高橋健太郎が執筆したオトトイ限定ライナー・ノーツの単体販売開始

ジム・オルークによる最新作『All kinds of People 〜love Burt Bacharach〜』。ポップス界最高峰の音楽家バート・バカラックが作り出した楽曲を、アヴァン・ポップスの異端児ジム・オルークと、東京、大阪とアメリカのミュージシャン達で解き明かす本作。オトトイでアルバム特典としてプレゼントしていた、高橋健太郎執筆による1万字越えのスペシャル・ライナー・ノーツの単体販売を開始。2010年4月15日にBillboard tokyoで行われたJim O'Rourke x Bacharach Tribute Liveのライヴ・レポートと共にお楽しみください!

>>ライナー・ノーツの単体購入(150円)はこちらから

【ライナー・ノーツの単体購入について】
ライナー・ノーツを購入の際に一緒にダウンロードされる音源は、ライナー・ノーツだけ欲しい人のために用意した音源です。たくさんのミュージシャンの声が使用された豪華な音源なので、是非聴いてください。

※このライナー・ノーツはオトトイで『All kinds of People ~love Burt Bacharach~』を買った際に、アルバム特典として付いてくるものと全く同一です。

Jim O'Rourke x Bacharach Tribute Live 2010.04.15@Billboard tokyo

「オール・カインズ・オブ・ピープル」のリリースに合わせて、東京、大阪で三日間、6セットが行なわれたジム・オルーク一座のライヴ。僕が見たのは初日、東京ビルボードでの4月15日のセカンド・セットだった。

バート・バカラックの音楽というのは、本来、ゴージャスなものだ。若き日にはマレーネ・ディートリッヒのオーケストラ・コンダクターを務めていたバカラックは、エンターテインメントの世界の掟をよく知る業界人でもある。作曲家としてはとても繊細な作品を生み出してきたが、ステージ上ではぎらぎらした野心家ぶりも覗かせる。1960年代の後半、ビートルズをはじめとするロックの波が乱暴に世界を覆い尽くそうとする中で、バカラックの音楽は、贅を尽くした極上のエンターテインメントの伝統を守り通そうとする側の、最大の抵抗勢力でもあった。

しかし、この日の一座ときたら、どうだろう。あたかも農民達の楽団が、貴族の音楽を演奏しているかのよう。いや、よく見ると、鍛冶屋も混じっていたり、得体の知れない流浪の民も混じっていたり。おじいさんの学者もいたかな。ともあれ、エンターテイメントの世界の掟には統率されない、てんでばらばらな人々が、バカラックの音楽を演奏する。リーダーは毛玉の浮いたカーディガンを着た小柄なアメリカ人。おどおどしたような様子すら窺えて、どのくらいのリーダー・シップがあるのか、見ていてもよく分からない。ただ、ステージが進むうちに、彼が選んだてんでばらばらの人々が、かけがえのない個性を持ったミュージシャン達であるのが分かってくる。無駄な音は一つもない。無駄のないアレンジということ以上に、優れた即興音楽家の演奏には無駄な音が一つもないのと同じ意味において、一群のミュージシャン達の演奏には何一つ無駄がなかった。

無駄を惜しまないゴージャスさとはまったく別の位相を持ったバカラック・ソング達。それが一つ一つ、ステージの上で花開いていく。過去のたくさんのヴァージョンが耳に馴染み過ぎた大ヒット曲ですら、見たことのない新しい花を咲かせる。時には乱暴だったり、強引だったりもするが、しかし、瑞々しい瞬間が尽きることがない、そんな一時間半だった。

この日のセット・リストは以下の通り。

1. Always Something There To Remind Me (vo:青山陽一)
2. Do You Know The Way To San Jose (vo:カヒミ・カリィ)
3. After The Fox (vo:坂田明、飛び入り:中原昌也vo)
4. Anonymous Phone Call (vo:やくしまるえつこ)
5. You'll Never Get To Heaven (vo:青山陽一)
6. Raindrops Keep Fallin On My Head (vo:小池光子)
7. The Look Of Love (vo:カヒミ・カリィ)
8. Don't Make Me Over (vo:ジム・オルーク)
9. Walk On By (vo:小池光子)
10. Close To You (vo:細野晴臣)
11. My little Red Book (vo:青山陽一、山本達久perc)

アンコール演奏された「My little Red Book」はアルバムには収録されていない曲。アルバムではYoshimiがヴォーカルを取っている「Say A Little Prayer For Me」は東京では演奏されなかった(大阪では演奏)。また、アルバムでジム・オルークがヴォーカルを取っている「Trains And Boats And Planes」は今回のツアーでは演奏されていない。

ミュージシャン達の顔ぶれは以下の通り。

ジム・オルーク(eg,vo)、グレン・コッチェ(dr)、ダーリン・グレイ(b,perc)、須藤俊明(b,perc)、青山陽一 (eg,vo)、坂田明(vo,sax,cl)、クリヤマコト(pf)、石橋英子(org)、佐々木史郎(tp)、小池光子(vo)、カヒミ・カリィ(vo)、やくしまるえつこ(vo)、細野晴臣(vo,b,ag)

細かい見所については、これ以上は書かないが、ウィルコのドラマーであるグレン・コッチェの繊細でいながら、力強いドラミング、さらには響き過ぎないドラム・セットの鳴らし方が、全体のトーンを決定づけていた。また、3人のベーシストのグルーヴがとてつもなかった。あの坂田明が職人的な仕事ぶりでアレンジに貢献している姿も新鮮だった。(text by 高橋健太郎)

PROFILE

Jim O'Rourke
1969年シカゴ生まれ。Derek Bailey(デレク・ベイリー)の音楽と出会い、13才のジム少年はロンドンにDerek Bailey(デレク・ベイリー)を訪ねる。ギターの即興演奏に開眼し実験的要素の強い作品を発表、John Fahey(ジョン・フェイヒー)の作品をプロデュースする一方でGastr Del Sol(ガスター・ デル・ソル)やLoose Fur(ルース・ファー)など地元シカゴのバンドやプロジェクトに参加、「シカゴ音響系」と呼ばれるカテゴリーを確立する。一方で、小杉武久と共にMerce Cunningham(マース・カニンハム)舞踏団の音楽を担当、Tony Conrad(トニー・コンラッド)、Arnold Dreyblatt(アーノルド・ドレイブラット)、Christian Wolff(クリスチャン・ウルフ)などの作曲家との仕事で現代音楽とポストロックの橋渡しをする。1998年超現代的アメリカーナの系譜から『Bad Timing(バッド・タイミング)』、1999年、フォークやミニマル音楽などをミックスしたソロ・アルバム『Eureka(ユリイカ)』を発表、大きく注目される。1999年から2005年にかけてSonic Youth(ソニック・ユース)のメンバー、音楽監督として活動し、広範な支持を得る。2004年には、Wilco(ウィルコ)の『A Ghost Is Born(ゴースト・イズ・ボーン)』のプロデューサーとしてグラミー賞を受賞、現代アメリカ音楽シーンを代表するクリエーターとして高く評価され、ヨーロッパでも数々のアーティストをプロデュースする。また、日本文化への造詣が深く、近年は東京に活動拠点を置く。日本でのプロデュース・ワークとしては、くるり、カヒミ・カリィなど多数。坂田明、大友良英、山本精一、ボアダムスなどとの共同作業や、武満徹作品『コロナ東京リアリゼーション』(2006)など現代音楽に至る多彩な作品をリリースしている。映像作家とのコラボレーションとしてWerner Herzog(ヴェルナー・ヘルツォーク)、Olivier Assayas(オリヴィエ・アサイヤス)、青山真治、若松考二などの監督作品のサウンドトラックを担当。ジム自身も映画監督として活動しており、彼の作品は、2004年と2006年にはホイットニー・ビエンナーレ、2005年にはロッテルダム映画祭で「重要作品」として上映されている。ソロとしての最近作『The Visitor(ザ・ヴィジター)』(2009)は『Bad Timing(バッド・タイミング)』の現代版と言える密室的ワンマン・アルバムの極致と言える。新しい「知」の探求者としてオルタナティヴ、ポストロック、エクスペリメンタル・ポップ、映画音楽、フリー・ミュージック、ジャズ、アメリカーナ、現代音楽など様々なジャンルの極北を切り開く越境的活動を行ない「現代東京カルチャー」の先導者となりつつある。

高橋健太郎
過去の職歴は音楽評論家、DJ、音楽プロデューサー、インディー・レーベル・オーナー、レコーディング・エンジニアなど。レコミュニ〜オトトイにも創設時から関わる。音楽評論集に「音楽の未来に蘇るもの」(2010年に復刊予定)。初の小説も出版準備中。

o

はてブに追加
 
 
"Close Up"の最新アーカイヴ
トラックメイカー、NOBによるフル・アルバムを1週間先行ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2014年07月31日・彼は盛岡から“文化”を発信し続けるーーテクノ / エレクトロ系トラックメイカー、NOBによるフル・アルバムを1週間先行ハイレゾ配信 盛岡を拠点に活動し、地元レイヴ・フェス〈MOUNTAIN MASSIVE〉のオーガナイザーを務めるDJ / トラックメイカー、NOB。2013年にリリースされた3枚のEPは、ダンス・ミュージック専門配信サイト〈WASABEAT〉でチャート上位に食い込み、80KIDZやTaku ☆ Takahashiなどの著名なDJ達がヘヴィー・プレイし話題を呼んだ。そんな彼による待望のファースト・アルバム『Outflow』を1週間先行ハイレゾ配信。すべて新曲で構成された今作は、ダブを下敷きにテクノ、ニュー・ディスコ、デジタル・ファンクなど一筋縄ではいかない、色とりどりの楽曲に溢れている。どのようにしてトラックを作り出しているのか、そしてなぜ盛岡を拠点に活動しているのかを紐解いた、本人へのメール・インタヴューと共に今作をお楽しみいただきたい。 NOB / Outflow(24bit/48kHz)【配信フォーマット / 価格】wav / alac / flac(24bit/48kHz) : 単曲
小野リサの1st & 2ndアルバムが高音質で甦る!
[CLOSEUP]・2014年07月30日・この国にボサノヴァを広めた金字塔的アルバム、小野リサの初期2作がDSD & ハイレゾで甦る 夏の午後にぴったりな作品がDSD & ハイレゾで甦った。ブラジルはサンパウロに生まれ、日本におけるボサノヴァの伝道師としてその名を知られる小野リサの初期作だ。このたび、中里正男(ONKIO HAUS)によるリマスタリングを施されてミディからリリースされるのは、全編ポルトガル詞の金字塔的デビュー・アルバム『CATUPIRY』(カトピリ)、そして小野リサの名前を全国区にした「星の散歩」を含む『NaNã』(ナナン)の2作。OTOTOYでは、この2作をDSD(1bit/2.8MHz)およびALAC/FLAC/WAV(24bit/96kHz)で配信開始した。軽快なリズムを刻むギター、涼しげな風を運んでくるフルート、そして心地良い脱力感を与えてくれる小野の歌声。遠いブラジルの地に思いを馳せながら、そのサウンドを楽しもう。 CATUPIRY (1989年)【配信フォーマット】[左] DSD(1bit/2.8MHz)[右] ALAC/FLAC/WAV(24bit/96kHz) 【価格】アルバムまとめ購入 : 3,240円単曲購入 :
HINTO『NERVOUS PARTY』記念企画最終回 安部コウセイ セルフ・インタヴュー
[CLOSEUP]・2014年07月30日・安部コウセイ、前代未聞のセルフ・インタヴュー!?――HINTO、新作発売記念ついに最終回!! 写真 : 中島圭一郎 約2年ぶりのフル・アルバム『NERVOUS PARTY』発売記念の4週連続企画。毎回アルバムのなかから1曲ずつフル試聴でお届けするとともに、第1回〜第3回は安部コウセイがメンバーにインタヴューを行いました。そして最終回は… アルバムでも最後を飾る「ハートレスダンシング・ドゥ」のフル試聴に加えて、安部コウセイが安部光正に、そう、自分自身へのインタヴューを公開。あらためて振り返る『NERVOUS PARTY』の仕上がりや、SPARTA LOCALS時代から現在に至る歌い方の変化について。そして、その変化の源にある"ナーバス"なエピソードを、まさに写真の通りガチンコで暴きました。 ハートレスダンシング・ドゥ 邪魔すんな心臓――第4回フル試聴「ハートレスダンシング・ドゥ」開始OTOTOYアプリ(iOSのみ)からも試聴が可能です。 OTOTOYアプリについてはコチラ 『NERVOUS PARTY』好評配信中! HINTO / NERVOUS PARTY'【配信価格】alac / flac / wav(
暗黒Perfume、ツリメラの1stアルバムをハイレゾ配信スタート&製作陣インタヴュー
[CLOSEUP]・2014年07月29日・つり目のドSユニット・ツリメラ再降臨ーー待望の1stアルバムを製作陣とともに徹底解剖!! みなさん、この強烈なユニットのことを覚えておりますでしょうか…? つり目でドSの女王系偶像崇拝ユニット、ツリメラのことです。今年2月にOTOTOYをジャックし、いきなりトップページの大バナーを占領したかと思ったら、インタヴューではOTOTOYインターンの大学生Uをムチで脅すという暴挙に。その大学生Uは、どMとなりツリメラに仕える豚と化してしまったのです。さらには、OTOTOYのシステムを開発する部長まで豚となって、ツリメラを欲しがるという始末に…。これはまずいと思い、ツリメラの1stアルバム完成の報告を受けた編集部・西澤は、ツリメラ本人たちにではなく、楽曲に迫るべく楽曲製作陣にインタヴューをオファー。暗黒Perfumeを標榜してトラック制作をしていたサウンド・プロデューサーのSTELFと、総合プロデューサーの小林タクシーを迎え、話を訊くことにしました。すると、楽曲の裏には、考え抜かれたコンセプトと試行錯誤が隠されていたのでした。どこから噂を聞きつけたのか、部屋の隅っこに隠れて取材の模様を聞いていた大学生U。最終的に、
ドラマチックアラスカ、3rdミニ・アルバム『ビヨンド・ザ・ベーリング』をリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2014年07月26日・流行りのギター・ロックを横目に描く、ヒーローになるための音楽ーードラマチックアラスカ、3rdミニ・アルバムをリリース 神戸出身の4ピース・バンド、ドラマチックアラスカが、3rdミニ・アルバム『ビヨンド・ザ・ベーリング』をリリースした。メンバー全員が好きなピロウズから学んだ普遍性と流行のバランス感、ヴォーカル・メロディの隙間を埋めるように走る疾走感あるギター、そして前作からプロデュースに関わっているいしわたり淳治により引き起こされたヒジカタナオトの作詞が渾然一体となった見事なギター・ロック・アルバム。現在の主流からほどよい距離を保ちながらも、聴き心地のよいサウンドと文学的な歌詞により生み出された新世代ロック・サウンドの誕生を祝い、ライヴで東京に訪れていたメンバー4人に本作について、そして彼ら自身について話を訊いた。 インタヴュー&文 : 西澤裕郎 ドラマチックアラスカ / ビヨンド・ザ・ベーリング'【配信価格】wav / alac / flac/ mp3 : 単曲 : 270円 / まとめ購入 : 1,620円【Track List】''1. アレシボ・メッセージ / 2. マヤカシドリームランド / 3
Yamasuki、フレンチ発珍妙日本語レア・グルーヴ再発
[CLOSEUP]・2014年07月25日・名盤、珍盤、ザ・オブスキュア・リイシューの世界!――謎のフレンチ日本語サイケ・ガレージ、YAMASUKIが再発 謎すぎる空耳チックな日本語、楽しきサイケ・ガレージ……これは1971年にフランスにてリリースされた、フランスのYAMASUKIなるアーティストの作品だ。ヤマスキ? 妙な臭いのプンプンするこの作品がなんとこのたび再発され、今回OTOTOYでも配信が開始される。 いわゆる普通のリイシュー=端的に言えば現在の音楽の正統なルーツたる音源の再発や音楽史に残る名盤ではなく、このYAMASUKIの様に、ジャンルや音楽史の中心から少し外れたところにありながらも、時代を超えて、いや時代を超えたからこそ楽しめるオブスキュアな音源たちは世界各所のヴァイナルの大海原に沈んでいる。そんなオブスキュアな音源たちは、好き者たちが苦労に次ぐ苦労の末に発掘し、権利者を見つけだし再発がなされている。そんなオブスキュアなリイシューの世界を、今回は、YAMASAKIの謎の解明を入り口に、ぜひともご紹介いたしたい、そんなページでございます。 そんなオブスキュアなリイシューの世界、実はOTOTOYでも結構配信されております。今回は、YAMA
by 河村 祐介
HINTO『NERVOUS PARTY』配信スタート!! &記念企画 第3回 伊東真一
[CLOSEUP]・2014年07月23日・HINTO、安部コウセイがメンバーに迫る!? 新作発売記念4週連続インタヴュー 第3回 伊東真一 約2年ぶりのフル・アルバム『NERVOUS PARTY』発売記念、OTOTOYでは4週連続企画がはじまりました。第1回〜第3回にかけて、安部コウセイがメンバーにインタヴュー。最後は自分自身にセルフ・インタヴュー!? 加えて、アルバムから毎回1曲ずつフル試聴でお届けする毎週水曜更新を行っています。さて、7月23日… ついに配信開始です!! 『NERVOUS PARTY』配信開始! HINTO / NERVOUS PARTY'【配信価格】alac / flac / wav(16bit/44.1kHz)mp3 : 単曲 220円 / まとめ購入 2,000円【Track List】01. かなしみアップデイト / 02. アットホームダンサー / 03. アイノアト / 04. テーブル / 05. マジックタイム / 06. シーズナル / 07. エネミー / 08. ウォーターランド / 09. はんぶんゾンビ / 10. ハートレスダンシング・ドゥ☆歌詞ブックレットがPDFで付いてきます。予約注文でご購入い
OTOTOY独占!! Buffalo Daughterの新作DSD音源!!
[CLOSEUP]・2014年07月23日・ブロック・パーティで繰り広げられる、"コニャクション"のダンス——Buffalo Daughterの新作はクソカッコいい 昨年は結成20周年を記念し、いままでの作品を"再構築"したベスト盤『ReDiscoVer.Best, Re-recordings and Remixies of Buffalo Daughter』をリリースしたBuffalo Daughter。オリジナル作品としては4年振りのアルバム、その名も『Konjac-tion』(コニャクション)。この耳慣れない単語は、英語のコネクションとコンニャクをもじって名付けられたものだという。本作ではカヒミ・カリィや坂本慎太郎など多彩なゲストがタイトなハンマービートの上で歌い、チボ・マットや砂原良徳、永井聖一などが今作をリミックスした音源も付いているという、まさにコネクションによる1枚。様々なコネクションがバンドと混ざり合うことでこのアルバムが産まれたのである。しかも、OTOTOYでは5.6MHz DSD+24bit/96kHzでのハイレゾ配信!!! 1粒で2度、いや3度に楽しめること間違いなしだ。なぜ今作が様々な人との繋がりと共に生み出されたのか。メンバ
by JJ
 
筆者について
BB (Reviewed by Kentaro Takahashi)

本名:高橋健太郎プロデューサー、ジャーナリスト、選曲家など。高橋健太郎 文筆家/音楽制作者 評論集「ポップミュージックのゆくえ〜音楽の未来に蘇るもの」がアルテスパブリッシングから発売中。http://tinyurl.com/2g72u5e twitterアカウントは@kentarotakahash

同じ筆者による他の記事