ともに今年がデビュー10周年にあたる2人の歌うたい、畠山美由紀とアン・サリー(しかも誕生日も1日違い! )。彼女たちが、2011年9月11日、日経ホールにて開催した『ふたりのルーツ・ショー』。その名の通り、それぞれ自らの音楽のルーツとなる楽曲をカヴァーした一夜。そして、12月7日にリリースしたオリジナル・アルバム『わが美しき故郷よ』の記憶もまだ新しい畠山美由紀のこの日のライヴの模様を、OTOTOY独占で配信開始いたします。新曲「わが美しき故郷よ」は詩の朗読から歌へとつながる10分に及ぶライヴ・バージョンをノーカットでお届けします。さらにアン・サリーとのデュエットによる「蘇州夜曲」も収録しました。

故郷の宮城県気仙沼市が3月に起こった震災で大きな被害を受け、母校へ赴き後輩=子供たちの前でライヴを行い、5枚目となるフル・アルバムを完成させた彼女。彼女でなくとも、2011年、自らの原点を見つめ直さざる機が多く巡ってきた方も多かったのではないでしょうか。静かでありながら大きな力を込めて歌う畠山美由紀。彼女の声の魅力を取り逃さずに、そのままこの音源の中に閉じ込めました。日本を代表する歌うたいの魅力溢れる歌声に酔いしれてください。

「わが美しき故郷よ」の朗読、アン・サリーとのデュエットによる「蘇州夜曲」も収録

畠山美由紀 『ふたりのルーツ・ショー -LIVE at Nikkei Hall 2011.09.11-


【配信形態/価格】
DSD+mp3、HQD共にアルバム購入のみ1,500円

【TRACK LIST】
01. ひこうき雲
02. 難破船
03. I Won't Last A Day Without You
04. Each And Everyone
05. Romanticが止まらない
06. Slow
07. わが美しき故郷よ Poem+Song ver.
08. 蘇州夜曲 (アン・サリー & 畠山美由紀 Duet)

<メンバー>
畠山美由紀 (Vocal) / 笹子重治 (Guitar) / 織原良次 (Bass) / 黒川紗恵子 (Clarinet)

Recorded by 高橋健太郎 & 簑島亘司 at 日経ホール 2011.09.11
mixed & Mastered 高橋健太郎 at Memory Lab
Recorded & Mastering by KORG MR-2000S DSD recorder
Photos by 沼田学

※歌詞が、原曲と異なっているものもありますが、ライヴ音源のためそのまま収録しています。何卒ご了承下さい。
【ダウンロードに関して】
windowsをご利用のお客さまは、標準の解凍設定、もしくは解凍ソフトによっては正常にファイルを解凍できない可能性がございます。その場合、お手数ですが別の解凍ツールを使用し、再度解凍をお試しくださるようお願い致します。7-Zip(フリー・ソフト)での解凍を推奨しています。
※7-zip http://sevenzip.sourceforge.jp/
また、ファイル名が長く操作出来ない場合や、ダウンロードしたファイルに不備や不明点がありましたら、info(at)>ototoy.jpまでお問い合わせください。

アン・サリー & 畠山美由紀『ふたりのルーツ・ショー』

日程 : 2011年9月11日(日)
会場 : 日経ホール
出演 : アン・サリー(Vocal) 、畠山美由紀(Vocal)、笹子重治(Guitar)、織原良次(Bass) 、黒川紗恵子(Clarinet)、中原仁(司会)

セット・リスト

photo by 沼田学

01. All I Want *(ジョニ・ミッチェル) / アン・サリー & 畠山美由紀 Duet
02. ひこうき雲 *(荒井由実) / 畠山美由紀
03. Me And Bobby McGee *(ジャニス・ジョプリン) / アン・サリー
04. 難破船 *(中森明菜) / 畠山美由紀
05. 蜃気楼の街 *(シュガーベイブ) / アン・サリー
06. I Won't Last A Day Without You *(カーペンターズ) / 畠山美由紀
07. Street Walking Woman *(マリーナ・ショー) / アン・サリー
08. You'd Be So Nice To Come Home To *(ヘレン・メレル) / 畠山美由紀
09. Tom's Diner *(スザンヌ・ヴェガ) / 畠山美由紀
10. Each And Everyone *(エヴリシング・バット・ザ・ガール) / 畠山美由紀
11. A Menina Danca *(ノヴォス・バイアーノス) / アン・サリー
12. Vou Deitar E Rolar (Quaquaraquaqua) *(エリス・レジーナ) / アン・サリー
13. Bridge Over Troubled Water *(S&G -アレサ・フランクリン-) / アン・サリー
14. Romanticが止まらない *(C-C-B) / 畠山美由紀 (chorus アン・サリー)
15. ゴンドラの唄 *(ちあきなおみ) / アン・サリー
16. Carta de Poeta *(エルゼッチ・カルドーゾ) / 畠山美由紀
17. 機関車 *(小坂忠) / アン・サリー
18. SLOW *(RUMER) / 畠山美由紀
19. For Once in My Life *(スティーヴィー・ワンダー) / アン・サリー
20. わが美しき故郷よ -Poem+Song ver.- (original) / 畠山美由紀
21. 新しい朝 (original) / アン・サリー
22. 蘇州夜曲 (詩 : 西條八十・曲 : 服部良一) / アン・サリー & 畠山美由紀 Duet
〜encore〜
23. Help Me *(ジョニ・ミッチェル) / アン・サリー & 畠山美由紀 Duet

*(オリジナル・アーティスト)

>>>「ふたりのルーツ・ショー」ライブ・レポートはこちら

ソロ・デビュー10周年を飾るスタジオ録音『わが美しき故郷よ』配信中

畠山美由紀 / わが美しき故郷よ

故郷を気仙沼にもち、その故郷への愛をただひたすら綴る畠山美由紀の散文詩「わが美しき故郷よ」をタイトルとした畠山美由紀のスタジオ録音版! 圧倒的な演奏力を制する様な畠山美由紀の歌声には脱帽する。

【TRACK LIST】
01. その町の名前は / 02. 風の吹くまま / 03. What A Wonderful World / 04. Moon River / 05. わが美しき故郷よ ―朗読― / 06. わが美しき故郷よ / 07. 教えて、ママ / 08. Over The Rainbow / 09. 浜辺の歌 / 10. 花の夜舟 / 11. Untitled / 12. ふるさと

>>>『わが美しき故郷よ』完成! 畠山美由紀インタビュー・ページこちら

『わが美しき故郷よ』TOUR 決定!

2012年2月5日(日) @福岡 イムズホール
17:00 open / 18:00 start
4,500円(税込 / 全席自由 / 整理番号付き)
問い合わせ : HANABI (TEL 092-531-1199)

2012年2月6日(月) @大分 アートプラザ
18:00 open / 19:00 start
4,500円(税込 / 全席自由 / 整理番号付き)
問い合わせ : gallery blue ballen(TEL 0977-84-4968)

2012年2月16日(木) @名古屋 TOKUZO
18:00 open / 19:00 start
4,500円(税込 / 整理番号付き / オーダー別)
問い合わせ : ジェイルハウス(TEL 052-936-6041)

2012年2月17日(金) @大阪 BIG CAT
18:30 open / 19:00 start
4,500円(税込 / 全席自由 / 整理番号付き / ドリンク代別)
問い合わせ : 清水音泉(TEL 06-6357-3666)

2012年2月19日(日) @岡山 ルネスホール
16:30 open / 17:30 start
4,500円(税込 / 全席自由 / ドリンク代別)
問い合わせ : 城下公会堂(TEL 086-234-5620)

2012年2月23日(木) @渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール
18:30 open / 19:00 start
5,800円(税込 / 全席指定)
問い合わせ : ホットスタッフプロモーション(TEL 03-5720-9999)

【バンド】
中島ノブユキ(Pf)、小池龍平(Gt)、栗原務(Ds)

PROFILE

畠山美由紀

1972年8月18日 宮城県気仙沼生まれ。

1991年上京後、10人編成のダンス・ホール楽団、Double Famousのヴォーカリストとして活躍する中、ゴンザレス鈴木率いるSOUL BOSSA TRIOのフィーチャリング・ヴォーカリストとしてCDデビュー。その後、ギタリスト・小島大介とユニットPort of Notesを結成。Port of Notes、Double Famousの活動を続けながら、2001年9月シングル「輝く月が照らす夜」でソロ・デビューを果たす。現在までに4枚のオリジナル・アルバムの他、カバー・アルバム、ライヴ・アルバム、ライヴDVDなど多数作品を発表。ヴォーカリストとして、他アーティストの作品、トリビュート・アルバム、映画音楽等の参加も多い。また、ソロ・デビュー時から、キリスト品川教会グローリア・チャペルにて毎年行われているプレミア・ライヴ“Live Fragile”のチケットは、毎公演即日完売。同世代の女性をはじめ、本物の音楽を聴きたいという音楽ファンたちから圧倒的な支持を受けている。

CM曲やナレーション参加も多く、これまでに、小田急ロマンスカー、女性化粧品「Obagi」、ハウス「こくまろカレー」、プラチナ・ギルド・インターナショナル「サンクスデイズ・プラチナ」、Honda「LIFE」、HITACHIやJR西日本企業CM、パナソニック「LED電球EVERLEDS」のTVCMソングや、KOSE「薬用 雪肌精」TVCMナレーションなどを担当している。また、2007年には、ヱビス「ザ・ホップ」TVCMに自身が出演し、話題となった。

生きる歓びと悲しみ、目に見えない豊かな世界、畠山美由紀の歌声の中には、この人生をより愛おしく生きるための確かな手触りがある。2011年9月、ソロ・デビュー10周年を迎え、ますます、聴く人の心に寄り添う歌をうたっていく。

畠山美由紀 official website
アルバム『わが美しき故郷よ』 official blog

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

【1万3千字レポート】5人で駆け抜けた416日の青春ーーGANG PARADE、密着ドキュメンタリー・レポート
[CLOSEUP]・2016年08月18日・【1万3千字レポート】5人で駆け抜けた416日の青春ーーGANG PARADE、密着ドキュメンタリー・レポート POPから改名し活動中のアイドル・グループGANG PARADE。8月5〜7日にかけてお台場・青海周辺エリアにて開催された〈TOKYO IDOL FESTIVAL 2016〉をもって最年少のメンバー・シグサワアオが脱退した。カミヤサキの活動休止期間を挟みつつ、約1年2ヶ月間、5人で駆け抜けてきたグループにとってこれが初めての脱退となる。BiSHとの200km対抗熱海駅伝でのデビューから5人を追い続けてきたOTOTOYでは、カミヤサキの活動復帰からシグサワアオの脱退、そして4人でのスタートまでを追ったドキュメンタリー・レポートを掲載。彼女たちの歩みを振り返り、第2章を引き続き追いかける。 GANG PARADE改名後、初シングルを配信中GANG PARADE / WE ARE the IDOL【配信形態】ALAC、FLAC、WAV、AAC、mp3【配信価格】単曲 200円(税込) / まとめ 800円(税込) 【Track List】1. WE ARE the IDOL2. これはきっとavent
by 西澤 裕郎
世界の裂け目に響き渡るサイケ・ブルース──〈WARP〉屈指の奇才、ゴンジャスフィ、3rdアルバムをリリース!
[CLOSEUP]・2016年08月26日・〈WARP〉屈指の奇才、ゴンジャスフィ、ローファイ・サイケが炸裂の3rdアルバムをリリース! UKの名門レーベル〈WARP〉でも指折りの奇才、そしてオカルト的な支持を得ているゴンジャスフィ。ここ数年は、Ras Gとのスプリット7インチのリリースやOld Englishへの客演など、他流試合的な活動を展開させていたが、ついに4年ぶりとなる『Callus』と名付けられた3rdアルバムをリリース。大きく変化を見せたサウンド、そして『CALLUS』(=皮膚にできる"たこ")と名付けられたその理由とは。 OTOTOYでは『Callus』のハイレゾ版をCDと同様のライナノーツPDF付きで配信開始(CDと同様のロスレス / 圧縮音源も配信中)するとともにレヴューにて紹介。 Gonjasufi / Callus'【Track List】01. Your Maker02. Maniac Deppressant03. Afrikan Spaceship04. Carolyn Shadows05. Ole Man Sufferah06. Greasemonkey07. The Kill08. Prints Of Sin09.
by 寺島 和貴
3776、井出ちよのソロ・デビュー・アルバムをハイレゾ配信!
[CLOSEUP]・2016年08月23日・お盆のワンマン・ライヴも大成功! 3776、井出ちよのソロ・デビュー・アルバムをハイレゾ配信! 富士山ご当地アイドル、3776(みななろ)の井出ちよのが、ソロ名義としては初のアルバムをリリース。現在中学3年生の井出ちよのが、高校生になったらどんな女の子になるのか? という、9タイプの高校生活を描いた楽曲群。まとめ購入でついてくるブックレットはちよのちゃんの高校生ビジュアル9変化も楽しめます! このアルバム、楽曲のクオリティ、コンセプト含めて素晴らしいので、とてもとてもオススメですよ。今回は、2016年8月15日に新宿LOFTで開催されたワンマン・ライヴ「盆と3776が一緒に来るよ!」のレポートも掲載。ワンマンをおこなうたびに強烈な印象を残していく3776。今回は果たしてどんなライヴになったのでしょうか!! アルバム購入ならデジタル・ブックレットつき! 井出ちよの / もうすぐ高校生活(24bit/96kHz)'【Track List】01. もうすぐ高校生活~Introduction / 02. ハートの五線譜 / 03. 体調管理のために / 04. ギャル子大ピンチ! / 05. カードリーダー/ 06
ポスト・ポケモンGO! 時代のアイドルとは?ーー「・・・・・・・・・」デビュー直前初インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年08月23日・“ポスト・ポケモンGO!”時代のアイドル・グループ!? 「・・・・・・・・・」デビュー直前初インタヴュー 原宿・表参道・青山を中心に活動するアイドル・プロジェクト〈”女の子の東京をつくろう!! ”プロジェクト〉。プロジェクトが進むにつれ「東京」にいるすべての人たちが知らぬ間に巻き込まれ、ファンになっていくという一風変わったコンセプトを示している。何度にもわたるオーディションを経て、ついにメンバーが決定、9月4日には原宿ストロボカフェでお披露目ライヴが行われる。しかし謎の多いこのグループ。グループ名は「・・・・・・・・・」。メンバーの名前は「・」で表されるという。HPをみれば、黒い「・」が浮かんでいるだけ…。一体なんなんだ?! ということで、OTOTOYではメンバー9人と、運営スタッフであるプロデューサーの小林、コンセプト担当の古村、パフォーマンス担当の都倉、楽曲担当のみきれちゃんに取材を行った。9月4日、前代未聞のアイドル・グループが動き出す。 お披露目のワンマン・ライヴ開催決定!!・・・・・・・・・初観測ライヴ2016年9月4日(日)@原宿ストロボカフェ時間 : OPEN / START 13:00 /
by 西澤 裕郎
苗場の感動をお届け!!ーーOTOTOYフジロック・対談レポート2016
[CLOSEUP]・2016年08月16日・苗場の感動をお届け!!ーーOTOTOYフジロック・対談レポート2016 今年もフジロックはたくさんの感動を残しました! 開催20回目という記念すべき節目でもあり、例年以上に国内外豪華なラインナップで音楽好きにはたまらない3日間! そんな3日間の感動を毎年おなじみ、OTOTOYのフジロック・レポートでお届けします。今年はいつも安定のフジ・ロッカーなライター、渡辺裕也と、フジロックは2000年以来、16年ぶりの編集部河村が逆にフジ新人気分でレポート。対談形式でお届け!! 苗場に戻りたい… と余韻に浸っている方も行きたかったけど行けなかったという方も苗場のアツイ感動をこのレポートで振り返り、体感してください! レポート対談 : 渡辺裕也 × 河村祐介写真 : 雨宮透貴 FUJI ROCK FESTIVAL '16 '2016年7月22日(金)、23日(土)、24日(日) @新潟県 湯沢町 苗場スキー場'開場 / 開演 9:00 / 11:00出演 国内外約200アーティスト詳細 http://www.fujirockfestival.com/ (オフィシャル・サイト) 1日目 : とにかくたくさん観てなんぼ 渡辺
POPS回帰し表記も新たにしたharinekoの新作『Sweet Sorrow.』の世界を、写真とインタヴューでなぞってみた
[CLOSEUP]・2016年08月19日・POPS回帰し表記も新たにしたharinekoの新作『Sweet Sorrow.』の世界を、写真とインタヴューでなぞってみた harinekoの新作『Sweet Sorrow.』には、「mornin.」「ダイヤナイト」「行きた日」「return.」の4つの楽曲が収録されている。harinekoのSaChiが言うには、その4曲は順番に朝、昼、夕方、夜と1日に添って創ったのだそうだ。確かにこの楽曲からは時間と場所が強く想起される。また先行で発売されたCDには、フォトジンがついていた。かわいい女の子がこちらを向くそれはとても美しかったが、そこにはSaChiはうつっていなかった…だからなのか、このアルバムを聴かせてもらった時に、SaChiと一緒にその曲が生まれたであろう場所に、生まれたであろう時間帯に行ってみたいと思った。そうじゃないと、この作品を理解することは出来ないと思ったからだ。本作のキーパーソン、カメラマンの齋藤一平とスタッフの岩崎淳、そしてSaChiと一緒に、アルバムのことを聴きながら4つの場所をmornin.@駒沢の住宅街 → ダイヤナイト@お台場ヴィーナスフォートと芝浦ふ頭 → 行きた日@松陰神社付近
by JJ
ヤなことそっとミュート、初インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2016年08月21日・【デビュー作ハイレゾ版予約開始】グランジを手にしたアイドル、ヤなことそっとミュート初インタヴュー掲載 BELLRING少女ハートの楽曲制作を手がける「DCG ENTERTAINMENT」がプロデュースする清純派アイドル・グループ、ヤなことそっとミュート。グランジ・オルタナティヴ・ロックを踏襲した楽曲とエッジで鬼気迫るようなダンス・パフォーマンスを特徴としたライヴが話題を呼んでいる彼女たち。8月31日までOTOTOYで無料配信してきた『8CM EP』を9月1日からハイレゾ配信開始。それに先立ち予約開始とともに、メンバーへの初インタヴュー、運営スタッフへのインタヴューを掲載する。 >>>OTOTOY独占ハイレゾ音源(ボーナストラック&特製Webブックレット付き)の予約はこちらから>1st EP『8cmEP』のフリーDLはこちらから(2016年8月31日まで) なでしこ : 音源を聴いてライヴに来ましたという人が結構いるので嬉しいです。 ーーどんな感想をもらいました? なでしこ : かっ… かっこいいって。 ーー(笑)。他の2人は、お客さんの反応でなにか感じたりしたことはありますか? 間宮まに & 南一花 :
by 西澤 裕郎
結成20周年マーガレットズロース、6年ぶりの8thアルバム『まったく最高の日だった』をリリース!
[CLOSEUP]・2016年08月18日・結成20周年マーガレットズロース、6年ぶりの8thアルバム『まったく最高の日だった』をリリース! 今年で結成20周年を迎えたロック・バンド、マーガレットズロース。誰もが日々のくらしで抱きながらも、なかなか言葉に出来ない感情を簡単な言葉でご機嫌なロックンロールに乗せて歌い続け20年。積極的に全国各地をツアーで飛び回り、ツアー・バンドとしての立ち位置を確立してきたマーガレットズロースであったが、3.11以降、一時的に活動が停滞。そんな状況を乗り越えてリリースされた6年ぶりとなる8thアルバムのタイトルは、『まったく最高の日だった』。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、レヴューをお届けしよう。 マーガレットズロース / まったく最高の日だった(24bit/48kHz)'【Track List】01. EAGLE02. 僕には数えられない03. 199604. 魔法をかけてあげる05. たのしいロックンロール06. 奇跡が起きなくて07. はるかぜ08. さよなら東京09. 斜陽10. 五七五11. 何も考えられない12. うその地球儀【配信形態 / 価格】''24bit/48kHz WAV / A
by ?
筆者について
オト トイ (オトトイ)

OTOTOYの運営事務局です。よろしくお願いいたします。

同じ筆者による他の記事