90年代のロック・ポップスを代表する存在であったJUDY AND MARY。「OverDrive」「くじら12号」「motto」「ラッキー・プール」など、爽やかかつキャッチーな楽曲の多くを手掛けてきたのがそのギタリストであったTAKUYAだ。ソロ・ユニットであるROBO+S、楽曲提供をはじめとしたプロデュース、最近ではミドリのシングルへの参加など、幅広い活動を続けている。ROBO+Sのニュー・アルバム『転がれサンディもサムも』は、積んできた経験値はそのままに、非常にフレッシュな仕上がり。彼の原点ともいえるストレートなサウンドからは、改めて彼のポピュラリティのあるポップ・センスを感じさせられる。リリース・ツアー直後に、話を伺った。

インタビュー&文 : 井上沙織

LIVE Photo : by Mariko Miura at Shibuya Club Quattro 8th March 2009

INTERVIEW

—前作『DYING MUSIC』と比べて『転がれサンディもサムも』は、ものすごくポップに感じました。 コンセプトはあったのでしょうか?

TAKUYA(以下T):前作は、今の4人で再始動って感じだったので、J-POPみたいな曲を書いても、メンバーからしたら「何がソロと違うの?」ってなっちゃうと思ったんですよ。なので、バンド・サウンドでやろうと。それからツアーをやったことで、バンド内外のインフラとかが整備されて大分固まってきた。そこで、じゃあ日本語で作ろうかなって。

—英語と日本語、意図的に分けているのですか?

T:うん、まあ時期にもよるんですけど。前は言葉を聞いてほしくなかった。どうしても歌詞の印象でとらえられるのが嫌で英語にしていたんです。もし前作のときに日本詞を混ぜていたら、あんまり説得力がなかったと思うんだよね。

—段階を踏んだことで、変化した点はありますか?

T:自分では英語から日本語に変わった位にしか思っていないです。ただ、前はギターのリフから作りはじめることが多くて、フレーズとかも構築していたけど、今回は言葉からでてきた曲が多いかもしれないな。あとはストレートにやろうと。シンプル・イズ・ベストと思って。

—日本語詞の曲は伝わりやすいと思うのですが、『伝える』ということに関して強く意識されたのでしょうか?

T:楽器を持って音を出すことは、誰のためにやっているんだろうっていう哲学的な側面、好き勝手にやっている側面、プロデュースを含めて仕事としてやっている側面がある。だから一概には言えないかな。でも、今回はちゃんと聴いてもらおうと思って、狙いを定めて曲作りにうちこみましたね。

—曲はどんな風に作っているのでしょうか?

T:常にデッサンはしているような状態で、あるときギアをいれてぎゅっとまとめる。今も、次の構想は出来ているんだけど、どうやって言葉をのせようかなぁと考えているところ。どの道を通って辿りつこうかなって思ってる。

—先日の渋谷クアトロでのワンマンを観させていただきました。凄く勢いのあるライブでしたね。

T:ROBO+Sは、最初からポップなことをやれている。つまりライブの最後に暴れることができるような、必殺技みたいな曲があるからね。今までは、喉とか体の調子とか限界を計ってみたかったんだけど、3年位たくさんライブを行って、もうその修業的な期間は終わりかな。もっと他にもやりたい事ができた。最近ミドリとかと共演したので、そんな縁のある人と積極的に何かをやっていきたいですね。

—JUDY AND MARYのトリビュート盤が発売されましたね。聴いてみてどうでしたか?

T:半沢武志君(FreeTEMPO)の「RADIO」が良かったなあ。昔YUKIが北九州のラジオ番組をもってて、毎週通ってたのね。この時期は、JUDY AND MARYがだんだん忙しくなって、一般人から業界人に変わらなきゃならなくて、肉体的にも精神的にも大変だった。この曲は、そんな時に、ラジオから好きな人に気持ちが届いたらいいよね、っておもいで作った。今、北海道でラジオをやっているんですけど、半沢君の「RADIO」を聴いて凄く癒された。アルバムの曲達は、自分の出した子供が、凄くおじいちゃん想いの孫を連れて帰ってきてくれた感じですね(笑)

—音楽をやるために京都から上京して20年ですね。20年続けてきて、シーンの移り変わりを肌で感じていますか?

T:最近は若いのに貪欲な人があまりいない気がする。皆余裕があるんだよね。それは時代性なのかもしれないけど...

—余裕というと?

T:なんとなく行き先が東京の中にたくさんあるからなのかな? あんまり不安そうじゃないというか。俺らのときは、大人になってもロックをやり続けるっていう前例がなかった。駄目だったら田舎に帰る。今は、音楽をやるために上京してきても、違うところに収まりどころがあるように感じるよ。

—最後に、TAKUYAさんの未来に対するおもいを聞かせて下さい。

T:「こんなもんじゃないよ!」と。10代のときに負けないくらい自分自身に期待しているし、夢を見ている。まあ見とけっておもいが渦巻いています。

NEW RELEASE


左:JUDY AND MARYのデビュー15周年を記念して、豪華アーティストが参加したトリビュート・アルバム。未だ色褪せない名曲たちが、新たな生命を吹き込まれてここに集結!
右:ミドリ初のシングル・リリース。完全限定生産となる【ひだり盤】には、TAKUYA(ROBOTS,ex JUDY AND MARY)をギターに迎えた表題曲「swing」の別ヴァージョン「swing〜もしもTAKUYAがミドリにいたら〜」を収録。

TAKUYA好きに強力レコメンド!



ガールズ・ヴォーカル・メロディック・バンドを数多く輩出してきた愛知県から。ヴォーカルMisakiの才能溢れるピュアな魅力と、安定したサウンドは、90年代初頭のメロディック・パンク・ファンをも納得させます。4月にはKen Yokoyamaとのスプリット盤をリリース予定です。



Perfume以降の新世代ポップ・シーンを牽引するバンド。萌え文化とリンクしながらアンダーグラウンドとも直結。淡々としているけど、突き刺さってくる言葉の群。『00年代後半のうた姫?』センスが逸脱しております。ネクスト・ジェネレーションのナンバー・ガール的存在!



函館出身の4人組ロック・バンド。パンク、グランジ、ハードコア、ポスト・ロックなどあらゆるジャンルを消化したサウンドに「いい声」と「いいメロディ」という、聴き手を選ばない要素を持ちあわています。



L⇔R活動=休止後から、様々なユニット・バンドへの参加や、プロデュースなど、自由に音楽を楽しんできた黒沢が本来の自分に立ち戻り独自のポップ・センスを存分に発揮した、集大成ともいえる渾身の一枚。



神戸出身のガールズ・ロック・バンド。演奏のダイナミックさはそのままに、ソング・ライティング、楽曲のアレンジにおいても進化を見せ、このバンドが持つ可能性を大きく示しています。また本作では中尾憲太郎氏(ex.NUMBER GIRL、SLOTH LOVE CHUNKS、SPIRAL CHORD)を共同プロデューサーに迎え、サウンド面も大幅に強化。シーンの「期待」を「確信」に変える作品!

TAKUYA

元JUDY AND MARYのギタリスト。ソロ活動の際はTAKUYA。黒夢のベーシスト人時、SHIGE、JAH-RAHからなるバンドではROBO+S(ロボッツ)と、現在はソロ活動やプロデュース活動を含め、様々な活動を行っている。そのギタープレイは独創性豊か。

LIVE SCHEDULE

Electric Graffiti Tour

  • 6月1日(月)@新潟CLUB JUNK BOX mini
w / 杉本恭一 / 他
OPEN18:00/START18:30 前売\3000/当日\3500(+D)
  • 6月3日(水)@仙台LIVE HOUSE enn
【LIVE HOUSE enn 8th ANNIVERSARY LIVE】
w / 杉本恭一 / 他
OPEN18:30/STAR19:00 前売\3000/当日\3500(+D)
  • 6月5日(金)@札幌COLONY
w / 杉本恭一 / 他
OPEN18:30/START19:00 前売\3000/当日\3500(+D)
  • 6月7日(日)@青森Quarter
w / 杉本恭一 / 他
OPEN18:00/START18:30 前売\3000/当日\3500(+D)

LINK



CLOSE UP : moonriders

CLOSE UP : Mirah

CLOSE UP : ビイドロ

CLOSE UP : ドン・マツオ

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

カネコアヤノの音楽は生活を“ちょっとだけ”楽しくする──18歳の女子インターンとその魅力を語り合う
[CLOSEUP]・2017年04月26日・カネコアヤノの音楽は生活を“ちょっとだけ”楽しくする──18歳の女子インターンとその魅力を語り合う 飾らない言葉と心地よい歌声、ポップネス満載のメロディーを奏でるシンガー・ソングライター「カネコアヤノ」。昨年11月に発売した『さよーならあなた』では、ギタリストとして林宏敏(ex.踊ってばかりの国)がバンド・メンバーに加わった。それによってカネコアヤノの音楽性はさらに飛躍を遂げた。そんな彼女が2nd EP『ひかれあい』を4月26日にリリース。OTOTOYではハイレゾ配信もスタートしました。〈かわる! かわる! かわってく覚悟はあるはずだ〉と歌うリード曲「とがる」には、新たなフェイズへと躍進する彼女の強い意志と勢いを感じざるを得ない。 今回のリリースにあたり、過去2回カネコアヤノのライヴ・レポートを行ってきた女性インターンのYさん(18歳)に、今作を聴いてみてどのようなことを感じ取ったか、18歳の女性インターンにとっての「カネコアヤノの魅力」とは何なのかを訊いてみた。どうせならカネコアヤノ本人も呼んで、その話を聞いてもらうことに。 カネコアヤノの2nd EPをハイレゾ配信中! カネコアヤノ / ひかれあい'【配
by 西澤 裕郎
さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る
[CLOSEUP]・2017年04月26日・さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る 18歳のシンガー・ソングライター、山﨑彩音が4曲入り音源『キキ』をリリース。15歳から東京・神奈川のライヴハウスで活動をはじめ、16歳のときに声と言葉、全曲詩先による作風、唄とギターのみの一発録音、6曲中2曲がカセットテープ・レコーディングされた1st E.P『Yer』をライヴ会場と通信販売のみで発表。2016年には仲井戸“CHABO”麗市、GLIM SPANKYのオープニング・アクトを務め、〈FUJI ROCK FESTIVAL 2016〉にシンガー・ソングライター史上最年少で出演するなど話題を集めてきた。〈さよならだけが人生さ〉と唄い出す今作は、言葉と空間を響かせる、余計なものが一切入っていない。削っていく、捨てていくというよりは、鳴っているべき、必要な音しか入れない、声と音の間の空気や静寂を鳴らしている。西野カナ、aiko、ハナレグミ等のエンジニア / マニュピュレーター / キーボーディストとして活躍する山本哲也と共に作り上げられた本作をOTOTOYではハイレゾ配信し、山崎彩音への初インタヴューを掲載する。 同世
by 岡本 貴之
名門Ghostly Internationalから、Bathsが放つGeoticのカラフルなテクノ・アルバム
[CLOSEUP]・2017年03月30日・Bathsのアンビエント・プロジェクト、Geotic、待望の新作をハイレゾ&特別ライナー&インタヴューPDF付きで配信 先日のWWWやCIRCUS TOKYOでの来日公演での熱演も記憶に新しいLAを拠点に活動しているビートメイカー、Bathsことウィル・ウィーゼンフェルド。そのサイド・プロジェクトとしてこれまでにコンスタントに自主制作で作品をリリースしてきた名義、Geoticとしてアルバム『Abysma』をリリースする。リリースはエレクトロニック・ミュージックの名門、昨年グラミーにノミネートされたティコなどを擁する〈Ghostly International〉。これまでGeotic名義では10作以上のアンビエント作品を自身のBandcampで発表してきたが、名門レーベルからの本名義で初のオフィシャル・リリースとなる(日本では〈Tugboat〉からのリリース)。これまで彼がアンビエント的なアプローチで展開してきた穏やかなメロディのシンセに、緩やかなグルーヴがミックスされたカラフルなテクノ・アルバムとなっている。日本先行となる本作をOTOTOYでは独占ハイレゾ&特別版のライナーノーツ&インタヴューPDF(LAビ
by 寺島 和貴
DÉ DÉ MOUSE、祝活動10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信
[CLOSEUP]・2017年04月12日・DÉ DÉ MOUSE、祝10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信 〈RAW LIFE〉からインディ・ロック・シーンまでに届いたアンセム「baby's star jam」も収録のマスターピース、1st『tide of stars』から10年、DÉ DÉ MOUSEの通算6枚目のアルバムがここに完成した。きらびやかなカットアップ・シンセ・サウンドによるポップなエレクトロ・トラックは、まさに彼の真骨頂にして、そのスタイルの最新型とも言えるサウンドに仕上がり、ここ数年の活発なリリースの勢いをそのまま封入したようなエネルギッシュな作品とも言える。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を1ヶ月独占で配信開始する。またリリースを記念して、こちらのアルバムから「pump it up (feat. Anamanaguchi from NY)」を2週間限定フリーダウンロードを開始(4月26日19時まで)! デビュー10周年を迎え、名義も新たに「DÉ DÉ MOUSE」と改めた、彼に話を訊いた。 6thアルバムのハイレゾ版1ヶ月独占配信DÉ DÉ MOUSE / dream you up(24bit/48kHz)'【T
by JJ
CUBERS、1st EP『シアン』をハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年04月20日・【REVIEW】“聴けるボーイズユニット”CUBERS、音楽的実験を見せた1st EPをハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが1st EP『シアン』を完成させた。ブラックミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』から一歩足を踏み出し、本作ではアイドル・ポップ然とした楽曲から、ギターリフが印象的なロック調、キャッチーなメロディとアレンジで構成された楽曲まで、バラエティに富んだ6曲を収録。そんな本作をOTOTOYではハイレゾ配信し、レビューとともにお届けする。 聴けるボーイズユニット、1st EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / シアン'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 200円(税込) アルバム 1,080円(税込)【収録曲】''1. Circus2. NANDE3. サイケ4. Today5. Tic Tac6. 神様は忙しい REVIEW : 「聴けるボーイズユニット」だと思わず膝を叩かざるをえない 先日「はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておくべし」という記事を公開した。 これは、男性グループに詳しい
by 西澤 裕郎
【ライブ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ
[REVIEW]・2017年04月19日・【ライヴ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ いま京都では、ギリシャラブや本日休演、台風クラブなど、ノスタルジックなサウンドで懐かしさを醸し出しているバンドが1つのムーヴメントになりつつある。京都のインディー・シーンは今、彼らの話題で持ち切りなのだ。かつてくるりやキセルなど、京都の音楽シーンに注目が集まっていた時代があった。そんな時代の再来を期待させるような火種が、京都には転がっている。そしてその火種の1つに名乗り上げようとしているのが、超若手の7人組ノスタルジック・ロックバンド、バレーボウイズである。avex、DUM DUM LLP.、HOT STUFF、lute、ULTRA-VYBEが合同で開催し、特別審査員として中尾憲太郎(ex.ナンバーガール、Crypt City)、松田“CHABE”岳二(LEARNERS、CUBISMO GRAFICO)、MC.sirafu(片想い、ザ・なつやすみバンド)が参加した無差別級ライヴ・オーディション「TOKYO BIG UP! 」ではグランプリを獲得するなど、着々とその名を広めるバレーボウイズのライヴ・レポートをお届け。 テキスト : 水上健汰
【ハイレゾ配信】8年ぶりの新作『async』について訊く──坂本龍一メール・インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月17日・坂本龍一『async』について語る──メール・インタヴュー 8年ぶりの新作アルバムとしてリリースされるや、OTOTOYでも一気にチャートを駆け上がった坂本龍一の『async』。往年のファンはもちろんのこと、現在のアンダーグラウンドな電子音響のファンまで、広く聴かれるべき刺激的な作品となっている。OTOTOYでは本作をハイレゾで配信するとともに、アルバムまとめ購入には坂本龍一自らが書き下ろしたライナー、そしてクレジットなどが掲載された、CDと同様の内容のPDFライナーが付属している。そして、ここに坂本龍一からのメール・インタヴューが到着した。 24bit/96kHzハイレゾ+ブックレトPDF付きで配信坂本龍一 / async(24bit/96kHz)'【Track List】01. andata 02. disintegration03. solari04. ZURE05. walker 06. stakra 07. ubi08. fullmoon09. async10. tri 11. LIFE, LIFE12. honj13. ff14. garden【配信形態 / 価格】''24bit/96kHz WA
by 八木 皓平
白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース
[CLOSEUP]・2017年04月19日・白昼夢のトロピカル・ミニマル・グルーヴ──D.A.N.の新作『TEMPEST』を巡って 1stアルバム・リリースからわずか1年、あれよあれよという間に、フジロック・フェスなど各種フェスに出演、さらにはリキッドルーム・ワンマンのチケットは即完……そんなバンドへと成長したD.A.N.。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの彼らから、まとまった作品としては1年ぶりとなるミニ・アルバム『TEMPEST』が届いた。すでに昨年末のデジタル・リリース & MVの公開でヒット、さらにはライヴでは定番となっている「SSWB」に加えて、こちらもすでにライヴで披露されている「Shadows」、「Tempest」といった新録曲が収録。今回ミックスを手がけているAOKI takamasaとFumitake Tamura(BUN) のユニット、Neutralの再構築による「Tempest」エデット・ヴァージョンも。またハイレゾ版デジタル・パッケージには、すでに完売となっている12インチ・シングルに収録されていたAOKI takamasaの「SSWB」リミックスがボーナス・トラックとして収録されている。さて本作から、半野喜弘、Jazztronik、
by 河村 祐介