Scott Hansenのソロ・ユニットTYCHOのニュー・アルバム

TYCHO / Dive

Boards of Canadaなどのエレクトロニック・サウンドから、Ulrich Schnaussなどシューゲイザー〜ドリーム・ポップ。さらにはWashed Out~Toro Y Moiなどの現代チル・ウェイヴ系サウンドまでを繋ぐ架け橋のような作品。

1. A Walk / 2. Hours / 3. Daydream / 4. Dive / 5. Coastal Brake / 6. Ascension / 7. Melanine / 8. Adrift / 9. Epigram / 10. Elegy

懐かしさを呼び起こす音響

インディー・ロックとクラブ・ミュージックを程よく共存させたアーティストを輩出し続けるアメリカの名門レーベルGhostly International。代表的なアーティストはMathew DearやSchool Of Seven Bellsで、昨年ではGold Pandaが話題だった。そんなGhostly InternationalからTYCHOというアーティストがアルバムをリリースする。Scott Hansenのソロ・プロジェクトであるTYCHOは2002年から活動し、それなりにキャリアがあるアーティストだ。今回リリースする『Dive』が、2000枚限定プレスだった2006年『Past is Prologue』を入れればサード・アルバムになる。彼のサウンドは、エレクトロニカやヒップ・ホップをインディー・ロック的な感覚を基に混ぜ合わせた最近のGhostly Internationalらしいものではあるが、『Dive』ではキャリアを重ねてきた分だけ色々な感覚が折り重なった作品になっている。大きく分けると、今作には00年代中盤のエレクトロニカやアンダーグラウンド・ヒップ・ホップといったクラブ・ミュージック発のジャンルがインディー・ロックに接近していたときの感覚と、近年のチル・ウェイブなどに代表されるインディー・ロックがクラブ・ミュージック化した感覚の両方があるのだ。

エレクトロニカは90年代前半の実験的かつ抽象的な音から、00年代半ばからmumなどのフォークトロニカやFenneszの『Endless Summer』によって生楽器を導入し始め、エモーショナルな表現に傾き、インディー・ロックに接近していく。また、同時にヒップ・ホップでもPrefuse73やアンダーグラウンド・ヒップ・ホップのレーベルanticonのアーティストらによって新たな表現が切り開かれ、やはり、インディー・ロック的な内面の表現に進んでいっていた。一方で、現在ではThe Fieldsなどのミニマル・テクノとシューゲイザーを融合させたような音楽性や、Washed Outに代表されるチル・ウェイブのようなクラブ・ミュージックの方法論を取り入れたインディー・ロックが主流になっている。この00年代半ばの流れと近年の流れはインディー・ロック的な、身近にあるもので身近な感情を表現する感覚をベースにしているという点で共通しているが、明確に異なっている。前者はそれまで内省的な表現をあまりしてこなかったジャンルが新たにそうした地平を開拓したが、後者は内省的な表現をしてきたインディー・ロックが逃避のためにクラブ・ミュージックの方法論を取り入れたということだ。

この違いはビートによく表れている。00年代半ばのビートは踊らせることが主眼ではないため、ビートが比較的ゆるく、直線的だ。しかし、近年のチル・ウェイブなどは、インディー・ロックとはいえ、ビートの取り入れ方が踊らせることに特化したクラブ・ミュージックのものを基にしている。TYCHOのビートは前者の特徴を持っている。しかし、一方で、少しこもった感じの懐かしさを呼び起こすような音響はAnimal Collective以降のインディー・ロックの特徴的な表現を捉えたものになっている。そこにギターや電子音のメランコリックなメロディが加わることで、彼のサウンドは日常とは違う世界への現実逃避ではなく、その中間ぐらいのとても親しみやすく落ち着いた空間を形作っている。TYCHOのサウンドは、彼が活動を始めた時代をベースにしつつも、無理なく合うところを取り入れて、アップ・デートしているのだ。MGMTが売れた2008年ごろからインディー・ロック的な感性が主流になるようになり、今ではKanye WestがBon Iverを起用するまでになったが、TYCHOのような地道な姿勢もインディー・ロックの大きな魅力のひとつなのだ。(Text by 滝沢時朗)

RECOMMEND

Sigur Rós / Inní

アイスランドを代表する唯一無二の4ピース・バンド、シガー・ロスがバンド初となるライヴ作品をリリース! 2002年作『()』は、グラミー賞にもノミネートし、商業的な成功を音楽の力だけで成し遂げた稀有な存在としてあのレディオヘッドとも並ぶ存在。ここ日本でも来日公演が全て完売する等その人気は絶大!

Prefuse73 / The Only She Chapters

盟友The Gaslamp KillerやNeon Indian、さらに、自身の楽曲にクラシックのアレンジを加えて披露し、大きな注目を集めたポーランドのAusko Orchestraとのツアーなど、ライヴ面でも大きな飛躍を見せる彼だが、それらにも見られる現代音楽への傾倒が顕著に現れているのが本作『The Only She Chapters』だ。ビートやループを基盤とするものより、現代音楽のスピリットにより近づき、ピッチフォークのBest Hope for 2010に選ばれた注目のシンガー、Zola JesusやMy Brightest Diamond、そして今は亡きBroadcastのTrish Keenanなど多くの女性ヴォーカルがフィーチャーされている。

Dday One / MOOD ALGORITHMS

インスト・ヒップ・ホップの枠を飛び越えて、もはやジャズとも形容されるビートをプロデュースするディーデイ・ワンによる待望の新作アルバム! ダウンロードやデジタルでの録音技術がまだ盛んではなかった90年代後半に制作され、カセット・テープで20本のみ作られたというまさにヒップ・ホップ黄金時代のサウンド!

PROFILE

TYCHO
サンフランシスコを拠点に活動するScott Hansen(スコット・ハンセン)によるソロ・ユニット。ISO50というヴィジュアル・ワークの名義も持つ。2002年に自主レーベルから『The Science of Patterns EP』リリースしてデビュー。2004年に1stアルバム『Sunrise Projector』をGammaphoneからリリース。2006年には2000部限定プレスとなった『Past Is Prologue』をMerckよりリリース。2007、2008年にGhostly Internationalからのデジタル・リリースを経て、今年フル・アルバム『Dive』をリリースする。

o

はてブに追加
 
 
"powerpush"の最新アーカイヴ
清 竜人25、1stアルバム『PROPOSE』予約受付中! 6人の夫人への個別インタビュー掲載!!
[POWERPUSH]・2015年08月28日・清 竜人25、待望の1stアルバムを予約受付開始!!6つの愛は何を語る? 2週連続企画第1弾、夫人個別インタヴュー 6人の妻と1人の旦那という構成で、「アイドル」の常識を突き破ってきた清 竜人25。これまでにリリースされた3作のシングルは、どれも多幸感溢れる楽曲に仕上がっており、清 竜人のファンならずともハマってしまう人が続出。そんな清 竜人25の待望となる1stアルバム『PROPOSE』が9月2日にリリース!! 既にライヴ会場ではキラー・チューンとなっている、1stシングル「Will♡You♡Marry♡Me?」、2ndシングル「A・B・Cじゃグッと来ない!!」、3rdシングル「Mr.PLAY BOY...♡」はもちろん収録のこと、衝撃的なPVが話題のアルバム・リード曲「ハードボイルドに愛してやるぜ♡」など盛りだくさんの全13曲。もちろん、OTOTOYではハイレゾ配信が決定! 現在予約受付中。 今回はアルバム・リリース記念として2週にわたりインタヴューをお届けする。今週は6人の夫人に個別インタヴュー。結成から1年、清 竜人25の今までとこれからを語った6者6様の思いを、どうぞじっくりとお読みください。 現
平成ノブシコブシ徳井健太のT.K.resolution2〜音への愛情を、ハイレゾで聴く!〜
[POWERPUSH]・2015年08月27日・平成ノブシコブシ徳井健太のハイレゾ連載セカンド・シーズンがスタート! T.K.resolution2〜 音への愛情を、ハイレゾで聴く! 〜 ゲストはSTARMARIE お笑いコンビ・平成ノブシコブシの徳井健太のハイレゾ連載が帰ってきた! ところが今回は少しテイストが違います。これまで3回にわたって、講師を招き、ハイレゾについて学ぶ内容をお届けしてきましたが、今度の徳井はなんとインタヴュアー! お相手は、このたび新作『メクルメク勇気!』とベスト・アルバム『STARMARIE』をハイレゾでリリースしたアイドル・グループSTARMARIE。e☆イヤホンのアンバサダー /「AK Jr」モニターとしての顔も持つ彼女たちと、e☆イヤホンの西さんと、e☆イヤホン秋葉原店で待ち合わせ。これまで身につけてきた知識をぶつけようと話し出しますが、アイドル好きである徳井がハイレゾの話だけにとどまるわけもなく…。 エピソード (text by 徳井健太)アイドルは星の数ほどいるけれど、星のようにはいつまでも輝いていられない。STARMARIEってアイドル知ってるか?努力に努力を重ねても、結果が出るとは限らない。そんな不安定な世界
OTOTOYだけのニュー・アルバム! トラックメイカー、Riow Araiの独占音源&過去作を一挙配信
[POWERPUSH]・2015年08月27日・OTOTOYだけのニュー・アルバム! エレクトロ・ミュージック・シーンを駆け巡るトラックメイカー、Riow Araiの新音源&過去作を一挙配信 1996年のテクノの名門〈FROGMAN〉からのデビュー以来、その卓越したビート・メイクを中心に、テクノやアンビエント、ツジコノリコとのコラボ・ユニット、RATN(Riow Arai + Tujiko Noriko)などなど、エレクトロニック・ミュージックのフィールドの上を、まさに縦横無尽に駆け巡っているRiow Arai。 その20年にわたる活動の間も、マイペースながらコンスタントに作品をリリースし続けており、ここ数年は2011年に自身のレーベル〈rar〉をベースにリリースを行っている。 こうしたなかでつい先ごろ、過去のさまざまな自身の楽曲をセレクトしたコンピ的アルバム『KOLLECTIV』をリリース。また別レーベルからリリースされていたツジコノリコとのユニット、RATN(Riow Arai + Tujiko Noriko)の2005年のアルバム『J』、そして2009年、アチコや山田杏奈などの女性アーティスト5人を迎えて作り上げられた『R+NAAAA』の配信を行う
Alfred Beach Sandal、多彩なジャンルをクロスオーヴァーしたアルバムをリリース!
[POWERPUSH]・2015年08月26日・多彩な"名場面"の結晶――Alfred Beach Sandal、新境地を開拓したアルバムをリリース! ロックやブラック・ミュージックの他にさまざまなジャンルの音楽を吸収し、独自の音楽センスでこれまでに唯一無二な作品を世の中へ送り出してきた北里彰久(Vo, Gt)によるソロ・ユニット、Alfred Beach Sandal(以下、ABS)。『Dead Montano』以降のお馴染みの岩見継吾(Wb)、光永渉(Dr)はもちろん、ビートメイカーのSTUTS、さらに、フルートの池田若菜(吉田ヨウヘイgroup)、トランペットの高橋三太(1983など)が参加したアルバム『Unknown Monument』をこのたびリリースした。これまでのABSにさらなるエッセンスが加わった今作をレヴューとともにお楽しみいただきたい。 Alfred Beach Sandal / Unknown Monument【配信形態】16bit/44.1kHz (ALAC / FLAC / WAV) / AAC / mp3【配信価格】単曲 257円(税込) / アルバム 2,160円(税込)【アルバム購入特典】歌詞ブックレット(PDF)【Tra
by bobbiiiiie
とけた電球×ヒイラギペイジによる『強がり強がり Temo Temoe Remix』をOTOTOY限定ハイレゾ配信&同世代対談!
[POWERPUSH]・2015年08月19日・同世代同士で起こる、新たな化学反応ーーとけた電球×ヒイラギペイジによる『強がり Temo Temoe Remix』ハイレゾ独占配信!! 現役大学生ロック・バンド、とけた電球がつい先日リリースしたアルバム、『最初の恋のように』に収録されている楽曲「強がり」をリミックスした『強がり Temo Temoe Remix』をOTOTOY限定、しかもハイレゾでリリース!! 今回リミックスを行ったのは、2011年より自身のキャリアをスタートさせ、翌年ラップ・シンガー「PAGE」としてメジャー・デビュー、現在はDJやトラック・メイキングなどを主に行っているヒイラギペイジが担当。 原曲がミドル・テンポのニューウェーブなナンバーだったのから一転、リミックスではアップ・テンポなダンス・ナンバーへと様変わりしているにも関わらず、ヴォーカル、岩瀬の声が意外なマッチングをみせたとけた電球ファン以外も必聴のトラックになっている。 お互いにTOKYO FMのラジオ番組「SCHOOL OF LOCK!」が主催となって開催されていた、10代のみのアーティストが参加出来るコンテストである「閃光ライオット」で上位まで勝ち上がったという共通点を持ち
H ZETTRIO、DSDライヴ録音を含む新作5作品をハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2015年08月20日・日本最高峰、いや世界最高峰!? ジャズ・ピアノ・トリオ、H ZETTRIOがDSDライヴ録音を含む新曲5曲をハイレゾ配信! 青鼻の超絶ピアニスト H ZETT M(エイチ・ゼット・エム)が、銀鼻ドラマー H ZETT KOU(エイチ・ゼット・コウ)と赤鼻ウッド・ベーシスト H ZETT NIRE(エイチ・ゼット・ニレ)を引き連れ発足させたジャズ・ピアノ・トリオ・グループ、H ZETTRIO。2013年のデビュー・アルバム発表を機に本格的に活動を開始。2014年には世界三大ジェズ・フェスティバルの一つ、モントルー・ジャズ・フェスティバル(スイス)に出演。また、ソウル・ジャズ・フェスティバル(韓国)で魅せた圧巻のステージングも記憶に新しく、まさに世界中を飛び回っている彼らだが、今年に入ってからはレコーディングにおいても積極的な動きを見せている。今年4月にはレコーディング・エンジニアの三浦瑞生、オーディオ・アクセサリー・ブランドのACOUSTIC REVIVE協力のもと、グループ初となるハイレゾ・レコーディングに挑戦。持ち味であるダンサブルでエッジの効いた音楽性を、かつてないクォリティで実現させることに成功した。
元ダーティー・プロジェクターズ、デラドゥーリアンのデビュー作を独占ハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2015年08月19日・天性の歌声と美貌を持ち合わせた2010年代のアイコン、デラドゥーリアンのデビュー作をハイレゾ独占配信 過去にダーティー・プロジェクターズに在籍し、あらゆる楽器をこなしながら、魅惑の歌声を披露してきたマルチ・プレイヤー、エンジェル・デラドゥーリアン。最近ではフライング・ロータスの最新作『You're Dead!』に参加したことも記憶に新しい彼女が、ついにソロ・デビュー・アルバム『The Expanding Flower Planet』をリリース! なんとOTOTOYでは本作のハイレゾ版を独占配信! ダーティー・プロジェクターズを思わせるひねくれポップスから呪術的なダークな楽曲まで、彼女から生み出された多種多様な楽曲達をぜひハイレゾで。収録曲「A Beautiful Woman」がアメリカの音楽情報サイト〈ピッチフォーク〉の“Best New Track”に選ばれるなど、早くも話題を集めつつある本作をレヴューとともにお楽しみいただきたい。 ハイレゾ版はOTOTOYだけ!!Deradoorian / The Expanding Flower Planet(24bit/96kHz)'【配信形態】ALAC / FLA
by 吉野 敬一郎
【連載】HIP HOPライター斎井直史によるガチンコ不定期連載「INTERSECTION」Vol.5 千葉県柏市出身の2MCのHIPHOPデュオ、GAMEBOYS
[POWERPUSH]・2015年07月30日・HIP HOPライター斎井直史によるガチンコ連載「INTERSECTION」Vol.5——千葉県柏市出身の2MCのHIPHOPデュオ、GAMEBOYS これまで、興味を持ったアーティストに直接接触することでリリース情報を掴み、記事にしてきたヒップホップ・ライター、斎井直史。そんな彼によるガチンコ連載「INTERSECTION」!! 扱う対象は、レーベルを通した作品だけでなく、手売り音源、ネットで活動しているアーティストの音源、ライヴに徹しているアーティストの音源まで… 要するにすべて!! 斎井がいま熱いと思えるアーティストをみつけては、アポ取りから配信契約までを行う、まさにガチンコのDIY企画。それゆえ、ホットなリリースのみならず、突如として独占音源やインタヴューが飛び込んでくることも当たり前。熱いアーティストが増えれば増えるほど、このコーナーも熱さを増していく。がんばれ、斎井! おまえの骨はOTOTOYが拾ってやる! 連載5回目となる今回は、ナンセンスなトピックをラップにする千葉県柏市出身のCHAPAHとKAICHOOによる2MCのHIPHOPデュオ、GAMEBOYSをピックアップ!! 新作のハイレゾ・
by 斎井 直史