mama!milk新作&ライヴ音源配信開始!

mama!milkの7枚目となるアルバム『Nude』は、これまでになく臨場感に富み、時にはその真に迫るような音に背筋が伸びてしまうような作品だ。清水恒輔のコントラバスが軋んで音の骨格を作り、生駒祐子のアコーディオンが鳴って空間を染め上げていく様がよくわかる。しかし、本作は演奏に勢いがあるから、残しておこうというような作品ではない。東京のギャラリー「LIFT」での公開リハーサル+レコーディングという録音方法からもわかるが、今までの作品で培ったレコーディングのノウハウを駆使し、そうした感覚をアルバムに込めようという明確な意思をもって作られている作品なのだ。静かさの中にある豊かさを音で表していたような前作から、mama!milkの2人がなぜ、どのようにして今作を作ったのだろうか。インタビューに答えてもらった。

インタビュー&文 : 滝沢時朗


しなやかで美しくそして強靭なmama!milk新作『Nude』がOTOTOYで配信開始!!

mama!milk / Nude

今この日本で音楽を奏でている事、mama!milkがその時感じたものが、この作品を作り上げた。その中で人間のしなやかな強さを感じたと生駒が語るように、剥き出しで強靭で美しい、そんな傑作アルバムが、配信開始します。

【Track List】
01. monologue / 02. kujaku viridis / 03. Nude / 04. nuance of 12℃ / 05. Nude var.1
06. rosa damascena / 07. an ode in march / 08. apres fermentation / 09. duologue
10. kujaku albus / 11. Nude var.2 / 12. the moon on the mist / 13. sometime sweet +
14. sones / 15. Nude var.3 / 16. flowers


mama!milkのライヴ音源を独占DSD音源で独占配信開始!

2011年5月18日に、茨城県笠間市笠間芸術の森公園にて行われた野外イベント、Sense of Wonderでのmama!milkのライヴを、高音質のDSD録音。その名の通り、2人のNudeな剥き出しの感情と楽曲のストーリー性がそのまま詰め込まれた作品になっています。また当日の会場の雰囲気がそのまま聴こえる臨場感は高音質ならでは。圧巻のその演奏力を堪能してください。


sense of wonderでのmama!milkのライヴがDSD音源で配信開始!

mama!milk /
Soundscape of Lakeside〜Live at Sense of Wonder 2011

配信フォーマット
1) DSD+mp3(約1.6GB)>>DSDの聴き方はこちら
2) HQD(24bit/48kのWAVデータ)(約700MB)

【Track List】
01. the moon / 02. mc / 03. kujaku viridis
04. monologue 〜 Nude / 05. ao / 06. an Ode / 07. Parade


<Personnel>
生駒祐子(アコーディオン)
清水恒輔(コントラバス)

Recorded by 溝口紘美 at Sence of Wonder 2011.05.28
Mixed & Mastered by 溝口紘美

Recorded & Mastering by KORG MR-2000S DSD recorder

Photos by 畑江彩美
Artwork by 内田武瑠

Produced by mama!milk & OTOTOY

人間本来のしなやかな強さ。今、それがとても美しく、眩しく見えるんです。

——『Nude』ではmama!milkのお2人にトロンボーンの市原大資(Yossy Little Noise Weaver、ex Determinations)さん、ドラムの栗原務(LITTLE CREATURES、Double Famous)さんを加えた4人編成ですが、ゲスト・ミュージシャンの市原さんと栗原さんはアルバム制作においてどのような役割でしたか?

清水恒輔(以下、S) : 両人とも付き合いは長く、初めて一緒に作品をつくったのは2002年のアルバム『meets#1 yamasaki madoki』なんですよね。その後も2009年のアルバム『Fragrance of Notes』や、色んな機会に一緒に演奏していたのですが、mama!milkが現場で目指す音作りに、とても真摯に取り組んでもらえたことは重要なことでした。なので、録音にあたって、この4人だからこそ生きる選曲、アレンジを作っていきました。あとは、その場で起こったことを収めようかと。
生駒祐子(以下、I) : 栗原さんの繊細で色っぽいドラムと、市原さんの表情豊かなトロンボーンがあったから、このアルバムができました。

photo by Ryo Mitamura

——「LIFT」での公開リハーサル+レコーディングという録音方式ですが、なぜそうしようと思ったのでしょうか?

I : さっきの話の通り、ライヴ演奏をそのままアルバムにしたいと思ってたのに加えて、ライヴの時のあの演奏者も、聴く方も、同じ空間で音楽を共有している空気もおさめたいと思っていたからですね。そんな時に「LIFT」の八木さんと出会って、すぐにお話は決まりました。「LIFT」も素敵な場所でしたし、「ロカリテ」さんの美味しいコーヒーもいただける、ということで。
S : 1月に初めて「LIFT」に伺って、八木くんにも会いました。音の響きと、そこにある空気がとても気に入ったので、数日後には録音のプランを立てはじめました。かなり急な展開でしたが、沢山の方に協力していただいてどんどんアイデアが膨らみました。

——今作は過去作からタイトルを変えて再録されている曲が多くあります。選曲の理由を教えてください。

I : mama!milkの曲を、いろんな会場で、いろんな編成で演奏してきました。栗原さんとのトリオだったり、市原さんも迎えたカルテットだったり。そう、先日のヴァンジ彫刻庭園美術館では、さらにもう一方、トロンボーンの井登さんを迎えて、トロンボーン2管+アコーディオン、コントラバス、ドラムのクインテットだったり。その度に編曲を重ねているうちに、過去の録音とも違う表情をみせるようになった曲を、再録しています。

——「monologue」と「duologue」でバッハの曲を取り上げているのはなぜですか?

I : ここ何年か、1日のはじまりにバッハの曲をひいているんです。LIFTでの制作期間中も毎日最初にバッハをひいていたので、『Nude』にはそのまま収録しました。
S : LIFTの持つ、湧き上がるような響きがフィットした事もありますね。

——「kujaku」は2バージョン、「Nude」は3つのバージョンが収録されていますが、なぜこの2曲を複数のバージョン収録したのでしょうか?

I : 「Nude」は、「LIFT」での公開リハーサル中に、このバージョンが生まれたんです。いつものライヴ・リハーサルでもよくあることですけれど。栗原さんと恒輔さんが軽くセッションをしていて、「あ! それ、素敵。」と収録。少し前にみんなで映画のサウンド・トラックの録音をさせていただいたことも大きいですね。テーマ曲の色々なヴァリエィションを作るのは楽しいことでしたから。
S : 「kujku virdis」は、最近のライヴ・ヴァージョンを深化させたもので、それを収録する事は初めから決めていました。対するものとして「kujaku albus」はLIFTの響きを想定して祐子さんがアレンジしました。

photo by photo by syasinger-z

——これまで質問させていただいた曲に新曲をまじえて『Nude』は構成されていますが、最初からそうしようという構想でしたか?

I : この4人だから演奏したい曲と、「LIFT」だから演奏したい曲と、「LIFT」で生まれた曲やアイデアをそのまま収録しようということで作りはじめたら、このようになりました。

——写真家の湯沢英治さんの「BAROCCO」展で映像に合わせての演奏をされていますが、mama!milkの音楽には音楽以外の表現からの影響は大きいでしょうか?

S&I : はい。とっても。

——関連して、YouTubeに映像をアップされていた被災した茨城県笠間市の大谷石倉庫や、九州大学の旧工学部知能機械実習工場といった戦後の建築物を取り上げられているのはなぜですか?

S : 大谷石倉庫は、もともとsovasovaというお店で、Sense of Wonderの前日に演奏する予定でした。オーナーさんの許可を頂いて、SoWの当日そこに行ってみたら、什器の運び出された空間に、ピアノだけまだ残されていたんですね。それで、その場で記録を残したくなったわけです。九州大学の旧工学部知能機械実習工場の方は、九大博物館の特別展示期間中のコンサートに招かれて、お昼のリハーサルの間、展示と差し込む光が奇麗だったので撮影しました。特に初めから決めてたわけじゃないんですけどね。どちらも旅の記録です。
I : ご縁に感謝。

——昨年のインタビューで「人と一緒に演奏しているそのままの音の、息づかいのようなものを、そのまま録音したいです」と言われていましたが、『Parade』では広く静かな空間で人と演奏している気配がアルバムを満たしていました。『Nude』はどんな息づかいを録音したアルバムになったでしょうか?

I : しなやかな息づかい。刹那の瞬発力。なにか本能的なもの。狂おしさ。
S : 生々しさ。剥き出し感。

——『Nude』は東日本大震災の前に録音され、震災後の3月16日に『Nude』に収録されている「Flowers」をYouTubeにアップされています。『Nude』は震災後の日本でどんな意味を持った作品になったと思いますか?

I : 意味を与えることは皆様に委ねます。ただ、mama!milkが、この2011年に日本で、色々なこと感じながら音楽を奏でている、という事実がそのまま『Nude』になっていると思います。自然の脅威や、逃れられない現実の中での、人間本来のしなやかな強さ。今、それがとても美しく、眩しく見えるんです。そんな中から生まれたアルバムです。
S : 先の質問にもあった、「BAROCCO」展で映像に合わせての演奏をキュレーションをしてくださった、TRAUMARISの住吉智恵さんにアルバムに寄せるテキストを頂いたのですが、この言葉が嬉しかったです。

「Nude」の音楽は、
いま私たちが、何を失い、何を求め、取り戻そうとしているのか、
明確な答えを差し出してはくれないけれど、
凛とした、潔い「一歩」を示してくれた。

I : そう、アルバム・ジャケットも、なにもかもそぎ落とされたミニマムなものになりました。少々危ういけれど、強靭です。是非、手にとって触ってみてください。

——10月には東京の求道会館でライヴをされますが、キリスト教の教会の建築技術を取り入れた仏教施設といった面白い様式の建物ですね。どんな演奏になりそうでしょうか?

S : 先日、下見に行って来ました。大きな窓から差し込む光。天井も高く、やわらかく音が響きそうなので、夕刻早めの時間からPAを入れずに演奏させて頂きます。どんなものになるかは、お楽しみです。
I : 10月9日は、アコーディオンとコントラバスのデュオで。10日は、トロンボーンとドラムを迎えたカルテットで演奏させていただきます。それぞれの曲が、デュオの時、カルテットの時で、どんなふうに響いてゆくのかとても楽しみです。私事ですけれど、震災後の色々な中で、音楽のあることの深い喜びを知りました。嬉しいときでも、かなしいときでも、音楽のある事が幸せですね。10月の求道会館での2日間も、美しい秋の日となりますよう。

Live Information

2011年09月22日(木)@京都flowing KARASUMA
2011年09月23日(金)@四日市Frederika
2011年10月08日(土)@丹波うぐいすの森 自然公園
2011年10月09日(日)@東京求道会館
2011年10月10日(土)@東京求道会館
2011年10月15日(土)@富山HERE WE ARE! 45 CAFE
2011月10月16日(日)@金沢Kapo
2011年10月31日(月)@福山名曲喫茶アンズ
2011年11月17日(木)@北九州西日本工業倶楽部

mama!milk's catalogue

PROFILE

mama!milk
生駒祐子(アコ—ディオン)、清水恒輔(コントラバス)を軸とするユニット。1997年より、各地の古い劇場、客船、寺院、美術館等での演奏を重ねながら、数々のアルバム作品を発表している。アコ—ディオンとコントラバスのシンプルなデュオから、テルミン、フル—ト、クラリネット、ホルン、トロンボ—ン、ヴァイオリン、チェロ、ピアノ、マリンバ、ドラム等々を迎えた様々な編成で、自由に、艶やかに奏でられるその音楽は「Cinematic Beauty」「まだ見ぬ映画のサウンド・トラックのよう」とも評されている。近年、アナログ録音「Fragrance of Notes」、海辺の廃墟で録音された「Quietude」、クラシカルなアンサンブルによる「Parade」を発表。さらに2011年にはギャラリ—での公開録音から生まれた音源「Nude(ヌ—ド)」を発表し、新たな可能性を見せている。

mama!milk Web

o

 
 

インタヴュー

桃井はるこ、「アニカル部!」テーマ楽曲を配信解禁!! ロング・インタヴュー掲載
・2017年07月17日・マリー・アントワネットが2017年に転生したら?ーー桃井はるこ、「アニカル部!」テーマ楽曲を配信解禁!! 声優、作詞・作曲・編曲・歌唱をこなすシンガー・ソングライターであり、秋葉原をはじめとした日本のサブカルチャーにも造形の深い、桃井はるこ。彼女が2017年6月7日にリリースしたシングル『純愛マリオネット』を遂にOTOTOYで配信開始!! tokyo toricoへレーベル移籍し初めて発表した本作の表題曲「純愛マリオネット」は、アニマックスにて放送中の番組「アニカル部!」のオープニング・テーマとなっている。桃井は、アニソン、コスプレ、声優、ダンス、聖地巡礼など​日本が世界に誇るアニメ・カルチャーを毎回ゲストを招いて紹介していく同番組の顧問として出演もしており、まさに大活躍中。OTOTOYでは配信を記念し、桃井はるこへのロング・インタヴューを掲載する。 アニカル部! のオープニング・テーマを配信スタート!!桃井はるこ / 純愛マリオネット'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【価格】単曲 257円(税込) / まとめ 500円(税込)【収録曲】''1. 純愛マリオ
by 西澤 裕郎
【ハイレゾ独占配信】Borisの音の渦に呑み込まれて乾涸びろ!! これが世界最高峰の”より豊かな音楽”だ!!artist=173725
・2017年07月12日・【ハイレゾ独占配信】Borisの音の渦に呑み込まれて乾涸びろ!! これが世界最高峰の”より豊かな音楽”だ!! 1992年より活動開始。つまり結成25周年! 海外での評価が恐ろしく高く、ドゥームの重鎮サン O)))との共作、ナイン・インチ・ネイルズの全米アリーナツアーをサポート、オール・トゥモローズ・パーティー等の大規模フェスへの出演、幾度となるヘッドライン・ツアー、日本ではメジャー・レコード会社、エイベックスからのリリース経験もあるBoris。ヘヴィーな作品では大文字BORIS、実験的な作品では小文字borisと名義を使い分けていたが、近年ではその双方を盛り込んだ形態としてBoris名義で作品をリリースしている。そして彼らは2017年7月12日に、アルバム『DEAR』をリリース。ぶっちゃけ、じっくり聴かなくたって良い。これがなんなのかなんて考えなくていい。ただただ爆音で、音の渦にのまれてほしい。この音源がなんなのかは、あなたが音の渦に呑み込まれて乾涸びたあとに、じっくり以下のインタビューを読めば良いのだから。 ってことで、乾涸びた皆様のために、OTOTOY編集長でありバンド・Limited Express
by JJ
90年代USグランジ難破船が時代を辿り着いた先──新時代を告げるグランジ大型船、ニトロデイが横浜から出港
[CLOSEUP]・2017年07月12日・90年代USグランジ難破船が辿り着いた先は──新時代を告げる“ニトロデイ”という名の大型船が出港 新時代の到来だ。昨年の12月に〈RO69JACK 2016 for COUNTDOWN JAPAN〉で他のバンドとは明らかな異彩を放ち優勝を果たしたロック・バンド、ニトロデイ。結成わずか1年足らずでの優勝という実績からもバンドの非凡な才能がひしひしと感じられる。なによりもこのバンドの最大の特徴はその若さと、いまの時代や流行を無視した音楽性だ。メンバーは現役高校生が主で、その高校生たちが鳴らす音楽は90年代のUSオルタナをルーツにした、いわゆるグランジである。現役高校生がグランジというだけでも興味を持っていただけるはずだが、インタヴューを通じてバンドの頭脳であるヴォーカル、小室ぺいのルーツや現況が見えてきた。大型新人、ニトロデイのインタヴューをぜひお楽しみください。 Nirvana meets NUMBER GIRLな国産グランジ! ニトロデイ / 青年ナイフEP'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 600円(税込)【
by JJ
サイケデリック・トランスで踊り狂えるアイドルーーMIGMA SHELTER、1stシングルをハイレゾ配信&メンバー個別インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月08日・サイケデリック・トランスで踊り狂えるアイドルーーMIGMA SHELTER、メンバー個別インタヴュー掲載 BELLRING少女ハートの後継グループ・There There Theres、“柳沢あやの”のソロ・プロジェクト・CLOCK & BOTANなど、挑戦的なグループを輩出している事務所AqbiRecが手がける“サイケデリック・トランスで踊り狂える”6人組アイドル・ユニット、MIGMA SHELTER(ミグマ・シェルター)。エスニックな楽曲でライヴ会場をざわざわさせている彼女たちの初音源を、OTOTOYでは7月8日(土)よりハイレゾ配信。前回のメンバー初インタヴューに続き、今回はメンバーの個別インタヴューをお届けします! 2017年台風の目となるか? 要注目です!! >>メンバー全員への初インタヴューはこちら>ヨネコ「神になりたいと思いながらやっています」>アマリ「燃え尽きて終わりたい」>コテジュン「ライヴ・アイドルの頂点を目指したい」>ミミミユ「武道館でライヴをしたい」>セイセイ「サイケデリック・トランスに限らず取り入れたい」>コマチ「明るく盛り上げていきたい」>>初インタヴューはこちら'' BELL
by 西澤 裕郎
祝フジで来日! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!
・2017年07月07日・フジロックいく人も、行かない人、これぐらい聴かなきゃ! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始! え、エイフェックス・ツインったら、コレでコレもんでしょう、え、聴いたことないの? とか言われちゃうマスト音源満載の過去音源が一挙OTOTOYでも配信開始です。具体的に言うと名門〈WARP〉に残してきたエイフェックス・ツイン名義の1990年代から2000年代初頭にかけての作品群。しかも、7月に行われるフジロックでは、2日目、7月29日(土)のヘッドライナーとしてひさびさの来日ライヴ! ということで、この作品群とともに、かなりの駆け足でそのキャリアでおさらいします。また今回の過去作配信開始に合わせて、これまでOTOTOYで配信していた2010年代の作品(ハイレゾ配信)にライナーPDFが付属するようになりました(すでに購入済みという方はアプリや再ダウンロードでどうぞ)。そして今回配信を開始した過去アルバム4作品もライナーPDF付きでお届けします。またアルバム未収録の、1990年代のシングルたちもロスレス形式で配信開始です。 WARP移籍までのエイフェックス・ツイン(面倒なら読み飛ばしちゃっても!)とりあえず抑えて
by 河村 祐介
遅刻魔、自信がない、人と関わるのが苦手──自分の殻からハミ出したアイドル・HAMIDASYSTEM
・2017年07月07日・遅刻魔、自信がない、人と関わるのが苦手──自分の殻からハミ出すアイドル、それが、HAMIDASYSTEM 「今の自分からはみ出すために、新しいシステムを作ろう。」という想いから結成された3人組アイドル・グループ、HAMIDASYSTEM。内気で自信が持てないメンバーのアイドルらしからぬ性格と、ポップな楽曲・激しいダンスが絶妙なギャップを生み出している。そんな彼女たちが、結成から半年の集大成となる1st mini album『START THIS SYSTEM!』をリリース。7月15日リリースの今作を、OTOTOYでは一足お先にハイレゾ音質で聴けちゃいます! さらにMP3音源は無料配信! こちらは1ヶ月の期間限定配信なので、ダウンロードはお早めに! 今回のインタヴューではネガティヴな言葉の中からも、結成に至るまでの経緯や直近の目標、そして遠い未来のことまで語ってもらった。ぜひ『START THIS SYSTEM!』と共にお楽しみください。 デビューから半年間の集大成! HAMIDASYSTEM / START THIS SYSTEM!'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) /
by JJ
【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP
[CLOSEUP]・2017年07月05日・【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP ロック・フェス〈夏の魔物〉の主催者・成田大致によって結成されたペンライトをふれるロックンロール・バンド、THE 夏の魔物が、7月12日にVAPより『シン・ マモノボンバイエ EP』をリリース。前山田健一作曲による「シン・魔物BOM-BA-YE ~魂ノ共鳴編~」、DOTAMAがラップで参加した「RNRッッッ!!!」、麻宮みずほ作詞の「ハジメまして」など全5曲を収録。シン・マモノBAND(Gt.越川和磨、Ba. えらめぐみ、Dr.中畑大樹、Key.ハジメタル)によるバンド・スタイルでレコーディングされた本作に迫るべく、2週に渡り特集を敢行!! 第1週目は、メンバーの泉茉里と麻宮みずほへのインタヴューをお届けする。 THE 夏の魔物、メジャー・シングルを7月12日より配信開始THE 夏の魔物 / シン・マモノボンバイエ EP'【Track List】''1. シン・魔物BOM-BA-YE ~魂ノ共鳴編~2. RNRッッッ!!!3. マモノ・アラウンド・ザ・ワールド4. ハジメまして5. 恋しちゃいなびびっど
by 岡本 貴之
FILMREEL、1stアルバムをリリース──ストロングゼロを飲むしかなかった男に訪れた“夜明け”
[CLOSEUP]・2017年07月05日・FILMREEL、1stアルバムをリリース──ストロングゼロを飲むしかなかった男に訪れた“夜明け” 笹口騒音&ニューオリンピックスのギタリストである村井隆文が中心となり活動をする、FILMREEL。2015年、各所で話題を呼んだデビューEP『Snoozing.e.p』から約1年半、ついに1stフル・アルバム『フィルムの夜明け』が完成した。ニューウェイヴやシューゲイザーから影響を感じさせながらも、実にポップなサウンドをまとわせた楽曲が並ぶ今作『フィルムの夜明け』。OTOTOYでは7月5日(水)より、今作のハイレゾ配信を開始。合わせて7月12日(水)までの期間限定で、アルバムに収録されている全楽曲のフル試聴を実施。前作をリリース後、頭が真っ白になり、酒を飲むしかなかったという村井。そんな彼が、酔いから醒め世間に放つ今作を、ぜひこの機会に聴いてみてはいかがだろう。 新アルバムをハイレゾ配信 & 期間限定(7月5日から7月12日まで)フル視聴!! FILMREEL / フィルムの夜明け'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 216円(税
筆者について
滝沢 時朗 (滝沢 時朗)

1982年東京生まれ。twitter ID:@sarigenaginger

同じ筆者による他の記事