2年半ぶりの新作は全編ピアノ・ソロ!

KASHIWA Daisuke / 88

自身の創作活動の他、様々なメディアへの楽曲提供、作家、リミキサー、マスタリング・エンジニアとしても活動しているKASHIWA Daisukeの4thアルバムが完成。今作では、これまでの彼の象徴とも言える緻密な打ち込みやオーディオ・エディットが排除され、ピアノ1台・88鍵によって表現されている。流れる旋律の中に溢れ出す、静謐な響きと力強いメロディー。新たな飛躍の一歩となる一枚を、より立体的な音で楽しめるHQD(24bit/48kHzのwav)で販売開始です。


感覚を解体する

作品を発表するごとに確かな存在感を放つアーティストKASHIWA Daisuke。彼は、主にエレクトロニカをベースに、クラシックやアンビエント、ブレイクコア、プログレッシブ・ロックなどを織り交ぜ、きめ細やかな音作りやエディットで作られるアルバムは常に確かな理念に裏打ちされているようだ。そんな彼の新作『88』は鍵盤の数を示すタイトルの通り、全編ピアノ・ソロによるアルバムだ。今までの作品の中でも常にピアノは使われていたが、今作はアンビエント的な音響処理を施したポスト・クラシカルな作風でもなく、ピアノのための曲がピアノで弾かれていることに本作の主眼がある。

KASHIWA Daisukeの楽曲中のピアノの使われ方は、今までの作品では大体において電子音やビートとともにあり、それを含み込んで鳴らされているものだった。例えばファースト・アルバム『april.#02』のタイトル・トラックでは、ピアノのエモーショナルな旋律が表立っているが、曲が叙情性を高め、盛り上がると共にビートは激しくなり、ノイズの波が曲を覆っていた。これによって、ピアノの奏でる旋律や音の質感によって呼び起こされる感覚に気分が高まるとともに、その感覚を同時進行で解体されているような、気が遠くなる曲だった。前作にしてサード・アルバム『5 Dec.』ではさらにそのアプローチは推し進められていた。アンビエント的な電子音と音響の中で空間に散りばめられるように断片的にピアノのフレーズが配された曲から始まり、メタリックなギターや機械的かつ脅迫的なビートが暴れまわる曲に流れていき、その後にはかすかで揺れるような電子音が現れ、最後にはまた暴力的なノイズが押し寄せる。『5 Dec.』は、繊細な楽曲で内にある感覚に気づかせ、暴力的な楽曲でその感覚を解体し、またその奥にあるものに気づかせる、という構造を持っていたのだ。

そして、ピアノソロの作品である『88』も、そうした流れを十分に感じさせる作品だ。本作では旋律が主体になることによって、KASHIWA Daisukeの持っている表現の要素がとてもコンパクトに集約されてもいる。それは、やはり単にクラシカルなものではなく、彼が基にしている諸々のポップ・ミュージックをピアノ曲の様式に凝縮したものだと感じる。また、弦をハンマーで叩くことによって音を鳴らすピアノは、弦楽器であると同時に打楽器でもあり、メロディを奏でることに長けていると同時に一音一音の響きがよくわかる。こうした楽曲や楽器やの特質は、曲の構造自体をおのずと浮かび上がらせ、この音の並びがこう弾かれるとなぜこんな気持ちになるのか、といった音楽の基本的かつ終わりのない問いに聞き手を導く。様々なスタイルが混ざり合い、溢れかえっているエレクトロニック・ミュージックのシーンにおいて、『88』は出るべくして出た作品なのだろう。(text by 滝沢時朗)

RECOMMEND

kashiwa daisuke / April.#02

ベルリンを拠点に活動するレーベル・onpa)))))の中で最もベストセラー記録更新中の、kashiwa daisukeファースト・アルバム。あまりにも叙情的でクラシカルな音源と電子音楽の見事な融合。

kashiwa daisuke / April.#07

ファースト・アルバム収録曲「april.#02」のリミックス作品。セルフ・リミックスをはじめ、DJ Olive Oil、JEAN-MICHEL、lem、Takeshi Nishimotoがリミキサーとして参加している。

Kyoka / ufunberlinfunfufuliveatnbi2009

2009年4月30日にベルリンのクラブ、NBIで行なわれたkyokaのライブ・レコーディング。トラック・リストの内容は、既発の曲を中心に、オランダ、アムステルダムの『サウンドミュージアム・ドット・FM』というオンライン上のサウンド・アート・ショー・ケースに提供しただけの未発売曲「2zu」、そしてもしかするとこのライブ以降、プレイされないかもしれない曲など、非常に貴重なベルリン・ライブ音源になっています! 観客動員数キャパめいっぱいの500人が詰めかけ、ラスター・ノートンのフランク・ブレットシュナイダー、カヒミ・カリィやもちろんkyokaともコラボ経験のあるモーマスなども応援に駆け寄ったこのライブ会場の様子を、ぜひご堪能あれ。

原田郁子+高木正勝 / TO NA RI

レコーディング・スタジオでの一発録りをライブとして公開し、そこでDSD収録した音源を配信するイベント“Premium Studio Live”。その第2弾として、クラムボンの原田郁子と、映像作家としても活躍する高木正勝の2人を招いて行われた際の記録。会場となったのは東京・市ヶ谷のサウンドインスタジオBstで、天井高のあるスタジオに2台のグランド・ピアノ……STEINWAYのフルコンサート・サイズとセミコンサート・サイズを設置。良質な響きの中で、原田と高木がそれぞれ自由にピアノを弾きながら、お互いの作品を変奏し合うようなセッションが繰り広げられる。原田の力強いボーカル、高木の繊細なボーカルそれぞれの魅力を存分に味わうことができるほか、飛び入りで参加したOLAibiを交えてのリズミックなパートも聴きもの。

PROFILE

学生時代、プログレッシヴ・ロックに影響を受け作曲を始める。2004年にkashiwa daisukeとしてソロ活動を開始し、2006年にドイツのレーベルonpaより1stアルバム『april.#02』をリリース。 翌年8月、nobleレーベルより2ndアルバム『program music I』を発表。2008年9月には、大型野外フェスティバルSense of Wonderに出演。 2009年2月、3rdアルバム『5 Dec.』をnobleよりリリース。 同年6月にはヨーロッパ3ヶ国8都市を廻るツアーを敢行し、世界三大クラブと呼ばれるベルリンのクラブ、BerghainではCLUSTERと共演し、旧ソ連軍の秘密基地跡で毎年開催されるドイツ最大級のフェスティバルFusion Festival 2009にも出演。2010年4月、マカオ、香港を巡るアジアツアーを行う。 自身の創作活動の他、様々なメディアへの楽曲提供、作家、リミキサー、マスタリングエンジニアとしても活動している。

o

はてブに追加
 
 
"powerpush"の最新アーカイヴ
安藤裕子『あなたが寝てる間に』をハイレゾ配信スタート!!
[POWERPUSH]・2015年01月28日・表現者として一歩先へ進んだ大傑作ーー安藤裕子、待望のオリジナル・アルバムをハイレゾ配信!! 2014年にデビュー10周年を迎え、新たな門出を迎えた安藤裕子の8作目となるオリジナル・アルバムが届きました。大泉洋主演映画『ぶどうのなみだ』でヒロイン役”エリカ”としてスクリーン・デビューを果たすなど活動の幅を拡げるなか紡がれた本作には、矢野顕子の最新作への参加で頭角を現している松本淳一をアレンジャーに迎えた楽曲や、末光篤(aka suemitsu & the suemith)をサウンド・プロデューサーに迎えた初めてのクリスマス・ソング、そして安藤裕子サウンドには欠かせない山本隆二によるポップ・ソングなど、幅広い音楽が凝縮されており、実にドラマチックなアルバムになっています。そんな本作をハイレゾにて配信スタート!! ぜひ高音質でご堪能ください。 待望のオリジナル・アルバムをハイレゾで!!安藤裕子 / あなたが寝てる間に(24bit/96kHz)【配信形式】ALAC、FLAC、WAV、AAC 単曲 411円 / アルバム購入 3,000円mp3 : 単曲 257円 / アルバム購入 2,200円【Track Lis
by bobbiiiiie
T.K.resolution〜ゼロから学ぶハイレゾのこと〜【第3回】ハイレゾを作っている人に会いに行く
[POWERPUSH]・2015年01月27日・お笑いコンビ、平成ノブシコブシの徳井健太がハイレゾに挑戦!!T.K.resolution〜ゼロから学ぶハイレゾのこと〜【第3回】ハイレゾを作っている人に会いに行く 皆さんお待たせいたしました、「ハイレゾ」を学ぶ、第3回目、最終回です! 前々回と前回から引き続き、お笑いコンビ・平成ノブシコブシの徳井健太が頭と体でハイレゾの知識を身につけます。今回は実際にハイレゾを作り出しているSabão(シャボン)のふたりに突撃取材。今まで学んだ知識を正面からぶつけます。さて、どうなることやら…。 いつものように、徳井の導入文をじっくり読んでからスタートです! エピソード2 (text by 徳井健太) 子供の頃、良くシャボン玉を吹いた。当時はただ、ふわふわフワフワしてるだけの、子供の玩具だと思ってた。 自分が親になって、自分の子供がシャボン玉を吹いているのを見た。 まぁ、やっぱふわふわフワフワしてた。 シャボンの玉は風に煽られ上に行ったり下へ行ったり、右に行ったり左へ行ったり。けど、不思議と全てのシャボンが、最後は上の方に上がって散る。前向きで上向き。 なるほど、散るなら上だ。 どうせ散るなら派手に、上見て、子供達の
CENJU『Cakez』を配信スタート & インタヴュー
[POWERPUSH]・2015年01月08日・仙人掌から16FLIP、PUNPEE、jjj(Fla$hBackS)まで客演に迎えた作品を産み出した、Cenjuとは何者なのか? 2014年10月にリリースされたDown North CampのCenjuによる『Cakez』。仙人掌や16FLIP、Mr.PUGなどDown North Campの面々はもちろんのこと、ONE-LAW、KNZZ、PUNPEE、jjj(Fla$hBackS)、ERAといった錚々たる名前がクレジットに並んだ話題作であった。それだけでなく、ハードコアなレーベルとして名高いWD Soundsからのリリースというのだから、いかにして『Cakez』が出来たのか気になるところ。また、フィーチャリングしたアーティストに振り回されない仕上がりとなったこのアルバムは、どのように作られたのか。すべての軸となるCenju本人にインタビューすれば、今作とその界隈の良き解説書となるに違いない。そう思いインタヴューを敢行した。 途中、WD Soundsのレーベル・オーナーとして同席したLil Mercy氏(ラッパー名義はJ.COLUMBUS)も自然と会話に混ざり、最後には驚くべき告知もあるので、最後まで読
by 斎井 直史
ヨ・ラ・テンゴのサイケな音像を継承するニュー・カマー、Boys Ageをフリーでお届け!
[POWERPUSH]・2015年01月22日・ヨ・ラ・テンゴ、カート・ヴァイルのサイケデリックな音像を継承するニュー・カマー、Boys Ageをフリーでお届け! ルー・リードを思わせるような野太い声と、カート・ヴァイル、ヨ・ラ・テンゴの流れを汲むUSインディーなサウンドを、自身の寝室で操り生み出す、Boys Age。そんな彼らが、せっせと生み出したサイケデリック・ポップスを多くの方に聴いていただくべく、数多くのアーカイヴからの選りすぐり音源をフリー・ダウンロードでお届け! そして、これまでにリリースされたカセット、CD-Rによる6作品を本人の解説とともに一挙配信。とにかく、まずは音を聴いて、彼らの才能を体感していただきたい。 各作品から選りすぐり音源を、まとめて無料配信!Boys Age / Boys Age Sampler【配信フォーマット / 価格】ALAC / FLAC / WAV / aac / mp3 : 無料'【Track List】''01. Soo Coo02. God Will Test You Through The PC03. Postcards Holiday04. Grotesque05. It'll Be A Good We
アークティックにベックなど洋楽の最新音源全35曲で1234円!
[POWERPUSH]・2015年01月22日・アークティックにベック、モグワイ、ピクシーズ、そしてFKAツイッグス! 洋楽の最新音源全35曲で1234円! アークティック・モンキーズ、ベック、ソニック・ユース等の世界のミュージック・シーンを賑わす作品を続々とリリースしているホステス・エンタテインメントのレーベル・コンピレーション第6弾が到着。2015年があけてもうすぐ1ヶ月が過ぎようとしていますが、なんかまだ良いスタートがきれないあなたへ。1234円というお得な値段で35曲の大ボリューム! この起爆剤は効き目抜群ですよ! V.A. / Hostess presents No Shit! 6'【配信価格】(各税込)WAV / ALAC / FLAC / AAC(16bit/44.1kHz) / mp3 : アルバム購入 1,234円【Track List】'【Disc1】01. Gloom (Kid Wave) / 02. Rango(Catfish And The Bottlemen) / 03. Stuck In My Teeth(Circa Waves) / 04. Colours To Life(Temples) / 05. Enemy
Suchmos、ライヴハウス限定のEPを独占ハイレゾ配信!! 密着レポートも。
[POWERPUSH]・2015年01月19日・ディアンジェロ? ジャミロクワイ? J・ディラ? 横浜の郊外から産まれたアーバン・ソウルーーSuchmosが日本の音楽を変える!! FUJI ROCK FESTIVAL '14「ROOKIE A GO-GO」2日目のトリを務め、各地のライヴハウスには関係者が集うなど、耳の早いリスナーから注目を集めている湘南・茅ヶ崎出身のバンド、Suchmos。ディアンジェロ、ジャミロクワイ、J・ディラの3アーティストをファイバリットにあげ、ソウルやジャズ、ヒップホップからの影響をバンドに落としこんだクールでモダンな高い演奏技術はまさに本物。このたび、2014年ライヴ会場限定でリリースされた2作のEPを、OTOTOYにてハイレゾ配信スタート。また、ほとんど情報のない彼らについて取材を行なった。2015年はSuchmosの年になる。そんなはじまりの1ページを一緒に目撃してみてほしい。 ライヴ会場限定の2作のEPをハイレゾ配信スタート!!Suchmos / Twice(Night)(24bit/96kHz)【収録曲】1. So High2. Gaga Suchmos / Twice(Day)(24bit/96kHz)'【収録曲
by 西澤 裕郎
Negicco、2ndアルバム『Rice&Snow』をハイレゾ配信!!
[POWERPUSH]・2015年01月20日・2010年代のベスト・ポップ・アルバムに早くもノミネート!!ーーNegicco、2ndアルバム『Rice&Snow』をハイレゾ配信 お待たせしました!! 新潟在住の3人組アイドル・ユニットNegicco、約1年6か月ぶりの2ndアルバム『Rice&Snow』をハイレゾ配信スタートです!! 本作には、1stフル・アルバム『Melody Palette』以来リリースされた4曲のシングル曲「ときめきのヘッドライナー」「トリプル! WONDERLAND」「サンシャイン日本海」「光のシュプール」に加え、カップリング曲で発表していた「1000%の片想い」に池田智子(Shiggy Jr.)をフィーチャリングしたバージョンを含む全13曲を収録。制作陣は、デビューからNegiccoを支え続けているプロデューサーのconnieを中心に、西寺郷太、矢野博康、田島貴男、Shiggy Jr.、北川勝利、スカート、Orland、三浦康嗣、吉田哲人、蓮沼執太が参加。Negiccoメンバーが作詞を行っている楽曲も収録。これは、超・超・超・超充実作です。とにもかくにも、この13曲をハイレゾでお楽しみください。 待望の2ndアルバムをハイ
by 西澤 裕郎
【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――第9回 Lynx Studio Technology「HILO」
[POWERPUSH]・2015年01月16日・高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――ハイレゾ/PCオーディオ研究室――【第9回】Lynx Studio Technology「HILO」 昨年末に行われた「DSD SHOP 2014」では、ジャズ・ライターの柳樂光隆氏とともに、「世界初、Thunderbolt接続のAD/DAコンバータで聴く、ECMレコードの世界」というイヴェントを行った。これはオーディオ的な興味からも、音楽的な興味からも、僕自身が得るところ多く、とても楽しいイヴェントになった。また、そこで使用したThunderbolt接続のAD/DAコンバータ、Lynx社のHILOのThunderboltヴァージョンは、さらにその後、年末年始に自宅でもじっくりテストすることができた。そこで今回はそのHILOの使用レポートをお届けすることにする。 スタジオ・ユースが中心のマスターAD/DAコンバータオーディオ・マニアと呼べるような人を含めて、一般にはLynxというブランドに馴染みのある人は少ないのではないかと思う。正式な名称をLynx Studio Technologyというこのメーカーの志向は、完全にプロ・オーディオに向いているからだ。逆にいえば、レ
by Reviewed by Kentaro Takahashi
 
筆者について
滝沢 時朗 (滝沢 時朗)

1982年東京生まれ。twitter ID:@sarigenaginger

同じ筆者による他の記事