ともに今年がデビュー10周年にあたる2人の歌うたい、畠山美由紀とアン・サリー(しかも誕生日も1日違い! )。彼女たちが、2011年9月11日、日経ホールにて開催した『ふたりのルーツ・ショー』。その名の通り、それぞれ自らの音楽のルーツとなる楽曲をカヴァーした一夜。そして、12月7日にリリースしたオリジナル・アルバム『わが美しき故郷よ』の記憶もまだ新しい畠山美由紀のこの日のライヴの模様を、OTOTOY独占で配信開始いたします。新曲「わが美しき故郷よ」は詩の朗読から歌へとつながる10分に及ぶライヴ・バージョンをノーカットでお届けします。さらにアン・サリーとのデュエットによる「蘇州夜曲」も収録しました。

故郷の宮城県気仙沼市が3月に起こった震災で大きな被害を受け、母校へ赴き後輩=子供たちの前でライヴを行い、5枚目となるフル・アルバムを完成させた彼女。彼女でなくとも、2011年、自らの原点を見つめ直さざる機が多く巡ってきた方も多かったのではないでしょうか。静かでありながら大きな力を込めて歌う畠山美由紀。彼女の声の魅力を取り逃さずに、そのままこの音源の中に閉じ込めました。日本を代表する歌うたいの魅力溢れる歌声に酔いしれてください。

「わが美しき故郷よ」の朗読、アン・サリーとのデュエットによる「蘇州夜曲」も収録

畠山美由紀 『ふたりのルーツ・ショー -LIVE at Nikkei Hall 2011.09.11-


【配信形態/価格】
DSD+mp3、HQD共にアルバム購入のみ1,500円

【TRACK LIST】
01. ひこうき雲
02. 難破船
03. I Won't Last A Day Without You
04. Each And Everyone
05. Romanticが止まらない
06. Slow
07. わが美しき故郷よ Poem+Song ver.
08. 蘇州夜曲 (アン・サリー & 畠山美由紀 Duet)

<メンバー>
畠山美由紀 (Vocal) / 笹子重治 (Guitar) / 織原良次 (Bass) / 黒川紗恵子 (Clarinet)

Recorded by 高橋健太郎 & 簑島亘司 at 日経ホール 2011.09.11
mixed & Mastered 高橋健太郎 at Memory Lab
Recorded & Mastering by KORG MR-2000S DSD recorder
Photos by 沼田学

※歌詞が、原曲と異なっているものもありますが、ライヴ音源のためそのまま収録しています。何卒ご了承下さい。
【ダウンロードに関して】
windowsをご利用のお客さまは、標準の解凍設定、もしくは解凍ソフトによっては正常にファイルを解凍できない可能性がございます。その場合、お手数ですが別の解凍ツールを使用し、再度解凍をお試しくださるようお願い致します。7-Zip(フリー・ソフト)での解凍を推奨しています。
※7-zip http://sevenzip.sourceforge.jp/
また、ファイル名が長く操作出来ない場合や、ダウンロードしたファイルに不備や不明点がありましたら、info(at)>ototoy.jpまでお問い合わせください。

アン・サリー & 畠山美由紀『ふたりのルーツ・ショー』

日程 : 2011年9月11日(日)
会場 : 日経ホール
出演 : アン・サリー(Vocal) 、畠山美由紀(Vocal)、笹子重治(Guitar)、織原良次(Bass) 、黒川紗恵子(Clarinet)、中原仁(司会)

セット・リスト

photo by 沼田学

01. All I Want *(ジョニ・ミッチェル) / アン・サリー & 畠山美由紀 Duet
02. ひこうき雲 *(荒井由実) / 畠山美由紀
03. Me And Bobby McGee *(ジャニス・ジョプリン) / アン・サリー
04. 難破船 *(中森明菜) / 畠山美由紀
05. 蜃気楼の街 *(シュガーベイブ) / アン・サリー
06. I Won't Last A Day Without You *(カーペンターズ) / 畠山美由紀
07. Street Walking Woman *(マリーナ・ショー) / アン・サリー
08. You'd Be So Nice To Come Home To *(ヘレン・メレル) / 畠山美由紀
09. Tom's Diner *(スザンヌ・ヴェガ) / 畠山美由紀
10. Each And Everyone *(エヴリシング・バット・ザ・ガール) / 畠山美由紀
11. A Menina Danca *(ノヴォス・バイアーノス) / アン・サリー
12. Vou Deitar E Rolar (Quaquaraquaqua) *(エリス・レジーナ) / アン・サリー
13. Bridge Over Troubled Water *(S&G -アレサ・フランクリン-) / アン・サリー
14. Romanticが止まらない *(C-C-B) / 畠山美由紀 (chorus アン・サリー)
15. ゴンドラの唄 *(ちあきなおみ) / アン・サリー
16. Carta de Poeta *(エルゼッチ・カルドーゾ) / 畠山美由紀
17. 機関車 *(小坂忠) / アン・サリー
18. SLOW *(RUMER) / 畠山美由紀
19. For Once in My Life *(スティーヴィー・ワンダー) / アン・サリー
20. わが美しき故郷よ -Poem+Song ver.- (original) / 畠山美由紀
21. 新しい朝 (original) / アン・サリー
22. 蘇州夜曲 (詩 : 西條八十・曲 : 服部良一) / アン・サリー & 畠山美由紀 Duet
〜encore〜
23. Help Me *(ジョニ・ミッチェル) / アン・サリー & 畠山美由紀 Duet

*(オリジナル・アーティスト)

>>>「ふたりのルーツ・ショー」ライブ・レポートはこちら

ソロ・デビュー10周年を飾るスタジオ録音『わが美しき故郷よ』配信中

畠山美由紀 / わが美しき故郷よ

故郷を気仙沼にもち、その故郷への愛をただひたすら綴る畠山美由紀の散文詩「わが美しき故郷よ」をタイトルとした畠山美由紀のスタジオ録音版! 圧倒的な演奏力を制する様な畠山美由紀の歌声には脱帽する。

【TRACK LIST】
01. その町の名前は / 02. 風の吹くまま / 03. What A Wonderful World / 04. Moon River / 05. わが美しき故郷よ ―朗読― / 06. わが美しき故郷よ / 07. 教えて、ママ / 08. Over The Rainbow / 09. 浜辺の歌 / 10. 花の夜舟 / 11. Untitled / 12. ふるさと

>>>『わが美しき故郷よ』完成! 畠山美由紀インタビュー・ページこちら

『わが美しき故郷よ』TOUR 決定!

2012年2月5日(日) @福岡 イムズホール
17:00 open / 18:00 start
4,500円(税込 / 全席自由 / 整理番号付き)
問い合わせ : HANABI (TEL 092-531-1199)

2012年2月6日(月) @大分 アートプラザ
18:00 open / 19:00 start
4,500円(税込 / 全席自由 / 整理番号付き)
問い合わせ : gallery blue ballen(TEL 0977-84-4968)

2012年2月16日(木) @名古屋 TOKUZO
18:00 open / 19:00 start
4,500円(税込 / 整理番号付き / オーダー別)
問い合わせ : ジェイルハウス(TEL 052-936-6041)

2012年2月17日(金) @大阪 BIG CAT
18:30 open / 19:00 start
4,500円(税込 / 全席自由 / 整理番号付き / ドリンク代別)
問い合わせ : 清水音泉(TEL 06-6357-3666)

2012年2月19日(日) @岡山 ルネスホール
16:30 open / 17:30 start
4,500円(税込 / 全席自由 / ドリンク代別)
問い合わせ : 城下公会堂(TEL 086-234-5620)

2012年2月23日(木) @渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール
18:30 open / 19:00 start
5,800円(税込 / 全席指定)
問い合わせ : ホットスタッフプロモーション(TEL 03-5720-9999)

【バンド】
中島ノブユキ(Pf)、小池龍平(Gt)、栗原務(Ds)

PROFILE

畠山美由紀

1972年8月18日 宮城県気仙沼生まれ。

1991年上京後、10人編成のダンス・ホール楽団、Double Famousのヴォーカリストとして活躍する中、ゴンザレス鈴木率いるSOUL BOSSA TRIOのフィーチャリング・ヴォーカリストとしてCDデビュー。その後、ギタリスト・小島大介とユニットPort of Notesを結成。Port of Notes、Double Famousの活動を続けながら、2001年9月シングル「輝く月が照らす夜」でソロ・デビューを果たす。現在までに4枚のオリジナル・アルバムの他、カバー・アルバム、ライヴ・アルバム、ライヴDVDなど多数作品を発表。ヴォーカリストとして、他アーティストの作品、トリビュート・アルバム、映画音楽等の参加も多い。また、ソロ・デビュー時から、キリスト品川教会グローリア・チャペルにて毎年行われているプレミア・ライヴ“Live Fragile”のチケットは、毎公演即日完売。同世代の女性をはじめ、本物の音楽を聴きたいという音楽ファンたちから圧倒的な支持を受けている。

CM曲やナレーション参加も多く、これまでに、小田急ロマンスカー、女性化粧品「Obagi」、ハウス「こくまろカレー」、プラチナ・ギルド・インターナショナル「サンクスデイズ・プラチナ」、Honda「LIFE」、HITACHIやJR西日本企業CM、パナソニック「LED電球EVERLEDS」のTVCMソングや、KOSE「薬用 雪肌精」TVCMナレーションなどを担当している。また、2007年には、ヱビス「ザ・ホップ」TVCMに自身が出演し、話題となった。

生きる歓びと悲しみ、目に見えない豊かな世界、畠山美由紀の歌声の中には、この人生をより愛おしく生きるための確かな手触りがある。2011年9月、ソロ・デビュー10周年を迎え、ますます、聴く人の心に寄り添う歌をうたっていく。

畠山美由紀 official website
アルバム『わが美しき故郷よ』 official blog

o

 
 

その他

オトトイの学校
[SCHOOL]・2017年07月13日・ 音楽評論家として活躍する岡村詩野のもと、音楽への造詣を深め、「表現」の方法を学ぶ「岡村詩野音楽ライター講座」。プロのライターを目指す人から、ライティングの経験はないけれど音楽が好きで、表現の幅を広げたい! という人まで大歓迎です! 昨年開催し、ご好評をいただいた夏期集中講習を今年も開催します。短期集中講座ならではの、より丁寧で濃度の高い授業を行い、音楽を表現するための基本的な部分から応用までを、2日間でみっちり学んできます。ライティング経験者はもちろん、初心者の方も大歓迎です! 「音楽ライターになりたい」「好きなアーティストを素敵な文章で人に伝えたい」「自分が聴いている音楽に対する造詣を深めたい!」「夏休みになにかはじめたい」…… 動機は何でも構いません! この機会にあなたも、メディアやアーティストから信頼される音楽ライターを目指す第一歩を踏み出してみませんか? 岡村詩野音楽ライター講座 夏期集中講座 詳細はこちら
3776が5月14日にamiinAとThere There Theresを迎えてライヴをやるよ! その名も『3776514』(みななろこいよ)
[CLOSEUP]・2017年02月28日・3776が5月14日にamiinAとThere There Theresを迎えてライヴをやるよ! その名も『3776514』(みななろこいよ)!!!! 今はちょっとお休み中の富士山ご当地アイドル、3776とOTOTOYが、5月14日(こいよ)にイベント開催決定! そうです、下北→渋谷→新宿と伝説のワンマンを撒き散らしている3776×OTOTOY企画のvol.4 復活ライブ東京編! タイトルはズバリ『3776514』(みななろこいよ)。 3776の盟友、そして今ノリにノってるamiinAと、BELLRING少女ハートから改名した話題沸騰中のThere There Theresを迎えてo-nestで開催です。ちょっと豪華過ぎなので、チケット即日完売必至の予感… みんな、こいよーーーー!!! さらには、『3776514』(みななろこいよ)開催記念として(?)、3776の名作『序曲』がハイレゾでリリース決定。3776のハイレゾで、石田Pのこだわりを堪能してください! 5月14日はo-nestに集合!3776×OTOTOY企画 vol.4 3776復活ライブ東京編『3776514』(みななろ来いよ)'【日時】2017
OTOTOYとATFが全力で作るほんとうにドキドキするイベント vol.4!!
[CLOSEUP]・2015年10月22日・OTOTOYとATFが全力で作るほんとうにドキドキするイベント vol.4 オトトイのススメ! vol.4日時 : 2015年11月25日(水)@TSUTAYA o-nest開場 : 18:30 / 開演 : 19:00料金 : 前売 : 2,500円 / 当日 : 3,000円(1drink別)出演 : BELLRING 少女ハート / 0.8秒と衝撃。 / カネコアヤノ 問い合わせ : o-nest主催・企画制作 : オトトイ株式会社 / ATFIELD.inc.連絡先 : ticket@ototoy.jp(担当 : 西澤) OTOTOY先行実施中!!タイトルを「オトトイのススメ! vol.4 先行予約希望」にしていただき、'本文に、お名前、電話番号、メールアドレス、希望予約枚数をご記入のうえ、'ticket@ototoy.jpまで、メールをお送りください。'オフィシャル先行受付 10/24(土)18:00~10/31(土) http://w.pia.jp/t/osusume/プレオーダー'' 10/31(土)~11/3(水) 記念すべき第4回目の出演者たち ◎BELLRING 少女ハート
・2014年01月14日・テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、であ
WHITE ASH、ロック・シーンの王めざす、全身全霊の2ndアルバムをリリース
[POWERPUSH]・2013年12月20日・ 全身全霊、そんな言葉がふさわしいロックが到着した。WHITE ASHの約1年半ぶりとなる2ndフル・アルバムは、今年リリースされた3枚のシングルを一切収録せず、全11曲すべてが録り下ろしという気合いの入った一枚。前作までに見せた攻撃的かつヘヴィなサウンドはそのままに、さらに勢いとヴァラエティを増したパワー・ポップを聴かせてくれる。『Ciao, Fake Kings』(さらば、ニセモノの王たちよ)というアルバム・タイトルに込められているのは、ロック・シーンの新たな王になろうという決意表明か。そんな彼らの並々ならぬエモーションを感じる作品。WHITE ASHの放つ熱量を、ぜひ受け止めてほしい。 WHITE ASH / Ciao, Fake Kings'【価格】まとめ購入(mp3) 2,000円 / 単曲(mp3) 250円【Track List】''1. Casablanca / 2. Number Ninety Nine / 3. Zodiac Syndrome / 4. Vain Promises / 5. Long Time No See / 6. Bacardi Avenue / 7. Delaye
オーディエンス参加型イベント〈GODO presents EXPRESSION vol.2〉のライヴ音源を配信開始!!
[CLOSEUP]・2013年11月19日・ 音楽iPhoneアプリGODOとOTOTOYがタッグを組んだ、オーディエンス参加型ライヴ・イベント〈EXPRESSION〉の第2回が、2013年10月26日(日)に下北沢THREEで開催された。〈EXPRESSION〉は、当日演奏された曲目から、音源化して欲しい曲を来場者がその場で投票、その投票結果1位の曲に加え、出演アーティストが選出した曲をまとめ、ライヴ・オムニバスとして後日音源化するというイベントだ。 今回は静カニ潜ム日々、ボロキチ、DIRTY SATELLITES、MANGA SHOCK、blue friend、ふくろの6組が参戦。エモ、ハードコア寄りの熱いラインナップとなったこのライヴは、台風の接近による悪天候すら吹き飛ばし、下北沢の地下を煮えたぎる大釜のような空間に変えた。 OTOTOYでは、当日の様子をDSD 2.8MHzという超高音質で音源化し、いよいよ配信をスタートする。来場者の投票で選ばれた楽曲と、各アーティスト一押しの楽曲をまとめ、会場の熱気とともにパッケージしたライヴ・オムニバスを楽しんでいただきたい。現場の興奮を伝えるライヴ・レポとともにどうぞ!! GODOとは? iPhone
by もり
SHIMOKITAZAWA HANAUTA CRUISING、下北沢の夜を彩る企画!
[POWERPUSH]・2013年05月13日・ 2013年5月25日、下北沢に点在するライヴハウス各所を結んで開催される下北沢発サーキット・イベント「Shimokitazawa SOUND CRUISING」。今年は複数会場でのライヴ・パフォーマンスに加えて、サーキット・イベントならではの、下北沢の街中を使った企画を実施することが決定しました! その名も「Shimokitazawa HANAUTA CRUISING」! 「はなうた」がキーワードの本企画、その内容はいかに? Shimokitazawa HANAUTA CRUISINGとは? 2012年より始まった周遊型オールナイト音楽フェスティバルShimokitazawa SOUND CRUISINGに、UK発のあるプラットフォーム(18日発表!)が協力してお送りする参加型企画。下北沢の5つの場所に行きスマートフォンで本イベントの特設サイトにアクセスすると、その場所でしか聴けない楽曲を聴くことができます。その楽曲とは、なんとShimokitazawa SOUND CRUISINGに出演する5組のアーティストたちによる「はなうた」。自由気ままに歌ってもらった各曲を、是非聴いてみてください。 さらに、そ
feat. 女性ボーカル特集
[POWERPUSH]・2012年07月03日・ feat.女性ボーカル特集 サディスティック・ミカ・バンドやシュガーベイブを始め、いつの時代も、先鋭的なミュージシャンは女性ボーカルを求める。女性の声には、その音域や声質、フェロモンだけでは説明出来ないような、代えの効かない魅力が含まれている。彼女たちの歌によって、楽曲に新たな命が吹き込まれ、音楽は飛翔する。今回の「feat.女性ボーカル特集」では、日本の先鋭的なミュージシャンと女性ボーカルのコラボレーションによって生まれた楽曲を集めた。ハードな電子音や柔らかくオーガニックなサウンド、狂騒的なダンスビートなど、女性ボーカルの乗る下地は様々。サウンドと女声の交わりによって生まれる反応をご堪能下さい。 女性ボーカルをフィーチャーした貴重な音源を集めました。 YAMP KOLT / yes(HQD Ver.) ヤンプコルト自身がプロデュースした1stアルバム。豪華な8人の女性シンガー達(UA、やくしまるえつこ、原田郁子、一十三十一、さや、ピカ、ACO、リクルマイ)が、ポップで神秘的な森を舞台に、太陽に恋する。 L.E.D / I'll [feat.Ikuko Harada] バンド初のヴォーカル・トラ
筆者について
オト トイ (オトトイ)

OTOTOYの運営事務局です。よろしくお願いいたします。

同じ筆者による他の記事