Shimokitazawa HANAUTA CRUISINGスタート!

2013年5月25日、下北沢に点在するライヴ・ハウス各所を結んで開催される下北沢発サーキット・イベント「Shimokitazawa SOUND CRUISING」。今年は複数会場でのライヴ・パフォーマンスに加えて、サーキット・イベントならではの、下北沢の街中を使った参加型企画がはじまりました。その名も「Shimokitazawa HANAUTA CRUISING」!

下北沢の5つの場所に行きスマートフォンでMusicityの本イベントの特設サイト(shc.musicity.info)にアクセスすると、そのエリアでしか聴けない、5組のアーティストによる「はなうた」楽曲を聴くことができます。さらに、その「はなうた」の頭の文節を繋げると、ある文章が浮かび上がってきます。それを解答用紙に記入して下北沢サウンドクルージング事務局へ持っていくと、ハナウタクルージング特製提灯(ちょうちん)と、あるアーティストによる本企画書き下ろしソングをゲットできます。

特製提灯(ちょうちん)を手に入れて、街を明るく照らしながら下北沢サウンドクルージングを楽しんでみてはいかがでしょうか? なお、本企画は下北沢サウンドクルージングに参加されない方でも楽しむことができます。つまり下北沢にいる誰もが参加者です!

本企画は、"Shimokitazawa SOUND CRUISING"と
UK発の音楽プラットフォーム"Musicity"と音楽配信サイト"OTOTOY"が協力して提供しています。

本企画書き下ろしソングは、DJはなうたとMCクルージング!!!???

かねてから『下北沢サウンドクルージングに出演する、“あるアーティスト”のハナウタクルージング書き下ろしソング』とのみ発表されていた、書き下ろしソングのアーティストが決定しました。
その名は「DJはなうたとMCクルージング」!!!
どこかで聞いたことがある名前だな? そう思ったあなたは、ぜひ忘れずにゲットしてください!

プレゼントのHANAUTA CRUISING特製提灯(ちょうちん)と書き下ろしソングは、2013年5月25日のShimokitazawa SOUND CRUISINGでのみの配布となっています。下北沢サウンドクルージング事務局へ、完成した文章と下北沢サウンドクルージングのリストバンドを見せていただければ、プレゼントをお渡しします。

気になる「はなうた」提供アーティストはこちら!

bonobos

2001年結成、2003年「もうじき冬が来る」でメジャー・デビュー。レゲェ/ダブ、ドラムン・ベース、エレクトロニカ、サンバにカリプソと、様々なリズムを呑み込みながらフォークへ向かう、天下無双のハイブリッド未来音楽集団。ROCK IN JAPAN、FUJI ROCK FES、RISING SUN ROCK FESなど、毎年数多くの野外フェスに出演し、ライヴバンドとしても確固たる地位を築いている。他アーティストへの楽曲提供、演奏サポートなど、それぞれのソロ活動も精力的に行われ、2010年にはvo.蔡、dr.辻ともにソロ・アルバムも制作/発表している。2011年8月には日比谷野外大音楽堂にてバンド結成10周年を盛大に祝い、9月には9th Single「Go Symphony!」、12月には5th Album「ULTRA」をリリースした。

BiS

アイドル戦国時代の最終兵器、BiS-新生アイドル研究会。デビューから瞬く間に、口コミを中心に話題となる。メンバーの脱退劇、衝撃全裸PV等、常にスキャンダラスに活動を続けるアイドル・グループ。松隈ケンタのトータル・サウンド・プロデュースの楽曲はずば抜けてクオリティが高く、ロック・バンドからのオファーやロック・フェスにも出演が決まる等、アイドル界以外からの評価も高い。

Wienners

2009年初頭、玉屋2060%(Vo/Gt)を中心に吉祥寺弁天通りにてWiennersを結成。パンク畑出身の瞬発力と鋭さを持ちつつも、どこか優しくて懐かしい香りを放つ男女ツイン・ボーカルの四人組ロックバンド。予測不可能だけど体が反応してしまう展開、奇想天外かつキャッチーなメロディーで他に類を見ない音楽性とユーモアを武器に様々なシーン、世代、カルチャーを節操なく縦断しつづける。

CALENDERS

ミニ・アルバム『Bad Ending, Good Hamming』で全国に鮮烈なデビューを飾った、新世代のパワーポップ・アイコン。MOTION CITY SOUNDTRACKをして「間違いなく俺たちやWEEZERへの日本からの回答だ」と言わしめた日本唯一のバンドとして知られる。現在は自らで製作環境を構築。地元TV局での冠番組『CALENDARS TV』の制作、The Get Up Kids トリビュート参加、映画『ポーラー・エクスプレス』のカバーEP、地元宇都宮タワーレコードのトリビュート・アルバムなどを経てついにセカンド・ミニアルバム『Sweep』完成。圧倒的、かつセンチメンタルなライヴ・パフォーマンスにもかかわらず、地元宇都宮以外でのライヴは極端に少ない。

キム ウリョン

アジアでは金 佑龍。欧米ではKim Wooyong。カナ表記はキム ウリョンとなる。K-POPぽくない洋楽然とした邦楽を奏でる酔いどれの吟遊詩人。2002年cutman-boocheというBANDを大阪で結成し2004年から2011年解散までに数々の作品をリリースし、多方面から評価され、John Butler TrioやTeteといった海外アーティストのO.AやFUJI ROCK FESTIVALをはじめとする数々の大型Fesにも出演しオーディエンスを沸かせる。2011年中旬から本格的にソロ活動を開始。ふわりふわりとヒリヒリの中にメランコリック、トラディショナル、オーガニック・サーフミュージック経由の音遊びその隙間に入り込むループ・ミュージックに人懐こいハスキーボイスは黒人音楽にも強く影響を受けた痕が見える。時々3人? 6人編成で全国を絶賛好評行脚中!

HANAUTA CRUISINGの遊び方



STEP1. 解答用紙を手に入れる
下記リンクより解答用紙をダウンロード&プリントアウトしてください。
>>解答用紙のダウンロードはこちら

※下北沢サウンドクルージング当日、事務局でも配布します。



STEP2. はなうたを聴く
下北沢の5カ所に設置されたリスニング・ポイントへ行き、あなたのスマートフォンでMusicityの特設サイト(shc.musicity.info)にアクセスし「はなうた」を聴いてみましょう。
※一部のスマートフォンには、対応しておりません。



STEP3. 解答用紙を記入する
解答用紙に各「はなうた」の頭の歌詞を書き込み、文章を完成させましょう。



STEP4. 事務局へ向かい、プレゼントをゲットする
解答用紙を全て埋めて、下北沢サウンドクルージング事務局へ提出すると、HANAUTA CRUISING特製提灯(ちょうちん)と、書き下ろしソングがもらえます! また、聴いた「はなうた」は、Musicity HPへ行くと、ダウンロードすることもできますよ。

諸注意
※「はなうた」を聴くためには、ログインが必要です。
※スマートフォンの位置情報サービスを使いますので、必ず位置情報サービスをオンにしてください。(iPhone の方は、Safari の位置情報サービスをON に!)
※「はなうた」が再生されるまで、また場所を感知するまでに時間がかかる場合があります。
※「はなうた」がうまく聴けない、場所をうまく感知できない場合は、リロードをしてみてください。
※「はなうた」を聴くことができない場合は、電話(OTOTOY : 03-5829-8371) にてお問い合わせください。
※HANAUTA CRUISING 特製提灯と書き下ろしソングは、2013年5 月25 日の下北沢サウンドクルージングでのみ配布します。解答用紙を提出する際に、下北沢サウンドクルージングのリストバンドをお見せください。
※ゴミはゴミ箱へ。ご協力よろしくお願いします。

開催期間 :
2013年5月18日 〜 2013年5月25日

※HANAUTA CRUISING特製提灯(ちょうちん)と書き下ろしソングは、2013年5月25日の下北沢サウンドクルージングでのみ配布します。完成した文章と下北沢サウンドクルージングのリストバンドを見せていただければ、プレゼントをお渡しします。
※HANAUTA CRUISINGは、期間中下北沢に来れば、誰でも自由に遊べることができます。

プレゼント :
A. 夜の散歩用 Shimokitazawa HANAUTA CRUISINGのロゴ入りオリジナル提灯(ちょうちん) (先着100名様)
B. Shimokitazawa HANAUTA CRUISING特製楽曲( DJはなうたとMCクルージングのハナウタクルージング書き下ろしソング「SHIMOKITAZAWA YoiYoi CRUISING」。OTOTOYでダウンロードできるパスコード付き特製カードを配布します。(先着300名様) )

Shimokitazawa SOUND CRUISING Vol.2へ行ってみよう!

下北沢であそぶ! サーキット型クルージング・パーティー! ロックからダンスまで幅広くフロアをにぎやかすアーティストが下北沢に一挙集結!

>>Shimokitazawa SOUND CRUISING HP


Shimokitazawa SOUND CRUISING CM映像

2013年5月25日(土)
会場 : GARDEN、SHELTER、DAISY BAR、ReG、BASEMENT BAR、THREE、ERA、FEVER、ReG CAFE、MOSAiC、富士見丘教会、風知空知、altoto、more...
DAY TIME : 開場 16:00 / 開演 17:00
NIGHT TIME : 開場 / 開演 23:00
DAY-NIGHT通し券 : 6,000円(2D代1,000円別)
DAY TIME前売り券 : 3,800円(1D代500円別)
DAY TIME当日券 : 4,300円(1D代500円別)
NIGHT TIME前売り券 : 3,500円(1D代500円別)
NIGHT TIME当日券 : 4,000円(1D代500円別)

【ARTIST/DAY TIME】
DJみそしるとMCごはん / でんぱ組.inc / AKARI in the TV / 荒川ケンタウロス / BiS / bonobos / CALENDERS / チーナ / ELEKIBASS / hello! / Juvenile Juvenile / 快速東京 / カツマーレー&The SOUL KITCHEN / KETTLES / 奇妙礼太郎トラベルスイング楽団 / LAGITAGIDA / LOSTAGE / 魅起法則 / MONSTER大陸 / ノンブラリ / PENPALS / Predawn / Qomolangma Tomato / STORM OF VOID / 空きっ腹に酒 / suzumoku / 少年ナイフ / TADZIO / TGMX / The Keys / The Mammals / the peggies / THE STARBEMS / Theo Berndt(SWE) / ユナイテッドモンモンサン / winnie / ワンダフルボーイズ / world's end girlfriend & BLACK HOLE CARNIVAL / ゾンビちゃん

【ARTIST/NIGHT TIME】
80KIDZ / アナ / DENIMS / キム ウリョン / UHNELLYS / Alaska Jam / BROKEN HAZE / CHABE / DE DE MOUSE / DJねむきゅん / DOACOCK / EXOSKELETONE / フレデリック / FREE THROW / GARI / HALFBY / HANDSOMEBOY TECHNIQUE / ヘルメッツ / ヒサシ the KID (THE BEACHES) / Idiot Pop(DJ Set) / 石野卓球 / JAMINLEO / 影正一貴(ClubBAGSY) / Kawanishi(JUKEBOX) / KEYTALK / キドリキドリ / KIWA KIWA DJs / 前田博章 / ミツメ / MONICA URANGLASS / NACANO / Nemotroubolter / New Action! / 西村道男 / Paraele Stripes / フクザワ×石井ナルト(Qomolangma Tomato) / rega / RF / RIDDIMATES / Sawagi / その名はスペイド / 田中宗一郎(CLUB SNOOZER) / THE WHIP(UK) / Wienners / WRENCH

>>Shimokitazawa SOUND CRUISING HP

「Shimokitazawa SOUND CRUISING」出演者の配信楽曲もチェック!

Musicityとは?

Music+City=Musicity
Musicityは、音楽と場所を繋ぎ、まったく新しい都市体験を生み出す、UK発の音楽プラットフォームです。東京版のMusicity Tokyoは2012年にスタート。日英のアーティストのオリジナル楽曲を聴くことができるリスニングポイントを、東京のさまざまな場所に設置。各場所をテーマに制作された楽曲を、都市の風景や空気の中で楽しむことができる、新しい音楽プラットフォームです。街の中の各リスニングポイントで、スマートフォンで聴いた楽曲は、後でウェブサイトからのダウンロードが可能。さまざまな楽曲が集まったライブラリーは、あなただけの「都市の音楽アルバム」になります。
>>Musicity HP

o

 
 

"powerpush"の最新アーカイヴ

丈青、ライヴ・レコーディング作品をDSD11.2MHzで配信開始
[POWERPUSH]・2016年05月10日・DSD11.2MHzの先駆者、丈青のライヴ・レコーディング作品が配信開始!! 2016年3月11日から13日まで表参道のスパイラルを会場に行われた〈HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRAL〉。現在OTOTOYで配信中のフェス内でのレコーディング作品のラインナップ(Suara×真依子、蓮沼執太、大木和音)に満を持して加わったのがSOIL&“PIMP”SESSIONSのピアニスト、丈青。 商用として世界で初めてDSD11.2MHzに挑戦し話題となった彼の前作『I See You While Playing The Piano』と同じスパイラルホールで録音されたのが『re: I See You While Playing The Piano』。前作とはほぼ異なる楽曲をたずさえた本作は、レコーディング&ミックスに奥田泰次、iFi Audio/M2TECHの協力の元、SPIRAL RECORDSよりOTOTOYにて1ヶ月先行配信開始! 彼の重厚なピアノの音色に酔いしれるとともに前作より経た2年間という歳月の軌跡を体感、そして客席とピアノの張りつめた対話をぜひ堪能ください。 丈青 / re:
by 中村 純
サニーデイ・サービス、発売20周年迎えた『東京』が完全リマスタリングでよみがえる
[POWERPUSH]・2016年05月20日・この素晴らしいアルバムを90年代から解放しよう──サニーデイ・サービス『東京』リマスター盤配信 現在に続く東京インディー・シーンの礎を築いたといっても過言ではない、いまなお輝き続けるロック・バンド、サニーデイ・サービス。彼らの作品の中でもひとしお愛され続ける『東京』が、発売から20周年を迎えた。そんなメモリアルな年を記念して、同作はオリジナルマスターテープより全曲完全リマスタリング、"2016年の『東京』"として生まれ変わった。 この作品を、その価値を、今一度見直すときがやってきたのである。現在の若きミュージシャンにも影響力を持つ『東京』の背景にあったものとは、そしていまも色褪せないその理由とは。世界中の土地、街、そこで鳴らされるグルーヴを探求するライター/エディターの大石始が、『東京』を語る。 オリジナルマスターテープより完全リマスタリングされたメモリアル盤!!サニーデイ・サービス / 東京'【Track List】01. 東京02. 恋におちたら03. 会いたかった少女04. もういいかい05. あじさい06. 青春狂走曲07. 恋色の街角08. 真赤な太陽09. いろんなことに夢中になったり飽きた
チェンバロの名器で継承するスパニッシュ・ピアノの絶技──大木和音、DSD11.2MHzライヴ録音作を配信
[POWERPUSH]・2016年05月12日・チェンバロの名器で継承するスパニッシュ・ピアノの絶技──大木和音、DSD11.2MHzライヴ録音作を配信 2016年3月11日から3月13日にかけて行われたハイレゾの祭典、〈HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRAL〉。そのなかでも最終日は、中島ノブユキ、渋谷慶一郎のトーク・ショウやピアニスト丈青の公開ライヴ・レコーディングなどが開催され、ある意味で鍵盤楽器一色に染まった1日だった。 そしてその日、ライヴ・レコーディングに臨んだもうひとりの才女が、ピアノの原型となった鍵盤楽器、チェンバロの奏者として世界で初めてDSD11.2MHzレコーディングを行った大木和音。しかも今回は、同じDSD11.2MHzレコーディングといっても、オーデイエンスを目の前に極限の緊張感をまといながらの録音。彼女の新たな挑戦ともいえるレコーディング作品をOTOTOYで独占配信します。 それにともない大木和音と本公演を企画し世界的に活躍する調律師、狩野真のふたりを迎えてインタヴューを敢行。本作ができるまでの裏側やOTOTOYではあまり馴染みのないかもしれないチェンバロの魅力を大いに語ってもらった。 大木和音 /
by JJ
Have a Nice Day! の新作を1週間先行配信開始&ネイチャー$EKIとの対談掲載!!
[POWERPUSH]・2016年05月04日・ハバナイ新作登場! そして東京アンダーグラウンドの双璧、ハバナイ浅見北斗とNDG $EKIが語るシーンの"これからと未来" 2015年11月、クラウド・ファンディングにより『Dystopia Romance』のフリー・リリース・パーティーを恵比寿リキッドルームで成功させたHave a Nice Day! (以下、ハバナイ)。そしてその模様をとらえた『Dystopia Romance release party@LIQUIDROOM』や、アンセム集ベスト『Anthem for Living Dead Floor』など、彼らは昨年末から今年にかけて立て続けに作品を送り出してきた。 その飛ぶ鳥を落とす勢いのハバナイが新作『Dystopia Romance 2.0』をリリース。新たなアンセムと呼ぶにふさわしい「ファウスト」やとびっきりラヴリーな「LOVE SUPREME」、さらにworld's end girlfriendとコラボを果たした「NEW ROMANCE」など全6曲が収録されている。 そんな本作をOTOTOYでは1週間先行配信を開始!! それにともないハバナイ浅見北斗、同じ東京アンダーグラウンド・シーンで
by JJ
2016年、最大の問題作にして大名盤!!ーLess Than TV主宰、FUCKERこと谷ぐち順、衝撃の1stソロ・アルバム・リリース!!
[POWERPUSH]・2016年04月22日・2016年、最大の問題作にして大名盤! ! Less Than TV主宰、FUCKERこと谷ぐち順、衝撃の1stソロ・アルバム・リリース! ! 君はカスか? もし君がカスで、FUCKERを聴いたことがないのなら、今すぐにでも聴くべきだ。 20数年に渡り、日本のアンダーグラウンド・シーンを切り拓き続けてきているレーベル、Less Than TV。そのレーベル・オーナーとして、数々の素晴らしいバンドたちを送り出してきただけではなく、自らもU.G MANやGOD’S GUTS、we are the world、younGSounds、idea of a joke等のバンドで活躍してきた男、谷ぐち順。諸事情により、フォーク・シンガー"FUCKER"となって数年、自らの私生活をさらけ出しながら、日々の喜怒哀楽を時にファニーに、時にシリアスに、そしてハードコア・パンクスとしてのラディカルさと、ポリティカルなメッセージを込めて歌う姿は、唯一無二以外の何者でも無い。 そんな男が産み出した渾身のソロ・1stアルバムは、伊豆にて録音が行われ、エンジニアとしてAxSxE(NATSUMEN)が参加。むき出しの魂が隅から隅にまで
でんぱ組.inc、待望のニュー・アルバムをハイレゾ配信!
[POWERPUSH]・2016年04月27日・新しい冒険への果敢な挑戦ーーでんぱ組.inc、待望のニュー・アルバムをハイレゾ配信 でんぱ組.incが前作からおよそ1年ぶりのアルバムをリリース。ゆず北川悠仁 × ヒャダインによる「おつかれサマー!」や、漫画家・浅野いにお作詞「あした地球がこなごなになっても」、配信シングルに加え、もちろん新曲も収録された全15曲は、アルバム・タイトルどおり「GOGO」な内容に! どの曲も音がとても緻密なので、ハイレゾでお聴きいただくのがオススメです! でんぱ組.inc / GOGO DEMPA'【配信形態】(左)(24bit/48kHz) WAV / ALAC / FLAC / AAC(右)(16bit/44.1kHz) WAV / ALAC / FLAC / AAC【配信価格】(税込) (左)単曲 324円 / まとめ価格 3,240円(右)単曲 257円 / まとめ価格 2,057円【Track List】 ''01. GOGO DEMPA / 02. 破! to the Future / 03. ファンファーレは僕らのために / 04. 惑星★聖歌 〜Planet Anthem〜 / 05. STAR☆ットしちゃうぜ
エゴラッピン、20周年の軌道を収めたベスト盤をリリース
[POWERPUSH]・2016年04月23日・ルーディ、エレガント、そしてスウィング──エゴラッピン20年目のベスト&カヴァー・アルバム 圧倒的な歌声を持った中納良恵と唯一無二のソング・ライターであり、ギタリストでもある森雅樹によるユニット、エゴラッピン。1996年結成、1990年代後半には大阪から音楽シーンへと颯爽と現れ、今年は記念すべき、活動20年目の節目となる。そんな20周年を迎える今年は全国ツアー「EGO-WRAPPIN' live tour "ROUTE 20 HIT THE ROAD"」や、その集大成ともいえる11月27日(日)の日本武道館公演が決まっている。さて、そんな節目の年に、まずはここにCD3枚組分のベスト盤『ROUTE 20 HIT THE ROAD』がリリースされた。2枚分の内容はいわゆるベスト盤、そして残り1枚分には、デヴィッド・ボウイやカーティス・メイフィールドから、彼らの真骨頂とも言える昭和歌謡、そして“たま”のあの曲まで手がけた、色彩豊かなカヴァー集を併録している。こちらは彼らの音楽的ルーツを反映させたものだとか。彼らのそのセンスを存分に味わうことのできる作品となっている。 EGO-WRAPPIN’ / ROUTE 20
【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――【第10回】M2TECH「JOPLIN MK2」
[POWERPUSH]・2016年04月21日・高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――ハイレゾ/PCオーディオ研究室――【第10回】M2TECH「JOPLIN MKII」 近年、アナログ・レコードの復権という話題がメディアを賑わせるようになった。日本レコード協会によれば、2015年の日本国内のアナログ・レコードの売り上げは前年比165%に増加したという。アメリカやヨーロッパでも同じような増加傾向にあるという。 僕自身、一時期はCDでは手に入らない古い音源を中古レコードで探すだけになっていたのが、最近はまた新譜をアナログ・レコードで買うことが多くなった。すると、アナログ・オーディオ機器への興味も再燃し、レコード・プレイヤーやフォノ・イコライザーをあらたに買ったりもしている。 デジタル・ファイルによる音楽配信ビジネスに関わっている僕が、アナログ・レコードのファンであるというのは矛盾しているように見えるかもしれない。が、16bit/44.1kHzというCDの規格に疑問を抱いたそもそものきっかけは、アナログ・レコードのサウンドの方が良いと思える作品が少なくなかったからだ。 16bit/44.1kHzのPCMもよりも良い音を求めて、ハイレゾのデジタル・ファイルへ