木戸崇博が主宰するレーベル、Ricco Labelが放つ、謎に包まれた「ダーク・ファンタジー・ミュージック・ユニット」、filmsがセカンド・アルバムをリリース。ピアノや弦楽器も使用しつつ、激しい電子音やノイズも入り交じるトラックは、衝動的な展開を見せつつも、すべて構築されているかのように緻密で、繊細。OTOTOYではこのアルバムをHQDで配信!! 謎に包まれたfilmsの不思議な世界観に、身を委ねてみませんか?



films / a forbidden garden

【価格】
mp3、HQD(24bit/48kHzのwav)ともに 単曲 200円 / まとめ購入 1,050円

【Track List】
01. bubbles / 02. lost field / 03. the door / 04. golden wind / 05. once upon a time / 06. control / 07. they pass in front of me / 08. clone / 09. sleepless town / 10. nostalgic hill / 11. prayer / 12. shining

暗闇の中で生き抜くための力強さを教えてくれる

シガー・ロスやmatryoshkaに匹敵する世界観を持ち、神秘的な美しさを表現し続けているユニット・films。性別や人数など全てが謎に包まれているが、世界的音楽コンクールや国際映画祭での受賞経験があるなど、国外の、とりわけクラシカルな部門において評価の高い存在であることが分かる。そんなfilmsが前作『messenger』以来、3年ぶりとなるセカンド・アルバム『a forbidden garden』を完成させた。前作はWorld's End GirlfriendやSerphを輩出した音楽レーベル、Noble Labelからのリリースであったが、今作はRicco Labelからのリリースになる。AnoiceとRiLFのメンバーを筆頭に、KASHIWA Daisuke、RAKU-GAKI、saiko(Aureole)、岡田尚子をはじめとする数々のアーティストが演奏からデザインまで何かしらの分野でサポートし、filmsの世界観を構築している。

1曲目「bubbles」に耳を澄ませた途端、暗い森へと迷い混んだことを錯覚する。しっとりと響き渡る2人の少女の歌声は、日本語でも外国語でもない架空の言語だ。ピアノの美しい旋律をメインに、ヴァイオリンやヴィオラなどのストリングスも存分に活かされた、繊細で密度の高い音の世界。最初は少々気難しく感じるかもしれない。しかし、気づいた頃には既にその美しさに惹き込まれているのだ。低音ビートと高音ヴォーカルが衝突し、どこかゲーム音楽やボーカロイド音楽に通ずるエッセンスを感じる「lost field」、兵隊の襲来を思わせるかのようなスネア音で耳が包まれる「control」、そしてそれ以降は「clone」のような、デジタルな讃美歌・鎮魂歌的な楽曲が多い。特に激しい起伏はないが、少しずつ変化をつけながら物語が進行し終息していく。

彼らの描く世界は「ダーク・ファンタジー」と称されているだけではなく、何かしらのストーリー性、コンセプトを感じさせる。今作において私は吹奏楽の名曲である「ピータールー序曲」を思い浮かべた。1819年にマンチェスターのセント・ピーター広場で発生した『ピータールー虐殺事件』による惨劇を描いた作品である。平和で艶やかな冒頭から一転、騎兵隊が近づき弾圧と悲劇が生じるシーンは、まさに「control」での足音を彷彿とさせる。壮大なラストも「clone」や「prayer」で感じた挫折からの克服や平和への祈りそのものだ。どちらにも共通して感じ取れるのは、「暗い世界の中で生きていく」ことへの強い宣言である。filmsの表現しているものは、決してただ暗くて美しいだけの世界ではない。そこから掴める一筋の光は、明るくて温かみのある強い決意なのだ。filmsとは、暗闇の中で生き抜くための力強さを教えてくれる存在なのかもしれない。(text by 梶原綾乃)

RECOMMEND

matryoshka / Laideronnette

2007年にリリースされた1stアルバム『zatracenie』は、まだ無名ながら口コミで広がり驚異的な売上を記録。5年ぶりとなる待望の2ndアルバム『Laideronnette』は荘厳なストリングスと柔らかなピアノ、無機質ながらも有機的なリズムが鳴り、憂いを帯びた唄、綿密に配置されたノイズが響く。

>>matryoshkaの特集ページはこちら

Anoice / The Black Rain

怒り、憎しみ、全ての悲しむべき感情の消化に捧げる。Takahiro Kido, Yuki Murata, RiLF, mokyow, cru等の多くのサイド・プロジェクトを持つ、インスト・バンドAnoiceによる4枚目のアルバム。ルイ・ヴィトンのiPadアプリBGM「colder than thermite」、タワーレコード企画アルバム「Variations of Silence」収録の「ripple」、SoundCloudでの試聴数が約3ヶ月で20万回を突破した「drops」など、ピアノと弦楽器をベースにした美しいオーケストレーションと、「finale」のように時に融合される鮮烈なノイズとビートによる壮大なサウンドスケープは、聴く人全ての心に衝撃と感動を与えるでしょう。

PROFILE

films

英語でも日本語でもない独自の言語による幻想的なツイン・ヴォーカルを中心にした、ダーク・ファンタジー・ミュージック・ユニット。ピアノや弦楽器等を使用したクラシカルな構成に、エレクトロニックな破壊的リズムを融合した楽曲を制作している。2010年Noble Labelよりファースト・アルバム『Messenger』でデビューし、高い評価を受ける。filmsのメンバーはポスト・ロック、クラシック、エレクトロニカ、ポスト・クラシック等の音楽シーンの第一線で活躍する音楽家で構成されており、そのサウンドはそれぞれのアルバム作品だけでなく、世界中の映画、テレビ、イベント等で聴く事ができる。

また、演奏と音響エンジニアをインスト・バンド、AnoiceのメンバーであるYuki MurataやTakahiro Kido、及びKASHIWA Daisuke等の音楽アーティストが担当。アート・ディレクターをウェブサイト・デザインやプロダクト・デザインの世界で高い評価を得るRAKU-GAKIが担当。filmsの破壊的なまでに美しい世界を唯一無二なものにしている。

>>films official website
>>Facebook : films
>>Ricco label主宰者・木戸崇博とkilk records主宰者・森大地の対談

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】生活を彩る音楽隊、フィクションに誘い込むトイ・ポップ──Ribet towns『フラッシュフィクション』
[CLOSEUP]・2017年10月11日・フィクションに誘い込むトイ・ポップ──生活を彩る音楽隊・Ribet townsの『フラッシュフィクション』 渋谷系や北欧音楽への憧憬を、京都という街から鳴らす12人組ポップ・バンド、Ribet towns。今年2月にファースト・ミニ・アルバム『ショートショート』を発売したばかりの彼らが、配信限定となるEP作品『フラッシュフィクション」をリリース。前作に収録されていた「メトロ」「ショートシネマ」のリアレンジと新曲2曲の全4曲を収録した今作を、OTOTOYでは発売日に先駆け、先日より配信スタート。ハイレゾでの配信もOTOTOYのみということで、これから要注目となるであろう彼らのサウンドをぜひ良い音で楽しんでいただくとともに、レヴューを掲載。カラフルなフィクションの世界へどうぞ。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!Ribet towns / フラッシュフィクション'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 185円(税込) / アルバム 750円(税込)【収録曲】01. ベッドタウン02. ショートシネマ03. caravan04.
by 中の人
原稿ライオット2017結果発表!!ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年10月12日・原稿ライオット2017結果発表ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』をリリース。ディスコ〜ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信スタート!! そして、本作のレビュー記事を募集する原稿の登竜門コンテスト「原稿ライオット2017」の結果を発表する!! 審査委員長は、南波一海!! ライターを目指している人はもちろん、CUBERSを世に広めたい人、プロのライターまで、数多くの応募作の中から選ばれたグランプリのレビューをお楽しみください。 2nd EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / マゼンタ【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 1,500円(税込
峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZ3ヶ月連続リリースを読み解く!
[CLOSEUP]・2017年10月12日・青春に別れを告げた峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZの3ヶ月連続リリースを読み解く! 日本武道館での公演を目前に控えたバンド活動はもちろん、連続テレビ小説「ひよっこ」への出演などで、お茶の間の幅広い世代にもその存在感を示した銀杏BOYZ・峯田和伸。そんな銀杏BOYZが「恋とロック」をテーマとして3ヶ月連続で「エンジェルベイビー」「骨」「恋は永遠」というシングルをリリースした。今回の3ヶ月連続リリース第1弾の「エンジェルベイビー」で〈ロックンロールは世界を変えて〉と叫んだ銀杏BOYZ、そして峯田和伸は、きっとこれからもぼくらの世界を変え続けてくれるはず! あなたの世界を変えるかもしれない3作品を、「岡村詩野音楽ライター講座」講座生によるクロス・レヴューとともにお届けします。 3ヶ月連続リリース、3部作配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】それぞれ 単曲 200円 / まとめ購入 400円 REVIEW : 銀杏BOYZ「エンジェルベイビー」「骨」「恋は永遠」 峯田和伸の、変わらないピュアネス(額田大志)ノイジーなバンド・サウンドの上
『23区』以降のメロウ・グルーヴ──bonobos、ニュー・シングルをリリース
・2017年10月13日・【REVIEW】『23区』以降のメロウ・グルーヴ──bonobos、ニュー・シングルをリリース メンバーの大幅な更新を経て昨年リリースされたアルバム『23区』で、その表現をネオ・ソウル〜R&Bのグルーヴへとシフトさせたbonobos。その長いキャリアのなかで大きな転換となったアルバムから1年、ここに新たなシングル『FOLK CITY FOLK .ep』を発表した。先行ですでにリリースされている、彼らの代表曲「THANK YOU FOR THE MUSIC」のリアレンジ・ヴァージョンも含む6曲は、まさに彼らの『23区』以降の現在の勢いを感じさせるものだ。端的にいえば『23区』でバンドが獲得した表現をさらに一歩推し進めた作品となっている。OTOTOYでは本作を、DSD、そしてハイレゾ版にて配信中。そしてレヴューにてその内容を紹介します。 bonobos / FOLK CITY FOLK .ep'【配信形態 / 価格】'【左パッケージ】DSD(5.6MHz) + MP3データ付きシングルまとめ購入のみ 1,800円(税込)【右パッケージ】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALACAAC単曲購入 3
聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』をハイレゾ配信!! 南波一海によるレビュー掲載
[REVIEW]・2017年10月04日・南波一海によるレビュー掲載ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』をリリース。ディスコ〜ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信スタート!! 南波一海のレビューを掲載する。さらに本作のレビュー記事を募集する原稿の登竜門コンテスト「原稿ライオット2017」も引き続き絶賛開催中!! 審査委員長は、南波一海!! ライターを目指している人はもちろん、CUBERSを世に広めたい人、プロのライターまで、応募は自由。本作を隅から隅まで味わいつくそう!! 2nd EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / マゼンタ【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 1,500円
【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の1stソロをハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年10月04日・【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の鮮明な登場──1stソロをハイレゾ配信開始 2枚のアルバムをリリースし、2015年に突如解散をした“森は生きている”の岡田拓郎が、2017年10月4日、ソロ名義“Okada Takuro”としてのデビュー・アルバム 『ノスタルジア』をリリースする。マルチ楽器奏者であり、作曲家であり、更に“森は生きている”ではミキシングやジャケット写真までも手がけた、いわば芸術的創造力の塊ともいえる、岡田拓郎。そんな彼のデヴュー・アルバムは、ボブ・ディランからボン・イヴェールなど数々の名作を手掛けたグラミー賞ノミネート経験もあるエンジニア、グレッグ・カルビがマスタリングを担当。さらに、増村和彦(ex. 森は生きている)、谷口雄(ex. 森は生きてい る)、大久保淳也(ex. 森は生きている)の他に、西田修大(吉田ヨウヘイgroup)、三船雅也(ROTH BART BARON)、水谷貴次(peno 他)、優河、石若駿など彼と繋がりのある様々なアーティストも参加。多様な楽器が紡ぐ音、静かに漂う歌声がすっと心に沁み込む傑作『ノスタ
by ai
【REVIEW】大野雄二トリオ、5年ぶりのジャズ・アルバムをハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年09月27日・ジャズ・ピアノの奥深さにハマる秋! 大野雄二トリオ、5年ぶりのジャズ・アルバムをハイレゾ配信 2017年は大野雄二特別活動年といっても過言ではないでしょう。今年に入ってなんと3作目となる作品は、5年ぶりとなるトリオ名義でのジャズ・アルバム! 現編成のトリオでのリリースは初でもある。スタンダード・ジャズナンバーから、もちろんルパンの曲まで12曲収録。これから深まる秋の夜長にハイレゾ音質でじっくり耳を傾けてはいかがでしょうか。 YUJI OHNO TRIO / LET'S FALL IN JAZZ'【Track List】01. LET’S FALL IN JAZZ feat.Lyn02. SWEET SUE, JUST YOU03. MISTY TWILIGHT04. LET’S FALL IN LOVE05. LOVE SQUALL06. LET’S FALL IN JAZZ -interlude-07. MY ONE AND ONLY LOVE08. LET’S FACE THE MUSIC AND DANCE09. A FOGGY DAY10. LOVE THEME11. THEME FROM LUPI
【REVIEW】最高傑作の呼び声高い、ホラーズの新作をハイレゾ配信
・2017年09月26日・【REVIEW】バンドの実験性の歴史を内包、そして新たなる質感も備えたホラーズの新作──ハイレゾ配信 リリースから約1週間、UKの『The Gardian』誌では満点のレヴューが掲載されるなど、すでに海外メディアでは大きな話題となっているザ・ホラーズの5thアルバム『V』。作品ごとにさまざまな方向性へと、その音楽性を変え、その登場以来、高い評価を受けてきたUKのバンド。デビューから10周年目の作品となる『V』ではこれまで挑戦してきたさまざまな音楽性を内包し、さらなる新たな一歩へと進み、バンドのポテンシャルそのものがさらに一段高い位置にあることを知らしめた、そんな作品となっている。OTOTOYではハイレゾ配信と、若干お得な、CDと同等音質のデータにて配信中(1500円!)。 ハイレゾ版&お得なCDと同様音質のWAV / FLAC / ALAC版を配信中The Horrors / V'【左パッケージ : ハイレゾ版】'【右パッケージ : CD音質版】'【Track List】01. Hologram02. Press Enter To Exit03. Machine04. Ghost05. Point Of N
by 尾野 泰幸