高橋健太郎が執筆したオトトイ限定ライナー・ノーツの単体販売開始

ジム・オルークによる最新作『All kinds of People 〜love Burt Bacharach〜』。ポップス界最高峰の音楽家バート・バカラックが作り出した楽曲を、アヴァン・ポップスの異端児ジム・オルークと、東京、大阪とアメリカのミュージシャン達で解き明かす本作。オトトイでアルバム特典としてプレゼントしていた、高橋健太郎執筆による1万字越えのスペシャル・ライナー・ノーツの単体販売を開始。2010年4月15日にBillboard tokyoで行われたJim O'Rourke x Bacharach Tribute Liveのライヴ・レポートと共にお楽しみください!

>>ライナー・ノーツの単体購入(150円)はこちらから

【ライナー・ノーツの単体購入について】
ライナー・ノーツを購入の際に一緒にダウンロードされる音源は、ライナー・ノーツだけ欲しい人のために用意した音源です。たくさんのミュージシャンの声が使用された豪華な音源なので、是非聴いてください。

※このライナー・ノーツはオトトイで『All kinds of People ~love Burt Bacharach~』を買った際に、アルバム特典として付いてくるものと全く同一です。

Jim O'Rourke x Bacharach Tribute Live 2010.04.15@Billboard tokyo

「オール・カインズ・オブ・ピープル」のリリースに合わせて、東京、大阪で三日間、6セットが行なわれたジム・オルーク一座のライヴ。僕が見たのは初日、東京ビルボードでの4月15日のセカンド・セットだった。

バート・バカラックの音楽というのは、本来、ゴージャスなものだ。若き日にはマレーネ・ディートリッヒのオーケストラ・コンダクターを務めていたバカラックは、エンターテインメントの世界の掟をよく知る業界人でもある。作曲家としてはとても繊細な作品を生み出してきたが、ステージ上ではぎらぎらした野心家ぶりも覗かせる。1960年代の後半、ビートルズをはじめとするロックの波が乱暴に世界を覆い尽くそうとする中で、バカラックの音楽は、贅を尽くした極上のエンターテインメントの伝統を守り通そうとする側の、最大の抵抗勢力でもあった。

しかし、この日の一座ときたら、どうだろう。あたかも農民達の楽団が、貴族の音楽を演奏しているかのよう。いや、よく見ると、鍛冶屋も混じっていたり、得体の知れない流浪の民も混じっていたり。おじいさんの学者もいたかな。ともあれ、エンターテイメントの世界の掟には統率されない、てんでばらばらな人々が、バカラックの音楽を演奏する。リーダーは毛玉の浮いたカーディガンを着た小柄なアメリカ人。おどおどしたような様子すら窺えて、どのくらいのリーダー・シップがあるのか、見ていてもよく分からない。ただ、ステージが進むうちに、彼が選んだてんでばらばらの人々が、かけがえのない個性を持ったミュージシャン達であるのが分かってくる。無駄な音は一つもない。無駄のないアレンジということ以上に、優れた即興音楽家の演奏には無駄な音が一つもないのと同じ意味において、一群のミュージシャン達の演奏には何一つ無駄がなかった。

無駄を惜しまないゴージャスさとはまったく別の位相を持ったバカラック・ソング達。それが一つ一つ、ステージの上で花開いていく。過去のたくさんのヴァージョンが耳に馴染み過ぎた大ヒット曲ですら、見たことのない新しい花を咲かせる。時には乱暴だったり、強引だったりもするが、しかし、瑞々しい瞬間が尽きることがない、そんな一時間半だった。

この日のセット・リストは以下の通り。

1. Always Something There To Remind Me (vo:青山陽一)
2. Do You Know The Way To San Jose (vo:カヒミ・カリィ)
3. After The Fox (vo:坂田明、飛び入り:中原昌也vo)
4. Anonymous Phone Call (vo:やくしまるえつこ)
5. You'll Never Get To Heaven (vo:青山陽一)
6. Raindrops Keep Fallin On My Head (vo:小池光子)
7. The Look Of Love (vo:カヒミ・カリィ)
8. Don't Make Me Over (vo:ジム・オルーク)
9. Walk On By (vo:小池光子)
10. Close To You (vo:細野晴臣)
11. My little Red Book (vo:青山陽一、山本達久perc)

アンコール演奏された「My little Red Book」はアルバムには収録されていない曲。アルバムではYoshimiがヴォーカルを取っている「Say A Little Prayer For Me」は東京では演奏されなかった(大阪では演奏)。また、アルバムでジム・オルークがヴォーカルを取っている「Trains And Boats And Planes」は今回のツアーでは演奏されていない。

ミュージシャン達の顔ぶれは以下の通り。

ジム・オルーク(eg,vo)、グレン・コッチェ(dr)、ダーリン・グレイ(b,perc)、須藤俊明(b,perc)、青山陽一 (eg,vo)、坂田明(vo,sax,cl)、クリヤマコト(pf)、石橋英子(org)、佐々木史郎(tp)、小池光子(vo)、カヒミ・カリィ(vo)、やくしまるえつこ(vo)、細野晴臣(vo,b,ag)

細かい見所については、これ以上は書かないが、ウィルコのドラマーであるグレン・コッチェの繊細でいながら、力強いドラミング、さらには響き過ぎないドラム・セットの鳴らし方が、全体のトーンを決定づけていた。また、3人のベーシストのグルーヴがとてつもなかった。あの坂田明が職人的な仕事ぶりでアレンジに貢献している姿も新鮮だった。(text by 高橋健太郎)

PROFILE

Jim O'Rourke
1969年シカゴ生まれ。Derek Bailey(デレク・ベイリー)の音楽と出会い、13才のジム少年はロンドンにDerek Bailey(デレク・ベイリー)を訪ねる。ギターの即興演奏に開眼し実験的要素の強い作品を発表、John Fahey(ジョン・フェイヒー)の作品をプロデュースする一方でGastr Del Sol(ガスター・ デル・ソル)やLoose Fur(ルース・ファー)など地元シカゴのバンドやプロジェクトに参加、「シカゴ音響系」と呼ばれるカテゴリーを確立する。一方で、小杉武久と共にMerce Cunningham(マース・カニンハム)舞踏団の音楽を担当、Tony Conrad(トニー・コンラッド)、Arnold Dreyblatt(アーノルド・ドレイブラット)、Christian Wolff(クリスチャン・ウルフ)などの作曲家との仕事で現代音楽とポストロックの橋渡しをする。1998年超現代的アメリカーナの系譜から『Bad Timing(バッド・タイミング)』、1999年、フォークやミニマル音楽などをミックスしたソロ・アルバム『Eureka(ユリイカ)』を発表、大きく注目される。1999年から2005年にかけてSonic Youth(ソニック・ユース)のメンバー、音楽監督として活動し、広範な支持を得る。2004年には、Wilco(ウィルコ)の『A Ghost Is Born(ゴースト・イズ・ボーン)』のプロデューサーとしてグラミー賞を受賞、現代アメリカ音楽シーンを代表するクリエーターとして高く評価され、ヨーロッパでも数々のアーティストをプロデュースする。また、日本文化への造詣が深く、近年は東京に活動拠点を置く。日本でのプロデュース・ワークとしては、くるり、カヒミ・カリィなど多数。坂田明、大友良英、山本精一、ボアダムスなどとの共同作業や、武満徹作品『コロナ東京リアリゼーション』(2006)など現代音楽に至る多彩な作品をリリースしている。映像作家とのコラボレーションとしてWerner Herzog(ヴェルナー・ヘルツォーク)、Olivier Assayas(オリヴィエ・アサイヤス)、青山真治、若松考二などの監督作品のサウンドトラックを担当。ジム自身も映画監督として活動しており、彼の作品は、2004年と2006年にはホイットニー・ビエンナーレ、2005年にはロッテルダム映画祭で「重要作品」として上映されている。ソロとしての最近作『The Visitor(ザ・ヴィジター)』(2009)は『Bad Timing(バッド・タイミング)』の現代版と言える密室的ワンマン・アルバムの極致と言える。新しい「知」の探求者としてオルタナティヴ、ポストロック、エクスペリメンタル・ポップ、映画音楽、フリー・ミュージック、ジャズ、アメリカーナ、現代音楽など様々なジャンルの極北を切り開く越境的活動を行ない「現代東京カルチャー」の先導者となりつつある。

高橋健太郎
過去の職歴は音楽評論家、DJ、音楽プロデューサー、インディー・レーベル・オーナー、レコーディング・エンジニアなど。レコミュニ〜オトトイにも創設時から関わる。音楽評論集に「音楽の未来に蘇るもの」(2010年に復刊予定)。初の小説も出版準備中。

o

はてブに追加
 
 
"Close Up"の最新アーカイヴ
fula、レコ発ワンマンに向けてお試しサンプラー無料配信!!
[CLOSEUP]・2015年01月25日・ターニング・ポイントを迎えるfulaを追う――これを聴いて代官山UNITへ! fula、4曲入りサンプラー無料配信!! 2014年、fulaにとっては飛躍の年でした。当初より「フェスの常連」を掲げてきた彼らが、ETERNAL ROCK CITY. 2014やSAKAE SP-RING 2014をはじめ、日本4大フェスのひとつ、RISING SUN ROCK FESTIVAL 2014 in EZOにも出演。ジャムを基調にした開放感のあるサウンドに、優しく、時にエモーショナルな歌声が青空に響き渡り、その存在も大きく広がったのです。 その夏フェスを終えリリースされたのが初のフル・アルバム『The KING』。そのレコ発ツアー・ファイナルである東京・代官山UNITでのワンマン・ライヴがいよいよ2月15日に迫っています。かつてからfulaを大推薦してきたOTOTOYですが、このライヴで何かが起こるような予感がしています。その瞬間をぜひ一緒に目撃してほしい、ということで、fulaのこれまでを振り返るとともに、まだfulaを知らぬあなたに無料でサンプラーをお届け!! さらに2月1日にはUstream生配信も決定しました
by 渡辺 裕也
どついたるねん『生きてれば / 精神』を配信スタート&インタヴュー掲載!!
[CLOSEUP]・2015年01月23日・生きれてばいいことある!!ーーどついたるねん、リキッドルーム・ワンマン以後初のロング・インタヴューを掲載 198曲入りのアルバムを出した翌月には6008曲入り(!?)のアルバムをリリースするなど、冗談で考えたとしてもバカバカしくて誰もやらないようなことを現実にやってきたバンド、どついたるねんが、自主レーベルTrain Train Recordsより、両A面シングル『生きてれば / 精神』をリリースした。2014年11月に発表された『どついたるねん BEST HITS』、リキッドルーム・ワンマン、そして本作の背景を丁寧に読み解いていくと、彼らの活動に向かう姿勢が変わってきたことがわかる。ちょうど1年前に行なったインタヴューでは、これからもどついたるねんを続けていきたいということを言っていたが、そのために自分たちで計画的に動くということをやっているように見えなかった。しかし、リキッドルームのワンマンでは、自分たちで会場を借り、毎週のようにメンバーでミーティング、集客のために路上でチラシを配ったり、ゲストを考えたり、できることを自らの手で行い、700人を越えるお客さんを集めた。しかし、その日に歌った楽曲のなかに
by 西澤 裕郎
エイフェックス新作、そして〈WARP〉カタログをハイレゾで聴く
[CLOSEUP]・2015年01月21日・エイフェックス、量産モードに突入か? その新作、そしてハイレゾで聴く〈WARP〉カタログ 本人のインタヴューなどでの発言通り、きっちりと新作EP『Computer Controlled Acoustic Instruments pt2 EP』をリリースしたエイフェックス・ツイン。詳しくは後述するが、これがまた物議をかもし出しそうな音楽性となっている。OTOTOYでは、本作も『Syro』に引き続き、24bit/44.1kHzのハイレゾ音質で配信する。 またOTOTOY配信開始以前にリリースされていた〈WARP〉のハイレゾ音源の入荷を開始。随時追加されていく予定で、今回はボーズ・オブ・カナダ『Tomorrow's Harvest』(2013年)、ブライアン・イーノ『Lux』(2012年)、フライング・ロータス『Until The Quiet Comes』(2012年)などなどのハイレゾ・ヴァージョンを追加。 25年以上にわたって、エレクトロニック・ミュージックを中心に、レフトフィールドなロックなども含めて、ポップ・ミュージックのカッティング・エッジを“その音”の先鋭性でのみ体現する〈WARP〉、この音こそ高音質
by 河村 祐介
dip in the pool、デビュー30周年の10thアルバムをハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2015年01月21日・30年の月日が生んだ"有機的なテクノ"——dip in the pool、アニヴァーサリー・イヤーに贈る初のハイレゾ モデル、女優としての確固たるキャリアをもつ甲田益也子と、作・編曲 / キーボードを担当する木村達司によるユニット、dip in the pool。デビュー30周年を迎える2015年、記念すべき10作目のアルバム『HIGHWIRE WALKER』が届けられた。ラグジュアリーかつ甘美な響きをもつ甲田の歌声、そして浮遊感に満ちたドリーミーな世界観はそのままに、今作はボサノヴァ、アンビエントなども取り込んだハイブリッドな1作に仕上がっている。OTOTOYでは、そんな10thアルバムを24bit/96kHzのハイレゾで配信開始。アーティスト自身が"有機的なテクノ"と語るサウンドの独特な質感は、ぜひ高音質で味わってほしい。インタヴューとあわせてお楽しみください。 ハイレゾで買えるのはOTOTOYだけ!!!デビュー30周年の10thアルバムを配信開始!!!dip in the pool / HIGHWIRE WALKER 【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/96kH
by 岡本 貴之
空気公団、最新作を2週間先行ハイレゾ配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2015年01月21日・はじまりは、ハイレゾで。――空気公団、2年3ヶ月ぶりのフル・アルバムを2週間先行配信 すべての人へはじまりの予感をもたらす、空気公団の新作が完成しました。タイトルは『こんにちは、はじまり。』。昨年の12月頭、アルバムから先行配信された「お山参詣 登山囃子」――ヴォーカル山崎ゆかりの出身地・青森県岩木山の登山囃子を取り入れ、かつ山本精一をゲスト・ヴォーカルに招いたこの曲は、まぎれもない"空気公団の作品"であるとともに、何かが違うという感触も残る1曲でした。それこそ"はじまり"というものだったのかもしれません。 それから約1ヶ月半、届いたアルバムには全10曲が収録。NINGEN OKが全面参加した楽曲「はじまり」をはじめ、オータコージ、山口とも、奥田健介(NONA REEVES)、ticomoon、鈴木広志、江上瑠羽が参加。ミックス&マスタリングは中村宗一郎が手掛けました。「それこそ空気感を録るようなレコーディングでした(窪田)」という音の鳴り、ぜひともハイレゾで聴き入ってください。 ハイレゾ音源で2週間先行配信!!空気公団 / こんにちは、はじまり。'【配信形態 / 価格】(各税込)ALAC / FLAC /
by 滝沢 時朗
寺尾紗穂、アルバム『残照』から5曲をハイレゾ配信!!
[CLOSEUP]・2015年01月15日・坂本龍一や大貫妙子らが賞賛する、その声、その音色!! ハイレゾで聴く寺尾紗穂 坂本龍一や大貫妙子からも賞賛されるシンガー・ソングライターの寺尾紗穂が、2010年の5thアルバム『残照』の一部を24bit/48kHzのハイレゾで解禁。昨年11月に公開された話題の映画『0.5ミリ』(主演の安藤サクラが日本アカデミー賞主演女優賞を受賞)に「残照」が起用されたことを記念して、寺尾本人によって厳選された5曲が収録されている。大貫妙子や矢野顕子と比較されるソングライティング・センスはもちろんだが、本作はやはりハイレゾならではの響きや質感を楽しんでいただきたい。伸びのある高音とふくよかな中低音をバランスよく兼ね備えた寺尾の歌声が、より生々しく再現されているのだ。目を閉じてじっくりと堪能したい1作!! 映画『0.5ミリ』公開記念!!!寺尾紗穂の旧作が本人のセレクトによりハイレゾで復刻!!!寺尾紗穂 / 残照 [OTOTOY Edition] (24bit/48kHz) 【配信形態】ALAC/FLAC/WAV/AAC (24bit/48kHz)※ファイル形式について詳しくはこちら'【価格】1,080円(税込)(単曲は各270
北村早樹子、初のベスト・アルバム『グレイテスト・ヒッツ』を配信スタート!!
[CLOSEUP]・2015年01月14日・可憐なる毒っけ、彼女の歌声が空気を切り裂くーー祝10周年の偉才女性シンガー・北村早樹子、初のベスト・アルバムを先行配信!! 祝・デビュー10周年!! 可憐さと毒気が絶妙なバランスで同居する偉才女性シンガー・北村早樹子が、初のベスト盤『グレイテスト・ヒッツ』をリリース! 鬼才・白石晃士監督の映画『殺人ワークショップ』の主題歌や、本秀康主宰の雷音レコードから発売した7インチEPが即完売するなど、音楽シーンのみならず映画や舞台のクリエイター達の間でも大きな支持を集める彼女。本作は、2006年発表の1stアルバムから最新シングルまで、そして木村文洋監督映画『へばの』主題歌「蜜のあはれ」他、いままでに提供した映画主題歌を網羅、北村のキャリアが1作で俯瞰できる最強のコンピレーション・アルバムとなっています。波多野敦子、坂本弘道、ムーンライダーズ武川雅寛も演奏に彩りを添えるなど、まさに記念碑的な本作をOTOTOYでは2週間先行配信するとともにロング・インタヴューで迫りました。さらに1曲フリー・ダウンロードも実施いたします。彼女を追いかけてきた人も、はじめて知った人も、ともに10周年を祝い、これからも産まれ続けるであろう
by JJ
UKダブの巨星、エイドリアン・シャーウッドとブリストル・ダブステップのキーマン、ピンチによるユニット、デビュー・アルバムをハイレゾで
[CLOSEUP]・2015年01月14日・未来から聴こえる低音——シャーウッド&ピンチのファースト、その低音の美学をハイレゾで UKダブの巨星、〈ON-U Sound〉総裁、エイドリアン・シャーウッド、そしてブリストル・ダブステップ、さらには欧州のベース・ミュージック・シーンのキーマン、ピンチ。このユニットは、つまるところ、ベース・ミュージックのカッティング・エッジに立つアーティストと伝説のダブ・マスターが出会ったコラボ・ユニットである。OTOTOYでは、そのデビュー・アルバム『Late Night Endless』をハイレゾ(24bit/44.1kHz)で配信。 本作のマスタリングにはリカルド・ヴィラロボスをはじめ、現状の欧州のミニマル・テクノ・シーンのトップ・アーティストたちがこぞってそのマスタリングを依頼する、ダブ・プレート&マスタリングのラシャド・ベッカーが担当している。ベース・ミュージックの温故知新を、現在のエレクトロニック・ミュージックの最高のエンジニアがマスタリングしているというわけだ。もはや、その音の“良さ”、ハイレゾで聴かなきゃもったいないでしょう。 本作の解説をピンチのインタヴューとともに、そして本作のリリースを記念して、OTO
by 河村 祐介
 
筆者について
BB (Reviewed by Kentaro Takahashi)

本名:高橋健太郎プロデューサー、ジャーナリスト、選曲家など。高橋健太郎 文筆家/音楽制作者 評論集「ポップミュージックのゆくえ〜音楽の未来に蘇るもの」がアルテスパブリッシングから発売中。http://tinyurl.com/2g72u5e twitterアカウントは@kentarotakahash

同じ筆者による他の記事