WHITE ASH解散、"愛"に溢れた10年の歴史を飾るベスト・アルバムをハイレゾ配信

2016年末に突如解散を発表したWHITE ASH。解散ライブなどはおこなわず、このベスト・アルバムで10年間に渡る活動が終了となる。メンバーがセレクトした24曲には、最後の新曲「Stealth」や未発表曲も収録され、タイトルどおり"愛"に溢れた内容となっている。OTOTOYでは本作をアルバム購入されたかたから抽選で3名様に、メンバー全員のサイン入りポスターをプレゼント。後世まで残るその音をハイレゾで味わってもらいたい。

アルバム購入者の中から抽選で3名にメンバー全員サイン入りポスタープレゼント!

WHITE ASH / LOVE

【Track List】
DISC 1
01.Stealth / 02.Ray / 03.Thunderous / 04.Crowds / 05.Ledger / 06.Night Song / 07.Casablanca / 08.Number Ninety Nine / 09.Insight / 10.Kiddie / 11.Hello, Afternoon / 12.Velocity

DISC 2
01.Aurora / 02.Hopes Bright / 03.The Phantom Pain / 04.New Wave Surf Rider / 05.Blaze / 06.Would You Be My Valentine? / 07.Xmas Present For My Sweetheart / 08.Orpheus / 09.Paranoia / 10.Monster / 11.Jails / 12.Stranger

【配信形態】
24bit/96kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC
>>ハイレゾとは?

【価格】
単曲 540円(税込) / アルバム 3,000円(税込)


アルバム購入された中から抽選で3名様に
メンバー全員サイン入り『LOVE』販促用ポスターをプレゼント!
応募期間 : 2017年3月29日〜2017年4月12日までに購入されたお客様が対象となります。
応募方法 : お問い合わせフォームから、「その他」を選択し、以下をご記載の上ご応募ください。
・『LOVE』ポスター応募
・購入後メールに送られてきたキュー番号
・郵便番号・住所・氏名・電話番号

発送を持って発表とかえさせていただきます。

REVIEW : WHITE ASH BEST ALBUM 『LOVE』

WHITE ASHにとって初のベスト盤。そして本作のリリース直後の3月末をもってバンドは解散するということで、おそらくは最後のベスト盤となる。


WHITE ASH / LOVE Trailer

結成して10年、メジャー・デビューしてわずか4年弱という短い活動期間での唐突な解散発表。解散の理由などは一切明らかになっていない。僕は彼らに一回取材したぐらいの関係で、内情等は一切知る立場にない。ほとんどのファンと同じように驚いている。活動休止ではなく解散であり、解散ツアーはもちろん解散ライヴもない。ファンにとってはなんとも気持ちの持っていきどころのない、やるせない結末かもしれないが、潔いとも言える。

のび太(Vo, Gt)

さて最初にして最後のベスト盤『LOVE』である。選曲や曲順などのディレクション、あるいはマスタリングなどはメンバーの指揮下で行われたということだ。楽曲は彼らがデビュー以来発表してきたシングル7枚、ミニ・アルバム3枚、フル・アルバム4枚、そのすべてから最低でも1曲は収録されている。シングルのカップリングやミニ・アルバムのみに収録されフル・アルバムには未収録だった楽曲も多く収められている。新曲も1曲。一言で言ってバランスのいい、配慮の行き届いた内容であり、フル・アルバムをすべて持っているようなファンも、遅ればせながらこれからWHITE ASHを聴いてみようという入門者にも勧められる。「次のベスト盤」がありえないから、すべてを包含していて偏りのない、バランスのとれたものにせざるをえなかったという事情もあろうが、これはメンバーの誠実さと生真面目さ、几帳面さのあらわれだと思う。

彩(Ba)

次に気づくのは、シングルはもちろん、ミニ・アルバムもフル・アルバムも、必ず1曲目、つまりオープニング・ナンバーが収められていることだ。そのほとんどすべてがガツンとくるロックンロールである。結果としてそうなったということかもしれないが、偶然とも思えない。つまり彼らはミニでもフルでも、そのアルバムで一番自信のある、パンチの効いた自分たちらしいロックンロールをオープニング・ナンバーとして選び続けてきた、ということではないか。イントロをくっつけたり、あえて緩い曲から入ったり、バラードを配したり、変に凝った構成なんか考えない。出し惜しみしない。食事は好きなものから食べる。銭湯では前を隠さない。ロック・バンドのアルバムの作り方としては古典的だが、しかし、正しい、と思う。

そう、彼らはいつだって正統派の「正しいロックンロール」をやり続けてきた。それもまた『LOVE』を聴いて改めて感じたことでもある。『LOVE』の曲順は単純な年代順ではなく、一定の意図のある曲順としてきちんと構成されている。つまり発表年の異なるものがバラバラに収録されている。これまでのすべての音源を十分に聞き込んできた熱心なファンなら「この曲の次にこれがくるか!」などという新鮮な感覚を味わえるだろうが、全体としてまったく違和感がないのは、曲順の構成が巧みということもあろうが、彼らの音楽性がデビューから解散まで、基本的に大きな変化がなく、ぶれることがなかったことを示している。

山さん(Gt)

試しに『LOVE』の全曲を、コンピューター上で発表年代順に並べ替えて聴いてみたが、いい意味で正規の曲順と印象が変わらない。初期の頃が特に未熟で未完成というわけでもないし、後期の曲がとりわけ完成度が高いという気もしない。マスタリングの効果もあろうが、音楽性も音の質感も不変なのだ。もちろんインディ・デビューから解散までわずか7年しかないという歳月の隔たりの少なさ、メンバーが不変で制作態勢やレコーディング環境に大きな変化がなかったこともあるだろう。だがこれは彼らの音楽性がデビュー時からある程度完成され確立されており、それが解散まで変わることがなかったという証左に他ならないと思う。

では本作に収められている音楽とは、WHITE ASHが追求し続けてきた不変の音楽とはなにか。答えは簡単だ。「かっこいいロックンロール」。それだけである。もちろんそのつどのちょっとした気分や状況・環境の変化などで、多少の音の違いはある。だが彼らの目指していたものはデビューから解散まで変わることがなかった。本作に唯一収められた新曲「Stealth」は、本作のために制作されたというわけではないだろうが、彼らの姿勢が最後までぶれなかったことを示す強力なロックンロールになっている。これが最後だなんて感傷はまったくない。

剛(Dr)

正直言って、これだけ密度の濃い、グルーヴとスピードとパワーとエネルギーを兼ね備えた強力な演奏をするバンドは、昔も今も、そうそうない。媚びてる感じがないのに、これだけキャッチーでポップな曲を書けるバンドも、そうそうない。だから素直に、解散は「もったいない」と思うし、音楽的にも商業的にも行き詰まりはまったく感じていなかっただけに、「不可解」とも思えるのである。もちろんバンドの内部事情など知るよしもない外部の意見に過ぎないのだが。

解散後の各メンバーがどうするつもりなのか知らない。別のバンドを組むのか、他のバンドに加入するのか、あるいはソロでやっていくのか。だが現時点ではWHITE ASHが到達した領域は、後進のバンドたちにとってはもちろん、当のメンバーたちにとっても、かなり高いハードルとなるのは間違いないと思う。(text by小野島大)

DISCOGRAPHY

参加作品

【特集】
>>2ndアルバム『Ciao, Fake Kings』配信&ディスク・レヴュー
>>6thシングル『Hopes Bright』ハイレゾ配信&インタヴュー
>>3rdアルバム『THE DARK BLACK GROOVE』ハイレゾ配信&ディスク・レヴュー
>>7thシングル『Insight / Ledger』ハイレゾ配信&ディスク・レヴュー
>>4thアルバム『SPADE 3』配信&インタヴュー

>>WHITE ASH Official HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

「夏」がテーマのアイドル・Summer Rocket、120回以上のライヴを経て辿り着いた4人の現在
[CLOSEUP]・2017年04月27日・「夏」がテーマのアイドル・Summer Rocket、120回以上のライヴを経て辿り着いた4人の現在 「夏」をテーマにしたアイドル・グループ、Summer Rocketが2ndシングルをリリース。2016年7月から活動をスタートさせ、通算120回以上のライヴを行なってきたサマロケの新作は、ライヴの定番「さくらハレーション」「プールサイドのイルカ」の2曲。今回は楽曲制作者の永原真夏と工藤歩里がレコーディングにも立ち会い歌唱指導、徹底的にサマロケの世界観を作り上げた渾身作となっている。OTOTOYでは同作を配信するとともに、初めてのメンバー4人へのインタヴューを行った。 サマーロケット、2ndシングルを配信開始!!Summer Rocket / さくらハレーション / プールサイドのイルカ【配信形態】ALAC、FLAC、WAV / AAC【配信価格】単曲 270円(税込) / まとめ 540円(税込) 【Track List】1. さくらハレーション2. プールサイドのイルカ INTERVIEW : Summer Rocket どこか懐かしさを感じさせるようなアイドル・グループ、Summer Rocket。群
by 西澤 裕郎
カネコアヤノの音楽は生活を“ちょっとだけ”楽しくする──18歳の女子インターンとその魅力を語り合う
[CLOSEUP]・2017年04月26日・カネコアヤノの音楽は生活を“ちょっとだけ”楽しくする──18歳の女子インターンとその魅力を語り合う 飾らない言葉と心地よい歌声、ポップネス満載のメロディーを奏でるシンガー・ソングライター「カネコアヤノ」。昨年11月に発売した『さよーならあなた』では、ギタリストとして林宏敏(ex.踊ってばかりの国)がバンド・メンバーに加わった。それによってカネコアヤノの音楽性はさらに飛躍を遂げた。そんな彼女が2nd EP『ひかれあい』を4月26日にリリース。OTOTOYではハイレゾ配信もスタートしました。〈かわる! かわる! かわってく覚悟はあるはずだ〉と歌うリード曲「とがる」には、新たなフェイズへと躍進する彼女の強い意志と勢いを感じざるを得ない。 今回のリリースにあたり、過去2回カネコアヤノのライヴ・レポートを行ってきた女性インターンのYさん(18歳)に、今作を聴いてみてどのようなことを感じ取ったか、18歳の女性インターンにとっての「カネコアヤノの魅力」とは何なのかを訊いてみた。どうせならカネコアヤノ本人も呼んで、その話を聞いてもらうことに。 カネコアヤノの2nd EPをハイレゾ配信中! カネコアヤノ / ひかれあい'【配
by 西澤 裕郎
さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る
[CLOSEUP]・2017年04月26日・さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る 18歳のシンガー・ソングライター、山﨑彩音が4曲入り音源『キキ』をリリース。15歳から東京・神奈川のライヴハウスで活動をはじめ、16歳のときに声と言葉、全曲詩先による作風、唄とギターのみの一発録音、6曲中2曲がカセットテープ・レコーディングされた1st E.P『Yer』をライヴ会場と通信販売のみで発表。2016年には仲井戸“CHABO”麗市、GLIM SPANKYのオープニング・アクトを務め、〈FUJI ROCK FESTIVAL 2016〉にシンガー・ソングライター史上最年少で出演するなど話題を集めてきた。〈さよならだけが人生さ〉と唄い出す今作は、言葉と空間を響かせる、余計なものが一切入っていない。削っていく、捨てていくというよりは、鳴っているべき、必要な音しか入れない、声と音の間の空気や静寂を鳴らしている。西野カナ、aiko、ハナレグミ等のエンジニア / マニュピュレーター / キーボーディストとして活躍する山本哲也と共に作り上げられた本作をOTOTOYではハイレゾ配信し、山崎彩音への初インタヴューを掲載する。 同世
by 岡本 貴之
名門Ghostly Internationalから、Bathsが放つGeoticのカラフルなテクノ・アルバム
[CLOSEUP]・2017年03月30日・Bathsのアンビエント・プロジェクト、Geotic、待望の新作をハイレゾ&特別ライナー&インタヴューPDF付きで配信 先日のWWWやCIRCUS TOKYOでの来日公演での熱演も記憶に新しいLAを拠点に活動しているビートメイカー、Bathsことウィル・ウィーゼンフェルド。そのサイド・プロジェクトとしてこれまでにコンスタントに自主制作で作品をリリースしてきた名義、Geoticとしてアルバム『Abysma』をリリースする。リリースはエレクトロニック・ミュージックの名門、昨年グラミーにノミネートされたティコなどを擁する〈Ghostly International〉。これまでGeotic名義では10作以上のアンビエント作品を自身のBandcampで発表してきたが、名門レーベルからの本名義で初のオフィシャル・リリースとなる(日本では〈Tugboat〉からのリリース)。これまで彼がアンビエント的なアプローチで展開してきた穏やかなメロディのシンセに、緩やかなグルーヴがミックスされたカラフルなテクノ・アルバムとなっている。日本先行となる本作をOTOTOYでは独占ハイレゾ&特別版のライナーノーツ&インタヴューPDF(LAビ
by 寺島 和貴
DÉ DÉ MOUSE、祝活動10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信
[CLOSEUP]・2017年04月12日・DÉ DÉ MOUSE、祝10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信 〈RAW LIFE〉からインディ・ロック・シーンまでに届いたアンセム「baby's star jam」も収録のマスターピース、1st『tide of stars』から10年、DÉ DÉ MOUSEの通算6枚目のアルバムがここに完成した。きらびやかなカットアップ・シンセ・サウンドによるポップなエレクトロ・トラックは、まさに彼の真骨頂にして、そのスタイルの最新型とも言えるサウンドに仕上がり、ここ数年の活発なリリースの勢いをそのまま封入したようなエネルギッシュな作品とも言える。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を1ヶ月独占で配信開始する。またリリースを記念して、こちらのアルバムから「pump it up (feat. Anamanaguchi from NY)」を2週間限定フリーダウンロードを開始(4月26日19時まで)! デビュー10周年を迎え、名義も新たに「DÉ DÉ MOUSE」と改めた、彼に話を訊いた。 6thアルバムのハイレゾ版1ヶ月独占配信DÉ DÉ MOUSE / dream you up(24bit/48kHz)'【T
by JJ
CUBERS、1st EP『シアン』をハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年04月20日・【REVIEW】“聴けるボーイズユニット”CUBERS、音楽的実験を見せた1st EPをハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが1st EP『シアン』を完成させた。ブラックミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』から一歩足を踏み出し、本作ではアイドル・ポップ然とした楽曲から、ギターリフが印象的なロック調、キャッチーなメロディとアレンジで構成された楽曲まで、バラエティに富んだ6曲を収録。そんな本作をOTOTOYではハイレゾ配信し、レビューとともにお届けする。 聴けるボーイズユニット、1st EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / シアン'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 200円(税込) アルバム 1,080円(税込)【収録曲】''1. Circus2. NANDE3. サイケ4. Today5. Tic Tac6. 神様は忙しい REVIEW : 「聴けるボーイズユニット」だと思わず膝を叩かざるをえない 先日「はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておくべし」という記事を公開した。 これは、男性グループに詳しい
by 西澤 裕郎
【ライブ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ
[REVIEW]・2017年04月19日・【ライヴ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ いま京都では、ギリシャラブや本日休演、台風クラブなど、ノスタルジックなサウンドで懐かしさを醸し出しているバンドが1つのムーヴメントになりつつある。京都のインディー・シーンは今、彼らの話題で持ち切りなのだ。かつてくるりやキセルなど、京都の音楽シーンに注目が集まっていた時代があった。そんな時代の再来を期待させるような火種が、京都には転がっている。そしてその火種の1つに名乗り上げようとしているのが、超若手の7人組ノスタルジック・ロックバンド、バレーボウイズである。avex、DUM DUM LLP.、HOT STUFF、lute、ULTRA-VYBEが合同で開催し、特別審査員として中尾憲太郎(ex.ナンバーガール、Crypt City)、松田“CHABE”岳二(LEARNERS、CUBISMO GRAFICO)、MC.sirafu(片想い、ザ・なつやすみバンド)が参加した無差別級ライヴ・オーディション「TOKYO BIG UP! 」ではグランプリを獲得するなど、着々とその名を広めるバレーボウイズのライヴ・レポートをお届け。 テキスト : 水上健汰
【ハイレゾ配信】8年ぶりの新作『async』について訊く──坂本龍一メール・インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月17日・坂本龍一『async』について語る──メール・インタヴュー 8年ぶりの新作アルバムとしてリリースされるや、OTOTOYでも一気にチャートを駆け上がった坂本龍一の『async』。往年のファンはもちろんのこと、現在のアンダーグラウンドな電子音響のファンまで、広く聴かれるべき刺激的な作品となっている。OTOTOYでは本作をハイレゾで配信するとともに、アルバムまとめ購入には坂本龍一自らが書き下ろしたライナー、そしてクレジットなどが掲載された、CDと同様の内容のPDFライナーが付属している。そして、ここに坂本龍一からのメール・インタヴューが到着した。 24bit/96kHzハイレゾ+ブックレトPDF付きで配信坂本龍一 / async(24bit/96kHz)'【Track List】01. andata 02. disintegration03. solari04. ZURE05. walker 06. stakra 07. ubi08. fullmoon09. async10. tri 11. LIFE, LIFE12. honj13. ff14. garden【配信形態 / 価格】''24bit/96kHz WA
by 八木 皓平
筆者について
小野島 大 (小野島 大)

主に音楽関係の文筆業をやっています。オーディオ、映画方面も少し。https://www.facebook.com/dai.onojima

同じ筆者による他の記事