2012/10/17〜10/23の注目10作品をレビュー!!

涼しくなり、食欲も尽きない季節。新しい音源も続々とリリースされており、聴き尽くせないんじゃないでしょうか。そんなあなたのために、このコーナーでは、OTOTOY編集部がオススメする今週の推薦盤をピックアップし、ライターによるレビューと共にご紹介いたします。音源を試聴しながらレビューを読んで、ゆったりとした時間をお楽しみください。あなたと素敵な音楽の出会いがありますよう。

THE 原爆オナニーズ 過去作8作配信開始!!




THE 原爆オナニーズ

1) JUST ANOTHER the 原爆オナニーズ
2) NOT ANOTHER the 原爆オナニーズ
3) ONANIES AT LAST:パンクロックの素晴らしき世界
4) GENBAKU HEAD QUARTERS
5) ON TIME(LIVE AT OPEN HOUSE)
6) DESERT ISLAND DISC
7) ALL THE WAY
8) STEP FORWARD

【配信形式】 : mp3
【価格】
1)、3)
wav : 単曲200円 / アルバム1,200円
mp3 : 単曲150円 / アルバム1,050円

2)
wav : 単曲200円 / アルバム1,000円
mp3 : 単曲150円 / アルバム750円

4)〜8)
wav : 単曲200円 / アルバム1,500円
mp3 : 単曲150円 / アルバム1,200円

30年前、名古屋で結成されたthe 原爆オナニーズ(以下、原オナ)というパンク・バンドがいる。この30年という時間には、男達の生き様が詰まっている。THE STAR CLUBから脱退したメンバーを中心に結成され、一時はTHE STALINの良次雄、元Blankey Jet CIty、LOSALIOSの中村達也、元Hi-STANDARDの横山健などを有していた。現在はボーカル、TAYLOWを中心とした4名で活動を行っている。彼らのホームページにはライヴ・スケジュールとディスコグラフィーしか掲載されていない。活動停止や解散が多い近年だが、原オナは幾度のメンバー・チェンジを経て、未だに原オナらしさ、原オナとしてのバンド・スタイルを崩すことなく、むしろ更に進化させて前進し続けることで、日本のパンク・シーンに深く根を張っている。現在の原オナの姿を見ればそれでいい、という確立されたバンド・スタイルへの自信の表れである。パンクは生き方だという人がいるが、パンクは見た目のインパクトばかりが目に付きがちだ。原オナのメンバーは本当に見た目は普通の、言ってしまえばおっさんだが、音やステージを体感すれば、ファッションとしてのパンクではなく、本物のパンクスのかっこよさに、気づいていただけると思う。パンクスとしての生き方に誇りを持って、彼らは今も走り続けているのだ。(text by 櫻井希)

KING BROTHERS『MACH CLUB』


現在のKING BROTHERSを切り取ったフル・アルバム

KING BROTHERS / MACH CLUB

【配信形式】 : mp3
【価格】
単曲150円
アルバム1,800円


結成から14年、歩みを止めることなく最高のブルースでリスナーを唸らせるKING BROTHERS。メンバーのマーヤとシンノスケがN'夙川BOYSとして活動していることも記憶に新しい。そんな彼らが、昨年発売されたEP『KILL YOUR IDOL』に続き、約2年ぶりのニュー・アルバム『MACH CLUB』(マッハクラブ)を発売した。「 」(タイトルなし、通称「赤盤」)をはじめとする入手困難アルバムからの収録曲から、最新作『KILL Your IDOL』まで、彼らのキャリアをコンパクトにまとめた本作。新作でありながらベスト・アルバムであるが、ただのベスト・アルバムではない。ライヴを想定した繊細なアレンジ、MCにこだわって、スタジオで再びレコーディングされているのだ。アルバム全体を通して伝わってくる疾走感とその熱量に、過去の曲としての響きはない。音楽は時代を超えて人々に伝わる、そんなことを再確認させるアルバムある。ファンは新たなライヴ・アルバムとして、新規リスナーは最初の1枚として聴ける、万能なアルバムである。N'夙川BOYSは知っていてもキンブラは知らないリスナーは、今がチャンスだ!(text by 梶原綾乃)

L.E.D.『in the universe』


2年振りとなる2nd E.P

L.E.D. / in the universe

【配信形式】 : wav / mp3
【価格】
まとめ購入のみ : wav 1,000円 / mp3 800円


L.E.D.と名乗る7人組のバンドは視覚的とも言える音を弾き出し、その音でもって美しい映像を描く。映画のワンシーンを描いてみせるかのような演奏を展開する。ゆえに、こう呼ばれる。シネマティック・インスト・バンドと。そんなバンドが2012年3月4日に渋谷O-nestで行ったライヴの模様を収録した、このライヴ・アルバムで描いているのは宇宙である。『in the universe』というタイトルにそのことは表れている。インスト・バンド、そして宇宙。これらの言葉を聞いて、スペース・ロック、あるいはトランス・ロックと表現される音楽を聴かせるROVOを思い浮かべる人もいるだろう。この作品のミックスとマスタリングをROVOのキーボーディストである益子樹が担当しているところからも、L.E.D.が宇宙を意識していることが伝わってくる。

ROVOのライヴを体験したことがある人はよく分かると思う。彼らのライヴでは宇宙の果てに飛ばされる感覚を味わうことができる。ここで味わう感覚はそれとは少し違う。宇宙に弾き飛ばされるのではなく、体がゆっくりと浮き上がっていって、星が輝く宇宙空間を気持ちよく泳ぐような感覚を覚える。それは身を委ねたくなる心地よい感覚だ。筆者はL.E.D.の2作目のアルバム『elementum』を聴いて、青く輝く空を思った。ここにある音は青い空を超え、宇宙にまで達している。さらに遠くへと、さらに大きな空間へと向かっている。スタジオ録音のアルバムに収めることのできなかった音が、ライヴ・アルバムという形の中には収めることができたようである。

大空を旋回しながら上昇していくようなスケールの大きな音を、メンバーの7人が一体となって繰り出していく。そこには静かに輝く細やかな音も織り込まれている。豪快さと繊細さが入り混じった演奏だ。どこまであるのか分からないぐらい大きな宇宙と、輝く星たちが表現されている。思えば、クラムボンの原田郁子をヴォーカルとして招いた「I’ll」のプロモーション・ヴィデオは少女が星空を見上げているものだった。そして『Music ForCinemas e.p.』のプロモーション・ヴィデオは宇宙を描いたものだった。L.E.D.が描こうとしてきたのは宇宙だったのかもしれない。ここにはL.E.D.が目指してきた音楽がある。(text by 小澤剛)

o

 
 

"anaba"の最新アーカイヴ

おすすめの2.3枚(2013/11/6~2013/11/12)
[ANABA]・2013年11月08日・ 2013/11/6~11/12の注目の2作品をレビュー!! 今週もたくさんの新譜が入荷しました! 全部は聴いていられない! そんなあなたのために、このコーナーでは、OTOTOY編集部がオススメする今週の推薦盤を2~3枚ピックアップし、ライターによるレビューとともにご紹介します。音源を試聴しながらレビューを読んで、ゆったりとした時間をおたのしみください。あなたとすてきな音楽の出会いがありますよう。 sei and music『せいみゅー』 sei and music / せいみゅー【配信形式】mp3、WAV【価格】 mp3、WAV3ともに 単曲 200円 / アルバム購入 2,000円 のっぽのグーニーこと田中純一郎と、女性ヴォーカリストseiによるユニット、ju sei。すでに田中はソロでの活動を積極的に行ってきたが、今度はseiが、初のソロ・アルバムを発表した。作曲・作詞に倉地久美夫や、ザ・なつやすみバンドの中川理沙など11人の豪華メンバーを迎え、ひとり1曲を担当。演奏陣も三輪二郎やitoken(トクマルシューゴ、相対性理論のサポートとして参加)といった話題の人物が一堂に会し、壮大なヴォーカル・プロデ
by 浜 公氣
おすすめの2.3枚(2013/10/30~2013/11/5)
[ANABA]・2013年10月30日・ 2013/10/30~11/5の注目の2作品をレビュー!! 今週もたくさんの新譜が入荷しました! 全部は聴いていられない! そんなあなたのために、このコーナーでは、OTOTOY編集部がオススメする今週の推薦盤を2~3枚ピックアップし、ライターによるレビューとともにご紹介します。音源を試聴しながらレビューを読んで、ゆったりとした時間をおたのしみください。あなたとすてきな音楽の出会いがありますよう。 Autechre『L-event』 Autechre / L-event【配信形式】mp3、WAV【価格】 mp3 単曲 200円 / アルバム購入 800円WAV 単曲 250円 / アルバム購入 1,000円 難解と突き放して放置できるほど、やっぱりオウテカの音楽の脇は甘くはない。シングルといえども、すさまじい密度の刺激的な音の塊が迫ってくる。カラカラに乾いた、楽しき電子音楽の実験。 今春リリースの2時間超えアルバム『Exai』から、それでも入りきらなかった楽曲がEPとしてリリースされた。『Chiastic Slide』~『LP7』あたりのループしないループ感というか、ヒップホップ的なドープネスに回帰した感
by 河村祐介
おすすめの2.3枚(2013/10/23~2013/10/29)
[ANABA]・2013年10月24日・ 2013/10/23~10/29の注目の1作品をレビュー!! 今週もたくさんの新譜が入荷しました! 全部は聴いていられない! そんなあなたのために、このコーナーでは、OTOTOY編集部がオススメする今週の推薦盤を2~3枚ピックアップし、ライターによるレビューとともにご紹介します。 10月23日の週も良作がいっぱい!! ということで、たくさんページ展開をしているので、「今週の2、3枚」と謳いつつ今回は1作品、紹介します。音源を試聴しながらレビューを読んで、ゆったりとした時間をおたのしみください。あなたとすてきな音楽の出会いがありますよう。 キムウリョンと45トリオ『キムウリョンと45トリオ』 キムウリョンと45トリオ / キムウリョンと45トリオ【配信形式】(左)HQD(24bit/48kHz) (右)mp3、WAV【価格】 HQD 単曲 250円 / アルバム購入 1,800円mp3、WAV 単曲 200円 / アルバム購入 1,500円 元cutman-boocheのヴォーカル、キムウリョン、そしてcharaや福原美穂をはじめとする様々なアーティストに楽曲提供、プロデューサー、ツアー・キーボーディスト
by 鶯巣 大介
おすすめの2.3枚(2013/10/16~2013/10/22)
[ANABA]・2013年10月18日・ 2013/10/16~10/22の注目の3作品をレビュー!! 今週もたくさんの新譜が入荷しました! 全部は聴いていられない! そんなあなたのために、このコーナーでは、OTOTOY編集部がオススメする今週の推薦盤を2~3枚ピックアップし、ライターによるレビューとともにご紹介いたします。 音源を試聴しながらレビューを読んで、ゆったりとした時間をおたのしみください。あなたとすてきな音楽の出会いがありますよう。 Congo Natty『Get Ready VIP』 Congo Natty / Get Ready VIP【配信形式】mp3、WAV【価格】 mp3 単曲 200円 / アルバム購入 800円WAV 単曲 250円 / アルバム購入 1,000円 ダブステップ以降の音質でラガ・ジャングルを新たにリモデルし、今夏、シーンに投下されたアルバム『Jungle Revolution』。ジャングルの王様、コンゴ・ナッティーの健在っぷりを伝えるとともに、UKベース・カルチャーの層の熱さを感じさせるアルバム だった。そして本シングルは、デジタル・オンリーでリリースされた、アルバムからの別ヴァージョンのカット&リミッ
by 河村祐介
おすすめの2.3枚(2013/10/9~2013/10/15)
[ANABA]・2013年10月10日・ 2013/10/9~10/15の注目の2作品をレビュー!! 今週もたくさんの新譜が入荷しました! 全部は聴いていられない! そんなあなたのために、このコーナーでは、OTOTOY編集部がオススメする今週の推薦盤を2~3枚ピックアップし、ライターによるレビューとともにご紹介いたします。 音源を試聴しながらレビューを読んで、ゆったりとした時間をおたのしみください。あなたとすてきな音楽の出会いがありますよう。 住所不定無職『GOLD FUTURE BASIC,』 住所不定無職 / GOLD FUTURE BASIC,【配信形式】mp3【価格】 mp3 単曲 200円 / アルバム購入 1,800円 今年1月に新メンバー、℃-want you!(シ・ウォンチュ)を迎え、4人体制となった住所不定無職。シングル発売から5か月、現編成としては初のアルバムとなる。 これまでの住所不定無職といえば、60~70年代の正統派ロックからの影響を色濃く感じさせる、手堅くも味わいやすい聴きごこちが特徴であり、中性的でたくましいサウンド構築が話題となった。本新譜ではそのスタンダード・ロックの要素を受け継ぎつつも、さまざまな音楽ジャンル
by 山本 夏美
おすすめの2.3枚(2013/10/2~2013/10/8)
[ANABA]・2013年10月03日・ 2013/9/25~10/1の注目の7作品をレビュー!! 今週もたくさんの新譜が入荷しました! 全部は聴いていられない! そんなあなたのために、このコーナーでは、OTOTOY編集部がオススメする今週の推薦盤を2~3枚ピックアップし、ライターによるレビューとともにご紹介いたします。なんとなんと今回は絞りきれず6枚も。 音源を試聴しながらレビューを読んで、ゆったりとした時間をおたのしみください。あなたとすてきな音楽の出会いがありますよう。 神さま『ネ申MIXぷんぷんRELOADED』 神さま / ネ申MIXぷんぷんRELOADED【配信形式】WAV、mp3【価格】 mp3 単曲 150円 / アルバム購入 700円WAV 単曲 200円 / アルバム購入 800円 2009年に発売された1stアルバム以降、突然CD-Rで音源を発売したり、なぜかアメリカ限定でカセットテープが流通したりと、すこぶる珍妙なペースで活動をつづける「神さま」。ひさびさのしっかりとしたかたちでの発売となった本作では、突き抜けたカオスとともにグルーヴがはちきれんばかりに高まっていき、なにやら手に負えないことになってしまった。フリーキーな
by やまさき まこと,もり,山本 夏美
おすすめの2.3枚(2013/4/24~2013/5/2)
[ANABA]・2013年04月26日・ 2013/4/24~5/1の注目2作品をレビュー!! 今週も沢山の新譜が入荷しました! 全部は聴いていられない! そんなあなたのために、このコーナーでは、OTOTOY編集部がオススメする今週の推薦盤を2~3枚ピックアップし、ライターによるレビューと共にご紹介いたします。 音源を試聴しながらレビューを読んで、ゆったりとした時間をお楽しみください。あなたと素敵な音楽の出会いがありますよう。 SHARKS『SELFHOOD』 SHARKS / SELFHOOD【配信形式】 mp3、wav【価格】 mp3 単曲 150円 / アルバム 1,500円wav 単曲 200円 / アルバム 2,380円 結成するやいなや、数多くのメディアで取り上げられ、70年代パンク、エモ、パワーポップ・ファンを瞬く間に虜にしたUKの4ピース・バンド、SHARKS。2011年のフル・デビュー・アルバム『No Gods』のリリースから約2年、USツアーの敢行や、日本でもサマーソニックに登場と、ワールド・ワイドかつ精力的なライヴ活動と共に、世界中を巻き込んで走り続ける彼らがニュー・アルバム『Selfhood』をリリースした。今作は、前作の
by 釘田 沙來
おすすめの2.3枚(2013/9/25~2013/10/1)
[ANABA]・2013年09月25日・ 2013/9/25~10/1の注目の2作品をレビュー!! 今週もたくさんの新譜が入荷しました! 全部は聴いていられない! そんなあなたのために、このコーナーでは、OTOTOY編集部がオススメする今週の推薦盤を2~3枚ピックアップし、ライターによるレビューとともにご紹介いたします。 音源を試聴しながらレビューを読んで、ゆったりとした時間をおたのしみください。あなたとすてきな音楽の出会いがありますよう。 AZZURRO『4』 AZZURRO / 4【配信形式】WAV【価格】 WAV 2,000円 ヒップホップをベースとするビート・メイクと確かなエンジニアリングで日本のビート・シーンに確かな足跡を残してきたAZZURRO(アズーロ)。本作はソロ・アルバムとしては『The B-Side』(2009年)以来となる。盟友Shigeru TanabuとのユニットAZZXSSSではUKベース・ミュージックへ傾倒したAZZURROだが、『4』の制作にあたっては、ルーツ・ダブのアンビエンスを意識したという。重なった音を間引き、「間」を際立たせるプロダクションにより、多彩なヴァリエーションのビートを生み出す事に成功している。
by もり
筆者について
同じ筆者による他の記事