2年半ぶりの新作は全編ピアノ・ソロ!

KASHIWA Daisuke / 88

自身の創作活動の他、様々なメディアへの楽曲提供、作家、リミキサー、マスタリング・エンジニアとしても活動しているKASHIWA Daisukeの4thアルバムが完成。今作では、これまでの彼の象徴とも言える緻密な打ち込みやオーディオ・エディットが排除され、ピアノ1台・88鍵によって表現されている。流れる旋律の中に溢れ出す、静謐な響きと力強いメロディー。新たな飛躍の一歩となる一枚を、より立体的な音で楽しめるHQD(24bit/48kHzのwav)で販売開始です。


感覚を解体する

作品を発表するごとに確かな存在感を放つアーティストKASHIWA Daisuke。彼は、主にエレクトロニカをベースに、クラシックやアンビエント、ブレイクコア、プログレッシブ・ロックなどを織り交ぜ、きめ細やかな音作りやエディットで作られるアルバムは常に確かな理念に裏打ちされているようだ。そんな彼の新作『88』は鍵盤の数を示すタイトルの通り、全編ピアノ・ソロによるアルバムだ。今までの作品の中でも常にピアノは使われていたが、今作はアンビエント的な音響処理を施したポスト・クラシカルな作風でもなく、ピアノのための曲がピアノで弾かれていることに本作の主眼がある。

KASHIWA Daisukeの楽曲中のピアノの使われ方は、今までの作品では大体において電子音やビートとともにあり、それを含み込んで鳴らされているものだった。例えばファースト・アルバム『april.#02』のタイトル・トラックでは、ピアノのエモーショナルな旋律が表立っているが、曲が叙情性を高め、盛り上がると共にビートは激しくなり、ノイズの波が曲を覆っていた。これによって、ピアノの奏でる旋律や音の質感によって呼び起こされる感覚に気分が高まるとともに、その感覚を同時進行で解体されているような、気が遠くなる曲だった。前作にしてサード・アルバム『5 Dec.』ではさらにそのアプローチは推し進められていた。アンビエント的な電子音と音響の中で空間に散りばめられるように断片的にピアノのフレーズが配された曲から始まり、メタリックなギターや機械的かつ脅迫的なビートが暴れまわる曲に流れていき、その後にはかすかで揺れるような電子音が現れ、最後にはまた暴力的なノイズが押し寄せる。『5 Dec.』は、繊細な楽曲で内にある感覚に気づかせ、暴力的な楽曲でその感覚を解体し、またその奥にあるものに気づかせる、という構造を持っていたのだ。

そして、ピアノソロの作品である『88』も、そうした流れを十分に感じさせる作品だ。本作では旋律が主体になることによって、KASHIWA Daisukeの持っている表現の要素がとてもコンパクトに集約されてもいる。それは、やはり単にクラシカルなものではなく、彼が基にしている諸々のポップ・ミュージックをピアノ曲の様式に凝縮したものだと感じる。また、弦をハンマーで叩くことによって音を鳴らすピアノは、弦楽器であると同時に打楽器でもあり、メロディを奏でることに長けていると同時に一音一音の響きがよくわかる。こうした楽曲や楽器やの特質は、曲の構造自体をおのずと浮かび上がらせ、この音の並びがこう弾かれるとなぜこんな気持ちになるのか、といった音楽の基本的かつ終わりのない問いに聞き手を導く。様々なスタイルが混ざり合い、溢れかえっているエレクトロニック・ミュージックのシーンにおいて、『88』は出るべくして出た作品なのだろう。(text by 滝沢時朗)

RECOMMEND

kashiwa daisuke / April.#02

ベルリンを拠点に活動するレーベル・onpa)))))の中で最もベストセラー記録更新中の、kashiwa daisukeファースト・アルバム。あまりにも叙情的でクラシカルな音源と電子音楽の見事な融合。

kashiwa daisuke / April.#07

ファースト・アルバム収録曲「april.#02」のリミックス作品。セルフ・リミックスをはじめ、DJ Olive Oil、JEAN-MICHEL、lem、Takeshi Nishimotoがリミキサーとして参加している。

Kyoka / ufunberlinfunfufuliveatnbi2009

2009年4月30日にベルリンのクラブ、NBIで行なわれたkyokaのライブ・レコーディング。トラック・リストの内容は、既発の曲を中心に、オランダ、アムステルダムの『サウンドミュージアム・ドット・FM』というオンライン上のサウンド・アート・ショー・ケースに提供しただけの未発売曲「2zu」、そしてもしかするとこのライブ以降、プレイされないかもしれない曲など、非常に貴重なベルリン・ライブ音源になっています! 観客動員数キャパめいっぱいの500人が詰めかけ、ラスター・ノートンのフランク・ブレットシュナイダー、カヒミ・カリィやもちろんkyokaともコラボ経験のあるモーマスなども応援に駆け寄ったこのライブ会場の様子を、ぜひご堪能あれ。

原田郁子+高木正勝 / TO NA RI

レコーディング・スタジオでの一発録りをライブとして公開し、そこでDSD収録した音源を配信するイベント“Premium Studio Live”。その第2弾として、クラムボンの原田郁子と、映像作家としても活躍する高木正勝の2人を招いて行われた際の記録。会場となったのは東京・市ヶ谷のサウンドインスタジオBstで、天井高のあるスタジオに2台のグランド・ピアノ……STEINWAYのフルコンサート・サイズとセミコンサート・サイズを設置。良質な響きの中で、原田と高木がそれぞれ自由にピアノを弾きながら、お互いの作品を変奏し合うようなセッションが繰り広げられる。原田の力強いボーカル、高木の繊細なボーカルそれぞれの魅力を存分に味わうことができるほか、飛び入りで参加したOLAibiを交えてのリズミックなパートも聴きもの。

PROFILE

学生時代、プログレッシヴ・ロックに影響を受け作曲を始める。2004年にkashiwa daisukeとしてソロ活動を開始し、2006年にドイツのレーベルonpaより1stアルバム『april.#02』をリリース。 翌年8月、nobleレーベルより2ndアルバム『program music I』を発表。2008年9月には、大型野外フェスティバルSense of Wonderに出演。 2009年2月、3rdアルバム『5 Dec.』をnobleよりリリース。 同年6月にはヨーロッパ3ヶ国8都市を廻るツアーを敢行し、世界三大クラブと呼ばれるベルリンのクラブ、BerghainではCLUSTERと共演し、旧ソ連軍の秘密基地跡で毎年開催されるドイツ最大級のフェスティバルFusion Festival 2009にも出演。2010年4月、マカオ、香港を巡るアジアツアーを行う。 自身の創作活動の他、様々なメディアへの楽曲提供、作家、リミキサー、マスタリングエンジニアとしても活動している。

o

はてブに追加
 
 
"powerpush"の最新アーカイヴ
NYインディー・ロックシーンの雄、TV On The Radio3年半振りのアルバムをリリース!!--OTOTOY
[POWERPUSH]・2014年11月28日・どこまでも洗練された”雑多”ーーブルックリンのインディー・ロック・シーン立役者、TV On The Radio3年半振りのアルバム TV On The Radioは2001年にニューヨーク・ブルックリンにて結成された4人組。2006年にはSPIN誌のアーティスト・オブ・ザ・イヤー受賞。2008年にリリースした『Dear Science』が同じくSPIN誌にて年間ベスト・アルバム賞を受賞。デヴィッド・ボウイ、ナイン・インチ・ネイルズ、マッシヴ・アタック、ザ・ルーツなどさまざまなミュージシャン達から支持されるなど、2000年代以降のUSインディー・ロックの一連の流れを生み出したと言っても過言ではない彼らが、3年半振りにアルバムをリリース。2011年の『Nine Type of Light』リリース直後にバンドのベースとキーボードを担当していたジェラード・スミスが肺がんで亡くなるというバンド存続の危機を乗り越えて生み出された今作は、今までよりも更に強靭に音への探究心が1曲1曲に閉じ込められた1枚となっている。 TV On The Radio / Seeds'【配信形態】/ alac / flac / wav(1
【連載】さくまのぞみの女子探訪ーー第3回は、クルミクロニクル!! タワレコ限定シングルを先行ハイレゾ配信スタート!!
[POWERPUSH]・2014年11月26日・【連載】さくまのぞみの女子探訪ーー第3回は、クルミクロニクル!! タワレコ限定シングルを先行ハイレゾ配信スタート!! 12月3日限定販売の新作を先行ハイレゾ配信スタート!!クルミクロニクル / White Sweet Cake(24bit/96kHz)1. White Sweet Cake2. USAGI DISCO Curumi's MASH UP3. White Sweet Cake(DJ Obake Remix)【配信形式】 FLAC、ALAC、WAV(24bit / 96kHz)【価格】 単曲 270円 / アルバム 810円 第3回にピックアップするのは、クルミクロニクル!! 8月に渋谷WOMB満員のワンマン・ライヴを行ってから約4か月…。現在、活動休止中のクルミクロニクルから新譜のお知らせです!!! こんにちは。のんびり更新している女子探訪も第3回目です。今回は、なんと! この連載をやりたいと思ったきっかけでもあるクルミクロニクル。個人的にライヴに頻繁に行っていて大好きなのです。私の中の熱い気持ちがこぼれそうだよ。 知らない方もいらっしゃるかもしれないので軽くご紹介しますね。クルミクロニクル
【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――第4回 Astell&Kern「AK240」(後編)
[POWERPUSH]・2014年05月22日・高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――ハイレゾ/PCオーディオ研究室――【第4回】Astell&Kern「AK240」(後編) Astell&KernのAK240のテスト・レポートの第2回である。 前回からの間に、FUJIYA AVIC主催の恒例「ヘッドフォン祭」が中野サンプラザで開催されたので、遊びに行ってきた。Astell&Kernは正式発表こそしなかったものの、そこに2機種の新製品、AK100IIとAK120IIを持ち込んでいた。どちらも、AK240と同じくAndroid OSベースのポータブル・プレイヤーだという。ということは、IIという名前は付いてはいるものの、中身は従来のAK100、AK120とはまったく別物。その後、ドイツのミュンヘンで開催された「HI END 2014」で正式発表されたスペックを見ると、DACチップもこれまでのWolfson社製WM8740からCirrus Logic社製のCS4398に変更されているようだ。 CS4398ということはAK240とも同一のDACチップ。AK100IIはシングル・チップだが、AK120IIはLR独立のデュアル・チップ構成。となると、AK240
【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――第3回 Astell&Kern「AK240」(前編)
[POWERPUSH]・2014年04月17日・高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――ハイレゾ/PCオーディオ研究室――【第3回】Astell&Kern「AK240」(前編) ハイレゾ対応のポータブル・オーディオ・プレイヤーが人気を集める昨今だが、中でも話題沸騰しているのが、今年の2月終わりに発売されたAstell&KernのAK240だ。2月8日に中野サンプラザで開催された「ポタ研」でのAK240の発表会では、僕もゲスト・スピーチをさせてもらったが、その後、さらに製品を自宅でロングラン・テストすることもできた。そこで、今回~次回のOTO-TOY-LABは、そのレポートにあててみたい。 DSDネイティヴ再生も可能なフラッグシップ機Astell&Kernは、1990年代の終わりからポータブルなオーディオ機器を手掛けてきた韓国のiriverが、高級ラインナップのためのブランドとして作ったものだ。僕がAstell&Kernの製品に強い興味を惹かれたのは、昨年の6月に発売されたAK120によってだった。その音質の評判を聞いて、試聴してみたところ、いや、ビックリした。アップルのiPodに代表されるようなポータブル・オーディオ・プレイヤーは、DAPという略称(デジ
【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――第2回 AMI「MUSIK DS5」
[POWERPUSH]・2014年03月18日・高橋健太郎のOTO-TOY-LAB――ハイレゾ/PCオーディオ研究室――【第2回】AMI「MUSIK DS5」 最近のオーディオ関係のニュースを眺めていると、USB DACの発売点数の多さに驚く。中級機種以上になると、DSDへの対応も当たり前になってきて、DSDの音源配信に早くから取り組んできたOTOTOYとしては、非常にありがたい、追い風的状況とも言える。ただ、ユーザー的にはなにを基準にUSB DACを選んだら良いのか、カタログ・スペックだけでは各社から同じような仕様のUSB DACが出ているように見えるだけに、選択が難しくなったとも言えるかもしれない。 多様化するUSB DACでより安価にハイレゾを楽しむ DSD対応のUSB DACを僕はこれまで十数機種ほど試聴あるいは試用してきたが、総じて言えることは、コスト・パフォーマンスが非常に高い、ということだろう。例えば、前回紹介したiFI Audioの「nano iDSD」は実売価格が2万円台の製品だった。僕が普段、使っているCDプレイヤーはDCSの「P8i」という製品だが、これは発売当時の定価が百数十万円もした。DCS「P8i」の優れたところは、通常のCD
【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――第6回 M2TECH「YOUNG DSD」
[POWERPUSH]・2014年10月29日・高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――ハイレゾ/PCオーディオ研究室――【第6回】M2TECH「YOUNG DSD」 しばらく連載の間が空いてしまったが、そのあいだにスタジオのメインのAD / DAコンバータを替えた。PRO TOOLS HD用のインターフェイスをAPOGEE SYMPHONYに替えたのだ。APOGEEのコンバータはスタジオではAD8000SEやTRAK2、デスクトップではMINI DACを使っていた時期もあるので、親しみ深い。SYMPHONYはDACチップにESSサブレのES9018を使っているせいか、音場の見渡しが良く、音色的には少しクールになった気はするが、ゾクっとするような艶やかさも秘めている感じで、すごく気に入っている。 加えて、SYMPHONYには音質面以外でも、非常に好都合なことがある。PRO TOOLS HDのインターフェイスであると同時に、USB DACにもなってくれるのだ。だから、PRO TOOLS HDで作業していた曲を2ミックスにバウンスした後、別のアプリケーションで聴こうというときも、前面パネルでUSB DACモードに切り替えるだけで、同じAPOGEE SYMPH
【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――第1回 iFI-Audio「nano iDSD」
[POWERPUSH]・2014年02月19日・高橋健太郎のOTO-TOY-LAB――ハイレゾ/PCオーディオ研究室――【第1回】iFI-Audio「nano iDSD」 OTOTOYが24bit/48kHzのWAVによる高音質配信を始めたのは2009年。翌2010年からはDSDフォーマットでの配信も始めたが、当初は先走っている感が否めなかった。というのも、再生するための機器がまだまだポピュラーではなかったからだ。とりわけ、DSDに関しては、一般に手の届く製品はコルグのMRシリーズくらいに限られていた。 ところが、2012年の夏くらいから、先走るOTOTOYにハードウェア・メーカーが急速に追いついてきた。理由のひとつは、DoPと呼ばれる転送方式が開発されたことだ。このDoPは「DSD Audio over PCM Frames」の略で、従来のPCMのフォーマットに偽装して、DSDのデータを転送する。この技術開発によって、PCのプレイヤー・ソフトとUSB DACの組み合わせで、DSDを再生することがたやすくなり、各社から続々とDSD対応のUSB DACが発売されるようになった。 こうした流れを受けて、2012年12月、OTOTOYは渋谷ヒカリエで〈OTOT
【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――第7回 YAMAHA「A-S801」
[POWERPUSH]・2014年11月26日・高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――ハイレゾ/PCオーディオ研究室――【第7回】YAMAHA「A-S801」 9月のある日、オーディオの新製品ニュースを見ていたら、ヤマハの新しいプリメイン・アンプが目にとまった。そのレトロな風貌に惹かれてしまったのだ。このデザインはそそられる、とツイッターでも呟いたところ、ヤマハから実機を貸してもらえることになった。そこで今回は、そのプリメイン・アンプ、YAMAHA「A-S801」の使用感をレポートしてみよう。 YAMAHAの伝統を受け継いだレトロ・デザインなぜ、一目見ただけで、僕が心ときめいたか、というと、これは個人的な思い出に関わっている。最初に買ったプリメイン・アンプがヤマハのA5というモデルだったのだ。A5は1979年発売。しかし、デザインを見比べてみてほしい。1979年のA5と2014年のA-S801、パッと見、前者の方が新しいと思う人もいるんじゃないだろうか。 A5を買う以前は父の友人から譲ってもらったレシーヴァー・アンプを使っていた。自分の金で買う最初のプリメインは、雑誌やカタログを穴の開くほど見て、選んだ。A5にした決め手はデザインだったと思う。ヤマハ
by Reviewed by Kentaro Takahashi
 
筆者について
滝沢 時朗 (滝沢 時朗)

1982年東京生まれ。twitter ID:@sarigenaginger

同じ筆者による他の記事