Gak Satoの新作『gF』をHQD音源で配信開始!

Gak Satoはいくつもの面から音を作り出している。テルミン奏者、Webや電話機のサウンド・デザイン、福富幸宏や東京スカパラダイスオーケストラなど名だたるアーティストを手がけるリミキサー、そして、今回はgiuliano Fujiwaraのファッション・ショーのために5年間に渡って書いてきた楽曲を再構築し、アーティストとしての新作『gF』を聞かせてくれる。そのサウンドはダブ、ジャズ、テクノ、ハウス、エレクトロニカと様々なジャンルを思わせるが、ひとつひとつの音が考え抜かれ、絶妙なバランスを保つことで見事にポップで端正な楽曲として成立している。クールに洗練されていると同時に素直に楽しめる稀有な作品だ。その成立過程と彼の音楽への考え方をメール・インタビューで答えてもらった。

インタビュー & 文 : 滝沢 時朗

>>>『gF』収録の「little rift」のフリー・ダウンロードはこちらから!

傑出したクオリティ! 24bit / 48khzの高音質でリアルな音の粒を体感してください!

Gak Sato / gF

【TRACK】
1. protection & movement / 2. diagonal path / 3. erratum dub / 4. little rift / 5. so what you want? / 6. alluda / 7. liquification / 8. dtrt / 9. a man's attitude / 10. my favorite chaos / 11. my favorite things

Art Director : 松村正大

『Easy Tempo』シリーズや数々のリミックス作品で知られるGak Satoがgiuliano Fujiwara(ジュリアーノ・フジワラ)ミラノ・メンズ・コレクションのために過去5年間に渡り、書き下ろしたサウンド・トラックを再構築したアルバム。ともにミラノを拠点として活躍する音楽家とアパレル・ブランドのコラボレーション作品である。ミニマリズム、洗練されたイメージを残しつつ、アバンギャルドでモダンなコレクションを展開するブランドの精神を忠実に表現した音楽になっている。

推薦コメント到着!

現役の音楽家で、かつファッション・ショーの評論(特に、ショー音楽)をやっており、東京に関しては2003年SS以来ほとんど総てのショーを観ている。という立場から私感を申し上げますが、Gak Sato氏の、特にジュリアーノ・フジワラに提供しているショー・ミュージックの水準は、それ単体としても、服とのマリアージュとしても明らかに傑出しており、それは東京水準ではなく、4都総てを見渡しても、ランバンに於けるアリエル・ウィズマン、プラダに於けるフレデリック・サンチェス以外に肩を並べる物件は見当たりません。特に重要な事は打率で、所謂外れ年がなく、一定以上の水準をキープしている。という力量は素晴らしく、今回のように作品がアイテムとして独立させる意義を持つ、数少ない音楽家だと言えるでしょう。
ー菊地成孔(音楽家 / ファッション・ショー評論)

実験音楽的感覚を内包したサウンド・トラックでありながら、一方で叙情的なダンス・ミュージックとしても成立している。Gak Satoによる"美しきカオス"をとくとお楽しみあれ!
ー松浦俊夫(DJ & CREATIVE)

僕らは皆、子供だ? 誰の? 未来派のおとしご。いや、ゴダールの弟分。イーノの従兄弟? いやいや皆、腹違いで血はまじって、誰が誰やら。僕らは、そしてGakもまた、20世紀的都市の流動性の遊び場で、モンタージュやら編集のアルスを身につけた子供だ。僕は今、21世紀の朝や夜中、日々Gakが贈ってくれたミュージックを聴いて、暮らしてる。いや、暮らしながら聴く。彼の音楽は、調理であり、チューナーだが、でも、そのコラージュは進化し、もはやコラージュでなくスープのよう。溶けこみ、毎日たべられるよ。20世紀の子供は、色男になり、ビートルズからスティーブ・ジョブズが神様の時代になって、音楽の調理魔術も変わるだろう。さて、Gakはどうするかな、なんて、妄想させてくれるのだ。
ー後藤繁雄(編集者/クリエイティヴ・ディレクター/京都造形芸術大学教授)

Gak Sato INTERVIEW

ーー『gF』のタイトルの意味を教えてください。

Gak Sato(以下、G) : どの曲もショーで使ったままではなく、リアレンジ、リプロダクションしているので、ショーのサントラから派生した別物でもあるという意味も込めてgiuliano Fujiwaraそのままでなく『gF』と略しました。

ーー『gF』の楽曲はgiuliano Fujiwara(ジュリアーノ・フジワラ)ミラノ・メンズ・コレクションのために作られたということですが、そのために出た楽曲共通の特徴はありますか?

G : コレクションのテーマは毎回異なるので、スタイルは変わっても、シンプルでエレガントでありつつストリートっぽい雰囲気も感じられるというのが共通する特徴だと思います。

ーー楽曲を再構築してアルバムにされたということですが、具体的にどのような作業をされたのでしょうか?

G : ショー自体は大体10分から15分程度の長さなので、全体を一曲(というか、ひとつのかたまりとして)として繋がるように作っていきます。DJとして選曲で2時間なり一晩なりで、自分の流れをつくるような感覚を15分の中で行うわけです。何曲か作ってからDJミックスしてまとめていくのではなく、最初に出来た曲から触発され、次の曲のアイデアが生まれていき、その作業が進んでいくと、朧げに全体像が見えてくる。そうやって全体の流れを作ることがショーのための音楽の基本だと思っています。しかしアルバムという形にするには、各曲の長さや細部をショーとは離れて見直し、独立した楽曲として精度を上げていく作業をしています。言わば、リミックス・バージョンをオリジナル・バージョンに戻していくような感じでしょうか。

ーーアルバム全体としてテーマやコンセプトがありますか? また、ひとつのアルバムとして統一感を出すために苦労されましたか?

G : 制作の契機になっているのは、服を美しく見せるために相応しい音であるかどうかということだけです。その上で、ジャンル感はありつつも、それを露骨に出さないようにはしています。その理由は、フジワラの服に強いジャンル感のあるもの、例えば、これはスポーツ・ウェアですとか、フォーマル・ドレスです、というようなアイテムがほとんど無く、フォーマルでエレガントではあるけれども、どこかカジュアルだったり、その逆だったり、繊細なミクスチュアで成り立っているので、音楽もそこに対応しています。ミニマルだけど暖かいとか、ストリートっぽいけどエレガントとか、ミリタリー調だけどシックだとか、そういった一見相対するような要素をまとめていくことが、結果的に統一感に繋がるのかもしれません。あとは曲順でしょうか。年代順でも良かったのですが、アルバムとして聞くとどうもしっくりこない。一番最初に作った唯一のカヴァーである「my favorite things」をアルバム最後に持って来て、ようやくまとまった感じがしました。

ーーアルバムにはレゲエ、ダブ、テクノ、ジャズ、エレクトロニカなど様々な音楽の要素が聞き取れます。音楽的な背景やルーツを教えてください。

G : 僕の世代には多いと思うのですが、80年代テクノ・ニューウェーヴから派生して、あらゆるジャンルを聞いてきたつもりになっていて、実は王道のロックやポップスが全く欠落していたり、オーネット・コールマンは持っていても、チャーリー・パーカーはまだ聞いてないとか、混沌と脈絡なく色々聞いてきたこと自体がルーツなのかもしれません。その結果、異種ジャンルの音楽同士を同じ耳で聴けるという感覚は養われているのかな? と、思うことがあります。

ーーひとつの楽曲の中に先の質問でもあげたいくつもの音楽的な要素が、自然に同居していて楽しませていただきました。こうした楽曲を作られる際のポイントはなんでしょうか?

G : ポイントは、要求されていることを無駄なく表現しきることと、その中の如何に自分のアイデンティティをすりこむかということでしょうか。スタイルの引用としてのジャンル感はあるかもしれませんが、特定のジャンルがやりたい訳ではありません。例えば、”今回はデトロイト・テクノっぽく行きたい”という要求に対して、そのままデトロイト・テイストを表面だけなぞってもだめで、デトロイト・テクノの意味することは何なのか? という理解することが重要です。その理解は全くの誤解でも良いのですが、自分なりに解釈してルールを見出していくことが重要だと思います。特定のジャンルの音にしてしまうと、そのジャンルの元来持っているスタイルが強く出過ぎ、そこを強調したいのであればむしろ選曲でやった方がいい訳で、オリジナルで制作する意味合いが薄くなってしまいます。そういった匙加減がポイントです。

ーーベースにしているジャンルは違っていても、きめ細かくビートが打ち込まれていてグルーヴを保っていることがアルバムを通して印象的でした。楽曲制作の際に試行錯誤されましたか?

G : No groove, no music.ダンス・ミュージックはもとより、ノー・ビートの曲でもグルーヴは生じます。試行錯誤した点は、先ほどの答えと重複しますが、ジャンル感を踏まえつつ、自分の趣味の領域に入り込み過ぎないということでしょう。

ーーWebや電話のサウンド・デザインもされていますが、アーティストとしての作品にそうした仕事の経験は反映されていますか?

G : サウンド・デザインは音の必然性を考える仕事なので、なぜそこに、その音が必要なのかということを吟味するという意味では全ての制作に共通すると思います。DJとして選曲する場合も、生演奏をする場合も、今、どの音が必要とされているかを頭と身体で感じながらリスナーと自分との間でフィード・バックしあうことなので、全ての仕事の経験は様々に反映しあっていると思います。

ーーイタリアに長年住まれていますが、ご自身の作られる音楽に影響があると思いますか?

G : これは自分ではわからないですね。特にイタリアに住んでいるからということでは無く、イタリア人でも日本人でもなくて、常に外人という立場で在りたいなと思ってます。第三者としての視点みたいなことは常に意識しています。ミラノに住んでいるからこそショーの音楽を作るという機会に恵まれたという部分はもちろんあります。

RECOMMEND

谷口尚久 / JCT(HQD Ver.)

作曲家 谷口尚久による初のソロ・アルバム。一切の無駄を出来うる限りそぎ落としたシンプルかつクールなインストの集大成。写真家・作家の藤原新也氏原作の映画『渋谷』に使用された楽曲を含む10曲を収録。来るべき未来のドライビング・ミュージック決定盤! 本作は高音質のHQD版(24bit/48kHzのwav)。

Amon Tobin / Chaos Theory Remixed

『レッド・オクトーバーを追え』などのハリウッド映画原作者で知られるトム・クランシーを監修に迎え、映画並みの臨場感が味わえる作品として人気のテレビ・ゲーム・シリーズ『SPLINTER CELL』第3弾(日本未発売)のゲーム・サントラを、AMON TOBINがファイナル・スクラッチを使用して担当した作品『CHAOS THEORY』のリミックス作品。

The Rhythmagic Orchestra / The Rhythmagic Orchestra

ノスタルジア77ことベネディック・ラムディンと、世界中で名高いトロピカル・ミュージック集団であるソフリトのヒューゴ・メンデスを中心としたザ・リズマジック・オーケストラがノスタルジア77のレーベル<Impossible Ark>よりアルバム・リリース! ノスタルジア77オクテット、アレックス・ウィルソン・バンド、ジャズ・ジャマイカ、ザ・ヘリオセントリックス、スカ・クバーノのメンバーが一つとなり、数えきれないセッションを重ね完成されたアルバムは、ディジー・ガレスピーやチャノ・ポゾ、マチーノのようなアフロ・キューバン・ジャズの偉人達への敬意を表している。

PROFILE

Gak Sato
1969年東京生まれ。ミラノでRight Tempo Recordsのディレクター、アーティストとして10年に渡り活動。3枚のオリジナル・アルバム、Easy Tempoシリーズで70年代イタリアン・シネ・ジャズのコンピレーション、リイシュー、多くのリミックスを手がける。近年はサウンド・アートの分野や、テルミン演奏家としても活動の幅を広げている。

Gak Sato official HP

o

 
 

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る
・2017年07月17日・ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る 〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。 ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Sun To Sola
by 河村 祐介
KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き
・2017年07月26日・KUNIYUKI TAKAHASHIのルーツにして、新たな側面をプレゼンする冒険的な新作──ハイレゾ独占配信 海外のハウス〜テクノ・シーンでも高い評価を受けるレーベル〈mule musiq〉。そのアーティスト・ラインナップは、現在でこそ海外シーンともシームレスなメンツが並ぶが、そのその設立当初から本レーベルを象徴するこの国のアーティストといえばこの人だろう。札幌のマエストロ、KUNIYUKI TAKAHASHI、その人だ。ジャズやソウルが豊かに溶け込んだディープ・ハウスを中心にしたこれまでの作品は、国内外で高い評価を受け続けている。そんな彼が、今回新作を発表するわけだが、そのサウンドはこれまでと趣向の違う質感を宿したものとなった。彼のルーツのひとつであるニューウェイヴやエレクトロニック・ボディ・ミュージック、インダストリアルといったサウンドを前面に出したプロジェクトとなっている。その名も「NEWWAVE PROJECT」。OTOTOYではこちらのハイレゾ独占配信をスタートする。サウンド・エンジニアとしての側面も持つ彼のそのサウンドの冒険をぜひともハイレゾで楽しんでいただきたい。 ハイレゾ独占配信KUNIYU
by 河村 祐介
筆者について
滝沢 時朗 (滝沢 時朗)

1982年東京生まれ。twitter ID:@sarigenaginger

同じ筆者による他の記事