高橋健太郎が執筆したオトトイ限定ライナー・ノーツの単体販売開始

ジム・オルークによる最新作『All kinds of People 〜love Burt Bacharach〜』。ポップス界最高峰の音楽家バート・バカラックが作り出した楽曲を、アヴァン・ポップスの異端児ジム・オルークと、東京、大阪とアメリカのミュージシャン達で解き明かす本作。オトトイでアルバム特典としてプレゼントしていた、高橋健太郎執筆による1万字越えのスペシャル・ライナー・ノーツの単体販売を開始。2010年4月15日にBillboard tokyoで行われたJim O'Rourke x Bacharach Tribute Liveのライヴ・レポートと共にお楽しみください!

>>ライナー・ノーツの単体購入(150円)はこちらから

【ライナー・ノーツの単体購入について】
ライナー・ノーツを購入の際に一緒にダウンロードされる音源は、ライナー・ノーツだけ欲しい人のために用意した音源です。たくさんのミュージシャンの声が使用された豪華な音源なので、是非聴いてください。

※このライナー・ノーツはオトトイで『All kinds of People ~love Burt Bacharach~』を買った際に、アルバム特典として付いてくるものと全く同一です。

Jim O'Rourke x Bacharach Tribute Live 2010.04.15@Billboard tokyo

「オール・カインズ・オブ・ピープル」のリリースに合わせて、東京、大阪で三日間、6セットが行なわれたジム・オルーク一座のライヴ。僕が見たのは初日、東京ビルボードでの4月15日のセカンド・セットだった。

バート・バカラックの音楽というのは、本来、ゴージャスなものだ。若き日にはマレーネ・ディートリッヒのオーケストラ・コンダクターを務めていたバカラックは、エンターテインメントの世界の掟をよく知る業界人でもある。作曲家としてはとても繊細な作品を生み出してきたが、ステージ上ではぎらぎらした野心家ぶりも覗かせる。1960年代の後半、ビートルズをはじめとするロックの波が乱暴に世界を覆い尽くそうとする中で、バカラックの音楽は、贅を尽くした極上のエンターテインメントの伝統を守り通そうとする側の、最大の抵抗勢力でもあった。

しかし、この日の一座ときたら、どうだろう。あたかも農民達の楽団が、貴族の音楽を演奏しているかのよう。いや、よく見ると、鍛冶屋も混じっていたり、得体の知れない流浪の民も混じっていたり。おじいさんの学者もいたかな。ともあれ、エンターテイメントの世界の掟には統率されない、てんでばらばらな人々が、バカラックの音楽を演奏する。リーダーは毛玉の浮いたカーディガンを着た小柄なアメリカ人。おどおどしたような様子すら窺えて、どのくらいのリーダー・シップがあるのか、見ていてもよく分からない。ただ、ステージが進むうちに、彼が選んだてんでばらばらの人々が、かけがえのない個性を持ったミュージシャン達であるのが分かってくる。無駄な音は一つもない。無駄のないアレンジということ以上に、優れた即興音楽家の演奏には無駄な音が一つもないのと同じ意味において、一群のミュージシャン達の演奏には何一つ無駄がなかった。

無駄を惜しまないゴージャスさとはまったく別の位相を持ったバカラック・ソング達。それが一つ一つ、ステージの上で花開いていく。過去のたくさんのヴァージョンが耳に馴染み過ぎた大ヒット曲ですら、見たことのない新しい花を咲かせる。時には乱暴だったり、強引だったりもするが、しかし、瑞々しい瞬間が尽きることがない、そんな一時間半だった。

この日のセット・リストは以下の通り。

1. Always Something There To Remind Me (vo:青山陽一)
2. Do You Know The Way To San Jose (vo:カヒミ・カリィ)
3. After The Fox (vo:坂田明、飛び入り:中原昌也vo)
4. Anonymous Phone Call (vo:やくしまるえつこ)
5. You'll Never Get To Heaven (vo:青山陽一)
6. Raindrops Keep Fallin On My Head (vo:小池光子)
7. The Look Of Love (vo:カヒミ・カリィ)
8. Don't Make Me Over (vo:ジム・オルーク)
9. Walk On By (vo:小池光子)
10. Close To You (vo:細野晴臣)
11. My little Red Book (vo:青山陽一、山本達久perc)

アンコール演奏された「My little Red Book」はアルバムには収録されていない曲。アルバムではYoshimiがヴォーカルを取っている「Say A Little Prayer For Me」は東京では演奏されなかった(大阪では演奏)。また、アルバムでジム・オルークがヴォーカルを取っている「Trains And Boats And Planes」は今回のツアーでは演奏されていない。

ミュージシャン達の顔ぶれは以下の通り。

ジム・オルーク(eg,vo)、グレン・コッチェ(dr)、ダーリン・グレイ(b,perc)、須藤俊明(b,perc)、青山陽一 (eg,vo)、坂田明(vo,sax,cl)、クリヤマコト(pf)、石橋英子(org)、佐々木史郎(tp)、小池光子(vo)、カヒミ・カリィ(vo)、やくしまるえつこ(vo)、細野晴臣(vo,b,ag)

細かい見所については、これ以上は書かないが、ウィルコのドラマーであるグレン・コッチェの繊細でいながら、力強いドラミング、さらには響き過ぎないドラム・セットの鳴らし方が、全体のトーンを決定づけていた。また、3人のベーシストのグルーヴがとてつもなかった。あの坂田明が職人的な仕事ぶりでアレンジに貢献している姿も新鮮だった。(text by 高橋健太郎)

PROFILE

Jim O'Rourke
1969年シカゴ生まれ。Derek Bailey(デレク・ベイリー)の音楽と出会い、13才のジム少年はロンドンにDerek Bailey(デレク・ベイリー)を訪ねる。ギターの即興演奏に開眼し実験的要素の強い作品を発表、John Fahey(ジョン・フェイヒー)の作品をプロデュースする一方でGastr Del Sol(ガスター・ デル・ソル)やLoose Fur(ルース・ファー)など地元シカゴのバンドやプロジェクトに参加、「シカゴ音響系」と呼ばれるカテゴリーを確立する。一方で、小杉武久と共にMerce Cunningham(マース・カニンハム)舞踏団の音楽を担当、Tony Conrad(トニー・コンラッド)、Arnold Dreyblatt(アーノルド・ドレイブラット)、Christian Wolff(クリスチャン・ウルフ)などの作曲家との仕事で現代音楽とポストロックの橋渡しをする。1998年超現代的アメリカーナの系譜から『Bad Timing(バッド・タイミング)』、1999年、フォークやミニマル音楽などをミックスしたソロ・アルバム『Eureka(ユリイカ)』を発表、大きく注目される。1999年から2005年にかけてSonic Youth(ソニック・ユース)のメンバー、音楽監督として活動し、広範な支持を得る。2004年には、Wilco(ウィルコ)の『A Ghost Is Born(ゴースト・イズ・ボーン)』のプロデューサーとしてグラミー賞を受賞、現代アメリカ音楽シーンを代表するクリエーターとして高く評価され、ヨーロッパでも数々のアーティストをプロデュースする。また、日本文化への造詣が深く、近年は東京に活動拠点を置く。日本でのプロデュース・ワークとしては、くるり、カヒミ・カリィなど多数。坂田明、大友良英、山本精一、ボアダムスなどとの共同作業や、武満徹作品『コロナ東京リアリゼーション』(2006)など現代音楽に至る多彩な作品をリリースしている。映像作家とのコラボレーションとしてWerner Herzog(ヴェルナー・ヘルツォーク)、Olivier Assayas(オリヴィエ・アサイヤス)、青山真治、若松考二などの監督作品のサウンドトラックを担当。ジム自身も映画監督として活動しており、彼の作品は、2004年と2006年にはホイットニー・ビエンナーレ、2005年にはロッテルダム映画祭で「重要作品」として上映されている。ソロとしての最近作『The Visitor(ザ・ヴィジター)』(2009)は『Bad Timing(バッド・タイミング)』の現代版と言える密室的ワンマン・アルバムの極致と言える。新しい「知」の探求者としてオルタナティヴ、ポストロック、エクスペリメンタル・ポップ、映画音楽、フリー・ミュージック、ジャズ、アメリカーナ、現代音楽など様々なジャンルの極北を切り開く越境的活動を行ない「現代東京カルチャー」の先導者となりつつある。

高橋健太郎
過去の職歴は音楽評論家、DJ、音楽プロデューサー、インディー・レーベル・オーナー、レコーディング・エンジニアなど。レコミュニ〜オトトイにも創設時から関わる。音楽評論集に「音楽の未来に蘇るもの」(2010年に復刊予定)。初の小説も出版準備中。

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

至極の24bit/96kHz──FILTER KYODAIが7年ぶりに送りだすアルバムがあまりにも素晴らしい!
[CLOSEUP]・2016年04月29日・至極の24bit/96kHz──FILTER KYODAIが7年ぶりに送りだすアルバムがあまりにも素晴らしい! Charisma.comやサカモト教授などの楽曲プロデュースやDJ、マスタリング・エンジニアなどマルチに活躍する兄・正晃と4Kデジタル・シネマを中心に映像制作を行う弟・由洋の江夏兄弟からなるユニット、FILTER KYODAI。そんな彼らから7年ぶりの新作が2枚組で届いた(合計36曲、2時間30分という特大ヴォリューム!! )。 エレクトロ、ダンス・ミュージックからなるアッパー・サイドの『BULL』とアンビエントやアコースティックといったチル的要素がメインの『BEAR』には、元アニソンDJ・シンガーのサオリリス(Saolilith)やリミックスに明和電機「経理のヲノさん」として知られるヲノサトル(Pleasure Channel名義)など、ヴァラエティー豊かなゲストが彩りを加える。そんな本作をOTOTOYではどこよりも早く2ヶ月先行配信! マスタリングにSaidera Paradisoの森崎雅人を起用し音にこだわり抜いた2時間30分をぜひハイレゾで体験してほしい。 そして膨大かつ非凡な才能を惜しみ
by JJ
曽我部恵一主宰レーベルより双子ユニットhaikarahakuti、2ndアルバム先行配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年04月27日・東京では生まれない最新型シティ・ソウル──新潟の双子ユニット、haikarahakutiの2nd先行配信 曽我部恵一が主宰する〈ローズ・レコーズ〉の秘密兵器、新潟の双子ユニットhaikarahakutiが3年8ヶ月ぶりにフル・アルバムをリリース。前作の1stアルバム時には曽我部がストーン・ローゼスやフリッパーズ・ギターの名前を引き合いに出し、その音楽的素養と先進性に賛辞を送るほか、やけのはらをはじめ様々なミュージシャンや音楽関係者たちを虜にした彼らの満を持しての2ndアルバムである。 ソウルのしなやかさ、ラヴァーズ・ロックの陶酔感、ネオアコのきらめき、ロックンロールの躍動感を随所に散りばめた珠玉のポップ・ソング集として仕上がった今作を、1週間先行でハイレゾ配信スタート! ベールに包まれたふたりのインタヴューもお届けする。 haikarahakuti / TWO BILLION LIGHT YEARS OF MUSIC'【Track List】01. intro02. setuna03. berlin04. igai na ketumatu05. sting06. sabaku07. saturday n
渋谷慶一郎によるラジオ
[CLOSEUP]・2016年04月26日・ラジオ番組『AVALON』、渋谷慶一郎によるテーマ曲をOTOTOY限定のハイレゾ特別パッケージで配信開始 月曜から木曜の夜22時〜23時30分にJ-WAVEではじまったリスナー参加型の新たなラジオ・プログラム『AVALON』。さまざまな現代社会のトピックスを、架空の近未来都市「AVALON」の政治マニュフェストとして討論、リスナー参加型の投票で採決していくという番組。渋谷慶一郎はこの番組のオープニング、エンディングのテーマ曲はじめ、サウンドロゴやジングルまで、サウンドに関する全てをプロデュースしている。今回OTOTOTYでは、テーマ曲のフル・バージョン、そして“フラグメンツ”と名付けられたサウンド・ロゴなど6曲が収録されたパッケージを配信(テーマ曲の単曲配信も)。そして渋谷自らマスタリングを行ったという24bit/96kHzのハイレゾ版となっている。ここ最近は、どちらかといえばピアノを中心にした作品やライヴの多かった渋谷だが、ここでは彼のもうひとつの顔とも言えるエレクトロニック・サウンドを響かせている。 Keiichiro Shibuya / AVALON(24bit/96kHz)'【Track List
by 八木 皓平
蓮沼執太×佐々木敦(HEADZ)、『Spiral Ambient』をめぐる音響的対談
[CLOSEUP]・2016年04月25日・蓮沼執太×佐々木敦(HEADZ)、『Spiral Ambient』をめぐる音響的対談 「HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRAL」の初日となる3月11日に、サウンド&レコーディング・マガジン編集部プロデュースのもと行われた蓮沼執太の公開録音、〈Spiral Ambient〉。スパイラルホール中央に設置されたダミーヘッドの両耳に装着されたバイノーラルマイクからDSDで録音を行い、演奏されている音楽だけではなく、現場で起こっていた空気感や気配までをも録音しようという試みが、本作『Spiral Ambient』には現れている。 >>蓮沼執太本人による『Spiral Ambient』の解説 演奏が行われていない無音部分でも「サー」という音がまじり込み、山田亮太、大崎清夏、白鳥央堂、暁方ミセイらの朗読はもちろん、ホール内を縦横無尽に動きまわるダンサー島地保武のステップ、会場内に設置された垂れ幕やピンポン球などの装置、観客のちょっとした咳払い… そういった当日のあらゆる“気配”を『Spiral Ambient』からは感じることができるだろう(本作を深く体験するにはヘッドホンを使ってDSD形
あヴぁんだんど、初ミニ・アルバムを配信スタート&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2016年04月24日・メンバーの脱退と卒業、そしてこれからーー「見捨てられたアイドル」あヴぁんだんど、最新シングル緊急配信 非常階段とのコラボレーション「あヴぁ階段」や、MULTIPLE TAPのアメリカ・ツアーへの参加など、音楽ファンから注目を集めるアイドル・グループ、“あヴぁんだんど”。別グループのオーディション選考から漏れたことから「見捨てられたアイドル」の名を自ら背負い独自のアイドル道を突き進む彼女たちが急遽リリースする最新シングルは、3月に脱退した星なゆた、4月29日に卒業が決定している東雲好を含む4人体制で制作された最後の音源となる。シンガー・ソングライター、つるうちはなと4人のメンバーが共同で歌詞を書き上げた「Magical Symphonic Girl」、ライヴの定番曲「てのひら」を収録した本作を先行配信するとともに、メンバー脱退など、ここ数ヶ月の歩みについてインタヴューで迫った。 4月30日リリースのシングルを先行配信あヴぁんだんど / Magical Symphonic Girl /てのひら'【配信形態】ALAC / FLAC / WAV、AAC※ファイル形式について【価格】単曲 270円(税込) / アル
藤岡みなみ&ザ・モローンズ、3rdミニ・アルバム配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年04月20日・藤岡みなみ&ザ・モローンズが切ない、その理由は諸行無常感?──3rdミニ・アルバムから初の配信リリース タレント、ラジオDJとして活躍する藤岡みなみ。左手で繰り出す魔術的なシンセベース、のみならず様々な楽器を演奏し作編曲(と、漫画)も担当するリーダーのヒロヒロヤと、バンドのロックンロールを象徴する存在、ギターのネロ。藤岡みなみ&ザ・モローンズという3ピース・バンドは、ライヴ活動に根ざした真性ロック・バンドである。この3人が繰り出す楽曲はガレージ・ロックにAOR、ソウル、ラップ、ワールド・ミュージック… と様々な要素が詰め込まれつつ、あくまでポップに昇華。最後に作詞を担当する藤岡みなみの独特の着眼点による歌詞と彼女のセンチメンタルなヴォイスが、曲にひとさじのきらめきを与えているのである。 今回、これまで配信を行ってこなかった彼女たちにとって初の配信曲が、4月20日リリースの3rdアルバム『まるで、』のなかから登場! ファンの間で音源化が待ち望まれてきた代表曲「脱水少女」と様々なジャンルのテイストを詰め込んだある意味実験的な楽曲「キャノットレコード」が期間限定で配信される。加えて、OTOTOYでは2013年以
おやすみホログラム、2ndアルバムをハイレゾ配信&メンバー・インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年04月19日・アイドルがオルタナティヴ・ロックで描く2ndアルバム、おやすみホログラム初ハイレゾ配信&インタヴュー 八月ちゃんと望月かなみ(カナミル)からなる2人組ユニット・おやすみホログラムが、前作より約半年ぶりとなる2ndアルバムをリリース。キクイマホ(HOMMヨ、ex.うみのて)、小林樹音(THE DHOLE)、高石晃太郎、吉嶋智仁、タカスギケイ、上野翔(毛玉、箱庭の室内楽)といったインディ・ロック・シーンを支える重要なミュージシャンたちがアルバムに参加、アイドル・シーンの中で異彩を放つオルタナティヴ・ロック・サウンドとグッド・メロディーに磨きがかかった作品となっている。そんな本作をハイレゾ配信。そして、おやすみホログラムの2人とプロデューサーの小川晃一へインタヴューを行った。アイドルとオルタナティヴの融合の先に見えるものとは? おやホロ、2ndアルバムを先行ハイレゾ配信おやすみホログラム / 2(24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC / FLAC / WAV、AAC【価格】単曲 250円 / まとめ購入 1,500円【トラック・リスト】1. 帰り路2. too young3. 114. underwat
by 西澤 裕郎
独占ハイレゾ配信 : 1stアルバム『D.A.N.』リリース特別座談会 : D.A.N.x 石原洋
[CLOSEUP]・2016年04月20日・2016年の最重要アルバム、1stアルバム『D.A.N.』独占ハイレゾ配信開始──特別座談会 : D.A.N. x 石原洋 まぁ、とにかくやつらはニクいほど完璧なのだ。 ついにリリースされたD.A.N.の1stアルバム『D.A.N.』。昨年夏リリースの1枚の4曲入りEPと配信シングル「Pool」──世に出たのはたったこの数曲。それで幅広いリスナーから注目の的となったバンド。しかも年齢は20歳そこそこ。ギター、ベース、ドラムとオーソドックスな3ピースのロック・バンドながら、そのサウンドからはクラウトロック、ポストロック、アンビエント、ダブ、トリップホップ、テクノやハウス、インディR&Bなどが溢れ出す。強靭なドラム隊、ファルセット・ヴォイスが生み出すメランコリーな浮遊感。それはインディ・ロック・キッズはもちろんクラブ・ミュージック系のリスナー、さらに熟達の音好きたちをも引きつけた。 まさに満を持してリリースされた1st『D.A.N.』、しかも彼らはしっかり予想の斜め上をいく完成度で仕上げてきた。サポート・メンバーにスティール・パンなどで小林うてな(ex 鬼の右腕)、エンジニアとD.A.N.と共同プロデュースを手
by 河村 祐介