★STAR GUiTAR / SiZK、そして新たなアーティスト、Akiyoshi Yasudaへ──フリー&ハイレゾ配信

ソロ・プロジェクト、★STAR GUiTARとしての活動、そしてプロデューサー / 作家として、AAA、Sexy Zone、西野カナといったポップ・アクトを手がけるSiZKとしての活動、このふたつの名義で活躍してきたアーティストが新たなプロジェクトを開始する。そのプロジェクト名とは、ずばりストレートにAkiyoshi Yasuda。このたび名刺代わりとなる『alter ego』をリリースした。すでにOTOTOYでは、10月13日より約1週間の先行配信、しかも32bit float版と24bit版のふたつのハイレゾ・パッケージにて配信を開始し、好評を得ている。ここには★STAR GUiTARでも、SiZKでもない新たなサウンド・フィーリングが顔を覗かしている。Akiyoshi Yasudaはジャンルを超え、ひとりのアーティストとして、いま動き出したというわけだ。

OTOTOYでは新たに本作のなかから、1曲、「nano」をフリー配信するとともに、OTOTOYプロデューサー、高橋健太郎によるレヴュー記事をお届けしよう。ちなみに、フリーの楽曲は32bit float版と24bit版、どちらも配信なので、エンジニアとしてマスタリングや細部にいたるまで自身で手がけるAkiyoshi Yasudaによる極上のハイレゾ音源を異なるスペックで聴き比べる、なんてこともできてしまう。ということで、ぜひともこの機会に、お聴きください。

Akiyoshi Yasuda名義のデビュー作『alter ego』から「nano」をフリー配信

Akiyoshi Yasuda / alter ego

【Track List】
01. y
02. A
03. Coma
04. lifeis
05. nano ←フリーダウンロード
06. rense
07. turn
08. standalone




32bit float版、24bit版ともに5曲目「nano」をフリー配信。パッケージページで5曲目「nano」のみを選択し、0円で決済、ダウンロードへ進んでください。
アルバム全体は通常通りお買いもとめいただけます。

【左 : 32bit float版】
32bit float/48kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC
単曲 216円(税込) / アルバムまとめ購入 1,620円(税込)


【右 : 24bit版】
24bit/48kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC
単曲 194円(税込) / アルバムまとめ購入 1,404円(税込)

REVIEW : Akiyoshi Yasuda『Alter Ego』

SiZKの名で数々のアーティストへの楽曲提供やプロデュースを行う一方、★STAR GUiTAR名義でヒット作を連発してきたAkiyoshi Yasudaが、本名を使っての活動も始めた。そのデビュー作となるのが、この10月発表の『Alter Ego』というアルバムだ。

★STAR GUiTARでの活動もソロ・アーティストとしてのものであり、多くのピアニストとのコラボレーションで作り上げた2014年のヒット・アルバム『Schrödinger's Scale』以後は驚くべきペースでのリリースラッシュが続いている。それだけに何故、また別名義での活動を?とも思ったが、『Alter Ego』を聴いてみると、その疑問も氷解する。Akiyoshi Yasudaの音楽家としての、あるいは人間としての核心部分が、初めて外気に触れたかのようなフレッシュな作品がそこにあるからだ。

★STAR GUiTARの音楽を特徴づけてきたスピード感や高揚感、めくるめく展開といったものは、『Alter Ego』にはほとんど見当たらない。ダンス・ミュージックからは遠く離れ、ドラム・トラックが使われている曲でもそのビート感はダンサブルを志向したものではない。ループ的というよりはミニマル・ミュージック的。が、何も起こらないかと思えば、突如、予想のつかない展開をしたりもする。

ピアノやストリングスといったクラシカルな楽器音が使われる一方で、エレクトロニクスにはノイズ的な要素が多く組み入れられている。サウンド面で何より際立っているのは空間の美しさ。それは★STAR GUiTARの音楽にも感じられるものだが、『Alter Ego』では、Akiyoshi Yasudaの繊細な空間構成術がより前面化し、世界を統べているかのような感がある。

★STAR GUiTARのアルバムと対照的な作品

ゲスト・ミュージシャンは誰もいない完全なるソロ作品。ピアノなども全てDAWソフトウェアで作られたものだという。曲のタイトルはどれもシンプルで、アルファベット1文字だけのものもある。意味深なタイトルの多い★STAR GUiTARのアルバムとはこの点でも対照的だ。

そんな『Alter Ego』を何度も聴き返すうちに、不思議なことに、僕はそこから「うた」が聴こえてくるような錯覚に陥った。大きなメロディーはないし、もちろん、言葉はどこにもない。そんな曲達が並んでいるにもかかわらず。あるいは、Akiyoshi Yasudaの心の奥底の、言葉にならない何か。それを曲として完成させることにこだわらず、自動筆記のように音にしていったのが、この『Alter Ego』なのかもしれない。

そんなさりげなさと深みを合わせ持つこのAkiyoshi Yasudaのアルバムは、SiZK/★STAR GUiTARでの彼の活動とはまったく違うレイヤーで、新しいリスナーを獲得する力を持っているとも思う。(text by 高橋健太郎)



>>10月19日(水)発売の雑誌『Net Audio(ネットオーディオ)Vol.24』誌にて詳細なインタヴュー記事も掲載予定!
詳しくはコチラヘ

RECOMMEND

★STAR GUiTAR / Wherever You Are(24bit/48kHz)

★STAR GUiTAR名義、H ZETT Mや、アジア諸国でも絶大な人気を誇るジャジー・ヒップホップ・シーンの覇者、re:plus。そして今年最も話題の新人といっても過言ではないグルーヴ・ジャズ・バンド、Lotus Landと、豪華3組のゲスト陣を迎え制作された通算5作目。OTOTOYではハイレゾ版の特典として、まとめ購入いただいた方にのみ、特典として『Wherever You Are』の32bit float /48kHz wav音源がまるっと付属します。

★STAR GUiTAR / Wherever I am(24bit/48kHz)

★STAR GUiTAR名義の通算4枚目のアルバム。★STAR GUiTARの十八番である抜群の高揚感をもったダンス・チューンから、どこまでも美しい輝きを持つミドル・バラードまでを収録。fox capture plan、LASTorderと、2組の豪華ゲストも参加。

Schrodinger's Scale(24bit/48kHz)

「ピアノ」×「ダンス・ミュージック」、JABBERLOOPのキーボードとしてだけでなく、近年はfox capture planのキーボードとしても大ブレイク中のMELTEN、活動も盛んなH ZETT M、そしてSchroeder-Headzを迎えた美しい「Rise In Revolt」を収録。ある意味で★STAR GUiTAR名義の岐路となったヒット作。

PROFILE

Akiyoshi Yasuda profile

1983年生まれ。愛知県出身。SiZKとして山本領平のトラックメイキングでデビューし、AAAやSexyZone、西野カナ、BENNIE K、など、様々なジャンルの楽曲を手がける。2010年には自身のプロジェクト★STAR GUiTARを始動。テクノを基軸にハウス、エレクトロ、ドラムンベースやエレクトロニカなどの多彩なダンスミュージックを昇華したサウンドを展開し8月「Brain Function feat. Azumi from wyolica」でデビュー、2011年1月には1stアルバム「Carbon Copy」でiTunes Storeダンスチャート1位を記録。2014.9月には、「ダンスミュージック」×「ピアノ」を融合させた、コラボレーションアルバム『Schrödinger's Scale』をリリース。90年代のテクノ・ミュージックをベースに、 fox capture plan のキーボードとしても大ブレイク中の「MELTEN」、PE'Zのキーボードとして時代を築き、現在はソロ名義での活動も盛んな「H ZETT M」、孤高の世界観を奏でる「Schroeder-Headz 」等、豪華なピアノスト達との共演を実現し、ある種のセッション的なプロセスによって作り上げたその音像は大きな反響をよんでいる。2015年8月にリリースされた『Wherever I am』では、多方面から注目を集める“現代版ジャズ・ロック"ピアノ・トリオ、fox capture planが参加。メンバーの演奏シーンに加え、★STAR GUiTARがリアルタイムでミックス、エフェクト処理をしていくライブ感溢れるMVが話題となった。

>>Akiyoshi Yasuda STUDiO SELFiSHページ

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

ヒロネちゃん、『浴槽プランクトン』をリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年01月12日・精神的にも経済的にも生きたいから芸術をしているーーヒロネちゃん、2017年以降の覚悟を語る 現在大学3年生のシンガー・ソングライター、ヒロネちゃんが、約10ヶ月ぶりとなるシングル『浴槽プランクトン』をリリース。ヒロネちゃんのいまにも消えてしまいそうな繊細な歌声と、それを引き立たせる壮大なバンドサウンドが優しく絡み合った名曲となっている。OTOTOYでは、恥ずかしいほどに赤裸々に綴られた片思いソング「おやすみ」、アコースティック・ギターとヒロネちゃんの歌声のみのラフな空気感を一発録りした「灯り」、シンプルなバンド編成ながら独特な構成を持つ「アイニー」、ヒロネちゃんの真骨頂であるピアノ弾き語りによる「静寂少女」の全5曲を収録したスペシャルパッケージを配信開始し、ヒロネちゃんの覚悟を語ったロング・インタヴューを掲載する。 OTOTOYスペシャルパッケージを配信スタートヒロネちゃん / 浴槽プランクトン'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC / mp3単曲 250円(税込) / まとめ購入 1,000円(税込)【TRACK LIST】''1. 浴槽プランクトン2. おやすみ3. 灯り4. ア
by 西澤 裕郎
国内最大級MCバトル〈KOK〉の優勝を勝ち取ったラッパー、GADOROが1stアルバムをリリース
[CLOSEUP]・2017年01月13日・【REVIEW】“四畳半”から抜け出す言葉──国内最大級MCバトル〈KOK〉王者、GADOROの1sを配信 国内で最大級のMCバトルのひとつ〈KING OF KINGS〉。バトル・ラップがまさにお茶の間にまで浸透した2016年も、全国で予選が行われ、そして開けて2017年1月8日、決勝となる〈KING OF KINGS 2016 GRAND CHAMPIONSHIP FINAL〉が開催された。優勝を勝ち取ったのは、宮崎出身のラッパー、GADORO。そんな彼が、まさにベスト・タイミングで1stアルバム『四畳半』をリリースする。自らの力で1stアルバムの最上級のプロモーションを勝ち取ったとも言えるだろう、そんな彼のデビュー・アルバムをOTOTOYでも配信中。本稿では、ライター、二木信によるレヴューをお届けしよう。 GADORO / 四畳半'【Track List】01. 大願成就 02. CONCRETE JUNGLE03. M.Y.T.K TRIBE04. 虫ケラの詩05. JUST A DREAM06. 羊達の戦艦07. UNDER DOG08. 今09. 夜桜10. 灯火11. トワイライト12. クズ【
Still Caravanが〈GOON TRAX〉より新作『EPIC』をリリース、ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年01月18日・ジャズを起点に縦横無尽にクロスオーヴァーするStill Caravan、新作『EPIC』をハイレゾ配信 メロウかつジャジーなヒップホップ楽曲を収録する人気コンピレーション『IN YA MELLOW TONE』への参加で知られる5人組バンド、Still Caravan。トラックメイカー、HiGASHiを中心に、ギター、ベース、ドラム、そしてピアノ / キーボードといった編成のバンドで、そのサウンドの肝はジャズを起点に、ポスト・J・ディラ・ビートやクラブ・ジャズなどを幅広い角度から取り入れたグルーヴと、親しみやすい流麗なメロディと言えるだろう。そんな彼が、前述の『IN YA MELLOW TONE』をリリースする〈GOON TRAX〉よりニュー・アルバムをリリースした。『EPIC』と名付けられた、新作はまさにその名の通り、雄大な景色を描き出す色彩豊かなメロディと音色で溢れている。今回は本作のリリースに際して、彼ら、そして作品に迫るべく、メンバーにメール・インタヴューを試みた。 Still Caravan / EPIC(24bit/48kHz)'【Track List】01. Shine On02. Butter
by 鶯巣 大介
猫とギターと金木和也
[CLOSEUP]・2017年01月18日・猫と... ギターと... 金木和也 滋賀県在住のシンガー・ソングライター金木和也。『LUCKY』『最終兵器』に続くミニ・アルバムの第3弾『大人』をリリース。ちなみに1曲目「がらんどう」は、ほんとうに名曲! 彼を紐解くキーワードを探していたら、3作とも猫が描かれたジャケットが。さらにギターが大好きなギターキッズだと言う。猫... ギター... このキーワードを手掛かりに、彼にインタビューを申し込んだ。この楽曲に触れながら、金木和也が少しでも身近になればと願う... 待望のニュー・ミニ・アルバム!!!金木和也 / 大人'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC 【配信価格】単曲 257円(税込) アルバム1300円(税込)【Track List】''01. がらんどう / 02. No rain, No rainbow. / 03. 肌荒れ / 04. 幸せへのまわり道 / 05. 不幸だった / 06. そっと大人に INTERVIEW : 金木和也 1992年4月18日生まれ、24歳のシンガー・ソングライター金木和也。「閃光ライオット2011」ファイナリスト、映画『アオハライド』劇中歌「
2017年の最大旋風だ!BRADIO、待望の2ndアルバムをハイレゾ配信!
[CLOSEUP]・2017年01月18日・BRADIOは、2017年の最大旋風を起こすだろう。信じれないなら、この2ndアルバムを聴いてみやがれ!!! 2013年に1st mini albumをリリースし、「日常に彩りを加えるエンターテインメント」をコンセプトに活動中の4人組ロックバンド、BRADIO。2016年はそのコンセプト以上な活躍で世間をざわつかせた彼らが(ワンマンは全部ソールド!)、2017年最大旋風を起こすであろう、待望の2ndアルバム『FREEDOM』をリリースした。今作は待ちに待ったBRADIO初となるハイレゾ音源の配信も! アルバム・タイトル『FREEDOM』とは裏腹に、作品への思いを真面目に語る(w)メンバー全員インタヴューをどうぞ。 祝! BRADIO初ハイレゾ!BRADIO / FREEDOM'【配信形態】(24bit/44.1kHz)WAV / ALAC / FLAC / AAC 【配信価格】単曲 540円(税込) アルバム3000円(税込)【Track List】''01. Back To The Funk / 02. -Freedom- / 03. 彼女ハリケーン / 04. 蝙蝠 / 05. ギフト / 06. R
by JJ
2017年最大の衝撃! Suchomos、ニュー・アルバム『THE KIDS』のハイレゾ版を予約受付開始!
[CLOSEUP]・2017年01月11日・2017年最大の衝撃! Suchmos、ニュー・アルバム『THE KIDS』のハイレゾ版を予約受付開始! 昨年、FUJI ROCK FESTIVALをはじめとする多数の夏フェスに参加し、一気にバンドの知名度と立ち位置を決めたSuchmos。まさしく、飛ぶ鳥を落とす勢いと言えるだろう。そんな彼らが、前作『THE BAY』から1年6ヶ月ぶりのリリースとなるニュー・アルバム『THE KIDS』をリリースする。OTOTOYでは、本作のハイレゾ版の予約受付を開始! さらにアルバム『THE KIDS』からスタジアムロックを彷彿とさせ、アルバムのスタートを切る1曲「A.G.I.T.」の先行配信もスタート! 今最も注目を集めるバンドSuchmosの、ストリートの殻を破り洗練されたサウンドに酔い痴れよう。 待望のニュー・アルバム『THE KIDS』のハイレゾ版予約はこちら! Suchmos / THE KIDS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】アルバム 2037円(税込)【収録曲】1. A.G.I.T.2. STAY TUNE3. PINKVI
by ?
ロストフィルムの新たな門出へ、ライヴ音源2種、自主企画イベントをリスタート
[CLOSEUP]・2017年01月11日・ロストフィルムの2017年、新たな門出──ライヴ2作品リリース、自主企画イベントも 約1年間、活動をほぼ休止していたロストフィルムが2016年末、そして2017年のスタートとともに、新たな門出を飾る。名古屋を拠点に、AORやソウル、ファンクといった要素を入れ込み、流麗なポップスを生み出す彼らだが、ひさびさの作品として昨年末にはライヴ作品を2種リリース。そして2017年1発目は、15回目となる彼らの自主企画イベント「めっちゃええかんじ」を1月21日開催する。2017年、確実に名古屋のインディ・シーンを中心に活発な活動へと乗り出しそうな注目のバンドの中心人物、松岡直哉にインタヴューを敢行した。 名物自主企画イベントも再始動「めっちゃええかんじ15回目」'2017年1月21日(土)@名古屋鶴舞KD JAPON出演:tio、HoSoVoSo、ロストフィルム会場装飾:AZKopen/start 18:00/19:00adv/door 2000円/2500円ご予約lostfilm2016jpn@gmail.com予約方法件名「1/21予約」本文「お名前(カタカナ)・人数・メールアドレス」を入力し送信して下さい。3日程度
by 鶯巣 大介
これはギターインスト最終形態であるーーdowny・青木裕による初ソロ・アルバムを先行ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年01月11日・これはギターインスト最終形態であるーーdowny・青木裕による初ソロ・アルバムを先行ハイレゾ配信 downyのギタリスト青木裕が初のソロ・アルバム『Lost in Forest』を完成させた。楽音とノイズの境を超え、すべての音で構築されるオーケストレーション。OTOTOYでは今作の先行ハイレゾ配信を行い、本作について青木裕にインタヴューを行った。今回なぜソロ・アルバムを作ることになったのか? そしてどのようにしてこの超大作が完成したのか。音楽を表現することについての考えを訊いた。 青木裕の初のソロ・アルバムを先行ハイレゾ配信青木裕 / Lost in Forest【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>ハイレゾとは? '【価格】WAV / ALAC / FLAC(24bit/48kHz)単曲 200円(税込) アルバム 2,100円(税込)AAC / MP3単曲 150円(税込) アルバム 1,900円(税込)【収録曲】''1. I am Lost (feat. MORRIE)2. Open the Gate (feat. MORRIE)3. 8514. Waltz
by JJ
筆者について
BB (Reviewed by Kentaro Takahashi)

本名:高橋健太郎プロデューサー、ジャーナリスト、選曲家など。高橋健太郎 文筆家/音楽制作者 評論集「ポップミュージックのゆくえ〜音楽の未来に蘇るもの」がアルテスパブリッシングから発売中。http://tinyurl.com/2g72u5e twitterアカウントは@kentarotakahash

同じ筆者による他の記事