Scott Hansenのソロ・ユニットTYCHOのニュー・アルバム

TYCHO / Dive

Boards of Canadaなどのエレクトロニック・サウンドから、Ulrich Schnaussなどシューゲイザー〜ドリーム・ポップ。さらにはWashed Out~Toro Y Moiなどの現代チル・ウェイヴ系サウンドまでを繋ぐ架け橋のような作品。

1. A Walk / 2. Hours / 3. Daydream / 4. Dive / 5. Coastal Brake / 6. Ascension / 7. Melanine / 8. Adrift / 9. Epigram / 10. Elegy

懐かしさを呼び起こす音響

インディー・ロックとクラブ・ミュージックを程よく共存させたアーティストを輩出し続けるアメリカの名門レーベルGhostly International。代表的なアーティストはMathew DearやSchool Of Seven Bellsで、昨年ではGold Pandaが話題だった。そんなGhostly InternationalからTYCHOというアーティストがアルバムをリリースする。Scott Hansenのソロ・プロジェクトであるTYCHOは2002年から活動し、それなりにキャリアがあるアーティストだ。今回リリースする『Dive』が、2000枚限定プレスだった2006年『Past is Prologue』を入れればサード・アルバムになる。彼のサウンドは、エレクトロニカやヒップ・ホップをインディー・ロック的な感覚を基に混ぜ合わせた最近のGhostly Internationalらしいものではあるが、『Dive』ではキャリアを重ねてきた分だけ色々な感覚が折り重なった作品になっている。大きく分けると、今作には00年代中盤のエレクトロニカやアンダーグラウンド・ヒップ・ホップといったクラブ・ミュージック発のジャンルがインディー・ロックに接近していたときの感覚と、近年のチル・ウェイブなどに代表されるインディー・ロックがクラブ・ミュージック化した感覚の両方があるのだ。

エレクトロニカは90年代前半の実験的かつ抽象的な音から、00年代半ばからmumなどのフォークトロニカやFenneszの『Endless Summer』によって生楽器を導入し始め、エモーショナルな表現に傾き、インディー・ロックに接近していく。また、同時にヒップ・ホップでもPrefuse73やアンダーグラウンド・ヒップ・ホップのレーベルanticonのアーティストらによって新たな表現が切り開かれ、やはり、インディー・ロック的な内面の表現に進んでいっていた。一方で、現在ではThe Fieldsなどのミニマル・テクノとシューゲイザーを融合させたような音楽性や、Washed Outに代表されるチル・ウェイブのようなクラブ・ミュージックの方法論を取り入れたインディー・ロックが主流になっている。この00年代半ばの流れと近年の流れはインディー・ロック的な、身近にあるもので身近な感情を表現する感覚をベースにしているという点で共通しているが、明確に異なっている。前者はそれまで内省的な表現をあまりしてこなかったジャンルが新たにそうした地平を開拓したが、後者は内省的な表現をしてきたインディー・ロックが逃避のためにクラブ・ミュージックの方法論を取り入れたということだ。

この違いはビートによく表れている。00年代半ばのビートは踊らせることが主眼ではないため、ビートが比較的ゆるく、直線的だ。しかし、近年のチル・ウェイブなどは、インディー・ロックとはいえ、ビートの取り入れ方が踊らせることに特化したクラブ・ミュージックのものを基にしている。TYCHOのビートは前者の特徴を持っている。しかし、一方で、少しこもった感じの懐かしさを呼び起こすような音響はAnimal Collective以降のインディー・ロックの特徴的な表現を捉えたものになっている。そこにギターや電子音のメランコリックなメロディが加わることで、彼のサウンドは日常とは違う世界への現実逃避ではなく、その中間ぐらいのとても親しみやすく落ち着いた空間を形作っている。TYCHOのサウンドは、彼が活動を始めた時代をベースにしつつも、無理なく合うところを取り入れて、アップ・デートしているのだ。MGMTが売れた2008年ごろからインディー・ロック的な感性が主流になるようになり、今ではKanye WestがBon Iverを起用するまでになったが、TYCHOのような地道な姿勢もインディー・ロックの大きな魅力のひとつなのだ。(Text by 滝沢時朗)

RECOMMEND

Sigur Rós / Inní

アイスランドを代表する唯一無二の4ピース・バンド、シガー・ロスがバンド初となるライヴ作品をリリース! 2002年作『()』は、グラミー賞にもノミネートし、商業的な成功を音楽の力だけで成し遂げた稀有な存在としてあのレディオヘッドとも並ぶ存在。ここ日本でも来日公演が全て完売する等その人気は絶大!

Prefuse73 / The Only She Chapters

盟友The Gaslamp KillerやNeon Indian、さらに、自身の楽曲にクラシックのアレンジを加えて披露し、大きな注目を集めたポーランドのAusko Orchestraとのツアーなど、ライヴ面でも大きな飛躍を見せる彼だが、それらにも見られる現代音楽への傾倒が顕著に現れているのが本作『The Only She Chapters』だ。ビートやループを基盤とするものより、現代音楽のスピリットにより近づき、ピッチフォークのBest Hope for 2010に選ばれた注目のシンガー、Zola JesusやMy Brightest Diamond、そして今は亡きBroadcastのTrish Keenanなど多くの女性ヴォーカルがフィーチャーされている。

Dday One / MOOD ALGORITHMS

インスト・ヒップ・ホップの枠を飛び越えて、もはやジャズとも形容されるビートをプロデュースするディーデイ・ワンによる待望の新作アルバム! ダウンロードやデジタルでの録音技術がまだ盛んではなかった90年代後半に制作され、カセット・テープで20本のみ作られたというまさにヒップ・ホップ黄金時代のサウンド!

PROFILE

TYCHO
サンフランシスコを拠点に活動するScott Hansen(スコット・ハンセン)によるソロ・ユニット。ISO50というヴィジュアル・ワークの名義も持つ。2002年に自主レーベルから『The Science of Patterns EP』リリースしてデビュー。2004年に1stアルバム『Sunrise Projector』をGammaphoneからリリース。2006年には2000部限定プレスとなった『Past Is Prologue』をMerckよりリリース。2007、2008年にGhostly Internationalからのデジタル・リリースを経て、今年フル・アルバム『Dive』をリリースする。

o

はてブに追加
 
 
"powerpush"の最新アーカイヴ
【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――第6回 M2TECH「YOUNG DSD」
[POWERPUSH]・2014年10月29日・高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――ハイレゾ/PCオーディオ研究室――【第6回】M2TECH「YOUNG DSD」 しばらく連載の間が空いてしまったが、そのあいだにスタジオのメインのAD / DAコンバータを替えた。PRO TOOLS HD用のインターフェイスをAPOGEE SYMPHONYに替えたのだ。APOGEEのコンバータはスタジオではAD8000SEやTRAK2、デスクトップではMINI DACを使っていた時期もあるので、親しみ深い。SYMPHONYはDACチップにESSサブレのES9018を使っているせいか、音場の見渡しが良く、音色的には少しクールになった気はするが、ゾクっとするような艶やかさも秘めている感じで、すごく気に入っている。 加えて、SYMPHONYには音質面以外でも、非常に好都合なことがある。PRO TOOLS HDのインターフェイスであると同時に、USB DACにもなってくれるのだ。だから、PRO TOOLS HDで作業していた曲を2ミックスにバウンスした後、別のアプリケーションで聴こうというときも、前面パネルでUSB DACモードに切り替えるだけで、同じAPOGEE SYMPH
11月1(土)、2(日)、3日(月、祝)はYEBISU MUSIC WEEKENDへ!! 主催者4人のインタヴューを掲載
[POWERPUSH]・2014年10月21日・音楽とビジネス、ライヴとトークが渾然一体に!!ーー恵比寿ガーデンプレイスで開催される〈YEBISU MUSIC WEEKEND〉へ足を運べ!! この日、恵比寿は日本の音楽の未来へつながる最先端の場所になる。11月1、2、3日の3日間に渡り、恵比寿ガーデンプレイスの3会場5ステージを使って行なわれるライヴ、トーク、プレゼンで音楽を楽しむ・知る・考えるエンタメ・フェス〈YEBISU MUSIC WEEKEND〉。細野晴臣からSuara、NATURE DANGER GANG、BELLRING少女ハートまで、若手もベテランも関係なし!! バンドからシンガー・ソングライター、アイドル、トラックメイカーといった30を越えるアーティストたちがライヴを繰り広げる。それだけでなく、セルフ・プロデュース、マネージメント、音楽ライティング、著作権についてのトークと講座、最新音楽サービスのプレゼンテーションも開催。ジャンル、世代、立場を超え、リアルでもインターネットでも音楽に関する事柄が集結してグルーヴを巻き起こす。この前代未聞のイベントの開催を目前に、主催者の永田純、渡邊ケン、飯田仁一郎、大山裕之の4人にインタヴューで、その理
SHIT HAPPENINGによる新作EPが発売! 限定ボーナス・トラックも!!
[POWERPUSH]・2014年10月23日・透明人間になれる秘薬!? ——SHIT HAPPENINGの新作『透明人間e.p.』を配信! 限定ボーナス・トラックも!! 2009年の閃光ライオットでグランプリを獲得し、TOTALFATや [Champagne]等のバンド・ツアーに参加するなど、デビュー以降バンドとして着実に進化を遂げているバンド、SHIT HAPPENING。そのポップなメロディー・センスとストレートなバンド・アンサンブル、そしてアイロニカルな歌詞で着実にファンを増やし、今年の3月に渋谷club asiaでのワンマン・ライヴを成功させるなど、今後が非常な楽しみなバンドである。 そんな勢いの止まらない彼らによる新作『透明人間e.p.』はいままでのバンドの個性をより強め、そしてそのサウンドを確固たるものにした意欲作である。またOTOTOY限定のボーナス・トラックとしてリードトラック「透明人間」のアコースティック・ヴァージョンも収録。ギターだけとは思えないアンサンブルとシリアス過ぎない焦燥感は、まさしく彼らにしか出せない音であろう。是非本作とともにお楽しみいただきたい。 OTOTOY限定ボーナス・トラック、「透明人間」のアコースティックVer
ブラザーズを結成した3人組ガールズ・バンド? The Wisely Brothers待望の1stミニ・アルバム!!
[POWERPUSH]・2014年10月23日・少女から大人の女性へ、"いま"だから歌える女の子のリアル――ハタチの3人娘、The Wisely Brothers待望の1stミニ・アルバム!!! まだあどけなさの残しながら、新宿、下北沢を中心に活動する今年ハタチの3人娘、The Wisely Brothersからファースト・ミニ・アルバムが到着!! 初の全国流通盤がOTOTOYでも配信開始です。彼女たち、可愛いだけじゃないんです。ほんわかしたサウンドにひとクセある歌詞が乗った印象的な6曲は、少女から大人の女性へと成長していく"この時期"にしか歌えない、儚く脆くも力強い楽曲たち。OTOTOYではアルバムご購入の方にメンバー手書きのライナーノーツを特典でプレゼント! 彼女たちはなにを想いながらこの楽曲達を作り上げたのか? じっくりあわせて楽しみながら、The Wisely Brothersの"ファミリー"に加わりませんか? ファミリー・ミニアルバム'【配信価格】ALAC / FLAC / WAV : 単曲 199円 / アルバム 1,300円(各税込)mp3 : 単曲 150円 / アルバム 1,000円(各税込)【Track List】01. トビラ /
秋期講座申し込み受付中!!
[POWERPUSH]・2014年10月23日・switchworks のDAW作曲ワークショップ、好評受付中!! 今週おすすめしたい講座は、10月からスタートした講座switchworks のDAW作曲ワークショップ~みんなで作曲、見せ合いませんか?~です!! これまで軽快なトークによる講義形式で、DAWで作曲を行うときの基礎知識やポイント、プロの音作りに近づけるコツなどを、惜しみなく解説してきたswitchworks。待望の受講生参加型の作曲ワークショップがついに開講! 今回は、参加する受講生の方にはまずワンフレーズ以上(4小節以上)の作曲をしてきていただき、それに対するアドバイスをswitchworksがコメントや実演で返していく、という方式ですすめます。作曲ツールはどんなソフトを使ってもOK(無料作曲アプリ等でもOK)、またハードもPC、iPad、iPhone、ニンテンドーDSなど種類を問いません。さらに、講師はどんなふうに作曲を進めていくのか見たい! という声にお応えして、講師の曲づくりの様子も授業中に公開します(全3回で1曲を完成させる予定)。講師のアドバイスはもちろん、さまざまな受講生の作曲からもヒントを得られるワークショップ。第1回は大好
Negicco、元・中学校の図工室で録音したライヴ音源を“最高音質”で配信開始!!
[POWERPUSH]・2014年10月18日・Negicco、元・中学校の図工室で録音したライヴ音源を“最高音質”で配信開始!! コールもミックスもトークも生々しく収録してます!! 新潟を拠点に活動を続けるアイドル・ユニット、Negiccoのライヴ音源を、OTOTOY独占の超高音質で配信スタート!! これは、旧・体育の日である10月10日(金)、旧練成中学校を改修して作られた“21世紀型オルタナティブ・アートスペース”3331で、約50名のファンとともに公開でライヴ・レコーディングしたもの。もともと図工室だった教室に学習机を並べ、メンバーの書いた習字が飾られるなか、Negiccoが先生、お客さんが生徒という構図のもと、そうじの時間やチャイムといった学校ならではの演出とともに収録されました。お客さんによるコールはもちろん、先生と生徒に模したNegiccoとお客さんのやりとりも、もれなく配信されています。また、この日の様子がつまった「ネガティヴ・ガールズ!」のMVもあります。当日の様子が生々しく収録された5.6MHzのDSD音源とハイレゾ音源、そしてNegiccoと学校がマッチした映像で、当日の雰囲気をリアルにお楽しみください。 Negiccoによる一日限
by 西澤 裕郎
カナダ発の大胆不敵ガール、ローウェルが〈Arts & Crafts〉からデビュー・アルバムをリリース!
[POWERPUSH]・2014年10月09日・フェミニスト・パンク旗手!? カナダ発の女性シンガー・ローウェルが性的暴力やLGBTをポップに歌い上げるデビュー・アルバムをリリース! 「まるでダイナマイトのよう」と形容されるようにまさに強烈で容赦なく、フェミニスト・パンク旗手として、グライムスやベス・ディットーのような強いメッセージ性を持った、カナダ発女性シンガーのローウェル。デビューEPから米大手メディアNPRにて「SXSW2014にて注目すべきニュー・アーティスト」に評され注目を集める彼女が、強烈なデビュー・アルバムをブロークン・ソーシャル・シーンのケヴィン・ドリュー主宰レーベル〈Arts & Crafts〉からリリース! 性的暴力、レイプ、中絶、LGBT、そして女権についてなど、大胆で挑戦的でもある内容をポップでキャッチーなメロディーに編み込み気持ちよく歌い上げる12曲。今回この『We Loved Her Dearly』をご購入いただいた方、抽選3名様にLowellのレーベル〈Arts & Crafts〉のオリジナル・トートバックをプレゼントします! Lowell / We Loved Her Dearly'【配信価格】ALAC / FLAC /
by ?
秋期講座申し込み受付中!!
[POWERPUSH]・2013年08月21日・パブリシスト養成講座 第2期開講!! 今週おすすめしたい講座は、10月16日(木)からスタートするパブリシスト養成講座 第2期 ~誰も教えてくれないプレス・リリースの作り方~ です!! あなたが素晴らしいと思う音楽が「なんでこれしか知られていないの?」と、悔しくなったことはありませんか? 情報過多な現代社会において、ひとりのアーティストについて知ってもらうことは、決して簡単なことではありません。実際、アーティストがいい音楽を作っても、その伝え方がわからず悩んでいるなんてことも少なくありません。そこで、いま必要とされているのが、パブリシストという存在です。 ひとつ例をあげましょう。通勤時、スマートフォンで音楽サイトのニュースを読んで情報を得ますよね。実は、その情報が掲載されるまでには、パブリシストが暗躍していることも少なくないのです。アーティストの特性を知り、プレス・リリースを書いて、メディアやキーパーソンに送ったりしているわけです。まさに、アーティストとリスナーの媒介ともいえるパブリシスト。日本ではまだ数の多くないパブリシストを育てるために、2014年4~6月期に渡りオトトイの学校では、パブリシスト養成講座
 
筆者について
滝沢 時朗 (滝沢 時朗)

1982年東京生まれ。twitter ID:@sarigenaginger

同じ筆者による他の記事