高橋健太郎が執筆したオトトイ限定ライナー・ノーツの単体販売開始

ジム・オルークによる最新作『All kinds of People 〜love Burt Bacharach〜』。ポップス界最高峰の音楽家バート・バカラックが作り出した楽曲を、アヴァン・ポップスの異端児ジム・オルークと、東京、大阪とアメリカのミュージシャン達で解き明かす本作。オトトイでアルバム特典としてプレゼントしていた、高橋健太郎執筆による1万字越えのスペシャル・ライナー・ノーツの単体販売を開始。2010年4月15日にBillboard tokyoで行われたJim O'Rourke x Bacharach Tribute Liveのライヴ・レポートと共にお楽しみください!

>>ライナー・ノーツの単体購入(150円)はこちらから

【ライナー・ノーツの単体購入について】
ライナー・ノーツを購入の際に一緒にダウンロードされる音源は、ライナー・ノーツだけ欲しい人のために用意した音源です。たくさんのミュージシャンの声が使用された豪華な音源なので、是非聴いてください。

※このライナー・ノーツはオトトイで『All kinds of People ~love Burt Bacharach~』を買った際に、アルバム特典として付いてくるものと全く同一です。

Jim O'Rourke x Bacharach Tribute Live 2010.04.15@Billboard tokyo

「オール・カインズ・オブ・ピープル」のリリースに合わせて、東京、大阪で三日間、6セットが行なわれたジム・オルーク一座のライヴ。僕が見たのは初日、東京ビルボードでの4月15日のセカンド・セットだった。

バート・バカラックの音楽というのは、本来、ゴージャスなものだ。若き日にはマレーネ・ディートリッヒのオーケストラ・コンダクターを務めていたバカラックは、エンターテインメントの世界の掟をよく知る業界人でもある。作曲家としてはとても繊細な作品を生み出してきたが、ステージ上ではぎらぎらした野心家ぶりも覗かせる。1960年代の後半、ビートルズをはじめとするロックの波が乱暴に世界を覆い尽くそうとする中で、バカラックの音楽は、贅を尽くした極上のエンターテインメントの伝統を守り通そうとする側の、最大の抵抗勢力でもあった。

しかし、この日の一座ときたら、どうだろう。あたかも農民達の楽団が、貴族の音楽を演奏しているかのよう。いや、よく見ると、鍛冶屋も混じっていたり、得体の知れない流浪の民も混じっていたり。おじいさんの学者もいたかな。ともあれ、エンターテイメントの世界の掟には統率されない、てんでばらばらな人々が、バカラックの音楽を演奏する。リーダーは毛玉の浮いたカーディガンを着た小柄なアメリカ人。おどおどしたような様子すら窺えて、どのくらいのリーダー・シップがあるのか、見ていてもよく分からない。ただ、ステージが進むうちに、彼が選んだてんでばらばらの人々が、かけがえのない個性を持ったミュージシャン達であるのが分かってくる。無駄な音は一つもない。無駄のないアレンジということ以上に、優れた即興音楽家の演奏には無駄な音が一つもないのと同じ意味において、一群のミュージシャン達の演奏には何一つ無駄がなかった。

無駄を惜しまないゴージャスさとはまったく別の位相を持ったバカラック・ソング達。それが一つ一つ、ステージの上で花開いていく。過去のたくさんのヴァージョンが耳に馴染み過ぎた大ヒット曲ですら、見たことのない新しい花を咲かせる。時には乱暴だったり、強引だったりもするが、しかし、瑞々しい瞬間が尽きることがない、そんな一時間半だった。

この日のセット・リストは以下の通り。

1. Always Something There To Remind Me (vo:青山陽一)
2. Do You Know The Way To San Jose (vo:カヒミ・カリィ)
3. After The Fox (vo:坂田明、飛び入り:中原昌也vo)
4. Anonymous Phone Call (vo:やくしまるえつこ)
5. You'll Never Get To Heaven (vo:青山陽一)
6. Raindrops Keep Fallin On My Head (vo:小池光子)
7. The Look Of Love (vo:カヒミ・カリィ)
8. Don't Make Me Over (vo:ジム・オルーク)
9. Walk On By (vo:小池光子)
10. Close To You (vo:細野晴臣)
11. My little Red Book (vo:青山陽一、山本達久perc)

アンコール演奏された「My little Red Book」はアルバムには収録されていない曲。アルバムではYoshimiがヴォーカルを取っている「Say A Little Prayer For Me」は東京では演奏されなかった(大阪では演奏)。また、アルバムでジム・オルークがヴォーカルを取っている「Trains And Boats And Planes」は今回のツアーでは演奏されていない。

ミュージシャン達の顔ぶれは以下の通り。

ジム・オルーク(eg,vo)、グレン・コッチェ(dr)、ダーリン・グレイ(b,perc)、須藤俊明(b,perc)、青山陽一 (eg,vo)、坂田明(vo,sax,cl)、クリヤマコト(pf)、石橋英子(org)、佐々木史郎(tp)、小池光子(vo)、カヒミ・カリィ(vo)、やくしまるえつこ(vo)、細野晴臣(vo,b,ag)

細かい見所については、これ以上は書かないが、ウィルコのドラマーであるグレン・コッチェの繊細でいながら、力強いドラミング、さらには響き過ぎないドラム・セットの鳴らし方が、全体のトーンを決定づけていた。また、3人のベーシストのグルーヴがとてつもなかった。あの坂田明が職人的な仕事ぶりでアレンジに貢献している姿も新鮮だった。(text by 高橋健太郎)

PROFILE

Jim O'Rourke
1969年シカゴ生まれ。Derek Bailey(デレク・ベイリー)の音楽と出会い、13才のジム少年はロンドンにDerek Bailey(デレク・ベイリー)を訪ねる。ギターの即興演奏に開眼し実験的要素の強い作品を発表、John Fahey(ジョン・フェイヒー)の作品をプロデュースする一方でGastr Del Sol(ガスター・ デル・ソル)やLoose Fur(ルース・ファー)など地元シカゴのバンドやプロジェクトに参加、「シカゴ音響系」と呼ばれるカテゴリーを確立する。一方で、小杉武久と共にMerce Cunningham(マース・カニンハム)舞踏団の音楽を担当、Tony Conrad(トニー・コンラッド)、Arnold Dreyblatt(アーノルド・ドレイブラット)、Christian Wolff(クリスチャン・ウルフ)などの作曲家との仕事で現代音楽とポストロックの橋渡しをする。1998年超現代的アメリカーナの系譜から『Bad Timing(バッド・タイミング)』、1999年、フォークやミニマル音楽などをミックスしたソロ・アルバム『Eureka(ユリイカ)』を発表、大きく注目される。1999年から2005年にかけてSonic Youth(ソニック・ユース)のメンバー、音楽監督として活動し、広範な支持を得る。2004年には、Wilco(ウィルコ)の『A Ghost Is Born(ゴースト・イズ・ボーン)』のプロデューサーとしてグラミー賞を受賞、現代アメリカ音楽シーンを代表するクリエーターとして高く評価され、ヨーロッパでも数々のアーティストをプロデュースする。また、日本文化への造詣が深く、近年は東京に活動拠点を置く。日本でのプロデュース・ワークとしては、くるり、カヒミ・カリィなど多数。坂田明、大友良英、山本精一、ボアダムスなどとの共同作業や、武満徹作品『コロナ東京リアリゼーション』(2006)など現代音楽に至る多彩な作品をリリースしている。映像作家とのコラボレーションとしてWerner Herzog(ヴェルナー・ヘルツォーク)、Olivier Assayas(オリヴィエ・アサイヤス)、青山真治、若松考二などの監督作品のサウンドトラックを担当。ジム自身も映画監督として活動しており、彼の作品は、2004年と2006年にはホイットニー・ビエンナーレ、2005年にはロッテルダム映画祭で「重要作品」として上映されている。ソロとしての最近作『The Visitor(ザ・ヴィジター)』(2009)は『Bad Timing(バッド・タイミング)』の現代版と言える密室的ワンマン・アルバムの極致と言える。新しい「知」の探求者としてオルタナティヴ、ポストロック、エクスペリメンタル・ポップ、映画音楽、フリー・ミュージック、ジャズ、アメリカーナ、現代音楽など様々なジャンルの極北を切り開く越境的活動を行ない「現代東京カルチャー」の先導者となりつつある。

高橋健太郎
過去の職歴は音楽評論家、DJ、音楽プロデューサー、インディー・レーベル・オーナー、レコーディング・エンジニアなど。レコミュニ〜オトトイにも創設時から関わる。音楽評論集に「音楽の未来に蘇るもの」(2010年に復刊予定)。初の小説も出版準備中。

o

はてブに追加
 
 
"Close Up"の最新アーカイヴ
高橋幸宏に訊く〈WORLD HAPPINESS 2015〉のあり方とは? 2015年8月23日、8回目の開催決定!!
[CLOSEUP]・2015年06月29日・フェス乱立時代のなか、リスペクトと独自性を体現する都市型フェスーー高橋幸宏に訊く〈WORLD HAPPINESS 2015〉のあり方とは? 高橋幸宏がキュレーターをつとめる都市型フェスティバル〈WORLD HAPPINESS〉。夢の島公園陸上競技場というアクセスのよさと、レジャーシート付きで親子連れでも楽しめることにこだわり、今年で8回目の開催を迎える。TRICERATOPSやLOVE PSYCHEDELICOのようなキャリアのあるアーティストから、坂本真綾やSCANDALまで、他のフェスにはない組み合わせも大きな魅力である。ジャンルにとらわれずアーティストへのリスペクトも込められた本フェスについて、今年はMETAFIVEとしての出演を果たす高橋幸宏本人に話を訊いた。音楽から足が遠のいてしまった人こそ、この機会に足を運んでみてはいかがだろう? 親子で楽しめる都心のフェス、8回目の開催WORLD HAPPINESS 2015'2015年8月23日(日)@夢の島公園陸上競技場'時間 : 開場 11:30 / 開演 12:00料金 : ブロック指定 8,800円 / 小学生 1,200円 / 親子チケット 9,
by 西澤 裕郎
インストゥルメンタル・ギター・デュオ、SOUL GAUGEが放つセカンド・アルバム配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2015年06月24日・小林幸子との共演も実現させたブルース・ギターの名手、SOUL GAUGEが日本の名曲をリビルド! 米カンザス州で開催された国際ギター・コンテストでTOP5を獲得し、ニコ動で再生ランキング1位を獲得している井草聖二と、数多くのアーティストのレコーディングとツアーに参加している磯貝一樹からなるインストルメンタル・ギターデュオ、SOUL GAUGE。ファースト・アルバム『Born in Street』の発売後、BSジャパン・テレビ番組『徳光和夫の名曲にっぽん』の演出家に路上で見出されて数々の演歌歌手の演奏を重ねたことをきっかけに、"名曲"と言われる日本の歌謡曲の虜に。自分たちの解釈でアレンジすることをコンセプトにした今作『Walk on Japan -Everlasting Loves-』を完成させた。 坂本冬美の「夜桜お七」にはじまり、河島英五の「酒と泪と男と女」、テレサ・テン「時の流れに身をまかせ」とずらり揃うなか、クライマックスにはあの小林幸子とコラボレーションした「おもいで酒」を収録! その偉業をなしたSOUL GAUGEにインタヴューを敢行した。 SOUL GAUGE / Walk on Japan
新たなサイケデリアはここにこそ宿る——完全復活を遂げたDachamboによる、5年ぶりの新作を聴け!!
[CLOSEUP]・2015年06月17日・新たなサイケデリアはここにこそ宿る——完全復活を遂げたDachamboによる、5年ぶりの新作を聴け!! Dachamboは、サイケデリックかつアッパーな音像とピースフルなライヴ・パフォーマンスで、あらゆる音楽フェスを座巻してきたジャム・バンド。1年間活動を休止していた彼らが、2014年から完全復活を遂げ、5年ぶりの新作『PURiFLY』をリリースする。「Purify(浄化する)」と「Fly(飛ぶ)」という2つの単語の造語による今作のタイトル通り、どの楽曲も、聴くものを昇天させる極上のグルーヴに溢れている。アフロ・グルーヴ、ハード・ロック、EDMなど、あらゆるジャンルをごった煮にし、彼らにしかできない渦巻くサイケデリック・サウンドをお楽しみあれ。 Dachambo / PURiFLY'【Track List】01. MIYAMU / 02. SURE / 03. ASKALASKA / 04. Marsblue / 05. GreenStone From The Sun / 06. スケルトン7 / 07. APORO【配信形態 / 価格】''16bit/44.1kHz WAV / ALAC / FLAC
みみめめMIMI、アニメ『山田くんと7人の魔女』EDテーマ収録のニュー・シングルで初ハイレゾ・リリース!!
[CLOSEUP]・2015年06月10日・あなたの耳をも〜っと刺激する!? みみめめMIMI、アニメ『山田くんと7人の魔女』ED収録の新シングルを初ハイレゾ配信! ”耳”と”目”の両方で刺激する2人組新世代視聴覚ユニット、みみめめMIMIの楽曲が待望のハイレゾで登場! 今回リリースとなるのは2015年4月より放映中のアニメ『山田くんと7人の魔女』のEDテーマである「CANDY MAGIC」を含むシングル。『山田くんと7人の魔女』から感じた短い学園生活の凝縮された輝きを、口にすればやがて溶けてしまう「キャンディ」の儚さに重ねた、切なくもあたたかいポップ・ナンバー。 アニメ『君のいる町』、でんぱ組.inc主演映画『白魔女学園』、アニメ『ブレイドアンドソウル』と、名だたるタイトルの主題歌を担当し当初より注目を集めていた彼女たち。ハイレゾを機にこの度インタヴューも敢行! タカオユキも感動! のハイレゾとともにあなたの目と耳を刺戟します。 みみめめMIMI / CANDY MAGIC'【Track List】01.CANDY MAGIC /02.サヨナラ嘘ツキ~Piano Version~ /03.CANDY MAGIC instrumental / サヨ
by 純三
LOST IN TIMEによる、未来への希望を描いた新作、『DOORS』を配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2015年06月05日・「皆、希望を持とうよ」——LOST IN TIME、バンドとしての新機軸が詰まった9thアルバム『DOORS』に迫る 2001年の結成から現在まで、止まることなく積極的な活動を見せてきたロック・バンド、LOST IN TIME。これまで8つのアルバムを発表してきた彼らが今回、2年ぶりの新作『DOORS』をリリース。シンプルな楽器構成の上で練りに練られたアレンジ、バンドとして新機軸であるインスト・ナンバーなど、大変聴きごたえのある作品を生み出したメンバーの1人、海北大輔(Vo, Ba, Pf)へインタヴューを行った。海北自身、「今まで作ってきたどのアルバムにも負けない足跡、レコードを残せた」と語る本作は、どのように生み出され、そしてどのようなメッセージが込められているのだろうか。未来への希望を込められた新作と、彼の声にぜひ耳を傾けていただきたい。 LOST IN TIME / DOORS'【Track List】01. 36602. Synthese03. 燈る街04. No caster05. 小さな隣人06. ligarse07. 予知夢08. 22世紀09. 呼ぶ10. hurry11. home12
筋肉少女帯人間椅子『地獄のアロハ』をハイレゾ配信スタート!! 和嶋慎治へのインタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2015年06月03日・地獄のアロハ?! ハイレゾ配信?!ーー筋肉少女帯と人間椅子のコラボレーションがヤバすぎる!! 筋肉少女帯と人間椅子がまさかのコラボレーション!? コラボTシャツを作ろうという話から「いっそアロハはどう? 両バンドともリゾート感まったくないし」「そしたら『地獄のアロハ』だね(笑)」という冗談になり生まれたという表題曲。それを冗談でなく本気で実現してしまうのが、この2バンドのすごいところ。「地獄のアロハ」の作詞は、筋肉少女帯の大槻ケンヂと人間椅子の和嶋慎治が担当。作曲は、筋肉少女帯の橘高文彦、本城聡章、内田雄一郎、人間椅子の鈴木研一と和嶋が5人で手がける。カップリングでは、筋肉少女帯は人間椅子の「ダイナマイト」、人間椅子は筋肉少女帯の「少年、グリグリメガネを拾う」をカヴァー。それぞれのアレンジで独自のサウンドに仕立てている。そんな本作をハイレゾ配信するとともに、両バンドを代表して和嶋慎治に話を訊いた。 地獄のハイレゾ配信!!筋肉少女帯人間椅子 / 地獄のアロハ'【配信価格】24bit/48kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC単曲 540円 / まとめ購入 2,000円16bit/44.1
by 西澤 裕郎
BRADIO『POWER OF LIFE』を配信スタート!! メンバー・インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2015年06月04日・日常じゃないモノを感じるためのファンキー!!ーー音楽で、映像で、インタヴューで、エンターテイメントするBRADIOを聴け!! ファンキーでグルーヴィーなロック・サウンドを奏でる4人組エンターテイナー・ロックバンド、BRADIOが1stフル・アルバム『POWER OF LIFE』をリリース!! 2014年に発売された1st両A面シングルより「オトナHIT PARADE」、アニメ「デス・パレード」オープニング曲の2ndシングル「Flyers」を含む全12曲入り。ゲスト・アーティストとして、HOME MADE 家族からMICRO、UNCHAINから谷川正憲、FAT PROPからRindaとEma、ルルルルズからモミが参加。BRADIOの大ファンでもあるOTOTOY編集長・飯田仁一郎がインタヴューで切り込む。それだけでなく「BRADIOのMCを隠し撮りしたものを、アルバムのOTOTOYオリジナル特典にしたい!」という想いにより、オリジナル特典が実現!! OTOTOYでBRADIOをしゃぶり尽くしすべし!! ※アルバムをまとめ購入いただくと、BRADIOのMC隠し撮り「オレのアフロが好きか?@渋谷O-west編」
by JJ
中島ノブユキによる、室内楽アルバムをDSD+ハイレゾの最高音質で配信
[CLOSEUP]・2015年06月03日・“静”と“動”を行き来する、美しくも希有な八重奏——DSD+ハイレゾで室内楽アルバムを発表する中島ノブユキに柳樂光隆が迫る NHK大河ドラマ「八重の桜」の劇伴でその名を世間に知らしめ、ジャズやクラシックなどあらゆるフィールドで活躍する音楽家、中島ノブユキ。そんな彼が自身のレーベル〈SOTTO〉から、『散りゆく花』をDSD5.6MHzと24bit/88.2kHzのハイレゾ音源でリリースした。ピアノ1台によって作り上げられた前作『クレール・オブスキュア』とは打って変わり、ピアノ、ギター、バンドネオン、オーボエ、弦楽三重奏、コントラバスという異色の八重奏で織りなされた本作。“静”と“動”を大きく行き来する、その美しくも希有なアンサンブルを、ライター柳樂光隆(『Jazz The New Chapter』監修)によるインタヴューと、繊細な音質でお楽しみいただきたい。 中島ノブユキ / 散りゆく花'【収録曲】01. エレメント・オブ・ディスタンツァ02. 追憶のワルツ03. スプリング・ナーヴァス04. 散りゆく花05. 木洩れ日06. スパルタカス 愛のテーマ07. ディスタンツァ08. エスペヒスモ ~蜃気楼~ レ