2年半ぶりの新作は全編ピアノ・ソロ!

KASHIWA Daisuke / 88

自身の創作活動の他、様々なメディアへの楽曲提供、作家、リミキサー、マスタリング・エンジニアとしても活動しているKASHIWA Daisukeの4thアルバムが完成。今作では、これまでの彼の象徴とも言える緻密な打ち込みやオーディオ・エディットが排除され、ピアノ1台・88鍵によって表現されている。流れる旋律の中に溢れ出す、静謐な響きと力強いメロディー。新たな飛躍の一歩となる一枚を、より立体的な音で楽しめるHQD(24bit/48kHzのwav)で販売開始です。


感覚を解体する

作品を発表するごとに確かな存在感を放つアーティストKASHIWA Daisuke。彼は、主にエレクトロニカをベースに、クラシックやアンビエント、ブレイクコア、プログレッシブ・ロックなどを織り交ぜ、きめ細やかな音作りやエディットで作られるアルバムは常に確かな理念に裏打ちされているようだ。そんな彼の新作『88』は鍵盤の数を示すタイトルの通り、全編ピアノ・ソロによるアルバムだ。今までの作品の中でも常にピアノは使われていたが、今作はアンビエント的な音響処理を施したポスト・クラシカルな作風でもなく、ピアノのための曲がピアノで弾かれていることに本作の主眼がある。

KASHIWA Daisukeの楽曲中のピアノの使われ方は、今までの作品では大体において電子音やビートとともにあり、それを含み込んで鳴らされているものだった。例えばファースト・アルバム『april.#02』のタイトル・トラックでは、ピアノのエモーショナルな旋律が表立っているが、曲が叙情性を高め、盛り上がると共にビートは激しくなり、ノイズの波が曲を覆っていた。これによって、ピアノの奏でる旋律や音の質感によって呼び起こされる感覚に気分が高まるとともに、その感覚を同時進行で解体されているような、気が遠くなる曲だった。前作にしてサード・アルバム『5 Dec.』ではさらにそのアプローチは推し進められていた。アンビエント的な電子音と音響の中で空間に散りばめられるように断片的にピアノのフレーズが配された曲から始まり、メタリックなギターや機械的かつ脅迫的なビートが暴れまわる曲に流れていき、その後にはかすかで揺れるような電子音が現れ、最後にはまた暴力的なノイズが押し寄せる。『5 Dec.』は、繊細な楽曲で内にある感覚に気づかせ、暴力的な楽曲でその感覚を解体し、またその奥にあるものに気づかせる、という構造を持っていたのだ。

そして、ピアノソロの作品である『88』も、そうした流れを十分に感じさせる作品だ。本作では旋律が主体になることによって、KASHIWA Daisukeの持っている表現の要素がとてもコンパクトに集約されてもいる。それは、やはり単にクラシカルなものではなく、彼が基にしている諸々のポップ・ミュージックをピアノ曲の様式に凝縮したものだと感じる。また、弦をハンマーで叩くことによって音を鳴らすピアノは、弦楽器であると同時に打楽器でもあり、メロディを奏でることに長けていると同時に一音一音の響きがよくわかる。こうした楽曲や楽器やの特質は、曲の構造自体をおのずと浮かび上がらせ、この音の並びがこう弾かれるとなぜこんな気持ちになるのか、といった音楽の基本的かつ終わりのない問いに聞き手を導く。様々なスタイルが混ざり合い、溢れかえっているエレクトロニック・ミュージックのシーンにおいて、『88』は出るべくして出た作品なのだろう。(text by 滝沢時朗)

RECOMMEND

kashiwa daisuke / April.#02

ベルリンを拠点に活動するレーベル・onpa)))))の中で最もベストセラー記録更新中の、kashiwa daisukeファースト・アルバム。あまりにも叙情的でクラシカルな音源と電子音楽の見事な融合。

kashiwa daisuke / April.#07

ファースト・アルバム収録曲「april.#02」のリミックス作品。セルフ・リミックスをはじめ、DJ Olive Oil、JEAN-MICHEL、lem、Takeshi Nishimotoがリミキサーとして参加している。

Kyoka / ufunberlinfunfufuliveatnbi2009

2009年4月30日にベルリンのクラブ、NBIで行なわれたkyokaのライブ・レコーディング。トラック・リストの内容は、既発の曲を中心に、オランダ、アムステルダムの『サウンドミュージアム・ドット・FM』というオンライン上のサウンド・アート・ショー・ケースに提供しただけの未発売曲「2zu」、そしてもしかするとこのライブ以降、プレイされないかもしれない曲など、非常に貴重なベルリン・ライブ音源になっています! 観客動員数キャパめいっぱいの500人が詰めかけ、ラスター・ノートンのフランク・ブレットシュナイダー、カヒミ・カリィやもちろんkyokaともコラボ経験のあるモーマスなども応援に駆け寄ったこのライブ会場の様子を、ぜひご堪能あれ。

原田郁子+高木正勝 / TO NA RI

レコーディング・スタジオでの一発録りをライブとして公開し、そこでDSD収録した音源を配信するイベント“Premium Studio Live”。その第2弾として、クラムボンの原田郁子と、映像作家としても活躍する高木正勝の2人を招いて行われた際の記録。会場となったのは東京・市ヶ谷のサウンドインスタジオBstで、天井高のあるスタジオに2台のグランド・ピアノ……STEINWAYのフルコンサート・サイズとセミコンサート・サイズを設置。良質な響きの中で、原田と高木がそれぞれ自由にピアノを弾きながら、お互いの作品を変奏し合うようなセッションが繰り広げられる。原田の力強いボーカル、高木の繊細なボーカルそれぞれの魅力を存分に味わうことができるほか、飛び入りで参加したOLAibiを交えてのリズミックなパートも聴きもの。

PROFILE

学生時代、プログレッシヴ・ロックに影響を受け作曲を始める。2004年にkashiwa daisukeとしてソロ活動を開始し、2006年にドイツのレーベルonpaより1stアルバム『april.#02』をリリース。 翌年8月、nobleレーベルより2ndアルバム『program music I』を発表。2008年9月には、大型野外フェスティバルSense of Wonderに出演。 2009年2月、3rdアルバム『5 Dec.』をnobleよりリリース。 同年6月にはヨーロッパ3ヶ国8都市を廻るツアーを敢行し、世界三大クラブと呼ばれるベルリンのクラブ、BerghainではCLUSTERと共演し、旧ソ連軍の秘密基地跡で毎年開催されるドイツ最大級のフェスティバルFusion Festival 2009にも出演。2010年4月、マカオ、香港を巡るアジアツアーを行う。 自身の創作活動の他、様々なメディアへの楽曲提供、作家、リミキサー、マスタリングエンジニアとしても活動している。

o

はてブに追加
 
 
"powerpush"の最新アーカイヴ
森山公一、待望のソロ・ファースト・アルバム『Recod! 』リリース!
[POWERPUSH]・2015年06月24日・自分の真ん中は“歌う”ことーー森山公一(オセロケッツ)、1年半のソロ・アルバム・プロジェクトがついに完結! 待望のアルバムをハイレゾでリリース 2014年1月から毎月シングルをOTOTOYでハイレゾ配信し、YouTubeにもMVを発表とコンスタントに活動を続けてきた森山公一のソロ・アルバム制作プロジェクトが、ついに完結。オセロケッツでデビューして以来、The Ma'amでの活動や他アーティストへのプロデューサー業など、ジャンルレスな活動から生み出された楽曲から伝わるのは“歌”への強い思い。初のソロ・アルバムを作るために始まったプロジェクトが1年半後に完成を迎えた今、本人にインタヴュー。スタートからゴールまでを振り返ります。 デジタル・ブックレットつき!森山公一 / Record!(24bit/96kHz)'【配信形態】(24bit/96kHz)WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 249円(税込) / まとめ購入 2,500円(税込)【Track List】01. のようなもののようなもの / 02. また会ったね、ロンリネス / 03. ええもん悪もんどうでもええもん / 04. 人間
by JJ
吉田ヨウヘイgroup新作『paradise lost,it begins』ハイレゾ配信&レヴュー
[POWERPUSH]・2015年06月23日・変化と成長が産んだ、進化と深化ーー"バンド"としての強靭さを手に入れた、吉田ヨウヘイgroup新作ハイレゾ配信!! ギター、ヴォーカルである吉田ヨウヘイを中心として2012年結成。前作『Smart Citizen』から、FUJI ROCK FESTIVALやOne Music Campなどのイベント出演、渋谷クラブクアトロでのワンマン公演を成功させるなど、"バンド"として充実した1年のインターバルを経て産まれた新作『paradise lost, it begins』。吉田ヨウヘイ本人も語るように、ともに濃密な1年を過ごした他のメンバーからのアイデアやフレーズが色濃く反映されている開けたアルバムとなった。今作に至るまでにメンバーの脱退があったものの、新世代ダブ・バンド、TAMTAMのフロントマンであるKuroがほぼ全編に渡ってコーラスとトランペットで参加するなど、新たな血が彼らの音楽を次へのステップへと押し上げている。この作品もまた2015年を象徴する1枚になることは間違いない。是非ハイレゾでお楽しみいただくと同時に、今作のレビューをどうぞ。 吉田ヨウヘイgroup / paradise lost, it
【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――【第10回】exaSound「e-22」
[POWERPUSH]・2015年06月20日・高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――ハイレゾ/PCオーディオ研究室――【第10回】exaSound「e-22」 聴こえなかった音が聴こえてくる、USB DAC 昨年暮れのOTOTOY DSD SHOPで和田博巳さんとトーク・イヴェントを行った時のこと、ともかく度肝を抜かれたのがexaSoundのUSB DAC、e-22から流れ出したサウンドだった。当日のイヴェントでは、USB DACにOppoのHA-1とexaSoundのe-22、パワード・モニターにFocalのTwin6 BEを用意して、パッシヴのプリアンプで切り替えながら、11.2MHzのDSDでリリースされた丈青のピアノ・ソロ作品、『I See You While Playing The Piano』の比較試聴を行った。このうちのOppo HA-1については、昨年、本連載でも使用レポートを書いた。とても優れたDACプリアンプで、価格帯を考えると敵無しといっていいくらいのコスト・パフォーマンスを誇る製品だ。パワード・モニターに使用したFocalのTwin6 BEもバランスの良いスピーカーで、HA-1との相性もバッチリだった。 exaSoundのe
by Reviewed by Kentaro Takahashi
OGRE YOU ASSHOLEのUst番組「RECORD YOU ASSHOLE」放送決定!
[POWERPUSH]・2012年08月30日・ RECORD YOU ASSHOLE OTOTOYとOGRE YOU ASSHOLEが、OTOTOYのチャンネル『TV♭』にて、OGRE YOU ASSHOLEの最新アルバム『100年後』のリリースを記念し、レコードを聞き漁るUstream番組『RECORD YOU ASSHOLE』をスタート。東京に来るたびに、ツアーに出るたびにレコードを買い漁っているOGRE YOU ASSHOLEのメンバー。例えば、出戸学(ギター、ボーカル)の最近のお気に入りのレーベルは、古いソウルの作品をリイシューしているレーベル、Numero Groupだそう。そんなレーベル知りません.. ってことで、この番組では、レコードが大好きなOGRE YOU ASSHOLEのメンバーにSELECTORとして10枚以上アナログを持ってきてもらい、1曲づつじっくり聴き、さらには、そのレコードについていろいろと調べたり教えてもらったりしようと思います。名盤と評判の『100年後』の片鱗は、必ず彼らのコレクションに隠れているはず! RECORD YOU ASSHOLE 第22回の放送が決定!! OTOTOYのUstream番組「RECORD
目指すは武道館! ——【無料配信】アニソン”シンガーを目指す期待の新人! 菜苗をご紹介!!
[POWERPUSH]・2015年06月12日・合言葉は「はっぴぃとぅぎゃざー!」——“アニソン”シンガーを志す期待の新人、菜苗を無料配信でご紹介!! ある日、菜苗と言う女性シンガーがOTOTOYを訪れた。木村カエラや安室奈美恵、はたまたきゃりーぱみゅぱみゅを目指しているのかなぁなんて思いながら、「どんな女性シンガーになりたいの?」って聞いてみたら、わたし“アニソン”シンガーになりたいんです、とのこと。ほぼ毎日、新人アーティストと会うけれど、“アニソン”シンガーになりたいって人は、ほとんどいなかった。だから、これからもっと大きくなるだろうアニソン・シーンをでっかくする可能性を秘めた女の子が現れたことはとても嬉しかったし、彼女の軌跡を追ってみたいと思った。 2015年4月にデビューしたばかりの菜苗。まだまだライヴは少ないし、インタビューも今回が初めて。でも、間違いなく歌は上手いし、アニソンへの愛に溢れていた。あと話が長かった(笑)! 彼女は確実に面白い! ちょっと一緒に彼女を追ってみませんか? 【text by 飯田仁一郎(OTOTOY編集長)】 OTOTOYだけの特別シングル「Re:LOOP」の無料配信はこちらから!! 菜苗 / Re:LOOP(24b
by 純三
アイドル・シーンの未来の担い手はamiinaだ! シンガロング出来る新しいアンセム誕生の時!
[POWERPUSH]・2015年06月05日・アイドル・シーンの未来の担い手はamiinaだ! シンガロング出来る新しいアンセム誕生!ーー無料DLでも話題を集めた楽曲がハイレゾ配信開始!! 2013年8月に1stシングル「1☆2☆3☆」を発表し、都内を中心に活動を繰り広げる2人組中学生ユニットamiina。2014年7月にリリースし、話題を集めた「Drop / RunBlue」より約1年振りのシングル、「canvas / ○△□」をリリース! エレクトロニカやポストロックなどのジャンルを内包した音に、あどけない歌声が乗ることで出来上がったポップ・サウンドは、これから彼女たちのアンセムとなること間違いないシングルとなっている。つい先日、mp3版の「canvas」のフリーダウンロードが行われ話題を集めたが、今回は遂にハイレゾでの配信開始ということで更なる音の広がりを楽しめる事間違い無し。今作のレビューとともに、是非ハイレゾ版との違いを楽しんで頂きたい。 amiina / Canvas / ○△□(24bit/48kHz)'【配信形態】 alac / flac / wav / aac : 単曲 162円 / まとめ購入 864円【Track List】''
5年半振りのケラ&ザ・シンセサイザーズと24年ぶり(!)の有頂天の新作をハイレゾ先行配信!!
[POWERPUSH]・2015年06月03日・2015年のKERAはてんこ盛り!! ーーケラ&ザ・シンセサイザーズ新作と、なんと24年ぶりの有頂天新作、ハイレゾ先行配信&インタヴュー!! ミュージシャン、劇作家と広いジャンルで活躍するKERAが、2015年の音楽シーンに2つのアルバムをぶちこんできた! まずは、ケラ&ザ・シンセサイザーズとして5年半ぶりのアルバム『BROKEN FLOWER』を、そして、有頂天として24年ぶりとなるスタジオ新録ミニ・アルバム『lost and found』を、OTOTOY独占2週間先行&ハイレゾ配信開始! KERAの中で何かが動き始めた… その答えを確認すべくKERAと、ケラ&ザ・シンセサイザーズのメンバー杉山圭一とReikoにインタヴュー。 5年半ぶりのニュー・アルバム!ケラ&ザ・シンセサイザーズ / BROKEN FLOWER(24bit/48kHz)'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 300円(税込) / まとめ購入 3000円(税込)【Track List】01. フラワー・ノイズ / 02. ネズミは沈みかかった船を見捨てる / 03. 求人妖奇譚 / 04. Long Go
by 岡本 貴之
Aureole、2年9ヶ月ぶりの4thアルバムを1週間先行ハイレゾ配信&OTOTOY編集長・飯田仁一郎が語るAureoleとは?
[POWERPUSH]・2015年06月03日・OTOTOY編集長・飯田仁一郎が語るAureoleの魅力とは?ーー約2年9ヶ月ぶりの4thアルバムを1週間先行ハイレゾ配信 kilk recordsを主宰する森大地が率いるAureoleが、2年9ヶ月ぶりとなる4thアルバム『Spinal Reflex』を2015年6月10日にリリースする。これまでの「内向的な心の中の音楽」から「感覚を刺激する外へ解き放たれた音楽」へ。バンドとしての肉体感とグルーヴにうごめく作品へと大きな進化を遂げた。2015年3月にはタワーレコード渋谷店をジャックしライヴ・ベスト・アルバムをリリースするなど、自分たちならではの仕掛けを見せて話題を呼んだ彼ら。OTOTOYでは本作を1週間先行でハイレゾ配信。より多くの人に聴いていただきたい想いから全曲フル試聴も実施する。そして、7年以上の付き合いで森のことを1番よく知るOTOTOY編集長・飯田仁一郎がAureoleを、そして森大地を語った。このバンドの燃え尽きることのない情熱に耳を傾けてみてほしい。 待望の4thアルバムを1週間先行ハイレゾ配信スタート!!Aureole / Spinal Reflex'【配信価格】WAV / ALAC
by 西澤 裕郎