90年代のロック・ポップスを代表する存在であったJUDY AND MARY。「OverDrive」「くじら12号」「motto」「ラッキー・プール」など、爽やかかつキャッチーな楽曲の多くを手掛けてきたのがそのギタリストであったTAKUYAだ。ソロ・ユニットであるROBO+S、楽曲提供をはじめとしたプロデュース、最近ではミドリのシングルへの参加など、幅広い活動を続けている。ROBO+Sのニュー・アルバム『転がれサンディもサムも』は、積んできた経験値はそのままに、非常にフレッシュな仕上がり。彼の原点ともいえるストレートなサウンドからは、改めて彼のポピュラリティのあるポップ・センスを感じさせられる。リリース・ツアー直後に、話を伺った。

インタビュー&文 : 井上沙織

LIVE Photo : by Mariko Miura at Shibuya Club Quattro 8th March 2009

INTERVIEW

—前作『DYING MUSIC』と比べて『転がれサンディもサムも』は、ものすごくポップに感じました。 コンセプトはあったのでしょうか?

TAKUYA(以下T):前作は、今の4人で再始動って感じだったので、J-POPみたいな曲を書いても、メンバーからしたら「何がソロと違うの?」ってなっちゃうと思ったんですよ。なので、バンド・サウンドでやろうと。それからツアーをやったことで、バンド内外のインフラとかが整備されて大分固まってきた。そこで、じゃあ日本語で作ろうかなって。

—英語と日本語、意図的に分けているのですか?

T:うん、まあ時期にもよるんですけど。前は言葉を聞いてほしくなかった。どうしても歌詞の印象でとらえられるのが嫌で英語にしていたんです。もし前作のときに日本詞を混ぜていたら、あんまり説得力がなかったと思うんだよね。

—段階を踏んだことで、変化した点はありますか?

T:自分では英語から日本語に変わった位にしか思っていないです。ただ、前はギターのリフから作りはじめることが多くて、フレーズとかも構築していたけど、今回は言葉からでてきた曲が多いかもしれないな。あとはストレートにやろうと。シンプル・イズ・ベストと思って。

—日本語詞の曲は伝わりやすいと思うのですが、『伝える』ということに関して強く意識されたのでしょうか?

T:楽器を持って音を出すことは、誰のためにやっているんだろうっていう哲学的な側面、好き勝手にやっている側面、プロデュースを含めて仕事としてやっている側面がある。だから一概には言えないかな。でも、今回はちゃんと聴いてもらおうと思って、狙いを定めて曲作りにうちこみましたね。

—曲はどんな風に作っているのでしょうか?

T:常にデッサンはしているような状態で、あるときギアをいれてぎゅっとまとめる。今も、次の構想は出来ているんだけど、どうやって言葉をのせようかなぁと考えているところ。どの道を通って辿りつこうかなって思ってる。

—先日の渋谷クアトロでのワンマンを観させていただきました。凄く勢いのあるライブでしたね。

T:ROBO+Sは、最初からポップなことをやれている。つまりライブの最後に暴れることができるような、必殺技みたいな曲があるからね。今までは、喉とか体の調子とか限界を計ってみたかったんだけど、3年位たくさんライブを行って、もうその修業的な期間は終わりかな。もっと他にもやりたい事ができた。最近ミドリとかと共演したので、そんな縁のある人と積極的に何かをやっていきたいですね。

—JUDY AND MARYのトリビュート盤が発売されましたね。聴いてみてどうでしたか?

T:半沢武志君(FreeTEMPO)の「RADIO」が良かったなあ。昔YUKIが北九州のラジオ番組をもってて、毎週通ってたのね。この時期は、JUDY AND MARYがだんだん忙しくなって、一般人から業界人に変わらなきゃならなくて、肉体的にも精神的にも大変だった。この曲は、そんな時に、ラジオから好きな人に気持ちが届いたらいいよね、っておもいで作った。今、北海道でラジオをやっているんですけど、半沢君の「RADIO」を聴いて凄く癒された。アルバムの曲達は、自分の出した子供が、凄くおじいちゃん想いの孫を連れて帰ってきてくれた感じですね(笑)

—音楽をやるために京都から上京して20年ですね。20年続けてきて、シーンの移り変わりを肌で感じていますか?

T:最近は若いのに貪欲な人があまりいない気がする。皆余裕があるんだよね。それは時代性なのかもしれないけど...

—余裕というと?

T:なんとなく行き先が東京の中にたくさんあるからなのかな? あんまり不安そうじゃないというか。俺らのときは、大人になってもロックをやり続けるっていう前例がなかった。駄目だったら田舎に帰る。今は、音楽をやるために上京してきても、違うところに収まりどころがあるように感じるよ。

—最後に、TAKUYAさんの未来に対するおもいを聞かせて下さい。

T:「こんなもんじゃないよ!」と。10代のときに負けないくらい自分自身に期待しているし、夢を見ている。まあ見とけっておもいが渦巻いています。

NEW RELEASE


左:JUDY AND MARYのデビュー15周年を記念して、豪華アーティストが参加したトリビュート・アルバム。未だ色褪せない名曲たちが、新たな生命を吹き込まれてここに集結!
右:ミドリ初のシングル・リリース。完全限定生産となる【ひだり盤】には、TAKUYA(ROBOTS,ex JUDY AND MARY)をギターに迎えた表題曲「swing」の別ヴァージョン「swing〜もしもTAKUYAがミドリにいたら〜」を収録。

TAKUYA好きに強力レコメンド!



ガールズ・ヴォーカル・メロディック・バンドを数多く輩出してきた愛知県から。ヴォーカルMisakiの才能溢れるピュアな魅力と、安定したサウンドは、90年代初頭のメロディック・パンク・ファンをも納得させます。4月にはKen Yokoyamaとのスプリット盤をリリース予定です。



Perfume以降の新世代ポップ・シーンを牽引するバンド。萌え文化とリンクしながらアンダーグラウンドとも直結。淡々としているけど、突き刺さってくる言葉の群。『00年代後半のうた姫?』センスが逸脱しております。ネクスト・ジェネレーションのナンバー・ガール的存在!



函館出身の4人組ロック・バンド。パンク、グランジ、ハードコア、ポスト・ロックなどあらゆるジャンルを消化したサウンドに「いい声」と「いいメロディ」という、聴き手を選ばない要素を持ちあわています。



L⇔R活動=休止後から、様々なユニット・バンドへの参加や、プロデュースなど、自由に音楽を楽しんできた黒沢が本来の自分に立ち戻り独自のポップ・センスを存分に発揮した、集大成ともいえる渾身の一枚。



神戸出身のガールズ・ロック・バンド。演奏のダイナミックさはそのままに、ソング・ライティング、楽曲のアレンジにおいても進化を見せ、このバンドが持つ可能性を大きく示しています。また本作では中尾憲太郎氏(ex.NUMBER GIRL、SLOTH LOVE CHUNKS、SPIRAL CHORD)を共同プロデューサーに迎え、サウンド面も大幅に強化。シーンの「期待」を「確信」に変える作品!

TAKUYA

元JUDY AND MARYのギタリスト。ソロ活動の際はTAKUYA。黒夢のベーシスト人時、SHIGE、JAH-RAHからなるバンドではROBO+S(ロボッツ)と、現在はソロ活動やプロデュース活動を含め、様々な活動を行っている。そのギタープレイは独創性豊か。

LIVE SCHEDULE

Electric Graffiti Tour

  • 6月1日(月)@新潟CLUB JUNK BOX mini
w / 杉本恭一 / 他
OPEN18:00/START18:30 前売\3000/当日\3500(+D)
  • 6月3日(水)@仙台LIVE HOUSE enn
【LIVE HOUSE enn 8th ANNIVERSARY LIVE】
w / 杉本恭一 / 他
OPEN18:30/STAR19:00 前売\3000/当日\3500(+D)
  • 6月5日(金)@札幌COLONY
w / 杉本恭一 / 他
OPEN18:30/START19:00 前売\3000/当日\3500(+D)
  • 6月7日(日)@青森Quarter
w / 杉本恭一 / 他
OPEN18:00/START18:30 前売\3000/当日\3500(+D)

LINK



CLOSE UP : moonriders

CLOSE UP : Mirah

CLOSE UP : ビイドロ

CLOSE UP : ドン・マツオ

o

 
 

インタヴュー

松本誠治と巡る「おふろcafé」ーー音楽フェス〈おふろ café MUSIC SHOWER〉が8月26、27日開催!!
[CLOSEUP]・2017年08月19日・松本誠治と巡る「おふろcafé」ーー音楽フェス〈おふろ café MUSIC SHOWER〉が8月26、27日開催!! 埼玉県でおふろcaféを運営する株式会社温泉道場と、同じく埼玉で運営されているkilk reocordsによるライヴハウス「ヒソミネ」。その両者がタッグを組み、8月26日におふろcafé utatane、翌27日におふろcafé bivouacにて音楽フェス〈おふろcafé MUSIC SHOWER〉を開催する。「地域コミュニティでハブ機能を担う温浴施設・ライヴハウスをもっと知ってもらい、地域をもりあげたい」という気持ちから、埼玉出身アーティストをはじめ、ヒソミネが厳選した6組以上のアーティストが出演。料金は各店舗の入館料のみ!! お風呂に入って、マンガを読んで、ライヴを見て、と複合的な楽しみ方も可能だ!! イベント開催を前に、出演者でもある松本誠治(the telephones、FINAL FRASH、Migimimi sleep tight)とともにおふろcafé utataneを体験。その様子を写真とともにお届けする! 8月26日(土)、27日(日)の2日間、大宮と熊谷のおふろca
by 西澤 裕郎
その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
Yun*chi、ミニ・アルバム『Canvas*』リリース記念リミックス・コンテスト開催!
[INTERVIEW]・2017年08月02日・未来を自由な色で描こう! Yun*chi、『Canvas*』リリース記念リミックス・コンテスト開催 2年ぶりのミニ・アルバム「Canvas*」をリリースしたYun*chi。ナチュラルな雰囲気を身にまとった新ビジュアルにも注目です。OTOTOYでは本作のリリースを記念してリード曲「今僕のいる場所が理想と違っても」のリミックス・コンテストを開催! 本日から8月30日(水)まで作品を募集します。グランプリはOTOTOYで期間限定フリーDLをおこないます。詳しくは応募要項をチェック! 2年ぶりのミニ・アルバム!Yun*chi / Canvas*'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【配信価格】(税込) 単曲 257円 まとめ購入 1500円【Track List】 ''01. 今僕のいる場所が理想と違っても / 02. HIMAWARI* / 03. Trendy Night* / 04. Kare Kano* / 05. Again* / 06. Seaside In Dream* / 07. Thank U* 「Canvas*」リリース記念リミックス・コンテスト応募要項応募用素材はこちらY