柏のコミカルでシニカルな2人組のGAMEBOYS、足立区のトラウマ集団Vanadian Effectに、YouTubeにたった1曲を公開しただけで一躍話題となった狂気めいたラップをする”あべともなり”といった、ぶちぬけた個性を全国に発信するヒップホップ・レーベル、Vlutent Recordsの首領、VOLO。北千住のラッパー、piz?とのユニット、ABC(Air Boryoku Club)をはじめ、10年におよぶキャリアのなかで、本人名義の関連作品のみならず、JZAというプロデューサー名義もふくめ、コンスタントに好事家をうならす作品をリリースし続けてきた。しかし、ここで満を持して発表されるのが当人のソロ・アルバム。それが果たしてどのようなものになるのか、まったく検討がつかなかった。が、それは杞憂でしかなかった!! そしてOTOTOYではボーナス・トラックとしてM11「GRIND HOUSE」を収録!! ゲトるしかない。

【VLUTENT RECORDS関係の過去の紹介記事はこちら】
VANADIAN EFFECTインタヴュー
ABC(Air Boryoku Club)インタヴュー
GAMEBOYS

VOLO / 十

【配信価格】
アルバム購入 mp3 1,500円 / WAV 2,100円
単曲購入 mp3 200円 / WAV 250円

【Track List】
01. N.H.F.S feat doq
02. ちゃんVOLOタイム
03. O.B.T
04. ヤミー
05. Our Night feat RHYDA
06. Sometimes
07. Holiday Ghost feat piz?
08. チーバくん feat GAMEBOYS
09. Don't Like Me
10. Who Laughs Last?
11. GRIND HOUSE(※ボーナストラック)

INTERVIEW : VOLO

本作は、2013年現在のUSシーンにおけるヒップホップの影響を色濃く反映しながらも、『十』全体の印象は等身大の「ボロさん」(※イルでドープで、はにかみやさん)そのものだった。彼が自分で納得できるまで煮詰めた本作を、酒を飲みながら語ること、なんと3時間半! インタヴュー中にGAMEBOYSのCHAPAHが参加したり、隣の席で飲んでいたお客さんから「ラッパーなんですか?」とからまれたりと、多いに脱線しまくったが、読みごたえたっぷりの内容の話になりました。「やり切ったからどんな批評も怖くない」VOLO談。その揺るぎない自信のほどをうかがってみましょう!! (撮影協力 : 八古屋)

インタビュー & 文 : 斎井直史

ジュエルズ・サンタナとかのレイドバックしたラップがカッコいいと思えてきて

VOLO : CHAPAがあとで来ますよ。何時に来るかわからないけど(笑)。

ーーおお! 本当ですか。ちなみに、きのうビデオを撮影されてたみたいでしたが、どの曲なんですか?

VOLO : 4曲のダイジェストみたいになるんだけど、「O.B.T.」「ちゃんVOLO タイム」「ヤミー」、あと「Don't Like Me」。リリースまでに完成させたいとおもっていたけど、俄然無理だってことが判明したね(笑)。

ーー(ビデオをプロデュースする)toy dogさんの映像はレベル高いですよね。

VOLO : そうっすね。最近は、いろんなひとがMVをあげてるし、観るひとも昔よりMVに関心がいかなくなってる気がしてて。そんななかで今回もほかのMVとは違うテイストで、おもしろいビデオを作ろうとしてくれてますね。低予算なんだけど、いろいろDIYでおもしろいものができるはずなんで楽しみにしててください。

ーー-ABCのインタビューのときに訊きましたけど、VOLOさん自身、初期のころ、ジャジーなトラックを指向されて、ブート・キャンプ・クリック(注1)みたいなスタイルに走るっていうエピソードもありましたよね(笑)。''

注1 : 90年代なかば、NYのブルックリンを拠点に活躍したヒップホップ集団。ブラック・ムーン、スミフ・ン・ウエッスン、ヘルタ・スケルタなどが在籍し、ダ・ビートマイナーズによるサンプリング・ビーツがある種のサウンドの肝となっていた。

ブラック・ムーン「Who Got The Props」このポッセ感!!

VOLO : BLASTかなんかのクルー特集の記事を立ち読みしてたら、ブーキャンの見た目がダントツでカッコよかったので。グローブにタンクトップでブーツとか、すげえーダーティーな感じが。そこから興味が湧いてレコード買って聴いたら見た目とバッチリハマるトラックとラップですごく聴いてましたし今も大好きですね~。

ーーヘッズが一度はとおる道ですね。コスプレ一歩手前のアーミー・ルックとか… そういえば少し前にVLUTENT RECORDSのVanadian Effectにインタヴューしたとき「The Diplomats(注2)、最高だよね」みたいな話になりましたよ。

注2 : 2002年初頭、NYはハーレムをベースにしたヒップホップ集団。キャムロン、ジム・ジョーンズなどが在籍。

ザ・ディプロマッツ「Crunk Muzik」便所で徒党くんでシュート!!

VOLO : そう。ただ、Dipsetsはリアルタイムで好きになったワケではなくてちょっと遅れて好きになったんだよね。当時の俺はアンダーグラウンドのヒップホップにハマっちゃってて、ANTI-CONとかのやつらをリリースしてるMUSH RECORDS(注3)の音源みたいな実験的なのを聴いていて、早口なラップが好きだった。クソ早いラップがうまいと思ってたんだよね。

注3 : どちらも90年代末~2000年代初頭のアンダーグラウンド・ヒップホップの盛り上がりを象徴するレーベル。オルタナ・ロックやエレクトロニカなどヒップホップ以外のシーンにも人気があった。ANTICONにはソール、ホワイ?、オッド・ノズダムなどのラッパー、プロデューサーが参加。DEF JUXはカンパニー・フローのエル・Pが始めたレーベル。

カンパニー・フロー「Vital Nerve」不穏!! 鬼ドープ。

ーー最近のイメージしかないひとにとっては早口だったとは意外でしょうね。

VOLO : そうなんですかね。んで自分の作品ていうかラップを録ったら「なんか音と噛んでなくないか?」って感じていたんです。また、そんなもんなのかなとも思ってたし。そんななか、柏の先輩に聴かせてもらった、ジュエルズ・サンタナとかのレイドバックしたラップがカッコいいと思えてきて、リル・ウェインとか。それから結構スタイル的にも技術的にもひらけて、ラップをはじめるのは一拍目なのか、半拍前なのか。ここで(韻を)踏むのか踏まないのか、韻だけでなくて音程を合わせる位置とかを決めていく。そうすると「ここでズラすんだから、ここで帳尻合わす」「ここをいかすために、ここを抜く」とか考えるようになるんだよね。

バッキバキの音には、ラップもバキバキだと聴けないんだな

ーーそのころ日本語ラップでよく聴いて、とくによく聴いていたアーティストは誰ですか?

VOLO : いちばんよく聴いたのは『MATADOR』(2003年)のころのMSCだよね。日本語ラップに関していえば実験的で独特のものが出てきたとき、『HOMEBREWERS』(2002年)のころが一番好き。デモ・テープやMCバトルで知らないヤバい人がどんどん出てきたころで「こんなヤバいひとが現場に行ったらいっぱいいるんだ! 」っていう時期で。その頃がピークでその後はちょろちょろってかんじですね。クラブにはよく行ってたし、ライヴもよくしてましたけども。

ーー同じ時代にUSではサウスのラップが台頭しはじめるんですよね。

VOLO : たぶんもっと前から台頭はしてたんだろうけど、自分のなかでのブームがきた。クリップスのセカンドとか、ハイフィーやザ・パックの「VANS」、ザ・クールキッズの「Black mugs」とかもはやってて。音も少なくてピッチも遅くておもしろいなって思えたんですよね。当時もメインストリームとか全然わからなかったんだけど、その流れでさっきいったようにサンタナとか、ディプロマッツ周辺が気になってきた。ちょうどそのころか前後に、キャムロンが『Crime Pays』ってアルバムを聴いたんですよ。それがヒットする前の、エイラブ・ミュージックとか、ハーレムまわりの若いプロデューサーですべて固めてて、有名なラッパーはキャムロンしかいない状態の1枚。それでも20何曲全然飽きずに聴けた。それはある種ゆったりとした彼のラップの雰囲気がでかいのかなと思って。その感じに大分影響されて。その影響でフロウがすっごい遅くなったんですよ。それで、「バッキバキの音には、ラップもバキバキだと聴けないんだな」みたいな。キャムロンはそういうのがすごい上手で、バキバキなビートをいなす感じ。すごいノリノリなんだけど、ゆっくりノッてる。かっこいい。


キャムロン「crime pays」色あせないですね

ーー早口って勢いがあっても虚勢を張ってるといいますか、線が細い感じはしますよね。

VOLO : そうそう。線が細い。ってか、ワルいやつは、虚勢を張らない(笑)! 俺はワルくないけど。内心、また早口のラップが個人的にきてたりするし。

ーーじゃあ、『VEAZY』はスローなラップにドラムマシンの音を中心に組み立てたものだったので、あの1枚は転換期だったんですね。

VOLO : あのころ、まわりの子たちは「やっぱMPC最高だよね」ってよくいってたんですよ。でも、若くてMPCの歴史からすれば完全にあと追いの世代なのに、真っ当なことをいいたがるひとがちょっと多いもんだから、天邪鬼な俺は全然違うことやりたくなったんですよ。そしたら、ちょうどMPCぶっ壊れて。XR20買ってアルバム作った。

ーー浅い知識ですけど、XR20って「なんでMPCのAKAIが?」っていうタイプのドラムマシンですよね。

VOLO : でもあれめっちゃ音がイイから! また、独特の太い音の感じがあるんだよね。安くて、軽くて、おもちゃみたいで最高じゃん! 今でもやっぱまわりと逆のことやったほうがいいなっておもう。たとえば、アブストラクト(ヒップホップ)もハマったし、そういうの聴きたいときもあるんですけど、ライヴとか行ってそのフォロワーを見ちゃうと「猫も杓子も?」みたいな気持ちになっちゃうんだよね。

ーーわかるかもしれない(笑)。でも、そんないろいろなスタイルをへてると思わなかった!

VOLO : 飽きっぽいし、天邪鬼だから雑誌のうしろのほうのとか興味出てきたら聴いたりしてましたね。

311が来たあとだと、たんなるから騒ぎに思えちゃって

ーー音楽雑誌も減ってしまった今、どんなメディアの記事を読んでるんですか?

VOLO : うーん、適当っすよ! Pitchfork見たり、2Dopeboyzも見るし、Dommuneも観るしー、面白そうなのはちょろちょろ見てますね。ただ、いまは見たいものしか見てないから雑誌のように「このジャケはなんだろう?」とか、そういった失敗は減りますよね。ただ、そういう失敗はあとから失敗じゃなくなったりするじゃないですか。たとえば、いまアイス・T聴くとすごい良かったりするんですよ。ジュークじゃないけど、いまはハイハットでスピード感つけたりして、「ここは倍でノるんだよ」とかやるけど、もう、そういうようなとこををね~、脱したい。だから最近は超シンプルなんだけど、カチっとする曲も好き。格好もちょいダサいのをふくめて好き。それこそエイサップ・ファーグとかシャバ・ランクスの曲を作ったりする感じとか。『Trap Lord』も超変だし、着地どころがないアルバムでしたよね。


エイサップ・ファーグ「Shabba」おしゃれすぎる

ーーでも、VOLOさんの今回のアルバムは近いものがありますよ!

VOLO : それ(GAMEBOYSの)KAICHOOもいってた! 俺、けっこうファーグ好きですよねぇ。なにがかっこいいって「WORK」のMVの… いまベルサーチはやってるけど、ファーグはベルサーチでもガウンなんですよ(笑)。で、ティンバーのスーパーブーツ履いてて(笑)。そういった独特のセンスがヤバい。一時期のゴーストフェイスっぽいし、パンツがトミー・ヒルフィガーだったり抜かりない。あのMV好きや。

ーーところで、このアルバムのテーマって特別にあります? 僕はいかにもVOLOさん自身のヴァイブス自体がテーマなのかなって感じたんですが。

VOLO : アルバムはね、「人の悪口をいわない」とか。

ーーああー! なるほど。正直、気付かなかったけど、いわれてみると確かにそうですね。

VOLO : いやー、バトル・ライムとかも、311以前とかは、からさわぎ的に楽しいかなって思ってたけど、311がきたあとだと、たんなるから騒ぎに思えちゃって。「良い」っていってくれるひともいるけど、俺の中で意味のないものがすごい意味が出るはずだったんだけど、ちょっと思ってたのと違うてごたえだった。だって本当に傷ついてるひとだっているし。遊びかたにしてもね、へんな茶化しとか… うん… そうだなぁ~。タイミング的に俺の趣旨が変わった感じがした。

ーータイミング的にとは?

VOLO : なんかもっと悪いやつを見て、小さいことを思ってラップしてたけど、「(東日本大地震で)本当にひとって死ぬんだなぁ」とか思ったりして。それから、「大して怒ってないのに悪口とかいうもんではないかもな」とか「浅い知識でひとを痛めつけるようなところが、前にはあったんじゃないか」という問いかけを、ずっと残してた。確かに毒があったほうがおもしろいんだけど、29歳になった今、ひとに対しての毒は聴いてて気になるようになったね。自分の表現のために、なにかを指して「アレはダメだ」っていうのはB-Boyとして基本だし、俺もバトルでめちゃくちゃ得意としてやってきた。それに客演ならやる。だけど、そういうのだけをやってても進化がないし、今回はそういうのなしでおもしろいものを作りたかった。

松戸からすっげーキテる!

ーーそんな思いがあったとは… では、タイトル『十』っていうのは。

VOLO : (VLUTENT RECORDSキャップのロゴの「T」の字を指して)これこれ。ほら、ブルーテント+エンターテイメントみたいに見えるじゃん。しかも、俺は松戸で(GAMEBOYSの)柏と(VANADIAN EFFECTの)北千住を繋げる中間地点だしさ。まぁ、あとづけも多いけど、単純に形もカッコいいからかな。

ーー今回のアルバムは作る前からどのようなものになるか、決まっていたんですか?

VOLO : 最初はテーマがなかったから、超長くするか、短くするか、客演入れるかとかすごく悩んだ。実は1曲、ジェイ(Fla$hbackS のjjj)のトラックもあるんだよね。いい感じにラップも書けたんだけど、ただ、今回自分がなにをしたいかをたどっていくと、そもそも自分でもビートを作ってラップするっていうことをしたかったんだから、それやればいいやって。ジェイのオケだからずば抜けてるんだけど、アルバムとしてならべるとちょっと空気感が違ったからね。実はビートをくれるひとや、参加したいっていってくれるひとはめっちゃいたんですよ。でもね、俺はプロデューサーだから(他人の曲で)やらないって決めたら完成まで早かった。

ーーただ、今作のアルバムといいますか、ひいてはVOLOさんらしさをなんていう言葉で表現するか、超難しい。エイサップ・ファーグほどキテレツじゃなくて、角が取れてバランスがとれているぶん、逆にいいあらわしにくいです。

VOLO : 俺はね、それを意識してるからね。自分が行間みたいなものをよく読む人間だから、逆に読まれるのがいやなんだよね。むずかしいね。「松戸からすっげーキテる!」でいいんじゃないかな(笑)。

一般的な温度感でやりたかった

ーー実はそういういい表しにくさもあって、アルバムのテーマ性はそこまで明確にないのかなぁ~とか思っちゃいました。

VOLO : いや、ちゃんとあるんだけどね。要は、けっこう俺はそんなに悪いひとじゃない。悪ぶっても悪いひとには勝てないなってのが、あったんだよね。

ーーなんていうんですかね、普通のひとっぽさというか。とにかく、時代を反映しながらも自分の音楽をやってる印象を受けました。それが単純に、はやりに敏感な感じとは全然違うんですよ。

VOLO : たぶんそれは、一般的な温度感でやりたかったし、八古屋の人とか聴いてくれて「良い」っていってくれるものを目指したからかな。あと、前ほど自分の環境がヒップホップをアピールしなくてもよくなったね。前は強引に「ヒップホップはこうだ!」とか「ヒップホップは死んでないぜ!」と、パンチを打ちにいくじゃないですか。でも、本当は最初から敵はおろか、サンドバッグすらないから。そういうのに気づきはじめてきたから、いまの自分の感じをまわりのひとに聴いてもらいたかった。俺もちゃんと働いてて、普通の人の感覚に近い。それはそれで寂しいんだけどね。アルバムの内容はもちろんヒップホップなんだけど、そんなこといわなくてもすむくらいにラップが理解されるようになってきたように感じるんですよ。
昔みたいに、「ラップって“Yo Yo”でしょ」という人は、俺のまわりにはそんなにいないんだよね。だから普通にラップをやることが許されるし、これからは普通の人が普通にラップできるんじゃないかって。俺んちは帽子を作ってる家なんだけど、町の帽子屋さんが、ラップしてるっていうのがありえる時代になりつつあるんじゃないかと。

ーーさっきみたいに(インタヴュー中に隣で飲んでいたお客さんが)「俺、PUNPEEが好きです」っていってくるなんて、偶然ですけどそうなりつつある証拠みたいですね。

VOLO : そうそうそう。今の若いひとは、青春時代にヒップホップをとおっている世代じゃないですか。Dragon Ashや、キングギドラ、エミネムとか。なのに、前までは「ヒップホップだぜ」って、ヒップホップのひとたちが集まった環境下でいってたわけ。つまり、シーンの外じゃなくて、内に対してね(笑)。でも意外と、外にいたひとたちもラップを聴いてたひとたちだったって、最近実感することが多いんだよね。だから、べつに普通のことを普通にラップしていいんじゃないかって思えて。

全然関係ないと思ってたけど、本当は地続きなんだなって

ーーああ、そういうことは最初に思いましたね。「いまの日本を生きているひとのヒップホップだ!」って。

VOLO : そうそう。A$AP聴くし、普通に居酒屋に行く。こういう居酒屋と、ヒップホップ・シーンと、ハードコアなライヴハウスとかが地続きなんだなって思ってもらえればいい。一般的な社会と、自分が思っているヒップホップって、前までは断絶した世界だと思ってた。まわりの友だちとかを見下したようなアティチュードをとってさ、社会と断絶していることが前提の価値観でヤンキーじみていてさ。でも、今の俺にとって、それはすごい昔のものになった。ハードコアなロックのひとも、すげーラップ聴くじゃん。全然関係ないと思ってたけど、本当は地続きなんだなって。なんの関係もない仕事をしていてもラップ好きなひととか、興味がある、もしくはあったひとって、たくさんいるんだなって思うんですよね。

ーーなるほど。「Don’t Like Me」や「Who Laughs Last」も、色々あるけど自分の好きなことやるしかないっていう曲ですもんね。

VOLO : ヒップホップはシーンやスタイルが拡散してるからね。そういうの見ると自分を疑うときもあっても、自分の信じることをやるしかないっていう曲だね。そういう意味では、一番フラストレーションが出た曲かもしれない。ていうのも「ヒップホップはこういうものだ」っていわれてても、俺は悪いやつじゃないから絶対出せないなにかがあるんですよ。でも、そういうヒップホップらしさに対して「それがなに?」っていうことなんだよね。べつにヒップホップらしさが悪いっていうことではなく、自分を鼓舞して、自分に対する責任と覚悟を持ちたい。

ーーたとえば、そういった自分の音楽に対する責任感とかをどういったときに感じます?

VOLO : 淡々とした毎日なんだけど、それはすごく危ういという緊張感がついてまわってる感じかな。たとえば、支えてくれる彼女がいなくなっちゃったりとか、友だちが捕まっちゃったりとかさ。そういう落とし穴があるってわかりながら、楽しいことをやるんですよ。そして、その緊張感はすっごい大事。だから、piz?との「Holiday Ghost」のフックが「息を殺す」なのは、そういう感じ。Rhyda君との「Our Night」でも最初に「とりとめなくテンションハイ、悟られたくないくらいにな」ていってるけど、それも同じ。夜、街を徘徊してるときみたいな感じ(笑)。「O.B.T.」もそうだ。「俺の分まで楽しんでくれよ」の略でジョークからうまれた明るい曲だけど、最初のイントロは遺書みたいな感じだよね。

ーー確かにVOLOさんの曲は「ここからどうに展開するのかな」とい思うものが多かったんですけど、単なる奇妙なサウンドをトッピングしたのではなく、そういうことだったんですね!

VOLO : たいていは、つねに暗いものがあって、その暗いものを明るく隠すのが好きなの。明るい雰囲気だけど、底には暗い川が流れて感じがね、なんとも松戸っぽい。いまの松戸は、昔ほどヤンキーとか少ない感じがするんだけど、結構凶悪犯罪とか起こる。淡々としていて、なにもなくて、チェーン店が多い。くたびれてるかんじが俺にはちょうどいい。

今回は初めて意味をこめた

ーーあぁ~、なんとなく伝わってきます(笑)。じゃあ、今夜は僕らも楽しく話しすぎちゃったので〆めましょう。Vlutent Recordsを運営している人間として、将来のヴィジョンは?

VOLO : なんだろう。いまこうやって酒を飲んだり、友だちが来てくれる環境は、本当に恵まれていて、なかなかキープできるもんじゃないですよ。それをキープできるよう、がんばりたい。それには結果が必要。年齢が上がるほど結果だと思う。がんばる。

ーーいくら好きなことだからって金も時間も費やしていても、もし結果がなにもなかったら「こんなん、やめたほうが楽じゃないか?」ってなっちゃいますもんね。

VOLO : いつも自分が作ったものは「うわ、めっちゃ売れるもんできた」って思ってるけど、いつも結果がともなわない(笑)。ただ、毎回聴いてくれてたひとには届いてる実感はありまして。自分を疑っちゃうときもあるけど、そういうのは透けて見えちゃうから、そうならないために自分には絶対嘘をつかない。そして、そういえるために、いつも文句ないものを………。

CHAPA(GAMEBOYS) : ほら、もうそういう話じゃない! バシっと決めろ!

VOLO : 倍返しだ!

CHAPA(GAMEBOYS) : いまいったのそれ、一番ダサいよお前(笑)!

VOLO : 倍返しはやめよう。倍返しはダメだ。ちょっとまて… ダメだ、「じぇじぇじぇ」しか浮かばないからやめよう。

(一同爆笑)

VOLO : まぁ、アルバムは自分でもすっごい聴いてるしね! こんな幸せなことがあるかと! いつも無意味なことに意味があるっていう逆説的なメッセージだったけど、今回は初めて意味をこめた。ひねくれずにちゃんとやったよ。あ、シメはこれだ「IT’S MO DORI」(笑)

「十」をひもとく作品紹介

ABC / ABC(VOLO+piz?)

VOLOと、トラウマ軍団VANADIAN EFFECTの酩酊担当、PIZ?による30日間という超短期間に制作された科学実験の研究レポート!! OMSB`EATS(SIMI LAB)、KMC(POPGROUP RECORDINGS)WO2X7(VANADIAN EFFECT)、JJJJ(FIVE STAR RECORDS)参加。

>>>インタヴュー記事はこちら

1.5 / GAMEBOYS × JZA

GAME BOYSのスタイルはハードでもナードでもなく、彼ら曰く IT'S MO DORIなSTYLE!! (いつもどおり)。キャッチーなキャラとは裏腹に日常の中の悲喜交々を時にシニカルに時に自虐的でユーモラスな視点で切り取っていく。

>>>紹介記事はこちら

SCHOOLBOY Q / Habits & Contradictions

スクールボーイQことクインシー・マシュー・ヘンリー。ケンドリック・ラマーが所属するヒップホップグループ〈ブラック・ヒッピー〉のメンバーとしても活動する。2011年、ケンドリックが人気を増すのに合わせて仲間であるQの注目度も上昇。その期待にリリースしたミックステープの正規盤。

PROFILE

VOLO
柏のコミカルでシニカルな2人組のGAMEBOYS、足立区のトラウマ集団Vanadian Effectに、YouTubeにたった1曲を公開しただけで一躍話題となった狂気めいたラップをする”あべともなり”といった、ぶちぬけた個性を全国に発信するヒップホップ・レーベル、Vlutent Recordsの首領、VOLO。北千住のラッパー、piz?とのユニット、ABC(Air Boryoku Club)をはじめ、10年におよぶキャリアのなかで、本人名義の関連作品のみならず、JZAというプロデューサー名義もふくめ、コンスタントに好事家をうならす作品をリリース

o

 
 

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る
・2017年07月17日・ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る 〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。 ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Sun To Sola
by 河村 祐介
KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き
・2017年07月26日・KUNIYUKI TAKAHASHIのルーツにして、新たな側面をプレゼンする冒険的な新作──ハイレゾ独占配信 海外のハウス〜テクノ・シーンでも高い評価を受けるレーベル〈mule musiq〉。そのアーティスト・ラインナップは、現在でこそ海外シーンともシームレスなメンツが並ぶが、そのその設立当初から本レーベルを象徴するこの国のアーティストといえばこの人だろう。札幌のマエストロ、KUNIYUKI TAKAHASHI、その人だ。ジャズやソウルが豊かに溶け込んだディープ・ハウスを中心にしたこれまでの作品は、国内外で高い評価を受け続けている。そんな彼が、今回新作を発表するわけだが、そのサウンドはこれまでと趣向の違う質感を宿したものとなった。彼のルーツのひとつであるニューウェイヴやエレクトロニック・ボディ・ミュージック、インダストリアルといったサウンドを前面に出したプロジェクトとなっている。その名も「NEWWAVE PROJECT」。OTOTOYではこちらのハイレゾ独占配信をスタートする。サウンド・エンジニアとしての側面も持つ彼のそのサウンドの冒険をぜひともハイレゾで楽しんでいただきたい。 ハイレゾ独占配信KUNIYU
by 河村 祐介