Shimokitazawa HANAUTA CRUISINGスタート!

2013年5月25日、下北沢に点在するライヴ・ハウス各所を結んで開催される下北沢発サーキット・イベント「Shimokitazawa SOUND CRUISING」。今年は複数会場でのライヴ・パフォーマンスに加えて、サーキット・イベントならではの、下北沢の街中を使った参加型企画がはじまりました。その名も「Shimokitazawa HANAUTA CRUISING」!

下北沢の5つの場所に行きスマートフォンでMusicityの本イベントの特設サイト(shc.musicity.info)にアクセスすると、そのエリアでしか聴けない、5組のアーティストによる「はなうた」楽曲を聴くことができます。さらに、その「はなうた」の頭の文節を繋げると、ある文章が浮かび上がってきます。それを解答用紙に記入して下北沢サウンドクルージング事務局へ持っていくと、ハナウタクルージング特製提灯(ちょうちん)と、あるアーティストによる本企画書き下ろしソングをゲットできます。

特製提灯(ちょうちん)を手に入れて、街を明るく照らしながら下北沢サウンドクルージングを楽しんでみてはいかがでしょうか? なお、本企画は下北沢サウンドクルージングに参加されない方でも楽しむことができます。つまり下北沢にいる誰もが参加者です!

本企画は、"Shimokitazawa SOUND CRUISING"と
UK発の音楽プラットフォーム"Musicity"と音楽配信サイト"OTOTOY"が協力して提供しています。

本企画書き下ろしソングは、DJはなうたとMCクルージング!!!???

かねてから『下北沢サウンドクルージングに出演する、“あるアーティスト”のハナウタクルージング書き下ろしソング』とのみ発表されていた、書き下ろしソングのアーティストが決定しました。
その名は「DJはなうたとMCクルージング」!!!
どこかで聞いたことがある名前だな? そう思ったあなたは、ぜひ忘れずにゲットしてください!

プレゼントのHANAUTA CRUISING特製提灯(ちょうちん)と書き下ろしソングは、2013年5月25日のShimokitazawa SOUND CRUISINGでのみの配布となっています。下北沢サウンドクルージング事務局へ、完成した文章と下北沢サウンドクルージングのリストバンドを見せていただければ、プレゼントをお渡しします。

気になる「はなうた」提供アーティストはこちら!

bonobos

2001年結成、2003年「もうじき冬が来る」でメジャー・デビュー。レゲェ/ダブ、ドラムン・ベース、エレクトロニカ、サンバにカリプソと、様々なリズムを呑み込みながらフォークへ向かう、天下無双のハイブリッド未来音楽集団。ROCK IN JAPAN、FUJI ROCK FES、RISING SUN ROCK FESなど、毎年数多くの野外フェスに出演し、ライヴバンドとしても確固たる地位を築いている。他アーティストへの楽曲提供、演奏サポートなど、それぞれのソロ活動も精力的に行われ、2010年にはvo.蔡、dr.辻ともにソロ・アルバムも制作/発表している。2011年8月には日比谷野外大音楽堂にてバンド結成10周年を盛大に祝い、9月には9th Single「Go Symphony!」、12月には5th Album「ULTRA」をリリースした。

BiS

アイドル戦国時代の最終兵器、BiS-新生アイドル研究会。デビューから瞬く間に、口コミを中心に話題となる。メンバーの脱退劇、衝撃全裸PV等、常にスキャンダラスに活動を続けるアイドル・グループ。松隈ケンタのトータル・サウンド・プロデュースの楽曲はずば抜けてクオリティが高く、ロック・バンドからのオファーやロック・フェスにも出演が決まる等、アイドル界以外からの評価も高い。

Wienners

2009年初頭、玉屋2060%(Vo/Gt)を中心に吉祥寺弁天通りにてWiennersを結成。パンク畑出身の瞬発力と鋭さを持ちつつも、どこか優しくて懐かしい香りを放つ男女ツイン・ボーカルの四人組ロックバンド。予測不可能だけど体が反応してしまう展開、奇想天外かつキャッチーなメロディーで他に類を見ない音楽性とユーモアを武器に様々なシーン、世代、カルチャーを節操なく縦断しつづける。

CALENDERS

ミニ・アルバム『Bad Ending, Good Hamming』で全国に鮮烈なデビューを飾った、新世代のパワーポップ・アイコン。MOTION CITY SOUNDTRACKをして「間違いなく俺たちやWEEZERへの日本からの回答だ」と言わしめた日本唯一のバンドとして知られる。現在は自らで製作環境を構築。地元TV局での冠番組『CALENDARS TV』の制作、The Get Up Kids トリビュート参加、映画『ポーラー・エクスプレス』のカバーEP、地元宇都宮タワーレコードのトリビュート・アルバムなどを経てついにセカンド・ミニアルバム『Sweep』完成。圧倒的、かつセンチメンタルなライヴ・パフォーマンスにもかかわらず、地元宇都宮以外でのライヴは極端に少ない。

キム ウリョン

アジアでは金 佑龍。欧米ではKim Wooyong。カナ表記はキム ウリョンとなる。K-POPぽくない洋楽然とした邦楽を奏でる酔いどれの吟遊詩人。2002年cutman-boocheというBANDを大阪で結成し2004年から2011年解散までに数々の作品をリリースし、多方面から評価され、John Butler TrioやTeteといった海外アーティストのO.AやFUJI ROCK FESTIVALをはじめとする数々の大型Fesにも出演しオーディエンスを沸かせる。2011年中旬から本格的にソロ活動を開始。ふわりふわりとヒリヒリの中にメランコリック、トラディショナル、オーガニック・サーフミュージック経由の音遊びその隙間に入り込むループ・ミュージックに人懐こいハスキーボイスは黒人音楽にも強く影響を受けた痕が見える。時々3人? 6人編成で全国を絶賛好評行脚中!

HANAUTA CRUISINGの遊び方



STEP1. 解答用紙を手に入れる
下記リンクより解答用紙をダウンロード&プリントアウトしてください。
>>解答用紙のダウンロードはこちら

※下北沢サウンドクルージング当日、事務局でも配布します。



STEP2. はなうたを聴く
下北沢の5カ所に設置されたリスニング・ポイントへ行き、あなたのスマートフォンでMusicityの特設サイト(shc.musicity.info)にアクセスし「はなうた」を聴いてみましょう。
※一部のスマートフォンには、対応しておりません。



STEP3. 解答用紙を記入する
解答用紙に各「はなうた」の頭の歌詞を書き込み、文章を完成させましょう。



STEP4. 事務局へ向かい、プレゼントをゲットする
解答用紙を全て埋めて、下北沢サウンドクルージング事務局へ提出すると、HANAUTA CRUISING特製提灯(ちょうちん)と、書き下ろしソングがもらえます! また、聴いた「はなうた」は、Musicity HPへ行くと、ダウンロードすることもできますよ。

諸注意
※「はなうた」を聴くためには、ログインが必要です。
※スマートフォンの位置情報サービスを使いますので、必ず位置情報サービスをオンにしてください。(iPhone の方は、Safari の位置情報サービスをON に!)
※「はなうた」が再生されるまで、また場所を感知するまでに時間がかかる場合があります。
※「はなうた」がうまく聴けない、場所をうまく感知できない場合は、リロードをしてみてください。
※「はなうた」を聴くことができない場合は、電話(OTOTOY : 03-5829-8371) にてお問い合わせください。
※HANAUTA CRUISING 特製提灯と書き下ろしソングは、2013年5 月25 日の下北沢サウンドクルージングでのみ配布します。解答用紙を提出する際に、下北沢サウンドクルージングのリストバンドをお見せください。
※ゴミはゴミ箱へ。ご協力よろしくお願いします。

開催期間 :
2013年5月18日 〜 2013年5月25日

※HANAUTA CRUISING特製提灯(ちょうちん)と書き下ろしソングは、2013年5月25日の下北沢サウンドクルージングでのみ配布します。完成した文章と下北沢サウンドクルージングのリストバンドを見せていただければ、プレゼントをお渡しします。
※HANAUTA CRUISINGは、期間中下北沢に来れば、誰でも自由に遊べることができます。

プレゼント :
A. 夜の散歩用 Shimokitazawa HANAUTA CRUISINGのロゴ入りオリジナル提灯(ちょうちん) (先着100名様)
B. Shimokitazawa HANAUTA CRUISING特製楽曲( DJはなうたとMCクルージングのハナウタクルージング書き下ろしソング「SHIMOKITAZAWA YoiYoi CRUISING」。OTOTOYでダウンロードできるパスコード付き特製カードを配布します。(先着300名様) )

Shimokitazawa SOUND CRUISING Vol.2へ行ってみよう!

下北沢であそぶ! サーキット型クルージング・パーティー! ロックからダンスまで幅広くフロアをにぎやかすアーティストが下北沢に一挙集結!

>>Shimokitazawa SOUND CRUISING HP


Shimokitazawa SOUND CRUISING CM映像

2013年5月25日(土)
会場 : GARDEN、SHELTER、DAISY BAR、ReG、BASEMENT BAR、THREE、ERA、FEVER、ReG CAFE、MOSAiC、富士見丘教会、風知空知、altoto、more...
DAY TIME : 開場 16:00 / 開演 17:00
NIGHT TIME : 開場 / 開演 23:00
DAY-NIGHT通し券 : 6,000円(2D代1,000円別)
DAY TIME前売り券 : 3,800円(1D代500円別)
DAY TIME当日券 : 4,300円(1D代500円別)
NIGHT TIME前売り券 : 3,500円(1D代500円別)
NIGHT TIME当日券 : 4,000円(1D代500円別)

【ARTIST/DAY TIME】
DJみそしるとMCごはん / でんぱ組.inc / AKARI in the TV / 荒川ケンタウロス / BiS / bonobos / CALENDERS / チーナ / ELEKIBASS / hello! / Juvenile Juvenile / 快速東京 / カツマーレー&The SOUL KITCHEN / KETTLES / 奇妙礼太郎トラベルスイング楽団 / LAGITAGIDA / LOSTAGE / 魅起法則 / MONSTER大陸 / ノンブラリ / PENPALS / Predawn / Qomolangma Tomato / STORM OF VOID / 空きっ腹に酒 / suzumoku / 少年ナイフ / TADZIO / TGMX / The Keys / The Mammals / the peggies / THE STARBEMS / Theo Berndt(SWE) / ユナイテッドモンモンサン / winnie / ワンダフルボーイズ / world's end girlfriend & BLACK HOLE CARNIVAL / ゾンビちゃん

【ARTIST/NIGHT TIME】
80KIDZ / アナ / DENIMS / キム ウリョン / UHNELLYS / Alaska Jam / BROKEN HAZE / CHABE / DE DE MOUSE / DJねむきゅん / DOACOCK / EXOSKELETONE / フレデリック / FREE THROW / GARI / HALFBY / HANDSOMEBOY TECHNIQUE / ヘルメッツ / ヒサシ the KID (THE BEACHES) / Idiot Pop(DJ Set) / 石野卓球 / JAMINLEO / 影正一貴(ClubBAGSY) / Kawanishi(JUKEBOX) / KEYTALK / キドリキドリ / KIWA KIWA DJs / 前田博章 / ミツメ / MONICA URANGLASS / NACANO / Nemotroubolter / New Action! / 西村道男 / Paraele Stripes / フクザワ×石井ナルト(Qomolangma Tomato) / rega / RF / RIDDIMATES / Sawagi / その名はスペイド / 田中宗一郎(CLUB SNOOZER) / THE WHIP(UK) / Wienners / WRENCH

>>Shimokitazawa SOUND CRUISING HP

「Shimokitazawa SOUND CRUISING」出演者の配信楽曲もチェック!

Musicityとは?

Music+City=Musicity
Musicityは、音楽と場所を繋ぎ、まったく新しい都市体験を生み出す、UK発の音楽プラットフォームです。東京版のMusicity Tokyoは2012年にスタート。日英のアーティストのオリジナル楽曲を聴くことができるリスニングポイントを、東京のさまざまな場所に設置。各場所をテーマに制作された楽曲を、都市の風景や空気の中で楽しむことができる、新しい音楽プラットフォームです。街の中の各リスニングポイントで、スマートフォンで聴いた楽曲は、後でウェブサイトからのダウンロードが可能。さまざまな楽曲が集まったライブラリーは、あなただけの「都市の音楽アルバム」になります。
>>Musicity HP

o

 
 

"powerpush"の最新アーカイヴ

ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始
[POWERPUSH]・2016年06月17日・自由なる電子音の戯れ──ケンイシイ、フレア名義の作品をハイレゾ配信開始 世界中のテクノ・シーンでその名が知られるケンイシイ。そのアナザー・サイドとも言えるフレア名義の作品『Leaps』がこのたびハイレゾ配信される。ストレートなテクノ・サウンドのケンイシイ名義の作品に比べ、フレア名義は彼のエクスペリメンタルなエレクトロニック・ミュージック・サイドを担っている。ある意味で初期のケンイシイ名義の作品に渦巻いていたストレンジな電子音の感覚を継承している名義でもある。本作はすでに1年ほど前からケンイシイが出演する会場や自身のアーティスト・サイトなどかなり限られた販路でCDとして売られていた作品だが、今回、待望のハイレゾ版がリリースされる。まさに音そのものを楽しむ、その作品性を考えればハイレゾでのリスニングにもってこいの作品と言えるのではないだろうか。 Flare / Leaps(24bit/48kHz)'【Track List】01. Mole Tunnel02. Downglide03. Deep Freeze04. Sympathetic Nervous System05. Las Pozas06. Iapet
by 河村 祐介
UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2016年06月11日・若手と新しさを競い合っても意味がないだろ──UKテクノのベテラン、プラッドの新作をハイレゾ配信 エド・ハンドリー、アンディ・ターナーによる、このテクノ・ユニットは1990年代初頭から現在にいあたるまでエイフェックス・ツインらとともにブリティッシュ・テクノを象徴する存在であり続けている。ビョークのコラボレーターでもあり、ルーツ・オブ・エレクトロニカであり、松本大洋原作の劇場アニメ作品『鉄コン筋クリート』のサントラを手掛けたことでも知られる彼らだが、決してその活動は初期からぶれていない。彼らの作品のクリアで叙情的な電子音は、綺羅星のごとく輝き、そのシーンのヒストリーを穏やかな光で照らし続けている。そんな彼らの最新アルバム『The Digging Remedy』も、そのヒストリーを継続させる、また美しい電子音の連なり、それ以外の何物でもない。 本人たちもインタヴューで語っているように、この繊細なサウンドはぜひともハイレゾで体験していただきたい。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、アルバム、CDと同様のライナーノーツをPDFにてダウンロード可能。こちらはヴォーカロイドでおなじみのクリプトン・フューチャー
by 河村 祐介
ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2016年06月10日・ベース・ミュージック・ペルー譚──ダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信 ジャイルス・ピーターソンのレーベル〈ブラウンズウッド〉から2012年にリリースされた『Mala In Cuba』。多くのリスナー、メディアから絶賛された作品から約4年の月日を経て、UKダブステップのイノヴェイターのひとり、MALAの新たなプロジェクトがここにリリースされた。『Mirrors』と名付けられた本作は、キューバでのセッションとUK本国でのスタジオ・ワークにて完成した『Mala In Cuba』と同様、MALAとペルー現地のミュージシャンとのセッションから生み出された作品だ。現地でレコーディングされたさまざまなフォルクローレの断片やアフロ・ペルー音楽のパーカッションなどが見事にMALAの才覚を通して作品として示されている。 OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、ハイレゾ版アルバムまとめ購入でCDと同様のライナーノーツPDFが付属する。北中正和による日本盤ライナーノーツ、そしてEmma Warrenによる英語版ライナーノーツの和訳を読めば、この不可思議なサウンドが具体的にどんなプロセスで、どんなペル
by 河村 祐介
オーストラリア・ロック・シーンの雄、4年ぶりの帰還──ザ・テンパー・トラップ配信開始
[POWERPUSH]・2016年06月10日・4年ぶりの帰還──芳醇なるオーストラリア・シーンからザ・テンパー・トラップがひさびさの新作 ここ数年、さまざまなタイプのロック・バンドを世界レベルで輩出し、シーンの芳醇な底力が垣間見えるオーストラリアのシーン。そんなシーンの動きを予見すべく、オーストラリアはメルボルンから、2009年に世界デビュー。1st『コンデションズ』を伴って飛び出したザ・テンパー・トラップ。英米を中心に高い評価を経て、ここ日本でも同年のサマーソニック、そして東京、大阪の単独公演を成功させるなどファンをつかんだ彼ら。さらに2009年の映画『(500)日のサマー』でも彼らの「Sweet Disposition」が使用され、こちらもシングルとしてヒットしさらなる人気を集めた。2012年の2nd『ザ・テンパー・トラップ』を経て、そんな彼らが4年ぶりに新作『シック・アズ・シーヴス』をリリースする。ギタリストのロレンゾの脱退などの苦難を経て、ついに彼らが動きだしたのだ。さらに、8月8日(月)には〈梅田クラブクアトロ〉と8月9日(火)に〈リキッドルーム〉での来日公演も控えている。 The Temper Trap / Thick As Thieve
by 渡辺 裕也
D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2016年06月07日・独占ハイレゾ配信 : 小林うてなの1stアルバムはドープなベースと幽玄な歌声がこだまするビート・アルバム 元“鬼の右腕”にして現在はソロ、そしてD.A.N.や蓮沼執太フィルなどの客演などでも知られる小林うてな。このたび1stアルバム『VATONSE』をリリースした。リリースはインターネット・ライヴ・ストリーミング・サイト、2.5Dが設立したレーベル〈2.5D PRODUCTION〉から。ポップ・エレクトロ・プロデューサー、tomgggの作品とともに本レーベルの第一弾アーティストとなる。スティール・パンやエレクトロニクス、さらにはヴォーカル / コーラスまでこなすマルチ・プレイヤーとして知られる彼女だが、1stソロのサウンドはこれまたぶっ飛びのダーク&ヘヴィーなエレクトロニック・ビーツ、そして彼女の幽玄な歌声を中心にしている。OTOTOYでは本作を独占のハイレゾ版で配信開始。美しい歌声と細やかな電子音の表現、野太いベースをぜひともハイレゾにてお楽しみください。 小林うてな / VATONSE'【Track List】01. GONIA SE02. ILA03. EN04. TON TO WAHAHI05.
by 河村 祐介
ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2016年06月03日・ボンジュール鈴木らも参加の、カラフルなポップ・エレクトロ──Tomgggの最新作を独占ハイレゾ配信 自身のSoundCloudや〈Maltine Records〉など、まさにインターネット・フィールドで徐々に知名度を上げ、昨年はフィジカル作品として『Butter Sugar Cream』をリリース、さらにその活動領域を広げた、Tomggg(トムグググ)。このたび、ライヴ・ストリーミングでおなじみの〈2.5D〉が設立したレーベル〈2.5D PRODUCTION〉から、新作『Art Nature』をリリースした。ボンジュール鈴木、tsvaci(辻林美穂)といったゲスト・ヴォーカルを迎え、彼の真骨頂とも言える、めくるめく展開ときらびやかな電子音によるポップ・エレクトロを展開している。また前作に引き続き、ジャケットはKazami Suzukiが担当し、そのドリーミーでメルヘンなサウンド・イメージをさらに強く印象つけている。OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信。インタヴューにもあるように、展開や音響的な効果など緻密に構築されたそのサウンドはハイレゾでさらにきめ細やかに楽しめることでしょう。 Tomggg / Ar
by 河村 祐介
ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム
[POWERPUSH]・2016年05月30日・〈トランスマット〉である必然性──デリック・メイを魅了したHIROSHI WATANABEの作品をハイレゾで KAITOや本名名義でリリースを行い、まさにテクノ / ハウス・シーンにて世界レベルで活躍するHIROSHI WATANABE。そんな彼がこれまた快挙を成し遂げた。テクノの伝説的レーベルからそのアルバムを今春にリリースした。そして、このたびやっと、その作品のハイレゾ版がリリースされた。おっと、興奮して書き忘れていたが、アルバム・タイトルは『MULTIVERSE』、そしてその伝説のレーベルとは、デリック・メイの〈トランスマット〉である(「知らない!」という人は後述のコラムを)。〈トランスマット〉らしい、エネルギッシュなグルーヴと叙情性に満ちたコズミック・テクノに。グイグイとスピーカーからスペーシーな情景が迫ってくる。いやー、すっきりとテクノを聴きたいぜというのならぜひともこのアルバムを。ストレートなデトロイト・テクノのかっこよさに満ち溢れた作品。繊細なシンセの揺らめきや空間的な表現に満ちたそのサウンドは、ハイレゾでぜひとも楽しみたい。 HIROSHI WATANABE / MULTIVERSE(24
by 河村 祐介
丈青、ライヴ・レコーディング作品をDSD11.2MHzで配信開始
[POWERPUSH]・2016年05月10日・DSD11.2MHzの先駆者、丈青のライヴ・レコーディング作品が配信開始!! 2016年3月11日から13日まで表参道のスパイラルを会場に行われた〈HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRAL〉。現在OTOTOYで配信中のフェス内でのレコーディング作品のラインナップ(Suara×真依子、蓮沼執太、大木和音)に満を持して加わったのがSOIL&“PIMP”SESSIONSのピアニスト、丈青。 商用として世界で初めてDSD11.2MHzに挑戦し話題となった彼の前作『I See You While Playing The Piano』と同じスパイラルホールで録音されたのが『re: I See You While Playing The Piano』。前作とはほぼ異なる楽曲をたずさえた本作は、レコーディング&ミックスに奥田泰次、iFi Audio/M2TECHの協力の元、SPIRAL RECORDSよりOTOTOYにて1ヶ月先行配信開始! 彼の重厚なピアノの音色に酔いしれるとともに前作より経た2年間という歳月の軌跡を体感、そして客席とピアノの張りつめた対話をぜひ堪能ください。 丈青 / re:
by 中村 純