Gak Satoの新作『gF』をHQD音源で配信開始!

Gak Satoはいくつもの面から音を作り出している。テルミン奏者、Webや電話機のサウンド・デザイン、福富幸宏や東京スカパラダイスオーケストラなど名だたるアーティストを手がけるリミキサー、そして、今回はgiuliano Fujiwaraのファッション・ショーのために5年間に渡って書いてきた楽曲を再構築し、アーティストとしての新作『gF』を聞かせてくれる。そのサウンドはダブ、ジャズ、テクノ、ハウス、エレクトロニカと様々なジャンルを思わせるが、ひとつひとつの音が考え抜かれ、絶妙なバランスを保つことで見事にポップで端正な楽曲として成立している。クールに洗練されていると同時に素直に楽しめる稀有な作品だ。その成立過程と彼の音楽への考え方をメール・インタビューで答えてもらった。

インタビュー & 文 : 滝沢 時朗

>>>『gF』収録の「little rift」のフリー・ダウンロードはこちらから!

傑出したクオリティ! 24bit / 48khzの高音質でリアルな音の粒を体感してください!

Gak Sato / gF

【TRACK】
1. protection & movement / 2. diagonal path / 3. erratum dub / 4. little rift / 5. so what you want? / 6. alluda / 7. liquification / 8. dtrt / 9. a man's attitude / 10. my favorite chaos / 11. my favorite things

Art Director : 松村正大

『Easy Tempo』シリーズや数々のリミックス作品で知られるGak Satoがgiuliano Fujiwara(ジュリアーノ・フジワラ)ミラノ・メンズ・コレクションのために過去5年間に渡り、書き下ろしたサウンド・トラックを再構築したアルバム。ともにミラノを拠点として活躍する音楽家とアパレル・ブランドのコラボレーション作品である。ミニマリズム、洗練されたイメージを残しつつ、アバンギャルドでモダンなコレクションを展開するブランドの精神を忠実に表現した音楽になっている。

推薦コメント到着!

現役の音楽家で、かつファッション・ショーの評論(特に、ショー音楽)をやっており、東京に関しては2003年SS以来ほとんど総てのショーを観ている。という立場から私感を申し上げますが、Gak Sato氏の、特にジュリアーノ・フジワラに提供しているショー・ミュージックの水準は、それ単体としても、服とのマリアージュとしても明らかに傑出しており、それは東京水準ではなく、4都総てを見渡しても、ランバンに於けるアリエル・ウィズマン、プラダに於けるフレデリック・サンチェス以外に肩を並べる物件は見当たりません。特に重要な事は打率で、所謂外れ年がなく、一定以上の水準をキープしている。という力量は素晴らしく、今回のように作品がアイテムとして独立させる意義を持つ、数少ない音楽家だと言えるでしょう。
ー菊地成孔(音楽家 / ファッション・ショー評論)

実験音楽的感覚を内包したサウンド・トラックでありながら、一方で叙情的なダンス・ミュージックとしても成立している。Gak Satoによる"美しきカオス"をとくとお楽しみあれ!
ー松浦俊夫(DJ & CREATIVE)

僕らは皆、子供だ? 誰の? 未来派のおとしご。いや、ゴダールの弟分。イーノの従兄弟? いやいや皆、腹違いで血はまじって、誰が誰やら。僕らは、そしてGakもまた、20世紀的都市の流動性の遊び場で、モンタージュやら編集のアルスを身につけた子供だ。僕は今、21世紀の朝や夜中、日々Gakが贈ってくれたミュージックを聴いて、暮らしてる。いや、暮らしながら聴く。彼の音楽は、調理であり、チューナーだが、でも、そのコラージュは進化し、もはやコラージュでなくスープのよう。溶けこみ、毎日たべられるよ。20世紀の子供は、色男になり、ビートルズからスティーブ・ジョブズが神様の時代になって、音楽の調理魔術も変わるだろう。さて、Gakはどうするかな、なんて、妄想させてくれるのだ。
ー後藤繁雄(編集者/クリエイティヴ・ディレクター/京都造形芸術大学教授)

Gak Sato INTERVIEW

ーー『gF』のタイトルの意味を教えてください。

Gak Sato(以下、G) : どの曲もショーで使ったままではなく、リアレンジ、リプロダクションしているので、ショーのサントラから派生した別物でもあるという意味も込めてgiuliano Fujiwaraそのままでなく『gF』と略しました。

ーー『gF』の楽曲はgiuliano Fujiwara(ジュリアーノ・フジワラ)ミラノ・メンズ・コレクションのために作られたということですが、そのために出た楽曲共通の特徴はありますか?

G : コレクションのテーマは毎回異なるので、スタイルは変わっても、シンプルでエレガントでありつつストリートっぽい雰囲気も感じられるというのが共通する特徴だと思います。

ーー楽曲を再構築してアルバムにされたということですが、具体的にどのような作業をされたのでしょうか?

G : ショー自体は大体10分から15分程度の長さなので、全体を一曲(というか、ひとつのかたまりとして)として繋がるように作っていきます。DJとして選曲で2時間なり一晩なりで、自分の流れをつくるような感覚を15分の中で行うわけです。何曲か作ってからDJミックスしてまとめていくのではなく、最初に出来た曲から触発され、次の曲のアイデアが生まれていき、その作業が進んでいくと、朧げに全体像が見えてくる。そうやって全体の流れを作ることがショーのための音楽の基本だと思っています。しかしアルバムという形にするには、各曲の長さや細部をショーとは離れて見直し、独立した楽曲として精度を上げていく作業をしています。言わば、リミックス・バージョンをオリジナル・バージョンに戻していくような感じでしょうか。

ーーアルバム全体としてテーマやコンセプトがありますか? また、ひとつのアルバムとして統一感を出すために苦労されましたか?

G : 制作の契機になっているのは、服を美しく見せるために相応しい音であるかどうかということだけです。その上で、ジャンル感はありつつも、それを露骨に出さないようにはしています。その理由は、フジワラの服に強いジャンル感のあるもの、例えば、これはスポーツ・ウェアですとか、フォーマル・ドレスです、というようなアイテムがほとんど無く、フォーマルでエレガントではあるけれども、どこかカジュアルだったり、その逆だったり、繊細なミクスチュアで成り立っているので、音楽もそこに対応しています。ミニマルだけど暖かいとか、ストリートっぽいけどエレガントとか、ミリタリー調だけどシックだとか、そういった一見相対するような要素をまとめていくことが、結果的に統一感に繋がるのかもしれません。あとは曲順でしょうか。年代順でも良かったのですが、アルバムとして聞くとどうもしっくりこない。一番最初に作った唯一のカヴァーである「my favorite things」をアルバム最後に持って来て、ようやくまとまった感じがしました。

ーーアルバムにはレゲエ、ダブ、テクノ、ジャズ、エレクトロニカなど様々な音楽の要素が聞き取れます。音楽的な背景やルーツを教えてください。

G : 僕の世代には多いと思うのですが、80年代テクノ・ニューウェーヴから派生して、あらゆるジャンルを聞いてきたつもりになっていて、実は王道のロックやポップスが全く欠落していたり、オーネット・コールマンは持っていても、チャーリー・パーカーはまだ聞いてないとか、混沌と脈絡なく色々聞いてきたこと自体がルーツなのかもしれません。その結果、異種ジャンルの音楽同士を同じ耳で聴けるという感覚は養われているのかな? と、思うことがあります。

ーーひとつの楽曲の中に先の質問でもあげたいくつもの音楽的な要素が、自然に同居していて楽しませていただきました。こうした楽曲を作られる際のポイントはなんでしょうか?

G : ポイントは、要求されていることを無駄なく表現しきることと、その中の如何に自分のアイデンティティをすりこむかということでしょうか。スタイルの引用としてのジャンル感はあるかもしれませんが、特定のジャンルがやりたい訳ではありません。例えば、”今回はデトロイト・テクノっぽく行きたい”という要求に対して、そのままデトロイト・テイストを表面だけなぞってもだめで、デトロイト・テクノの意味することは何なのか? という理解することが重要です。その理解は全くの誤解でも良いのですが、自分なりに解釈してルールを見出していくことが重要だと思います。特定のジャンルの音にしてしまうと、そのジャンルの元来持っているスタイルが強く出過ぎ、そこを強調したいのであればむしろ選曲でやった方がいい訳で、オリジナルで制作する意味合いが薄くなってしまいます。そういった匙加減がポイントです。

ーーベースにしているジャンルは違っていても、きめ細かくビートが打ち込まれていてグルーヴを保っていることがアルバムを通して印象的でした。楽曲制作の際に試行錯誤されましたか?

G : No groove, no music.ダンス・ミュージックはもとより、ノー・ビートの曲でもグルーヴは生じます。試行錯誤した点は、先ほどの答えと重複しますが、ジャンル感を踏まえつつ、自分の趣味の領域に入り込み過ぎないということでしょう。

ーーWebや電話のサウンド・デザインもされていますが、アーティストとしての作品にそうした仕事の経験は反映されていますか?

G : サウンド・デザインは音の必然性を考える仕事なので、なぜそこに、その音が必要なのかということを吟味するという意味では全ての制作に共通すると思います。DJとして選曲する場合も、生演奏をする場合も、今、どの音が必要とされているかを頭と身体で感じながらリスナーと自分との間でフィード・バックしあうことなので、全ての仕事の経験は様々に反映しあっていると思います。

ーーイタリアに長年住まれていますが、ご自身の作られる音楽に影響があると思いますか?

G : これは自分ではわからないですね。特にイタリアに住んでいるからということでは無く、イタリア人でも日本人でもなくて、常に外人という立場で在りたいなと思ってます。第三者としての視点みたいなことは常に意識しています。ミラノに住んでいるからこそショーの音楽を作るという機会に恵まれたという部分はもちろんあります。

RECOMMEND

谷口尚久 / JCT(HQD Ver.)

作曲家 谷口尚久による初のソロ・アルバム。一切の無駄を出来うる限りそぎ落としたシンプルかつクールなインストの集大成。写真家・作家の藤原新也氏原作の映画『渋谷』に使用された楽曲を含む10曲を収録。来るべき未来のドライビング・ミュージック決定盤! 本作は高音質のHQD版(24bit/48kHzのwav)。

Amon Tobin / Chaos Theory Remixed

『レッド・オクトーバーを追え』などのハリウッド映画原作者で知られるトム・クランシーを監修に迎え、映画並みの臨場感が味わえる作品として人気のテレビ・ゲーム・シリーズ『SPLINTER CELL』第3弾(日本未発売)のゲーム・サントラを、AMON TOBINがファイナル・スクラッチを使用して担当した作品『CHAOS THEORY』のリミックス作品。

The Rhythmagic Orchestra / The Rhythmagic Orchestra

ノスタルジア77ことベネディック・ラムディンと、世界中で名高いトロピカル・ミュージック集団であるソフリトのヒューゴ・メンデスを中心としたザ・リズマジック・オーケストラがノスタルジア77のレーベル<Impossible Ark>よりアルバム・リリース! ノスタルジア77オクテット、アレックス・ウィルソン・バンド、ジャズ・ジャマイカ、ザ・ヘリオセントリックス、スカ・クバーノのメンバーが一つとなり、数えきれないセッションを重ね完成されたアルバムは、ディジー・ガレスピーやチャノ・ポゾ、マチーノのようなアフロ・キューバン・ジャズの偉人達への敬意を表している。

PROFILE

Gak Sato
1969年東京生まれ。ミラノでRight Tempo Recordsのディレクター、アーティストとして10年に渡り活動。3枚のオリジナル・アルバム、Easy Tempoシリーズで70年代イタリアン・シネ・ジャズのコンピレーション、リイシュー、多くのリミックスを手がける。近年はサウンド・アートの分野や、テルミン演奏家としても活動の幅を広げている。

Gak Sato official HP

o

 
 

"freedl"の最新アーカイヴ

清 竜人、新プロジェクト『TOWN』始動! メンバーに向けた楽曲をフリーDL・フル視聴開始
[FREEDL]・2016年12月05日・清 竜人、新プロジェクト『TOWN』始動! メンバーに向けた楽曲をフリーDL・フル視聴開始 清 竜人が本日12月5日に新プロジェクト『TOWN』を発表した。このプロジェクトでは、演者と観客との境界線をなくし、ひとつのバンド『TOWN』として一緒に歌い、演奏し、作品を残すことをコンセプトにしている。 そして、『TOWN』メンバー(観客)に向けた楽曲「それでいい!それがいい!」をフリー・ダウンロードとフル視聴で配信開始。本日12月5日(月)から1月23日(月)までの毎週月曜日に1曲、合計8曲をアップ予定。 これからの活動について、本人からのメッセージも掲載。楽曲をダウンロードすると歌詞が同梱されるので、『TOWN』メンバーはぜひダウンロードをおすすめする。そして、竜人と一緒にライヴに参加しよう。 ※ダウンロードはOTOTOYの無料会員登録が必要です。※ダウンロードはPCからのみです。※PCからのダウンロードには「それでいい!それがいい!」歌詞pdfが同梱、OTOTOYアプリでお聴きの場合は、プレゼントボックスのアイコンをクリックすると歌詞が表示されます。>>OTOTOYアプリとは 清 竜人からのメッセージ
大阪から届いた強烈な宅録プロジェクト、音に敏感!! 8作一斉配信&1曲フリーDL
[FREEDL]・2014年01月16日・大阪から届いた強烈な宅録プロジェクト、音に敏感!! 8作一斉配信&1曲フリーDL まわりの意見に流されることなく、自分のやりたいことをダイレクトに楽曲に活かし、「さあ、どうだ!!」と迫ってくるアーティストに出会う機会が減った気がする。もちろん名前のあるミュージシャンや、ベテラン・ミュージシャンなどでそういう人はいるけれど、まだ無名ながら前のめりな勢いでやってくる人は多くない。少なくとも、2年近くOTOTOYに来る個人からの配信希望の担当をしている身としては、そう感じることが増えた。 そんななか、「これが自分のすべてなんだ!!」という強い主張を感じるアーティストが久しぶりにやってきた。それが西中島きなこによるソロ・プロジェクト、音に敏感だ。本来なら1月中旬にシングルとミニ・アルバム2作品を配信するはずだったのだが、年末にかけて音源が大量に届き、あれよあれよと8作品ものタイトルが配信スタート。大晦日、そして正月から配信スタートしてほしいと、一刻も早く自分の作品を公表したいという強い想いが伝わってきた。そんな音に敏感の楽曲は、西中島一人の手によって宅録で打ち込み主体で制作されている。訊けば、彼が作る楽曲、そして
by 西澤 裕郎
LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTSが生み出す唯一無二のオルタナティヴ・ブルーズ、1stアルバム配信&1曲フリーダウンロード
[FREEDL]・2016年11月02日・これは「バトルス × ダーティー・プロジェクターズ meets 坂本慎太郎」?──LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS初アルバム配信 マヒルノ、MUSIC FROM THE MARS、school food punishmentの元メンバーというツワモノどもが集まったトリオ、LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS(ルロウニンゲン・アンド・ザ・ファー・イースト・イディオッツ)の1stアルバムがリリースされた。「水墨画のような」「一筆書きのような」と形容される楽曲を、休符や空耳まで駆使したアンサンブルで鳴らす、唯一無二のオルタナティヴ・ブルーズ。東京アンダーグラウンド・シーンの未踏峰へ辿り着いたと言える作品を、OTOTOYではハイレゾ配信! さらに1曲、「バグとデバッグ(Bug And Debug)」を期間限定無料配信でお届けする。 期間限定フリーダウンロード「バグとデバッグ(Bug And Debug)」 LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS / CREOLES'【Track List】01. 未踏峰(We Cl
京都のスーパーノアのギター&ヴォーカル、井戸健人のソロ・プロジェクト「イツキライカ」より1stフル・アルバム配信
[FREEDL]・2016年11月01日・関西の音楽家たちと紡いだまばゆいフォーキー・サウンド──イツキライカ、初フル・アルバム配信 スーパーノアのギター/ヴォーカルとしても活動する井戸健人によるソロ・ユニット、イツキライカ。2012年のミニ・アルバム『ピンホール透過光』以降、4年ぶりとなる本作は、自身のバンド、スーパーノアのメンバーをはじめ、LLamaやBaa Baa Blacksheeps、白黒ミドリ、サルバ通りなど同じく関西を拠点とするメンバーを迎えて、まばゆいばかりのギター・アンサンブルと歌声のハーモニーで街の情景を描いた11編の楽曲を収録。アルバム配信と共に、そのなかから2曲目の「Kind of Lou」を期間限定フリーダウンロードでお届けする。 スーパーノアがポスト・ロック的なアプローチで刹那さを感じさせる音楽であるのに対し、イツキライカはコラージュでつくりあげたような音像であり牧歌的だ。イツキライカとして音楽を生み出すこと、その意識の違いや制作過程について井戸健人に話を聞いた。期間限定フリーダウンロード「Kind of Lou」 イツキライカ / Kind of Blue'【Track List】01. おきざりの庭で02. Ki
【期間限定6曲フリーDL】8度目のアメリカ・ツアーに渡ったELEKIBASS、約2年半ぶりの新作先行配信&インタヴュー
[FREEDL]・2016年10月25日・音楽と純粋に向き合うとはどういうことか──ELEKIBASS、新アルバム先行&6曲フリーDL サカモトヨウイチとカメダジュンペイ”JP”によるポップ・デュオ、ELEKIBASSが11月9日にリリースするニュー・アルバム『Theme of Melancholic Matilda』の先行配信をスタートした。かねてから強い海外志向を持ち、オブ・モントリオールとの交流も深く2015年までに7度のアメリカ・ツアーを重ねてきた彼らであるが、今年2016年の8月に再びアメリカへ。ジョージア州アセンズで開催されたインディポップ・ミュージックのフェスティバル〈Athens Popfest〉にディアフーフやエルフ・パワー、ダニエル・ジョンストンらとともに出演してきたのである。 そのアメリカへ提げていくために作られたのが今回のアルバムだというが、なんとおもしろいことに収録楽曲は幕間の楽曲を除きすべて2012年にレコーディングを終えていたらしい。なぜこの4年間楽曲を眠らせ、そしていまアルバムのリリースに至ったのか。そこにはごく簡単で、しかしELEKIBASSの核ともいえる理由が眠っていた。OTOTOYではアルバムのなかから計6曲
【期間限定フリーDL】スウェーデンのポップ職人デュオ、MARCHING BANDより3年ぶりの新アルバム、ハイレゾ配信
[FREEDL]・2016年10月07日・MARCHING BAND祝来日! ゆーきゃんが案内する傑作4thアルバム『So Much Imagine』 MARCHING BANDの前作『So Much Imagine』は、2人だけで制作された全21曲、70分超の濃厚なポップ・アルバムだった。みんなが口をそろえて言った「魔法がかったメロディー、繊細なアレンジ、果てしない多幸感」。そして2014年の奇跡的な来日公演は、とにかく“from Sweden, via US-INDIE, to everywhere”。夢の国で生まれたような彼らのサウンドを聴いた者は、決まって恋に落ちたのだ。 そんな彼らの新作は「温かく迎えてくれた日本のファンへの恩返しでもあり、12年にも及ぶ彼らの音楽活動の、集大成とも言える作品」でもあるらしい。 これまでにカーディガンズやクラウドベリー・ジャムなどの作品を生んだスウェディッシュ・ポップの聖地である〈タンバリン・スタジオ〉でレコーディングされ、曲ごとに異なる7人のミキサー(驚くべきことに、そこにはWATER WATER CAMELの田辺玄も名を連ねている)を起用したというこの『Heart Jewel』は、一聴して『So Mu
伊豆のバンド、ヤングの『ニューパーク』配信開始! 歌いだす楽曲で全国のフロアをステップさせる!!
[FREEDL]・2013年08月29日・ 豊かな自然と海、そしてちょっとヘンテコな博物館が多い静岡県・伊豆。そんな伊豆で生まれ、「かわいい女の子スタジオ」というこれまたちょっと不思議な名前のスタジオを拠点とするロック・バンドがいる。その名はヤング。昨年まで乍東十四雄(さとうとしお)という名で活動していた5人組ロック・バンドである。SEBASTIAN X、フジロッ久(仮)、シャム・キャッツらと肩を並べ、ライブ・ハウス「南池袋ミュージック・オルグ」などを中心とする東京インディ・シーンの中で活躍してきた。2008年にはフジロックの新人ステージ「ルーキー・ア・ゴーゴー」への出演も果たしている。そして今回、ヤング改名後初となるアルバム『ニューパーク』をリリース! >>「ももいろダンス」のフリー・ダウンロードはこちら ヤング / ニューパーク'【配信価格】WAV、mp3ともに 単曲 200円 / アルバム購入 1,600円【Track List】''01. ももいろダンス / 02. やってみようよ / 03. Day to Day / 04. レストラン / 05. タイム / 06. ムーンのライト / 07. 国語と天丼 / 08. パーク ヤングのサ
by 梶原 綾乃
JariBu Afrobeat Arkestra『AfroSoundSystem』text by 渡辺裕也
[FREEDL]・2009年07月31日・ フェラ・クティの魂はここにもある フェラ・クティが自身の作り上げた音楽を「アフロビート」と名付けてから40年以上、そのフェラが亡くなって10年以上の月日が経った今でもなお、アフロビートは世界中で支持され、受け継がれてきている。 先日のフジ・ロック・フェスティバルでは、フェラの実子シェウン・クティが父のバンドであるエジプト80を率いて来日公演を果たした。そしてフェラと並ぶアフロビートの第一人者トニー・アレンも今年新作を発表したばかりだ。彼らのようなフェラと直接的な関係で結ばれた者がアフロビートを現在まで引率しているのは確かな一方で、この音楽に魅了される若い世代のミュージシャンは、欧米そして日本でも後を絶たない。アフロビートのルーツを辿ると、どうしてもポリティカルな側面を避ける事は出来ないし、そこには苦い歴史も少なからずあるのだが、それ以上にこの音楽には他にはない享楽性、自由度の高さがある。フェラの意志はそのサウンドに宿る事で未だ求心力を保っているのだ。ジャリブ・アフロビート・アーケストラが演奏するのも、その名に冠している通りアフロビートだが、彼らはこのハイブリット・ミュージックを方法論として用いるのではなく
by 渡辺 裕也
筆者について
滝沢 時朗 (滝沢 時朗)

1982年東京生まれ。twitter ID:@sarigenaginger

同じ筆者による他の記事