高橋健太郎が執筆したオトトイ限定ライナー・ノーツの単体販売開始

ジム・オルークによる最新作『All kinds of People 〜love Burt Bacharach〜』。ポップス界最高峰の音楽家バート・バカラックが作り出した楽曲を、アヴァン・ポップスの異端児ジム・オルークと、東京、大阪とアメリカのミュージシャン達で解き明かす本作。オトトイでアルバム特典としてプレゼントしていた、高橋健太郎執筆による1万字越えのスペシャル・ライナー・ノーツの単体販売を開始。2010年4月15日にBillboard tokyoで行われたJim O'Rourke x Bacharach Tribute Liveのライヴ・レポートと共にお楽しみください!

>>ライナー・ノーツの単体購入(150円)はこちらから

【ライナー・ノーツの単体購入について】
ライナー・ノーツを購入の際に一緒にダウンロードされる音源は、ライナー・ノーツだけ欲しい人のために用意した音源です。たくさんのミュージシャンの声が使用された豪華な音源なので、是非聴いてください。

※このライナー・ノーツはオトトイで『All kinds of People ~love Burt Bacharach~』を買った際に、アルバム特典として付いてくるものと全く同一です。

Jim O'Rourke x Bacharach Tribute Live 2010.04.15@Billboard tokyo

「オール・カインズ・オブ・ピープル」のリリースに合わせて、東京、大阪で三日間、6セットが行なわれたジム・オルーク一座のライヴ。僕が見たのは初日、東京ビルボードでの4月15日のセカンド・セットだった。

バート・バカラックの音楽というのは、本来、ゴージャスなものだ。若き日にはマレーネ・ディートリッヒのオーケストラ・コンダクターを務めていたバカラックは、エンターテインメントの世界の掟をよく知る業界人でもある。作曲家としてはとても繊細な作品を生み出してきたが、ステージ上ではぎらぎらした野心家ぶりも覗かせる。1960年代の後半、ビートルズをはじめとするロックの波が乱暴に世界を覆い尽くそうとする中で、バカラックの音楽は、贅を尽くした極上のエンターテインメントの伝統を守り通そうとする側の、最大の抵抗勢力でもあった。

しかし、この日の一座ときたら、どうだろう。あたかも農民達の楽団が、貴族の音楽を演奏しているかのよう。いや、よく見ると、鍛冶屋も混じっていたり、得体の知れない流浪の民も混じっていたり。おじいさんの学者もいたかな。ともあれ、エンターテイメントの世界の掟には統率されない、てんでばらばらな人々が、バカラックの音楽を演奏する。リーダーは毛玉の浮いたカーディガンを着た小柄なアメリカ人。おどおどしたような様子すら窺えて、どのくらいのリーダー・シップがあるのか、見ていてもよく分からない。ただ、ステージが進むうちに、彼が選んだてんでばらばらの人々が、かけがえのない個性を持ったミュージシャン達であるのが分かってくる。無駄な音は一つもない。無駄のないアレンジということ以上に、優れた即興音楽家の演奏には無駄な音が一つもないのと同じ意味において、一群のミュージシャン達の演奏には何一つ無駄がなかった。

無駄を惜しまないゴージャスさとはまったく別の位相を持ったバカラック・ソング達。それが一つ一つ、ステージの上で花開いていく。過去のたくさんのヴァージョンが耳に馴染み過ぎた大ヒット曲ですら、見たことのない新しい花を咲かせる。時には乱暴だったり、強引だったりもするが、しかし、瑞々しい瞬間が尽きることがない、そんな一時間半だった。

この日のセット・リストは以下の通り。

1. Always Something There To Remind Me (vo:青山陽一)
2. Do You Know The Way To San Jose (vo:カヒミ・カリィ)
3. After The Fox (vo:坂田明、飛び入り:中原昌也vo)
4. Anonymous Phone Call (vo:やくしまるえつこ)
5. You'll Never Get To Heaven (vo:青山陽一)
6. Raindrops Keep Fallin On My Head (vo:小池光子)
7. The Look Of Love (vo:カヒミ・カリィ)
8. Don't Make Me Over (vo:ジム・オルーク)
9. Walk On By (vo:小池光子)
10. Close To You (vo:細野晴臣)
11. My little Red Book (vo:青山陽一、山本達久perc)

アンコール演奏された「My little Red Book」はアルバムには収録されていない曲。アルバムではYoshimiがヴォーカルを取っている「Say A Little Prayer For Me」は東京では演奏されなかった(大阪では演奏)。また、アルバムでジム・オルークがヴォーカルを取っている「Trains And Boats And Planes」は今回のツアーでは演奏されていない。

ミュージシャン達の顔ぶれは以下の通り。

ジム・オルーク(eg,vo)、グレン・コッチェ(dr)、ダーリン・グレイ(b,perc)、須藤俊明(b,perc)、青山陽一 (eg,vo)、坂田明(vo,sax,cl)、クリヤマコト(pf)、石橋英子(org)、佐々木史郎(tp)、小池光子(vo)、カヒミ・カリィ(vo)、やくしまるえつこ(vo)、細野晴臣(vo,b,ag)

細かい見所については、これ以上は書かないが、ウィルコのドラマーであるグレン・コッチェの繊細でいながら、力強いドラミング、さらには響き過ぎないドラム・セットの鳴らし方が、全体のトーンを決定づけていた。また、3人のベーシストのグルーヴがとてつもなかった。あの坂田明が職人的な仕事ぶりでアレンジに貢献している姿も新鮮だった。(text by 高橋健太郎)

PROFILE

Jim O'Rourke
1969年シカゴ生まれ。Derek Bailey(デレク・ベイリー)の音楽と出会い、13才のジム少年はロンドンにDerek Bailey(デレク・ベイリー)を訪ねる。ギターの即興演奏に開眼し実験的要素の強い作品を発表、John Fahey(ジョン・フェイヒー)の作品をプロデュースする一方でGastr Del Sol(ガスター・ デル・ソル)やLoose Fur(ルース・ファー)など地元シカゴのバンドやプロジェクトに参加、「シカゴ音響系」と呼ばれるカテゴリーを確立する。一方で、小杉武久と共にMerce Cunningham(マース・カニンハム)舞踏団の音楽を担当、Tony Conrad(トニー・コンラッド)、Arnold Dreyblatt(アーノルド・ドレイブラット)、Christian Wolff(クリスチャン・ウルフ)などの作曲家との仕事で現代音楽とポストロックの橋渡しをする。1998年超現代的アメリカーナの系譜から『Bad Timing(バッド・タイミング)』、1999年、フォークやミニマル音楽などをミックスしたソロ・アルバム『Eureka(ユリイカ)』を発表、大きく注目される。1999年から2005年にかけてSonic Youth(ソニック・ユース)のメンバー、音楽監督として活動し、広範な支持を得る。2004年には、Wilco(ウィルコ)の『A Ghost Is Born(ゴースト・イズ・ボーン)』のプロデューサーとしてグラミー賞を受賞、現代アメリカ音楽シーンを代表するクリエーターとして高く評価され、ヨーロッパでも数々のアーティストをプロデュースする。また、日本文化への造詣が深く、近年は東京に活動拠点を置く。日本でのプロデュース・ワークとしては、くるり、カヒミ・カリィなど多数。坂田明、大友良英、山本精一、ボアダムスなどとの共同作業や、武満徹作品『コロナ東京リアリゼーション』(2006)など現代音楽に至る多彩な作品をリリースしている。映像作家とのコラボレーションとしてWerner Herzog(ヴェルナー・ヘルツォーク)、Olivier Assayas(オリヴィエ・アサイヤス)、青山真治、若松考二などの監督作品のサウンドトラックを担当。ジム自身も映画監督として活動しており、彼の作品は、2004年と2006年にはホイットニー・ビエンナーレ、2005年にはロッテルダム映画祭で「重要作品」として上映されている。ソロとしての最近作『The Visitor(ザ・ヴィジター)』(2009)は『Bad Timing(バッド・タイミング)』の現代版と言える密室的ワンマン・アルバムの極致と言える。新しい「知」の探求者としてオルタナティヴ、ポストロック、エクスペリメンタル・ポップ、映画音楽、フリー・ミュージック、ジャズ、アメリカーナ、現代音楽など様々なジャンルの極北を切り開く越境的活動を行ない「現代東京カルチャー」の先導者となりつつある。

高橋健太郎
過去の職歴は音楽評論家、DJ、音楽プロデューサー、インディー・レーベル・オーナー、レコーディング・エンジニアなど。レコミュニ〜オトトイにも創設時から関わる。音楽評論集に「音楽の未来に蘇るもの」(2010年に復刊予定)。初の小説も出版準備中。

o

はてブに追加
 
 
"Close Up"の最新アーカイヴ
PS Vita用ソフト『シェルノサージュ』ヴォーカル・アルバム第3弾をハイレゾ配信決定、予約受付スタート
[CLOSEUP]・2014年09月20日・PS Vita用ソフト『シェルノサージュ』ヴォーカル・アルバム第3弾をハイレゾ配信決定!! 現在予約受付中!! 遥か七つの次元を超えた先に、本当に存在する世界を舞台にした、PS Vita用ソフト『 シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~ 試練編 』 ヴォーカル・アルバム第3弾が、なんとハイレゾで登場!! とともに、過去作も一挙配信決定です。 第3弾には志方あきこ、南條愛乃、yokoが参加。合計で6万枚以上のセールスを達成した 『アルトネリコ』 シリーズの血を受け継ぐ、民族調多重コーラス曲による力強くも情緒的な楽曲です。 10月1日の配信開始に先駆けて、OTOTOYでは予約注文をスタート。ご予約いただいた方には配信開始と同時に音源のダウンロードURLをお送りいたしますので、いちはやく聴きたい! という方にオススメです! Ciel nosurge Genometric Concert Vol.3~帝賜の詩~(24bit/48kHz)'【配信価格】alac / flac / wav(24bit/48kHz) : 単曲 400円 / まとめ購入 1,600円【配信開始日】2014年10月1日(水)0時【Trac
箱庭的モジュールショー『奏でる箱庭』をハイレゾ配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2014年09月19日・指輪が結びつけた、ミニマル・ミュージックとコンテンポラリー・ダンスーー箱庭的MODULE SHOW、初ライヴ音源を独占ハイレゾ配信 ダンス、アナログシンセ、人力ミニマル、映像、ちょっぴりノイズを、モジュールのように接続して箱庭に詰め込むというコンセプトのもと、2014年1月からはじまった即興ダンス人力ミニマル・セッション・プロジェクト、箱庭的MODULE SHOW。彼らが2014年5月に原宿ストロボカフェで開催した初ライヴ〈奏でる箱庭〉のレコーディング音源をハイレゾ配信スタート!! ジャジーでアダルトな演奏に、ところ狭しと会場全体を使って舞うコンテポラリー・ダンス、そして両者を繋ぐ動くたびにシンセサイザーの音色が鳴るという指輪。実験的ともいえるインスタレーション的ライヴが、配信用にミックス、マスタリングされて、ここに蘇る。また、プロジェクト・リーダーの上田晴久、ダンサーの小暮香帆への対談も実現。本プロジェクトについて、ダンスと音楽の融合について話を訊いた。インタヴューとともに、本作を聴いて様子を想いふくらませ、次回のライヴにぜひ足を運んでみていただきたい。 ここでしか手に入らない独占音源!! 一度限りの
by 西澤 裕郎
WaikikiRecord、ほぼ全作品無料配信キャンペーン!!
[CLOSEUP]・2014年09月19日・「ポップは全てを内包する」を掲げるWaikikiRecord、ELEKIBASEやワンダフルボーイズ、セイルズなど一挙無料配信キャンペーン!! こんなに大量の一気無料配信、前代未聞です! 「ポップは全てを内包する」を合言葉に、ポップ・ミュージックを届けてくれるインディ・レーベル、WaikikiRecord。初期はゆーきゃんから渚十吾、田所せいじといったシンガーに、奇妙礼太郎トラベルスイング楽団、ワンダフルボーイズからOver The Dogs――もちろんレーベル・オーナーの坂本陽一のバンド、ELEKIBASEも――そんな多数の良作をOTOTOYでも配信しています。そんなWaikikiRecord、なにを思ったかOTOTOYで配信している(ほぼ)全タイトルを無料配信に、と「本当に良いんですか!?」と言いたくなるようなキャンペーンをはじめます!! ということで、無料配信する全タイトル26作品を坂本自ら執筆したレコメンドとともにご紹介!! 試聴もできますので、わくわく物色しつつ、ほしくなったらジャケットをポチッと押してくださいね。 そして来週にはWaikikiRecordからワンダフルボーイズの新作『LOVELY
eufonius、大ヒット作『frasco』から5曲のDSDマスターを解禁!!
[CLOSEUP]・2014年09月19日・あの大ヒット作をアナログのような響きで!! eufonius、『frasco』から5曲のDSDマスターを解禁!! 「CLANNAD」、「true tears」といった数々の名作アニメ / ゲームの主題歌を手掛けてきたeufonius。彼らがOTOTOY限定でハイレゾ版をリリースし、大ヒットを記録したアルバム、それが『frasco』だ。実はこのアルバムには、DSDマスターが5曲のみ存在する。OTOTOYでは、同作の大好評、そしてより多様な楽しみ方をしてほしいというアーティストの思いを受け、このマスター音源の配信を開始。ヴォーカルriyaの透き通る歌声、そして生楽器をふんだんに使った高音の響き、『frasco』ならではのそのサウンドを、ハイレゾ版とはひと味違う、アナログ盤の響きに近いと言われるDSD版でお楽しみください。 大ヒット作『frasco』からDSDマスターが存在する5曲を配信!!eufonius / frasco [DSD master] (5.6MHz dsd + 24bit/192kHz) 【配信フォーマット】5.6MHz dsd + 24bit/192kHz【価格】1,728円(税込)(まとめ
ついに完成!! fulaによる初フル・アルバムの予約実施中!
[CLOSEUP]・2014年09月17日・OTOTOY大推薦バンド、fulaの待望の初フル・アルバムがついに完成したので、予約を開始します! しかも2曲を先行でダウンロードできる!! ジャム・バンドのスタイルを基調に、透明感のある歌声とポップ・センスで、これまで3枚のミニ・アルバム、2枚のシングルと多くの作品を生み出してきたfula。OTOTOYでも数々登場していただいた彼らによる、さまに“待望”と言ってよい初のフル・アルバムをOTOTOY独占で予約受付中。予約いただいた方には、なんとアルバム収録の2曲を先行でお届けしちゃいます!! さらに購入特典として、メンバーからの感謝が込められたメッセージ・ヴィデオが付いてきちゃうなど、なんとも大盤振る舞いなサーヴィスとなっております! 内容はといえば、fulaの持ち味であるプレイヤビリティとポップ・センスの絶妙なバランス、“歌”として優しく耳に入ってくる歌声とがすべて詰まった、いち早く聴いていただきたい良作であります。 そして、今年の〈ライジング・サン・ロック・フェスティヴァル〉にも出演を果たすなど、常々口にしている「フェスの常連になりたい」という目標に近づきつつある彼ら。そのなかで、fulaというバンドは
by JJ
ハイレゾの新たな試み! 声優が演じるキャラクターの世界に入り込むミュージック・シチュエーション音源がハイレゾで登場!!
[CLOSEUP]・2014年09月18日・ハイレゾが可能にしたリアルな"声"にたまらず恋をする――声優演ずるキャラクターの世界に入り込む"シチュエーションCD"がハイレゾ化!! ハイレゾの新たな試み、はじまります!! 声のかすかなニュアンスや、まるですぐそこにいるかのようなリアリティ――声優が好きな人にとって、大事な部分が確実に再現できるだろうハイレゾで、いつか楽曲だけでなく何か届けられるのではと思っていました。 さて、そんな機に、新レーベルmelt Lab.(メルトラボ)が送るミュージック・シチュエーション・シリーズを、新作も含めて一挙5作品ハイレゾでお届けすることが決定!! ミュージック・シチュエーションとは、ドラマCDやラジオ・ドラマの一種というとピンとくる方もいるでしょうか。ただしこれは、声優演じるキャラクターが、"聴き手のあなた"に向かって話しかけ、まるであなたが物語のなかにいるかのような感覚を味わうことができるのです。 配信するのは"マフィアとの危険な恋"をテーマとする人気シリーズ「マフィアズ・ブラッド」。武内健や鳥海浩輔といった人気声優に続き、新作のVol.5は石川界人が登場!! そして新たなシリーズ「吉原ラメント」のVol.1を飾
by JJ
サカモト教授、ニューアルバムは豪華コラボ陣!
[CLOSEUP]・2014年09月18日・チップ・チューンでワールドマーケットへ! サカモト教授、3年半ぶりのニュー・アルバムは豪華アーティストとコラボ祭り! 頭にファミコンをのせた格好でおなじみ、サカモト教授。3年半ぶりのニュー・アルバムがついに到着! 自身の音楽性や、これまで出会った人々を『REBUILD(再構築)』した今回の作品は、その名の通り、サカモト教授の新機軸。従来の8bit、チップ・チューン・サウンドはもちろん、今回は、レフティーモンスターP、SKY-HI、sasakure.UK、流田豊(from流田Project)、坂本美雨などのアーティストと豪華コラボレーション。爽やかポップス、はじけるラップ、泣けるバラードまで、「こんな曲調まで出てくるの!」と驚いてしまう密度の濃い作品に仕上がった。 OTOTOYでは、アルバム購入特典としてサイン入りのアーティスト写真4種類(pdf)つき。 サラリーマン生活を辞め、音楽活動1本に決めた覚悟にいたるまでや、チップ・チューンやゲーム音楽の世界展開を見据えたサカモト教授。アルバムタイトル通り、『REBUILD』な作品のことや、世界を見据えた音楽活動など、意気込みをたっぷりと語ってもらった。 アルバム
櫛引彩香、3年ぶりのニュー・アルバムを独占ハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2014年09月17日・『恋する運命』のもとで生まれた曲たちーー櫛引彩香、3年ぶりのニュー・アルバムを独占ハイレゾ配信 デヴューから15年、櫛引彩香(くしびきさやか)の声はいつも優しく、寄り添ってくれる。レーベル・メイトでもある松田岳二、KONCOS の古川太一と「櫛引彩香TRIO」の活動を経て、個人名義では3年ぶりのオリジナル・アルバム『恋する運命』をリリース。今作は、アレンジャーにKONCOS、ONE Hundred MONT BLANC、PANORAMA FAMILY、松田岳二といったレーベル・メイトが、作詞にはタレントの加藤紀子、お笑い芸人のジューシーズ松橋周太呂が参加。 すべて違った彩りのピースが、運命のもとに集まった全11曲。デヴューから今までの15年の音楽と、これからについて、櫛引彩香にインタヴューを行なった。 また、OTOTOYでは本作を独占で先行配信を開始。ハイレゾ(24bit/48kHz)はOTOTOY独占、本人直筆のライナーノーツpdfつき。透き通る伸びやかな歌声と音色は、まさにハイレゾ向けといえるだろう。 ハイレゾは手書きライナー・ノーツの特典つき!櫛引彩香 / 恋する運命'【配信フォーマット】[左]AL
 
筆者について
BB (Reviewed by Kentaro Takahashi)

本名:高橋健太郎プロデューサー、ジャーナリスト、選曲家など。高橋健太郎 文筆家/音楽制作者 評論集「ポップミュージックのゆくえ〜音楽の未来に蘇るもの」がアルテスパブリッシングから発売中。http://tinyurl.com/2g72u5e twitterアカウントは@kentarotakahash

同じ筆者による他の記事