2年半ぶりの新作は全編ピアノ・ソロ!

KASHIWA Daisuke / 88

自身の創作活動の他、様々なメディアへの楽曲提供、作家、リミキサー、マスタリング・エンジニアとしても活動しているKASHIWA Daisukeの4thアルバムが完成。今作では、これまでの彼の象徴とも言える緻密な打ち込みやオーディオ・エディットが排除され、ピアノ1台・88鍵によって表現されている。流れる旋律の中に溢れ出す、静謐な響きと力強いメロディー。新たな飛躍の一歩となる一枚を、より立体的な音で楽しめるHQD(24bit/48kHzのwav)で販売開始です。


感覚を解体する

作品を発表するごとに確かな存在感を放つアーティストKASHIWA Daisuke。彼は、主にエレクトロニカをベースに、クラシックやアンビエント、ブレイクコア、プログレッシブ・ロックなどを織り交ぜ、きめ細やかな音作りやエディットで作られるアルバムは常に確かな理念に裏打ちされているようだ。そんな彼の新作『88』は鍵盤の数を示すタイトルの通り、全編ピアノ・ソロによるアルバムだ。今までの作品の中でも常にピアノは使われていたが、今作はアンビエント的な音響処理を施したポスト・クラシカルな作風でもなく、ピアノのための曲がピアノで弾かれていることに本作の主眼がある。

KASHIWA Daisukeの楽曲中のピアノの使われ方は、今までの作品では大体において電子音やビートとともにあり、それを含み込んで鳴らされているものだった。例えばファースト・アルバム『april.#02』のタイトル・トラックでは、ピアノのエモーショナルな旋律が表立っているが、曲が叙情性を高め、盛り上がると共にビートは激しくなり、ノイズの波が曲を覆っていた。これによって、ピアノの奏でる旋律や音の質感によって呼び起こされる感覚に気分が高まるとともに、その感覚を同時進行で解体されているような、気が遠くなる曲だった。前作にしてサード・アルバム『5 Dec.』ではさらにそのアプローチは推し進められていた。アンビエント的な電子音と音響の中で空間に散りばめられるように断片的にピアノのフレーズが配された曲から始まり、メタリックなギターや機械的かつ脅迫的なビートが暴れまわる曲に流れていき、その後にはかすかで揺れるような電子音が現れ、最後にはまた暴力的なノイズが押し寄せる。『5 Dec.』は、繊細な楽曲で内にある感覚に気づかせ、暴力的な楽曲でその感覚を解体し、またその奥にあるものに気づかせる、という構造を持っていたのだ。

そして、ピアノソロの作品である『88』も、そうした流れを十分に感じさせる作品だ。本作では旋律が主体になることによって、KASHIWA Daisukeの持っている表現の要素がとてもコンパクトに集約されてもいる。それは、やはり単にクラシカルなものではなく、彼が基にしている諸々のポップ・ミュージックをピアノ曲の様式に凝縮したものだと感じる。また、弦をハンマーで叩くことによって音を鳴らすピアノは、弦楽器であると同時に打楽器でもあり、メロディを奏でることに長けていると同時に一音一音の響きがよくわかる。こうした楽曲や楽器やの特質は、曲の構造自体をおのずと浮かび上がらせ、この音の並びがこう弾かれるとなぜこんな気持ちになるのか、といった音楽の基本的かつ終わりのない問いに聞き手を導く。様々なスタイルが混ざり合い、溢れかえっているエレクトロニック・ミュージックのシーンにおいて、『88』は出るべくして出た作品なのだろう。(text by 滝沢時朗)

RECOMMEND

kashiwa daisuke / April.#02

ベルリンを拠点に活動するレーベル・onpa)))))の中で最もベストセラー記録更新中の、kashiwa daisukeファースト・アルバム。あまりにも叙情的でクラシカルな音源と電子音楽の見事な融合。

kashiwa daisuke / April.#07

ファースト・アルバム収録曲「april.#02」のリミックス作品。セルフ・リミックスをはじめ、DJ Olive Oil、JEAN-MICHEL、lem、Takeshi Nishimotoがリミキサーとして参加している。

Kyoka / ufunberlinfunfufuliveatnbi2009

2009年4月30日にベルリンのクラブ、NBIで行なわれたkyokaのライブ・レコーディング。トラック・リストの内容は、既発の曲を中心に、オランダ、アムステルダムの『サウンドミュージアム・ドット・FM』というオンライン上のサウンド・アート・ショー・ケースに提供しただけの未発売曲「2zu」、そしてもしかするとこのライブ以降、プレイされないかもしれない曲など、非常に貴重なベルリン・ライブ音源になっています! 観客動員数キャパめいっぱいの500人が詰めかけ、ラスター・ノートンのフランク・ブレットシュナイダー、カヒミ・カリィやもちろんkyokaともコラボ経験のあるモーマスなども応援に駆け寄ったこのライブ会場の様子を、ぜひご堪能あれ。

原田郁子+高木正勝 / TO NA RI

レコーディング・スタジオでの一発録りをライブとして公開し、そこでDSD収録した音源を配信するイベント“Premium Studio Live”。その第2弾として、クラムボンの原田郁子と、映像作家としても活躍する高木正勝の2人を招いて行われた際の記録。会場となったのは東京・市ヶ谷のサウンドインスタジオBstで、天井高のあるスタジオに2台のグランド・ピアノ……STEINWAYのフルコンサート・サイズとセミコンサート・サイズを設置。良質な響きの中で、原田と高木がそれぞれ自由にピアノを弾きながら、お互いの作品を変奏し合うようなセッションが繰り広げられる。原田の力強いボーカル、高木の繊細なボーカルそれぞれの魅力を存分に味わうことができるほか、飛び入りで参加したOLAibiを交えてのリズミックなパートも聴きもの。

PROFILE

学生時代、プログレッシヴ・ロックに影響を受け作曲を始める。2004年にkashiwa daisukeとしてソロ活動を開始し、2006年にドイツのレーベルonpaより1stアルバム『april.#02』をリリース。 翌年8月、nobleレーベルより2ndアルバム『program music I』を発表。2008年9月には、大型野外フェスティバルSense of Wonderに出演。 2009年2月、3rdアルバム『5 Dec.』をnobleよりリリース。 同年6月にはヨーロッパ3ヶ国8都市を廻るツアーを敢行し、世界三大クラブと呼ばれるベルリンのクラブ、BerghainではCLUSTERと共演し、旧ソ連軍の秘密基地跡で毎年開催されるドイツ最大級のフェスティバルFusion Festival 2009にも出演。2010年4月、マカオ、香港を巡るアジアツアーを行う。 自身の創作活動の他、様々なメディアへの楽曲提供、作家、リミキサー、マスタリングエンジニアとしても活動している。

o

はてブに追加
 
 
"powerpush"の最新アーカイヴ
まさに集大成! 孤高の音楽家、ロバート・ワイアットの全キャリアを網羅するベスト音源を配信
[POWERPUSH]・2014年12月20日・まさに集大成! 希代の音楽家、ロバート・ワイアットの全キャリアを凝縮したベスト・アルバムを配信 1967年から音楽活動を開始し、ありとあらゆるジャンル、シーンに絶大な影響を与えてきた、音楽家ロバート・ワイアット。ソフトマシーンでのジャズ・ロックから、ソロに至るまで類い稀なるシンガーとしての才能を発揮し、UKシーンはもちろんのこと、あらゆるシーンに影響を与えてきた。そして今回、この偉大な音楽家のキャリアを凝縮したアーカイブ集、『Different Every Time』が発売された。本作は「EX MACHINA」(超展開)と「BENIGN DICTATORSHIPS」(優しき独裁者達)の2部で構成されている。「EX MACHINA」では、ソフト・マシーン時代からソロ最新作にいたるまでの選出音源、「BENIGN DICTATORSHIPS」では、ジョン・ケージやビョークなどのあらゆるミュージシャンとの共作 / 共演楽曲、といった内容だ。このページでは本作を軸に、彼の音楽的“遍歴”を収録曲順にご紹介。ぜひ音源とともに、お楽しみください。 Robert Wyatt / Different Every Time'【
ロサンゼルスの新鋭レーベル、Soulectionに迫るインタヴュー掲載!! HIP HOPライター斎井直史によるガチンコ不定期連載「Intersection」Vol.2
[POWERPUSH]・2014年12月13日・HIP HOPライター斎井直史によるガチンコ連載「INTERSECTION」第2弾特集は、ロサンゼルスの新鋭レーベル、Soulection これまで、興味を持ったアーティストに直接接触することでリリース情報を掴み、記事にしてきたヒップホップ・ライター、斎井直史。そんな彼によるガチンコ連載「INTERSECTION」!! 扱う対象は、レーベルを通した作品だけでなく、手売り音源、ネットで活動しているアーティストの音源、ライヴに徹しているアーティストの音源まで… 要するにすべて!! 斎井がいま熱いと思えるアーティストをみつけては、アポ取りから配信契約までを行う、まさにガチンコのDIY企画。それゆえ、ホットなリリースのみならず、突如として独占音源やインタヴューが飛び込んでくることも当たり前。熱いアーティストが増えれば増えるほど、このコーナーも熱さを増していく。がんばれ、斎井! おまえの骨はOTOTOYが拾ってやる! 連載2回目となる今回は、海を飛び越え、海外のレーベル、Soulectionをピックアップ。残念ながらこのタイミングでの音源配信はないが、自らを"The Sound of Tomorrow"と銘打つレー
by 斎井 直史
TRASH-UP!!×OTOTOY連載企画『メッセージ・フロム・アンダーグラウンド』第5回
[POWERPUSH]・2014年12月19日・TRASH-UP!!×OTOTOY連載企画『メッセージ・フロム・アンダーグラウンド』第5回 インタヴュー : リクルマイ〜新たに発見した民謡レゲエ〜 もはや”元ドラヘビの”という枕言葉は必要ない。特に本作を経て、さらなるオリジナリティを得て、ひとりのシンガーとしてさらなる高みに達しようとしているのではないだろうか。リクルマイの新作『きたぐにのはる』は、ここ数年の東日本大震災以降の活動のなかで生まれた作品だ。 本作は、「秋田音頭」、「ドドサイ節」(岩手県)、「相馬盆唄」(福島県)といった東北地方各地の民謡、さらには明治、大正期に活躍した演歌師、添田唖蝉坊(そえだあぜんぼう)の「ノンキ節」といった、この国のグラスルーツ・ソングとも言える楽曲を、レゲエによってカヴァー、さらにはこれらの楽曲と同一線上にある、まっすぐな日本語で歌われる唯一のオリジナルにして、表題曲の「きたぐにのはる」によって構成されている。 こうした作品を生み出した彼女にとって、ポスト3.11とはどのような時代なのか? ライターの遠藤妙子が作品とともに迫る。 『TRASH-UP!!』との連動企画「message from underground
cero、両A面シングル『Orphans / 夜去』をハイレゾ配信&レヴュー
[POWERPUSH]・2014年12月17日・いま、ceroをハイレゾで聴かずになにを聴く?——新作両A面シングルを初のハイレゾ、OTOTOY独占配信!! お待たせしました!! ceroの両A面シングル『Orphans / 夜去』を、ハイレゾにて配信スタートです!! "東京インディーズ・シーン"で括るには頭ひとつ飛び抜けて広がりを大きくしたceroがハイレゾで配信することは、また少し時代の変化を感じさせるできごとです。本作には、メンバーの橋本翼(Gt.)が初めてceroに書き下ろした楽曲「Orphans」、バンドの成熟を感じさせる新機軸のメロウ・ナンバー「夜去(ようさり)」に加え、すでにライヴでも披露され話題となっている小沢健二のカヴァー「1つの魔法(終わりのない愛しさを与え)」を収録。様々な感情や情景を広く『エキゾチカ』と捉え、ポップ・ミュージックへと昇華させてきた彼らの現在が感じられる3曲が、ここにあります。豊かな音楽を、豊かな音質でじっくりとお楽しみください。 捨て曲なしの強力な3曲をハイレゾで!!cero'Orphans / 夜去【左】WAV / ALAC / FLAC(24bit/88.2kHz) 【右】WAV / ALAC / FLAC(
by bobbiiiiie
2015年注目の女性シンガー・ソングライター、しずくだうみ×タグチハナ対談
[POWERPUSH]・2014年12月15日・2015年注目の女性シンガー・ソングライター2人が語る「女の子が歌う理由」――しずくだうみ×タグチハナ対談&ハイレゾ配信!! 「勢いのある女性アーティストが多い」などと言われるここ数年ですが、やはりシンガー・ソングライター、なかでも女性は、2014年に大躍進した大森靖子やFKA twigsを見ても、自分の世界を作品で爆発させることが"上手い"ことは確かな気がします。ということで、次に私たちを圧倒させてくれるだろう存在――2015年注目の女性シンガー・ソングライターを紹介します! ひとりは鍵盤弾き語りのスタイルを基本に「闇ポップ」を自ら提げる"しずくだうみ"。12月10日に2枚目のE.P.『泳げない街』をリリース。OTOTOYでもボーナストラック「部屋」のリミックス・ヴァージョン付きでハイレゾ配信を開始しました。そしてもうひとりはアコースティック・ギターでの弾き語りを主体に、繊細な歌声で珠玉のバラード・ナンバーを連発する"タグチハナ"。3月にリリースした初のミニ・アルバム『夜へ』を今回OTOTOYでも配信開始。こちらもなんとハイレゾ!! さらにライヴ、またミュージック・ビデオですでに人気の「さいわい」がボーナ
by 純三
パズルガールズからクエスチョンへ!最新曲をフリー・ダウンロード!
[POWERPUSH]・2014年12月13日・参加型の新しいエンターテイメントを求めてーーパズルガールズからクエスチョンへ、構造改革後初の楽曲をフリー&ハイレゾ販売開始! 「パズルを解かないと曲が聴けない」という特異なライヴで、2012年8月より活動しているアイドル・グループ、パズルガールズ。今年2014年は「TOKYO IDOL FESTIVAL 2014」にも参加し、来年年明けには、渋谷クラブクアトロでのワンマンも決定! 勢いづく彼女たちに突如降り掛かった「構造改革」。謎解きの公演でキャラクターを演じたり、企画を考えたりするのがメインの活動から、より音楽性を強くし、謎解きを含めた参加型ライヴという新しいエンターテイメントの可能性を探していくグループ「クエスチョン」へ。名前は変わっても変わらぬ謎解きへの思いや、年明けのワンマンへの意気込みなど、じっくりとアツく語ったインタヴューは必読です。 また、クエスチョン名義の初シングル「ここにいてね」のmp3バージョンがフリー・ダウンロード開始です。そして、気に入ったら、ぜひハイレゾ盤をあなたの手元に置いて欲しい。彼女達の新たな決意と共に、ぜひお聴き下さい。 >>クエスチョン の「ここにいてね」のフリー・ダ
by 純三
ドミコ『深層快感ですか?』を先行配信スタート&インタヴュー
[POWERPUSH]・2014年12月12日・こんな変な作品が世に出回って大丈夫なのかなって? 川越発サイケデリック・ポップ・2ピース・バンド、ドミコがデビュー!! 川越発サイケデリック・ポップ・2ピース・バンド、ドミコが、初の全国流通盤をリリース!! the telephones・松本誠治、cinema staff・辻友貴らがコメントを寄せたり、音源リリース前にも関わらず〈BAYCAMP2014〉にも出演するなど、じわじわと話題を呼んでいる彼ら。そのサウンドは、いってみればポストパンク、サイケ、ガレージ等の要素を取入れた楽曲を日本語で歌った独自のトイポップ・ガレージ・サウンド。同期なしでギターと声をリアルタイムに録音していくひかる(Gt / Vo)と、体全体を使ってダイナミックにプレイするけいた(Dr)のたった2人で作り上げる轟音は、新たなロック・ヒーローの誕生となるか? OTOTOYでは、本作を1週間先行でリリースするとともに、フロントマンひかるへインタヴューで迫った。彼らは本物なのか? あなた自身で確かめてみてほしい。 巷で話題の2ピース・バンドのデビュー作を1週間先行配信!!ドミコ / 深層快感ですか?1. 地球外生命体みたいなのに乗って2.
ヘルシンキラムダクラブ、限定リリースで勢いがつきはじめる彼らにインタヴュー
[POWERPUSH]・2014年12月10日・「バンドやりたいなぁ」って思うような存在になれたらいいなーーヘルシンキラムダクラブ、限定リリースで勢いがつきはじめる彼らにインタヴュー 2014年12月10日に、2曲入り1stシングルをリリースしたバンド、Helsinki Lambda Club(ヘルシンキラムダクラブ)。UK.PROJECTのオーディションで優勝し、とっておきのキラー・チューンとスーパーカーのカヴァーが収録される。リリース情報を発表後、CDショップには限定枚数の555枚を遥かに超えた予約が殺到し、333枚追加、計888枚の末広がりな限定リリースで勢いがつきはじめる彼らにインタヴュー。 Helsinki Lambda Club / 初ワンマン・ライヴ@稲毛K's Dream(2014/11/21) 【配信形態】 mp3 【ノー・カット音源収録リスト】 1. 街 / 2. へろー、はうあーゆー? / 3. ユアンと踊れ / 4. ばっくとぅざふゅーちゃー / 5. yukke / 6. インスタント遁世 / 7. ビートニクの恋人 / 8. Hey Dude / 9. チョコレィト / 10. ぢきぢき / 11. KIDS / 12.
 
筆者について
滝沢 時朗 (滝沢 時朗)

1982年東京生まれ。twitter ID:@sarigenaginger

同じ筆者による他の記事