2年半ぶりの新作は全編ピアノ・ソロ!

KASHIWA Daisuke / 88

自身の創作活動の他、様々なメディアへの楽曲提供、作家、リミキサー、マスタリング・エンジニアとしても活動しているKASHIWA Daisukeの4thアルバムが完成。今作では、これまでの彼の象徴とも言える緻密な打ち込みやオーディオ・エディットが排除され、ピアノ1台・88鍵によって表現されている。流れる旋律の中に溢れ出す、静謐な響きと力強いメロディー。新たな飛躍の一歩となる一枚を、より立体的な音で楽しめるHQD(24bit/48kHzのwav)で販売開始です。


感覚を解体する

作品を発表するごとに確かな存在感を放つアーティストKASHIWA Daisuke。彼は、主にエレクトロニカをベースに、クラシックやアンビエント、ブレイクコア、プログレッシブ・ロックなどを織り交ぜ、きめ細やかな音作りやエディットで作られるアルバムは常に確かな理念に裏打ちされているようだ。そんな彼の新作『88』は鍵盤の数を示すタイトルの通り、全編ピアノ・ソロによるアルバムだ。今までの作品の中でも常にピアノは使われていたが、今作はアンビエント的な音響処理を施したポスト・クラシカルな作風でもなく、ピアノのための曲がピアノで弾かれていることに本作の主眼がある。

KASHIWA Daisukeの楽曲中のピアノの使われ方は、今までの作品では大体において電子音やビートとともにあり、それを含み込んで鳴らされているものだった。例えばファースト・アルバム『april.#02』のタイトル・トラックでは、ピアノのエモーショナルな旋律が表立っているが、曲が叙情性を高め、盛り上がると共にビートは激しくなり、ノイズの波が曲を覆っていた。これによって、ピアノの奏でる旋律や音の質感によって呼び起こされる感覚に気分が高まるとともに、その感覚を同時進行で解体されているような、気が遠くなる曲だった。前作にしてサード・アルバム『5 Dec.』ではさらにそのアプローチは推し進められていた。アンビエント的な電子音と音響の中で空間に散りばめられるように断片的にピアノのフレーズが配された曲から始まり、メタリックなギターや機械的かつ脅迫的なビートが暴れまわる曲に流れていき、その後にはかすかで揺れるような電子音が現れ、最後にはまた暴力的なノイズが押し寄せる。『5 Dec.』は、繊細な楽曲で内にある感覚に気づかせ、暴力的な楽曲でその感覚を解体し、またその奥にあるものに気づかせる、という構造を持っていたのだ。

そして、ピアノソロの作品である『88』も、そうした流れを十分に感じさせる作品だ。本作では旋律が主体になることによって、KASHIWA Daisukeの持っている表現の要素がとてもコンパクトに集約されてもいる。それは、やはり単にクラシカルなものではなく、彼が基にしている諸々のポップ・ミュージックをピアノ曲の様式に凝縮したものだと感じる。また、弦をハンマーで叩くことによって音を鳴らすピアノは、弦楽器であると同時に打楽器でもあり、メロディを奏でることに長けていると同時に一音一音の響きがよくわかる。こうした楽曲や楽器やの特質は、曲の構造自体をおのずと浮かび上がらせ、この音の並びがこう弾かれるとなぜこんな気持ちになるのか、といった音楽の基本的かつ終わりのない問いに聞き手を導く。様々なスタイルが混ざり合い、溢れかえっているエレクトロニック・ミュージックのシーンにおいて、『88』は出るべくして出た作品なのだろう。(text by 滝沢時朗)

RECOMMEND

kashiwa daisuke / April.#02

ベルリンを拠点に活動するレーベル・onpa)))))の中で最もベストセラー記録更新中の、kashiwa daisukeファースト・アルバム。あまりにも叙情的でクラシカルな音源と電子音楽の見事な融合。

kashiwa daisuke / April.#07

ファースト・アルバム収録曲「april.#02」のリミックス作品。セルフ・リミックスをはじめ、DJ Olive Oil、JEAN-MICHEL、lem、Takeshi Nishimotoがリミキサーとして参加している。

Kyoka / ufunberlinfunfufuliveatnbi2009

2009年4月30日にベルリンのクラブ、NBIで行なわれたkyokaのライブ・レコーディング。トラック・リストの内容は、既発の曲を中心に、オランダ、アムステルダムの『サウンドミュージアム・ドット・FM』というオンライン上のサウンド・アート・ショー・ケースに提供しただけの未発売曲「2zu」、そしてもしかするとこのライブ以降、プレイされないかもしれない曲など、非常に貴重なベルリン・ライブ音源になっています! 観客動員数キャパめいっぱいの500人が詰めかけ、ラスター・ノートンのフランク・ブレットシュナイダー、カヒミ・カリィやもちろんkyokaともコラボ経験のあるモーマスなども応援に駆け寄ったこのライブ会場の様子を、ぜひご堪能あれ。

原田郁子+高木正勝 / TO NA RI

レコーディング・スタジオでの一発録りをライブとして公開し、そこでDSD収録した音源を配信するイベント“Premium Studio Live”。その第2弾として、クラムボンの原田郁子と、映像作家としても活躍する高木正勝の2人を招いて行われた際の記録。会場となったのは東京・市ヶ谷のサウンドインスタジオBstで、天井高のあるスタジオに2台のグランド・ピアノ……STEINWAYのフルコンサート・サイズとセミコンサート・サイズを設置。良質な響きの中で、原田と高木がそれぞれ自由にピアノを弾きながら、お互いの作品を変奏し合うようなセッションが繰り広げられる。原田の力強いボーカル、高木の繊細なボーカルそれぞれの魅力を存分に味わうことができるほか、飛び入りで参加したOLAibiを交えてのリズミックなパートも聴きもの。

PROFILE

学生時代、プログレッシヴ・ロックに影響を受け作曲を始める。2004年にkashiwa daisukeとしてソロ活動を開始し、2006年にドイツのレーベルonpaより1stアルバム『april.#02』をリリース。 翌年8月、nobleレーベルより2ndアルバム『program music I』を発表。2008年9月には、大型野外フェスティバルSense of Wonderに出演。 2009年2月、3rdアルバム『5 Dec.』をnobleよりリリース。 同年6月にはヨーロッパ3ヶ国8都市を廻るツアーを敢行し、世界三大クラブと呼ばれるベルリンのクラブ、BerghainではCLUSTERと共演し、旧ソ連軍の秘密基地跡で毎年開催されるドイツ最大級のフェスティバルFusion Festival 2009にも出演。2010年4月、マカオ、香港を巡るアジアツアーを行う。 自身の創作活動の他、様々なメディアへの楽曲提供、作家、リミキサー、マスタリングエンジニアとしても活動している。

o

 
 

"powerpush"の最新アーカイヴ

callme、1年ぶりの2ndアルバムをハイレゾ配信開始、ライヴ・レポート掲載
[POWERPUSH]・2016年09月28日・これが今のわたしたちーーcallme、最強の2ndアルバムをハイレゾ配信開始&リリース記念ライヴ・レポート セルフ・プロデュース・ガールズユニット、callme。2015年10月にリリースされた1stアルバム『Who is callme?』から約1年で早くも2ndアルバム『This is callme』が到着。1stではアグレッシブさが全面に出ていたが、2ndでは強めな曲はもちろん、等身大でポップな楽曲やバラードまで幅広く「これぞcallme」と言えるアルバムに仕上がった。今回はリリース前の9月16日にヤマハ銀座スタジオにておこなわれた”最新アルバム楽曲ほぼ披露”と銘打ったワンマン・ライヴの模様をレポート。リミックスとあわせ、ぜひハイレゾ音源を聴きながら読んでいただきたい。 callme / This is callme(24bit/48kHz)'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 2,700円(税込)【Track List】01. Sing along / 02. Run Run Run / 03. In my d
KOTOと平野友里の新ユニット「シャオチャイポン」結成! デビュー曲配信開始
[POWERPUSH]・2016年09月26日・ソロ・アイドルとしてより高みを目指すためにーーKOTOと平野友里の新ユニット「シャオチャイポン」結成! 驚異的なダンス・パフォーマンスが武器のKOTOと、”ゆり丸”の愛称で親しまれ、この夏改名した平野友里が新ユニットを結成。デビュー曲「シャオチャイポン」のハイレゾ配信を開始!ソロからユニットへ、気になる互いの思いを直撃インタヴューです。 盟友2人による新ユニット・デビュー曲!!シャオチャイポン / シャオ!チャイ!ポン!(24bit/48kHz)'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC (24bit/48kHz)【配信価格】 単曲 : 278円(税込)【Track List】''01. シャオ!チャイ!ポン! Interview : シャオチャイポン KOTO、平野友里というふたりのソロ・アイドルが新ユニット「シャオチャイポン」を結成した。ゆり丸こと平野友里は初の全国流通音源発売を控え、さらなるステップ・アップのために改名したばかり。一方のKOTOはこの夏、はじめて〈TOKYO IDOL FESTIVAL〉にソロで出演を果たすなど、ふたりともソロで勢いに乗っている。彼女たちがどれだけ自
【OTOTOYアイドル・キャンペーン】期間限定プライス・オフ&南波一海が語る2016年のアイドル・シーン
[POWERPUSH]・2016年09月01日・【OTOTOYアイドル・キャンペーン】期間限定プライス・オフ&南波一海が語る2016年のアイドル・シーン 2016年もすっかり秋が近くなってきました。文化の秋ということで〈OTOTOYアイドル・キャンペーン〉を行っちゃいます!! キャンペーンその1として、レーベル「PENGUIN DISC」を立ち上げたライターの南波一海に2016年のアイドル・シーンについて訊きました。アイドルを追いかけてきたという人はもちろん、最近アイドルに興味を持ったという人にもオススメする記事になっています。そして、キャンペーンその2として、OTOTOYがオススメするアイドル作品、計17作品を期間限定20%プライスオフで配信します。買い逃していた作品も、ハイレゾで聴き直したい作品も、はじめてアイドル作品を聴くという人も、この機会に是非チェックしてみてください!! アイドルの世界はおもしろいですよ!! キャンペーン1 : 南波一海へ2016年のアイドル・シーンを訊いてみた 全国のアイドル現場を巡って自ら入手困難なCD-Rを購入したり、年間100本以上のアイドルへの取材を行うなど精力的に活動されているライターの南波一海。タワーレコードで
by 西澤 裕郎
北園みなみとKORGが奇跡のコラボ! 期間限定フリー・ダウンロード開始
[POWERPUSH]・2016年08月24日・北園みなみとKORGが奇跡のコラボ! 「On the Sunny Side Up Street」期間限定フリー・ダウンロード開始 この夏、シンガー・ソングライターの北園みなみが、電子音楽メーカーのコルグとコラボレーションし楽曲を制作。両者の出会いは2015年の冬までさかのぼる。北園みなみ3枚目のミニ・アルバム『Never Let Me Go』で使用されたシンセ機材のラインナップに感銘を受けたKORGが北園に声をかけ、2016年3月にKORG系列のG-ROKSスタジオ内に80年代のシンセ機材を取り揃えた"80’s Room"が誕生したのをきっかけに「北園の音づくりにぴったりなスタジオで新曲を作ってみてはどうか?」というKORG側の熱い思いにより、インストゥルメンタル作品「On the Sunny Side Up Street」が完成。コルグサイトでも北園へのインタヴュー公開とSOUNDCLOUD視聴が可能だが、OTOTOYでは本楽曲を1ヶ月の期間限定で独占フリー・ダウンロードをおこなうとともに、楽曲制作の場となった80’s Roomにて高橋健太郎が北園みなみにインタヴューをおこなった。 2016年9月24日
台湾インディーズ界屈指のライヴ・バンド落日飛車(Sunset Rollercoaster)による名盤、配信スタート
[POWERPUSH]・2016年08月10日・【あの人の5曲】台湾インディーズ界屈指のライヴ・バンド、落日飛車 【あの人の5曲】とは…新たに楽曲配信がスタートしたミュージシャンに、「OTOTOYで配信している中から自分が好きな5曲」を選択してもらい、選んだ理由とその楽曲に対する思い入れを存分に語ってもらうコーナー! なのだ!! 台湾インディーズ界の重要バンド落日飛車による1st、配信スタート 台湾のインディー・ロック・バンド、落日飛車(Sunset Rollercoaster)が2011年にリリースしたアルバム『Bossa Nova』の配信がスタートした。フォーキーな歌ものにソウル・フィーリングがまぶされ、その根底にはサイケ感が漂う… ソフト・サイケ・ソウルとでも言いたくなる本作は、台湾インディーズ界にて大きな支持を得た。 バンドは本作をリリースした後に活動を休止し、2015年にはメンバーを5人に増やして復活している。今年に入って彼らは日本ツアーを開催、中心メンバーが重なっているバンド森林(Forests)と全国6ヶ所を周っている。また今年に入ってリリースされたEP『Jinji Kikko』は、USインディー・マナーのシンセ・ポップ~ドリーム・ポッ
岡山から世界標準のニューカマー、KEITA SANOがハウス・ミュージックを面白くする──ハイレゾ独占配信
[POWERPUSH]・2016年08月15日・岡山産、世界経由の〈クルーエル〉発、新たなハウスの才能、KEITA SANO──ハイレゾ独占配信 とりあえず、しらなかった人は名前と風貌だけでも憶えていってください…… いや、やっぱり音も聴いて、できれば買ってください! 今後海外も含めたシーンでさらにその名前を見るようになるはず。XTAL(クリスタル)のアルバムに続いて、新人ながら、老舗〈クルーエル〉が異例のアルバム・サイズの作品をこのたびリリースするのは岡山在住のクリエイター、サノ・ケイタ。すでに海外のレーベルで幾多のリリースを重ね、ハウス〜ニュー・ディスコ・シーンで12インチを買い集める人たちに、すでにその名前は知られた存在といえるだろう。そしてこのたび、国内では事実上のデビュー作と言えるアルバム・リリースとなる。 ceroや、最近では石野卓球の最新作のミックスも手がけた、エンジニアの得能直也とともにほぼ1週間で作り上げた、エネルギッシュなグルーヴに彩られたディスコ〜ハウスがパンパンに詰まっている。そんなアルバムだ。OTOTOYでは本作をハイレゾでの独占配信を行うとともにインタヴューを行った。 KEITA SANO / The Sun Child(2
by 河村 祐介
アイドルネッサンス、新メンバー2名を追加し新体制後初シングルをハイレゾ配信開始
[POWERPUSH]・2016年07月26日・8人での新たな挑戦――アイドルネッサンス、新体制後初シングルをハイレゾ配信&南端まいなが熱く語る! アイドルネッサンスの進化がとまらない。新メンバー2名が追加されてから初のシングル『君の知らない物語』ハイレゾ配信を記念して、メンバーの南端まいなが昔から大好きだったという表題曲「君の知らない物語」への思いを熱く語ってもらった。 新メンバー追加後初シングル!アイドルネッサンス / 君の知らない物語【配信形式】ALAC/FLAC/WAV/AAC (24bit/48kHz)【価格】アルバム価格 : 1,944円(税込) 単曲価格 : 324円(税込)※ファイル形式について※ハイレゾの再生方法【収録曲】01. 君の知らない物語/ 02.夏が来た! / 03.トラベラーズ・ハイ / 04. 君の知らない物語(Instrumental) / 05. 夏が来た!(Instrumental) / 06.トラベラーズ・ハイ(Instrumental) 南端まいな、「君の知らない物語」を熱く語る 2014年にデビューした「1950年代から2010年代までの名曲を、歌とダンスでパフォーマンスする“名曲ルネッサンス”にチャレン
LITTLE CREATURES デビュー25周年! ハイレゾ配信& 全員インタヴュー
[POWERPUSH]・2016年07月07日・LITTLE CREATURESデビュー25周年! 全編日本語詞によるニュー・アルバムをハイレゾ独占配信 昨年2015年11月にデビュー25周年を迎えたLITTLE CREATURES。OTOTOY独占ハイレゾ配信中の5年ぶり通算7枚目のオリジナル・アルバム『未知のアルバム』について3人にインタヴュー。さらに、録音とmixを担当した奥田泰次から録音使用機材とコメントも掲載。初の全編日本語詞や、トリオ編成ならではの超ソリッドな音色にも注目して聴いていただきたい。 まとめ購入でデジタル・ブックレットつき!LITTLE CREATURES / 未知のアルバム(24bit/88.2kHz)'【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】まとめ購入のみ 2,700円(税込)【Track List】'' 01. 海原 / 02. 未知の世界 / 03. 夢ならば / 04. 絡めとられて / 05. かんちがい / 06. 声なき者 / 07. 月の顔 / 08. 嘘の朝 / 09. 赤いスカート / 10. 隼飛ぶ / 11. わずかばかり INTERVIEW : LITTLE CREATURE
by 渡辺 裕也
筆者について
滝沢 時朗 (滝沢 時朗)

1982年東京生まれ。twitter ID:@sarigenaginger

同じ筆者による他の記事