artist image

CICALA-MVTA

アバンギャルドとチンドンのストリート魂が絶妙にシェイクされた大熊ワタルのクラリネットに、サックス、ヴァイオリン、ギター、トロンボーン、テューバやドラムが刺激的かつ絶妙に絡む。ロック、ジャズやトラッドと、あらゆるジャンルの垣根は完璧に踏みにじられ、シカラムータの破壊/再生のメリー・ゴーラウンドに乗って、すべては爆笑と号泣の渦に巻き込まれていく。 「東京アンダーグラウンドの底力」と言われた曲者揃いの超異才集団による脳天直撃サウンドは、国内外で常に反響を呼び続けている。 1994年頃より、クラリネット奏者大熊ワタルがリーダーとなり活動を始めた「大熊亘ユニット」を、97年あらたに「CICALA-MVTA(シカラムータ)」と命名、戦前の大道演歌師・添田唖蝉坊の墓碑銘にちなんでいる。

Official site: http://www.cicala-mvta.com/

Discography

結成15周年を迎えて、ますます充実、異次元へと弾けまくるシカラムータ。国内外から高い評価を得てきた彼らの、3年半ぶりとなる新作は、近年大好評のツイン・テューバ態勢では初となるライブ録音で音像化。シカラムータを素材とした太宰治賞受賞の小説『テューバはうたう』に出てくる架空の曲名に由来する「火の中の火」、怒涛の大曲「ちぎれ雲のバラード」、「迷Q都市」や「ヤマナミ」の圧倒的なサウンドを、高音質HQDでどうぞ。
4 tracks

Articles

TRASH-UP!! × OTOTOY連載企画 メッセージ・フロム・アンダーグラウンド 第4回インタヴュー、大熊ワタル

インタヴュー

TRASH-UP!! × OTOTOY連載企画 メッセージ・フロム・アンダーグラウンド 第4回インタヴュー、大熊ワタル

東日本大震災から3年がたった。TVやネットでも、随分、震災や原発事故関連のニュースは減ってしまった。かくいうOTOTOYも、毎年続けていた震災コンピ『PLAY FOR JAPAN』を、今年は創らないことにした。労力がかかりすぎる、支援金が集まらない等の様々…

シカラムータ 新作先行配信『裸の星(HQD ver.)』レビュー by 南日久志

レヴュー

シカラムータ 新作先行配信『裸の星(HQD ver.)』レビュー by 南日久志

大熊ワタルという人物をご存じだろうか? 1999年に涙が出るほどの名インスト揃いのサウンド・トラック『豚の報い』をソロ名義でリリースする傍ら、自身のユニットを「シカラムータ」と名付け活動しているアーティスト。日本が誇るクラリネット奏者である。大熊ワタル個人…