京都の最強JAMセッション・至宝のインプロヴィゼーション・バンド、SOFT。5年振りに新たな領域に到達し、次の次元に突き抜ける灼熱のグルーヴ!


関西の音楽シーンが日本でも特殊だということは具体的なアーティスト名を挙げるまでもなく、日本のロック史を少しでも紐解いたことがある人たちにとっては周知の事実である。とりわけ京都はその中でもかなり特殊な部類に入る。時に外部の人から「内輪である」とか、「外に出ていかない」という意味のことを揶揄されることがあり、それはどこかで当てはまる面もあるし、反対にイメージだけで語られている場合もある。
この理論を闘わせるだけで日が暮れてしまいそうな話題なのだが、そこにあるのが絶対的に素晴らしい音楽である限り、身内だろうとそうでなかろうと関係ない、それが真実であるはずだ。SOFTは京都の音楽シーンの代名詞であり、SOFTがわかれば京都がわかる。なぜなら、京都は本当にわからない街だからだ。雑多なビル街を含む木屋町商店街、ちょっと歩けば世界遺産級の建造物に国宝級のライブ・ハウス。わからないから、より深みに嵌っていく。シーンのトップに君臨し、頂点を極めたものだけが手にした灼熱のグル—ヴ、貴重なインタビュー証言をレコミュニでお届け! !
インタビュー & 文 : 南日久志



INTERVIEW

—まずタイトルについてお聞きしたいのですが、『the whole world is sacred sound MUSIC TOUCHES YOU』とは、どういった意味なのでしょうか?
SIMIZ : 前回のアルバムから5年、今回のアルバムの最初のレコーディング・セッションから3年もかかってしまったんですが、途中パーカッションのプリティーがカナダに移住してメンバー・チェンジしたり、みんな結婚したり子どもができたり、本当にいろいろ状況が変わりました。そんな中でも音楽を演奏することに対してどんどんシンプルで本質的な方向に向かっていると思います。そんな音楽がたくさんの人に届けば良いなと思って今回のタイトルになりました。
—今回Tama(トランペット)、Taroo(Bata/パーカッション)、KND(エフェクト)を正式メンバーに迎えた初作品となったそうですが、どういった経緯でメンバーに加入されたのでしょうか。
SIMIZ : Tamaちゃんは何度もいろいろな所で演奏を聞いていて、むちゃくちゃかっこええ音出す人やなと思ってました。レコーディングに参加してもらい、ライブもゲスト参加してもらっているうちにメンバーになりました。SOFT初の女性メンバーですね。Tamaちゃんが入ってから音楽の次元が上昇した感じはありますね。Tarooは前回のUSツアーにもついてきて、そのままキューバに太鼓留学に行ってました。ちょうどTarooが帰ってくるころにパーカショニストを探していて、日本に帰ってきた次の日からリハーサル、ライブと活動を共にしてます。KNDはもともとレコーディングのエンジニアとしていろいろ助けてもらってました。今回のアルバムのミックスも彼がやってくれて、KNDがいてなかったらアルバムの完成はなかったかもしれないですね。彼の音に対する姿勢とかは本当に素晴らしいです。
—これまで多彩なミュージシャンを迎えられたり、打ち込みを取り入れたり様々な実験をしておられますが、音楽を作る上で、なにか決まりごとは最初にあるのですか? 例えば全員でスタジオに入ったときにこういった風にしよう、など。「メタモルフォーゼ」という言葉の似合う日本でも特別なバンドだと思うので、どうやって曲作りをされるのか、非常に興味深いです。
SIMIZ : 基本的にはスタジオでのジャム・セッションから曲に発展していくことが多いですね。スタジオでの演奏を録音して後からそれを聴いてなんかひっかかるとこがあれば、それを元に曲をつくって行く感じですね。メンバー同士では色とか景色とかで音のムードを伝えることはよくあります。最近は核になるビートだったりリフだったりを持ってくることもありますが、作曲というより基本はライブで演奏して楽しめるネタ作りって言うほうが正しいかもしれません。



—既存の曲が、ライブで進化を遂げることはありますか? 最近おなじタイミングで、デレク・ベイリーの「インプロヴィゼーション—即効演奏の彼方へ」を読んだのですが、SOFTのライブでは、スタジオ盤を聴いているとなおさら、そういったインプロの面白さを体験できそうだなと勝手に想像してしまいました。
SIMIZ : ライブでは曲の再生とか再現よりも、DJのミックスみたいにどんどん曲が変わっていく感じとか、すごく高い所から低い所へ落ちる感じとか、どんどん上昇する感じとか、1時間でひとつの流れを作ろうとはしてますね。その結果、曲がどんどん変化していって、常にライブが最新の音ですね。
—結成16年ということで、僕がSOFTを知ったのはここ数年なのですが、昔からよく知る人からは初期はハードコアからはじまったとの話も聞きます。これだけひとつのバンドで音楽性が変異してきていることには理由があると思うのですが、キャリアを振り返ってみてどうですか? なにかをきっかけに音楽性が変わっているのでしょうか?
SIMIZ : もともとハードコアやろうとか、こんなジャンルの音楽やろうとかって集まったんではないですね。ただみんな音楽がすごく好きで、いろいろ雑食的に聴きまくっていてどんどん興味をもつ範囲が広がっていって、そういうのが音楽性の変化につながっていっているのかもしれないですね。基本的にはその時一番気持ちのよいところに向かってるとは思います。
—レコミュニでは、これまでSOFTの音楽を知らなかった人にも、興味をもってもらいたいと思っています。近年、自分たちの音楽と共通項を感じるとしたら、どういった音楽になりますか? 具体的なアーティスト名でもジャンルでも、もしあれば音楽以外のカルチャーでも構いません。
SIMIZ : マイルス・デイビス、ファラオ・サンダース、テリー・ライリー、初期オーブ。ラテン・ミュージック。札幌のクニユキ、juzu aka mochy、風の谷のナウシカ、火の鳥、ブレード・ランナー。
—活動の拠点として東京でなく京都を選んでいるのは、やはり自分たちの発祥の地として思い入れが強いというところからきているのでしょうか?
SIMIZ : 生まれも育ちも関西なんで、単純に東京に住むっていうアイデアがなかっただけですね。最近の京都はかなりおもしろいことになってきたな、と感じることは多いですね。京都でライブすると最近オーディエンスというよりサポーターに近い感じですね。



山本精一さんが最近京都に行かれて、YOSHIMIさんもooioo、yoshimioなどコンスタントに活動されていると思います。同じオルタナティブな音楽を作るアーティストが地域に根差して音楽を作っていることに対してどう思いますか?
SIMIZ : 東京はビジネスと直結していてうらやましいな、と思う部分もあるんですが、今は情報も簡単に手に入るし、時間をかけて音楽を作るっていうことでは関西にいてるほうが自分達にとってはいろいろ都合いいですね。最近地方にいけばそれぞれのエリアでみんなしっかりとシーンみたいなものを作って楽しんでるなと思います。ミュージシャンのレベルはさすがに東京は高いなと思います。
SOFTのような音楽はどういったところから生まれているのか皆が興味のあるところだと思います。一番最近聴いた音楽、または最近もっともよく聴いた音楽はなんですか? (ipodでも、CDプレイヤーに入っているものでも、ターンテーブルに置いてあるアナログ盤でも)
SIMIZ : ターンテーブルにのってるのはALOE BLACC『 I'm Beautiful』。CDJに入ってたのはThe Rh Factor『Hard Groove』でした。
SOFTの曲は、独特のグル—ヴ感がありますよね。専門的なことはわからないのですが、変拍子やポリリズムではじまり難解そうな曲に思わせて、実はすごく踊りやすい音楽だったりします。聴き手の裏をかいてとことん裏切ることを狙っているタイプのバンドでは無い、のだと感じました。難解さだけを追求するのではなく、楽曲とオーディエンスが一体となって生まれるテンションの高さを求めて煮詰めていく感じなのかなと。そういう意味だと、オーディエンスも含めて『SOFTRIBE』という民族音楽なのでしょうか? その辺は意識して作っておられますか?
SIMIZ : お客さん大事ですね。みんな踊って楽しそうにしてると本当にエネルギーもらってると感じます。できたら盆おどりとかサンバ・カーニバルとかそういう次元にまでいけるといいですね。同時に大勢の人と音楽を共有できて同じ気持ちになるって最高ですね。リリース・ツアーがはじまるんですが、是非会場に遊びにきてください。ニュー・アルバム、自信作なんで楽しんでください。ありがとうございます。

PROFILE

結成16周年を迎える京都のカリスマ・バンドSOFT。様々な音楽を昇華したそのライブは時々のヴァイブレーションに応じて柔から剛まで刻々と変化していく。 2009年夏、遂に約5年ぶりとなるニュー・アルバム『the whole world is sacred sound MUSIC TOUCHES YOU』をリリース。

【MEMBER】
UKON (Bass)
SHIMIZ (Guitar)
PON2 (Drums)
Sab (Synth)
Tama (Tp)
Taro (Bata,Per)
KND (effects)

LIVE SCHEDULE

  • 7/04 (土) チボチボ@和歌山 PREGO
  • 7/10 (金) @岐阜 なんや友雑穀
  • 7/11 (土) Nbsa@東京 Unit
  • 7/20 (月) totalsolareclipsefestival@奄美大島

これを聴いてぶっ飛べ!!!


PARA 『X-GAME』
2001年に山本精一(ROVO、想い出波止場)が結成した室内楽的グルーヴ・ユニットのファースト・アルバム。山本精一氏と故CHINAにより結成されたというPARA、ギターにYOSHITAKE EXPE、ボアダムスにも加入したドラムの千住宗臣とシンセ2台西滝太、家口成樹の5人編成でのアルバム・リリース。変拍子なのにそれを感じさせないような統制されたグルーヴで繰り広げられるほんとミラクルな作品! お薦めです!


犬式a.k.a.Dogggystyle 『Life is Beatfull』
2005年発表、記念すべき犬式のファースト・アルバム。ヒット曲「月桃ディスコ」、「Life is Beatfull」やLiveでの定番曲「真冬のラスタファリズム」、「太陽の女」を含む全11曲。


poodles 『OTHER SIDE』
アーシーなリズムに、サイケデリック・オリエンタル・サウンドが炸裂する、poodlesの1stアルバム。ジェンベ、コンガ、ボンゴなど様々な太鼓が揺り動かす魂の鼓動。忘れられた細胞の記憶が呼び起こされる。Tetsuya Okamura(BLAST HEAD)によるリミックスを収録。

CLOSE UP : 環ROY×DJ YUI

CLOSE UP : HARCO

CLOSE UP : 打首獄門同好会

CLOSE UP : SOUR

o

 
 

インタヴュー

fulaから届いた、新しい旅の報せ──新体制後初のアルバム『ノート』をリリース&インタヴュー掲載!
[CLOSEUP]・2017年10月13日・fulaから届いた、新しい旅の報せ──新体制後初のアルバム『ノート』をリリース&インタヴュー掲載! 雑多な音楽性をポップにまとめあげ、耳にする人の心と体を踊らせる4人組、fula。2016年にギター・石川、ベース・安本、ドラム・髙木が脱退し、それまでのメンバーと作りあげた「楽しい音楽」「踊れる演奏」「情熱」を受け継ぎ、新たにドラム・遠藤、ベース・馬場、ギター・ピギーが加入し。再出発を始めた彼らの新体制1発目となるアルバム『ノート』の発売を記念し、インタヴューを敢行。新譜とともにお楽しみ下さい。 新体制初となるアルバムをドロップfula / ノート'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit / 44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 216円(税込) / アルバム 2160円(税込)【収録曲】''01. Circle of Flame02. スターショア03. のあ 04. Catwalk 05. 航海日誌06. グレイヴダンス 07. よあけ08. クラップユアハンズ09. 散歩道10. 夕焼け 11. 恋のスーパーケイデンス INTERVIEW : fula 突然メンバー3人の脱退
【INTERVIEW】朝も夜も、あなたの心にドッコイセ──Dokkoise Houseの変化し続ける「郊外型」シティ・ポップ
[CLOSEUP]・2017年10月11日・Dokkoise Houseの変化し続ける「郊外型」シティ・ポップ──先行&フリー曲配信開始 cero、そしてSuchmosらの登場によってシティ・ポップの一大ムーブメントが巻き起こった2015~16年。その隆盛を経て、一旦落ち着きつつあるライヴ・シーンのなかで、一層際立つバンドがいる。それがDokkoise House。シティ・ポップを都市から郊外に移したグッド・ミュージックは、都会的な側面と土着性を兼ね備え、HOLIDAY!RECORDSやモナレコードから一気に火が着いた。早耳のリスナーを虜にするその音楽性は、果たしてどこが源流となっているか。また、そのユニークなバンド名の由来は? ジャケットに込められた意味とは? バンド初となるインタヴュー。結成から音楽的なルーツ、そして現状と未来。Dokkoise Houseのそのすべてを露わにする。OTOTOYでは本作を1週間先行で配信するとともに、まずは最初の名刺とも言える彼らのリード曲「Trolly」をなんとフリーで期間限定配信。 毎日の生活にそっと寄り添う郊外型シティ・ポップを1週間先行配信!Dokkoise House / Pilotis Grow'【配
by 中の人
祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!
[CLOSEUP]・2017年10月11日・祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜にする! いま日本で1番ソウルフルでファンクなロック・バンドといえば…… そう、BRADIO! 今年の夏には〈ROCK IN JAPAN FES〉をはじめ、〈SUMMER SONIC〉、〈SWEET LOVE SHOWER〉など数多くのフェスに出演、さらに4月に行われた中野サンプラザワンマン公演をソールドアウトさせるなどその勢いはとどまることを知らない! そして〈WARNER MUSIC JAPAN INC.〉よりメジャー・デビューを果たし、その勢いはさらに加速するばかり。メジャー1作目となる今作『LA PA PARADISE』は、桑田佳祐や、玉置浩二、布袋寅泰を手掛けた藤井丈司をプロデューサーに起用し、BRADIOの力を最大まで引き出した作品となっている。OTOTOYでは今作の配信開始とともに、メンバー4人へのインタヴューを掲載。メジャー・デビューを果たした、いまの彼らに迫った。 祝! メジャー・デビュー! 初シングルをハイレゾ配信開始 BRADIO / LA PA PARADISE(24bit/96kHz)'【配信形
by 岡本 貴之
コーネリアス『Mellow Waves』待望のハイレゾ配信ーーエンジニア高山徹ロング・インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年10月09日・コーネリアス『Mellow Waves』待望のハイレゾ配信ーーエンジニア高山徹ロング・インタヴュー掲載 2017年6月、Cornelius(コーネリアス)が、『sensuous』以来11年ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリースした。坂本慎太郎を作詞に迎えた「あなたがいるなら」、「未来の人へ」をはじめ、“メロウ”と“ウェイヴ”に満たされた全10曲。銅版画家の中林忠良によるモノクロームのジャケットも含め、2017年ひいてはテン年代の代表作になるであろう本作をハイレゾ配信開始する。それを記念し、22歳でフリッパーズ・ギターのレコーディング・エンジニアを務め、今作でもミックス、マスタリングを担当しているエンジニア・高山徹にインタヴューを敢行した。本インタヴューとともに、この大傑作をハイレゾでご堪能ください。 2017年を代表する作品を待望のハイレゾ配信スタートCornelius / Mellow Waves (24bit/96kHz)【配信形態】FLAC、ALAC、WAV(24bit/96kHz)>>ファイル形式について>>ハイレゾとは?【配信価格】アルバム価格 : 2,571円【収録曲】1. あなたがい
「2」の新たな幕開けを告げる1stアルバム『VIRGIN』を配信開始&インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年10月04日・さぁ、やつらの復讐劇のはじまりだ! ──エピソード「2」の幕開けを告げる『VIRGIN』を配信開始! 現在無期限活動休止中のThe SALOVERSのヴォーカリスト、そして最近では俳優として連続テレビ小説『ひよっこ』への出演など、多岐にわたって活躍をする古舘佑太郎。そして銀杏BOYZとしても活動をしている加藤綾太。このふたりを中心に結成された4人組ロック・バンド「2」が〈Youth Records〉より1stアルバム『VIRGIN』をリリース。初期衝動的でありながらストーリーテリングな古舘の歌と、それを彩る、加藤綾太(Gt.)、yucco(dr.)、赤坂真之介(ba.)が織りなすキレ味抜群のオルタナティヴかつ疾走感満載のサウンドは、聴いたものの心にストレートに突き刺さるだろう。さまざまなことがあった過去はもう振り返らない! 4人の若者が紡ぎ出す新たな物語のはじまりを見逃すな! 2(ツー)として初の音源を配信中! 2 / VIRGIN'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 207円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. A
by ?
【EMPiRE】Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER)
[EMPIRE]・2017年10月06日・【EMPiRE】Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER) BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループが誕生した。 その名は、EMPiRE!! エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクト「Project aW」として生まれたEMPiREは、BiSHを手がけているチームが担当を行うという。当初はTwitter“10,000フォロワーで顔の公開”という条件で活動が始まったが、謎のフォロワーの買収などにも見舞われつつ、9月28日、ついに全員の顔が公開された。 少しずつ見え始めたEMPiREの動向に迫る連載第2回目は、EMPiREの衣装制作、そしてアーティスト写真などの撮影・デザインを手がける外林健太へのインタヴューを行なった。BiSHでの衣装制作、撮影を通してクリエイティヴ欲求が高まり、次のステップへと向かう外林はEMPiREでどのような活躍を見せ、どのような役割を担うのか。EMPiREへの期待は高まるばかりだ。 インタヴュー&文 : 西澤裕郎 Epsode0.1 :
by 西澤 裕郎
【伝説再来?!】10月の京都には竜が登る!──飯田仁一郎&成田大致〈ボロフェスタ2017〉開催直前対談
[CLOSEUP]・2017年10月06日・【伝説再来?!】10月の京都には竜が登る!──飯田仁一郎&成田大致〈ボロフェスタ2017〉開催直前対談 2017年10月20日(金)から22日(日)にかけて、京都KBSホールとMETROの2つの会場にて開催される〈ボロフェスタ2017〉。 〈ボロフェスタ〉は、知名度の有無やジャンルに関係なく主催者が「観たい! 呼びたい!」と思うアーティストのみをブッキングし、ボランティア・スタッフと主催者が一緒になって、会場設営から一切のイベント運営までを行う、いわゆる“D.I.Y”の精神でつくりあげられている。 16年目を迎える今年は、ヘッドライナーを務める大森靖子やクリープハイプをはじめ、ペトロールズ、H ZETTRIO、BiSH、yahyelをはじめ、ほかにも注目の若手バンドも多数出演。まさにジャンルや世代、シーンをも越えた新しい出会いがあるだろう。OTOTOYでは〈ボロフェスタ2017〉開催を目前に控えたこのタイミングで、主催者のひとりである飯田仁一郎(Limited Express (has gone?))と、数々の伝説的なエピソードを生んできたロック・フェス〈夏の魔物〉を主催する成田大致(THE 夏の魔物)の対
by 西澤 裕郎
再起動した東京カランコロン、1年9ヶ月ぶりとなるアルバム『東京カランコロン01』をリリース&インタヴュー掲載
[INTERVIEW]・2017年10月04日・新たな風吹く、再起動──東京カランコロン、“ポップなのに泣ける”ニュー・アルバムをリリース!! 男女ツイン・ヴォーカルと個性的な楽曲で中毒者を増やし続けるバンド、東京カランコロンが1年9ヶ月ぶりとなるアルバム『東京カランコロン01』をリリースした。2016年に開催したツアーではファイナル公演を日比谷野外音楽堂で開催し、大盛況のうちに終えた彼らは、今年2017年からライヴハウス・Shibuya eggmanのレーベルである「murffin discs」内に発足した新レーベル「TALTO」に移籍。気持ちと環境を新たにした今作は、タイトルに自らのバンド名に「01」を加えた、まさに再起動を告げるような痛快なポップ作となっている。OTOTOYでは今作のリリースを記念し、ヴォーカリストであるいちろー(Vo.Gt)、せんせい(Vo.Key)を迎えたインタヴューを掲載。再起動し、新たなフェイズに進むカランコロンの今とは!? 新レーベル移籍後初、1年9か月ぶりとなるフル・アルバム東京カランコロン / 東京カランコロン01'【配信形態】AAC【配信価格】単曲 205円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】01