澄み切った激情、染み入る唄

Discharming manの音楽は、彼らの出身地である札幌を思わせるようなピンと張り詰めた空気感があり、澄み切っている。bloodthirsty butchersの吉村秀樹がギター、プロデュースで全面的に参加したという今作『dis is the oar of me』。重厚で轟音なサウンドと、全身全霊で叫ばれるエモーショナルなヴォーカルは、聴く者の心に染み入り、強く揺さぶる。蛯名氏の考える”唄”とは一体何なのだろうか。話を伺った。

INTERVIEW

インタビュー&文:井上沙織


大衆性のある音楽をやりたいと思った

—前バンドのキウイロールを解散して、Discharming manを始めたいきさつは?

蛯名啓太(以下蛯名):もともとキウイロールのときから唄ものの曲はあって。自分の中で、もっとわかりやすい、大衆性のある音楽をやりたいなあと思っていたんです。そういう話をメンバーにしたら、メンバー間で意見が分かれて。それだったらキウイロールと平行して、一人でやりたいことやろうかなと思ったんです。でも案の定そんなこと全然出来なくて。それでキウイロール辞めて、自分のための人生を生きたいなと思って始めました。

—今のメンバーになったのは自然な流れだったんですか?

蛯名:最初はラップ・トップのパソコンとかサンプラーを使って、1DJ・1MCみたいな感じでやってました。THA BLUE HERBとかECD、サイプレス上野とロベルト吉野とか、ああいう表現を自分なりに出来ないかなと思って。でもやっていくうちに、作品だと成り立つけど、いざライブってなると曲が表現したいことに勝ってしまうことがわかった。これは良くないと思って、一緒にやったら面白いかなっていう友達を誘い始めました。途中いろいろ模索しながらも、5人に落ち着きましたね。それでやっていったらのびのびと歌えて、肩の荷が下りた感じです。そのあと吉村秀樹さん(bloodthirsty butchers)が入ってきて今のメンバーになりました。

—吉村さんが入って、何か影響はありましたか?

蛯名:よくないこだわりが消えていって、自分の持っている部分以上のものを引き出してくれましたね。気合いを注入してくれたというか。でも気合いだけじゃなくて、ちゃんと曲に歩み寄って深く入ってきてくれるし、俺の曲の世界を増幅して出してくれる。Discharming manは俺のものであって俺のものじゃない。俺のものって始めたはずが、皆のものでありたくなってきたんですよね。

—bloodthirsty butchersをはじめ、札幌の音楽シーンには個性的なバンドが多いと思うんですが、その辺って意識したりします?

蛯名:今も昔もいっぱいバンドいるんですけど、本当に凄い人っていうのは北海道っぽい部分を意識していない。そういう人達がやっぱり凄いんですよね。そこを踏襲しているというか、意識している人達に凄い人はいないですね。音楽をやっているのは自分であって、別に土地で音楽やっているわけじゃない。だから変に意識している人がいたら、早くやめたほうがいいですね。自分と向き合ったほうがいい。

—作品から受けるイメージとはまた違って、ライブはエモーショナルというか、グッとくる熱さがありますよね。

蛯名:Discharming manをやる上で、当初はそういうライブを避けていたんです。もっとちゃんと歌を届けたいって思いが強くて。激情的にやると、ちゃんと歌えなくなったり、演奏できなくなったり、曲の良さをライブで伝えられない。それはキウイロールの時から良くも悪くもあって、自分達が楽しくなきゃいけないのに、暴れなきゃいけないみたいな雰囲気が出ていて、そういうのがちょっと嫌だったんです。でもここへきてキウイロールの時と変わらなくなってきました。一回ちゃんと「歌を届けよう」っていうのを踏んでいるから、同じことやっているんだけど、やりたいことは出来てるんですよね。でもまだまだ通過点です、もっと良くなる予定なので。


俺がまずやりたいことをやっていかないと意味が無い

『dis is the oar of me』は、唄が前面に出ていますね。意識して録ったものなのでしょうか?

蛯名:俺は特に何も考えていなくて、今回プロデュースを任せた吉村さんの意向ですね。吉村さんは歌詞とかもちゃんと聴いてくれていて、埋もれちゃうと意味ないからって。もっと迫力のあるサウンドでワーっとすることも出来ると思うんですけど、俺が中心にいるDischarming manの発端の部分も理解してくれてるんですよね。単純に楽曲のバランスで言うと、唄を歌うための演奏だと思う。インストじゃないから、唄があって成り立つというか。かといって演奏も結構凄いんですけどね。バランスの良いものができたかなと思います。

—トータルで70分近くありますけど、空気が張り詰めていて、曲の流れにも緩急があって全く飽きないですよね。

蛯名:昔から自分が飽きないように、1曲1曲丁寧に作ってます。トータルでだれない、集中力があるアルバムになったかな。演奏だけの部分も歌の余韻が残るようにしてるし、そういうところはすごく大事にしました。わかりやすくやろうと思った部分と、キウイロールの時の良い要素、全部が合わさって出来たアルバムですね。

—蛯名さんの曲って2面性があると思うんです。全体的に突き放しつつもつかんで欲しいみたいな。

蛯名:そうなっちゃうんですよね。諦めと寛容が一緒になってる。やっぱり人に興味があるんですよね。悲しいだけの曲とか、嫌な気分にさせて終わるとか、演奏したあとに嫌だと思うことがあって。もっと曲に責任を持ちたいなって思います。かといって決め付けたりはしたくないし、聴き手に選択肢があって欲しい。歌詞も色んな風に取れるようにはしてますね。

—唄ものってより多くの人に届きやすい音楽だと思うんですが、ポピュラーなものにしたい、という思いはありますか?

蛯名:あります。そのために音楽やっているし。好きなことを好きなようにやっていくというのは、結構簡単だと思うんです。多くの人に届けることとか、何かを犠牲にしていくこととか、聴き手にとって聴きやすい状況を整えて聴かせることのほうが大変だと思う。今はインストとか激しい音楽とか、若いバンドでも凄い上手な演奏でバキバキに決めてたりしてますよね。そういうバンド聴くのは好きだし、好きなバンドもたくさんいるんですけど、俺がやることじゃないなって。曲を作って言葉を並べて唄を歌うことがしたいし、それを広めていきたいなって思います。俺にそういうの求めない、物理的に激しいものを求める人がいるのも知ってるけど、俺がまずやりたいことをやっていかないと意味が無い。混沌とした曲を好む人が好きになる楽曲じゃないと思うんですけど、そういう人も引き込めるような、納得してもらえるような力強い唄を歌いたいですね。

LIVE SCHEDULE

Drawing dis campus tour

2月20日(FRI)@岡山 PEPPER LAND
2月22日(SUN)@福岡 ROOMS
2月27日(FRI)@札幌 KLUB COUNTER ACTION
2月28日(SAT)@旭川 CASINO DRIVE
3月13日(FRI)@名古屋 CLUB UP SET
3月14日(SAT)@大阪 sunsui
4月3日(FRI)@仙台 PARK SQUARE
4月4日(SAT)@宇都宮 HELLO DOLLY

LINK

Discharming man web http://trafficjpn.com/discharmingman

Discharming man Myspace http://www.myspace.com/discharmingman

Discharming man所属レーベル traffic http://trafficjpn.com/

蛯名氏が運営するレーベル 5B Records http://www.5brecords.com/

Discharming man

2004年12月に解散した"kiwiroll"のVo.蛯名啓太が、2005年初頭から札幌にて、納得いく伴奏で、しっかりと歌を届けたいという目的で始めたもの。当初は機械的なサウンドを標榜していたが、その後アコースティック・セットに移行。その流れでドンドン演奏する人間が増えていき、今は6人でのバンド編成が活動の主になる。"bloodthirsty butchers" の吉村秀樹もギターで参加。普遍的かつ未知のサウンドへ突入している。今までDemo CD-R1枚、アルバム1枚、シングル3枚、V.A1枚(inherited allianceとの共同リリース)を蛯名が運営する5B recordsからリリースしている。蛯名啓太は現在も札幌在住である。

CLOSE UP:MOONRIDERS

CLOSE UP:世武裕子

CLOSE UP:埋火

CLOSE UP:相対性理論

o

 
 

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る
・2017年07月17日・ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る 〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。 ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Sun To Sola
by 河村 祐介
KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き
・2017年07月26日・KUNIYUKI TAKAHASHIのルーツにして、新たな側面をプレゼンする冒険的な新作──ハイレゾ独占配信 海外のハウス〜テクノ・シーンでも高い評価を受けるレーベル〈mule musiq〉。そのアーティスト・ラインナップは、現在でこそ海外シーンともシームレスなメンツが並ぶが、そのその設立当初から本レーベルを象徴するこの国のアーティストといえばこの人だろう。札幌のマエストロ、KUNIYUKI TAKAHASHI、その人だ。ジャズやソウルが豊かに溶け込んだディープ・ハウスを中心にしたこれまでの作品は、国内外で高い評価を受け続けている。そんな彼が、今回新作を発表するわけだが、そのサウンドはこれまでと趣向の違う質感を宿したものとなった。彼のルーツのひとつであるニューウェイヴやエレクトロニック・ボディ・ミュージック、インダストリアルといったサウンドを前面に出したプロジェクトとなっている。その名も「NEWWAVE PROJECT」。OTOTOYではこちらのハイレゾ独占配信をスタートする。サウンド・エンジニアとしての側面も持つ彼のそのサウンドの冒険をぜひともハイレゾで楽しんでいただきたい。 ハイレゾ独占配信KUNIYU
by 河村 祐介