高橋健太郎が執筆したオトトイ限定ライナー・ノーツの単体販売開始

ジム・オルークによる最新作『All kinds of People 〜love Burt Bacharach〜』。ポップス界最高峰の音楽家バート・バカラックが作り出した楽曲を、アヴァン・ポップスの異端児ジム・オルークと、東京、大阪とアメリカのミュージシャン達で解き明かす本作。オトトイでアルバム特典としてプレゼントしていた、高橋健太郎執筆による1万字越えのスペシャル・ライナー・ノーツの単体販売を開始。2010年4月15日にBillboard tokyoで行われたJim O'Rourke x Bacharach Tribute Liveのライヴ・レポートと共にお楽しみください!

>>ライナー・ノーツの単体購入(150円)はこちらから

【ライナー・ノーツの単体購入について】
ライナー・ノーツを購入の際に一緒にダウンロードされる音源は、ライナー・ノーツだけ欲しい人のために用意した音源です。たくさんのミュージシャンの声が使用された豪華な音源なので、是非聴いてください。

※このライナー・ノーツはオトトイで『All kinds of People ~love Burt Bacharach~』を買った際に、アルバム特典として付いてくるものと全く同一です。

Jim O'Rourke x Bacharach Tribute Live 2010.04.15@Billboard tokyo

「オール・カインズ・オブ・ピープル」のリリースに合わせて、東京、大阪で三日間、6セットが行なわれたジム・オルーク一座のライヴ。僕が見たのは初日、東京ビルボードでの4月15日のセカンド・セットだった。

バート・バカラックの音楽というのは、本来、ゴージャスなものだ。若き日にはマレーネ・ディートリッヒのオーケストラ・コンダクターを務めていたバカラックは、エンターテインメントの世界の掟をよく知る業界人でもある。作曲家としてはとても繊細な作品を生み出してきたが、ステージ上ではぎらぎらした野心家ぶりも覗かせる。1960年代の後半、ビートルズをはじめとするロックの波が乱暴に世界を覆い尽くそうとする中で、バカラックの音楽は、贅を尽くした極上のエンターテインメントの伝統を守り通そうとする側の、最大の抵抗勢力でもあった。

しかし、この日の一座ときたら、どうだろう。あたかも農民達の楽団が、貴族の音楽を演奏しているかのよう。いや、よく見ると、鍛冶屋も混じっていたり、得体の知れない流浪の民も混じっていたり。おじいさんの学者もいたかな。ともあれ、エンターテイメントの世界の掟には統率されない、てんでばらばらな人々が、バカラックの音楽を演奏する。リーダーは毛玉の浮いたカーディガンを着た小柄なアメリカ人。おどおどしたような様子すら窺えて、どのくらいのリーダー・シップがあるのか、見ていてもよく分からない。ただ、ステージが進むうちに、彼が選んだてんでばらばらの人々が、かけがえのない個性を持ったミュージシャン達であるのが分かってくる。無駄な音は一つもない。無駄のないアレンジということ以上に、優れた即興音楽家の演奏には無駄な音が一つもないのと同じ意味において、一群のミュージシャン達の演奏には何一つ無駄がなかった。

無駄を惜しまないゴージャスさとはまったく別の位相を持ったバカラック・ソング達。それが一つ一つ、ステージの上で花開いていく。過去のたくさんのヴァージョンが耳に馴染み過ぎた大ヒット曲ですら、見たことのない新しい花を咲かせる。時には乱暴だったり、強引だったりもするが、しかし、瑞々しい瞬間が尽きることがない、そんな一時間半だった。

この日のセット・リストは以下の通り。

1. Always Something There To Remind Me (vo:青山陽一)
2. Do You Know The Way To San Jose (vo:カヒミ・カリィ)
3. After The Fox (vo:坂田明、飛び入り:中原昌也vo)
4. Anonymous Phone Call (vo:やくしまるえつこ)
5. You'll Never Get To Heaven (vo:青山陽一)
6. Raindrops Keep Fallin On My Head (vo:小池光子)
7. The Look Of Love (vo:カヒミ・カリィ)
8. Don't Make Me Over (vo:ジム・オルーク)
9. Walk On By (vo:小池光子)
10. Close To You (vo:細野晴臣)
11. My little Red Book (vo:青山陽一、山本達久perc)

アンコール演奏された「My little Red Book」はアルバムには収録されていない曲。アルバムではYoshimiがヴォーカルを取っている「Say A Little Prayer For Me」は東京では演奏されなかった(大阪では演奏)。また、アルバムでジム・オルークがヴォーカルを取っている「Trains And Boats And Planes」は今回のツアーでは演奏されていない。

ミュージシャン達の顔ぶれは以下の通り。

ジム・オルーク(eg,vo)、グレン・コッチェ(dr)、ダーリン・グレイ(b,perc)、須藤俊明(b,perc)、青山陽一 (eg,vo)、坂田明(vo,sax,cl)、クリヤマコト(pf)、石橋英子(org)、佐々木史郎(tp)、小池光子(vo)、カヒミ・カリィ(vo)、やくしまるえつこ(vo)、細野晴臣(vo,b,ag)

細かい見所については、これ以上は書かないが、ウィルコのドラマーであるグレン・コッチェの繊細でいながら、力強いドラミング、さらには響き過ぎないドラム・セットの鳴らし方が、全体のトーンを決定づけていた。また、3人のベーシストのグルーヴがとてつもなかった。あの坂田明が職人的な仕事ぶりでアレンジに貢献している姿も新鮮だった。(text by 高橋健太郎)

PROFILE

Jim O'Rourke
1969年シカゴ生まれ。Derek Bailey(デレク・ベイリー)の音楽と出会い、13才のジム少年はロンドンにDerek Bailey(デレク・ベイリー)を訪ねる。ギターの即興演奏に開眼し実験的要素の強い作品を発表、John Fahey(ジョン・フェイヒー)の作品をプロデュースする一方でGastr Del Sol(ガスター・ デル・ソル)やLoose Fur(ルース・ファー)など地元シカゴのバンドやプロジェクトに参加、「シカゴ音響系」と呼ばれるカテゴリーを確立する。一方で、小杉武久と共にMerce Cunningham(マース・カニンハム)舞踏団の音楽を担当、Tony Conrad(トニー・コンラッド)、Arnold Dreyblatt(アーノルド・ドレイブラット)、Christian Wolff(クリスチャン・ウルフ)などの作曲家との仕事で現代音楽とポストロックの橋渡しをする。1998年超現代的アメリカーナの系譜から『Bad Timing(バッド・タイミング)』、1999年、フォークやミニマル音楽などをミックスしたソロ・アルバム『Eureka(ユリイカ)』を発表、大きく注目される。1999年から2005年にかけてSonic Youth(ソニック・ユース)のメンバー、音楽監督として活動し、広範な支持を得る。2004年には、Wilco(ウィルコ)の『A Ghost Is Born(ゴースト・イズ・ボーン)』のプロデューサーとしてグラミー賞を受賞、現代アメリカ音楽シーンを代表するクリエーターとして高く評価され、ヨーロッパでも数々のアーティストをプロデュースする。また、日本文化への造詣が深く、近年は東京に活動拠点を置く。日本でのプロデュース・ワークとしては、くるり、カヒミ・カリィなど多数。坂田明、大友良英、山本精一、ボアダムスなどとの共同作業や、武満徹作品『コロナ東京リアリゼーション』(2006)など現代音楽に至る多彩な作品をリリースしている。映像作家とのコラボレーションとしてWerner Herzog(ヴェルナー・ヘルツォーク)、Olivier Assayas(オリヴィエ・アサイヤス)、青山真治、若松考二などの監督作品のサウンドトラックを担当。ジム自身も映画監督として活動しており、彼の作品は、2004年と2006年にはホイットニー・ビエンナーレ、2005年にはロッテルダム映画祭で「重要作品」として上映されている。ソロとしての最近作『The Visitor(ザ・ヴィジター)』(2009)は『Bad Timing(バッド・タイミング)』の現代版と言える密室的ワンマン・アルバムの極致と言える。新しい「知」の探求者としてオルタナティヴ、ポストロック、エクスペリメンタル・ポップ、映画音楽、フリー・ミュージック、ジャズ、アメリカーナ、現代音楽など様々なジャンルの極北を切り開く越境的活動を行ない「現代東京カルチャー」の先導者となりつつある。

高橋健太郎
過去の職歴は音楽評論家、DJ、音楽プロデューサー、インディー・レーベル・オーナー、レコーディング・エンジニアなど。レコミュニ〜オトトイにも創設時から関わる。音楽評論集に「音楽の未来に蘇るもの」(2010年に復刊予定)。初の小説も出版準備中。

o

はてブに追加
 
 
"Close Up"の最新アーカイヴ
限定トラックあり! ハイレゾで聴く、KASHIWA Daisukeの、歌モノへの新たな挑戦
[CLOSEUP]・2014年10月25日・歌モノへの新たな挑戦に試みた、エレクトロニカ・アーティストKASHIWA Daisukeの新作を先行ハイレゾ配信! 限定トラックも! グリッジ・ビートと耽美な音使いを自在に行き来した、エレクトロニカを提供しているKASHIWA Daisuke。自身の創作活動はもちろん、作家、リミキサー、マスタリング・エンジニアとしても活動し、2013年にはアニメーション映画への音楽提供を果たした。多方面で飛躍的に活動する彼が、このたび『9 songs』をリリース。明治、花王のCM等に楽曲を提供しているヴォーカリスト、pianaを大々的にフィーチャリングした本作。その中身は、柔らかくも透明感溢れる歌声とエッジの立ったリズム・セクションが絶妙にグルーヴした、まさに彼的な“歌モノへの新たな挑戦”が垣間見えるサウンドとなっている。 そんな本作を1週間先行、ハイレゾ音源で配信! しかもOTOTOY限定で、17分にもおよぶアンビエント・トラック「Yume.002」も付属!! どこよりも早く、そして高音質で、KASHIWA Daisukeによるサウンドスケープをお楽しみください。 KASHIWA Daisuke / 9 Songs(24
リコチェットマイガール、初の全国流通リリースとなる新作を配信開始
[CLOSEUP]・2014年10月24日・リコチェットマイガールが問いかける〈グッド・ミュージックとはなんなのか〉――初の全国流通リリースとなる新作を配信開始 鍵盤、ギター、ベースの3人組バンド、リコチェットマイガールが初の全国流通盤ミニ・アルバム『きっと鳴り止まない』をタワーレコード限定でリリース! ……というところをなんとOTOTOYでも同時配信スタートとなりました! 作詞作曲を手掛けるヴォーカル・稲荷直史の、物語のようで日記のような、独り言のようで誰かに届けたいと切望する繊細な表現。一方でメンバーがほどこす一筋縄ではいかないアレンジがきいたバンド・サウンド。会場限定で販売されたファースト・デモ・アルバム『トランスファー』は現在までに約700枚を売り上げ、同アルバムのレコ発ワンマンは1ヶ月前にはソールド・アウトするなど注目の高まる彼らがインタヴューで初登場です。結成のいきさつから、彼らの思う"グッド・ミュージック"の在り方について、丁寧に語ってもらいました。 リコチェットマイガール / きっと鳴り止まない'【配信価格】ALAC / FLAC / WAV : 単曲 216円 / アルバム 1,296円(各税込)mp3 : 単曲 162円 / ア
by 渡辺 裕也
インディ・シーンの新たな注目株! Nohtenkigengo、ファースト・アルバムを配信開始
[CLOSEUP]・2014年10月24日・oono yuuki、平賀さち枝を輩出したレーベル"kiti"が送る新世代ドリーム・ポップの大本命、Nohtenkigengo登場 シンガー・ソングライター花枝明によるソロ・ユニット"Nohtenkigengo(ノーテンキゲンゴ)"。全てをひとりで手掛ける新世代の宅録ポップスとして自主制作盤から早くも話題を呼んでいた彼が、インディ・レーベル"kiti"からファースト・アルバム『Never』をリリース。ceroやザ・なつやすみバンド、Alfred Beach Sandalも手掛けたエンジニア・得能直也がミックスとマスタリングを担当、みずみずしさと鮮烈なフレッシュさを持ったまばゆくきらめく9曲が届きました。2014年も終わりに近づいてきましたが、今年最後に知っておいてほしい! と声を大にして言いたい、インディ・シーンから生まれた注目作です。 Nohtenkigengo / Never'【配信価格】ALAC / FLAC / WAV / mp3 : 単曲 200円 / アルバム 1,500円(各税込)【Track List】''01. LONG / 02. FEVER / 03. CLUB / 04. VILL
ザ・ヴァセリンズ、4年ぶりのニュー・アルバム配信開始!
[CLOSEUP]・2014年10月24日・「俺たちでできる最高にかっ飛んだアルバム」ーーザ・ヴァセリンズ、4年ぶりのニュー・アルバム配信開始! あのカート・コバーンもファンであることを公言した、スコットランドが生んだ伝説のインディ・ポップ・バンド、ザ・ヴァセリンズ、4年ぶりのスタジオ・アルバム。レコーディングはグラスゴーにあるモグワイのスタジオCastle of Doomで行われており、セルフ・プロデュースで制作され、ベル・アンド・セバスチャンのスティーヴィー・ジャクソン、ティーンエイジ・ファンクラブのフランシス・マクドナルドなど、グラスゴーを拠点に活動する名立たるミュージシャン等が多数参加。 ラモーンズにインスパイアされたという本作は、ヴォーカルであるユージン・ケリーの「人々の耳にすぐ届く短いパンク・ロック・ソングを書きたい」という思いがギッシリと詰めこまれたポップ・ロック・アルバムに仕上がった。 The Vaselines / V For Vaselines 【配信形態】 ALAC / FLAC / WAV / mp3 【価格】 単曲 205円(税込) アルバム価格1,543円(税込)【TRACK LIST】01. High Tid
Rie fu、デビュー10周年を飾る2連続のコンセプト・アルバム第1弾をハイレゾで先行配信!
[CLOSEUP]・2014年10月23日・10年で積み重ねた豊かな内面を物語る――Rie fu、デビュー10周年を飾るコンセプト・アルバム第1弾をハイレゾで先行配信&フル試聴スタート 2004年のデビューから10年を迎えるRie fuが新たに届けてくれるのは2枚連続のアルバム『 I 』と『O』。ふたつ並べるとIO=10になる、というビジュアル・コンセプトも含めながら、それぞれ I = Inside(内面を物語ったもの)、O=Outside(外に向かったもの)というテーマで制作。さて今回は一作目となる『 I 』がCD発売に先駆けて配信開始です! Rie fuの内面を物語った10曲は、Rie fuが尊敬するストックホルム出身のシンガー・メイヤと彼女の長年のプロデューサーであるダグラス・カーと共作した「Butterfly」をはじめ、17歳のときにつくったという「幼き森」から新たな恋愛観をストレートに語る「理想の男性の条件」など、彼女の人生を巡るように1曲ずつ景色が変わります。デビュー以降、ロンドンのアート・スクールへの留学、画家としての活動や他のアーティストとのコラボレーション、自らのレーベル設立、ファンキーなイギリス人との結婚からシンガポールへの移住な
by JJ
大貫妙子、ミディ在籍時の2タイトルをDSD & ハイレゾで再発
[CLOSEUP]・2014年10月23日・これを聴かずに日本の女性SSWは語れない!! 大貫妙子、ミディ在籍時の2タイトルをハイレゾで配信(DSDあり!!) またひとつ、押しも押されぬ往年の名作がOTOTOYのラインナップに加わった。山下達郎率いるシュガー・ベイブの結成メンバーとして知られ、日本ポップス史における女性SSWの草分け的存在と評される大貫妙子。そんな彼女が80年代後半〜90年代にかけて発表した2つのタイトルが、DSDおよびハイレゾPCMで甦ったのだ。ケニア旅行をきっかけに制作された『アフリカ動物パズル』(1987)は、トライバルでエキゾチックなインスト・ナンバーが大半を占める実験的な作品。一方の『NEW MOON』(1990)は、シティ・ポップの流れを作った大貫妙子が80年代の作風をアップデートした、ミディ時代最後のオリジナル・アルバム。それぞれ趣の異なる2つのタイトルを、2014年ならではの高音質で楽しもう。 アフリカ動物パズル (1987年)【配信フォーマット】[左] DSD(1bit/2.8MHz)[右] ALAC/FLAC/WAV(24bit/96kHz) 【価格】アルバムまとめ購入 : 3,240円(税込)単曲購入(ALAC
BELLRING少女ハート7thシングル&Escalator or Elevatorデビュー作を先行ハイレゾ配信!!
[CLOSEUP]・2014年10月22日・あまりに刹那で美しいーーBELLRING少女ハート史上最強のキラーチューン&問題曲、エスエレのデビュー作を同時先行ハイレゾ配信!! ヤバい、これはヤバすぎる!! BELLRING少女ハート7作目のシングル『EPEP EP』が、とんでもないことになっています。1曲目「rainy dance」は、ベルハー最強のキラー・チューン「the Edge of Goodbye」を制作したタニヤマヒロアキが作詞・作曲・編曲を手がけたスーパー・キラーチューン。サイケデリックだったりヘタウマというベルハーの代名詞を吹き飛ばすようなストレートで破壊力抜群の超エネルギッシュな大名曲に仕上がっています。そして、カップリングとなる「男の子、女の子」は、ディレクターの田中紘治が初めて編曲に挑んだ問題曲。バックトラックはベルハー・メンバーの声のみ。ビョークの『メダラ』を彷彿とさせる楽曲で、レコーディングに3日、エンジニアを精神的に追いつめたいわくつきの楽曲に…。10月31日CD発売予定の本作を、OTOTOYではハイレゾで先行配信スタート!! それに加え、朝倉みずほ(BELLRING少女ハート)とちーぼう(ゆるめるモ!)による2人組ユニッ
by 西澤 裕郎
灰野敬二、“DJ"ミックス第2弾配信開始
[CLOSEUP]・2014年10月22日・僕は“音の触媒"なんだよ――灰野敬二、驚愕の“DJ"ミックス“experimental mixture"第2弾 衝撃的過ぎる内容となった灰野敬二、初のDJミックス音源『In The World』から約1年、灰野敬二によるDJミックス“experimental mixture"第2弾が約1年の時を経てこのたびリリースされる。その名も『The Greatest Hits of The MUSIC』。そのタイトルとともに、そこから生み出されるサウンドは、またもや衝撃を与えることは間違いない。 OTOTOYでは前作に続き、この作品について、灰野敬二にインタヴューを敢行。今回は、先日開催された『オトトイの学校×ミューズ音楽院 presents 灰野敬二の黒の音楽サロン』にも司会として登壇、灰野と長年に渡って深い親交のあるライター、松山晋也を訊き手にお届けする。ふたりの間を流れる、音楽を通した濃密なコミュニケーションの空気感とともに、これまた灰野の希望で、作品同様、前代未聞の原稿と相成った、刮目して読まれたし。 灰野敬二-experimental mixture- / The Greatest Hits of The
 
筆者について
BB (Reviewed by Kentaro Takahashi)

本名:高橋健太郎プロデューサー、ジャーナリスト、選曲家など。高橋健太郎 文筆家/音楽制作者 評論集「ポップミュージックのゆくえ〜音楽の未来に蘇るもの」がアルテスパブリッシングから発売中。http://tinyurl.com/2g72u5e twitterアカウントは@kentarotakahash

同じ筆者による他の記事