空間系ギター・ロック・バンドのhalt。ギターがメインのシンプルな構成。けれども、リズムは変則的だし、独創的なベースのフレーズを鳴らす。最近ではTENORI-ONまで使用している。

「ただのギター・ロック・バンドじゃないな! 」

最新のdemo『Outa』 を聴いて、今までの感想は一変した。彼らの世界観の深い部分を映し出した作品。最近のライブでは、各々の鳴らしている音に勢いがあって、以前よりもバンド感がしっかりと出ている。今回限定配信されるライブ音源をダウンロードして、是非ライブ会場へ足を運んで欲しいな。

進化を続けるhaltを見逃すな!

インタビュー&文 : 小林美香子

halt インタビュー

どの曲も一緒じゃんって思われるのがすごく嫌なんです。

—結成のいきさつを教えてください。

坂口徹(vo,gt) 以下 S : 僕と藤堂嘉章君の2人で、最初にhaltを結成しました。現メンバーで動き出したのは、2007年です。

藤堂嘉章(gt,tenori-on) 以下 T : もともとは中学・高校の同級生で組んでいたのですが、ベースとドラムが抜けて、その後に和田茉莉子と稲畑貴之が入りました。

稲畑貴之(dr) 以下 I : とりあえず試しに入ってみたんですよ。ふと気づけば正式メンバーになってた・・・(笑)

和田茉莉子(ba) 以下 W : 前のバンドでお世話になっていたライブ・ハウスの人に「とてもいいバンドがいるんだけれども、ベースが抜けちゃうんだよ。良かったら連絡をとってみてほしいんだけど」って紹介されたのが始まり。「一度見てみよう」と思って藤堂さんに連絡してみました。で、気づいたら正式メンバーになってました。

haltの名前の由来を教えてください。

T : 略されるのが嫌だったので、略されないくらい短い単語にしようと思ったんです。名前をつけたのに特に意味は無いです。ドイツ語なんですよ。


Photo by satouyusuke

—音像の広がりに特徴を感じました。音が鳴らされる空間までイメージできるようなサウンドですね。

S : 最初から意識したわけではなく、好きな音楽が徐々に変化して、鳴らすサウンドも変わっていったんです。最初は、ミッシェル・ガン・エレファントとかが好きだったんですよ。

T : 20歳の頃かなぁ。空間的な芸術に興味が出て、建築が好きになったんです。ひとつの場が一体化した空気が好きなんですよ。さらに、良く聴く音楽が80年代のNew waveに寄っていったんですよね。両方が同タイミングで重なっていったんです。

I : 空間を意識した音楽になったのは、メンバー・チェンジが大きいですね。和田茉莉子が入って、サウンドはガラッと変わりましたもん。

—変則的なリズム使いも、独特だと感じました。

W : ばーん(稲畑貴之)は普通のリズムが嫌なんだよね(笑)。

I : どの曲も一緒じゃんって思われるのがすごく嫌なんです。自分で叩いていてもテンションあがらなくて、下がるだけ下がって、最終的には叩けなくなるんですよね(笑) 前のベースの時は、ベースがフレーズを作って、それに合わせるみたいな曲もありましたが、今はドラムのリズムから作っていきますね。

S : ばーんのドラムは、合わせるっていうよりも、隙間を埋めていくよね。

I : 8ビートとかは期待されてないんですよ。独創的なフレーズを叩いて、それに皆が勝手に乗っかってくる。だから最初にそのフレーズありきなんです。とは言え、変すぎてもダメなので、難しいですよ。

T : haltは歌やコードからは曲を作りません。誰かが取っ掛かりのあるおもしろいフレーズを持ってきて、曲づくりが始まるんです。それを合わせていくので、普通の形の曲にはなりにくいですね。


今は引き算をしようと思っている

—TENORI-ONを使っていますね。

T : 最初に知ったのは試作品が雑誌に出た頃。それを見た瞬間に、理屈抜きで惚れたんですよ。なので発売したらすぐに購入しました。ギター・ロック・バンドに現代的な要素を入れたかった。手のひらに乗るサイズのシーケンサーだし、光が直接見えるのも、その音の感じも、こんなにhaltにぴったりマッチするものは無いなと思っています。

—導入したことによって、曲作りに変化はありましたか?

T : それまでシーケンスで曲を作ることは無かったんです。さらにTENORI-ONは、大勢の人間と演奏するようには作られていないので、最初はすごく苦労しました。メンバーからは、もう止めてって言われましたもん(笑)

—去年行われたスピード・スター・オーディションでは、最終選考にまで残りましたね。

W : 本格的にhaltが始まって、ライブの回数も重ねたので、色んな人に観てもらうチャンスだと思ったんです。その時は、メジャーに行きたいって気持ちは無かったです。ただ名前を知ってもらいたかったんです。

S : あのときは、メジャーどうこうより、リキッド・ルームでライブをやるってことの方が大きかったんです。

W : 去年の12月に合同企画をやったキャロ・ライン・ロックスとは、このオーディションで出会いました。あのオーディションでつらいことも経験しましたが、その出会いとかも含めて得たものも多かったので、今となってはいい経験だったと思います。

—『Outa』は、ひとつ前に出した『アルテリア』よりもhaltの今の世界観が出ていると思います。

I : 『アルテリア』は、自分達の名刺のような作品。『outa』は、メンバー間で同じ時間を共有したことによって、より濃い作品になったと思います。

W : haltを聴いたことが無い人は、『アルテリア』の方がわかりやすいと感じると思う。でもしっかりと知ってもらいたいので、2枚一緒に聴いてくれたら嬉しいですね。

—ライブで、以前よりもhaltらしさを見せていこうという意識はありますか?

W : ありますね。今の自分達からすると、以前は、なんとなくライブをやっていたのかもと思う時さえあります。楽しければ良いやっていう部分がありましたから。

T : ちゃんと考える余裕が出来たのかもしれない。去年は必死だったから。

S : 情報が飛び交い過ぎだなと思ったんです。だから今は、もっと引き算をしていこうと思っています。けれども、提示したいことは前より増えていますよ。

haltはこれからどこに向かっていくのですか?

W : レコーディングをまたやって、最新のhaltのサウンドをみなさんに聴かせたいと思っています。さらに、夏には地方ツアーにも行きます。サウンドとしては、もっともっと無駄な部分を削ぎ落としていきたい。

S : 『outa』の方が良かったってなったら終わりだよね。だから削ぎ落とすとは言っても、薄めるわけではなく、独自性を保ちつつ、ぎゅっと濃縮するんです。次回作を楽しみにしていてください。

Photo by satouyusuke

(写真 L⇔R)
Gt 藤堂 嘉章 (Yoshiyuki Todo)
Vo/Gt 坂口 徹 (Toru Sakaguchi)
Ba 和田 茉莉子 (Mariko Wada)
Dr 稲畑 貴之 (Takayuki Inabata)

Profile

地元長崎で中高の同級生だった坂口(vo/gt)と藤堂(gt)が、大学進学のため上京してきたと同時に前身バンドを結成。幾度のメンバー・チェンジを経て、2006年4月稲畑(Dr)加入。同年暮れに和田(Ba)が加入し、現在の形となる。渋谷、新宿、下北沢を中心に活動中。

2007年2月 : 現メンバーでライブ活動開始。
同年9月 : 2nd demo『アルテリア』を発売、ハイライン・レコーズ委託販売チャートで度々ランクイン。
2008年5月 : 初自主企画『chromatics 001』を敢行、100人以上を動員する。
同年9月 : 3rd demo『outa』を発売、ディスクユニオン年間自主制作チャート第10位にランクイン。


LIVE SCHEDULE

  • 5/8 (金) GIANT proudly presents "OVERDOSE -DOPE HITS SPECIAL-" @渋谷club乙-kinoto-
w/ IRIKO(福岡) / カオティックスピードキング(凛として時雨/about tess) / ALTRA&CRYOGENIC / 悲岸
  • 5/30 (土) RESPONSE VOL.3 @新所沢PEGGY DAY
w/ キャロライン・ロックス / soulgram / mixed vision / meet lose
  • 6/19 (金) WARP presents 「音人の集い」 @吉祥寺WARP
w/ thepeople / DACOTA SPEAKER / wozniak / quadorariaum / Raft Hates Torpedo

recommuni スタッフ オススメのギター・バンド!!!


MASS OF THE FERMENTING DREGS 『ワールドイズユアーズ』
『より激しく、よりポップに。シーンの「期待」を「確信」に変える作品』1st アルバムは、圧倒的音圧で迫る初期衝動全開のライブ感溢れる作品だったが、この2nd アルバムでは、その演奏のダイナミックさはそのままに、ソング・ライティング、楽曲のアレンジにおいても進化を見せ、このバンドが持つ可能性を大きく示した作品となっている。また本作では中尾憲太郎氏(ex.NUMBER GIRL、SLOTH LOVE CHUNKS、SPIRAL CHORD)を共同プロデューサーに迎え、サウンド面も大幅に強化されている。


Discharming Man 『 dis is the oar of me』
蛯名啓太率いる、Discharming man。今作では、札幌シーンの最重要人物の一人、bloodthirsty butchersの吉村秀樹もギター、プロデュースで全面的に参加しており、尋常じゃない重量感と張り詰めた空気感を醸し出している。そして、特筆すべくは唄。決して孤高の世界で完結しない、全霊で思いの全てを吐き出す唄には感情を揺さぶられる。


halos 『blue bird』
東北は秋田から現れたヴォーカル・ギター草階亮一を中心とするギター・ロック・バンド。そのわき水のように済んだ音楽と力強い歌声を是非一度聴いてみてください。

o

 
 

"freedl"の最新アーカイヴ

【新曲追加】演者と観客がひとつのバンドになった「街」で起こる大合唱『清 竜人 TOWN』
[FREEDL]・2016年12月05日・演者と観客がひとつのバンドになった「街」で起こる大合唱『清 竜人 TOWN』 2016年12月5日に発表された、清 竜人の新プロジェクト『TOWN』。演者と観客との境界線をなくし、ひとつのバンド『TOWN』として一緒に歌い、演奏し、作品を残すことをコンセプトに発表された曲はOTOTOYからフリー・ダウンロードが可能です。 『TOWN』楽曲 ※ダウンロードはOTOTOYの無料会員登録が必要です。※ダウンロードはPCからのみです。※PCからのダウンロードには歌詞pdfが同梱、OTOTOYアプリでお聴きの場合は、プレゼントボックスのアイコンをクリックすると歌詞が表示されます。(一部歌詞なし楽曲もあります)>>OTOTOYアプリとは 5月22日『清 竜人 TOWN Vol.5』PHOTO 4月10日『清 竜人 TOWN Vol.4』PHOTO 3月13日『清 竜人 TOWN Vol.3』PHOTO 2月20日『清 竜人 TOWN Vol.2』PHOTO 2月2日『清 竜人 TOWN Vol.1』REPORT 今まで見たこともないようなエンターテインメントが現れた。その名は「清 竜人 TOWN」
大阪から届いた強烈な宅録プロジェクト、音に敏感!! 8作一斉配信&1曲フリーDL
[FREEDL]・2014年01月16日・大阪から届いた強烈な宅録プロジェクト、音に敏感!! 8作一斉配信&1曲フリーDL まわりの意見に流されることなく、自分のやりたいことをダイレクトに楽曲に活かし、「さあ、どうだ!!」と迫ってくるアーティストに出会う機会が減った気がする。もちろん名前のあるミュージシャンや、ベテラン・ミュージシャンなどでそういう人はいるけれど、まだ無名ながら前のめりな勢いでやってくる人は多くない。少なくとも、2年近くOTOTOYに来る個人からの配信希望の担当をしている身としては、そう感じることが増えた。 そんななか、「これが自分のすべてなんだ!!」という強い主張を感じるアーティストが久しぶりにやってきた。それが西中島きなこによるソロ・プロジェクト、音に敏感だ。本来なら1月中旬にシングルとミニ・アルバム2作品を配信するはずだったのだが、年末にかけて音源が大量に届き、あれよあれよと8作品ものタイトルが配信スタート。大晦日、そして正月から配信スタートしてほしいと、一刻も早く自分の作品を公表したいという強い想いが伝わってきた。そんな音に敏感の楽曲は、西中島一人の手によって宅録で打ち込み主体で制作されている。訊けば、彼が作る楽曲、そして
by 西澤 裕郎
LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTSが生み出す唯一無二のオルタナティヴ・ブルーズ、1stアルバム配信&1曲フリーダウンロード
[FREEDL]・2016年11月02日・これは「バトルス × ダーティー・プロジェクターズ meets 坂本慎太郎」?──LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS初アルバム配信 マヒルノ、MUSIC FROM THE MARS、school food punishmentの元メンバーというツワモノどもが集まったトリオ、LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS(ルロウニンゲン・アンド・ザ・ファー・イースト・イディオッツ)の1stアルバムがリリースされた。「水墨画のような」「一筆書きのような」と形容される楽曲を、休符や空耳まで駆使したアンサンブルで鳴らす、唯一無二のオルタナティヴ・ブルーズ。東京アンダーグラウンド・シーンの未踏峰へ辿り着いたと言える作品を、OTOTOYではハイレゾ配信! さらに1曲、「バグとデバッグ(Bug And Debug)」を期間限定無料配信でお届けする。 期間限定フリーダウンロード「バグとデバッグ(Bug And Debug)」 LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS / CREOLES'【Track List】01. 未踏峰(We Cl
京都のスーパーノアのギター&ヴォーカル、井戸健人のソロ・プロジェクト「イツキライカ」より1stフル・アルバム配信
[FREEDL]・2016年11月01日・関西の音楽家たちと紡いだまばゆいフォーキー・サウンド──イツキライカ、初フル・アルバム配信 スーパーノアのギター/ヴォーカルとしても活動する井戸健人によるソロ・ユニット、イツキライカ。2012年のミニ・アルバム『ピンホール透過光』以降、4年ぶりとなる本作は、自身のバンド、スーパーノアのメンバーをはじめ、LLamaやBaa Baa Blacksheeps、白黒ミドリ、サルバ通りなど同じく関西を拠点とするメンバーを迎えて、まばゆいばかりのギター・アンサンブルと歌声のハーモニーで街の情景を描いた11編の楽曲を収録。アルバム配信と共に、そのなかから2曲目の「Kind of Lou」を期間限定フリーダウンロードでお届けする。 スーパーノアがポスト・ロック的なアプローチで刹那さを感じさせる音楽であるのに対し、イツキライカはコラージュでつくりあげたような音像であり牧歌的だ。イツキライカとして音楽を生み出すこと、その意識の違いや制作過程について井戸健人に話を聞いた。期間限定フリーダウンロード「Kind of Lou」 イツキライカ / Kind of Blue'【Track List】01. おきざりの庭で02. Ki
【期間限定6曲フリーDL】8度目のアメリカ・ツアーに渡ったELEKIBASS、約2年半ぶりの新作先行配信&インタヴュー
[FREEDL]・2016年10月25日・音楽と純粋に向き合うとはどういうことか──ELEKIBASS、新アルバム先行&6曲フリーDL サカモトヨウイチとカメダジュンペイ”JP”によるポップ・デュオ、ELEKIBASSが11月9日にリリースするニュー・アルバム『Theme of Melancholic Matilda』の先行配信をスタートした。かねてから強い海外志向を持ち、オブ・モントリオールとの交流も深く2015年までに7度のアメリカ・ツアーを重ねてきた彼らであるが、今年2016年の8月に再びアメリカへ。ジョージア州アセンズで開催されたインディポップ・ミュージックのフェスティバル〈Athens Popfest〉にディアフーフやエルフ・パワー、ダニエル・ジョンストンらとともに出演してきたのである。 そのアメリカへ提げていくために作られたのが今回のアルバムだというが、なんとおもしろいことに収録楽曲は幕間の楽曲を除きすべて2012年にレコーディングを終えていたらしい。なぜこの4年間楽曲を眠らせ、そしていまアルバムのリリースに至ったのか。そこにはごく簡単で、しかしELEKIBASSの核ともいえる理由が眠っていた。OTOTOYではアルバムのなかから計6曲
【期間限定フリーDL】スウェーデンのポップ職人デュオ、MARCHING BANDより3年ぶりの新アルバム、ハイレゾ配信
[FREEDL]・2016年10月07日・MARCHING BAND祝来日! ゆーきゃんが案内する傑作4thアルバム『So Much Imagine』 MARCHING BANDの前作『So Much Imagine』は、2人だけで制作された全21曲、70分超の濃厚なポップ・アルバムだった。みんなが口をそろえて言った「魔法がかったメロディー、繊細なアレンジ、果てしない多幸感」。そして2014年の奇跡的な来日公演は、とにかく“from Sweden, via US-INDIE, to everywhere”。夢の国で生まれたような彼らのサウンドを聴いた者は、決まって恋に落ちたのだ。 そんな彼らの新作は「温かく迎えてくれた日本のファンへの恩返しでもあり、12年にも及ぶ彼らの音楽活動の、集大成とも言える作品」でもあるらしい。 これまでにカーディガンズやクラウドベリー・ジャムなどの作品を生んだスウェディッシュ・ポップの聖地である〈タンバリン・スタジオ〉でレコーディングされ、曲ごとに異なる7人のミキサー(驚くべきことに、そこにはWATER WATER CAMELの田辺玄も名を連ねている)を起用したというこの『Heart Jewel』は、一聴して『So Mu
伊豆のバンド、ヤングの『ニューパーク』配信開始! 歌いだす楽曲で全国のフロアをステップさせる!!
[FREEDL]・2013年08月29日・ 豊かな自然と海、そしてちょっとヘンテコな博物館が多い静岡県・伊豆。そんな伊豆で生まれ、「かわいい女の子スタジオ」というこれまたちょっと不思議な名前のスタジオを拠点とするロック・バンドがいる。その名はヤング。昨年まで乍東十四雄(さとうとしお)という名で活動していた5人組ロック・バンドである。SEBASTIAN X、フジロッ久(仮)、シャム・キャッツらと肩を並べ、ライブ・ハウス「南池袋ミュージック・オルグ」などを中心とする東京インディ・シーンの中で活躍してきた。2008年にはフジロックの新人ステージ「ルーキー・ア・ゴーゴー」への出演も果たしている。そして今回、ヤング改名後初となるアルバム『ニューパーク』をリリース! >>「ももいろダンス」のフリー・ダウンロードはこちら ヤング / ニューパーク'【配信価格】WAV、mp3ともに 単曲 200円 / アルバム購入 1,600円【Track List】''01. ももいろダンス / 02. やってみようよ / 03. Day to Day / 04. レストラン / 05. タイム / 06. ムーンのライト / 07. 国語と天丼 / 08. パーク ヤングのサ
by 梶原 綾乃
JariBu Afrobeat Arkestra『AfroSoundSystem』text by 渡辺裕也
[FREEDL]・2009年07月31日・ フェラ・クティの魂はここにもある フェラ・クティが自身の作り上げた音楽を「アフロビート」と名付けてから40年以上、そのフェラが亡くなって10年以上の月日が経った今でもなお、アフロビートは世界中で支持され、受け継がれてきている。 先日のフジ・ロック・フェスティバルでは、フェラの実子シェウン・クティが父のバンドであるエジプト80を率いて来日公演を果たした。そしてフェラと並ぶアフロビートの第一人者トニー・アレンも今年新作を発表したばかりだ。彼らのようなフェラと直接的な関係で結ばれた者がアフロビートを現在まで引率しているのは確かな一方で、この音楽に魅了される若い世代のミュージシャンは、欧米そして日本でも後を絶たない。アフロビートのルーツを辿ると、どうしてもポリティカルな側面を避ける事は出来ないし、そこには苦い歴史も少なからずあるのだが、それ以上にこの音楽には他にはない享楽性、自由度の高さがある。フェラの意志はそのサウンドに宿る事で未だ求心力を保っているのだ。ジャリブ・アフロビート・アーケストラが演奏するのも、その名に冠している通りアフロビートだが、彼らはこのハイブリット・ミュージックを方法論として用いるのではなく
by 渡辺 裕也
筆者について
同じ筆者による他の記事