高橋健太郎が執筆したオトトイ限定ライナー・ノーツの単体販売開始

ジム・オルークによる最新作『All kinds of People 〜love Burt Bacharach〜』。ポップス界最高峰の音楽家バート・バカラックが作り出した楽曲を、アヴァン・ポップスの異端児ジム・オルークと、東京、大阪とアメリカのミュージシャン達で解き明かす本作。オトトイでアルバム特典としてプレゼントしていた、高橋健太郎執筆による1万字越えのスペシャル・ライナー・ノーツの単体販売を開始。2010年4月15日にBillboard tokyoで行われたJim O'Rourke x Bacharach Tribute Liveのライヴ・レポートと共にお楽しみください!

>>ライナー・ノーツの単体購入(150円)はこちらから

【ライナー・ノーツの単体購入について】
ライナー・ノーツを購入の際に一緒にダウンロードされる音源は、ライナー・ノーツだけ欲しい人のために用意した音源です。たくさんのミュージシャンの声が使用された豪華な音源なので、是非聴いてください。

※このライナー・ノーツはオトトイで『All kinds of People ~love Burt Bacharach~』を買った際に、アルバム特典として付いてくるものと全く同一です。

Jim O'Rourke x Bacharach Tribute Live 2010.04.15@Billboard tokyo

「オール・カインズ・オブ・ピープル」のリリースに合わせて、東京、大阪で三日間、6セットが行なわれたジム・オルーク一座のライヴ。僕が見たのは初日、東京ビルボードでの4月15日のセカンド・セットだった。

バート・バカラックの音楽というのは、本来、ゴージャスなものだ。若き日にはマレーネ・ディートリッヒのオーケストラ・コンダクターを務めていたバカラックは、エンターテインメントの世界の掟をよく知る業界人でもある。作曲家としてはとても繊細な作品を生み出してきたが、ステージ上ではぎらぎらした野心家ぶりも覗かせる。1960年代の後半、ビートルズをはじめとするロックの波が乱暴に世界を覆い尽くそうとする中で、バカラックの音楽は、贅を尽くした極上のエンターテインメントの伝統を守り通そうとする側の、最大の抵抗勢力でもあった。

しかし、この日の一座ときたら、どうだろう。あたかも農民達の楽団が、貴族の音楽を演奏しているかのよう。いや、よく見ると、鍛冶屋も混じっていたり、得体の知れない流浪の民も混じっていたり。おじいさんの学者もいたかな。ともあれ、エンターテイメントの世界の掟には統率されない、てんでばらばらな人々が、バカラックの音楽を演奏する。リーダーは毛玉の浮いたカーディガンを着た小柄なアメリカ人。おどおどしたような様子すら窺えて、どのくらいのリーダー・シップがあるのか、見ていてもよく分からない。ただ、ステージが進むうちに、彼が選んだてんでばらばらの人々が、かけがえのない個性を持ったミュージシャン達であるのが分かってくる。無駄な音は一つもない。無駄のないアレンジということ以上に、優れた即興音楽家の演奏には無駄な音が一つもないのと同じ意味において、一群のミュージシャン達の演奏には何一つ無駄がなかった。

無駄を惜しまないゴージャスさとはまったく別の位相を持ったバカラック・ソング達。それが一つ一つ、ステージの上で花開いていく。過去のたくさんのヴァージョンが耳に馴染み過ぎた大ヒット曲ですら、見たことのない新しい花を咲かせる。時には乱暴だったり、強引だったりもするが、しかし、瑞々しい瞬間が尽きることがない、そんな一時間半だった。

この日のセット・リストは以下の通り。

1. Always Something There To Remind Me (vo:青山陽一)
2. Do You Know The Way To San Jose (vo:カヒミ・カリィ)
3. After The Fox (vo:坂田明、飛び入り:中原昌也vo)
4. Anonymous Phone Call (vo:やくしまるえつこ)
5. You'll Never Get To Heaven (vo:青山陽一)
6. Raindrops Keep Fallin On My Head (vo:小池光子)
7. The Look Of Love (vo:カヒミ・カリィ)
8. Don't Make Me Over (vo:ジム・オルーク)
9. Walk On By (vo:小池光子)
10. Close To You (vo:細野晴臣)
11. My little Red Book (vo:青山陽一、山本達久perc)

アンコール演奏された「My little Red Book」はアルバムには収録されていない曲。アルバムではYoshimiがヴォーカルを取っている「Say A Little Prayer For Me」は東京では演奏されなかった(大阪では演奏)。また、アルバムでジム・オルークがヴォーカルを取っている「Trains And Boats And Planes」は今回のツアーでは演奏されていない。

ミュージシャン達の顔ぶれは以下の通り。

ジム・オルーク(eg,vo)、グレン・コッチェ(dr)、ダーリン・グレイ(b,perc)、須藤俊明(b,perc)、青山陽一 (eg,vo)、坂田明(vo,sax,cl)、クリヤマコト(pf)、石橋英子(org)、佐々木史郎(tp)、小池光子(vo)、カヒミ・カリィ(vo)、やくしまるえつこ(vo)、細野晴臣(vo,b,ag)

細かい見所については、これ以上は書かないが、ウィルコのドラマーであるグレン・コッチェの繊細でいながら、力強いドラミング、さらには響き過ぎないドラム・セットの鳴らし方が、全体のトーンを決定づけていた。また、3人のベーシストのグルーヴがとてつもなかった。あの坂田明が職人的な仕事ぶりでアレンジに貢献している姿も新鮮だった。(text by 高橋健太郎)

PROFILE

Jim O'Rourke
1969年シカゴ生まれ。Derek Bailey(デレク・ベイリー)の音楽と出会い、13才のジム少年はロンドンにDerek Bailey(デレク・ベイリー)を訪ねる。ギターの即興演奏に開眼し実験的要素の強い作品を発表、John Fahey(ジョン・フェイヒー)の作品をプロデュースする一方でGastr Del Sol(ガスター・ デル・ソル)やLoose Fur(ルース・ファー)など地元シカゴのバンドやプロジェクトに参加、「シカゴ音響系」と呼ばれるカテゴリーを確立する。一方で、小杉武久と共にMerce Cunningham(マース・カニンハム)舞踏団の音楽を担当、Tony Conrad(トニー・コンラッド)、Arnold Dreyblatt(アーノルド・ドレイブラット)、Christian Wolff(クリスチャン・ウルフ)などの作曲家との仕事で現代音楽とポストロックの橋渡しをする。1998年超現代的アメリカーナの系譜から『Bad Timing(バッド・タイミング)』、1999年、フォークやミニマル音楽などをミックスしたソロ・アルバム『Eureka(ユリイカ)』を発表、大きく注目される。1999年から2005年にかけてSonic Youth(ソニック・ユース)のメンバー、音楽監督として活動し、広範な支持を得る。2004年には、Wilco(ウィルコ)の『A Ghost Is Born(ゴースト・イズ・ボーン)』のプロデューサーとしてグラミー賞を受賞、現代アメリカ音楽シーンを代表するクリエーターとして高く評価され、ヨーロッパでも数々のアーティストをプロデュースする。また、日本文化への造詣が深く、近年は東京に活動拠点を置く。日本でのプロデュース・ワークとしては、くるり、カヒミ・カリィなど多数。坂田明、大友良英、山本精一、ボアダムスなどとの共同作業や、武満徹作品『コロナ東京リアリゼーション』(2006)など現代音楽に至る多彩な作品をリリースしている。映像作家とのコラボレーションとしてWerner Herzog(ヴェルナー・ヘルツォーク)、Olivier Assayas(オリヴィエ・アサイヤス)、青山真治、若松考二などの監督作品のサウンドトラックを担当。ジム自身も映画監督として活動しており、彼の作品は、2004年と2006年にはホイットニー・ビエンナーレ、2005年にはロッテルダム映画祭で「重要作品」として上映されている。ソロとしての最近作『The Visitor(ザ・ヴィジター)』(2009)は『Bad Timing(バッド・タイミング)』の現代版と言える密室的ワンマン・アルバムの極致と言える。新しい「知」の探求者としてオルタナティヴ、ポストロック、エクスペリメンタル・ポップ、映画音楽、フリー・ミュージック、ジャズ、アメリカーナ、現代音楽など様々なジャンルの極北を切り開く越境的活動を行ない「現代東京カルチャー」の先導者となりつつある。

高橋健太郎
過去の職歴は音楽評論家、DJ、音楽プロデューサー、インディー・レーベル・オーナー、レコーディング・エンジニアなど。レコミュニ〜オトトイにも創設時から関わる。音楽評論集に「音楽の未来に蘇るもの」(2010年に復刊予定)。初の小説も出版準備中。

o

はてブに追加
 
 
"Close Up"の最新アーカイヴ
fula、堂々のUNITワンマンライヴ音源を配信限定リリース&メンバー・アフター・トーク
[CLOSEUP]・2015年04月26日・『The KING』集大成が、あなたの、そして"キング"のもとへ…!? ——fula、堂々のUNITワンマンライヴ音源を配信限定リリース 2014年、fulaは初のフル・アルバム『The KING』を完成させ、翌年2015年2月15日、同作の集大成となるワンマンライヴを代官山UNITにて開催した。ワンマンライヴ前に彼らの声を訊くなどしてきたが、その時点ではメンバーも、誰も、まだどうなるか見えていなかった。だが、彼らはこの1年の動きを見事に結実させた。堂々と「大成功だった」と言えるライヴをやってのけたのだ。 さて、その公演の模様を収録したライヴ音源集『The LIVE』がこの度リリース!! ライヴで披露した22曲のうちの12曲を収録し、その場の空気感を含めて再現性の高いハイレゾ音源での配信。さらにライヴ / 舞台裏写真を載せたフォトブックレットに、メンバー4人が直筆で書いた、自身のプロフィールから 『The LIVE』の見どころまで収めた「fulaの履歴書」、あのゆるいMCを彷彿とさせるメンバー・トークが収録されたpodcastという豪華特典が付属する。そして、メンバーに改めてライヴ時の心境を伺いつつ、彼らに
by JJ
日本から最も遠い日本人ローファイ・ポップ・メーカー、Boys Ageの最新作配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2015年04月23日・シリアル・キラーのサイケデリック・チルアウト——脅威の才能、Boys Ageが描く"穏やかな時間"とは? ヨ・ラ・テンゴやホームシェイクら、USインディ勢の流れの先で不敵に微笑む2人組ユニット、Boys Age。2015年1月、OTOTOYの特集にて、過去6作品を本人の解説を交えて一挙配信、さらに選りすぐり音源を無期限でフリー・ダウンロードし反響を呼んだ彼らの最新作『Calm Time』がついに配信開始となる。これを機にメイン・ソングライターであるKazz(Gt, Vo, Composer)へのインタヴューを敢行。海外レーベルでのリリースを重ね国内外のDIYアーティスト達から高い評価を獲得してきたが、それゆえに"国籍不明"と言われるほど謎に包まれた彼らの声をお届けする。 Boys Age / Calm Time'【配信形態 / 価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC / mp3 : 単曲 150円 アルバム 1,000円【Track List】01. Calm Time / 02. What Was Your Name / 03. Honeypie / 04. A Basement Song
by 渡辺 裕也
MONOのフロントマン、Takaakira“Taka"Goto初ソロ作品をハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2015年04月23日・Takaakira 'TAKA' Gotoが提示する「絶対的な美」の必要性――日本のポスト・クラシカルを牽引するMONOフロントマン初のソロ作品 1999年にMONOを結成してからまもなく、どこにも発表するつもりのないままTakaakira 'TAKA' Gotoが2003年に録音した作品が、12年の時を経ていまここで放たれる。それほどの時が経ったとは思えぬほど普遍性を帯びた7曲がパッケージングされ、このたび『Classical Punk and Echoes Under the Beauty』と冠された。クラシカル音楽のような美しさを持ちながら、パンク・ロックの持つ破壊的衝動を持ち合わせたサウンド。詞を必要とせずとも雄弁に語りかけてくる圧倒的な音の奔流をハイレゾで配信する。 Takaakira 'TAKA' Goto / Classical Punk And Echoes Under The Beauty'【配信形態 / 価格】24bit/96kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 250円 アルバム 1,400円>>ハイレゾとは?【Track List】''01. Delic
by 金子 厚武
トーキョーキラー、1stアルバムを独占ハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2015年04月24日・この夏、サーフ・インスト・ロック界の新星が登場! トーキョーキラー、1stアルバムを独占ハイレゾ配信開始 この夏の大本命アルバムが登場! “21世紀のファズギター・ヒロイン”ケメを中心に結成された、インスト・ロック・バンド、トーキョーキラー。サーフ・ロック的なインスト楽曲が集約された1stアルバムは、オリジナル4曲とカヴァー7曲が収録され、ローファイ・サウンドが身体中に響く、サーフ・ロックを愛するすべての世代に突き刺さるものになった。OTOTOYでは独占ハイレゾ配信に加え、ギターを始めることになったきっかけ、音楽のルーツなどをケメに訊いた。全国のギター女子も必読です。 OTOTOY独占のハイレゾ配信!!トーキョーキラー / トーキョー★キラーストリート(24bit/48kHz)【販売価格】ALAC / FLAC / WAV / AAC : 単曲 250円 まとめ購入 2,000円(各税込)※ファイル形式について'※ハイレゾとは?'【Track List】1. トーキョーキラーのテーマ / 2. サーフ★スナイパー / 3. サーフ・パーティー / 4. ランブル(リンク・レイ) / 5. 真夜中のマリア
by 岡本 貴之
Have a Nice Day!×おやすみホログラム『エメラルド』を配信!! & トップヲタ座談会
[CLOSEUP]・2015年04月23日・ここが2015年で一番汚い場所!!ーー2015年5月4日新宿LOFT〈SCUM PARTY!〉でぐっちゃぐっちゃになれ!! 時はきた! 5月4日新宿LOFTでおこなわれるライヴ・イベント〈SCUM PARTY!〉。Have a Nice Day! &おやすみホログラム組、NATURE DANGER GANG&せのしすたぁ組に分かれ、プロレスよろしく対決姿勢を露わにしている両陣営。その来るべき対決に向けて、それぞれが推す演者の魅力をほとばしる情熱でぶつけ合うべく、各演者のセコンドとしてトップ・ヲタ4人が集結! とはいえ、全員現場では顔見知りの有名ヲタさんたち。意外と和気あいあいと集まった4人。こんなことでいいのか!? お前らやれんのか!? プロレスなめんなよ(そもそもプロレスではないが)! というわけで、徐々に白熱した好試合となった座談会「トップ・オブ・ザ・スーパー・ヲタ」!! 2015年、東京アンダーグラウンドNO.1アンセム「エメラルド」の1週間先行ハイレゾ配信とともに、じっくり読み込んでほしい。とにかく5月4日は新宿LOFT集合で!! なにが起こるかわからないけど、東京で一番ヤバい現場になることだけは約
by 西澤 裕郎
Mellowhead、6年ぶりの最高傑作アルバムをハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2015年04月22日・堀込泰行、片寄明人、西寺郷太がヴォーカルで参加した、Mellowhead6年ぶりの最高傑作アルバムをハイレゾ配信開始 1990年に結成、90年代のロック・シーンの最前線を盛り上げた3ピース・バンド、PLAGUES、そして、活動休暇後の2007年に結成されたロック・バンド、GHEEEでのバンド活動に加え、数々のアーティスへの楽曲提供、プロデュースも行なう深沼元昭が、ソロ・プロジェクトのMellowheadとして6年ぶりのニュー・アルバム『Kanata』をリリース。OTOTOYでハイレゾで配信開始したこの作品は、深沼元昭の音楽活動の中で最高傑作に仕上がった。「自分の音楽人生の中でもいちばんの傑作にして出そうと、ひたすら一生懸命やっていた」と語る楽曲への思い、参加したゲスト陣とひとつの曲を作り上げるまでを語ってもらった。 OTOTOY独占ハイレゾ配信! まとめ購入はブックレットPDF付き!Mellowhead / Kanata(24bit/48kHz)【販売価格】ALAC / FLAC / WAV / AAC : 単曲 300円 まとめ購入 3,500円(各税込)※ファイル形式について'※ハイレゾとは?'【Tr
by 田山 雄士
MO’SOME TONEBENDER『Rise from HELL』を配信!! & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2015年04月22日・「今が一番楽しい」ーーMO’SOME TONEBENDERがストラグルの末に辿り着いた、ネジのはずれ具合が最高な最狂のロックンロール 2013年12月以降、約1年強ぶりに、MO'SOME TONEBENDERがアルバムをリリースする。しかも、なんと2作連続!? その第1弾となるのは、「地獄盤」こと『Rise from HELL』。初期のモーサムを連想させるヘヴィなハードコアやガレージロックを中心としたイーヴィルなロック作。フルスロットルで地獄からの脱出を試みるかのような、壊れたテンションの高さに溢れた本作で地獄を観てみないかい? 百々和宏へのロング・インタヴューとともに、最狂のロックンロールをお届けする。 2作連続リリースの第1弾、地獄アルバムの”地獄盤”MO’SOME TONEBENDER / Rise from HELL 【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC / mp3【価格】単曲 205円 まとめ価格 1,543円(税込)【収録曲】1. トーキョーロスト2. メタルボーイ3. ハナタラシ vs ワンダーボーイ4. カルチャー5. バイオレーターデストラクション6. 平民貧民大貧
by 金子 厚武
スクエアプッシャーの3年ぶりの新作『DAMOGEN FURIES』をハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2015年04月21日・攻撃的な新作をハイレゾで聴く! スクエアプッシャーのキャリアをめぐる5つのポイントとともに スクエアプッシャーの3年振りとなる最新作『Damogen Furies』。すでに先行シングルなどで“スクエアプッシャーらしい、スクエアプッシャーすぎる”サウンドを届けているが、アルバムもまた、そうしたファンの期待を裏切らない刺激的なサウンド! 往年のファンには言っちゃいましょうか、なにはなくともテンションがブチ上がる、あの“音”が帰ってきましたよ! あのエイフェックス・ツインがその才能を発掘して、早くも20年。14枚目となる今回のアルバムは、前作『Ufabulum』で展開されたエレクトロニクス主体のサウンドはそのままに、ジャングルやブレイクコア、はたまたフリー・ジャズからフュージョンなどが高速にぶつかり合う44分のパンキッシュな衝撃体験! 今回はなんとライヴ録音ともいうべき、全てワンテイクの一発でレコーディングされたという。 OTOTOYでは本作をハイレゾ配信! 各音色がエネルギッシュに、まるで複雑怪奇な精密機械のように絡み合う様を、ぜひともハイレゾで。 すでに20年選手となったスクエアプッシャーことトム・ジェンキン
 
筆者について
BB (Reviewed by Kentaro Takahashi)

本名:高橋健太郎プロデューサー、ジャーナリスト、選曲家など。高橋健太郎 文筆家/音楽制作者 評論集「ポップミュージックのゆくえ〜音楽の未来に蘇るもの」がアルテスパブリッシングから発売中。http://tinyurl.com/2g72u5e twitterアカウントは@kentarotakahash

同じ筆者による他の記事