高橋健太郎が執筆したオトトイ限定ライナー・ノーツの単体販売開始

ジム・オルークによる最新作『All kinds of People 〜love Burt Bacharach〜』。ポップス界最高峰の音楽家バート・バカラックが作り出した楽曲を、アヴァン・ポップスの異端児ジム・オルークと、東京、大阪とアメリカのミュージシャン達で解き明かす本作。オトトイでアルバム特典としてプレゼントしていた、高橋健太郎執筆による1万字越えのスペシャル・ライナー・ノーツの単体販売を開始。2010年4月15日にBillboard tokyoで行われたJim O'Rourke x Bacharach Tribute Liveのライヴ・レポートと共にお楽しみください!

>>ライナー・ノーツの単体購入(150円)はこちらから

【ライナー・ノーツの単体購入について】
ライナー・ノーツを購入の際に一緒にダウンロードされる音源は、ライナー・ノーツだけ欲しい人のために用意した音源です。たくさんのミュージシャンの声が使用された豪華な音源なので、是非聴いてください。

※このライナー・ノーツはオトトイで『All kinds of People ~love Burt Bacharach~』を買った際に、アルバム特典として付いてくるものと全く同一です。

Jim O'Rourke x Bacharach Tribute Live 2010.04.15@Billboard tokyo

「オール・カインズ・オブ・ピープル」のリリースに合わせて、東京、大阪で三日間、6セットが行なわれたジム・オルーク一座のライヴ。僕が見たのは初日、東京ビルボードでの4月15日のセカンド・セットだった。

バート・バカラックの音楽というのは、本来、ゴージャスなものだ。若き日にはマレーネ・ディートリッヒのオーケストラ・コンダクターを務めていたバカラックは、エンターテインメントの世界の掟をよく知る業界人でもある。作曲家としてはとても繊細な作品を生み出してきたが、ステージ上ではぎらぎらした野心家ぶりも覗かせる。1960年代の後半、ビートルズをはじめとするロックの波が乱暴に世界を覆い尽くそうとする中で、バカラックの音楽は、贅を尽くした極上のエンターテインメントの伝統を守り通そうとする側の、最大の抵抗勢力でもあった。

しかし、この日の一座ときたら、どうだろう。あたかも農民達の楽団が、貴族の音楽を演奏しているかのよう。いや、よく見ると、鍛冶屋も混じっていたり、得体の知れない流浪の民も混じっていたり。おじいさんの学者もいたかな。ともあれ、エンターテイメントの世界の掟には統率されない、てんでばらばらな人々が、バカラックの音楽を演奏する。リーダーは毛玉の浮いたカーディガンを着た小柄なアメリカ人。おどおどしたような様子すら窺えて、どのくらいのリーダー・シップがあるのか、見ていてもよく分からない。ただ、ステージが進むうちに、彼が選んだてんでばらばらの人々が、かけがえのない個性を持ったミュージシャン達であるのが分かってくる。無駄な音は一つもない。無駄のないアレンジということ以上に、優れた即興音楽家の演奏には無駄な音が一つもないのと同じ意味において、一群のミュージシャン達の演奏には何一つ無駄がなかった。

無駄を惜しまないゴージャスさとはまったく別の位相を持ったバカラック・ソング達。それが一つ一つ、ステージの上で花開いていく。過去のたくさんのヴァージョンが耳に馴染み過ぎた大ヒット曲ですら、見たことのない新しい花を咲かせる。時には乱暴だったり、強引だったりもするが、しかし、瑞々しい瞬間が尽きることがない、そんな一時間半だった。

この日のセット・リストは以下の通り。

1. Always Something There To Remind Me (vo:青山陽一)
2. Do You Know The Way To San Jose (vo:カヒミ・カリィ)
3. After The Fox (vo:坂田明、飛び入り:中原昌也vo)
4. Anonymous Phone Call (vo:やくしまるえつこ)
5. You'll Never Get To Heaven (vo:青山陽一)
6. Raindrops Keep Fallin On My Head (vo:小池光子)
7. The Look Of Love (vo:カヒミ・カリィ)
8. Don't Make Me Over (vo:ジム・オルーク)
9. Walk On By (vo:小池光子)
10. Close To You (vo:細野晴臣)
11. My little Red Book (vo:青山陽一、山本達久perc)

アンコール演奏された「My little Red Book」はアルバムには収録されていない曲。アルバムではYoshimiがヴォーカルを取っている「Say A Little Prayer For Me」は東京では演奏されなかった(大阪では演奏)。また、アルバムでジム・オルークがヴォーカルを取っている「Trains And Boats And Planes」は今回のツアーでは演奏されていない。

ミュージシャン達の顔ぶれは以下の通り。

ジム・オルーク(eg,vo)、グレン・コッチェ(dr)、ダーリン・グレイ(b,perc)、須藤俊明(b,perc)、青山陽一 (eg,vo)、坂田明(vo,sax,cl)、クリヤマコト(pf)、石橋英子(org)、佐々木史郎(tp)、小池光子(vo)、カヒミ・カリィ(vo)、やくしまるえつこ(vo)、細野晴臣(vo,b,ag)

細かい見所については、これ以上は書かないが、ウィルコのドラマーであるグレン・コッチェの繊細でいながら、力強いドラミング、さらには響き過ぎないドラム・セットの鳴らし方が、全体のトーンを決定づけていた。また、3人のベーシストのグルーヴがとてつもなかった。あの坂田明が職人的な仕事ぶりでアレンジに貢献している姿も新鮮だった。(text by 高橋健太郎)

PROFILE

Jim O'Rourke
1969年シカゴ生まれ。Derek Bailey(デレク・ベイリー)の音楽と出会い、13才のジム少年はロンドンにDerek Bailey(デレク・ベイリー)を訪ねる。ギターの即興演奏に開眼し実験的要素の強い作品を発表、John Fahey(ジョン・フェイヒー)の作品をプロデュースする一方でGastr Del Sol(ガスター・ デル・ソル)やLoose Fur(ルース・ファー)など地元シカゴのバンドやプロジェクトに参加、「シカゴ音響系」と呼ばれるカテゴリーを確立する。一方で、小杉武久と共にMerce Cunningham(マース・カニンハム)舞踏団の音楽を担当、Tony Conrad(トニー・コンラッド)、Arnold Dreyblatt(アーノルド・ドレイブラット)、Christian Wolff(クリスチャン・ウルフ)などの作曲家との仕事で現代音楽とポストロックの橋渡しをする。1998年超現代的アメリカーナの系譜から『Bad Timing(バッド・タイミング)』、1999年、フォークやミニマル音楽などをミックスしたソロ・アルバム『Eureka(ユリイカ)』を発表、大きく注目される。1999年から2005年にかけてSonic Youth(ソニック・ユース)のメンバー、音楽監督として活動し、広範な支持を得る。2004年には、Wilco(ウィルコ)の『A Ghost Is Born(ゴースト・イズ・ボーン)』のプロデューサーとしてグラミー賞を受賞、現代アメリカ音楽シーンを代表するクリエーターとして高く評価され、ヨーロッパでも数々のアーティストをプロデュースする。また、日本文化への造詣が深く、近年は東京に活動拠点を置く。日本でのプロデュース・ワークとしては、くるり、カヒミ・カリィなど多数。坂田明、大友良英、山本精一、ボアダムスなどとの共同作業や、武満徹作品『コロナ東京リアリゼーション』(2006)など現代音楽に至る多彩な作品をリリースしている。映像作家とのコラボレーションとしてWerner Herzog(ヴェルナー・ヘルツォーク)、Olivier Assayas(オリヴィエ・アサイヤス)、青山真治、若松考二などの監督作品のサウンドトラックを担当。ジム自身も映画監督として活動しており、彼の作品は、2004年と2006年にはホイットニー・ビエンナーレ、2005年にはロッテルダム映画祭で「重要作品」として上映されている。ソロとしての最近作『The Visitor(ザ・ヴィジター)』(2009)は『Bad Timing(バッド・タイミング)』の現代版と言える密室的ワンマン・アルバムの極致と言える。新しい「知」の探求者としてオルタナティヴ、ポストロック、エクスペリメンタル・ポップ、映画音楽、フリー・ミュージック、ジャズ、アメリカーナ、現代音楽など様々なジャンルの極北を切り開く越境的活動を行ない「現代東京カルチャー」の先導者となりつつある。

高橋健太郎
過去の職歴は音楽評論家、DJ、音楽プロデューサー、インディー・レーベル・オーナー、レコーディング・エンジニアなど。レコミュニ〜オトトイにも創設時から関わる。音楽評論集に「音楽の未来に蘇るもの」(2010年に復刊予定)。初の小説も出版準備中。

o

はてブに追加
 
 
"Close Up"の最新アーカイヴ
HINTO『NERVOUS PARTY』配信スタート!! &記念企画 第3回 伊東真一
[CLOSEUP]・2014年07月23日・HINTO、安部コウセイがメンバーに迫る!? 新作発売記念4週連続インタヴュー 第3回 伊東真一 約2年ぶりのフル・アルバム『NERVOUS PARTY』発売記念、OTOTOYでは4週連続企画がはじまりました。第1回〜第3回にかけて、安部コウセイがメンバーにインタヴュー。最後は自分自身にセルフ・インタヴュー!? 加えて、アルバムから毎回1曲ずつフル試聴でお届けする毎週水曜更新を行っています。さて、7月23日… ついに配信開始です!! 『NERVOUS PARTY』配信開始! HINTO / NERVOUS PARTY'【配信価格】alac / flac / wav(16bit/44.1kHz)mp3 : 単曲 220円 / まとめ購入 2,000円【Track List】01. かなしみアップデイト / 02. アットホームダンサー / 03. アイノアト / 04. テーブル / 05. マジックタイム / 06. シーズナル / 07. エネミー / 08. ウォーターランド / 09. はんぶんゾンビ / 10. ハートレスダンシング・ドゥ☆歌詞ブックレットがPDFで付いてきます。予約注文でご購入い
OTOTOY独占!! Buffalo Daughterの新作DSD音源!!
[CLOSEUP]・2014年07月23日・ブロック・パーティで繰り広げられる、"コニャクション"のダンス——Buffalo Daughterの新作はクソカッコいい 昨年は結成20周年を記念し、いままでの作品を"再構築"したベスト盤『ReDiscoVer.Best, Re-recordings and Remixies of Buffalo Daughter』をリリースしたBuffalo Daughter。オリジナル作品としては4年振りのアルバム、その名も『Konjac-tion』(コニャクション)。この耳慣れない単語は、英語のコネクションとコンニャクをもじって名付けられたものだという。本作ではカヒミ・カリィや坂本慎太郎など多彩なゲストがタイトなハンマービートの上で歌い、チボ・マットや砂原良徳、永井聖一などが今作をリミックスした音源も付いているという、まさにコネクションによる1枚。様々なコネクションがバンドと混ざり合うことでこのアルバムが産まれたのである。しかも、OTOTOYでは5.6MHz DSD+24bit/96kHzでのハイレゾ配信!!! 1粒で2度、いや3度に楽しめること間違いなしだ。なぜ今作が様々な人との繋がりと共に生み出されたのか。メンバ
by JJ
Negicco、田島貴男プロデュースによるシングルをハイレゾ配信!!
[CLOSEUP]・2014年07月22日・Negicco初のトップ10入りを目指して!!ーー田島貴男プロデュースによる、新潟の魅力がつまったシングルをハイレゾ配信 西寺郷太、小西康陽、矢野博康のプロデュースに続く、Negiccoニュー・シングルのプロデュースは、なんとあのORIGINAL LOVEの田島貴男!! アイドル曲制作ははじめてという田島による「サンシャイン日本海」は、これまでのNegiccoカラーとは違った軽快できらめくポップ・チューン。3人の瑞々しさが際立たっています。カップリングには、お馴染みのconnieによる「フェスティバルで会いましょう」、そしてDORIANによる「ルートセヴンの記憶」リミックス、Avec Avecによる「あなたとPop With You!」リミックスも収録。まさに楽曲派の最高峰といえるNegicco作品をハイレゾでお楽しみください。 田島貴男プロデュースのシングルをハイレゾ配信Negicco / サンシャイン日本海(24bit/44.1kHz)【配信価格】ALAC、FLAC、WAV(24bit/44.1Hz) 単曲 200円 / まとめ購入 1,200円【Track List】1. サンシャイン日本海2. フ
by 西澤 裕郎
サエキけんぞう&クラブ・ジュテーム、ライヴ音源をDSD & 24bit/96kHzで配信
[CLOSEUP]・2014年07月21日・怪しげなゲンスブールのグルーヴが響く夜——サエキけんぞう&クラブ・ジュテーム、ライヴ音源をDSD & 24bit/96kHzで独占配信 知られざるディープ・フレンチの世界へようこそ。テクノ・ユニット「パール兄弟」のヴォーカリストとして知られ、作詞家、音楽プロデューサーとしても活動するサエキけんぞうが、OTOTOY独占で高音質ライヴ音源をリリース。サエキけんぞうといえば、フランスのシンガーであるセルジュ・ゲンスブールに魅せられ、研究の域に達するカヴァー活動を続けてきたことでも知られている。今回のライヴ音源は、ヴォーカル、ピアノ、ギター、カホン、アコーディオンといった編成により、ゲンスブールを中心とするフレンチ・グルーヴを独自に再構築したもの。OTOTOYではこの音源を、DSD5.6MHz、24bit/96kHz(ALAC/FLAC/WAV)の高音質で配信開始。レコーディング・エンジニアをつとめた高橋健太郎(OTOTOYプロデューサー)による、サエキけんぞうへのインタヴューとともにお楽しみいただきたい。 サエキけんぞう / ジュテーム! ハイレゾ LIVE 〜ディープ・フレンチの饗宴〜【配信形態 / 価格】[左
この国の音楽シーンを支える鍵盤奏者エマーソン北村、待望のフル・アルバム
[CLOSEUP]・2014年07月18日・“遠近に”染み渡るムード・ミュージックーーこの国の音楽シーンを支えるキーボーディスト、エマーソン北村による初フル・アルバム キセル、JAGATARA、シアターブルック、MUTE BEAT……。挙げていけばキリがないほど、あらゆるバンド、シーンを彩ってきたキーボード奏者、エマーソン北村。多バンドでの数々の名演に携わってきた彼が待望のフル・アルバムをリリースした。リズム・ボックスとオルガン、シンセサイザーによるシンプルなセットを基に生み出される十色のルーツ・ミュージックは、まさに彼の音楽的背景を眺めているかのよう。レゲエ、ロックステディー、ジャズなど再構成したサウンドは、ヴィンテージ・ライクではありながら、彼独自のポップ・ミュージックに仕上がっている。 今回は“音楽家”エマーソン北村のルーツと現在を繋げるなにかを探る、まさに“遠近”を巡るインタビューを行った。彼の音楽的活動履歴と、ソロ活動への信念に触れていただければ幸いだ。 エマーソン北村 / 遠近(おちこち)に【配信フォーマット / 価格】wav / alac / flac : 単曲 250円 まとめ購入 2,500円mp3 : 単曲 205円 まとめ購入
by JJ
Shiggy Jr、ミニ・アルバム『LISTEN TO THE MUSIC』をリリース
[CLOSEUP]・2014年07月17日・大躍進中!! Shiggy Jr.、新作ミニ・アルバムで今夏ポップの王道を突き進む! リリース& インタヴュー メンバーの脱退と加入を経て、4人体制になったShiggy Jr.(シギージュニア)。ミニ・アルバム『LISTEN TO THE MUSIC』は、大胆にアレンジされたポップなエレクトロ・ディスコ調の表題曲に始まり、江口寿史ジャケの期待感を裏切ることのない、全曲百点満点ど真ん中の「ポップ」に溢れた作品! 今回は、初期からのメンバーでもあるヴォーカルの池田智子と、ギター/コーラスの原田茂幸にインタヴュー。 Shiggy Jr. / LISTEN TO THE MUSIC'【配信価格】mp3 : 単曲 : 257円 / まとめ購入 : 1,234円【Track List】''1. LISTEN TO THE MUSIC / 2. summer time / 3. day trip / 4. oyasumi / 5. baby I love you / 6. dance floor / 7. LISTEN TO THE MUSIC (DJ WILDPARTY remix) INTERVIEW : Shi
SSW沙知によるプロジェクト、ハリネコをハイレゾで!
[CLOSEUP]・2014年07月15日・変幻自在に優しくたゆたう新たなポップスーーハリネコによるフル・アルバムをハイレゾで! 即興演奏、ポップスなど、シーンを選ばず活動するSSW沙知の変幻自在なプロジェクト、ハリネコ。想像力を沸きたてる名前の通り、紡ぎ出される音たちは、ありとあらゆる要素がとてつもなく自由に混ざりあった、新しいポップス。本作に参加するのは、mooolsやソロで活躍を続けるRyo Hamamoto(gt)、WUJA BIN BINの主宰者ケイタイモ(b)などあらゆるシーンで活躍する気鋭のアーティストばかり。24bit/48kHzのハイレゾ音源で、ミュージシャンたちによる繊細かつ、絶妙な音のせめぎ合いと、ハリネコにしか表現出来ないポップス観を味わっていただきたい。 ハリネコ / roOt.(24bit/48kHz)【配信フォーマット / 価格】wav / alac / flac : 単曲270円 まとめ購入1,944円【Track List】01. 砂の絵02. 真藍の実03. さくらのいつか04. 05. 汗とシーツ06. is here07. 空と風と水の彼方へ08. ハロー、さよなら09. Good-bye dawn. >>収録
by 渡辺 裕也
KANADe、京都にインスパイアされた初音源をハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2014年07月16日・エレクトロニカで"奏で"る古都の音——本田みちよ参加のKANADe、京都にインスパイアされた初アルバムをハイレゾ配信 音楽番組「MUSIC SHARE」の代表であり、多彩な声色を使い分ける稀代のヴォーカリストでもある本田みちよ。そして、ロンドンでダンス・ミュージック(ドラムンベース)の名DJとして注目を浴び、日本国内ではプロデューサーとしての活動もおこなうT-AK。ともに京都出身である彼らが、この美しき古都からインスパイアされたイメージを具現化するべく、「KANADe」名義での活動をスタートさせた。洗練されたテクノ / エレクトロニカを下敷きにしながらも、ところどころに京情緒が覗くそのサウンドは、日本人の心を惹きつけずにはおかない。OTOTOYでは、そんな彼らの1stミニ・アルバム『TARIKi』を24bit/48kHzのハイレゾで配信開始。それにあわせて2人へのインタヴューを敢行し、結成のいきさつや楽曲のコンセプトについて話を伺った。音源、そして取材を通して、KANADeという新生プロジェクトの全貌をつかんでいただければ幸いだ。 KANADe / TARIKi 【配信形態 / 価格】[左] ALAC /
by もり
 
筆者について
BB (Reviewed by Kentaro Takahashi)

本名:高橋健太郎プロデューサー、ジャーナリスト、選曲家など。高橋健太郎 文筆家/音楽制作者 評論集「ポップミュージックのゆくえ〜音楽の未来に蘇るもの」がアルテスパブリッシングから発売中。http://tinyurl.com/2g72u5e twitterアカウントは@kentarotakahash

同じ筆者による他の記事