】(税込) (左)単曲 324円 / まとめ価格 4,200円(右)単曲 257円 / まとめ価格 2,780円【Track List】 ''1.電波良好! / 2.Future Diver(6人ver.) / 3.でんぱれーどJAPAN / 4.キラキラチューン / 5.W.W.D / 6.冬へと走りだすお! / 7.強い気持ち・強い愛 / 8.Sabotage / 9.でんでんぱっしょん / 10.ノットボッチ…夏 / 11.ORANGE RIUM / 12.君も絶対に降参しないで進まなくちゃ! / 13.くちづけキボンヌ(6人ver
callme、勝負の1年だった2016年を振り返る座談会
[POWERPUSH]・2016年12月19日・自分たちの魅力で勝負を始めた2016年ーーcallmeの3人が今年を振り返る座談会 RUUNA、MIMORI、KOUMIからなるセルフ・プロデュース・ガールズユニット、callme。2016年9月に2ndアルバム『This is callme』をリリースし、現在ツアー「callme Live Museum 2016 This is callme」を開催中。12月30日には、エンターテインメントパフォーマンス集団「Team Black Starz」とのジョイント公演「callme Live Museum 2016 Special Match 『Team Black Starz VS callme ~コドモな師匠とオトナな弟子~』ツアーファイナル公演」もおこなわれる。コンスタントな作品の発表、定期的なライヴの開催などフルスロットルで駆け抜けた2016年を3人に振り返ってもらった。 callme / This is callme(24bit/48kHz)'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 2,700円(税込)【Track L
筆者について
同じ筆者による他の記事