MOONRIDERS「TOKYO, ROUND & ROUND」30周年以来の復活の序章となる作品、遂に解禁! ネオ・ニュー・ウェイブから全方位ロックファンへ!?

2006年以来の活動再開の序章となる新曲が届いた。今回は配信という形で届けられることになった1曲であり、アルバムで早く届けてほしいという気持ちはあるが、「MOONRIDERSの新曲」と聞くだけでにやけてきてしまう。伝説のバンドがいくつも鎬を削っていた日本のロック黎明期を気にしてきた人なら、そんな人も多いだろう。

鈴木慶一氏の仕事として最も記憶に新しいのは、曽我部恵一とのダブル・ケイイチでの共作(間違いなく名盤!)、「ヘイト船長とラヴ航海士」である。MOONRIDERSほど硬質な手触りはなく、はちみつぱいほどフォーキーでもなく、そのどちらにも振れずに両方のケイイチ・ファンに語りかける「新しいバンド」としての触感を帯びていた。この傾向は、ひょっとしたらMOONRIDERSの新作にも現れるのではないだろうか。

XTC以降のニュー・ウェイブやテクノ歌謡を俯瞰できた世代から、このヘイト船長~や30周年の活動から最新作に出会うことになる世代では、ひとまわりもふたまわりも差がある。なんたって結成30周年を過ぎたのである。しかしこの新曲は、「MODERN MUSIC」や「NOUVELLES VAGUES」の頃のニュー・ウェイブっぽさやメロウネスはなくても、新たな章の幕開けをさらに期待させてしまう、ポジティブさと相変わらずさをいっしょくたにして進み出す名曲だ。前作から生演奏にこだわっているという氏の発言からすると、76年の「火の玉ボーイ」のような超名盤が誕生する可能性だってある。いずれにせよ、XTC世代・アークティック世代のどちらに語りかけても化学反応のおこるムーンライダーズを次のアルバムで作ってしまうのではないだろうかという気がしてならない。ダブル・ケイイチによる航海図=最新作の傾向、と結びつけると早とちりだが、「ラブ航海士」との旅路以降、新たなMOONRIDERSを発見できる期待は高まっている。ひねくれてるけどちょっと泣ける、あいかわらずのMRも1月、2月の新作に期待はしてしまうのだけど・・・

もうしばらくはこの曲で次のアルバムを占いながら、にやにやして過ごすことになりそうだ。(text by 南日久志)


NEWS

輝く! 日本レコード大賞

なんと! 鈴木慶一のソロアルバム『ヘイト船長とラヴ航海士』が、

第50回「輝く!日本レコード大賞」の優秀アルバム賞に選ばれました。

http://www.tbs.co.jp/recordaward/

moonriders LIVE SCHEDULE

Tokyo,Round and Round 2008
2008/12/10(Wed)@渋谷AX
OPEN/START 18:30/19:30
adv 1F指定 6,300 2F指定 6,300 1F立見 5,250 

新宿LOFTマンスリー公演
2009/1/14(Wed)@新宿LOFT
2009年2月18日(Wed)@新宿LOFT
2009年3月18日(Wed)@新宿LOFT
各日OPEN/START 18:00/19:00
adv 4800(+1 drink)  

LINK

moonridersのrecommuni page http://ototoy.jp/them/index.php/ARTIST/1885/

moonridersのホームページ http://www.moonriders.net/

moonridersのMY SPACE http://www.myspace.com/moonriders1976

鈴木慶一さんのrecommuni page http://ototoy.jp/them/index.php/ARTIST/490/

鈴木慶一さんのホームページ http://www.keiichisuzuki.com/top.html

鈴木慶一さんのMY SPACE http://www.myspace.com/keiichisuzuki

岡田徹さんが主催するvalb label http://www.valb.info/

白井良明さんのrecommuni page http://ototoy.jp/them/index.php/ARTIST/1886/

白井良明さんのホームページ http://tonpi.net

かしぶち哲郎さんのrecommuni page http://ototoy.jp/them/index.php/ARTIST/4029

かしぶち哲郎さんのホームページ http://kashibuchi.com

鈴木博文さんのrecommuni page http://ototoy.jp/them/index.php/ARTIST/251

鈴木博文さんが主催するメトロトロン・レコード http://metrotron-records.com

鈴木博文さんのMY SPACE http://www.myspace.com/hirobumisuzuki

moonridersのOfficial Fan Site http://www.moonriders.com/

moonridersのmixiコミュニティhttp://mixi.jp/view_community.pl?id=3332

アルバム『センチメンタル通り』1枚だけを発表し解散した、はちみつぱいを母体として、75年に結成。翌年、鈴木慶一ムーンライダーズ名義で1stアルバム『火の玉ボーイ』をリリース。ダブル・ネームでクレジットされたのは当初、鈴木慶一のソロ・アルバムとして制作が進められていたためだ。この作品は、ラスト・ショウ、ティン・パン・アレイ、矢野顕子といった面々も参加し、「東京のロマンティシズム」を描き出した秀作として語られている。当時から幅広い音楽的視野をもっていた彼らは、ロックン・ロール/ジャズ/ファンクなどのテイストを取りこみ、独自のスタイルをいち早く掌握しはじめていた。また、77年に発表されたアルバム『ムーンライダーズ』では、スパークスや10CCを彷彿させるモダン・ポップにアプローチし、ニュー・ウェイヴの先駆け的な楽曲を披露。実験性を併せもつサウンド・スタイルを提示した。その後もアルバム毎に異なる音楽要素を吸収/反映させた作品をリリースし続けるが、86年の『ドント・トラスト・オーバー・サーティー』発表後、「異様なバンド・ブームで気持ちが萎えてしまったから」を理由に、5年間活動を停止。メンバーはそれぞれソロ・ワークスを展開。91年『最後の晩餐』発表と共に再始動。96年リリースの結成20周年記念アルバム『ビザール・ミュージック・フォー・ユー』には矢野誠、矢野顕子、糸井重里、野宮真貴といったムーンライダーズゆかりの人々が参加し、話題となった。彼らの時代の半歩先を行く先鋭性と特定のサウンド形態にこだわらないハングリー精神は、息の長いリスナーから熱い支持を得ている。

夢ギドラ85'
試聴ファイルはありません

CLOSE UP:ECD

CLOSE UP:大橋トリオ

CLOSE UP:SAKE ROCK

CLOSE UP:朝日美穂

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

【ハイレゾ配信】8年ぶりの新作『async』について訊く──坂本龍一メール・インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月17日・坂本龍一『async』について語る──メール・インタヴュー 8年ぶりの新作アルバムとしてリリースされるや、OTOTOYでも一気にチャートを駆け上がった坂本龍一の『async』。往年のファンはもちろんのこと、現在のアンダーグラウンドな電子音響のファンまで、広く聴かれるべき刺激的な作品となっている。OTOTOYでは本作をハイレゾで配信するとともに、アルバムまとめ購入には坂本龍一自らが書き下ろしたライナー、そしてクレジットなどが掲載された、CDと同様の内容のPDFライナーが付属している。そして、ここに坂本龍一からのメール・インタヴューが到着した。 24bit/96kHzハイレゾ+ブックレトPDF付きで配信坂本龍一 / async(24bit/96kHz)'【Track List】01. andata 02. disintegration03. solari04. ZURE05. walker 06. stakra 07. ubi08. fullmoon09. async10. tri 11. LIFE, LIFE12. honj13. ff14. garden【配信形態 / 価格】''24bit/96kHz WA
by 八木 皓平
白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース
[CLOSEUP]・2017年04月19日・白昼夢のトロピカル・ミニマル・グルーヴ──D.A.N.の新作『TEMPEST』を巡って 1stアルバム・リリースからわずか1年、あれよあれよという間に、フジロック・フェスなど各種フェスに出演、さらにはリキッドルーム・ワンマンのチケットは即完……そんなバンドへと成長したD.A.N.。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの彼らから、まとまった作品としては1年ぶりとなるミニ・アルバム『TEMPEST』が届いた。すでに昨年末のデジタル・リリース & MVの公開でヒット、さらにはライヴでは定番となっている「SSWB」に加えて、こちらもすでにライヴで披露されている「Shadows」、「Tempest」といった新録曲が収録。今回ミックスを手がけているAOKI takamasaとFumitake Tamura(BUN) のユニット、Neutralの再構築による「Tempest」エデット・ヴァージョンも。またハイレゾ版デジタル・パッケージには、すでに完売となっている12インチ・シングルに収録されていたAOKI takamasaの「SSWB」リミックスがボーナス・トラックとして収録されている。さて本作から、半野喜弘、Jazztronik、
by 河村 祐介
2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表
[CLOSEUP]・2017年02月10日・【リミックス・コンテスト優秀作品フリーDL】PAELLASがリミックス・コンテストの結果を発表 昨年末にリリースされたPAELLASの『Pressure』。現在の空気にドンピシャなインディR&Bのサウンドを携えたモダンなバンド・サウンドで話題を集めている。このアルバムのリリースに際して、OTOTOYではリミックス・コンテストを開催しました。制作期間は、ほぼ1ヶ月程度とかなりタイトな日程のなかでたくさんのご応募ありがとうございました! ということで本ページにて優秀作品を発表させていただきます。またこの優秀作品は後ほどOTOTOYでも配信開始。 リミックス・コンテスト優秀作品フリーDLPAELLAS / REMIXES(24bit/48kHz)'【Track List】01. girl talk msd.remix 02. P house feat. ENNE blur Like Progressive House Remix03. P house feat. ENNE My Little Bears re:mix04. P house feat. ENNE (Yasuha. Remix)05. P hous
by 河村 祐介
【ハイレゾ配信】トータスのギタリストによるポスト・ディラ・ビートなアルバム
[CLOSEUP]・2017年04月14日・トータスのギタリスト、ジェフ・パーカー、ディラからの影響を公言する作品をハイレゾ・リリース! Chicago Underground、Activities Of Dustをはじめ、現在もトータスのメンバーとして活躍する名手、ギタリストのジェフ・パーカーが2016年6月にリリースしたソロ2作目『The New Breed』の日本盤がリリースされた。日本盤では、レーベルメイトであるシカゴ在住のドラマー、マカヤ・マクレイヴンによる「Logan Hardware Remix」が追加収録されている。シカゴの新興レーベル〈International Anthem〉から昨年リリースされていた本作は、NPR、Observer、New York Times、Los Angeles Times、Aquarium Drunkard、Bandcamp等アメリカの音楽メディアで年間ベストにランクインし、非常に高い評価を獲得している。OTOTOYでは、こちらハイレゾ版のデジタル配信を行うとともに、アルバム全体購入に、CDと同様、柳樂隆光(『JAZZ THE NEW CHAPTER』監修者)によるライナーノーツをPDFで同梱。きめ細やか
by 寺島 和貴
はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておこう
[CLOSEUP]・2017年04月07日・はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておくべし おかげさまで、OTOTOYでは女性アイドル&グループを取り上げることが増えました。きっかけになったのは新生アイドル研究会ことBiSの存在。当時、インディ・ロックのツボを押さえたエモーショナルな楽曲は新鮮で、BELLRING少女ハート、ゆるめるモ!、Especia、Negicco、おやすみホログラムをはじめ、3776、KOTO、amiinAなど、バラエティ豊かなアイドルたちを特集してきました。いまなお、ヤなことそっとミュートや新しいアイドルたちが登場しており、ワクワクした状況が続いています。 そんな折、OTOTOYでは男性アイドル&グループをほとんど取り上げていないことに気がつきました。BiSをきっかけにいろいろなグループに魅了されたように、男性アイドルやグループにも、たくさんの魅力があるんじゃないか。そう思い立ち、一度男性アイドル&グループ特集を組んでみることにしました。男性アイドル・グループを愛してやまない音楽関係者Mr.Kに話を聴きながら、これは押さえておいたほうがいいというグループをまとめてみました。こんなの常識でしょ? と思われる方もい
by 西澤 裕郎
★STAR GUiTAR、全編インストのベスト・アルバムをリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月13日・日常こそスペシャルに──★STAR GUiTAR、全編インストのベスト・アルバムをリリース 華麗なピアノの音色とテクノを基軸にダンス・ミュージックの歴史に挑み続ける「★STAR GUiTAR」。昨年11月にリリースされた歌モノにフォーカスしたベスト・アルバム『Here and There』に続き、今回は彼の真骨頂ともいうべきインスト楽曲のベスト盤をリリース! オトトイではもちろんハイレゾ配信を実施。今作には、JAZZとダンス・ミュージックをクロスオーバーする話題のバンドStill Caravanをはじめ、Chieko Kikuchi(KAGERO)、fox capture plan、H ZETT M、Hidetake Takayama、Hiroko Sebu、MELTEN (JABBERLOOP,fox capture plan)、re:plus、Schroedr-Headzという超豪華な面々が集結。珠玉の楽曲が15曲収録されています。今回のインタヴューでは、インストを手がけるなかで生じた彼自身の考え方の変化や、このアルバムに対する思いなどを語ってもらった。 インスト楽曲のベスト・アルバムをハイレゾで! ★
by JJ
DÉ DÉ MOUSE、祝活動10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信
[CLOSEUP]・2017年04月12日・DÉ DÉ MOUSE、祝10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信 〈RAW LIFE〉からインディ・ロック・シーンまでに届いたアンセム「baby's star jam」も収録のマスターピース、1st『tide of stars』から10年、DÉ DÉ MOUSEの通算6枚目のアルバムがここに完成した。きらびやかなカットアップ・シンセ・サウンドによるポップなエレクトロ・トラックは、まさに彼の真骨頂にして、そのスタイルの最新型とも言えるサウンドに仕上がり、ここ数年の活発なリリースの勢いをそのまま封入したようなエネルギッシュな作品とも言える。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を1ヶ月独占で配信開始する。またリリースを記念して、こちらのアルバムから「pump it up (feat. Anamanaguchi from NY)」を2週間限定フリーダウンロードを開始(4月26日19時まで)! デビュー10周年を迎え、名義も新たに「DÉ DÉ MOUSE」と改めた、彼に話を訊いた。 6thアルバムのハイレゾ版1ヶ月独占配信DÉ DÉ MOUSE / dream you up(24bit/48kHz)'【T
by JJ
長澤知之、全34曲収録のアンソロジー・アルバムをリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月12日・「天才」が歩んだ10年間の軌跡──長澤知之、全34曲収録のアンソロジー・アルバムをリリース 長澤知之が2017年4月12日にアンソロジー・アルバム『Archives #1』をリリースする。2006年に驚異の才能でデビューを飾り、以降“孤高の天才”と称された彼の10年間の軌跡が、このアルバムには詰まっている。今回OTOTOYでは金子厚武による長澤へのインタヴューを敢行。10年間の活動を紐解くとともに、長澤知之という人物にもフォーカスしたインタヴューとなっています。ぜひ『Archives #1』を聴きながら楽曲で、そしてインタビューで彼の活動を振り返ってみてください。 デビュー10周年を記念するアンソロジー・アルバム 長澤知之 / Archives #1'【配信形態】AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / アルバム 2,400円(税込)【収録曲】''1. あんまり素敵じゃない世界2. フラッシュバック瞬き3. 夢先案内人4. バベル 5. センチメンタルフリーク6. スーパーマーケット・ブルース7. Stop The Music8. バニラ (2014 Acoustic) 9. MEDAMAYAKI10.
筆者について
同じ筆者による他の記事