2年半ぶりの新作は全編ピアノ・ソロ!

KASHIWA Daisuke / 88

自身の創作活動の他、様々なメディアへの楽曲提供、作家、リミキサー、マスタリング・エンジニアとしても活動しているKASHIWA Daisukeの4thアルバムが完成。今作では、これまでの彼の象徴とも言える緻密な打ち込みやオーディオ・エディットが排除され、ピアノ1台・88鍵によって表現されている。流れる旋律の中に溢れ出す、静謐な響きと力強いメロディー。新たな飛躍の一歩となる一枚を、より立体的な音で楽しめるHQD(24bit/48kHzのwav)で販売開始です。


感覚を解体する

作品を発表するごとに確かな存在感を放つアーティストKASHIWA Daisuke。彼は、主にエレクトロニカをベースに、クラシックやアンビエント、ブレイクコア、プログレッシブ・ロックなどを織り交ぜ、きめ細やかな音作りやエディットで作られるアルバムは常に確かな理念に裏打ちされているようだ。そんな彼の新作『88』は鍵盤の数を示すタイトルの通り、全編ピアノ・ソロによるアルバムだ。今までの作品の中でも常にピアノは使われていたが、今作はアンビエント的な音響処理を施したポスト・クラシカルな作風でもなく、ピアノのための曲がピアノで弾かれていることに本作の主眼がある。

KASHIWA Daisukeの楽曲中のピアノの使われ方は、今までの作品では大体において電子音やビートとともにあり、それを含み込んで鳴らされているものだった。例えばファースト・アルバム『april.#02』のタイトル・トラックでは、ピアノのエモーショナルな旋律が表立っているが、曲が叙情性を高め、盛り上がると共にビートは激しくなり、ノイズの波が曲を覆っていた。これによって、ピアノの奏でる旋律や音の質感によって呼び起こされる感覚に気分が高まるとともに、その感覚を同時進行で解体されているような、気が遠くなる曲だった。前作にしてサード・アルバム『5 Dec.』ではさらにそのアプローチは推し進められていた。アンビエント的な電子音と音響の中で空間に散りばめられるように断片的にピアノのフレーズが配された曲から始まり、メタリックなギターや機械的かつ脅迫的なビートが暴れまわる曲に流れていき、その後にはかすかで揺れるような電子音が現れ、最後にはまた暴力的なノイズが押し寄せる。『5 Dec.』は、繊細な楽曲で内にある感覚に気づかせ、暴力的な楽曲でその感覚を解体し、またその奥にあるものに気づかせる、という構造を持っていたのだ。

そして、ピアノソロの作品である『88』も、そうした流れを十分に感じさせる作品だ。本作では旋律が主体になることによって、KASHIWA Daisukeの持っている表現の要素がとてもコンパクトに集約されてもいる。それは、やはり単にクラシカルなものではなく、彼が基にしている諸々のポップ・ミュージックをピアノ曲の様式に凝縮したものだと感じる。また、弦をハンマーで叩くことによって音を鳴らすピアノは、弦楽器であると同時に打楽器でもあり、メロディを奏でることに長けていると同時に一音一音の響きがよくわかる。こうした楽曲や楽器やの特質は、曲の構造自体をおのずと浮かび上がらせ、この音の並びがこう弾かれるとなぜこんな気持ちになるのか、といった音楽の基本的かつ終わりのない問いに聞き手を導く。様々なスタイルが混ざり合い、溢れかえっているエレクトロニック・ミュージックのシーンにおいて、『88』は出るべくして出た作品なのだろう。(text by 滝沢時朗)

RECOMMEND

kashiwa daisuke / April.#02

ベルリンを拠点に活動するレーベル・onpa)))))の中で最もベストセラー記録更新中の、kashiwa daisukeファースト・アルバム。あまりにも叙情的でクラシカルな音源と電子音楽の見事な融合。

kashiwa daisuke / April.#07

ファースト・アルバム収録曲「april.#02」のリミックス作品。セルフ・リミックスをはじめ、DJ Olive Oil、JEAN-MICHEL、lem、Takeshi Nishimotoがリミキサーとして参加している。

Kyoka / ufunberlinfunfufuliveatnbi2009

2009年4月30日にベルリンのクラブ、NBIで行なわれたkyokaのライブ・レコーディング。トラック・リストの内容は、既発の曲を中心に、オランダ、アムステルダムの『サウンドミュージアム・ドット・FM』というオンライン上のサウンド・アート・ショー・ケースに提供しただけの未発売曲「2zu」、そしてもしかするとこのライブ以降、プレイされないかもしれない曲など、非常に貴重なベルリン・ライブ音源になっています! 観客動員数キャパめいっぱいの500人が詰めかけ、ラスター・ノートンのフランク・ブレットシュナイダー、カヒミ・カリィやもちろんkyokaともコラボ経験のあるモーマスなども応援に駆け寄ったこのライブ会場の様子を、ぜひご堪能あれ。

原田郁子+高木正勝 / TO NA RI

レコーディング・スタジオでの一発録りをライブとして公開し、そこでDSD収録した音源を配信するイベント“Premium Studio Live”。その第2弾として、クラムボンの原田郁子と、映像作家としても活躍する高木正勝の2人を招いて行われた際の記録。会場となったのは東京・市ヶ谷のサウンドインスタジオBstで、天井高のあるスタジオに2台のグランド・ピアノ……STEINWAYのフルコンサート・サイズとセミコンサート・サイズを設置。良質な響きの中で、原田と高木がそれぞれ自由にピアノを弾きながら、お互いの作品を変奏し合うようなセッションが繰り広げられる。原田の力強いボーカル、高木の繊細なボーカルそれぞれの魅力を存分に味わうことができるほか、飛び入りで参加したOLAibiを交えてのリズミックなパートも聴きもの。

PROFILE

学生時代、プログレッシヴ・ロックに影響を受け作曲を始める。2004年にkashiwa daisukeとしてソロ活動を開始し、2006年にドイツのレーベルonpaより1stアルバム『april.#02』をリリース。 翌年8月、nobleレーベルより2ndアルバム『program music I』を発表。2008年9月には、大型野外フェスティバルSense of Wonderに出演。 2009年2月、3rdアルバム『5 Dec.』をnobleよりリリース。 同年6月にはヨーロッパ3ヶ国8都市を廻るツアーを敢行し、世界三大クラブと呼ばれるベルリンのクラブ、BerghainではCLUSTERと共演し、旧ソ連軍の秘密基地跡で毎年開催されるドイツ最大級のフェスティバルFusion Festival 2009にも出演。2010年4月、マカオ、香港を巡るアジアツアーを行う。 自身の創作活動の他、様々なメディアへの楽曲提供、作家、リミキサー、マスタリングエンジニアとしても活動している。

o

 
 

"powerpush"の最新アーカイヴ

丈青、ライヴ・レコーディング作品をDSD11.2MHzで配信開始
[POWERPUSH]・2016年05月10日・DSD11.2MHzの先駆者、丈青のライヴ・レコーディング作品が配信開始!! 2016年3月11日から13日まで表参道のスパイラルを会場に行われた〈HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRAL〉。現在OTOTOYで配信中のフェス内でのレコーディング作品のラインナップ(Suara×真依子、蓮沼執太、大木和音)に満を持して加わったのがSOIL&“PIMP”SESSIONSのピアニスト、丈青。 商用として世界で初めてDSD11.2MHzに挑戦し話題となった彼の前作『I See You While Playing The Piano』と同じスパイラルホールで録音されたのが『re: I See You While Playing The Piano』。前作とはほぼ異なる楽曲をたずさえた本作は、レコーディング&ミックスに奥田泰次、iFi Audio/M2TECHの協力の元、SPIRAL RECORDSよりOTOTOYにて1ヶ月先行配信開始! 彼の重厚なピアノの音色に酔いしれるとともに前作より経た2年間という歳月の軌跡を体感、そして客席とピアノの張りつめた対話をぜひ堪能ください。 丈青 / re:
by 中村 純
サニーデイ・サービス、発売20周年迎えた『東京』が完全リマスタリングでよみがえる
[POWERPUSH]・2016年05月20日・この素晴らしいアルバムを90年代から解放しよう──サニーデイ・サービス『東京』リマスター盤配信 現在に続く東京インディー・シーンの礎を築いたといっても過言ではない、いまなお輝き続けるロック・バンド、サニーデイ・サービス。彼らの作品の中でもひとしお愛され続ける『東京』が、発売から20周年を迎えた。そんなメモリアルな年を記念して、同作はオリジナルマスターテープより全曲完全リマスタリング、"2016年の『東京』"として生まれ変わった。 この作品を、その価値を、今一度見直すときがやってきたのである。現在の若きミュージシャンにも影響力を持つ『東京』の背景にあったものとは、そしていまも色褪せないその理由とは。世界中の土地、街、そこで鳴らされるグルーヴを探求するライター/エディターの大石始が、『東京』を語る。 オリジナルマスターテープより完全リマスタリングされたメモリアル盤!!サニーデイ・サービス / 東京'【Track List】01. 東京02. 恋におちたら03. 会いたかった少女04. もういいかい05. あじさい06. 青春狂走曲07. 恋色の街角08. 真赤な太陽09. いろんなことに夢中になったり飽きた
チェンバロの名器で継承するスパニッシュ・ピアノの絶技──大木和音、DSD11.2MHzライヴ録音作を配信
[POWERPUSH]・2016年05月12日・チェンバロの名器で継承するスパニッシュ・ピアノの絶技──大木和音、DSD11.2MHzライヴ録音作を配信 2016年3月11日から3月13日にかけて行われたハイレゾの祭典、〈HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRAL〉。そのなかでも最終日は、中島ノブユキ、渋谷慶一郎のトーク・ショウやピアニスト丈青の公開ライヴ・レコーディングなどが開催され、ある意味で鍵盤楽器一色に染まった1日だった。 そしてその日、ライヴ・レコーディングに臨んだもうひとりの才女が、ピアノの原型となった鍵盤楽器、チェンバロの奏者として世界で初めてDSD11.2MHzレコーディングを行った大木和音。しかも今回は、同じDSD11.2MHzレコーディングといっても、オーデイエンスを目の前に極限の緊張感をまといながらの録音。彼女の新たな挑戦ともいえるレコーディング作品をOTOTOYで独占配信します。 それにともない大木和音と本公演を企画し世界的に活躍する調律師、狩野真のふたりを迎えてインタヴューを敢行。本作ができるまでの裏側やOTOTOYではあまり馴染みのないかもしれないチェンバロの魅力を大いに語ってもらった。 大木和音 /
by JJ
Have a Nice Day! の新作を1週間先行配信開始&ネイチャー$EKIとの対談掲載!!
[POWERPUSH]・2016年05月04日・ハバナイ新作登場! そして東京アンダーグラウンドの双璧、ハバナイ浅見北斗とNDG $EKIが語るシーンの"これからと未来" 2015年11月、クラウド・ファンディングにより『Dystopia Romance』のフリー・リリース・パーティーを恵比寿リキッドルームで成功させたHave a Nice Day! (以下、ハバナイ)。そしてその模様をとらえた『Dystopia Romance release party@LIQUIDROOM』や、アンセム集ベスト『Anthem for Living Dead Floor』など、彼らは昨年末から今年にかけて立て続けに作品を送り出してきた。 その飛ぶ鳥を落とす勢いのハバナイが新作『Dystopia Romance 2.0』をリリース。新たなアンセムと呼ぶにふさわしい「ファウスト」やとびっきりラヴリーな「LOVE SUPREME」、さらにworld's end girlfriendとコラボを果たした「NEW ROMANCE」など全6曲が収録されている。 そんな本作をOTOTOYでは1週間先行配信を開始!! それにともないハバナイ浅見北斗、同じ東京アンダーグラウンド・シーンで
by JJ
2016年、最大の問題作にして大名盤!!ーLess Than TV主宰、FUCKERこと谷ぐち順、衝撃の1stソロ・アルバム・リリース!!
[POWERPUSH]・2016年04月22日・2016年、最大の問題作にして大名盤! ! Less Than TV主宰、FUCKERこと谷ぐち順、衝撃の1stソロ・アルバム・リリース! ! 君はカスか? もし君がカスで、FUCKERを聴いたことがないのなら、今すぐにでも聴くべきだ。 20数年に渡り、日本のアンダーグラウンド・シーンを切り拓き続けてきているレーベル、Less Than TV。そのレーベル・オーナーとして、数々の素晴らしいバンドたちを送り出してきただけではなく、自らもU.G MANやGOD’S GUTS、we are the world、younGSounds、idea of a joke等のバンドで活躍してきた男、谷ぐち順。諸事情により、フォーク・シンガー"FUCKER"となって数年、自らの私生活をさらけ出しながら、日々の喜怒哀楽を時にファニーに、時にシリアスに、そしてハードコア・パンクスとしてのラディカルさと、ポリティカルなメッセージを込めて歌う姿は、唯一無二以外の何者でも無い。 そんな男が産み出した渾身のソロ・1stアルバムは、伊豆にて録音が行われ、エンジニアとしてAxSxE(NATSUMEN)が参加。むき出しの魂が隅から隅にまで
でんぱ組.inc、待望のニュー・アルバムをハイレゾ配信!
[POWERPUSH]・2016年04月27日・新しい冒険への果敢な挑戦ーーでんぱ組.inc、待望のニュー・アルバムをハイレゾ配信 でんぱ組.incが前作からおよそ1年ぶりのアルバムをリリース。ゆず北川悠仁 × ヒャダインによる「おつかれサマー!」や、漫画家・浅野いにお作詞「あした地球がこなごなになっても」、配信シングルに加え、もちろん新曲も収録された全15曲は、アルバム・タイトルどおり「GOGO」な内容に! どの曲も音がとても緻密なので、ハイレゾでお聴きいただくのがオススメです! でんぱ組.inc / GOGO DEMPA'【配信形態】(左)(24bit/48kHz) WAV / ALAC / FLAC / AAC(右)(16bit/44.1kHz) WAV / ALAC / FLAC / AAC【配信価格】(税込) (左)単曲 324円 / まとめ価格 3,240円(右)単曲 257円 / まとめ価格 2,057円【Track List】 ''01. GOGO DEMPA / 02. 破! to the Future / 03. ファンファーレは僕らのために / 04. 惑星★聖歌 〜Planet Anthem〜 / 05. STAR☆ットしちゃうぜ
エゴラッピン、20周年の軌道を収めたベスト盤をリリース
[POWERPUSH]・2016年04月23日・ルーディ、エレガント、そしてスウィング──エゴラッピン20年目のベスト&カヴァー・アルバム 圧倒的な歌声を持った中納良恵と唯一無二のソング・ライターであり、ギタリストでもある森雅樹によるユニット、エゴラッピン。1996年結成、1990年代後半には大阪から音楽シーンへと颯爽と現れ、今年は記念すべき、活動20年目の節目となる。そんな20周年を迎える今年は全国ツアー「EGO-WRAPPIN' live tour "ROUTE 20 HIT THE ROAD"」や、その集大成ともいえる11月27日(日)の日本武道館公演が決まっている。さて、そんな節目の年に、まずはここにCD3枚組分のベスト盤『ROUTE 20 HIT THE ROAD』がリリースされた。2枚分の内容はいわゆるベスト盤、そして残り1枚分には、デヴィッド・ボウイやカーティス・メイフィールドから、彼らの真骨頂とも言える昭和歌謡、そして“たま”のあの曲まで手がけた、色彩豊かなカヴァー集を併録している。こちらは彼らの音楽的ルーツを反映させたものだとか。彼らのそのセンスを存分に味わうことのできる作品となっている。 EGO-WRAPPIN’ / ROUTE 20
【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――【第10回】M2TECH「JOPLIN MK2」
[POWERPUSH]・2016年04月21日・高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――ハイレゾ/PCオーディオ研究室――【第10回】M2TECH「JOPLIN MKII」 近年、アナログ・レコードの復権という話題がメディアを賑わせるようになった。日本レコード協会によれば、2015年の日本国内のアナログ・レコードの売り上げは前年比165%に増加したという。アメリカやヨーロッパでも同じような増加傾向にあるという。 僕自身、一時期はCDでは手に入らない古い音源を中古レコードで探すだけになっていたのが、最近はまた新譜をアナログ・レコードで買うことが多くなった。すると、アナログ・オーディオ機器への興味も再燃し、レコード・プレイヤーやフォノ・イコライザーをあらたに買ったりもしている。 デジタル・ファイルによる音楽配信ビジネスに関わっている僕が、アナログ・レコードのファンであるというのは矛盾しているように見えるかもしれない。が、16bit/44.1kHzというCDの規格に疑問を抱いたそもそものきっかけは、アナログ・レコードのサウンドの方が良いと思える作品が少なくなかったからだ。 16bit/44.1kHzのPCMもよりも良い音を求めて、ハイレゾのデジタル・ファイルへ