Scott Hansenのソロ・ユニットTYCHOのニュー・アルバム

TYCHO / Dive

Boards of Canadaなどのエレクトロニック・サウンドから、Ulrich Schnaussなどシューゲイザー〜ドリーム・ポップ。さらにはWashed Out~Toro Y Moiなどの現代チル・ウェイヴ系サウンドまでを繋ぐ架け橋のような作品。

1. A Walk / 2. Hours / 3. Daydream / 4. Dive / 5. Coastal Brake / 6. Ascension / 7. Melanine / 8. Adrift / 9. Epigram / 10. Elegy

懐かしさを呼び起こす音響

インディー・ロックとクラブ・ミュージックを程よく共存させたアーティストを輩出し続けるアメリカの名門レーベルGhostly International。代表的なアーティストはMathew DearやSchool Of Seven Bellsで、昨年ではGold Pandaが話題だった。そんなGhostly InternationalからTYCHOというアーティストがアルバムをリリースする。Scott Hansenのソロ・プロジェクトであるTYCHOは2002年から活動し、それなりにキャリアがあるアーティストだ。今回リリースする『Dive』が、2000枚限定プレスだった2006年『Past is Prologue』を入れればサード・アルバムになる。彼のサウンドは、エレクトロニカやヒップ・ホップをインディー・ロック的な感覚を基に混ぜ合わせた最近のGhostly Internationalらしいものではあるが、『Dive』ではキャリアを重ねてきた分だけ色々な感覚が折り重なった作品になっている。大きく分けると、今作には00年代中盤のエレクトロニカやアンダーグラウンド・ヒップ・ホップといったクラブ・ミュージック発のジャンルがインディー・ロックに接近していたときの感覚と、近年のチル・ウェイブなどに代表されるインディー・ロックがクラブ・ミュージック化した感覚の両方があるのだ。

エレクトロニカは90年代前半の実験的かつ抽象的な音から、00年代半ばからmumなどのフォークトロニカやFenneszの『Endless Summer』によって生楽器を導入し始め、エモーショナルな表現に傾き、インディー・ロックに接近していく。また、同時にヒップ・ホップでもPrefuse73やアンダーグラウンド・ヒップ・ホップのレーベルanticonのアーティストらによって新たな表現が切り開かれ、やはり、インディー・ロック的な内面の表現に進んでいっていた。一方で、現在ではThe Fieldsなどのミニマル・テクノとシューゲイザーを融合させたような音楽性や、Washed Outに代表されるチル・ウェイブのようなクラブ・ミュージックの方法論を取り入れたインディー・ロックが主流になっている。この00年代半ばの流れと近年の流れはインディー・ロック的な、身近にあるもので身近な感情を表現する感覚をベースにしているという点で共通しているが、明確に異なっている。前者はそれまで内省的な表現をあまりしてこなかったジャンルが新たにそうした地平を開拓したが、後者は内省的な表現をしてきたインディー・ロックが逃避のためにクラブ・ミュージックの方法論を取り入れたということだ。

この違いはビートによく表れている。00年代半ばのビートは踊らせることが主眼ではないため、ビートが比較的ゆるく、直線的だ。しかし、近年のチル・ウェイブなどは、インディー・ロックとはいえ、ビートの取り入れ方が踊らせることに特化したクラブ・ミュージックのものを基にしている。TYCHOのビートは前者の特徴を持っている。しかし、一方で、少しこもった感じの懐かしさを呼び起こすような音響はAnimal Collective以降のインディー・ロックの特徴的な表現を捉えたものになっている。そこにギターや電子音のメランコリックなメロディが加わることで、彼のサウンドは日常とは違う世界への現実逃避ではなく、その中間ぐらいのとても親しみやすく落ち着いた空間を形作っている。TYCHOのサウンドは、彼が活動を始めた時代をベースにしつつも、無理なく合うところを取り入れて、アップ・デートしているのだ。MGMTが売れた2008年ごろからインディー・ロック的な感性が主流になるようになり、今ではKanye WestがBon Iverを起用するまでになったが、TYCHOのような地道な姿勢もインディー・ロックの大きな魅力のひとつなのだ。(Text by 滝沢時朗)

RECOMMEND

Sigur Rós / Inní

アイスランドを代表する唯一無二の4ピース・バンド、シガー・ロスがバンド初となるライヴ作品をリリース! 2002年作『()』は、グラミー賞にもノミネートし、商業的な成功を音楽の力だけで成し遂げた稀有な存在としてあのレディオヘッドとも並ぶ存在。ここ日本でも来日公演が全て完売する等その人気は絶大!

Prefuse73 / The Only She Chapters

盟友The Gaslamp KillerやNeon Indian、さらに、自身の楽曲にクラシックのアレンジを加えて披露し、大きな注目を集めたポーランドのAusko Orchestraとのツアーなど、ライヴ面でも大きな飛躍を見せる彼だが、それらにも見られる現代音楽への傾倒が顕著に現れているのが本作『The Only She Chapters』だ。ビートやループを基盤とするものより、現代音楽のスピリットにより近づき、ピッチフォークのBest Hope for 2010に選ばれた注目のシンガー、Zola JesusやMy Brightest Diamond、そして今は亡きBroadcastのTrish Keenanなど多くの女性ヴォーカルがフィーチャーされている。

Dday One / MOOD ALGORITHMS

インスト・ヒップ・ホップの枠を飛び越えて、もはやジャズとも形容されるビートをプロデュースするディーデイ・ワンによる待望の新作アルバム! ダウンロードやデジタルでの録音技術がまだ盛んではなかった90年代後半に制作され、カセット・テープで20本のみ作られたというまさにヒップ・ホップ黄金時代のサウンド!

PROFILE

TYCHO
サンフランシスコを拠点に活動するScott Hansen(スコット・ハンセン)によるソロ・ユニット。ISO50というヴィジュアル・ワークの名義も持つ。2002年に自主レーベルから『The Science of Patterns EP』リリースしてデビュー。2004年に1stアルバム『Sunrise Projector』をGammaphoneからリリース。2006年には2000部限定プレスとなった『Past Is Prologue』をMerckよりリリース。2007、2008年にGhostly Internationalからのデジタル・リリースを経て、今年フル・アルバム『Dive』をリリースする。

o

 
 

"powerpush"の最新アーカイヴ

callme、9ヶ月ぶり4thシングルをリリース 3つの曲に込めた思いをインタヴュー
[POWERPUSH]・2017年03月22日・3つの曲に込められた、自分たちの思いとこれからーーcallme、9ヶ月ぶり4thシングルをリリース callmeが9ヶ月ぶりにシングルをリリースした。曲数は3曲。ポップさに舵を取り、物流応援PR曲として作られた「Bring you happiness」、3人のこれまでとこれからが凝縮された超大作「It's own way」、RUUNAのヴォーカルが冴え渡る「I never know tomorrow」の3曲について、じっくりと話を訊きました。 callme / Bring you happiness(24bit/48kHz)'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,100円(税込)【Track List】''01. Bring you happiness02. It's own way03. I never know tomorrow INTERVIEW : callme 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが、今年最初となるシングル『Bring you happiness』をリリースした。表題曲はそのタイトル通りの
堕天使の悪戯を吹き飛ばす、狂った月曜の夜──DEATHROツアー・ファイナルの模様を配信開始!!
[POWERPUSH]・2017年03月10日・堕天使の悪戯を吹き飛ばす、狂った月曜の夜──DEATHROツアー・ファイナルの模様を配信開始!! 神奈川県央在住のロック・ヴォーカリスト、シンガー・ソング・ライターDEATHRO。昨年末にリリースされた1stアルバム『PROLOGUE』は90年代のジャパニーズ・ビート・ロックへの敬愛と、現行のインディー・ロック、オルタナを取り込んだサウンドで、新たなファンを続々と増やし続けている。今回配信となるライヴ音源はアルバムのリリース・ツアーのファイナル公演、下北沢THREEでの模様をパッケージング。ツアーを経てパンプ・アップしたサウンドとヴォーカリゼーション、1秒も聞き逃して欲しくないMC、そしてオーディエンスから湧き上がる歓声。この日ライヴに行った方も、行けなかった方も是非ともこの熱く狂った一夜を追体験してみてほしい。 DEATHRO / THE END OF THE PROLOGUE ”REVENGE” 3.6 Shimokitazawa THREE'【Track List】01. OPENING /KEN-O by 幽閉 a.k.a ZERO磁場02. RUNAWAY ANIMAL03. CRAZY FOR
the magic vol.7 ~A FIRST AID KIT リリースツアー・ファイナル DIALUCKライヴ・レポート
[POWERPUSH]・2017年02月21日・2人から3人へ、DIALUCKの魔法は進化していくーー リリースツアー・ファイナル・レポート 地元大阪を中心に活動している3ピース・ガールズ・バンド、DIALUCK。初の全国流通ミニ・アルバム『A FIRST AID KIT』をひっさげたリリースツアー・ファイナルが2月12日に北堀江club visionでおこなわれた。その模様をレポートする。 ライヴ中、ずっとサポートメンバーとして活動していたkanatama(Ba)のサプライズ感ゼロのサプライズ加入発表もあり、最後までDIALUCKらしいファイナルになりました。 初の全国流通ミニ・アルバムをハイレゾ配信中DIALUCK / A FIRST AID KIT【Track List】1. セーシュン2. あの街まで3. 憂日幻想列車4. 勇灯最終列車5. おとぎばなし6. Daydream7. ためいきこちらが、伝説のフォーチュンシングル!!! DIALUCK / I AM WHO I AM(24bit/88.2kHz)【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/88.2kHz)>>特集ページはこちら LIVE REPORT :
LEARNERSがKiliKiliVillaより2ndアルバム・リリース&インタヴュー掲載!!
[POWERPUSH]・2017年02月07日・楽しいを追求したその先にある"MORE"ーLEARNERS、待望となる2ndアルバムをリリース!! 松田"CHABE"岳二を中心とした5人組ロックン・ロール・バンド、LEARNERS。2015年12月にリリースされた1stアルバム『LEARNERS』は年を跨ぎロング・セールスを記録、ジャンルを問わず魅力的な楽曲をカヴァーするそのセンスとハッピーなライヴ・パフォーマンスは各所にて話題を振り巻き続けている。そんな中リリースされる待望の2ndアルバム『MORE LEARNERS』はオリジナル楽曲はもちろん、ビーチ・ボーイズやダイアナ・ロス、山下達郎もカヴァーしている「WHY DO FOOL FALL IN LOVE」をはじめ、チェッカーズのドゥーワップ・ナンバー「MOONLIGHT REVIEW 50’S」のカヴァーで日本語楽曲にも初挑戦するなど、前作よりも確実に"MORE"な仕上がりとなっている。OTOTOYでは今作をハイレゾ配信中。そしてリリースにあたり、リーダーである松田"CHABE"岳二にインタヴューを敢行。バンドの結成とそのこだわりについて話を聞いた。 LEARNERS / MORE LEARNERS'
by JJ
日本のインディー・シーンを引っ掻きまわすレーベル、KiliKiliVillaがついにOTOTOYにて配信スタート!!!
[POWERPUSH]・2017年01月20日・日本のインディー・シーンを引っ掻きまわすレーベル、KiliKiliVillaがついにOTOTOYにて配信スタート!!! 元銀杏BOYZの安孫子真哉がチーフ・プロデューサーとしてパンク、ハードコア、ギター・ポップ等アンダーグラウンドから飛び出してくる生き生きとした音楽をリリースするレーベルKiliKiliVilla。モデル・歌手のSARAと松田"CHABE"岳二によるユニットから発展した5人組ロックン・ロールバンドLearnersや、栃木・足利を拠点として活動する3人組のCAR10、北海道・苫小牧の若きトリオ、NOT WONKなどなど、現在の音楽シーンにおいてKiliKiliVillaのリリースは目が離せない状態になっている。 OTOTOYでは、すでに発売されているLearnersのファースト・アルバム、NOT WONKの2枚のアルバムを始め、1月11日リリースのSuueat.のシングル『Let's get lost EP.』や1月18日リリースのEccy『Lonely Planet feat.あるぱちかぶと』、『Blood feat.泉まくら』のシングルを配信開始。また、LEARNERS待望の2ndアルバム
Year in Music 2016──岡村詩野音楽ライター講座生による2016年ベスト・ディスク
[POWERPUSH]・2017年01月20日・Year in Music 2016──岡村詩野音楽ライター講座生による2016年ベスト・ディスク OTOTOYが主催するオトトイの学校にて、音楽評論家として活躍する岡村詩野のもと、音楽への造詣を深め、「表現」の方法を学ぶ場として開講している「岡村詩野音楽ライター講座」。 2013年より、年末に製作してきた『Year in Music』。その名のとおり、受講生の選盤によって、その年のベスト・ディスクのレヴューを集めたものになります。ひとりの師を仰ぎながらも音楽の趣味嗜好の異なる書き手たちが選んだ2016年のベスト・ディスクを、2017年につながるひとつの指標としてお楽しみください。 list 『Year in Music 2016』作品一覧(あ-ん) ・agraph『the shader』・イ・ラン『神様ごっこ』・in the blue shirt『sensation of blueness』・エンジェル・オルセン『マイ・ウーマン』・カニエ・ウェスト『ザ・ライフ・オブ・パブロ』・KOHH『DIRTⅡ』・Suchmos『MINT CONDITION』・ジェイムス・ブレイク『ザ・カラー・イン・エニシング』・ス
最終回は最大級のハーレム状態で締めくくり! 清 竜人ハーレム♡フェスタ♡スペシャル♡レポート
[POWERPUSH]・2017年01月17日・最終回は最大級のハーレム状態で締めくくり! 清 竜人ハーレム♡フェスタ♡スペシャル♡レポート 清 竜人が一夫多妻アイドル「清 竜人25」結成後、TSUTAYA O-EASTにて定期的に開催していた「清 竜人ハーレム♡フェスタ」。今年6月で清 竜人25が解散するにあたり、最後のハーレム♡フェスタが1月14日に新木場Studio Coastでおこなわれた。今回はスペシャル版ということで規模も出演アイドルもステージも最大数と、まさかのアイドルフェス仕様に。今回はトリを務めた我らが清 竜人25と、フィナーレの模様をレポートする。清家のみなさん、解散まで半年切りましたよぅ・・・! REPORT : 清 竜人ハーレム♡フェスタ♡スペシャル あと何回清 竜人25を見られるのだろうか。ステージを見ながら、そんなことを考えている自分自身に気がついた。 2017年1月14日、新木場Studio Coastで「清 竜人ハーレム♡フェスタ♡SPECIAL」が開催された。 清 竜人25が結成された2014年から、女性アーティストを招いて開催されてきた「清 竜人ハーレム♡フェスタ」。しかし、2017年6月17日の清 竜人25解散をひ
DIALUCK旋風吹き荒れる!初全国流通ミニ・アルバム『A FIRST AID KIT』リリース
[POWERPUSH]・2016年11月15日・レペゼン浪速! あっ、良い音楽は DIALUCKにあります。 地元大阪を中心に活動している3ピース・ガールズ・バンド、DIALUCK。OTOTOYでは、タワレコ大阪4店舗限定で販売し爆発的にヒットしたフォーチュンシングル『I AM WHO I AM』のハイレゾ配信も大きな話題になった彼女たちが、ついに初の全国流通ミニ・アルバム『A FIRST AID KIT』をリリース。もうすぐDIALUCK旋風が吹き荒れる! 関西から全国へ、このタイミングを逃してはならない! と、わざわざ編集長自ら関西に出向き、DIALUCK結成から今後の展開までを訊いてきました。 DIALUCK / A FIRST AID KIT【Track List】1. セーシュン2. あの街まで3. 憂日幻想列車4. 勇灯最終列車5. おとぎばなし6. Daydream7. ためいきこちらが、伝説のフォーチュンシングル!!! DIALUCK / I AM WHO I AM(24bit/88.2kHz)【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/88.2kHz)>>特集ページはこちら INTERVIEW : DIA
筆者について
滝沢 時朗 (滝沢 時朗)

1982年東京生まれ。twitter ID:@sarigenaginger

同じ筆者による他の記事