Riow Araiのその表現の中心ともいえる「ビート」を最大限に生かしてまとめあげたギミックなしのストレートな作品。トータル11枚目のアルバムとなる『FREEDOWNBEAT』は初のビート・ソロ・アルバムだ。Riow Araiが立ち上げたセルフ・レーベルrarより第2弾のソロ・アルバムをリリース。

Riow Arai / FREEDOWNBEAT

【販売価格】
mp3 : 単曲 150円 / アルバム 1,500円
wav : 単曲 200円 / アルバム 1,500円

【TRACK LIST】
01. 86 / 02. 90 / 03. 94 / 04. 96 / 05. 99 / 06. 101 / 07. 105 / 08. 111 / 09. 120 / 10. 126 / 11. 56 / 12. SH-101 : A Space Odyssey

アルバム購入者には、40分を越えるボーナス・トラック「SH-101 : A Space Odyssey」が付いてきます!

驚愕の全編ビート・ソロとなった『FREEDOWNBEAT』を解剖する

1990年代から活動し、特徴的な太いビートを聞かせ続けるトラックメイカーRiow Arai。彼の11枚目のソロ・アルバムは『FREEDOWNBEAT』というなんとも含みのあるタイトルだ。そして、そこに詰まっているサウンドも一筋縄ではいかない。

FREEDOWNBEAT』は、まず、SP1200やASR-10というヒップホップでは定番のサンプラーで作られたほぼブレイクビーツのみのアルバムだ。ある程度のビートを繰り返した後、リズムパターンとキックやスネアの音色が変化し、新しいビートへと絶えず変化しながら次々と展開していく。基本的にはこれだけで曲が構成され、長い曲では8分以上ある。タイトルも「86」など全て数字で、BPMを表しているという。このアルバムはタイトルにFREEと入っている通り、聴いてすぐに言葉にできるような意味性や物語性を含んでいない。また、『FREED-OWNBEAT』と区切ると「解放された独自のビート」という意味にもなるという。つまり、本作のビートは何かのために鳴っているわけではないのだ。

まず、『FREEDOWNBEAT』はトラックメイカーとしてのスキルを示すためではないだろう。ヒップホップでは、MCバトルやサンプリング・スポーツなどしばしば音楽をスキルを競い合うゲームにすることがある。『FREEDOWNBEAT』はBPMをタイトルにするあたりそう受け取れそうであるし、Riow Araiのスキルなくしてはできないアルバムだ。だが、彼はバトルDJでもないし、今までの作品を振り返るとそうは考えにくい。次に踊らせるための音楽ではないだろう。もちろん、踊ることは可能だが、ダンス・ミュージックにしては展開が多いし、盛り上がるようなネタが入っているわけでもない。しかし、リスニングのための音楽というわけでもない。Riow Araiが次々に繰り出すビートの音色や質感は確かに聴き応えがあるが、エレクトロカのように音響をメインになにかを表現していると言うにも違和感がある。このように『FREEDOWNBEAT』のサウンドは定型的な楽しみからからは巧妙に距離をとっているように聞こえるのだ。

しかし、これは本作がどこにも満たないような作品であるという意味ではないし、バトルブレイクスのような音の素材であるという意味でもない。『FREEDOWNBEAT』では、前述のような自由なビートによって、サンプリングされた“単なる”音が、ひとつの音楽へと昇華されるという工程自体をむき出しにされているのだ。それは現代社会や個人の内面を写し取ったような表現ではない。そこに、ある音楽があり、そこから音がサンプリングされ、誰かの手によって再構成されてまた音楽になる、という一連の運動自体がなぜかとてもおもしろく、心をざわつかせるという事実だけがあるのだ。現代の音楽シーンは、フリーダウンロードを媒介にして無限に増殖するサンプリング・ミュージックによって形作られているが、そんな中でサンプリングの原初性そのもののような本作は異彩を放っている。サンプリング・ミュージックがあふれる環境に慣れた今のリスナーの身に、この『FREEDOWNBEAT』は突き刺さるだろう。(text by 滝沢時朗)

Riow Araiのレーベル「rar」の作品を配信開始!

アルバム購入者には、40分を越えるボーナス・トラック「SH-101 : A Space Odyssey」が付いてきます!

RECOMMEND

Riow Arai / after the damage

今作は未発売音源の中からRiow Arai自らが2011年"311"以後をテーマにセレクトしたアルバム。震災のチャリティ・アルバムでもなければ、いわゆるお蔵入り音源を単に集めた編集盤でもない。Riow Arai自身が"311"以降に感じた心境、それを言葉ではなく、あくまで音楽として、これまでのストックの中から選びコンパイルしたある種のサウンドトラック・アルバムだ。

>>>Riow Araiの特集はこちら

SONETORIOUS AKA DJ HIGHSCHOOL / BEDTIME BEATS ONLINE

DJ HIGHSCHOOL aka SONETORIOUSによるローファイ・ヒップホップをテーマにしたビート集『Bedtime Beats』シリーズ全3作から、全9曲を選んだDISCOGRAPHY盤に、ボーナスで未発表の新曲を1曲プラスした全10曲。ソウルからインディーロックまでと様々な音楽より採取されたサンプルを独自の手腕で紡ぎ合わせ調理。

%C / PCT.PEPPER'S LONELY BEATS CLUB BAND

勢いが止まらない!! 今、一番レーベルとして機能している日本語ラップ・レーベルと言っても過言ではない巷で噂ののニューリリースは、ほとんど作品の楽曲を手がける%c(パーシー)のプロデュース・アルバム。待望のHOOLIGANZ、HAIIRO DE ROSSIの新曲も収録。

PROFILE

Riow Arai

トラックメイカー / プロデューサー。アルバム『Again』('96)でデビュー。『Beat Bracelet』('01)や『Rough Machine』('04)等の作品でトレードマークと言える骨太なブレイクビーツと神業の如きエディット・スタイルを確立する。2003年には『Mind Edit』がUKのLeafよりライセンス・リリースされ、海外でも注目を集める。多数のコンピレーションへの参加やコラボレーション、リミックス等を手掛ける他、sonarsound tokyoやLOW END THEORY JAPAN等、幾多のイベントに出演。2011年、セルフ・レーベル『rar(アールエーアール)』を立ち上げ、 配信限定によるリイシュー・アルバム『bitter beats 2011』のリリースを経て、10枚目のソロ・アルバム『graphic graffiti』をリリース。2012年春、1枚のCDにMP3を300曲収録した『MP300』をオンライン・ストア限定でリリース。

>>>official HP

o

 
 

レヴュー

ブラック・ミュージックとJ-POPの融合ーーCUBERS『マゼンタ』を読み解くアルバム10作品
[REVIEW]・2017年09月21日・ブラック・ミュージックとJ-POPの融合ーーCUBERS『マゼンタ』を読み解くアルバム10作品 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』を2017年10月4日にリリースする。ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。リリースを前に、OTOTOYでは根っからのブラック・ミュージック好きの若者(21歳)に本作を聴いてもらい、ルーツとなる作品を選出してもらった。ここで紹介されている作品を聴いて、『マゼンタ』のリリースへの期待を高めてみてはいかがだろう。 2017年10月4日、2nd EPが発売決定!!CUBERS / マゼンタ'【収録曲】1. 君に願いを2. カラフルにしよう3. PINK4. いつか忘れられるさ5. 今日はどんな日だった?6. ボクラチューン!!BT.TOKYO HERO※OTOTOYでも配信予定!!''' CUBERS『マゼンタ』を聴くための、OTOT
by marvinkei
《12ヶ月連続配信企画、第7弾》──goodtimes、
[CLOSEUP]・2017年09月20日・【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画、第7弾》──goodtimes、彼らなりの優しい応援歌配信 突如、アーティスト写真もなく素性も知れない2人組ギター・ロック・バンドが現れた。彼らの名前は「goodtimes(グッドタイムス)」。まだほとんど情報がないにも関わらず、2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行うことになった。そんな思い切った企画をスタートさせた彼らによる第7弾音源「確かに」を配信、レヴューを掲載する。 goodtimes12ヶ月連続配信、第7弾goodtimes / 確かに'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】250円【収録曲】''1. 確かに REVIEW : 紆余曲折を経た私たちのことを、まるっと肯定してくれる音楽 第7弾配信曲「確かに」。この曲は一見楽観、客観的でありながらも親身で、優しいgoodtimesなりの応援歌である。彼らは、人と自分の人生を比べて否定するな、なんてことは言わない。人とぶつかり、劣等感に苛まれながら紆余曲折を経た私たちのことを、まるっと肯定してくれる。朝陽(Vo.)の紡ぐ歌詞は、幸せを手に
【REVIEW】11名の“俯瞰派”たちはどう読み取った?──3776『公開実験《LINK MIX》』ハイレゾ配信!
[REVIEW]・2017年09月15日・11名の“俯瞰派”たちはどう読み取った?──3776『公開実験《LINK MIX》』ハイレゾ配信! 静岡側からだけではなく、山梨側からのアプローチも加わり「リンクアイドル」として活動する富士山ご当地アイドル・3776が『公開実験《LINK MIX》』をリリース。今作は6月にリリースされた『公開実験《山梨版》』、『公開実験《静岡版》』を直枝政広(カーネーション)、掟ポルシェ(ロマンポルシェ。)ら11名がミックスを加えた音源なのですが、そもそも《山梨版》とか《静岡版》とか《LINK MIX》ってなんだ? ってなっている方も大丈夫! こちらのレヴューを読んでいただければこの音源の面白さが伝わるはずです! OTOTOYでは24bit/96kHzのハイレゾ音源、限定ボーナス・トラック付きにて好評配信中ですので、まだの方はこのレヴューを読んですぐ音源のチェックを! 《MONO x MONO》のMIXはOTOTOYのみ!!3776 / 公開実験《LINK MIX》'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC【配信価格】 単曲 162円(税込) / アルバム 1,890円(税込)【収録曲
by 純三
アドリブで楽曲を作り上げ臨場感あふれる作品──奇妙礼太郎メジャー1stアルバム、ハイレゾ配信中
[CLOSEUP]・2017年09月19日・アドリブで楽曲を作り上げた臨場感あふれる作品──奇妙礼太郎メジャー1stアルバム、ハイレゾ配信中! 奇妙礼太郎が、メジャー1stフル・アルバム『YOU ARE SEXY』をワーナーミュージック・ジャパン内レーベル、unBORDEよりリリース。奇妙礼太郎トラベルスイング楽団やアニメ―ションズ、さらにはSundayカミデとテシマコージとの3ピース・パンド・天才バンドなど多岐に渡り活動してきた奇妙が中込陽大(gomes)とふたりで作り上げた全20曲。奇妙礼太郎のいまが詰め込まれた本作をハイレゾでお楽しみください。 奇妙礼太郎、待望のメジャー1stフル・アルバムをハイレゾ配信奇妙礼太郎 / YOU ARE SEXY【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】まとめのみ 3,550円(税込) 【収録曲】''1. Woman2. 眠り時計と王の月3. 春だったのかな4. 君はセクシー5. 骨に雨6. 白鳥のおもちゃ7. 19728. NEWTON9. くま10. Nobody knows11. 欲望のしるし12. 泥の月13. ボタンホール14. よっぱ
新体制のSiAM&POPTUNe、2年ぶりのシングルをOTOTOY先行&独占ハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2017年09月08日・新体制のSiAM&POPTUNe、2年ぶりとなるシングルをOTOTOY先行&独占ハイレゾ配信開始 7人組アイドル・グループのSiAM&POPTUNeが2年ぶりのシングル『Bring me!!』をリリース、OTOTOYでは9月13日のリリースに先駆けて先行&独占ハイレゾで配信開始。 今春に新メンバー3人が加入した新体制での初リリースでもある今作。表題曲の『Bring me!!』は作詞に児玉雨子、作曲をmiifuuが担当した爽やかポップな1曲に仕上がっている。 メンバーは「リリース期間中(2017年9月17日まで)に10000枚のフライヤーを配布する」という目標を掲げて活動中。各メンバーから今作への思いをコメントしていただきました。 SiAM&POPTUNe / Bring me!!'【配信形態】32bit float/44.1kHz WAV (ALACは32bit整数形式に変換され、AACはbit深度が24bitに変更されます。)【価格】単曲 216円(税込) アルバム 540円(税込)【Track List】''01. Bring me!!02. ル ル ル03. よくばりシンデレラ メンバー全員から
【REVIEW】秘密のミーニーズ初のフル・アルバムを配信開始──昇華という名の“サイケ・フォークな変革”
[CLOSEUP]・2017年09月06日・秘密のミーニーズがみせた、昇華という名の“サイケ・フォークな変革”──初のフル・アルバムを配信開始 2010年代に突如現れたサイケ・フォーク・ロック・バンド、秘密のミーニーズ。男女混声のコーラス・アンサンブルを軸とし、時にはフォーキーに、時にはサイケデリックに煌めく独自のサウンドは、瞬く間に人々を虜にし、2014年〈FUJI ROCK FESTIVAL〉の新人アーティスト登竜門ともいえる《ROOKIE A GO-GOステージ》 への出演も果たした。それから約3年の月日が流れた2017年9月6日。バンド初のフル・アルバムとなる『イッツ・ノー・シークレット』がリリースされる。ドラムの脱退、新メンバーの加入、ベース兼ヴォーカルを担当していた淡路がヴォーカル専任になるなど、様々な変革を遂げた彼ら。その3年間の結晶となった今作は、情緒溢れる甘く気だるげな楽曲やバンド初のインストゥルメンタル楽曲、ギターによる間奏曲など、前作までの“ザ・西海岸”なサウンドの予想を上回る変化球が詰まった作品となった。OTOTOYでは今作を1週間の先行配信でお届け。さらにOTOTOY限定ボーナストラックをつけて配信します。秘密のミーニーズ
by ai
可憐で生命力にあふれた楽曲の中で出会った感動──(K)NoW_NAME人気アニメOP&ED配信開始
[CLOSEUP]・2017年09月06日・可憐で生命力にあふれた楽曲の中で出会った感動──(K)NoW_NAME人気アニメOP&ED配信開始 『花咲くいろは』『SHIROBAKO』に続く、P.A.WORKSのお仕事シリーズ第3弾として放送前から期待値が高かった『サクラクエスト』。本作の音楽プロデュースを担当したのは、クリエイティヴ・ユニット、(K)NoW_NAMEだった。1クール目の楽曲の人気が冷めやらぬ中、待望の2クール目のOPとEDの配信開始! 彼らの音楽を紐解いてゆくため、OTOTOYでは本作のレヴューを掲載する。 更なる飛躍が期待される、2クールOP(K)NoW_NAME / TVアニメ「サクラクエスト」第2クール オープニング・テーマ「Lupinus」'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC単曲 400円(税込) / まとめ 1,920円(税込) 【収録曲】''1. Lupinus2. Red Clover3. Alstroemeria_white4. Lupinus(Instrumental)5. Red Clover(Instrumental)6. Alstroemeria(Instrumen
by 宮尾茉実
【REVIEW】時代の移り変わりを表現する『PORTRAITS』──Rie fuが導き出した流行への回答
[CLOSEUP]・2017年09月06日・時代の移り変わりを表現する『PORTRAITS』──Rie fuが導き出した流行への回答 1985年、東京生まれ。7歳から10歳までをアメリカ東海岸メリーランド州で過ごし、イギリスの大学ではファイン・アートを専攻。シンガポールでも暮らした経験があり、海外的視点を欠かさないRie fu。画家としても活動している彼女からコンセプチュアルなニュー・アルバムが到着。1970年代のカーペンターズやカントリー・ミュージックを自然に通過してきた彼女が、音楽とアートを融合させたプログレッシヴなポップ・アルバムを制作。感度の高い彼女ならではの強いメッセージ性は、現代にはびこる“インスタ映え”や、社会全体への1つの回答であると考えられる。海外生活を経て、海外から見た日本、そして言葉の美しさを再認識した彼女のニュー・アルバムをOTOTOYではハイレゾ配信のスタートとともにレヴューをお届けする。 音楽とアート、2つの視点で表現するニュー・アルバムが配信リリース! Rie fu / PORTRAITS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】 単曲 270円(
by 中の人
筆者について
滝沢 時朗 (滝沢 時朗)

1982年東京生まれ。twitter ID:@sarigenaginger

同じ筆者による他の記事