MIDICRONICA×FragmentのLIVE音源をDSDで配信開始

2011年5月28日に茨城県笠間市笠間芸術の森公園で開催された野外アート・フェスティバルSence of Wonder。数々の出演アーティストの中から、MIDICRONICAとfragmentがコラボレーションしたSpecial Live SetをDSDで収録し、OTOTOY独占音源として配信! リミックス・コンテストも話題のMIDICRONICAとジャンルを越えたリミックス・ワークを手掛け、kussyとdeiiのデュオからなるfragmentの熱の入った掛け合いに、こちらのテンションもあがること間違いなし!

MIDICRONICA × Fragment / Sence of Wonder Special Live Set 2011.05.28

【販売形式】
1) DSD+mp3>>DSDの聴き方はこちら
2) HQD(24bit/48kHzのwav)

★アルバム購入特典としてデジタル・ブックレットが同梱されます。

【販売価格】
1500円(アルバム販売のみ)




【Track List】
01. -Fragment LIVE 01-
(Shiratti rhythm feat. YAMANE&ELOQ Inst >Aureole/Heat Sink - Fragment Remix - >撃鉄/部屋 - Fragment Remix -)
02. no brake siliconvalley padtricks remix
03. lycanthropy
04. blue velvet
05. MC-01
06. wreck a band sow live special TBP ver >NAZCA
07. rust
08. MC-02
09. color
10. -Fragment LIVE 02-
(bluff dance >microshot/ambrosia - Fragment Remix - >polygonair self-remix)

Recorded & Mixed & Mastered by 葛西敏彦
Recorded at Sence of Wonder 2011(茨城県笠間市笠間芸術の森公園) 2011.05.18
Recorded & Mastering by KORG MR-2000S DSD recorder
Photos by ハタエアヤミ

【ダウンロードに関して】
windowsをご利用のお客さまは、標準の解凍設定、もしくは解凍ソフトによっては正常にファイルを解凍できない可能性がございます。その場合、お手数ですが別の解凍ツールを使用し、再度解凍をお試しくださるようお願い致します。7-Zip(フリー・ソフト)での解凍を推奨しています。
※7-zip http://sevenzip.sourceforge.jp/
また、ファイル名が長く操作出来ない場合や、ダウンロードしたファイルに不備や不明点がありましたら、info(at)ototoy.jpまでお問い合わせください。

化学反応で生まれるポジティブな雰囲気

2011年5月28日、茨城県笠間市で行われたSence of Wonder 2011。会場は茨城の新しい文化の発信基地として、伝統工芸と新しい造形美術をテーマに作られた笠間芸術の森公園。広い敷地内に作られた三つのステージ―丘の上の“Nature Flow Hill”、池の横にある“Lakeside Chillout Village”、そして中央に位置する“Wonder Forest”―はロケーションも素晴らしく、それぞれのテーマごとにアーティストがブッキングされ、観客もその時々の気分に合わせて、各会場を回ることが出来るようになっている。この日の天気はあいにくの雨だったが、LIVeでほてった体を冷ますにはちょうどよく、むしろ心地よいくらいだった。

今回配信されるMIDICRONICA×fragmentのLIVEは、Lakeside Chillout VillageでのPredawnのLIVEが終わった直後の15:00過ぎ、それまでの空気を一変するようなサウンドで幕を開けた。しょっぱなはFragment『condense E.P.』より「Shiratti rhythm feat. YAMANE&ELOQ int」。Fragment流のDUB STEPで会場を一気にダンス・フロアへと変えていく。そのままAureole「Heat Sink -Fragment Remix -」へとなだれ込み、徐々に観客も彼らの作り出す強烈なグルーヴに導かれるように体を動かし始める。するどいビートが作り出すリズムとグリッチ・ノイズが芸術の森公園にこだまし、そして緑の中へと吸い込まれていく。そして三曲目は、東京で今最も勢いのあるバンドの一つである撃鉄の「部屋- Fragment Remix-」。この三曲を聴いて解るように、全く毛色の違うバンドの楽曲もFragmentの手にかかれば彼らの色に見事に染まってしまう。

photo by ハタエアヤミ

ジャンルを超え様々なアーティストから多くのリミックスを依頼されるというのは、ミュージシャン達から強い信頼を集めている証拠だろう。そして、いよいよMIDICRONICAが登場。Dommune出演の際に意気投合し、今回の共演が実現したという二組。覆面で現れたMIDICRONICAは、様々なメディアをミックスしながら活動する彼ららしく、そのサウンドもアーバンなヒップ・ホップ・サウンドから、強烈なドラムン・べースまで、所せましとリリックをサウンドに乗せていく。その懐の広さからいってもFragmentMIDICRONICAの相性がぴったりなのは間違いない。持ち前のアッパーなトラックとMCで会場は大分温まってきていた。そして「この二組ならではの楽曲」という紹介で始まった「wrecka band sow live special TBP ver」。Big Beatの縦ノリのグルーヴが観客を上へ下へと揺らす。間髪いれずに「NAZCA」へとなだれ込む。そして、『MICICRONICA PROJECT 混(KON)』にも収録されている「rust」、「color」。もちろんどちらもFragment Remixだ。この頃には彼らによる化学反応で生まれるポジティブな雰囲気に、会場にいる観客も思わず笑顔で体を揺らしていた。この楽曲でMIDICRONICAは退場し、FragmentのLiveへ。

再び会場は鋭いリズムと強烈なビートに包まれる。そして、最後は「polygonair self-remix」の静かで澄んだエレクトロニカ調のサウンドが芸術の森を包み込んだ。そして、彼らのLIVEが終わる頃、ふと気づくとわずかに降っていた雨もいつの間にかやんでいた。この日は震災から約2ヵ月後で、さらに震災後の北関東では初となる野外アート・フェスティバルだったために「中止」という選択肢も運営側にはあったことだろう。それでもこの日見ることが出来たたくさんのアーティストとオーディエンスの笑顔を見て、どんなことがあっても音楽は必要だし鳴り止むことはないと思った。そんな素晴らしい一日だった。(Text by 池田義文]

MIDICRONICA リミックス・コンテストから5曲を配信

MIDICRONICA×OTOTOY×日本語ラップニュースが合同で行うREMIX CONTESTが本日をもって募集終了。LIVE録音にも収録されている「color」と「rust」の原曲がリミックスされ、どんな楽曲がを誕生したのか? これから各サイトで選別に入ります! 総勢で40名以上が参加したこのコンテストの楽曲の中から選別された5曲をOTOTOYではWAV配信決定。集まった収録曲は以下のMIDICRONICAの改混チャンネル、日本語ラップニュースの専門HPでチェックしておいて下さい! 選別され配信された楽曲の売り上げは全額リミキサーに渡されます!

  • 改混チャンネル URL
  • 日本語ラップニュース URL

MIDICRONICA Works

Fragment Works

PROFILE

MIDICRONICA
MC 716(NANAIRO) / 894(HAKUSHI) / 181(HIBACHI) / DJ 563(KOROSAN)

2005 年、突如現れた覆面ヒップ・ホップ・ユニット。メインとなるメンバーは4体。メンバーの名前は全て3桁の数字。新進気鋭のイラストレーターSteroidの描くキャラクターをオルターエゴとしてのメイン・イメージに据え、HP上でのストーリー進行と同時にCDをリリースする。さらに参加したアーティストがキャラクター化され、 MIDICRONICAの世界の中に存在することにより、メンバーが増殖するという今までに無かったコンセプトで活動するメディア・ミックス・プロジェクトである。1st Album 「#501」 に収録さされている 「sanfrancisco」はアニメ「サムライチャンプルー」最終話のエンディング・テーマとして起用され、完売後、某オークションなどで4 万円の高額を付けるアルバムとなる。現在、デジタル音楽配信で世界各国(国内外500サイト以上)への音楽配信が行われアメリカやフランスでもレビューが付き好評を得る。2009年9月には国内アーティストでは先駆けIPhone専用アプリをリリースし、メディア・ミックス・プロジェクトとして、さらなる広がりを見せた。2011年、フル・アルバムとリミックス・アルバムを発売予定。

MIDICRONICA official HP

Fragment

kussyとdeiiによるトラック・メイカー・デュオ。「術ノ穴」主宰。ヒップ・ホップを根底に様々な音楽要素を自由な発想で還元し、独自の音を生み出す。手がけた楽曲は坂本龍一のラジオ番組での放送や全国のEDWINショップの店内BGMに起用など大きな反響を呼んでいる。様々なアーティストへの楽曲提供をはじめ、2007年ワールドカップバレーのCM音楽や映画音楽を製作するなどクロス・オーバーな活動を展開。2008年にリリースした環ROYとの共作盤「MAD POP」はMySpaceとDAX(スペースシャワーTV)が共同運営しているRecommend企画「MyX」の月間アーティストへの選出や iTunes store、タワーレコードの年間ベスト・ディスクに選出されるなどシーンに強烈なインパクトを与えた。 2010年9月8日にシングル『condense E.P.』2010年11月17日に5年ぶりの2ndアルバム『vital signs』をリリース。LIVE活動、プロデュース・トラック提供、ジャンルを問わないリミックス・ワークなど様々なプロジェクトが控えている。

Fragment official HP

o

 
 

レヴュー

愛乙女☆DOLL、2タイトル同時リリースのニューシングル独占ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年08月15日・愛乙女☆DOLL、2タイトル同時リリースのシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 7人組アイドル・グループの愛乙女☆DOLL(らぶりーどーる)が約1年ぶりのシングル『夜明け前、虹が差す』『光のシンフォニー』の2タイトルを同時リリース、OTOTOY独占ハイレゾ配信がスタートした。グループ新体制後初の作品をひっさげて、夏恒例でもあるアイドルイベント / フェスに続々出演中のらぶどる。もう夏も終わりに近づいてますが… メンバー全員から夏フェスへの意気込みコメントをもらいました! 2タイトル同時リリース!愛乙女☆DOLL / 夜明け前、虹が差す'【収録曲】1. 夜明け前、虹が差す2. Brand-New-World 3. 夜明け前、虹が差す (Instrumental)4. Brand-New-World (Instrumental) 【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / まとめ価格 1,000円(税込)愛乙女☆DOLL / 光のシンフォニー'【収録曲】1. 光のシンフォニー2. Lion〜孤高の騎士〜3. 光のシンフォニー (
OPNによる映画『Good Time』のサウンドトラック・アルバムをハイレゾ配信開始!
・2017年08月15日・REVIEW : 鬼才、OPNが手がけた本年度カンヌ・サウンドトラック賞受賞OSTをハイレゾ配信 もはや2010年代の電子音楽を象徴する存在といっても過言ではない、ダニエル・ロパティンによるプロジェクト、ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー(以下、OPN)。2015年のアルバム『Garden Of Delete』リリース以降の2年間も、オリジナルのアルバム・リリースはないものの、アノーニのアルバムをハドソン・モホークと手がけたり、FKAツイッグスとのコラボの噂などなど、その話題には事欠かない。そんなOPNの新作は、映画『Good Time』(日本は11月公開)のOSTとなっている。映画はNYで銀行強盗を企てる兄弟、その弟が逮捕され…… という、1文の映画紹介と、すでに公開されているトレイラーから伺い知ることしかできないものの、映画自体はおそらくかなりスリリング&物騒な内容ではないかと。またOSTとしての本作はすでに、本年度カンヌ・サウンドトラック賞受賞。すでにOSTとして高い評価を受けて話題になっている作品。さて鬼才OPNが手がけたOSTとは? OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、CDと同内容
by 八木 皓平
【REVIEW】色彩をもたらす原風景の起源──haruka nakamura PIANO ENSEMBLEが築いた箱庭音楽の究極『光』
[REVIEW]・2017年08月08日・色彩をもたらす原風景の起源──haruka nakamura PIANO ENSEMBLEが築いた箱庭音楽の究極『光』 過去にはNujabesとも共作を果たし、ポストクラシカル・シーンのみならず多彩な活躍を続けるharuka nakamura。4th『音楽のある風景』(‘14)、LP+CD『CURTAIN CALL』(‘16)に続き、haruka nakamura PIANO ENSEMBLEの飽くなき挑戦の最高到達点ともいえるライヴ録音集がリリース。夕暮れを切り取ってきたこれまでのアルバムから、光そのものに焦点を当てた新作。静謐な序盤からクライマックスに向けて荘厳で壮大になっていく崇高な展開には息を呑むことだろう。そんなポストクラシカルの新たな名盤をOTOTOYでは独占ハイレゾ配信のスタートとともにレヴューをお届けする。 ポストクラシカルの新たな名盤をハイレゾ配信! haruka nakamura PIANO ENSEMBLE / 光'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC【配信価格】 単曲 432円(税込) / アルバム 2,700円(税込)【収録曲】''01.
by 中の人
【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!
[REVIEW]・2017年08月07日・ハイレゾで生々しく蘇る、どんと活動初期の歌声──ローザ・ルクセンブルグの過去作リマスタリング再発!! どんと(Vo.Gt)、玉城宏志(Gt)、永井利充(Ba)、三原重夫(Dr)からなる伝説のロック・バンド、ローザ・ルクセンブルグ。短い活動期間ながら強烈なインパクトを残したそのバンドは後にボ・ガンボスをはじめとしたバンドへと枝分かれしていく。そんな彼らが残したオリジナル・アルバム2枚とラスト・ライヴを収録したライブ盤がこの度ハイレゾ配信用にオリジナルのアナログ・マスター・テープからリマスタリングが施された。中でもラスト・ライヴを収録した『LIVE AUGUST』に関しては、アナログLP3枚組の当時の構成を完全再現するため、CD再発以降の同タイトルのものと比較するとフェードアウトのタイミングなどの変更が施されるなど、今までこのアルバムを楽しんで来た人も改めてこのアルバムの魅力に気付けるような仕様となっている。OTOTOYでは今作を24bit/96kHz及びDSD 5.6MHz/1bitの2つのフォーマットで配信がスタート。レヴューと共に改めて、彼らが残したそのサウンドに触れてみてください。 86年リリースのデビ
by 岡本 貴之
【REVIEW】fhánaがTVアニメ「ナイツ&マジック」のOP曲を収録した12枚目となるシングル『Hello!My World!!』をリリース!!
[REVIEW]・2017年08月02日・自らの手で作り出す、「新しい世界」──fhána12枚目となるシングルのハイレゾ配信がスタート!! 4月にリリースしたシングル『ムーンリバー』の話題も冷めやらぬまま、fhánaが早くもニュー・シングル『Hello!My World!!』を発売。今回のシングルは7月より放送が始まったアニメ「ナイツ&マジック」のオープニング・テーマとして放送中。今回もアーティスト盤、アニメ盤の2つの仕様でリリースされており、それぞれ異なるカップリング曲を収録。OTOTOYでは今回のシングルも、もちろんハイレゾで配信開始! レヴューと共にお楽しみください。 2つの仕様で異なるカップリング曲を収録!!fhána / Hello!My World!!'【Track List】01. Hello!My World!!02. 君の住む街(アーティスト盤)reaching for the cities(アニメ盤)03. Hello!My World!! -Instrumental-04. 君の住む街 -Instrumental-(アーティスト盤)reaching for the cities-Instrumental-(アニメ盤)【配信形
by 純三
アイドル界にセンセーションを巻きおこせ! つばきファクトリー2ndシングルをハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年07月26日・アイドル界にセンセーションを巻きおこせ!つばきファクトリー2ndシングルをハイレゾ配信 モーニング娘。'17やアンジュルムなどが所属するハロー! プロジェクト(ハロプロ)から、ハロプロ研修生内新ユニットとして2015年4月に結成、今年2017年2月にメジャー・デビューした9人組ユニット、つばきファクトリーの2ndシングルがハイレゾで到着! つばきファクトリーの「たくましさ・かわいさ・せつなさ」が注入された3曲は、この夏大注目の作品です! 最新シングルをハイレゾ配信!「就活センセーション/笑って/ハナモヨウ」つばきファクトリー'【配信形態】(24bit/96kHz) WAV / ALAC / FLAC / AAC【配信価格】(税込) 単曲 540円 【Track List】 ''01. 就活センセーション02. 笑って03. ハナモヨウ REVIEW : 就活センセーション/笑って/ハナモヨウ 今年2017年2月22日に、メジャー1stシングル「初恋サンライズ/Just Try!/うるわしのカメリア」のトリプルA面シングルでメジャー・デビューを果たしたつばきファクトリー。それから5ヶ月、待望の2ndシングルは
【REVIEW】15年目に突入のNegicco──2作目となるベスト・アルバムをハイレゾ配信
・2017年07月20日・【REVIEW】15年目に突入のNegicco──2作目となるベスト・アルバムをハイレゾ配信 新潟在住の3人組アイドル・ユニットNegiccoが、キャリア15年目に突入した2017年7月20日、2作目となるベスト・アルバム『Negicco 2011~2017 -BEST- 2』をリリース。「光のシュプール」「ねぇバーディア」といったシングル曲はもちろん、作詞・作曲堀に堀込高樹、編曲にKIRINJIを迎えた書き下ろしの新曲「愛は光」、Homecomingsのギタリスト・福富優樹作詞の「ともだちがいない!」、《SIDE B楽曲から1曲を選ぶTwitterファン投票企画》にて圧倒的票数で選ばれた「さよならMusic」も収録。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信!! 大人のしなやかさと可愛らしさを持ち合わせたNegiccoの現在をお楽しみください。 2作目となるベスト・アルバムをハイレゾ配信Negicco / Negicco 2011~2017 -BEST- 2【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 201円(税込) / まとめ 2,401円(税込) 【収録曲】1. 愛は光
by 鈴木 雄希
【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画》──goodtimes、十人十色は時に人を傷つける
[CLOSEUP]・2017年07月17日・【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画、第5弾》──goodtimes、十人十色は時に人を傷つける 突如、アーティスト写真もなく素性も知れない2人組ギター・ロック・バンドが現れた。彼らの名前は「goodtimes(グッドタイムス)」。まだほとんど情報がないにも関わらず、2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行うことになった。そんな思い切った企画をスタートさせた彼らによる第5弾音源「灰色」を配信、レヴューを掲載する。 goodtimes12ヶ月連続配信、第5弾goodtimes / 灰色 '【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>ハイレゾとは? '【配信価格】価格 250円【収録曲】1. 灰色 REVIEW : 自分の立ち位置が不明瞭なものになってゆく 誰とでも仲良くなれて、周囲にも認められるあなたが憎たらしくてたまらない。何かを極めていたり、何かに振り切ることができる人が羨ましい。性格や容姿の系統、カースト、周りからの評価。様々な要素がその人の色を決定付ける。しかし、それを考えれば考えるほど、自分の立ち位置がむしろ不明瞭なものに思えてくる。鮮やかな
by 宮尾茉実
筆者について
池田 社長 (tripxtrip)

ミュージャン、DJ、ライター、ライブ録音エンジニア、肉体労働者。あなたが望めば、何にでもなります。陰核御殿というハードコアバンドでギター弾いています。ミジンコ大好き。チャリが好きで、5月に東京から屋久島までママチャリで遊びに行きました。それだけでイイです。だふにあというダブバンドも始めました。万歳。twitterアカウント:http://twitter.com/tripxikeda

同じ筆者による他の記事