Friends INTERVIEW

結成から間もない時期に制作したデモ音源が、海外のインディー音楽サイトなどで取り上げられ、そこから火が付くというパターンは近頃よくあるが、それを“よくある出来事”にしたのはHOTEL MEXICOをはじめとする多くの原石を発掘したSECOND ROYAL RECORDSの功績と言っていい。その次なる注目株はFriendsという3ピース・バンドだ。

海外から逆輸入的に盛り上がったという事実こそ、インディー・マニアの間ではメジャーなことかもしれない。だが、彼らのこれまでの歩みを細かく聞いてみると、ソーシャル・ネットワークをうまく活用していたことなど、そこにはとても興味深い経歴があった。さらに今回リリースされるファースト・アルバム『Let's Get Together Again』はサウンド、ミックスがかなり斬新であり、ドリーミーでローファイな質感を出すために、相当なこだわりを持っていることは音源を聴けば明らかだろう。そのあたりも含めて、金子尚太(vo、g)と三澤慶一(ds)の2人に話を聞いた。

インタビュー&文 : 田山雄士

>>「I Think I Love You」のフリー・ダウンロードはこちら(ダウンロード期間 : 9/21〜9/29)



Friends / Let's Get Together Again

1. I Think I Love You / 2. Since I Made A Mistake / 3. Make It Better / 4. When I'm Asleep / 5. Someone New / 6. You Are So Dirty / 7. Our Love Is True / 8. Hope You Were Mine / 9. Good For Us / 10. Cruel Sea


Twitterで知り合ったんです

――今日はベースの土屋さんがベトナム旅行中とのことで、なんだかすごく自由な感じなんですけど(笑)。まだ大学を卒業したばかりとかですか?

金子尚太(以下、金子) : そうです。僕は在学中、シドニーに10ヵ月間語学留学をして、そのあと関西の大学を卒業したので、1年多く学校にいました。
三澤慶一(以下、三澤) : 僕が今22歳で大学4年です。土屋は大学2年だっけ?
金子 : うん、今年ハタチになったばかり。かなり自由ですね(笑)。

――皆さん若いんですね。金子さんは神戸出身だそうですが、三澤さんと土屋さんは東京ですか?

金子 : はい、そうです。僕も今は東京に住んでます。就職をするタイミングで上京したんですよ。でも、最近辞めたんですけどね。

――あ、そういうことだったんですね。

金子 : はい、仕事は全然音楽とは関係ないことだったんですけど。

――じゃあ、最初はミュージシャン志望ではなかったんですか?

金子 : そうなんですよね。えっと、就職活動中にも個人的に作曲とかはしてはいました。バンドとして音楽をやろうと思ったのが2010年の5月ですね。6月末に企業から内定をもらって、そこからちゃんとライヴもやろうと。

――その前はバンド活動はやっていなかった?

金子 : 一応サークルではやってて、オリジナル曲も留学中にやってたんですけど、なんとなくでしたね。でも、バンドをやりたい気持ちはずっとありました。

――なるほど。いざ東京に出てきて、今のメンバーとはどういうところからバンドを組むことになったんですか?

金子 : Twitterで知り合ったんですよ。まず、東京に出てきたときには僕はもうSecond Royalに所属してたんです。それで上京後にライヴをやることになって、そのタイミングで募集をかけました。

――え? Twitterでですか?

金子 : そう。そこから知り合いの知り合いみたいな感じでつながって(笑)。
三澤 : もともと、彼の直接のフォロワーではなかったんです。僕の知り合いがリツイートしてたのを見たのがきっかけですね。

――「メンバー募集します! よろしくお願いします! 」みたいな?

金子 : もっと軽いですね。「やりたい人いませんか~? とりあえず、音源を聞いてもらってやってみたい人いればぜひ」くらいの。

――Twitterで結成っていうのは初めて聞いたかも。今っぽいですね。ということは、わりと1人で録っていた音源があったと。

金子 : はい。今までに録音をしてるものはほぼ僕1人で作ってますしね。

――ちょっと時系列が前後しますが、セカロイに所属するきっかけは?

金子 : それもほぼTwitterなんです(笑)。もともと、その前に録音はしてたんですよ。ちゃんとした録音ではなくてスタジオからの流れみたいなものですけど、それをファイルにしていろんなところにメールで送ってました。

――デモテープを送るようなことですよね?

金子 : そうです。そしたら「ちゃんとした音源が欲しい」っていう人が多くなってきて、なんとかしないといかんなと思って、オークションで安いMTRを買って録音をしたんです。それで初めて録音した曲をサイトにアップしたら、なぜかすぐに海外のブログで取り上げられて。最初にリリースしたカセット・テープに入ってる「We'll Never Stay Together」がその曲です。

――そのへんもめちゃくちゃ今の時代ならではですね。

金子 : そうかもですね。そういうのを3曲くらいアップしたときに、スウェーデンのNO MODEST BEARっていうけっこう有名なサイトに僕らのことが載って、それを見た誰かが僕らが日本人だということに反応してTwitterでつぶやいて、そのつぶやきを見た元Friendsのベースをやってくれてたzico(ジーコ)さんっていうDJの方がまた同じ内容をツイートして、さらにzicoさんのフォロワーにセカロイの小山内(信介)さんがいたんですよ。

――ん…?? その日本人は海外に住んでいる方ですか?

三澤 : いや、日本にいる方でしたね。
金子 : 最終的にそれを見た小山内さんが僕のフォロワーになって、いきなり声をかけてきたっていう(笑)。2010年の10月かな。そのあとにライヴを観に来てくれて、終演後に「すごくよかったから、これから応援していきたい」って言ってくださったんです。

――面白いですねぇ。TwitterはFriendsにとって相当大きなものだったんですね。

金子 : すごいものですね。
三澤 : 確かにね(笑)。

――その頃はまだお2人も知り合いじゃなかったんですもんね。

三澤 : そう。ただ、僕は友達がFriendsの存在を知ってて、何度か関西で観たことがあるとかそういう情報を聞いてたので、メンバー募集のときにわりとすぐ反応できたのはありますね。
金子 : ベースの土屋も同じタイミングで加入しました。僕はけっこうワンマンなので、とにかく音源と楽譜を15曲ぶんくらい送り付けて(笑)。

――こんな言い方も変ですけど、NO MODEST BEARに載ることができた理由というか、どうして気付いてもらえたと思いますか?

金子 : たぶん、Bandcampですね。その2010年の夏頃って、日本のバンドでBandcampをやってる人があまりいなかったと思うんですよ。だから、それが最初のきっかけかもしれないです。Bandcampを勧めてくれたのって、実はアメリカのCrocodilesのBrandon Welchezなんです。彼がやってるZoo Musicっていうレーベルに「音楽活動のアドバイスをください」みたいな連絡をしたら、いろいろ教えてくれて。

――それはすごいですね! そこは語学力を生かして、英語でやり取りをして。

金子 : ま、一応そうですね(笑)。

――そんな流れがあって、どのあたりからアーティスト/ミュージシャンとしての意識が芽生えてきましたか?

金子 : 少なくともその「アドバイスをください」って言ってた時点で、もうリリースができるんじゃないかなって思ってたところはありますね。それでも、まだちょうど1年前の話ですけど。

――面白いバンドですね。取材でこんなにTwitterの話をしたのも初めてだし。

金子 : しかも、発見したりされたりするのもけっこう早かったので。

日本のバンドがやってないような音にしたかった

――バンドの結成は正式にはいつになるんですか? メンバーの変遷はけっこうあったんですよね?

金子 : かなり変わってます。2010年の6月くらいに関西で結成したのがいちばん最初ですね。メンバーが変わりながらも続けてたんですが、それをひとまず終了させて、東京でバンドを固めていこうと思ったんです。今のメンバーになったのは、上京してすぐの2011年4月ですね。

――じゃあ、まだ間もないですね。あとはバンド名なんですけど、Friendsってイギリスにも同名のバンドがいるじゃないですか。そういうのって関係あったりしますか?

金子 : いや、僕… 知らなかったんですよ(笑)。

――知ってたら付けないですよね。バンド名が探しにくいというか、検索しにくい気がするんですけど、なぜこの名前にしたんですか?

金子 : インディーっぽいのにしたくて、あるときBeach Boysの曲名から取ろうと思ったんですよ。でも、曲名を見たらピンとくるのがなくて、結局はアルバムのタイトルから取りました。

――でも、バンド名はかぶっているっていう(笑)。

三澤 : あははは。
金子 : しかも、けっこういる(笑)。アメリカにも2、3バンドくらい。

――Brother → Viva Brotherの例とかありますからね。大丈夫だとは思いますけど。今のメンバーになってからはライヴはまだあまりやっていないんですか?

金子 : けっこうやりましたよ。何回くらいかな?
三澤 : 10回やってないくらい?
金子 : 関西から数えると、トータルで20回とかですかね。

――最近の若いバンドって、ライヴ数本のうちにデビューするのがよくある話だなと思っていて。もちろん、芸能的な人は別ですけど。

金子 : 海外はライヴをやる前にデビューって多いですよね。僕ら、集客は全然まだまだですよ。
三澤 : 今はまだインディー・マニアみたいな人だけが反応してくれてる状況ですね。でも、最近は徐々に広がっていってるとは思います。最初は僕や金子さん周りの知り合いが観に来てくれてただけだったんですけど、知り合いを通してどんどん広がっていってる気はします。ライヴも違う畑の人たちとやらせてもらえるようになってるし。
金子 : 『ジャパンタイムズ』のアメリカ人の記者の方がほぼ毎回来てくれてて、海外の人にも聴いてもらえる音楽なんだなって。

――今回のファースト・アルバム『Let's Get Together Again』は個人的にも好きなタイプのサウンドなんですけど、NO MODEST BEARに取り上げられた時期と今とでは、音の変化はありますか?

金子 : 方向性はほぼ変わってないですね。シドニーに留学中してるときに、アメリカのExplorers Clubっていうバンドの音源をよく聴いてたんです。めっちゃBeach Boysみたいな音なんですよ。海も好きでよく行ってたし、そういう雰囲気をやってみたいのはまずありましたね。で、就活のときにBest Coastの「When I'm With You」に出会うんですが、そのときに思ったのがなかなか簡単に作ってるなというか、難しそうなジャンルをうまくやったなって感じて、自分もやってみたくなったんですよね。でも、あまりにもかぶったら嫌なので、違いを出すようにして。

――違いはどこで出そうとしましたか?

金子 : やっぱり、ディレイかけたシューゲっぽいギターですかね。漂ってる、流れてるように聞こえる感じというか。Best Coastってわりとギターがジャキジャキしてるじゃないですか。その逆を行こうと思いました。ベースはそこそこ動いて、ハモリっぽいフレーズも入れたり。

――初めてのアルバムの制作作業はいかがでしたか?

金子 : いやー、苦労しましたね。最初に「3日間で作って」って言われたんですよ。

――小山内さんに?

金子 : そうです。「1人やったらできるやろ? 」みたいな(笑)。ドラムは全部打ち込みなんですよ。カセットのときとかのデモの状態に合わせた感じで。

――あ、じゃあ今回のアルバムは金子さんがほとんど1人で作ったんですね。

金子 : 1人ですね。メンバーが入ったのはそのあとです。挑戦してみたんですけど、3日目の時点で声が出なくなっちゃって。コーラスも歌も全部やってたから。結局、レコーディングは4日間に延ばしてもらいました。

――ミックスがかなり独特だと思いました。前にリリースされたコンピレーション盤『SECOND ROYAL VOL.6』のときの音と全然違いますよね?

金子 : 違いますね。今回は自分好みの音にできました。日本のバンドがやってないような音にしたかったんですよね。

――最初「これって本ちゃんの音源ですか? 」ってSECOND ROYALに確認しちゃいましたもん。大胆なミックスですよね。

三澤 : ギターがコーラスと間違うくらいの色合いで入ってて、大好きですね。
金子 : 完全に狙って作りました。もし音がクリアだったら、何がしたいんかわからないんじゃないかと思ったんですよね。イメージは初期Best Coastです。

――Hotel Mexicoとかと比べると、Friendsってもっとロックっぽいですよね。「Since I Made A Mistake」のリズムもそんな感じがして。クラシカル・ロック的な懐かしさも随所にあるし。

金子 : そうですね。Friendsを組む前はクラブとかもほとんど行ったことがなかったですし、踊れる曲は難しいんですよね。僕らは曲も短いし。

――曲は短くしたかったんですか?

金子 : パンクみたいにすぐに曲が終わる方が好きなんですよね。展開が無駄にあって長いバンドが最近多くないですか? 1曲をめちゃくちゃ大切にする人たちが多い気がするんですよ。だから、逆の方が新しいかなって。パンクだと聴いてたのはNOFXとか、No Use For A Nameとか。

――三澤さんはどんな音楽が好きなんですか?

三澤 : 僕は基本フォーク、カントリー、オルタナが好きです。サポートでもう1つバンドをやってるんですけど、そっちはエレクトロだし、Friendsのサウンドはあまり自分の中にはなかったものだから新鮮ですよ。好きなアーティストはAntlers、Neon Indian、Digitalismとかかな。

――やっぱり洋楽の影響が強いんですね。逆輸入的に人気のセカロイですけど、逆じゃない方でもっと浸透してほしい気持ちもあります。

金子 : そうなんですよ。なんとか聴いてもらえたらなと思います。口コミでどんどん広まってほしいですね。

RECOMMEND


Miila and the Geeks / NEW AGE

LOVE AND HATESとしても活動するmoe率いる3ピース・バンドMiila and the Geeks。シンプルなようでひねりの利いたギターとドラムに、クレイジーなサックスが吹き荒れる。NYポスト・パンク/ノー・ウェーヴのクールさと90年代オルタナティヴのルーズさを受け継いだ、DIYを地でいくローファイなサウンドや空気感が詰まったファースト・アルバム。


HOTEL MEXICO / His Jewelled Letter Box

京都発の6人組バンド、HOTEL MEXICO。DE DE MOUSEやThe xxのフロント・アクトを務めるほか、PitchforkやFADERといった海外ブログでも取り上げられ、驚異の勢いで活躍中の彼らのデビュー・ミニ・アルバム。煌めくチル・サウンドが心地良い作品。


アナ / HOLE

サンプリング・ミュージックからの発展を遂げたダンサブルなサウンド・アレンジ、センチメントな唄心、真っ直ぐ染み入る歌詞、そしてカラフルなハーモニーがこれでもか! と押し寄せる。踊れるのに切ない、珠玉のエレクトロニック・ポップ・ミュージックが誕生。

Friends PROFILE

神戸出身、現在は東京在住、金子尚太率いる3人組、結成4ヶ月デモの状態にも関わらずMYSPACE/ BANDCAMP等にアップされた音源が海外の複数音楽サイトで評判を呼び、逆輸入的にその噂を聞きつけたインディー・マニアを熱狂させる。国内では昨年11月に、デビュー作「Young Days Forever」をカセット限定でリリース。すでに海外レーベルかもリリース・オファーを受けるなど、今後の活動が注目される超フレッシュな新世代バンド。2011年夏、デビュー・アルバム『Let's Get Together Again』が遂に完成。SECOND ROYAL RECORDSより、配信&アナログ限定でのリリースが決定。

o

 
 

インタヴュー

fulaから届いた、新しい旅の報せ──新体制後初のアルバム『ノート』をリリース&インタヴュー掲載!
[CLOSEUP]・2017年10月13日・fulaから届いた、新しい旅の報せ──新体制後初のアルバム『ノート』をリリース&インタヴュー掲載! 雑多な音楽性をポップにまとめあげ、耳にする人の心と体を踊らせる4人組、fula。2016年にギター・石川、ベース・安本、ドラム・髙木が脱退し、それまでのメンバーと作りあげた「楽しい音楽」「踊れる演奏」「情熱」を受け継ぎ、新たにドラム・遠藤、ベース・馬場、ギター・ピギーが加入し。再出発を始めた彼らの新体制1発目となるアルバム『ノート』の発売を記念し、インタヴューを敢行。新譜とともにお楽しみ下さい。 新体制初となるアルバムをドロップfula / ノート'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit / 44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 216円(税込) / アルバム 2160円(税込)【収録曲】''01. Circle of Flame02. スターショア03. のあ 04. Catwalk 05. 航海日誌06. グレイヴダンス 07. よあけ08. クラップユアハンズ09. 散歩道10. 夕焼け 11. 恋のスーパーケイデンス INTERVIEW : fula 突然メンバー3人の脱退
【INTERVIEW】朝も夜も、あなたの心にドッコイセ──Dokkoise Houseの変化し続ける「郊外型」シティ・ポップ
[CLOSEUP]・2017年10月11日・Dokkoise Houseの変化し続ける「郊外型」シティ・ポップ──先行&フリー曲配信開始 cero、そしてSuchmosらの登場によってシティ・ポップの一大ムーブメントが巻き起こった2015~16年。その隆盛を経て、一旦落ち着きつつあるライヴ・シーンのなかで、一層際立つバンドがいる。それがDokkoise House。シティ・ポップを都市から郊外に移したグッド・ミュージックは、都会的な側面と土着性を兼ね備え、HOLIDAY!RECORDSやモナレコードから一気に火が着いた。早耳のリスナーを虜にするその音楽性は、果たしてどこが源流となっているか。また、そのユニークなバンド名の由来は? ジャケットに込められた意味とは? バンド初となるインタヴュー。結成から音楽的なルーツ、そして現状と未来。Dokkoise Houseのそのすべてを露わにする。OTOTOYでは本作を1週間先行で配信するとともに、まずは最初の名刺とも言える彼らのリード曲「Trolly」をなんとフリーで期間限定配信。 毎日の生活にそっと寄り添う郊外型シティ・ポップを1週間先行配信!Dokkoise House / Pilotis Grow'【配
by 中の人
祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!
[CLOSEUP]・2017年10月11日・祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜にする! いま日本で1番ソウルフルでファンクなロック・バンドといえば…… そう、BRADIO! 今年の夏には〈ROCK IN JAPAN FES〉をはじめ、〈SUMMER SONIC〉、〈SWEET LOVE SHOWER〉など数多くのフェスに出演、さらに4月に行われた中野サンプラザワンマン公演をソールドアウトさせるなどその勢いはとどまることを知らない! そして〈WARNER MUSIC JAPAN INC.〉よりメジャー・デビューを果たし、その勢いはさらに加速するばかり。メジャー1作目となる今作『LA PA PARADISE』は、桑田佳祐や、玉置浩二、布袋寅泰を手掛けた藤井丈司をプロデューサーに起用し、BRADIOの力を最大まで引き出した作品となっている。OTOTOYでは今作の配信開始とともに、メンバー4人へのインタヴューを掲載。メジャー・デビューを果たした、いまの彼らに迫った。 祝! メジャー・デビュー! 初シングルをハイレゾ配信開始 BRADIO / LA PA PARADISE(24bit/96kHz)'【配信形
by 岡本 貴之
コーネリアス『Mellow Waves』待望のハイレゾ配信ーーエンジニア高山徹ロング・インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年10月09日・コーネリアス『Mellow Waves』待望のハイレゾ配信ーーエンジニア高山徹ロング・インタヴュー掲載 2017年6月、Cornelius(コーネリアス)が、『sensuous』以来11年ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリースした。坂本慎太郎を作詞に迎えた「あなたがいるなら」、「未来の人へ」をはじめ、“メロウ”と“ウェイヴ”に満たされた全10曲。銅版画家の中林忠良によるモノクロームのジャケットも含め、2017年ひいてはテン年代の代表作になるであろう本作をハイレゾ配信開始する。それを記念し、22歳でフリッパーズ・ギターのレコーディング・エンジニアを務め、今作でもミックス、マスタリングを担当しているエンジニア・高山徹にインタヴューを敢行した。本インタヴューとともに、この大傑作をハイレゾでご堪能ください。 2017年を代表する作品を待望のハイレゾ配信スタートCornelius / Mellow Waves (24bit/96kHz)【配信形態】FLAC、ALAC、WAV(24bit/96kHz)>>ファイル形式について>>ハイレゾとは?【配信価格】アルバム価格 : 2,571円【収録曲】1. あなたがい
「2」の新たな幕開けを告げる1stアルバム『VIRGIN』を配信開始&インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年10月04日・さぁ、やつらの復讐劇のはじまりだ! ──エピソード「2」の幕開けを告げる『VIRGIN』を配信開始! 現在無期限活動休止中のThe SALOVERSのヴォーカリスト、そして最近では俳優として連続テレビ小説『ひよっこ』への出演など、多岐にわたって活躍をする古舘佑太郎。そして銀杏BOYZとしても活動をしている加藤綾太。このふたりを中心に結成された4人組ロック・バンド「2」が〈Youth Records〉より1stアルバム『VIRGIN』をリリース。初期衝動的でありながらストーリーテリングな古舘の歌と、それを彩る、加藤綾太(Gt.)、yucco(dr.)、赤坂真之介(ba.)が織りなすキレ味抜群のオルタナティヴかつ疾走感満載のサウンドは、聴いたものの心にストレートに突き刺さるだろう。さまざまなことがあった過去はもう振り返らない! 4人の若者が紡ぎ出す新たな物語のはじまりを見逃すな! 2(ツー)として初の音源を配信中! 2 / VIRGIN'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 207円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. A
by ?
【EMPiRE】Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER)
[EMPIRE]・2017年10月06日・【EMPiRE】Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER) BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループが誕生した。 その名は、EMPiRE!! エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクト「Project aW」として生まれたEMPiREは、BiSHを手がけているチームが担当を行うという。当初はTwitter“10,000フォロワーで顔の公開”という条件で活動が始まったが、謎のフォロワーの買収などにも見舞われつつ、9月28日、ついに全員の顔が公開された。 少しずつ見え始めたEMPiREの動向に迫る連載第2回目は、EMPiREの衣装制作、そしてアーティスト写真などの撮影・デザインを手がける外林健太へのインタヴューを行なった。BiSHでの衣装制作、撮影を通してクリエイティヴ欲求が高まり、次のステップへと向かう外林はEMPiREでどのような活躍を見せ、どのような役割を担うのか。EMPiREへの期待は高まるばかりだ。 インタヴュー&文 : 西澤裕郎 Epsode0.1 :
by 西澤 裕郎
【伝説再来?!】10月の京都には竜が登る!──飯田仁一郎&成田大致〈ボロフェスタ2017〉開催直前対談
[CLOSEUP]・2017年10月06日・【伝説再来?!】10月の京都には竜が登る!──飯田仁一郎&成田大致〈ボロフェスタ2017〉開催直前対談 2017年10月20日(金)から22日(日)にかけて、京都KBSホールとMETROの2つの会場にて開催される〈ボロフェスタ2017〉。 〈ボロフェスタ〉は、知名度の有無やジャンルに関係なく主催者が「観たい! 呼びたい!」と思うアーティストのみをブッキングし、ボランティア・スタッフと主催者が一緒になって、会場設営から一切のイベント運営までを行う、いわゆる“D.I.Y”の精神でつくりあげられている。 16年目を迎える今年は、ヘッドライナーを務める大森靖子やクリープハイプをはじめ、ペトロールズ、H ZETTRIO、BiSH、yahyelをはじめ、ほかにも注目の若手バンドも多数出演。まさにジャンルや世代、シーンをも越えた新しい出会いがあるだろう。OTOTOYでは〈ボロフェスタ2017〉開催を目前に控えたこのタイミングで、主催者のひとりである飯田仁一郎(Limited Express (has gone?))と、数々の伝説的なエピソードを生んできたロック・フェス〈夏の魔物〉を主催する成田大致(THE 夏の魔物)の対
by 西澤 裕郎
再起動した東京カランコロン、1年9ヶ月ぶりとなるアルバム『東京カランコロン01』をリリース&インタヴュー掲載
[INTERVIEW]・2017年10月04日・新たな風吹く、再起動──東京カランコロン、“ポップなのに泣ける”ニュー・アルバムをリリース!! 男女ツイン・ヴォーカルと個性的な楽曲で中毒者を増やし続けるバンド、東京カランコロンが1年9ヶ月ぶりとなるアルバム『東京カランコロン01』をリリースした。2016年に開催したツアーではファイナル公演を日比谷野外音楽堂で開催し、大盛況のうちに終えた彼らは、今年2017年からライヴハウス・Shibuya eggmanのレーベルである「murffin discs」内に発足した新レーベル「TALTO」に移籍。気持ちと環境を新たにした今作は、タイトルに自らのバンド名に「01」を加えた、まさに再起動を告げるような痛快なポップ作となっている。OTOTOYでは今作のリリースを記念し、ヴォーカリストであるいちろー(Vo.Gt)、せんせい(Vo.Key)を迎えたインタヴューを掲載。再起動し、新たなフェイズに進むカランコロンの今とは!? 新レーベル移籍後初、1年9か月ぶりとなるフル・アルバム東京カランコロン / 東京カランコロン01'【配信形態】AAC【配信価格】単曲 205円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】01
筆者について
田山 雄士 (田山 雄士)

ライター/編集者です。

同じ筆者による他の記事