2年半ぶりの新作は全編ピアノ・ソロ!

KASHIWA Daisuke / 88

自身の創作活動の他、様々なメディアへの楽曲提供、作家、リミキサー、マスタリング・エンジニアとしても活動しているKASHIWA Daisukeの4thアルバムが完成。今作では、これまでの彼の象徴とも言える緻密な打ち込みやオーディオ・エディットが排除され、ピアノ1台・88鍵によって表現されている。流れる旋律の中に溢れ出す、静謐な響きと力強いメロディー。新たな飛躍の一歩となる一枚を、より立体的な音で楽しめるHQD(24bit/48kHzのwav)で販売開始です。


感覚を解体する

作品を発表するごとに確かな存在感を放つアーティストKASHIWA Daisuke。彼は、主にエレクトロニカをベースに、クラシックやアンビエント、ブレイクコア、プログレッシブ・ロックなどを織り交ぜ、きめ細やかな音作りやエディットで作られるアルバムは常に確かな理念に裏打ちされているようだ。そんな彼の新作『88』は鍵盤の数を示すタイトルの通り、全編ピアノ・ソロによるアルバムだ。今までの作品の中でも常にピアノは使われていたが、今作はアンビエント的な音響処理を施したポスト・クラシカルな作風でもなく、ピアノのための曲がピアノで弾かれていることに本作の主眼がある。

KASHIWA Daisukeの楽曲中のピアノの使われ方は、今までの作品では大体において電子音やビートとともにあり、それを含み込んで鳴らされているものだった。例えばファースト・アルバム『april.#02』のタイトル・トラックでは、ピアノのエモーショナルな旋律が表立っているが、曲が叙情性を高め、盛り上がると共にビートは激しくなり、ノイズの波が曲を覆っていた。これによって、ピアノの奏でる旋律や音の質感によって呼び起こされる感覚に気分が高まるとともに、その感覚を同時進行で解体されているような、気が遠くなる曲だった。前作にしてサード・アルバム『5 Dec.』ではさらにそのアプローチは推し進められていた。アンビエント的な電子音と音響の中で空間に散りばめられるように断片的にピアノのフレーズが配された曲から始まり、メタリックなギターや機械的かつ脅迫的なビートが暴れまわる曲に流れていき、その後にはかすかで揺れるような電子音が現れ、最後にはまた暴力的なノイズが押し寄せる。『5 Dec.』は、繊細な楽曲で内にある感覚に気づかせ、暴力的な楽曲でその感覚を解体し、またその奥にあるものに気づかせる、という構造を持っていたのだ。

そして、ピアノソロの作品である『88』も、そうした流れを十分に感じさせる作品だ。本作では旋律が主体になることによって、KASHIWA Daisukeの持っている表現の要素がとてもコンパクトに集約されてもいる。それは、やはり単にクラシカルなものではなく、彼が基にしている諸々のポップ・ミュージックをピアノ曲の様式に凝縮したものだと感じる。また、弦をハンマーで叩くことによって音を鳴らすピアノは、弦楽器であると同時に打楽器でもあり、メロディを奏でることに長けていると同時に一音一音の響きがよくわかる。こうした楽曲や楽器やの特質は、曲の構造自体をおのずと浮かび上がらせ、この音の並びがこう弾かれるとなぜこんな気持ちになるのか、といった音楽の基本的かつ終わりのない問いに聞き手を導く。様々なスタイルが混ざり合い、溢れかえっているエレクトロニック・ミュージックのシーンにおいて、『88』は出るべくして出た作品なのだろう。(text by 滝沢時朗)

RECOMMEND

kashiwa daisuke / April.#02

ベルリンを拠点に活動するレーベル・onpa)))))の中で最もベストセラー記録更新中の、kashiwa daisukeファースト・アルバム。あまりにも叙情的でクラシカルな音源と電子音楽の見事な融合。

kashiwa daisuke / April.#07

ファースト・アルバム収録曲「april.#02」のリミックス作品。セルフ・リミックスをはじめ、DJ Olive Oil、JEAN-MICHEL、lem、Takeshi Nishimotoがリミキサーとして参加している。

Kyoka / ufunberlinfunfufuliveatnbi2009

2009年4月30日にベルリンのクラブ、NBIで行なわれたkyokaのライブ・レコーディング。トラック・リストの内容は、既発の曲を中心に、オランダ、アムステルダムの『サウンドミュージアム・ドット・FM』というオンライン上のサウンド・アート・ショー・ケースに提供しただけの未発売曲「2zu」、そしてもしかするとこのライブ以降、プレイされないかもしれない曲など、非常に貴重なベルリン・ライブ音源になっています! 観客動員数キャパめいっぱいの500人が詰めかけ、ラスター・ノートンのフランク・ブレットシュナイダー、カヒミ・カリィやもちろんkyokaともコラボ経験のあるモーマスなども応援に駆け寄ったこのライブ会場の様子を、ぜひご堪能あれ。

原田郁子+高木正勝 / TO NA RI

レコーディング・スタジオでの一発録りをライブとして公開し、そこでDSD収録した音源を配信するイベント“Premium Studio Live”。その第2弾として、クラムボンの原田郁子と、映像作家としても活躍する高木正勝の2人を招いて行われた際の記録。会場となったのは東京・市ヶ谷のサウンドインスタジオBstで、天井高のあるスタジオに2台のグランド・ピアノ……STEINWAYのフルコンサート・サイズとセミコンサート・サイズを設置。良質な響きの中で、原田と高木がそれぞれ自由にピアノを弾きながら、お互いの作品を変奏し合うようなセッションが繰り広げられる。原田の力強いボーカル、高木の繊細なボーカルそれぞれの魅力を存分に味わうことができるほか、飛び入りで参加したOLAibiを交えてのリズミックなパートも聴きもの。

PROFILE

学生時代、プログレッシヴ・ロックに影響を受け作曲を始める。2004年にkashiwa daisukeとしてソロ活動を開始し、2006年にドイツのレーベルonpaより1stアルバム『april.#02』をリリース。 翌年8月、nobleレーベルより2ndアルバム『program music I』を発表。2008年9月には、大型野外フェスティバルSense of Wonderに出演。 2009年2月、3rdアルバム『5 Dec.』をnobleよりリリース。 同年6月にはヨーロッパ3ヶ国8都市を廻るツアーを敢行し、世界三大クラブと呼ばれるベルリンのクラブ、BerghainではCLUSTERと共演し、旧ソ連軍の秘密基地跡で毎年開催されるドイツ最大級のフェスティバルFusion Festival 2009にも出演。2010年4月、マカオ、香港を巡るアジアツアーを行う。 自身の創作活動の他、様々なメディアへの楽曲提供、作家、リミキサー、マスタリングエンジニアとしても活動している。

o

はてブに追加
 
 
"powerpush"の最新アーカイヴ
夏期講座&秋期講座申し込み受付中!!
[POWERPUSH]・2013年08月21日・サカモト教授が帰ってきた!! 本格ゲーム音楽を創ってみませんか? 学びの秋がやってきましたね。オトトイの学校では9月からの新規講座の募集中。オトトイの学校HPにてぜひチェックを! さて、今週おすすめしたい講座は、9月27日(土)に初回を迎える「サカモト教授の超ゲーム音楽塾~作曲ソフト『大合奏!バンドブラザーズP』を使って、本格ゲーム音楽を創ろう~」!! 頭に装着したファミコンにカセットを挿すとそのゲーム曲を完全に再現することで有名なファミコンの中の人、サカモト教授。そんな超絶技能を持ち、数々のゲーム音楽製作を手がける教授の講座が約3年ぶりにオトトイに帰ってきた! 復活第1弾となる今回は、ニンテンドー3DSの作曲ソフト『大合奏! バンドブラザーズP』を使って、サカモト教授の指導のもと、全5回にわたり本格的なゲーム音楽の制作を行います。作った音楽は随時3DSソフト『大合奏! バンドブラザーズ』内で、世界中の人にシェアしていきます!! 受講生でチームを組んで、ハイレベルなオリジナル・ゲーム音楽を創ってみませんか? そのほか、先週に引き続き9月20日(土)に第3回を迎える「オトトイの学校×尚美ミュージックカレッジ専
OTOTOYで配信中のアイドルをまとめてチェック!! 大プッシュ・アーティストをアーカイヴしました
[POWERPUSH]・2014年09月11日・これぞ、OTOTOY系アイドル!?ーーOTOTOYが大プッシュしているアイドルをまとめてみた OTOTOYが追いかけてきたアイドルの音源をまとめてみました。一部では「OTOTOY系アイドル」なんて呼ばれることもありますが、強烈な個性と芯のあるアイドルたちばかり。そして、どれも楽曲が素晴らしいものばかりです。アイドルのハイレゾを積極的に推し進めてきたことを誇らしく思います。あ、全部がハイレゾ配信ではないので、そこはご注意を。あなたに新しい出会いを!! BELLRING少女 どんなグループ?怖いもの知らずで好奇心旺盛な若い女の子たちによる、ベルベット・アンダーグラウンド、そして、シャッグスに対する返答? 楽曲にメロトロンを使ったり、高くて出せないキー設定をするなど、普通には達成できない高みを追いかけるなか生まれる美学とともに、完全独自の道を進むアイドル・グループ、BELLRING少女ハート。2014年には渋谷クアトロでのワンマンをSOLD OUTさせ、2015年には赤坂BLITZの舞台に立つ。なにが起きるかわからないパルプンテみたいなグループ。特選・特集ページ「田中紘治(BELLRING少女ハート ディレクタ
by 西澤 裕郎
祝・月見ル君想フ10周年!! セカイイチ × bananafish × 寺尾ブッダの座談会を掲載!!
[POWERPUSH]・2014年09月11日・祝・月見ル君想フ10周年!!ーーセカイイチ × bananafishの2マン・ライヴは9月25日(木)!! 開催直前座談会を掲載!! 東京は青山のひっそりとしたビルの地下にあるライヴハウス、月見ル君想フ。そこはロマンチックな空間である。ステージの後ろには大きな丸い月が備え付けられ、ライヴの最中には満月になったり三日月になったりと、音楽に幻想的な景色を与えてくれる。ビールやカクテルなどとともに食事もできて、ゆったりとした時間を過ごすこともできる。そんな月見ル君想フが、2014年10月をもって、10周年を迎える。それを祝って、10月は毎日アニヴァーサリー企画が行なわれることが発表された。どれもこれもワクワクする企画ばかりだが、その前夜祭として先陣を切るイベントが、自主レーベル「Anaheim Records」を立ち上げたロック・バンド、セカイイチと、今年1月に赤坂BLITZでのワンマンを行なったbananafishの2マン・ライヴである。なぜこの2組が? そして、どんなイベントが行なわれるの? 両バンドのメンバーに、月見ル君想フの店長・寺尾ブッタを交えて、2組の関係や本イベントについて座談会を行なった。さらに
by 岡本 貴之
Blonde Redheadによる4年ぶりのニュー・アルバム
[POWERPUSH]・2014年09月04日・ネオ・ゴシックなデイドリーム・ポップスーーアート・ロック・シーンの中核、ブロンド・レッドヘッドによる4年ぶりのアルバムが完成 1993年から現在に至るまで、いわばニューヨーク・アート・ロック、オルタナ・シーンの中核を担ってきたブロンド・レッドヘッド。日本人女性ヴォーカル、カズ・マキノと双子兄弟アメデオ(Gt)とシモーネ(Dr)の3人によって生み出されるのは、郷愁にかられるようなメロディーと、ノイジーな音選びが同居する、まるで白昼夢のようなサウンド。そんな彼らによる4年ぶりのフル・アルバム『Barragán』をこのたびリリース。結成当初のノー・ウェイヴ・サウンドをちらつかせながら紡がれる、いびつで、ナードなデイドリーム・ポップスを、レヴューとともにお楽しみください。 Blonde Redhead / Barragán'【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / mp3 : 単曲 205円 まとめ購入 1,543円【Track List】''01. Barragán 02. Lady M03. Dripping04. Cat On Tin Roof05. The One I Love06. No Mo
by 吉野 敬一郎
〈ぐるぐる回る 2014〉は2014年9月15日!! コンピレーション・アルバムを無料配信&座談会を掲載
[POWERPUSH]・2014年09月05日・9月15日は〈ぐるぐる回る 2014〉!!ーー11人のキュレーターが選んだコンピレーション・アルバムを無料配信&座談会を掲載 開催まであと10日を切りましたよっっつ!! なにがって? 埼玉スタジアム2002のコンコースを使って開催されるD.I.Yフェス〈ぐるぐる回る 2014〉の開催がですよ!! サッカーの試合が行なわれるスタジアムのコンコースにライヴのステージが作られ、担当キュレーターがブッキング、そして演出を行う手作り感溢れる大型フェスです。興奮を抑えきれず、前回下見についていって写真をたくさん撮ってきた記事を掲載したばかりですが、今回は11人のキュレーターをお呼びして、それぞれのステージのコンセプトだったり想いを語っていただきました。それだけじゃありません!! 各ステージ毎に、1アーティストを選出してもらい11曲の楽曲を収録したコンピレーション・アルバムをフリー・ダウンロードでお届けします!! これを聴いて、記事を読んだら、じっとしていられないはず。9月15日は、みんなでぐるぐる回ろうぜ!! 絶対楽しいってお約束します!! >>>〈ぐるぐる回る 2014〉の開場下見に行ってきたレポートはこちらから
33RECORD、33週連続リリース企画『Biff Sound』第27弾をリリース&VENOM、kokko、Kampowとインタヴュー・セッション!!
[POWERPUSH]・2014年09月02日・ここはガチのレコーディング道場ーー33週連続リリース企画「Biff Sound」7ヶ月目突入、インタヴュー・セッション 倉庫を改造したスタジオ・Ice Cream Studioを舞台に、週末の深夜から朝にかけてレコーディング・セッションを行い、その音源を33週にわたり毎週リリースしていく企画「Biff Sound」も、早いもので27週目を迎えた。筆者は、月に1度ほどIce Cream Studioに足を運び、その日のテンションによって起こる化学変化を眺めているのだが、いつ行ってもその様子は新鮮だ。ミュージシャンたちにとっては、その一挙手一投足を観られながら実力を試される場ということもあり、本番になると集中してそのパフォーマンスを一気に発揮していく。実をいうと、レコーディングに至るまでの時間というのは長く、その間アーティスト同士が雑談をしたり、コンビニで買ってきた弁当を食べたり、趣味の話をしたり、ゆったりとテンションをあげて準備を整えている。というのも、レコーディング・セッションは、ほぼ一発勝負。仲間たちだけでのレコーディング・セッションという状況は、逆にプレッシャーや緊張感というものも生み出しているようで
by 西澤 裕郎
【連載】さくまのぞみの女子探訪ーー第1回、綿めぐみ
[POWERPUSH]・2014年09月02日・【新連載】さくまのぞみの女子探訪ーー第1回は、綿めぐみ。気張っていない可愛い声とラップがやみつきに!! なぜ、わたしがこの連載をはじめることになったのか? こんにちは。佐久間望です。今は、大学に通いながらOTOTOYで記事を書いています。趣味は、音楽を探ること。Twitterやライヴハウスで会う方々との会話で出てきたアーティストを覚えておいて後でライヴに行ったり、SoundCloudで音楽を聴いたり、YouTubeを見たりしています。 最近は、女の子の歌手にはまっていて、いいなと思うアーティストがたくさんいるんです。OTOTOYで好きな女の子アーティストをプッシュしていたら(※1)、記事が書けることになりました。嬉しい! ※1「大学生、佐久間望が追いかける桐嶋ノドカ」 この記事を書こうと思ったのにはもう1つきっかけがあります。私は、クルミクロニクルというEDMをやっている女の子の曲が好きでライヴによく行っていました。しかし、同世代の友だちがなかなか作れなくて…。私はもっと、同じくらいの年の女の子やいろんな人たちに聴いてほしいし観てほしいと思いました。 クルミクロニクル2013年春、路上ライヴから活動を
NegiccoとEspeciaによるユニット、Negipecia『Girl's Life』をハイレゾ配信!!
[POWERPUSH]・2014年08月26日・一夏限定の嬉しすぎるコラボーーNegiccoとEspeciaによるユニット、Negipeciaのハイレゾが買えるのはOTOTOYだけ!! 新潟在住の3人組アイドル・ユニットNegiccoと大阪堀江系ガールズ・グループEspeciaが、一夏限りのコラボレーション!! その名は、Negipecia!! 実はこの2組、2013〜2014年のカウントダウン・パーティや横浜港客船を使った「Fiesta.2013」「Fiesta2013-14」で共演するなど、公私ともに交流が深いのです。そんな2者による初シングルのリード曲「Girl's Life」は、おニャン子クラブや野猿などの楽曲も手掛ける後藤次利が、作曲・編曲・プロデュースを担当。あまりに豪華すぎる本作をOTOTOYではハイレゾ配信にてお送りいたします!! 贅沢な夏をお過ごしください。 NegiccoとEspeciaによるコラボ作をハイレゾ配信Negipecia / Girl's Life(24bit/48kHz)【配信価格】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48Hz) 単曲 249円 / まとめ購入 2,000円【Track List】1. Girl’s
by 西澤 裕郎
 
筆者について
滝沢 時朗 (滝沢 時朗)

1982年東京生まれ。twitter ID:@sarigenaginger

同じ筆者による他の記事