CICALA-MVTA

Artist Profile

アバンギャルドとチンドンのストリート魂が絶妙にシェイクされた大熊ワタルのクラリネットに、サックス、ヴァイオリン、ギター、トロンボーン、テューバやドラムが刺激的かつ絶妙に絡む。ロック、ジャズやトラッドと、あらゆるジャンルの垣根は完璧に踏みにじられ、シカラムータの破壊/再生のメリー・ゴーラウンドに乗って、すべては爆笑と号泣の渦に巻き込まれていく。 「東京アンダーグラウンドの底力」と言われた曲者揃いの超異才集団による脳天直撃サウンドは、国内外で常に反響を呼び続けている。 1994年頃より、クラリネット奏者大熊ワタルがリーダーとなり活動を始めた「大熊亘ユニット」を、97年あらたに「CICALA-MVTA(シカラムータ)」と命名、戦前の大道演歌師・添田唖蝉坊の墓碑銘にちなんでいる。

公式サイト: http://www.cicala-mvta.com/

Discography

Articles

TRASH-UP!! × OTOTOY連載企画 メッセージ・フロム・アンダーグラウンド 第4回インタヴュー、大熊ワタル

インタヴュー

TRASH-UP!! × OTOTOY連載企画 メッセージ・フロム・アンダーグラウンド 第4回インタヴュー、大熊ワタル

TRASH-UP!! × OTOTOY連載企画 メッセージ・フロム・アンダーグラウンド 第4回インタヴュー : 大熊ワタル東日本大震災から3年がたった。TVやネットでも、随分、震災や原発事故関連のニュースは減ってしまった。かくいうOTOTOYも、毎年続けて…

シカラムータ 新作先行配信『裸の星(HQD ver.)』レビュー by 南日久志

レヴュー

シカラムータ 新作先行配信『裸の星(HQD ver.)』レビュー by 南日久志

結成から15年。今宵も行進を続ける、ハードコア・ヂンタの列。世界中どこにも鳴っていない、日本だけでしか生まれ得なかった未来のジャパニーズ・トラッド!?大熊ワタルという人物をご存じだろうか?<br/>1999年に涙が出るほどの名インスト揃いのサウンド・トラッ…