2年半ぶりの新作は全編ピアノ・ソロ!

KASHIWA Daisuke / 88

自身の創作活動の他、様々なメディアへの楽曲提供、作家、リミキサー、マスタリング・エンジニアとしても活動しているKASHIWA Daisukeの4thアルバムが完成。今作では、これまでの彼の象徴とも言える緻密な打ち込みやオーディオ・エディットが排除され、ピアノ1台・88鍵によって表現されている。流れる旋律の中に溢れ出す、静謐な響きと力強いメロディー。新たな飛躍の一歩となる一枚を、より立体的な音で楽しめるHQD(24bit/48kHzのwav)で販売開始です。


感覚を解体する

作品を発表するごとに確かな存在感を放つアーティストKASHIWA Daisuke。彼は、主にエレクトロニカをベースに、クラシックやアンビエント、ブレイクコア、プログレッシブ・ロックなどを織り交ぜ、きめ細やかな音作りやエディットで作られるアルバムは常に確かな理念に裏打ちされているようだ。そんな彼の新作『88』は鍵盤の数を示すタイトルの通り、全編ピアノ・ソロによるアルバムだ。今までの作品の中でも常にピアノは使われていたが、今作はアンビエント的な音響処理を施したポスト・クラシカルな作風でもなく、ピアノのための曲がピアノで弾かれていることに本作の主眼がある。

KASHIWA Daisukeの楽曲中のピアノの使われ方は、今までの作品では大体において電子音やビートとともにあり、それを含み込んで鳴らされているものだった。例えばファースト・アルバム『april.#02』のタイトル・トラックでは、ピアノのエモーショナルな旋律が表立っているが、曲が叙情性を高め、盛り上がると共にビートは激しくなり、ノイズの波が曲を覆っていた。これによって、ピアノの奏でる旋律や音の質感によって呼び起こされる感覚に気分が高まるとともに、その感覚を同時進行で解体されているような、気が遠くなる曲だった。前作にしてサード・アルバム『5 Dec.』ではさらにそのアプローチは推し進められていた。アンビエント的な電子音と音響の中で空間に散りばめられるように断片的にピアノのフレーズが配された曲から始まり、メタリックなギターや機械的かつ脅迫的なビートが暴れまわる曲に流れていき、その後にはかすかで揺れるような電子音が現れ、最後にはまた暴力的なノイズが押し寄せる。『5 Dec.』は、繊細な楽曲で内にある感覚に気づかせ、暴力的な楽曲でその感覚を解体し、またその奥にあるものに気づかせる、という構造を持っていたのだ。

そして、ピアノソロの作品である『88』も、そうした流れを十分に感じさせる作品だ。本作では旋律が主体になることによって、KASHIWA Daisukeの持っている表現の要素がとてもコンパクトに集約されてもいる。それは、やはり単にクラシカルなものではなく、彼が基にしている諸々のポップ・ミュージックをピアノ曲の様式に凝縮したものだと感じる。また、弦をハンマーで叩くことによって音を鳴らすピアノは、弦楽器であると同時に打楽器でもあり、メロディを奏でることに長けていると同時に一音一音の響きがよくわかる。こうした楽曲や楽器やの特質は、曲の構造自体をおのずと浮かび上がらせ、この音の並びがこう弾かれるとなぜこんな気持ちになるのか、といった音楽の基本的かつ終わりのない問いに聞き手を導く。様々なスタイルが混ざり合い、溢れかえっているエレクトロニック・ミュージックのシーンにおいて、『88』は出るべくして出た作品なのだろう。(text by 滝沢時朗)

RECOMMEND

kashiwa daisuke / April.#02

ベルリンを拠点に活動するレーベル・onpa)))))の中で最もベストセラー記録更新中の、kashiwa daisukeファースト・アルバム。あまりにも叙情的でクラシカルな音源と電子音楽の見事な融合。

kashiwa daisuke / April.#07

ファースト・アルバム収録曲「april.#02」のリミックス作品。セルフ・リミックスをはじめ、DJ Olive Oil、JEAN-MICHEL、lem、Takeshi Nishimotoがリミキサーとして参加している。

Kyoka / ufunberlinfunfufuliveatnbi2009

2009年4月30日にベルリンのクラブ、NBIで行なわれたkyokaのライブ・レコーディング。トラック・リストの内容は、既発の曲を中心に、オランダ、アムステルダムの『サウンドミュージアム・ドット・FM』というオンライン上のサウンド・アート・ショー・ケースに提供しただけの未発売曲「2zu」、そしてもしかするとこのライブ以降、プレイされないかもしれない曲など、非常に貴重なベルリン・ライブ音源になっています! 観客動員数キャパめいっぱいの500人が詰めかけ、ラスター・ノートンのフランク・ブレットシュナイダー、カヒミ・カリィやもちろんkyokaともコラボ経験のあるモーマスなども応援に駆け寄ったこのライブ会場の様子を、ぜひご堪能あれ。

原田郁子+高木正勝 / TO NA RI

レコーディング・スタジオでの一発録りをライブとして公開し、そこでDSD収録した音源を配信するイベント“Premium Studio Live”。その第2弾として、クラムボンの原田郁子と、映像作家としても活躍する高木正勝の2人を招いて行われた際の記録。会場となったのは東京・市ヶ谷のサウンドインスタジオBstで、天井高のあるスタジオに2台のグランド・ピアノ……STEINWAYのフルコンサート・サイズとセミコンサート・サイズを設置。良質な響きの中で、原田と高木がそれぞれ自由にピアノを弾きながら、お互いの作品を変奏し合うようなセッションが繰り広げられる。原田の力強いボーカル、高木の繊細なボーカルそれぞれの魅力を存分に味わうことができるほか、飛び入りで参加したOLAibiを交えてのリズミックなパートも聴きもの。

PROFILE

学生時代、プログレッシヴ・ロックに影響を受け作曲を始める。2004年にkashiwa daisukeとしてソロ活動を開始し、2006年にドイツのレーベルonpaより1stアルバム『april.#02』をリリース。 翌年8月、nobleレーベルより2ndアルバム『program music I』を発表。2008年9月には、大型野外フェスティバルSense of Wonderに出演。 2009年2月、3rdアルバム『5 Dec.』をnobleよりリリース。 同年6月にはヨーロッパ3ヶ国8都市を廻るツアーを敢行し、世界三大クラブと呼ばれるベルリンのクラブ、BerghainではCLUSTERと共演し、旧ソ連軍の秘密基地跡で毎年開催されるドイツ最大級のフェスティバルFusion Festival 2009にも出演。2010年4月、マカオ、香港を巡るアジアツアーを行う。 自身の創作活動の他、様々なメディアへの楽曲提供、作家、リミキサー、マスタリングエンジニアとしても活動している。

o

はてブに追加
 
 
"powerpush"の最新アーカイヴ
清 竜人25、待望の1stアルバムをハイレゾ配信! 全員インタビュー掲載!!
[POWERPUSH]・2015年09月02日・7人の愛の結晶が完成! 清 竜人25、1stアルバムをハイレゾ配信&2週連続企画第2弾、全員インタヴューで見えた夢と野望を見届けよ!! 6人の妻と1人の旦那という構成で、「アイドル」の常識を突き破ってきた清 竜人25。初のアルバム・リリース記念として2週にわたってお届けする今回は、前回の夫人個別インタヴューに引き続き、OTOTOYでは3回目となった全員インタヴュー。アルバムの話題はもちろんのこと、「スキスキ合戦」「エロ本」「銀河」などのキーワードも飛び出す、アルバム同様多幸感溢れる内容になりました。 清 竜人25 / PROPOSE'【配信形態】【左】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/48kHz) 【右】ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3 ※ファイル形式について'※ハイレゾとは?'【配信価格】【左】単曲 324円(税込) / まとめ購入 3,024円(税込)【右】単曲 257円(税込) / まとめ購入 2,057円(税込)【Track List】''01. Will♡You♡Marry♡Me? / 02.Mr.PLAY BOY...♡ / 03.A・B・
清 竜人25、1stアルバム『PROPOSE』予約受付中! 6人の夫人への個別インタビュー掲載!!
[POWERPUSH]・2015年08月28日・清 竜人25、待望の1stアルバムをリリース!!6つの愛は何を語る? 2週連続企画第1弾、夫人個別インタヴュー 6人の妻と1人の旦那という構成で、「アイドル」の常識を突き破ってきた清 竜人25。これまでにリリースされた3作のシングルは、どれも多幸感溢れる楽曲に仕上がっており、清 竜人のファンならずともハマってしまう人が続出。そんな清 竜人25の待望となる1stアルバム『PROPOSE』が9月2日にリリース!! 既にライヴ会場ではキラー・チューンとなっている、1stシングル「Will♡You♡Marry♡Me?」、2ndシングル「A・B・Cじゃグッと来ない!!」、3rdシングル「Mr.PLAY BOY...♡」はもちろん収録のこと、衝撃的なPVが話題のアルバム・リード曲「ハードボイルドに愛してやるぜ♡」など盛りだくさんの全13曲。もちろん、OTOTOYではハイレゾ配信が決定!。 今回はアルバム・リリース記念として2週にわたりインタヴューをお届けする。今週は6人の夫人に個別インタヴュー。結成から1年、清 竜人25の今までとこれからを語った6者6様の思いを、どうぞじっくりとお読みください。 清 竜人25 / PR
平成ノブシコブシ徳井健太のT.K.resolution2〜音への愛情を、ハイレゾで聴く!〜
[POWERPUSH]・2015年08月27日・平成ノブシコブシ徳井健太のハイレゾ連載セカンド・シーズンがスタート! T.K.resolution2〜 音への愛情を、ハイレゾで聴く! 〜 ゲストはSTARMARIE お笑いコンビ・平成ノブシコブシの徳井健太のハイレゾ連載が帰ってきた! ところが今回は少しテイストが違います。これまで3回にわたって、講師を招き、ハイレゾについて学ぶ内容をお届けしてきましたが、今度の徳井はなんとインタヴュアー! お相手は、このたび新作『メクルメク勇気!』とベスト・アルバム『STARMARIE』をハイレゾでリリースしたアイドル・グループSTARMARIE。e☆イヤホンのアンバサダー /「AK Jr」モニターとしての顔も持つ彼女たちと、e☆イヤホンの西さんと、e☆イヤホン秋葉原店で待ち合わせ。これまで身につけてきた知識をぶつけようと話し出しますが、アイドル好きである徳井がハイレゾの話だけにとどまるわけもなく…。 エピソード (text by 徳井健太)アイドルは星の数ほどいるけれど、星のようにはいつまでも輝いていられない。STARMARIEってアイドル知ってるか?努力に努力を重ねても、結果が出るとは限らない。そんな不安定な世界
OTOTOYだけのニュー・アルバム! トラックメイカー、Riow Araiの独占音源&過去作を一挙配信
[POWERPUSH]・2015年08月27日・OTOTOYだけのニュー・アルバム! エレクトロ・ミュージック・シーンを駆け巡るトラックメイカー、Riow Araiの新音源&過去作を一挙配信 1996年のテクノの名門〈FROGMAN〉からのデビュー以来、その卓越したビート・メイクを中心に、テクノやアンビエント、ツジコノリコとのコラボ・ユニット、RATN(Riow Arai + Tujiko Noriko)などなど、エレクトロニック・ミュージックのフィールドの上を、まさに縦横無尽に駆け巡っているRiow Arai。 その20年にわたる活動の間も、マイペースながらコンスタントに作品をリリースし続けており、ここ数年は2011年に自身のレーベル〈rar〉をベースにリリースを行っている。 こうしたなかでつい先ごろ、過去のさまざまな自身の楽曲をセレクトしたコンピ的アルバム『KOLLECTIV』をリリース。また別レーベルからリリースされていたツジコノリコとのユニット、RATN(Riow Arai + Tujiko Noriko)の2005年のアルバム『J』、そして2009年、アチコや山田杏奈などの女性アーティスト5人を迎えて作り上げられた『R+NAAAA』の配信を行う
Alfred Beach Sandal、多彩なジャンルをクロスオーヴァーしたアルバムをリリース!
[POWERPUSH]・2015年08月26日・多彩な"名場面"の結晶――Alfred Beach Sandal、新境地を開拓したアルバムをリリース! ロックやブラック・ミュージックの他にさまざまなジャンルの音楽を吸収し、独自の音楽センスでこれまでに唯一無二な作品を世の中へ送り出してきた北里彰久(Vo, Gt)によるソロ・ユニット、Alfred Beach Sandal(以下、ABS)。『Dead Montano』以降のお馴染みの岩見継吾(Wb)、光永渉(Dr)はもちろん、ビートメイカーのSTUTS、さらに、フルートの池田若菜(吉田ヨウヘイgroup)、トランペットの高橋三太(1983など)が参加したアルバム『Unknown Monument』をこのたびリリースした。これまでのABSにさらなるエッセンスが加わった今作をレヴューとともにお楽しみいただきたい。 Alfred Beach Sandal / Unknown Monument【配信形態】16bit/44.1kHz (ALAC / FLAC / WAV) / AAC / mp3【配信価格】単曲 257円(税込) / アルバム 2,160円(税込)【アルバム購入特典】歌詞ブックレット(PDF)【Tra
by bobbiiiiie
とけた電球×ヒイラギペイジによる『強がり強がり Temo Temoe Remix』をOTOTOY限定ハイレゾ配信&同世代対談!
[POWERPUSH]・2015年08月19日・同世代同士で起こる、新たな化学反応ーーとけた電球×ヒイラギペイジによる『強がり Temo Temoe Remix』ハイレゾ独占配信!! 現役大学生ロック・バンド、とけた電球がつい先日リリースしたアルバム、『最初の恋のように』に収録されている楽曲「強がり」をリミックスした『強がり Temo Temoe Remix』をOTOTOY限定、しかもハイレゾでリリース!! 今回リミックスを行ったのは、2011年より自身のキャリアをスタートさせ、翌年ラップ・シンガー「PAGE」としてメジャー・デビュー、現在はDJやトラック・メイキングなどを主に行っているヒイラギペイジが担当。 原曲がミドル・テンポのニューウェーブなナンバーだったのから一転、リミックスではアップ・テンポなダンス・ナンバーへと様変わりしているにも関わらず、ヴォーカル、岩瀬の声が意外なマッチングをみせたとけた電球ファン以外も必聴のトラックになっている。 お互いにTOKYO FMのラジオ番組「SCHOOL OF LOCK!」が主催となって開催されていた、10代のみのアーティストが参加出来るコンテストである「閃光ライオット」で上位まで勝ち上がったという共通点を持ち
H ZETTRIO、DSDライヴ録音を含む新作5作品をハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2015年08月20日・日本最高峰、いや世界最高峰!? ジャズ・ピアノ・トリオ、H ZETTRIOがDSDライヴ録音を含む新曲5曲をハイレゾ配信! 青鼻の超絶ピアニスト H ZETT M(エイチ・ゼット・エム)が、銀鼻ドラマー H ZETT KOU(エイチ・ゼット・コウ)と赤鼻ウッド・ベーシスト H ZETT NIRE(エイチ・ゼット・ニレ)を引き連れ発足させたジャズ・ピアノ・トリオ・グループ、H ZETTRIO。2013年のデビュー・アルバム発表を機に本格的に活動を開始。2014年には世界三大ジェズ・フェスティバルの一つ、モントルー・ジャズ・フェスティバル(スイス)に出演。また、ソウル・ジャズ・フェスティバル(韓国)で魅せた圧巻のステージングも記憶に新しく、まさに世界中を飛び回っている彼らだが、今年に入ってからはレコーディングにおいても積極的な動きを見せている。今年4月にはレコーディング・エンジニアの三浦瑞生、オーディオ・アクセサリー・ブランドのACOUSTIC REVIVE協力のもと、グループ初となるハイレゾ・レコーディングに挑戦。持ち味であるダンサブルでエッジの効いた音楽性を、かつてないクォリティで実現させることに成功した。
元ダーティー・プロジェクターズ、デラドゥーリアンのデビュー作を独占ハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2015年08月19日・天性の歌声と美貌を持ち合わせた2010年代のアイコン、デラドゥーリアンのデビュー作をハイレゾ独占配信 過去にダーティー・プロジェクターズに在籍し、あらゆる楽器をこなしながら、魅惑の歌声を披露してきたマルチ・プレイヤー、エンジェル・デラドゥーリアン。最近ではフライング・ロータスの最新作『You're Dead!』に参加したことも記憶に新しい彼女が、ついにソロ・デビュー・アルバム『The Expanding Flower Planet』をリリース! なんとOTOTOYでは本作のハイレゾ版を独占配信! ダーティー・プロジェクターズを思わせるひねくれポップスから呪術的なダークな楽曲まで、彼女から生み出された多種多様な楽曲達をぜひハイレゾで。収録曲「A Beautiful Woman」がアメリカの音楽情報サイト〈ピッチフォーク〉の“Best New Track”に選ばれるなど、早くも話題を集めつつある本作をレヴューとともにお楽しみいただきたい。 ハイレゾ版はOTOTOYだけ!!Deradoorian / The Expanding Flower Planet(24bit/96kHz)'【配信形態】ALAC / FLA
by 吉野 敬一郎