高橋健太郎が執筆したオトトイ限定ライナー・ノーツの単体販売開始

ジム・オルークによる最新作『All kinds of People 〜love Burt Bacharach〜』。ポップス界最高峰の音楽家バート・バカラックが作り出した楽曲を、アヴァン・ポップスの異端児ジム・オルークと、東京、大阪とアメリカのミュージシャン達で解き明かす本作。オトトイでアルバム特典としてプレゼントしていた、高橋健太郎執筆による1万字越えのスペシャル・ライナー・ノーツの単体販売を開始。2010年4月15日にBillboard tokyoで行われたJim O'Rourke x Bacharach Tribute Liveのライヴ・レポートと共にお楽しみください!

>>ライナー・ノーツの単体購入(150円)はこちらから

【ライナー・ノーツの単体購入について】
ライナー・ノーツを購入の際に一緒にダウンロードされる音源は、ライナー・ノーツだけ欲しい人のために用意した音源です。たくさんのミュージシャンの声が使用された豪華な音源なので、是非聴いてください。

※このライナー・ノーツはオトトイで『All kinds of People ~love Burt Bacharach~』を買った際に、アルバム特典として付いてくるものと全く同一です。

Jim O'Rourke x Bacharach Tribute Live 2010.04.15@Billboard tokyo

「オール・カインズ・オブ・ピープル」のリリースに合わせて、東京、大阪で三日間、6セットが行なわれたジム・オルーク一座のライヴ。僕が見たのは初日、東京ビルボードでの4月15日のセカンド・セットだった。

バート・バカラックの音楽というのは、本来、ゴージャスなものだ。若き日にはマレーネ・ディートリッヒのオーケストラ・コンダクターを務めていたバカラックは、エンターテインメントの世界の掟をよく知る業界人でもある。作曲家としてはとても繊細な作品を生み出してきたが、ステージ上ではぎらぎらした野心家ぶりも覗かせる。1960年代の後半、ビートルズをはじめとするロックの波が乱暴に世界を覆い尽くそうとする中で、バカラックの音楽は、贅を尽くした極上のエンターテインメントの伝統を守り通そうとする側の、最大の抵抗勢力でもあった。

しかし、この日の一座ときたら、どうだろう。あたかも農民達の楽団が、貴族の音楽を演奏しているかのよう。いや、よく見ると、鍛冶屋も混じっていたり、得体の知れない流浪の民も混じっていたり。おじいさんの学者もいたかな。ともあれ、エンターテイメントの世界の掟には統率されない、てんでばらばらな人々が、バカラックの音楽を演奏する。リーダーは毛玉の浮いたカーディガンを着た小柄なアメリカ人。おどおどしたような様子すら窺えて、どのくらいのリーダー・シップがあるのか、見ていてもよく分からない。ただ、ステージが進むうちに、彼が選んだてんでばらばらの人々が、かけがえのない個性を持ったミュージシャン達であるのが分かってくる。無駄な音は一つもない。無駄のないアレンジということ以上に、優れた即興音楽家の演奏には無駄な音が一つもないのと同じ意味において、一群のミュージシャン達の演奏には何一つ無駄がなかった。

無駄を惜しまないゴージャスさとはまったく別の位相を持ったバカラック・ソング達。それが一つ一つ、ステージの上で花開いていく。過去のたくさんのヴァージョンが耳に馴染み過ぎた大ヒット曲ですら、見たことのない新しい花を咲かせる。時には乱暴だったり、強引だったりもするが、しかし、瑞々しい瞬間が尽きることがない、そんな一時間半だった。

この日のセット・リストは以下の通り。

1. Always Something There To Remind Me (vo:青山陽一)
2. Do You Know The Way To San Jose (vo:カヒミ・カリィ)
3. After The Fox (vo:坂田明、飛び入り:中原昌也vo)
4. Anonymous Phone Call (vo:やくしまるえつこ)
5. You'll Never Get To Heaven (vo:青山陽一)
6. Raindrops Keep Fallin On My Head (vo:小池光子)
7. The Look Of Love (vo:カヒミ・カリィ)
8. Don't Make Me Over (vo:ジム・オルーク)
9. Walk On By (vo:小池光子)
10. Close To You (vo:細野晴臣)
11. My little Red Book (vo:青山陽一、山本達久perc)

アンコール演奏された「My little Red Book」はアルバムには収録されていない曲。アルバムではYoshimiがヴォーカルを取っている「Say A Little Prayer For Me」は東京では演奏されなかった(大阪では演奏)。また、アルバムでジム・オルークがヴォーカルを取っている「Trains And Boats And Planes」は今回のツアーでは演奏されていない。

ミュージシャン達の顔ぶれは以下の通り。

ジム・オルーク(eg,vo)、グレン・コッチェ(dr)、ダーリン・グレイ(b,perc)、須藤俊明(b,perc)、青山陽一 (eg,vo)、坂田明(vo,sax,cl)、クリヤマコト(pf)、石橋英子(org)、佐々木史郎(tp)、小池光子(vo)、カヒミ・カリィ(vo)、やくしまるえつこ(vo)、細野晴臣(vo,b,ag)

細かい見所については、これ以上は書かないが、ウィルコのドラマーであるグレン・コッチェの繊細でいながら、力強いドラミング、さらには響き過ぎないドラム・セットの鳴らし方が、全体のトーンを決定づけていた。また、3人のベーシストのグルーヴがとてつもなかった。あの坂田明が職人的な仕事ぶりでアレンジに貢献している姿も新鮮だった。(text by 高橋健太郎)

PROFILE

Jim O'Rourke
1969年シカゴ生まれ。Derek Bailey(デレク・ベイリー)の音楽と出会い、13才のジム少年はロンドンにDerek Bailey(デレク・ベイリー)を訪ねる。ギターの即興演奏に開眼し実験的要素の強い作品を発表、John Fahey(ジョン・フェイヒー)の作品をプロデュースする一方でGastr Del Sol(ガスター・ デル・ソル)やLoose Fur(ルース・ファー)など地元シカゴのバンドやプロジェクトに参加、「シカゴ音響系」と呼ばれるカテゴリーを確立する。一方で、小杉武久と共にMerce Cunningham(マース・カニンハム)舞踏団の音楽を担当、Tony Conrad(トニー・コンラッド)、Arnold Dreyblatt(アーノルド・ドレイブラット)、Christian Wolff(クリスチャン・ウルフ)などの作曲家との仕事で現代音楽とポストロックの橋渡しをする。1998年超現代的アメリカーナの系譜から『Bad Timing(バッド・タイミング)』、1999年、フォークやミニマル音楽などをミックスしたソロ・アルバム『Eureka(ユリイカ)』を発表、大きく注目される。1999年から2005年にかけてSonic Youth(ソニック・ユース)のメンバー、音楽監督として活動し、広範な支持を得る。2004年には、Wilco(ウィルコ)の『A Ghost Is Born(ゴースト・イズ・ボーン)』のプロデューサーとしてグラミー賞を受賞、現代アメリカ音楽シーンを代表するクリエーターとして高く評価され、ヨーロッパでも数々のアーティストをプロデュースする。また、日本文化への造詣が深く、近年は東京に活動拠点を置く。日本でのプロデュース・ワークとしては、くるり、カヒミ・カリィなど多数。坂田明、大友良英、山本精一、ボアダムスなどとの共同作業や、武満徹作品『コロナ東京リアリゼーション』(2006)など現代音楽に至る多彩な作品をリリースしている。映像作家とのコラボレーションとしてWerner Herzog(ヴェルナー・ヘルツォーク)、Olivier Assayas(オリヴィエ・アサイヤス)、青山真治、若松考二などの監督作品のサウンドトラックを担当。ジム自身も映画監督として活動しており、彼の作品は、2004年と2006年にはホイットニー・ビエンナーレ、2005年にはロッテルダム映画祭で「重要作品」として上映されている。ソロとしての最近作『The Visitor(ザ・ヴィジター)』(2009)は『Bad Timing(バッド・タイミング)』の現代版と言える密室的ワンマン・アルバムの極致と言える。新しい「知」の探求者としてオルタナティヴ、ポストロック、エクスペリメンタル・ポップ、映画音楽、フリー・ミュージック、ジャズ、アメリカーナ、現代音楽など様々なジャンルの極北を切り開く越境的活動を行ない「現代東京カルチャー」の先導者となりつつある。

高橋健太郎
過去の職歴は音楽評論家、DJ、音楽プロデューサー、インディー・レーベル・オーナー、レコーディング・エンジニアなど。レコミュニ〜オトトイにも創設時から関わる。音楽評論集に「音楽の未来に蘇るもの」(2010年に復刊予定)。初の小説も出版準備中。

o

はてブに追加
 
 
"Close Up"の最新アーカイヴ
青木健、2年ぶりとなる新作『ONKEI』を1週間先行フル試聴&インタヴュー
[CLOSEUP]・2014年10月20日・ミュージシャンとしての生き様を込めてーー青木健、2年ぶりとなる新作『ONKEI』を1週間先行でフル試聴開始 2012年9月に自主制作でリリースした1stアルバム『Aoki Ken』から約2年のときを経て、シンガー・ソングライターの青木健が、2ndアルバム『ONKEI』を完成。ジャーナリストの堀潤から映画『変身 - Metamorphosis』のエンディング・テーマにも抜擢、その才能は各所から注目されています。前回のインタヴューでは、音楽一本で生きていくと決意した経緯をインタヴューで迫りましたが、そのときから気持ちは大きく変化し、本気度とパッションを持って練り上げられた全12曲が収録されています。本来持ち合わせた才能に、理屈では言い表せない情熱が加わり、練りに練られた珠玉の楽曲たち。OTOTOYでは、CDより1週間先行の10月27日よりハイレゾ配信するとともに、10月27日まで全曲フル試聴で『ONKEI』をお届けします。また、インタヴューで青木の2年間、そして本作についてに迫りました。青木健という音楽家のパッションにぜひ触れてみてください。 期間限定『ONKEI』の先行フル試聴開始(2014年10月27日
by 西澤 裕郎
『THE NEXT GENERATIONパトレイバー』のO.S.Tをハイレゾで配信!
[CLOSEUP]・2014年10月15日・音楽監督、川井憲次による全曲解説も! ——実写版パトレイバー『THE NEXT GENERATION -パトレイバー-』のO.S.Tをハイレゾで配信! 1988年のコミック、OVA発売以降、世代を超えた多くのファンを獲得し、アニメ史に残る空前の大ヒットを記録した『機動警察パトレイバー』。誕生から約四半世紀、アニメ・シリーズの初期OVA・劇場版でも監督を務めた押井守を総監督に迎え、『THE NEXT GENERATION -パトレイバー-』が始動した。完全オリジナル新作の実写版は、7章(13話)の短編作品を上映したのち、2015年に長編作品を公開するなど、その凝った上映スタイルから押井自身の意気込みが伝わってくる。また今プロジェクトの音楽を務めるのは、いままでのパトレイバー作品はもちろん、「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」、「イノセンス」など押井作品にいなくてはならない存在であり、ありとあらゆる映像を音で彩ってきた作曲家、川井憲次が務める。 そして今回、今年の4月から上映された第1章、第2章のオリジナル・サウンドトラックを24bit/48kHzのハイレゾで配信! しかも『オリジナル・サウン
ジャズ・パンク・バンド、KAGEROの4作品目をハイレゾ配信!!
[CLOSEUP]・2014年10月16日・轟音のなかにある叙情的なメロディが引き立つのはハイレゾだった——ジャズ・パンク・バンド、KAGEROの4作品目をハイレゾ配信!! ジャズ、パンク、ハードコア、それぞれを股にかける異端児、KAGEROから4枚目のアルバム『KAGERO Ⅳ』が到着! ライヴを主軸にした活動を行う彼らだが、メンバーの入れ替わり、そして昨年9月に初のアメリカ東海岸ツアーを経て、ライヴ・パフォーマンスのみならず録音物までもがいっそうの高みへ。KAGERO節が前面に出たファスト&ヘヴィなパンク・ナンバー「OVERDRIVE」や「sister」をはじめとし、ポップへと振り切った「flower」などを収録した12曲。そしてOTOTOYでは今作をハイレゾ(24bit/48kHz)で配信! サックス、ピアノ、ベース、ドラム――それぞれの音がハイレゾならではのクリアさで再現されたことによって、発見と刺激に溢れた音体験ができることを保証します。中心人物であるベースの白水悠、そしてピアノの菊池智恵子へのインタヴューとともにお楽しみください! KAGERO最新作をハイレゾで!!KAGERO / KAGERO Ⅳ'【配信価格】【右】ALAC / FL
東京ザヴィヌルバッハ・スペシャル、新作をノンマスタリングでハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2014年10月16日・ノンマスタリング・ハイレゾ第2弾!! 東京ザヴィヌルバッハ・スペシャル、重力を歪ませる変則ジャズ・グルーヴを“生”でお届け!! 2014年4月、レーベルと交渉して実現した、東京ザヴィヌルバッハ・スペシャルのノンマスタリング配信。CDクオリティに落とし込まれる前のハイレゾ・データを、いわば“生”の状態のままお届けしたこの試みは、大きな反響を呼びました。このたびその第2弾として、同じく東京ザヴィヌルバッハ・スペシャルの新作『Swotchover Gravity』を、またまたノンマスタリング・ヴァージョンで配信します!! 本来であればCDもしくは圧縮データのみでリリース予定だったこの作品、ハイレゾで聴けるのはもちろんOTOTOYだけです。リーダーの坪口昌恭(Pf / Key)を筆頭に、類家心平(Tp)、宮嶋洋輔(Gt)、織原良次(Ba)、石若駿(Dr)という一流テクニシャンたちが放つ、タイトル通り重力を切り替えてしまうようなその変則ジャズ・グルーヴを、マスタリング前のハイレゾ音質で感じてください。レヴューとともにどうぞ!! ハイレゾ配信のため、あえてノンマスタリング!!重力を歪ませるこの変則ジャズ・グルーヴを体感
by Yusuke Takano
心理カウンセラー×現役ボイスパフォーマーによる基礎ボイストレーニング講座〜枯れない声をつくるには〜
[CLOSEUP]・2014年10月16日・心理カウンセラー×現役ボイスパフォーマーによる基礎ボイストレーニング講座、開講!! 今週おすすめしたい講座は、10月26日(日)からスタートする心理カウンセラー×現役ボイスパフォーマーによる基礎ボイストレーニング講座〜枯れない声をつくるには〜です!! みなさんは自分の「声」について考えたことはありますか? 歌を上手くする、上手に朗読する、人に分かりやすく伝える、といったノウハウの情報は沢山あふれていますね。ですが、表面的で一過的なテクニックではなく、より根本的に自分の声を理解し、理想の声の出し方を自分でトレーニングしていける、そんなふうになりたいと思いませんか。 この講座は、体の使い方と心の使い方をマスターすることで、声は大きく変えていけるのだ! ということを実感できるプログラムになっており、呼吸や発声の基礎的なワークはもちろんのこと、声と心の関係を明確化するワーク、自分の声を客観的にマップ化するワークなど、特に心理面から自分の声を掘り下げるアプローチは、目から鱗が落ちること必至。 声に大きな関心を寄せ、数々のワークショップを展開してきた講師2名が、発声をより柔軟に根本から変化させていくための基礎的なワーク
ブリティッシュ・フォークの至宝、VASHTI BUNYANによる美しきラスト・アルバム
[CLOSEUP]・2014年10月12日・ブリティッシュ・フォークの至宝、美しきラスト・アルバム——VASHTI BUNYAN、9年ぶりの新作ハイレゾをCDより2週間先行で ヴァシュティ・バニアン——。1970年の1stアルバム『Just Another Diamond Day』が幻の名作として語り継がれ、2005年には2ndアルバム『Lookaftering』で35年ぶりの復活を果たしたイギリス人女性フォーク・シンガーだ。そんな彼女が、前作から9年ぶりとなる新作『Heartleap』を配信開始した。しかも、24bit/44.1kHzのハイレゾ、日本のみのボーナストラック付属、そしてCDより2週間先行で。 ヴァシュティ自身によって最後のアルバムと公言された本作は、作詞、作曲、アレンジ、演奏、そしてレコーディングまで、すべてを彼女ひとりでおこなったという。40年以上のキャリアの集大成として、彼女は彼女の中にある音世界を、誰の意図も介在させずに届けることを選んだのだ。アコースティック楽器の優しい響きに満ちたサウンドは、まるで子守唄のようにただただ心地良い。ブリティッシュ・フォークの至宝と称されるその音を、ぜひハイレゾでご堪能いただきたい。 ブリティッシ
by 青野 慧志郎
OTOTOY限定トラックあり! ハイレゾで聴く、立花ハジメのライヴ・アルバム『GalleriAprotia』
[CLOSEUP]・2014年10月10日・小山田圭吾参加のOTOTOY限定トラックもあり!! プラスチックス、立花ハジメによる、異色ライヴ・アルバムをハイレゾで! 「Bambi」や「Chicken Consomme」などのニューウェイヴ・クラシックを生み出した立花ハジメ。2013年に発表したアルバム『Monaco』では、カラフルな六角形が繋がりあった特殊型USBメモリーでリリースするなど、常にエッジの利いたスタイルを貫いている。そんな彼が今回リリースするのが、ライヴ・アルバム『GalleriAprotia』(ギャラリ・アプロチア)。タイトル通り、ライヴ・ハウスなどでの演奏ではなく、ギャラリーなど普段演奏を行わないようなスペースでのライヴ模様をおさめた異色作だ。立花ハジメ本人曰く、「ギャラリー、体育館、講堂とかで皆に座布団持ってきてもらいバンドの周りを取り囲んでもらって公開リハのような感じでトーク&ライヴ」のようだが、バッファロー・ドーター、小山田圭吾、高木完などの豪華メンバーと生み出されるグルーヴは極めて鋭利なサウンドに満ちている。 そんな本作を24bit/48kHzのハイレゾで配信。さらに、彼の代表曲「Bambi」をコーネリアスこと小山田圭吾を
by 滝沢 時朗
Why Sheep? 、ポスト3.11な新作『Real Times』を独占ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2014年10月10日・Chim↑Pomとともに、3.11を描く11年ぶりのWhy Sheep?――EYヨ、UAらが参加した新作、独占ハイレゾ配信&フリー・ダウンロードも! 1996年、ムードマンのレーベル〈M.O.O.D.〉からのデビュー以降、あまりにも寡作な勢いで作品を発表してきたエレクトロニック・ミュージック・アーティスト、Why Sheep? こと、内田学。そんな彼が3.11の後に、アーティスト集団、Chim↑Pomとの出会いをひとつの着想に、このたび11年ぶりの新作『Real Times』を発表した。OTOTOYでは、本作を独占ハイレゾ(24bit/96kHz)でリリース。UAやEYヨといったゲスト陣が参加し、複雑に絡み合う電子音、ワールド・ミュージックの要素、さまざまな具体音などで構成された作品をお楽しみください! また新作のリリースに合わせて、日本のテクノ史上において最もカルトなチルアウトの名盤として語り継がれてきたファースト・アルバム『Sampling Concerto No.1』(1996年)と、さらには国内外でリリースされて世界的に高い評価を受けた『The Myth And I』(2003年)を同時に配信開始。
by 河村 祐介
 
筆者について
BB (Reviewed by Kentaro Takahashi)

本名:高橋健太郎プロデューサー、ジャーナリスト、選曲家など。高橋健太郎 文筆家/音楽制作者 評論集「ポップミュージックのゆくえ〜音楽の未来に蘇るもの」がアルテスパブリッシングから発売中。http://tinyurl.com/2g72u5e twitterアカウントは@kentarotakahash

同じ筆者による他の記事