「唄は声、ベースはガード・レール、ドラムは街灯り、ギターはストーリー、4人編成で描くジャンルは夜空」という形容が印象的なRECO.。2005年に結成。男女混声で都内を中心に活動する。シンプルな楽曲からは、純粋、ドラマチック、青春という言葉を思い浮かべることができる。知らない風景を切り取ったような音は、彼らが言葉ではなく景色を奏でるこだわりがあるから。

彼らはたくさんの自主イベントを企画している。そのスタンスは、1番にお客さんの事を考え、東京で無数に行われているイベントとは趣が違うようだ。4月28日には渋谷O-nestでPaperBagLunchbox、school food punishmenを呼び、3マン・ライブを行う。その前にイベントのスタンスについて、更には彼らの音楽性について話を伺った。

インタビュー&文 : 小林美香子

INTERVIEW

青猫が持って来る歌詞はメロディにとてもマッチしているし、決して私たちの世界を壊さないんです

—自分達のジャンルを『夜空』と形容していますが、それはなぜですか?

青猫 : オルタナティヴやロック等のジャンル分けに詳しくないので、思い浮かんだままを付けただけです (笑)

愛 : イメージじゃないかなぁ。きっと青猫の世界はイメージから色々と出来ている。だから青猫がRECO.の音楽を考えたら、その言葉が浮かんできたんだと思います。

—帰り道に聴きたくなるような楽曲ですね。

愛:それはすごい嬉しいです。RECO..の世界は夜をイメージしているので、帰り道にすごく合う曲だと思います。

—男女混声のボーカル・スタイルを選んだのは何故ですか?

愛:私も青猫もずっとボーカルをやっていたので、RECO.を始めた時点で既に2人ボーカリストがいたんです。だから、意図的に男女混声にしたわけではありません。2人いるってことは、2人いるなりの見せ方をしないといけなくて、とても難しい。けれどそれをどうクリアしていくかが、今後の課題でもあります。

—ミニ・アルバム『飛行機雲の見えた夜』と『青いブルー』は、それぞれどんなコンセプトで作られたのですか?

愛:どちらのCDもそのときに聴かせたかった曲をいれました。1枚目の『飛行機雲の見えた夜』は雅人が入って間もない時のもの。2枚目の『青いブルー』は、タイトル曲である「青いブルー」が出来た時に、この曲をメインにしてCDを作ろうと思ったので、それに合わせて「月とハイウェイ」「水銀灯のワルツ」が選ばれたんです。

RECO.のサウンドは、詞と曲のイメージがぴったりと重なります。歌詞を書く際に大事にしていることはありますか?

青猫:言葉の言い回しです。頭で思い浮かんだものを詞にしているので、散文っぽくなってしまいますが、その無意識を大切にしています。

愛:べたべたな歌詞をつける人っているじゃないですか? それはメロディの邪魔をしていると思うんです。青猫が持って来る歌詞はメロディにとてもマッチしているし、決して私たちの世界を壊さないんです。

今はビジョンを明確にして、そのためには何をするべきかっていうことを強く意識しています

—自主企画を積極的にやっていますね。

愛:去年は5本もやりました! レコ発の「明日のブルー」、ツアーファイナルの「Lamp.3」、「under the rain.」、その年を締めくくる「13月のカーニバル」。やりすぎだなぁっていうぐらいやっていますね(笑) 人から与えられるのを待っていられないんです。自分たちで良いイベントをすればいいし、そのように動いていきたい。イベントをやって集客の厳しい環境に身を置いた方が向上していこうって思えるし、イベントをやることで色んなバンドとも出会えた。また、聴く側のこともすごく考えれるようになりました。自主企画は、どんどん繋がっていけるから、素晴らしいことだと思います。

RECO.のイベントの中で、去年の3月と9月に行われたunder the rain.は特にお客さんのことを考えているように感じました。

愛:すっごく考えています。青猫はあまりライブ・ハウスに行かないから、そういう人の意見を参考に。例えば、受付がわからないとか、システムがわからないとか。そう言われてみればそうだなってことがたくさんある。だから、2000円プラス・ワン・ドリンク500円の値段をもっと安くしてみよう。1人じゃ行きにくいっていう子が友達も連れてこれるように、2人で来たら安くなりますよとかを打ち出しています。

—そうすることによって、RECO.を知らない人がライブを観に来るようになりましたか?

2104:窓口が広くなったので、増えていますね。

雅人:初めて来ました! っていう人が増えました。

愛:under the rain.をきっかけに、RECO.のライブに毎回来るようになった子がいて「このイベントで、初めてライブ・ハウスに来たんです」ってこの前話しかけてくれた。under the rain.は、繋がりを意識したイベントなので、すごく嬉しかったです。

—毎回お菓子があるのも、お客さんからしたらとても嬉しいです。

愛:ありがとうございます。ライブって大体18時半から22時まで。その時間帯は、夕飯時だからみんなお腹が空いちゃう。お腹空いたからご飯食べようとか言って出ちゃった次のバンドが好きになるかもしれないから、食べ物を用意しておけば、もうちょっと観ていこうかなって気持ちになれるかなと思って。用意するからには、自分たちで作ってラッピングして手にとって食べてもらいたい。次の4月28日のイベントでも、お菓子を作ります。

—ライブ・ハウスの手引きも作られていますよね。

青猫:俺があんまり行かないからね。ライブ・ハウスの仕組みがわかってないから。自分が行く気持ちになって作ってみたんですよ(笑)

愛:ライブに来て欲しい、来て欲しい! っていうのは簡単だけど、じゃあどういう風に行ったら良いの? ってことを説明してる人はいないから青猫が作りました。青猫が作ったライブ・ハウスの手引きを読んで「僕たちも真似して書いて良いですか? 」ってバンドさんもたくさんいたりする。小さなことだけど、そっからライブの動員に繋がっていけば良いなと思っています。

—今年に入ってから、バンドとして更にまとまってきたように感じられます。何かきっかけがあったのですか?

愛:今年に入ってからの話をすれば、みんな思っているけど口にしなかった曖昧にしていたことを話し合うようになったんです。つまり、自分たちはどこを目指して行きたいのか? どう活動していきたいのか? をみんなで話し合うようになった。今はビジョンを明確にして、そのためには何をするべきかっていうことを強く意識しています。

RECO.としてのこれからの目標はありますか?

愛:より多くの人に聴いてもらうためには、どうしたら良いのかを常に考えています。すごく世界感があるバンドだし、独特だねって言われる事も多い。でもその独特感の良さをより多くの人にわかってもらうには、もっとわかりやすい曲も必要だと思っていて、そんな曲を作っていきたいですね。

LIVE SCHEDULE

RECO. presents "Lamp.4"

  • 4月28日(火) @渋谷O-nest
OPEN/18:30 START/19:00
前売:2000yen / 当日券:2300yen(+1Drink)
☆お菓子のおもてなし付き!
w / school food punishment / PaperBagLunchbox
※各BAND50分ステージ!

LINK

RECO. website http://reco.web.infoseek.co.jp/

RECO. MySpace http://reco.web.infoseek.co.jp/

青猫 blog http://snowsleepy.jugem.jp/

愛 blog http://aiwl.jugem.jp/

雅人 blog http://ameblo.jp/prantron/

2104 blog http://www.alfoo.org/diary1/580580/

RECO.

唄は声、
ベースはガードレール
ドラムは街灯り
ギターはストーリー
4人編成で描くジャンルは、夜空です

街や人やきっとひとりになる場所はたくさんあって、
それでもないものねだりしながら夜空を見上げて
夕立ちを待っていながら雨宿り、
そんな忘れかけた景色や匂いをみせる
男女混声音楽バンド『RECO.』
言葉を音に、唄を声にしながら
決して混ざらない音を混ぜようとする
そのとおりの心象スケッチです。

o

 
 

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る
・2017年07月17日・ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る 〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。 ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Sun To Sola
by 河村 祐介
KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き
・2017年07月26日・KUNIYUKI TAKAHASHIのルーツにして、新たな側面をプレゼンする冒険的な新作──ハイレゾ独占配信 海外のハウス〜テクノ・シーンでも高い評価を受けるレーベル〈mule musiq〉。そのアーティスト・ラインナップは、現在でこそ海外シーンともシームレスなメンツが並ぶが、そのその設立当初から本レーベルを象徴するこの国のアーティストといえばこの人だろう。札幌のマエストロ、KUNIYUKI TAKAHASHI、その人だ。ジャズやソウルが豊かに溶け込んだディープ・ハウスを中心にしたこれまでの作品は、国内外で高い評価を受け続けている。そんな彼が、今回新作を発表するわけだが、そのサウンドはこれまでと趣向の違う質感を宿したものとなった。彼のルーツのひとつであるニューウェイヴやエレクトロニック・ボディ・ミュージック、インダストリアルといったサウンドを前面に出したプロジェクトとなっている。その名も「NEWWAVE PROJECT」。OTOTOYではこちらのハイレゾ独占配信をスタートする。サウンド・エンジニアとしての側面も持つ彼のそのサウンドの冒険をぜひともハイレゾで楽しんでいただきたい。 ハイレゾ独占配信KUNIYU
by 河村 祐介