世の中を変えていく名もなきひとりひとりへ捧げる——結成20周年の集大成となるニュー・ アルバムをハイレゾ独占配信!!

ライヴでもおなじみ、風狂の魂たちに捧げた『風狂番外地』のハイレゾMVビデオを観て待ってくれた方、「いや、アルバムを通して聴くんだ!」と待ってくれていた方、お待たせしました! ついにソウル・フラワー・ユニオン、4年ぶりのフル・アルバム『アンダーグラウンド・レイルロード』がリリース。OTOTOYではハイレゾ(24bit/44.1kHz)の配信がスタートしました!!

世界中の子どもたちに捧げる反レイシズム・ソングであり、名曲「地下鉄道の少年」をはじめ、リー・ペリーのカヴァー「アップセッティング・リズム」に榎本健一のカヴァー「これが自由というものか」、"3年半の俺の立ち位置を、一番凝縮した形で示してる曲"と中川敬が語る「世界はお前を待っている」のソウル・フラワー・ユニオン・ヴァージョンなど全14曲。"第二期ソウル・フラワー・ユニオンの始まり"と告げたその変化、そして今作に熱く込められた想いを、ライター・遠藤妙子が訊きました。

ソウル・フラワー・ユニオン / アンダーグラウンド・レイルロード(24bit/44.1kHz)

【配信価格】
ALAC / FLAC / WAV(24bit/44.1kHz) : 単曲 257円 / アルバム 2,499円(各税込)

【Track List】
01. グラウンド・ゼロ / 02. 風狂番外地 / 03. 地下鉄道の少年 / 04. 残響の横町 / 05. マーマレードの甘い風 / 06. 燃やされた詩集 / 07. アップセッティング・リズム / 08. バクテリア・ロック / 09. 福は内 鬼も内 / 10. マレビトこぞりて / 11. これが自由というものか / 12. 必要なことはカラダに書いてある / 13. 踊れ!踊らされる前に / 14. 世界はお前を待っている

【参加ミュージシャン】
ジゲン (MOMONASHI) : Bass (M-1,2,3,5,6,8,9,10,12,13)
木暮晋也 (HICKSVILLE) : Electric Guitar (M-1,2,3,4,6,7,8,11,12,13,14)
山口洋 (HEATWAVE) : Electric Guitar (M-3), Bouzouki (M-3)
赤木りえ : Flute (M-1,2,5,9,10)
大熊ワタル (CICALA-MVTA) : Clarinet (M-3,9,11,12), Percussion (M-11)
太田恵資 : Fiddle (M-5,9)
朝倉真司 : Percussion (M-1,2,4,6,7,8,14)
ヤヒロトモヒロ : Percussion (M-5,9,10)
黄啓傑 (ブルームーンカルテット) : Trumpet (M-1,2,4,6,7,8,10,13)
ヤッシー (BLACK BOTTOM BRASS BAND) : Trombone (M-6,10,13)
イギー (BLACK BOTTOM BRASS BAND) : Sax (M-6,10,13)
花島英三郎 : Trombone (M-1,2,4,8)
武嶋聡 : Sax (M-1,2,4,8)
うつみようこ : Backing Vocal (M-1,5,8,9)
岸田繁 (くるり : Backing Vocal (M-1,4,14)
上村美保子 (MOMONASHI) : Backing Vocal (M-6,13)
知花竜海 (DUTY FREE SHOPP.) : Hayashi (M-4,11)
もも、小春 (チャラン・ポ・ランタン) : Backing Vocal (M-6)

岸田繁 by the courtesy of Speedstar Records / Victor Entertainment
チャラン・ポ・ランタン appears by the courtesy of AMC

>>『アンダーグラウンド・レイルロード』特設ペーシ

ソウル・フラワー・ユニオン / 風狂番外地〈ハイレゾMVシングル〉

【配信価格】
movファイル 309円(税込)

ミュージック・ビデオでも、音質は24bit/44.1kHzのハイレゾ! アルバム先行リリース「風狂番外地〈ハイレゾMVシングル〉」も好評配信中。

INTERVIEW : 中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)

フル・アルバムとしては2010年の『キャンプ・パンゲア』以来4年振り。ソウル・フラワー・ユニオンのニュー・アルバム『アンダーグラウンド・レイルロード』がいよいよリリース。アホみたいな言い方だが、本作はまさに「ロック」な作品。60年代のブリティッシュからソウル・フラワー・ユニオンの中に脈々と流れるロックが、新たな音像で響き渡っている。受け継がれてきたロックは同時に明らかに今のロック。

東日本大震災、原発事故、沖縄の基地問題、右傾化とレイシズム。この激動の時代とコミットするソウル・フラワー・ユニオン。そんな中で動き、考え、怒り、笑い、涙し、そして戦うあまたの人々の思いを掬い上げたような本作を聴くと、ロックは時代を超えられる、そして時代を撃つことができるのだと強く思う。

ゲストにヒックスヴィルの小暮晋也、くるりの岸田繁、チャラン・ポ・ランタン、ヒートウェイヴの山口洋、シカラムータの大熊ワタル、ブルームーンカルテットの黄啓傑などを迎えた本作。昨年、結成20周年を迎えたソウル・フラワー・ユニオンが、新たな章への突入を実感させる傑作を作るとは。本当にタフなバンドだ。

インタヴュー&文 : 遠藤妙子

いざソウル・フラワー・ユニオンに立ち返ると、やっぱりそういった、明快に怒りを出せる場所はここやなと

――凄くロックなアルバムだと思います。ソウル・フラワー・ユニオンの中の本流をグイッと押し進めたような。

中川敬(以下、中川) : 新たな章に突入した感じはあるね。第二期ソウル・フラワー・ユニオンの始まり(笑)。

――「グラウンド・ゼロ」と「バクテリア・ロック」はライヴで盛り上がりそうな。

中川 : この2曲は完全にライヴのために書いた。「グラウンド・ゼロ」は中川敬と奥野真哉のオハコって感じの曲やし、「バクテリア・ロック」は「祖先を辿るなら中途半端はやめろ。40億年ぐらい辿れ」っていうタイプの曲(笑)。

――ザクッとした質問ですが、ロックなアルバムになったのは何故でしょう?

中川 : そうやね、まず、俺自身が2011年以降、アコースティック・アルバムを2作作ったことは大きく関係してる気がする(『街道筋の着地しないブルース』『銀河のほとり、路上の花』)。以前からあった、俺の表現のアウトプット、ソウル・フラワー・ユニオンとソウル・フラワー・モノノケ・サミットに加えて、「中川敬」という、いわばもうひとつのバンドをやり始めたようなところがあって、また新たな表現のアウト・プットができたという。そう考えると、ソウル・フラワー・ユニオンにいざ立ち返ったとき、やりたいことが以前より明確になったんよね。アホっぽい言い方で言うと、「ロック」をやる、ということやね。喜怒哀楽を内包する、大音量のダンス・ミュージック。以前はソウル・フラワー・ユニオンに俺の表現欲を全部詰め込もうとしてた。その辺の変化はあるやろうね、無意識的に。あと、怒りの表出を一番すんなりとやれる場所っていう。アコースティックの世界ではなかなか出し切れないところがある。怒り。アコースティックはアコースティックで自分の感情を総動員してるようなところもあるけど、やっぱり物理的な限界もある。で、いざソウル・フラワー・ユニオンに立ち返ると、やっぱりそういった、明快に怒りを出せる場所はここやなと。漠然とそういう感じはあるね。

――私も昔は、バンドならやりたいことを全部そこに詰め込んだほうが面白いんじゃないかって思ってたんですけど、今は、いろんなスタイルでやっていいし曲が一番いい形になればいいって思います。じゃ、曲を作ってるときはソウル・フラワー・ユニオンの曲として作っていったんですか?

中川 : 曲作りの最初の段階ではあまりそういうことは考えないね。俺のカラダから滲み出てきたものに心血を注ぐだけ。ただ、曲作りがある程度の段階にいくと、「コレはソウル・フラワー・ユニオンやな」、「コレはソロやな」って徐々に見えてくる。まあ、極めて単純化して言うと、アコースティック・アルバムはドラムを使わないっていうコンセプトでやってるから、最初からドラムが頭の中で鳴ってる曲はソウル・フラワー・ユニオンの曲になっていく。

左から伊藤孝喜(Dr)、奥野真哉(Key)、高木克(Gt)、阿部光一郎(Bass Gt)、中川敬(Vo, Gt)

――曲が完成に近づくうちに方向が決まってくる。曲が自ずと道を作っていくような…。

中川 : そうやね。あとはタイミング。今、何を作っているかっていうところで、たまたまその作品に入る曲もあったりするからね。

――ソロ・アルバム『銀河のほとり、路上の花』(2012年)に入っていた「世界はお前を待っている」は、本作にも収録されていますね。

中川 : 「世界はお前を待っている」は、この3年半の俺の立ち位置を、一番凝縮した形で示してる曲やからね。

――この曲がアルバムの最後なのはとてもいい。ホッとする(笑)。

中川 : 4年ぶりのフル・アルバム、しかも3.11以降、初のソウル・フラワー・ユニオンのフル・アルバムっていうことになってくると、「世界はお前を待っている」は入らなあかん。バンド・ヴァージョンで。

――この曲をライヴで初めて聴いたとき、本当にグッときました。震災と原発事故からちょっと時間が経って複雑な問題も出てきて。ちょっと迷ったり疲れたりしていた時期に感じたし、私もそうだった。そういうときにこの曲を聴いて安心したし元気が出た。

中川 : この曲を書いたのが2012年の3月11日で、震災のちょうど一周年の日。そのあと、弾き語りのライヴでは必ず歌う曲になっててね。たぶん最初にライヴでやったのは、大飯原発再稼働の2012年6月、7月のころかな。

――反原発の運動などですでに動いている人だけにじゃなく、動けないでいる人たちにも向けている曲で。

中川 : 分断的なことが起こり始めた頃でもあった。瓦礫広域処理反対運動が出てきたころ。東北の被災した仲間たちはもちろん、色んな立場の人たちと連日語り合ってたころで。でもこのタイトルは、たまたま数年前、「満月の夕」のエンディングの「ラララ」のスキャットをお客さんに歌わせようとしたときにポロッと出てきた言葉で。なかなかお客さんが歌わなくて、「世界はお前を待っている!」って囃した(笑)。

――それで「お前を持っている」って(笑)。

中川 : おお、パンチライン来たやん、いつかそういう曲を書こうって(笑)。

世の中を変えていく名もなき一人ひとりの顔が立ちのぼってくるようなアルバムにしたいっていうのはあったな

――見事に使えましたね(笑)。カヴァーの「アップセッティング・リズム」、「これが自由というものか」を含むこの14曲、どのぐらいの時期に作った曲ですか?

中川 : この3~4年間にベーシック・トラックを録った曲たちやね。唄録りに関してはほぼこの半年か1年ぐらいの期間に録って。録音の古い曲に関しては、歌詞は推敲を重ねた。最終的に2014年のアルバムとしてガツンと出したいっていう思いがあったからね。新たな気持ちで歌詞を書き直した曲もある。

――変わっていった歌詞があるのは、世の中の状況の変化によるもの?

中川 : まずもって自分の気分が変わるし。日々あまりにいろんなことが起こるからね。今までも、短いスパンなら、俺はずっとそういう作法でやってきてる。作品化まではひたすら推敲を重ねる曲もあるね。あとは、俺はシンガーでありソングライターでもあるけど、プロデューサーでもあるから、ひとつのいいアルバム作品にするための客観的な視点の自分もいる。いつものことではあるけど、アルバム制作の最終仕上げに近付くと、ほとんど「プロデューサー中川敬」になってる。そういう中で2014年の濃密なアルバムにしようっていう意識は働くよね。もちろんそのへんが、反レイシズム度が高くなったということとも関係してると思う。なかでも頭4曲はレイシズムとの切り結びが楽曲に少なからず反映してる。曲順もこの4曲はすぐに決まった。ただ昔から、コンセプト・アルバムを作っているつもりはまったくなくて、いつもその時期の気分や「居場所」が反映するということやね。3.11以降のどの楽曲も、出会った多くの人たちのことを思い描きながら書いた。東北での多くの出逢い、反原発運動の現場での多くの出逢い、反レイシズム運動の現場での多くの出逢い…。そこには、名もなき一人ひとりがいて。今作は、そういう、奮闘してる一人ひとりの顔が立ちのぼってくるようなアルバムにしたいっていうのはあったな。世の中を変えていく名もなき一人ひとり。今作のタイトルの『アンダーグラウンド・レイルロード』も、3曲目の「地下鉄道の少年」が2年ぐらい前にできて、その段階でアルバム・タイトル候補に浮上したんやけど、世界中の名もなき子どもたちが行進しているようなイメージが重なってある。世界中で頻発する子どもの受難。地下鉄道っていうのは、18世紀から19世紀にかけての、アメリカ南部の奴隷黒人たちを北部へと逃がす秘密結社の名前なんやけど、今でも地下鉄道は続いていて、世界中の子供たちが自由を目指して行進しているようなイメージが浮かんできた。

――小さき者、弱い立場にいる者に光をあてたような…、

中川 : でも実は弱くなんかないんやな。全然一人ひとりは弱くない。

――あ、そうですよね。名もなき人だけど弱くはない。だからこそ、こういうロックなアルバムができたんだし。

中川 : 物理的な意味でも精神的な意味でも、本当に弱いのは安倍晋三とかああいった連中やな。強いのはこちら側。「パワー・トゥ・ザ・ピープル」じゃなくて「ピープル・ハヴ・ザ・パワー」で行く。

――今作は怒りがモチベーション?

中川 : それはあるけど、それだけじゃない。日々、命を祝福し合うような出逢いもあるしね。

生命力に溢れたやさぐれた素敵な連中全般に捧げるオマージュみたいなニュアンスが、最終的に加味された曲でもある

――サイケデリックなロックン・ロールの「グランド・ゼロ」からファンキーでラウドなブルース歌謡ロック「風狂番外地」。「風狂番外地」は亡くなった先人たちを思って作ったんですよね?

中川 : 作り出したきっかけはそういうことやね。俺が個人的に一緒に仕事をしたことがあるパイセンたちが立て続けに亡くなってね。セイグワー(登川誠仁)、バタヤン(田端義夫)、若松孝二さん、フジオちゃん(山口冨士夫)、小沢昭一さん…。ルー・リードも同じ時期やった。レイ・マンザレックも死んじゃったからドアーズ風のオルガン・ソロで曲を縁取ったり。あと、小学校4年の時にリアルタイムで単行本化されて俺の人生に大きな影響を与えてくれた漫画「はだしのゲン」の中沢啓治さん。隆太って出てくるでしょ、ゲンの弟と瓜二つの孤児。書いてる時に隆太の破顔と泣き顔が思い浮かんでね。いわゆるピカレスクロマン的な心象風景が混ざってきた。あと、曲を書いてる時期にレイシズム問題が吹き上がってきて。「レイシストをしばき隊」を野間君(野間易通)が立ち上げて、新大久保の排外デモに対して大規模なカウンターを起こし始めたころ。で、「どっちもどっち論」みたいなのがTwitterで流れてきて。人間として、アカンもんはアカンと、毅然と叱りつけることができる野郎たちに花を添えたくなった。ヘイトスピーチの定義は相変わらず勘違いされてて、当然のことながら罵詈雑言自体を指すものじゃない。ヘイトスピーチというのは、人種や性別のような、変えようのない生得的属性に対しての憎悪表現を指す。下劣な差別主義者と、それに対してカウンターをかけるプロテスターが、どっちもどっちであるわけがない。で、これは漠然とではあるけど、生命力に溢れたやさぐれた素敵な連中全般に捧げるオマージュみたいなニュアンスが、最終的に加味された曲でもあるんよね。


風狂番外地(Trailer)

――まさしくタフな人たちですね。今作は反レイシズムの現場での出会いが反映されているわけですが、中川さんが差別デモのカウンターに行くようになったのは?

中川 : 関西で一緒に反原発運動をやってる若い連中からずっと排外デモの状況報告を聞いててね。土日が多いから、なかなかスケジュールが合わないんやけど、行けるときは行くようにしてる。デモ同様、頭数やね。ただ今まで、俺が行けるとき、行こうと思ったときって、排外デモ自体が中止になることが多くて。俺が行こうとすると中止率が高くなる。だから俺は、行こうと思わなあかん(笑)。俺が甲子園球場に行くと阪神の勝率が高い、みたいな(笑)。

――私もカウンターには何度か行ってますが、なんの躊躇もなく行きました?

中川 : 躊躇も何も、日本人の、力を持て余してる、差別を許さないおっさんはみんな来るべきや。この前、京都タワーの前で差別主義者たち10人ぐらいの街宣があって、カウンターは150人ぐらい集まって、カウンターの声で奴らの差別街宣の声は完全にかき消されてた。あのあたりは観光客が多くて子供連れも多い。外国人、日本人関係なく、子どもたちは怖がっててね。ほんま最悪や。でも、カウンターの女性たちが状況説明のチラシを話しかけながら配ったり。てんでばらばらに、差別煽動に怒りを持った人たちがやってきて、各々が各自やれることをやってる。アカンもんはアカンっていう当たり前のことをみんなが毅然とやってるだけ。運動とかイデオロギーとか以前の問題やね。人として、「何々人を殺せ!」みたいな下劣な暴言を許さないっていうこと。

――「地下鉄道の少年」の歌詞、「てんでバラバラにやって来た」のような感じですよね

中川 : 一人ひとりがバラバラにやって来る。で、てんでバラバラに帰って行く。そしてそこを自分の「居場所」にしようとも思わない。早く終わらせたい。反原発運動と一緒やね。早くこんなことを終わらせたいと思ってるんよ、みんな。反原発も反レイシズムもここまで大きくなったのは、やりたくないけど早く終わらせたいっていう一念も大きく関係してる。最近よく次世代のことを思う。子どもたちの世代。社会をすぐに変えることはできなくても、自分たちの子供が大人になったときに、日常的に街頭で異議申し立てをするのが当たり前な世の中ぐらいにはしておきたい。全体主義国家以外の世界の国々をみてみれば、普通にデモがデモクラシーの装置として機能してる。デモをやったり抗議に行ったりするのが当たり前の社会ぐらいにはしておきたいよね。それこそ俺らの世代がやれることじゃない? 実際、原発は1年以上止まってて、反原発運動の街頭抗議は効力を発揮してる。

――無力なんかじゃないし、弱き者じゃなかったってことですもんね。

中川 : 反レイシズム運動も国連にまで響いてる。名もなき一人ひとりが力を発揮してる。全然無力じゃないよ。若い世代もどんどん街頭に出てきてる。

一人ひとりの力の集積が巨岩を動かすよ。ピープル・ハヴ・ザ・パワーやね

――今の話を聞いて、今作のボ・ディドリーばりのファンキーな曲「必要なことはカラダに書いてある」が浮かんできました。なんていうか、怖れることはないっていう。で、本作は、最初にも言ったけど、ソウル・フラワー・ユニオンの本流をグイッと押し進めた作品で、新しさと同時に得意技がガンガン入ってる。

中川 : 中川節全開。「燃やされた詩集」とかね。1年半前、大雪の石巻で書き始めて、自分の旅の道中に、ありとあらゆる情景が入り込んでいった曲。構造が「そら」なんかと似てる。いわゆるニューエスト・モデル的なモッズ・マナーを守りつつ今のソウル・フラワー・ユニオンの音になってる。ちょっとジョニ・ミッチェル風のクリシェも入ってるし。「マーマレードの甘い風」は、ディランの「シェルター・フロム・ザ・ストーム」風のラヴ・ソングで、ベッシー・スミスやニーナ・シモンが歌うイメージで書いた。ソウル・フラワーによくある、自分で作ってて何ものかわからない感じになっていったのは「マレビトこぞりて」(笑)。どこでもない民謡。「もののけと遊ぶ庭」のあの感じがやね。宇宙民謡(笑)。

――だからニューエスト・モデルの後期やソウル・フラワー・ユニオンの初期の頃のような雰囲気もある。

中川 : そのころの、10代のころに夢中になって聴いてた、いわゆる60年代後半のサイケデリック・ソウルやブリティッシュ・ロックの感触が、今回また復活してるね。「グランド・ゼロ」あたり、特にそういう感じやね。まあ、自分にとってのルーツ・ミュージック。俺にとってのロックの原風景なんやろうね。俺民謡っていうか。

――ここ数年で作り上げてきたソウル・フラワー・ユニオンのカラーがありましたけど、変えたいっていう気持ちがあって?

中川 : 『ロロサエ・モナムール』(2006年)、『カンテ・ディアスポラ』(2008年)、『キャンプ・パンゲア』(2010年)は俺の中では三部作的なイメージがあるんやけど、ゼロ年代の俺の作風みたいなものを、いわばやりきった感はあるね。世界中のいろんな音楽に影響受けて咀嚼して吐き出すっていう。今回は「ここの音を出す!」っていう感じが強いかもね。ルーツに立ち返りながら、今までとは全然違う手応えを感じるし、新たな章に突入したよ。

――ホントそう思います。では『アンダーグラウンド・レイルロード』に込めた思いを。

中川 : ここ数年、リクオと2人でアコースティックで各地を廻るでしょ。リクオの音楽ってゴスペル・ベースのメロディーやコード進行が多くて。で、今一度、ゴスペル・ミュージックについてちゃんと調べたくなって、いろいろ本を漁り始めた。そうすると、ゴスペルの前身のニグロ・スピリチュアルの最初期、18世紀、19世紀前半あたりの話に辿り着いた。その頃のニグロ・スピリチュアルの歌詞には、隠喩や符丁が多く隠されていて。例えば「北斗七星」は北の方角に逃げろ、北を目指せって意味であったり。「停車場」は、さっき出て来た秘密組織「アンダーグラウンド・レイルロード」の、黒人たちを逃がす手助けをしてる人の家であったり。「車掌」っていうのはまさにその協力者。「ヨルダン川」はオハイオ川であったり。白人にはわからない、奴隷黒人同士の間だけで分かる暗号めいた形で歌詞が表現されていたんじゃないかっていう説がある。そこから深みにはまっていって、南北戦争の頃の話であったり、ジム・クロウ法時代の話であったり、公民権運動であったり、まあ、どんどんアフリカン・アメリカンの歴史を知りたくなっていってね。ここまでブラック・ミュージックから沢山のものを貰ってきてるんやから、ここらでちゃんと知っておきたいというのもあった。一方で、『九月、東京の路上で』という本があって、関東大震災のときの朝鮮人大虐殺に関して、具体的に虐殺の場所、殺され方、その日時などを事細かに調べあげた本。その本を読んだときに、自分の中で歴史が記号化されてることに気づいた。関東大震災のときに朝鮮人大虐殺があったことは知ってても、そこには名前がある一人ひとりがいたんやっていう事実がどうしても記号化してしまうという。知識として消費されてしまうんよね。奴隷制度下に置かれた、名前がある一人ひとりに思いを馳せたかった。で、現在の問題として、一人ひとりを自分に引き寄せたいって思った。そんなアルバムにしたいと思った。

――うん。「九月、東京の路上で」は私も読みました。ページをめくるときの重みというか…。

中川 : 間違った情報を与えられるだけで、人間は何故ここまで残酷になれるのか…。絶句するよね。いまだに世界中で同じようなことが起こり続けてるし、関東大震災の朝鮮人大虐殺にしても90年程前の、つい最近の日本の話なんよね。今一度、そこには名前のある一人ひとりがいた、ということに思いを馳せたい。

――そうですね。ロックな本作、私にとっては「なめんなよ」ってアルバムだと思いました。「一人一人の声をなめんなよ」って(笑)。

中川 : そう。一人ひとりの力の集積が巨岩を動かすよ。ピープル・ハヴ・ザ・パワーやね。

中川敬 / ソウル・フラワー・ユニオン DISCOGRAPHY

ソウル・フラワー・ユニオン MUSIC VIDEO

【asfファイルとmp4ファイルについて】
・ Windows標準のWindows Media Playerをご使用の方 → asfファイル(WMV8)
・ mac標準のQuickTime Playerをご使用の方 → mp4ファイル
※Windows環境で、mp4を再生出来る環境の方はmp4をおすすめします。

ソウル・フラワー・ユニオン 特集ページ

新→古
『アンチェイン』配信&レヴュー
『踊れ! 踊らされる前に』配信&中川敬インタヴュー
「キセキの渚」ミュージック・ビデオ配信&レヴュー
『キセキの渚』配信&中川敬インタヴュー
2011年9月28〜29日 みちのく旅団 被災地ライヴ・ツアー レポート
『REVIVE JAPAN WITH MUSIC』特集 第2回 中川敬
『キャンプ・パンゲア』配信&中川敬インタヴュー
ソウル・フラワー・ユニオン ミュージック・ビデオ一斉配信
「死ぬまで生きろ!」ミュージック・ビデオ配信&中川敬インタヴュー
「アクア・ヴィテ」ミュージック・ビデオ配信&レヴュー
「アクア・ヴィテ」ハイレゾ先行配信&中川敬インタヴュー

LIVE SCHEDULE

リクオ×中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)『うたのありか2014』
2014年10月11日(土)@仙台市 サテンドール2000

うたのありか2014~そうま・かえる新聞 presents リクオ&中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)LIVE IN 朝日座~
2014年10月12日(日)@南相馬市 朝日座
2014年10月13日(月・祝)@福島市 風と木
2014年10月25日(土)@高岡市 カフェ・ポローニア
2014年10月26日(日)@金沢市 もっきりや
2014年10月28日(火)@名古屋クラブクアトロ
2014年11月1日(土)@京都磔磔
2014年11月8日(土)@広島市JIVE

ライヴイン旧国鉄大社駅「うたのありか」
2014年11月9日(日)@出雲市 旧国鉄大社駅
2014年11月15日(土)@代々木Zher the ZOO
2014年11月16日(日)@代々木Zher the ZOO
2014年11月20日(木)@宮古島Bar&Cafe Pisara
2014年11月21日(金)@石垣島Jazz Barすけあくろ
2014年11月23日(日)@那覇市 output

第41回 赤旗まつり
2014年11月3日(月・祝)@夢の島公園 野外ステージ

年末ソウルフラワー祭 2014
2014年12月5日(金)@名古屋 CLUB QUATTRO
2014年12月7日(日)@仙台LIVE HOUSE enn 2nd
2014年12月12日(金)@umeda AKASO
2014年12月14日(日)@恵比寿LIQUIDROOM

PROFILE

ソウル・フラワー・ユニオン

80年代の日本のパンク・ロック・シーンを語るには欠かせない存在であったメスカリン・ドライヴとニューエスト・モデルが合体する形で、'93年に結成。'95年、阪神淡路大震災を機にアコースティック・チンドン・ユニット「ソウル・フラワー・モノノケ・サミット」としても、被災地での演奏を中心に精力的な活動を開始。'99年には、韓国にて6万人を集めた日本語による初の公演を敢行。トラッド、ソウル、ジャズ、パンク、レゲエ、ラテン、民謡、チンドン、ロックンロールなどなど、世界中のあらゆる音楽を精力的に雑食、それを具現化する祝祭的ライヴは、日本最強のオルタナティヴ・ミクスチャー・ロックンロールと評される、唯一無二の存在として、国内外を問わず高い評価を得ている。

>>オフィシャル HP
>>ソウルフラワー震災基金
>>オフィシャル Twitter
>>オフィシャル Facebook

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】入江陽が誘う、不思議な別世界へ──入江陽が約1年半ぶりとなるアルバム『FISH』を自主レーベルからリリース
[REVIEW]・2017年09月25日・入江陽が誘う、不思議な別世界へ──約1年半ぶりとなるアルバム『FISH』を自主レーベルからリリース 入江陽が約1年半ぶりとなるアルバム『FISH』を自身主宰のレーベル/出版社〈MARUTENN BOOKS〉からリリース! 生生まれ育った新大久保の喧騒を離れ千葉の郊外に移住。そんな彼がサウンドエンジニアの中村公輔のサポートのもと制作した今作は、リラックスしたムードで、魚を釣り上げるような、魚として泳ぐような、そんな雰囲気を纏った1枚となった。 ゲストにBOMI、岩出拓十郎(本日休演)、黄倉未来、ガクヅケ木田(芸人)、セミ(虫)といったバラエティ豊かな面々も迎え、トラックメーカーとしてTeppei Kakudaらも参加。彼らしいネオ・ソウル感も健在ながら、今までで最もファンタジックかつメロウな要素が詰まった『FISH』をレヴューと共にお楽しみください。 自身主宰のレーベル/出版社〈MARUTENN BOOKS〉からリリース入江陽 / FISH'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,998円(税込)【収録曲】''01.
【REVIEW】衝動 × 衝動! 春ねむり、後藤まりことの共作シングルをハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年09月22日・衝動 × 衝動! 感情を増幅させるドーピング──春ねむり、後藤まりことの共作シングルをハイレゾ配信 シンガー・ソングライター、ポエトリー・ラッパー、トラックメーカーと、多才さを発揮し、今年の夏にはオーディション優勝を経て〈ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017〉へ出演。2017年大注目の新人といわれている“うたう最終兵器”春ねむり。そんな彼女が後藤まりこの楽曲提供によるコラボ楽曲を急遽リリース。OTOTOYでは今作のハイレゾ音源を配信。また、今作から「yoake」を期間限定でフリー配信していますので、このレヴューと共にお楽しみ下さい! 衝撃の注目作を先行配信! 春ねむり / はろー@にゅーわーるど / とりこぼされた街から愛をこめて'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 350円(税込) / アルバム 1,080円(税込)【収録曲】1.はろー@にゅーわーるど 2.とりこぼされた街から愛をこめて3.yoake 収録曲の期間限定フリー配信も! 春ねむり / yoake(期間限定フリー配信)'【配信形態】ALA
by 中の人
ブラック・ミュージックとJ-POPの融合ーーCUBERS『マゼンタ』を読み解くアルバム10作品
[REVIEW]・2017年09月21日・ブラック・ミュージックとJ-POPの融合ーーCUBERS『マゼンタ』を読み解くアルバム10作品 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』を2017年10月4日にリリースする。ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。リリースを前に、OTOTOYでは根っからのブラック・ミュージック好きの若者(21歳)に本作を聴いてもらい、ルーツとなる作品を選出してもらった。ここで紹介されている作品を聴いて、『マゼンタ』のリリースへの期待を高めてみてはいかがだろう。 2017年10月4日、2nd EPが発売決定!!CUBERS / マゼンタ'【収録曲】1. 君に願いを2. カラフルにしよう3. PINK4. いつか忘れられるさ5. 今日はどんな日だった?6. ボクラチューン!!BT.TOKYO HERO※OTOTOYでも配信予定!!''' CUBERS『マゼンタ』を聴くための、OTOT
by marvinkei
《12ヶ月連続配信企画、第7弾》──goodtimes、
[CLOSEUP]・2017年09月20日・【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画、第7弾》──goodtimes、彼らなりの優しい応援歌配信 突如、アーティスト写真もなく素性も知れない2人組ギター・ロック・バンドが現れた。彼らの名前は「goodtimes(グッドタイムス)」。まだほとんど情報がないにも関わらず、2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行うことになった。そんな思い切った企画をスタートさせた彼らによる第7弾音源「確かに」を配信、レヴューを掲載する。 goodtimes12ヶ月連続配信、第7弾goodtimes / 確かに'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】250円【収録曲】''1. 確かに REVIEW : 紆余曲折を経た私たちのことを、まるっと肯定してくれる音楽 第7弾配信曲「確かに」。この曲は一見楽観、客観的でありながらも親身で、優しいgoodtimesなりの応援歌である。彼らは、人と自分の人生を比べて否定するな、なんてことは言わない。人とぶつかり、劣等感に苛まれながら紆余曲折を経た私たちのことを、まるっと肯定してくれる。朝陽(Vo.)の紡ぐ歌詞は、幸せを手に
【REVIEW】11名の“俯瞰派”たちはどう読み取った?──3776『公開実験《LINK MIX》』ハイレゾ配信!
[REVIEW]・2017年09月15日・11名の“俯瞰派”たちはどう読み取った?──3776『公開実験《LINK MIX》』ハイレゾ配信! 静岡側からだけではなく、山梨側からのアプローチも加わり「リンクアイドル」として活動する富士山ご当地アイドル・3776が『公開実験《LINK MIX》』をリリース。今作は6月にリリースされた『公開実験《山梨版》』、『公開実験《静岡版》』を直枝政広(カーネーション)、掟ポルシェ(ロマンポルシェ。)ら11名がミックスを加えた音源なのですが、そもそも《山梨版》とか《静岡版》とか《LINK MIX》ってなんだ? ってなっている方も大丈夫! こちらのレヴューを読んでいただければこの音源の面白さが伝わるはずです! OTOTOYでは24bit/96kHzのハイレゾ音源、限定ボーナス・トラック付きにて好評配信中ですので、まだの方はこのレヴューを読んですぐ音源のチェックを! 《MONO x MONO》のMIXはOTOTOYのみ!!3776 / 公開実験《LINK MIX》'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC【配信価格】 単曲 162円(税込) / アルバム 1,890円(税込)【収録曲
by 純三
アドリブで楽曲を作り上げ臨場感あふれる作品──奇妙礼太郎メジャー1stアルバム、ハイレゾ配信中
[CLOSEUP]・2017年09月19日・アドリブで楽曲を作り上げた臨場感あふれる作品──奇妙礼太郎メジャー1stアルバム、ハイレゾ配信中! 奇妙礼太郎が、メジャー1stフル・アルバム『YOU ARE SEXY』をワーナーミュージック・ジャパン内レーベル、unBORDEよりリリース。奇妙礼太郎トラベルスイング楽団やアニメ―ションズ、さらにはSundayカミデとテシマコージとの3ピース・パンド・天才バンドなど多岐に渡り活動してきた奇妙が中込陽大(gomes)とふたりで作り上げた全20曲。奇妙礼太郎のいまが詰め込まれた本作をハイレゾでお楽しみください。 奇妙礼太郎、待望のメジャー1stフル・アルバムをハイレゾ配信奇妙礼太郎 / YOU ARE SEXY【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】まとめのみ 3,550円(税込) 【収録曲】''1. Woman2. 眠り時計と王の月3. 春だったのかな4. 君はセクシー5. 骨に雨6. 白鳥のおもちゃ7. 19728. NEWTON9. くま10. Nobody knows11. 欲望のしるし12. 泥の月13. ボタンホール14. よっぱ
新体制のSiAM&POPTUNe、2年ぶりのシングルをOTOTOY先行&独占ハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2017年09月08日・新体制のSiAM&POPTUNe、2年ぶりとなるシングルをOTOTOY先行&独占ハイレゾ配信開始 7人組アイドル・グループのSiAM&POPTUNeが2年ぶりのシングル『Bring me!!』をリリース、OTOTOYでは9月13日のリリースに先駆けて先行&独占ハイレゾで配信開始。 今春に新メンバー3人が加入した新体制での初リリースでもある今作。表題曲の『Bring me!!』は作詞に児玉雨子、作曲をmiifuuが担当した爽やかポップな1曲に仕上がっている。 メンバーは「リリース期間中(2017年9月17日まで)に10000枚のフライヤーを配布する」という目標を掲げて活動中。各メンバーから今作への思いをコメントしていただきました。 SiAM&POPTUNe / Bring me!!'【配信形態】32bit float/44.1kHz WAV (ALACは32bit整数形式に変換され、AACはbit深度が24bitに変更されます。)【価格】単曲 216円(税込) アルバム 540円(税込)【Track List】''01. Bring me!!02. ル ル ル03. よくばりシンデレラ メンバー全員から
【REVIEW】秘密のミーニーズ初のフル・アルバムを配信開始──昇華という名の“サイケ・フォークな変革”
[CLOSEUP]・2017年09月06日・秘密のミーニーズがみせた、昇華という名の“サイケ・フォークな変革”──初のフル・アルバムを配信開始 2010年代に突如現れたサイケ・フォーク・ロック・バンド、秘密のミーニーズ。男女混声のコーラス・アンサンブルを軸とし、時にはフォーキーに、時にはサイケデリックに煌めく独自のサウンドは、瞬く間に人々を虜にし、2014年〈FUJI ROCK FESTIVAL〉の新人アーティスト登竜門ともいえる《ROOKIE A GO-GOステージ》 への出演も果たした。それから約3年の月日が流れた2017年9月6日。バンド初のフル・アルバムとなる『イッツ・ノー・シークレット』がリリースされる。ドラムの脱退、新メンバーの加入、ベース兼ヴォーカルを担当していた淡路がヴォーカル専任になるなど、様々な変革を遂げた彼ら。その3年間の結晶となった今作は、情緒溢れる甘く気だるげな楽曲やバンド初のインストゥルメンタル楽曲、ギターによる間奏曲など、前作までの“ザ・西海岸”なサウンドの予想を上回る変化球が詰まった作品となった。OTOTOYでは今作を1週間の先行配信でお届け。さらにOTOTOY限定ボーナストラックをつけて配信します。秘密のミーニーズ
by ai