結成から15年。今宵も行進を続ける、ハードコア・ヂンタの列。世界中どこにも鳴っていない、日本だけでしか生まれ得なかった未来のジャパニーズ・トラッド!?

大熊ワタルという人物をご存じだろうか?
1999年に涙が出るほどの名インスト揃いのサウンド・トラック『豚の報い』をソロ名義でリリースする傍ら、自身のユニットを「シカラムータ」と名付け活動しているアーティスト。日本が誇るクラリネット奏者である。大熊ワタル個人としてはソウルフラワー・モノノケ・サミットに参加していることでも有名であるが、火花を散らして観客を圧倒した2003年のフジ・ロックでのステージ、または2000年ブラーの前座を皮切りにしたヨーロッパ・ツアーは語り草となっている。そのシカラムータが3年半ぶりの音源『裸の星』を携えてまた音楽的大移動を始める。満を持して1月にリリースされるアルバムからの先行配信が、今回の音源だ。
内容の全貌はまだ明らかではないが、15分近くの壮大な楽曲をはじめ、残りの3曲もそれに負けない大作。少なくともこの4曲については、デビュー作『シカラムータ』や『凸凹』、『ゴーストサーカス』から不変のアイデンティティを保ちながら、ハードコア・ヂンタ期を経て美しくも愉快な楽曲を追求したプログレッシブ・ヂンタな内容となっている。

photo by kohide

もともと大熊ワタルはチンドン出身のクラリネット奏者である。出前チンドンというと、「賑やかし」によって雰囲気を明るくし、広告塔を兼ねながらも民衆に一時の笑いと平穏を与える役割を担ってきた。その筋では全国的に有名な富山県のチンドン・コンクール(毎年8万人を動員、大熊ワタルもほぼレギュラーで出場)も、50年前の設立当初は戦後の復興への願いを込め、民衆に平和と明るさを取り戻すための方法としてチンドンが誘致されたのがはじまりである。OZOMATLI、渋さ知らズ、ソウル・フラワー・ユニオン、Fermin Muguruza、ヒプノティック・ブラス・アンサンブル、マヌー・チャオやタラフ・ドゥ・ハイドゥークスなど、音楽性は直結しないものの、彼らの全身から発せられる生命力、音楽に触れる際の祝福と言ってもいいだろうか、客席を必ず笑顔にしてしまうある種の願いが込められているという意味ではどれもシカラムータとの共通点を感じてしまうミュージシャンばかりである。
都会の喧騒の中、ロンドンやニューヨークの地下鉄に必ずといっていいほど出現する街頭JAZZミュージシャンの僅かな演奏が日常に花を添えてくれるように、ニューオーリンズ・ジャズ、ネパール民謡、トルコ・トラッド、チンドンのお囃子・・・ 全く異なるようでいて、本質的なところでは全く同じ、とさえ思ってしまうのである。
楽団の行列から流れ出すメロディ、その周りにある笑い声。そう、人生は喜劇だ。ヂンタの行進の列に並んで少しの間、楽しもうじゃないか。(text by 南日久志)


高音質HQDファイルで、ニュー・アルバム『裸の星』から独占先行配信開始!



結成15周年を迎えて、ますます充実、異次元へと弾けまくるシカラムータ。国内外から高い評価を得てきた彼らの、3年半ぶりとなる新作は、近年大好評のツイン・テューバ態勢では初となるライブ録音で音像化。シカラムータを素材とした太宰治賞受賞の小説『テューバはうたう』に出てくる架空の曲名に由来する「火の中の火」、怒涛の大曲「ちぎれ雲のバラード」、「迷Q都市」や「ヤマナミ」の圧倒的なサウンドを、高音質HQDでどうぞ。

PROFILE

シカラムータ
アバンギャルドとチンドンのストリート魂が絶妙にシェイクされた大熊ワタルのクラリネットに、サックス、ヴァイオリン、ギター、トロンボーン、テューバやドラムが刺激的かつ絶妙に絡む。ロック、ジャズやトラッドと、あらゆるジャンルの垣根は完璧に踏みにじられ、シカラムータの破壊/再生のメリー・ゴーラウンドに乗って、すべては爆笑と号泣の渦に巻き込まれていく。 「東京アンダーグラウンドの底力」と言われた曲者揃いの超異才集団による脳天直撃サウンドは、国内外で常に反響を呼び続けている。 1994年頃より、クラリネット奏者大熊ワタルがリーダーとなり活動を始めた「大熊亘ユニット」を、97年あらたに「CICALA-MVTA(シカラムータ)」と命名、戦前の大道演歌師・添田唖蝉坊の墓碑銘にちなんでいる。

LIVE SCHEDULE

  • 11/6(金)@沖縄那覇・桜坂セントラル
  • 11/7(土)@宜野湾CAFE UNIZON
  • 11/17(火)【シカラムータ超大祭<祝>結成15周年記念】 @渋谷O-WEST
o

 
 

"hqd"の最新アーカイヴ

tomzuin hの新作『Ring』を高音質音源で配信開始&インタビュー! 2週間限定フリー音源有り!
[HQD]・2013年05月16日・ 作編曲家、キーボーディスト、シンセサイザー・プログラマー、音楽プロデューサーと多彩な顔を持つ、エレクトロニック・アーティスト、TOMZUIN H。彼が1stアルバム『bird people』から実に9年振りに、長い沈黙を破っての新作『Ring』をリリースした。コンセプトは“長い音”。OTOTOYでは、24bit/48kHzの高音質音源で配信を開始するとともに、過去作の『bird people』を2週間限定で、全曲フリー配信! 繋がる長い音にこめられた壮大な物語と宇宙を楽曲として描き出した作品集をぜひお聴き下さい! >>>1st album『bird people』のフリーダウンロードはこちらから(〜5/30まで) 9年振りの新作を高音質で!TOMZUIN H / Ring'【価格】mp3 単曲 200円 / まとめ購入 1,000円HQD 単曲 250円 / まとめ購入 1,300円【Track List】1. Helium Leak / 2. At An Angle Of 120 Degrees / 3. Invisible Rays / 4. Silver / 5. Visible Rays / 6
by 純三
HALFBY AND HIS MYSTIC ARCHESTRAのライヴ音源を配信開始!
[HQD]・2011年11月06日・ HALFBY AND HIS MYSTIC ARKESTRAのライヴ音源を配信開始! 高橋孝博のソロ・ユニット・DJとして始動し、活動10周年を迎えたHALFBYが、10月22日、代官山UNITで開催したニュー・アルバム『LEADERS OF THE NEW SCHOOL』のプレ・リリース・パーティーでのライヴ音源を最高音質のDSDで配信スタート。HALFBY AND HIS MYSTIC ARKESTRAというバンド・セット名義で、ソロよりも一段とアグレッシブに進化したパーティ・サウンドを聞いてください。また、11月16日に発売する通算4枚目のニュー・アルバム『LEADERS OF THE NEW SCHOOL』は、DIPLOやA-TRAKが提示する最新ダンス・ミュージックとリンクした、キャリア最高級の完成度。ご期待ください! HALFBY AND HIS MYSTIC ARKESTRA / 『LIVE at UNIT 2011.10.22 -HALFBY 10th ANNIVERSARY-』【配信形態】1)DSD+mp3(320kbps)※約1.4GB2)HQD(24bit / 48kHz)※約6
by 坂本 哲哉
no.9『the history of the day』をHQDで配信スタート
[HQD]・2013年07月05日・ エレクトロニカにさまざまな要素を織り込み、日常の情景をやさしく表現するno.9が新作『The History of the Day』をリリース。15曲入りというヴォリュームたっぷりの1枚ですが、no.9の楽曲はリスナーを疲れさせることなど知らない、木漏れ日のようなやすらぎの音楽です。OTOTOYではHQD(24bit/48kHzのwav)で全曲を配信。是非とも高音質でお楽しみください。※本ページ上で、HQD(24bit/96kHzのwav)との表記がありましたが、正しくは、HQD(24bit/48kHzのwav)です。掲載情報に誤りがあったことを深くお詫び申し上げます。 no.9 / The History of the Day'【価格】※まとめ購入のみ mp3 / wav 1,800円【Track List】''1.inside outside / 2.The History of the day / 3.whisper of rain / 4.there / 5.small promise / 6.fairground spring #02 / 7.balance / 8.flat point /
ホテルニュートーキョーが、4年振りの3rd アルバム『yes?』リリース&インタヴュー
[HQD]・2013年06月12日・ 新作のスタジオ・アルバムを1週間先行で、高音質配信開始!今谷忠弘を中心としたユニット“ホテルニュートーキョー”が、4年振りのアルバムをリリース。今作は、toeの柏倉隆史をはじめ、中村圭作(kowloon、stim、toe、木村カエラ)や後関好宏(在日ファンク、stim、WUJA BIN BIN)など、第一線で活躍するミュージシャンらが集結。互いの個性をぶつけ合いながら、緻密に練り込まれたバンド・アンサンブルを披露。ホテルニュートーキョーの集大成とも言うべく傑作アルバムがここに完成した。もちろんリリースは曽我部恵一のROSE Recordsから。OTOTOYでは1週間先行で、24bit/48kHzの高音質WAV音源での配信がスタート! 1週間先行で配信スタート!ホテルニュートーキョー / yes?'【価格】mp3 単曲 200円 / まとめ購入 1,500円HQD(24bit/48kHzのwav) 単曲 230円 / まとめ購入 1,800円【Track List】''01. カルトヒーロー / 02. Good design makes me happy / 03. Succession / 04.
by 渡辺 裕也
LITE 4th Album『Installation』リリース&インタビュー
[HQD]・2013年06月05日・ 日本のインスト・ロック界の雄、LITEの新作が届きました!! 隙間を生かした繊細な音の積み重ね、1曲1曲がそれぞれ映像作品のように鮮やかで、ダイナミック。ポスト・ロック、エレクトロ二カ、ダブステップなど、あらゆるジャンルを越えて作品ごとに色を変え変化していくLITEのサウンドは、ひらめきが詰め込まれ、独自性を確立しています。OTOTOYではHQD音源も同時リリース!! LITEの音の広がりを、幅広いレンジでカヴァーしたハイレゾ音源の決定版です。ギタリスト、インスト好きは必読の、楽曲制作の裏側を覗いたインタヴューとともにお楽しみください。 LITE / Installation【価格】mp3 単曲 200円 / まとめ購入 2,000円HQD(24bit/48kHzのwav) 単曲 220円 / まとめ購入 2,200円【Track List】1. Starry Morning / 2. Echolocation / 3. Hunger / 4. Alter Ego / 5. Between Us / 6. Bond / 7. Fog Up / 8. Starry Night / 9. Subaru /
sukida dramas、OTOTOY presents お腹が痛い vol.4で収録されたライヴ音源をリリース!!!
[CLOSEUP]・2013年05月30日・ 2013年5月6日、ゴールデンウィーク最終日を熱気120%のなかで締めくくった、OTOTOY presents「お腹が痛い vol.4」@渋谷O-nest! 出演した5組のなかで、若さ溢れるパフォーマンスと、ポップな楽曲で盛り上げたsukida dramas from NAGOYA CITY!! 実は、ライヴの模様をDSD録音していました!! ということで、OTOTOYでのフリー・ダウンロードが話題となった「ゴリラ」を含む4曲のライヴ音源をOTOTOY独占リリース!! じめじめした季節をすっ飛ばしてくれる、爽やかな音源をお楽しみください!! sukida dramas / LIVE at お腹が痛い vol.4'【配信形態】DSD 5.6MHz+mp3 ver. まとめ購入のみ 800円HQD (24bit/48kHzのwav) ver. 単曲 200円 / まとめ 700円mp3 ver. 単曲 150円 / まとめ 600円【Track List】1. Teddy Boy / 2. Randoselu / 3. カーニバルがやってくる / 4. ゴリラ※ダウンロードしたファイルに不備や不明点がありま
『世武裕子 DSD recording sessions vol.2 JOY』リリース
[CLOSEUP]・2013年05月25日・ 東京でのワンマン・ライヴも含め、全国8カ所を巡る〈だいじょうぶ みらいのこどもツアー〉を終えたシンガー・ソングライターの世武裕子。映像音楽作家としても、楽曲提供という形で新たな活躍を見せる彼女のピアノ弾き語りを、DSDのネイティヴ録音、ネイティヴ・ミックスによって、生々しい音源に収めた『世武裕子 DSD recording sessions』の第二弾がついにリリースされる。 福生にあるピアノ・スタジオ「アルト・ノイ・アーティストサービス」で、Fazioli concert grand pianoとYAMAHA C3Bの2種類のピアノを使い、録音された。さらに、録音には世界に3台しかないDSDレコーダー「Clarity」を使用し、エンジニアには奥田泰次(studio MSR)を迎えて、DSDネイティヴ録音、ネイティヴ・ミックスを行っている。 4月2日(火)に配信開始され、好評を博している第一弾『世武裕子 DSD recording sessions vol.1 やもり』では、新曲「やもり」を2台のピアノで弾き比べた音源と、ゆらゆら帝国の「夜行性の生き物3匹」のカヴァーが収録されたが、第二弾となる今回、聴き
クラムボン『LOVER ALBUM 2』をDigital EditionとHQDで配信スタート
[CLOSEUP]・2013年05月23日・ 3年ぶりとなる、クラムボンの新作は、2006年に発表されロング・ヒットを記録した珠玉のカヴァー企画『LOVER ALBUM』の第2弾。前作から引き続き、洋邦問わないクラムボンならではの選曲と彼らならではのアレンジで、それぞれの楽曲が違った色で輝いています。カヴァーなのに、いや、カヴァーだからこそ見えてくる、クラムボンらしさが詰まった14曲を配信でリリース。さらに、その中から中森明菜のカヴァーである「DESIRE-情熱-」、Esbjörn Svensson Trioの「GOLDWRAP」など4曲をHQD(24bit/96kHzのwav)で配信いたします。みずみずしいサウンドをご堪能ください。 高音質HQD(24bit/96kHzのwav) Editionクラムボン / LOVER ALBUM 2(24bit/96kHz)'【価格】HQD(24bit/96kHzのwav) 単曲 400円 / まとめ購入 1,600円【Track List】''1. 呼び声 (24bit/96kHz) / 空気公団2. GOLDWRAP(24bit/96kHz) / e.s.t. (Esbjörn Svensson Trio