90年代のロック・ポップスを代表する存在であったJUDY AND MARY。「OverDrive」「くじら12号」「motto」「ラッキー・プール」など、爽やかかつキャッチーな楽曲の多くを手掛けてきたのがそのギタリストであったTAKUYAだ。ソロ・ユニットであるROBO+S、楽曲提供をはじめとしたプロデュース、最近ではミドリのシングルへの参加など、幅広い活動を続けている。ROBO+Sのニュー・アルバム『転がれサンディもサムも』は、積んできた経験値はそのままに、非常にフレッシュな仕上がり。彼の原点ともいえるストレートなサウンドからは、改めて彼のポピュラリティのあるポップ・センスを感じさせられる。リリース・ツアー直後に、話を伺った。

インタビュー&文 : 井上沙織

LIVE Photo : by Mariko Miura at Shibuya Club Quattro 8th March 2009

INTERVIEW

—前作『DYING MUSIC』と比べて『転がれサンディもサムも』は、ものすごくポップに感じました。 コンセプトはあったのでしょうか?

TAKUYA(以下T):前作は、今の4人で再始動って感じだったので、J-POPみたいな曲を書いても、メンバーからしたら「何がソロと違うの?」ってなっちゃうと思ったんですよ。なので、バンド・サウンドでやろうと。それからツアーをやったことで、バンド内外のインフラとかが整備されて大分固まってきた。そこで、じゃあ日本語で作ろうかなって。

—英語と日本語、意図的に分けているのですか?

T:うん、まあ時期にもよるんですけど。前は言葉を聞いてほしくなかった。どうしても歌詞の印象でとらえられるのが嫌で英語にしていたんです。もし前作のときに日本詞を混ぜていたら、あんまり説得力がなかったと思うんだよね。

—段階を踏んだことで、変化した点はありますか?

T:自分では英語から日本語に変わった位にしか思っていないです。ただ、前はギターのリフから作りはじめることが多くて、フレーズとかも構築していたけど、今回は言葉からでてきた曲が多いかもしれないな。あとはストレートにやろうと。シンプル・イズ・ベストと思って。

—日本語詞の曲は伝わりやすいと思うのですが、『伝える』ということに関して強く意識されたのでしょうか?

T:楽器を持って音を出すことは、誰のためにやっているんだろうっていう哲学的な側面、好き勝手にやっている側面、プロデュースを含めて仕事としてやっている側面がある。だから一概には言えないかな。でも、今回はちゃんと聴いてもらおうと思って、狙いを定めて曲作りにうちこみましたね。

—曲はどんな風に作っているのでしょうか?

T:常にデッサンはしているような状態で、あるときギアをいれてぎゅっとまとめる。今も、次の構想は出来ているんだけど、どうやって言葉をのせようかなぁと考えているところ。どの道を通って辿りつこうかなって思ってる。

—先日の渋谷クアトロでのワンマンを観させていただきました。凄く勢いのあるライブでしたね。

T:ROBO+Sは、最初からポップなことをやれている。つまりライブの最後に暴れることができるような、必殺技みたいな曲があるからね。今までは、喉とか体の調子とか限界を計ってみたかったんだけど、3年位たくさんライブを行って、もうその修業的な期間は終わりかな。もっと他にもやりたい事ができた。最近ミドリとかと共演したので、そんな縁のある人と積極的に何かをやっていきたいですね。

—JUDY AND MARYのトリビュート盤が発売されましたね。聴いてみてどうでしたか?

T:半沢武志君(FreeTEMPO)の「RADIO」が良かったなあ。昔YUKIが北九州のラジオ番組をもってて、毎週通ってたのね。この時期は、JUDY AND MARYがだんだん忙しくなって、一般人から業界人に変わらなきゃならなくて、肉体的にも精神的にも大変だった。この曲は、そんな時に、ラジオから好きな人に気持ちが届いたらいいよね、っておもいで作った。今、北海道でラジオをやっているんですけど、半沢君の「RADIO」を聴いて凄く癒された。アルバムの曲達は、自分の出した子供が、凄くおじいちゃん想いの孫を連れて帰ってきてくれた感じですね(笑)

—音楽をやるために京都から上京して20年ですね。20年続けてきて、シーンの移り変わりを肌で感じていますか?

T:最近は若いのに貪欲な人があまりいない気がする。皆余裕があるんだよね。それは時代性なのかもしれないけど...

—余裕というと?

T:なんとなく行き先が東京の中にたくさんあるからなのかな? あんまり不安そうじゃないというか。俺らのときは、大人になってもロックをやり続けるっていう前例がなかった。駄目だったら田舎に帰る。今は、音楽をやるために上京してきても、違うところに収まりどころがあるように感じるよ。

—最後に、TAKUYAさんの未来に対するおもいを聞かせて下さい。

T:「こんなもんじゃないよ!」と。10代のときに負けないくらい自分自身に期待しているし、夢を見ている。まあ見とけっておもいが渦巻いています。

NEW RELEASE


左:JUDY AND MARYのデビュー15周年を記念して、豪華アーティストが参加したトリビュート・アルバム。未だ色褪せない名曲たちが、新たな生命を吹き込まれてここに集結!
右:ミドリ初のシングル・リリース。完全限定生産となる【ひだり盤】には、TAKUYA(ROBOTS,ex JUDY AND MARY)をギターに迎えた表題曲「swing」の別ヴァージョン「swing〜もしもTAKUYAがミドリにいたら〜」を収録。

TAKUYA好きに強力レコメンド!



ガールズ・ヴォーカル・メロディック・バンドを数多く輩出してきた愛知県から。ヴォーカルMisakiの才能溢れるピュアな魅力と、安定したサウンドは、90年代初頭のメロディック・パンク・ファンをも納得させます。4月にはKen Yokoyamaとのスプリット盤をリリース予定です。



Perfume以降の新世代ポップ・シーンを牽引するバンド。萌え文化とリンクしながらアンダーグラウンドとも直結。淡々としているけど、突き刺さってくる言葉の群。『00年代後半のうた姫?』センスが逸脱しております。ネクスト・ジェネレーションのナンバー・ガール的存在!



函館出身の4人組ロック・バンド。パンク、グランジ、ハードコア、ポスト・ロックなどあらゆるジャンルを消化したサウンドに「いい声」と「いいメロディ」という、聴き手を選ばない要素を持ちあわています。



L⇔R活動=休止後から、様々なユニット・バンドへの参加や、プロデュースなど、自由に音楽を楽しんできた黒沢が本来の自分に立ち戻り独自のポップ・センスを存分に発揮した、集大成ともいえる渾身の一枚。



神戸出身のガールズ・ロック・バンド。演奏のダイナミックさはそのままに、ソング・ライティング、楽曲のアレンジにおいても進化を見せ、このバンドが持つ可能性を大きく示しています。また本作では中尾憲太郎氏(ex.NUMBER GIRL、SLOTH LOVE CHUNKS、SPIRAL CHORD)を共同プロデューサーに迎え、サウンド面も大幅に強化。シーンの「期待」を「確信」に変える作品!

TAKUYA

元JUDY AND MARYのギタリスト。ソロ活動の際はTAKUYA。黒夢のベーシスト人時、SHIGE、JAH-RAHからなるバンドではROBO+S(ロボッツ)と、現在はソロ活動やプロデュース活動を含め、様々な活動を行っている。そのギタープレイは独創性豊か。

LIVE SCHEDULE

Electric Graffiti Tour

  • 6月1日(月)@新潟CLUB JUNK BOX mini
w / 杉本恭一 / 他
OPEN18:00/START18:30 前売\3000/当日\3500(+D)
  • 6月3日(水)@仙台LIVE HOUSE enn
【LIVE HOUSE enn 8th ANNIVERSARY LIVE】
w / 杉本恭一 / 他
OPEN18:30/STAR19:00 前売\3000/当日\3500(+D)
  • 6月5日(金)@札幌COLONY
w / 杉本恭一 / 他
OPEN18:30/START19:00 前売\3000/当日\3500(+D)
  • 6月7日(日)@青森Quarter
w / 杉本恭一 / 他
OPEN18:00/START18:30 前売\3000/当日\3500(+D)

LINK



CLOSE UP : moonriders

CLOSE UP : Mirah

CLOSE UP : ビイドロ

CLOSE UP : ドン・マツオ

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

Especiaの5年間、マネージャー清水大充と振り返るーーラスト・ライヴは3月26日(日)、新宿BLAZEにて
[CLOSEUP]・2017年03月10日・Especiaの5年間、マネージャー清水大充と振り返るーーラスト・ライヴは3月26日(日)、新宿BLAZEにて 2012年4月より大阪・堀江を拠点に活動をはじめたEspeciaが、2017年3月26日(日)、新宿BLAZEのワンマン・ライヴをもって解散する。サウンド・プロデューサーSchtein & Longerこと横山佑輝の作る、80年代後半のバブル期をテーマにしたディスコやブラコン、シティ・ポップは高い評価を得た。船上ライヴやNegiccoとのコラボレーションNegipecia、メジャー・デビューなどを経験し、メンバーが卒業。冨永悠香、森絵莉加は東京に拠点を移し、Mia Nascimentoを加え3人体制で活動を行い最後まで走り抜ける。そんな彼女たちの歴史の一部を切り取り網羅したベスト・アルバム『Wizard』をリリースし、その活動に幕を下ろすEspeciaの歴史をマネージャーの清水大充とともに振り返る。 ファイナル・ベスト・アルバムを配信スタートEspecia / Wizard'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 200円(税込) アルバム 2,400円(税込)【
by 西澤 裕郎
strange world's end、渾身の2ndアルバム『やっぱり、お前が死ねばいい。』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年03月23日・心の闇を突き破る、現代のエモーショナルロックーーstrange world's end、渾身の2ndアルバムに迫る 2017年に結成10周年を迎えたオルタナティヴ・ロック・バンド、strange world's end。オリジナル・メンバーである飯田カヅキ(Vo,Gt)、平マサト(Ba)の2人に、不遣ノ雨のフルカワリュウイチ(Dr)をサポート・メンバーとして迎え、2ndアルバム『やっぱり、お前が死ねばいい。』を完成させた。現代に生きる様々な人間の生々しい感情をストレートに表現した歌詞世界と、瑞々しいロック・サウンドで、リスナーの心の闇を揺さぶる問題作。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信、そしてメンバーへのインタヴューを敢行した。 渾身の2ndアルバムをハイレゾ配信スタートstrange world's end / やっぱり、お前が死ねばいい。(24bit/96kHz)'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 324円(税込) アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''1. 敗北2.接触3.無知の感染4.カレイドスコープ5.残念6.喪失7.終了8.コロニー9.発狂の渦10.
by 西澤 裕郎
成熟した憂いを感じさせる歌声。SSWタグチハナの愛をテーマとした最新作配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年03月20日・成熟した憂いを感じさせる歌声。SSWタグチハナの愛をテーマとした最新作配信&インタヴュー 昨年2016年に20歳を迎えたタグチハナは、同年3月29日に渋谷クラブクアトロという自身最大規模でのワンマン・ライヴを敢行。そのライヴは素晴らしいものだったが、それ以降、ライヴの回数は以前より目に見えて減ってしまっていた。実はあの大きなステージに立つ少し前から、彼女はあるわだかまりを感じ、結果として歌うことも楽しめなくなってしまっていたという。 あのクアトロ公演から約1年。当時所属していたレーベルを離れ、3rdミニ・アルバム『Vividness & The Naked』を完成させた。さらにあの日以来となるワンマン・ライヴも実施。アルバムはタイトル通り、生まれ変わったように鮮やかで、まっすぐに愛を歌ったラヴ・ソングが詰まっていた。タグチはいかにして"壁"を乗り越えたのか。その間、どのような心境の変化があったのか。インタビューで紐解いた。 またタグチは、叔父の布袋寅泰をはじめ、両親がともに過去にメジャーを経験しているなど、ミュージシャンに囲まれた環境で育っている。そんな身近にいる"先輩"たちが、彼女の音楽活動をどう見ている
冨田勲:ドクター・コッペリウス、ハイレゾ配信スタート
[CLOSEUP]・2017年03月22日・冨田勲の遺言ともいえる舞台作品ーードクター・コッペリウスをハイレゾ配信 2016年11月11日、12日、渋谷のBunkamuraオーチャードホールで冨田勲の追悼特別公演として開催された「ドクター・コッペリウス」は、冨田が他界前に上演を夢見て、亡くなる1時間前まで創作を続けてきたまさに遺言ともいえる舞台作品。冨田が長年追い求めてきた「宇宙への夢と希望」に満ち溢れた壮大なストーリーが、オーケストラとシンセサイザー、そして冨田の遺したオリジナルのエレクトロニックサウンド、さらにバレエと3DCGを伴いながら展開。終演後は大きな歓声と鳴り止まない拍手で幕を閉じた公演のライヴ・レコーディング。冨田の遺した電子音とオーケストラ・サウンド、そして初音ミクの歌が三位一体となった、これまでにない音楽の全貌がハイレゾ音源にて世に解き放たれる。 待望のライヴ音源をハイレゾ配信V.A. / 冨田勲:ドクター・コッペリウス (96kHz/24bit)【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 3,000円(税込)【収録曲】1. 第0楽章 飛翔する生命体 (96kHz/24bit
*祝! 高校卒業! KOTOが新シングルをリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年03月17日・祝! 高校卒業! KOTOの新シングル&シャオチャイポン1stシングルをハイレゾ配信開始 この3月に無事高校を卒業したKOTOが3曲入りシングル『JK卒業PACK』をリリース。さらに、”ゆり丸”の愛称で親しまれる平野友里とのユニット、シャオチャイポンの1stシングルもリリース。OTOTOYでは、この記念すべきタイミングでKOTOへのインタヴューを敢行。これまでの芸能生活を振り返ってもらうとともに、今後の活動についても語ってくれた。 KTOTO高校卒業記念シングルがハイレゾで登場! KOTO / JK卒業PACK(24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 540円(税込)【収録曲】1. PoisonGirl2. るっぱっぱ3. 甘い果実の物語 シャオチャイポン初となるシングル シャオチャイポン / URAHARAろまんちっく'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 500円
ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』
[CLOSEUP]・2017年03月09日・ニヤつくほど中毒性高しなシンセポップ——もう、あなたはZOMBIE-CHANGの音から逃れられない! モデルとしても活躍しているメイリンのプロジェクト、ZOMBIE-CHANG。80年代のニューウェイヴ・シンセ・ポップを彷彿とさせるローファイ・エレクトロ・サウンドと、脱力ラップ、歌謡曲などなど、声色の表現もゆたかな彼女の歌声がのる……、いやはやなんだかこれではその音楽のおもしろさをちょっとも語っていない。とにかく、これがなんだか、とてもとても中毒性のあるメロディと言葉のセンス、そして音色も含めてそのサウンドが頭をぐるぐると駆け回っていくのだ。1年ぶりにリリースした彼女の新作『GANG!』もまた、そんな彼女の音楽の魅力がしっかりとつまった作品となっている。OTOTOYは『GANG!』を配信するとともに、インタヴューを行った。 ZOMBIE-CHANG / GANG!'【Track List】01. I CAN’T GET TO SLEEP02. TARINAI03. TOKIDOKI04. KOURAKUEN05. KABENOMUKOU06. WEEKEND07. KAWAII BABY【配信形態 / 価格
by 河村 祐介
浅見北斗が語るハバナイ、そして音楽シーンの現状とは──新シングル『Fallin Down』をリリース
[CLOSEUP]・2017年03月16日・浅見北斗が語るハバナイ、そして音楽シーンの現状とは──新シングル『Fallin Down』をリリース 昨年11月に『The Manual (How to Sell My Shit)』をリリースしたHave a Nice Day! 。その勢いを止めることなく新作『Fallin Down』がリリースされる。今作は新曲「Fallin Down」に加え、「スカーフェイス」と「巨大なパーティー」の新録音、さらにリミックス・ヴァージョンという6曲収録。さらに今回は、 安孫子真哉(ex.銀杏BOYZ)がチーフ・プロデューサーを務めるレーベル〈KiliKiliVilla〉からのリリースとなる。なぜ〈KiliKiliVilla〉からのリリースに至ったのか、そしてHave a Nice Day! 、さらに言えば音楽シーンの現状ついて、浅見北斗の考えを訊いた。 勢いが止まらないハバナイ、新シングルを予約受付中! Have a Nice Day! / Fallin Down(24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】アルバム 1,080円
京都発ギリシャラブ、初のフル・アルバム・リリース&インタビュー
[CLOSEUP]・2017年03月15日・より一層多様に花開いた音楽性──ギリシャラブが初のフル・アルバムをリリース 多くのアーティスト、クリエイターたちが活躍する京都の音楽シーン。そんな京都インディー・シーンの新星「ギリシャラブ」が1stフル・アルバムをリリース。本作にはプロデューサーとして、同じく京都の音楽シーンで活躍をしている、本日休演の岩出拓十郎を迎えた。今回はリリースにあたって峯大貴による、天川悠雅(ヴォーカル、パーカッション)へのメール・インタビューを敢行。バンド結成から現在までの活動、彼らが活躍する京都という街について語ってくれた。 ギリシャラブの1stフル・アルバム ギリシャラブ / イッツ・オンリー・ア・ジョーク'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC、MP3>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 162円(税込) / アルバム 1782円(税込)【収録曲】1. 竜骨の上で2. つつじの蜜 3. 夜の太陽4. セックス5. 機械 6. ヒモ7. パリ、フランス8. よろこびのうた9. パリ、兵庫 10. イッツ・オンリー・ア・ジョーク11. ギリシャより愛をこめて INTERVIEW : ギリ