シンガー・ソングライターと電子音楽家のデュオLuis Nanookの新作がリリース

シンガー・ソングライター佐立努と、“Chihei Hatakeyama”として世界的に注目を集める電子音楽家、畠山地平による2人組ユニットLuis Nanook。アコースティックでオーガニックな世界観が好評を博した1stアルバム『Place』から2年。佐立の歌を軸に、高揚感をもたらすエレクトロニック・サウンドが前作よりも強調され、洗練された2ndアルバム『丘の上のロメロ』がリリース。今回はその2ndアルバム『丘の上のロメロ』から「Romero」をフリー・ダウンロードでお届け致します。

>>>「Romero」のフリー・ダウンロードはこちらから

海外の音楽的要素をも消化し、スケール・アップした2ndアルバム

Luis Nanook / 丘の上のロメロ

ほぼ全曲に渡って、千葉広樹(ベース)と服部正嗣(ドラムス)のリズム隊が参加し、ゲスト・ミュージシャンとしてオルタナ・ポップの歌姫ツジコノリコ、trico!やsmall colorとしても知られる良原リエ、MAS等で活動するトランペッター外間正巳が参加した楽曲を含む全10曲収録。

【価格】
mp3 単曲150円 / アルバム1500円
WAV 単曲200円 / アルバム1700円

1stアルバムも絶賛配信中


Luis Nanook / Place

【Track List】
01. Six sounds for introduction / 02. A brand new day / 03. Kanui / 04. A illusory station / 05. Seeds / 06. Flowers / 07. Sun / 08. Luis / 09. Out of field / 10. L

アコースティック・ギターの響きに、エレクトロニックなサウンドとハスキーな歌声が加わったLuis Nanookによる最新型フォーク・サウンド。

古い音楽が持っていた感触を再構築する

Luis Nanook、この少し変わっているがなにか口に出したくなるような名前のユニットは、シンガー・ソングライターの佐立努、アンビエントやドローンのソロ作品を発表し、opitopeとしても活動している電子音楽家の畠山地平のデュオである。Luis Nanookのサウンドの基軸は、この2人のサウンドを混ぜ合わせることで出来ている。佐立のアコースティック・ギターのアルペジオと歌があり、畠山の出すエレクトロニカやアンビエント系統の浮遊感のある電子音が全体を包み込む。単に同居しているだけではなく、佐立の肩の力が抜けた少年のような声質は、電子音の質感とよくなじみ、ひとつの音像を作り出す。アシッド・フォークという、ギターの演奏や歌声の響き自体にどこかサイケデリックな感触があり、遠くに連れて行かれるような気分になる音楽性が特徴のジャンルがあるが、彼らの音楽はその現代版なのだろう。電子音によってギターと歌の音としての響きを際立たせることによって、アシッド・フォークの系譜にある音楽をアップデートしているのだ。

ファースト・アルバム『Place』ではゆったりしたテンポで音響を意識させ、こうしたサウンドをたっぷり聞かせてくれた。しかし、今作のセカンド・アルバム『丘の上のロメロ』はよりリズムを重視した楽曲が並ぶ。ドラムにスガダイローtrioにも参加している服部正嗣、ベースに服部と組んで活動し、近いところではmmmの『ほーひ』にも参加していた千葉広樹が全編に渡ってリズム隊を担当しているのだ。このジャズ出身の2人のリズム隊によって、Luis NanookのサウンドはGaster Del SolやMice Paradeなどのポスト・ロックに接近した。また、アイリッシュ・トラッドの要素を取り入れたり1曲目「Romero」に顕著なように、BeirutやDirty Projectorsなどの近年のUSインディー・ロックに感じられるようなワールド・ミュージックの消化の仕方を楽曲の端々に感じる。そして、そのことによってアシッド・フォーク的な内にこもるようなサウンドから、自分を取り巻く世界を描くようなサウンドにスケール・アップし、電子音を中心とした楽曲でもより広がりのある音使いがされている。

『丘の上のロメロ』で聞ける、Gaster Del Solなどのポスト・ロック、ワールド・ミュージックの要素を持ったUSインディー・ロックは、ともに現在のように産業化されきる前の音楽を、クラブ・ミュージックやエレクトロニカなどが当然になった時代に再解釈するという点で共通している。Luis Nanookが今作で聞かせてくれるサウンドも、そうした古い音楽が持っていた感触を日本において再構成するということを試みているのだろう。(text by 滝沢時朗)

RECOMMEND

Bon Iver / Bon Iver

2008年発表した奇跡のデビュー・アルバムで、その神秘的な歌声と幻想的な世界観に世界が絶賛。音楽メディア、批評家、アーティストから絶大な指示を得るシンガー・ソングライター=ジャスティン・ヴァーノンこと、ボン・イヴェールが日本デビュー。今年最も注目を集めているアーティストである。

nemlino / 100oracion

邦楽インディー・ロック~ポスト・ロック界期待の大型新人、nemlinoのデビュー・アルバムがkilk recordsより登場。奇跡のソングライティングとも言える至極の楽曲群。Sigur RosやMewなどにも通じる、普遍的で美しいバンド・サウンド。

>>>namlinoの特集はこちら

AZURE BLUE / RULE OF THIRDS

「スウェーデンのインディーズ版グラミー賞」とも呼ばれる「マニフェスト賞」で見事"ベストポップ2012"を受賞。ニュー・オーダー、ザ・キュアー、デペッシュ・モード、ゴー・ビトウィーンズを彷彿とさせる名盤ポップ・アルバムが遂に日本で発売。ズール・ブルーはスウェディッシュ・ポップ・シーンにおいて才能が際立つソングライター、トビアス・イサクソンによる新しいプロジェクト。

PROFILE

Luis Nanook
弾き語りのブルース・スタイルで各地でライヴ活動を続けていたシンガー・ソングライター佐立努は、2005年『凧の平地』(Airplane label)をリリース。現在は都内を中心にソロ・ライヴ活動を展開している。一方、畠山地平はミニマル・ドローンな音楽を基調にラップ・トップとエレキギターによるライヴ・リリースを展開。伊達伯欣とのユニット「opitope」としても知られる。2006年『minima moralia』(kranky(米))を皮切りにroom40(豪)、HomeNormal(英)、OwnRecords等各国のレーベルからリリースがある。2005年に2人は出会い、意気投合してLuis Nanookを開始する。空気を一変させるような存在感を放つ佐立の歌声と、ディープでアトモスフィリックな電子音を操る畠山のエレクトロニック・アンビエンスが混ざり合い、まったく新しいタイプのサイケデリック・フォーク・サウンドを奏でる。2010年にFlyrec.よりファースト・アルバム『Place』リリース。

>>Luis Nanook official HP
>>丘の上のロメロ 特設HP

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】生活を彩る音楽隊、フィクションに誘い込むトイ・ポップ──Ribet towns『フラッシュフィクション』
[CLOSEUP]・2017年10月11日・フィクションに誘い込むトイ・ポップ──生活を彩る音楽隊・Ribet townsの『フラッシュフィクション』 渋谷系や北欧音楽への憧憬を、京都という街から鳴らす12人組ポップ・バンド、Ribet towns。今年2月にファースト・ミニ・アルバム『ショートショート』を発売したばかりの彼らが、配信限定となるEP作品『フラッシュフィクション」をリリース。前作に収録されていた「メトロ」「ショートシネマ」のリアレンジと新曲2曲の全4曲を収録した今作を、OTOTOYでは発売日に先駆け、先日より配信スタート。ハイレゾでの配信もOTOTOYのみということで、これから要注目となるであろう彼らのサウンドをぜひ良い音で楽しんでいただくとともに、レヴューを掲載。カラフルなフィクションの世界へどうぞ。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!Ribet towns / フラッシュフィクション'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 185円(税込) / アルバム 750円(税込)【収録曲】01. ベッドタウン02. ショートシネマ03. caravan04.
by 中の人
原稿ライオット2017結果発表!!ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年10月12日・原稿ライオット2017結果発表ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』をリリース。ディスコ〜ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信スタート!! そして、本作のレビュー記事を募集する原稿の登竜門コンテスト「原稿ライオット2017」の結果を発表する!! 審査委員長は、南波一海!! ライターを目指している人はもちろん、CUBERSを世に広めたい人、プロのライターまで、数多くの応募作の中から選ばれたグランプリのレビューをお楽しみください。 2nd EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / マゼンタ【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 1,500円(税込
峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZ3ヶ月連続リリースを読み解く!
[CLOSEUP]・2017年10月12日・青春に別れを告げた峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZの3ヶ月連続リリースを読み解く! 日本武道館での公演を目前に控えたバンド活動はもちろん、連続テレビ小説「ひよっこ」への出演などで、お茶の間の幅広い世代にもその存在感を示した銀杏BOYZ・峯田和伸。そんな銀杏BOYZが「恋とロック」をテーマとして3ヶ月連続で「エンジェルベイビー」「骨」「恋は永遠」というシングルをリリースした。今回の3ヶ月連続リリース第1弾の「エンジェルベイビー」で〈ロックンロールは世界を変えて〉と叫んだ銀杏BOYZ、そして峯田和伸は、きっとこれからもぼくらの世界を変え続けてくれるはず! あなたの世界を変えるかもしれない3作品を、「岡村詩野音楽ライター講座」講座生によるクロス・レヴューとともにお届けします。 3ヶ月連続リリース、3部作配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】それぞれ 単曲 200円 / まとめ購入 400円 REVIEW : 銀杏BOYZ「エンジェルベイビー」「骨」「恋は永遠」 峯田和伸の、変わらないピュアネス(額田大志)ノイジーなバンド・サウンドの上
『23区』以降のメロウ・グルーヴ──bonobos、ニュー・シングルをリリース
・2017年10月13日・【REVIEW】『23区』以降のメロウ・グルーヴ──bonobos、ニュー・シングルをリリース メンバーの大幅な更新を経て昨年リリースされたアルバム『23区』で、その表現をネオ・ソウル〜R&Bのグルーヴへとシフトさせたbonobos。その長いキャリアのなかで大きな転換となったアルバムから1年、ここに新たなシングル『FOLK CITY FOLK .ep』を発表した。先行ですでにリリースされている、彼らの代表曲「THANK YOU FOR THE MUSIC」のリアレンジ・ヴァージョンも含む6曲は、まさに彼らの『23区』以降の現在の勢いを感じさせるものだ。端的にいえば『23区』でバンドが獲得した表現をさらに一歩推し進めた作品となっている。OTOTOYでは本作を、DSD、そしてハイレゾ版にて配信中。そしてレヴューにてその内容を紹介します。 bonobos / FOLK CITY FOLK .ep'【配信形態 / 価格】'【左パッケージ】DSD(5.6MHz) + MP3データ付きシングルまとめ購入のみ 1,800円(税込)【右パッケージ】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALACAAC単曲購入 3
聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』をハイレゾ配信!! 南波一海によるレビュー掲載
[REVIEW]・2017年10月04日・南波一海によるレビュー掲載ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』をリリース。ディスコ〜ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信スタート!! 南波一海のレビューを掲載する。さらに本作のレビュー記事を募集する原稿の登竜門コンテスト「原稿ライオット2017」も引き続き絶賛開催中!! 審査委員長は、南波一海!! ライターを目指している人はもちろん、CUBERSを世に広めたい人、プロのライターまで、応募は自由。本作を隅から隅まで味わいつくそう!! 2nd EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / マゼンタ【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 1,500円
【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の1stソロをハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年10月04日・【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の鮮明な登場──1stソロをハイレゾ配信開始 2枚のアルバムをリリースし、2015年に突如解散をした“森は生きている”の岡田拓郎が、2017年10月4日、ソロ名義“Okada Takuro”としてのデビュー・アルバム 『ノスタルジア』をリリースする。マルチ楽器奏者であり、作曲家であり、更に“森は生きている”ではミキシングやジャケット写真までも手がけた、いわば芸術的創造力の塊ともいえる、岡田拓郎。そんな彼のデヴュー・アルバムは、ボブ・ディランからボン・イヴェールなど数々の名作を手掛けたグラミー賞ノミネート経験もあるエンジニア、グレッグ・カルビがマスタリングを担当。さらに、増村和彦(ex. 森は生きている)、谷口雄(ex. 森は生きてい る)、大久保淳也(ex. 森は生きている)の他に、西田修大(吉田ヨウヘイgroup)、三船雅也(ROTH BART BARON)、水谷貴次(peno 他)、優河、石若駿など彼と繋がりのある様々なアーティストも参加。多様な楽器が紡ぐ音、静かに漂う歌声がすっと心に沁み込む傑作『ノスタ
by ai
【REVIEW】大野雄二トリオ、5年ぶりのジャズ・アルバムをハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年09月27日・ジャズ・ピアノの奥深さにハマる秋! 大野雄二トリオ、5年ぶりのジャズ・アルバムをハイレゾ配信 2017年は大野雄二特別活動年といっても過言ではないでしょう。今年に入ってなんと3作目となる作品は、5年ぶりとなるトリオ名義でのジャズ・アルバム! 現編成のトリオでのリリースは初でもある。スタンダード・ジャズナンバーから、もちろんルパンの曲まで12曲収録。これから深まる秋の夜長にハイレゾ音質でじっくり耳を傾けてはいかがでしょうか。 YUJI OHNO TRIO / LET'S FALL IN JAZZ'【Track List】01. LET’S FALL IN JAZZ feat.Lyn02. SWEET SUE, JUST YOU03. MISTY TWILIGHT04. LET’S FALL IN LOVE05. LOVE SQUALL06. LET’S FALL IN JAZZ -interlude-07. MY ONE AND ONLY LOVE08. LET’S FACE THE MUSIC AND DANCE09. A FOGGY DAY10. LOVE THEME11. THEME FROM LUPI
【REVIEW】最高傑作の呼び声高い、ホラーズの新作をハイレゾ配信
・2017年09月26日・【REVIEW】バンドの実験性の歴史を内包、そして新たなる質感も備えたホラーズの新作──ハイレゾ配信 リリースから約1週間、UKの『The Gardian』誌では満点のレヴューが掲載されるなど、すでに海外メディアでは大きな話題となっているザ・ホラーズの5thアルバム『V』。作品ごとにさまざまな方向性へと、その音楽性を変え、その登場以来、高い評価を受けてきたUKのバンド。デビューから10周年目の作品となる『V』ではこれまで挑戦してきたさまざまな音楽性を内包し、さらなる新たな一歩へと進み、バンドのポテンシャルそのものがさらに一段高い位置にあることを知らしめた、そんな作品となっている。OTOTOYではハイレゾ配信と、若干お得な、CDと同等音質のデータにて配信中(1500円!)。 ハイレゾ版&お得なCDと同様音質のWAV / FLAC / ALAC版を配信中The Horrors / V'【左パッケージ : ハイレゾ版】'【右パッケージ : CD音質版】'【Track List】01. Hologram02. Press Enter To Exit03. Machine04. Ghost05. Point Of N
by 尾野 泰幸
筆者について
滝沢 時朗 (滝沢 時朗)

1982年東京生まれ。twitter ID:@sarigenaginger

同じ筆者による他の記事