高橋健太郎が執筆したオトトイ限定ライナー・ノーツの単体販売開始

ジム・オルークによる最新作『All kinds of People 〜love Burt Bacharach〜』。ポップス界最高峰の音楽家バート・バカラックが作り出した楽曲を、アヴァン・ポップスの異端児ジム・オルークと、東京、大阪とアメリカのミュージシャン達で解き明かす本作。オトトイでアルバム特典としてプレゼントしていた、高橋健太郎執筆による1万字越えのスペシャル・ライナー・ノーツの単体販売を開始。2010年4月15日にBillboard tokyoで行われたJim O'Rourke x Bacharach Tribute Liveのライヴ・レポートと共にお楽しみください!

>>ライナー・ノーツの単体購入(150円)はこちらから

【ライナー・ノーツの単体購入について】
ライナー・ノーツを購入の際に一緒にダウンロードされる音源は、ライナー・ノーツだけ欲しい人のために用意した音源です。たくさんのミュージシャンの声が使用された豪華な音源なので、是非聴いてください。

※このライナー・ノーツはオトトイで『All kinds of People ~love Burt Bacharach~』を買った際に、アルバム特典として付いてくるものと全く同一です。

Jim O'Rourke x Bacharach Tribute Live 2010.04.15@Billboard tokyo

「オール・カインズ・オブ・ピープル」のリリースに合わせて、東京、大阪で三日間、6セットが行なわれたジム・オルーク一座のライヴ。僕が見たのは初日、東京ビルボードでの4月15日のセカンド・セットだった。

バート・バカラックの音楽というのは、本来、ゴージャスなものだ。若き日にはマレーネ・ディートリッヒのオーケストラ・コンダクターを務めていたバカラックは、エンターテインメントの世界の掟をよく知る業界人でもある。作曲家としてはとても繊細な作品を生み出してきたが、ステージ上ではぎらぎらした野心家ぶりも覗かせる。1960年代の後半、ビートルズをはじめとするロックの波が乱暴に世界を覆い尽くそうとする中で、バカラックの音楽は、贅を尽くした極上のエンターテインメントの伝統を守り通そうとする側の、最大の抵抗勢力でもあった。

しかし、この日の一座ときたら、どうだろう。あたかも農民達の楽団が、貴族の音楽を演奏しているかのよう。いや、よく見ると、鍛冶屋も混じっていたり、得体の知れない流浪の民も混じっていたり。おじいさんの学者もいたかな。ともあれ、エンターテイメントの世界の掟には統率されない、てんでばらばらな人々が、バカラックの音楽を演奏する。リーダーは毛玉の浮いたカーディガンを着た小柄なアメリカ人。おどおどしたような様子すら窺えて、どのくらいのリーダー・シップがあるのか、見ていてもよく分からない。ただ、ステージが進むうちに、彼が選んだてんでばらばらの人々が、かけがえのない個性を持ったミュージシャン達であるのが分かってくる。無駄な音は一つもない。無駄のないアレンジということ以上に、優れた即興音楽家の演奏には無駄な音が一つもないのと同じ意味において、一群のミュージシャン達の演奏には何一つ無駄がなかった。

無駄を惜しまないゴージャスさとはまったく別の位相を持ったバカラック・ソング達。それが一つ一つ、ステージの上で花開いていく。過去のたくさんのヴァージョンが耳に馴染み過ぎた大ヒット曲ですら、見たことのない新しい花を咲かせる。時には乱暴だったり、強引だったりもするが、しかし、瑞々しい瞬間が尽きることがない、そんな一時間半だった。

この日のセット・リストは以下の通り。

1. Always Something There To Remind Me (vo:青山陽一)
2. Do You Know The Way To San Jose (vo:カヒミ・カリィ)
3. After The Fox (vo:坂田明、飛び入り:中原昌也vo)
4. Anonymous Phone Call (vo:やくしまるえつこ)
5. You'll Never Get To Heaven (vo:青山陽一)
6. Raindrops Keep Fallin On My Head (vo:小池光子)
7. The Look Of Love (vo:カヒミ・カリィ)
8. Don't Make Me Over (vo:ジム・オルーク)
9. Walk On By (vo:小池光子)
10. Close To You (vo:細野晴臣)
11. My little Red Book (vo:青山陽一、山本達久perc)

アンコール演奏された「My little Red Book」はアルバムには収録されていない曲。アルバムではYoshimiがヴォーカルを取っている「Say A Little Prayer For Me」は東京では演奏されなかった(大阪では演奏)。また、アルバムでジム・オルークがヴォーカルを取っている「Trains And Boats And Planes」は今回のツアーでは演奏されていない。

ミュージシャン達の顔ぶれは以下の通り。

ジム・オルーク(eg,vo)、グレン・コッチェ(dr)、ダーリン・グレイ(b,perc)、須藤俊明(b,perc)、青山陽一 (eg,vo)、坂田明(vo,sax,cl)、クリヤマコト(pf)、石橋英子(org)、佐々木史郎(tp)、小池光子(vo)、カヒミ・カリィ(vo)、やくしまるえつこ(vo)、細野晴臣(vo,b,ag)

細かい見所については、これ以上は書かないが、ウィルコのドラマーであるグレン・コッチェの繊細でいながら、力強いドラミング、さらには響き過ぎないドラム・セットの鳴らし方が、全体のトーンを決定づけていた。また、3人のベーシストのグルーヴがとてつもなかった。あの坂田明が職人的な仕事ぶりでアレンジに貢献している姿も新鮮だった。(text by 高橋健太郎)

PROFILE

Jim O'Rourke
1969年シカゴ生まれ。Derek Bailey(デレク・ベイリー)の音楽と出会い、13才のジム少年はロンドンにDerek Bailey(デレク・ベイリー)を訪ねる。ギターの即興演奏に開眼し実験的要素の強い作品を発表、John Fahey(ジョン・フェイヒー)の作品をプロデュースする一方でGastr Del Sol(ガスター・ デル・ソル)やLoose Fur(ルース・ファー)など地元シカゴのバンドやプロジェクトに参加、「シカゴ音響系」と呼ばれるカテゴリーを確立する。一方で、小杉武久と共にMerce Cunningham(マース・カニンハム)舞踏団の音楽を担当、Tony Conrad(トニー・コンラッド)、Arnold Dreyblatt(アーノルド・ドレイブラット)、Christian Wolff(クリスチャン・ウルフ)などの作曲家との仕事で現代音楽とポストロックの橋渡しをする。1998年超現代的アメリカーナの系譜から『Bad Timing(バッド・タイミング)』、1999年、フォークやミニマル音楽などをミックスしたソロ・アルバム『Eureka(ユリイカ)』を発表、大きく注目される。1999年から2005年にかけてSonic Youth(ソニック・ユース)のメンバー、音楽監督として活動し、広範な支持を得る。2004年には、Wilco(ウィルコ)の『A Ghost Is Born(ゴースト・イズ・ボーン)』のプロデューサーとしてグラミー賞を受賞、現代アメリカ音楽シーンを代表するクリエーターとして高く評価され、ヨーロッパでも数々のアーティストをプロデュースする。また、日本文化への造詣が深く、近年は東京に活動拠点を置く。日本でのプロデュース・ワークとしては、くるり、カヒミ・カリィなど多数。坂田明、大友良英、山本精一、ボアダムスなどとの共同作業や、武満徹作品『コロナ東京リアリゼーション』(2006)など現代音楽に至る多彩な作品をリリースしている。映像作家とのコラボレーションとしてWerner Herzog(ヴェルナー・ヘルツォーク)、Olivier Assayas(オリヴィエ・アサイヤス)、青山真治、若松考二などの監督作品のサウンドトラックを担当。ジム自身も映画監督として活動しており、彼の作品は、2004年と2006年にはホイットニー・ビエンナーレ、2005年にはロッテルダム映画祭で「重要作品」として上映されている。ソロとしての最近作『The Visitor(ザ・ヴィジター)』(2009)は『Bad Timing(バッド・タイミング)』の現代版と言える密室的ワンマン・アルバムの極致と言える。新しい「知」の探求者としてオルタナティヴ、ポストロック、エクスペリメンタル・ポップ、映画音楽、フリー・ミュージック、ジャズ、アメリカーナ、現代音楽など様々なジャンルの極北を切り開く越境的活動を行ない「現代東京カルチャー」の先導者となりつつある。

高橋健太郎
過去の職歴は音楽評論家、DJ、音楽プロデューサー、インディー・レーベル・オーナー、レコーディング・エンジニアなど。レコミュニ〜オトトイにも創設時から関わる。音楽評論集に「音楽の未来に蘇るもの」(2010年に復刊予定)。初の小説も出版準備中。

o

はてブに追加
 
 
"Close Up"の最新アーカイヴ
男女2人組ポップス・ユニット、ラッキーオールドサンによるデビュー作をリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2014年12月18日・若き才能が生み出す、エヴァーグリーン・ポップス——男女2人組ポップス・ユニット、ラッキーオールドサンによる初作品 現役大学生の篠原良彰とナナによるポップス・ユニット、ラッキーオールドサン。デビュー前にして、渋谷O-Group主催のフェス〈Booked!〉に出演を果たすなど、早くも話題を呼んでいた彼らがついに初作品『I’m so sorry, mom』をリリース。オールディーズやギター・ポップな楽曲、それに交わる気だるくも伸びやかな歌声からは、今後も期待せずにはいられない輝きに満ちています。現行インディー・シーンが好きなかたはもちろん、すべてのミュージック・ラヴァーに聴いていただきたい全5曲を、田中亮太によるインタヴューとともにお楽しみください。 ラッキーオールドサン / I’m so sorry, mom【配信フォーマット / 価格】ALAC / FLAC / WAV(16bit/44.1kHz) / mp3 : 単曲 249円(税込) / まとめ購入 1,000円(税込)【Track List】01. 海へと続く道02. アポロ03. 時々04. ローラ05. I’m so sorry, mom INT
Genius P.J's、daoko、frameworksとのコラボシングルを期間限定フリー・ハイレゾ配信!!
[CLOSEUP]・2014年12月18日・クロダセイイチって何者?ーー命を削って作ったdaokoとのコラボ・シングルを期間限定で無料ハイレゾ配信 クロダセイイチという男を知っているか? エレクトロニカ、ヒップホップを主体とするバンド"Genius P.J's"のキーボード、プログラミング、ギター活動を軸に、元ズボンズのドン・マツオとDON Matsuo Magic Mountain Bandで活動、ウィスパー・ノイズ歌手”あなるちゃん”と”あなるちゃんとクロダセイイチ”名義で音源をリリース、ラッパーのDOTAMAや狐火への楽曲提供など、ジャンル、スタイルを横断し、活動するミュージシャンである。このたび、m-floとの共作楽曲「IRONY」が映画『鷹の爪〜美しきエリエール消臭プラス〜』の主題歌に起用されるなど注目を浴びている現役女子高生ラッパー”daoko”とのコラボ・シングル『world is yours』がリリースされた。本作は、クロダが吐き出さねばならなかった心の底からの魂のトラックに、daokoが共鳴しリリックを書いた超重要作である。死ぬ気で作ったという本作を、OTOTOYでは2014年いっぱい無料で配信する。とにかく聴いてもらいたい。強き
by 西澤 裕郎
DPG、4thニュー・シングルを先行配信スタート!! 新メンバー、塚本舞、李 星帆、インタヴュー掲載!!
[CLOSEUP]・2014年12月17日・DPG本隊に革命を起こす“GI砲”(GカップとIカップ)を本邦初公開!! ーー4thシングル『新生プロレス研究会』から2曲を1ヶ月先行配信スタート!! 青森のロック・フェス「夏の魔物」の主催者・成田大致により結成されたエンターテイメント・グループ、DPG。メンバーの加入と脱退を繰り返しながら、プロレスと音楽をミックスしたエンターテイメントを作ってきた彼らが、先日行なわれたヴィレッジヴァンガード史上初の24時間インストア・イベントにて、再びメンバーの脱退・加入を明らかにした。DPGのオリジナル・メンバーであるステファニー・アユミが卒業、スペシャル・ゲスト・プレイヤーとして、“グラドル自画撮り部書記”としての活動でも知られる、Gカップ・グラビアアイドル塚本舞が参加、正式追加メンバーとして、17歳の新人“李星帆”の加入が発表された。そんな激動のDPGが2015年1月に発売するシングルから2曲を、いち早く配信スタート、新メンバーへのインタヴューとともにお届けする。果たして、DPGはどこへ向かうのか? 音源とともに、その行方から目が離せない。 新生プロレス研究会DPG VS ブラックDPGの4thシングルを先行配
by 岡本 貴之
連載「隣の騒音 〜2014年の関西インディ・ミュージック・ガイド」第6回 THE FULL TEENZ
[CLOSEUP]・2014年12月17日・「隣の騒音」 第6回 THE FULL TEENZ――季節外れのサマー・ソングを収録した新譜カセット音源を1週間先行で配信スタート!! いちライターとして、いちリスナーとして、関西シーンの渦中にいる田中亮太が、すぐ隣で鳴っている騒音――今この瞬間、どうしても耳に入ってきて、耳を奪われてしまうサウンドを月1で紹介する連載「隣の騒音 ~2014年の関西インディ・ミュージック・ガイド」。第6回は京都の3人組バンドTHE FULL TEENZ!! 今連載の初回に登場いただいた京都発の新興インディ・レーベル、〈生き埋めレコーズ〉。その主宰バンドであるTHE FULL TEENZが、クリスマス・イブに新作カセットを発表します。今回はSeventeen Again、フジロッ久(仮)、Apricotなどで知られ、2000年代以降の後続バンドに多大な影響を与えてきた〈I Hate Smoke Records〉の新ライン〈I Hate Smoke Tapes〉からのリリース。かねてからレーベルへの憧れを口にしてきたバンドにとって、1つ夢を実現させたパッケージとなりました。レーベルのご厚意でOTOTOYでは1週間先行で配信をス
謎のネット・レーベルMOtOLOiD特集第3弾! トラックメイカー、bakerによる“悪”なEPを、限定特典とともにハイレゾで!
[CLOSEUP]・2014年12月15日・リア充のクラバーとオタクの趣味の交点 = EDM? ——MOtOLOiD特集第3弾 トラックメイカー、bakerの“悪”なEPを特典とともにハイレゾで! 2011年、突如コミケから生まれた謎のネット・レーベルMOtOLOiD。ニコニコ動画などのインターネット上で活躍するトラックメイカーやDJが所属する、仲間のたまり場のようなこのレーベルは、EDM、チップチューン、ロック・バンドなど、まさにごちゃ混ぜ。しかしアーティスト一人一人は、「今自分が好きなことをやってる!」という何事にも代え難い熱いエネルギーに満ちている。そんな“くだらないけどかっこいい”を感じさせるこのレーベルをぜひご紹介したく、11月からMOtOLOiD特集として、所属アーティストを特集! 第1、2弾のヒゲドライVANに続き、今回はクラブ・ミュージック系トラックメイカー、bakerをハイレゾで配信! baker本人が、「ダサかっこいい気がして何となく悪そう… 略してダサかっこ悪い」と表現する本作品は、はたしてどのような音なのか!? そして、OTOTOY限定特典として、bakerによる「M.A.D composer」の撮りおろしミュージック・ヴィ
by 滝沢 時朗
『THE PIER』のリカットシングル& 企画盤『くるりとチオビタ』を同時ハイレゾ・リリース!
[CLOSEUP]・2014年12月17日・くるりがまたまたやってくれた! 『THE PIER』のリカットシングル& 企画盤『くるりとチオビタ』を同時ハイレゾ・リリース! くるりが年末にまたまたやってくれた! 今年2014年9月17日にリリースされた11作目となるオリジナル・アルバム『THE PIER』。アジア、中東、欧米、アフリカといった世界各地の情緒を取り込み、過去、現在、未来を行き来できるような音楽要素がふんだんに詰め込まれた最高のアルバムを、OTOTOYではハイレゾ2タイプでリリースし、大好評となったこのアルバムからのリカットシングル『There is(always light)/Liberty&Gravity』Special Editionと、 チオビタ・ドリンクCMタイアップ曲をあつめた企画アルバム『くるりとチオビタ』が同時リリース。そして、待ってましたのハイレゾです。年末年始のお休みはチオビタ飲みながらじっくり聴き入りましょう。 ファン垂涎のレアトラック集!!!くるり / There is (always light) / Liberty & Gravity Special Edition(24bit/44.1kHz)【配信形態】
by 金子 厚武
ルパン名曲をジャズ・アレンジ!! Yuji Ohno & Lupintic Fiveの新作ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2014年12月11日・ルパンがハイレゾでスウィングする! 大野雄二率いるLupintic Fiveによるルパン・ ジャズ最新作はまるでライヴ盤! 「聴いてるそこがライヴ会場になる。存分に歌えや踊れ! このノリノリ感、山田康夫さんならこう言うよ。鳥肌モンだぜコケコッコー!」――アナウンサー・土井敏之のMCにはじまり、ジャズのスタンダード・ナンバー「COMIN' HOME BABY」、MISIAのツアー・コーラスでも知られるTIGERを迎えたヴォーカル・ナンバーがふつふつと熱気を高め、「ZENIGATA MARCH」ではライヴさながらのコール&レスポンス! さらにはEGO-WRAPPIN'の中納良恵が歌う「SEXY ADVENTURE」に酔いしれ、ルパン三世のテーマ「THEME FROM LUPIN THE THIRD '89 (Lupintic Five Version)」で気分は絶頂に。"ルパン三世×ジャズ"による最高のエンターテイメント・アルバムが登場です!! 本作が今回ハイレゾ配信!! ライヴ仕立てながらもしっかりとスタジオ録音されたそのサウンド。ハイレゾならではの繊細な音の表現によってジャズ・アンサンブルを潰すことなく、よ
by 岡本 貴之
bananafish、配信限定の“成長痛”シングルをリリース!!
[CLOSEUP]・2014年12月11日・まずは特設サイトへ!! bananafish、配信限定の“成長痛”シングルがとにかくスゴいことに!! 2014年1月に赤坂BLITZでのワンマン・ライヴを成功させた東京青山発のポップ・ロック・バンド、bananafishが、3曲入り配信限定シングル『PURE』を完成!! 前作に引き続き、シンセ・サウンドをうまく取り入れた表題曲「PURE」を筆頭に、キャッチーなメロディ・ラインと疾走感が心地よい「Mr.Lonely」、オリエンタルで個性的なギター・リフが魅力的な「Twilight」と、音楽的に幅を広げた楽曲が収録されている。また、爽やかな演奏をバックに、傷ついた女性の心を歌った切ない楽曲「PURE」の特設WEBがとんでもないことになっている!!まずは、下記より同ページをご覧いただきたい。 斬新で度肝を抜かれることをお約束する。そして、bananafishを追い続けているライターの岡本貴之のレビューとともに、bananafishのいまを感じてみていただきたい。 >>>『PURE』特設ページはこちら 次のフェイズに向かう、配信限定シングルをリリース!!bananafish / PURE 【配信形態】 ALA
 
筆者について
BB (Reviewed by Kentaro Takahashi)

本名:高橋健太郎プロデューサー、ジャーナリスト、選曲家など。高橋健太郎 文筆家/音楽制作者 評論集「ポップミュージックのゆくえ〜音楽の未来に蘇るもの」がアルテスパブリッシングから発売中。http://tinyurl.com/2g72u5e twitterアカウントは@kentarotakahash

同じ筆者による他の記事