高橋健太郎が執筆したオトトイ限定ライナー・ノーツの単体販売開始

ジム・オルークによる最新作『All kinds of People 〜love Burt Bacharach〜』。ポップス界最高峰の音楽家バート・バカラックが作り出した楽曲を、アヴァン・ポップスの異端児ジム・オルークと、東京、大阪とアメリカのミュージシャン達で解き明かす本作。オトトイでアルバム特典としてプレゼントしていた、高橋健太郎執筆による1万字越えのスペシャル・ライナー・ノーツの単体販売を開始。2010年4月15日にBillboard tokyoで行われたJim O'Rourke x Bacharach Tribute Liveのライヴ・レポートと共にお楽しみください!

>>ライナー・ノーツの単体購入(150円)はこちらから

【ライナー・ノーツの単体購入について】
ライナー・ノーツを購入の際に一緒にダウンロードされる音源は、ライナー・ノーツだけ欲しい人のために用意した音源です。たくさんのミュージシャンの声が使用された豪華な音源なので、是非聴いてください。

※このライナー・ノーツはオトトイで『All kinds of People ~love Burt Bacharach~』を買った際に、アルバム特典として付いてくるものと全く同一です。

Jim O'Rourke x Bacharach Tribute Live 2010.04.15@Billboard tokyo

「オール・カインズ・オブ・ピープル」のリリースに合わせて、東京、大阪で三日間、6セットが行なわれたジム・オルーク一座のライヴ。僕が見たのは初日、東京ビルボードでの4月15日のセカンド・セットだった。

バート・バカラックの音楽というのは、本来、ゴージャスなものだ。若き日にはマレーネ・ディートリッヒのオーケストラ・コンダクターを務めていたバカラックは、エンターテインメントの世界の掟をよく知る業界人でもある。作曲家としてはとても繊細な作品を生み出してきたが、ステージ上ではぎらぎらした野心家ぶりも覗かせる。1960年代の後半、ビートルズをはじめとするロックの波が乱暴に世界を覆い尽くそうとする中で、バカラックの音楽は、贅を尽くした極上のエンターテインメントの伝統を守り通そうとする側の、最大の抵抗勢力でもあった。

しかし、この日の一座ときたら、どうだろう。あたかも農民達の楽団が、貴族の音楽を演奏しているかのよう。いや、よく見ると、鍛冶屋も混じっていたり、得体の知れない流浪の民も混じっていたり。おじいさんの学者もいたかな。ともあれ、エンターテイメントの世界の掟には統率されない、てんでばらばらな人々が、バカラックの音楽を演奏する。リーダーは毛玉の浮いたカーディガンを着た小柄なアメリカ人。おどおどしたような様子すら窺えて、どのくらいのリーダー・シップがあるのか、見ていてもよく分からない。ただ、ステージが進むうちに、彼が選んだてんでばらばらの人々が、かけがえのない個性を持ったミュージシャン達であるのが分かってくる。無駄な音は一つもない。無駄のないアレンジということ以上に、優れた即興音楽家の演奏には無駄な音が一つもないのと同じ意味において、一群のミュージシャン達の演奏には何一つ無駄がなかった。

無駄を惜しまないゴージャスさとはまったく別の位相を持ったバカラック・ソング達。それが一つ一つ、ステージの上で花開いていく。過去のたくさんのヴァージョンが耳に馴染み過ぎた大ヒット曲ですら、見たことのない新しい花を咲かせる。時には乱暴だったり、強引だったりもするが、しかし、瑞々しい瞬間が尽きることがない、そんな一時間半だった。

この日のセット・リストは以下の通り。

1. Always Something There To Remind Me (vo:青山陽一)
2. Do You Know The Way To San Jose (vo:カヒミ・カリィ)
3. After The Fox (vo:坂田明、飛び入り:中原昌也vo)
4. Anonymous Phone Call (vo:やくしまるえつこ)
5. You'll Never Get To Heaven (vo:青山陽一)
6. Raindrops Keep Fallin On My Head (vo:小池光子)
7. The Look Of Love (vo:カヒミ・カリィ)
8. Don't Make Me Over (vo:ジム・オルーク)
9. Walk On By (vo:小池光子)
10. Close To You (vo:細野晴臣)
11. My little Red Book (vo:青山陽一、山本達久perc)

アンコール演奏された「My little Red Book」はアルバムには収録されていない曲。アルバムではYoshimiがヴォーカルを取っている「Say A Little Prayer For Me」は東京では演奏されなかった(大阪では演奏)。また、アルバムでジム・オルークがヴォーカルを取っている「Trains And Boats And Planes」は今回のツアーでは演奏されていない。

ミュージシャン達の顔ぶれは以下の通り。

ジム・オルーク(eg,vo)、グレン・コッチェ(dr)、ダーリン・グレイ(b,perc)、須藤俊明(b,perc)、青山陽一 (eg,vo)、坂田明(vo,sax,cl)、クリヤマコト(pf)、石橋英子(org)、佐々木史郎(tp)、小池光子(vo)、カヒミ・カリィ(vo)、やくしまるえつこ(vo)、細野晴臣(vo,b,ag)

細かい見所については、これ以上は書かないが、ウィルコのドラマーであるグレン・コッチェの繊細でいながら、力強いドラミング、さらには響き過ぎないドラム・セットの鳴らし方が、全体のトーンを決定づけていた。また、3人のベーシストのグルーヴがとてつもなかった。あの坂田明が職人的な仕事ぶりでアレンジに貢献している姿も新鮮だった。(text by 高橋健太郎)

PROFILE

Jim O'Rourke
1969年シカゴ生まれ。Derek Bailey(デレク・ベイリー)の音楽と出会い、13才のジム少年はロンドンにDerek Bailey(デレク・ベイリー)を訪ねる。ギターの即興演奏に開眼し実験的要素の強い作品を発表、John Fahey(ジョン・フェイヒー)の作品をプロデュースする一方でGastr Del Sol(ガスター・ デル・ソル)やLoose Fur(ルース・ファー)など地元シカゴのバンドやプロジェクトに参加、「シカゴ音響系」と呼ばれるカテゴリーを確立する。一方で、小杉武久と共にMerce Cunningham(マース・カニンハム)舞踏団の音楽を担当、Tony Conrad(トニー・コンラッド)、Arnold Dreyblatt(アーノルド・ドレイブラット)、Christian Wolff(クリスチャン・ウルフ)などの作曲家との仕事で現代音楽とポストロックの橋渡しをする。1998年超現代的アメリカーナの系譜から『Bad Timing(バッド・タイミング)』、1999年、フォークやミニマル音楽などをミックスしたソロ・アルバム『Eureka(ユリイカ)』を発表、大きく注目される。1999年から2005年にかけてSonic Youth(ソニック・ユース)のメンバー、音楽監督として活動し、広範な支持を得る。2004年には、Wilco(ウィルコ)の『A Ghost Is Born(ゴースト・イズ・ボーン)』のプロデューサーとしてグラミー賞を受賞、現代アメリカ音楽シーンを代表するクリエーターとして高く評価され、ヨーロッパでも数々のアーティストをプロデュースする。また、日本文化への造詣が深く、近年は東京に活動拠点を置く。日本でのプロデュース・ワークとしては、くるり、カヒミ・カリィなど多数。坂田明、大友良英、山本精一、ボアダムスなどとの共同作業や、武満徹作品『コロナ東京リアリゼーション』(2006)など現代音楽に至る多彩な作品をリリースしている。映像作家とのコラボレーションとしてWerner Herzog(ヴェルナー・ヘルツォーク)、Olivier Assayas(オリヴィエ・アサイヤス)、青山真治、若松考二などの監督作品のサウンドトラックを担当。ジム自身も映画監督として活動しており、彼の作品は、2004年と2006年にはホイットニー・ビエンナーレ、2005年にはロッテルダム映画祭で「重要作品」として上映されている。ソロとしての最近作『The Visitor(ザ・ヴィジター)』(2009)は『Bad Timing(バッド・タイミング)』の現代版と言える密室的ワンマン・アルバムの極致と言える。新しい「知」の探求者としてオルタナティヴ、ポストロック、エクスペリメンタル・ポップ、映画音楽、フリー・ミュージック、ジャズ、アメリカーナ、現代音楽など様々なジャンルの極北を切り開く越境的活動を行ない「現代東京カルチャー」の先導者となりつつある。

高橋健太郎
過去の職歴は音楽評論家、DJ、音楽プロデューサー、インディー・レーベル・オーナー、レコーディング・エンジニアなど。レコミュニ〜オトトイにも創設時から関わる。音楽評論集に「音楽の未来に蘇るもの」(2010年に復刊予定)。初の小説も出版準備中。

o

はてブに追加
 
 
"Close Up"の最新アーカイヴ
西宮在住の19歳SSW・あいみょんが鮮烈デビュー!! 配信はないけど先走ってインタヴュー掲載中!!
[CLOSEUP]・2015年03月04日・配信ないけど激推ししてます!!ーー西宮在住の19歳SSW・あいみょんが鮮烈デビュー まず最初にごめんなさい。これから紹介する西宮在住19歳のシンガー・ソングライター、あいみょんのデビュー作『貴方解剖純愛歌 〜死ね〜』の配信はございません。これ、タワレコ限定シングルなんです。ほしい方はタワーレコードさんに足を運んでください!! 配信できないのにOTOTOYで取り上げるってことは、わかるでしょ? どうしても知ってほしいアーティストなわけですよ。ギタ女という言葉が生まれたり、女性ソロ・アーティストが乱立する2015年、毒も官能もフラットに楽曲に落としこんだ新世代シンガー。まずは、本特集にてあいみょんというアーティストについて触れてみてください。そして、次作はOTOTOYでも配信をば!! デビュー・シングルを買いにタワレコに走れ!!あいみょん / 貴方解剖純愛歌 〜死ね〜【販売価格】540円(税込み)※OTOTOYでの配信はありません。タワーレコードにてお求めください。【リリース日】2015年3月4日(水)【Track List】1. 貴方解剖純愛歌 〜死ね〜2. いいことしましょ3. 強がりました INTE
by 西澤 裕郎
日本アニメ(ーター)見本市作品のサウンド・トラックを一挙ハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2015年03月06日・山寺宏一、坂本冬美のあの曲を熱唱!?――「日本アニメ(ーター)見本市」のサントラ独占ハイレゾ第2弾配信開始 「日本アニメ(ーター)見本市」のサントラ独占ハイレゾ音源、先週に引き続き、その第2弾がこのたび配信開始されました。庵野秀明率いるスタジオカラーと、ニコ動などでおなじみのドワンゴによる共同企画。「それってなに!」という方はまずは下記解説&第1弾配信開始時の特集記事を。 第2弾も4作品分を配信。「もはやその歌が主役!」とも言えそうな第10話「ヤマデロイド」の、あの"七色の声を持つ男"こと山寺宏一による坂本冬美の壮大なカヴァーなどなど、短編アニメの単なる"劇伴"を超えた作品も! 第2弾の特集記事も前回同様、音楽を担うアーティストと監督にメール・インタヴュー! と、ここでひとつお知らせ、現在本編の見本市は新作の公開など小休止中でしたが、3月9日(月)22時よりニコ生で放送の解説番組『日本アニメ(ーター)見本市-同トレス-「2ndシーズン開始特番」』をもって再開予定! 新作公開もお楽しみに! 第2弾配信4作品!! ※配信形態は全て24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC'矢野博康 / 「西
黒光りするグルーヴの本質に迫るWHITE ASHの最新フル・アルバム、ハイレゾ配信開始!
[CLOSEUP]・2015年03月04日・そうだ、ロックは格好良さだけあればいい!——快作、WHITE ASH最新アルバムがハイレゾ配信開始! 「踊る」や「泣ける」への機能がなくても、ロックはただひたすらに格好良い、それだけで満たしてくれる。WHITE ASHは今作をもってそれを証明した。 今作の走りとなった「Hopes Bright」を含め、余計な音を削ぎ落とし、シンプルながらも研ぎ澄まされたグルーヴィーなロックンロールが鳴る33分間を収録したフル・アルバム『THE DARK BLACK GROOVE』が完成。OTOTOYではその一音一音の鮮明さ、そして音の奥行きが堪能できるハイレゾ音源で配信がスタートした。それでは小野島大に紹介していただこう。その一言目から、全てを語っている。 WHITE ASH / THE DARK BLACK GROOVE'【配信価格】WAV / FLAC / ALAC(24bit/96kHz) : 単曲 257円(税込) / まとめ購入 3000円(税込)【Track List】''01. Orpheus / 02. Just Give Me The Rock 'N' Roll Music / 03. King Wit
by 小野島 大
Youthが挑むクラウドファンディング「Rockin’ Cheer」プロジェクトとは? 第1弾プロジェクト・非常階段のJOJO広重と語る夢の実現
[CLOSEUP]・2015年02月22日・クラウドファンディングは音楽活動を救うのか?ーーYouth代表がノイズ・バンド非常階段と挑む夢の実現 2010年すぎくらいから日本でも話題になり、クリエイターが資金調達をする手法として定着しつつあるクラウドファンディング。達成したいプロジェクトの目標金額を設定し、それを支援したい人たちからお金を集め、目標額が集まったら実行、支援金額に対してお礼としてリターンをお返しする。アーティストとリスナーが透明性を持って一つのプロジェクトに向かっていけるというこの仕組み。でも実際どうやるの? と躊躇している人もいるかと思います。そんな方たちのために、株式会社Youthがはじめたサービスが「Rockin’ Cheer」。プロジェクトの企画立案、プロット制作、サクセスまで全面サポートしてくれます。 その第一弾として「Rockin’ Cheer」を使い公開されたのが、非常階段のプロジェクト。非常階段のドキュメンタリー映画を制作すべく375万円を目指し目標を設定。達成した暁には、これまで知られなかった非常階段が劇場にて公開されます。世界初のノイズ・バンドとして1979年に非常階段をはじめ、自身のレーベル・アルケミーレコードを
by 西澤 裕郎
Babi、DSD一発録りに挑戦した奇跡のアンサンブルを独占配信!!
[CLOSEUP]・2015年02月26日・Babi Quintet誕生!! Babi × 実力派プレイヤー4人による奇跡のアンサンブルを独占DSDで配信!! 2歳からピアノを弾きはじめ、音大時代にはプログラミングやエンジニアリングの技術を修得。そのスキルを活かしつつ、生楽器を緻密に配置したチェンバー・ポップを奏でるBabiが、自身初の一発録りDSD録音に挑んだ。今回の編成は、シンセ&ヴォーカルのBabiを中心に、サックス、ヴァイオリン、ベース、パーカッションからなる五重奏、クインテットだ。バックを固める大石俊太郎(Sax)、吉田篤貴(Vio)、佐藤優介(Ba)、Bun Imai(Per)は、それぞれがクラシックやジャズ、ポップスの領域で活躍する実力派のプレイヤーたち。Babiはこの編成について、「演奏を通して、それぞれが持つ音がキャラクターのように生命を帯びて、みんなで一斉に行進するような感覚でした」と話してくれた。 『Botanical Quintet』(=植物的な五重奏)と名付けられたこの作品は、2014年11月の「YEBISU MUSIC WEEKEND」で公開録音されるはずだったが、機材トラブルにより断念。その後、同年12月に下高井戸G-R
日本アニメ(ーター)見本市作品のサウンド・トラックを一挙ハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2015年02月27日・ハイレゾで”聴く”日本アニメ(ーター)見本市――注目のTeddyLoid x daokoコラボなどを含むサントラ第1弾4作品 2014月10月26日からはじまった、かの庵野秀明率いるスタジオカラーと、ニコ動などでおなじみのドワンゴによる共同企画「日本アニメ(ーター)見本市」。様々なクリエイターによる短編アニメを毎週1本、サイトで公開。その自由な発想と、多様なアニメの表現をプレゼンする場所として話題を呼んでいます。あっと驚くビッグ・タイトルの関連作やスピンアウト作(例えば『機動戦士ガンダム』や『エヴァンゲリオン』なども)から、アニメ業界の未来を担う新たな才能までが参加。この国のアニメのクラシックから、新たな才能までを一挙に見渡すことができる、短編アニメの「見本市」というわけだ。 OTOTOYではこの「日本アニメ(ーター)見本市」の各サウンド・トラックのなかから第1弾としての4作品分の独占ハイレゾ配信を開始。EDMマスター、TeddyLoidとメジャー・デビューの決まった話題の女子高生ラッパー、daokoのコラボなど、音楽的な視点から見ても注目の作品が盛りだくさん。 今回はそれぞれの監督と音楽を担当したアーテ
話題のボンジュール鈴木が歌う、TVアニメ『ユリ熊嵐』OPテーマがハイレゾ配信スタート!
[CLOSEUP]・2015年02月25日・TVアニメ『ユリ熊嵐』OPテーマがハイレゾ配信開始! そしてスペシャル企画スタート!!『気になるあの娘、ボンジュール鈴木とLINEしてみた』 「少女革命ウテナ」「輪るピングドラム」の幾原邦彦による新作アニメ『ユリ熊嵐』。幾原監督が描く"究極の百合アニメ"に注目が集まるなか、主題歌に抜擢された無名の新人アーティストがいました。その名も"ボンジュール鈴木"…。ね、もう気にならざるを得ないでしょう!? その正体は下記レビューまで引っ張りまして、そんな話題の主題歌「あの森で待ってる」を収録したシングルがこの度ハイレゾで登場!! その甘い声で紡ぐラップに、ストリングスの美しい耽美なサウンド。カップリングには「森のくまさん」の英語ヴァージョンを百合城銀子、百合ヶ咲るる、椿輝紅羽がの3キャラクターが歌うキャラクター・ソングを収録。 さて、この曲がイチオシなことはもちろんですが、私たちはどうしてもベールに包まれた"ボンジュール鈴木"の存在に興味が湧いて仕方がないのです…。ということで、こんな企画を始めます。「気になるあの娘。ボンジュール鈴木とLINEしてみた」! 詳細はページ下部にて。彼女、想像以上の魅力を秘めてます!!
by 純三
分島花音による、セルフ・プロデュースで作り上げたニュー・アルバムをハイレゾで
[CLOSEUP]・2015年02月25日・絢爛華麗にストリングスを操る乙女のドラマチック・ポップス——J-POP初のチェロ・ヴォーカリスト、分島花音の新作をハイレゾで 『ヴァンパイア騎士』や『To LOVEる -とらぶる- ダークネス』など、多くのアニメ主題歌を担当し、日本国内はもちろん、海外でもスポットを浴びているシンガー・ソングライター、分島花音。彼女による、初のセルフ・プロデュースで作り上げたサード・アルバム『ツキナミ』(24bit/48kHz)の予約受付を開始! 3歳の頃からチェロを始め、クラシック音楽に触れ続けてきた彼女だけにしか描けない楽曲の魅力は、主題曲である「ツキナミ」を聴けば一目瞭然。また、『フェイト/エクストラ CCC』、『ストライク・ザ・ブラッド』といった話題のTVアニメやゲームのタイアップ曲が5曲も収録されており、聴き応えは抜群だ。2014年からリリースされてきたシングル曲たちは、圧倒的な人気を博し、これから先、日本の代表的なシンガー・ソングライターとして成長していくであろう彼女のニュー・アルバムは、アニメ・ファンでなくとも聴き逃せない。そんな分島花音の、伸び伸びと遠くまで届く歌声と弦楽器の迫力ある旋律を、ぜひハイレゾで体感
 
筆者について
BB (Reviewed by Kentaro Takahashi)

本名:高橋健太郎プロデューサー、ジャーナリスト、選曲家など。高橋健太郎 文筆家/音楽制作者 評論集「ポップミュージックのゆくえ〜音楽の未来に蘇るもの」がアルテスパブリッシングから発売中。http://tinyurl.com/2g72u5e twitterアカウントは@kentarotakahash

同じ筆者による他の記事