“ロックの殿堂”入りを果たしたパンク界のゴッドファーザー、イギー・ポップが、イギー・アンド・ザ・ストゥージズ名義として6年振りとなるニュー・アルバムをリリース! 50年近い音楽キャリアを誇り、セックス・ピストルズ、ガンズ・アンド・ローゼズ、ニルヴァーナ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズなど後世のビッグ・バンドに多大な影響を与えたイギー・アンド・ザ・ストゥージズの最新作『Ready To Die』を配信開始。



Iggy And The Stooges / Ready To Die

【価格】
mp3、wavともに 単曲 200円 / まとめ購入 1,500円

【Track List】
01. Burn / 02. Sex and Money / 03. Job / 04. Gun / 05. Unfriendly World / 06. Ready to Die / 07. DD's / 08. Dirty Deal / 09. Beat That Guy / 10. Departed, The

タフでソリッドなロック

ああ、やっぱり、このバンドは何にも変わっちゃいなかった。音のテクスチャーや演奏のスピード感が最近のロックっぽくなっていると言えば、たしかになってはいるものの、1969年のデビュー作と聴き比べてみてもそれほどの変化はない。まあ、それはわかっていたことだ。このバンドが変わらないなんてことは。ディストーションをかけて歪ませたエレクトリック・ギターの音が勢いよく鳴らされて、イギー・ポップがドスのきいた声で歌う。ガレージ・ロックの元祖と言われるバンドがガレージ・ロックを、と言うよりもシンプルなロックをやっている。

2003年に再結成したザ・ストゥージズが2007年にリリースした前作『ザ・ウィヤードネス』はザ・ストゥージズ名義だった。だが、6年ぶりにリリースするこの作品はイギー・アンド・ザ・ストゥージズ名義となっている。この名義を用いた理由は、この作品が1973年にイギー・アンド・ザ・ストゥージズ名義でリリースした『ロー・パワー』の続編だからだという。そういう作品のタイトルを“死ぬ準備ができた”としたのは、「やりたいことはやったから、もう死んだっていいんだぜ」ってなところだろうか。頑なに自らのスタイルを貫いているというでもないし、これしかできないからやっているというでもない。もちろん成熟しているというでもない。人に自分たちの音楽を認めさせようというでもない。あくまでも自然体で気持ちよさそうに歌い、演奏をしている。バンドの解散と再結成、そしてバンドのメンバーとの別れなどといったいろいろなことを経験した末に、気持ちよく走れる道を見つけたかのような、開放的な空気が漂っている。回りまわって吹っ切れたか、すっきりしたか。そんなことを思わせる瑞々しいエネルギーがみなぎっている。

ザ・ストゥージズが結成されたのは1967年だから、結成してから46年にもなる。それほど長く活動をしてきて、こんなふうに気持ちよく音楽をやることができるのは、幸せなことなのではないだろうか。自分たちが気持ちいいと感じる音を出して、自分たちの喜びや楽しみのために音楽をやっているように見える。彼らのその幸せそうな姿は聴いている方も幸せにする。歌と演奏はエネルギッシュで、熱を帯びている。タフでソリッドなロックだ。この音楽は聴き手の心の奥に温かい幸せな炎を灯すようである。(text by 小澤剛)

RECOMMEND

Mike Watt / hyphenated-man

80年代USハードコア、パンク界に革新をもたらした伝説のバンドminutemenのベーシストであり、西海岸パンク・シーンのレジェンド、マイク・ワットの6年ぶりとなるオリジナル・アルバム。

The Men / Open Your Heart

本国のみならずUKでも称賛されたデビュー・アルバム『Leave Home』に続くThe Menのセカンド・アルバムがSacred Bonesよりリリース。Sonic YouthやBuzzcocksまでが比較に挙げられる怒涛のノイズ・パンク / サイケ・サウンドが圧巻の全10トラックを収録。すでに今作もPitchforkで8.5点、NMEで8点をマークと主要各誌で絶賛されてます。

The Big Pink / Future This

最先端の音楽を発信し続けるロンドンの音楽シーンから世界に飛び出した2人組ロックンロール・ユニット、ザ・ビッグ・ピンクの2年ぶりの2ndアルバム。

PROFILE

Iggy And The Stooges

1967年、後にパンク・ロックの先駆けとなる伝説の『ザ・ストゥージズ』を結成。1969年『イギー・ポップ・アンド・ストゥージズ』でデビュー。パンクが出現する以前、並々ならぬテンションで放たれた雄叫びヴォーカルと轟音サウンドは、1970年『ファン・ハウス』が頂点。イギーの上半身裸のステージングが有名でスキャンダラスな一面も伝説になった。1973年にバンドを解散。イギーはその後、ソロとして15枚のスタジオ・アルバムをリリース。2003年に30年振りにストゥージズとしてのライヴ活動を再開し、2007年にはザ・ストゥージズの再結成アルバム『ザ・ウィヤードネス』を発表。同年のフジロックでも来日し、グリーン・ステージに出演した。2009年1月にギタリスト、ロン・アシュトンが死去するも、同年5月にイギー・ポップ名義として初となるジャズ&シャンソン・アルバムをリリース。2013年春、イギー・アンド・ザ・ストゥージズ名義として6年振りとなる本格ロック・アルバムを完成させた。

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】生活を彩る音楽隊、フィクションに誘い込むトイ・ポップ──Ribet towns『フラッシュフィクション』
[CLOSEUP]・2017年10月11日・フィクションに誘い込むトイ・ポップ──生活を彩る音楽隊・Ribet townsの『フラッシュフィクション』 渋谷系や北欧音楽への憧憬を、京都という街から鳴らす12人組ポップ・バンド、Ribet towns。今年2月にファースト・ミニ・アルバム『ショートショート』を発売したばかりの彼らが、配信限定となるEP作品『フラッシュフィクション」をリリース。前作に収録されていた「メトロ」「ショートシネマ」のリアレンジと新曲2曲の全4曲を収録した今作を、OTOTOYでは発売日に先駆け、先日より配信スタート。ハイレゾでの配信もOTOTOYのみということで、これから要注目となるであろう彼らのサウンドをぜひ良い音で楽しんでいただくとともに、レヴューを掲載。カラフルなフィクションの世界へどうぞ。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!Ribet towns / フラッシュフィクション'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 185円(税込) / アルバム 750円(税込)【収録曲】01. ベッドタウン02. ショートシネマ03. caravan04.
by 中の人
原稿ライオット2017結果発表!!ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年10月12日・原稿ライオット2017結果発表ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』をリリース。ディスコ〜ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信スタート!! そして、本作のレビュー記事を募集する原稿の登竜門コンテスト「原稿ライオット2017」の結果を発表する!! 審査委員長は、南波一海!! ライターを目指している人はもちろん、CUBERSを世に広めたい人、プロのライターまで、数多くの応募作の中から選ばれたグランプリのレビューをお楽しみください。 2nd EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / マゼンタ【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 1,500円(税込
峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZ3ヶ月連続リリースを読み解く!
[CLOSEUP]・2017年10月12日・青春に別れを告げた峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZの3ヶ月連続リリースを読み解く! 日本武道館での公演を目前に控えたバンド活動はもちろん、連続テレビ小説「ひよっこ」への出演などで、お茶の間の幅広い世代にもその存在感を示した銀杏BOYZ・峯田和伸。そんな銀杏BOYZが「恋とロック」をテーマとして3ヶ月連続で「エンジェルベイビー」「骨」「恋は永遠」というシングルをリリースした。今回の3ヶ月連続リリース第1弾の「エンジェルベイビー」で〈ロックンロールは世界を変えて〉と叫んだ銀杏BOYZ、そして峯田和伸は、きっとこれからもぼくらの世界を変え続けてくれるはず! あなたの世界を変えるかもしれない3作品を、「岡村詩野音楽ライター講座」講座生によるクロス・レヴューとともにお届けします。 3ヶ月連続リリース、3部作配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】それぞれ 単曲 200円 / まとめ購入 400円 REVIEW : 銀杏BOYZ「エンジェルベイビー」「骨」「恋は永遠」 峯田和伸の、変わらないピュアネス(額田大志)ノイジーなバンド・サウンドの上
『23区』以降のメロウ・グルーヴ──bonobos、ニュー・シングルをリリース
・2017年10月13日・【REVIEW】『23区』以降のメロウ・グルーヴ──bonobos、ニュー・シングルをリリース メンバーの大幅な更新を経て昨年リリースされたアルバム『23区』で、その表現をネオ・ソウル〜R&Bのグルーヴへとシフトさせたbonobos。その長いキャリアのなかで大きな転換となったアルバムから1年、ここに新たなシングル『FOLK CITY FOLK .ep』を発表した。先行ですでにリリースされている、彼らの代表曲「THANK YOU FOR THE MUSIC」のリアレンジ・ヴァージョンも含む6曲は、まさに彼らの『23区』以降の現在の勢いを感じさせるものだ。端的にいえば『23区』でバンドが獲得した表現をさらに一歩推し進めた作品となっている。OTOTOYでは本作を、DSD、そしてハイレゾ版にて配信中。そしてレヴューにてその内容を紹介します。 bonobos / FOLK CITY FOLK .ep'【配信形態 / 価格】'【左パッケージ】DSD(5.6MHz) + MP3データ付きシングルまとめ購入のみ 1,800円(税込)【右パッケージ】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALACAAC単曲購入 3
聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』をハイレゾ配信!! 南波一海によるレビュー掲載
[REVIEW]・2017年10月04日・南波一海によるレビュー掲載ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』をリリース。ディスコ〜ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信スタート!! 南波一海のレビューを掲載する。さらに本作のレビュー記事を募集する原稿の登竜門コンテスト「原稿ライオット2017」も引き続き絶賛開催中!! 審査委員長は、南波一海!! ライターを目指している人はもちろん、CUBERSを世に広めたい人、プロのライターまで、応募は自由。本作を隅から隅まで味わいつくそう!! 2nd EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / マゼンタ【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 1,500円
【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の1stソロをハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年10月04日・【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の鮮明な登場──1stソロをハイレゾ配信開始 2枚のアルバムをリリースし、2015年に突如解散をした“森は生きている”の岡田拓郎が、2017年10月4日、ソロ名義“Okada Takuro”としてのデビュー・アルバム 『ノスタルジア』をリリースする。マルチ楽器奏者であり、作曲家であり、更に“森は生きている”ではミキシングやジャケット写真までも手がけた、いわば芸術的創造力の塊ともいえる、岡田拓郎。そんな彼のデヴュー・アルバムは、ボブ・ディランからボン・イヴェールなど数々の名作を手掛けたグラミー賞ノミネート経験もあるエンジニア、グレッグ・カルビがマスタリングを担当。さらに、増村和彦(ex. 森は生きている)、谷口雄(ex. 森は生きてい る)、大久保淳也(ex. 森は生きている)の他に、西田修大(吉田ヨウヘイgroup)、三船雅也(ROTH BART BARON)、水谷貴次(peno 他)、優河、石若駿など彼と繋がりのある様々なアーティストも参加。多様な楽器が紡ぐ音、静かに漂う歌声がすっと心に沁み込む傑作『ノスタ
by ai
【REVIEW】大野雄二トリオ、5年ぶりのジャズ・アルバムをハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年09月27日・ジャズ・ピアノの奥深さにハマる秋! 大野雄二トリオ、5年ぶりのジャズ・アルバムをハイレゾ配信 2017年は大野雄二特別活動年といっても過言ではないでしょう。今年に入ってなんと3作目となる作品は、5年ぶりとなるトリオ名義でのジャズ・アルバム! 現編成のトリオでのリリースは初でもある。スタンダード・ジャズナンバーから、もちろんルパンの曲まで12曲収録。これから深まる秋の夜長にハイレゾ音質でじっくり耳を傾けてはいかがでしょうか。 YUJI OHNO TRIO / LET'S FALL IN JAZZ'【Track List】01. LET’S FALL IN JAZZ feat.Lyn02. SWEET SUE, JUST YOU03. MISTY TWILIGHT04. LET’S FALL IN LOVE05. LOVE SQUALL06. LET’S FALL IN JAZZ -interlude-07. MY ONE AND ONLY LOVE08. LET’S FACE THE MUSIC AND DANCE09. A FOGGY DAY10. LOVE THEME11. THEME FROM LUPI
ルーツをブレンドしながら“正しい場所“を見つける旅は続く――注目の新人バンド・Wanna-Gonnaの初EP
[CLOSEUP]・2017年09月28日・ルーツをブレンドしながら“正しい場所“を見つける旅は続く──注目の新人バンド、Wanna-Gonnaの初EP 時代や、そして洋・邦の垣根すらも超える普遍的サウンドを鳴らすバンド、Wanna-Gonna。〈FUJI ROCK'16〉への出演をはじめ、現在インディ・シーンで注目を集めている。先行でリリースされた7inch シングル「New Town」を筆頭に、ほっこりと落ち着いた気持ちになれるような良質な音楽を詰め込んだアルバムがやってきた!! ポップスの魅力に立ち返らせてくれる1枚を、レヴューと合わせてお楽しみください。 待望の1stミニ・アルバム!Wanna-Gonna / In the Right Place'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム価格 1,200円(税込)【収録曲】''01. Three Miles02. Run High 03. Nicaragua,1979 04. New Town 05. Transmitting End 06. Man in the Right Place 【REVIEW】W