Scott Hansenのソロ・ユニットTYCHOのニュー・アルバム

TYCHO / Dive

Boards of Canadaなどのエレクトロニック・サウンドから、Ulrich Schnaussなどシューゲイザー〜ドリーム・ポップ。さらにはWashed Out~Toro Y Moiなどの現代チル・ウェイヴ系サウンドまでを繋ぐ架け橋のような作品。

1. A Walk / 2. Hours / 3. Daydream / 4. Dive / 5. Coastal Brake / 6. Ascension / 7. Melanine / 8. Adrift / 9. Epigram / 10. Elegy

懐かしさを呼び起こす音響

インディー・ロックとクラブ・ミュージックを程よく共存させたアーティストを輩出し続けるアメリカの名門レーベルGhostly International。代表的なアーティストはMathew DearやSchool Of Seven Bellsで、昨年ではGold Pandaが話題だった。そんなGhostly InternationalからTYCHOというアーティストがアルバムをリリースする。Scott Hansenのソロ・プロジェクトであるTYCHOは2002年から活動し、それなりにキャリアがあるアーティストだ。今回リリースする『Dive』が、2000枚限定プレスだった2006年『Past is Prologue』を入れればサード・アルバムになる。彼のサウンドは、エレクトロニカやヒップ・ホップをインディー・ロック的な感覚を基に混ぜ合わせた最近のGhostly Internationalらしいものではあるが、『Dive』ではキャリアを重ねてきた分だけ色々な感覚が折り重なった作品になっている。大きく分けると、今作には00年代中盤のエレクトロニカやアンダーグラウンド・ヒップ・ホップといったクラブ・ミュージック発のジャンルがインディー・ロックに接近していたときの感覚と、近年のチル・ウェイブなどに代表されるインディー・ロックがクラブ・ミュージック化した感覚の両方があるのだ。

エレクトロニカは90年代前半の実験的かつ抽象的な音から、00年代半ばからmumなどのフォークトロニカやFenneszの『Endless Summer』によって生楽器を導入し始め、エモーショナルな表現に傾き、インディー・ロックに接近していく。また、同時にヒップ・ホップでもPrefuse73やアンダーグラウンド・ヒップ・ホップのレーベルanticonのアーティストらによって新たな表現が切り開かれ、やはり、インディー・ロック的な内面の表現に進んでいっていた。一方で、現在ではThe Fieldsなどのミニマル・テクノとシューゲイザーを融合させたような音楽性や、Washed Outに代表されるチル・ウェイブのようなクラブ・ミュージックの方法論を取り入れたインディー・ロックが主流になっている。この00年代半ばの流れと近年の流れはインディー・ロック的な、身近にあるもので身近な感情を表現する感覚をベースにしているという点で共通しているが、明確に異なっている。前者はそれまで内省的な表現をあまりしてこなかったジャンルが新たにそうした地平を開拓したが、後者は内省的な表現をしてきたインディー・ロックが逃避のためにクラブ・ミュージックの方法論を取り入れたということだ。

この違いはビートによく表れている。00年代半ばのビートは踊らせることが主眼ではないため、ビートが比較的ゆるく、直線的だ。しかし、近年のチル・ウェイブなどは、インディー・ロックとはいえ、ビートの取り入れ方が踊らせることに特化したクラブ・ミュージックのものを基にしている。TYCHOのビートは前者の特徴を持っている。しかし、一方で、少しこもった感じの懐かしさを呼び起こすような音響はAnimal Collective以降のインディー・ロックの特徴的な表現を捉えたものになっている。そこにギターや電子音のメランコリックなメロディが加わることで、彼のサウンドは日常とは違う世界への現実逃避ではなく、その中間ぐらいのとても親しみやすく落ち着いた空間を形作っている。TYCHOのサウンドは、彼が活動を始めた時代をベースにしつつも、無理なく合うところを取り入れて、アップ・デートしているのだ。MGMTが売れた2008年ごろからインディー・ロック的な感性が主流になるようになり、今ではKanye WestがBon Iverを起用するまでになったが、TYCHOのような地道な姿勢もインディー・ロックの大きな魅力のひとつなのだ。(Text by 滝沢時朗)

RECOMMEND

Sigur Rós / Inní

アイスランドを代表する唯一無二の4ピース・バンド、シガー・ロスがバンド初となるライヴ作品をリリース! 2002年作『()』は、グラミー賞にもノミネートし、商業的な成功を音楽の力だけで成し遂げた稀有な存在としてあのレディオヘッドとも並ぶ存在。ここ日本でも来日公演が全て完売する等その人気は絶大!

Prefuse73 / The Only She Chapters

盟友The Gaslamp KillerやNeon Indian、さらに、自身の楽曲にクラシックのアレンジを加えて披露し、大きな注目を集めたポーランドのAusko Orchestraとのツアーなど、ライヴ面でも大きな飛躍を見せる彼だが、それらにも見られる現代音楽への傾倒が顕著に現れているのが本作『The Only She Chapters』だ。ビートやループを基盤とするものより、現代音楽のスピリットにより近づき、ピッチフォークのBest Hope for 2010に選ばれた注目のシンガー、Zola JesusやMy Brightest Diamond、そして今は亡きBroadcastのTrish Keenanなど多くの女性ヴォーカルがフィーチャーされている。

Dday One / MOOD ALGORITHMS

インスト・ヒップ・ホップの枠を飛び越えて、もはやジャズとも形容されるビートをプロデュースするディーデイ・ワンによる待望の新作アルバム! ダウンロードやデジタルでの録音技術がまだ盛んではなかった90年代後半に制作され、カセット・テープで20本のみ作られたというまさにヒップ・ホップ黄金時代のサウンド!

PROFILE

TYCHO
サンフランシスコを拠点に活動するScott Hansen(スコット・ハンセン)によるソロ・ユニット。ISO50というヴィジュアル・ワークの名義も持つ。2002年に自主レーベルから『The Science of Patterns EP』リリースしてデビュー。2004年に1stアルバム『Sunrise Projector』をGammaphoneからリリース。2006年には2000部限定プレスとなった『Past Is Prologue』をMerckよりリリース。2007、2008年にGhostly Internationalからのデジタル・リリースを経て、今年フル・アルバム『Dive』をリリースする。

o

はてブに追加
 
 
"powerpush"の最新アーカイヴ
OTOTOYフジロック・ガイド2014
[POWERPUSH]・2014年07月12日・これさえ見とけば間違いなし!!——OTOTOYフジロック・ガイド2014 今年もこの季節がやってきました! いよいよ7月25日(金)、26日(土)、27日(日)に迫ったFUJI ROCK FESTIVAL '14。OTOTOYでは、もはや毎年恒例となったフジロック・ガイドを今年もやっちゃいます。昨年は「フジロックから広げる洋楽入門」と題して、海外アーティストを中心に紹介してきましたが、今年は日本のアーティストにもフォーカス。ここでは紹介しきれなかったメンツも多いですが、電気グルーヴ、OGRE YOU ASSHOLE、bonobos、吉田ヨウヘイgroupなど、邦楽勢にも注目株がたくさんです。それでは、ライターの渡辺裕也がオススメする今年の見どころをチェック!! FUJI ROCK FESTIVAL '14 '2014年7月25日(金)、26日(土)、27日(日) @新潟県 湯沢町 苗場スキー場'開場 / 開演 9:00 / 11:00料金 3日通し券 44,000円 / 1日券 18,300円出演 国内外約200アーティスト詳細 http://www.fujirockfestival.com/ (オフィシャル
by 渡辺 裕也
1ヶ月のOTOTOY配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載
[POWERPUSH]・2014年07月17日・まさかの“あのジャンル”復活とか?――配信中クラブ・ミュージック集成連載 : More Beats + Pieces Vol.2 ということで、OTOTOYにて配信されているクラブ・ミュージックや、マニアックな音源で、記事で紹介しきれなかった音源を約1ヶ月のタームでびしびし紹介しておりますこのコーナー。第2回目でございます。 OTOTOY配信曲だけでなく、最近のクラブ・ミュージックの最新動向や流れもユル優しく説明しておりますので「ちょっと、わかんないけど聴いてみたい」という方も気軽に試聴していってください! 今月もOTOTOYの編集部ボンクラ方面2人から、太っているの(河村)とやせているの(浜)のコーディネートで10枚の新作(+リイシュー数枚)を厳選してオススメしていきますのでぜひともお読みください! ダブステップとテクノ、あとインダストリアル 浜 : つうことで、ここのところはわりとアルバムがどっと出てきたって印象ですね。ってか、河村さん暑くるしいです。 河村 : うるせぇ! 編集家業は太るの! で、本題だけど、今回は確かにアルバム・タイトルが多めといった印象。で、それは後半で、クラブ・ミュージック、特
by 河村 祐介
夏期講座申し込み受付中!!
[POWERPUSH]・2013年08月21日・はじめてのスティールパンワークショップ vol.2各地で梅雨明けが発表されるなど、いよいよ本格的な夏の幕開けですね! オトトイの学校夏期講座のチェックはお済みですか? 何かをはじめたい、極めたいという夏にぴったりの講座が目白押し! 今週おすすめしたい講座ははじめてのスティールパンワークショップ vol.2。vol.1が好評を博した「はじめてのスティールパンワークショップ」が絶好の季節に再登場! 午前と午後の2部制です。今回も1人1台のスティールパンをご用意し、最初から楽器に触れながら楽しく学びます。毎回新しい1曲をマスターしていきますので、手ぶらで、1日のみから参加OK!触ったことがある方も、まったく初めての方も大歓迎です。講師はZipangu Steel Orchestraを主催する佐々木謙太朗。トリニダード・トバゴで学んだ講師ならではのスティールパンの授業&ミニ・ライヴありと今回も充実した内容でお送りします。 独特な音階から生みだされる音の世界とスティールパンの魅力を存分に味わってください。 そのほかのラインナップは7/24(木)から開講KORG presents littleBits Synth Kit
壊れかけのテープレコーダーズ、新作アルバムを配信開始&百々和宏との対談が実現
[POWERPUSH]・2014年07月16日・いまのロックってどうなのよ?ーー壊れかけのテープレコーダーズ、MO’SOME TONEBENDERのフロントマンに訊く現在のロック ロックとはいつの時代も衝撃的で、ある時は大きな希望となり、魅了された者の世界を変えてしまう大きな力がある。壊れかけのテープレコーダーズの小森清貴は、そんなロックの魅力に取り憑かれたひとりであり、常日頃から自身のロックを追求し続ける根っからのロックンローラーだ。壊れかけの新譜は『broken world & pray the rock'n roll』というストレートなタイトルどおり、これまで以上にロックへの愛がたっぷりと詰まった力作。また8月には、小森が敬愛する百々和宏とテープエコーズを招いてレコ発2マン・ライヴが開催される。百々が所属するバンド、MO’SOME TONEBENDERもまた、ロック・シーンの中で独自の地位を築き、長らく進化を続けてきた。そこで今回は、小森と百々によるロック対談を敢行。ふたりが考えるいまのロック・シーンとは。それぞれのバンドへの思いやロックが与えた衝動など、世代を超えてたっぷりと語ってもらった。 インタヴュー&文 : 前田将博 ロックへの愛が詰まっ
by 純三
【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――第3回 Astell&Kern「AK240」(前編)
[POWERPUSH]・2014年04月17日・高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――ハイレゾ/PCオーディオ研究室――【第3回】Astell&Kern「AK240」(前編) ハイレゾ対応のポータブル・オーディオ・プレイヤーが人気を集める昨今だが、中でも話題沸騰しているのが、今年の2月終わりに発売されたAstell&KernのAK240だ。2月8日に中野サンプラザで開催された「ポタ研」でのAK240の発表会では、僕もゲスト・スピーチをさせてもらったが、その後、さらに製品を自宅でロングラン・テストすることもできた。そこで、今回~次回のOTO-TOY-LABは、そのレポートにあててみたい。 DSDネイティヴ再生も可能なフラッグシップ機Astell&Kernは、1990年代の終わりからポータブルなオーディオ機器を手掛けてきた韓国のiriverが、高級ラインナップのためのブランドとして作ったものだ。僕がAstell&Kernの製品に強い興味を惹かれたのは、昨年の6月に発売されたAK120によってだった。その音質の評判を聞いて、試聴してみたところ、いや、ビックリした。アップルのiPodに代表されるようなポータブル・オーディオ・プレイヤーは、DAPという略称(デジ
【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――第2回 AMI「MUSIK DS5」
[POWERPUSH]・2014年03月18日・高橋健太郎のOTO-TOY-LAB――ハイレゾ/PCオーディオ研究室――【第2回】AMI「MUSIK DS5」 最近のオーディオ関係のニュースを眺めていると、USB DACの発売点数の多さに驚く。中級機種以上になると、DSDへの対応も当たり前になってきて、DSDの音源配信に早くから取り組んできたOTOTOYとしては、非常にありがたい、追い風的状況とも言える。ただ、ユーザー的にはなにを基準にUSB DACを選んだら良いのか、カタログ・スペックだけでは各社から同じような仕様のUSB DACが出ているように見えるだけに、選択が難しくなったとも言えるかもしれない。 多様化するUSB DACでより安価にハイレゾを楽しむ DSD対応のUSB DACを僕はこれまで十数機種ほど試聴あるいは試用してきたが、総じて言えることは、コスト・パフォーマンスが非常に高い、ということだろう。例えば、前回紹介したiFI Audioの「nano iDSD」は実売価格が2万円台の製品だった。僕が普段、使っているCDプレイヤーはDCSの「P8i」という製品だが、これは発売当時の定価が百数十万円もした。DCS「P8i」の優れたところは、通常のCD
【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――第1回 iFI-Audio「nano iDSD」
[POWERPUSH]・2014年02月19日・高橋健太郎のOTO-TOY-LAB――ハイレゾ/PCオーディオ研究室――【第1回】iFI-Audio「nano iDSD」 OTOTOYが24bit/48kHzのWAVによる高音質配信を始めたのは2009年。翌2010年からはDSDフォーマットでの配信も始めたが、当初は先走っている感が否めなかった。というのも、再生するための機器がまだまだポピュラーではなかったからだ。とりわけ、DSDに関しては、一般に手の届く製品はコルグのMRシリーズくらいに限られていた。 ところが、2012年の夏くらいから、先走るOTOTOYにハードウェア・メーカーが急速に追いついてきた。理由のひとつは、DoPと呼ばれる転送方式が開発されたことだ。このDoPは「DSD Audio over PCM Frames」の略で、従来のPCMのフォーマットに偽装して、DSDのデータを転送する。この技術開発によって、PCのプレイヤー・ソフトとUSB DACの組み合わせで、DSDを再生することがたやすくなり、各社から続々とDSD対応のUSB DACが発売されるようになった。 こうした流れを受けて、2012年12月、OTOTOYは渋谷ヒカリエで〈OTOT
【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――第5回 KORG「AudioGate3」+「DS-DAC-100」
[POWERPUSH]・2014年07月09日・高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――ハイレゾ/PCオーディオ研究室――【第5回】KORG「AudioGate3」+「DS-DAC-100」 ハイレゾの音源をPCで再生するのに、読者のみなさんはどんなソフトウェアを使っているだろうか? PCオーディオにまつわる悩みの種のひとつが、この再生ソフトウェアの選択だ。その難しさがハイレゾの普及を妨げているのではないか、と思えることも多い。 PCでの音楽再生のソフトウェアで、圧倒的なシェアを誇るのはアップルのiTunesソフトウェアだろう。そして、現在はiTunesでもハイレゾのファイルを再生することができる。24bit / 192kHzのWAVファイルも再生可能だし、そこから24bit / 192kHzのALAC(Apple Lossless Audio Codec)のファイルを作って、再生することもできる。ただ、iTunesはFLACあるいはDSDには対応していないので、FLACやDSDを再生するには、他のソフトウェアを考えねばならない。 また、ハイレゾのWAVやALACはUSB DACなどをiTunesとともに使って再生する場合、iTunesには各種設定のコン
 
筆者について
滝沢 時朗 (滝沢 時朗)

1982年東京生まれ。twitter ID:@sarigenaginger

同じ筆者による他の記事