2007年に結成した4人組、thai kick murph。1stシングル『thai kick murph』をたまたま手に取って聴いてみたら、ついつい鼻歌を歌ってしまうようなキャッチーなメロディと若々しくみずみずしい雰囲気に一瞬で引き込まれた。ミヤオヨウの透明感のある妖精のような歌声。セキエツミのコーラスによって生まれるハーモニー。それらが織りなすキラキラとしたポップネスで一気にリスナーの心を掴み、その新鮮なサウンドは東京のライブ・ハウスで話題を呼んでいる。結成してすぐに話題となった彼らが今後さらにどのような進化をするか。それはこのインタビューに隠されている。

インタビュー & 文 : 小林美香子

→「テレキネシス」のフリー・ダウンロードはこちら (期間 : 9/3〜9/10)

言葉には、すごくこだわっています。

—結成の経緯を聞かせてください。

ワジマケイ(以下w) : 僕は上京したら、バンドをやりたいと思っていました。同郷の同級生とバンドを初めて、彼がドラム、僕はベースだったので、ギターとボーカルが欲しかった。ほとんど楽器は初心者だったから、他のメンバーには上手いプレイヤーを探していました。その時にヨウちゃん(ミヤオヨウ)とえっちゃん(セキエツミ)なら大丈夫だろうと思い、その4人でthai kick murphをスタートさせました。

ミヤオヨウ(以下m) : 4人は地元が一緒なんです。しばらく4人で活動していたのですが、カリスマ性のあるメンバーが欲しくなったので、私とえっちゃんのサークルで一緒だったギターの内山くんを誘ったのです。きっかけは、彼が当時組んでいたバンドと、所属サークルのライブで共演した時。その時の彼の凄まじいパフォーマンスに圧倒されて・・・ 。今年の2月には、結成メンバーのドラムが抜けて、今はARTLESSNOTEのカネダツカサさんにサポートをお願いしています。ついこの間、カネダさんはプレミアム・サポート・メンバーに昇格しました(笑)。

—プレミアム・サポート・メンバー・・・?

w : 「正式メンバーになりませんか? 」ってお願いしたら、「ARTLESSNOTEもあるし来年就職するから」ということで断られて。「じゃあプレミアム・サポート・メンバーで」ってなったんですよ(笑)。

—ドラムがカネダさんになって、どのように変わりましたか?

m : カネダさんは、音がドシドシしていて、とにかく上手いんです。力不足をすごく感じて、「ドラムに合わせられない」と一時期感じていました。曲作りも、カネダさんにアイデアを出してもらっています。「あっ、そんなことも出来るんだ。」や「そんな解釈があったんだ。」と思う時が何度もありましたね。

— 曲はどのように創っていますか?

m : 私が最初のネタを持って来るんですけど、みんなでいじっているうちに必ず悪ふざけがはじまっちゃいます(笑)。「ここで4つ打ちにしたら、やばくない? 」、「ださいよ。やばいー! 」って言いあっているうちに、「あっ、かっこいい気がしてきた。 」みたいになるんです。悪ふざけの延長で、アニメ・ソングみたいな曲の原型が沢山出来るんです。

—確かに悪ふざけをしているなと思う部分が曲中にたくさんあります(笑)。

m : 「タイキックオリンピック」の最後にブレイクを挟むところも完全に悪ふざけ。「ださいなぁ」て爆笑しつつ、それを続けちゃいました(笑)。

— ミヤオさんは、歌詞にたいしてどのように考えていますか?

m : 言葉には、すごくこだわっています。メロディだけの段階だったらすごく良いのに、言葉が完全にメロディに負けてしまって、陳腐に聴こえるという経験を高校のときに味わったんです。その時に、歌詞には出来るだけ意味を持たせたくないと思ったんです。語感、ニュアンスや空気感をきちんと自分の色として出そうと思っています。唐突に「あっ」って思いついた単語を携帯に記録して、あとで紙に書く。それをいつも切り貼りして、歌詞に使っています。言いたい事もないし、伝えたい事もない。言ってしまえば、遊べるだけ遊んで納得いった形の言葉遊びなんです。タイトルは、全て後付けです。

w : タイトルは会議で決めるんです。ヨウちゃんが持ってきたタイトルは、2つありました。「某高校生」と「on the bus」。

m : 「on the bus」は友達が出演している演劇に、音楽で参加した時の曲。演劇のタイトルは「8月14日on the bus」なんですけど、8月14日は語感が悪いので「on the bus」に。「某高校生」は歌詞で「某高校生」って連呼するから。タイトルに関して、一応呼称としては欲しいんですが、意味を持つ必要性はあまり感じません。

今はバンドで良いものを作るための雰囲気が出ています。

— 結成してすぐに、thai kick murphの名前を各方面から聞くようになりました。

m : 色々なレビューで「期待感がある」と言ってもらい、一気に人前に出てしまいました。その期待感に答えられているのかっていったら、正直自信はないです。上手い人たちと共演しても、期待に応えられていない焦りはすごくあります。

—プレッシャーを感じる事はありますか?

m : いっぱい。

w : 僕はないなぁ。thai kickが評価されているのは、周りの人のおかげ。様々な違うシーンにいる人たちが、自分たちを拾ってくれたように思います。人の繋がりで今までやってきたようなものだから、プレッシャーというよりか、その人たちに対してきちんとしたいと思います。だから、地道なこともきちんとやろうと思っています。最初は楽しいだけでバンドをしていたのですが、カネダさんが入ってくれたことによって、バンドの雰囲気が変わりました。今はバンドで良いものを作るための雰囲気が出ています。

m : まずはライブ力をつけたいです。何故こんな奇跡が起きたのかと思う程の良いライブがたまにあるんですよ。逆に、何故こんなに駄目だったんだろうっていう時もある。今だにその原因はわからなくて、読めないんです。まだ自分たちのライヴの状態を、上手くコントロール出来ていないです。

— ライブに関しては、まだまだだと?

w : そうですね。努力して出来る良いライブがどんなものなのかもわからないです。まだ見えないし、とても難しいです。

m : でもライブを観てもらって、なんかすげーって言われたいんです。

w : ライブ・バンドはかっこいいですよね。どんなイベントに出ても、その場の空気を変えてしまうから。僕らも実力で、その場を変える力をつけたい。雰囲気はプラス・アルファでいいんです。だから実力で攻めていくことは、今後のthai kick murphにとって必要な事だと思います。なので、他のメンバーにももっと努力してもらいたいですね。

m : 最近は、きちんと練習しようと決心したんです。

w : さらにライブでは、MCとか動きとかも絶対に重要だから、僕はそこもがんばります。

m : 彼 (ワジマ) は人脈を作ったり、CDのプロモーションなどをやってくれるthai kick murphの外交官的な人なんですよ。thai kick murphはこんなに実力が無いのに、知名度があがったのは彼がいるからだと思う。そこを今後強く使っていきつつ(笑)、実力さえ伴えばとても良いです。もうちょっと演奏面は精進して、ワジマくんにはまた別のフィールドでもthai kickを引っ張っていって欲しいですね。

LIVE SCHEDULE

  • 9/19(土) auxin presents 「Hope of four-leaf clover VOL.3」@新宿MARZ
  • 9/21(月) りんご音楽祭2009@長野県松本市・アルプス公園全域
  • 9/26(土) CAMPFIRE!@秩父 星と緑の創造センター
  • 10/18(日) ユーモルアー企画@新宿JAM

PROFILE

ウチヤマヒロト(guitar)
ミヤオヨウ(vocal,keybord)
セキエツミ(bass,vocal)
ワジマケイ(guitar)

ミヤオヨウの持つ妖精の声とエツミセキの絶妙なコーラスにより生まれるハーモニカルなヴォーカル音を武器にファジーかつファニーなポップネスを奏でる。ダンサブルに突き抜けた楽曲と、そのポップさとは裏腹に激しいパフォーマンスによるライブは【発狂と笑顔のライブ】と評され、中毒者続出中。
2008年10月、東京大学で毎年開催されているフェスkomamorphose主催のFRUTHが立ち上げたレーベルNUEMANN(ノイマン)の第一弾シングルとして”thai kick murph”を発売。
同レーベルより、2009年2月1日1st album"olympia"を発売。

ポップでファンタジーなアルバムを紹介!!


ハイファイ新書 / 相対性理論
Perfume以降の新世代ポップ・シーンを牽引するバンド、相対性理論の新作『ハイファイ新書』発売しました。萌え文化とリンクしながらアンダーグラウンドとも直結。淡々としているけど、突き刺さってくる言葉の群。『00年代後半のうた姫?』センスが逸脱しております。ネクスト・ジェネレーションのナンバー・ガール的存在!

相対性理論 特集 : http://ototoy.jp/feature/index.php/20090107


トランジスタベイビー / チカチカ
名古屋テクノポップ・シーンのニュー・アイドル「チカチカ」!中毒者続出のとろける激甘ボイスにピコピコOTAKU電子音。揃いの衣装とメイクでも楽しませてくれるとってもキュートな二人組。

チカチカ インタビュー : http://ototoy.jp/feature/index.php/20090620


はしけ/ シャムキャッツ
泪と笑いのズッコケROCK4人組(全員長男)登場! ココロにするりと入り込むポケット・サイズのポップ・ミュージック。くるり/はっぴいえんど/サニーデイ・サービス/ユニコーンなど、邦楽史に名を刻むポップ・ミュージックを背景にした秀逸なメロディー・センスと、トーキング・ヘッズやXTC、近年ならばクラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤーをも匂わすひねくれたサウンドとのコンビネーションは、聴く者の記憶にストーカーのようにまとわりついて離れない。たよりないのに愛しい、クセもの過ぎるヤング・ジェネレーション。

シャムキャッツ インタビュー : http://ototoy.jp/feature/index.php/20090424


NOW is the time !/ 日暮愛葉 and LOVES!
今こそ! New waveの波にのるんだ! NO WAVEでもPOPで時にはメランコリックな楽曲と愛葉の言葉を聴け! ex:seagull愛葉とex:downyアキヤマの強烈なドラミングに ex:number girl中尾のベースとサックス中村のアバンギャルドな演奏KCの切れ味のいいギターについてこれるか?

o

 
 

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る
・2017年07月17日・ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る 〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。 ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Sun To Sola
by 河村 祐介
KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き
・2017年07月26日・KUNIYUKI TAKAHASHIのルーツにして、新たな側面をプレゼンする冒険的な新作──ハイレゾ独占配信 海外のハウス〜テクノ・シーンでも高い評価を受けるレーベル〈mule musiq〉。そのアーティスト・ラインナップは、現在でこそ海外シーンともシームレスなメンツが並ぶが、そのその設立当初から本レーベルを象徴するこの国のアーティストといえばこの人だろう。札幌のマエストロ、KUNIYUKI TAKAHASHI、その人だ。ジャズやソウルが豊かに溶け込んだディープ・ハウスを中心にしたこれまでの作品は、国内外で高い評価を受け続けている。そんな彼が、今回新作を発表するわけだが、そのサウンドはこれまでと趣向の違う質感を宿したものとなった。彼のルーツのひとつであるニューウェイヴやエレクトロニック・ボディ・ミュージック、インダストリアルといったサウンドを前面に出したプロジェクトとなっている。その名も「NEWWAVE PROJECT」。OTOTOYではこちらのハイレゾ独占配信をスタートする。サウンド・エンジニアとしての側面も持つ彼のそのサウンドの冒険をぜひともハイレゾで楽しんでいただきたい。 ハイレゾ独占配信KUNIYU
by 河村 祐介
筆者について
同じ筆者による他の記事