★STAR GUiTAR / SiZK、そして新たなアーティスト、Akiyoshi Yasudaへ──フリー&ハイレゾ配信

ソロ・プロジェクト、★STAR GUiTARとしての活動、そしてプロデューサー / 作家として、AAA、Sexy Zone、西野カナといったポップ・アクトを手がけるSiZKとしての活動、このふたつの名義で活躍してきたアーティストが新たなプロジェクトを開始する。そのプロジェクト名とは、ずばりストレートにAkiyoshi Yasuda。このたび名刺代わりとなる『alter ego』をリリースした。すでにOTOTOYでは、10月13日より約1週間の先行配信、しかも32bit float版と24bit版のふたつのハイレゾ・パッケージにて配信を開始し、好評を得ている。ここには★STAR GUiTARでも、SiZKでもない新たなサウンド・フィーリングが顔を覗かしている。Akiyoshi Yasudaはジャンルを超え、ひとりのアーティストとして、いま動き出したというわけだ。

OTOTOYでは新たに本作のなかから、1曲、「nano」をフリー配信するとともに、OTOTOYプロデューサー、高橋健太郎によるレヴュー記事をお届けしよう。ちなみに、フリーの楽曲は32bit float版と24bit版、どちらも配信なので、エンジニアとしてマスタリングや細部にいたるまで自身で手がけるAkiyoshi Yasudaによる極上のハイレゾ音源を異なるスペックで聴き比べる、なんてこともできてしまう。ということで、ぜひともこの機会に、お聴きください。

Akiyoshi Yasuda名義のデビュー作『alter ego』から「nano」をフリー配信

Akiyoshi Yasuda / alter ego

【Track List】
01. y
02. A
03. Coma
04. lifeis
05. nano ←フリーダウンロード
06. rense
07. turn
08. standalone




32bit float版、24bit版ともに5曲目「nano」をフリー配信。パッケージページで5曲目「nano」のみを選択し、0円で決済、ダウンロードへ進んでください。
アルバム全体は通常通りお買いもとめいただけます。

【左 : 32bit float版】
32bit float/48kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC
単曲 216円(税込) / アルバムまとめ購入 1,620円(税込)


【右 : 24bit版】
24bit/48kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC
単曲 194円(税込) / アルバムまとめ購入 1,404円(税込)

REVIEW : Akiyoshi Yasuda『Alter Ego』

SiZKの名で数々のアーティストへの楽曲提供やプロデュースを行う一方、★STAR GUiTAR名義でヒット作を連発してきたAkiyoshi Yasudaが、本名を使っての活動も始めた。そのデビュー作となるのが、この10月発表の『Alter Ego』というアルバムだ。

★STAR GUiTARでの活動もソロ・アーティストとしてのものであり、多くのピアニストとのコラボレーションで作り上げた2014年のヒット・アルバム『Schrödinger's Scale』以後は驚くべきペースでのリリースラッシュが続いている。それだけに何故、また別名義での活動を?とも思ったが、『Alter Ego』を聴いてみると、その疑問も氷解する。Akiyoshi Yasudaの音楽家としての、あるいは人間としての核心部分が、初めて外気に触れたかのようなフレッシュな作品がそこにあるからだ。

★STAR GUiTARの音楽を特徴づけてきたスピード感や高揚感、めくるめく展開といったものは、『Alter Ego』にはほとんど見当たらない。ダンス・ミュージックからは遠く離れ、ドラム・トラックが使われている曲でもそのビート感はダンサブルを志向したものではない。ループ的というよりはミニマル・ミュージック的。が、何も起こらないかと思えば、突如、予想のつかない展開をしたりもする。

ピアノやストリングスといったクラシカルな楽器音が使われる一方で、エレクトロニクスにはノイズ的な要素が多く組み入れられている。サウンド面で何より際立っているのは空間の美しさ。それは★STAR GUiTARの音楽にも感じられるものだが、『Alter Ego』では、Akiyoshi Yasudaの繊細な空間構成術がより前面化し、世界を統べているかのような感がある。

★STAR GUiTARのアルバムと対照的な作品

ゲスト・ミュージシャンは誰もいない完全なるソロ作品。ピアノなども全てDAWソフトウェアで作られたものだという。曲のタイトルはどれもシンプルで、アルファベット1文字だけのものもある。意味深なタイトルの多い★STAR GUiTARのアルバムとはこの点でも対照的だ。

そんな『Alter Ego』を何度も聴き返すうちに、不思議なことに、僕はそこから「うた」が聴こえてくるような錯覚に陥った。大きなメロディーはないし、もちろん、言葉はどこにもない。そんな曲達が並んでいるにもかかわらず。あるいは、Akiyoshi Yasudaの心の奥底の、言葉にならない何か。それを曲として完成させることにこだわらず、自動筆記のように音にしていったのが、この『Alter Ego』なのかもしれない。

そんなさりげなさと深みを合わせ持つこのAkiyoshi Yasudaのアルバムは、SiZK/★STAR GUiTARでの彼の活動とはまったく違うレイヤーで、新しいリスナーを獲得する力を持っているとも思う。(text by 高橋健太郎)



>>10月19日(水)発売の雑誌『Net Audio(ネットオーディオ)Vol.24』誌にて詳細なインタヴュー記事も掲載予定!
詳しくはコチラヘ

RECOMMEND

★STAR GUiTAR / Wherever You Are(24bit/48kHz)

★STAR GUiTAR名義、H ZETT Mや、アジア諸国でも絶大な人気を誇るジャジー・ヒップホップ・シーンの覇者、re:plus。そして今年最も話題の新人といっても過言ではないグルーヴ・ジャズ・バンド、Lotus Landと、豪華3組のゲスト陣を迎え制作された通算5作目。OTOTOYではハイレゾ版の特典として、まとめ購入いただいた方にのみ、特典として『Wherever You Are』の32bit float /48kHz wav音源がまるっと付属します。

★STAR GUiTAR / Wherever I am(24bit/48kHz)

★STAR GUiTAR名義の通算4枚目のアルバム。★STAR GUiTARの十八番である抜群の高揚感をもったダンス・チューンから、どこまでも美しい輝きを持つミドル・バラードまでを収録。fox capture plan、LASTorderと、2組の豪華ゲストも参加。

Schrodinger's Scale(24bit/48kHz)

「ピアノ」×「ダンス・ミュージック」、JABBERLOOPのキーボードとしてだけでなく、近年はfox capture planのキーボードとしても大ブレイク中のMELTEN、活動も盛んなH ZETT M、そしてSchroeder-Headzを迎えた美しい「Rise In Revolt」を収録。ある意味で★STAR GUiTAR名義の岐路となったヒット作。

PROFILE

Akiyoshi Yasuda profile

1983年生まれ。愛知県出身。SiZKとして山本領平のトラックメイキングでデビューし、AAAやSexyZone、西野カナ、BENNIE K、など、様々なジャンルの楽曲を手がける。2010年には自身のプロジェクト★STAR GUiTARを始動。テクノを基軸にハウス、エレクトロ、ドラムンベースやエレクトロニカなどの多彩なダンスミュージックを昇華したサウンドを展開し8月「Brain Function feat. Azumi from wyolica」でデビュー、2011年1月には1stアルバム「Carbon Copy」でiTunes Storeダンスチャート1位を記録。2014.9月には、「ダンスミュージック」×「ピアノ」を融合させた、コラボレーションアルバム『Schrödinger's Scale』をリリース。90年代のテクノ・ミュージックをベースに、 fox capture plan のキーボードとしても大ブレイク中の「MELTEN」、PE'Zのキーボードとして時代を築き、現在はソロ名義での活動も盛んな「H ZETT M」、孤高の世界観を奏でる「Schroeder-Headz 」等、豪華なピアノスト達との共演を実現し、ある種のセッション的なプロセスによって作り上げたその音像は大きな反響をよんでいる。2015年8月にリリースされた『Wherever I am』では、多方面から注目を集める“現代版ジャズ・ロック"ピアノ・トリオ、fox capture planが参加。メンバーの演奏シーンに加え、★STAR GUiTARがリアルタイムでミックス、エフェクト処理をしていくライブ感溢れるMVが話題となった。

>>Akiyoshi Yasuda STUDiO SELFiSHページ

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】15年目に突入のNegicco──2作目となるベスト・アルバムをハイレゾ配信
・2017年07月20日・【REVIEW】15年目に突入のNegicco──2作目となるベスト・アルバムをハイレゾ配信 新潟在住の3人組アイドル・ユニットNegiccoが、キャリア15年目に突入した2017年7月20日、2作目となるベスト・アルバム『Negicco 2011~2017 -BEST- 2』をリリース。「光のシュプール」「ねぇバーディア」といったシングル曲はもちろん、作詞・作曲堀に堀込高樹、編曲にKIRINJIを迎えた書き下ろしの新曲「愛は光」、Homecomingsのギタリスト・福富優樹作詞の「ともだちがいない!」、《SIDE B楽曲から1曲を選ぶTwitterファン投票企画》にて圧倒的票数で選ばれた「さよならMusic」も収録。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信!! 大人のしなやかさと可愛らしさを持ち合わせたNegiccoの現在をお楽しみください。 2作目となるベスト・アルバムをハイレゾ配信Negicco / Negicco 2011~2017 -BEST- 2【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 201円(税込) / まとめ 2,401円(税込) 【収録曲】1. 愛は光
by 鈴木 雄希
でんぱ組.inc「夢眠ねむ」ボカロ“夢眠ネム”でコンピ・アルバムをリリース
[REVIEW]・2017年07月06日・でんぱ組.inc「夢眠ねむ」がボカロ“夢眠ネム”に! 豪華クリエイター参加のコンピ・アルバムをハイレゾ配信 でんぱ組.incのメンバー、夢眠ねむのボイスをサンプリングして2月に製品化発売されている「VOCALOID4 Library夢眠ネム」を使用して制作されたコンピレーション・アルバム『VOCALOID夢眠ネム』がリリースされた。楽曲制作には、kz(livetune)、八王子P、ゆよゆっぺ、tilt-six、ナユタン星人、玉屋2060%(Wienners)、MOSAIC.WAV、Yamaha VOCALOID夢眠ネム開発チーム、Tom-H@ckら豪華メンバーが参加。まだボカロの魅力に気づいていない人へ、南波一海のレヴューでその深みにハマってください。 V.A. / VOCALOID 夢眠ネム'【配信形態】(左)(24bit/48kHz) WAV / ALAC / FLAC / AAC(右)(16bit/44.1kHz) WAV / ALAC / FLAC / AAC【配信価格】(税込) (左)単曲 324円 / まとめ価格 2,700円(右)単曲 257円 / まとめ価格 1,852円【Track Lis
『SYMPHONY』が掘り起こす、あの頃の記憶──ホムカミ新作EPを独占ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年07月05日・人と人とを交差させ、響かせる。──『SYMPHONY』が掘り起こす、あの頃の記憶 2015年にリリースしたシングル「HURTS」以降、注目を集め続ける京都在住の4ピース・バンド、Homecomings。昨年、2013年の“ROOKIE A GO-GO”出演から3年ぶりに〈FUJI ROCK FESTIVAL〉の舞台に立ち、観客の盛り上がりがフジロック随一とも言われる“レッドマーキー”への出演を果たす等、ライヴでの活躍が目立っていたなかで、待望の新作『SYMPHONY』をリリースする。本作で、彼らは殻を破ったと言えるだろう。バンド最高の名曲と評される「HURTS」を超える名曲が誕生した。新曲4曲 + REMIX1曲のミニ・アルバムではあるが、今年を振り返ったときに鮮明に覚えているアルバムになっているはずだ。容易く語られがちなセンチメンタルやノスタルジーに、これが本物だと言わんばかりの、心の機微を捉える名曲づくしのアルバムを、OTOTOYでは独占ハイレゾ配信のスタートとともにレヴューをお届けする。 〈FUJI ROCK FESTIVAL'16〉を経て成長したホムカミのミニ・アルバムが完成! Homecomin
by 中の人
コーネリアス、11年ぶりのオリジナル・アルバム『Mellow Waves』を配信開始
[CLOSEUP]・2017年06月28日・コーネリアス、11年ぶりのオリジナル・アルバムーーメロウとゆらぎに満ちた大傑作『Mellow Waves』 Cornelius(コーネリアス)が、『sensuous』以来、11年ぶりとなるオリジナル・アルバムを完成させた。その間、salyu × salyuのプロデュースやMETAFIVEでの活動、『デザインあ』、『攻殻機動隊』のサウンドトラック制作など、様々なプロジェクトに関わってきた小山田圭吾が作り上げた至高の作品。坂本慎太郎を作詞に迎えた「あなたがいるなら」、「未来の人へ」をはじめ、“メロウ”と“ウェイヴ”に満たされた全10曲。銅版画家の中林忠良によるモノクロームのジャケットも含め、2017年ひいてはテン年代の代表作になるであろう本作を配信開始する。この作品を聴かない人生はもったいない! Cornelius / Mellow Waves'【配信形態】AAC【価格】単曲 257円(税込) アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''1. あなたがいるなら2. いつか / どこか3. 未来の人へ4. Surfing on Mind Wave pt 25. 夢の中で6. Helix / Spiral7. M
by 西澤 裕郎
むすびズム、新プロデュース布陣で臨むニューシングルを独占ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年06月27日・むすびズム、新プロデュース布陣で臨むニューシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 ASOBISYSTEM発、5人組アイドル・グループ、むすびズム。”「日本のカワイイ」を世界に発信する”をテーマに活動中の彼女たちが、このたび最大の武器、「kawaii」全開の3rdシングルを発表、OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信開始。アルバム購入すると、ブックレットと、抽選でサイン入りポスタープレゼントも。さらに、リリースを記念して担当ディレクター&メンバーからのコメントも到着しました! アルバム購入でブックレットpdfつき!むすびズム / キミに夢CHU♡XX【A盤】'【収録曲】1. キミに夢CHU♡XX2. キミへ100% 3. キミに夢CHU♡XX -Instrumental-4. キミへ100% -Instrumental- 【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / まとめ価格 1,000円(税込)むすびズム / キミに夢CHU♡XX【B盤】'【収録曲】1. キミに夢夢CHU♡XX2. 小悪魔なLOOK3. キミに夢夢CHU♡XX
シャムキャッツ新アルバム『Friends Again』を読み解く──〈岡村詩野音楽ライター講座〉よりクロス・レヴュー
[REVIEW]・2017年06月23日・シャムキャッツ新アルバム『Friends Again』を読み解く──新たに提示する“シャムキャッツの音楽”とは 昨年、自主レーベル〈TETRA RECORDS〉を立ち上げ、バンド史上最高のアンセムとなった『マイガール』、バラエティ豊かな楽曲が並ぶ『君の町にも雨はふるのかい?』を立て続けにリリースしたシャムキャッツ。今回リリースされる『Friends Again』は、実に約3年3ヶ月ぶり、そして〈TETRA RECORDS〉立ち上げ以降、初のフル・アルバムとなった。前作『AFTER HOURS』リリース以降、様々な方法で表現をし、“新たなシャムキャッツ”を模索し続けていた彼ら。そんなシャムキャッツが満を持して世間に放つ音楽とは……。現在開催中の、オトトイの学校〈岡村詩野音楽ライター講座〉の講座生によるレヴューとともに紐解いてみてはいかがだろうか。 前作から約3年3か月ぶりのフル・アルバム! シャムキャッツ / Friends Again'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,400円(税込)【収録曲】''1. 花草
【REVIEW】色気漂う大人の娯楽作──ルパン音楽生みの親、大野雄二・新バンドのセカンド・アルバムをハイレゾ配信スタート!!
[REVIEW]・2017年06月23日・色気漂う大人の娯楽作──ルパン音楽生みの親、大野雄二・新バンドの最新作をハイレゾ配信スタート!! 「犬神家の一族」や「人間の証明」などの映画音楽やTV音楽、そしてみなさまご存知「ルパン3世」の音楽を手掛けてきた大野雄二が昨年始動させた新バンド・Yuji Ohno & Lupintic Sixがデビュー作から1年という短いスパンで最新作をリリース。「ルパン三世のテーマ」、「愛のテーマ」をはじめとしたルパン・シリースの中でも人気の高い楽曲もニュー・アレンジにて収録。OTOTOYではもちろんハードボイルドでアッパーな今作をハイレゾにて配信中です。そして、アルバム購入者抽選で3名に大野雄二サイン入りステッカーをプレゼント! 詳細は記事内にて! Yuji Ohno & Lupintic Six / RED ROSES FOR THE KILLER'【Track List】01. TORNADO 201702. RED ROSES FOR THE KILLER 201703. CRAZY IN LOVE feat.詩織04. MIDNIGHT WHOOPIE05. GOLDEN TIME feat.TIGER06. B
スーパーノア、待望の1stフル・アルバムをリリース!メンバーによるライナーノーツを掲載
[REVIEW]・2017年06月22日・スーパーノア、待望の1stフル・アルバムをリリース──限りなくエヴァーグリーンでポップな今作を語る 2004年に結成、京都を中心に活動を行っているスーパーノア。ついに彼ら初のフル・アルバム『Time』が完成した。今回リリースされる『Time』には、ライヴ会場限定で販売されていたシングル「リリー」の再録バージョンや、予てから音源化が望まれていた「what light」など、いまのバンドのモードが反映された新曲など全10曲を収録。OTOTOYでは今作をハイレゾ配信開始。スーパーノアのメンバーである赤井裕(Gt)、井戸健人(Gt. / Vo.)、岩橋真平(Ba.)、岡村寛子(Key.)と、〈SIMPO RECORDS〉代表であり今作のレコーディング・エンジニアを務めた小泉大輔によるセルフライナーと共にご紹介しよう。 待望の初フル・アルバムをハイレゾ・リリース スーパーノア / Time'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 230円(税込) / アルバム 2,300円(税込)【収録曲】1. U(n)A2. MADA3. ドリームシアタ
筆者について
BB (Reviewed by Kentaro Takahashi)

本名:高橋健太郎プロデューサー、ジャーナリスト、選曲家など。高橋健太郎 文筆家/音楽制作者 評論集「ポップミュージックのゆくえ〜音楽の未来に蘇るもの」がアルテスパブリッシングから発売中。http://tinyurl.com/2g72u5e twitterアカウントは@kentarotakahash

同じ筆者による他の記事