大阪が誇る笑いと哀愁を背負ったグッド・シンガー、奇妙礼太郎が2011年9月にリリースした『GOLDEN TIME』の中から、豪華アーティスト達がリミックス! 曽我部恵一、SHINCO(スチャダラパー)、やけのはら、grooveman Spot、DJ YOGURT&KOYAS、CHABEらによる奇妙礼太郎の世界観を理解しながらのリミックス・アルバムは、あなたの住む夜の街を彩る!

奇妙礼太郎のソロ・デビュー作が豪華リミックス・アルバムへと変わる!



奇妙礼太郎 / GOLDEN TIME REMIX

【リミキサー陣】
grooveman Spot / YAKENOHARA / SHINCO(スチャダラパー) / DJ YOGURT&KOYAS / LONESOME ECHO PRODUCTION / 曽我部恵一 / Cubismo Grafico / HAKASE-SUN

これは奇妙流のアフターアワーズだ

ここにあるのは夜だ。星が輝く夜がある。奇妙礼太郎の歌声が星空を気持ちよさそうに泳ぐさまを見ている感覚を覚える。星がきれいな夜にのんびりと歩きながら聴くといいかもしれない。奇妙が2011年にリリースした2枚組作品『GOLDEN TIME』の「Solo Side」に収録されていた曲のリミックスを集めたこの作品にはニュー・ディスコ、あるいはブレイクビーツあたりにカテゴライズできそうな曲が並んでいる。それらの曲は夜を思わせる。リミックスを担当したのは、曽我部恵一、やけのはら、SHINCO(スチャダラパー)、grooveman Spot、DJ YOGURT&KOYAS、CUBISMO GRAFICO、HAKASE-SUN、LONESOME ECHO PRODUCTION…。それぞれの曲のリミキサーが異なるのにも関わらず、どの曲も似たような色合いの曲に作り変えられている。

リミキサーたちはオリジナルのヴァージョンにあった夜っぽいところを残したか、夜っぽいところにフォーカスしたかのようである。リミキサーがフォーカスしたところが同じだから、似た色合いの曲が並ぶことになったのだ… と思う。オリジナルは少し古めかしいロックやブルース、フォーク・ソングを基調にしたシンプルな作りになっている。そういった音楽で表現されていた夜の感覚を、ニュー・ディスコやブレイクビーツで表現すると、こういう感じになるのか。オリジナルにあったアコースティック・ギターの音はキラリと輝くシンセサイザーに変わり、生のドラムの音は艶やかなブレイクビーツに変わっている。オリジナルとリミックスを比べてみると、全体の音の感触は大きく変わっているものの、夜を思わせるところは変わっていない。オリジナルを聴きなれた人の耳にもスーッと自然に入っていくのではないだろうか。

奇妙の歌声は心を躍らせるのだという。奇妙礼太郎トラベルスイング楽団のホームページにそんなことが書いてあった。しかし、この作品の奇妙の歌声が心を躍らせるというよりも、心をゆっくりと静めていく。これまでの作品で聴ける奇妙の歌声が人々を躍らせる夜のライヴ・ハウスにあるのだとしたら、ここにある歌声はライヴ・ハウスからの帰り道にあり、にぎやかな都会のライヴ・ハウスから遠く離れた夜の公園にある。これは奇妙流のアフターアワーズだ。こんなふうに言っておこうか。(text by 小澤剛)

OTOTOY独占配信! 奇妙礼太郎のバンド / ソロのライヴ音源を高音質で!

奇妙礼太郎トラベルスイング楽団 / LIVE at BASEMENT BAR 2011.01.22

【価格】
1)DSD+mp3 Ver.(約813MB)・1000円
2)HQD(24bit/48kHzのwav)・1000円

【ファイル形式】
1)DSD+mp3(約813MB)
2)HQD(24bit/48kHzのwav)(約371MB)
(全5曲収録)

DSDの聴き方はこちら

奇妙礼太郎 / 奇妙礼太郎 TOKYOTOWN LIVE 2011

【価格】
1)DSD+mp3・700円
2)HQD(24bit/48kHzのwav)・700円

【ファイル形式】
1)DSD+mp3(約768MB)
2)HQD(24bit/48kHzのwav)(約315MB)
(弾き語り全4曲収録)

DSDの聴き方はこちら


奇妙礼太郎DISCOGRAPHY

奇妙礼太郎、奇妙礼太郎トラベルスイング楽団 / GOLDEN TIME

日本を代表するメンバーとのバンド・サウンドと自身の弾き語りで表現するソロ・サイド。そして奇妙礼太郎トラベルスイング楽団が、すべてこのアルバムのために新録音した、幸福感溢れるバンド・サウンドで聞かせる奇妙礼太郎トラベルスイング楽団サイドの両面から楽しめる作品。

奇妙礼太郎トラベルスイング楽団 / 機嫌なおしておくれよ YOGURT&KOYAS REMIX ~Please make your feeling better~

関西が誇るグッド・シンガー奇妙礼太郎率いる、奇妙礼太郎トラベルスイング楽団。彼らの代表曲「機嫌なおしておくれよ」「Califolnia」をDJ Yougurt & Koyasが自ら志願しリミックス!! 後半4~8曲は京都の名物フェス「ボロフェスタ2010」でのライヴ・テイクを、笑い声もそのままに収録。ゆるいのに強く惹きつけられる。温かな奇妙礼太郎の歌声をお楽しみください。

奇妙礼太郎トラベルスイング楽団 / キング オブ ミュージック

圧倒的な歌声で人の度肝を抜き、のらりくらりとしたへらへらのMCで人を拍子抜けさせる奇妙礼太郎と、彼の声に寄り添いつつも時に彼以上に自由奔放にふるまうバンド、トラベルスイング楽団。彼らのファースト・アルバムがここに! でたらめなようで、歌うことには誰よりも真摯。にやり笑ったかと思えば泣きそうな顔をして歌う。奇妙礼太郎の魅力を存分に味わえるこの1枚を聴き逃すな!

V.A. / VELVET SONGS

七尾旅人、曽我部恵一、Chocolat & Akito、bird、Wyolicaら13組のアーティストが、様々なアプローチで歌い上げた、豪華カヴァー・アルバム。日本の良質なボップスを数多く送りだしたアルファ・レコードより、荒井由実、吉田美奈子、ガロ、ハイ・ファイ・セットら初期の作品にフォーカスをあてた、新しくも懐かしくもある一枚。

LIVE INFORMATION

6月07日@喫茶+バー48PAN(沖縄)
6月08日@ペーニャあまんかい(沖縄)
6月09日@喫茶+バー48PAN(沖縄)
6月11日@NHKみんなの広場 ふれあいホール(東京)
6月14日@Goit(大阪)
6月15日@CAPECOD(大阪)Thank you sold out!
6月16日@ZEPPなんば大阪(大阪)<トラベルスイング楽団>
6月20日@乙 -KINOTO-(東京)
6月22日@YATSUI FESTIVAL! 2013(東京)
6月23日@CLUB♯9(東京)
6月24日@SENDAI KOFFEE(宮城)
6月29日@K.Dハポン(愛知)Thank you sold out!
6月30日@BATICA(東京)<トラベルスイング楽団>

PROFILE

奇妙礼太郎
アニメーションズ、奇妙礼太郎トラベルスイング楽団、ALPS! などのボーカルとして活動中。泥臭くストレートで朴訥としたロックンロールから、ラブ・アンド・ユーモアなフォークまで歌い上げ、少し泣き声混じりの切ない歌声と、むき出しのソウルで人々を魅了する。

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】思い出野郎Aチームがカクバリズムより2ndアルバムをリリース
[CLOSEUP]・2017年08月23日・フロアで踊って朝を迎える、『夜のすべて』の物語が誕生──思い出野郎Aチーム2ndアルバム配信開始! 2009年に結成された7人組ソウル・バンド、思い出野郎Aチームが2017年8月23日、〈カクバリズム〉移籍後、初となる2ndアルバム『夜のすべて』をリリース。世界各国の音楽から影響を受けたポップでメロウなリズムと、耳に残る個性的な歌声、それから音楽を愛する人すべてが心奪われてしまう歌詞の融合は、今作で最高潮を迎えた。先行7インチで発売された「ダンスに間に合う」や、“思い出野郎らしい”音楽愛が溢れた大名曲「Magic Number」も収録された今作。あなたの『夜のすべて』を歌った物語を、レヴューと共にお楽しみください。 カクバリズム移籍後初アルバム配信開始思い出野郎Aチーム / 夜のすべて'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / アルバム 2,057円(税込)【収録曲】''1. ダンスに間に合う2. アホな友達3. 夜のすべて4. 生活リズム5. 早退6. フラットなフロア7. Magic Number 8. 彼女のダンス9.
by ai
今年のフジロック、どうでした?ーー岡村詩野と渡辺裕也がふり返る〈フジロック 2017〉対談レポート
[CLOSEUP]・2017年08月18日・今年のフジロック、どうでした?ーー岡村詩野と渡辺裕也がふり返る〈フジロック 2017〉対談レポート 今年も新潟県の苗場スキー場にて多くの感動を生み、21回目の開催となった〈FUJI ROCK FESTIVAL '17〉。今年は久しぶりに天候も安定しないなかでの開催となった(2日目の雨は特にひどかった!)にもかかわらず、20年ぶりにエイフェックス・ツインが参加したり、小沢健二が初めてのフェスとして参加したり…… 国内外問わず豪華なメンツが揃い、素晴らしい空間をつくり上げた今年のフジロック。OTOTOYでは渡辺裕也と、岡村詩野による対談レポートで現地の状況をお届け。アツいステージをみせたあのアーティストたちの話はもちろん、“フジロック”の雰囲気やフェス自体の変化まで語ってくれています。あの7月の4日間に戻りたい…… と、まだフジロックの余韻にどっぷり使っている方から、今回は参加できなかったけど雰囲気だけでも感じたい! という方まで、ぜひこの対談をお楽しみください! レポート対談 : 岡村詩野 × 渡辺裕也写真 : 大橋祐希 FUJI ROCK FESTIVAL '17 2017年7月28日(金)、29日(土)
by 渡辺 裕也
《12ヶ月連続配信企画、第6弾》──goodtimes、新曲配信とともに彼らを捉えるべきライヴへ潜入
[CLOSEUP]・2017年08月16日・《12ヶ月連続配信企画、第6弾》──goodtimes、新曲配信とともに彼らを捉えるべきライヴへ潜入 突如、アーティスト写真もなく素性も知れない2人組ギター・ロック・バンドが現れた。彼らの名前は「goodtimes(グッドタイムス)」。まだほとんど情報がないにも関わらず、2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行うことになった。そんな思い切った企画をスタートさせた彼らによる第6弾音源「不満」を配信、そして今回は彼らのライヴに潜入。彼らのライヴ・レポートを掲載する。 goodtimes12ヶ月連続配信、第6弾goodtimes / 不満 '【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】250円【収録曲】''1. 不満 LIVE REPORT : 人生の一部を彩るもので得られる感覚に似ていた 今まで楽曲配信を毎月行い、ついに今作で第6弾となったgoodtimes。今回はその新曲「不満」のリリースとともに、彼らの楽曲の振り幅の大きさを肌で体感すべく、ライヴ会場へ潜入した。体感0距離のライヴで、人間同士の心がぶつかり合う様子が伺えた。 goodtimes
by 宮尾茉実
愛乙女☆DOLL、2タイトル同時リリースのニューシングル独占ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年08月15日・愛乙女☆DOLL、2タイトル同時リリースのシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 7人組アイドル・グループの愛乙女☆DOLL(らぶりーどーる)が約1年ぶりのシングル『夜明け前、虹が差す』『光のシンフォニー』の2タイトルを同時リリース、OTOTOY独占ハイレゾ配信がスタートした。グループ新体制後初の作品をひっさげて、夏恒例でもあるアイドルイベント / フェスに続々出演中のらぶどる。もう夏も終わりに近づいてますが… メンバー全員から夏フェスへの意気込みコメントをもらいました! 2タイトル同時リリース!愛乙女☆DOLL / 夜明け前、虹が差す'【収録曲】1. 夜明け前、虹が差す2. Brand-New-World 3. 夜明け前、虹が差す (Instrumental)4. Brand-New-World (Instrumental) 【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / まとめ価格 1,000円(税込)愛乙女☆DOLL / 光のシンフォニー'【収録曲】1. 光のシンフォニー2. Lion〜孤高の騎士〜3. 光のシンフォニー (
OPNによる映画『Good Time』のサウンドトラック・アルバムをハイレゾ配信開始!
・2017年08月15日・REVIEW : 鬼才、OPNが手がけた本年度カンヌ・サウンドトラック賞受賞OSTをハイレゾ配信 もはや2010年代の電子音楽を象徴する存在といっても過言ではない、ダニエル・ロパティンによるプロジェクト、ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー(以下、OPN)。2015年のアルバム『Garden Of Delete』リリース以降の2年間も、オリジナルのアルバム・リリースはないものの、アノーニのアルバムをハドソン・モホークと手がけたり、FKAツイッグスとのコラボの噂などなど、その話題には事欠かない。そんなOPNの新作は、映画『Good Time』(日本は11月公開)のOSTとなっている。映画はNYで銀行強盗を企てる兄弟、その弟が逮捕され…… という、1文の映画紹介と、すでに公開されているトレイラーから伺い知ることしかできないものの、映画自体はおそらくかなりスリリング&物騒な内容ではないかと。またOSTとしての本作はすでに、本年度カンヌ・サウンドトラック賞受賞。すでにOSTとして高い評価を受けて話題になっている作品。さて鬼才OPNが手がけたOSTとは? OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、CDと同内容
by 八木 皓平
【REVIEW】色彩をもたらす原風景の起源──haruka nakamura PIANO ENSEMBLEが築いた箱庭音楽の究極『光』
[REVIEW]・2017年08月08日・色彩をもたらす原風景の起源──haruka nakamura PIANO ENSEMBLEが築いた箱庭音楽の究極『光』 過去にはNujabesとも共作を果たし、ポストクラシカル・シーンのみならず多彩な活躍を続けるharuka nakamura。4th『音楽のある風景』(‘14)、LP+CD『CURTAIN CALL』(‘16)に続き、haruka nakamura PIANO ENSEMBLEの飽くなき挑戦の最高到達点ともいえるライヴ録音集がリリース。夕暮れを切り取ってきたこれまでのアルバムから、光そのものに焦点を当てた新作。静謐な序盤からクライマックスに向けて荘厳で壮大になっていく崇高な展開には息を呑むことだろう。そんなポストクラシカルの新たな名盤をOTOTOYでは独占ハイレゾ配信のスタートとともにレヴューをお届けする。 ポストクラシカルの新たな名盤をハイレゾ配信! haruka nakamura PIANO ENSEMBLE / 光'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC【配信価格】 単曲 432円(税込) / アルバム 2,700円(税込)【収録曲】''01.
by 中の人
【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!
[REVIEW]・2017年08月07日・ハイレゾで生々しく蘇る、どんと活動初期の歌声──ローザ・ルクセンブルグの過去作リマスタリング再発!! どんと(Vo.Gt)、玉城宏志(Gt)、永井利充(Ba)、三原重夫(Dr)からなる伝説のロック・バンド、ローザ・ルクセンブルグ。短い活動期間ながら強烈なインパクトを残したそのバンドは後にボ・ガンボスをはじめとしたバンドへと枝分かれしていく。そんな彼らが残したオリジナル・アルバム2枚とラスト・ライヴを収録したライブ盤がこの度ハイレゾ配信用にオリジナルのアナログ・マスター・テープからリマスタリングが施された。中でもラスト・ライヴを収録した『LIVE AUGUST』に関しては、アナログLP3枚組の当時の構成を完全再現するため、CD再発以降の同タイトルのものと比較するとフェードアウトのタイミングなどの変更が施されるなど、今までこのアルバムを楽しんで来た人も改めてこのアルバムの魅力に気付けるような仕様となっている。OTOTOYでは今作を24bit/96kHz及びDSD 5.6MHz/1bitの2つのフォーマットで配信がスタート。レヴューと共に改めて、彼らが残したそのサウンドに触れてみてください。 86年リリースのデビ
by 岡本 貴之
【REVIEW】fhánaがTVアニメ「ナイツ&マジック」のOP曲を収録した12枚目となるシングル『Hello!My World!!』をリリース!!
[REVIEW]・2017年08月02日・自らの手で作り出す、「新しい世界」──fhána12枚目となるシングルのハイレゾ配信がスタート!! 4月にリリースしたシングル『ムーンリバー』の話題も冷めやらぬまま、fhánaが早くもニュー・シングル『Hello!My World!!』を発売。今回のシングルは7月より放送が始まったアニメ「ナイツ&マジック」のオープニング・テーマとして放送中。今回もアーティスト盤、アニメ盤の2つの仕様でリリースされており、それぞれ異なるカップリング曲を収録。OTOTOYでは今回のシングルも、もちろんハイレゾで配信開始! レヴューと共にお楽しみください。 2つの仕様で異なるカップリング曲を収録!!fhána / Hello!My World!!'【Track List】01. Hello!My World!!02. 君の住む街(アーティスト盤)reaching for the cities(アニメ盤)03. Hello!My World!! -Instrumental-04. 君の住む街 -Instrumental-(アーティスト盤)reaching for the cities-Instrumental-(アニメ盤)【配信形
by 純三