2年半ぶりの新作は全編ピアノ・ソロ!

KASHIWA Daisuke / 88

自身の創作活動の他、様々なメディアへの楽曲提供、作家、リミキサー、マスタリング・エンジニアとしても活動しているKASHIWA Daisukeの4thアルバムが完成。今作では、これまでの彼の象徴とも言える緻密な打ち込みやオーディオ・エディットが排除され、ピアノ1台・88鍵によって表現されている。流れる旋律の中に溢れ出す、静謐な響きと力強いメロディー。新たな飛躍の一歩となる一枚を、より立体的な音で楽しめるHQD(24bit/48kHzのwav)で販売開始です。


感覚を解体する

作品を発表するごとに確かな存在感を放つアーティストKASHIWA Daisuke。彼は、主にエレクトロニカをベースに、クラシックやアンビエント、ブレイクコア、プログレッシブ・ロックなどを織り交ぜ、きめ細やかな音作りやエディットで作られるアルバムは常に確かな理念に裏打ちされているようだ。そんな彼の新作『88』は鍵盤の数を示すタイトルの通り、全編ピアノ・ソロによるアルバムだ。今までの作品の中でも常にピアノは使われていたが、今作はアンビエント的な音響処理を施したポスト・クラシカルな作風でもなく、ピアノのための曲がピアノで弾かれていることに本作の主眼がある。

KASHIWA Daisukeの楽曲中のピアノの使われ方は、今までの作品では大体において電子音やビートとともにあり、それを含み込んで鳴らされているものだった。例えばファースト・アルバム『april.#02』のタイトル・トラックでは、ピアノのエモーショナルな旋律が表立っているが、曲が叙情性を高め、盛り上がると共にビートは激しくなり、ノイズの波が曲を覆っていた。これによって、ピアノの奏でる旋律や音の質感によって呼び起こされる感覚に気分が高まるとともに、その感覚を同時進行で解体されているような、気が遠くなる曲だった。前作にしてサード・アルバム『5 Dec.』ではさらにそのアプローチは推し進められていた。アンビエント的な電子音と音響の中で空間に散りばめられるように断片的にピアノのフレーズが配された曲から始まり、メタリックなギターや機械的かつ脅迫的なビートが暴れまわる曲に流れていき、その後にはかすかで揺れるような電子音が現れ、最後にはまた暴力的なノイズが押し寄せる。『5 Dec.』は、繊細な楽曲で内にある感覚に気づかせ、暴力的な楽曲でその感覚を解体し、またその奥にあるものに気づかせる、という構造を持っていたのだ。

そして、ピアノソロの作品である『88』も、そうした流れを十分に感じさせる作品だ。本作では旋律が主体になることによって、KASHIWA Daisukeの持っている表現の要素がとてもコンパクトに集約されてもいる。それは、やはり単にクラシカルなものではなく、彼が基にしている諸々のポップ・ミュージックをピアノ曲の様式に凝縮したものだと感じる。また、弦をハンマーで叩くことによって音を鳴らすピアノは、弦楽器であると同時に打楽器でもあり、メロディを奏でることに長けていると同時に一音一音の響きがよくわかる。こうした楽曲や楽器やの特質は、曲の構造自体をおのずと浮かび上がらせ、この音の並びがこう弾かれるとなぜこんな気持ちになるのか、といった音楽の基本的かつ終わりのない問いに聞き手を導く。様々なスタイルが混ざり合い、溢れかえっているエレクトロニック・ミュージックのシーンにおいて、『88』は出るべくして出た作品なのだろう。(text by 滝沢時朗)

RECOMMEND

kashiwa daisuke / April.#02

ベルリンを拠点に活動するレーベル・onpa)))))の中で最もベストセラー記録更新中の、kashiwa daisukeファースト・アルバム。あまりにも叙情的でクラシカルな音源と電子音楽の見事な融合。

kashiwa daisuke / April.#07

ファースト・アルバム収録曲「april.#02」のリミックス作品。セルフ・リミックスをはじめ、DJ Olive Oil、JEAN-MICHEL、lem、Takeshi Nishimotoがリミキサーとして参加している。

Kyoka / ufunberlinfunfufuliveatnbi2009

2009年4月30日にベルリンのクラブ、NBIで行なわれたkyokaのライブ・レコーディング。トラック・リストの内容は、既発の曲を中心に、オランダ、アムステルダムの『サウンドミュージアム・ドット・FM』というオンライン上のサウンド・アート・ショー・ケースに提供しただけの未発売曲「2zu」、そしてもしかするとこのライブ以降、プレイされないかもしれない曲など、非常に貴重なベルリン・ライブ音源になっています! 観客動員数キャパめいっぱいの500人が詰めかけ、ラスター・ノートンのフランク・ブレットシュナイダー、カヒミ・カリィやもちろんkyokaともコラボ経験のあるモーマスなども応援に駆け寄ったこのライブ会場の様子を、ぜひご堪能あれ。

原田郁子+高木正勝 / TO NA RI

レコーディング・スタジオでの一発録りをライブとして公開し、そこでDSD収録した音源を配信するイベント“Premium Studio Live”。その第2弾として、クラムボンの原田郁子と、映像作家としても活躍する高木正勝の2人を招いて行われた際の記録。会場となったのは東京・市ヶ谷のサウンドインスタジオBstで、天井高のあるスタジオに2台のグランド・ピアノ……STEINWAYのフルコンサート・サイズとセミコンサート・サイズを設置。良質な響きの中で、原田と高木がそれぞれ自由にピアノを弾きながら、お互いの作品を変奏し合うようなセッションが繰り広げられる。原田の力強いボーカル、高木の繊細なボーカルそれぞれの魅力を存分に味わうことができるほか、飛び入りで参加したOLAibiを交えてのリズミックなパートも聴きもの。

PROFILE

学生時代、プログレッシヴ・ロックに影響を受け作曲を始める。2004年にkashiwa daisukeとしてソロ活動を開始し、2006年にドイツのレーベルonpaより1stアルバム『april.#02』をリリース。 翌年8月、nobleレーベルより2ndアルバム『program music I』を発表。2008年9月には、大型野外フェスティバルSense of Wonderに出演。 2009年2月、3rdアルバム『5 Dec.』をnobleよりリリース。 同年6月にはヨーロッパ3ヶ国8都市を廻るツアーを敢行し、世界三大クラブと呼ばれるベルリンのクラブ、BerghainではCLUSTERと共演し、旧ソ連軍の秘密基地跡で毎年開催されるドイツ最大級のフェスティバルFusion Festival 2009にも出演。2010年4月、マカオ、香港を巡るアジアツアーを行う。 自身の創作活動の他、様々なメディアへの楽曲提供、作家、リミキサー、マスタリングエンジニアとしても活動している。

o

はてブに追加
 
 
"powerpush"の最新アーカイヴ
〈ぐるぐる回る 2014〉が2014年9月15日に開催決定!! わくわくを抑えきれず、会場下見に同行して写真とってきちゃいました!!
[POWERPUSH]・2014年08月20日・〈ぐるぐる回る 2014〉が2014年9月15日に開催決定!! わくわくを抑えきれず、会場下見に同行して写真とってきちゃいました!! 待ってました!! 埼玉スタジアム2002のコンコースを使って開催されるD.I.Yフェス〈ぐるぐる回る 2014〉の開催が決定しました!! サッカーの試合が行なわれるスタジアムのコンコースにライヴのステージが作られ、担当キュレーターがブッキング、そして演出を行う手作り感溢れる大型フェス。〈ぐるぐるTOIRO〉〈ぐるぐるコエド〉など、ぐるぐるシリーズは定期的に行なわれてきたものの、本祭である〈ぐるぐる回る〉の開催は2012年以来2年ぶりなのです。といっても、行ったことのない人は想像しづらいのでは? ということで、埼玉スタジアム2002へ下見に訪れるというぐるぐるスタッフに混じって、会場に行って写真を撮ってきました。ナビゲーターは、キュレーターのひとり、しあわせさん!! まだステージセッティング前の会場と、以前のステージを見比べてイメージを膨らませてみてください!! そして9月15日は、会場でぐるぐる周りながら祝杯をあげましょう!! 埼玉スタジアム2002を会場にしてしまった、
もるも もる、『ベトナムコーヒー』を独占ハイレゾ・リリース!!
[POWERPUSH]・2014年08月22日・目指すはアイドル界のウータンクラン?ーー3.5次元アイドル・ラッパー“もるも もる”、未発表楽曲をハイレゾ配信スタート!! 「普通のかわいい女の子が韻を踏みまくる本格的なラップをする」というスタンスで、3.5次元アイドル・ラッパーと名乗る女の子、“もるも もる”がOTOTOYに初登場です!! というか、全媒体通して初お披露目です!! というのも彼女、ノン・プロモーションながら、サウンドクラウドにアップした音源が噂を呼び、耳の早いリスナーを中心に話題になっているアイドルなのです!! たまたま“もるも もる”の存在を知ったOTOTOYは猛アピール。粘ったのですが、ライヴ会場限定のEPの発売には至りませんでした…。ごめんなさい。しか〜し!! サウンドクラウドでショート・バージョンが公開されている未発表曲「ベトナムコーヒー」のハイレゾ配信をゲットしました!! どこかPerfumeを思い起こさせるようなEDMで畳み掛けるラップが気持ちいい楽曲です。 そういえば、交渉の際、彼女をプロデュースしている亜良陽人にコンセプトを訊いたところ、「ソロで成り立つ個性的なアイドル・ラッパーをリリースしていって、メンバーが集まってき
by 西澤 裕郎
OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.3
[POWERPUSH]・2014年08月19日・いま、最もカッティング・エッジな歌姫、FKAツイッグス登場――More Beats + Peaces Vol.3 ということで、毎月、OTOTOYにて配信中の洋楽クラブものを中心にセレクト、紹介しているこの連載ですが、今回は海外でかなーーーりの話題になっている歌姫、FKAツイッグスのアルバム『LP1』リリースを記念して、その魅力に迫りますです。彼女の作品、なぜそんなに話題になっているかと言いますと、まぁ、まさに昨今のカッティング・エッジな音楽シーンの、さまざまなトピックをまとめたような存在なんですよ。なので、そんな彼女の音楽性を構成する要素を、OTOTOYで配信中の音源もからめつつ、紹介しちゃいます。というか、逆に言えば『LP1』1作を聴けば、様々な最新の音楽事情にも肉薄することができるってことです! まぁ、ひとことで言ってしまえば“今年の1作”なのです。後半には通常の毎月オススメの10選もございます。 FKA twigs / LP1【配信フォーマット / 価格】alac / flac / wav / mp3 : 単曲 257円 / まとめ購入 1,543円【Track List】01. Preface /
by 河村 祐介
OTOTOYフジロック・レポート2014
[POWERPUSH]・2014年08月14日・今年も苗場はアツかった!! 現場の感動、伝えます——OTOTOYフジロック・レポート2014 フジロック、今年も終わっちゃったなぁ… なんて気が抜けちゃってるみなさま! そんなみなさまに、あのアツい3日間を思い出させてくれるレポートをお届けします! ついついお酒が進んじゃって見逃したあのシンガー、やっと生で見られたあのグループ、たまたま通りかかって好きになっちゃった、そんな数々の出会いをライターの渡辺裕也のレポートとともに思い出しつつ、またアツくなっちゃいましょう。今年のラインナップは少し派手さに欠ける、なんて言われていましたが、終わってみれば結局感動しちゃうのがフジロック。早く来年になれ〜! FUJI ROCK FESTIVAL '14 '2014年7月25日(金)、26日(土)、27日(日) @新潟県 湯沢町 苗場スキー場'出演 国内外約200アーティスト詳細 http://www.fujirockfestival.com/ (オフィシャル・サイト) 渡辺裕也と一緒に今年のフジロックをおさらいしよう2014年の〈FUJI ROCK FESTIVAL〉が終了してから、早いものでもう2週間が経ちました。参加
by 渡辺 裕也
パズルガールズ×OTOTOY「パズルガールズ team.? 新メンバー募集」
[POWERPUSH]・2014年08月13日・「パズルガールズ team.? 新メンバー募集」延長します!!! 「パズルを解かないと曲が聴けない」という特異なライヴで、2012年8月より活動しているアイドル・グループ、パズルガールズの新メンバー募集(既に面談が始まっています!)を8月28日24時まで延長します。サウンド・プロデューサーに松隈ケンタを迎え制作された2ndシングル『?』も好調な彼女たちが、さらなる高みを目指して飛び出そうとしています。われこそはという方は、応募要項を読んで、ぜひ応募してみてください。走り出したパズルガールズとともに、本気で日本武道館を目指しませんか? プロデューサーからのご挨拶 パズルガールズは、ちょっぴり特殊なアイドルグループです。 歌って踊るだけでなく、急に事件に襲われたり 謎を出したり出されたり、非日常がステージにやってきます。 何が起こるか解らない未来を楽しめる 冒険することが大好きだ そんな好奇心旺盛な女の子だったら 一緒に誰も見た事がない世界をつくっていけると思います。 現在、8月20日にまでにご応募くださった皆様は 書類・面接審査を進めさせていただいております。 (沢山のご応募、ありがとうございました!)
花泥棒のメン募に関する100の条件――花泥棒、新作リリースとともにメンバー募集
[POWERPUSH]・2014年08月07日・君も一緒に花泥棒しないか?――京都から東京へ移住した花泥棒、新作リリースとともにメンバー募集 京都発ポップス生まれオルタナ育ちのバンド、花泥棒が2014年初夏、京都を離れ東京にやってきた。というのも本年のはじまりにギターとベースが脱退。新たな正式メンバーを探しに歩みを東に向けたわけなのだ。そして、新作の発売を機に大々的にOTOTOYでメンバーを募集。ヴォーカル&ギターの稲本裕太に「100の条件」を挙げてもらった。このなかから20個当てはまった人は、十分に花泥棒としてやっていく素質があるというわけだ。本気でメンバーを募集しているので、気になった方は条件下のメールアドレスにぜひ連絡してほしい。というか、本気でなければ、OTOTOYでメンバー募集などしないだろうし。 そしてくしくもこの「100の条件」が、花泥棒がどんなパーソナリティを持ち、どんなサウンドを鳴らすのかを端的に表すキーワードとなった。メンバー募集に少しでも心が揺れたあなたも、ただ少し気になって見にきたあなたも、まずは「100の条件」を目に通してみてはいかがだろうか。そして彼と一緒に、クアトロよりも大きなステージを目指さないか!? 花泥棒 / da
33RECORD、33週連続リリース企画『Biff Sound』第23弾をリリース&金子泰介、金子祐二、アレックス・ケレハー、インタヴュー!!
[POWERPUSH]・2014年08月05日・カナダと日本、国境なきレコーディング・セッションーー33週連続リリース企画「Biff Sound」6ヶ月目突入、インタヴュー・セッション 都会に住んでいても、季節は変わっていくんだな。のっけから、感傷的な気持ちになった。基本的に部屋にこもって原稿を書いているような人間としては、季節がいつの間にか過ぎさっていたなんてことなんてざらで、季節に想いを馳せるなんてことはそんなにないのだけど、毎月、浦安の外れの倉庫街に来ていると、いやでも季節が変わっていることを感じさせられる。なんてったって倉庫の中にあるスタジオ。初めてきたときは寒くて仕方なかったのだけど、いまでは暑くてたまらない。もちろん、クーラーなんてない。虫除けスプレーを吹きかけて、薄暗いスタジオのなかに機材をセットして、深夜にかけて集中してレコーディング・セッションをはじめる。こんな週末もすでに6ヶ月目を迎える。3月から休むことなく毎週末レコーディング・セッションを続け、音源をリリースし続けてきた33RECORDの面々。さすがにときたま疲弊している姿も見えるけれど、クリエイティヴの果てのやりきった姿。本当にいいものを作ることで頭が一杯の連中で頭がさがる。
by 西澤 裕郎
Languageによるニュー・シングルを独占先行ハイレゾ・リリース
[POWERPUSH]・2014年08月01日・夏の夕暮れどきを彩る、郷愁のバレアリック・チューン――Language、ニュー・シングルをハイレゾ独占先行配信 真夏の真昼の狂おしいまでの喧噪、そしてその熱狂をどこか懐かしむような夕暮れ時のメランコリックなチルアウト。ふたつの時、それぞれを楽しむ、それぞれの音楽というものがある。そう、夏には、ふたつの音楽の楽しみがある。Languageの新作『Nagi』は、まさしく今夏、後者のフィーリングにすばらしく機能すること、それは間違いないだろう。美しきチルアウトなメランコリック・ポップとでも言おうか、まさに夏の夕暮れときを彩る、サウダージな作品だ。 3ヶ月連続の通称”RGBシリーズ“シングルに続いて、矢継ぎ早にリリースを続けるLanguage。まさにリリース・ラッシュな彼らだが、ここにきて、早くもシングル『Nagi』をリリースする。メランコリックな空気感が広がっていく、郷愁のバレアリック・ポストロック・チューン。OTOTOYでは、本作のハイレゾ・ヴァージョンを独占先行配信。今夏必携のサウンドは、いまここでしか買えない。 Language / Nagi(24bit/48kHz)【配信フォーマット / 価格】wav /
by 河村 祐介
 
筆者について
滝沢 時朗 (滝沢 時朗)

1982年東京生まれ。twitter ID:@sarigenaginger

同じ筆者による他の記事