2年半ぶりの新作は全編ピアノ・ソロ!

KASHIWA Daisuke / 88

自身の創作活動の他、様々なメディアへの楽曲提供、作家、リミキサー、マスタリング・エンジニアとしても活動しているKASHIWA Daisukeの4thアルバムが完成。今作では、これまでの彼の象徴とも言える緻密な打ち込みやオーディオ・エディットが排除され、ピアノ1台・88鍵によって表現されている。流れる旋律の中に溢れ出す、静謐な響きと力強いメロディー。新たな飛躍の一歩となる一枚を、より立体的な音で楽しめるHQD(24bit/48kHzのwav)で販売開始です。


感覚を解体する

作品を発表するごとに確かな存在感を放つアーティストKASHIWA Daisuke。彼は、主にエレクトロニカをベースに、クラシックやアンビエント、ブレイクコア、プログレッシブ・ロックなどを織り交ぜ、きめ細やかな音作りやエディットで作られるアルバムは常に確かな理念に裏打ちされているようだ。そんな彼の新作『88』は鍵盤の数を示すタイトルの通り、全編ピアノ・ソロによるアルバムだ。今までの作品の中でも常にピアノは使われていたが、今作はアンビエント的な音響処理を施したポスト・クラシカルな作風でもなく、ピアノのための曲がピアノで弾かれていることに本作の主眼がある。

KASHIWA Daisukeの楽曲中のピアノの使われ方は、今までの作品では大体において電子音やビートとともにあり、それを含み込んで鳴らされているものだった。例えばファースト・アルバム『april.#02』のタイトル・トラックでは、ピアノのエモーショナルな旋律が表立っているが、曲が叙情性を高め、盛り上がると共にビートは激しくなり、ノイズの波が曲を覆っていた。これによって、ピアノの奏でる旋律や音の質感によって呼び起こされる感覚に気分が高まるとともに、その感覚を同時進行で解体されているような、気が遠くなる曲だった。前作にしてサード・アルバム『5 Dec.』ではさらにそのアプローチは推し進められていた。アンビエント的な電子音と音響の中で空間に散りばめられるように断片的にピアノのフレーズが配された曲から始まり、メタリックなギターや機械的かつ脅迫的なビートが暴れまわる曲に流れていき、その後にはかすかで揺れるような電子音が現れ、最後にはまた暴力的なノイズが押し寄せる。『5 Dec.』は、繊細な楽曲で内にある感覚に気づかせ、暴力的な楽曲でその感覚を解体し、またその奥にあるものに気づかせる、という構造を持っていたのだ。

そして、ピアノソロの作品である『88』も、そうした流れを十分に感じさせる作品だ。本作では旋律が主体になることによって、KASHIWA Daisukeの持っている表現の要素がとてもコンパクトに集約されてもいる。それは、やはり単にクラシカルなものではなく、彼が基にしている諸々のポップ・ミュージックをピアノ曲の様式に凝縮したものだと感じる。また、弦をハンマーで叩くことによって音を鳴らすピアノは、弦楽器であると同時に打楽器でもあり、メロディを奏でることに長けていると同時に一音一音の響きがよくわかる。こうした楽曲や楽器やの特質は、曲の構造自体をおのずと浮かび上がらせ、この音の並びがこう弾かれるとなぜこんな気持ちになるのか、といった音楽の基本的かつ終わりのない問いに聞き手を導く。様々なスタイルが混ざり合い、溢れかえっているエレクトロニック・ミュージックのシーンにおいて、『88』は出るべくして出た作品なのだろう。(text by 滝沢時朗)

RECOMMEND

kashiwa daisuke / April.#02

ベルリンを拠点に活動するレーベル・onpa)))))の中で最もベストセラー記録更新中の、kashiwa daisukeファースト・アルバム。あまりにも叙情的でクラシカルな音源と電子音楽の見事な融合。

kashiwa daisuke / April.#07

ファースト・アルバム収録曲「april.#02」のリミックス作品。セルフ・リミックスをはじめ、DJ Olive Oil、JEAN-MICHEL、lem、Takeshi Nishimotoがリミキサーとして参加している。

Kyoka / ufunberlinfunfufuliveatnbi2009

2009年4月30日にベルリンのクラブ、NBIで行なわれたkyokaのライブ・レコーディング。トラック・リストの内容は、既発の曲を中心に、オランダ、アムステルダムの『サウンドミュージアム・ドット・FM』というオンライン上のサウンド・アート・ショー・ケースに提供しただけの未発売曲「2zu」、そしてもしかするとこのライブ以降、プレイされないかもしれない曲など、非常に貴重なベルリン・ライブ音源になっています! 観客動員数キャパめいっぱいの500人が詰めかけ、ラスター・ノートンのフランク・ブレットシュナイダー、カヒミ・カリィやもちろんkyokaともコラボ経験のあるモーマスなども応援に駆け寄ったこのライブ会場の様子を、ぜひご堪能あれ。

原田郁子+高木正勝 / TO NA RI

レコーディング・スタジオでの一発録りをライブとして公開し、そこでDSD収録した音源を配信するイベント“Premium Studio Live”。その第2弾として、クラムボンの原田郁子と、映像作家としても活躍する高木正勝の2人を招いて行われた際の記録。会場となったのは東京・市ヶ谷のサウンドインスタジオBstで、天井高のあるスタジオに2台のグランド・ピアノ……STEINWAYのフルコンサート・サイズとセミコンサート・サイズを設置。良質な響きの中で、原田と高木がそれぞれ自由にピアノを弾きながら、お互いの作品を変奏し合うようなセッションが繰り広げられる。原田の力強いボーカル、高木の繊細なボーカルそれぞれの魅力を存分に味わうことができるほか、飛び入りで参加したOLAibiを交えてのリズミックなパートも聴きもの。

PROFILE

学生時代、プログレッシヴ・ロックに影響を受け作曲を始める。2004年にkashiwa daisukeとしてソロ活動を開始し、2006年にドイツのレーベルonpaより1stアルバム『april.#02』をリリース。 翌年8月、nobleレーベルより2ndアルバム『program music I』を発表。2008年9月には、大型野外フェスティバルSense of Wonderに出演。 2009年2月、3rdアルバム『5 Dec.』をnobleよりリリース。 同年6月にはヨーロッパ3ヶ国8都市を廻るツアーを敢行し、世界三大クラブと呼ばれるベルリンのクラブ、BerghainではCLUSTERと共演し、旧ソ連軍の秘密基地跡で毎年開催されるドイツ最大級のフェスティバルFusion Festival 2009にも出演。2010年4月、マカオ、香港を巡るアジアツアーを行う。 自身の創作活動の他、様々なメディアへの楽曲提供、作家、リミキサー、マスタリングエンジニアとしても活動している。

o

はてブに追加
 
 
"powerpush"の最新アーカイヴ
Negicco、元・中学校の図工室で録音したライヴ音源を“最高音質”で配信開始!!
[POWERPUSH]・2014年10月18日・Negicco、元・中学校の図工室で録音したライヴ音源を“最高音質”で配信開始!! コールもミックスもトークも生々しく収録してます!! 新潟を拠点に活動を続けるアイドル・ユニット、Negiccoのライヴ音源を、OTOTOY独占の超高音質で配信スタート!! これは、旧・体育の日である10月10日(金)、旧練成中学校を改修して作られた“21世紀型オルタナティブ・アートスペース”3331で、約50名のファンとともに公開でライヴ・レコーディングしたもの。もともと図工室だった教室に学習机を並べ、メンバーの書いた習字が飾られるなか、Negiccoが先生、お客さんが生徒という構図のもと、そうじの時間やチャイムといった学校ならではの演出とともに収録されました。お客さんによるコールはもちろん、先生と生徒に模したNegiccoとお客さんのやりとりも、もれなく配信されています。また、この日の様子がつまった「ネガティヴ・ガールズ!」のMVもあります。当日の様子が生々しく収録された5.6MHzのDSD音源とハイレゾ音源、そしてNegiccoと学校がマッチした映像で、当日の雰囲気をリアルにお楽しみください。 Negiccoによる一日限
by 西澤 裕郎
カナダ発の大胆不敵ガール、ローウェルが〈Arts & Crafts〉からデビュー・アルバムをリリース!
[POWERPUSH]・2014年10月09日・フェミニスト・パンク旗手!? カナダ発の女性シンガー・ローウェルが性的暴力やLGBTをポップに歌い上げるデビュー・アルバムをリリース! 「まるでダイナマイトのよう」と形容されるようにまさに強烈で容赦なく、フェミニスト・パンク旗手として、グライムスやベス・ディットーのような強いメッセージ性を持った、カナダ発女性シンガーのローウェル。デビューEPから米大手メディアNPRにて「SXSW2014にて注目すべきニュー・アーティスト」に評され注目を集める彼女が、強烈なデビュー・アルバムをブロークン・ソーシャル・シーンのケヴィン・ドリュー主宰レーベル〈Arts & Crafts〉からリリース! 性的暴力、レイプ、中絶、LGBT、そして女権についてなど、大胆で挑戦的でもある内容をポップでキャッチーなメロディーに編み込み気持ちよく歌い上げる12曲。今回この『We Loved Her Dearly』をご購入いただいた方、抽選3名様にLowellのレーベル〈Arts & Crafts〉のオリジナル・トートバックをプレゼントします! Lowell / We Loved Her Dearly'【配信価格】ALAC / FLAC /
by ?
秋期講座申し込み受付中!!
[POWERPUSH]・2013年08月21日・パブリシスト養成講座 第2期開講!! 今週おすすめしたい講座は、10月16日(木)からスタートするパブリシスト養成講座 第2期 ~誰も教えてくれないプレス・リリースの作り方~ です!! あなたが素晴らしいと思う音楽が「なんでこれしか知られていないの?」と、悔しくなったことはありませんか? 情報過多な現代社会において、ひとりのアーティストについて知ってもらうことは、決して簡単なことではありません。実際、アーティストがいい音楽を作っても、その伝え方がわからず悩んでいるなんてことも少なくありません。そこで、いま必要とされているのが、パブリシストという存在です。 ひとつ例をあげましょう。通勤時、スマートフォンで音楽サイトのニュースを読んで情報を得ますよね。実は、その情報が掲載されるまでには、パブリシストが暗躍していることも少なくないのです。アーティストの特性を知り、プレス・リリースを書いて、メディアやキーパーソンに送ったりしているわけです。まさに、アーティストとリスナーの媒介ともいえるパブリシスト。日本ではまだ数の多くないパブリシストを育てるために、2014年4~6月期に渡りオトトイの学校では、パブリシスト養成講座
OGRE YOU ASSHOLEのUst番組「RECORD YOU ASSHOLE」放送決定!
[POWERPUSH]・2012年08月30日・ RECORD YOU ASSHOLE OTOTOYとOGRE YOU ASSHOLEが、OTOTOYのチャンネル『TV♭』にて、OGRE YOU ASSHOLEの最新アルバム『100年後』のリリースを記念し、レコードを聞き漁るUstream番組『RECORD YOU ASSHOLE』をスタート。東京に来るたびに、ツアーに出るたびにレコードを買い漁っているOGRE YOU ASSHOLEのメンバー。例えば、出戸学(ギター、ボーカル)の最近のお気に入りのレーベルは、古いソウルの作品をリイシューしているレーベル、Numero Groupだそう。そんなレーベル知りません.. ってことで、この番組では、レコードが大好きなOGRE YOU ASSHOLEのメンバーにSELECTORとして10枚以上アナログを持ってきてもらい、1曲づつじっくり聴き、さらには、そのレコードについていろいろと調べたり教えてもらったりしようと思います。名盤と評判の『100年後』の片鱗は、必ず彼らのコレクションに隠れているはず! RECORD YOU ASSHOLE 第18回の放送が決定!! 10月15日の新アルバム「ペーパークラフト」発売
OTOTOYアプリ、登場!OTOTOYにてあなたが購入したお気に入りの楽曲や無料配信楽曲を、iOSデバイスにて、いつでも、どこでも簡単に聴ける、無料の音楽再生アプリ。
[POWERPUSH]・2013年08月22日・おとといでみつける――OTOTOYアプリ、新ヴァージョン2.0リリース OTOTOYアプリVer.2.0リリース!リリースから約1年、フリーのアプリ「OTOTOY」が、2つの大きな機能を追加し2.0にヴァージョン・アップ。OTOTOYで次から次へと更新される音楽のフレッシュな音と情報をいつでも、どこでも、簡単に! ■ニュースが読める!・OTOTOYで配信されているニュースがそのままアプリで読める。・どこでも最新の音楽情報がチェックできます。 ■試聴ができる!・OTOTOYにて配信されている楽曲を、ほぼ全て試聴ができます。・3つの入り口からOTOTOYで配信している楽曲を探し、試聴可能!1.「ランキング」 : いま購入され、注目されている作品2.「新譜」 : 随時OTOTOYに入荷される最新作品3.「検索」 : 気になる“あのアーティスト"、“あの曲"を探す …………………………………………………………………………………………………………………………………………………………… ○これまでの機能もさらに便利に!これまでOTOTOYアプリの便利さもそのままに、さらに機能の充実も! ■フル試聴、フリー・ダウンロー
33RECORD、33週連続リリース企画『Biff Sound』第32弾をリリース&インタヴュー!!
[POWERPUSH]・2014年10月07日・先の読めない人間ドラマと音楽ーー33週連続リリース企画「Biff Sound」32週目に突入、インタヴュー・セッション 33週間にわたり、浦安にある倉庫を改造したスタジオ・Ice Cream Studioでレコーディング・セッションを行い、その音源を毎週リリースしていく企画「Biff Sound」も32週目を迎えた。あと1週!! さあ大団円というところで、大きな変化が起こりはじめている。各メンバーのキャラクター、人間性が色濃く出始めており、それが音楽以外も含めて、Ice Cream Studioという場所を豊かにしはじめているのだ。例えば、徹夜で編集作業を行いボロボロになっているメンバー、集合時間に遅れてくるメンバー、リーダーシップをとるメンバー、事務作業を行なうメンバー、それぞれが自我を少しずつではあるが出しはじめ、混ざり合い、人間臭さのあるドラマが垣間見えはじめている。それは、あと数週間というカウントダウンに至り、気持ちに幅ができたこともあるだろう。少なくとも筆者は、これまでの8ヶ月で見ることのなかった彼らの表情を知ることになり驚いている。 そんなタイミングで、これほど適したメンバーはいないという人物
by 西澤 裕郎
忘れらんねえよ 24時間Ust番組「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之24時間耐久生レポート
[POWERPUSH]・2014年10月03日・忘れらんねえよ「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之24時間耐久生レポート 忘れらんねえよを誰よりも側で追ってきたライター岡本貴之が、満を持して24時間Ustを生レポート。例え、その様子が24時間生放送されていたって関係ない。だって、全国の忘れらんねえよファンに熱い文章で伝えるのが俺の使命なんだから。ライター・ブースから番組の様子を24時間、生レポートします。 ただいま24時間生放送中!!!忘れらんねえよ 24時間Ust番組「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」主催 : 忘れらんねえよ日時 : 2014年10月3日(金)19:00~10月4日(土)19:00場所 : G-ROKS 下高井戸スタジオ STUDIO1放送チャンネル : OTOTOY TV♭番組特設サイト : http://www.office-augusta.com/wasureranneyo/index.html 19:00~オープニング いよいよ始まった、忘れらんねえよ24時間Ust番組「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」。ここ甲州街道沿いの音
by 岡本 貴之
プラニメ『Plastic 2 Mercy』をハイレゾ配信開始!! カミヤサキへのインタヴューを掲載!!
[POWERPUSH]・2014年09月24日・プラニメ say Hello!!ーーカミヤサキ(元BiS)とミズタマリ(いずこねこ 茉里)からなる2人組ユニットのデビュー作を先行ハイレゾ配信!! 2014年7月8日、横浜アリーナで行なわれたBiS解散ライヴ。すべての曲が演奏し終わった後、マネージャーである渡辺淳之介が、メンバーそれぞれの進路を発表した。そのなかで、一際歓声の大きかったのが、カミヤサキの進路であった。「いずこねことして活動を続けてきたミズタマリとプラニメというユニットを組み、T-Palette Recordsからデビューします」。カミヤサキさきの連載でコスプレをした2人の写真が掲載されていたことを考えれば、これは自然な流れと言ってもいいだろう。TIF2014の舞台で初披露した楽曲は、ブリブリのEDM。BiSの楽曲をプロデュースしてきた松隈ケンタによる新機軸だ。マネージメントは、新会社WACKを立ち上げた渡辺淳之介。OTOTOYでは、デビュー作となる本シングルをハイレゾで配信するとともに、カミヤサキにインタヴューを行なった。BiS製作陣が心機一転作り上げる新しい物語。この波に乗って、また夢を観ないかい? カミヤサキ(元BiS)とミズタマリ(
by JJ
 
筆者について
滝沢 時朗 (滝沢 時朗)

1982年東京生まれ。twitter ID:@sarigenaginger

同じ筆者による他の記事