ラッキーオールドサン、希望的な春をもたらすセカンド・アルバムリリース

左から篠原良彰(Vo,Gt)、ナナ(Vo.)

ラッキーオールドサンが約2年ぶりに待望のセカンド・アルバム『Belle Époque』をリリース。70年代の豊潤なサウンドを、現代的な解釈と日常感覚で独自に消化してみせた。録音 / ミックス・エンジニアには馬場友美、マスタリング・エンジニアには木村健太郎を起用し、安部勇磨(never young beach)、夏目知幸(シャムキャッツ)、角舘健悟(Yogee New Waves)、平賀さち枝やHomecomingsら同世代のアーティストからも支持されるその瑞々しい音楽性はよりふくよかで、彩り豊かなものに更新された。そんな日常に寄り添う彼女たちの本作のレヴューを掲載。

ラッキーオールドサン、2年ぶりのセカンド・アルバム


ラッキーオールドサン / Belle Époque

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC
>>>ハイレゾとは?

【配信価格】
単曲 250円(税込) / アルバム 1,800円(税込)

【収録曲】
1. さよならスカイライン
2. ベッドサイドストリート
3. フューチュラマ
4. 写真
5. 夢でもし逢えたなら
6. ツバメ
7. I want you baby
8. すずらん通り
9. Railway
10. Tokyo City Brand New Day



ラッキーオールドサン 2nd full-album 『Belle Époque』 trailer


REVIEW : ラッキーオールドサン

春。出会いと別れの季節。新天地へと旅立つ人々の期待がとりわけ着目されるわけだが、個人的にはそんなものよりも、その場にとどまる人の気持ちに是非焦点を当てていただきたいと思う。というのも仕事場、アルバイト先に新たに加わったメンバーに仕事を教える立場になることの重圧である。これは新しい人間関係を構築していくことより厄介だ。今まで自分が身につけたスキルが試され、相手のキャパシティーを考えながら自分の仕事を全うすることを考えると気持ちが沈んでいく。とにかく頭を使い、人との関わりが色濃くなる季節だからこそ、息苦しく感じる季節へと変わっていってしまう。春の爽やかなイメージは何処。しかし、そんな憂鬱に思えた4月に男女によるポップ・デュオのメロディが耳へとなめらかに滑り込んできた。

ラッキーオールドサンが新アルバム『Belle Époque』をリリースした。前作『ラッキーオールドサン』では「街」を通して人々の生活に寄り添う作品だったが、今作はいまを生きる人々そのものを歌っていた。「ツバメ(M6)」という季節と密接に関わる鳥を歌うことで四季を連想させ、「フューチャラマ(M3)」では“幸せ”を哲学的に解釈するわけではなく、幸せとはなんだろうかと漠然とした疑問だけが駅のホームに投げられる。日常を実直に歌い上げ人それぞれの心象風景に触れることで、心にぽっとあかりが灯り、体を順々にじんわりとあたためて行くその様はまさに希望的な春だった。

今やカーステレオはCDを入れなくていいし、ダイヤルは回さずタップして、撮った写真はアルバムをめくるのではなくスライドして画面越しに見る時代である。しかし彼女らの音楽が今の日常感覚にカチッとはまるのは、コンピューターで隙間なくべったり色を塗られた全美なものではなく、スケッチしたような抜け感や風通しを感じる柔らかさを人々が求めているからだ。憂鬱な春を吹き飛ばすのは強く激しいより、人を通して歌われた優しいポップスの風だった。(text by 宮尾茉実)

過去作もチェック!

RECOMMEND

平賀さち枝とホームカミングス / 白い光の朝に

平賀さち枝とHomecomings、お互いのライヴ企画に呼びあう等共演を通じ親睦を深めていった相思相愛の2組によるスペシャル・コラボ・アルバム。

この作品に関する特集ページはこちら

シャムキャッツ / マイガール

今やインディー・ポップの枠組みを超え、飛躍的にその才能とチャームを開花させたシャムキャッツが、1年5ヶ月ぶりとなる待望のオリジナル作品『マイガール』を、バンドが新たに立ち上げたレーベルよりリリース!

この作品に関する特集ページはこちら

LIVE SCHEDULE

〈2nd full album『Belle Époque』Release Tour〜佳き時代に生まれたね〜〉
2017年5月5日(金・祝)@京都 Live House nano
出演 : ラッキーオールドサン(BAND SET) / 西村中毒バンド / バレーボウイズ

2017年5月6日(土)@大阪 HOPKEN
出演 : ラッキーオールドサン(BAND SET)

2017年5月7日(日)@名古屋 K.D ハポン
出演 : ラッキーオールドサン(BAND SET)

2017年6月3日(土)@下北沢SHELTER
出演 : ラッキーオールドサン(BAND SET)

2017年6月24日(土)@仙台 SENDAI KOFFEE
出演 : ラッキーオールドサン / 路地裏調査隊

その他ライブ情報
〈FOREVER YOUNG BIG〉
2017年4月30日(日)@東京 上野恩賜公園野外ステージ(水上音楽堂)
出演 : ラッキーオールドサン / 石指拓郎 / 井手健介 / 内村イタル / 折坂悠太 / かみぬまゆうたろう / 谷口貴洋 and more…

〈リリース記念インストアライブ〉
2017年5月20日(土)@タワーレコード新宿店

〈Minimal Music meets the Temple〉
2017年5月27日(土)@日蓮宗 妙善寺
出演 : ラッキーオールドサン / 東京塩麹 / マーライオン(前座)

PROFILE

ラッキーオールドサン

ナナ(Vo.)と篠原良彰(Vo,Gt)による男女2人組。2人ともに作詞 / 作曲を手掛け、確かなソングライティング・センスに裏打ちされたタイムレスでエヴァーグリーンなポップスを奏でる。2014年12月にkitiより1stミニ・アルバム『I'm so sorry,mom』でデビューし、2015年7月には1stフル・アルバム『ラッキーオールドサン』をリリース。詩と歌のシンプルなデュオ編成から、個性的なサポート・メンバーを迎えたバンド編成まで、様々な演奏形態で活動を展開。輝きに満ちた楽曲の数々は多くのリスナーを魅了し、またその確かな音楽性が多くの同世代バンドからも熱烈な支持を得る。2016年4月にはカントリーやブルースといったルーツ・ミュージックの匂いを纏った2ndミニ・アルバム『Caballero』をリリース。2010年代にポップスの復権を担うべくあらわれた、注目のポップ・デュオ。

アーティスト公式HPはこちら

o

 
 

"review"の最新アーカイヴ

【REVIEW】遠くの空へ向けた悲しくも美しい手紙──マウント・イアリ最新作『A Crow Looked At Me』をハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年04月18日・遠くの空へ向けた悲しくも美しい手紙──マウント・イアリ新作『A Crow Looked At Me』をハイレゾ配信 2001年にリリースした『The Glow Pt. 2』がレディオヘッド、ホワイト・ストライプス、ストロークス、フガジ、アヴァランチーズなどの強豪を抑えて米サイト〈Pitchfork〉にて2001年のアルバム・オブ・ザ・イヤーに輝くなど、名門インディ・レーベル〈K Records〉の看板アーティストとして1990年代後半〜2000年代初頭までザ・マイクロフォンズという名義で多くの賞賛を得たフィル・エルヴラム。活動名義をマウント・イアリと変えた後も精力的にリリースを行ってきた彼だが、今回リリースする『A Crow Looked At Me』は自身も音楽家として国際的に評価を受けるドローイング / コミック・アーティスト、ジュヌヴィエーヴ・カストレイ夫人の死をテーマに制作が進められ、身近な人の「死」による悲しみを描いた11曲が収められている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信すると共に、前述のアルバム『The Glow Pt. 2』も配信スタート。両作品ともブックレットを付属しているので訳詞と共に
ラッキ−オールドサン、2thFullAlbum『Belle Époque』レヴュー掲載
[REVIEW]・2017年04月13日・ラッキーオールドサン、希望的な春をもたらすセカンド・アルバムリリース ラッキーオールドサンが約2年ぶりに待望のセカンド・アルバム『Belle Époque』をリリース。70年代の豊潤なサウンドを、現代的な解釈と日常感覚で独自に消化してみせた。録音 / ミックス・エンジニアには馬場友美、マスタリング・エンジニアには木村健太郎を起用し、安部勇磨(never young beach)、夏目知幸(シャムキャッツ)、角舘健悟(Yogee New Waves)、平賀さち枝やHomecomingsら同世代のアーティストからも支持されるその瑞々しい音楽性はよりふくよかで、彩り豊かなものに更新された。そんな日常に寄り添う彼女たちの本作のレヴューを掲載。 ラッキーオールドサン、2年ぶりのセカンド・アルバムラッキーオールドサン / Belle Époque'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,800円(税込)【収録曲】1. さよならスカイライン2. ベッドサイドストリート3. フューチュラマ4. 写真5. 夢でも
by 宮尾茉実
【REVIEW】踊らされるのではなく、自らの意思で踊れ──BRAHMAN、久々となるニュー・シングル『不倶戴天 -フグタイテン-』をリリース!!
[REVIEW]・2017年04月13日・踊らされるのではなく、自らの意思で踊れ──BRAHMAN、久々となるシングルをリリース!! 結成23年目を迎えた現在もなお、精力的なライヴ活動で多くの人々を惹きつけ続けている日本を代表するハードコア・パンク・バンド、BRAHMAN。そんな彼らが前作『其限』のシングル発売から約1年9ヶ月ぶりとなる作品、『不倶戴天 -フグタイテン-』をリリースした。「ともにこの世に生きられない、また、生かしておけないと思うほどの恨み・怒りの深いこと。また、その間柄。」という意味のタイトル・ナンバーから、古くから対バンなどで親交を深めてきたTHA BLUE HERBのILL-BOSSTINOをゲストに招いた「ラストダンス」などを含む全3曲が収録された今作は、進化と深化が表現された傑作のシングルとなっている。ここまで続けてきたからこそ描ける、彼らの新たな到達地点に是非とも触れて欲しい。 BRAHMAN / 不倶戴天 -フグタイテン-'【Track List】01. 不倶戴天02. ラストダンス featuring ILL-BOSSTINO (THA BLUE HERB)03. 怒涛の彼方【配信形態 / 価格】''16bit/44.
【REVIEW】DAOKO、アニメのエンディングテーマを書き下ろした配信シングルリリース
[REVIEW]・2017年04月14日・希望と葛藤に生きる主人公に重ねた想いーーDAOKO、アニメのエンディングテーマを書き下ろし ラップシンガーDAOKOが、配信シングル「拝啓グッバイさようなら」をリリースした。2017年4月から放送中のTVアニメ「神撃のバハムート VIRGIN SOUL」の主人公と重なるような想いを描きながら制作された本作は、同アニメのエンディングテーマになっている。2017年初のリリースでもある本作品をレヴューとともに聴いてもらいたい。 DAOKO / 拝啓グッバイさようなら'【Track List】1. 拝啓グッバイさようなら【配信形態】【左】24bit/48kHz (WAV / FLAC / ALAC) / AAC【右】16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【価格】''【左】400円(税込) 【右】257円(税込) LINELIVE:21/broadcast/1811040:centercaption=LINE LIVE "Portrait Film Project" 第2弾「拝啓グッバイさようなら」クリエイティブ・ディレクター 川村元気監督 関和亮 REVIEW : 拝啓グッバイ
【REVIEW】ゆるふわ海賊船が全てを奪いにきた!!──ゆるふわギャング、ファースト・アルバムをリリース!!
[REVIEW]・2017年04月07日・ゆるふわ海賊船が全てを奪いにきた!!──ゆるふわギャング、ファースト・アルバムをリリース!! 昨年2016年にリリースした自主制作アルバム『EverydayIsFlyday』が高い評価を得たラッパー、Ryugo Ishidaと、フィメール・ラッパーSophiee、そしてプロデューサーのAutomaticによるプロジェクト、ゆるふわギャング。2016年にラッパーの2人が出会い、遊びの延長線上で結成された彼らは、結成間も無く「Fuckin' Car」、「Dippin Shake」のMVを公開。そして今作をリリースするために立ち上げられたクラウドファンディングでは目標額の5倍を達成するなど注目度MAXの状態で待望となるファースト・アルバム『Mars Ice House』をドロップ。2017年は、ゆるっとふわっと彼らがかっさらう!! ゆるふわギャング / Mars Ice House'【Track List】01. Go! Outside02. Dippin' Shake03. HunnyHuntBleach The World04. Bleach The World05. YRFW Shit06. Don't S
HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第3回
[REVIEW]・2017年04月10日・HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第3回 HIP HOPライター斎井直史による定期連載、「パンチ・ライン of The Month」も第3回。前回は、既に2017年ベストとの呼び声高いJJJのアルバム『HIKARI』のレヴューをお届けしました。気になる今回は、JJJと同じくFla$hBackSのメンバーとしても知られるFebb as Young Masonのセカンド・アルバム『So Sophisticated』のリリース記念!! Febb本人も参加のスペシャル・ヴァージョンでお届けです!! febb as Young Mason / So Sophisticated'【Track List】01. ANGEL Feat. AZ02. CAREFREE03. DON Feat. B.D.04. HUSSLE 4 HUSSLE Feat. KNZZ05. THE GAME IZ STILL COLD Feat. A-THUG06. ON FIRE Feat. 敵刺07. AESTHETIC08. OPERATION SURVIVE09. SHADOW
by 斎井 直史
【REVIEW】ダスティン・ウォング & 嶺川貴子、3枚目となるアルバム『Are Euphoria』をハイレゾ配信開始!!
[REVIEW]・2017年04月05日・突き放されない、心地よさ──ダスティン・ウォング & 嶺川貴子、3rdアルバムをハイレゾ配信!! 2014年『Savage Imagination』の発売から3年、ソロとしても精力的に活動し、当代随一のギター・ウィザードと称賛を受けているギタリスト、ダスティン・ウォングと90年代後半の東京のエクスペリメンタル、トイ・ポップ音楽における重要人物である嶺川貴子による3枚目の共作作品『Are Euphoria』がリリースされた。日本のみならず北米や中国などでもツアーを行ってきた彼らであるが、今作ではライヴで熟成させてきた楽曲達を前2作と同様、2人のみで録音。今回のアルバムは日本先行発売となり、アメリカでの発売はトータスやシー・アンド・ケークなどをリリースしてきた名門レーベル、スリル・ジョッキーからのリリースが予定されている。OTOTOYでは24bit/96kHz、24bit/44.1kHzの2つのフォーマットにてハイレゾ配信。この2人だからこそ鳴らされる、研ぎ澄まされた音像を是非とも高音質で楽しんでいただきたい。 ダスティン・ウォング & 嶺川貴子 / Are Euphoria'【Track List】01. 7
【REVIEW】「音楽の魔法」を証明するーー大森靖子、「神」をテーマにした新アルバムをリリース
[REVIEW]・2017年03月23日・【REVIEW】大森靖子「音楽の魔法」を証明するーー「神」をテーマにした新アルバムをリリース 大森靖子が3rdアルバム『kitixxxgaia』を3月15日にリリース。メジャー第3弾となる同作は様々なアーティストとのコラボレーションに特化した作品に。人気のシングル曲、fox capture planをゲストに迎えた「ドグマ・マグマ」、DAOKOが共作した「地球最後のふたり」など、1曲1曲が濃密な全13曲を収録。また、大森自身が℃-uteに提供した「夢幻クライマックス」の歌詞をあらたに書き直し、ピアノで弾き語った「夢幻クライマックス かもめ教室編」も収録。聞き応え抜群の「神」をテーマにした本作を、前田将博による濃厚レヴューとあわせてお楽しみください。 大森靖子 / kitixxxgaia【配信形態】AAC【価格】単曲 257円(税込) / アルバム 2,200円(税込)【収録曲】01. ドグマ・マグマ / 02. 非国民的ヒーロー / 03. IDOL SONG / 04. JI・MO・TOの顔かわいいトモダチ / 05. 勹″ッと
by 純三
筆者について
同じ筆者による他の記事