高橋健太郎が執筆したオトトイ限定ライナー・ノーツの単体販売開始

ジム・オルークによる最新作『All kinds of People 〜love Burt Bacharach〜』。ポップス界最高峰の音楽家バート・バカラックが作り出した楽曲を、アヴァン・ポップスの異端児ジム・オルークと、東京、大阪とアメリカのミュージシャン達で解き明かす本作。オトトイでアルバム特典としてプレゼントしていた、高橋健太郎執筆による1万字越えのスペシャル・ライナー・ノーツの単体販売を開始。2010年4月15日にBillboard tokyoで行われたJim O'Rourke x Bacharach Tribute Liveのライヴ・レポートと共にお楽しみください!

>>ライナー・ノーツの単体購入(150円)はこちらから

【ライナー・ノーツの単体購入について】
ライナー・ノーツを購入の際に一緒にダウンロードされる音源は、ライナー・ノーツだけ欲しい人のために用意した音源です。たくさんのミュージシャンの声が使用された豪華な音源なので、是非聴いてください。

※このライナー・ノーツはオトトイで『All kinds of People ~love Burt Bacharach~』を買った際に、アルバム特典として付いてくるものと全く同一です。

Jim O'Rourke x Bacharach Tribute Live 2010.04.15@Billboard tokyo

「オール・カインズ・オブ・ピープル」のリリースに合わせて、東京、大阪で三日間、6セットが行なわれたジム・オルーク一座のライヴ。僕が見たのは初日、東京ビルボードでの4月15日のセカンド・セットだった。

バート・バカラックの音楽というのは、本来、ゴージャスなものだ。若き日にはマレーネ・ディートリッヒのオーケストラ・コンダクターを務めていたバカラックは、エンターテインメントの世界の掟をよく知る業界人でもある。作曲家としてはとても繊細な作品を生み出してきたが、ステージ上ではぎらぎらした野心家ぶりも覗かせる。1960年代の後半、ビートルズをはじめとするロックの波が乱暴に世界を覆い尽くそうとする中で、バカラックの音楽は、贅を尽くした極上のエンターテインメントの伝統を守り通そうとする側の、最大の抵抗勢力でもあった。

しかし、この日の一座ときたら、どうだろう。あたかも農民達の楽団が、貴族の音楽を演奏しているかのよう。いや、よく見ると、鍛冶屋も混じっていたり、得体の知れない流浪の民も混じっていたり。おじいさんの学者もいたかな。ともあれ、エンターテイメントの世界の掟には統率されない、てんでばらばらな人々が、バカラックの音楽を演奏する。リーダーは毛玉の浮いたカーディガンを着た小柄なアメリカ人。おどおどしたような様子すら窺えて、どのくらいのリーダー・シップがあるのか、見ていてもよく分からない。ただ、ステージが進むうちに、彼が選んだてんでばらばらの人々が、かけがえのない個性を持ったミュージシャン達であるのが分かってくる。無駄な音は一つもない。無駄のないアレンジということ以上に、優れた即興音楽家の演奏には無駄な音が一つもないのと同じ意味において、一群のミュージシャン達の演奏には何一つ無駄がなかった。

無駄を惜しまないゴージャスさとはまったく別の位相を持ったバカラック・ソング達。それが一つ一つ、ステージの上で花開いていく。過去のたくさんのヴァージョンが耳に馴染み過ぎた大ヒット曲ですら、見たことのない新しい花を咲かせる。時には乱暴だったり、強引だったりもするが、しかし、瑞々しい瞬間が尽きることがない、そんな一時間半だった。

この日のセット・リストは以下の通り。

1. Always Something There To Remind Me (vo:青山陽一)
2. Do You Know The Way To San Jose (vo:カヒミ・カリィ)
3. After The Fox (vo:坂田明、飛び入り:中原昌也vo)
4. Anonymous Phone Call (vo:やくしまるえつこ)
5. You'll Never Get To Heaven (vo:青山陽一)
6. Raindrops Keep Fallin On My Head (vo:小池光子)
7. The Look Of Love (vo:カヒミ・カリィ)
8. Don't Make Me Over (vo:ジム・オルーク)
9. Walk On By (vo:小池光子)
10. Close To You (vo:細野晴臣)
11. My little Red Book (vo:青山陽一、山本達久perc)

アンコール演奏された「My little Red Book」はアルバムには収録されていない曲。アルバムではYoshimiがヴォーカルを取っている「Say A Little Prayer For Me」は東京では演奏されなかった(大阪では演奏)。また、アルバムでジム・オルークがヴォーカルを取っている「Trains And Boats And Planes」は今回のツアーでは演奏されていない。

ミュージシャン達の顔ぶれは以下の通り。

ジム・オルーク(eg,vo)、グレン・コッチェ(dr)、ダーリン・グレイ(b,perc)、須藤俊明(b,perc)、青山陽一 (eg,vo)、坂田明(vo,sax,cl)、クリヤマコト(pf)、石橋英子(org)、佐々木史郎(tp)、小池光子(vo)、カヒミ・カリィ(vo)、やくしまるえつこ(vo)、細野晴臣(vo,b,ag)

細かい見所については、これ以上は書かないが、ウィルコのドラマーであるグレン・コッチェの繊細でいながら、力強いドラミング、さらには響き過ぎないドラム・セットの鳴らし方が、全体のトーンを決定づけていた。また、3人のベーシストのグルーヴがとてつもなかった。あの坂田明が職人的な仕事ぶりでアレンジに貢献している姿も新鮮だった。(text by 高橋健太郎)

PROFILE

Jim O'Rourke
1969年シカゴ生まれ。Derek Bailey(デレク・ベイリー)の音楽と出会い、13才のジム少年はロンドンにDerek Bailey(デレク・ベイリー)を訪ねる。ギターの即興演奏に開眼し実験的要素の強い作品を発表、John Fahey(ジョン・フェイヒー)の作品をプロデュースする一方でGastr Del Sol(ガスター・ デル・ソル)やLoose Fur(ルース・ファー)など地元シカゴのバンドやプロジェクトに参加、「シカゴ音響系」と呼ばれるカテゴリーを確立する。一方で、小杉武久と共にMerce Cunningham(マース・カニンハム)舞踏団の音楽を担当、Tony Conrad(トニー・コンラッド)、Arnold Dreyblatt(アーノルド・ドレイブラット)、Christian Wolff(クリスチャン・ウルフ)などの作曲家との仕事で現代音楽とポストロックの橋渡しをする。1998年超現代的アメリカーナの系譜から『Bad Timing(バッド・タイミング)』、1999年、フォークやミニマル音楽などをミックスしたソロ・アルバム『Eureka(ユリイカ)』を発表、大きく注目される。1999年から2005年にかけてSonic Youth(ソニック・ユース)のメンバー、音楽監督として活動し、広範な支持を得る。2004年には、Wilco(ウィルコ)の『A Ghost Is Born(ゴースト・イズ・ボーン)』のプロデューサーとしてグラミー賞を受賞、現代アメリカ音楽シーンを代表するクリエーターとして高く評価され、ヨーロッパでも数々のアーティストをプロデュースする。また、日本文化への造詣が深く、近年は東京に活動拠点を置く。日本でのプロデュース・ワークとしては、くるり、カヒミ・カリィなど多数。坂田明、大友良英、山本精一、ボアダムスなどとの共同作業や、武満徹作品『コロナ東京リアリゼーション』(2006)など現代音楽に至る多彩な作品をリリースしている。映像作家とのコラボレーションとしてWerner Herzog(ヴェルナー・ヘルツォーク)、Olivier Assayas(オリヴィエ・アサイヤス)、青山真治、若松考二などの監督作品のサウンドトラックを担当。ジム自身も映画監督として活動しており、彼の作品は、2004年と2006年にはホイットニー・ビエンナーレ、2005年にはロッテルダム映画祭で「重要作品」として上映されている。ソロとしての最近作『The Visitor(ザ・ヴィジター)』(2009)は『Bad Timing(バッド・タイミング)』の現代版と言える密室的ワンマン・アルバムの極致と言える。新しい「知」の探求者としてオルタナティヴ、ポストロック、エクスペリメンタル・ポップ、映画音楽、フリー・ミュージック、ジャズ、アメリカーナ、現代音楽など様々なジャンルの極北を切り開く越境的活動を行ない「現代東京カルチャー」の先導者となりつつある。

高橋健太郎
過去の職歴は音楽評論家、DJ、音楽プロデューサー、インディー・レーベル・オーナー、レコーディング・エンジニアなど。レコミュニ〜オトトイにも創設時から関わる。音楽評論集に「音楽の未来に蘇るもの」(2010年に復刊予定)。初の小説も出版準備中。

o

はてブに追加
 
 
"Close Up"の最新アーカイヴ
ボストン在住のYUKI KANESAKAによるプロジェクト、monolog最新作ハイレゾ配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2015年07月31日・これが世界基準のグルーヴ! ボストン在住の日本人クリエイター、monologが届ける新世代ジャズ、ハイレゾで! 90年代ヒップホップ、ファンク&ソウル、ヒップホップ&ソウルをテーマに3作を制作。いずれもディープでドープなサウンドを構築し、各所で高評価を得る日本人クリエイター、monolog。"たった一人ですべての楽器を操り音楽を構築する”スタイルで、ボストンを拠点に活動するYUKI KANESAKAのソロ・プロジェクトである。2015年、彼が着手するテーマはジャズ。バークリー音楽大学出身の彼が、いよいよ本流となるテーマに挑んだ! 作り上げた『ONE DAY』を、OTOTOYでは24bit/44.1kHzのハイレゾ音源で配信。生演奏によって生み出された芳醇なグルーヴが、気持ちよく腰に響き陶酔に導いてくれるだろう。ライター、渡辺裕也のロング・インタヴューとともにお届けする。 monolog / ONE DAY'【Track List】01. Pillow Talk / 02. A Crack In the Clouds / 03. It Don't Mean a Thing / 04. Orange Dusk
by 渡辺 裕也
桐嶋ノドカ、1stミニ・アルバム配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2015年07月31日・歌は生き様を残すためのもの——小林武史に見出された女性シンガー桐嶋ノドカ、ついに初のミニ・アルバム完成 ファースト・インパクトから約1年と半年。あのシンガーが、動き始めた。 「大学生、佐久間望が追いかける桐嶋ノドカ」と題し、ずっと追いかけてきた女性シンガー・ソングライター、桐嶋ノドカ。2012年夏、デモ音源を音楽プロデューサーの小林武史へ送ったことをきっかけに、同氏が代表を務める音楽事務所「OORONG-SHA」のスタジオへ。OTOTOYが出会ったのは本格的にアーティスト活動を始めた、2014年3月のことだった。待望のファースト・ミニ・アルバムは、椎名林檎や東京事変などの楽曲を手掛けてきた井上うにをレコーディング・エンジニアに迎え、5曲を制作。OTOTOYでデモ版を無料配信した「ボーダーライン」やドラマ主題歌に起用された「Wahの歌」もアルバムver.へと生まれ変わり、収録された。そのなかでもリード曲「風」に込められた、混沌を突き破ろうと漲る生命力そのものの歌声に、彼女の真髄を見るだろう。 今回インタヴュアーを務めた編集長飯田仁一郎の隣には、おなじみの佐久間望の姿も。和やかな空気のなか行われた、彼女の歩みを
by JJ
歌う8Bitガール、谷本早也歌のデビュー作を配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2015年07月31日・彼女にとって、世界で1番魅力的な“まほうのおんがく”——YMCKも絶賛! 歌う8Bitガール、谷本早也歌デビュー! 今やJポップはもちろん、ロック、ダンス・ミュージックなどあらゆるジャンルで聴かれる、“ピコピコ音”こと8-bitサウンド。そんな愛らしい音色に心奪われ、抜群のポップ・センスでもって楽曲を作り続ける8Bitガール、谷本早也歌が1stアルバム『まほうのおんがく』をリリースした。作詞・作曲・トラックメイキング・歌唱まですべて自らで行った本作は、童謡やアニソンを思わせる楽曲や、テクノ・ポップ名曲「ジョニーはご機嫌ななめ」や相対性理論のカヴァーなどヴァラエティー溢れる作品となっている。 今回彼女へのインタヴューでは、本作が出来るまでの過程、そして8bitサウンドへの愛を赤裸々に語ってもらった。ファミコン世代の方もそうでない方も楽しめる“まほうのおんがく”を、ぜひ彼女の発言とともにお楽しみいただきたい。 谷本早也歌 / まほうのおんがく'【Track List】01. 日常 / 02. まほうのおんがく / 03. Labyrinth / 04. バイト / 05. 朝寝坊 / 06. 三角形 / 07
by JJ
The cold tommy、スカパラ主宰のJUSTA RECORDからメジャー・デビュー!
[CLOSEUP]・2015年07月30日・スカパラ主宰JUSTA RECORDからストレートな3ピース・ロック・バンド、The cold tommyがメジャー・デビュー! ギター、ベース、ドラムの3ピース・ライヴ・バンド、The cold tommy。東京スカパラダイスオーケストラ主宰のJUSTA RECORDからついにメジャー・デビュー。インディーズ時代には、2013年に2枚のミニ・アルバムを、2014年にはシングル1枚、アルバム1枚をタワーレコードのレーベル「SONIC ONE」よりリリースし、あらゆるライヴ会場でその爆発力を発揮してきた彼ら。満を持してリリースされるアルバムについて、メジャーの世界で活動していくことについて、メンバーにインタヴュー。 The cold tommy / FLASHBACK BUG'【配信形態】 AAC / MP3 【価格】単曲 257円(税込) / まとめ購入 1500円(税込)【Track List】''01. シロサイは穴掘り / 02. リュカの黒髪 / 03. PLUTO / 04. bobboy〜慣れたら楽園〜 / 05. 気まぐれニーナ / 06. 蟻、巣穴へ帰る INTERVIEW : The
by JJ
「ラブライブ!」の星空凛を演じる飯田里穂、初ソロ・メジャー・デビュー・アルバムをハイレゾで!!
[CLOSEUP]・2015年07月29日・“りっぴー”の世界に寄り添う、嬉しいハイレゾ!!――「ラブライブ!」の星空凛を演じる飯田里穂、初ソロ・メジャー・デビュー・アルバムを配信!! アニメ「ラブライブ!」で星空凛役の声優を務め、“りっぴー”の愛称で人気上昇中の飯田里穂が、初のソロ・メジャー・デビュー・アルバムをリリース!! 全12曲の中には、憧れの場所に立てた喜びと、そこに導いてくれたファンへの感謝の想いを込めた作詞曲「7月29日」や、「ラブライブ!」劇中のアイドル・グループ、μ’sのメンバーとして飯田と交流のある南條愛乃が作詞で参加した「まだ言えないけど、◯◯◯」など、“りっぴー”の世界を凝縮した幅広い楽曲が収録されている。OTOTOYでは、本作をハイレゾ配信するとともに、飯田里穂へのインタヴューを行なった。“りっぴー”の世界をたっぷりとご堪能ください。 飯田里穂 / rippi-rippi(24bit/48kHz)'【配信価格】【右】alac / flac / wav(24bit/48kHz) / aac : 単曲 257円 / まとめ購入 3,200円【左】alac / flac / wav / aac / mp3 : 単曲 257円
by 純三
★STAR GUiTARニュー・アルバムを32bit特典音源とともに予約開始!
[CLOSEUP]・2015年07月29日・どれだけ今までの自分を変えられるか——★STAR GUiTARニュー・アルバムを、“恐ろしく音の良い”32bit特典音源とともにハイレゾ配信 華麗なピアノ・フレーズを軸に、ハウスやドラムンベースなどの多彩なダンス・ミュージックをポップなサウンドに昇華してきた★STAR GUiTAR。彼の約1年ぶりの新作『Wherever I am』ハイレゾ版の予約受付を開始(8月5日発売)。7名のピアニストとコラボレーションした前作『Schrodinger's Scale』とは打って変わり、フィーチャリング・アーティスト2組という、★STAR GUiTAR史上最も少ないゲスト数で作られた挑戦作となった。『どれだけ今までの自分を変えられるか』がテーマとなっている本作をぜひ高音質で。 そしてOTOTOYでは前作の試みと同様、「せっかくなら32bitで聴いてほしい」という★STAR GUiTARの想いを受けて今回も予約特典として本アルバムの32bit float /48kHz音源をプレゼント! 32bit音源で聴いたとき、★STAR GUiTAR本人がスタジオで聴いていた音、そしてOTOTOYプロデューサー高橋健太郎が「恐ろしく
mouse on the keys、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース
[CLOSEUP]・2015年07月08日・このバンドは、ポストロックに反逆してやろうって—— mouse on the keys、6年ぶりとなるフル・アルバムを先行ハイレゾ配信 鍵盤とドラムから生み出される、幾何学模様のように複雑かつ精密に絡み合うアンサンブルとアグレッシヴなバンド・サウンド。その唯一無二のグルーヴで、世界的な評価を得ているmouse on the keysが、6年ぶりにフル・アルバムをリリース。より磨きのかかった演奏力、より複雑さを増した楽曲が、彼ら独特の熱さを通して遺憾なく発揮された本作は、もはやどんなジャンルにも当てはまらない孤高の名作となってしまった。そんな本作を1週間先行、24bit/44.1kHzのハイレゾ版で配信。 今回、新作『the flowers of romance』の発売にあたって、彼らへのインタヴューを2編に分けて公開。前編となる本ページでは、mouse on the keyが結成にいたるまで、そしてバンドの軸となっている哲学について、大いに語ってもらった。どこよりも早くリリースされたこの最高傑作とともに、お楽しみいただきたい。 後編 : ニュー・アルバム『the flowers of romance』が出来
by JJ
ex.SEBASTIAN Xのフロントマン永原真夏がソロ・デビュー、そして初のシングル「青い空」をリリース
[CLOSEUP]・2015年07月25日・「さあ立ち上げよう 命がけで遊ぼう」ソロ活動を選択した永原真夏が、発信する今ーーソロ門出を祝す、まさかの親子対談! 4月30日の東京・赤坂BLITZ公演をもって活動休止期間に入ったSEBASTIAN Xのフロントマン=永原真夏。ソロ活動が発表され、初のシングル作品『青い空』を先日リリース、OTOTOYにてハイレゾ配信もされている。今作品は、"永原真夏+SUPER GOOD BAND"を名義に掲げ全3曲を収録。サポート・バンドとなるSUPER GOOD BANDにはSEBASTIAN Xで共に活動した工藤歩里(Key)、フジロッ久(仮)の藤原亮(Gt)ら、6名のミュージシャンが参加した大編成となっている。タイトル曲である「青い空」はSEBASTIAN Xと一度離れる永原自身が、歩み出す一歩に込めた新たな決意の1曲である。今回は彼女の活動をずっと見守り続けてきたとある人物にインタヴューを行った。 青い空 / 永原真夏 + SUPER GOOD BAND'【Track List】01. 青い空02. 応答しな!ハートブレイカー03. ホームレス銀河(Good Night Ver.) 【配信形態】24bit/9
by 渡辺 裕也