そうだ、ロックは格好良さだけあればいい!——快作、WHITE ASH最新アルバムがハイレゾ配信開始!

「踊る」や「泣ける」への機能がなくても、ロックはただひたすらに格好良い、それだけで満たしてくれる。WHITE ASHは今作をもってそれを証明した。

今作の走りとなった「Hopes Bright」を含め、余計な音を削ぎ落とし、シンプルながらも研ぎ澄まされたグルーヴィーなロックンロールが鳴る33分間を収録したフル・アルバム『THE DARK BLACK GROOVE』が完成。OTOTOYではその一音一音の鮮明さ、そして音の奥行きが堪能できるハイレゾ音源で配信がスタートした。それでは小野島大に紹介していただこう。その一言目から、全てを語っている。

WHITE ASH / THE DARK BLACK GROOVE

【配信価格】
WAV / FLAC / ALAC(24bit/96kHz) : 単曲 257円(税込) / まとめ購入 3000円(税込)

【Track List】
01. Orpheus / 02. Just Give Me The Rock 'N' Roll Music / 03. King With The Bass / 04. Teenage Riot / 05. Walking In A Cloudy / 06. Night Song / 07. Quandata / 08. Speed It Up / 09. Zero / 10. Hopes Bright

ひたむきに、一心に音楽の本質、黒光りするグルーヴの本質に迫る


かっこいい。

タイトルからしてやる気が漲っている。全11曲33分。すべての曲が2〜3分台。しかも大半の曲のBPMは130以下と遅め。勢いに任せて速くて短い曲を畳みかけるのではなく、タメのあるゆったりとしたグルーヴでじわじわと攻めてくる。やたら振り回すだけでは効果的なパンチは生まれない。WHITE ASHのパンチはゆったり見えて腰が入っている。テンポが遅い方がかっこいいという感覚はブラック・ミュージック、それもヒップホップ以降に顕著になったものだろうが、ロックでも最近になってそうした感覚が共有されてきた。性急なスピード感を追い求めるだけではない、ブラック・ミュージックのグルーヴをロックのフォーマットに応用し、多彩なリズム感覚とともにロック表現の幅を広げる。日本に於いてそうした動きの先頭にいるのがWHITE ASHであることは間違いないだろう。

しかもその音は徹底的に贅肉を削ぎ落とし要点だけを提示するような、シンプルでタイトなものになっている。自分たちのやりたいことはこれだけだ、だからそれ以外はやらない、という決意のようなものがうかがえる。だがそれは「ストイック(禁欲的)」と表現するより、むしろ自分たちの好きな音楽をとことんやり抜こうとする「欲望の強さ」と表現したほうが収まりがいい。だから彼らの音楽は肉付きのないあばら骨が透けて見えるような薄っぺらで貧弱なものではない。骨に貼り付いた鋼のような筋肉には彼らがこれまで蓄積してきたさまざまな音楽体験が豊かな滋養としてぎゅっと煮詰められているのがわかる。ポップで情感豊かだが湿っぽさのないメロディやキャッチーなリフが、そこに埋蔵されている音楽の豊穣さを物語るのである。


「Orpheus」MV

「Teenage Riot」MV

ただ、今の日本のロックのメインストリームのリスナーには、彼らの音楽は少々素っ気なく、とっつきにくいものに聴こえるかもしれない。ここにはポップなメロディやキャッチーなリフなど、彼らの音楽表現の核をポップ・ミュージックとして成り立たせるための最低限の手続きはあるが、それ以上の余分な装飾がない。踊りやすい四つ打ちも、共感狙いの歌詞も、キラキラした上モノもない。つまり今の日本のロックのメインストリームで当たり前のように提供される聴き手へのサービスがない。彼らのような音楽に馴染みのない人をわかりやすく導くための補助線がないである。つまりこれは、フェス万能の昨今のシーンにおいて、フェスで「勝つ」ことを第一義としたような音楽ではない。むしろそうした価値観の座標軸から離れようとした音楽である。ひたむきに、一心に音楽の本質、黒光りするグルーヴの本質に迫っている。それでいて聴き手を拒絶しているわけではない。その喜びと充実感が漲っている。そして、そこにこそ感応するリスナーも、数多くいるはずだ。すでに彼らのツアーはソールドアウトが連続するほどの人気だと聞く。

本作はデビュー以来彼らが追求し続けてきたロックのカタチの、ひとつの完成形であり、また出発点である。これがプロトタイプであって、今後いかようにも変わっていける可能性を秘めている。今後のWHITE ASHが楽しみになってきた。(text by 小野島大)

WHITE ASH 過去音源

WHITE ASH / Hopes Bright(24bit/96kHz)

ガレージ・テイストなギラギラとしたイントロのギター・リフから始まり、腰にくるようなグルーヴ。あとはもう外せない、というところまで削られた音数。学校法人・専門学校 モード学園のテレビCMソングとして起用された、自身のキャリアでも珍しい全編日本語詞で放つ会心の一撃。カップリング曲「Killing Time」、「Faster」は、自身初となる全編完全英語詞。ガレージ・ロックにソウル、R&Bのグルーヴを大胆に取り込んだブラック・ミュージック・オリエンテッドな2曲。

>>インタヴューはこちら

WHITE ASH / Ciao, Fake Kings

ファースト・フル・アルバム後にリリースされた3枚のシングルを一切収録せず、全11曲すべてが録り下ろしという気合いの入った1枚。前作までに見せた攻撃的かつヘヴィなサウンドはそのままに、さらに勢いとヴァラエティを増したパワー・ポップを聴かせてくれる。『Ciao, Fake Kings』(さらば、ニセモノの王たちよ)というアルバム・タイトルに込められているのは、ロック・シーンの新たな王になろうという決意表明か。初めての全日本語詞であるラブソング「Xmas Present For My Sweetheart」を収録。

>>レビューはこちら

LIVE INFORMATION

ツタロックフェス2015
2015年3月10日(火)@TSUTAYA O-EAST、O-WEST、O-nest、O-Crest (4会場同時開催)

WHITE ASH One Man Tour 2015 "DARK EXHIBITION"
2015年4月4日(土)@札幌PENNY LANE24
2015年4月10日(金)@なんばHatch
2015年4月17日(金)@新木場STUDIO COAST

THE BLACK KEYS "Turn Blue World Tour Supported by NEIGHBORHOOD"
2015年4月22日(水)@新木場 STUDIO COAST
※THE BLACK KEYSのサポートアクトとして出演!

「FM802 presents Rockin'Radio! -OSAKAJOH YAON-」supported by SPACE SHOWER TV
2015年5月10日(日)@大阪城音楽堂

PROFILE

WHITE ASH

のび太(Vo, Gt) / 彩(Ba) / 山さん(Gt) / 剛(Dr)

シンプルかつカッコいいをコンセプトに活動する4人組のバンド。ファースト・フル・アルバムでは、オリコン・インディーズ・チャート1位を獲得し、その年、最も期待される新人に送られる「ニューブラッド賞」を受賞。2013年メジャー移籍。セカンド・フル・アルバム『Ciao, Fake Kings』はラジオ局パワープレイ15冠、CSパワープレイ3冠を獲得! 同作のリリース・ツアーでは、SHIBUYA-AXを含む全国9公演を即日ソールドアウトさせる反響をみせた。日を追う毎に進化を遂げ、いつでも目が離せない期待のロック・バンド。2014年4月、学校法人・専門学校モード学園のテレビCMソングに大抜擢され、CM曲を含むシングル『Hopes Bright』を9月10日にリリースし、12月10日は初の映像作品『The Best Nightmare For Xmas』をリリース。

2015年3月4日にはサード・フル・アルバム『THE DARK BLACK GROOVE」をリリース。4月には同アルバムを携え、約1年ぶりとなるワンマン・ツアー「WHITE ASH One Man Tour 2015 "DARK EXHIBITION"」を開催する。

>>WHITE ASH Official HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

WHITE ASH解散、"愛"に溢れた10年の歴史を飾るベスト・アルバムをハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年03月29日・WHITE ASH解散、"愛"に溢れた10年の歴史を飾るベスト・アルバムをハイレゾ配信 2016年末に突如解散を発表したWHITE ASH。解散ライブなどはおこなわず、このベスト・アルバムで10年間に渡る活動が終了となる。メンバーがセレクトした24曲には、最後の新曲「Stealth」や未発表曲も収録され、タイトルどおり"愛"に溢れた内容となっている。OTOTOYでは本作をアルバム購入されたかたから抽選で3名様に、メンバー全員のサイン入りポスターをプレゼント。後世まで残るその音をハイレゾで味わってもらいたい。 アルバム購入者の中から抽選で3名にメンバー全員サイン入りポスタープレゼント!WHITE ASH / LOVE'【Track List】DISC 101.Stealth / 02.Ray / 03.Thunderous / 04.Crowds / 05.Ledger / 06.Night Song / 07.Casablanca / 08.Number Ninety Nine / 09.Insight / 10.Kiddie / 11.Hello, Afternoon / 12.VelocityDISC
by 小野島 大
Especiaの5年間、マネージャー清水大充と振り返るーーラスト・ライヴは3月26日(日)、新宿BLAZEにて
[CLOSEUP]・2017年03月10日・Especiaの5年間、マネージャー清水大充と振り返るーーラスト・ライヴは3月26日(日)、新宿BLAZEにて 2012年4月より大阪・堀江を拠点に活動をはじめたEspeciaが、2017年3月26日(日)、新宿BLAZEのワンマン・ライヴをもって解散する。サウンド・プロデューサーSchtein & Longerこと横山佑輝の作る、80年代後半のバブル期をテーマにしたディスコやブラコン、シティ・ポップは高い評価を得た。船上ライヴやNegiccoとのコラボレーションNegipecia、メジャー・デビューなどを経験し、メンバーが卒業。冨永悠香、森絵莉加は東京に拠点を移し、Mia Nascimentoを加え3人体制で活動を行い最後まで走り抜ける。そんな彼女たちの歴史の一部を切り取り網羅したベスト・アルバム『Wizard』をリリースし、その活動に幕を下ろすEspeciaの歴史をマネージャーの清水大充とともに振り返る。 ファイナル・ベスト・アルバムを配信スタートEspecia / Wizard'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 200円(税込) アルバム 2,400円(税込)【
by 西澤 裕郎
strange world's end、渾身の2ndアルバム『やっぱり、お前が死ねばいい。』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年03月23日・心の闇を突き破る、現代のエモーショナルロックーーstrange world's end、渾身の2ndアルバムに迫る 2017年に結成10周年を迎えたオルタナティヴ・ロック・バンド、strange world's end。オリジナル・メンバーである飯田カヅキ(Vo,Gt)、平マサト(Ba)の2人に、不遣ノ雨のフルカワリュウイチ(Dr)をサポート・メンバーとして迎え、2ndアルバム『やっぱり、お前が死ねばいい。』を完成させた。現代に生きる様々な人間の生々しい感情をストレートに表現した歌詞世界と、瑞々しいロック・サウンドで、リスナーの心の闇を揺さぶる問題作。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信、そしてメンバーへのインタヴューを敢行した。 渾身の2ndアルバムをハイレゾ配信スタートstrange world's end / やっぱり、お前が死ねばいい。(24bit/96kHz)'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 324円(税込) アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''1. 敗北2.接触3.無知の感染4.カレイドスコープ5.残念6.喪失7.終了8.コロニー9.発狂の渦10.
by 西澤 裕郎
成熟した憂いを感じさせる歌声。SSWタグチハナの愛をテーマとした最新作配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年03月20日・成熟した憂いを感じさせる歌声。SSWタグチハナの愛をテーマとした最新作配信&インタヴュー 昨年2016年に20歳を迎えたタグチハナは、同年3月29日に渋谷クラブクアトロという自身最大規模でのワンマン・ライヴを敢行。そのライヴは素晴らしいものだったが、それ以降、ライヴの回数は以前より目に見えて減ってしまっていた。実はあの大きなステージに立つ少し前から、彼女はあるわだかまりを感じ、結果として歌うことも楽しめなくなってしまっていたという。 あのクアトロ公演から約1年。当時所属していたレーベルを離れ、3rdミニ・アルバム『Vividness & The Naked』を完成させた。さらにあの日以来となるワンマン・ライヴも実施。アルバムはタイトル通り、生まれ変わったように鮮やかで、まっすぐに愛を歌ったラヴ・ソングが詰まっていた。タグチはいかにして"壁"を乗り越えたのか。その間、どのような心境の変化があったのか。インタビューで紐解いた。 またタグチは、叔父の布袋寅泰をはじめ、両親がともに過去にメジャーを経験しているなど、ミュージシャンに囲まれた環境で育っている。そんな身近にいる"先輩"たちが、彼女の音楽活動をどう見ている
冨田勲:ドクター・コッペリウス、ハイレゾ配信スタート
[CLOSEUP]・2017年03月22日・冨田勲の遺言ともいえる舞台作品ーードクター・コッペリウスをハイレゾ配信 2016年11月11日、12日、渋谷のBunkamuraオーチャードホールで冨田勲の追悼特別公演として開催された「ドクター・コッペリウス」は、冨田が他界前に上演を夢見て、亡くなる1時間前まで創作を続けてきたまさに遺言ともいえる舞台作品。冨田が長年追い求めてきた「宇宙への夢と希望」に満ち溢れた壮大なストーリーが、オーケストラとシンセサイザー、そして冨田の遺したオリジナルのエレクトロニックサウンド、さらにバレエと3DCGを伴いながら展開。終演後は大きな歓声と鳴り止まない拍手で幕を閉じた公演のライヴ・レコーディング。冨田の遺した電子音とオーケストラ・サウンド、そして初音ミクの歌が三位一体となった、これまでにない音楽の全貌がハイレゾ音源にて世に解き放たれる。 待望のライヴ音源をハイレゾ配信V.A. / 冨田勲:ドクター・コッペリウス (96kHz/24bit)【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 3,000円(税込)【収録曲】1. 第0楽章 飛翔する生命体 (96kHz/24bit
*祝! 高校卒業! KOTOが新シングルをリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年03月17日・祝! 高校卒業! KOTOの新シングル&シャオチャイポン1stシングルをハイレゾ配信開始 この3月に無事高校を卒業したKOTOが3曲入りシングル『JK卒業PACK』をリリース。さらに、”ゆり丸”の愛称で親しまれる平野友里とのユニット、シャオチャイポンの1stシングルもリリース。OTOTOYでは、この記念すべきタイミングでKOTOへのインタヴューを敢行。これまでの芸能生活を振り返ってもらうとともに、今後の活動についても語ってくれた。 KTOTO高校卒業記念シングルがハイレゾで登場! KOTO / JK卒業PACK(24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 540円(税込)【収録曲】1. PoisonGirl2. るっぱっぱ3. 甘い果実の物語 シャオチャイポン初となるシングル シャオチャイポン / URAHARAろまんちっく'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 500円
ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』
[CLOSEUP]・2017年03月09日・ニヤつくほど中毒性高しなシンセポップ——もう、あなたはZOMBIE-CHANGの音から逃れられない! モデルとしても活躍しているメイリンのプロジェクト、ZOMBIE-CHANG。80年代のニューウェイヴ・シンセ・ポップを彷彿とさせるローファイ・エレクトロ・サウンドと、脱力ラップ、歌謡曲などなど、声色の表現もゆたかな彼女の歌声がのる……、いやはやなんだかこれではその音楽のおもしろさをちょっとも語っていない。とにかく、これがなんだか、とてもとても中毒性のあるメロディと言葉のセンス、そして音色も含めてそのサウンドが頭をぐるぐると駆け回っていくのだ。1年ぶりにリリースした彼女の新作『GANG!』もまた、そんな彼女の音楽の魅力がしっかりとつまった作品となっている。OTOTOYは『GANG!』を配信するとともに、インタヴューを行った。 ZOMBIE-CHANG / GANG!'【Track List】01. I CAN’T GET TO SLEEP02. TARINAI03. TOKIDOKI04. KOURAKUEN05. KABENOMUKOU06. WEEKEND07. KAWAII BABY【配信形態 / 価格
by 河村 祐介
浅見北斗が語るハバナイ、そして音楽シーンの現状とは──新シングル『Fallin Down』をリリース
[CLOSEUP]・2017年03月16日・浅見北斗が語るハバナイ、そして音楽シーンの現状とは──新シングル『Fallin Down』をリリース 昨年11月に『The Manual (How to Sell My Shit)』をリリースしたHave a Nice Day! 。その勢いを止めることなく新作『Fallin Down』がリリースされる。今作は新曲「Fallin Down」に加え、「スカーフェイス」と「巨大なパーティー」の新録音、さらにリミックス・ヴァージョンという6曲収録。さらに今回は、 安孫子真哉(ex.銀杏BOYZ)がチーフ・プロデューサーを務めるレーベル〈KiliKiliVilla〉からのリリースとなる。なぜ〈KiliKiliVilla〉からのリリースに至ったのか、そしてHave a Nice Day! 、さらに言えば音楽シーンの現状ついて、浅見北斗の考えを訊いた。 勢いが止まらないハバナイ、新シングルを予約受付中! Have a Nice Day! / Fallin Down(24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】アルバム 1,080円
筆者について
小野島 大 (小野島 大)

主に音楽関係の文筆業をやっています。オーディオ、映画方面も少し。https://www.facebook.com/dai.onojima

同じ筆者による他の記事