シーンの寵児が放つ2014年の重要作を、OTOTOYだけのハイレゾで!! 森は生きている、17分の壮大な組曲を含む2ndアルバム!!

鳴り物入りのデビューとなった処女作から1年、森は生きているが待望の2ndアルバムを発表した。彼らの深い音楽的見識を反映するように、今作はサイケデリック・ロック〜プログレッシヴ・ロック的な要素すらも取り込み、17分におよぶ壮大な組曲「煙夜の夢」をはじめ9曲を収録。各方面から絶賛されたデビュー作をさらに進化させたような内容となった。OTOTOYでは、そんな本作を24bit/48kHzのハイレゾで配信。音にこだわり続けてきた彼らならではの繊細なサウンド・プロダクションを、ついにCD以上の高音質で感じることができる(ハイレゾで買えるのはOTOTOYだけ!!)。森は生きているが思い描いていた音、それをリアルに体験するために、ハイレゾでじっくりと味わっていただきたい。シーンの寵児が放つ、2014年の重要作。レヴューとともにお楽しみください。


ハイレゾで聴けるのはOTOTOYだけ!!
いくつもの美意識が濃密に溶かし込まれた、森は生きているの新しい音楽世界

森は生きている / グッド・ナイト

【配信形態】
[左] ALAC/FLAC/WAV(24bit/48kHz)
[右] ALAC/FLAC/WAV(16bit/44.1kHz), mp3

【価格】
24bit/48kHz : 2,314円(税込)(単曲は各300円)
16bit/44.1kHz, mp3 : 1,846円(税込)(単曲は各205円)

【収録曲】
01. プレリュード
02. 影の問答
03. 磨硝子
04. 風の仕業
05. 痕跡地図
06. 気まぐれな朝
07. 煙夜の夢 (a.香水壜と少女 / b.空虚な自画像 / c.煙夜の夢(夜が固まる前))
08. 青磁色の空
09. グッド・ナイト

意識と無意識を行き交うような、幻夢的ポップスの大名盤

柔らかな弧を描き、やがて円になる。煙にぼやけて夢か現かわからぬ音像を揺蕩う——。森は生きているの2ndアルバム『グッド・ナイト』は、意識と無意識を行き交うような、幻夢的ポップスの大名盤だ。

前兆を意味する「プレリュード」からアルバムの幕は上がる。ギターの柔らかなアルペジオが鳴り響き、フルート、ヴィブラフォン、ペダルスティール、多重コーラスが彩りを加えたかと思えば、「影の問答」で場面は一転、タイトなドラミングと印象的なギター・フレーズが地を這い、薄膜を纏ったようなスモーキー・ヴォイスが漂う。昼下がりの太陽のように柔らかな明るさと少しの空虚さを孕んでいる「磨硝子」、アップ・テンポで音が戯れるように鳴らされる「風の仕業」、微睡む音像の中で鳴らされるハーモニカが印象的な「痕跡地図」からA面のラスト「気まぐれな朝」へと突入していく。「夢も同じことで不思議なままでいい」という歌詞で締められるこの曲は、本アルバムの真髄を突いている。世の中のことは大体具体的な数値や科学的根拠を以って解明されている。現代人の手元に収納される無機質な機械を叩けば大抵のことは解決できるだろう。しかし「不思議なこと」は我々に空想をもたらしてくれる。そんな空想のこそが、なんてことない日常の絵を彩る。


組曲「煙夜の夢」

物語は17分にもおよぶダイナミックな組曲「煙夜の夢」で一気に高揚を迎える。「a.香水壜と少女」の煙を吐いたようなくぐもった音が紡ぎ出すサウンドスケープから覗く心象風景は夢か現か。そのまま煙を切り裂くようにプログレッシヴな「b.空虚な肖像画」へと滑るように突入し、その後の「c.煙夜の夢(夜が固まる前)」で聴衆は一気に夢の不思議が溶けた現実(それはいつもとほんの少し違うものだろう)へと引き戻されて、長尺の3部構成組曲は幕を閉じる。ペダルスティールとピアノが素朴で情緒的な風景に奥行きを与える「青磁色の空」から、心理的恍惚を伴ったサイケデリックな響きに疑問符を繰り返して「グッド・ナイト」で幕を閉じる。…と思ったのだが、ラスト・ナンバー「グッド・ナイト」を聴いているととても自然に(かつ必然的に!)、1曲目の「プレリュード」へと繋がっていくように思える。まるで夢と現実を隔てていた仕切りの輪郭が溶けて円環を描くように。

『グッド・ナイト』を聴いて、主客が絶えず逆転し続けるストレンジな感覚——夢現の境目にするりと入り込んだ音楽が、次第に自分のもののように錯覚されていくような感覚を得た。夢日記を書き続けた者が、次第に夢で起こった出来事を「もしかして過去にこんなことあったかも?」と現実と錯覚してしまうときみたいに、懐かしく、それでいて新しい記憶が呼び起された。

2014年に生きて、純音楽楽団・森は生きているの音楽に触れないのはあまりにもったいない。彼らは以前「音楽の在り方をリセットしたい」という旨をインタヴューで明かしていた。きっとその思いは2年ほど経った今も健在だろう。やりたいことを詰め込みまくった本アルバムを聴いて、それをひしひしと感じる。決して一部の熱狂的音楽ジャンキーにのみ聴かれる盤ではないだろう。純度の高い探求心を持つ彼らの音楽は、何の変哲もない日常を送る空想家にこそ届くべきだ。

(text by 竹島絵奈)

RECOMMEND

森は生きている / 森は生きている

まさしく10年に1度の逸材と言える若き純音楽楽団、森は生きている。デモCD-Rが軒並みソールド・アウトするなど、デビュー前から異例の注目を集めていた彼らの1stアルバム。これからの邦楽インディ・シーンを牽引する、処女作にして堂々の"マスターピース"が誕生。

>>特集ページはこちらから

吉田ヨウヘイgroup / Smart Citizen

高揚感に満ちたグッド・ミュージックが届けられた。今作から8人編成へと進化を遂げた吉田ヨウヘイgroupの2ndアルバム『Smart Citizen』だ。ギター、ベース、ドラム、ヴォーカルといった基本パートに加え、テナー・サックス、キーボード、フルート、ファゴット、そして女声コーラスからなるアンサンブルは、どこかノスタルジックでありながら、大人数ならではの力強さに溢れている。いわゆる東京インディ・シーンの中で急速に頭角を現しはじめている彼らの音は、ceroや森は生きているなどと近いところにありながら、よりジャズや管弦楽に寄ったものと言えるだろう。

>>特集ページはこちらから

ミツメ / ささやき

前作『eye』を発表して以降、インドネシア・ツアーや、初のワンマン・ライヴを実現させたミツメ。3枚目のアルバムとなる『ささやき』は、現在の4人の気分が反映された新曲のみで構成される。全12曲が目まぐるしく展開し、シリアスさと不真面目さ、緊張感とユルさが交互に現れるサウンド、一聴してミツメとわかる独自性抜群の音像は唯一無二といっても過言ではない。

>>特集ページはこちらから

Yogee New Waves / PARAISO

2014年4月にリリースした『CLIMAX NIGHT e.p.』が大きな話題を呼んだYogee New Wavesが、待望の1stフル・アルバム『PARAISO』をリリース。EPに収録された名曲「Climax Night」「Good Bye」の新録に加え、すでにライヴで人気の楽曲「Hello Ethiopia」「Summer」「Listen」など全9曲を収録。2014年、いま、シーンの最前線でどんな音が鳴らされているのか、それを知るためには、このアルバムを聴くしかない。

>>特集ページはこちらから

LIVE INFORMATION

森は生きている 『グッド・ナイト』ツアー

名古屋公演
会場 : 名古屋 アポロベイス
: 2014年12月27日(土)
開場 / 開演 : 18:30 / 19:00
出演 : 森は生きている 他

福岡公演
会場 : 薬院 UTERO
: 2014年12月28日(日)
開場 / 開演 : 18:30 / 19:00
出演 : 森は生きている

札幌公演
会場 : 札幌 Spiritual Lounge
: 2014年1月18日(日)
開場 / 開演 : 18:30 / 19:00
出演 : 森は生きている

京都公演
会場 : 京都 磔磔
: 2014年1月30日(金)
開場 / 開演 : 18:00 / 19:00
出演 : 森は生きている

東京公演
会場 : 渋谷 クラブクアトロ
: 2014年2月13日(金)
開場 / 開演 : 18:30 / 19:30
出演 : 森は生きている

PROFILE

森は生きている
柔軟な吸収力と表現力を武器に、滋味豊かでいて瑞々しい独自の音楽を生み出す「純音楽楽団」、森は生きている。2012年、リーダーの岡田拓郎(Gt, etc)を中心に東京で活動を開始。その年の末、ファーストCD-R「日々の泡沫」を発表し、自主制作盤にもかかわらず各レコード店にて軒並みソールドアウトを記録。2013年にはP-VINE RECORDSよりファースト・アルバム『森は生きている』をリリース。音楽シーンを代表する作品として各界から高い評価を得、発売を記念して行われた各地でのリリース・ツアーも大盛況のうちに終える。その後もさまざまなイヴェントやフェスへ出演するなど活発な活動を繰り広げるなか、2014年にはファースト・アルバムのアナログ盤をリリース、それに合わせバンド初となるワンマン公演を東京は渋谷WWWにて開催。

カントリー、ソフト・ロック、サイケ、スワンプ・ロック、アンビエント、モンド、トロピカル、ジャズ、ブルース、アフロ、クラシック、現代音楽 etc…。数々の音楽遺産を深く咀嚼しつつもあくまで現代的な表現として昇華する有機的かつ先鋭的なプロダクション、卓越した演奏、そして仄かに文学の匂いが薫る歌詞世界。森は生きているの奏でる音楽が、時代の心象を儚く切り取るように、そこここへ満たされていく…。

>>森は生きている Official HP

o

 
 

インタヴュー

fulaから届いた、新しい旅の報せ──新体制後初のアルバム『ノート』をリリース&インタヴュー掲載!
[CLOSEUP]・2017年10月13日・fulaから届いた、新しい旅の報せ──新体制後初のアルバム『ノート』をリリース&インタヴュー掲載! 雑多な音楽性をポップにまとめあげ、耳にする人の心と体を踊らせる4人組、fula。2016年にギター・石川、ベース・安本、ドラム・髙木が脱退し、それまでのメンバーと作りあげた「楽しい音楽」「踊れる演奏」「情熱」を受け継ぎ、新たにドラム・遠藤、ベース・馬場、ギター・ピギーが加入し。再出発を始めた彼らの新体制1発目となるアルバム『ノート』の発売を記念し、インタヴューを敢行。新譜とともにお楽しみ下さい。 新体制初となるアルバムをドロップfula / ノート'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit / 44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 216円(税込) / アルバム 2160円(税込)【収録曲】''01. Circle of Flame02. スターショア03. のあ 04. Catwalk 05. 航海日誌06. グレイヴダンス 07. よあけ08. クラップユアハンズ09. 散歩道10. 夕焼け 11. 恋のスーパーケイデンス INTERVIEW : fula 突然メンバー3人の脱退
【INTERVIEW】朝も夜も、あなたの心にドッコイセ──Dokkoise Houseの変化し続ける「郊外型」シティ・ポップ
[CLOSEUP]・2017年10月11日・Dokkoise Houseの変化し続ける「郊外型」シティ・ポップ──先行&フリー曲配信開始 cero、そしてSuchmosらの登場によってシティ・ポップの一大ムーブメントが巻き起こった2015~16年。その隆盛を経て、一旦落ち着きつつあるライヴ・シーンのなかで、一層際立つバンドがいる。それがDokkoise House。シティ・ポップを都市から郊外に移したグッド・ミュージックは、都会的な側面と土着性を兼ね備え、HOLIDAY!RECORDSやモナレコードから一気に火が着いた。早耳のリスナーを虜にするその音楽性は、果たしてどこが源流となっているか。また、そのユニークなバンド名の由来は? ジャケットに込められた意味とは? バンド初となるインタヴュー。結成から音楽的なルーツ、そして現状と未来。Dokkoise Houseのそのすべてを露わにする。OTOTOYでは本作を1週間先行で配信するとともに、まずは最初の名刺とも言える彼らのリード曲「Trolly」をなんとフリーで期間限定配信。 毎日の生活にそっと寄り添う郊外型シティ・ポップを1週間先行配信!Dokkoise House / Pilotis Grow'【配
by 中の人
祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!
[CLOSEUP]・2017年10月11日・祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜にする! いま日本で1番ソウルフルでファンクなロック・バンドといえば…… そう、BRADIO! 今年の夏には〈ROCK IN JAPAN FES〉をはじめ、〈SUMMER SONIC〉、〈SWEET LOVE SHOWER〉など数多くのフェスに出演、さらに4月に行われた中野サンプラザワンマン公演をソールドアウトさせるなどその勢いはとどまることを知らない! そして〈WARNER MUSIC JAPAN INC.〉よりメジャー・デビューを果たし、その勢いはさらに加速するばかり。メジャー1作目となる今作『LA PA PARADISE』は、桑田佳祐や、玉置浩二、布袋寅泰を手掛けた藤井丈司をプロデューサーに起用し、BRADIOの力を最大まで引き出した作品となっている。OTOTOYでは今作の配信開始とともに、メンバー4人へのインタヴューを掲載。メジャー・デビューを果たした、いまの彼らに迫った。 祝! メジャー・デビュー! 初シングルをハイレゾ配信開始 BRADIO / LA PA PARADISE(24bit/96kHz)'【配信形
by 岡本 貴之
コーネリアス『Mellow Waves』待望のハイレゾ配信ーーエンジニア高山徹ロング・インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年10月09日・コーネリアス『Mellow Waves』待望のハイレゾ配信ーーエンジニア高山徹ロング・インタヴュー掲載 2017年6月、Cornelius(コーネリアス)が、『sensuous』以来11年ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリースした。坂本慎太郎を作詞に迎えた「あなたがいるなら」、「未来の人へ」をはじめ、“メロウ”と“ウェイヴ”に満たされた全10曲。銅版画家の中林忠良によるモノクロームのジャケットも含め、2017年ひいてはテン年代の代表作になるであろう本作をハイレゾ配信開始する。それを記念し、22歳でフリッパーズ・ギターのレコーディング・エンジニアを務め、今作でもミックス、マスタリングを担当しているエンジニア・高山徹にインタヴューを敢行した。本インタヴューとともに、この大傑作をハイレゾでご堪能ください。 2017年を代表する作品を待望のハイレゾ配信スタートCornelius / Mellow Waves (24bit/96kHz)【配信形態】FLAC、ALAC、WAV(24bit/96kHz)>>ファイル形式について>>ハイレゾとは?【配信価格】アルバム価格 : 2,571円【収録曲】1. あなたがい
「2」の新たな幕開けを告げる1stアルバム『VIRGIN』を配信開始&インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年10月04日・さぁ、やつらの復讐劇のはじまりだ! ──エピソード「2」の幕開けを告げる『VIRGIN』を配信開始! 現在無期限活動休止中のThe SALOVERSのヴォーカリスト、そして最近では俳優として連続テレビ小説『ひよっこ』への出演など、多岐にわたって活躍をする古舘佑太郎。そして銀杏BOYZとしても活動をしている加藤綾太。このふたりを中心に結成された4人組ロック・バンド「2」が〈Youth Records〉より1stアルバム『VIRGIN』をリリース。初期衝動的でありながらストーリーテリングな古舘の歌と、それを彩る、加藤綾太(Gt.)、yucco(dr.)、赤坂真之介(ba.)が織りなすキレ味抜群のオルタナティヴかつ疾走感満載のサウンドは、聴いたものの心にストレートに突き刺さるだろう。さまざまなことがあった過去はもう振り返らない! 4人の若者が紡ぎ出す新たな物語のはじまりを見逃すな! 2(ツー)として初の音源を配信中! 2 / VIRGIN'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 207円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. A
by ?
【EMPiRE】Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER)
[EMPIRE]・2017年10月06日・【EMPiRE】Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER) BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループが誕生した。 その名は、EMPiRE!! エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクト「Project aW」として生まれたEMPiREは、BiSHを手がけているチームが担当を行うという。当初はTwitter“10,000フォロワーで顔の公開”という条件で活動が始まったが、謎のフォロワーの買収などにも見舞われつつ、9月28日、ついに全員の顔が公開された。 少しずつ見え始めたEMPiREの動向に迫る連載第2回目は、EMPiREの衣装制作、そしてアーティスト写真などの撮影・デザインを手がける外林健太へのインタヴューを行なった。BiSHでの衣装制作、撮影を通してクリエイティヴ欲求が高まり、次のステップへと向かう外林はEMPiREでどのような活躍を見せ、どのような役割を担うのか。EMPiREへの期待は高まるばかりだ。 インタヴュー&文 : 西澤裕郎 Epsode0.1 :
by 西澤 裕郎
【伝説再来?!】10月の京都には竜が登る!──飯田仁一郎&成田大致〈ボロフェスタ2017〉開催直前対談
[CLOSEUP]・2017年10月06日・【伝説再来?!】10月の京都には竜が登る!──飯田仁一郎&成田大致〈ボロフェスタ2017〉開催直前対談 2017年10月20日(金)から22日(日)にかけて、京都KBSホールとMETROの2つの会場にて開催される〈ボロフェスタ2017〉。 〈ボロフェスタ〉は、知名度の有無やジャンルに関係なく主催者が「観たい! 呼びたい!」と思うアーティストのみをブッキングし、ボランティア・スタッフと主催者が一緒になって、会場設営から一切のイベント運営までを行う、いわゆる“D.I.Y”の精神でつくりあげられている。 16年目を迎える今年は、ヘッドライナーを務める大森靖子やクリープハイプをはじめ、ペトロールズ、H ZETTRIO、BiSH、yahyelをはじめ、ほかにも注目の若手バンドも多数出演。まさにジャンルや世代、シーンをも越えた新しい出会いがあるだろう。OTOTOYでは〈ボロフェスタ2017〉開催を目前に控えたこのタイミングで、主催者のひとりである飯田仁一郎(Limited Express (has gone?))と、数々の伝説的なエピソードを生んできたロック・フェス〈夏の魔物〉を主催する成田大致(THE 夏の魔物)の対
by 西澤 裕郎
再起動した東京カランコロン、1年9ヶ月ぶりとなるアルバム『東京カランコロン01』をリリース&インタヴュー掲載
[INTERVIEW]・2017年10月04日・新たな風吹く、再起動──東京カランコロン、“ポップなのに泣ける”ニュー・アルバムをリリース!! 男女ツイン・ヴォーカルと個性的な楽曲で中毒者を増やし続けるバンド、東京カランコロンが1年9ヶ月ぶりとなるアルバム『東京カランコロン01』をリリースした。2016年に開催したツアーではファイナル公演を日比谷野外音楽堂で開催し、大盛況のうちに終えた彼らは、今年2017年からライヴハウス・Shibuya eggmanのレーベルである「murffin discs」内に発足した新レーベル「TALTO」に移籍。気持ちと環境を新たにした今作は、タイトルに自らのバンド名に「01」を加えた、まさに再起動を告げるような痛快なポップ作となっている。OTOTOYでは今作のリリースを記念し、ヴォーカリストであるいちろー(Vo.Gt)、せんせい(Vo.Key)を迎えたインタヴューを掲載。再起動し、新たなフェイズに進むカランコロンの今とは!? 新レーベル移籍後初、1年9か月ぶりとなるフル・アルバム東京カランコロン / 東京カランコロン01'【配信形態】AAC【配信価格】単曲 205円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】01
筆者について
同じ筆者による他の記事