★STAR GUiTAR / SiZK、そして新たなアーティスト、Akiyoshi Yasudaへ──フリー&ハイレゾ配信

ソロ・プロジェクト、★STAR GUiTARとしての活動、そしてプロデューサー / 作家として、AAA、Sexy Zone、西野カナといったポップ・アクトを手がけるSiZKとしての活動、このふたつの名義で活躍してきたアーティストが新たなプロジェクトを開始する。そのプロジェクト名とは、ずばりストレートにAkiyoshi Yasuda。このたび名刺代わりとなる『alter ego』をリリースした。すでにOTOTOYでは、10月13日より約1週間の先行配信、しかも32bit float版と24bit版のふたつのハイレゾ・パッケージにて配信を開始し、好評を得ている。ここには★STAR GUiTARでも、SiZKでもない新たなサウンド・フィーリングが顔を覗かしている。Akiyoshi Yasudaはジャンルを超え、ひとりのアーティストとして、いま動き出したというわけだ。

OTOTOYでは新たに本作のなかから、1曲、「nano」をフリー配信するとともに、OTOTOYプロデューサー、高橋健太郎によるレヴュー記事をお届けしよう。ちなみに、フリーの楽曲は32bit float版と24bit版、どちらも配信なので、エンジニアとしてマスタリングや細部にいたるまで自身で手がけるAkiyoshi Yasudaによる極上のハイレゾ音源を異なるスペックで聴き比べる、なんてこともできてしまう。ということで、ぜひともこの機会に、お聴きください。

Akiyoshi Yasuda名義のデビュー作『alter ego』から「nano」をフリー配信

Akiyoshi Yasuda / alter ego

【Track List】
01. y
02. A
03. Coma
04. lifeis
05. nano ←フリーダウンロード
06. rense
07. turn
08. standalone




32bit float版、24bit版ともに5曲目「nano」をフリー配信。パッケージページで5曲目「nano」のみを選択し、0円で決済、ダウンロードへ進んでください。
アルバム全体は通常通りお買いもとめいただけます。

【左 : 32bit float版】
32bit float/48kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC
単曲 216円(税込) / アルバムまとめ購入 1,620円(税込)


【右 : 24bit版】
24bit/48kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC
単曲 194円(税込) / アルバムまとめ購入 1,404円(税込)

REVIEW : Akiyoshi Yasuda『Alter Ego』

SiZKの名で数々のアーティストへの楽曲提供やプロデュースを行う一方、★STAR GUiTAR名義でヒット作を連発してきたAkiyoshi Yasudaが、本名を使っての活動も始めた。そのデビュー作となるのが、この10月発表の『Alter Ego』というアルバムだ。

★STAR GUiTARでの活動もソロ・アーティストとしてのものであり、多くのピアニストとのコラボレーションで作り上げた2014年のヒット・アルバム『Schrödinger's Scale』以後は驚くべきペースでのリリースラッシュが続いている。それだけに何故、また別名義での活動を?とも思ったが、『Alter Ego』を聴いてみると、その疑問も氷解する。Akiyoshi Yasudaの音楽家としての、あるいは人間としての核心部分が、初めて外気に触れたかのようなフレッシュな作品がそこにあるからだ。

★STAR GUiTARの音楽を特徴づけてきたスピード感や高揚感、めくるめく展開といったものは、『Alter Ego』にはほとんど見当たらない。ダンス・ミュージックからは遠く離れ、ドラム・トラックが使われている曲でもそのビート感はダンサブルを志向したものではない。ループ的というよりはミニマル・ミュージック的。が、何も起こらないかと思えば、突如、予想のつかない展開をしたりもする。

ピアノやストリングスといったクラシカルな楽器音が使われる一方で、エレクトロニクスにはノイズ的な要素が多く組み入れられている。サウンド面で何より際立っているのは空間の美しさ。それは★STAR GUiTARの音楽にも感じられるものだが、『Alter Ego』では、Akiyoshi Yasudaの繊細な空間構成術がより前面化し、世界を統べているかのような感がある。

★STAR GUiTARのアルバムと対照的な作品

ゲスト・ミュージシャンは誰もいない完全なるソロ作品。ピアノなども全てDAWソフトウェアで作られたものだという。曲のタイトルはどれもシンプルで、アルファベット1文字だけのものもある。意味深なタイトルの多い★STAR GUiTARのアルバムとはこの点でも対照的だ。

そんな『Alter Ego』を何度も聴き返すうちに、不思議なことに、僕はそこから「うた」が聴こえてくるような錯覚に陥った。大きなメロディーはないし、もちろん、言葉はどこにもない。そんな曲達が並んでいるにもかかわらず。あるいは、Akiyoshi Yasudaの心の奥底の、言葉にならない何か。それを曲として完成させることにこだわらず、自動筆記のように音にしていったのが、この『Alter Ego』なのかもしれない。

そんなさりげなさと深みを合わせ持つこのAkiyoshi Yasudaのアルバムは、SiZK/★STAR GUiTARでの彼の活動とはまったく違うレイヤーで、新しいリスナーを獲得する力を持っているとも思う。(text by 高橋健太郎)



>>10月19日(水)発売の雑誌『Net Audio(ネットオーディオ)Vol.24』誌にて詳細なインタヴュー記事も掲載予定!
詳しくはコチラヘ

RECOMMEND

★STAR GUiTAR / Wherever You Are(24bit/48kHz)

★STAR GUiTAR名義、H ZETT Mや、アジア諸国でも絶大な人気を誇るジャジー・ヒップホップ・シーンの覇者、re:plus。そして今年最も話題の新人といっても過言ではないグルーヴ・ジャズ・バンド、Lotus Landと、豪華3組のゲスト陣を迎え制作された通算5作目。OTOTOYではハイレゾ版の特典として、まとめ購入いただいた方にのみ、特典として『Wherever You Are』の32bit float /48kHz wav音源がまるっと付属します。

★STAR GUiTAR / Wherever I am(24bit/48kHz)

★STAR GUiTAR名義の通算4枚目のアルバム。★STAR GUiTARの十八番である抜群の高揚感をもったダンス・チューンから、どこまでも美しい輝きを持つミドル・バラードまでを収録。fox capture plan、LASTorderと、2組の豪華ゲストも参加。

Schrodinger's Scale(24bit/48kHz)

「ピアノ」×「ダンス・ミュージック」、JABBERLOOPのキーボードとしてだけでなく、近年はfox capture planのキーボードとしても大ブレイク中のMELTEN、活動も盛んなH ZETT M、そしてSchroeder-Headzを迎えた美しい「Rise In Revolt」を収録。ある意味で★STAR GUiTAR名義の岐路となったヒット作。

PROFILE

Akiyoshi Yasuda profile

1983年生まれ。愛知県出身。SiZKとして山本領平のトラックメイキングでデビューし、AAAやSexyZone、西野カナ、BENNIE K、など、様々なジャンルの楽曲を手がける。2010年には自身のプロジェクト★STAR GUiTARを始動。テクノを基軸にハウス、エレクトロ、ドラムンベースやエレクトロニカなどの多彩なダンスミュージックを昇華したサウンドを展開し8月「Brain Function feat. Azumi from wyolica」でデビュー、2011年1月には1stアルバム「Carbon Copy」でiTunes Storeダンスチャート1位を記録。2014.9月には、「ダンスミュージック」×「ピアノ」を融合させた、コラボレーションアルバム『Schrödinger's Scale』をリリース。90年代のテクノ・ミュージックをベースに、 fox capture plan のキーボードとしても大ブレイク中の「MELTEN」、PE'Zのキーボードとして時代を築き、現在はソロ名義での活動も盛んな「H ZETT M」、孤高の世界観を奏でる「Schroeder-Headz 」等、豪華なピアノスト達との共演を実現し、ある種のセッション的なプロセスによって作り上げたその音像は大きな反響をよんでいる。2015年8月にリリースされた『Wherever I am』では、多方面から注目を集める“現代版ジャズ・ロック"ピアノ・トリオ、fox capture planが参加。メンバーの演奏シーンに加え、★STAR GUiTARがリアルタイムでミックス、エフェクト処理をしていくライブ感溢れるMVが話題となった。

>>Akiyoshi Yasuda STUDiO SELFiSHページ

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

Especiaの5年間、マネージャー清水大充と振り返るーーラスト・ライヴは3月26日(日)、新宿BLAZEにて
[CLOSEUP]・2017年03月10日・Especiaの5年間、マネージャー清水大充と振り返るーーラスト・ライヴは3月26日(日)、新宿BLAZEにて 2012年4月より大阪・堀江を拠点に活動をはじめたEspeciaが、2017年3月26日(日)、新宿BLAZEのワンマン・ライヴをもって解散する。サウンド・プロデューサーSchtein & Longerこと横山佑輝の作る、80年代後半のバブル期をテーマにしたディスコやブラコン、シティ・ポップは高い評価を得た。船上ライヴやNegiccoとのコラボレーションNegipecia、メジャー・デビューなどを経験し、メンバーが卒業。冨永悠香、森絵莉加は東京に拠点を移し、Mia Nascimentoを加え3人体制で活動を行い最後まで走り抜ける。そんな彼女たちの歴史の一部を切り取り網羅したベスト・アルバム『Wizard』をリリースし、その活動に幕を下ろすEspeciaの歴史をマネージャーの清水大充とともに振り返る。 ファイナル・ベスト・アルバムを配信スタートEspecia / Wizard'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 200円(税込) アルバム 2,400円(税込)【
by 西澤 裕郎
成熟した憂いを感じさせる歌声。SSWタグチハナの愛をテーマとした最新作配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年03月20日・成熟した憂いを感じさせる歌声。SSWタグチハナの愛をテーマとした最新作配信&インタヴュー 昨年2016年に20歳を迎えたタグチハナは、同年3月29日に渋谷クラブクアトロという自身最大規模でのワンマン・ライヴを敢行。そのライヴは素晴らしいものだったが、それ以降、ライヴの回数は以前より目に見えて減ってしまっていた。実はあの大きなステージに立つ少し前から、彼女はあるわだかまりを感じ、結果として歌うことも楽しめなくなってしまっていたという。 あのクアトロ公演から約1年。当時所属していたレーベルを離れ、3rdミニ・アルバム『Vividness & The Naked』を完成させた。さらにあの日以来となるワンマン・ライヴも実施。アルバムはタイトル通り、生まれ変わったように鮮やかで、まっすぐに愛を歌ったラヴ・ソングが詰まっていた。タグチはいかにして"壁"を乗り越えたのか。その間、どのような心境の変化があったのか。インタビューで紐解いた。 またタグチは、叔父の布袋寅泰をはじめ、両親がともに過去にメジャーを経験しているなど、ミュージシャンに囲まれた環境で育っている。そんな身近にいる"先輩"たちが、彼女の音楽活動をどう見ている
冨田勲:ドクター・コッペリウス、ハイレゾ配信スタート
[CLOSEUP]・2017年03月22日・冨田勲の遺言ともいえる舞台作品ーードクター・コッペリウスをハイレゾ配信 2016年11月11日、12日、渋谷のBunkamuraオーチャードホールで冨田勲の追悼特別公演として開催された「ドクター・コッペリウス」は、冨田が他界前に上演を夢見て、亡くなる1時間前まで創作を続けてきたまさに遺言ともいえる舞台作品。冨田が長年追い求めてきた「宇宙への夢と希望」に満ち溢れた壮大なストーリーが、オーケストラとシンセサイザー、そして冨田の遺したオリジナルのエレクトロニックサウンド、さらにバレエと3DCGを伴いながら展開。終演後は大きな歓声と鳴り止まない拍手で幕を閉じた公演のライヴ・レコーディング。冨田の遺した電子音とオーケストラ・サウンド、そして初音ミクの歌が三位一体となった、これまでにない音楽の全貌がハイレゾ音源にて世に解き放たれる。 待望のライヴ音源をハイレゾ配信V.A. / 冨田勲:ドクター・コッペリウス (96kHz/24bit)【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 3,000円(税込)【収録曲】1. 第0楽章 飛翔する生命体 (96kHz/24bit
*祝! 高校卒業! KOTOが新シングルをリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年03月17日・祝! 高校卒業! KOTOの新シングル&シャオチャイポン1stシングルをハイレゾ配信開始 この3月に無事高校を卒業したKOTOが3曲入りシングル『JK卒業PACK』をリリース。さらに、”ゆり丸”の愛称で親しまれる平野友里とのユニット、シャオチャイポンの1stシングルもリリース。OTOTOYでは、この記念すべきタイミングでKOTOへのインタヴューを敢行。これまでの芸能生活を振り返ってもらうとともに、今後の活動についても語ってくれた。 KTOTO高校卒業記念シングルがハイレゾで登場! KOTO / JK卒業PACK(24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 540円(税込)【収録曲】1. PoisonGirl2. るっぱっぱ3. 甘い果実の物語 シャオチャイポン初となるシングル シャオチャイポン / URAHARAろまんちっく'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 500円
ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』
[CLOSEUP]・2017年03月09日・ニヤつくほど中毒性高しなシンセポップ——もう、あなたはZOMBIE-CHANGの音から逃れられない! モデルとしても活躍しているメイリンのプロジェクト、ZOMBIE-CHANG。80年代のニューウェイヴ・シンセ・ポップを彷彿とさせるローファイ・エレクトロ・サウンドと、脱力ラップ、歌謡曲などなど、声色の表現もゆたかな彼女の歌声がのる……、いやはやなんだかこれではその音楽のおもしろさをちょっとも語っていない。とにかく、これがなんだか、とてもとても中毒性のあるメロディと言葉のセンス、そして音色も含めてそのサウンドが頭をぐるぐると駆け回っていくのだ。1年ぶりにリリースした彼女の新作『GANG!』もまた、そんな彼女の音楽の魅力がしっかりとつまった作品となっている。OTOTOYは『GANG!』を配信するとともに、インタヴューを行った。 ZOMBIE-CHANG / GANG!'【Track List】01. I CAN’T GET TO SLEEP02. TARINAI03. TOKIDOKI04. KOURAKUEN05. KABENOMUKOU06. WEEKEND07. KAWAII BABY【配信形態 / 価格
by 河村 祐介
浅見北斗が語るハバナイ、そして音楽シーンの現状とは──新シングル『Fallin Down』をリリース
[CLOSEUP]・2017年03月16日・浅見北斗が語るハバナイ、そして音楽シーンの現状とは──新シングル『Fallin Down』をリリース 昨年11月に『The Manual (How to Sell My Shit)』をリリースしたHave a Nice Day! 。その勢いを止めることなく新作『Fallin Down』がリリースされる。今作は新曲「Fallin Down」に加え、「スカーフェイス」と「巨大なパーティー」の新録音、さらにリミックス・ヴァージョンという6曲収録。さらに今回は、 安孫子真哉(ex.銀杏BOYZ)がチーフ・プロデューサーを務めるレーベル〈KiliKiliVilla〉からのリリースとなる。なぜ〈KiliKiliVilla〉からのリリースに至ったのか、そしてHave a Nice Day! 、さらに言えば音楽シーンの現状ついて、浅見北斗の考えを訊いた。 勢いが止まらないハバナイ、新シングルを予約受付中! Have a Nice Day! / Fallin Down(24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】アルバム 1,080円
京都発ギリシャラブ、初のフル・アルバム・リリース&インタビュー
[CLOSEUP]・2017年03月15日・より一層多様に花開いた音楽性──ギリシャラブが初のフル・アルバムをリリース 多くのアーティスト、クリエイターたちが活躍する京都の音楽シーン。そんな京都インディー・シーンの新星「ギリシャラブ」が1stフル・アルバムをリリース。本作にはプロデューサーとして、同じく京都の音楽シーンで活躍をしている、本日休演の岩出拓十郎を迎えた。今回はリリースにあたって峯大貴による、天川悠雅(ヴォーカル、パーカッション)へのメール・インタビューを敢行。バンド結成から現在までの活動、彼らが活躍する京都という街について語ってくれた。 ギリシャラブの1stフル・アルバム ギリシャラブ / イッツ・オンリー・ア・ジョーク'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC、MP3>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 162円(税込) / アルバム 1782円(税込)【収録曲】1. 竜骨の上で2. つつじの蜜 3. 夜の太陽4. セックス5. 機械 6. ヒモ7. パリ、フランス8. よろこびのうた9. パリ、兵庫 10. イッツ・オンリー・ア・ジョーク11. ギリシャより愛をこめて INTERVIEW : ギリ
【2ヶ月連続特集】越川和磨&ハジメタルと語るロックンロール・バンド、THE 夏の魔物とは
[CLOSEUP]・2017年03月15日・【2ヶ月連続特集】越川和磨&ハジメタルと語るロックンロール・バンド、THE 夏の魔物とは ロック・フェス〈夏の魔物〉の主催者・成田大致によって結成された7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物が、1stシングル『僕と君のロックンロール』を完成させた。浅野尚志作曲、只野菜摘作詞による「僕と君のロックンロール」、浅野尚志と成田大致による共作の作曲、アントーニオ本多による作詞による「over the hill」の2曲をOTOTOYで配信開始。先月のスタジオ潜入レポートに続き、今回は初期衝動に溢れた本作について、担当ギターで参加した越川和磨、キーボードで参加したハジメタルを迎え、成田大致と泉茉里との座談会を行った。 THE 夏の魔物、1stシングルを配信スタートTHE 夏の魔物 / 僕と君のロックンロール'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC : 単曲 257円 まとめ価格 500円(税込)【Track List】''1. 僕と君のロックンロール2. over the hill INTERVIEW : 成田大致 × 泉茉里 × ハジメタル × 越川和磨 THE 夏の魔物1stシングル「僕と君のロ
筆者について
BB (Reviewed by Kentaro Takahashi)

本名:高橋健太郎プロデューサー、ジャーナリスト、選曲家など。高橋健太郎 文筆家/音楽制作者 評論集「ポップミュージックのゆくえ〜音楽の未来に蘇るもの」がアルテスパブリッシングから発売中。http://tinyurl.com/2g72u5e twitterアカウントは@kentarotakahash

同じ筆者による他の記事