京都の最強JAMセッション・至宝のインプロヴィゼーション・バンド、SOFT。5年振りに新たな領域に到達し、次の次元に突き抜ける灼熱のグルーヴ!


関西の音楽シーンが日本でも特殊だということは具体的なアーティスト名を挙げるまでもなく、日本のロック史を少しでも紐解いたことがある人たちにとっては周知の事実である。とりわけ京都はその中でもかなり特殊な部類に入る。時に外部の人から「内輪である」とか、「外に出ていかない」という意味のことを揶揄されることがあり、それはどこかで当てはまる面もあるし、反対にイメージだけで語られている場合もある。
この理論を闘わせるだけで日が暮れてしまいそうな話題なのだが、そこにあるのが絶対的に素晴らしい音楽である限り、身内だろうとそうでなかろうと関係ない、それが真実であるはずだ。SOFTは京都の音楽シーンの代名詞であり、SOFTがわかれば京都がわかる。なぜなら、京都は本当にわからない街だからだ。雑多なビル街を含む木屋町商店街、ちょっと歩けば世界遺産級の建造物に国宝級のライブ・ハウス。わからないから、より深みに嵌っていく。シーンのトップに君臨し、頂点を極めたものだけが手にした灼熱のグル—ヴ、貴重なインタビュー証言をレコミュニでお届け! !
インタビュー & 文 : 南日久志



INTERVIEW

—まずタイトルについてお聞きしたいのですが、『the whole world is sacred sound MUSIC TOUCHES YOU』とは、どういった意味なのでしょうか?
SIMIZ : 前回のアルバムから5年、今回のアルバムの最初のレコーディング・セッションから3年もかかってしまったんですが、途中パーカッションのプリティーがカナダに移住してメンバー・チェンジしたり、みんな結婚したり子どもができたり、本当にいろいろ状況が変わりました。そんな中でも音楽を演奏することに対してどんどんシンプルで本質的な方向に向かっていると思います。そんな音楽がたくさんの人に届けば良いなと思って今回のタイトルになりました。
—今回Tama(トランペット)、Taroo(Bata/パーカッション)、KND(エフェクト)を正式メンバーに迎えた初作品となったそうですが、どういった経緯でメンバーに加入されたのでしょうか。
SIMIZ : Tamaちゃんは何度もいろいろな所で演奏を聞いていて、むちゃくちゃかっこええ音出す人やなと思ってました。レコーディングに参加してもらい、ライブもゲスト参加してもらっているうちにメンバーになりました。SOFT初の女性メンバーですね。Tamaちゃんが入ってから音楽の次元が上昇した感じはありますね。Tarooは前回のUSツアーにもついてきて、そのままキューバに太鼓留学に行ってました。ちょうどTarooが帰ってくるころにパーカショニストを探していて、日本に帰ってきた次の日からリハーサル、ライブと活動を共にしてます。KNDはもともとレコーディングのエンジニアとしていろいろ助けてもらってました。今回のアルバムのミックスも彼がやってくれて、KNDがいてなかったらアルバムの完成はなかったかもしれないですね。彼の音に対する姿勢とかは本当に素晴らしいです。
—これまで多彩なミュージシャンを迎えられたり、打ち込みを取り入れたり様々な実験をしておられますが、音楽を作る上で、なにか決まりごとは最初にあるのですか? 例えば全員でスタジオに入ったときにこういった風にしよう、など。「メタモルフォーゼ」という言葉の似合う日本でも特別なバンドだと思うので、どうやって曲作りをされるのか、非常に興味深いです。
SIMIZ : 基本的にはスタジオでのジャム・セッションから曲に発展していくことが多いですね。スタジオでの演奏を録音して後からそれを聴いてなんかひっかかるとこがあれば、それを元に曲をつくって行く感じですね。メンバー同士では色とか景色とかで音のムードを伝えることはよくあります。最近は核になるビートだったりリフだったりを持ってくることもありますが、作曲というより基本はライブで演奏して楽しめるネタ作りって言うほうが正しいかもしれません。



—既存の曲が、ライブで進化を遂げることはありますか? 最近おなじタイミングで、デレク・ベイリーの「インプロヴィゼーション—即効演奏の彼方へ」を読んだのですが、SOFTのライブでは、スタジオ盤を聴いているとなおさら、そういったインプロの面白さを体験できそうだなと勝手に想像してしまいました。
SIMIZ : ライブでは曲の再生とか再現よりも、DJのミックスみたいにどんどん曲が変わっていく感じとか、すごく高い所から低い所へ落ちる感じとか、どんどん上昇する感じとか、1時間でひとつの流れを作ろうとはしてますね。その結果、曲がどんどん変化していって、常にライブが最新の音ですね。
—結成16年ということで、僕がSOFTを知ったのはここ数年なのですが、昔からよく知る人からは初期はハードコアからはじまったとの話も聞きます。これだけひとつのバンドで音楽性が変異してきていることには理由があると思うのですが、キャリアを振り返ってみてどうですか? なにかをきっかけに音楽性が変わっているのでしょうか?
SIMIZ : もともとハードコアやろうとか、こんなジャンルの音楽やろうとかって集まったんではないですね。ただみんな音楽がすごく好きで、いろいろ雑食的に聴きまくっていてどんどん興味をもつ範囲が広がっていって、そういうのが音楽性の変化につながっていっているのかもしれないですね。基本的にはその時一番気持ちのよいところに向かってるとは思います。
—レコミュニでは、これまでSOFTの音楽を知らなかった人にも、興味をもってもらいたいと思っています。近年、自分たちの音楽と共通項を感じるとしたら、どういった音楽になりますか? 具体的なアーティスト名でもジャンルでも、もしあれば音楽以外のカルチャーでも構いません。
SIMIZ : マイルス・デイビス、ファラオ・サンダース、テリー・ライリー、初期オーブ。ラテン・ミュージック。札幌のクニユキ、juzu aka mochy、風の谷のナウシカ、火の鳥、ブレード・ランナー。
—活動の拠点として東京でなく京都を選んでいるのは、やはり自分たちの発祥の地として思い入れが強いというところからきているのでしょうか?
SIMIZ : 生まれも育ちも関西なんで、単純に東京に住むっていうアイデアがなかっただけですね。最近の京都はかなりおもしろいことになってきたな、と感じることは多いですね。京都でライブすると最近オーディエンスというよりサポーターに近い感じですね。



山本精一さんが最近京都に行かれて、YOSHIMIさんもooioo、yoshimioなどコンスタントに活動されていると思います。同じオルタナティブな音楽を作るアーティストが地域に根差して音楽を作っていることに対してどう思いますか?
SIMIZ : 東京はビジネスと直結していてうらやましいな、と思う部分もあるんですが、今は情報も簡単に手に入るし、時間をかけて音楽を作るっていうことでは関西にいてるほうが自分達にとってはいろいろ都合いいですね。最近地方にいけばそれぞれのエリアでみんなしっかりとシーンみたいなものを作って楽しんでるなと思います。ミュージシャンのレベルはさすがに東京は高いなと思います。
SOFTのような音楽はどういったところから生まれているのか皆が興味のあるところだと思います。一番最近聴いた音楽、または最近もっともよく聴いた音楽はなんですか? (ipodでも、CDプレイヤーに入っているものでも、ターンテーブルに置いてあるアナログ盤でも)
SIMIZ : ターンテーブルにのってるのはALOE BLACC『 I'm Beautiful』。CDJに入ってたのはThe Rh Factor『Hard Groove』でした。
SOFTの曲は、独特のグル—ヴ感がありますよね。専門的なことはわからないのですが、変拍子やポリリズムではじまり難解そうな曲に思わせて、実はすごく踊りやすい音楽だったりします。聴き手の裏をかいてとことん裏切ることを狙っているタイプのバンドでは無い、のだと感じました。難解さだけを追求するのではなく、楽曲とオーディエンスが一体となって生まれるテンションの高さを求めて煮詰めていく感じなのかなと。そういう意味だと、オーディエンスも含めて『SOFTRIBE』という民族音楽なのでしょうか? その辺は意識して作っておられますか?
SIMIZ : お客さん大事ですね。みんな踊って楽しそうにしてると本当にエネルギーもらってると感じます。できたら盆おどりとかサンバ・カーニバルとかそういう次元にまでいけるといいですね。同時に大勢の人と音楽を共有できて同じ気持ちになるって最高ですね。リリース・ツアーがはじまるんですが、是非会場に遊びにきてください。ニュー・アルバム、自信作なんで楽しんでください。ありがとうございます。

PROFILE

結成16周年を迎える京都のカリスマ・バンドSOFT。様々な音楽を昇華したそのライブは時々のヴァイブレーションに応じて柔から剛まで刻々と変化していく。 2009年夏、遂に約5年ぶりとなるニュー・アルバム『the whole world is sacred sound MUSIC TOUCHES YOU』をリリース。

【MEMBER】
UKON (Bass)
SHIMIZ (Guitar)
PON2 (Drums)
Sab (Synth)
Tama (Tp)
Taro (Bata,Per)
KND (effects)

LIVE SCHEDULE

  • 7/04 (土) チボチボ@和歌山 PREGO
  • 7/10 (金) @岐阜 なんや友雑穀
  • 7/11 (土) Nbsa@東京 Unit
  • 7/20 (月) totalsolareclipsefestival@奄美大島

これを聴いてぶっ飛べ!!!


PARA 『X-GAME』
2001年に山本精一(ROVO、想い出波止場)が結成した室内楽的グルーヴ・ユニットのファースト・アルバム。山本精一氏と故CHINAにより結成されたというPARA、ギターにYOSHITAKE EXPE、ボアダムスにも加入したドラムの千住宗臣とシンセ2台西滝太、家口成樹の5人編成でのアルバム・リリース。変拍子なのにそれを感じさせないような統制されたグルーヴで繰り広げられるほんとミラクルな作品! お薦めです!


犬式a.k.a.Dogggystyle 『Life is Beatfull』
2005年発表、記念すべき犬式のファースト・アルバム。ヒット曲「月桃ディスコ」、「Life is Beatfull」やLiveでの定番曲「真冬のラスタファリズム」、「太陽の女」を含む全11曲。


poodles 『OTHER SIDE』
アーシーなリズムに、サイケデリック・オリエンタル・サウンドが炸裂する、poodlesの1stアルバム。ジェンベ、コンガ、ボンゴなど様々な太鼓が揺り動かす魂の鼓動。忘れられた細胞の記憶が呼び起こされる。Tetsuya Okamura(BLAST HEAD)によるリミックスを収録。

CLOSE UP : 環ROY×DJ YUI

CLOSE UP : HARCO

CLOSE UP : 打首獄門同好会

CLOSE UP : SOUR

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

【ハイレゾ配信】8年ぶりの新作『async』について訊く──坂本龍一メール・インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月17日・坂本龍一『async』について語る──メール・インタヴュー 8年ぶりの新作アルバムとしてリリースされるや、OTOTOYでも一気にチャートを駆け上がった坂本龍一の『async』。往年のファンはもちろんのこと、現在のアンダーグラウンドな電子音響のファンまで、広く聴かれるべき刺激的な作品となっている。OTOTOYでは本作をハイレゾで配信するとともに、アルバムまとめ購入には坂本龍一自らが書き下ろしたライナー、そしてクレジットなどが掲載された、CDと同様の内容のPDFライナーが付属している。そして、ここに坂本龍一からのメール・インタヴューが到着した。 24bit/96kHzハイレゾ+ブックレトPDF付きで配信坂本龍一 / async(24bit/96kHz)'【Track List】01. andata 02. disintegration03. solari04. ZURE05. walker 06. stakra 07. ubi08. fullmoon09. async10. tri 11. LIFE, LIFE12. honj13. ff14. garden【配信形態 / 価格】''24bit/96kHz WA
by 八木 皓平
白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース
[CLOSEUP]・2017年04月19日・白昼夢のトロピカル・ミニマル・グルーヴ──D.A.N.の新作『TEMPEST』を巡って 1stアルバム・リリースからわずか1年、あれよあれよという間に、フジロック・フェスなど各種フェスに出演、さらにはリキッドルーム・ワンマンのチケットは即完……そんなバンドへと成長したD.A.N.。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの彼らから、まとまった作品としては1年ぶりとなるミニ・アルバム『TEMPEST』が届いた。すでに昨年末のデジタル・リリース & MVの公開でヒット、さらにはライヴでは定番となっている「SSWB」に加えて、こちらもすでにライヴで披露されている「Shadows」、「Tempest」といった新録曲が収録。今回ミックスを手がけているAOKI takamasaとFumitake Tamura(BUN) のユニット、Neutralの再構築による「Tempest」エデット・ヴァージョンも。またハイレゾ版デジタル・パッケージには、すでに完売となっている12インチ・シングルに収録されていたAOKI takamasaの「SSWB」リミックスがボーナス・トラックとして収録されている。さて本作から、半野喜弘、Jazztronik、
by 河村 祐介
2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表
[CLOSEUP]・2017年02月10日・【リミックス・コンテスト優秀作品フリーDL】PAELLASがリミックス・コンテストの結果を発表 昨年末にリリースされたPAELLASの『Pressure』。現在の空気にドンピシャなインディR&Bのサウンドを携えたモダンなバンド・サウンドで話題を集めている。このアルバムのリリースに際して、OTOTOYではリミックス・コンテストを開催しました。制作期間は、ほぼ1ヶ月程度とかなりタイトな日程のなかでたくさんのご応募ありがとうございました! ということで本ページにて優秀作品を発表させていただきます。またこの優秀作品は後ほどOTOTOYでも配信開始。 リミックス・コンテスト優秀作品フリーDLPAELLAS / REMIXES(24bit/48kHz)'【Track List】01. girl talk msd.remix 02. P house feat. ENNE blur Like Progressive House Remix03. P house feat. ENNE My Little Bears re:mix04. P house feat. ENNE (Yasuha. Remix)05. P hous
by 河村 祐介
【ハイレゾ配信】トータスのギタリストによるポスト・ディラ・ビートなアルバム
[CLOSEUP]・2017年04月14日・トータスのギタリスト、ジェフ・パーカー、ディラからの影響を公言する作品をハイレゾ・リリース! Chicago Underground、Activities Of Dustをはじめ、現在もトータスのメンバーとして活躍する名手、ギタリストのジェフ・パーカーが2016年6月にリリースしたソロ2作目『The New Breed』の日本盤がリリースされた。日本盤では、レーベルメイトであるシカゴ在住のドラマー、マカヤ・マクレイヴンによる「Logan Hardware Remix」が追加収録されている。シカゴの新興レーベル〈International Anthem〉から昨年リリースされていた本作は、NPR、Observer、New York Times、Los Angeles Times、Aquarium Drunkard、Bandcamp等アメリカの音楽メディアで年間ベストにランクインし、非常に高い評価を獲得している。OTOTOYでは、こちらハイレゾ版のデジタル配信を行うとともに、アルバム全体購入に、CDと同様、柳樂隆光(『JAZZ THE NEW CHAPTER』監修者)によるライナーノーツをPDFで同梱。きめ細やか
by 寺島 和貴
はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておこう
[CLOSEUP]・2017年04月07日・はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておくべし おかげさまで、OTOTOYでは女性アイドル&グループを取り上げることが増えました。きっかけになったのは新生アイドル研究会ことBiSの存在。当時、インディ・ロックのツボを押さえたエモーショナルな楽曲は新鮮で、BELLRING少女ハート、ゆるめるモ!、Especia、Negicco、おやすみホログラムをはじめ、3776、KOTO、amiinAなど、バラエティ豊かなアイドルたちを特集してきました。いまなお、ヤなことそっとミュートや新しいアイドルたちが登場しており、ワクワクした状況が続いています。 そんな折、OTOTOYでは男性アイドル&グループをほとんど取り上げていないことに気がつきました。BiSをきっかけにいろいろなグループに魅了されたように、男性アイドルやグループにも、たくさんの魅力があるんじゃないか。そう思い立ち、一度男性アイドル&グループ特集を組んでみることにしました。男性アイドル・グループを愛してやまない音楽関係者Mr.Kに話を聴きながら、これは押さえておいたほうがいいというグループをまとめてみました。こんなの常識でしょ? と思われる方もい
by 西澤 裕郎
★STAR GUiTAR、全編インストのベスト・アルバムをリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月13日・日常こそスペシャルに──★STAR GUiTAR、全編インストのベスト・アルバムをリリース 華麗なピアノの音色とテクノを基軸にダンス・ミュージックの歴史に挑み続ける「★STAR GUiTAR」。昨年11月にリリースされた歌モノにフォーカスしたベスト・アルバム『Here and There』に続き、今回は彼の真骨頂ともいうべきインスト楽曲のベスト盤をリリース! オトトイではもちろんハイレゾ配信を実施。今作には、JAZZとダンス・ミュージックをクロスオーバーする話題のバンドStill Caravanをはじめ、Chieko Kikuchi(KAGERO)、fox capture plan、H ZETT M、Hidetake Takayama、Hiroko Sebu、MELTEN (JABBERLOOP,fox capture plan)、re:plus、Schroedr-Headzという超豪華な面々が集結。珠玉の楽曲が15曲収録されています。今回のインタヴューでは、インストを手がけるなかで生じた彼自身の考え方の変化や、このアルバムに対する思いなどを語ってもらった。 インスト楽曲のベスト・アルバムをハイレゾで! ★
by JJ
DÉ DÉ MOUSE、祝活動10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信
[CLOSEUP]・2017年04月12日・DÉ DÉ MOUSE、祝10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信 〈RAW LIFE〉からインディ・ロック・シーンまでに届いたアンセム「baby's star jam」も収録のマスターピース、1st『tide of stars』から10年、DÉ DÉ MOUSEの通算6枚目のアルバムがここに完成した。きらびやかなカットアップ・シンセ・サウンドによるポップなエレクトロ・トラックは、まさに彼の真骨頂にして、そのスタイルの最新型とも言えるサウンドに仕上がり、ここ数年の活発なリリースの勢いをそのまま封入したようなエネルギッシュな作品とも言える。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を1ヶ月独占で配信開始する。またリリースを記念して、こちらのアルバムから「pump it up (feat. Anamanaguchi from NY)」を2週間限定フリーダウンロードを開始(4月26日19時まで)! デビュー10周年を迎え、名義も新たに「DÉ DÉ MOUSE」と改めた、彼に話を訊いた。 6thアルバムのハイレゾ版1ヶ月独占配信DÉ DÉ MOUSE / dream you up(24bit/48kHz)'【T
by JJ
長澤知之、全34曲収録のアンソロジー・アルバムをリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月12日・「天才」が歩んだ10年間の軌跡──長澤知之、全34曲収録のアンソロジー・アルバムをリリース 長澤知之が2017年4月12日にアンソロジー・アルバム『Archives #1』をリリースする。2006年に驚異の才能でデビューを飾り、以降“孤高の天才”と称された彼の10年間の軌跡が、このアルバムには詰まっている。今回OTOTOYでは金子厚武による長澤へのインタヴューを敢行。10年間の活動を紐解くとともに、長澤知之という人物にもフォーカスしたインタヴューとなっています。ぜひ『Archives #1』を聴きながら楽曲で、そしてインタビューで彼の活動を振り返ってみてください。 デビュー10周年を記念するアンソロジー・アルバム 長澤知之 / Archives #1'【配信形態】AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / アルバム 2,400円(税込)【収録曲】''1. あんまり素敵じゃない世界2. フラッシュバック瞬き3. 夢先案内人4. バベル 5. センチメンタルフリーク6. スーパーマーケット・ブルース7. Stop The Music8. バニラ (2014 Acoustic) 9. MEDAMAYAKI10.
筆者について
同じ筆者による他の記事