高橋健太郎が執筆したオトトイ限定ライナー・ノーツの単体販売開始

ジム・オルークによる最新作『All kinds of People 〜love Burt Bacharach〜』。ポップス界最高峰の音楽家バート・バカラックが作り出した楽曲を、アヴァン・ポップスの異端児ジム・オルークと、東京、大阪とアメリカのミュージシャン達で解き明かす本作。オトトイでアルバム特典としてプレゼントしていた、高橋健太郎執筆による1万字越えのスペシャル・ライナー・ノーツの単体販売を開始。2010年4月15日にBillboard tokyoで行われたJim O'Rourke x Bacharach Tribute Liveのライヴ・レポートと共にお楽しみください!

>>ライナー・ノーツの単体購入(150円)はこちらから

【ライナー・ノーツの単体購入について】
ライナー・ノーツを購入の際に一緒にダウンロードされる音源は、ライナー・ノーツだけ欲しい人のために用意した音源です。たくさんのミュージシャンの声が使用された豪華な音源なので、是非聴いてください。

※このライナー・ノーツはオトトイで『All kinds of People ~love Burt Bacharach~』を買った際に、アルバム特典として付いてくるものと全く同一です。

Jim O'Rourke x Bacharach Tribute Live 2010.04.15@Billboard tokyo

「オール・カインズ・オブ・ピープル」のリリースに合わせて、東京、大阪で三日間、6セットが行なわれたジム・オルーク一座のライヴ。僕が見たのは初日、東京ビルボードでの4月15日のセカンド・セットだった。

バート・バカラックの音楽というのは、本来、ゴージャスなものだ。若き日にはマレーネ・ディートリッヒのオーケストラ・コンダクターを務めていたバカラックは、エンターテインメントの世界の掟をよく知る業界人でもある。作曲家としてはとても繊細な作品を生み出してきたが、ステージ上ではぎらぎらした野心家ぶりも覗かせる。1960年代の後半、ビートルズをはじめとするロックの波が乱暴に世界を覆い尽くそうとする中で、バカラックの音楽は、贅を尽くした極上のエンターテインメントの伝統を守り通そうとする側の、最大の抵抗勢力でもあった。

しかし、この日の一座ときたら、どうだろう。あたかも農民達の楽団が、貴族の音楽を演奏しているかのよう。いや、よく見ると、鍛冶屋も混じっていたり、得体の知れない流浪の民も混じっていたり。おじいさんの学者もいたかな。ともあれ、エンターテイメントの世界の掟には統率されない、てんでばらばらな人々が、バカラックの音楽を演奏する。リーダーは毛玉の浮いたカーディガンを着た小柄なアメリカ人。おどおどしたような様子すら窺えて、どのくらいのリーダー・シップがあるのか、見ていてもよく分からない。ただ、ステージが進むうちに、彼が選んだてんでばらばらの人々が、かけがえのない個性を持ったミュージシャン達であるのが分かってくる。無駄な音は一つもない。無駄のないアレンジということ以上に、優れた即興音楽家の演奏には無駄な音が一つもないのと同じ意味において、一群のミュージシャン達の演奏には何一つ無駄がなかった。

無駄を惜しまないゴージャスさとはまったく別の位相を持ったバカラック・ソング達。それが一つ一つ、ステージの上で花開いていく。過去のたくさんのヴァージョンが耳に馴染み過ぎた大ヒット曲ですら、見たことのない新しい花を咲かせる。時には乱暴だったり、強引だったりもするが、しかし、瑞々しい瞬間が尽きることがない、そんな一時間半だった。

この日のセット・リストは以下の通り。

1. Always Something There To Remind Me (vo:青山陽一)
2. Do You Know The Way To San Jose (vo:カヒミ・カリィ)
3. After The Fox (vo:坂田明、飛び入り:中原昌也vo)
4. Anonymous Phone Call (vo:やくしまるえつこ)
5. You'll Never Get To Heaven (vo:青山陽一)
6. Raindrops Keep Fallin On My Head (vo:小池光子)
7. The Look Of Love (vo:カヒミ・カリィ)
8. Don't Make Me Over (vo:ジム・オルーク)
9. Walk On By (vo:小池光子)
10. Close To You (vo:細野晴臣)
11. My little Red Book (vo:青山陽一、山本達久perc)

アンコール演奏された「My little Red Book」はアルバムには収録されていない曲。アルバムではYoshimiがヴォーカルを取っている「Say A Little Prayer For Me」は東京では演奏されなかった(大阪では演奏)。また、アルバムでジム・オルークがヴォーカルを取っている「Trains And Boats And Planes」は今回のツアーでは演奏されていない。

ミュージシャン達の顔ぶれは以下の通り。

ジム・オルーク(eg,vo)、グレン・コッチェ(dr)、ダーリン・グレイ(b,perc)、須藤俊明(b,perc)、青山陽一 (eg,vo)、坂田明(vo,sax,cl)、クリヤマコト(pf)、石橋英子(org)、佐々木史郎(tp)、小池光子(vo)、カヒミ・カリィ(vo)、やくしまるえつこ(vo)、細野晴臣(vo,b,ag)

細かい見所については、これ以上は書かないが、ウィルコのドラマーであるグレン・コッチェの繊細でいながら、力強いドラミング、さらには響き過ぎないドラム・セットの鳴らし方が、全体のトーンを決定づけていた。また、3人のベーシストのグルーヴがとてつもなかった。あの坂田明が職人的な仕事ぶりでアレンジに貢献している姿も新鮮だった。(text by 高橋健太郎)

PROFILE

Jim O'Rourke
1969年シカゴ生まれ。Derek Bailey(デレク・ベイリー)の音楽と出会い、13才のジム少年はロンドンにDerek Bailey(デレク・ベイリー)を訪ねる。ギターの即興演奏に開眼し実験的要素の強い作品を発表、John Fahey(ジョン・フェイヒー)の作品をプロデュースする一方でGastr Del Sol(ガスター・ デル・ソル)やLoose Fur(ルース・ファー)など地元シカゴのバンドやプロジェクトに参加、「シカゴ音響系」と呼ばれるカテゴリーを確立する。一方で、小杉武久と共にMerce Cunningham(マース・カニンハム)舞踏団の音楽を担当、Tony Conrad(トニー・コンラッド)、Arnold Dreyblatt(アーノルド・ドレイブラット)、Christian Wolff(クリスチャン・ウルフ)などの作曲家との仕事で現代音楽とポストロックの橋渡しをする。1998年超現代的アメリカーナの系譜から『Bad Timing(バッド・タイミング)』、1999年、フォークやミニマル音楽などをミックスしたソロ・アルバム『Eureka(ユリイカ)』を発表、大きく注目される。1999年から2005年にかけてSonic Youth(ソニック・ユース)のメンバー、音楽監督として活動し、広範な支持を得る。2004年には、Wilco(ウィルコ)の『A Ghost Is Born(ゴースト・イズ・ボーン)』のプロデューサーとしてグラミー賞を受賞、現代アメリカ音楽シーンを代表するクリエーターとして高く評価され、ヨーロッパでも数々のアーティストをプロデュースする。また、日本文化への造詣が深く、近年は東京に活動拠点を置く。日本でのプロデュース・ワークとしては、くるり、カヒミ・カリィなど多数。坂田明、大友良英、山本精一、ボアダムスなどとの共同作業や、武満徹作品『コロナ東京リアリゼーション』(2006)など現代音楽に至る多彩な作品をリリースしている。映像作家とのコラボレーションとしてWerner Herzog(ヴェルナー・ヘルツォーク)、Olivier Assayas(オリヴィエ・アサイヤス)、青山真治、若松考二などの監督作品のサウンドトラックを担当。ジム自身も映画監督として活動しており、彼の作品は、2004年と2006年にはホイットニー・ビエンナーレ、2005年にはロッテルダム映画祭で「重要作品」として上映されている。ソロとしての最近作『The Visitor(ザ・ヴィジター)』(2009)は『Bad Timing(バッド・タイミング)』の現代版と言える密室的ワンマン・アルバムの極致と言える。新しい「知」の探求者としてオルタナティヴ、ポストロック、エクスペリメンタル・ポップ、映画音楽、フリー・ミュージック、ジャズ、アメリカーナ、現代音楽など様々なジャンルの極北を切り開く越境的活動を行ない「現代東京カルチャー」の先導者となりつつある。

高橋健太郎
過去の職歴は音楽評論家、DJ、音楽プロデューサー、インディー・レーベル・オーナー、レコーディング・エンジニアなど。レコミュニ〜オトトイにも創設時から関わる。音楽評論集に「音楽の未来に蘇るもの」(2010年に復刊予定)。初の小説も出版準備中。

o

はてブに追加
 
 
"Close Up"の最新アーカイヴ
OAUの公開DSDレコーディングをレポート & 彼らの新作をハイレゾで予約受付開始
[CLOSEUP]・2014年08月21日・OAUの“最高の生音”を体験する公開DSDレコーディングをレポート!!さらに5年ぶりの新作をハイレゾで予約受付開始!! BRAHMANのメンバーが全員参加する6人編成のアコースティック・バンド、OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND(以下、OAU)の5年ぶりの新作『FOLLOW THE DREAM』(9月3日配信開始)をハイレゾ & CDクオリティで予約受付開始。予約していただいた方には、特典としてOAUの特製アーティスト壁紙データがプレゼントされるので要チェックだ!! そして、OTOTOYでは今回のプレオーダー開始を記念して、先日8月20日(水)におこなわれた彼らの公開DSDレコーディングの模様をレポート。このレコーディングは、OAUが立ち上げたクラウドファンド・プロジェクト「最高音質レコーディングに参加して、最高の"生音"を体感しよう。」の支援者を招いて実施されたもので、レコーディング・ディレクターとして美濃隆章(toe)、DSDレコーディングのエンジニアとして高橋健太郎(OTOTOYプロデューサー)が参加。さらに、Candle JUNEが空間演出を担当し、レコーディング・スタジ
by 岡本 貴之
Hi,how are you? 大好評の1stアルバムからわずか半年、早くも2ndアルバムをリリース
[CLOSEUP]・2014年08月21日・関西インディーズの注目バンドがわずか半年で送るセカンド・アルバム!—— Hi,how are you?から夏の切なさを刺激する残暑見舞い ギターと鍵盤。シンプルなポップ・サウンドながらも絶妙な抜け感がクセになる京都の2人組、Hi,how are you?。彼らが今年2月にROSE RECORDSからデビューして半年、早くもセカンド・アルバムが到着しました。その中身はトラックリストだけでも一目瞭然。お盆を過ぎたこの季節には妙に染み渡る夏の記憶が詰め込まれています。そのなかにはVIDEOTAPEMUSICとのスプリット7inch限定シングル『熱海へ行くつもりじゃなかった』で話題を呼んだ「熱海」も収録。憎いことにOTOTOY限定のボーナストラックとして用意してくれた楽曲はクレイジーケンバンド「せぷてんばぁ」のカヴァー。夏の終わりを告げるこの曲は、ぜひあわせて聴いていただきたいところです。この作品の物語性、そしてバンドの成長を読み解くインタヴューとともに、『さまぁ〜ぎふと』を受け取ってください。 OTOTOY限定ボーナストラック付き! このカヴァー、必聴です!! Hi,how are you? / さまぁ〜ぎふと'
新プロジェクト、“エミ・マイヤーと永井聖一”による日本語ポップスをハイレゾで
[CLOSEUP]・2014年08月20日・ハイレゾで聴く色鮮やかな日本語とポップスの世界——新プロジェクト、“エミ・マイヤーと永井聖一”、始動 トヨタ自動車〈プリウス〉のCMタイアップ曲など、数多くのCMソング・ヒットを生み出しているSSW、エミ・マイヤー。相対性理論のギタリストとしてはもちろんのこと、近年では“山P”こと山下智久やムーンライダースなど、ジャンルレスなアーティストへの楽曲提供、プロデュースを行う、永井聖一。音楽シーンの第一線で活動を続ける彼らによる、直球な名前の新ユニット“エミ・マイヤーと永井聖一”の作品は、直球なポップ・アルバムだ。その内容は、全編日本語詞による、季節、時間を問わず耳にすっと入り込むような、優しい空気漂うポップ・ソングで構成されている。しかしながら、その楽曲郡には、ソフト・ロック、オールディーズ、ファンク・ビートなどの要素を織り交ぜるなど、彼ららしい“鋭い”音楽センスを見せつける内容である。まさにオールタイム・ベストとなりそうな今作をOTOTOYでは、24bit/44.1kHzのハイレゾ音源でお届け。 そして今回、このコラボレーション・ユニットが生まれた経緯、全編日本語詞にした理由などを、エミ・マイヤー本人に聞いて
by JJ
Basement Jaxx、ニューアルバム配信開始
[CLOSEUP]・2014年08月20日・ベースメント・ジャックスの新作はバック・トゥ・ベーシックなハウス・ミュージック! 彼らの音で、残りの夏の日々を踊り尽くそうじゃないか。 約5年ぶり、7作目のフル・アルバム『Junto(フント)』をリリースしたベースメント・ジャックス。ハウス・ミュージックを基礎としたダンス・アクトとして、ある意味でフランスのダフト・パンクと双璧を成す存在と言っても良いかもしれない。先頃も、フジロックで来日し、圧倒的なライヴを繰り広げたばかりだ。本作もベースメント・ジャックスらしい、ハウスを起点としながら音楽が極上のエンターテインメントであることを指し示す、そんな作品を作り続けている。これまで、ラテンにはじまり、南米~カリビアンやアフロなどなど様々な音楽性を取り入れ、そのダンスフロアの面積を広くしてきた彼ら。新たにCharaが参加した「Wherever You Go」も収録。 Basement Jaxx / Junto (Special Edition)【配信フォーマット】ALAC / FLAC / WAV(16bit/44.1kHz) / mp3【価格】単曲257円、アルバムまとめ購入1,851円【収録曲】01. Intr
by 河村 祐介
サニーデイ・サービス、2年ぶりのシングルは極上のサマー・チューン!!
[CLOSEUP]・2014年08月19日・サニーデイ・サービス、2年ぶりのシングルは極上のサマー・チューン!! 再結成から6年、独自のペースで活動を続けるサニーデイ・サービスが、2年ぶりの新作『アビーロードごっこ』を発表した。2012年夏に2作連続でリリースされた『夏は行ってしまった』『One Day』に続く、再結成後3作目のシングルとなる本作。ロウなガレージ・サウンドで颯爽と駆けていくタイトル曲、そして暑さがもたらす目眩をゆったりとしたリズムで表現したようなカップリングは、どちらも夏の情景や心象を見事に切り取ったナンバーだ。サニーデイ・サービスが贈るこの夏必聴の2曲、ぜひレヴューとともに耳を傾けてほしい。 サニーデイ・サービス / アビーロードごっこ'【配信形態 / 価格】ALAC / FLAC / WAV : 450円(単曲は各249円)mp3 : 400円(単曲は各199円)【収録曲】''01. アビーロードごっこ02. サンバ 熱情を儚げに描くこの文学性こそがサニーデイの「らしさ」「痛ましくも輝かしい、我が少年時代に捧ぐ」 というのは、映画監督の大林宣彦が自身の故郷、尾道を舞台に撮影した青春映画「さびしんぼう」の冒頭で流れる言葉。再結成
by bobbiiiiie
BELLRING少女ハート、公式ゴーストライター募集!!
[CLOSEUP]・2014年08月14日・俺たち、本気です!! この曲で世界(コーチェラ)目指しましょう!!ーーBELLRING少女ハート、公式ゴーストライター募集!! 今年6月に渋谷CLUB QUATTROでのワンマン(ソールドアウト)を大成功させ、次なるステップを目指し歩みを進めるBELLRING少女ハート。破天荒と言われ続ける彼女たちが、大きなステージに立つことは痛快この上ありません。が、好調ななか、どこか自分たちの型にはまってしまっているのではないか? おせっかいにも、そう考えたOTOTOYは、ディレクターの田中紘治に「1曲だけ、メロディをOTOTOY上に公開し、新鋭のアレンジャーに編曲を委ねさせてくれないか」と伝えたのです。そうしたところ、メロディだけでなく、なんか観たような覚えのある雰囲気で書かれた指示書、さらにはそれを歌ってくれる女の子募集など、余計なものもたくさん送られてきてしまったのです…。 しかし、もとはといえば、こちらが出した船。とことん乗りましょう。われわれはベルハー公認「ゴーストライター」を募集することに決めました!! これは冗談ではありません。田中が生み出したメロディを元に、ベルハーの楽曲としてアレンジしてくれる方を募
by 西澤 裕郎
まがりかど、初作品を配信開始!!
[CLOSEUP]・2014年08月14日・これは言うなれば、銀杏BOYZミーツ・チャットモンチーか? 気鋭のガールズ・バンドまがりかど、これは必聴です! 今回インタヴュアーを務めたライター前田将博、そしてOTOTOY編集長の飯田仁一郎が、まったく別の場所で、まったく同じバンドの名を出してまがりかどを紹介した――「彼女たちは銀杏BOYZみたいだけど、同時にチャットモンチーにもなれる」。たいそれた名前を持ち出して、と思うかもしれないが共感、批判の前に、まずは聴いてほしい。全員で作詞作曲、ヴォーカルまで担当する、4人組のガールズ・バンド、まがりかどの初EP『まがりかど、まがったら』!! これまで手売りのみだった本作を、OTOTOY用に特製デジタルブックレットを付け、ワンコイン内でお届けします。初のインタヴューととともに彼女たちの誕生を耳に目に焼き付けてください!! OTOTOYの大推薦アーティストです!!! まがりかど / まがりかど、まがったら'【配信価格】alac / flac / wav(16bit/44.1kHz) : 単曲 200円 / まとめ購入 300円mp3 : 単曲 150円 / まとめ購入 300円【Track List】01. まが
by 純三
suzumokuによる、3ヶ月連続シングルを1週間先行ハイレゾで!
[CLOSEUP]・2014年08月13日・エレクトリック・ギターに乗せた迸る感情とメッセージ——suzumokuによる3ヶ月連続シングルを、どこよりも早く、ハイレゾで聴け! 2007年から精力的に活動を続けるSSW、suzumoku。デビュー当初のアコーティスティック・ギターでの演奏スタイルから一転、5thアルバム『Ni』以降エレクトリック・ギターによる演奏を取り入れたことにより、サウンド面はもちろん、アーティストとしても大きくレンジを広げた。常に挑戦し続ける彼が今回企むのは、7月から9月にかけての3ヶ月連続シングル・リリース。OTOTOYでは今プロジェクトをすべて1週間先行、24bit/48kHzのハイレゾ音源でお届け。いままでのsuzumokuからは想像出来ない、聴く人々に熱く何かを訴えかける、アグレッシヴかつ焦燥感に満ちたバンド・サウンドをどこよりも早く、そして高音質で体感していただきたい。そして2014年5月14日からは7ヶ月連続でのフリー・ライヴを敢行。suzumokuは止まることを知らない。そんな彼に3ヶ月連続リリース、フリーライヴへの思いを聞くべく、インタヴューで迫った。ミュージシャンとしての在り方、作品への思いを語る彼の姿は、驚く
by 長島 大輔
 
筆者について
BB (Reviewed by Kentaro Takahashi)

本名:高橋健太郎プロデューサー、ジャーナリスト、選曲家など。高橋健太郎 文筆家/音楽制作者 評論集「ポップミュージックのゆくえ〜音楽の未来に蘇るもの」がアルテスパブリッシングから発売中。http://tinyurl.com/2g72u5e twitterアカウントは@kentarotakahash

同じ筆者による他の記事