高橋健太郎が執筆したオトトイ限定ライナー・ノーツの単体販売開始

ジム・オルークによる最新作『All kinds of People 〜love Burt Bacharach〜』。ポップス界最高峰の音楽家バート・バカラックが作り出した楽曲を、アヴァン・ポップスの異端児ジム・オルークと、東京、大阪とアメリカのミュージシャン達で解き明かす本作。オトトイでアルバム特典としてプレゼントしていた、高橋健太郎執筆による1万字越えのスペシャル・ライナー・ノーツの単体販売を開始。2010年4月15日にBillboard tokyoで行われたJim O'Rourke x Bacharach Tribute Liveのライヴ・レポートと共にお楽しみください!

>>ライナー・ノーツの単体購入(150円)はこちらから

【ライナー・ノーツの単体購入について】
ライナー・ノーツを購入の際に一緒にダウンロードされる音源は、ライナー・ノーツだけ欲しい人のために用意した音源です。たくさんのミュージシャンの声が使用された豪華な音源なので、是非聴いてください。

※このライナー・ノーツはオトトイで『All kinds of People ~love Burt Bacharach~』を買った際に、アルバム特典として付いてくるものと全く同一です。

Jim O'Rourke x Bacharach Tribute Live 2010.04.15@Billboard tokyo

「オール・カインズ・オブ・ピープル」のリリースに合わせて、東京、大阪で三日間、6セットが行なわれたジム・オルーク一座のライヴ。僕が見たのは初日、東京ビルボードでの4月15日のセカンド・セットだった。

バート・バカラックの音楽というのは、本来、ゴージャスなものだ。若き日にはマレーネ・ディートリッヒのオーケストラ・コンダクターを務めていたバカラックは、エンターテインメントの世界の掟をよく知る業界人でもある。作曲家としてはとても繊細な作品を生み出してきたが、ステージ上ではぎらぎらした野心家ぶりも覗かせる。1960年代の後半、ビートルズをはじめとするロックの波が乱暴に世界を覆い尽くそうとする中で、バカラックの音楽は、贅を尽くした極上のエンターテインメントの伝統を守り通そうとする側の、最大の抵抗勢力でもあった。

しかし、この日の一座ときたら、どうだろう。あたかも農民達の楽団が、貴族の音楽を演奏しているかのよう。いや、よく見ると、鍛冶屋も混じっていたり、得体の知れない流浪の民も混じっていたり。おじいさんの学者もいたかな。ともあれ、エンターテイメントの世界の掟には統率されない、てんでばらばらな人々が、バカラックの音楽を演奏する。リーダーは毛玉の浮いたカーディガンを着た小柄なアメリカ人。おどおどしたような様子すら窺えて、どのくらいのリーダー・シップがあるのか、見ていてもよく分からない。ただ、ステージが進むうちに、彼が選んだてんでばらばらの人々が、かけがえのない個性を持ったミュージシャン達であるのが分かってくる。無駄な音は一つもない。無駄のないアレンジということ以上に、優れた即興音楽家の演奏には無駄な音が一つもないのと同じ意味において、一群のミュージシャン達の演奏には何一つ無駄がなかった。

無駄を惜しまないゴージャスさとはまったく別の位相を持ったバカラック・ソング達。それが一つ一つ、ステージの上で花開いていく。過去のたくさんのヴァージョンが耳に馴染み過ぎた大ヒット曲ですら、見たことのない新しい花を咲かせる。時には乱暴だったり、強引だったりもするが、しかし、瑞々しい瞬間が尽きることがない、そんな一時間半だった。

この日のセット・リストは以下の通り。

1. Always Something There To Remind Me (vo:青山陽一)
2. Do You Know The Way To San Jose (vo:カヒミ・カリィ)
3. After The Fox (vo:坂田明、飛び入り:中原昌也vo)
4. Anonymous Phone Call (vo:やくしまるえつこ)
5. You'll Never Get To Heaven (vo:青山陽一)
6. Raindrops Keep Fallin On My Head (vo:小池光子)
7. The Look Of Love (vo:カヒミ・カリィ)
8. Don't Make Me Over (vo:ジム・オルーク)
9. Walk On By (vo:小池光子)
10. Close To You (vo:細野晴臣)
11. My little Red Book (vo:青山陽一、山本達久perc)

アンコール演奏された「My little Red Book」はアルバムには収録されていない曲。アルバムではYoshimiがヴォーカルを取っている「Say A Little Prayer For Me」は東京では演奏されなかった(大阪では演奏)。また、アルバムでジム・オルークがヴォーカルを取っている「Trains And Boats And Planes」は今回のツアーでは演奏されていない。

ミュージシャン達の顔ぶれは以下の通り。

ジム・オルーク(eg,vo)、グレン・コッチェ(dr)、ダーリン・グレイ(b,perc)、須藤俊明(b,perc)、青山陽一 (eg,vo)、坂田明(vo,sax,cl)、クリヤマコト(pf)、石橋英子(org)、佐々木史郎(tp)、小池光子(vo)、カヒミ・カリィ(vo)、やくしまるえつこ(vo)、細野晴臣(vo,b,ag)

細かい見所については、これ以上は書かないが、ウィルコのドラマーであるグレン・コッチェの繊細でいながら、力強いドラミング、さらには響き過ぎないドラム・セットの鳴らし方が、全体のトーンを決定づけていた。また、3人のベーシストのグルーヴがとてつもなかった。あの坂田明が職人的な仕事ぶりでアレンジに貢献している姿も新鮮だった。(text by 高橋健太郎)

PROFILE

Jim O'Rourke
1969年シカゴ生まれ。Derek Bailey(デレク・ベイリー)の音楽と出会い、13才のジム少年はロンドンにDerek Bailey(デレク・ベイリー)を訪ねる。ギターの即興演奏に開眼し実験的要素の強い作品を発表、John Fahey(ジョン・フェイヒー)の作品をプロデュースする一方でGastr Del Sol(ガスター・ デル・ソル)やLoose Fur(ルース・ファー)など地元シカゴのバンドやプロジェクトに参加、「シカゴ音響系」と呼ばれるカテゴリーを確立する。一方で、小杉武久と共にMerce Cunningham(マース・カニンハム)舞踏団の音楽を担当、Tony Conrad(トニー・コンラッド)、Arnold Dreyblatt(アーノルド・ドレイブラット)、Christian Wolff(クリスチャン・ウルフ)などの作曲家との仕事で現代音楽とポストロックの橋渡しをする。1998年超現代的アメリカーナの系譜から『Bad Timing(バッド・タイミング)』、1999年、フォークやミニマル音楽などをミックスしたソロ・アルバム『Eureka(ユリイカ)』を発表、大きく注目される。1999年から2005年にかけてSonic Youth(ソニック・ユース)のメンバー、音楽監督として活動し、広範な支持を得る。2004年には、Wilco(ウィルコ)の『A Ghost Is Born(ゴースト・イズ・ボーン)』のプロデューサーとしてグラミー賞を受賞、現代アメリカ音楽シーンを代表するクリエーターとして高く評価され、ヨーロッパでも数々のアーティストをプロデュースする。また、日本文化への造詣が深く、近年は東京に活動拠点を置く。日本でのプロデュース・ワークとしては、くるり、カヒミ・カリィなど多数。坂田明、大友良英、山本精一、ボアダムスなどとの共同作業や、武満徹作品『コロナ東京リアリゼーション』(2006)など現代音楽に至る多彩な作品をリリースしている。映像作家とのコラボレーションとしてWerner Herzog(ヴェルナー・ヘルツォーク)、Olivier Assayas(オリヴィエ・アサイヤス)、青山真治、若松考二などの監督作品のサウンドトラックを担当。ジム自身も映画監督として活動しており、彼の作品は、2004年と2006年にはホイットニー・ビエンナーレ、2005年にはロッテルダム映画祭で「重要作品」として上映されている。ソロとしての最近作『The Visitor(ザ・ヴィジター)』(2009)は『Bad Timing(バッド・タイミング)』の現代版と言える密室的ワンマン・アルバムの極致と言える。新しい「知」の探求者としてオルタナティヴ、ポストロック、エクスペリメンタル・ポップ、映画音楽、フリー・ミュージック、ジャズ、アメリカーナ、現代音楽など様々なジャンルの極北を切り開く越境的活動を行ない「現代東京カルチャー」の先導者となりつつある。

高橋健太郎
過去の職歴は音楽評論家、DJ、音楽プロデューサー、インディー・レーベル・オーナー、レコーディング・エンジニアなど。レコミュニ〜オトトイにも創設時から関わる。音楽評論集に「音楽の未来に蘇るもの」(2010年に復刊予定)。初の小説も出版準備中。

o

はてブに追加
 
 
"Close Up"の最新アーカイヴ
連載「隣の騒音 〜2014年の関西インディ・ミュージック・ガイド」第4回 Seuss
[CLOSEUP]・2014年09月29日・「隣の騒音」~2014年の関西インディ・ミュージック・ガイド 第4回 Seuss――初作品を先行配信&フル試聴!! いちライターとして、いちリスナーとして、関西シーンの渦中にいる田中亮太が、すぐ隣で鳴っている騒音――今この瞬間、どうしても耳に入ってきて、耳を奪われてしまうサウンドを月1で紹介する連載「隣の騒音 ~2014年の関西インディ・ミュージック・ガイド」。第4回はSeuss――あなたが第一人者となるだろう、本当にここからというバンドです。今回の特集にあたって、初作品となる『Melancholia/Little Boy』の先行配信とともに、2曲目の「Little Boy」をフル試聴で届けます。 「Little Boy」をフル試聴スタート!!CDから先行配信&ハイレゾでもリリース!!Seuss / Melancholia/Little Boy'【配信価格】【左】WAV / ALAC / FLAC(24bit/48kHz) 単曲 200円 アルバム 400円【右】WAV / ALAC / FLAC(16bit/44.1kHz) 単曲 150円 アルバム 300円【Track List】''01. Melan
ワンダフルボーイズ新作リリース記念企画! サンデーカミデがDDT高木社長に直撃!?
[CLOSEUP]・2014年09月26日・ワンダフルボーイズの憧れは、なんとプロレスラー!?――異色対談 : サンデーカミデ×高木三四郎(プロレスラー / DDT代表) 「マジであったことポップ・ミュージック」――愛や恋や生活や、サンデーカミデの実体験をもとにした歌詞と、エモーショナルでメロディアスなサウンドで胸を熱くさせてくれる関西の自由気ままな6人組バンド、ワンダフルボーイズ。彼らが新作『LOVELY LOVELY LOVESTORY』をリリースした記念に異色の対談が実現しました。登壇者は、ワンダフルボーイズのフロントマン・サンデーカミデと、なんとDDTプロレスリングの高木三四郎社長! プロレス界においてエンタテイメント色を押し出すスタイルを確立したDDTプロレスリングの高木社長に、サンデーカミデが"エンタテイメント"を問う対談です。この対談、ほとんど音楽の話が出ません。しかしその代わり、音楽にだって、それこそ生きることにだってヒントとなる"エンタテイメント"の話がとても大事に話されています。あ、もちろんプロレス好きにもオススメ! サンデーカミデと一緒に"エンタテイメント"から生きるヒントを掴んでください。 ワンダフルボーイズ / LOVEL
USインディ界の歌姫Jen Wood、5年ぶりの新作を予約受付中!
[CLOSEUP]・2014年09月26日・OTOTOYだけの予約特典あり!! USインディ界の歌姫Jen Wood、5年ぶりの新作をハイレゾで!! 1992年よりTattle Taleのメンバーとして活動を開始、これまでにソロで4枚のアルバムをリリースし、2013年にはポスタル・サーヴィスの再結成公演にゲスト参加して注目を集めたJen Wood(ジェン・ウッド)。そんなUSインディ界屈指の女性SSW、5年ぶり5作目となるアルバムが届けられた。これまでギター1本でのみ表現されることの多かった彼女の世界観。だが今作は一転、ピアノ主体のバンド・サウンドを軸に、よりスケールの大きな世界を提示することに成功している。 OTOTOYでは現在、このアルバムの予約注文を受付中だ。本作にはOTOTOY限定のボーナストラック「Run With The Wild Ones (Demo Ver.)」を収録。さらに予約でご購入いただいた方には、特典として「In Rewind Demo Ver.」まで付属する。このアルバムをハイレゾで、そして貴重なデモ音源をあわせてゲットしよう!! ポスタル・サーヴィスへの参加でも知られるJen Wood、5年ぶりの新作!!このアルバムをハイ
by 吉野 敬一郎
fripSide、サード・アルバム『infinite synthesis 2』をハイレゾ配信!!
[CLOSEUP]・2014年09月25日・待望のfripSideハイレゾ作品!! アニメ「とある科学の超電磁砲S」のOPテーマや小室哲哉とのコラボ曲含むサード・アルバムが配信スタート!! 革新的なシンセサイザー・サウンドとキャッチーなメロディを探求してきたサウンド・クリエイター"sat"こと八木沼悟志率いるユニット、fripSide。2009年に声優の南條愛乃をヴォーカリストに迎え第2期をスタートさせて以降、第1弾シングル『only my railgun』がオリコン週間チャートで初登場3位を記録するなど、多くの大ヒット作を生みだす彼ら。なんと、今回3枚目のアルバム『infinite synthesis 2』が24bit/96kHzのハイレゾで登場!! 今作にはTVアニメ「とある科学の超電磁砲S」のOPテーマ「sister's noise」や、小室哲哉とコラボした「eternal reality」など、タイアップ曲や新曲を含む全13曲を収録。また、このリリースにあわせて今年10月に全国6大都市ワンマン・ツアーを発表。一足先に、コンサート・ホールのような臨場感溢れるハイレゾのサウンドでたっぷりと堪能してほしい。 fripSide / infinite
by 純三
曽我部恵一、富士山麓にある氷の洞窟で録音した新作EPを配信開始!
[CLOSEUP]・2014年09月25日・水のしたたる音まで記録!! 曽我部恵一、氷の洞窟で録音した『氷穴EP』を“最高音質”で配信開始!! OTOTOY独占、曽我部恵一の完全新作EPがついに配信開始です。この音源、OTOTOYが力を入れてきた「Special Place Recordings」シリーズの一環で、録音場所はなんと“氷の洞窟”。気温0℃、地下21m、氷に囲まれて演奏、そんなちょっと聞いたことのない環境のなかで、曽我部恵一が4つの新曲と1つのカヴァーを弾き語ってくれました。本作はその全5曲を、iTunesでも再生可能な24bit/96kHzのハイレゾ音源、そしてデジタル・フォーマットの最高音質とも言われるDSDで、思わず鳥肌が立ってしまうほどの臨場感とともに記録しています! レコーディングの舞台となったのは、青木ヶ原樹海の東に位置する「鳴沢氷穴」。今から1,150年以上前、西暦864年(貞観6年)にできたとされる天然記念物の溶岩洞で、内部には氷の柱やブロックが多く存在しています。音を反響しない玄武岩でできているため、いかにも洞窟的なリヴァーブ感はありませんが、その分、曽我部が耳元で囁いているかのような、生々しい作品に仕上がっております。
by 渡辺 裕也
「EMAF TOKYO 2014」出演アーティストによる、OTOTOY限定コンピ発売!!
[CLOSEUP]・2014年09月24日・エレクトリック・ミュージックの祭典「EMAF TOKYO 2014」今年も開催! OTOTOY限定コンピレーションもリリース!! 新たな都市型音楽の祭典「EMAF TOKYO 2014」が10月18日(土)、10月19日(日)の2日間にわたって、今年もリキッドルームで開催される。去年同様、エレクトリック・ミュージックを牽引する大ベテランから、若手まで、重要アーティストが一挙参加する。OTOTOYでは、「EMAF TOKYO 2014」開催を祝して、出演アーティストの音源を集めた、期間限定コンピレーションを発売! 26曲入りというヴォリューミーな内容にも関わらず、半分以上が未発表、未発売というスペシャルな内容に!! しかも期間限定でフル試聴も実施中!!! 下記のアーティスト紹介とともに、ま・ず・は、聴いてみてください! >>『EMAF TOKYO 2014』のフル試聴を10月6日(月)まで実施中!! V.A / EMAF TOKYO 2014【配信フォーマット / 価格】ALAC / FLAC / WAV : まとめ購入のみ 1,000円【Track List】01. Unfolding Atlantis -
竹内朋康ソロ始動! サマー・ソウル・ディスコ・エレクトロ・ファンク・チューン!
[CLOSEUP]・2014年09月24日・竹内朋康、ついにソロ始動! 超絶ソウル・ファンクな先行シングルをハイレゾで配信開始!! 1997年、永積タカシ(ハナレグミ)、池田貴史(レキシ)らと共にSUPER BUTTER DOGのギタリストとしてメジャー・デビュー。解散後、2004年、RHYMESTERのMummy-Dとの「マボロシ」や、ギタリストとしても活動中の竹内朋康がついにソロ活動開始! その初のソロ・アルバムから先行シングルがハイレゾで到着です。Full Of Harmonyを迎え、夏が終わった今だからこそ聴くべき、ソウルでディスコなファンク・ナンバーに仕上がった。今作のレヴューと共に、じっくり味わってもらいたい。 サイン入りアーティスト写真データの特典つき!竹内朋康 / Step by Step feat. Full Of Harmony(24bit/48kHz)'【Track List】''01. Step by Step feat. Full Of Harmony(24bit/48kHz) 極上のメロウ・ファンク・チューン 夏。ギラギラと照りつける太陽の下、海で素敵な水着の女の子を捕まえる。そのままいい感じに日暮れを迎えて夜へ… な
花ト散るらん『S×M=』を配信開始!! メンバー・インタヴュー掲載!!
[CLOSEUP]・2014年09月24日・にじみだす「和」ーー世界のコンテストを制したロックンロール・バンド、花ト散るらんが、2ndアルバムを持って凱旋デビュー!! こんな形の叩き上げバンドがいただろうか? 大きな舞台に立ちたいという動機から応募した世界最大級のアマチュア・バンドのコンテスト「Emergenza Festival」の日本大会で優勝し、ドイツの「Taubertal Festival」でも日本人初の世界優勝、そしてドイツ、フランス、イタリアとツアーを敢行、カナダ・ケベック州のロック・フェスへも出演するなど、世界を舞台にライヴを重ねながら活動を続けてきた4人組ロック・バンド、花ト散るらん。バンドのテーマとして「和」をかかげているものの、安易な日本的要素を取り入れるのではなく、現代の日本の「和」がにじみ出るような試行錯誤をしながら、いまのスタイルを作り上げた。そんな彼らによる渾身の2ndアルバム『S×M=』を配信開始!! 日本における本格的デビューを果たす。一体どのような旋風を巻き起こすのか? 日本での本格始動を目前とした4人にインタヴューを行い、バンドについて迫った。彼らの快進撃は、ここから加速していく。 「和」がにじみだす本格的ロッ
by 西澤 裕郎
 
筆者について
BB (Reviewed by Kentaro Takahashi)

本名:高橋健太郎プロデューサー、ジャーナリスト、選曲家など。高橋健太郎 文筆家/音楽制作者 評論集「ポップミュージックのゆくえ〜音楽の未来に蘇るもの」がアルテスパブリッシングから発売中。http://tinyurl.com/2g72u5e twitterアカウントは@kentarotakahash

同じ筆者による他の記事