「日本のトレヴァー・ホーン」こと、本間柑治が、本人名義では33年ぶりとなる新作をDSDでリリース!! 本間柑治本人がミックスを、オノセイゲンがマスタリングを務め、ルロイ・アンダーソンの冬の名曲「Sleigh Ride」をカバー。その時代時代を反映した音源と楽器を使い、シンセサイザー黎明期から多重録音で制作してきた本間が2013年にアップデートした名曲は、他にはないサウンドに。また、オノセイゲンの考えにより、2種類のマスタリングが施されています。全体に明るく楽しい雰囲気の仕上がりのDSD、陰影があり季節感のある仕上がりになっているHQD(24bit/96kHz)とWAV(16bit/44.1kHz)バージョン。それぞれ聴き比べてみてください。本間柑治ソロ3作目『Honma Express3』も製作中とのことで、本間柑治の動きから目が離せそうにありません!!


ルロイ・アンダーソンのカバー「Sleigh Ride」を先行配信!!

Kanji Honma / Sleigh Ride


【配信形式】
DSD+mp3 : 420円 (※mp3は、DSDと別マスタリングの仕様。それぞれのマスタリングをお楽しみいただけます)
HQD(24bit/96kHz) : 315円
WAV(16bit/44.1kHz) : 200円

絶妙なスパイスや仕掛けが、無邪気さ全開に、フックたっぷりに、そしてカラフルに

本間柑治(ほんまかんじ)というアーティストは、電子音楽やエレクトロニカをはじめ、そのテの界隈では、当然のことながら十分に知られている、超を付けてもいいほどの重要人物である。彼の功績は、CM、ゲーム・メディア周りではかなりの評価を受けているし、YMOの坂本龍一や、電気グルーヴのメンバーだった「まりん」こと砂原良徳も、絶賛するほど! 本間は伝説のテクノ・ポップ・ユニット、TPOのプロデューサーでもあるわけだから、当然と言えば当然のことなのだけれど。

しかし、本間柑治の音楽に、いまだ触れたことがないリスナーが存在するというのも、また事実だと思う。そんな方に、ぜひ聴いてもらいたいのが、彼が33年ぶり(!)に個人名義で配信リリースする「Sleigh Ride(邦題 : そりすべり)」だ。言わずと知れたLeroy Anderson(ルロイ・アンダーソン)のカヴァーで、今の季節にぴったりの、温もりにあふれた、華やかな一曲に仕上がっている。

約3分の楽曲とはいえ、そのクオリティは凄まじいものがある。原曲のよさを尊重し、生かした上で、本間ならではの絶妙なスパイスや仕掛けが、無邪気さ全開に、フックたっぷりに、そしてカラフルにちりばめられている。聴いていて、どうにもこうにも、ワクワクさせられてしまう! このあたりは、シンセサイザー黎明期から、多重録音制作に挑み続けてきた音楽家でこそ、為せる業だろう。それでいて、嫌味なベテランらしさはなく、きわめてフレッシュな感動を与えてくれるのだから、本当にすばらしい。シンプルに、聴き手をいい気分にさせてくれる。

この数年、彼は「DS i Love You(任天堂DS-10のみで音楽制作をする実験ユニット)」としての活動がメインだったが、今回はDSからは完全に距離を置いたものとなっている。つまり、DSをまったく使わずに、サンプラーやシンセ主体の打ち込みで制作されているということ。「日本のトレヴァー・ホーン」の愛称を持つ彼の、本来のサウンドが聴けるのがポイントだ。マスタリングはオノセイゲンが担当しており、唯一無比の音像が味わえる。さらに、OTOTOYでは、DSD高音質での配信となるので、その点にも注目してほしい。(text by 田山雄士)

「Sleigh Ride」の制作 by Kanji Honma

DS i Love YouとしてDS1台で制作した2010年の『Christmas Dinner』と2011年の『Christmas Dinner Ⅱ』 、クリスマス曲の楽しさと音楽的に過酷とも言えるDSの機能的限界の苦しみを、一人打ちのテニスのようにたっぷりと味わった。「まだまだできるよ」という声が「もう無理」と思う心に囁きかける。

クリスマス・アルバムは2回制作したので2012年の冬、DS i Love Youはお休みすることになった。ふたつのクリスマス・アルバムの製作過程で、DSの機能制約上、多重録音をしないと製作不可能なのであきらめた曲もあった。中でも Leroy Anderson の Sleigh Rideはクリスマス・アルバム計画で一番取り上げたかった大好きな楽曲だったが、DSではフルコーラスの半分も製作できない上、サウンド的にも十分な効果が期待できない。さらに調べてみると、この楽曲はそもそもクリスマス・ソングではないことが判明しクリスマスとは別の機会にと考えていたのだった。

あらためて Sleigh Rideのスコアを見ていて、この楽曲がそりを引く馬を細かく描写していたんだなあとか感心したり、すごい名曲なのに自分が好きだなと思うような演奏やアレンジのものがあまり無くて残念だなあとか思っているうちに、この曲一度トライしてみたら良いのではないかと気持ちが動いた。あまり制約のない状態でリラックスした制作をするにはDSでない方が良いということで、ソフト・サンプラーやソフト・シンセ等でこだわりなくフランクに制作した。基本的に大好きな曲なので全くオリジナル・スコアのままで良いと思ったが、作っているうちに少しHONMAスパイスが効いてしまった。

今回はDTM環境での制作で、特にソフト・サンプラーの比重が大きいため、MIX DOWNまでのプロセスはコンピュータ制作環境内で全て完結させた。ただし最終的なブラッシュアップには決定的GOD HANDが是非欲しいとも思い、オノ・セイゲン氏の力を借りることとなった。思ったとおりの非常に的確なマスタリングにより私が意図した以上の品位あるサウンドに仕上げていただき感謝、感謝。またDSD高音質での配信予定もあるので乞うご期待。

今回1曲だけの単発リリースではあるものの、Kanji Honmaの世界の現れとして、1980年にリリースした「Honma Express」以来、33年振りの本間柑治名義での発表となる。スキーの人気も復活しつつある? というこのウィンター・シーズン、締めくくりは冬の名曲「Sleigh Ride」をKanji Honma の世界でお楽しみください。

本間柑治が主宰する実験プロジェクト、DS i Love Youの音源はこちら

PROFILE

本間 柑治(Kanji Honma)

13歳よりコントラバス、14歳よりシタールを独学、高校時代に仲間と自主制作盤をリリース。パリ大学音声音響学研究所で言語学 / 音声学の基礎を学ぶ。

1980年にトリオレコードより「Honma Express1」(廃盤)を発表。1981年に「Turkey shot (Honma Express 2)」を、ロサンゼルスにあるチック・ コリアのプライベートスタジオ「マッド・ハター・スタジオ」他にて制作(未発売)。同年、FILMSのレコーディングにアソシエイト・プロデューサーとして参画。1982年頃より「日本にはじめてフェアライトCMIを持ち込んだテクノ・ポップ音楽集団」「日本のアート・オブ・ノイズ」TPOプロジェクトの首謀者として、片柳譲陽(Joyo Katayanagi)名義でプロデューサー役を務める。1984年頃より片柳譲陽名義で丸井、資生堂、メルセデスベンツ、明和地所など多数の CM音楽を作曲、独自の音楽性が高く評価される。1987年、士郎正宗原作「ブラックマジック M-66」の音楽を担当 (片柳譲陽名義)。1990年、コカコーラ・ライトCMでJAM最優秀編曲賞受賞。

2003年よりスタートした「小山田圭吾の中目黒ラジオ」エンディングテーマにTPOのSundogが起用され、TPO再評価の機運が高まる。2009年2月、1983年にリリースした「TPO1(2枚組)」再発、小山田圭吾(コーネリアス)がコメントを寄せる。アマゾン・インディー・チャート2位はじめ、高い評価を得る。2009年8月、TPOメンバーが1981年に制作した「GREEN by PROJECT GREEN」 発売。2009年 KORG DS-10 PLUSのみで音楽制作する実験プロジェクト「DS i Love You」を立ち上げる。その高い音楽性と斬新なサウンド・メイキングが世界的に注目され、デビュー時は坂本龍一もツイッターでコメントを寄せ話題となった。

2013年、33年ぶりに本間柑治名義での新作「Sleigh Ride」を配信リリース。本作品では砂原良徳よりコメントが届いている。現在『Honma Express3』(本間柑治ソロ3作目)を制作中。

公式サイト : http://dsiloveyou.com/

o

 
 

"powerpush"の最新アーカイヴ

ニューエスト・モデル結成30周年! ベスト・アルバムハイレゾ先行配信& 中川敬インタヴュー
[POWERPUSH]・2016年06月29日・濃密なる8年の熱狂ーーニューエスト・モデル、結成30周年記念のベスト・アルバムを独占ハイレゾ先行配信 現在、ソウル・フラワー・ユニオンで活動する中川敬によって1985年に結成されたニューエスト・モデル。今年で結成30年を迎え、数ある名曲の中から厳選された36曲をリマスタリングしたベスト・アルバムをリリース。OTOTOYでは一般リリースより1週間早く、独占ハイレゾ配信を開始。中川敬がニューエスト・モデル時代の軌跡をじっくりと振りかえったインタヴューは必読です! ニューエスト・モデル / ザ・ベスト・オブ・ニューエスト・モデル 1986-1993(24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC(24bit/48kHz)【価格】まとめ購入のみ 3,000円(税込)【Track List】'DISC1 01. オモチャの兵隊 / 02. ソウル・ダイナマイト / 03. センスレス・チャター・センスレス・フィスツ / 04. ニュークリア・レース・オア・ヒューマン・レース / 05. ソウル・トゥ・ソウル / 06. プリティ・ピクチャー・ブック / 07. フィーリング
ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始
[POWERPUSH]・2016年06月17日・自由なる電子音の戯れ──ケンイシイ、フレア名義の作品をハイレゾ配信開始 世界中のテクノ・シーンでその名が知られるケンイシイ。そのアナザー・サイドとも言えるフレア名義の作品『Leaps』がこのたびハイレゾ配信される。ストレートなテクノ・サウンドのケンイシイ名義の作品に比べ、フレア名義は彼のエクスペリメンタルなエレクトロニック・ミュージック・サイドを担っている。ある意味で初期のケンイシイ名義の作品に渦巻いていたストレンジな電子音の感覚を継承している名義でもある。本作はすでに1年ほど前からケンイシイが出演する会場や自身のアーティスト・サイトなどかなり限られた販路でCDとして売られていた作品だが、今回、待望のハイレゾ版がリリースされる。まさに音そのものを楽しむ、その作品性を考えればハイレゾでのリスニングにもってこいの作品と言えるのではないだろうか。 Flare / Leaps(24bit/48kHz)'【Track List】01. Mole Tunnel02. Downglide03. Deep Freeze04. Sympathetic Nervous System05. Las Pozas06. Iapet
by 河村 祐介
UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2016年06月11日・若手と新しさを競い合っても意味がないだろ──UKテクノのベテラン、プラッドの新作をハイレゾ配信 エド・ハンドリー、アンディ・ターナーによる、このテクノ・ユニットは1990年代初頭から現在にいあたるまでエイフェックス・ツインらとともにブリティッシュ・テクノを象徴する存在であり続けている。ビョークのコラボレーターでもあり、ルーツ・オブ・エレクトロニカであり、松本大洋原作の劇場アニメ作品『鉄コン筋クリート』のサントラを手掛けたことでも知られる彼らだが、決してその活動は初期からぶれていない。彼らの作品のクリアで叙情的な電子音は、綺羅星のごとく輝き、そのシーンのヒストリーを穏やかな光で照らし続けている。そんな彼らの最新アルバム『The Digging Remedy』も、そのヒストリーを継続させる、また美しい電子音の連なり、それ以外の何物でもない。 本人たちもインタヴューで語っているように、この繊細なサウンドはぜひともハイレゾで体験していただきたい。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、アルバム、CDと同様のライナーノーツをPDFにてダウンロード可能。こちらはヴォーカロイドでおなじみのクリプトン・フューチャー
by 河村 祐介
ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2016年06月10日・ベース・ミュージック・ペルー譚──ダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信 ジャイルス・ピーターソンのレーベル〈ブラウンズウッド〉から2012年にリリースされた『Mala In Cuba』。多くのリスナー、メディアから絶賛された作品から約4年の月日を経て、UKダブステップのイノヴェイターのひとり、MALAの新たなプロジェクトがここにリリースされた。『Mirrors』と名付けられた本作は、キューバでのセッションとUK本国でのスタジオ・ワークにて完成した『Mala In Cuba』と同様、MALAとペルー現地のミュージシャンとのセッションから生み出された作品だ。現地でレコーディングされたさまざまなフォルクローレの断片やアフロ・ペルー音楽のパーカッションなどが見事にMALAの才覚を通して作品として示されている。 OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、ハイレゾ版アルバムまとめ購入でCDと同様のライナーノーツPDFが付属する。北中正和による日本盤ライナーノーツ、そしてEmma Warrenによる英語版ライナーノーツの和訳を読めば、この不可思議なサウンドが具体的にどんなプロセスで、どんなペル
by 河村 祐介
オーストラリア・ロック・シーンの雄、4年ぶりの帰還──ザ・テンパー・トラップ配信開始
[POWERPUSH]・2016年06月10日・4年ぶりの帰還──芳醇なるオーストラリア・シーンからザ・テンパー・トラップがひさびさの新作 ここ数年、さまざまなタイプのロック・バンドを世界レベルで輩出し、シーンの芳醇な底力が垣間見えるオーストラリアのシーン。そんなシーンの動きを予見すべく、オーストラリアはメルボルンから、2009年に世界デビュー。1st『コンデションズ』を伴って飛び出したザ・テンパー・トラップ。英米を中心に高い評価を経て、ここ日本でも同年のサマーソニック、そして東京、大阪の単独公演を成功させるなどファンをつかんだ彼ら。さらに2009年の映画『(500)日のサマー』でも彼らの「Sweet Disposition」が使用され、こちらもシングルとしてヒットしさらなる人気を集めた。2012年の2nd『ザ・テンパー・トラップ』を経て、そんな彼らが4年ぶりに新作『シック・アズ・シーヴス』をリリースする。ギタリストのロレンゾの脱退などの苦難を経て、ついに彼らが動きだしたのだ。さらに、8月8日(月)には〈梅田クラブクアトロ〉と8月9日(火)に〈リキッドルーム〉での来日公演も控えている。 The Temper Trap / Thick As Thieve
by 渡辺 裕也
D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2016年06月07日・独占ハイレゾ配信 : 小林うてなの1stアルバムはドープなベースと幽玄な歌声がこだまするビート・アルバム 元“鬼の右腕”にして現在はソロ、そしてD.A.N.や蓮沼執太フィルなどの客演などでも知られる小林うてな。このたび1stアルバム『VATONSE』をリリースした。リリースはインターネット・ライヴ・ストリーミング・サイト、2.5Dが設立したレーベル〈2.5D PRODUCTION〉から。ポップ・エレクトロ・プロデューサー、tomgggの作品とともに本レーベルの第一弾アーティストとなる。スティール・パンやエレクトロニクス、さらにはヴォーカル / コーラスまでこなすマルチ・プレイヤーとして知られる彼女だが、1stソロのサウンドはこれまたぶっ飛びのダーク&ヘヴィーなエレクトロニック・ビーツ、そして彼女の幽玄な歌声を中心にしている。OTOTOYでは本作を独占のハイレゾ版で配信開始。美しい歌声と細やかな電子音の表現、野太いベースをぜひともハイレゾにてお楽しみください。 小林うてな / VATONSE'【Track List】01. GONIA SE02. ILA03. EN04. TON TO WAHAHI05.
by 河村 祐介
ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2016年06月03日・ボンジュール鈴木らも参加の、カラフルなポップ・エレクトロ──Tomgggの最新作を独占ハイレゾ配信 自身のSoundCloudや〈Maltine Records〉など、まさにインターネット・フィールドで徐々に知名度を上げ、昨年はフィジカル作品として『Butter Sugar Cream』をリリース、さらにその活動領域を広げた、Tomggg(トムグググ)。このたび、ライヴ・ストリーミングでおなじみの〈2.5D〉が設立したレーベル〈2.5D PRODUCTION〉から、新作『Art Nature』をリリースした。ボンジュール鈴木、tsvaci(辻林美穂)といったゲスト・ヴォーカルを迎え、彼の真骨頂とも言える、めくるめく展開ときらびやかな電子音によるポップ・エレクトロを展開している。また前作に引き続き、ジャケットはKazami Suzukiが担当し、そのドリーミーでメルヘンなサウンド・イメージをさらに強く印象つけている。OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信。インタヴューにもあるように、展開や音響的な効果など緻密に構築されたそのサウンドはハイレゾでさらにきめ細やかに楽しめることでしょう。 Tomggg / Ar
by 河村 祐介
ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム
[POWERPUSH]・2016年05月30日・〈トランスマット〉である必然性──デリック・メイを魅了したHIROSHI WATANABEの作品をハイレゾで KAITOや本名名義でリリースを行い、まさにテクノ / ハウス・シーンにて世界レベルで活躍するHIROSHI WATANABE。そんな彼がこれまた快挙を成し遂げた。テクノの伝説的レーベルからそのアルバムを今春にリリースした。そして、このたびやっと、その作品のハイレゾ版がリリースされた。おっと、興奮して書き忘れていたが、アルバム・タイトルは『MULTIVERSE』、そしてその伝説のレーベルとは、デリック・メイの〈トランスマット〉である(「知らない!」という人は後述のコラムを)。〈トランスマット〉らしい、エネルギッシュなグルーヴと叙情性に満ちたコズミック・テクノに。グイグイとスピーカーからスペーシーな情景が迫ってくる。いやー、すっきりとテクノを聴きたいぜというのならぜひともこのアルバムを。ストレートなデトロイト・テクノのかっこよさに満ち溢れた作品。繊細なシンセの揺らめきや空間的な表現に満ちたそのサウンドは、ハイレゾでぜひとも楽しみたい。 HIROSHI WATANABE / MULTIVERSE(24
by 河村 祐介