ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第2回

JJJ - HIKARI

今月もやってまいりました、HIP HOPライター斎井直史による定期連載、「パンチライン of The Month」第2回です! 前回はイントロダクションとして、日本の音楽シーンを賑わすSuchmosとアメリカのビルボード・チャートを賑わす3人組Migosの2組から、「日本で市民権を得るブラック・ミュージックって?」という内容でしたが、今回は2017年ベスト級のアルバムとの呼び声も高いJJJの2ndアルバム『HIKARI』を斎井による視点でレヴュー。さて、今月のパンチラインは一体!?


JJJ / HIKARI

【Track List】
01. BABE feat. 鋼田テフロン
02. ELA
03. EXP feat. KID FRESINO
04. COWHOUSE feat. YOUNG JUJU
05. HPN feat. 5LACK
06. PLACE TO GO
07. ORANGE feat. STICKY
08. DJANGO!
09. COLD
10. SOUL
11. MIDNIGHT BLU feat. 仙人掌, Emi Meyer
12. 2024 feat. Fla$hBackS
13. DANCE SHOES

【配信形態 / 価格】
16bit/44.1kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC
単曲 257円(税込) / アルバムまとめ購入 1,697円(税込)

第2回 JJJ 『HIKARI』

筆者が愛して止まないjjj…あ、いつの間にか大文字になってたJJJによるセカンド・アルバム『HIKARI』はもう既にチェックしましたでしょうか? 好評が当然の如く飛び交っていますが、これから筆を取るのはリリースを知った上で試聴をしてない人達へ贈るレビューです!


JJJ - BABE ft. 鋼田テフロン (Prod by JJJ) 【Official Music Video】

まず、まだ聴いてない人へ伝えたいのが、今作でJJJが作るスロウなFuture Bass調のビートが聴ける、ということです。 もしかしたらあまり話題になってない点かもしれませんが、自分が最初に驚き、あの日はずっとはずっとこの曲を聴いていた程です。 彼の手がけた曲は全て拾っている自信がある筆者ですが、このタイプの驚きは初めてです。

それは単に新しさからではなく、これまでDown North Camp勢にC.O.S.A.、B.D.、Young Jujuといった渋い男達にフレッシュな楽曲を提供する存在として定着しているからこそ、の驚きでした。簡単に言えば、オシャレなんです。Future Beat以降のビート・シーン思わせるファッショナブルな曲をつくったのは"想定外"でした。と同時に「やっぱこうゆうのも聴くんだ‼︎」という安堵感にも似た彼への信頼感。振り返れば2012年頃、今日溢れかえるTrapを既に自分なりにモノにしていたJJJ。振れ幅の広さというより「影すら踏ませない」スタイルの有言実行ぶりが気持ち良い。一聴して分かると思いますので、どの曲の事を書いているのかはぜひ試聴してみてください!

そして、上の曲よりも『HIKARI』を紹介する上で外せない曲があります。2013年の話題をかっさらっていった衝撃のFla$hBackS『FL$8KS』ですが、そのアルバムを〆た「2014」ってあったじゃないですか。今回はトラック・リストに「2024」ってある!! そして何より…Febbが戻ってきた事に歓喜です!! 『HIKARI』で一番の必聴ポイントは、変な話このFebbのフックじゃないでしょうか。一時は活動休止状態だった彼も、KNZZ、J-Schemeと共にDoggies(ダギーズ)として昨年末から精力的しています。


Doggies gang / KNZZ & A-THUG ~ Running pt.2 / FEBB & A-THUG

来月にはソロアルバム『So Sophisticated』はどのような内容になるかいざ知らず、近寄り難いストリート感を全開にしたDoggiesのFebbは、Fla$hBackSのストリートとはまた違います。だからこそFebbのフックを聴いた瞬間に、『FL$8KS』の衝撃が脳裏に蘇り、ブチ上がりながら同時に筆者は目頭を押えたのでした。

その他も勿論、捨て曲なし。先月出たKID FRESINOの「Salve」にも通じる爽やかなトラックの「BABE」やYoung Jujuのパンチが効いたリリックとタイトなトラックが噛み合う「COWHOUSE」。最近はキレだけでなく少しエモーショナルな部分も垣間見せる仙人掌にバッチリ当たってる「MIDNIGHT BLU」に、気持ちのいいほど硬派なブーン・バップ・サウンドをScratch Niceが仕上げる「DJANGO」などなど、本当に無駄のない一枚でした。


KID FRESINO - Salve feat. JJJ (Official Music Video)

最後に何周も聴いた後に個人的に最も印象に残った「SOUL」を紹介して終わります。ストイックに音楽と向き合い続けるJJJの様子を、記憶の遠くで鳴るような優しいAru-2のトラックがマッチしています。本当はリリック全部を紹介したいところですが…

慈しむ その憎しみもすべて 風になる ただ今を止めないで

と、音楽にかけるストイックな描写の前にこの言葉が有ることで、どこかJJJの持つ優しさがにじみ出てきている気がします。しかし、彼は決してウェットにはなりません。過去に"男は背中"と曲中で言ったこの男は、まさにそんな生き方をするのでしょう。朴訥であり、音楽を作る事でしか人に物を語れない。いや、語らない。その様子はアスリートが勝ちに拘る中で見せる煌めきが、どんな言葉よりも雄弁な事と、とても似ています。願わくば、彼の雄弁なビートだけを閉じ込めたインストゥルメンタル・アルバムも期待したい。ギンギンのやつだ。おそらく、無声映画や写真集のようなものになるに違いない。J君、期待してるで!(斎井)

斎井直史

「パンチ・ライン of The Month」バック・ナンバー

第1回 SuchmosとMigos
http://ototoy.jp/feature/2017021001/

斎井直史による連載「INTERSECTION」バック・ナンバー

Vol.6 哀愁あるラップ、東京下町・北千住のムードメーカーpiz?
http://ototoy.jp/feature/2015090208

Vol.5 千葉県柏市出身の2MCのHIPHOPデュオ、GAMEBOYS
http://ototoy.jp/feature/2015073000

Vol.4 LA在住のフューチャー・ソウルなトラックメイカー、starRo
http://ototoy.jp/feature/20150628

Vol.3 東京の湿っぽい地下室がよく似合う突然変異、ZOMG
http://ototoy.jp/feature/2015022605

Vol.2 ロサンゼルスの新鋭レーベル、Soulection
http://ototoy.jp/feature/2014121306

Vol.1 ガチンコ連載「Intersection」始動!! 第1弾特集アーティストは、MUTA
http://ototoy.jp/feature/20140413

o

 
 

連載

D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!
・2017年09月15日・D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く! ということで、ひさびさ登場「D.A.N.の新譜放談」、今回は少々趣向を変えまして「特別番外編」と題し、マウント・キンビー新作『Love What Survives』にフォーカスしたいと思います。こちらは4年ぶりにリリースされた新作。この新作を提げて10月の頭には、D.A.N.も出演の朝霧JAM、そして東京、大阪での単独来日公演(まだ間に合う!)も控えている彼ら。音楽性に、彼らに大きな影響をうけたというD.A.N.の3人に迫ってもらいました。D.A.N.といえば、年末に向けたワンマン・ツアーも。こちらいまや完売必至。一般発売は9月23日(土)となりますので、お忘れなく (詳しくは記事後半の告知にて)! それではレッツラ行って見ましょう! 取材 : 河村祐介 Mount Kimbie / Love What Survives(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Four Years and One Day02. Blue Train Lines (feat. King Krule)03. Audition04. M
by 河村 祐介
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第8回
[REVIEW]・2017年09月11日・ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第8回 8月も終わり、夏もじわじわと過ぎ去りつつある今日この頃ですが皆さまいかがお過ごしでしょうか? 先月は「夏の妄想を、湿気で腐らせない2枚と夏休みの課題図書」ということで、北千住を根城に活動するマイク集団・VLUTENT ALSTONESのクルーとして初となる作品『2017』と一十三十一の約2年ぶりとなるアルバム『ECSTASY』、そして新しく創刊されたヒップホップ専門誌「FRESTA(フリスタ)」を紹介いたしました。今月は先日リリースが発表されたばかりのあのアルバムをリリース前に一早くレヴュー掲載! オトトイでも配信予定なので記事を読んで気になった方はそちらもぜひチェックお願いします! 第8回 GRADIS NICE & YOUNG MAS 『L.O.C -Talkin About Money- 』 今月はリリースが楽しみで仕方ない1枚を先走って紹介します。 GRADIS NICE & YOUNG MASによる『L.O.C -Talkin About Money- 』。全編GradiceNiceの曲にFebbのラップで
by 斎井 直史
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第7回
[REVIEW]・2017年08月10日・ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第7回 東京は亜熱帯になってしまったんでしょうか? 嫌な湿気と暑さですっかりバテてきてる感じですが、まだまだ暑さは続きそうです。ですが今月も「パンチライン・オブ・ザ・マンス」は元気にいきますよ! 先月は「気持ちのいい夏の始まりのイメトレに適した3枚」ということでAlfred Beach SandalとSTUTSによる共作ミニ・アルバムと神奈川を拠点とするヒップホップ・グループ・CBSの初CD作品、そして話題のフィメール・ラップ・デュオ・chelmicoのメンバーである鈴木真海子のソロ作をピックアップしました。気になる今月は音源に加えて、雑誌も1冊紹介してくれるみたいですよ! Don't miss it! 第7回 夏の妄想を、湿気で腐らせない2枚と夏休みの課題図書 8月に入っても梅雨みたいな天気が続き…なんて書いていたことが懐かしくなる事を祈ってます。先月膨らませた夏の妄想を、湿気で腐らせない2枚と夏休みの課題図書を1冊セレクトしました! まず、1枚目。VLUTENT ALSTONES『2017』。Playboi Cart
by 斎井 直史
HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第4回
[REVIEW]・2017年05月11日・ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第4回 桜咲く4月もあっという間過ぎ去り、早くも5月。夏に向かってじわじわと気温も上がってきている今日この頃ですが、今月もHIP HOPライター・斎井直史による定期連載「パンチ・ライン of The Month」いきますよ〜! 先月は『So Sophisticated』をリリースしたFla$hBackS、DOGGIESのFebbを迎えての本人解説によるパンチ・ライン特集ですが、今月は名古屋を中心に活躍するラッパー、SOCKSがリリースしたアルバム『JAPANESE THAN PARADISE』より「KUTABARE feat.般若」をピックアップ! 残念ながら今作はOTOTOYでの扱いは無いのですが、ページの下の方に名古屋産・ヒップホップをいくつかチョイスしたのでコラムと共にそちらも是非。では今月もいきましょ〜!! 第4回 SOCKS 「KUTABARE feat.般若」 平日は忙しくてもニュースを観るのに、連休中は時間があってもニュースはそんな観ない。これって自分だけですかね。とはいえGW中にニュースを観なくとも、隣国
by 斎井 直史
*ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第6回
[REVIEW]・2017年07月10日・ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第6回 暑い! 暑い! 暑い! 最近の東京はジメジメと暑く、いよいよ夏本番がすぐそこに来てるという感じですが、いかかがお過ごしでしょうか? この斎井直史による定期連載「パンチ・ライン of The Month」も6回目ということで掲載から半年! これからも細く長く続けていければと思っております! さて、先月は「#超WAVYでごめんね」というキラー・フレーズが話題を呼んでるJP THE WAVY(例の楽曲、SALUもリミックスしてましたね)と、先月待望の初来日を果たしたDC出身のラッパーGoldlinkを取り上げましたが、今月はすでにやってきているうだるような暑さも忘れられるような気持ちいいアルバム3枚をピックアップしてるみたいですよ!(2ヶ月ぶり、今月はOTOTOYでも配信があるぞ!) 第6回 気持ちのいい夏の始まりのイメトレに適した3枚 ちょっと買い物に外を出た瞬間、ワクワクするような夏の空を不意に見つけて胸が高ま…りたい。 海へ向かう車内で曲を流し、「これ最高だよなぁ〜」なんて友達に言わ…せたい。 そんな気持ちのいい夏
by 斎井 直史
GANG PARADE、ソロ・インタヴューvol.7 ユメノユア&連載「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」vol.7掲載!!
[GANGPARADE]・2017年07月29日・GANG PARADE インタヴュー、ユメノユア編「今のギャンパレで戦っていく自信はある」 POPから改名し活動中の7人組アイドル・グループ、GANG PARADE(以下、ギャンパレ)。2017年3月28日より5泊6日にわたって開催されたBiS、BiSH、ギャンパレの合同オーディションにはユメノユアとテラシマユウカが参加しグループとしての存在感を示した。しかし最終日に開催されたフリー・イベント〈WACK EXHiBiTiON〉にて、カミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの期間限定レンタル・トレードが発表、現在アヤを入れた7人で活動をスタートさせている。そんな彼女たちに迫るべく、7回に渡り個人インタヴューを掲載する。第7回は、ユメノユア編。また、ユイ・ガ・ドクソンによる初連載「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」の7回目も掲載!! ドクソンが真剣にラーメンを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェック!! >>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.7 はこちら>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.1 はこ
by 西澤 裕郎
GANG PARADE、ソロ・インタヴューvol.6 ヤママチミキ&連載「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」vol.6掲載!!
[GANGPARADE]・2017年07月28日・GANG PARADE インタヴュー、ヤママチミキ編「ここが私の居場所だから」 POPから改名し活動中の7人組アイドル・グループ、GANG PARADE(以下、ギャンパレ)。2017年3月28日より5泊6日にわたって開催されたBiS、BiSH、ギャンパレの合同オーディションにはユメノユアとテラシマユウカが参加しグループとしての存在感を示した。しかし最終日に開催されたフリー・イベント〈WACK EXHiBiTiON〉にて、カミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの期間限定レンタル・トレードが発表、現在アヤを入れた7人で活動をスタートさせている。そんな彼女たちに迫るべく、7回に渡り個人インタヴューを掲載する。第6回は、ヤママチミキ編。また、ユイ・ガ・ドクソンによる初連載「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」の6回目も掲載!! ドクソンが真剣にラーメンを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェック!! >>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.6 はこちら>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.1 はこちらユイ・
by 西澤 裕郎
GANG PARADE、ソロ・インタヴューvol.5 キャン・マイカ&新連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」vol.5掲載!!
[CLOSEUP]・2017年07月21日・GANG PARADE インタヴュー、キャン・マイカ編「グループのために最善を尽くしたい」 POPから改名し活動中の7人組アイドル・グループ、GANG PARADE(以下、ギャンパレ)。2017年3月28日より5泊6日にわたって開催されたBiS、BiSH、ギャンパレの合同オーディションにはユメノユアとテラシマユウカが参加しグループとしての存在感を示した。しかし最終日に開催されたフリー・イベント〈WACK EXHiBiTiON〉にて、カミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの期間限定レンタル・トレードが発表、現在アヤを入れた7人で活動をスタートさせている。そんな彼女たちに迫るべく、7回に渡り個人インタヴューを掲載する。第5回は、キャン・マイカ編。また、ユイ・ガ・ドクソンによる初連載「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」の5回目も掲載!! ドクソンが真剣にラーメンを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェック!! >>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.5 はこちら>BiSH × GANG PARADE、清掃員&遊び人が1つになっ
by 西澤 裕郎
筆者について
斎井 直史 (斎井 直史)

音楽業界をおもしろくしようとOTOTOYに詰め寄ったところ、今では色々調教されて悦んでいる。大学生活をキック・ボクシングに投げ打った反動で、今、文科系男子への衝動がと・ま・ら・な・い!ヒップホップが好きです。ニュートラルに音楽を捉えて、「一般ピープル視点を失いたくない!」と思ってる一般ピープル。

同じ筆者による他の記事