高橋健太郎が執筆したオトトイ限定ライナー・ノーツの単体販売開始

ジム・オルークによる最新作『All kinds of People 〜love Burt Bacharach〜』。ポップス界最高峰の音楽家バート・バカラックが作り出した楽曲を、アヴァン・ポップスの異端児ジム・オルークと、東京、大阪とアメリカのミュージシャン達で解き明かす本作。オトトイでアルバム特典としてプレゼントしていた、高橋健太郎執筆による1万字越えのスペシャル・ライナー・ノーツの単体販売を開始。2010年4月15日にBillboard tokyoで行われたJim O'Rourke x Bacharach Tribute Liveのライヴ・レポートと共にお楽しみください!

>>ライナー・ノーツの単体購入(150円)はこちらから

【ライナー・ノーツの単体購入について】
ライナー・ノーツを購入の際に一緒にダウンロードされる音源は、ライナー・ノーツだけ欲しい人のために用意した音源です。たくさんのミュージシャンの声が使用された豪華な音源なので、是非聴いてください。

※このライナー・ノーツはオトトイで『All kinds of People ~love Burt Bacharach~』を買った際に、アルバム特典として付いてくるものと全く同一です。

Jim O'Rourke x Bacharach Tribute Live 2010.04.15@Billboard tokyo

「オール・カインズ・オブ・ピープル」のリリースに合わせて、東京、大阪で三日間、6セットが行なわれたジム・オルーク一座のライヴ。僕が見たのは初日、東京ビルボードでの4月15日のセカンド・セットだった。

バート・バカラックの音楽というのは、本来、ゴージャスなものだ。若き日にはマレーネ・ディートリッヒのオーケストラ・コンダクターを務めていたバカラックは、エンターテインメントの世界の掟をよく知る業界人でもある。作曲家としてはとても繊細な作品を生み出してきたが、ステージ上ではぎらぎらした野心家ぶりも覗かせる。1960年代の後半、ビートルズをはじめとするロックの波が乱暴に世界を覆い尽くそうとする中で、バカラックの音楽は、贅を尽くした極上のエンターテインメントの伝統を守り通そうとする側の、最大の抵抗勢力でもあった。

しかし、この日の一座ときたら、どうだろう。あたかも農民達の楽団が、貴族の音楽を演奏しているかのよう。いや、よく見ると、鍛冶屋も混じっていたり、得体の知れない流浪の民も混じっていたり。おじいさんの学者もいたかな。ともあれ、エンターテイメントの世界の掟には統率されない、てんでばらばらな人々が、バカラックの音楽を演奏する。リーダーは毛玉の浮いたカーディガンを着た小柄なアメリカ人。おどおどしたような様子すら窺えて、どのくらいのリーダー・シップがあるのか、見ていてもよく分からない。ただ、ステージが進むうちに、彼が選んだてんでばらばらの人々が、かけがえのない個性を持ったミュージシャン達であるのが分かってくる。無駄な音は一つもない。無駄のないアレンジということ以上に、優れた即興音楽家の演奏には無駄な音が一つもないのと同じ意味において、一群のミュージシャン達の演奏には何一つ無駄がなかった。

無駄を惜しまないゴージャスさとはまったく別の位相を持ったバカラック・ソング達。それが一つ一つ、ステージの上で花開いていく。過去のたくさんのヴァージョンが耳に馴染み過ぎた大ヒット曲ですら、見たことのない新しい花を咲かせる。時には乱暴だったり、強引だったりもするが、しかし、瑞々しい瞬間が尽きることがない、そんな一時間半だった。

この日のセット・リストは以下の通り。

1. Always Something There To Remind Me (vo:青山陽一)
2. Do You Know The Way To San Jose (vo:カヒミ・カリィ)
3. After The Fox (vo:坂田明、飛び入り:中原昌也vo)
4. Anonymous Phone Call (vo:やくしまるえつこ)
5. You'll Never Get To Heaven (vo:青山陽一)
6. Raindrops Keep Fallin On My Head (vo:小池光子)
7. The Look Of Love (vo:カヒミ・カリィ)
8. Don't Make Me Over (vo:ジム・オルーク)
9. Walk On By (vo:小池光子)
10. Close To You (vo:細野晴臣)
11. My little Red Book (vo:青山陽一、山本達久perc)

アンコール演奏された「My little Red Book」はアルバムには収録されていない曲。アルバムではYoshimiがヴォーカルを取っている「Say A Little Prayer For Me」は東京では演奏されなかった(大阪では演奏)。また、アルバムでジム・オルークがヴォーカルを取っている「Trains And Boats And Planes」は今回のツアーでは演奏されていない。

ミュージシャン達の顔ぶれは以下の通り。

ジム・オルーク(eg,vo)、グレン・コッチェ(dr)、ダーリン・グレイ(b,perc)、須藤俊明(b,perc)、青山陽一 (eg,vo)、坂田明(vo,sax,cl)、クリヤマコト(pf)、石橋英子(org)、佐々木史郎(tp)、小池光子(vo)、カヒミ・カリィ(vo)、やくしまるえつこ(vo)、細野晴臣(vo,b,ag)

細かい見所については、これ以上は書かないが、ウィルコのドラマーであるグレン・コッチェの繊細でいながら、力強いドラミング、さらには響き過ぎないドラム・セットの鳴らし方が、全体のトーンを決定づけていた。また、3人のベーシストのグルーヴがとてつもなかった。あの坂田明が職人的な仕事ぶりでアレンジに貢献している姿も新鮮だった。(text by 高橋健太郎)

PROFILE

Jim O'Rourke
1969年シカゴ生まれ。Derek Bailey(デレク・ベイリー)の音楽と出会い、13才のジム少年はロンドンにDerek Bailey(デレク・ベイリー)を訪ねる。ギターの即興演奏に開眼し実験的要素の強い作品を発表、John Fahey(ジョン・フェイヒー)の作品をプロデュースする一方でGastr Del Sol(ガスター・ デル・ソル)やLoose Fur(ルース・ファー)など地元シカゴのバンドやプロジェクトに参加、「シカゴ音響系」と呼ばれるカテゴリーを確立する。一方で、小杉武久と共にMerce Cunningham(マース・カニンハム)舞踏団の音楽を担当、Tony Conrad(トニー・コンラッド)、Arnold Dreyblatt(アーノルド・ドレイブラット)、Christian Wolff(クリスチャン・ウルフ)などの作曲家との仕事で現代音楽とポストロックの橋渡しをする。1998年超現代的アメリカーナの系譜から『Bad Timing(バッド・タイミング)』、1999年、フォークやミニマル音楽などをミックスしたソロ・アルバム『Eureka(ユリイカ)』を発表、大きく注目される。1999年から2005年にかけてSonic Youth(ソニック・ユース)のメンバー、音楽監督として活動し、広範な支持を得る。2004年には、Wilco(ウィルコ)の『A Ghost Is Born(ゴースト・イズ・ボーン)』のプロデューサーとしてグラミー賞を受賞、現代アメリカ音楽シーンを代表するクリエーターとして高く評価され、ヨーロッパでも数々のアーティストをプロデュースする。また、日本文化への造詣が深く、近年は東京に活動拠点を置く。日本でのプロデュース・ワークとしては、くるり、カヒミ・カリィなど多数。坂田明、大友良英、山本精一、ボアダムスなどとの共同作業や、武満徹作品『コロナ東京リアリゼーション』(2006)など現代音楽に至る多彩な作品をリリースしている。映像作家とのコラボレーションとしてWerner Herzog(ヴェルナー・ヘルツォーク)、Olivier Assayas(オリヴィエ・アサイヤス)、青山真治、若松考二などの監督作品のサウンドトラックを担当。ジム自身も映画監督として活動しており、彼の作品は、2004年と2006年にはホイットニー・ビエンナーレ、2005年にはロッテルダム映画祭で「重要作品」として上映されている。ソロとしての最近作『The Visitor(ザ・ヴィジター)』(2009)は『Bad Timing(バッド・タイミング)』の現代版と言える密室的ワンマン・アルバムの極致と言える。新しい「知」の探求者としてオルタナティヴ、ポストロック、エクスペリメンタル・ポップ、映画音楽、フリー・ミュージック、ジャズ、アメリカーナ、現代音楽など様々なジャンルの極北を切り開く越境的活動を行ない「現代東京カルチャー」の先導者となりつつある。

高橋健太郎
過去の職歴は音楽評論家、DJ、音楽プロデューサー、インディー・レーベル・オーナー、レコーディング・エンジニアなど。レコミュニ〜オトトイにも創設時から関わる。音楽評論集に「音楽の未来に蘇るもの」(2010年に復刊予定)。初の小説も出版準備中。

o

はてブに追加
 
 
"Close Up"の最新アーカイヴ
西宮在住の19歳SSW、あいみょんによる待望のミニ・アルバムを配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2015年05月22日・ついに配信実現!! 素直過ぎる19歳のシンガー・ソングライター、あいみょんによる待望のミニ・アルバム 彼氏への愛が強過ぎるあまり“死”を突きつけたり、はたまた親友の整形を暴露するなど、その過激かつ素直過ぎる歌詞表現で注目を集める、兵庫は西宮在住のシンガー・ソングライターあいみょん。前作のタワーレコード限定シングル発売時は配信できませんでしたが、1stミニ・アルバム『tamago』でついにOTOTOYでの配信が実現! 曇り一つない、まっすぐ伸びる歌声と、ハッとするほどストレートな歌詞は必聴です。 そして、本作発売を記念して再度あいみょんへのインタヴューを実施しました! 気になる、あんな歌詞やこんな歌詞ができたいきさつや、シンガー・ソングライターとしての彼女の素顔に迫りました。歌詞、そして楽曲とともにお楽しみください。 >>あいみょんへのインタヴュー第1弾はこちらから 待望の1stミニ・アルバムあいみょん / tamago【配信形態】16bit/44.1kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC / mp3【販売価格】単曲 250円 まとめ購入 1,500円(税込)【Track List】1. 貴方
by 西澤 裕郎
結成わずか1年! 脅威のニューカマー、odolのファースト・アルバムを配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2015年05月21日・世界一のバンドになるために——結成わずか1年のニューカマー、odolが提示する、新たなオルタネイティヴ・サウンド 荒々しく空間を満たすシューゲイズ・サウンドとメランコリックなピアノで注目を集め、結成わずか半年にしてFUJI ROCK FESTIVAL 2014に出演を果たしたニューカマー、odol(オドル)。これまでのリリースがフリー・ダウンロードのE.P2作品のみの彼らが、待望のファースト・アルバムをついに発表。結成1年とは思えない、バンドとしてのソングライティング力、そしてドラマチックな楽器アンサンブルが見事にパッケージングされた全7曲を収録。そんな今作について、メンバーのミゾベリョウ(Vo, Gt)、森山公稀(Pf)にインタヴューを実施。結成から現在にいたるまで、そしてミュージシャン・シップを大いに語ってもらった。 odol / odol'【配信形態】16bit/44.1kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC / mp3【配信価格】単曲 205円 アルバム 1,234円【Track List】''01. あの頃 / 02. 飾りすぎていた / 03. ふたり / 04. 君は、笑う
うみのて『21st CENTURY SOUNDTRACK』リリース&インタビュー
[CLOSEUP]・2015年05月20日・日本におけるレディオヘッド『OK コンピューター』を作りたかったーーうみのてが到達した2ndフル・アルバムに迫る うみのてが、前作『UNKNOWN FUTURES (& FIREWORKS)』より約1年半ぶりとなる新作『21st CENTURY SOUNDTRACK』を完成させた。笹口騒音の持つ純粋性と批評性、希望と絶望、シニカルな視点と独自の語感を持つユーモアが、5人のバンド・サウンドによって、混沌とした世界への愛と憎しみを交えた化学変化を見せた意欲作となっている。録音、ミックス、マスタリング、すべてを手がけるのは、PEACE MUSICの中村宗一郎(ゆらゆら帝国〜坂本慎太郎、ギターウルフ、SCOOBIE DOなどの作品を輩出)。満を持してリリースされた本作について、メンバー・インタヴューで深く探った。2015年に産み出されるべくしてリリースされた本作に耳を傾けてみてほしい。 うみのて / 21st CENTURY SOUNDTRACK'【販売価格】FLAC、ALAC、WAV、AAC、mp3 単曲 154円 / まとめ価格 1,851円【Track List】1. 恋に至る病 / 2. LOVE & P
by 純三
nego、サード・アルバム『THE WORLD』をハイレゾ配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2015年05月19日・メロウ・ヒップホップ・シーンの中核、Robert de Boronが夢のなかへ導く4枚目、その制作環境に迫る 人気コンピレーション“IN YA MELLOW TONE”シリーズの立役者としてメロウ・ヒップホップ史に残る数々のアンセムを世に送り出してきたトラック・メイカー、Robert de Boron。過去3作はiTunesヒップホップ / ラップ・チャートで今もなお上位に位置するロングラン・ヒット。そんな彼の2年ぶりとなる待望の新作が登場! 24bit/44.1kHzのハイレゾで配信がスタートした。 本作のfeat陣には、2015年5月頭にre:plusとのツアーを終え、ますます日本で注目が集まるアメリカ人コリアン・アーティスト、Sam Ockやサード・アルバムを共作したAWAなどお馴染みの盟友から、初参加のシンガー&ラッパー含む14名を迎え、緻密なビートメイクと美しくエモーショナルなメロディーで構築された12曲を収録。今作でRobert de Boronに取材をするにあたって、彼の音楽が生まれるその制作環境を追求した。試聴からでもいい。記事とともにぜひ、彼の音楽の肝である"メロディー"を堪能してほしい。
by JJ
テンペスト竹内、小原just begunに訊く、LUI FRONTiC 赤羽 JAPANとプールイへの思い
[CLOSEUP]・2015年05月19日・武道館を目指して——テンペスト竹内、小原just begunに訊く、LUI FRONTiC 赤羽 JAPANとプールイへの思い LUI FRONTiC 赤羽 JAPANは、10月2日(金)に恵比寿LIQUIDROOMでのワンマン・ライヴを発表した。ぶっちゃけいうと、簡単な道ではないだろう。元BiSのプールイから、元the storefrontのテンペスト竹内、小原just begunから、LUI FRONTiC 赤羽 JAPANの3人として立っていないと、LIQUIDROOMは、間違いなく埋まらない。決死の覚悟だ。だからこそ、やるべきことがある。前回のプールイのインタヴューに続き、テンペスト竹内、小原just begunへインタヴューする機会を経た。彼らは、彼らのやりかたで、しっかり未来を見据えていた。そのことを、知れて、ちょっと安心することができた。「この3人の未来には、必ず光が射す」と思った。 インタヴュー&文 : 飯田仁一郎文字起こし : 陣内直樹写真 : 塚本弦汰 >>LUI FRONTiC 赤羽 JAPAN プールイへのインタヴューはこちら 恵比寿LIQUIDROOMでのワンマン・ライヴが決定!!
by JJ
never young beach、ファースト・アルバムと幻の自主音源配信&インタヴュー公開
[CLOSEUP]・2015年05月15日・2015年にタイプスリップしてきたはっぴいえんど? いや彼らはnever young beach——初作品と幻の自主音源配信&インタヴュー Ykiki BeatやYOUR ROMANCEらと肩を並べ、にわかに注目を集めているインディ・シーンの新世代。Yogee New Waves有するRoman Labelの第2弾アーティストとして排出されたnever young beach、ファースト・アルバム『YASHINOKI HOUSE』を提げてこのたび登場! はっぴいえんどやティン・パン・アレー周辺の70年代J-POPサウンドを現代にアップデート。「西海岸のはっぴえんど」とも謳われる平均年齢23歳、東京の若者5人組。5人体制になってわずか半年のうちにドロップされたファースト・アルバムにはエンジニアにペトロールズ、踊ってばかりの国などを手がけるhmcの池田洋を迎えて初期曲のリミックスを含め9曲を収録。少しずつ暑くなるこの季節の高揚感にぴったりなアルバムが、OTOTOYではよりいっそう気持ちよく聴けちゃうハイレゾ音源で配信スタート。 さらに安部勇磨(Vo,Gt)、松島皓(Gt)の宅録ユニット時代に制作、現在入手不可能
短期連載「Q‘ulleがマイクを持った理由」ver.3 いとくとら×DECO*27インタヴュー
[CLOSEUP]・2015年05月14日・目で見るのではなくて、耳でQ’ulleを感じてね――短期連載「Q'ulleがマイクを持った理由」 ver.3 いとくとらとDECO*27 ニコニコ動画の「踊ってみた」ジャンルで絶大な人気を誇った7人組ダンス・グループ、DANCEROID。惜しくも2014年7月に解散した彼女たちのなかから5人のメンバーが、Q'ulleとして戻ってきた。その手にはマイクを持って… あらためて活動するにあたって、なぜ彼女たちは歌うことを選んだのか? そして歌うことを選んだことによって何が変わったのか? サウンド・プロデューサーであるボカロP、DECO*27を含め6人。これから3ヶ月に渡って2人ずつにじっくり話を訊くことで、彼女たちの始まりのストーリーを描く。 ついにサード・シングル『HEARTBEAT』の発売を迎えるタイミングで、Q'ulleの原点を担ういとくとら、そしてQ'ulleの音楽面を支えるDECO*27が登場。Q'ulleの曲の秘密に触れるとともに、現段階のQ'ulleを統括する話を伺った。 ver.1 まなことやっこのインタヴューはこちらver.2 ゆずきとまぁむのインタヴューはこちら サード・シングル、ついにハ
by JJ
ハイブリット・ダブ・バンド、nego、3rdアルバム『THE WORLD』をハイレゾ配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2015年05月13日・VJ有するハイブリット・ダブ・バンド、negoが描いた新たな世界――3年ぶり新作『THE WORLD』をハイレゾ配信&インタヴュー テクノ、ディープミニマル、トライバル・ハウス、サイケ・トランス、EDM、ロックなど、生バンドでボーダレスなダンス・ミュージックへアプローチするnegoの約3年ぶり、3枚目のアルバムがリリース。すでにライヴでは定番化している「Ants」「World」「Edge of…」をはじめ、打ち込みで構成された新境地となる楽曲が収録。さらに「Ants」にmisato(kasica, AYNIW TEPO)が参加したほかにも、4ho(ANYO)、toto(suika)と、3人の女性ヴォーカリストが作品に彩りを添えている。OTOTOYでは24bit/48kHzのハイレゾ音源で圧巻のサウンドを配信するとともに、向山聡孝(ヴァイオリン、ギター、ダブエフェクツ)とmitchel(VJ)のインタヴューを公開。 nego / THE WORLD(24bit/48kHz)'【配信形態 / 価格】24bit/48kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 300円 アルバム 2,300
 
筆者について
BB (Reviewed by Kentaro Takahashi)

本名:高橋健太郎プロデューサー、ジャーナリスト、選曲家など。高橋健太郎 文筆家/音楽制作者 評論集「ポップミュージックのゆくえ〜音楽の未来に蘇るもの」がアルテスパブリッシングから発売中。http://tinyurl.com/2g72u5e twitterアカウントは@kentarotakahash

同じ筆者による他の記事