2年半ぶりの新作は全編ピアノ・ソロ!

KASHIWA Daisuke / 88

自身の創作活動の他、様々なメディアへの楽曲提供、作家、リミキサー、マスタリング・エンジニアとしても活動しているKASHIWA Daisukeの4thアルバムが完成。今作では、これまでの彼の象徴とも言える緻密な打ち込みやオーディオ・エディットが排除され、ピアノ1台・88鍵によって表現されている。流れる旋律の中に溢れ出す、静謐な響きと力強いメロディー。新たな飛躍の一歩となる一枚を、より立体的な音で楽しめるHQD(24bit/48kHzのwav)で販売開始です。


感覚を解体する

作品を発表するごとに確かな存在感を放つアーティストKASHIWA Daisuke。彼は、主にエレクトロニカをベースに、クラシックやアンビエント、ブレイクコア、プログレッシブ・ロックなどを織り交ぜ、きめ細やかな音作りやエディットで作られるアルバムは常に確かな理念に裏打ちされているようだ。そんな彼の新作『88』は鍵盤の数を示すタイトルの通り、全編ピアノ・ソロによるアルバムだ。今までの作品の中でも常にピアノは使われていたが、今作はアンビエント的な音響処理を施したポスト・クラシカルな作風でもなく、ピアノのための曲がピアノで弾かれていることに本作の主眼がある。

KASHIWA Daisukeの楽曲中のピアノの使われ方は、今までの作品では大体において電子音やビートとともにあり、それを含み込んで鳴らされているものだった。例えばファースト・アルバム『april.#02』のタイトル・トラックでは、ピアノのエモーショナルな旋律が表立っているが、曲が叙情性を高め、盛り上がると共にビートは激しくなり、ノイズの波が曲を覆っていた。これによって、ピアノの奏でる旋律や音の質感によって呼び起こされる感覚に気分が高まるとともに、その感覚を同時進行で解体されているような、気が遠くなる曲だった。前作にしてサード・アルバム『5 Dec.』ではさらにそのアプローチは推し進められていた。アンビエント的な電子音と音響の中で空間に散りばめられるように断片的にピアノのフレーズが配された曲から始まり、メタリックなギターや機械的かつ脅迫的なビートが暴れまわる曲に流れていき、その後にはかすかで揺れるような電子音が現れ、最後にはまた暴力的なノイズが押し寄せる。『5 Dec.』は、繊細な楽曲で内にある感覚に気づかせ、暴力的な楽曲でその感覚を解体し、またその奥にあるものに気づかせる、という構造を持っていたのだ。

そして、ピアノソロの作品である『88』も、そうした流れを十分に感じさせる作品だ。本作では旋律が主体になることによって、KASHIWA Daisukeの持っている表現の要素がとてもコンパクトに集約されてもいる。それは、やはり単にクラシカルなものではなく、彼が基にしている諸々のポップ・ミュージックをピアノ曲の様式に凝縮したものだと感じる。また、弦をハンマーで叩くことによって音を鳴らすピアノは、弦楽器であると同時に打楽器でもあり、メロディを奏でることに長けていると同時に一音一音の響きがよくわかる。こうした楽曲や楽器やの特質は、曲の構造自体をおのずと浮かび上がらせ、この音の並びがこう弾かれるとなぜこんな気持ちになるのか、といった音楽の基本的かつ終わりのない問いに聞き手を導く。様々なスタイルが混ざり合い、溢れかえっているエレクトロニック・ミュージックのシーンにおいて、『88』は出るべくして出た作品なのだろう。(text by 滝沢時朗)

RECOMMEND

kashiwa daisuke / April.#02

ベルリンを拠点に活動するレーベル・onpa)))))の中で最もベストセラー記録更新中の、kashiwa daisukeファースト・アルバム。あまりにも叙情的でクラシカルな音源と電子音楽の見事な融合。

kashiwa daisuke / April.#07

ファースト・アルバム収録曲「april.#02」のリミックス作品。セルフ・リミックスをはじめ、DJ Olive Oil、JEAN-MICHEL、lem、Takeshi Nishimotoがリミキサーとして参加している。

Kyoka / ufunberlinfunfufuliveatnbi2009

2009年4月30日にベルリンのクラブ、NBIで行なわれたkyokaのライブ・レコーディング。トラック・リストの内容は、既発の曲を中心に、オランダ、アムステルダムの『サウンドミュージアム・ドット・FM』というオンライン上のサウンド・アート・ショー・ケースに提供しただけの未発売曲「2zu」、そしてもしかするとこのライブ以降、プレイされないかもしれない曲など、非常に貴重なベルリン・ライブ音源になっています! 観客動員数キャパめいっぱいの500人が詰めかけ、ラスター・ノートンのフランク・ブレットシュナイダー、カヒミ・カリィやもちろんkyokaともコラボ経験のあるモーマスなども応援に駆け寄ったこのライブ会場の様子を、ぜひご堪能あれ。

原田郁子+高木正勝 / TO NA RI

レコーディング・スタジオでの一発録りをライブとして公開し、そこでDSD収録した音源を配信するイベント“Premium Studio Live”。その第2弾として、クラムボンの原田郁子と、映像作家としても活躍する高木正勝の2人を招いて行われた際の記録。会場となったのは東京・市ヶ谷のサウンドインスタジオBstで、天井高のあるスタジオに2台のグランド・ピアノ……STEINWAYのフルコンサート・サイズとセミコンサート・サイズを設置。良質な響きの中で、原田と高木がそれぞれ自由にピアノを弾きながら、お互いの作品を変奏し合うようなセッションが繰り広げられる。原田の力強いボーカル、高木の繊細なボーカルそれぞれの魅力を存分に味わうことができるほか、飛び入りで参加したOLAibiを交えてのリズミックなパートも聴きもの。

PROFILE

学生時代、プログレッシヴ・ロックに影響を受け作曲を始める。2004年にkashiwa daisukeとしてソロ活動を開始し、2006年にドイツのレーベルonpaより1stアルバム『april.#02』をリリース。 翌年8月、nobleレーベルより2ndアルバム『program music I』を発表。2008年9月には、大型野外フェスティバルSense of Wonderに出演。 2009年2月、3rdアルバム『5 Dec.』をnobleよりリリース。 同年6月にはヨーロッパ3ヶ国8都市を廻るツアーを敢行し、世界三大クラブと呼ばれるベルリンのクラブ、BerghainではCLUSTERと共演し、旧ソ連軍の秘密基地跡で毎年開催されるドイツ最大級のフェスティバルFusion Festival 2009にも出演。2010年4月、マカオ、香港を巡るアジアツアーを行う。 自身の創作活動の他、様々なメディアへの楽曲提供、作家、リミキサー、マスタリングエンジニアとしても活動している。

o

はてブに追加
 
 
"powerpush"の最新アーカイヴ
妄想キャリブレーション『魔法のジュース』を配信!! & インタヴュー掲載
[POWERPUSH]・2015年04月19日・豪華クリエイターたちが彼女たちに惚れ込む理由とは?ーー妄想キャリブレーション、赤坂BLITZワンマンへ駆け抜けるストーリー 秋葉原ディアステージから2013年3月にデビューした、胡桃沢まひる、桜野羽咲、双葉苗、星野にぁ、2014年10月に加入した新メンバー、雨宮伊織、水城夢子の6名からなるアイドル・ユニット、妄想キャリブレーション。みんなで夢に向かって妄想する、恋しちゃいそうなアイドルである彼女たちがOTOTOY初登場!! 秋葉原体育会系アイドル(!?)のちょっとこじらせた青春ソング「魔法のジュース」をハイレゾ配信中。今回のMVは話題の絶対領域拡張計画「光るスカート」とコラボ、曲に合わせてスカートが光るというおもしろい仕掛けが!? 5月15日(金)、赤坂BLITZワンマンに臨む彼女たちの現在を探るべく、楽曲、MV、光るスカートに関わる制作チームにお集りいただき、今作ができあがるまでの過程について、そして妄想キャリブレーションそのものに迫った。 OTOTOYだけの妄キャリ、ハイレゾ配信!!妄想キャリブレーション / 魔法のジュース(24bit/48kHz) 【配信形態】ALAC / FLAC / WAV /
by 西澤 裕郎
Salyu、活動開始から10年の集大成、小林武史プロデュースの最新アルバムをリリース
[POWERPUSH]・2015年04月23日・新たなSalyuの世界へ。活動開始から10年の集大成、小林武史プロデュースの最新アルバムをリリース 近年は小山田圭吾との共同プロデュースによる「Salyu × Salyu」としての活動や、UKのロック・バンド、ジーズ・ニュー・ピューリタンズからの直接の依頼によりライヴでゲスト・ボーカルとして参加するなど、国内外問わずに高い評価を集め続ける女性シンガー、Salyu。今年、活動10周年を迎え、自身の名義としては5枚目のアルバム、『Android & Human Being』を小林武史全面プロデュースの元、3年ぶりにリリース。デジタルとアナログ・サウンドを行き来しながら、新たなSalyuの世界観を追求する1枚となった今作の配信に合わせて、過去のアルバムも配信開始。彼女の10年を振り返りながら、今作のレヴューを楽しんでもらいたい。 Salyu / Android & Human Being'【配信価格】 alac / flac / wav / mp3 : 単曲 257円(税込) / アルバム購入 2,160円(税込)【Track List】''01. 先回りして 1 / 02. 非常階段の下 / 03. リスク
1週間先行配信!! 人力ミニマル・バンド、NETWORKSによるミニ・アルバム
[POWERPUSH]・2015年04月22日・大地をも踊らす、強靭なミニマル・ビート——人力ミニマル・バンド、NETWORKS先行配信!! いくつものフェスやライヴ出演を経て、注目を浴び続けているNETWORKS。彼らが待望のニュー・アルバム『Dynamic Nature』をリリース! ステージを重ねるごとに着実に魅せ方、リスナーの取り込み方が進化しているインスト・バンドだ。そんな彼らが前作『White Sky』から5年という歳月をかけ、魂を込めて作り上げた今作は、鮮やかなシンセの音色と共に叙情的なミニマル・フレーズが繊細に、時に轟々と体に染みこんでくる。 またアルバム曲5曲に加え、秘境祭での高エネルギーなライヴ音源2曲の豪華ボーナス・トラックが付属。日本のインスト・バンドの顔になりつつある彼らの自信作をぜひこの機会に聴いていただきたい。 NETWORKS / Dynamic Nature'【配信価格】ALAC / FLAC / WAV / aac / mp3 : 単曲 200円 アルバム 1,750円(各税込)【Track List】01. Yas-rahGi02. Phoenergy03. Gyoq04. Sizq05. UTAU 秘境祭でのライ
by ®ita Takaki
ついに来た!! トロ・イ・モワによる2年ぶりの新作を配信
[POWERPUSH]・2015年04月17日・ソウル、ファンク、ロック・ビートで織りなされた万華鏡的サウンド——トロ・イ・モワ、約2年ぶりの新作をリリース R&Bやロックなど、あらゆるシーンを超えて人気を博しているトロ・イ・モワが、約2年ぶりとなるアルバム、『What For?』をリリース。フジロック・フェスティバルやHostess Club Weekenderなど日本でも数多くのステージを披露してきた彼は、国内でも常に大注目の存在である。これまで彼は作品をリリースするごとにR&Bを基調としながら、ロックであったり、様々な要素を取り入れたチルウェイブなど新たな側面を見せ続けて来た。ドラムのビート感と相まった独特なメロディ・フレーズ、溶け合うサイケデリックなシンセが心地の良い今作は、ポップでシンプルでありながらも着実に聴き手を虜にするであろう。そんな新作『What For?』を、ぜひレヴューと共にお聴きいただきたい。 Toro Y Moi / What For?'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 205円 / まとめ購入 1,543円【Track List】''1. What You Want / 2. Buffalo
京都のライヴサーキット「いつまでも世界は…」第4回開催記念対談 : 西島衛(ザ・シックスブリッツ) × ゆーきゃん
[POWERPUSH]・2015年04月10日・「いつまでも世界は…」が目指すは"京都版SXSW"! 第4回開催決定、主催の西島衛(ザ・ シックスブリッツ)とゆーきゃん対談 京都の中心街、四条・新京極から木屋町まで14会場を使い、総勢約90組が出演。関西の大型ライヴサーキット「いつまでも世界は…」が今年も開催!! 第1回から追ってきたOTOTOYが今年も特集します。 今回は「いつまでも世界は…」の特集第1回ぶりに主催者である西島衛(ザ・シックスブリッツ)と企画メンバーのひとりであるシンガー・ソングライター、ゆーきゃんが対談。SXSWに受けた影響、託児所を設ける意味、音楽好きの中の住み分け、いまの京都、これからの「いつまでも世界は…」、多岐に渡る話ながら非常に刺激的な話が展開されました。 さらに、主催者・西島衛のバンド、ザ・シックスブリッツが今年1月にリリースしたファースト・アルバム『FRIEN-D-ANKE』に限定購入特典として付けていた「NIGHT MONSTER」が1週間限定で無料配信。楽曲を聴きながらゆっくりと対談をお楽しみください。 ザ・シックスブリッツ featuring SATO(片山ブレイカーズ&ザ☆ロケンローパーティ)「NIGHT MON
SSWスフィアン・スティーヴンスによる5年ぶりの新作を、THE SIGN BOOKとともに配信
[POWERPUSH]・2015年04月03日・心象風景を音で奏でた5年ぶりの新作! SSW、スフィアン・スティーヴンスのハイレゾ・ニュー・アルバムをTHE SIGN BOOKとともに配信!! 2000年のデビューから現在にいたるまで、たゆたうような甘いメロディーと、スケールの大きいフォーク・ミュージックで、世界的にその才能を知らしめているシンガー・ソングライター、スフィアン・スティーヴンス。今回、ギターやバンジョー、ピアノなど、あらゆる楽器をもとに、綿密に紡がれた5年ぶりの新作『Carrie & Lowell』をハイレゾで配信。ささやくような歌声と独特の温かみと憂いに帯びたフォーキー・サウンド、ぜひ高音質で堪能していただきたい。 また、本作とともに、ザ・サイン・マガジン・ドットコムとOTOTOYとの取り組みである、THE SIGN BOOK(デジタル・ブックレット)を配信。メディア露出がきわめて少ない彼への、岡村詩野による2008年時のインタヴューと、CDと同内容のライナーノーツを掲載と、彼の思想や人間性が十分に垣間見える内容である。スフィアン自身の心象風景がダイレクトに表れたかのような、美しくもはかない音達をお楽しみあれ。(THE SIGN BOOK
by 吉野 敬一郎
asuka ando、噂のスウィート&メロウ・レゲエ・シンガー、ハイレゾ独占配信予約開始! そしてアプリにてフル視聴開始!
[POWERPUSH]・2015年04月01日・asuka ando、噂のスウィート&メロウ・レゲエ・シンガー、ハイレゾ独占配信予約開始! そしてアプリにてフル試聴開始! 春爛漫、そしてこれからの季節にピッタリなスウィートでメロウ、たまにちょっとおセンチなレゲエ・グルーヴの到来です! シンガー、asuka andoによる麗しのファースト・アルバム『mellowmood』が4月8日にリリース。ファーストながらエマーソン北村やLITTLE TEMPOのメンバーなど、辣腕アーティストが参加しております。 OTOTOYでは、本作のハイレゾ独占配信を4月8日から行います。それに先駆けて、本日より予約を開始。予約をすると、500枚のアナログ7インチが即完売となった先行シングル曲「ゆめで逢いましょう ~see you in my dreams~」が、1週間先行でダウンロードできます。また、OTOTOYのiOSアプリでは、アルバムのフル試聴を本日(4月1日)18時よりスタート、まずはアプリで聴いてみては? asuka ando / MELLOWMOOOD 昨年リリースの「RELAXIN' WITH JAPANESE LOVERS VOLUME 5 JAPANESE
ファンタステック!! アデルも認めたカナダ出身のSSW、Tobias Jesso Jr.がデビュー!!
[POWERPUSH]・2015年03月20日・ファンタステック!! アデルも認めたカナダ出身のSSW、Tobias Jesso Jr.がデビュー!! カナダはバンクーバー出身のSSW、トバイアス・ジェッソ・Jr。アメリカのインディー・ロック・バンド、ガールズのメンバーであるチェット"JR"ホワイトにデモ音源を送ったところ、わずか数時間で返信が来てサンフランシスコでレコーディングをスタート。との契約を結んだ。そしてリリースされるデビュー・アルバム『グーン』は、ヴァンパイア・ウィークエンドの最新作 『モダン・ヴァンパイアズ・オブ・ザ・シティ』を手がけたアリエル・レヒトシェイドがプロデュース。さらにはザ・ブラック・キーズのパトリック・カーニーやハイムのダニエル・ハイムらが参加。グラミー賞を受賞したシンガー、アデルも自身のTwitterにて「ファンタステック」という言葉とともに彼の音楽を紹介するなど、2015年要注目のSSWの彼。耳にスッと残る、グッド・メロディ、グッド・ミュージック。レビューと共に是非。 Tobias Jesso Jr. / Goon'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 205円 / まとめ購入 1,54
 
筆者について
滝沢 時朗 (滝沢 時朗)

1982年東京生まれ。twitter ID:@sarigenaginger

同じ筆者による他の記事