キーズブズブズブ・・・ギャギャギャドド 三分だけ、あなたの側にこのラヴ・ソングを!

今回、ついに3年ぶりとなる待望のアルバムをリリースするLimited Express(has gone?)。2008年4月に関東進出を果たしてからは、「DO IT」や「廃校FES」、「東京ボアダム」など数々のインデペンデント・フェスに出演しながら、自らのコーディネートする「eetee」や「ボロフェスタ」まで、まさにDIYと名のつくところに必ず彼らの姿があるといっても過言ではない存在として認識されている。
そんな彼らのニュー・アルバムは、前作がベスト盤であったことを考えると丸4年以上ぶりのリリースとなる。今作では、2009年ベスト・アルバムの予感がビシビシしている『Question』を叩き出したKIRIHITOの竹下圏と、日本のパンク・シーンの最重要人物younGSoundsの谷口順という日本のオルタナティヴ/ハードコア・シーンど真ん中2バンドのダブル・プロデュース作品。それだけで2009年の記念碑的作品と言えるものになっているのだが、「どんな記念碑なんかよりあなたが生きている今日が素晴らしい」の名に恥じることのない、日本のオルタナティヴ/パンク・ロック・シーンの今を真空パックし、それをさらに加速させたような正にロックの未来を示すアルバムとなっている。高速の特急列車は、今でも見えない銃を撃ちまくっていたのだ。

今日を生きるオルタナ・バンドを挙げるとしたら、もはや彼らの名は欠かすことはできないだろう。アメリカやオーストラリア・ツアーの大成功がある一方で、初期メンバー・奈良崎の脱退〜新ドラマーJoshの加入〜バンド自体の解体と、全てが順風満帆に流れてきたというわけではない彼らだが、どれも嘘をつくことなく真摯に自らのスタイルに挑んできたが故の出来事と言えよう。その結果として、常に新陳代謝を繰り返し、どうしようもなくリミテッドな上に、今までとは違う音を鳴らすことが今作で可能になったのである。

あまり語られることのない結成当時の話を振り返ってみたいと思う。彼らはもともと1998年に立命館大学ロック・コミューン(くるりやキセル、ママスタジオやシゼンカイノオキテを輩出したサークルとして有名)にて結成され、その時から既にありったけのオルタナティヴネスとメジャーへの反抗心、初期衝動に満ちたライブを展開するバンドとして認知されていた。(初期のマキシ・シングル「功夫少女」での岸田繁による帯推薦文参照。)
自分が初めてLimited Express(has gone?)を観たのは2002年、同大学の文化祭に学外ゲスト(2002年に彼らは卒業していた)として招かれていたライブだったと思う。文化祭といっても野外の大ステージで行われるライブではなく、この時も手作りでサークルが運営する学生会館でのイベントの出演であった。このあたりも既に、彼らの活動を象徴するライブであったと記憶している。この日は座席ありのイベントだったのだが、なにもかもカラフル且つポップなノイズでなぎ倒すようなライブを観て、ただただ呆気にとられるしかなかった。最近で言うと、廃校FESでのヘッド・ライナーだった、younGSoundsのステージに近いかもしれない。(※ライブの記録としては、ベスト盤「THE BEST IS COMING」のDisc2もしくはDODDODOとのSPLITの特典DVD-R(既に入手不可かも?)を参照いただきたい。)

パンクの初期衝動やオルタナティヴのなんだこりゃ!? という衝撃、原色の絵の具で全てを塗りつぶしたポップ・ミュージックのカラフルさとそれに混ぜ合わされる爆音のノイズ。「ベアーズぽいね〜」とか「初期ボアダムズだよね」などと嘯くひとたちのコメントは誰から伝え聞いた言葉なのかしらないが、疑わしくて仕方がない。この作品がヒット間違いなし!と手放しに喜ぶつもりはさらさらないが、ジャケットやサウンドからも匂い立ち、聴き手にぶち当たってくるような「あらゆる対象への無条件な挑戦」こそが、彼らの手加減なしの(それでいて手に負えない)メッセージであり、今の音楽シーンにおいて価値あるものなのではないだろうか。

立命館大学学生会館でのライブ以外にも様々な場所で彼らを観たが、演奏している場所がどこであろうと彼らの姿勢は変わらない。西院ウーララでのレコ発、下北シェルターでのワンマン・ライブ、金沢メロメロポッチでのスプリット・ツアー、ディアフーフ、ノー・エイジやオブ・モントリオールとの共演、京大西部講堂でのLIVE JUNK、SAL CULTUREでの野音ヘッドライナー出演、ボロフェスタでの10分弱の嵐のようなライブ・・・ その全てがこの作品を作るための必然だったのだと思えてならない。オーディオやパソコンの前でリミテッドの音源と出会おうとしている人たち、このLTDというDIYの塊のような問題作には、手加減なし・ぬかりなく対峙してほしい。次の作品もそのまた次の作品も、どこまでも走り続けてほしいと思えるはずだ。(text by 南日久志)

→「Heavenly」のフリー・ダウンロードはこちら (期間 : 9/24〜10/2)

NEW ALBUM 『LTD』

プロデューサーに竹久圏(KIRIHITO)と谷口順(UG MAN / younGSounds)、エンジニアに松本健一とTaichi(stim)を迎えて制作された、約5年ぶりのフル・アルバムが10月10日(土)にリリースされます。

『LTD』 / Limited Express(has gone?)
2009年10月10日(土)発売
品番 : LTD-999
1. Shut up to go
2. D.N.A
3. Heavenly
4. ジャンク・ファイト
5. I am deading
6. Rhythm & Balance
7. I wanna sing all of my heart
8. ササササイキック
9. Star light-IEDE
10. Check the MICROPHONE
11. ハリウッドはどこだ?

LIVE SCHEDULE

  • 【東京ボロフェスタ×eetee】9月26日(土)@下北沢CLUB251+440(four forty)+BASEMENT BAR
  • 【BOROFESTA】10月17日(土)@京都KBSホール
  • 【DRIVE TO 2010】11月6日(金)@新宿LOFT

Australia tour with Ni-Hao!

  • 23rd of October (Friday): Limited Express (has gone?) @ Valley Fiesta, Brisbane (main stage)
  • 24th (Saturday): Ni-Hao! @ Valley Fiesta, Brisbane (second stage)
  • 25th (Sunday): Limited Express (has gone?) @ Valley Fiesta (second stage)
  • 28th (Wednesday): Limited Express (has gone?) and Ni-Hao! @ Hopetoun Hotel, Sydney
  • 29th (Thursday): Limited Express (has gone?) and Ni-Hao! @ another sydney venue, to be confirmed.
  • 30th (Friday): Fly to Melbourne - Limited Express (has gone?) and Ni-Hao! @ The East Brunswick Club, Melbourne
  • 31st (Saturday): Second Melbourne show - Halloween party!

『LTD』Release party!

  • 11月15日(日)@六本木SuperDelux
w / あふりらんぽ and more・・・

PROFILE

Limited Express (has gone?)
2003年、US、ジョン・ゾーンのTZADIKから1st albumをリリースし、15カ国以上を飛び回る。その後、高橋健太郎主催のmemory labより、2nd album、best albumをリリース。WHY?、NUMBERS、そしてダムドの日本公演のサポートを行うなど、名実共に日本オルタナ・パンク・シーンを率先するバンドになるも、2006年突然の解散宣言。半年後、突然の復活宣言。なんとニュー・ドラマーには、日本が誇るPUNK BAND、JOYのドラマーTDKが正式加入!!! メンバーのJJは、ボロフェスタを主催。YUKARIは、ニーハオ!のリーダー等、各人の活動は多岐にわたる。2008年6月11日DODDODOとのsprit albumをLess Than TVからリリース。そして2009年、待望の3rd albumをリリースする。

ALTERNATIVE IS THIS


Question / KIRIHITO
『LTD』のプロデューサーの一人でもある竹久圏と、GAKIDEKA、高品格でも活動する早川俊介による、ジャンクでテクノなファンキー・パンキー・ハイパー・ポップ・デュオ。アクロバティックなライヴ・パフォーマンスの楽しさも然ることながら、ポップでダンサブルでありながらもキテレツかつ凶暴なその音楽は、まさにワン&オンリー。9年ぶりとなる今作は、相変わらず未知のサウンドとグルーヴを醸し出しています。
KIRIHITO特集ページ

MINIATURES / PANIC SMILE
博多出身の変拍子変態バンドの5作目。初期衝動のままに音を叩きつけたような直情型パンク的な作品で、短い曲でもこのバンド特有の変拍子や激しく変わる展開はそのままで、時折入るメロディーがやけにポップだったり、現代音楽的な手法も導入するなど、多彩なアイデアが詰め込まれています。ストレートなだけに、彼らのありのままのセンスが遺憾なく発揮された作品。ノー・ウェイヴ~ポスト・パンクの最良の発展形であり、真にオルタナティヴな意志が貫かれた傑作です。

天国よりマシなパンの耳 / ECD
精力的にライブを続け、いままでのファンはもちろん、日本語ラップを全く知らない若者達からも続々と熱狂的なリスナー達を生み出し、有名、インディー、 HIPHOP、ROCK,JAZZ,現代音楽、等々、ジャンル、人種問わず、あらゆる音楽家達からもリスペクトされ続けているECDのニュー・アルバム。リリック、リフ、ともにキャッチーでありながら不穏! アブストラクトかつ超POPな、捨て曲全く無しな全10曲。音楽HEADZなら素通り出来ない超問題作です。
ECD特集ページ

o

 
 

レヴュー

現役高校生5人組ロック・バンド、FAITHがポップ・パンクを正面突破
[CLOSEUP]・2017年11月17日・この音楽は勇気で、正義だ──現役高校生5人組FAITHがポップ・パンクを正面突破 すごいやつらが現れた! 長野県伊那が生んだポップ・パンクのニューヒーロー候補、FAITH! 現役高校生5人組、うち3人が日米のダブルという珍しい組み合わせに加え、Vo.ドリチュラーあかりはSPINNSのモデルとしても活躍中。「モデルがファッション感覚で音楽やってるんだろ?」そう思いの方もいるかもしれませんが、すでに実力は折り紙付き! 今夏開催された10代限定夏フェス〈未確認フェスティバル2017〉ではファイナリスト8組の1組に選ばれており、サウンドも往年のエモ / ポップ・パンク好きにはたまらない海外志向の本格派! OTOTOYではそんな期待のニューカマーの記念すべき初全国流通盤を配信とともに、現役大学生の目線から独自のレヴュー掲載! FAITH / 2×3 BORDER【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 257円(税込) アルバム 1201円(税込)【収録曲】1. Take me away from here2. Bana Pla3. distance4. DON’T FALL5. S
by 中の人
BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年11月17日・BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信 ウィル・ウィーゼンフェルトのメイン・プロジェクト、バスの3rdアルバム『Romaplasm』が到着した。もはや老舗アンダーグラウンド・レーベルとなった〈アンチコン〉からリリースされた本作は、開放感に溢れるポップな作品に、また“ビートメイカー”から一歩踏み込んだ、シンガー・ソング・ライターとしての側面も前面に出た作品となった。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信。ダディー・ケヴによるマスタリングもぜひとも堪能していただきたい。さらにはレヴューとともに、こちらもハイレゾ配信となっているジオテック名義『Abysma』リリース時の記事も関連作として再掲してお届けします。 Baths / Romaplasm(24bit/48kHz)'【Track List】01. Yeoman02. Extrasolar03. Abscond04. Human Bog05. Adam Copies06. Lev07. I Form08. Out09. Superstructure 10. Wilt11. Coitus12. Broadback【配信形態 /
by 寺島 和貴,河村 祐介
【REVIEW】地に足がついていない!?──愛はズボーン、煎じ詰めた“待望”の1stフル・アルバムリリース
[CLOSEUP]・2017年11月15日・【REVIEW】地に足がついていない!? ──愛はズボーン、煎じ詰めた“待望”の1stフル・アルバムリリース OTOTOYとレコード・プレス・メーカーの東洋化成によるコラボレーション・レーベル〈TOYOTOY〉から初のアナログ盤となる『銀ギラ』のリリースや、自主企画イベント〈アメ村天国〉の開催など、今年は飛躍の年であることがうかがえる、愛はズボーン。そんな彼らがこのたび満を持して、1stフル・アルバム『どれじんてえぜ』をリリースした。本作のジャケットは世界的画家・黒田征太郎が手掛けている。黒田は愛はズボーンのメンバーたちが敬愛している画家で、まさに細部にまで強い想いが込められた作品に仕上がったと言えるだろう。そんな彼らの活躍を良質なハイレゾ音質で感じることができるのは、OTOTOYだけ! 本作をさらに楽しむテキストとして、レヴューも掲載! 未来の音楽濃縮盤をとくとご堪能いただきたい! ハイレゾはOTOTOYだけ! 未来の音楽が濃縮された、1stフル・アルバム愛はズボーン / どれじんてえぜ'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 2
by 宮尾茉実
《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む
[CLOSEUP]・2017年11月15日・《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む 10年超のバンドキャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼らが、この度第9弾「アメニモマケル」の配信をスタートした。彼らの魅力にもっと浸ってもらえる楽曲を、ぜひレヴューと共にお楽しみください。 goodtimes、全ての恋愛経験者に捧ぐ第9弾goodtimes / アメニモマケル'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込)【収録曲】''1. アメニモマケル REVIEW : 全ての恋愛経験者が唸る、く人の"あの頃"を刺激する goodtimesは前回のインタヴューで、情景が浮かびやすい曲を作っていると語っていたわけだが、今回も人が「もう触れたくない」としまい込んでいた気持ちに、ピンポイントで突き刺さる"あるある"な楽曲「アメニモマケル」をリリー
by 宮尾茉実
【REVIEW】映画『この世界の片隅に』の音楽を手がけ、多くの話題を呼んだコトリンゴが約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリース!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・『雨の箱庭』は私たちにどんな世界のすばらしさを見せる?──約3年半ぶりコトリンゴのオリジナル・アルバム 卓越したピアノ演奏と柔らかな歌声で浮遊感に満ちたポップ・ワールドを描くコトリンゴ。そんな彼女が約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバム『雨の箱庭』をリリースする。前作からこれまで、アニメ映画『この世界の片隅に』の全ての音楽を担当し数々の賞を受賞する等、音楽家としての評価を高めた彼女。映画同様、今作でも作詞作曲編曲(ストリングス、ホーン含む)、サウンド・プロデュースのすべてを手掛けている。そんな今作は、のちにドキュメンタリー映画となった企画「LIGHT UP NIPPON」のために書きおろした楽曲のほか、RADWIMPS・野田洋次郎主演ドラマ「100万円の女たち」の主題歌等、色とりどりの音楽たちがぎゅっと詰め込まれた鮮やかなアルバムが完成。歌のように響くピアノの音色と、そっと優しいコトリンゴの歌声と共に生み出されるカラフルな音世界を、レヴューと共におたのしみください。 約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバムコトリンゴ / 雨の箱庭'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) /
by ai
つりビット、ニュー・シングルをハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2017年11月06日・5人が挑む、新たな海原への決意をこめてーーつりビット、ニュー・シングルをハイレゾ配信 5人組アイドル・ユニットのつりビットがニュー・シングル『1010〜とと〜』をリリースした。今年の春にリリースされた2ndアルバム『Blue Ocean Fishing Cruise』も好評な中、彼女たちの成長と主張が感じられる新曲が到着。その理由を、宗像明将のレヴューで紐解いてみよう。 ハイレゾver.のアルバム購入者から抽選でサイン入りポスタープレゼント!つりビット / 1010~とと~(初回生産限定盤)'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 750円(税込)【Track List】01.1010~とと~02.A Color Summer!! ポスタープレゼントの詳細は、こちらからご確認ください。'' REVIEW : 『1010~とと~』 つりビットが大きく変化する瞬間を私たちは目にしようとしている。彼女たちのニュー・シングル「1010〜とと〜」は、サウンド面ではこれまでのイメージを大きく変え、歌詞の面ではつりビットらしさを追求した
【REVIEW】芸術とは。青春とは。──For Tracy Hydeがインディ・ポップの命題に立ち向かう『he(r)art』
[CLOSEUP]・2017年11月02日・芸術とは。青春とは。──For Tracy Hydeがインディ・ポップの命題に立ち向かう『he(r)art』 インターネット次世代シューゲ・ポップ・バンドFor Tracy Hydeが新作『he(r)art』をリリース。90年代から00年代にシーンを支えたSLOWDIVE、Ride、The Pains of Being Pure at Heartが次々と今年新作をリリースしたことで巻き起こったシューゲイザー復興の潮流。日本のライヴシーンでもシューゲイザー / ドリーム・ポップが中心となりつつあるなか、そのまさに最前線に立っている彼らが新作をリリースすることは、来たる2018年の音楽シーンの大局のための礎を築いたといえるはずである。OTOTOYではそんな未来のシーンを占う逸材の新作をレヴューと共にお届けする。 都会の生活をモチーフにした次世代ドリームポップ・バンドの2nd! For Tracy Hyde / he(r)art'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】 単曲 257円(税込) / アルバム 1697円(税込)【収録曲】''01.Openin
by 中の人
インディR&B? フューチャー・ソウル?──世界規模で盛り上がる音楽シーン、そして連動する日本のバンドたち
[CLOSEUP]・2017年11月01日・インディR&B? フューチャー・ソウル?──世界規模で盛り上がる音楽シーン、そして連動する日本のバンドたち 森大地(ex-Aureole)、萩原朋学(KAGERO / SaraGrace'sOneHotNight)、tsubatics(ex-Aureole / MUSQIS / suthpire)、松本一輝(THE ROAMERS / リリカ リリス)、桑原渉(WINDOWZ)の5人によって結成されたバンド、Temple of Kahn(テンプル・オブ・カーン)。この錚々たるメンバーの集結により音源発表前から注目を集める彼らが、初のEP『Good Luck EP』を11月8日にリリースする。OTOTOYでは待望のデビューEPを期間限定でフル試聴を行い、Temple of Kahnを読み解くヒントとなるインディR&B、フューチャー・ソウルのアーティストをまとめた記事を掲載。海外だけでなく、日本でも連動するその音楽シーンとともに、その楽曲を聴いてみてはいかがだろう? Temple of Kahnの初EPを期間限定フル視聴Good Luck EP / Temple of Kahn【収録曲】1. Always H
筆者について
同じ筆者による他の記事