Scott Hansenのソロ・ユニットTYCHOのニュー・アルバム

TYCHO / Dive

Boards of Canadaなどのエレクトロニック・サウンドから、Ulrich Schnaussなどシューゲイザー〜ドリーム・ポップ。さらにはWashed Out~Toro Y Moiなどの現代チル・ウェイヴ系サウンドまでを繋ぐ架け橋のような作品。

1. A Walk / 2. Hours / 3. Daydream / 4. Dive / 5. Coastal Brake / 6. Ascension / 7. Melanine / 8. Adrift / 9. Epigram / 10. Elegy

懐かしさを呼び起こす音響

インディー・ロックとクラブ・ミュージックを程よく共存させたアーティストを輩出し続けるアメリカの名門レーベルGhostly International。代表的なアーティストはMathew DearやSchool Of Seven Bellsで、昨年ではGold Pandaが話題だった。そんなGhostly InternationalからTYCHOというアーティストがアルバムをリリースする。Scott Hansenのソロ・プロジェクトであるTYCHOは2002年から活動し、それなりにキャリアがあるアーティストだ。今回リリースする『Dive』が、2000枚限定プレスだった2006年『Past is Prologue』を入れればサード・アルバムになる。彼のサウンドは、エレクトロニカやヒップ・ホップをインディー・ロック的な感覚を基に混ぜ合わせた最近のGhostly Internationalらしいものではあるが、『Dive』ではキャリアを重ねてきた分だけ色々な感覚が折り重なった作品になっている。大きく分けると、今作には00年代中盤のエレクトロニカやアンダーグラウンド・ヒップ・ホップといったクラブ・ミュージック発のジャンルがインディー・ロックに接近していたときの感覚と、近年のチル・ウェイブなどに代表されるインディー・ロックがクラブ・ミュージック化した感覚の両方があるのだ。

エレクトロニカは90年代前半の実験的かつ抽象的な音から、00年代半ばからmumなどのフォークトロニカやFenneszの『Endless Summer』によって生楽器を導入し始め、エモーショナルな表現に傾き、インディー・ロックに接近していく。また、同時にヒップ・ホップでもPrefuse73やアンダーグラウンド・ヒップ・ホップのレーベルanticonのアーティストらによって新たな表現が切り開かれ、やはり、インディー・ロック的な内面の表現に進んでいっていた。一方で、現在ではThe Fieldsなどのミニマル・テクノとシューゲイザーを融合させたような音楽性や、Washed Outに代表されるチル・ウェイブのようなクラブ・ミュージックの方法論を取り入れたインディー・ロックが主流になっている。この00年代半ばの流れと近年の流れはインディー・ロック的な、身近にあるもので身近な感情を表現する感覚をベースにしているという点で共通しているが、明確に異なっている。前者はそれまで内省的な表現をあまりしてこなかったジャンルが新たにそうした地平を開拓したが、後者は内省的な表現をしてきたインディー・ロックが逃避のためにクラブ・ミュージックの方法論を取り入れたということだ。

この違いはビートによく表れている。00年代半ばのビートは踊らせることが主眼ではないため、ビートが比較的ゆるく、直線的だ。しかし、近年のチル・ウェイブなどは、インディー・ロックとはいえ、ビートの取り入れ方が踊らせることに特化したクラブ・ミュージックのものを基にしている。TYCHOのビートは前者の特徴を持っている。しかし、一方で、少しこもった感じの懐かしさを呼び起こすような音響はAnimal Collective以降のインディー・ロックの特徴的な表現を捉えたものになっている。そこにギターや電子音のメランコリックなメロディが加わることで、彼のサウンドは日常とは違う世界への現実逃避ではなく、その中間ぐらいのとても親しみやすく落ち着いた空間を形作っている。TYCHOのサウンドは、彼が活動を始めた時代をベースにしつつも、無理なく合うところを取り入れて、アップ・デートしているのだ。MGMTが売れた2008年ごろからインディー・ロック的な感性が主流になるようになり、今ではKanye WestがBon Iverを起用するまでになったが、TYCHOのような地道な姿勢もインディー・ロックの大きな魅力のひとつなのだ。(Text by 滝沢時朗)

RECOMMEND

Sigur Rós / Inní

アイスランドを代表する唯一無二の4ピース・バンド、シガー・ロスがバンド初となるライヴ作品をリリース! 2002年作『()』は、グラミー賞にもノミネートし、商業的な成功を音楽の力だけで成し遂げた稀有な存在としてあのレディオヘッドとも並ぶ存在。ここ日本でも来日公演が全て完売する等その人気は絶大!

Prefuse73 / The Only She Chapters

盟友The Gaslamp KillerやNeon Indian、さらに、自身の楽曲にクラシックのアレンジを加えて披露し、大きな注目を集めたポーランドのAusko Orchestraとのツアーなど、ライヴ面でも大きな飛躍を見せる彼だが、それらにも見られる現代音楽への傾倒が顕著に現れているのが本作『The Only She Chapters』だ。ビートやループを基盤とするものより、現代音楽のスピリットにより近づき、ピッチフォークのBest Hope for 2010に選ばれた注目のシンガー、Zola JesusやMy Brightest Diamond、そして今は亡きBroadcastのTrish Keenanなど多くの女性ヴォーカルがフィーチャーされている。

Dday One / MOOD ALGORITHMS

インスト・ヒップ・ホップの枠を飛び越えて、もはやジャズとも形容されるビートをプロデュースするディーデイ・ワンによる待望の新作アルバム! ダウンロードやデジタルでの録音技術がまだ盛んではなかった90年代後半に制作され、カセット・テープで20本のみ作られたというまさにヒップ・ホップ黄金時代のサウンド!

PROFILE

TYCHO
サンフランシスコを拠点に活動するScott Hansen(スコット・ハンセン)によるソロ・ユニット。ISO50というヴィジュアル・ワークの名義も持つ。2002年に自主レーベルから『The Science of Patterns EP』リリースしてデビュー。2004年に1stアルバム『Sunrise Projector』をGammaphoneからリリース。2006年には2000部限定プレスとなった『Past Is Prologue』をMerckよりリリース。2007、2008年にGhostly Internationalからのデジタル・リリースを経て、今年フル・アルバム『Dive』をリリースする。

o

はてブに追加
 
 
"powerpush"の最新アーカイヴ
妄想キャリブレーション『魔法のジュース』を配信!! & インタヴュー掲載
[POWERPUSH]・2015年04月19日・豪華クリエイターたちが彼女たちに惚れ込む理由とは?ーー妄想キャリブレーション、赤坂BLITZワンマンへ駆け抜けるストーリー 秋葉原ディアステージから2013年3月にデビューした、胡桃沢まひる、桜野羽咲、双葉苗、星野にぁ、2014年10月に加入した新メンバー、雨宮伊織、水城夢子の6名からなるアイドル・ユニット、妄想キャリブレーション。みんなで夢に向かって妄想する、恋しちゃいそうなアイドルである彼女たちがOTOTOY初登場!! 秋葉原体育会系アイドル(!?)のちょっとこじらせた青春ソング「魔法のジュース」をハイレゾ配信中。今回のMVは話題の絶対領域拡張計画「光るスカート」とコラボ、曲に合わせてスカートが光るというおもしろい仕掛けが!? 5月15日(金)、赤坂BLITZワンマンに臨む彼女たちの現在を探るべく、楽曲、MV、光るスカートに関わる制作チームにお集りいただき、今作ができあがるまでの過程について、そして妄想キャリブレーションそのものに迫った。 OTOTOYだけの妄キャリ、ハイレゾ配信!!妄想キャリブレーション / 魔法のジュース(24bit/48kHz) 【配信形態】ALAC / FLAC / WAV /
by 西澤 裕郎
Salyu、活動開始から10年の集大成、小林武史プロデュースの最新アルバムをリリース
[POWERPUSH]・2015年04月23日・新たなSalyuの世界へ。活動開始から10年の集大成、小林武史プロデュースの最新アルバムをリリース 近年は小山田圭吾との共同プロデュースによる「Salyu × Salyu」としての活動や、UKのロック・バンド、ジーズ・ニュー・ピューリタンズからの直接の依頼によりライヴでゲスト・ボーカルとして参加するなど、国内外問わずに高い評価を集め続ける女性シンガー、Salyu。今年、活動10周年を迎え、自身の名義としては5枚目のアルバム、『Android & Human Being』を小林武史全面プロデュースの元、3年ぶりにリリース。デジタルとアナログ・サウンドを行き来しながら、新たなSalyuの世界観を追求する1枚となった今作の配信に合わせて、過去のアルバムも配信開始。彼女の10年を振り返りながら、今作のレヴューを楽しんでもらいたい。 Salyu / Android & Human Being'【配信価格】 alac / flac / wav / mp3 : 単曲 257円(税込) / アルバム購入 2,160円(税込)【Track List】''01. 先回りして 1 / 02. 非常階段の下 / 03. リスク
1週間先行配信!! 人力ミニマル・バンド、NETWORKSによるミニ・アルバム
[POWERPUSH]・2015年04月22日・大地をも踊らす、強靭なミニマル・ビート——人力ミニマル・バンド、NETWORKS先行配信!! いくつものフェスやライヴ出演を経て、注目を浴び続けているNETWORKS。彼らが待望のニュー・アルバム『Dynamic Nature』をリリース! ステージを重ねるごとに着実に魅せ方、リスナーの取り込み方が進化しているインスト・バンドだ。そんな彼らが前作『White Sky』から5年という歳月をかけ、魂を込めて作り上げた今作は、鮮やかなシンセの音色と共に叙情的なミニマル・フレーズが繊細に、時に轟々と体に染みこんでくる。 またアルバム曲5曲に加え、秘境祭での高エネルギーなライヴ音源2曲の豪華ボーナス・トラックが付属。日本のインスト・バンドの顔になりつつある彼らの自信作をぜひこの機会に聴いていただきたい。 NETWORKS / Dynamic Nature'【配信価格】ALAC / FLAC / WAV / aac / mp3 : 単曲 200円 アルバム 1,750円(各税込)【Track List】01. Yas-rahGi02. Phoenergy03. Gyoq04. Sizq05. UTAU 秘境祭でのライ
by ®ita Takaki
ついに来た!! トロ・イ・モワによる2年ぶりの新作を配信
[POWERPUSH]・2015年04月17日・ソウル、ファンク、ロック・ビートで織りなされた万華鏡的サウンド——トロ・イ・モワ、約2年ぶりの新作をリリース R&Bやロックなど、あらゆるシーンを超えて人気を博しているトロ・イ・モワが、約2年ぶりとなるアルバム、『What For?』をリリース。フジロック・フェスティバルやHostess Club Weekenderなど日本でも数多くのステージを披露してきた彼は、国内でも常に大注目の存在である。これまで彼は作品をリリースするごとにR&Bを基調としながら、ロックであったり、様々な要素を取り入れたチルウェイブなど新たな側面を見せ続けて来た。ドラムのビート感と相まった独特なメロディ・フレーズ、溶け合うサイケデリックなシンセが心地の良い今作は、ポップでシンプルでありながらも着実に聴き手を虜にするであろう。そんな新作『What For?』を、ぜひレヴューと共にお聴きいただきたい。 Toro Y Moi / What For?'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 205円 / まとめ購入 1,543円【Track List】''1. What You Want / 2. Buffalo
京都のライヴサーキット「いつまでも世界は…」第4回開催記念対談 : 西島衛(ザ・シックスブリッツ) × ゆーきゃん
[POWERPUSH]・2015年04月10日・「いつまでも世界は…」が目指すは"京都版SXSW"! 第4回開催決定、主催の西島衛(ザ・ シックスブリッツ)とゆーきゃん対談 京都の中心街、四条・新京極から木屋町まで14会場を使い、総勢約90組が出演。関西の大型ライヴサーキット「いつまでも世界は…」が今年も開催!! 第1回から追ってきたOTOTOYが今年も特集します。 今回は「いつまでも世界は…」の特集第1回ぶりに主催者である西島衛(ザ・シックスブリッツ)と企画メンバーのひとりであるシンガー・ソングライター、ゆーきゃんが対談。SXSWに受けた影響、託児所を設ける意味、音楽好きの中の住み分け、いまの京都、これからの「いつまでも世界は…」、多岐に渡る話ながら非常に刺激的な話が展開されました。 さらに、主催者・西島衛のバンド、ザ・シックスブリッツが今年1月にリリースしたファースト・アルバム『FRIEN-D-ANKE』に限定購入特典として付けていた「NIGHT MONSTER」が1週間限定で無料配信。楽曲を聴きながらゆっくりと対談をお楽しみください。 ザ・シックスブリッツ featuring SATO(片山ブレイカーズ&ザ☆ロケンローパーティ)「NIGHT MON
SSWスフィアン・スティーヴンスによる5年ぶりの新作を、THE SIGN BOOKとともに配信
[POWERPUSH]・2015年04月03日・心象風景を音で奏でた5年ぶりの新作! SSW、スフィアン・スティーヴンスのハイレゾ・ニュー・アルバムをTHE SIGN BOOKとともに配信!! 2000年のデビューから現在にいたるまで、たゆたうような甘いメロディーと、スケールの大きいフォーク・ミュージックで、世界的にその才能を知らしめているシンガー・ソングライター、スフィアン・スティーヴンス。今回、ギターやバンジョー、ピアノなど、あらゆる楽器をもとに、綿密に紡がれた5年ぶりの新作『Carrie & Lowell』をハイレゾで配信。ささやくような歌声と独特の温かみと憂いに帯びたフォーキー・サウンド、ぜひ高音質で堪能していただきたい。 また、本作とともに、ザ・サイン・マガジン・ドットコムとOTOTOYとの取り組みである、THE SIGN BOOK(デジタル・ブックレット)を配信。メディア露出がきわめて少ない彼への、岡村詩野による2008年時のインタヴューと、CDと同内容のライナーノーツを掲載と、彼の思想や人間性が十分に垣間見える内容である。スフィアン自身の心象風景がダイレクトに表れたかのような、美しくもはかない音達をお楽しみあれ。(THE SIGN BOOK
by 吉野 敬一郎
asuka ando、噂のスウィート&メロウ・レゲエ・シンガー、ハイレゾ独占配信予約開始! そしてアプリにてフル視聴開始!
[POWERPUSH]・2015年04月01日・asuka ando、噂のスウィート&メロウ・レゲエ・シンガー、ハイレゾ独占配信予約開始! そしてアプリにてフル試聴開始! 春爛漫、そしてこれからの季節にピッタリなスウィートでメロウ、たまにちょっとおセンチなレゲエ・グルーヴの到来です! シンガー、asuka andoによる麗しのファースト・アルバム『mellowmood』が4月8日にリリース。ファーストながらエマーソン北村やLITTLE TEMPOのメンバーなど、辣腕アーティストが参加しております。 OTOTOYでは、本作のハイレゾ独占配信を4月8日から行います。それに先駆けて、本日より予約を開始。予約をすると、500枚のアナログ7インチが即完売となった先行シングル曲「ゆめで逢いましょう ~see you in my dreams~」が、1週間先行でダウンロードできます。また、OTOTOYのiOSアプリでは、アルバムのフル試聴を本日(4月1日)18時よりスタート、まずはアプリで聴いてみては? asuka ando / MELLOWMOOOD 昨年リリースの「RELAXIN' WITH JAPANESE LOVERS VOLUME 5 JAPANESE
ファンタステック!! アデルも認めたカナダ出身のSSW、Tobias Jesso Jr.がデビュー!!
[POWERPUSH]・2015年03月20日・ファンタステック!! アデルも認めたカナダ出身のSSW、Tobias Jesso Jr.がデビュー!! カナダはバンクーバー出身のSSW、トバイアス・ジェッソ・Jr。アメリカのインディー・ロック・バンド、ガールズのメンバーであるチェット"JR"ホワイトにデモ音源を送ったところ、わずか数時間で返信が来てサンフランシスコでレコーディングをスタート。との契約を結んだ。そしてリリースされるデビュー・アルバム『グーン』は、ヴァンパイア・ウィークエンドの最新作 『モダン・ヴァンパイアズ・オブ・ザ・シティ』を手がけたアリエル・レヒトシェイドがプロデュース。さらにはザ・ブラック・キーズのパトリック・カーニーやハイムのダニエル・ハイムらが参加。グラミー賞を受賞したシンガー、アデルも自身のTwitterにて「ファンタステック」という言葉とともに彼の音楽を紹介するなど、2015年要注目のSSWの彼。耳にスッと残る、グッド・メロディ、グッド・ミュージック。レビューと共に是非。 Tobias Jesso Jr. / Goon'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 205円 / まとめ購入 1,54
 
筆者について
滝沢 時朗 (滝沢 時朗)

1982年東京生まれ。twitter ID:@sarigenaginger

同じ筆者による他の記事