ANATAKIKOUが5年ぶりにアルバムをリリース! 侘び寂び的美学を感じさせる、今の彼にしか作れない音楽

2016年、様々な名曲が世に放たれた。しかしその裏で、活動休止、解散を発表するアーティストが続出したのも事実だ。WHITE ASH、DOES、HaKU、最近ではYkikiBeatが活動休止を発表。誰もが永遠的存在と考えていた、SMAPまでもが解散する衝撃的な事態となった。好きな音楽の最新が更新されないことを嘆き、永遠などなく、常に世界は流動し続けていることを気づかされた。そんな憂い嘆く空気を打破するように、5年ぶりのニューアルバムリリースと銘打って景気良く口切りをしたのがANATAKIKOUだった。

ANATAKIKOU / 3.2.1.O

【配信形態】
(24bit/96kHz) ALAC / FLAC / WAV、AAC
>>>ハイレゾとは?

【価格】
単曲 257円(税込) / まとめ価格 1,800円(税込)

【トラック・リスト】
1. november stop
2. いちいちみてみて
3. いついつであう
4. 恋はマゼンタ
5. うたになあれ(feat.YeYe)
6. 今日も明日も(2016)
7. 救世主とカンツォーネ
8. 絵に描いたモチーフ
9. 万年筆とガールフレンド
10. MY DEAR

REVIEW : ANATAKIKOU

2001年に結成され、メンバーの脱退を経て、現在は松浦正樹のソロプロジェクトとして活動しているANATAKIKOU。そんな彼が5年ぶりのアルバム『3.2.1.◯』をリリースした。なんともこのひょうきんで遊び心あるタイトルに思わず気が抜けてしまったのだが、このタイトルは、「3人でスタートしたバンドが2人になり、1人になっても、0にはならず○(=正解)を求めて生き続けよう」というANATAKIKOUの物語になぞらえて名付けられたものだという。

5曲目「うたになあれ」では、多部未華子出演CM「ヴィックスドロップ」にて作曲歌唱したことでも話題になったYeYeを迎えることにより、ほんわかあったかくムーディな歌謡曲が歌われている。10曲目「MY DEAR」ではANATAKIKOUというバンドを一人背負い続ける松浦の「劣等感で潰れそう」という語り出しから始まり、「経験なんて雪のよう」とじんわり溶け出してしまいそうな不安や危うさ、儚さを持ち合わせた表現にわびさび的美学を感じずにはいられない。シンプルでアコギのメロディが更にセンチメンタルな気分を増幅させる。彼の作りだす、熟れに熟れ、濃く甘い香りを放つ耽美なメロディラインに酔いしれ、身体が憑依されてしまう感覚に陥る。

「常在」するものはこの世にはない。川の流れが絶えず流れているように、季節が四季を持ち合わせているように、自らの細胞が動き心臓を動かしているように、常に物や人は流動し変化し続けている。それを趣深く感じられることこそ日本の価値ある美的範疇である。松浦正樹はその美しさを表現出来るセンスを持ち合わせているが故に変わりゆく自らを取り巻く状況をも取り込み、メロウなポップスとして打ち出し人々を魅了することができる。理知、人心、物質、全てが揃うべくして揃って出来上がった「時機」をまとった今の彼にしか作れない作品だと全曲聴き終わって気づかされるだろう。(Text by 宮尾茉実)

LIVE SCHEDULE

ANATAKIKOU「3.2.1.O」発売記念ミニライブ&サイン会
2017/2/5(日)@タワーレコード梅田NU茶屋町店 イベントスペース

PROFILE

2001年、大阪にて3人で結成。
メンバーの脱退を経て、現在は松浦正樹主宰によるバンド。ba&cho 杉村美奈(ex ママスタジヲ) 、key 藤井学(The Miceteeth)、dr&cho 山口実紗(ex サルバ通り)、prog クマノツヨシ(nifu)、key&cho 103CA(ANAGUMA / 印象派)と共に精力的にライブを繰り広げている。
(ライブによって編成が異なります。)

ANATAKIKOU HP

o

 
 

"cleseup"の最新アーカイヴ

【REVIEW】THE ORAL CIGARETTES
[CLESEUP]・2017年02月03日・【REVIEW】THE ORAL CIGARETTES 「不完全」な人間の底力をニューアルバムで表明 人は「不完全」なことを嘆く。自分の不甲斐なさに落ち込むのはいつだって自分の「理想」とする「完全」な姿がつきまとっているからだ。誰かに強いられていてもいなくても、足らない部分を埋めようと必死になることもしばしばある。そんな呪縛に囚われるのは人間の性なのか。しかし、THE ORAL CIGARETTESはそんな私たち人間に強烈な一撃を食らわせた。 THE ORAL CIGARETTES / UNOFFICIAL'【配信形態】(24bit/96kHz) ALAC / FLAC / WAV、AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 540円(税込) / まとめ価格 3,200円(税込)【トラック・リスト】1. リコリス2. CATCH ME 3. 悪戯ショータイム4. 51505. WARWARWAR6. エンドロール7. DIP-BAP 8. Shala La9. 不透明な雪化粧10. LOVE REVIEW : THE ORAL CIGARETTES 妖艶な歌声や疾走感に溢れた楽曲が印象的なTHE O
by 宮尾茉実
1stシングルをリリースの「かろうじて人間」。謎めいた彼らの正体を明かす!
[CLESEUP]・2017年02月08日・1stシングルをリリースの「かろうじて人間」。謎めいた彼らの正体を明かす! 人間臭さ全開の、謎の変拍子バンド「かろうじて人間」。変拍子を多用し緩急のついた演奏とキャッチーなメロディを基調としたサウンドを奏でる彼らが今年1月に1stシングル『キーウィがなんかたのしそう』を発売。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信、そのなかから1曲フリー配信が決定! あわせてメンバー4人へのインタヴューを敢行した。 予測不可能でエモーショナルな3曲入りシングルかろうじて人間 / キーウィがなんかたのしそう'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 216円(税込) / アルバム 540円(税込)【収録曲】1. anemone2. シンクホール 3. 巡る色、走る INTERVIEW : かろうじて人間バンド公式Twitter、Facebookも無く、あるのは簡素なHPとSoundCloudだけという謎多きバンド「かろうじて人間」。今回のインタビューでは、謎めいた彼らの結成の経緯からインパクトのあるバンド名の意味、彼らにとって初めてとなったシングル『キー
by 鈴木 雄希
【ライヴレポート】Helsinki Lambda Culb 渋谷WWWにて千秋楽
[CLESEUP]・2017年02月02日・【ライヴレポート】Helsinki Lambda Club 彼らの伝えたい「いい」音楽たちをひっさげたツアー、完結。 今日も電車に乗って、携帯ニュースを開いてみる。人は世の中の過激な出来事や批判に自然と目がいく。巷を賑わすスキャンダルは皆好きなのに聞き耳立てるだけで、タブーと分かっているが故に踏み込むことは無い。こんなニュースもしばらくしたら忘れてしまうんだろうな。そう考えながら渋谷へと向かった。Helsinki Lambda Clubのツアーファイナルを見届けるために。 テキスト : 宮尾茉実写真 : 高田真希子 REPORT 昨年11月にリリースした1stフルアルバム『ME to ME』を提げて全国7箇所をまわったツアー『From ME to YOU』も渋谷WWWにていよいよ大詰め。定刻19時に橋本薫(Vo.)自らがメガホンを手に取り撮影した「Skin」のMVを上映。WWWでスクリーンを使用するという、実に新鮮な演出にフロアも大興奮。ちょっぴりR指定が入ってしまいそうなMVはDVD-ROMで来場者にプレゼントされ、ベッドの下や引き出しの天井部分なんてベタな場所に隠したくなってしまう仕様となった。 上
by 宮尾茉実
初のBサイド集から紐解く、ゼロ年代ART-SCHOOLの真実
[CLESEUP]・2017年01月26日・初のBサイド集をリリースするART-SCHOOL、木下理樹が語る「傷だらけの歴史」 2000年に『SONIC DEAD KIDS』でデビューを果たしたART-SCHOOL。以来、6枚のシングル、11枚のミニ・アルバム、9枚のオリジナル・アルバムをリリースしてきた。そんな彼らが2017年1月25日に初のB SIDES BESTをリリース。事前に行ったファン投票を反映し、メンバーの思い入れと共に選曲した全18曲。 隠れた名曲達が多く収録された今作には、ART-SCHOOLの歴史と思い出が詰まっている。今回は木下理樹(vocals/guitars)にインタヴューを敢行。これまでの活動について彼の思いを訊いた。 ART-SCHOOL初のBサイド集ART-SCHOOL / Cemetery Gates'【販売価格】2,700円【収録曲】1. ニーナの為に2. ステート オブ グレース3. 19654. プール5. I hate myself6. レモン7. LILY8. SKIRT9. LOVERS10. MEMENT MORI11. JUNKY’S LAST KISS12. LUCY13. カノン14. LITTL
ANATAKIKOUが5年ぶりのアルバム!侘び寂び的美学を感じさせる、今の彼にしか作れない音楽
[CLESEUP]・2017年01月21日・ANATAKIKOUが5年ぶりにアルバムをリリース! 侘び寂び的美学を感じさせる、今の彼にしか作れない音楽 2016年、様々な名曲が世に放たれた。しかしその裏で、活動休止、解散を発表するアーティストが続出したのも事実だ。WHITE ASH、DOES、HaKU、最近ではYkikiBeatが活動休止を発表。誰もが永遠的存在と考えていた、SMAPまでもが解散する衝撃的な事態となった。好きな音楽の最新が更新されないことを嘆き、永遠などなく、常に世界は流動し続けていることを気づかされた。そんな憂い嘆く空気を打破するように、5年ぶりのニューアルバムリリースと銘打って景気良く口切りをしたのがANATAKIKOUだった。 ANATAKIKOU / 3.2.1.O'【配信形態】(24bit/96kHz) ALAC / FLAC / WAV、AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 257円(税込) / まとめ価格 1,800円(税込)【トラック・リスト】1. november stop2. いちいちみてみて 3. いついつであう 4. 恋はマゼンタ5. うたになあれ(feat.YeYe)6. 今日も明日も(2016)7. 救
by 宮尾茉実
筆者について
同じ筆者による他の記事