DS i Love Youリリース最新作『CHRISTMAS DINNER』
2010年11月24日発売
Label : Blue Marble

CM音楽界の鬼才、「日本のトレヴァー・ホーン」本間柑治が主催する実験プロジェクト。全ての楽曲をKORG DS-10 PLUS一台のみで制作。サウンド・楽曲・アレンジ、全て他の追随を許さないクオリティ。DS1台で鳴っているとは信じがたい驚異のサウンド・メイキングが早くも注目を集めている。

今やDTM(デスクトップ・ミュージック)は手の平の上で作るもの。そんな夢にも思わなかったような時代が本当にやってきました。華やかなスタンダード・ナンバーで飾られたクリスマス・アルバム『CHRISTMAS DINNER』。この作品の制作に用いられたのは、一台のニンテンドーDS用音楽ツール・ソフト「KORG DS-10 PLUS」のみ。そう、あの携帯型ゲーム機一台だけなのです。この緻密で色彩豊かなサウンドが、すべてDSから鳴らされているというのだから、これは驚き。

ピンとこない方のために簡単に説明しておきましょう。「KORG DS-10 PLUS」とは、シンセサイザーを始めとした様々な電子楽器でおなじみのコルグと、ゲーム・ソフトの開発/販売を行うAQインタラクティブが共同開発し、2008年に発売した世界初のニンテンドーDS専用音楽ツール・ソフト「KORG DS-10」の進化モデルのこと。手に収まる小さなサイズながら、その機能性はまさに驚異的で、2台のアナログ・シンセ・シミュレーターの他、ドラム・マシン、シーケンサー、ミキサーやエフェクター等といった完備された性能のすべてを、2画面/タッチ・スクリーンのニンテンドーDSで操作するという、あまりに現代的なDTMインストゥルメントです。

このソフトの可能性にいち早く目を付けたのが、音楽家集団TPOのプロデューサーであり、様々な有名CM音楽を手がけたことでも知られる本間柑治。かつてTPOでの活動において、サンプリング機能を備えた世界初の電子楽器「フェアライトCMI」を日本で初めて導入したことを始めとして、常に音楽機材の技術革新に敏感だった本間。様々な制作環境を通過してきた彼は、「KORG DS-10 PLUS」に触れることで「機材を積む時代の終焉」を感じ取り、このDS i Love Youというプロジェクトを立ち上げました。そして早速作り上げた1stアルバム『obento』に続き、前作リリースからわずか2週間で届いたのが、今回のアルバム『CHRISTMAS DINNER』なのです。

ラインの一発録りで未加工、ミックスもマスタリングも行っていないという本作のサウンドは、何度聴いてもDS一台で作られたとは信じられないものです。しかし同時に人肌のような柔らかさもあり、どこかノスタルジックにも響くのがまた面白い。先頃再発になったばかりのTPOのアルバム『TPO1』、ならびにその前身である環境音楽プランPROJECT GREENのアルバム『GREEN』と聴き比べてみると、DS i Love Youの提示しているサウンドが如何にすごいものかをより強く実感してもらえるでしょう。しかし、あくまでもこれはクリスマス・アルバム。非常にカジュアルに楽しめる作りになっているのも心憎いです。今年のクリスマスは、DS i Love Youから届けられたこのあまりに2010年らしいクリスマス・アルバムを聴きながら迎えてみてはいかがでしょうか? (text by 渡辺裕也)

DS i Love Youリリース第1弾『Obento』

『CHRISTMAS DINNER』に先駆けてリリースされた、DS i Love Youプロジェクト第1弾。 本作も全ての楽曲をKORG DS-10 PLUSのみで制作。未加工、多重録音なしの、ライン一発録りは、素晴らしいクオリティの大問題作を生み出しました。テクノ・マニア、打ち込みラヴァーに捧げる、テン年代のあたらしいテクノ・ポップがここに完成!

DS i Love You PROFILE

CM音楽界の鬼才、「日本のトレヴァー・ホーン」本間柑治が主催する実験プロジェクト。全ての楽曲をKORG DS-10 PLUS一台のみで制作。サウンド、楽曲、アレンジ、全て他の追随を許さないクオリティ。DS1台で鳴っているとは信じがたい驚異のサウンド・メイキングが早くも注目を集めている。

o

 
 

機材

TOON WORKSHOP THP-01──新たなヘッドフォンの価値観を
[TECH]・2016年12月06日・「聴く」というよりも「鳴らす」ためのプロダクト──変形するヘッドフォン、TOON WORKSHOP THP-01に迫る いまやヘッドフォンやイヤフォンでの音楽の視聴がスピーカーよりも身近という人も少なくないだろう。いわゆる音楽のリスニングだけでなく、スマフォやタブレット端末、PCでの動画コンテンツなどの再生も含めて考えれば、もはやある意味でライフスタイルの一部分を担うモノになったといっても過言ではない。このたびOTOTOYにて紹介するのは、トランスフォーム・ヘッドフォン、TOON WORKSHOP THP-01。変形、そして脱着する外装といい、単なる機能性以上に+αな遊び心、そしてその音質にしても、まさに存在自体が、新たな価値観を、ライフスタイルの一部として提案するヘッドフォンと言えるだろう。OTOTOYでは数回にわたって、その魅力を紹介する。 TOON WORKSHOP THP-01256パーツにおよぶ精密部品群で構成された前代未聞の可変ヘッドフォン。ミスター・ハーンによるサウンド・チューニング・構造美を極めたインナーフレーム・デザイン。外装は脱着式で、さまざまなアーティストとのコラボ・モデルが存在する
SSW中村月子が古民家で録音した新曲を32bit配信
[CLOSEUP]・2016年09月13日・22歳最後の夏の記録ーー古民家にてSSW中村月子の楽曲をビンテージ・ギターとビンテージ・マイクを使い、32bit 88.2KHzで克明に録音! 今年2016年3月に青山のスパイラルホールにて開催された「HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRAL」内のイベント"「HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRAL」スパイラル 9Fラウンジにて、中村月子の極上の歌声をDSDで録音する"にて記録された楽曲『Experience(24bit/48kHz)』の記憶も新しいシンガー・ソングライターの中村月子の次なる挑戦は「古民家での録音」。今度はエンジニア高橋健太郎の所有するビンテージ・ギターとビンテージ・マイクを使い、32bit 88.2KHzで克明に記録。出来上がった『何度も』は、『Experience(24bit/48kHz)』からの連作として、彼女の歌声がただただ美しい、音質にこだわった素晴らしい作品となった。 中村月子 / 何度も'【Track List】01. 何度も / 02. 街の灯り【配信形態】(左)24bit/44.1kHz (ALAC / FLAC /
アナログ・レコードの音質をDSDで真空パック!──KORG「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」
[SPECIAL REPORT]・2016年03月11日・KORG「DS-DAC-10R」と「AudioGate 4」でつなぐ、DSDとアナログ・レコードの新たな、楽しい関係 ここ数年、ここ日本はもちろん、世界的にみてもアナログ・レコードはそれを知る人々からは再発見され、はじめて見るような若い層からも新たに見出され、ある種の“ブーム”ともいうべき状況を生んでいる。その魅力は、あのジャケットを含めた“モノ”としての存在感はもちろんこと、すばり、その独自の音質であろう。 そんななかで、昨年末にKORGからリリースされたDAC「DS-DAC-10R」、そしてアプリケーション「AudioGate 4」は、そんなレコードの独自の音質をDSDで手軽にレコーディング、デジタル・アーカイヴィングしてしまえるというもの。「DSDでレコーディングってプロでも難しいんでしょ?」と思いがちだが、これがものすごく簡単なのだ。PCとレコード・プレイヤー、そして「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」さえあれば、お気に入りのレコードが、DSDファイル、もしくはPCMのハイレゾ音源になってしまうのだ。 今回はOTOTOYプロデューサーでもあり、レコーディング・エンジニアとしてもDSDの
by 河村 祐介
【キャンペーン開催】Roland x OTOTOY x BitCash「OTOTOY NEW YEAR CAMPAIGN 〜あなたのお名前入り「Mobile UA」プレゼント〜」
[CAMPAIGN]・2016年01月15日・ビットキャッシュ&Mobile UAが当たる!? OTOTOYニューイヤー・キャンペーン キャンペーン概要 ①OTOTOYにて、楽曲の購入に1度に3,000円以上ビットキャッシュの会員サービス「マイビットキャッシュ」を利用された方を対象に、抽選で50名様にビットキャッシュ540クレジットをプレゼント! ビットキャッシュとは?ビットキャッシュは、インターネットでのお支払いに便利なコンビニで買える電子マネーです。オンラインゲーム、SNS、動画や音楽ダウンロードをはじめとした多くのウェブサービスで使われている、簡単・安心・便利なプリペイド式の電子マネーです。>>ビットキャッシュ オフィシャル・サイト: http://bitcash.jp/ ②Wチャンス! OTOTOYにて、楽曲の購入に一度に3,000円以上ビットキャッシュまたはマイビットキャッシュを利用された方を対象に、抽選で1名様にRoland様から提供された「Mobile UA」にご自身の名前を刻印しプレゼント! Mobile UAとは?Windows & Mac OSX用USBオーディオインターフェース、Roland Mobile UA(モバイルUA)。
【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――【第11回】iFI-Audio「Retro Stereo 50」
[POWERPUSH]・2015年09月10日・高橋健太郎のOTO-TOY-LAB――ハイレゾ/PCオーディオ研究室――【第11回】iFI-Audio「Retro Stereo 50」 iFI-Audioから面白いパッケージが発売された。nano iDSDやmicro iDSDのヒットで急速に名前を知られるようになったiFI-Audioは、デジタル・オーディオを得意とするメーカーという印象が強い。ところが、先頃、日本発売されたRetro Stereo 50は文字通り、レトロスペクティヴな雰囲気を漂わせたプリメイン・アンプ。同時発売されたRetro LS3.5はこれまたクラシカルなルックスのブックシェルフ・スピーカーなのだ。 しかも、開発意図を聞けば、Stereo 50はイギリスのLEAK社が1950年代に作っていたStereo 20という真空管アンプを、Retro LS3.5は1970年代に英BBCのモニター・スピーカーとして開発されたLS3/5Aを意識して、開発されたものだという。こうしたヴィンテージ・オーディオ機器の良さを引き継ぎつつ、当然ながら、デジタル・オーディオへの備えも万全。Stereo 50の搭載DACはiFI-Audioの単体DAC製品と
by Reviewed by Kentaro Takahashi
平成ノブシコブシ徳井健太のT.K.resolution2〜音への愛情を、ハイレゾで聴く!〜
[POWERPUSH]・2015年08月27日・平成ノブシコブシ徳井健太のハイレゾ連載セカンド・シーズンがスタート! T.K.resolution2〜 音への愛情を、ハイレゾで聴く! 〜 ゲストはSTARMARIE お笑いコンビ・平成ノブシコブシの徳井健太のハイレゾ連載が帰ってきた! ところが今回は少しテイストが違います。これまで3回にわたって、講師を招き、ハイレゾについて学ぶ内容をお届けしてきましたが、今度の徳井はなんとインタヴュアー! お相手は、このたび新作『メクルメク勇気!』とベスト・アルバム『STARMARIE』をハイレゾでリリースしたアイドル・グループSTARMARIE。e☆イヤホンのアンバサダー /「AK Jr」モニターとしての顔も持つ彼女たちと、e☆イヤホンの西さんと、e☆イヤホン秋葉原店で待ち合わせ。これまで身につけてきた知識をぶつけようと話し出しますが、アイドル好きである徳井がハイレゾの話だけにとどまるわけもなく…。 エピソード (text by 徳井健太)アイドルは星の数ほどいるけれど、星のようにはいつまでも輝いていられない。STARMARIEってアイドル知ってるか?努力に努力を重ねても、結果が出るとは限らない。そんな不安定な世界
【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――【第10回】exaSound「e-22」
[POWERPUSH]・2015年06月20日・高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――ハイレゾ/PCオーディオ研究室――【第10回】exaSound「e-22」 聴こえなかった音が聴こえてくる、USB DAC 昨年暮れのOTOTOY DSD SHOPで和田博巳さんとトーク・イヴェントを行った時のこと、ともかく度肝を抜かれたのがexaSoundのUSB DAC、e-22から流れ出したサウンドだった。当日のイヴェントでは、USB DACにOppoのHA-1とexaSoundのe-22、パワード・モニターにFocalのTwin6 BEを用意して、パッシヴのプリアンプで切り替えながら、11.2MHzのDSDでリリースされた丈青のピアノ・ソロ作品、『I See You While Playing The Piano』の比較試聴を行った。このうちのOppo HA-1については、昨年、本連載でも使用レポートを書いた。とても優れたDACプリアンプで、価格帯を考えると敵無しといっていいくらいのコスト・パフォーマンスを誇る製品だ。パワード・モニターに使用したFocalのTwin6 BEもバランスの良いスピーカーで、HA-1との相性もバッチリだった。 exaSoundのe
by Reviewed by Kentaro Takahashi
ケーブルで音が変わる!? H ZETTRIOが、最高の環境でハイレゾ録音に挑戦する!
[CLOSEUP]・2015年05月13日・日本最高峰ジャズ・ピアノ・トリオ、H ZETTRIOが、ハイレゾ録音に挑戦! 鍵は、なんとDigiLinkケーブルだった!? 侍ジャズ・バンド、PE’Z(ペズ)の超絶ピアニスト“ヒイズミマサユ機”、はたまた椎名林檎率いる東京事変の第一期メンバー“H是都M”、その彼と同一人物か? と以前から噂の絶えなかった“H ZETT M”(エイチ・ゼット・エム)。2015年末、PE’Z(ペズ)の解散が発表され、その動向が気になっていた人たちも多いはずだが、そんな彼が、銀鼻ドラマー / H ZETT KOU(エイチ・ゼット・コウ)と赤鼻ウッド・ベーシスト / H ZETT NIRE(エイチ・ゼット・ニレ)を引き連れて本格的に活動する方向性が明らかになった。それがジャズ・ピアノ・トリオ・グループ、“H ZETTRIO”(エイチ・ゼットリオ)だ。 今回、H ZETTRIOが、グループ初となるハイレゾ・レコーディングに挑んだ。このレコーディングは、レコーディング・エンジニアの三浦瑞生氏に加え、海外公演のバックアップ等で彼らとの親交が深いオーディオ・アクセサリー・ブランドのACOUSTIC REVIVE(アコースティック・リバイブ
by Reviewed by Kentaro Takahashi