中野テルヲを知っているだろうか。主だったところでは日本のニュー・ウェーヴ・バンドの代表格P-Modelの元メンバーであり、その後に元・有頂天のケラらとポップ・バンドLONG VACATIONを組んで活躍をしていた。しかし、個人としても活動は多岐に渡っていて、その中からひとつを上げれば、セガの3D格闘ゲーム「バーチャファイター」と「バーチャファイター2」のサウンド・マニピュレートを手がけていたのも彼である。

00年代にはあまり表立った動きを見せていなかったが、昨年ソロ・セカンド・アルバム『Signal/Noise』をリリースして本格的に活動を再開し、今回サード・アルバム『Oscillator and Spaceship』をリリースする。そして、そのサウンドは、様々な電子音が散りばめられ、宇宙空間を思わせるが、どこか懐かしい質感のある音響に包まれている。しかも、それが音のポップさと分かちがたく結びついていて、良質な歌ものにもなっているのだ。中野テルヲはどのようにそんな音楽を生み出すのか。インタビューを読んで欲しい。

インタビュー&文 : 滝沢時朗

中野テルヲ / Oscillator and Spaceship

【価格】
WAV 単曲200円 / 1400円


【TRACKLIST】
1.振動子 / 2. Game / 3. 雪山 / 4. Pilot Run #7 / 5. グライダー / 6. 宇宙船 / 7. フレーム・バッファ II

アルバム購入者には、ボーナストラック「Pilot Run #7 [Live110723]」をプレゼント!(wavのみ)

超音波センサーや短波ラジオを駆使した演奏スタイルで独自の電子音楽を展開する、中野テルヲのサード・アルバムが完成。様々な電子音が使われているが、どこか懐かしく、ポップさを持ったオリジナリティ溢れる作品が昇華に仕上がっている。

OTOTOYの手違いにより、3月15日の17時より10時間ほど『Oscillator and Spaceship』を販売をしてしまいました。すみません。正式リリースは、3月21日の0時からとなります。この場を借りて、お詫びと訂正をさせていただきます。販売開始まで、今しばらくお待ち下さい。

>>「フレーム・バッファ II」のフリー・ダウンロードはこちら
期間 : 3/15〜3/22

中野テルヲ INTERVIEW

――まず、最初に中野さんの音楽家としてのキャリアを伺いたいのですが、昔から自分で曲を作ったりされていたんですか?

中野テルヲ(以下、中野) : 十代のころから自宅録音をしていましたね。一人で多重録音をしたり、テープ・レコーダーとマイクとか集音器を担いで外に出て、音を拾ったりして、作品のようなものを作っていました。

――その時は今回のアルバムのような歌が入った音楽はやっていなかったんですか?

中野 : そうですね。歌を歌うっていう発想がなくて、音をピンポン録音して重ねていくのが面白かったという感じですね。

――プロとしての活動は、P-Modelへの加入が最初でしょうか?

中野 : そうですね。1986年にP-Modelに入ったのがはじめです。

――それで、1988年にP-Modelが活動停止になって、1991年に元・有頂天のケラさん、みのすけさんとLONG VACATIONをはじめられますよね。そこはどういった経緯があったんでしょうか?

中野 : ケラさんとは何度かライヴの現場で会っていたり、CMの仕事なんかをさせてもらう機会があって、そこで中野テルヲっていうミュージシャンを知ってもらっていたんですね。それで、ケラさんが次に新しいことをやろうと考えたときに、自分が主にシンセサイザーとかその辺の打ち込みものを担当する役割で呼ばれたという感じですね。

――LONG VACATIONも60年代のポップスを再解釈するような歌もののバンドですよね。

中野 : そうですね。ポップス、ジャズ、映画音楽をベースにしていました。まあ、その頃、渋谷系とか流行っていたじゃないですか(笑)。そのへんを素直に受け入れて、自分たちの中を通して解釈してみようというようなコンセプトがありましたね。出てくるものは素直じゃなかったりするんですけど。

――中野さんはリスナーとしてはポップスやジャズを聞くんですか?

中野 : あまり自分からは聞いてこなかったですね。ケラさんとかみのすけから色々聞かされて、どんどん引き出しの中に増えていったような感じですね。

――歌の入ったポップスの要素はその時に一気に吸収したんですね。

中野 : 積極的に取り入れていったのはその時が最初ですね。それ以前も耳にはしていましたけど、研究レベルで聞いたのはその時です。

――それ以前は実験的なものばかりを聞いていたというわけではないんですね。

中野 : 実験的なものとは限らなかったですね。よくラジオから耳にしたものとか、そういういわゆる普通の音楽だったと思うんですけど。一番驚いたのはパンク・ロックだとかテクノ・ポップだとか。あとはそれ以降のポスト・パンクみたいなものとかは聞いてたと思いますけどね。

――パンクからニュー・ウェーブの流れが中心にあるんですね。

中野 : パンクはもう終わりの頃だったと思いますね。Sex PistolsよりはPublic Image Limitedみたいな。いろいろ影響を受けたのはちょうどその時期の音楽でしたね。Cabaret Voltaireは好んで聴いてましたかね。

――話を戻しますと、1995年にLong Vacationが休止となって、しばらくはソロ活動をされていましたけど、00年代はあまり目立った活動はされていませんでしたよね。

中野 : そうですね。お休みをしていました。Long Vacationが休止になって、その後に自分のソロ・アルバムを出してソロ活動をしていくんですけども、自分の作った演奏のシステムが、複雑で結構大掛かりなものになってしまったんですね。今でも大掛かりなんですけど、その当時はもっと大掛かりで、だんだんと簡単にはライヴ活動ができなくなってしまいました。それで、活動自体のペースが緩やかになっていきましたね。他のアーティストのアレンジだとかそういったものはやっていましたけど、あまりみなさんの前に出るようなことはしていませんでした。

音色も波形の最初の段階から考えていきたい

――それで、2011年に3枚目のソロ・アルバム『Signal/Noise』を出されて活動再開されましたが、そのきっかけはなんでしょうか?

中野 : きっかけは、システムの改善もしてライヴ活動を再開することができたということですね。

――『Signal/Noise』はあまり活動されていない時期に作った曲を収録したものなんですか?

中野 : スケッチのようなものは何曲かありましたけど、最終的な形にしていったのはライヴ活動を再開して、自分の音色とか質感的なものが見えてきてからですね。

――ライヴの経験が反映されている作品なんですね。

中野 : そうですね。ライヴで試してだんだん固まってきた音色が主に使われています。

――『Signal/Noise』であるとか、今作『Oscillator and Spaceship』のサウンドは、ライヴで確立されたものなんですか?

中野 : サウンドの中心になっている部分はそうです。実際にライヴで鳴らしているサイン波(※1)であったりとか、そういったものを自分のテーマにしていけたらと思ってアルバムとして発表したんですね。

――曲はサイン波ですとか、何かの音からイメージを広げて作っていくんですか?

中野 : まず、そういうテーマになってる音がいくつか絞られてきて、それをどうやって組み合わせていくかを考えますね。中心になる音で隙間のある大きな波みたいな、ループみたいなものを作っていきます。そして、その中に自分のヴォーカルをどうやって置いていくかというようなやり方で作っていきますね。もちろん、サイン波以外にもピアノの音色だったりとか、いわゆる楽曲的な要素っていうのももう少し入ってきますが。

――タイトルにも入っていますけど、オシレーター(※2)ですとか、ああいったいわゆるミュージシャンが使わないようなものを楽器として使ったりということが、音楽をやる上でインスピレーションになるんですか?

中野 : そうです。音色も波形の最初の段階から考えていきたいっていうのがありますね。

――『Signal/Noise』で短波ラジオなどを使われていましたが、『Oscillator and Spaceship』でも使われている機材は同じなんですか?

中野 : そうですね。構成している音色は前作を引き継いだものです。もちろん、短波ラジオも使っていますし、さっき言ったサイン波の発振器、ヴィンテージっぽい音色のピアノの波形だったり、ストリングスの波形だったり。あとはCDJとか自分にとっては新しめの機材も使っています。CDJでブレイク・ビーツを叩いたりだとか、自分の声をCDJに取り込んだものでスクラッチしたりとか、サイン波のフレーズなんかもCDJに取り込んでそれでこすったりとか。まあ、そういう芸風でいいかなと思って(笑)。

――短波ラジオやオシレーターも上手く使いこなすには楽器と同じようにテクニックがいるものなんでしょうか?

中野 : 経験はいると思いますね。自分の使い方が必ずしも正解ではないんですけども、自分も長い時間をかけて自分なりの使い方を見つけました。

――楽器として使うために改造したりするんですか?

中野 : 改造は特にないですね。短波ラジオもラジオの持っている機能の中で演奏っていう表現をしてますし、オシレーターに関しても放送機器の調整用のピュアな波形のオン・オフだけで作ったりとか。本当に持っている機能だけでやってる感じですね。

――そもそも音楽に使ってみようと思ったのはなぜなんですか?

中野 : 今のスタイルになる前、サイン波を使わないでやっていた頃に、低音のコントロールをどうやったらできるかなという課題があったんですね。ローランドのTR-808っていうリズム・マシンのキックの低音の鳴りが好きで使っていたんですけど、それが時には歌の邪魔をすることがあって、もっと自由に響きを調整できないかなと。そう考えていた時に、たまたま自分の持っている音響機器の中で50Hzの低い音が出るプリセットされたサイン波の波形があって、その音をオン・オフで鳴らして遊んでいたら、なんとなく低音のリズムのようなものになったんですよ。そこでそれを曲の中で試したらいい具合に低音の響きが調整できました。現在では色々な周波数を組み合わせていますが、最初は50Hzをリズム楽器として使っていたという感じでしたね。

――キーボードなどの既製の楽器も改造して使うんですか?

中野 : それはあまりしていなかったですね。ただ、機材の製作をお願いしている電子楽器製作者の高橋芳一さんという人がいて、その人にオリジナルの楽器やインターフェースの部分とかで協力してもらってるというのはあります。具体的に言うと、超音波のセンサーだったりとかです。

着地点はポップになるようにしています

――アルバムのトータルでコンセプトはありますか?

中野 : あまり考えずに作りましたが、自分の気になってるものとか関心のあるものの断片っていうのは、入ってはきていると思います。コンピューター、エレクトロニクス、テクノロジー、サイエンス、もしくはそういう要素の入ったフィクションだったりですかね。そういったものが音色と作用し合ってなにか風景であるとか、ある種の情感みたいなものが浮かんでくるといいかなとは思いました。

――アルバムを聞かせていただいて、音色とか音響のおもしろさはもちろん大きいんですけど、最終的にはポップスとしてまとまっているという印象を受けました。それは声のエフェクトのかけ方ですとか全体の質感の調整によって成り立っている部分が大きいと思うんですが、そういった作業には時間をかけられますか?

中野 : そこを意識して組み立てている部分はあります。自分のヴォーカルのエフェクトの感じとか、曲によってそれぞれ響き方が違ったりするんですけど、曲の中でどう響くか結構気を使っていますね。それから、ボーカルを包むコード感や響きは、Long Vacation以降、自分の中で大きな要素にはなってきていると思います。あとは音響的なところで言うと、ダミー・ヘッド・マイクっていう自作のステレオ・マイクのシステムがあって、それを使ってスタジオの空調のノイズとかを切り取ったものを楽曲の中にトラックとして使ったりしてます。

――ダミー・ヘッド・マイクとはどういうものですか?

中野 : 発泡スチロール製の人間の頭を模した形のものを用意して、耳の形を作りちょうど鼓膜の位置にくるようにエレクトレット・コンデンサ・マイクを仕込むんですね。業務用として売られている高いものもあるんですが、自分は自作のものを使っています。ちょっと前に佐久間正英さんがやられていたエノキダケマイク(※3)っていう小型のコンデンサ・マイクがあって、それがわりと簡単に扱えそうだったんですよ。マイキングなんかは本当に難しんですけど、工作としては簡単なので、それを使ってダミー・ヘッド・マイクを作ってみました。元々十代の頃にもダミー・ヘッド・マイクを使ってフィールド・レコーディングしてたっていう経験はあるんですよ。

――短波ラジオを使うような実験音楽とポップスは一般論で言えば遠いジャンルですが、中野さんの中ではつながっているものですか?

中野 : つながってますね。もちろん、実験的なことは実験という意識をもってやりはするんですけど、着地点はポップになるようにしています。

――それは昔からそうなんですか?

中野 : いや、昔からではないですね。最近になってからだと思います。特に自分がヴォーカルをとって歌ものをやりはじめるようになってからだと思いますね。

――自分でヴォーカルをとるようになったのはなにかしらきっかけがあるんですか?

中野 : やっぱり、過去に経験してきたバンドには平沢進さん、ケラさんといったすごいボーカリストがいましたから、その影響がありますよね。ソロとして表現していく上では、自分で歌うのが自然に思えます。あまり、インストだけの音楽っていうのが以前より関心がなくなってきました。なにかしら自分の声の成分とか波形的なものが、メロディじゃなくてもいいとは思うんですけど、入っていたほうが自然でいい感じがしますね。

――今作をリリースをした後のライヴは、どういった形でやる予定ですか?

中野 : 生で鳴らせる部分はほとんど生で鳴らしていこうかなと思ってます。もちろん、打ち込みを使うんですけど、それをただ流すだけじゃなくて人間系でコントロールしていくみたいなやりかたですね。打ち込みを使っているんですけど、超音波センサーなどリアル・タイムで操作している部分が多いです。CDJもその場でたたいたりスクラッチしたりしますし。短波ラジオもその時に入る受信のものを使います。

――ライヴは音響面で色々調整が必要そうですね。

中野 : ステージ上でのミキシングなど細かな音響的操作をしていますが、中心になる音がしっかり出ていれば大丈夫だと考えています。その会場の空間の鳴りもありますし、それぞれの波形がちゃんと届けばいいかなという感じで組み立ています。

※1 サイン波 : 弓なりのカーブを描く波形で、柔らかい質感の音として聞こえる。身近なところでは時報の音がサイン波である。また、シンセサイザーはサイン波、ノコギリ波などの単純な波形の音波を選び、加工することで音色を合成している。

※2 オシレーター : 発振器。波形の基を作り出す装置。アナログ・シンセサイザーにはこれが組み込まれている。

※3 エノキダケマイク : 下記から佐久間正英による使用感や実際の使用している場面が見れる。 「謎のエノキダケマイクの可能性」

中野テルヲ SCHEDULE

中野テルヲ [Live Tour 2012]

2012年3月22日(木) @愛知(池下) CLUB UPSET

2012年3月23日(金) @大阪(北堀江) club vijon

2012年4月7日(土) @東京(高円寺) KOENJI HIGH

2012年4月8日(日) @東京(高円寺) KOENJI HIGH

RECOMMEND

Open Reel Ensemble / Tape To Tape
オープンリール・デッキを用いた脅威のサウンド・アプローチと、精密且つ大胆なステージングで大喝采を浴びたOpen Reel Ensemble。メディア・アートの世界でも新進気鋭のアーティスト集団として注目を集めている彼らの、記念すべき1st EP『Tape To Tape』がOTOTOYでHQD独占先行配信開始!

joseph nothing / Shambhala Number Two & Three

エイフェックス・ツイン、スクエアプッシャー、ボーズ・オブ・カナダ等と並び称される日本が生んだ奇才” ジョセフ・ナッシング ”の示すシャンバラ(桃源郷)三部作の集大成! 夜の廃墟病院などにフィールド・レコーディングに出かけ集められた膨大な素材を実験的に音楽に作り上げている。

チカチカ / トランジスタベイビー
宮崎発名古屋在住ビニールハウス・テクノ・ポップ・ユニット。プラスチックなボーカルと、哀愁漂うメロディが特徴。ピコピコ男女ユニットでポップながら、サウンド面に特化したトラック作りも注目だ。

中野テルヲ PROFILE

1963年8月12日東京生まれ。ミュージシャン。P-MODEL(1986~1988年在籍)、LONG VACATION(1991~1995年)を経て1996年、アルバム「User Unknown」でソロ活動を開始。超音波センサーや短波ラジオを駆使した演奏スタイルで独自の電子音楽を展開している。代表作:「Dump Request 99-05」(2005年)、「Pilot Run Vol.1」(2009年)、「Pilot Run Vol.2」(2010年)、「Signal / Noise」(2011年)。

>>中野テルヲ official web

o

 
 

"freedl"の最新アーカイヴ

清 竜人、新プロジェクト『TOWN』始動! メンバーに向けた楽曲をフリーDL・フル視聴開始
[FREEDL]・2016年12月05日・清 竜人、新プロジェクト『TOWN』始動! メンバーに向けた楽曲をフリーDL・フル視聴開始 清 竜人が本日12月5日に新プロジェクト『TOWN』を発表した。このプロジェクトでは、演者と観客との境界線をなくし、ひとつのバンド『TOWN』として一緒に歌い、演奏し、作品を残すことをコンセプトにしている。 そして、『TOWN』メンバー(観客)に向けた楽曲「それでいい!それがいい!」をフリー・ダウンロードとフル視聴で配信開始。本日12月5日(月)から1月23日(月)までの毎週月曜日に1曲、合計8曲をアップ予定。 これからの活動について、本人からのメッセージも掲載。楽曲をダウンロードすると歌詞が同梱されるので、『TOWN』メンバーはぜひダウンロードをおすすめする。そして、竜人と一緒にライヴに参加しよう。 ※ダウンロードはOTOTOYの無料会員登録が必要です。※ダウンロードはPCからのみです。※PCからのダウンロードには「それでいい!それがいい!」歌詞pdfが同梱、OTOTOYアプリでお聴きの場合は、プレゼントボックスのアイコンをクリックすると歌詞が表示されます。>>OTOTOYアプリとは 清 竜人からのメッセージ
大阪から届いた強烈な宅録プロジェクト、音に敏感!! 8作一斉配信&1曲フリーDL
[FREEDL]・2014年01月16日・大阪から届いた強烈な宅録プロジェクト、音に敏感!! 8作一斉配信&1曲フリーDL まわりの意見に流されることなく、自分のやりたいことをダイレクトに楽曲に活かし、「さあ、どうだ!!」と迫ってくるアーティストに出会う機会が減った気がする。もちろん名前のあるミュージシャンや、ベテラン・ミュージシャンなどでそういう人はいるけれど、まだ無名ながら前のめりな勢いでやってくる人は多くない。少なくとも、2年近くOTOTOYに来る個人からの配信希望の担当をしている身としては、そう感じることが増えた。 そんななか、「これが自分のすべてなんだ!!」という強い主張を感じるアーティストが久しぶりにやってきた。それが西中島きなこによるソロ・プロジェクト、音に敏感だ。本来なら1月中旬にシングルとミニ・アルバム2作品を配信するはずだったのだが、年末にかけて音源が大量に届き、あれよあれよと8作品ものタイトルが配信スタート。大晦日、そして正月から配信スタートしてほしいと、一刻も早く自分の作品を公表したいという強い想いが伝わってきた。そんな音に敏感の楽曲は、西中島一人の手によって宅録で打ち込み主体で制作されている。訊けば、彼が作る楽曲、そして
by 西澤 裕郎
LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTSが生み出す唯一無二のオルタナティヴ・ブルーズ、1stアルバム配信&1曲フリーダウンロード
[FREEDL]・2016年11月02日・これは「バトルス × ダーティー・プロジェクターズ meets 坂本慎太郎」?──LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS初アルバム配信 マヒルノ、MUSIC FROM THE MARS、school food punishmentの元メンバーというツワモノどもが集まったトリオ、LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS(ルロウニンゲン・アンド・ザ・ファー・イースト・イディオッツ)の1stアルバムがリリースされた。「水墨画のような」「一筆書きのような」と形容される楽曲を、休符や空耳まで駆使したアンサンブルで鳴らす、唯一無二のオルタナティヴ・ブルーズ。東京アンダーグラウンド・シーンの未踏峰へ辿り着いたと言える作品を、OTOTOYではハイレゾ配信! さらに1曲、「バグとデバッグ(Bug And Debug)」を期間限定無料配信でお届けする。 期間限定フリーダウンロード「バグとデバッグ(Bug And Debug)」 LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS / CREOLES'【Track List】01. 未踏峰(We Cl
京都のスーパーノアのギター&ヴォーカル、井戸健人のソロ・プロジェクト「イツキライカ」より1stフル・アルバム配信
[FREEDL]・2016年11月01日・関西の音楽家たちと紡いだまばゆいフォーキー・サウンド──イツキライカ、初フル・アルバム配信 スーパーノアのギター/ヴォーカルとしても活動する井戸健人によるソロ・ユニット、イツキライカ。2012年のミニ・アルバム『ピンホール透過光』以降、4年ぶりとなる本作は、自身のバンド、スーパーノアのメンバーをはじめ、LLamaやBaa Baa Blacksheeps、白黒ミドリ、サルバ通りなど同じく関西を拠点とするメンバーを迎えて、まばゆいばかりのギター・アンサンブルと歌声のハーモニーで街の情景を描いた11編の楽曲を収録。アルバム配信と共に、そのなかから2曲目の「Kind of Lou」を期間限定フリーダウンロードでお届けする。 スーパーノアがポスト・ロック的なアプローチで刹那さを感じさせる音楽であるのに対し、イツキライカはコラージュでつくりあげたような音像であり牧歌的だ。イツキライカとして音楽を生み出すこと、その意識の違いや制作過程について井戸健人に話を聞いた。期間限定フリーダウンロード「Kind of Lou」 イツキライカ / Kind of Blue'【Track List】01. おきざりの庭で02. Ki
【期間限定6曲フリーDL】8度目のアメリカ・ツアーに渡ったELEKIBASS、約2年半ぶりの新作先行配信&インタヴュー
[FREEDL]・2016年10月25日・音楽と純粋に向き合うとはどういうことか──ELEKIBASS、新アルバム先行&6曲フリーDL サカモトヨウイチとカメダジュンペイ”JP”によるポップ・デュオ、ELEKIBASSが11月9日にリリースするニュー・アルバム『Theme of Melancholic Matilda』の先行配信をスタートした。かねてから強い海外志向を持ち、オブ・モントリオールとの交流も深く2015年までに7度のアメリカ・ツアーを重ねてきた彼らであるが、今年2016年の8月に再びアメリカへ。ジョージア州アセンズで開催されたインディポップ・ミュージックのフェスティバル〈Athens Popfest〉にディアフーフやエルフ・パワー、ダニエル・ジョンストンらとともに出演してきたのである。 そのアメリカへ提げていくために作られたのが今回のアルバムだというが、なんとおもしろいことに収録楽曲は幕間の楽曲を除きすべて2012年にレコーディングを終えていたらしい。なぜこの4年間楽曲を眠らせ、そしていまアルバムのリリースに至ったのか。そこにはごく簡単で、しかしELEKIBASSの核ともいえる理由が眠っていた。OTOTOYではアルバムのなかから計6曲
【期間限定フリーDL】スウェーデンのポップ職人デュオ、MARCHING BANDより3年ぶりの新アルバム、ハイレゾ配信
[FREEDL]・2016年10月07日・MARCHING BAND祝来日! ゆーきゃんが案内する傑作4thアルバム『So Much Imagine』 MARCHING BANDの前作『So Much Imagine』は、2人だけで制作された全21曲、70分超の濃厚なポップ・アルバムだった。みんなが口をそろえて言った「魔法がかったメロディー、繊細なアレンジ、果てしない多幸感」。そして2014年の奇跡的な来日公演は、とにかく“from Sweden, via US-INDIE, to everywhere”。夢の国で生まれたような彼らのサウンドを聴いた者は、決まって恋に落ちたのだ。 そんな彼らの新作は「温かく迎えてくれた日本のファンへの恩返しでもあり、12年にも及ぶ彼らの音楽活動の、集大成とも言える作品」でもあるらしい。 これまでにカーディガンズやクラウドベリー・ジャムなどの作品を生んだスウェディッシュ・ポップの聖地である〈タンバリン・スタジオ〉でレコーディングされ、曲ごとに異なる7人のミキサー(驚くべきことに、そこにはWATER WATER CAMELの田辺玄も名を連ねている)を起用したというこの『Heart Jewel』は、一聴して『So Mu
伊豆のバンド、ヤングの『ニューパーク』配信開始! 歌いだす楽曲で全国のフロアをステップさせる!!
[FREEDL]・2013年08月29日・ 豊かな自然と海、そしてちょっとヘンテコな博物館が多い静岡県・伊豆。そんな伊豆で生まれ、「かわいい女の子スタジオ」というこれまたちょっと不思議な名前のスタジオを拠点とするロック・バンドがいる。その名はヤング。昨年まで乍東十四雄(さとうとしお)という名で活動していた5人組ロック・バンドである。SEBASTIAN X、フジロッ久(仮)、シャム・キャッツらと肩を並べ、ライブ・ハウス「南池袋ミュージック・オルグ」などを中心とする東京インディ・シーンの中で活躍してきた。2008年にはフジロックの新人ステージ「ルーキー・ア・ゴーゴー」への出演も果たしている。そして今回、ヤング改名後初となるアルバム『ニューパーク』をリリース! >>「ももいろダンス」のフリー・ダウンロードはこちら ヤング / ニューパーク'【配信価格】WAV、mp3ともに 単曲 200円 / アルバム購入 1,600円【Track List】''01. ももいろダンス / 02. やってみようよ / 03. Day to Day / 04. レストラン / 05. タイム / 06. ムーンのライト / 07. 国語と天丼 / 08. パーク ヤングのサ
by 梶原 綾乃
JariBu Afrobeat Arkestra『AfroSoundSystem』text by 渡辺裕也
[FREEDL]・2009年07月31日・ フェラ・クティの魂はここにもある フェラ・クティが自身の作り上げた音楽を「アフロビート」と名付けてから40年以上、そのフェラが亡くなって10年以上の月日が経った今でもなお、アフロビートは世界中で支持され、受け継がれてきている。 先日のフジ・ロック・フェスティバルでは、フェラの実子シェウン・クティが父のバンドであるエジプト80を率いて来日公演を果たした。そしてフェラと並ぶアフロビートの第一人者トニー・アレンも今年新作を発表したばかりだ。彼らのようなフェラと直接的な関係で結ばれた者がアフロビートを現在まで引率しているのは確かな一方で、この音楽に魅了される若い世代のミュージシャンは、欧米そして日本でも後を絶たない。アフロビートのルーツを辿ると、どうしてもポリティカルな側面を避ける事は出来ないし、そこには苦い歴史も少なからずあるのだが、それ以上にこの音楽には他にはない享楽性、自由度の高さがある。フェラの意志はそのサウンドに宿る事で未だ求心力を保っているのだ。ジャリブ・アフロビート・アーケストラが演奏するのも、その名に冠している通りアフロビートだが、彼らはこのハイブリット・ミュージックを方法論として用いるのではなく
by 渡辺 裕也
筆者について
滝沢 時朗 (滝沢 時朗)

1982年東京生まれ。twitter ID:@sarigenaginger

同じ筆者による他の記事