ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第8回

YOUNG MAS(Febb)

8月も終わり、夏もじわじわと過ぎ去りつつある今日この頃ですが皆さまいかがお過ごしでしょうか? 先月は「夏の妄想を、湿気で腐らせない2枚と夏休みの課題図書」ということで、北千住を根城に活動するマイク集団・VLUTENT ALSTONESのクルーとして初となる作品『2017』と一十三十一の約2年ぶりとなるアルバム『ECSTASY』、そして新しく創刊されたヒップホップ専門誌「FRESTA(フリスタ)」を紹介いたしました。今月は先日リリースが発表されたばかりのあのアルバムをリリース前に一早くレヴュー掲載! オトトイでも配信予定なので記事を読んで気になった方はそちらもぜひチェックお願いします!

第8回 GRADIS NICE & YOUNG MAS 『L.O.C -Talkin About Money- 』

今月はリリースが楽しみで仕方ない1枚を先走って紹介します。

GRADIS NICE & YOUNG MASによる『L.O.C -Talkin About Money- 』。全編GradiceNiceの曲にFebbのラップで、客演無し。もうこれはFebbの3枚目のアルバムと思って聴いても良いでしょう。そして、「キレのあるFebbが戻ってきた!」というのが自分の第一印象です。おそらく、皆がそう思います。しかも、その印象は、聴き込むことで更に進化します。


10/4リリース!! OTOTOYでも配信予定!!

GRADIS NICE & YOUNG MAS / L.O.C -Talkin About Money-

【収録曲】
1. #NewDayInAGame
2. Roc A Fella (Re Edit)
3. Quiet Money
4. Music Hustler produced by Dj Scratch Nice
5. Military Tactics
6. Arab Money
7. The First
8. King Of Kings
9. Kingdom
10. Yellow x Black
11. Swisher
12. #Don'tForgetIt

【配信形態 / 価格】
WAV / ALAC / FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC
単曲 258円(税込) / アルバム 1,697円(税込)

少しFebbの過去作を振り返りましょう。

まず、ニューヨークなヒップホップを礎とし、自らが若くして磨き上げあげたセンスが伝わる1枚目『THE SEASON』。渋く鋭い、正統派インディー・ラップのアルバムです。この時のFebbのラップは、淡々と鋭いリリックを吐き続ける、そのクールさが魅力でした。一文毎の意味はソリッド。しかし、バースとして文が連なれば余白があり、聴く度にリスナーの解釈が育つ…若手のファーストとは思えないアルバムでした。

次に2作目、『So Sophisticated』。前作と大きく違う点は、彼の言葉と声でした。表現がダイレクトで口語的表現が強くなり、声は低く丸みを増しました。それによりキレのある前作の"ヤバさ"よりも、ストリートの人間が持つ"ヤバさ"の方が圧倒的に際立った仕上がりに。今までに比べ野心的な言葉が桁違いに増えた事も、大きな変化でしょう。久しぶりのアルバムという事もあり、前作とは違う印象の2枚目は賛否が別れたのも事実です。


febb as Young Mason / So Sophisticated Release Live at Clubasia 04.07.2017

そして今作、『L.O.C -Talkin’ About Money-』。今作は前作2枚の特徴が見事に溶け合っています。1枚目のファンを魅了させる事を、約束します。まず、声からして違う。JJJ『HIKARI』での「2024」のフックでもそうですが、声にシャープさが戻っている。それでいて、リリックは2作目のように伝わりやすく口語的。そして副題の通り、金に対して野心的な言葉が並びます。Febbの感情、というよりラップで稼ぐ事に対しての覚悟めいた気持ちがダイレクトに聴く者の脳内に伝わります。それでいて「まるでRoc A Fella、Girls Girls Girls」という「Roc A Fella」のフックのように、肝心なところではミステリアスに仕上げるバランス感覚。もし1作目と2作目でFebbが別人に思えた人も、期待してください。1枚目の頃に戻ったという意味ではなく、更に進化してるという事です。この3枚の経緯を踏まえると、今月は錚々たるアーティストがリリースをしますが、個人的にはこの1枚が最も聴く価値がある1枚だと思います。

また、GRADIS NICEのトラックもFebbが持つ本来の魅力を引き出しています。Doggiesのように危険なラップもできますが、やはりNYらしいビートが板に着いているFebb。GRADIS NICEが、Febb同様ブーンバップから今に至るまでストリート感溢れるサウンドを表現ができるからこそ、実現できた仕上がりなのでしょう。思えばトラップの盛り上がりに伴い、対義語として使われることが増えた「ブーンバップ」という言葉。90年代のヒップホップの太いドラムでループする、ストレートなヒップホップのビートを意味します。そのサウンドに首を振ってきた世代はトラップやそのサブ・ジャンルがシーンを覆い尽くして以降、この津波に流されるか、乗りこなすか試される時なのかもしれません。だとしたら、この1枚こそ偏りのない、波を乗りこなしたブーンバップの進化形ではないでしょうか。もう数年前ですがFla$hBackSで初めてインタビューをした時に、「ヒップ・ホップらしさは"Young with The Old Soul"」とインタビューで答えてくれたFebb。その美学、とくと聴かせてもらいました!

その最高なアルバムの中で一番キレてるラインを今月は紹介します。

馬鹿ばっかり 日本のラップ・ゲーム
イモばかり 金を稼がない
金が無いなら 音楽性も無い
We're The Real Music Hustler
Certified Never Die
「Music Hustler Prod.Dj Scratch Nice」より

この殺意すら感じさせるスリリングな感情こそが、個人的にはストリートのラップに求めている感覚です。いやぁ、最高っす。

あと1人、Febb同様にオールラウンダーな若いラッパーを添えさせてください。もう既に話題になりつつあるMiyachiです。先月、もろにブーンバップなシングル曲「For A Check」をリリースした…というのは後付けの理由でして、正直Febbの事を何度も聴いていた時に、何故か何度もMiyachiを思い返したんですね。英語と日本語の比率や、ミステリアスな日本語、ブーンバップからトラップまで合わせられるオリジナリティなど、共通点を挙げる事はできますが、何故だか自分でもわかりません。


MIYACHI - 9回裏のSASAKI

まだリリースも少なく、インタビューも1つしか見当たらなかったのでそれを基に紹介します。レオン・宮地・パール。NYのマンハッタン、アッパー・ウエスト・サイド(UWS)出身。リリックでは"福岡二丈"と出てきますが、インタビューでは生まれも育ちもNYのUWSと言っています。ヒップホップとの出会いはビギーやダス・エフェックスを挙げており、正統派東海岸といったところ。昭和のヤクザ映画に出てきそうな渋い面構えで「喋り方がわさび」とか言われると謎の迫力がありますが、幼い頃に習っていたクラシック・ピアノの腕前を時折披露するなど、チャーミングな一面もありそう。

そんな事より特筆すべきはその謎めいた日本語。これは日本語ネイティヴではないからといって、成せる技なのでしょうか。例えば英語が話せない人がリリックを書いても、多分聞きかじり英語が並ぶダサいリリックになる事請け合いじゃないですか。それなのにMiyachiのリリックはまるでBUDDHA BRANDのような「正直意味が分からないが、ヤバい!」という感情を呼び起こしてくれます。最近は「好きなように生きる」と叫ぶ自己啓発みたいなラップに飽きてきた自分としては、彼の今後の活躍を期待しています!

最後にちょっと告知です。8月に特集をしたCBSが『Classic Brown Sound』のリリース・パーティーを行います。フィクサーであるRyo Takahashiの基に集まったゲスト陣には、このコーナーでCBSとセットで紹介した鈴木真海子も出演予定です。自分も下手糞DJしますので、ぜひいらして下さい。

斎井直史

〈ピスタチオスタジオ〉

2017年10月1日(日)@恵比寿BATICA
OPEN 17:00〜

2F
Pistachio DJs / %C / HOOLIGANZ / matatabi / suzuki mamiko & Chicken Is Nice / CBS & Chicken Is Nice

1F
Koh / Saii / Kameill / Leo / Shakayork /g.L.t / DJ 134 / DJ J-One

8月の特集時の記事
http://ototoy.jp/feature/2017071001/

編集部的今月のオススメ

BAD HOP / Mobb Life

日本のヒップホップ豊作の秋ですが、やっぱり彼らの初となる全国流通作は外せないでしょう。T-Pablow、YZERRの2人はもちろんなんですが、他のMCたちの個性もビンビンに立ちまくり。多くの人が期待してた1枚だと思いますが、それをあっさり超えてくる彼ら、流石です。

Itto x Jinmenusagi / Eternal Timer

5月にアルバム『I』を出したばかりのUS西海岸からの逆輸入型アーティスト・Ittoとインターネット世代の曲者MC・Jinmenusagiの2人によるコラボ・アルバム。コラボといえど肩肘を張ったバチバチな感じではなく、頭から最後まで気持ちよく聴ける好盤。ハイレゾで配信中です。

Minchanbaby / たぶん絶対

MINT改めMinchanbaby、5年ぶりのアルバム。全曲・粗悪ビーツのプロデュースによる危ないトラップ・ビートとネガティヴワード満載のディストピア的な彼のリリックとスキルの高さにクラクラします。個人的には「蛇田ニョロ」と「肉喰え肉」が耳から離れません...。

(編集部・高木)

「パンチライン・オブ・ザ・マンス」バック・ナンバー

第7回 夏の妄想を、湿気で腐らせない2枚と夏休みの課題図書
http://ototoy.jp/feature/2017081001/

第6回 気持ちのいい夏の始まりのイメトレに適した3枚
http://ototoy.jp/feature/2017071001/

第5回 JP THE WAVYとGoldlink
http://ototoy.jp/feature/2017061001/

第4回 SOCKS 「KUTABARE feat.般若」
http://ototoy.jp/feature/2017051101/

第3回 Febb's 7 Remarkable Punchlines
http://ototoy.jp/feature/2017041001/

第2回 JJJ『HIKARI』
http://ototoy.jp/feature/2017031001/

第1回 SuchmosとMigos
http://ototoy.jp/feature/2017021001/

連載「INTERSECTION」バック・ナンバー

Vol.6 哀愁あるラップ、東京下町・北千住のムードメーカーpiz?
http://ototoy.jp/feature/2015090208

Vol.5 千葉県柏市出身の2MCのHIPHOPデュオ、GAMEBOYS
http://ototoy.jp/feature/2015073000

Vol.4 LA在住のフューチャー・ソウルなトラックメイカー、starRo
http://ototoy.jp/feature/20150628

Vol.3 東京の湿っぽい地下室がよく似合う突然変異、ZOMG
http://ototoy.jp/feature/2015022605

Vol.2 ロサンゼルスの新鋭レーベル、Soulection
http://ototoy.jp/feature/2014121306

Vol.1 ガチンコ連載「Intersection」始動!! 第1弾特集アーティストは、MUTA
http://ototoy.jp/feature/20140413

o

 
 

連載

BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?! Epsode40 セントチヒロ・チッチ「未来を見据えるというよりは、今をどれだけ必死にやるか」
[BISH]・2017年09月22日・【BiSH】Epsode40 セントチヒロ・チッチ「未来を見据えるというよりは、今をどれだけ必死にやるか」 2016年10月にメジャー・ファースト・アルバム『KiLLER BiSH』をリリース、2017年7月22日には幕張メッセ・幕張イベントホールで開催された全国ツアー・ファイナル〈BiSH NEVERMiND TOUR RELOADED THE FiNAL “REVOLUTiONS“〉を7,000人の観客を集め大成功させた“楽器を持たないパンク・バンド”BiSH。セブン‐イレブンのおでんCMを歌ったり、音楽ファンを越えて浸透しはじめている彼女たちの6周目となるメンバー個別インタヴュー掲載。第1回はセントチヒロ・チッチのインタヴューをお届けする。 BiSH初のミニ・アルバムをハイレゾ配信中 BiSH / GiANT KiLLERS'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 540円 / まとめ購入 750円【Track List】1. GiANT KiLLERS 2. Marionette 3. Nothing. 4. 社会のルール 5. VOMiT SONG※アルバムをまとめ
by JJ
D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!
・2017年09月15日・D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く! ということで、ひさびさ登場「D.A.N.の新譜放談」、今回は少々趣向を変えまして「特別番外編」と題し、マウント・キンビー新作『Love What Survives』にフォーカスしたいと思います。こちらは4年ぶりにリリースされた新作。この新作を提げて10月の頭には、D.A.N.も出演の朝霧JAM、そして東京、大阪での単独来日公演(まだ間に合う!)も控えている彼ら。音楽性に、彼らに大きな影響をうけたというD.A.N.の3人に迫ってもらいました。D.A.N.といえば、年末に向けたワンマン・ツアーも。こちらいまや完売必至。一般発売は9月23日(土)となりますので、お忘れなく (詳しくは記事後半の告知にて)! それではレッツラ行って見ましょう! 取材 : 河村祐介 Mount Kimbie / Love What Survives(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Four Years and One Day02. Blue Train Lines (feat. King Krule)03. Audition04. M
by 河村 祐介
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第8回
[REVIEW]・2017年09月11日・ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第8回 8月も終わり、夏もじわじわと過ぎ去りつつある今日この頃ですが皆さまいかがお過ごしでしょうか? 先月は「夏の妄想を、湿気で腐らせない2枚と夏休みの課題図書」ということで、北千住を根城に活動するマイク集団・VLUTENT ALSTONESのクルーとして初となる作品『2017』と一十三十一の約2年ぶりとなるアルバム『ECSTASY』、そして新しく創刊されたヒップホップ専門誌「FRESTA(フリスタ)」を紹介いたしました。今月は先日リリースが発表されたばかりのあのアルバムをリリース前に一早くレヴュー掲載! オトトイでも配信予定なので記事を読んで気になった方はそちらもぜひチェックお願いします! 第8回 GRADIS NICE & YOUNG MAS 『L.O.C -Talkin About Money- 』 今月はリリースが楽しみで仕方ない1枚を先走って紹介します。 GRADIS NICE & YOUNG MASによる『L.O.C -Talkin About Money- 』。全編GradiceNiceの曲にFebbのラップで
by 斎井 直史
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第7回
[REVIEW]・2017年08月10日・ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第7回 東京は亜熱帯になってしまったんでしょうか? 嫌な湿気と暑さですっかりバテてきてる感じですが、まだまだ暑さは続きそうです。ですが今月も「パンチライン・オブ・ザ・マンス」は元気にいきますよ! 先月は「気持ちのいい夏の始まりのイメトレに適した3枚」ということでAlfred Beach SandalとSTUTSによる共作ミニ・アルバムと神奈川を拠点とするヒップホップ・グループ・CBSの初CD作品、そして話題のフィメール・ラップ・デュオ・chelmicoのメンバーである鈴木真海子のソロ作をピックアップしました。気になる今月は音源に加えて、雑誌も1冊紹介してくれるみたいですよ! Don't miss it! 第7回 夏の妄想を、湿気で腐らせない2枚と夏休みの課題図書 8月に入っても梅雨みたいな天気が続き…なんて書いていたことが懐かしくなる事を祈ってます。先月膨らませた夏の妄想を、湿気で腐らせない2枚と夏休みの課題図書を1冊セレクトしました! まず、1枚目。VLUTENT ALSTONES『2017』。Playboi Cart
by 斎井 直史
HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第4回
[REVIEW]・2017年05月11日・ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第4回 桜咲く4月もあっという間過ぎ去り、早くも5月。夏に向かってじわじわと気温も上がってきている今日この頃ですが、今月もHIP HOPライター・斎井直史による定期連載「パンチ・ライン of The Month」いきますよ〜! 先月は『So Sophisticated』をリリースしたFla$hBackS、DOGGIESのFebbを迎えての本人解説によるパンチ・ライン特集ですが、今月は名古屋を中心に活躍するラッパー、SOCKSがリリースしたアルバム『JAPANESE THAN PARADISE』より「KUTABARE feat.般若」をピックアップ! 残念ながら今作はOTOTOYでの扱いは無いのですが、ページの下の方に名古屋産・ヒップホップをいくつかチョイスしたのでコラムと共にそちらも是非。では今月もいきましょ〜!! 第4回 SOCKS 「KUTABARE feat.般若」 平日は忙しくてもニュースを観るのに、連休中は時間があってもニュースはそんな観ない。これって自分だけですかね。とはいえGW中にニュースを観なくとも、隣国
by 斎井 直史
*ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第6回
[REVIEW]・2017年07月10日・ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第6回 暑い! 暑い! 暑い! 最近の東京はジメジメと暑く、いよいよ夏本番がすぐそこに来てるという感じですが、いかかがお過ごしでしょうか? この斎井直史による定期連載「パンチ・ライン of The Month」も6回目ということで掲載から半年! これからも細く長く続けていければと思っております! さて、先月は「#超WAVYでごめんね」というキラー・フレーズが話題を呼んでるJP THE WAVY(例の楽曲、SALUもリミックスしてましたね)と、先月待望の初来日を果たしたDC出身のラッパーGoldlinkを取り上げましたが、今月はすでにやってきているうだるような暑さも忘れられるような気持ちいいアルバム3枚をピックアップしてるみたいですよ!(2ヶ月ぶり、今月はOTOTOYでも配信があるぞ!) 第6回 気持ちのいい夏の始まりのイメトレに適した3枚 ちょっと買い物に外を出た瞬間、ワクワクするような夏の空を不意に見つけて胸が高ま…りたい。 海へ向かう車内で曲を流し、「これ最高だよなぁ〜」なんて友達に言わ…せたい。 そんな気持ちのいい夏
by 斎井 直史
GANG PARADE、ソロ・インタヴューvol.7 ユメノユア&連載「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」vol.7掲載!!
[GANGPARADE]・2017年07月29日・GANG PARADE インタヴュー、ユメノユア編「今のギャンパレで戦っていく自信はある」 POPから改名し活動中の7人組アイドル・グループ、GANG PARADE(以下、ギャンパレ)。2017年3月28日より5泊6日にわたって開催されたBiS、BiSH、ギャンパレの合同オーディションにはユメノユアとテラシマユウカが参加しグループとしての存在感を示した。しかし最終日に開催されたフリー・イベント〈WACK EXHiBiTiON〉にて、カミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの期間限定レンタル・トレードが発表、現在アヤを入れた7人で活動をスタートさせている。そんな彼女たちに迫るべく、7回に渡り個人インタヴューを掲載する。第7回は、ユメノユア編。また、ユイ・ガ・ドクソンによる初連載「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」の7回目も掲載!! ドクソンが真剣にラーメンを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェック!! >>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.7 はこちら>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.1 はこ
by 西澤 裕郎
GANG PARADE、ソロ・インタヴューvol.6 ヤママチミキ&連載「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」vol.6掲載!!
[GANGPARADE]・2017年07月28日・GANG PARADE インタヴュー、ヤママチミキ編「ここが私の居場所だから」 POPから改名し活動中の7人組アイドル・グループ、GANG PARADE(以下、ギャンパレ)。2017年3月28日より5泊6日にわたって開催されたBiS、BiSH、ギャンパレの合同オーディションにはユメノユアとテラシマユウカが参加しグループとしての存在感を示した。しかし最終日に開催されたフリー・イベント〈WACK EXHiBiTiON〉にて、カミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの期間限定レンタル・トレードが発表、現在アヤを入れた7人で活動をスタートさせている。そんな彼女たちに迫るべく、7回に渡り個人インタヴューを掲載する。第6回は、ヤママチミキ編。また、ユイ・ガ・ドクソンによる初連載「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」の6回目も掲載!! ドクソンが真剣にラーメンを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェック!! >>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.6 はこちら>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.1 はこちらユイ・
by 西澤 裕郎
筆者について
斎井 直史 (斎井 直史)

音楽業界をおもしろくしようとOTOTOYに詰め寄ったところ、今では色々調教されて悦んでいる。大学生活をキック・ボクシングに投げ打った反動で、今、文科系男子への衝動がと・ま・ら・な・い!ヒップホップが好きです。ニュートラルに音楽を捉えて、「一般ピープル視点を失いたくない!」と思ってる一般ピープル。

同じ筆者による他の記事