2年半ぶりの新作は全編ピアノ・ソロ!

KASHIWA Daisuke / 88

自身の創作活動の他、様々なメディアへの楽曲提供、作家、リミキサー、マスタリング・エンジニアとしても活動しているKASHIWA Daisukeの4thアルバムが完成。今作では、これまでの彼の象徴とも言える緻密な打ち込みやオーディオ・エディットが排除され、ピアノ1台・88鍵によって表現されている。流れる旋律の中に溢れ出す、静謐な響きと力強いメロディー。新たな飛躍の一歩となる一枚を、より立体的な音で楽しめるHQD(24bit/48kHzのwav)で販売開始です。


感覚を解体する

作品を発表するごとに確かな存在感を放つアーティストKASHIWA Daisuke。彼は、主にエレクトロニカをベースに、クラシックやアンビエント、ブレイクコア、プログレッシブ・ロックなどを織り交ぜ、きめ細やかな音作りやエディットで作られるアルバムは常に確かな理念に裏打ちされているようだ。そんな彼の新作『88』は鍵盤の数を示すタイトルの通り、全編ピアノ・ソロによるアルバムだ。今までの作品の中でも常にピアノは使われていたが、今作はアンビエント的な音響処理を施したポスト・クラシカルな作風でもなく、ピアノのための曲がピアノで弾かれていることに本作の主眼がある。

KASHIWA Daisukeの楽曲中のピアノの使われ方は、今までの作品では大体において電子音やビートとともにあり、それを含み込んで鳴らされているものだった。例えばファースト・アルバム『april.#02』のタイトル・トラックでは、ピアノのエモーショナルな旋律が表立っているが、曲が叙情性を高め、盛り上がると共にビートは激しくなり、ノイズの波が曲を覆っていた。これによって、ピアノの奏でる旋律や音の質感によって呼び起こされる感覚に気分が高まるとともに、その感覚を同時進行で解体されているような、気が遠くなる曲だった。前作にしてサード・アルバム『5 Dec.』ではさらにそのアプローチは推し進められていた。アンビエント的な電子音と音響の中で空間に散りばめられるように断片的にピアノのフレーズが配された曲から始まり、メタリックなギターや機械的かつ脅迫的なビートが暴れまわる曲に流れていき、その後にはかすかで揺れるような電子音が現れ、最後にはまた暴力的なノイズが押し寄せる。『5 Dec.』は、繊細な楽曲で内にある感覚に気づかせ、暴力的な楽曲でその感覚を解体し、またその奥にあるものに気づかせる、という構造を持っていたのだ。

そして、ピアノソロの作品である『88』も、そうした流れを十分に感じさせる作品だ。本作では旋律が主体になることによって、KASHIWA Daisukeの持っている表現の要素がとてもコンパクトに集約されてもいる。それは、やはり単にクラシカルなものではなく、彼が基にしている諸々のポップ・ミュージックをピアノ曲の様式に凝縮したものだと感じる。また、弦をハンマーで叩くことによって音を鳴らすピアノは、弦楽器であると同時に打楽器でもあり、メロディを奏でることに長けていると同時に一音一音の響きがよくわかる。こうした楽曲や楽器やの特質は、曲の構造自体をおのずと浮かび上がらせ、この音の並びがこう弾かれるとなぜこんな気持ちになるのか、といった音楽の基本的かつ終わりのない問いに聞き手を導く。様々なスタイルが混ざり合い、溢れかえっているエレクトロニック・ミュージックのシーンにおいて、『88』は出るべくして出た作品なのだろう。(text by 滝沢時朗)

RECOMMEND

kashiwa daisuke / April.#02

ベルリンを拠点に活動するレーベル・onpa)))))の中で最もベストセラー記録更新中の、kashiwa daisukeファースト・アルバム。あまりにも叙情的でクラシカルな音源と電子音楽の見事な融合。

kashiwa daisuke / April.#07

ファースト・アルバム収録曲「april.#02」のリミックス作品。セルフ・リミックスをはじめ、DJ Olive Oil、JEAN-MICHEL、lem、Takeshi Nishimotoがリミキサーとして参加している。

Kyoka / ufunberlinfunfufuliveatnbi2009

2009年4月30日にベルリンのクラブ、NBIで行なわれたkyokaのライブ・レコーディング。トラック・リストの内容は、既発の曲を中心に、オランダ、アムステルダムの『サウンドミュージアム・ドット・FM』というオンライン上のサウンド・アート・ショー・ケースに提供しただけの未発売曲「2zu」、そしてもしかするとこのライブ以降、プレイされないかもしれない曲など、非常に貴重なベルリン・ライブ音源になっています! 観客動員数キャパめいっぱいの500人が詰めかけ、ラスター・ノートンのフランク・ブレットシュナイダー、カヒミ・カリィやもちろんkyokaともコラボ経験のあるモーマスなども応援に駆け寄ったこのライブ会場の様子を、ぜひご堪能あれ。

原田郁子+高木正勝 / TO NA RI

レコーディング・スタジオでの一発録りをライブとして公開し、そこでDSD収録した音源を配信するイベント“Premium Studio Live”。その第2弾として、クラムボンの原田郁子と、映像作家としても活躍する高木正勝の2人を招いて行われた際の記録。会場となったのは東京・市ヶ谷のサウンドインスタジオBstで、天井高のあるスタジオに2台のグランド・ピアノ……STEINWAYのフルコンサート・サイズとセミコンサート・サイズを設置。良質な響きの中で、原田と高木がそれぞれ自由にピアノを弾きながら、お互いの作品を変奏し合うようなセッションが繰り広げられる。原田の力強いボーカル、高木の繊細なボーカルそれぞれの魅力を存分に味わうことができるほか、飛び入りで参加したOLAibiを交えてのリズミックなパートも聴きもの。

PROFILE

学生時代、プログレッシヴ・ロックに影響を受け作曲を始める。2004年にkashiwa daisukeとしてソロ活動を開始し、2006年にドイツのレーベルonpaより1stアルバム『april.#02』をリリース。 翌年8月、nobleレーベルより2ndアルバム『program music I』を発表。2008年9月には、大型野外フェスティバルSense of Wonderに出演。 2009年2月、3rdアルバム『5 Dec.』をnobleよりリリース。 同年6月にはヨーロッパ3ヶ国8都市を廻るツアーを敢行し、世界三大クラブと呼ばれるベルリンのクラブ、BerghainではCLUSTERと共演し、旧ソ連軍の秘密基地跡で毎年開催されるドイツ最大級のフェスティバルFusion Festival 2009にも出演。2010年4月、マカオ、香港を巡るアジアツアーを行う。 自身の創作活動の他、様々なメディアへの楽曲提供、作家、リミキサー、マスタリングエンジニアとしても活動している。

o

はてブに追加
 
 
"powerpush"の最新アーカイヴ
踊ってばかりの国、4枚目のオリジナル・フル・アルバムをリリース
[POWERPUSH]・2015年03月26日・どこまでも実直な愛に包まれた“SONGS”を聴け! ——踊ってばかりの国、セルフ・プロデュースで作り上げた4枚目のフル・アルバム 東京インディー・シーンの先頭を行くロック・バンド、踊ってばかりの国による、最新アルバム『SONGS』。最高傑作と呼ばれた前作『踊ってばかりの国』から1年2ヶ月ぶりとなる今作のアルバムは、勢いを衰えること無く更に自信に満ちた1枚になっている。2013年に新メンバーを迎え、活動再開からしばらく経った彼らだが、着実にライヴを重ねその世界観を確立してきた。メンバー主導によるセルフ・プロデュースで制作されたという今作では、その進化が存分に感じ取れるだろう。OTOTOYでは、音楽評論家、岡村詩野の〈岡村詩野音楽ライター講座〉受講生、廣野佑典によるレヴューでその作品性を紹介! 彼らの世界観に浸るべし! 踊ってばかりの国 / SONGS'【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC / mp3 : 単曲 257円(税込) まとめ購入 2,160円(税込)【Track List】''01. ocean(intro) / 02.君を思う / 03. ガールフレンド / 04. OK /
Yogee New Wavesによる、7インチ・オンリーのシングルをOTOTOY独占で配信!!
[POWERPUSH]・2015年03月25日・都市の喧騒を、白昼夢のディスコ・ファンクが追い越す——Yogee New Wavesによる、7インチ・オンリー・シングルを配信! 結成1年とわずかにしてFUJI ROCK FESTIVALへの出演を果たし、2014年発表のファースト・アルバム『PARAISO』で、幾多の音楽要素を折衷させた高いクオリティの楽曲を音楽シーンに見せつけた、Yogee New Waves。新たな形の都市型ポップを提示しつづける彼らによる、ディスコ・ファンクな新曲「Fantasic Show」をこのたび配信! 7インチ・アナログでリリースされているこの作品、CD音質(16bit/44.1kHz)で聴けるのはOTOTOYだけ! しかも、特製歌詞カードpdfも付属。メンバー自身が「最高のダンス・チューン」と称すこの曲に、田中亮太によるレヴューとともに身を委ねてみてはいかがであろうか。 Yogee New Waves /Fantasic Show'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC / mp3 : 単曲 200円【Track List】1. Fantasic Showこの作品をご購入いただくと、特製歌詞カード画像が
18歳のシンガー・ソングライター、タグチハナのセカンド・ミニ・アルバム配信&インタヴュー
[POWERPUSH]・2015年03月15日・日高央(THE STARBEMS / ex.BEAT CRUSADERS)も唸る憂いを帯びたその深い歌声、18歳SSWタグチハナの最新作配信&インタヴュー 2015年注目の女性シンガー・ソングライターとして、昨年末に紹介した18歳の弾き語りシンガー・ソングライター、タグチハナからセカンド・ミニ・アルバム『Orb』が届きました。当初、自主制作盤として制作が開始されていた今作は、タグチがスマホ向け放送局NOTTV3で放送中の音楽情報番組「MUSICにゅっと。」Season1内オーディション「ココでミラクル!」でグランプリを獲得するとともに全国流通盤として発売が決定。発売にあたって同番組のMCを務める日高央(THE STARBEMS / ex.BEAT CRUSADERS)から期待を寄せるコメントが届くなど、2015年、まさに注目を浴びる存在になっている。 そんななか発売された『Orb』には、前作『夜へ』にも収録されていた代表曲「ビア」「そのとき」の新録をはじめ、深みのある歌声とアコースティック・ギターの音色を活かしたサウンドで紡ぐ7曲を収録。この新たな芽吹きをインタヴューとともに聞き届けてほしい。 タグチハ
by 純三
Aureole、全曲リテイクのベスト・アルバムをタワレコ渋谷限定リリース!! 前代未聞企画でタワレコ渋谷店をジャック!
[POWERPUSH]・2015年03月13日・Aureole、タワレコ渋谷店をジャック!?ーー全曲ライヴ・アレンジのベスト・アルバムとともに高野修平が仕掛けたマーケティングに迫る kilk recordsを主宰する森大地が率いるAureoleが、ライヴ・アレンジでリテイクしたベスト・アルバムをタワーレコード渋谷店限定でリリース。全曲1発録りで作られた本作は、ポストロック、エレクトロニカの枠を大きく越え、全音楽ファンに突き刺さる内容になっている。同作のリリースに伴い、タワーレコード渋谷店内に様々な仕掛けが登場。アルバム名「Awake」にちなんだ9種類のハッシュタグが店内の床や壁のいたるところに設置。コミュニケーション・デザイナー / クリエイティブ・ディレクター高野修平によるリアルとデジタルを掛けあわせたO2O施策「Hashtag Awake」で、来店したお客さんの意識をAureoleに結びつけていく。それを聞きつけたOTOTOYはタワレコ渋谷店に潜入し、すべての企画を体験。その様子を写真とレポートでお送りする。リアルとデジタルを掛けあわせた体験ができるのは3月16日まで!! 情報過多を逆手に取った体験を味わってみてはいかがだろう!! Aureole
by 岡本 貴之
LIGHTNING BOLT、5年半ぶりのアルバム『Fantasy Empire』を予約開始!!
[POWERPUSH]・2015年03月12日・【予約受付中】5年半ぶりの超オルタナティブ革命!!ーーLIGHTNING BOLTが世界一ヤバいアルバムとともにカムバック アメリカ一小さい州、ロード・アイランドのプロヴィデンスから世界一の爆音を轟かす!! ブライアン・チッペンデイルとブライアン・ギブソンによるドラム&ベース・デュオ、ライトニング・ボルトが5年半ぶりのアルバムをシカゴの老舗インディ・レーベル、スリル・ジョッキーよりリリースする。オーディエンスで溢れるフロアの真ん中で演奏するゲリラ・スタイルのライヴ・パフォーマンスなど、アンダーグラウンド・ロックに計り知れないほどの革命をもたらしてきた彼らによる、ハードコアでヘヴィ・メタリックでアヴァンギャルドでトランシーな世界一ヤバいノイズ・ロック。これは脳天をダイレクトに刺激するオルタナティブ最極北だ。なにがなんでも聴いてほしい。 5年半ぶり、待望のアルバムを予約開始LIGHTNING BOLT / Fantasy Empire'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 205円 / まとめ購入 1,543円【Track List】1. The Metal East / 2
斉藤由貴、デビュー30周年記念のニュー・アルバムをハイレゾで配信開始
[POWERPUSH]・2015年03月12日・たくさんの「恋」を散りばめてーー斉藤由貴、デビュー30周年記念のニュー・アルバムをハイレゾで配信開始 1980年代のアイドル・ブームの中で絶大な人気を誇り、今もなお女優として活躍する斉藤由貴。デビュー30周年を記念したニュー・アルバムが到着した。5年ぶりとなる新作の作品テーマは「至上の恋の、人生に2度と無い瞬間」、「誰もが味わった特別な恋の瞬間へのオマージュ」。待望の新曲2曲と洋楽コンテンポラリー曲やPOPSの名曲カヴァー曲を収録。この声を柔らかく包み込むハイレゾで聴き入っていただきたい。 斉藤由貴 / ETERNITY '【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC(24bit/48kHz) : 単曲 500円(税込) まとめ購入 3,000円(税込)【Track List】''01. Top Of The World / 02.Tea For Two / 03. Cheek To Cheek / 04. Lovin' You / 05. Blue Moon / 06. Stardust / 07. When I Fall In Love / 08. Across The Universe
by 岡本 貴之
【観覧募集中】北村早樹子&坂本弘道、2人の天才がぶつかり合う公開DSDレコーディング
[POWERPUSH]・2015年03月06日・北村早樹子&坂本弘道、2人の"天才"がぶつかり合う"危険な"公開DSDレコーディング!! 可憐さと毒気が絶妙なバランスで同居する女性シンガーの北村早樹子が、鬼才の異名を取るチェリスト坂本弘道とともに、渋谷Last Waltzで公開DSDレコーディングを敢行。先日リリースされたデビュー10周年のベスト作が話題を呼ぶ北村、そして過激なパフォーマンスと即興演奏で知られる坂本、そんな2人の"危険な"セッションを50名限定で公開します。 この日の演奏は、デジタル音源の最高音質とも言われるDSDフォーマットで記録。後日OTOTOYより独占配信予定です。北村の異質なセンスに溢れた歌とピアノを土台に、坂本はカーボン・ファイバー製のチェロ「mezzo-forte」を操り、エフェクターを効かせたプレイを披露してくれるとのこと。2人の"天才"がぶつかり合う瞬間をぜひご覧あれ! OTOTOY × なりすレコード Presents北村早樹子 公開DSD録音 at Last Waltz'(Supported by KORG)2015年4月6日(月) @渋谷 Last Waltz開場 / 開演 : 19:30 / 20:00料金 :
ハイレゾで描かれた、Purity Ringによるセカンド・アルバム
[POWERPUSH]・2015年03月05日・トラップとエレクトロ・ポップのビビッドで華やかな出会い——ハイレゾで描かれた、Purity Ringによるセカンド・アルバム レディー・ガガへのリミックス提供や、ラッパーのダニー・ブラウンとのコラボレーションなど、ホットな話題で名を知らしめている、モントリオールのエレクトロ・ポップ・デュオ、Purity Ring。2012年にはFUJI ROCK FESTIVAL出演を果たすなど、すでに日本でも注目を浴びている彼らの新作『Another Eternity』をハイレゾで配信! ダブステップ、チルウェイブ色の強かった前作のタッチを継承しつつ、ポップに美しく仕上がっている今作は、更に多くのリスナーの耳に届くのではないだろうか。ポップス・シーンにも新しい風を吹かせてくれるであろう注目のサウンドを、ぜひ高音質で、レヴューとともに堪能していただきたい。 Purity Ring / Another Eternity'【配信形態】(右)ALAC / FLAC / WAV / AAC(24bit/96kHz) : 単曲 257円(税込) まとめ購入 2,600円(税込)(左)ALAC / FLAC / WAV / AAC
by 吉野 敬一郎
 
筆者について
滝沢 時朗 (滝沢 時朗)

1982年東京生まれ。twitter ID:@sarigenaginger

同じ筆者による他の記事