2年半ぶりの新作は全編ピアノ・ソロ!

KASHIWA Daisuke / 88

自身の創作活動の他、様々なメディアへの楽曲提供、作家、リミキサー、マスタリング・エンジニアとしても活動しているKASHIWA Daisukeの4thアルバムが完成。今作では、これまでの彼の象徴とも言える緻密な打ち込みやオーディオ・エディットが排除され、ピアノ1台・88鍵によって表現されている。流れる旋律の中に溢れ出す、静謐な響きと力強いメロディー。新たな飛躍の一歩となる一枚を、より立体的な音で楽しめるHQD(24bit/48kHzのwav)で販売開始です。


感覚を解体する

作品を発表するごとに確かな存在感を放つアーティストKASHIWA Daisuke。彼は、主にエレクトロニカをベースに、クラシックやアンビエント、ブレイクコア、プログレッシブ・ロックなどを織り交ぜ、きめ細やかな音作りやエディットで作られるアルバムは常に確かな理念に裏打ちされているようだ。そんな彼の新作『88』は鍵盤の数を示すタイトルの通り、全編ピアノ・ソロによるアルバムだ。今までの作品の中でも常にピアノは使われていたが、今作はアンビエント的な音響処理を施したポスト・クラシカルな作風でもなく、ピアノのための曲がピアノで弾かれていることに本作の主眼がある。

KASHIWA Daisukeの楽曲中のピアノの使われ方は、今までの作品では大体において電子音やビートとともにあり、それを含み込んで鳴らされているものだった。例えばファースト・アルバム『april.#02』のタイトル・トラックでは、ピアノのエモーショナルな旋律が表立っているが、曲が叙情性を高め、盛り上がると共にビートは激しくなり、ノイズの波が曲を覆っていた。これによって、ピアノの奏でる旋律や音の質感によって呼び起こされる感覚に気分が高まるとともに、その感覚を同時進行で解体されているような、気が遠くなる曲だった。前作にしてサード・アルバム『5 Dec.』ではさらにそのアプローチは推し進められていた。アンビエント的な電子音と音響の中で空間に散りばめられるように断片的にピアノのフレーズが配された曲から始まり、メタリックなギターや機械的かつ脅迫的なビートが暴れまわる曲に流れていき、その後にはかすかで揺れるような電子音が現れ、最後にはまた暴力的なノイズが押し寄せる。『5 Dec.』は、繊細な楽曲で内にある感覚に気づかせ、暴力的な楽曲でその感覚を解体し、またその奥にあるものに気づかせる、という構造を持っていたのだ。

そして、ピアノソロの作品である『88』も、そうした流れを十分に感じさせる作品だ。本作では旋律が主体になることによって、KASHIWA Daisukeの持っている表現の要素がとてもコンパクトに集約されてもいる。それは、やはり単にクラシカルなものではなく、彼が基にしている諸々のポップ・ミュージックをピアノ曲の様式に凝縮したものだと感じる。また、弦をハンマーで叩くことによって音を鳴らすピアノは、弦楽器であると同時に打楽器でもあり、メロディを奏でることに長けていると同時に一音一音の響きがよくわかる。こうした楽曲や楽器やの特質は、曲の構造自体をおのずと浮かび上がらせ、この音の並びがこう弾かれるとなぜこんな気持ちになるのか、といった音楽の基本的かつ終わりのない問いに聞き手を導く。様々なスタイルが混ざり合い、溢れかえっているエレクトロニック・ミュージックのシーンにおいて、『88』は出るべくして出た作品なのだろう。(text by 滝沢時朗)

RECOMMEND

kashiwa daisuke / April.#02

ベルリンを拠点に活動するレーベル・onpa)))))の中で最もベストセラー記録更新中の、kashiwa daisukeファースト・アルバム。あまりにも叙情的でクラシカルな音源と電子音楽の見事な融合。

kashiwa daisuke / April.#07

ファースト・アルバム収録曲「april.#02」のリミックス作品。セルフ・リミックスをはじめ、DJ Olive Oil、JEAN-MICHEL、lem、Takeshi Nishimotoがリミキサーとして参加している。

Kyoka / ufunberlinfunfufuliveatnbi2009

2009年4月30日にベルリンのクラブ、NBIで行なわれたkyokaのライブ・レコーディング。トラック・リストの内容は、既発の曲を中心に、オランダ、アムステルダムの『サウンドミュージアム・ドット・FM』というオンライン上のサウンド・アート・ショー・ケースに提供しただけの未発売曲「2zu」、そしてもしかするとこのライブ以降、プレイされないかもしれない曲など、非常に貴重なベルリン・ライブ音源になっています! 観客動員数キャパめいっぱいの500人が詰めかけ、ラスター・ノートンのフランク・ブレットシュナイダー、カヒミ・カリィやもちろんkyokaともコラボ経験のあるモーマスなども応援に駆け寄ったこのライブ会場の様子を、ぜひご堪能あれ。

原田郁子+高木正勝 / TO NA RI

レコーディング・スタジオでの一発録りをライブとして公開し、そこでDSD収録した音源を配信するイベント“Premium Studio Live”。その第2弾として、クラムボンの原田郁子と、映像作家としても活躍する高木正勝の2人を招いて行われた際の記録。会場となったのは東京・市ヶ谷のサウンドインスタジオBstで、天井高のあるスタジオに2台のグランド・ピアノ……STEINWAYのフルコンサート・サイズとセミコンサート・サイズを設置。良質な響きの中で、原田と高木がそれぞれ自由にピアノを弾きながら、お互いの作品を変奏し合うようなセッションが繰り広げられる。原田の力強いボーカル、高木の繊細なボーカルそれぞれの魅力を存分に味わうことができるほか、飛び入りで参加したOLAibiを交えてのリズミックなパートも聴きもの。

PROFILE

学生時代、プログレッシヴ・ロックに影響を受け作曲を始める。2004年にkashiwa daisukeとしてソロ活動を開始し、2006年にドイツのレーベルonpaより1stアルバム『april.#02』をリリース。 翌年8月、nobleレーベルより2ndアルバム『program music I』を発表。2008年9月には、大型野外フェスティバルSense of Wonderに出演。 2009年2月、3rdアルバム『5 Dec.』をnobleよりリリース。 同年6月にはヨーロッパ3ヶ国8都市を廻るツアーを敢行し、世界三大クラブと呼ばれるベルリンのクラブ、BerghainではCLUSTERと共演し、旧ソ連軍の秘密基地跡で毎年開催されるドイツ最大級のフェスティバルFusion Festival 2009にも出演。2010年4月、マカオ、香港を巡るアジアツアーを行う。 自身の創作活動の他、様々なメディアへの楽曲提供、作家、リミキサー、マスタリングエンジニアとしても活動している。

o

はてブに追加
 
 
"powerpush"の最新アーカイヴ
Negicco、矢野博康プロデュースの5ヶ月ぶりとなるシングルをハイレゾ配信!!
[POWERPUSH]・2014年04月18日・Negicco、矢野博康プロデュース&奇妙礼太郎トラベルスイング楽団も参加のシングルをハイレゾ配信!! Negicco、約5ヶ月ぶりとなるシングルをハイレゾ・リリース!! タイトル曲「トリプル! WONDERLAND」は、元Cymbalsのドラマーで、現在は南波志帆のサウンド・プロデュースや花澤香菜、中島愛、RHYMESTERなどへの楽曲提供など幅広く活躍する矢野博康がプロデュース。カップリング曲「ライフ・イズ・キャンディ・トラベル」はNegiccoのプロデューサーconnieが書き下ろし、編曲と演奏を奇妙礼太郎トラベルスイング楽団が務めている。結成11年目を迎え、たしかな実力と幅広い楽曲で広い世界で勝負している彼女たち。OTOTOYはいつまでも追い続けますよ!! 現場の熱気とあわせて、ハイレゾでじっくり音源をお楽しみください!! 矢野博康プロデュースのシングルをハイレゾ配信Negicco / トリプル! WONDERLAND(24bit/44.1kHz)【配信価格】HQD(24bit/44.1Hz) 単曲 200円 / まとめ購入 1,199円【Track List】1. トリプル! WONDERLAN
by もり
R&Bの人気アーティストたちによるカヴァー・アルバムをハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2014年04月16日・ザ・タイマーズからスピッツまでーー人気R&BアーティストたちによるJ-POPの名曲カバー集をハイレゾで!! 忌野清志郎率いるザ・タイマーズの「デイ・ドリーム・ビリーバー〜DAY DREAM BELIEVER〜」や、ORIGINAL LOVEの「接吻-Kiss-」、スピッツの「チェリー」など、誰もが一度は耳にしたことがある名曲を、R&B界の人気アーティストたちがカバー。今作ではTEE、LEO、山口リサなど、若者を中心に支持を集める全10組のアーティストが参加。AIやBENI、三浦大知なども手掛ける、Tiny Voice,Productionのプロデューサー陣が楽曲アレンジを行っている。原曲の良さはそのままに新しく生まれ変わった楽曲を、是非聴いてみてはいかがだろう。 V.A./ be… Covers-RESPECT FOR SONGS-(24bit/44.1kHz)【配信価格】HQD(24bit/44.1kHz) 単曲 257円 / まとめ価格 2,100円【Track List】1. チェリー (AYUSE KOZUE)2. Daydream Believer (TEE)3. つつみ込むように… (山口リサ
【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――第3回 Astell&Kern「AK240」(前編)
[POWERPUSH]・2014年04月17日・高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――ハイレゾ/PCオーディオ研究室――【第3回】Astell&Kern「AK240」(前編) ハイレゾ対応のポータブル・オーディオ・プレイヤーが人気を集める昨今だが、中でも話題沸騰しているのが、今年の2月終わりに発売されたAstell&KernのAK240だ。2月8日に中野サンプラザで開催された「ポタ研」でのAK240の発表会では、僕もゲスト・スピーチをさせてもらったが、その後、さらに製品を自宅でロングラン・テストすることもできた。そこで、今回~次回のOTO-TOY-LABは、そのレポートにあててみたい。 DSDネイティヴ再生も可能なフラッグシップ機Astell&Kernは、1990年代の終わりからポータブルなオーディオ機器を手掛けてきた韓国のiriverが、高級ラインナップのためのブランドとして作ったものだ。僕がAstell&Kernの製品に強い興味を惹かれたのは、昨年の6月に発売されたAK120によってだった。その音質の評判を聞いて、試聴してみたところ、いや、ビックリした。アップルのiPodに代表されるようなポータブル・オーディオ・プレイヤーは、DAPという略称(デジ
【連載】大学生、佐久間望が追いかける桐嶋ノドカ――file.5「ドキドキ! 初インタヴュー!!」前編
[POWERPUSH]・2014年04月16日・大学生、佐久間望が追いかける桐嶋ノドカ――file.5「ドキドキ! 初インタヴュー!!」前編 新人女性シンガー・ソングライター、桐嶋ノドカを追いかける連載の第5回。ついに夢が実現しました! 前回の連載で直接本人にお願いしてしまうくらい、佐久間さんの念願だったインタヴュー。取材前はガチガチに緊張していた佐久間さんですが、いざ始まってしまえば堂々としたもの。終始和やかな雰囲気で、初体験のインタヴューとは思えないほど、しっかりと桐嶋ノドカの活動に迫っていました。今回の連載では、1時間に及んだインタヴューの前半部分を公開します。大好評のため期間延長が決定した「ボーダーライン (DEMO ver.)」のフリー・ダウンロードとあわせて、ぜひチェックしてみてくださいね。 >>大好評!! 「ボーダーライン (DEMO ver.)」のフリーDLはこちら(期間延長中) ドキドキ! 初インタヴュー!!つ・い・にインタヴューしちゃいました!! 何もかもが初体験で、超緊張&超不安な私(佐久間)でしたが、なんと桐嶋さんも初インタヴューだったとか! 「初めて同士、がんばりましょ!」って言ってもらえて、少しだけ気持ちが楽になりました。聞き
非常階段の美川俊治、T.美川名義でのソロ・アルバムをリリース!
[POWERPUSH]・2014年04月16日・BiSに捧げる“劇薬”全6曲――T.美川(インキャパシタンツ / 非常階段)、ソロ・アルバムの衝撃を体感せよ 非常階段のノイズ・サウンドの要であり、ノイズ・ユニット“インキャパシタンツ”のリーダーでもあるT.美川のソロ・アルバム『BLOODY, INNOCENT AND STRATEGIC』がリリース! “BiS階段”でのコラボで話題をさらったアイドル・ユニット、BiSに捧げた作品であるという今作。その内容は、全曲轟音のノイズが埋め尽くす全6曲! 日本が世界に誇るノイズの真髄が凝縮されている1枚です。 T.美川 / Bloody, innocent and Strategic【価格】alac / flac / wav : 単曲 200円 / アルバム購入 1000円mp3 : 単曲 150円 / アルバム購入 750円【Track List】1. Bloody, innocent and Strategic2. Beyond internal Split3. Bring impossible Satisfaction4. Breathless incubus Sophisticated5. Burning
by もり
MUTA、特定レコード店でしか入手できないEPを独占配信&インタヴュー!! HIP HOPライター斎井直史によるガチンコ不定期連載「Intersection」始動
[POWERPUSH]・2014年04月13日・【独占配信あり】HIP HOPライター斎井直史によるガチンコ連載「Intersection」始動!!ーー第1弾特集アーティストは、MUTA これまで、興味を持ったアーティストに直接接触することでリリース情報を掴み、記事にしてきたヒップホップ・ライター、斎井直史。そんな彼による連載がOTOTOYでスタートする!! 扱う対象は、レーベルを通した作品だけでなく、手売り音源、ネットで活動しているアーティストの音源、ライヴに徹しているアーティストの音源まで… 要するにすべて!! 斎井がいま熱いと思えるアーティストをみつけては、アポ取りから配信契約までを行う、まさにガチンコのDIY企画である。それゆえ、ホットなリリースのみならず、突如として独占音源やインタヴューが飛び込んでくることも当たり前。熱いアーティストが増えれば増えるほど、このコーナーも熱さを増していく。がんばれ、斎井! おまえの骨はOTOTOYが拾ってやる! Fivestar Recordsの切り札、MUTAのEPを独占配信!!MUTA from YNGDRNK / MutaEP【配信価格】 wav、mp3ともに 単曲 250円 / まとめ価格 1,25
by 斎井 直史
ヒカシューの佐藤正治率いるMASSA、過去の2作がハイレゾで蘇る!
[POWERPUSH]・2014年04月12日・名エンジニアの“最期の手紙”がハイレゾで蘇る――佐藤正治(ヒカシュー)率いるMASSA、過去作をハイレゾ・リリース ヒカシューの佐藤正治を中心に結成された3人組、MASSAが過去2作をハイレゾ・リリース(『MASSA1(24bit/96kHz)』、『MASSAⅡ(24bit/192kHz & DSD5.6MHz dsd + mp3)』)。ダイナミックで情熱的でありながらロマンチック、ジャンルの枠に囚われないサウンドで幅広い層に支持されている彼ら。名エンジニアを迎えて制作された作品を是非ハイレゾで、音の深みも広がりもそのままのサウンドを体感してみてはいかがでしょうか。メンバー3人へのインタヴューと合わせてご堪能ください。 『MASSA1』『MASSAⅡ』をハイレゾ配信開始!MASSA / MASSA1空間を旅する三つの心が“MASSA”という音となった遥かなる声、大地のリズム、彩りを操る鍵盤、空駆ける擦弦その音は激情的で暖かく、ロマンチックでパワフル【収録曲】1. 歌う満月2. I Climb Your Mountain3. APOLOGY 20054. Meet Your Child5. 風の掟【配信価格】
アニコレのエイヴィ・テア新バンド、Avey Tare's Slasher Flicksが1stアルバムをリリース!
[POWERPUSH]・2014年04月09日・このサイケデリア、不気味で愉快なピエロのようだ――アニコレのエイヴィ・テア率いるAvey Tare's Slasher Flicks、鮮烈デビュー アニマル・コレクティヴのメイン・ソングライター、エイヴィ・テア率いる新バンド… その名も、“エイヴィ・テアズ・スラッシャー・フリックス”! 気になるバンド・メンバーはなんと、ダーティ・プロジェクターズのエンジェル・デラドゥーリアン、ポニーテイルやボアダムスで活躍するジェレミー・ハイマン。USインディーが凝縮されたような超豪華な顔ぶれの3人組が放つのは、エイヴィ・テアらしいポップでユニークなセンス満載、それでいてグルーヴ感に溢れたサウンド。表情を変えながら展開されるドリーミーな世界は、アニコレ好きはもちろんそうでない人にも堪らない一枚です! Avey Tare's Slasher Flicks / Enter The Slasher House【価格】alac、flac、wav ともに 単曲 205円 / まとめ購入 1,543円【Track List】1. A Sender2. Duplex Trip3. Blind Babe4. Little Fang5. C
by 吉野 敬一郎
 
筆者について
滝沢 時朗 (滝沢 時朗)

1982年東京生まれ。twitter ID:@sarigenaginger

同じ筆者による他の記事