2年半ぶりの新作は全編ピアノ・ソロ!

KASHIWA Daisuke / 88

自身の創作活動の他、様々なメディアへの楽曲提供、作家、リミキサー、マスタリング・エンジニアとしても活動しているKASHIWA Daisukeの4thアルバムが完成。今作では、これまでの彼の象徴とも言える緻密な打ち込みやオーディオ・エディットが排除され、ピアノ1台・88鍵によって表現されている。流れる旋律の中に溢れ出す、静謐な響きと力強いメロディー。新たな飛躍の一歩となる一枚を、より立体的な音で楽しめるHQD(24bit/48kHzのwav)で販売開始です。


感覚を解体する

作品を発表するごとに確かな存在感を放つアーティストKASHIWA Daisuke。彼は、主にエレクトロニカをベースに、クラシックやアンビエント、ブレイクコア、プログレッシブ・ロックなどを織り交ぜ、きめ細やかな音作りやエディットで作られるアルバムは常に確かな理念に裏打ちされているようだ。そんな彼の新作『88』は鍵盤の数を示すタイトルの通り、全編ピアノ・ソロによるアルバムだ。今までの作品の中でも常にピアノは使われていたが、今作はアンビエント的な音響処理を施したポスト・クラシカルな作風でもなく、ピアノのための曲がピアノで弾かれていることに本作の主眼がある。

KASHIWA Daisukeの楽曲中のピアノの使われ方は、今までの作品では大体において電子音やビートとともにあり、それを含み込んで鳴らされているものだった。例えばファースト・アルバム『april.#02』のタイトル・トラックでは、ピアノのエモーショナルな旋律が表立っているが、曲が叙情性を高め、盛り上がると共にビートは激しくなり、ノイズの波が曲を覆っていた。これによって、ピアノの奏でる旋律や音の質感によって呼び起こされる感覚に気分が高まるとともに、その感覚を同時進行で解体されているような、気が遠くなる曲だった。前作にしてサード・アルバム『5 Dec.』ではさらにそのアプローチは推し進められていた。アンビエント的な電子音と音響の中で空間に散りばめられるように断片的にピアノのフレーズが配された曲から始まり、メタリックなギターや機械的かつ脅迫的なビートが暴れまわる曲に流れていき、その後にはかすかで揺れるような電子音が現れ、最後にはまた暴力的なノイズが押し寄せる。『5 Dec.』は、繊細な楽曲で内にある感覚に気づかせ、暴力的な楽曲でその感覚を解体し、またその奥にあるものに気づかせる、という構造を持っていたのだ。

そして、ピアノソロの作品である『88』も、そうした流れを十分に感じさせる作品だ。本作では旋律が主体になることによって、KASHIWA Daisukeの持っている表現の要素がとてもコンパクトに集約されてもいる。それは、やはり単にクラシカルなものではなく、彼が基にしている諸々のポップ・ミュージックをピアノ曲の様式に凝縮したものだと感じる。また、弦をハンマーで叩くことによって音を鳴らすピアノは、弦楽器であると同時に打楽器でもあり、メロディを奏でることに長けていると同時に一音一音の響きがよくわかる。こうした楽曲や楽器やの特質は、曲の構造自体をおのずと浮かび上がらせ、この音の並びがこう弾かれるとなぜこんな気持ちになるのか、といった音楽の基本的かつ終わりのない問いに聞き手を導く。様々なスタイルが混ざり合い、溢れかえっているエレクトロニック・ミュージックのシーンにおいて、『88』は出るべくして出た作品なのだろう。(text by 滝沢時朗)

RECOMMEND

kashiwa daisuke / April.#02

ベルリンを拠点に活動するレーベル・onpa)))))の中で最もベストセラー記録更新中の、kashiwa daisukeファースト・アルバム。あまりにも叙情的でクラシカルな音源と電子音楽の見事な融合。

kashiwa daisuke / April.#07

ファースト・アルバム収録曲「april.#02」のリミックス作品。セルフ・リミックスをはじめ、DJ Olive Oil、JEAN-MICHEL、lem、Takeshi Nishimotoがリミキサーとして参加している。

Kyoka / ufunberlinfunfufuliveatnbi2009

2009年4月30日にベルリンのクラブ、NBIで行なわれたkyokaのライブ・レコーディング。トラック・リストの内容は、既発の曲を中心に、オランダ、アムステルダムの『サウンドミュージアム・ドット・FM』というオンライン上のサウンド・アート・ショー・ケースに提供しただけの未発売曲「2zu」、そしてもしかするとこのライブ以降、プレイされないかもしれない曲など、非常に貴重なベルリン・ライブ音源になっています! 観客動員数キャパめいっぱいの500人が詰めかけ、ラスター・ノートンのフランク・ブレットシュナイダー、カヒミ・カリィやもちろんkyokaともコラボ経験のあるモーマスなども応援に駆け寄ったこのライブ会場の様子を、ぜひご堪能あれ。

原田郁子+高木正勝 / TO NA RI

レコーディング・スタジオでの一発録りをライブとして公開し、そこでDSD収録した音源を配信するイベント“Premium Studio Live”。その第2弾として、クラムボンの原田郁子と、映像作家としても活躍する高木正勝の2人を招いて行われた際の記録。会場となったのは東京・市ヶ谷のサウンドインスタジオBstで、天井高のあるスタジオに2台のグランド・ピアノ……STEINWAYのフルコンサート・サイズとセミコンサート・サイズを設置。良質な響きの中で、原田と高木がそれぞれ自由にピアノを弾きながら、お互いの作品を変奏し合うようなセッションが繰り広げられる。原田の力強いボーカル、高木の繊細なボーカルそれぞれの魅力を存分に味わうことができるほか、飛び入りで参加したOLAibiを交えてのリズミックなパートも聴きもの。

PROFILE

学生時代、プログレッシヴ・ロックに影響を受け作曲を始める。2004年にkashiwa daisukeとしてソロ活動を開始し、2006年にドイツのレーベルonpaより1stアルバム『april.#02』をリリース。 翌年8月、nobleレーベルより2ndアルバム『program music I』を発表。2008年9月には、大型野外フェスティバルSense of Wonderに出演。 2009年2月、3rdアルバム『5 Dec.』をnobleよりリリース。 同年6月にはヨーロッパ3ヶ国8都市を廻るツアーを敢行し、世界三大クラブと呼ばれるベルリンのクラブ、BerghainではCLUSTERと共演し、旧ソ連軍の秘密基地跡で毎年開催されるドイツ最大級のフェスティバルFusion Festival 2009にも出演。2010年4月、マカオ、香港を巡るアジアツアーを行う。 自身の創作活動の他、様々なメディアへの楽曲提供、作家、リミキサー、マスタリングエンジニアとしても活動している。

o

はてブに追加 
 

"powerpush"の最新アーカイヴ

agraph、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2016年02月03日・電子音楽のパースペクティヴ──agraph、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信 石野卓球のサポートを務め、いまや電気グルーヴのライヴにおいてもある意味で“第3のメンバー”として活躍中の牛尾憲輔。TVアニメ『ピンポン』劇伴や、ナカコー、フルカワミキらとのLAMAなどさまざまな活動を行っているが、ソロ・アーティストとしての彼のメイン・プロジェクトはこのagraphだ。そして、ここにagraph名義では約5年ぶりとなるアルバム『the shader』がこのたびリリースされた。OTOTOYでは本作をハイレゾで配信。本人のインタヴューにあるように、緻密に作り上げられた電子音響の塊となったそのサウンドはハイレゾで聴く以外の選択肢はないようにすら思える、そんな意欲作となった。 5年ぶりにして、おそらくは最高傑作ではないかと思えるような濃縮された作品をリリースした牛尾憲輔にインタヴューを敢行した。 agraph / the shader(24bit/44.1kHz) 【Track List】01. reference frame02. poly perspective03. greyscale04. cos^405. t
by 河村 祐介
(((さらうんど)))などでも活躍のクリスタル(XTAL)、1stソロ・アルバムを独占ハイレゾ配信開始
[POWERPUSH]・2016年02月01日・そしてダンス・ミュージックの喜悦を──クリスタル、1stソロ・アルバムを独占ハイレゾ配信 インディ・ロック・シーンでは(((さらうんど)))のメンバーとして、そしてクラブ・シーンではTraks Boys、もしくはソロのDJとしてその名前が知られるDJ/トラックメイカーのクリスタル(XTAL)。まさにさまざまな垣根を超えたフィールドで活躍する彼が1stソロ・アルバム『Skygazer』をリリースする。リリースは、この国のクラブ・カルチャーに端を発するインディ・レーベルとしては老舗中の老舗、設立から25年を経て、現在でも海外からも高い評価を受ける〈クルーエル〉より。 透き通るシンセのフレーズが極上の高揚感を煽るハウス〜テクノが並ぶダンサブルなアルバム。そこには単なるDJツール以上の楽曲的な魅力に溢れており、またGonnoやFran-Keyといった朋友とも言えるアーティストたちも参加している。OTOTOYでは本作をハイレゾ独占配信を行う(というかいまのところ配信そのものがOTOTOYのみ)。 ソロ以外にも、ここ数年さまざまなプロジェクトにて、多岐に渡るフィールドにて活動するクリスタルに話を訊いた。 XTAL /
by 河村 祐介
タツノコプロ制作の魔法少女アニメ新作TVシリーズ「ナースウィッチ小麦ちゃんR」の主題歌がハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2016年01月28日・魔法少女アニメ「ナースウィッチ小麦ちゃんR」が面白い! …らしい? 見どころ&主題歌聴きどころ教えます! ひっそりと活動しているおとといあにそん部(って何? という方はこちらへ)の副部長たくやが、「これすごいんですよ!」と教えてくれた2016年の冬アニメ「ナースウィッチ小麦ちゃんR」。「マッハGoGoGo!」「みなしごハッチ」「ヤッターマン」、最近では「ガッチャマン クラウズ」など、数々の名作アニメを世に送り出してきたタツノコプロが手がける新作のアニメ作品。その内容やハイレゾ配信が叶ったオープニング・テーマの紹介とともに、見どころ&聴きどころを副部長がお教えします! TVアニメ「ナースウィッチ小麦ちゃんR」オープニングテーマ 「Ready Go !!」歌 : まじかる☆あ〜る 〜吉田小麦 (CV 巴 奎依) 西園寺ここな (CV 山崎エリイ) 如月ツカサ (CV 小市眞琴)〜【配信形態】24bit/48kHz(WAV / ALAC / FLAC)、AAC※ハイレゾとは?【配信価格】単曲 540円(税込) / アルバム 1,000円(税込)【Track List】01. Ready Go!!02. Sta
Have a nice day!『Dystopia Romance』リリース・パーティーのモッシュ・レコーディング音源をハイレゾ配信!
[POWERPUSH]・2016年01月15日・2015年の東京アンダーグラウンドは熱かったか?ーーモッシュピットをハイレゾで記録した2作品をリリース 去る2015年11月18日、リキッドルームにて行われたHave a nice day!『Dystopia Romance』のリリース・パーティー。NATURE DANGER GANGを対バンに迎えた同パーティの来場人数は、のべ925人にまでのぼり、東京アンダーグラウンドのアーティストが主宰するイベントとして異例の集客を記録。ステージ・ゲストとして、BOOL、Limited Express(has gone?)、おやすみホログラム、Y.I.Mといったジャンルレスなアーティストも集結。あの空間に居合わせた誰もが、「あの夜、フロアを満たした多幸感は無二だった」と口を揃えて言うに違いない。東京アンダーグラウンドの歴史が鮮やかに更新されるその一夜を刻むべく、OTOTOYはモッシュ・レコーディングを敢行。楽曲が持つポテンシャルが遺憾なく発揮されることで現出した渦巻く強烈な熱狂を、ライヴ・レポートとともにハイレゾ配信する!! あの熱狂の一夜がハイレゾで蘇る!!Have a nice day! / Dystopia
T-SQUARE、前名義含む2015年末ライヴの音源全3タイトルをDSDで一挙配信!
[POWERPUSH]・2016年01月20日・歴代メンバーとの共演再びーーT-SQUARE、前名義含む2015年末ライヴの音源全3タイトルをDSDで配信! 日本のジャズ・フュージョン・シーンを長年にわたり牽引してきたT-SQUARE。そんな彼らが神戸の老舗ライヴ・ハウス、チキンジョージを会場として毎年行っている年末ライヴにて、2015年はライヴ・レコーディングを実施。そしてその2015年12月19日から12月24日にかけて行われた〈YEAR-END SPECIAL 2015〉の中から厳選された18曲を、「T-SQUARE YEAR END Live 20151219-24 BEST TAKE COMPLETE SELECTIONDSD」としてDSDで配信開始! さらに、1980年半ばから2000年までメンバーであった須藤満(Ba)、則竹裕之(Dr)、和泉宏隆(Key)が12月26日に、1980年初頭にメンバーであった田中豊雪(Ba)、長谷部徹(Dr)、和泉宏隆(Key)が12月27日に同じくチキンジョージにてTHE SQUAREとしてライヴを彩った。こちらのライヴの模様もそれぞれ「THE SQUARE YEAR END Live 20151226」、
by 中村 純
KERA、27年ぶりリリースのアルバムをハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2016年01月06日・ジャズ・ミュージシャンだった父に捧げるーー KERA、27年ぶりソロ名義アルバムのテーマはジャズ 2015年から勢力的な音楽活動をおこなっているKERAが、秋元康がプロデュースを手がけた前作『原色』(1988年)から実に27年ぶりとなるソロ名義のアルバム『Brown, White & Black』をリリース。自身のカヴァーから、往年の名曲、さらには書きおろし曲も収録。ケラの人生とも言うべきアルバムについて本人にインタヴュー。 27年ぶりのニュー・アルバム!KERA / Brown, White & Black'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 300円(税込) / まとめ購入 3000円(税込)【Track List】01. Old Boys (SWING) / 02. Shine (That's Why They Call Me Shine) / 03. 半ダースの夢 / 04. これでおあいこ / 05. 学生時代 / 06. Lover, Come Back to Me / 07. ミシシッピ / 08. 流刑地 / 09. 月光値千金 / 10. 東京の屋根の
RM jazz legacyハイレゾ配信開始──和ジャズ・レア・グルーヴから現行シーンまでをも貫く、ジャズのいま
[POWERPUSH]・2016年01月19日・DJが結びつける、いま最も刺激的なジャズ・シーンの動き──RM jazz legacyハイレゾ配信! DJの大塚広子によって集められた敏腕ジャズ・プレイヤーたちによる新たなジャズ・グルーヴを創造するプロジェクト、RM jazz legacy。これまで大塚のレーベル〈Key of Life +〉からリリースのコンピ『PIECE THE NEXT』などでその楽曲を披露していた他は、フジロックをはじめ、さまざまな現場でのライヴ活動を行ってきたが、このたびついにアルバム『RM JAZZ LEGACY』を完成させた。彼女が現場で培ってきたアーティストのネットワーク、そこから生み出される感覚の連鎖が結実し、圧倒的な存在感を放つジャズ・アルバムとなった。 OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、ここ数年で、ひとつのジャンルとも言えるジャズの新たな捉え方を示した『Jazz The New Chapter』監修の柳樂光隆をインタヴュワーに迎え、本作に迫った。 RM jazz legacy / RM jazz legacy'【Track List】01. The Spirit02. African Water 03.
by 河村 祐介
サニーデイ・サービス、メロウで幻想的な新シングル『苺畑でつかまえて』ハイレゾ配信&レビュー
[POWERPUSH]・2016年01月15日・甘酸っぱさが滲み出すメロウ&ポップ! 青春を描くサニーデイ・サービス、ど真ん中のシングル到着 1stアルバム発売から20周年を迎えた2015年は、数々のライヴやフェス出演など積極的な活動を見せたサニーデイ・サービスだが、2016年も始まったばかりの1月15日(いちごの日)にシングル『苺畑でつかまえて』をアナログ7インチ盤+CDでリリースした。アートワークは過去に何度も担当している小田島等。彼が手がけた赤い苺のポップなジャケットが目印だ。待望の今作は、私たちの期待を裏切らない、サニーデイらしい夢のような青春が、メロディアスなサウンドで彩られた名曲に仕上がっている。OTOTOYではハイレゾ音源で配信。その繊細な美しさをより感じることができるだろう。アナログ盤+CDと同様、歌詞カードも付属するので、音源と共に今作で描かれる世界観の奥深くまで潜り込んでみてほしい。 サニーデイ・サービス / 苺畑でつかまえて'【Track List】01. 苺畑でつかまえて / 02. コバルト【配信形態】左 : 24bit/48kHz(WAV / FLAC / ALAC) / AAC右 : 16bit/44.1kHz(WAV /