2年半ぶりの新作は全編ピアノ・ソロ!

KASHIWA Daisuke / 88

自身の創作活動の他、様々なメディアへの楽曲提供、作家、リミキサー、マスタリング・エンジニアとしても活動しているKASHIWA Daisukeの4thアルバムが完成。今作では、これまでの彼の象徴とも言える緻密な打ち込みやオーディオ・エディットが排除され、ピアノ1台・88鍵によって表現されている。流れる旋律の中に溢れ出す、静謐な響きと力強いメロディー。新たな飛躍の一歩となる一枚を、より立体的な音で楽しめるHQD(24bit/48kHzのwav)で販売開始です。


感覚を解体する

作品を発表するごとに確かな存在感を放つアーティストKASHIWA Daisuke。彼は、主にエレクトロニカをベースに、クラシックやアンビエント、ブレイクコア、プログレッシブ・ロックなどを織り交ぜ、きめ細やかな音作りやエディットで作られるアルバムは常に確かな理念に裏打ちされているようだ。そんな彼の新作『88』は鍵盤の数を示すタイトルの通り、全編ピアノ・ソロによるアルバムだ。今までの作品の中でも常にピアノは使われていたが、今作はアンビエント的な音響処理を施したポスト・クラシカルな作風でもなく、ピアノのための曲がピアノで弾かれていることに本作の主眼がある。

KASHIWA Daisukeの楽曲中のピアノの使われ方は、今までの作品では大体において電子音やビートとともにあり、それを含み込んで鳴らされているものだった。例えばファースト・アルバム『april.#02』のタイトル・トラックでは、ピアノのエモーショナルな旋律が表立っているが、曲が叙情性を高め、盛り上がると共にビートは激しくなり、ノイズの波が曲を覆っていた。これによって、ピアノの奏でる旋律や音の質感によって呼び起こされる感覚に気分が高まるとともに、その感覚を同時進行で解体されているような、気が遠くなる曲だった。前作にしてサード・アルバム『5 Dec.』ではさらにそのアプローチは推し進められていた。アンビエント的な電子音と音響の中で空間に散りばめられるように断片的にピアノのフレーズが配された曲から始まり、メタリックなギターや機械的かつ脅迫的なビートが暴れまわる曲に流れていき、その後にはかすかで揺れるような電子音が現れ、最後にはまた暴力的なノイズが押し寄せる。『5 Dec.』は、繊細な楽曲で内にある感覚に気づかせ、暴力的な楽曲でその感覚を解体し、またその奥にあるものに気づかせる、という構造を持っていたのだ。

そして、ピアノソロの作品である『88』も、そうした流れを十分に感じさせる作品だ。本作では旋律が主体になることによって、KASHIWA Daisukeの持っている表現の要素がとてもコンパクトに集約されてもいる。それは、やはり単にクラシカルなものではなく、彼が基にしている諸々のポップ・ミュージックをピアノ曲の様式に凝縮したものだと感じる。また、弦をハンマーで叩くことによって音を鳴らすピアノは、弦楽器であると同時に打楽器でもあり、メロディを奏でることに長けていると同時に一音一音の響きがよくわかる。こうした楽曲や楽器やの特質は、曲の構造自体をおのずと浮かび上がらせ、この音の並びがこう弾かれるとなぜこんな気持ちになるのか、といった音楽の基本的かつ終わりのない問いに聞き手を導く。様々なスタイルが混ざり合い、溢れかえっているエレクトロニック・ミュージックのシーンにおいて、『88』は出るべくして出た作品なのだろう。(text by 滝沢時朗)

RECOMMEND

kashiwa daisuke / April.#02

ベルリンを拠点に活動するレーベル・onpa)))))の中で最もベストセラー記録更新中の、kashiwa daisukeファースト・アルバム。あまりにも叙情的でクラシカルな音源と電子音楽の見事な融合。

kashiwa daisuke / April.#07

ファースト・アルバム収録曲「april.#02」のリミックス作品。セルフ・リミックスをはじめ、DJ Olive Oil、JEAN-MICHEL、lem、Takeshi Nishimotoがリミキサーとして参加している。

Kyoka / ufunberlinfunfufuliveatnbi2009

2009年4月30日にベルリンのクラブ、NBIで行なわれたkyokaのライブ・レコーディング。トラック・リストの内容は、既発の曲を中心に、オランダ、アムステルダムの『サウンドミュージアム・ドット・FM』というオンライン上のサウンド・アート・ショー・ケースに提供しただけの未発売曲「2zu」、そしてもしかするとこのライブ以降、プレイされないかもしれない曲など、非常に貴重なベルリン・ライブ音源になっています! 観客動員数キャパめいっぱいの500人が詰めかけ、ラスター・ノートンのフランク・ブレットシュナイダー、カヒミ・カリィやもちろんkyokaともコラボ経験のあるモーマスなども応援に駆け寄ったこのライブ会場の様子を、ぜひご堪能あれ。

原田郁子+高木正勝 / TO NA RI

レコーディング・スタジオでの一発録りをライブとして公開し、そこでDSD収録した音源を配信するイベント“Premium Studio Live”。その第2弾として、クラムボンの原田郁子と、映像作家としても活躍する高木正勝の2人を招いて行われた際の記録。会場となったのは東京・市ヶ谷のサウンドインスタジオBstで、天井高のあるスタジオに2台のグランド・ピアノ……STEINWAYのフルコンサート・サイズとセミコンサート・サイズを設置。良質な響きの中で、原田と高木がそれぞれ自由にピアノを弾きながら、お互いの作品を変奏し合うようなセッションが繰り広げられる。原田の力強いボーカル、高木の繊細なボーカルそれぞれの魅力を存分に味わうことができるほか、飛び入りで参加したOLAibiを交えてのリズミックなパートも聴きもの。

PROFILE

学生時代、プログレッシヴ・ロックに影響を受け作曲を始める。2004年にkashiwa daisukeとしてソロ活動を開始し、2006年にドイツのレーベルonpaより1stアルバム『april.#02』をリリース。 翌年8月、nobleレーベルより2ndアルバム『program music I』を発表。2008年9月には、大型野外フェスティバルSense of Wonderに出演。 2009年2月、3rdアルバム『5 Dec.』をnobleよりリリース。 同年6月にはヨーロッパ3ヶ国8都市を廻るツアーを敢行し、世界三大クラブと呼ばれるベルリンのクラブ、BerghainではCLUSTERと共演し、旧ソ連軍の秘密基地跡で毎年開催されるドイツ最大級のフェスティバルFusion Festival 2009にも出演。2010年4月、マカオ、香港を巡るアジアツアーを行う。 自身の創作活動の他、様々なメディアへの楽曲提供、作家、リミキサー、マスタリングエンジニアとしても活動している。

o

はてブに追加
 
 
"powerpush"の最新アーカイヴ
日本の新しいポップ・シーンを切り拓く“新世代バンド”特集
[POWERPUSH]・2015年07月02日・今こそインディーがおもしろい! YogeeやThe fin.に続き日本の新しいポップ・シーンを切り拓く“新世代バンド”を見逃すな!! 今、日本のインディー・シーンがおもしろいことになっている。独自の視点で都市生活における心の機微を綴った歌詞とサウンドスケープで最先端ポップスを奏でるYogee New Wavesや、80年代やリアルタイムのUSインディーを取り込んだドリーミー&アンビエントな音像が海外でも話題のThe fin.。彼らに続く“新世代バンド”が、デジタルとアナログレコード双方からのアプローチや海外アクトとの共演、ファッションブランドとのコラボ等々、ボーダーレスな活動を通しつつ驚くべきスピードで頭角を現しているのだ。 そこで今回はシティ・ポップやニュー・ウェーブをはじめとする多様な音楽を昇華し、近い将来日本のポップ・シーンを担うに違いない注目バンドを特集。いずれも“インディペンデント”という舞台でそれぞれのスタイルを貫き、周囲を巻き込んでいく魅力と地力を持つワンアンドオンリーなバンドばかりである。今まさにシーンを賑わせている、彼らの動向を見逃すべからず!! 文 : 山田百合子 YOUR ROMAN
UNISON SQUARE GARDEN、バンド10周年記念アルバムをリリース
[POWERPUSH]・2015年07月24日・彼らの10年間に迫ったマスターピースがここに——UNISON SQUARE GARDEN、結成10周年記念アルバムをリリース 透明感と力強さを兼ね備えた歌声、難解なユニゾンやテクニカルな演奏プレイをポップスに落としこむ卓越したセンス。今年で結成10周年を迎えたUNISON SQUARE GARDENが、これまでの軌跡を振り返る記念アルバムをリリースした。インディーズ時代の未発表曲から最新曲まで全16曲を収録。シングル表題曲を一切含まないという、勢いに満ちたバンドのいまを感じさせる選曲となっている。今作とともに、彼らのいままでとこれからにフォーカスをあてたレビューをお楽しみあれ。 UNISON SQUARE GARDEN / DUGOUT ACCIDENT'【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC / mp3(16bit/44.1kHz)【価格】単曲 257円(税込) まとめ購入 2,469円(税込)【Track List】''01. アンドロメダ / 02. フルカラープログラム(D.A style) / 03. 徹頭徹尾夜な夜なドライヴ / 04. ガリレオのショーケース(D.A s
先行ハイレゾ配信、GONNO、世界中のハウス / テクノ・シーン待望のアルバムがリリース!
[POWERPUSH]・2015年07月23日・自由なるハウス / テクノへの飛翔、世界的評価を受けるGONNOのファースト・アルバム、先行ハイレゾ配信 もし、あなたがジェミー・XXやエイフェックス・ツインのアルバムの、その先にあるエレクトロニック・ミュージックを聴きたければ、本作を聴いてみるといいだろう。それらの作品と同じ様な”ポップ”なポテンシャルも本作は持ち合わせている。 ディープなテクノ、ハウスのファンには、フランスを代表するテクノDJ、ロラン・ガルニエの手に渡った彼の曲の入ったデモがプレイされ、いつしか世界的ヒットとなったこと。そのシングルをリリースしたレーベルが、あのDJハーヴィなどがリリースする〈International Feel〉であったこと、と、このサクセス・ストーリーを聞けば、彼の作品がどのような質のものであるかがわかるだろう。 アーティストとして、そしてDJとしても海外で高い評価を受け活躍するGONNO。彼のニュー・アルバム『remember the life is beautiful』は、そんな彼の現在の勢い、それを裏打ちする音楽的キャリアもしっかりと示すようなそんな色彩にあふれた作品だ。 OTOTOYでは本作を1週間先行でしか
全世界待望のデビュー・アルバム!! Ykiki Beatが『When the World is Wide』をリリース!!
[POWERPUSH]・2015年07月20日・ジャンル、国境、カルチャーのボーダーを悠々と飛び越えていく彗星ーーYkiki Beat、誰もが待ちわびた1stアルバムをついにリリース!! Ykiki Beatがデビュー・アルバム『When the World is Wide』をリリース。このバンドのまとまった音源を心待ちにしていた方も多いのではないだろうか。結成初期から耳の早いリスナー達が彼らの才能に気付くと、バンドもそれに応えるかのようにアンセム「Forever」を発表。更なる話題を集めていた彼らだが、満を持してこのタイミングでアルバムをドロップ。約30分全8曲のコンパクトな作品ながら、待ち望んでいた期待をひょいと超えてしまうようなアルバムに仕上がった。 Ykiki Beat / When the World is Wide'【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3 : 単曲 257円(税込) / アルバム購入 1543円(税込)【Track List】''01. The Running / 02. Modern Lies / 03. Never Let You Go / 04. Dances / 05. Forever
フォー・テットの新作は長尺2曲の『Morning / Evening』
[POWERPUSH]・2015年07月15日・その表現には“アルバム”であるという必然性がある——フォー・テットのサイケデリックな新作 ポストロックにエレクトロニカ〜テクノ、最近ではベース・ミュージックへも接続するなど、まさにそうした幅広い音楽層から注目を集めるフォー・テット。1年半ぶりの新作『Morning / Evening』。前作『Beautiful Rewind』では、レイヴ・ミュージックへのオマージュをあらわにしていたが、新作はこれまた音楽性をちょいとばかし変化させ、20分ほどのトラック2曲で構成され、彼らしいサイケデリアと実験精神に満ちたテクノ・アルバムとなっている。 Four Tet / Morning / Evening'【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC / mp3(16bit/44.1kHz)【価格】まとめ購入のみ 1,543円(税込)【Track List】''01. Morning Side02. Evening Side 長尺の時間軸だからこそできる表現 ジ・オーブの新作の直後で、「フォー・テットお前もか」と言いたくなってしまう20分に渡る長尺2曲によるアルバム。とはいえ、音楽的にもこれがまたジ・
OTOTOYフジロック・ガイド2015
[POWERPUSH]・2015年07月15日・【手書き相関図付き】これさえ読めばフジロックが10倍楽しくなる!!ーーOTOTOYフジロック・ガイド2015 今年もこの季節がやってきました! いよいよ7月24日(金)、25日(土)、26日(日)に迫ったFUJI ROCK FESTIVAL '15。OTOTOYでは毎年恒例となったフジロック・ガイドを今年もやっちゃいます。去年は日本人アーティストにも焦点をあててガイドをお送りしましたが、今年は海外のアーティストを中心に地域、ジャンルなどの相関関係とともに隅から隅まで丁寧に紹介。これだけ多様な音楽に触れられるのは、フジロックならでは。大自然に囲まれて、美味しいものを食べながら、音楽を楽しみませんか? それでは、ライターの渡辺裕也がオススメする今年の見どころをチェック!! FUJI ROCK FESTIVAL '15 '2015年7月24日(金)、25日(土)、26日(日) @新潟県 湯沢町 苗場スキー場'開場 / 開演 9:00 / 11:00料金 3日通し券 39,800円 / 1日券 16,800円出演 国内外約200アーティスト詳細 http://www.fujirockfestival.com/ (
by 渡辺 裕也
男女によるポップス・デュオ、macicoの初作品を独占配信&初インタヴュー
[POWERPUSH]・2015年07月11日・歌うことが楽しいってことは忘れたくない——男女ポップス・デュオ、macicoの初作品を独占配信&フル試聴 凛とした歌声とハスキーなコーラス・ヴォイスで、シンプルながらも、芯の通ったサウンドを展開する男女ポップス・デュオ、macico。メンバーのaya(Vo)とtom(Gt,Vo)は2人とも、10代のアーティストのみが出演できるロック・フェスティバル『閃光ライオット』に、それぞれの活動で出演した経歴を持ち、それがこのデュオを結成したきっかけでもあるという。そんな彼らの初シングルである『blue』を、OTOTOYでは全曲フル試聴でご紹介。そっと日常にそっと寄り添うかのような、あたたかな楽曲群をまずは、聴いてみていただきたい。 そして、今回行った彼らへのインタヴューでは、お互い別々の活動を経てmacicoに至った経緯、そしてmacicoでの大きな決意を大いに語ってもらった。ぜひ、彼らの初作品とともに、耳を傾けていただきたい。 『blue』フル試聴実施中!! ※フル試聴期間 : 2015年7月25日(土)24:00まで 作品の購入はこちらから macico / blue'【Track List】01. 背中02.
3776の震災復興応援ソングがハイレゾで配信! 3776×amiina対談も掲載
[POWERPUSH]・2015年07月06日・静岡が生んだアイドル・3776の震災復興応援ソングがハイレゾで配信。廃盤タイトルも一挙配信開始&対談連載ゲストはamiina! 富士山ご当地アイドル3776(みななろ)が、東日本大震災の復興ソング『3.11』をハイレゾで、また、今では手に入らない廃盤タイトルをついに配信開始! そして、3776の対談連載「3776のなかよくなれるかな?」vol.2には、7/11(日)に行なわれる3776のワンマン・ライヴ「3776×OTOTOY presents 3776の避難計画とワンマンライヴ!」にゲスト出演するamiinaをお迎えしました。互いに尊敬しあう2組が、将来の夢に胸躍らせてアイドル界を突っ走ります! 3776が贈る震災復興応援ソングをハイレゾで配信開始3776 / 3.11(24bit/96kHz)'【配信形態】(24bit/96kHz) : WAV / ALAC / FLAC / AAC 【配信価格】 単曲 : 162円(税込) アルバム : 540円(税込)【Track List】01. 3.11 / 02. 避難計画と防災グッズ / 03. 3.11[Instrumental] / 04. 避難計画と