MIDICRONICA×FragmentのLIVE音源をDSDで配信開始

2011年5月28日に茨城県笠間市笠間芸術の森公園で開催された野外アート・フェスティバルSence of Wonder。数々の出演アーティストの中から、MIDICRONICAとfragmentがコラボレーションしたSpecial Live SetをDSDで収録し、OTOTOY独占音源として配信! リミックス・コンテストも話題のMIDICRONICAとジャンルを越えたリミックス・ワークを手掛け、kussyとdeiiのデュオからなるfragmentの熱の入った掛け合いに、こちらのテンションもあがること間違いなし!

MIDICRONICA × Fragment / Sence of Wonder Special Live Set 2011.05.28

【販売形式】
1) DSD+mp3>>DSDの聴き方はこちら
2) HQD(24bit/48kHzのwav)

★アルバム購入特典としてデジタル・ブックレットが同梱されます。

【販売価格】
1500円(アルバム販売のみ)




【Track List】
01. -Fragment LIVE 01-
(Shiratti rhythm feat. YAMANE&ELOQ Inst >Aureole/Heat Sink - Fragment Remix - >撃鉄/部屋 - Fragment Remix -)
02. no brake siliconvalley padtricks remix
03. lycanthropy
04. blue velvet
05. MC-01
06. wreck a band sow live special TBP ver >NAZCA
07. rust
08. MC-02
09. color
10. -Fragment LIVE 02-
(bluff dance >microshot/ambrosia - Fragment Remix - >polygonair self-remix)

Recorded & Mixed & Mastered by 葛西敏彦
Recorded at Sence of Wonder 2011(茨城県笠間市笠間芸術の森公園) 2011.05.18
Recorded & Mastering by KORG MR-2000S DSD recorder
Photos by ハタエアヤミ

【ダウンロードに関して】
windowsをご利用のお客さまは、標準の解凍設定、もしくは解凍ソフトによっては正常にファイルを解凍できない可能性がございます。その場合、お手数ですが別の解凍ツールを使用し、再度解凍をお試しくださるようお願い致します。7-Zip(フリー・ソフト)での解凍を推奨しています。
※7-zip http://sevenzip.sourceforge.jp/
また、ファイル名が長く操作出来ない場合や、ダウンロードしたファイルに不備や不明点がありましたら、info(at)ototoy.jpまでお問い合わせください。

化学反応で生まれるポジティブな雰囲気

2011年5月28日、茨城県笠間市で行われたSence of Wonder 2011。会場は茨城の新しい文化の発信基地として、伝統工芸と新しい造形美術をテーマに作られた笠間芸術の森公園。広い敷地内に作られた三つのステージ―丘の上の“Nature Flow Hill”、池の横にある“Lakeside Chillout Village”、そして中央に位置する“Wonder Forest”―はロケーションも素晴らしく、それぞれのテーマごとにアーティストがブッキングされ、観客もその時々の気分に合わせて、各会場を回ることが出来るようになっている。この日の天気はあいにくの雨だったが、LIVeでほてった体を冷ますにはちょうどよく、むしろ心地よいくらいだった。

今回配信されるMIDICRONICA×fragmentのLIVEは、Lakeside Chillout VillageでのPredawnのLIVEが終わった直後の15:00過ぎ、それまでの空気を一変するようなサウンドで幕を開けた。しょっぱなはFragment『condense E.P.』より「Shiratti rhythm feat. YAMANE&ELOQ int」。Fragment流のDUB STEPで会場を一気にダンス・フロアへと変えていく。そのままAureole「Heat Sink -Fragment Remix -」へとなだれ込み、徐々に観客も彼らの作り出す強烈なグルーヴに導かれるように体を動かし始める。するどいビートが作り出すリズムとグリッチ・ノイズが芸術の森公園にこだまし、そして緑の中へと吸い込まれていく。そして三曲目は、東京で今最も勢いのあるバンドの一つである撃鉄の「部屋- Fragment Remix-」。この三曲を聴いて解るように、全く毛色の違うバンドの楽曲もFragmentの手にかかれば彼らの色に見事に染まってしまう。

photo by ハタエアヤミ

ジャンルを超え様々なアーティストから多くのリミックスを依頼されるというのは、ミュージシャン達から強い信頼を集めている証拠だろう。そして、いよいよMIDICRONICAが登場。Dommune出演の際に意気投合し、今回の共演が実現したという二組。覆面で現れたMIDICRONICAは、様々なメディアをミックスしながら活動する彼ららしく、そのサウンドもアーバンなヒップ・ホップ・サウンドから、強烈なドラムン・べースまで、所せましとリリックをサウンドに乗せていく。その懐の広さからいってもFragmentMIDICRONICAの相性がぴったりなのは間違いない。持ち前のアッパーなトラックとMCで会場は大分温まってきていた。そして「この二組ならではの楽曲」という紹介で始まった「wrecka band sow live special TBP ver」。Big Beatの縦ノリのグルーヴが観客を上へ下へと揺らす。間髪いれずに「NAZCA」へとなだれ込む。そして、『MICICRONICA PROJECT 混(KON)』にも収録されている「rust」、「color」。もちろんどちらもFragment Remixだ。この頃には彼らによる化学反応で生まれるポジティブな雰囲気に、会場にいる観客も思わず笑顔で体を揺らしていた。この楽曲でMIDICRONICAは退場し、FragmentのLiveへ。

再び会場は鋭いリズムと強烈なビートに包まれる。そして、最後は「polygonair self-remix」の静かで澄んだエレクトロニカ調のサウンドが芸術の森を包み込んだ。そして、彼らのLIVEが終わる頃、ふと気づくとわずかに降っていた雨もいつの間にかやんでいた。この日は震災から約2ヵ月後で、さらに震災後の北関東では初となる野外アート・フェスティバルだったために「中止」という選択肢も運営側にはあったことだろう。それでもこの日見ることが出来たたくさんのアーティストとオーディエンスの笑顔を見て、どんなことがあっても音楽は必要だし鳴り止むことはないと思った。そんな素晴らしい一日だった。(Text by 池田義文]

MIDICRONICA リミックス・コンテストから5曲を配信

MIDICRONICA×OTOTOY×日本語ラップニュースが合同で行うREMIX CONTESTが本日をもって募集終了。LIVE録音にも収録されている「color」と「rust」の原曲がリミックスされ、どんな楽曲がを誕生したのか? これから各サイトで選別に入ります! 総勢で40名以上が参加したこのコンテストの楽曲の中から選別された5曲をOTOTOYではWAV配信決定。集まった収録曲は以下のMIDICRONICAの改混チャンネル、日本語ラップニュースの専門HPでチェックしておいて下さい! 選別され配信された楽曲の売り上げは全額リミキサーに渡されます!

  • 改混チャンネル URL
  • 日本語ラップニュース URL

MIDICRONICA Works

Fragment Works

PROFILE

MIDICRONICA
MC 716(NANAIRO) / 894(HAKUSHI) / 181(HIBACHI) / DJ 563(KOROSAN)

2005 年、突如現れた覆面ヒップ・ホップ・ユニット。メインとなるメンバーは4体。メンバーの名前は全て3桁の数字。新進気鋭のイラストレーターSteroidの描くキャラクターをオルターエゴとしてのメイン・イメージに据え、HP上でのストーリー進行と同時にCDをリリースする。さらに参加したアーティストがキャラクター化され、 MIDICRONICAの世界の中に存在することにより、メンバーが増殖するという今までに無かったコンセプトで活動するメディア・ミックス・プロジェクトである。1st Album 「#501」 に収録さされている 「sanfrancisco」はアニメ「サムライチャンプルー」最終話のエンディング・テーマとして起用され、完売後、某オークションなどで4 万円の高額を付けるアルバムとなる。現在、デジタル音楽配信で世界各国(国内外500サイト以上)への音楽配信が行われアメリカやフランスでもレビューが付き好評を得る。2009年9月には国内アーティストでは先駆けIPhone専用アプリをリリースし、メディア・ミックス・プロジェクトとして、さらなる広がりを見せた。2011年、フル・アルバムとリミックス・アルバムを発売予定。

MIDICRONICA official HP

Fragment

kussyとdeiiによるトラック・メイカー・デュオ。「術ノ穴」主宰。ヒップ・ホップを根底に様々な音楽要素を自由な発想で還元し、独自の音を生み出す。手がけた楽曲は坂本龍一のラジオ番組での放送や全国のEDWINショップの店内BGMに起用など大きな反響を呼んでいる。様々なアーティストへの楽曲提供をはじめ、2007年ワールドカップバレーのCM音楽や映画音楽を製作するなどクロス・オーバーな活動を展開。2008年にリリースした環ROYとの共作盤「MAD POP」はMySpaceとDAX(スペースシャワーTV)が共同運営しているRecommend企画「MyX」の月間アーティストへの選出や iTunes store、タワーレコードの年間ベスト・ディスクに選出されるなどシーンに強烈なインパクトを与えた。 2010年9月8日にシングル『condense E.P.』2010年11月17日に5年ぶりの2ndアルバム『vital signs』をリリース。LIVE活動、プロデュース・トラック提供、ジャンルを問わないリミックス・ワークなど様々なプロジェクトが控えている。

Fragment official HP

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】生活を彩る音楽隊、フィクションに誘い込むトイ・ポップ──Ribet towns『フラッシュフィクション』
[CLOSEUP]・2017年10月11日・フィクションに誘い込むトイ・ポップ──生活を彩る音楽隊・Ribet townsの『フラッシュフィクション』 渋谷系や北欧音楽への憧憬を、京都という街から鳴らす12人組ポップ・バンド、Ribet towns。今年2月にファースト・ミニ・アルバム『ショートショート』を発売したばかりの彼らが、配信限定となるEP作品『フラッシュフィクション」をリリース。前作に収録されていた「メトロ」「ショートシネマ」のリアレンジと新曲2曲の全4曲を収録した今作を、OTOTOYでは発売日に先駆け、先日より配信スタート。ハイレゾでの配信もOTOTOYのみということで、これから要注目となるであろう彼らのサウンドをぜひ良い音で楽しんでいただくとともに、レヴューを掲載。カラフルなフィクションの世界へどうぞ。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!Ribet towns / フラッシュフィクション'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 185円(税込) / アルバム 750円(税込)【収録曲】01. ベッドタウン02. ショートシネマ03. caravan04.
by 中の人
原稿ライオット2017結果発表!!ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年10月12日・原稿ライオット2017結果発表ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』をリリース。ディスコ〜ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信スタート!! そして、本作のレビュー記事を募集する原稿の登竜門コンテスト「原稿ライオット2017」の結果を発表する!! 審査委員長は、南波一海!! ライターを目指している人はもちろん、CUBERSを世に広めたい人、プロのライターまで、数多くの応募作の中から選ばれたグランプリのレビューをお楽しみください。 2nd EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / マゼンタ【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 1,500円(税込
峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZ3ヶ月連続リリースを読み解く!
[CLOSEUP]・2017年10月12日・青春に別れを告げた峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZの3ヶ月連続リリースを読み解く! 日本武道館での公演を目前に控えたバンド活動はもちろん、連続テレビ小説「ひよっこ」への出演などで、お茶の間の幅広い世代にもその存在感を示した銀杏BOYZ・峯田和伸。そんな銀杏BOYZが「恋とロック」をテーマとして3ヶ月連続で「エンジェルベイビー」「骨」「恋は永遠」というシングルをリリースした。今回の3ヶ月連続リリース第1弾の「エンジェルベイビー」で〈ロックンロールは世界を変えて〉と叫んだ銀杏BOYZ、そして峯田和伸は、きっとこれからもぼくらの世界を変え続けてくれるはず! あなたの世界を変えるかもしれない3作品を、「岡村詩野音楽ライター講座」講座生によるクロス・レヴューとともにお届けします。 3ヶ月連続リリース、3部作配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】それぞれ 単曲 200円 / まとめ購入 400円 REVIEW : 銀杏BOYZ「エンジェルベイビー」「骨」「恋は永遠」 峯田和伸の、変わらないピュアネス(額田大志)ノイジーなバンド・サウンドの上
『23区』以降のメロウ・グルーヴ──bonobos、ニュー・シングルをリリース
・2017年10月13日・【REVIEW】『23区』以降のメロウ・グルーヴ──bonobos、ニュー・シングルをリリース メンバーの大幅な更新を経て昨年リリースされたアルバム『23区』で、その表現をネオ・ソウル〜R&Bのグルーヴへとシフトさせたbonobos。その長いキャリアのなかで大きな転換となったアルバムから1年、ここに新たなシングル『FOLK CITY FOLK .ep』を発表した。先行ですでにリリースされている、彼らの代表曲「THANK YOU FOR THE MUSIC」のリアレンジ・ヴァージョンも含む6曲は、まさに彼らの『23区』以降の現在の勢いを感じさせるものだ。端的にいえば『23区』でバンドが獲得した表現をさらに一歩推し進めた作品となっている。OTOTOYでは本作を、DSD、そしてハイレゾ版にて配信中。そしてレヴューにてその内容を紹介します。 bonobos / FOLK CITY FOLK .ep'【配信形態 / 価格】'【左パッケージ】DSD(5.6MHz) + MP3データ付きシングルまとめ購入のみ 1,800円(税込)【右パッケージ】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALACAAC単曲購入 3
聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』をハイレゾ配信!! 南波一海によるレビュー掲載
[REVIEW]・2017年10月04日・南波一海によるレビュー掲載ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』をリリース。ディスコ〜ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信スタート!! 南波一海のレビューを掲載する。さらに本作のレビュー記事を募集する原稿の登竜門コンテスト「原稿ライオット2017」も引き続き絶賛開催中!! 審査委員長は、南波一海!! ライターを目指している人はもちろん、CUBERSを世に広めたい人、プロのライターまで、応募は自由。本作を隅から隅まで味わいつくそう!! 2nd EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / マゼンタ【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 1,500円
【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の1stソロをハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年10月04日・【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の鮮明な登場──1stソロをハイレゾ配信開始 2枚のアルバムをリリースし、2015年に突如解散をした“森は生きている”の岡田拓郎が、2017年10月4日、ソロ名義“Okada Takuro”としてのデビュー・アルバム 『ノスタルジア』をリリースする。マルチ楽器奏者であり、作曲家であり、更に“森は生きている”ではミキシングやジャケット写真までも手がけた、いわば芸術的創造力の塊ともいえる、岡田拓郎。そんな彼のデヴュー・アルバムは、ボブ・ディランからボン・イヴェールなど数々の名作を手掛けたグラミー賞ノミネート経験もあるエンジニア、グレッグ・カルビがマスタリングを担当。さらに、増村和彦(ex. 森は生きている)、谷口雄(ex. 森は生きてい る)、大久保淳也(ex. 森は生きている)の他に、西田修大(吉田ヨウヘイgroup)、三船雅也(ROTH BART BARON)、水谷貴次(peno 他)、優河、石若駿など彼と繋がりのある様々なアーティストも参加。多様な楽器が紡ぐ音、静かに漂う歌声がすっと心に沁み込む傑作『ノスタ
by ai
【REVIEW】大野雄二トリオ、5年ぶりのジャズ・アルバムをハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年09月27日・ジャズ・ピアノの奥深さにハマる秋! 大野雄二トリオ、5年ぶりのジャズ・アルバムをハイレゾ配信 2017年は大野雄二特別活動年といっても過言ではないでしょう。今年に入ってなんと3作目となる作品は、5年ぶりとなるトリオ名義でのジャズ・アルバム! 現編成のトリオでのリリースは初でもある。スタンダード・ジャズナンバーから、もちろんルパンの曲まで12曲収録。これから深まる秋の夜長にハイレゾ音質でじっくり耳を傾けてはいかがでしょうか。 YUJI OHNO TRIO / LET'S FALL IN JAZZ'【Track List】01. LET’S FALL IN JAZZ feat.Lyn02. SWEET SUE, JUST YOU03. MISTY TWILIGHT04. LET’S FALL IN LOVE05. LOVE SQUALL06. LET’S FALL IN JAZZ -interlude-07. MY ONE AND ONLY LOVE08. LET’S FACE THE MUSIC AND DANCE09. A FOGGY DAY10. LOVE THEME11. THEME FROM LUPI
【REVIEW】最高傑作の呼び声高い、ホラーズの新作をハイレゾ配信
・2017年09月26日・【REVIEW】バンドの実験性の歴史を内包、そして新たなる質感も備えたホラーズの新作──ハイレゾ配信 リリースから約1週間、UKの『The Gardian』誌では満点のレヴューが掲載されるなど、すでに海外メディアでは大きな話題となっているザ・ホラーズの5thアルバム『V』。作品ごとにさまざまな方向性へと、その音楽性を変え、その登場以来、高い評価を受けてきたUKのバンド。デビューから10周年目の作品となる『V』ではこれまで挑戦してきたさまざまな音楽性を内包し、さらなる新たな一歩へと進み、バンドのポテンシャルそのものがさらに一段高い位置にあることを知らしめた、そんな作品となっている。OTOTOYではハイレゾ配信と、若干お得な、CDと同等音質のデータにて配信中(1500円!)。 ハイレゾ版&お得なCDと同様音質のWAV / FLAC / ALAC版を配信中The Horrors / V'【左パッケージ : ハイレゾ版】'【右パッケージ : CD音質版】'【Track List】01. Hologram02. Press Enter To Exit03. Machine04. Ghost05. Point Of N
by 尾野 泰幸
筆者について
池田 社長 (tripxtrip)

ミュージャン、DJ、ライター、ライブ録音エンジニア、肉体労働者。あなたが望めば、何にでもなります。陰核御殿というハードコアバンドでギター弾いています。ミジンコ大好き。チャリが好きで、5月に東京から屋久島までママチャリで遊びに行きました。それだけでイイです。だふにあというダブバンドも始めました。万歳。twitterアカウント:http://twitter.com/tripxikeda

同じ筆者による他の記事