2年半ぶりの新作は全編ピアノ・ソロ!

KASHIWA Daisuke / 88

自身の創作活動の他、様々なメディアへの楽曲提供、作家、リミキサー、マスタリング・エンジニアとしても活動しているKASHIWA Daisukeの4thアルバムが完成。今作では、これまでの彼の象徴とも言える緻密な打ち込みやオーディオ・エディットが排除され、ピアノ1台・88鍵によって表現されている。流れる旋律の中に溢れ出す、静謐な響きと力強いメロディー。新たな飛躍の一歩となる一枚を、より立体的な音で楽しめるHQD(24bit/48kHzのwav)で販売開始です。


感覚を解体する

作品を発表するごとに確かな存在感を放つアーティストKASHIWA Daisuke。彼は、主にエレクトロニカをベースに、クラシックやアンビエント、ブレイクコア、プログレッシブ・ロックなどを織り交ぜ、きめ細やかな音作りやエディットで作られるアルバムは常に確かな理念に裏打ちされているようだ。そんな彼の新作『88』は鍵盤の数を示すタイトルの通り、全編ピアノ・ソロによるアルバムだ。今までの作品の中でも常にピアノは使われていたが、今作はアンビエント的な音響処理を施したポスト・クラシカルな作風でもなく、ピアノのための曲がピアノで弾かれていることに本作の主眼がある。

KASHIWA Daisukeの楽曲中のピアノの使われ方は、今までの作品では大体において電子音やビートとともにあり、それを含み込んで鳴らされているものだった。例えばファースト・アルバム『april.#02』のタイトル・トラックでは、ピアノのエモーショナルな旋律が表立っているが、曲が叙情性を高め、盛り上がると共にビートは激しくなり、ノイズの波が曲を覆っていた。これによって、ピアノの奏でる旋律や音の質感によって呼び起こされる感覚に気分が高まるとともに、その感覚を同時進行で解体されているような、気が遠くなる曲だった。前作にしてサード・アルバム『5 Dec.』ではさらにそのアプローチは推し進められていた。アンビエント的な電子音と音響の中で空間に散りばめられるように断片的にピアノのフレーズが配された曲から始まり、メタリックなギターや機械的かつ脅迫的なビートが暴れまわる曲に流れていき、その後にはかすかで揺れるような電子音が現れ、最後にはまた暴力的なノイズが押し寄せる。『5 Dec.』は、繊細な楽曲で内にある感覚に気づかせ、暴力的な楽曲でその感覚を解体し、またその奥にあるものに気づかせる、という構造を持っていたのだ。

そして、ピアノソロの作品である『88』も、そうした流れを十分に感じさせる作品だ。本作では旋律が主体になることによって、KASHIWA Daisukeの持っている表現の要素がとてもコンパクトに集約されてもいる。それは、やはり単にクラシカルなものではなく、彼が基にしている諸々のポップ・ミュージックをピアノ曲の様式に凝縮したものだと感じる。また、弦をハンマーで叩くことによって音を鳴らすピアノは、弦楽器であると同時に打楽器でもあり、メロディを奏でることに長けていると同時に一音一音の響きがよくわかる。こうした楽曲や楽器やの特質は、曲の構造自体をおのずと浮かび上がらせ、この音の並びがこう弾かれるとなぜこんな気持ちになるのか、といった音楽の基本的かつ終わりのない問いに聞き手を導く。様々なスタイルが混ざり合い、溢れかえっているエレクトロニック・ミュージックのシーンにおいて、『88』は出るべくして出た作品なのだろう。(text by 滝沢時朗)

RECOMMEND

kashiwa daisuke / April.#02

ベルリンを拠点に活動するレーベル・onpa)))))の中で最もベストセラー記録更新中の、kashiwa daisukeファースト・アルバム。あまりにも叙情的でクラシカルな音源と電子音楽の見事な融合。

kashiwa daisuke / April.#07

ファースト・アルバム収録曲「april.#02」のリミックス作品。セルフ・リミックスをはじめ、DJ Olive Oil、JEAN-MICHEL、lem、Takeshi Nishimotoがリミキサーとして参加している。

Kyoka / ufunberlinfunfufuliveatnbi2009

2009年4月30日にベルリンのクラブ、NBIで行なわれたkyokaのライブ・レコーディング。トラック・リストの内容は、既発の曲を中心に、オランダ、アムステルダムの『サウンドミュージアム・ドット・FM』というオンライン上のサウンド・アート・ショー・ケースに提供しただけの未発売曲「2zu」、そしてもしかするとこのライブ以降、プレイされないかもしれない曲など、非常に貴重なベルリン・ライブ音源になっています! 観客動員数キャパめいっぱいの500人が詰めかけ、ラスター・ノートンのフランク・ブレットシュナイダー、カヒミ・カリィやもちろんkyokaともコラボ経験のあるモーマスなども応援に駆け寄ったこのライブ会場の様子を、ぜひご堪能あれ。

原田郁子+高木正勝 / TO NA RI

レコーディング・スタジオでの一発録りをライブとして公開し、そこでDSD収録した音源を配信するイベント“Premium Studio Live”。その第2弾として、クラムボンの原田郁子と、映像作家としても活躍する高木正勝の2人を招いて行われた際の記録。会場となったのは東京・市ヶ谷のサウンドインスタジオBstで、天井高のあるスタジオに2台のグランド・ピアノ……STEINWAYのフルコンサート・サイズとセミコンサート・サイズを設置。良質な響きの中で、原田と高木がそれぞれ自由にピアノを弾きながら、お互いの作品を変奏し合うようなセッションが繰り広げられる。原田の力強いボーカル、高木の繊細なボーカルそれぞれの魅力を存分に味わうことができるほか、飛び入りで参加したOLAibiを交えてのリズミックなパートも聴きもの。

PROFILE

学生時代、プログレッシヴ・ロックに影響を受け作曲を始める。2004年にkashiwa daisukeとしてソロ活動を開始し、2006年にドイツのレーベルonpaより1stアルバム『april.#02』をリリース。 翌年8月、nobleレーベルより2ndアルバム『program music I』を発表。2008年9月には、大型野外フェスティバルSense of Wonderに出演。 2009年2月、3rdアルバム『5 Dec.』をnobleよりリリース。 同年6月にはヨーロッパ3ヶ国8都市を廻るツアーを敢行し、世界三大クラブと呼ばれるベルリンのクラブ、BerghainではCLUSTERと共演し、旧ソ連軍の秘密基地跡で毎年開催されるドイツ最大級のフェスティバルFusion Festival 2009にも出演。2010年4月、マカオ、香港を巡るアジアツアーを行う。 自身の創作活動の他、様々なメディアへの楽曲提供、作家、リミキサー、マスタリングエンジニアとしても活動している。

o

はてブに追加
 
 
"powerpush"の最新アーカイヴ
HIP HOPライター斎井直史によるガチンコ不定期連載「Intersection」Vol.3 東京の湿っぽい地下室が似合う突然変異的ユニット、ZOMG
[POWERPUSH]・2015年02月26日・東京の湿っぽい地下室がよく似合う突然変異、ZOMGーーHIP HOPライター斎井直史によるガチンコ連載「INTERSECTION」第3弾 これまで、興味を持ったアーティストに直接接触することでリリース情報を掴み、記事にしてきたヒップホップ・ライター、斎井直史。そんな彼によるガチンコ連載「INTERSECTION」!! 扱う対象は、レーベルを通した作品だけでなく、手売り音源、ネットで活動しているアーティストの音源、ライヴに徹しているアーティストの音源まで… 要するにすべて!! 斎井がいま熱いと思えるアーティストをみつけては、アポ取りから配信契約までを行う、まさにガチンコのDIY企画。それゆえ、ホットなリリースのみならず、突如として独占音源やインタヴューが飛び込んでくることも当たり前。熱いアーティストが増えれば増えるほど、このコーナーも熱さを増していく。がんばれ、斎井! おまえの骨はOTOTOYが拾ってやる! 連載3回目となる今回は、Young DrunkerのBaccasと、ADAMS CAMPの黒真珠による2人組、ZOMGをピックアップ。2人へのインタヴューとともに、OTOTOY限定の特別パッケージを配信
by 斎井 直史
坂本美雨と蓮沼執太クルー、一夜限りのライヴ音源をハイレゾ配信!! ライヴ直前インタヴュー&レポート掲載
[POWERPUSH]・2015年02月24日・聴いた人にいいことしか起こらない“おまじない”ーー坂本美雨と蓮沼執太クルーが奏でた一夜限りの夜をハイレゾ配信 2015年1月22日、坂本美雨と蓮沼執太クルーが渋谷WWWにて行った〈Waving Flags リリースパーティ〜旗を振るよ ここにいるよ〜〉の模様を収録したライヴ音源をハイレゾ・リリース。数多くのミュージシャンが参加して制作、昨年3月にリリースにされたアルバム『Waving Flags』の楽曲を中心に、カヴァー曲としては“蓮沼執太フィル”の楽曲である「ZERO CONCERTO」「ONEMAN」、坂本龍一が坂本美雨のために作ったことでも知られるYMOの楽曲「ONGAKU」を収録。蓮沼執太をコンダクターに、伊藤大地、村田シゲ、環ROYなど名うてのミュージシャンと坂本美雨、その場のお客さんがかけた一夜限りの“おまじない”。OTOTOYでは、その様子をレポートするとともに、ライヴ前の坂本美雨と蓮沼執太へのインタヴューもお届け。一緒に祝福の時間を追体験してみませんか? きっとその時間、いいことしか起こらないはず!! 坂本美雨と蓮沼執太クルー / LIVE “Waving Flags” '【配信形態】WA
by 西澤 裕郎
西アフリカ発のデザート・ブルース・バンド、ソンゴイ・ブルースによる、待望のデビュー作を配信
[POWERPUSH]・2015年02月25日・西アフリカ発信の“流浪の音達”——マリ共和国のデザート・ブルース・バンド、ソンゴイ・ブルースによる待望のデビュー作 西アフリカはマリ共和国、ここ最近まで紛争や内乱が絶えなかったこの国から1組のブルース・ロック・バンドが生まれた。その名も、ソンゴイ・ブルース。ヴォーカルとギター、ベース、ドラムという至ってシンプルな編成から生み出される音々は、アフロ・ビートにR&Bやロック・イディオムを折衷させた次世代のブルース・ミュージック。14世紀からマリに居住するソンゴイ族である彼らが注目を浴びたのは、なんとイギリスを代表するロック・バンド、ブラーのフロントマンであるデーモン・アルバーンのあるプロジェクトがきっかけ。彼による、西洋の音楽家とアフリカの音楽家のコラボレーション・プロジェクト、〈アフリカ・エクスプレス〉の楽曲に抜擢され、各シーンのミュージシャンに絶賛される。そんな彼らによる、待望のデビュー作『Music in Exile』がついに発売! 近年、アフロ・ポップに接近しているブライアン・イーノも絶賛する、渦を巻くようなブラック・グルーヴが詰まった本作を、ぜひレヴューとともにご体感あれ。 ※デザート・ブルース :
by ®ita Takaki
8年ぶりのアルバム『Vestiges & Claws』――ホセ・ゴンザレスの新作をハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2015年02月20日・哀愁のメロウ・サイケデリアを帯びたギターと歌、そしてその響き――ホセ・ゴンザレス新作を24bit / 96kHzで国内独占配信開始 まずはその哀愁を帯びたシルキーな歌声と、ギターで爪弾かれる旋律。彼の説明を読むのに、それを聴いてからだとしても遅くはないだろう。 スウェーデンの港湾都市、ヨーテボリ出身のシンガー、ホセ・ゴンザレスの新作が届いた。シンプルな、歌声とアコースティック・ギターという表現ながら、その世界観は唯一無二のものだ。いわゆるヨーロッパ的なネオアコやアメリカのフォークやブルースとも違った(が、それらの要素も含んでいる)、時に南米やラテン音楽の影響も感じさせる。そして、このたびリリースされたサード・アルバム『Vestiges & Claws』も、まさに彼のそうした音楽性が反映されたものだろう。 OTOTOYでは、本作を24bit / 96kHzのハイレゾ音質で、国内独占で配信を開始する。そのギター・プレイの指の動きすら見えてしまいそうな、さらにはその歌声の細やかな表現すら再現してしまいそうなハイレゾ音源で、本作の美しさをより深く楽しむべきだ。 José González / Vestiges &
by 河村 祐介
フレンチ・エレクトロニカの重要人物、Saycetの新作を先行ハイレゾ配信!
[POWERPUSH]・2015年02月19日・蜃気楼の先から聴こえる、シンフォニック・サウンド——フレンチ・エレクトロニカの重要人物、Saycetの新作を先行ハイレゾ配信! クリアな電子音と女性ヴォーカルが美しき物語を描き出す、フランスのエレクトロニカ・アーティスト、ピエール・ルフェブのプロジェクト、セイセット(Saycet)。前作『Through The Window』から4年、3枚目のアルバムとしてこのたび『Mirage』(フランス語で“蜃気楼”を意味する)がリリースされた。 OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信。繊細な電子音、さらには前作に引き続き参加の女性ヴォーカリスト、フォン・ソムサヴァットによる歌声の響きはやはり高音質でさらに真価を発揮するのではないだろうか? Saycet / Mirage(24bit/44.1kHz)'【配信形態】(各税込)ALAC / FLAC / WAV / AAC(24bit/44.1kHz) : 単曲 200円 / まとめ購入 2,000円【Track List】01. Ayrton Senna02. Mirages03. Volcano04. Meteores05. Half Awake06. Northe
by 河村 祐介
でんぱ組.inc、最高傑作のニュー・アルバムをハイレゾ配信開始!
[POWERPUSH]・2015年02月18日・2015年、でんぱが世界を大冒険! ーーでんぱ組.inc、萌えキュンソングがつまった最新アルバムをハイレゾでお届け! 6人組アイドル・グループのでんぱ組.incが、1年2ヶ月ぶり待望のニュー・アルバム『WWDD(だぶりゅーだぶりゅーでぃーでぃー)』をリリース。玉屋2060%、清 竜人、ヒャダインら豪華作家陣を迎えて作られた本作は、前アルバム以降のシングル曲はもちろんのこと、アルバム新録曲もたっぷり入ったカラフルで盛りだくさんな全14曲の大傑作! OTOTOYでは通常配信に加え、24bit/48kHzのハイレゾ版も配信! 何度聴いても楽しめる、音のテーマ・パークに取り憑かれること間違いなし。全曲レヴューで最新アルバムの魅力をじっくり紹介します。また、同時に前作のアルバム『WWD』も配信開始(16bit/44.1kHz)! さあ、みんなで魔法の扉をパーっと開きましょう! でんぱ組.inc / WWDD'【配信形態】(左)(24bit/48kHz) WAV / ALAC / FLAC / AAC(右)WAV / ALAC / FLAC / AAC(16/44.1kHz) / mp3【配信価格】(税込) (左)単曲
by 鶯巣 大介
アーティスト・デビューした声優・新田恵海、2nd&3rdシングルがハイレゾでリリース!!
[POWERPUSH]・2015年02月16日・声優であり歌手であるからこそ生まれる表現力の深さ、高音質で堪能――新田恵海、セカンド&サード・シングルのハイレゾ音源予約開始!! 昨年9月に念願のアーティスト・デビューが叶った声優・新田恵海。OTOTOYでもインタヴューを行い、彼女の音楽に対する知識、愛情の深さを感じる一面を見ることができました。さて、そんな彼女が今回は2作同時にリリース!! 声優として天城茉莉音役で出演するTVアニメ「探偵歌劇 ミルキィホームズTD」のエンディング・テーマを収録したセカンド・シングル『探求Dreaming』、そしこちらも声優として安城トコハ役で出演中のTVアニメ「カードファイト!! ヴァンガードG」の新エンディング・テーマを収録したサード・シングル『NEXT PHASE』がハイレゾで登場です!! 「探求Dreaming」はファースト・シングルに引き続き作曲をElements Gardenの上松範康、作詞を畑亜貴のタッグ、「NEXT PHASE」は作曲を同じくElements Gardenから藤田淳平、作詞を中島美嘉の「雪の華」などを手がけるSatomiが担当。アニメの世界観を映しながらも、いまの新田恵海を知ることのできる作
by 純三
フランス / キューバ出身の双子ユニット、Ibeyiによる、待望のデビュー・アルバム
[POWERPUSH]・2015年02月13日・ヴードゥー・ポップの輝く双子星、この地上に現る——Ibeyiによる魅惑の歌声、そしてフューチャー・アフロ・グルーヴ 声、パーカッション、エレクトロニック・サウンド、この3つを主体にしたソリッドでミニマルな編成。これを奏でるはキューバ系フランス人の双子姉妹によるユニット、Ibeyi(イベイー)。そのサウンドは、彼女たちの遠い出自でもあるヨルバのドラム・チャントをモダンなポップ・ミュージックへとリモデルしたかのようなアフロ・ポップである。しかも、彼女たちは若干19歳。それらのトピック、そしてその音によって注目を集めていた彼女達による、待望のデビュー・アルバムがついにリリースされた。ビョークを引き合いに出すメディアもある、そのミステリアスな歌声、さらにはM.I.A.やアデル、ヴァンパイア・ウィークエンドをトップ・アーティストへと育てあげた〈XLレコーディングス〉の主宰者、リチャード・ラッセル直々のサウンド・プロデュースだ。そういえばFKAツイッグスも〈XL〉傘下の〈Young Turks〉出身であることを考えれば、彼女たちに期待せずにはいられないだろう。その、あまりにも洗練された処女作をご堪能あれ。 Ibeyi
by 浜 公氣
 
筆者について
滝沢 時朗 (滝沢 時朗)

1982年東京生まれ。twitter ID:@sarigenaginger

同じ筆者による他の記事