高橋健太郎が執筆したオトトイ限定ライナー・ノーツの単体販売開始

ジム・オルークによる最新作『All kinds of People 〜love Burt Bacharach〜』。ポップス界最高峰の音楽家バート・バカラックが作り出した楽曲を、アヴァン・ポップスの異端児ジム・オルークと、東京、大阪とアメリカのミュージシャン達で解き明かす本作。オトトイでアルバム特典としてプレゼントしていた、高橋健太郎執筆による1万字越えのスペシャル・ライナー・ノーツの単体販売を開始。2010年4月15日にBillboard tokyoで行われたJim O'Rourke x Bacharach Tribute Liveのライヴ・レポートと共にお楽しみください!

>>ライナー・ノーツの単体購入(150円)はこちらから

【ライナー・ノーツの単体購入について】
ライナー・ノーツを購入の際に一緒にダウンロードされる音源は、ライナー・ノーツだけ欲しい人のために用意した音源です。たくさんのミュージシャンの声が使用された豪華な音源なので、是非聴いてください。

※このライナー・ノーツはオトトイで『All kinds of People ~love Burt Bacharach~』を買った際に、アルバム特典として付いてくるものと全く同一です。

Jim O'Rourke x Bacharach Tribute Live 2010.04.15@Billboard tokyo

「オール・カインズ・オブ・ピープル」のリリースに合わせて、東京、大阪で三日間、6セットが行なわれたジム・オルーク一座のライヴ。僕が見たのは初日、東京ビルボードでの4月15日のセカンド・セットだった。

バート・バカラックの音楽というのは、本来、ゴージャスなものだ。若き日にはマレーネ・ディートリッヒのオーケストラ・コンダクターを務めていたバカラックは、エンターテインメントの世界の掟をよく知る業界人でもある。作曲家としてはとても繊細な作品を生み出してきたが、ステージ上ではぎらぎらした野心家ぶりも覗かせる。1960年代の後半、ビートルズをはじめとするロックの波が乱暴に世界を覆い尽くそうとする中で、バカラックの音楽は、贅を尽くした極上のエンターテインメントの伝統を守り通そうとする側の、最大の抵抗勢力でもあった。

しかし、この日の一座ときたら、どうだろう。あたかも農民達の楽団が、貴族の音楽を演奏しているかのよう。いや、よく見ると、鍛冶屋も混じっていたり、得体の知れない流浪の民も混じっていたり。おじいさんの学者もいたかな。ともあれ、エンターテイメントの世界の掟には統率されない、てんでばらばらな人々が、バカラックの音楽を演奏する。リーダーは毛玉の浮いたカーディガンを着た小柄なアメリカ人。おどおどしたような様子すら窺えて、どのくらいのリーダー・シップがあるのか、見ていてもよく分からない。ただ、ステージが進むうちに、彼が選んだてんでばらばらの人々が、かけがえのない個性を持ったミュージシャン達であるのが分かってくる。無駄な音は一つもない。無駄のないアレンジということ以上に、優れた即興音楽家の演奏には無駄な音が一つもないのと同じ意味において、一群のミュージシャン達の演奏には何一つ無駄がなかった。

無駄を惜しまないゴージャスさとはまったく別の位相を持ったバカラック・ソング達。それが一つ一つ、ステージの上で花開いていく。過去のたくさんのヴァージョンが耳に馴染み過ぎた大ヒット曲ですら、見たことのない新しい花を咲かせる。時には乱暴だったり、強引だったりもするが、しかし、瑞々しい瞬間が尽きることがない、そんな一時間半だった。

この日のセット・リストは以下の通り。

1. Always Something There To Remind Me (vo:青山陽一)
2. Do You Know The Way To San Jose (vo:カヒミ・カリィ)
3. After The Fox (vo:坂田明、飛び入り:中原昌也vo)
4. Anonymous Phone Call (vo:やくしまるえつこ)
5. You'll Never Get To Heaven (vo:青山陽一)
6. Raindrops Keep Fallin On My Head (vo:小池光子)
7. The Look Of Love (vo:カヒミ・カリィ)
8. Don't Make Me Over (vo:ジム・オルーク)
9. Walk On By (vo:小池光子)
10. Close To You (vo:細野晴臣)
11. My little Red Book (vo:青山陽一、山本達久perc)

アンコール演奏された「My little Red Book」はアルバムには収録されていない曲。アルバムではYoshimiがヴォーカルを取っている「Say A Little Prayer For Me」は東京では演奏されなかった(大阪では演奏)。また、アルバムでジム・オルークがヴォーカルを取っている「Trains And Boats And Planes」は今回のツアーでは演奏されていない。

ミュージシャン達の顔ぶれは以下の通り。

ジム・オルーク(eg,vo)、グレン・コッチェ(dr)、ダーリン・グレイ(b,perc)、須藤俊明(b,perc)、青山陽一 (eg,vo)、坂田明(vo,sax,cl)、クリヤマコト(pf)、石橋英子(org)、佐々木史郎(tp)、小池光子(vo)、カヒミ・カリィ(vo)、やくしまるえつこ(vo)、細野晴臣(vo,b,ag)

細かい見所については、これ以上は書かないが、ウィルコのドラマーであるグレン・コッチェの繊細でいながら、力強いドラミング、さらには響き過ぎないドラム・セットの鳴らし方が、全体のトーンを決定づけていた。また、3人のベーシストのグルーヴがとてつもなかった。あの坂田明が職人的な仕事ぶりでアレンジに貢献している姿も新鮮だった。(text by 高橋健太郎)

PROFILE

Jim O'Rourke
1969年シカゴ生まれ。Derek Bailey(デレク・ベイリー)の音楽と出会い、13才のジム少年はロンドンにDerek Bailey(デレク・ベイリー)を訪ねる。ギターの即興演奏に開眼し実験的要素の強い作品を発表、John Fahey(ジョン・フェイヒー)の作品をプロデュースする一方でGastr Del Sol(ガスター・ デル・ソル)やLoose Fur(ルース・ファー)など地元シカゴのバンドやプロジェクトに参加、「シカゴ音響系」と呼ばれるカテゴリーを確立する。一方で、小杉武久と共にMerce Cunningham(マース・カニンハム)舞踏団の音楽を担当、Tony Conrad(トニー・コンラッド)、Arnold Dreyblatt(アーノルド・ドレイブラット)、Christian Wolff(クリスチャン・ウルフ)などの作曲家との仕事で現代音楽とポストロックの橋渡しをする。1998年超現代的アメリカーナの系譜から『Bad Timing(バッド・タイミング)』、1999年、フォークやミニマル音楽などをミックスしたソロ・アルバム『Eureka(ユリイカ)』を発表、大きく注目される。1999年から2005年にかけてSonic Youth(ソニック・ユース)のメンバー、音楽監督として活動し、広範な支持を得る。2004年には、Wilco(ウィルコ)の『A Ghost Is Born(ゴースト・イズ・ボーン)』のプロデューサーとしてグラミー賞を受賞、現代アメリカ音楽シーンを代表するクリエーターとして高く評価され、ヨーロッパでも数々のアーティストをプロデュースする。また、日本文化への造詣が深く、近年は東京に活動拠点を置く。日本でのプロデュース・ワークとしては、くるり、カヒミ・カリィなど多数。坂田明、大友良英、山本精一、ボアダムスなどとの共同作業や、武満徹作品『コロナ東京リアリゼーション』(2006)など現代音楽に至る多彩な作品をリリースしている。映像作家とのコラボレーションとしてWerner Herzog(ヴェルナー・ヘルツォーク)、Olivier Assayas(オリヴィエ・アサイヤス)、青山真治、若松考二などの監督作品のサウンドトラックを担当。ジム自身も映画監督として活動しており、彼の作品は、2004年と2006年にはホイットニー・ビエンナーレ、2005年にはロッテルダム映画祭で「重要作品」として上映されている。ソロとしての最近作『The Visitor(ザ・ヴィジター)』(2009)は『Bad Timing(バッド・タイミング)』の現代版と言える密室的ワンマン・アルバムの極致と言える。新しい「知」の探求者としてオルタナティヴ、ポストロック、エクスペリメンタル・ポップ、映画音楽、フリー・ミュージック、ジャズ、アメリカーナ、現代音楽など様々なジャンルの極北を切り開く越境的活動を行ない「現代東京カルチャー」の先導者となりつつある。

高橋健太郎
過去の職歴は音楽評論家、DJ、音楽プロデューサー、インディー・レーベル・オーナー、レコーディング・エンジニアなど。レコミュニ〜オトトイにも創設時から関わる。音楽評論集に「音楽の未来に蘇るもの」(2010年に復刊予定)。初の小説も出版準備中。

o

はてブに追加
 
 
"Close Up"の最新アーカイヴ
馬喰町バンド『遊びましょう』をハイレゾ配信 & 武徹太郎(馬喰町バンド) x 川村亘平斎(滞空時間)対談掲載
[CLOSEUP]・2015年09月03日・ポップ・ミュージックと伝統音楽の距離感 : 武徹太郎(馬喰町バンド) x 川村亘平斎(滞空時間)ーー馬喰町バンド新作ハイレゾ・リリース記念対談! わらべうたや民謡、踊り念仏などこの国の人々、土地でかつて生まれた“大衆のうた”を掘り起こし、その記憶を帯びた感覚で現代の“大衆のうた”作り出す。その音の向こう側には世界中の、アフリカのブルースや、アイリッシュ・トラッドなど各地の“大衆のうた”を見出してしまうことすらある。このたびリリースされた馬喰町バンド4作目のアルバム『遊びましょう』は、まさにそうした彼らの音楽性が結実したアルバムだ。これまでもそのトレードマークでもあった自作担ぎ太鼓「遊鼓」、今作から加わった三味線の構造をもつフレットレス・ギター「六線」を駆使し、「ゼロから始める民俗音楽」をまさに地でいく作品と言えるだろう。OTOTOYでは本作を24bit/48kHzのハイレゾで独占配信。この類まれな音楽集団を掘り下げるべく、馬喰町バンドの武徹太郎を招きつつ、今回はもうひとり民俗音楽とポップ・ミュージックの間を行き来する音楽集団からもうひとり才人を迎え、特別対談を敢行した。 馬喰町バンドの新アルバムを独占ハイ
by 河村 祐介
3人組のポップなバンド、HAPPLEによる2年ぶりのニュー・アルバムをフル試聴&予約受付中
[CLOSEUP]・2015年09月01日・自由が丘のビースティなBoy&Girls! 3人組のポップなバンド、HAPPLEによる2年ぶりの全曲ラップを取り入れた新作をフル試聴&予約受付中 2010年の結成から、ほっこりとさせるようなポップ・ソングを軸に幅広い楽曲性を披露してきた3人組のポップなバンド、HAPPLE。今回彼らがリリースする新作はなんと全曲ラップ入り! そんな2ndアルバム『Three to 2,1』ハイレゾ版の予約を受付開始! しかもアルバムから2曲をフル試聴でお届け!! どこよりも早く収録曲を聴いて、そしてぜひ予約を。 今作のプロデュースとエンジニアリングを務めたNATSUMENのAxSxEとの対談を公開。今作のスタイルに至った経緯、そしてバンドのこれからを、両者の出会いの場でもある自由が丘サークルサウンズで語ってもらった。 収録曲フル試聴 / 先行予約受付実施中!! M03「little」、M05「Cookie,Cracker&Biscuit」のフル試聴を実施中!!(その他は45秒の試聴になります)【配信形態】WAV / ALAC / FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 216円(税込) / アルバム 1
by JJ
早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ー〈朝コア〉終了直後のI LOVE YOU ORHESTRAに突撃インタヴュー!
[CLOSEUP]・2015年09月01日・早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ーー〈朝コア〉終了直後のI love you Orchestraに突撃インタヴュー! “朝活”ならぬ“朝コア”という言葉を聞いて何を思い浮かべるだろうか…。その内実は、仕事始まりである憂鬱な月曜日の早朝から、新宿LOFTにて毎月1回行なわれているハード・コアなライヴ・イベントだ。この破天荒なイベントを主催しているのは、パンク・ジャズ・ハードコア・シーンの「孤高の異端児」、I love you Orchestra。同じシーンを代表するKAGEROのベーシスト、白水悠をリーダーに“本気で遊ぶ”音楽を奏でている。そんな彼らが2015年4月の1stアルバム・リリースからわずか5ヶ月後の9月16日に2ndアルバム『Fuse』をリリース。OTOTOYでは2週間先行でハイレゾ配信、全曲フル試聴を行ない、インタヴューで彼らに迫った!! 新しいシーンを切り拓く彼らの活動にぜひ注目していただきたい。 これが〈朝コア〉だ!! まずはダイジェストをチェック!! もちろんレコ発は〈朝コア〉、しかもワンマン・ライヴ!!I love you Orchestra "
by 岡本 貴之
OMAKE CLUBのニューカマー、JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUB独占音源配信開始&インタヴュー
[CLOSEUP]・2015年08月28日・いまのインディーズ・シーン、注目はバンドだけじゃない。4MCのラップ・クルーJABBA DA HUTT FOOTBALL CLUB独占音源配信!! "ミュージシャンの、ミュージシャンによる、ミュージシャンのための、著作権フリーのインターネット踏み台レーベル"と掲げるネット・レーベル、OMAKE CLUB。2014年にTOKYO HEALTH CLUB、2015年には中小企業と、抜群のセンスでスパイスのきいた音を鳴らすヒップホップ・グループを輩出し注目が集まるなか、さらに逸材を投入! 4MC NO DJのラップ・クルー、JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUBがこの夏デビューした。 7月リリースのデビュー・アルバム『QUEST』は、WEEKENDの泉水マサチェリーやAlaska Jamの森心言を迎えたほか、DJ / プロデューサーYOSAのリミックスも収録した全14曲で破格の500円! 続けて同アルバムから「Revenge For Summer Part.2」のryo takahashi(CBS)、%C(HOOLIGANZ)、そしてレーベルメイトの小山秀一郎(中小企業)のリミックスを収録したE.
大野雄二手がける『LUPIN THE THIRD 「JAZZ」』シリーズ初のベスト&過去作ハイレゾ化記念、ルパン音楽の魅力に迫る
[CLOSEUP]・2015年08月26日・須永辰緒に訊く、大野雄二によるルパン音楽の魅力——『LUPIN THE THIRD 「JAZZ」』初ベスト&シリーズ初ハイレゾ配信 「ルパン三世」といえば、世代を越えたファンを持つアニメだが、90年代以後は、その音楽がクラブ・シーンと結びついて、人気を博してきた。テレビでの放映が始まったのは1971年。第1シリーズの音楽は山下毅雄が手掛けたが、第2シリーズ以後、現在に至るまでの音楽を手掛けているのは大野雄二だ。この2015年10月1日には、新しいTVシリーズがスタートするが、そこでも大野雄二が音楽を書き下ろしているという。 今回、OTOTOYから配信される『LUPIN THE BEST “JAZZ"』は、その大野雄二が1999年からバップ・レコードに残してきた『LUPIN THE THIRD 「JAZZ」』シリーズから27曲をセレクトしたもの。2005年に結成された大野雄二率いるジャズ・コンボ、ルパンティック・ファイヴの演奏や、新録音2曲のピアノ・ソロも含まれている。 さらに、このベスト・アルバム発売を記念して、OTOTOYでは『LUPIN THE THIRD 「JAZZ」』シリーズの初期3作をハイレゾ配信
by Reviewed by Kentaro Takahashi
レディース・ポップ・ユニット、ぱいなっぷるくらぶが初作品リリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2015年08月26日・夏のダンシング・ナイトは終わらない! ごきげんバブリーなレイディー、ぱいなっぷるくらぶが、世界初パイナップルを特典に提げ登場!! 常盤ゆうとなかまきこによるレディース・ポップ・ユニット、ぱいなっぷるくらぶ。彼女たちのデビュー作『BANANA』が到着です。愛しさと切なさと心ここにあらずな脳天気さを集めて、たんたんと紡がれるラップと歌。キラキラしながらもどこか切ないシンセ・トラックの多くを手がけるはSUBMARINEの新城賢一。メロディ・センス溢れる名曲「finderrr」やディスコ・チューン「WoAiNi」を始め、沖縄民謡をポップ・アレンジに仕上げた「唐船Dooooooi!!!!!!」を含む全12曲収録。彼女たちの初インタヴューとともに、全曲フル試聴であなたの胸を射止めます! 購入すると沖縄・久米島でしか手に入らない「パイナップルジャム」も当たるし、これはもうぱいなっぷるまみれになるしかない!! まずは聴いてみる? 期間限定全曲フル試聴!! 【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC / MP3【価格】単曲 150円(税込) / アルバム 1,500円(税込)>>ご購入はこちらからアルバムで
by 渡辺 裕也
ControversialSpark『Angels of a Feather』を1週間先行ハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2015年08月25日・時代を表現するためのパラレル・ワールドーーControversial Spark、メンバー5人全員の作曲によるミニ・アルバムを先行ハイレゾ配信 20代から60代まで世代を越えたメンバーで構成されたロック・バンド、Controversial Sparkがミニ・アルバムを完成させた。ムーンライダーズの鈴木慶一、元カーネーションで"MUSEMENT"や数多くのセッションもこなすドラムの矢部浩志、図書館のメンバーとしても活動するギタリストの近藤研二、The Uranusや様々なサポートでも活動するベースの岩崎なおみ、超大陸パンゲアでの活躍もめざましいヴォーカルkonore。そんな5人のメンバーがそれぞれ1曲ずつ作曲したという本作は、バンドの「今」を反映し、早くもバンドの新境地に達した内容となっている。本作をCDに先駆け1週間先行ハイレゾ配信。また、The Uranus、超大陸パンゲアの音源も一斉配信スタート!! 鈴木慶一、konore、岩崎なおみへのインタヴューとともにじっくりご堪能ください。 9月2日リリースのミニ・アルバムを1週間先行ハイレゾ配信スタートControversial Spark / Angels
by 西澤 裕郎
the audio pool、2ndアルバム先行配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2015年08月24日・多様なる音楽性のポップな邂逅、「パワー・ポップ・オーケストラ」と標榜する、the audio poolの3年半ぶりの新作を独占ハイレゾ先行配信 印象的なキーボードの音色などさまざまな音楽の要素が複雑に入り混じりながらも、ポップなロックをエネルギッシュに送り出す5人組、the audio pool。2012年、ファースト・アルバム『into the pool』リリース。アメリカ8カ所を含む国内外のツアー、新メンバー2名の加入などまさにバンドの変革期を経て、3年半ぶりのセカンド・アルバムを完成させた。 キャリアとさらなる音楽的表現の深み、そして新メンバーという新たなファクターも変わったセカンド・アルバム『Escape from the World』はOTOTOYでは、2週間以上の先行配信(フィジカルは9月9日)。ストレートでポップな音世界の裏に展開されている複雑なる音楽的要素はぜひともハイレゾで楽しむべし。またインタヴューでは、この音楽性がどこからきているのか細かに語っているので、ぜひとも本インタヴューを読みつつ、その音楽性の魅力を味わうべし! the audio pool / Escape from the
by 岡本 貴之