遠藤友梨恵のソロ・ユニット、ユピトーク。これまでに3枚のDEMOをリリースし、世界各国のミュージシャンを集めたコンピレーションCDに参加してきた彼女が、待望のデビュー・アルバム『the pillow books of yupitalk』を8月19日にリリースする。これは、日々の暮らしの中で感じたことを記した"枕草紙"のような作品。今回はそのアルバムの中から「低空飛行船」が先行配信となった。

彼女が作るメロディには、女性ならではの柔らかさと、そばに寄り添うような居心地の良い温かさがある。一方で、エフェクトの利いたギター・リフを全面に打ち出すなど、ロックな一面も見せている。優しく軽やかにうたうヴォーカリスト。じわじわと染みるメロディを紡ぐポップ・ソング・ライター。多彩な顔を持つミュージシャンだ。彼女の考えるポップスについて、話を伺ってみようと思った。

インタビュー&文 : 井上沙織


INTERVIEW

—以前はバンドを組まれていたそうですね。

Lodgeというバンドでキーボードを弾いていました。その頃はバンド内に曲を作る人がいて、フレーズとかも指示通りに演奏するという感じでした。自分で曲を作りたいとは思っていたけれど、それを実現するところまでは考えていなかったですね。いろいろあってバンドを辞めたんですけど、そのときは「もう音楽なんて辞めてやる! 」とすら考えて、裏方にまわったり、企画イベントをやろうかなと思っていました。

ユピトークとして再びソロで音楽活動しようと思ったのは何故ですか?

「辞めてやる! 」 と思いながらも、やっぱり表現をしたいなという想いはあったんです。それでまずLodgeを辞めてから、ひとりで録音を始めました。でもアレンジとか録音って、技術が必要なんですよね。自分ではしっかり出来ないので、ジレンマがあったんです。そこで、たまたまそのときメンバー募集をしていたバンドに加入しました。何回かスタジオに入ったんですけど、やっぱり自分で好きなようにやりたいと思うようになっていって、それできちっとソロでの活動を始めました。

ユピトークでは、最初から歌がメインだったのでしょうか?

そうですね。メロディがある曲が好きなんです。今聴いても色褪せない曲って、やっぱりメロディがいい曲だと思うんですよね。そういう曲を書きたいと思っています。

—遠藤さんは、どんな音楽に影響を受けてきたのでしょうか?

中学生くらいのときからThe pillowsをよく聴いていました。音楽的に影響を受けているかはわからないですけど、すごく好きですね。

—今作『the pillow books of yupitalk』では、ミックスとマスタリングに高橋健太郎さんを迎えていますね。

2年前の夏にゆーきゃんのライヴを観に下北沢へ行ったとき、健太郎さんが対バンで出演していました。「すごいギター上手いけど、この人は何なんだ?! 」と思ったのが第一印象ですね(笑)。家に帰ってmixiとMySpace両方でメッセージを送ったら、その後に控えていた私のユピトークとしての初ライヴを観に来て下さったんです。そのときにきちんとご挨拶させていただいたんですが、話してみると共通の知り合いが多いことに気付きました。SPIROの中島君と3人でモナ・レコードでのアコースティック・イベントを企画したときは、健太郎さんが曲を作って、私が歌詞をのせるという共作もしました。そして、今のレーベルBabyBoom Records Japanと知り合って、CDリリースの話になったときに、ダメもとで健太郎さんに頼んでみたら受けてくれたんですよね。

—健太郎さんと録音することによって、デモにも収録されている曲に変化はありましたか?

基本は一緒なんですけど、健太郎さんのフィルターを通すことによって柔らかくて温かい仕上がりになったなあと思っています。

—『the pillow books of yupitalk』にテーマはありますか?

活動をはじめて2年位経つんですけど、その2年間の集大成になっています。バラバラすぎて曲順を決めるのが大変だったので、2枚目があればちゃんと考えて作ろうと思っています(笑)。

—いろんな音が入っていますが、全部自分で演奏したのですか?

ほとんどそうです。ライヴでは編成をきちんと決めていません。弾き語りだったり、打ち込みのリズムを流してベースだけサポートに入ってもらったり、バンド編成のときもあります。自分の音楽をどういう編成で演奏するのが良いのかがわかるのにもう少し時間が必要だと思っているので、今はフレキシブルにやっていますね。

—以前、海外のラジオで楽曲がオン・エアーされたと伺いました。

MySapceをきっかけにレーベルのBabyBoom Recordsと知り合い、コンピレーションCDに参加させていただきました。BabyBoom Recordsはイギリスが母体で各国に支部があるレーベルで、そのコンピレーションCDもイギリス、アメリカ、フランスなどのポピュラー・ミュージックから、日本、カナダ、レバノンのバンドまで、地図にしたらぐるっと地球を一周できそうな、多岐にわたるミュージシャンが収録されていたんです。それがBBC Bristol(イギリス)やNetSounds(スコットランド)などのラジオでオン・エアーされて、いろんな国の人が聴いてくれたみたいです。インターネットでも聴けたので、自分の曲が紹介されているのを聴いてみたら、「ユッピトーク! 」って言われていました(笑)。外国の人は“yu”という発音の概念がないのか、言いづらいみたいなんですね。だから人によっては“ヤピトーク”という発音になったりするみたいです。

—遠藤さんは音楽活動をしていく上でインターネットを活用されていますね。そのスタンスは今後も変わらないのでしょうか?

音楽に接する方法はいろいろあっていいと思ってます。CDが売れなくなっている中で、ネットを通じた活動が選択肢のひとつとして受け取ってもらえればいいですね。


おすすめ歌ものポップス



BLIND MOON / SAKANA

2000年発表の日本が誇る名盤。ゆらゆら帝国の阪本慎太郎、クラムボンの原田郁子ほか、数多くの有名ミュージシャンからも賛辞を得た彼らの代表作。楽曲、音質、アルバムとしての流れや表現力、全てのクオリティが高いです。



PURPLE / Spangle call Lilli line

大学時代の友人で結成し、10周年を迎えた彼ら。メロウなサウンドと、静かでありながら芯のあるバンド・アンサンブルが混じりあい、心地よい浮遊感を生み出しています。



Yoi Toy / YOMOYA

人懐っこくもオルタナティヴ。日本語ロックのニュー・スタンダードとも言うべき、ゼロ年代型シティ・ポップの名盤。 2008年末、プロデューサー/エンジニアに、OGRE YOU ASSHOLEの出世作 『アルファベータ vs, ラムダ』やmooolsの名盤『モチーフ返し』を手がけた7e.p.の斉藤耕治と多田聖樹を迎え制作された2ndアルバムは、 常にライヴのクライ マックスを演出してきた11分強の大曲「雨あがりあと少し」をはじめ、 確実にバンドがネクスト・レヴェルに上ったこと、そして大きな舞台に羽ばたくであろうこ とを確信させる、溢れんばかりの魅力、パワーが宿った8曲+α。

LIVE SCHEDULE

  • 7月31日(金)@高円寺CONNECTION
“love’s getting out of fashion #1″
w : CAUCUS (solo set) / 石黒重久
DJ : Kato-chang Jr.(CAUCUS, bluestars night) / Chihiro(Babyboom Records Japan)
start 19:30 / charge FREE


LINK


PROFILE

ユピトーク

古都・金沢生まれ福島育ち東京在住、遠藤友梨恵によるソロ・ユニット「ユピトーク」。
ドリーミー歌ものバンドLodgeのキーボードとして活動後、2007年、インターネット・テクノロジーを駆使して活動開始。USインディー経由トーキョー発のフォーク・ポップ・ミュージック。日々想い、暮らすこと、夢見ること、大人であり子供であること。そんな音楽。


CLOSE UP : クラムボン

CLOSE UP : ジャック達

CLOSE UP : Anathallo

CLOSE UP : neco眠る

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

HARCO、20年の集大成 HARCO名義ラスト・アルバムをハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年06月21日・HARCO、祝20周年! そして、HARCO名義ラスト・アルバム! 独占ハイレゾ配信&メール・インタヴュー 活動20周年を迎えたシンガー・ソングライターのHARCOが、約2年ぶりのソロ・アルバム、ならびにHARCO名義ラスト・アルバムでもある『あらたな方角へ』をリリースした。OTOTOYではハイレゾで独占配信開始。山崎ゆかり(空気公団)、山田稔明、伊藤俊吾、早瀬直久(ベベチオ)、田中潤(ゲントウキ)、平野航、安田寿之、Adi Nada、石本大介、伊藤健太、榊原大祐ほかのゲスト・ミュージシャンが参加し、色とりどりの華を添えている。来年、2018年からは本名で活動を新たに開始するHARCOに、本作のこと、未来にむけての思いなどをメールでインタヴュー。 HARCO / あらたな方角へ'【配信形態】(24bit/96kHz) ALAC / FLAC / WAV / aac : 単曲 300円(税込) まとめ購入 2,700円(税込)【Track List】1. Monday Mornings / 2. 東京テレポート / 3. 春のセオリー / 4. 北斗七星 / 5. TOKIO -平野航&HARCO REM
これぞパティロケ!な音づくり! Party Rockets GT、ニューシングル独占ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年06月23日・これぞパティロケ! な音づくり── Party Rockets GT、ニューシングル独占ハイレゾ配信 仙台出身5人組ガールズ・ユニット、Party Rockets GT(通称パティロケ)。先月5月17日にリリースされた『START!!』をOTOTOY独占ハイレゾ配信開始! 南波一海によるサウンド・プロデューサー・三宅英明へのインタヴューとともにお楽しみください。 Party Rockets GT / START!!'【収録曲】1. START!!2. Beyond3. 01 -ゼロイチ-4. キミと見た空5. START!! (Instrumental)6. Beyond (Instrumental)7. 01 -ゼロイチ- (Instrumental)8. キミと見た空 (Instrumental)【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】''単曲 324円(税込) / まとめ価格 2,592円(税込) INTERVIEW : 三宅英明 6月25日にグループ史上最大規模の赤坂BLITZ単独公演を控えるParty Rockets GT。彼女たちの最新シン
GANG PARADE、ソロ・インタヴューvol.2 テラシマユウカ&新連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」vol.2掲載!!
[CLOSEUP]・2017年06月15日・GANG PARADE 連続インタヴュー、テラシマユウカ編「闘志は持ちつつ、落ち着いて自分らしく」 POPから改名し活動中の7人組アイドル・グループ、GANG PARADE。2017年3月28日より5泊6日にわたって開催されたBiS、BiSH、GANG PARADEの合同オーディションにはユメノユアとテラシマユウカが参加しグループとしての存在感を示した。しかし最終日に開催されたフリー・イベント〈WACK EXHiBiTiON〉にて、カミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの期間限定レンタルトレードが発表、現在アヤを入れた7人で活動をスタートさせている。そんな彼女たちに迫るべく、7回に渡り個人インタヴューを掲載する。第2回は、テラシマユウカ編。また、ユイ・ガ・ドクソンによる初連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」の2回目も掲載!! ドクソンが真剣にラーメンを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェックだ!! >>新連載!! GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.2 はこちらから>
by 西澤 裕郎
diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星
[CLOSEUP]・2017年06月14日・diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星 2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉。数多くの応募を勝ち抜き選ばれたのは、unizzz…、ペドラザ、東京塩麹という実力者3バンド。合格者はCD、レコードのWリリースが約束されており、6月から8月まで3ヶ月連続で音源が全国流通される。OTOTOYでも順次配信をスタート、各バンドへのインタヴューを掲載していく。 第1弾となる今回は、京都発男女ツイン・ヴォーカルのニューウェイヴ・バンド“unizzz… (ウニズ)”を特集。2016年の〈りんご音楽祭〉出演や今回のオーディション合格など、結成して1年足らずで多くの注目を集めつつある彼ら。ディスクユニオン内の新レーベル〈dim up〉からの第1弾リリースとなる今作『hello』を、OTOTOYでは1週間先行として6月14日より配信を開始。ステレオラブやテーム・インパラなど海外オルタナから、ゴダイゴやユーミンなどの70年代J-POPまで、さまざまな音楽から影
by 岡本 貴之
宮田涼介が描く、誰もが経験したことのある“空想”の世界──初のピアノ・ソロ・アルバムをリリース
[CLOSEUP]・2017年06月09日・宮田涼介が描く、誰もが経験したことのある“空想”の世界──初のピアノ・ソロ・アルバムをリリース バンド・かろうじて人間のギタリストとしても活躍する電子音楽家・宮田涼介。アンビエントやエレクトロニカを好み、バンド活動とは打って変わってノスタルジックな音を響かせている。OTOTOYではそんな彼の"空想・絵空事"を描いた5thアルバムを配信中。今回はピアノソロに焦点を当て、聴いているだけで情景が浮かぶような抒情的なトラックを集めた作品集となった。アルバムのテーマにも繋がる「幼少時代」について迫った対談と共にお楽しみください。 宮田涼介の5thアルバムを配信中!宮田涼介 / films'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 220円(税込) / アルバム 2,400円(税込)【収録曲】''1. sorrow 2. condolences3. umbre 4. ank 5. waffle caramel ice cream6. oborodukiyo7. leafe 8. at eventide 9. hitohuta 10. orion 1
by 鈴木 雄希
さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース
[CLOSEUP]・2017年06月14日・さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ!! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース テレビCMや、リオデジャネイロ・オリンピック閉会式にて楽曲が使われ、お茶の間にもその音楽が浸透してきたH ZETTRIO。そのバンドマスター、H ZETT Mが4年ぶりとなるピアノ・ソロ・アルバム『共鳴する音楽』をリリース。OTOTOYでは今作を1週間先行で配信を開始! 誰しも耳にしたであろう「あしたのワルツ」のソロ・バージョンのほか、名曲揃いの26曲を収録。今回のインタヴューでは、新アルバム『共鳴する音楽』の制作に関する話のほか、彼のインスピレーションの源についても語ってくれた。ぜひ新作『共鳴する音楽』と共にお楽しみください。 4年ぶりとなるソロ・アルバムがリリースH ZETT M / 共鳴する音楽'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【価格】単曲 257円(税込) / アルバム 3,240円(税込)【収録曲】''disk11. ショーがはじまる2. 極秘現代3. 踏み出すニュー4. すました日常5. 水の流れ6. 高貴な連帯7. 果てしないカーブ8. 争う
by 岡本 貴之
いわきのロックを体現するバンドnotice it、5年ぶりのアルバムをハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年06月07日・このメンバーじゃなきゃやりたくないーーいわきのロックを体現するバンドnotice it、5年ぶりのアルバム完成 2007年に結成された、いわきを拠点に活動する4人組ロック・バンド、notice it。尖ったポップ感覚とロックのダイナミズムを、ポストパンク、ダンス・ロック、オルタナティヴなどの音楽を通過し昇華させている。津波から生還したヴォーカル政井大樹を中心に福島を代表するバンドとして活動を続け、約5年ぶりとなる2ndアルバムをリリースし全国に発信する。アルバム・タイトルの『lamp』は、過去戦争や震災の被害から幾度も復活し周りを照らし続ける地元の塩屋崎灯台からインスピレーションされ、自身もそういう音楽を発信したいという想いからつけられたという。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信、1曲フリー・ダウンロードするとともにメンバー4人へのSkypeインタヴューを掲載する。 >>「Symbol」のフリー・ダウンロードはこちらから
by 渡辺 裕也
パンドラの匣の底に眠っていた希望──LOST IN TIME、節目となる10枚目のアルバムをリリース!!
[CLOSEUP]・2017年06月08日・パンドラの匣の底に眠っていた希望──LOST IN TIME、節目となる10枚目のアルバムをリリース!! 「パンドラ」...そうあの有名な「箱」のエピソードで多くの人が耳にしたことがある言葉だと思うが、この言葉の意味はご存知だろうか? 正解は「すべてのおくりもの」。シンプルながら骨太なサウンドと、ヴォーカル・海北大輔の聴く人の心を掴んで離さない歌声と歌詞で、日本のギター・ロックの良心として止まることなく歩みを続けてきたバンド・LOST IN TIMEはファースト・アルバム『冬空と君の手』から丸15年、そして10枚目となるアルバムにそう名付けた。アルバムの名前の通り、バンドを支えてきた仲間、友人、そしてファンに捧げる”おくりもの”のような1枚となった今作。「シンプルにLOST IN TIMEというバンドが好き」と力強く話してくれたに彼にとっての”バンド”とは? ヴォーカル・海北大輔のインタヴューと共にお楽しみください。 リード曲「ライラック」を含む渾身の全12曲!!LOST IN TIME / すべてのおくりもの'【Track List】01. ライラック02. 蹲る人03. アンカー04. Iris05.
筆者について
井上 沙織 (さ)

ototoy編集部で日々山盛りの仕事に囲まれながら、素敵な音楽や人との出会いを探しています。

同じ筆者による他の記事