「日本のトレヴァー・ホーン」こと、本間柑治が、本人名義では33年ぶりとなる新作をDSDでリリース!! 本間柑治本人がミックスを、オノセイゲンがマスタリングを務め、ルロイ・アンダーソンの冬の名曲「Sleigh Ride」をカバー。その時代時代を反映した音源と楽器を使い、シンセサイザー黎明期から多重録音で制作してきた本間が2013年にアップデートした名曲は、他にはないサウンドに。また、オノセイゲンの考えにより、2種類のマスタリングが施されています。全体に明るく楽しい雰囲気の仕上がりのDSD、陰影があり季節感のある仕上がりになっているHQD(24bit/96kHz)とWAV(16bit/44.1kHz)バージョン。それぞれ聴き比べてみてください。本間柑治ソロ3作目『Honma Express3』も製作中とのことで、本間柑治の動きから目が離せそうにありません!!


ルロイ・アンダーソンのカバー「Sleigh Ride」を先行配信!!

Kanji Honma / Sleigh Ride


【配信形式】
DSD+mp3 : 420円 (※mp3は、DSDと別マスタリングの仕様。それぞれのマスタリングをお楽しみいただけます)
HQD(24bit/96kHz) : 315円
WAV(16bit/44.1kHz) : 200円

絶妙なスパイスや仕掛けが、無邪気さ全開に、フックたっぷりに、そしてカラフルに

本間柑治(ほんまかんじ)というアーティストは、電子音楽やエレクトロニカをはじめ、そのテの界隈では、当然のことながら十分に知られている、超を付けてもいいほどの重要人物である。彼の功績は、CM、ゲーム・メディア周りではかなりの評価を受けているし、YMOの坂本龍一や、電気グルーヴのメンバーだった「まりん」こと砂原良徳も、絶賛するほど! 本間は伝説のテクノ・ポップ・ユニット、TPOのプロデューサーでもあるわけだから、当然と言えば当然のことなのだけれど。

しかし、本間柑治の音楽に、いまだ触れたことがないリスナーが存在するというのも、また事実だと思う。そんな方に、ぜひ聴いてもらいたいのが、彼が33年ぶり(!)に個人名義で配信リリースする「Sleigh Ride(邦題 : そりすべり)」だ。言わずと知れたLeroy Anderson(ルロイ・アンダーソン)のカヴァーで、今の季節にぴったりの、温もりにあふれた、華やかな一曲に仕上がっている。

約3分の楽曲とはいえ、そのクオリティは凄まじいものがある。原曲のよさを尊重し、生かした上で、本間ならではの絶妙なスパイスや仕掛けが、無邪気さ全開に、フックたっぷりに、そしてカラフルにちりばめられている。聴いていて、どうにもこうにも、ワクワクさせられてしまう! このあたりは、シンセサイザー黎明期から、多重録音制作に挑み続けてきた音楽家でこそ、為せる業だろう。それでいて、嫌味なベテランらしさはなく、きわめてフレッシュな感動を与えてくれるのだから、本当にすばらしい。シンプルに、聴き手をいい気分にさせてくれる。

この数年、彼は「DS i Love You(任天堂DS-10のみで音楽制作をする実験ユニット)」としての活動がメインだったが、今回はDSからは完全に距離を置いたものとなっている。つまり、DSをまったく使わずに、サンプラーやシンセ主体の打ち込みで制作されているということ。「日本のトレヴァー・ホーン」の愛称を持つ彼の、本来のサウンドが聴けるのがポイントだ。マスタリングはオノセイゲンが担当しており、唯一無比の音像が味わえる。さらに、OTOTOYでは、DSD高音質での配信となるので、その点にも注目してほしい。(text by 田山雄士)

「Sleigh Ride」の制作 by Kanji Honma

DS i Love YouとしてDS1台で制作した2010年の『Christmas Dinner』と2011年の『Christmas Dinner Ⅱ』 、クリスマス曲の楽しさと音楽的に過酷とも言えるDSの機能的限界の苦しみを、一人打ちのテニスのようにたっぷりと味わった。「まだまだできるよ」という声が「もう無理」と思う心に囁きかける。

クリスマス・アルバムは2回制作したので2012年の冬、DS i Love Youはお休みすることになった。ふたつのクリスマス・アルバムの製作過程で、DSの機能制約上、多重録音をしないと製作不可能なのであきらめた曲もあった。中でも Leroy Anderson の Sleigh Rideはクリスマス・アルバム計画で一番取り上げたかった大好きな楽曲だったが、DSではフルコーラスの半分も製作できない上、サウンド的にも十分な効果が期待できない。さらに調べてみると、この楽曲はそもそもクリスマス・ソングではないことが判明しクリスマスとは別の機会にと考えていたのだった。

あらためて Sleigh Rideのスコアを見ていて、この楽曲がそりを引く馬を細かく描写していたんだなあとか感心したり、すごい名曲なのに自分が好きだなと思うような演奏やアレンジのものがあまり無くて残念だなあとか思っているうちに、この曲一度トライしてみたら良いのではないかと気持ちが動いた。あまり制約のない状態でリラックスした制作をするにはDSでない方が良いということで、ソフト・サンプラーやソフト・シンセ等でこだわりなくフランクに制作した。基本的に大好きな曲なので全くオリジナル・スコアのままで良いと思ったが、作っているうちに少しHONMAスパイスが効いてしまった。

今回はDTM環境での制作で、特にソフト・サンプラーの比重が大きいため、MIX DOWNまでのプロセスはコンピュータ制作環境内で全て完結させた。ただし最終的なブラッシュアップには決定的GOD HANDが是非欲しいとも思い、オノ・セイゲン氏の力を借りることとなった。思ったとおりの非常に的確なマスタリングにより私が意図した以上の品位あるサウンドに仕上げていただき感謝、感謝。またDSD高音質での配信予定もあるので乞うご期待。

今回1曲だけの単発リリースではあるものの、Kanji Honmaの世界の現れとして、1980年にリリースした「Honma Express」以来、33年振りの本間柑治名義での発表となる。スキーの人気も復活しつつある? というこのウィンター・シーズン、締めくくりは冬の名曲「Sleigh Ride」をKanji Honma の世界でお楽しみください。

本間柑治が主宰する実験プロジェクト、DS i Love Youの音源はこちら

PROFILE

本間 柑治(Kanji Honma)

13歳よりコントラバス、14歳よりシタールを独学、高校時代に仲間と自主制作盤をリリース。パリ大学音声音響学研究所で言語学 / 音声学の基礎を学ぶ。

1980年にトリオレコードより「Honma Express1」(廃盤)を発表。1981年に「Turkey shot (Honma Express 2)」を、ロサンゼルスにあるチック・ コリアのプライベートスタジオ「マッド・ハター・スタジオ」他にて制作(未発売)。同年、FILMSのレコーディングにアソシエイト・プロデューサーとして参画。1982年頃より「日本にはじめてフェアライトCMIを持ち込んだテクノ・ポップ音楽集団」「日本のアート・オブ・ノイズ」TPOプロジェクトの首謀者として、片柳譲陽(Joyo Katayanagi)名義でプロデューサー役を務める。1984年頃より片柳譲陽名義で丸井、資生堂、メルセデスベンツ、明和地所など多数の CM音楽を作曲、独自の音楽性が高く評価される。1987年、士郎正宗原作「ブラックマジック M-66」の音楽を担当 (片柳譲陽名義)。1990年、コカコーラ・ライトCMでJAM最優秀編曲賞受賞。

2003年よりスタートした「小山田圭吾の中目黒ラジオ」エンディングテーマにTPOのSundogが起用され、TPO再評価の機運が高まる。2009年2月、1983年にリリースした「TPO1(2枚組)」再発、小山田圭吾(コーネリアス)がコメントを寄せる。アマゾン・インディー・チャート2位はじめ、高い評価を得る。2009年8月、TPOメンバーが1981年に制作した「GREEN by PROJECT GREEN」 発売。2009年 KORG DS-10 PLUSのみで音楽制作する実験プロジェクト「DS i Love You」を立ち上げる。その高い音楽性と斬新なサウンド・メイキングが世界的に注目され、デビュー時は坂本龍一もツイッターでコメントを寄せ話題となった。

2013年、33年ぶりに本間柑治名義での新作「Sleigh Ride」を配信リリース。本作品では砂原良徳よりコメントが届いている。現在『Honma Express3』(本間柑治ソロ3作目)を制作中。

公式サイト : http://dsiloveyou.com/

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】生活を彩る音楽隊、フィクションに誘い込むトイ・ポップ──Ribet towns『フラッシュフィクション』
[CLOSEUP]・2017年10月11日・フィクションに誘い込むトイ・ポップ──生活を彩る音楽隊・Ribet townsの『フラッシュフィクション』 渋谷系や北欧音楽への憧憬を、京都という街から鳴らす12人組ポップ・バンド、Ribet towns。今年2月にファースト・ミニ・アルバム『ショートショート』を発売したばかりの彼らが、配信限定となるEP作品『フラッシュフィクション」をリリース。前作に収録されていた「メトロ」「ショートシネマ」のリアレンジと新曲2曲の全4曲を収録した今作を、OTOTOYでは発売日に先駆け、先日より配信スタート。ハイレゾでの配信もOTOTOYのみということで、これから要注目となるであろう彼らのサウンドをぜひ良い音で楽しんでいただくとともに、レヴューを掲載。カラフルなフィクションの世界へどうぞ。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!Ribet towns / フラッシュフィクション'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 185円(税込) / アルバム 750円(税込)【収録曲】01. ベッドタウン02. ショートシネマ03. caravan04.
by 中の人
原稿ライオット2017結果発表!!ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年10月12日・原稿ライオット2017結果発表ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』をリリース。ディスコ〜ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信スタート!! そして、本作のレビュー記事を募集する原稿の登竜門コンテスト「原稿ライオット2017」の結果を発表する!! 審査委員長は、南波一海!! ライターを目指している人はもちろん、CUBERSを世に広めたい人、プロのライターまで、数多くの応募作の中から選ばれたグランプリのレビューをお楽しみください。 2nd EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / マゼンタ【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 1,500円(税込
峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZ3ヶ月連続リリースを読み解く!
[CLOSEUP]・2017年10月12日・青春に別れを告げた峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZの3ヶ月連続リリースを読み解く! 日本武道館での公演を目前に控えたバンド活動はもちろん、連続テレビ小説「ひよっこ」への出演などで、お茶の間の幅広い世代にもその存在感を示した銀杏BOYZ・峯田和伸。そんな銀杏BOYZが「恋とロック」をテーマとして3ヶ月連続で「エンジェルベイビー」「骨」「恋は永遠」というシングルをリリースした。今回の3ヶ月連続リリース第1弾の「エンジェルベイビー」で〈ロックンロールは世界を変えて〉と叫んだ銀杏BOYZ、そして峯田和伸は、きっとこれからもぼくらの世界を変え続けてくれるはず! あなたの世界を変えるかもしれない3作品を、「岡村詩野音楽ライター講座」講座生によるクロス・レヴューとともにお届けします。 3ヶ月連続リリース、3部作配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】それぞれ 単曲 200円 / まとめ購入 400円 REVIEW : 銀杏BOYZ「エンジェルベイビー」「骨」「恋は永遠」 峯田和伸の、変わらないピュアネス(額田大志)ノイジーなバンド・サウンドの上
『23区』以降のメロウ・グルーヴ──bonobos、ニュー・シングルをリリース
・2017年10月13日・【REVIEW】『23区』以降のメロウ・グルーヴ──bonobos、ニュー・シングルをリリース メンバーの大幅な更新を経て昨年リリースされたアルバム『23区』で、その表現をネオ・ソウル〜R&Bのグルーヴへとシフトさせたbonobos。その長いキャリアのなかで大きな転換となったアルバムから1年、ここに新たなシングル『FOLK CITY FOLK .ep』を発表した。先行ですでにリリースされている、彼らの代表曲「THANK YOU FOR THE MUSIC」のリアレンジ・ヴァージョンも含む6曲は、まさに彼らの『23区』以降の現在の勢いを感じさせるものだ。端的にいえば『23区』でバンドが獲得した表現をさらに一歩推し進めた作品となっている。OTOTOYでは本作を、DSD、そしてハイレゾ版にて配信中。そしてレヴューにてその内容を紹介します。 bonobos / FOLK CITY FOLK .ep'【配信形態 / 価格】'【左パッケージ】DSD(5.6MHz) + MP3データ付きシングルまとめ購入のみ 1,800円(税込)【右パッケージ】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALACAAC単曲購入 3
聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』をハイレゾ配信!! 南波一海によるレビュー掲載
[REVIEW]・2017年10月04日・南波一海によるレビュー掲載ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』をリリース。ディスコ〜ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信スタート!! 南波一海のレビューを掲載する。さらに本作のレビュー記事を募集する原稿の登竜門コンテスト「原稿ライオット2017」も引き続き絶賛開催中!! 審査委員長は、南波一海!! ライターを目指している人はもちろん、CUBERSを世に広めたい人、プロのライターまで、応募は自由。本作を隅から隅まで味わいつくそう!! 2nd EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / マゼンタ【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 1,500円
【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の1stソロをハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年10月04日・【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の鮮明な登場──1stソロをハイレゾ配信開始 2枚のアルバムをリリースし、2015年に突如解散をした“森は生きている”の岡田拓郎が、2017年10月4日、ソロ名義“Okada Takuro”としてのデビュー・アルバム 『ノスタルジア』をリリースする。マルチ楽器奏者であり、作曲家であり、更に“森は生きている”ではミキシングやジャケット写真までも手がけた、いわば芸術的創造力の塊ともいえる、岡田拓郎。そんな彼のデヴュー・アルバムは、ボブ・ディランからボン・イヴェールなど数々の名作を手掛けたグラミー賞ノミネート経験もあるエンジニア、グレッグ・カルビがマスタリングを担当。さらに、増村和彦(ex. 森は生きている)、谷口雄(ex. 森は生きてい る)、大久保淳也(ex. 森は生きている)の他に、西田修大(吉田ヨウヘイgroup)、三船雅也(ROTH BART BARON)、水谷貴次(peno 他)、優河、石若駿など彼と繋がりのある様々なアーティストも参加。多様な楽器が紡ぐ音、静かに漂う歌声がすっと心に沁み込む傑作『ノスタ
by ai
【REVIEW】大野雄二トリオ、5年ぶりのジャズ・アルバムをハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年09月27日・ジャズ・ピアノの奥深さにハマる秋! 大野雄二トリオ、5年ぶりのジャズ・アルバムをハイレゾ配信 2017年は大野雄二特別活動年といっても過言ではないでしょう。今年に入ってなんと3作目となる作品は、5年ぶりとなるトリオ名義でのジャズ・アルバム! 現編成のトリオでのリリースは初でもある。スタンダード・ジャズナンバーから、もちろんルパンの曲まで12曲収録。これから深まる秋の夜長にハイレゾ音質でじっくり耳を傾けてはいかがでしょうか。 YUJI OHNO TRIO / LET'S FALL IN JAZZ'【Track List】01. LET’S FALL IN JAZZ feat.Lyn02. SWEET SUE, JUST YOU03. MISTY TWILIGHT04. LET’S FALL IN LOVE05. LOVE SQUALL06. LET’S FALL IN JAZZ -interlude-07. MY ONE AND ONLY LOVE08. LET’S FACE THE MUSIC AND DANCE09. A FOGGY DAY10. LOVE THEME11. THEME FROM LUPI
ルーツをブレンドしながら“正しい場所“を見つける旅は続く――注目の新人バンド・Wanna-Gonnaの初EP
[CLOSEUP]・2017年09月28日・ルーツをブレンドしながら“正しい場所“を見つける旅は続く──注目の新人バンド、Wanna-Gonnaの初EP 時代や、そして洋・邦の垣根すらも超える普遍的サウンドを鳴らすバンド、Wanna-Gonna。〈FUJI ROCK'16〉への出演をはじめ、現在インディ・シーンで注目を集めている。先行でリリースされた7inch シングル「New Town」を筆頭に、ほっこりと落ち着いた気持ちになれるような良質な音楽を詰め込んだアルバムがやってきた!! ポップスの魅力に立ち返らせてくれる1枚を、レヴューと合わせてお楽しみください。 待望の1stミニ・アルバム!Wanna-Gonna / In the Right Place'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム価格 1,200円(税込)【収録曲】''01. Three Miles02. Run High 03. Nicaragua,1979 04. New Town 05. Transmitting End 06. Man in the Right Place 【REVIEW】W
筆者について
田山 雄士 (田山 雄士)

ライター/編集者です。

同じ筆者による他の記事