Scott Hansenのソロ・ユニットTYCHOのニュー・アルバム

TYCHO / Dive

Boards of Canadaなどのエレクトロニック・サウンドから、Ulrich Schnaussなどシューゲイザー〜ドリーム・ポップ。さらにはWashed Out~Toro Y Moiなどの現代チル・ウェイヴ系サウンドまでを繋ぐ架け橋のような作品。

1. A Walk / 2. Hours / 3. Daydream / 4. Dive / 5. Coastal Brake / 6. Ascension / 7. Melanine / 8. Adrift / 9. Epigram / 10. Elegy

懐かしさを呼び起こす音響

インディー・ロックとクラブ・ミュージックを程よく共存させたアーティストを輩出し続けるアメリカの名門レーベルGhostly International。代表的なアーティストはMathew DearやSchool Of Seven Bellsで、昨年ではGold Pandaが話題だった。そんなGhostly InternationalからTYCHOというアーティストがアルバムをリリースする。Scott Hansenのソロ・プロジェクトであるTYCHOは2002年から活動し、それなりにキャリアがあるアーティストだ。今回リリースする『Dive』が、2000枚限定プレスだった2006年『Past is Prologue』を入れればサード・アルバムになる。彼のサウンドは、エレクトロニカやヒップ・ホップをインディー・ロック的な感覚を基に混ぜ合わせた最近のGhostly Internationalらしいものではあるが、『Dive』ではキャリアを重ねてきた分だけ色々な感覚が折り重なった作品になっている。大きく分けると、今作には00年代中盤のエレクトロニカやアンダーグラウンド・ヒップ・ホップといったクラブ・ミュージック発のジャンルがインディー・ロックに接近していたときの感覚と、近年のチル・ウェイブなどに代表されるインディー・ロックがクラブ・ミュージック化した感覚の両方があるのだ。

エレクトロニカは90年代前半の実験的かつ抽象的な音から、00年代半ばからmumなどのフォークトロニカやFenneszの『Endless Summer』によって生楽器を導入し始め、エモーショナルな表現に傾き、インディー・ロックに接近していく。また、同時にヒップ・ホップでもPrefuse73やアンダーグラウンド・ヒップ・ホップのレーベルanticonのアーティストらによって新たな表現が切り開かれ、やはり、インディー・ロック的な内面の表現に進んでいっていた。一方で、現在ではThe Fieldsなどのミニマル・テクノとシューゲイザーを融合させたような音楽性や、Washed Outに代表されるチル・ウェイブのようなクラブ・ミュージックの方法論を取り入れたインディー・ロックが主流になっている。この00年代半ばの流れと近年の流れはインディー・ロック的な、身近にあるもので身近な感情を表現する感覚をベースにしているという点で共通しているが、明確に異なっている。前者はそれまで内省的な表現をあまりしてこなかったジャンルが新たにそうした地平を開拓したが、後者は内省的な表現をしてきたインディー・ロックが逃避のためにクラブ・ミュージックの方法論を取り入れたということだ。

この違いはビートによく表れている。00年代半ばのビートは踊らせることが主眼ではないため、ビートが比較的ゆるく、直線的だ。しかし、近年のチル・ウェイブなどは、インディー・ロックとはいえ、ビートの取り入れ方が踊らせることに特化したクラブ・ミュージックのものを基にしている。TYCHOのビートは前者の特徴を持っている。しかし、一方で、少しこもった感じの懐かしさを呼び起こすような音響はAnimal Collective以降のインディー・ロックの特徴的な表現を捉えたものになっている。そこにギターや電子音のメランコリックなメロディが加わることで、彼のサウンドは日常とは違う世界への現実逃避ではなく、その中間ぐらいのとても親しみやすく落ち着いた空間を形作っている。TYCHOのサウンドは、彼が活動を始めた時代をベースにしつつも、無理なく合うところを取り入れて、アップ・デートしているのだ。MGMTが売れた2008年ごろからインディー・ロック的な感性が主流になるようになり、今ではKanye WestがBon Iverを起用するまでになったが、TYCHOのような地道な姿勢もインディー・ロックの大きな魅力のひとつなのだ。(Text by 滝沢時朗)

RECOMMEND

Sigur Rós / Inní

アイスランドを代表する唯一無二の4ピース・バンド、シガー・ロスがバンド初となるライヴ作品をリリース! 2002年作『()』は、グラミー賞にもノミネートし、商業的な成功を音楽の力だけで成し遂げた稀有な存在としてあのレディオヘッドとも並ぶ存在。ここ日本でも来日公演が全て完売する等その人気は絶大!

Prefuse73 / The Only She Chapters

盟友The Gaslamp KillerやNeon Indian、さらに、自身の楽曲にクラシックのアレンジを加えて披露し、大きな注目を集めたポーランドのAusko Orchestraとのツアーなど、ライヴ面でも大きな飛躍を見せる彼だが、それらにも見られる現代音楽への傾倒が顕著に現れているのが本作『The Only She Chapters』だ。ビートやループを基盤とするものより、現代音楽のスピリットにより近づき、ピッチフォークのBest Hope for 2010に選ばれた注目のシンガー、Zola JesusやMy Brightest Diamond、そして今は亡きBroadcastのTrish Keenanなど多くの女性ヴォーカルがフィーチャーされている。

Dday One / MOOD ALGORITHMS

インスト・ヒップ・ホップの枠を飛び越えて、もはやジャズとも形容されるビートをプロデュースするディーデイ・ワンによる待望の新作アルバム! ダウンロードやデジタルでの録音技術がまだ盛んではなかった90年代後半に制作され、カセット・テープで20本のみ作られたというまさにヒップ・ホップ黄金時代のサウンド!

PROFILE

TYCHO
サンフランシスコを拠点に活動するScott Hansen(スコット・ハンセン)によるソロ・ユニット。ISO50というヴィジュアル・ワークの名義も持つ。2002年に自主レーベルから『The Science of Patterns EP』リリースしてデビュー。2004年に1stアルバム『Sunrise Projector』をGammaphoneからリリース。2006年には2000部限定プレスとなった『Past Is Prologue』をMerckよりリリース。2007、2008年にGhostly Internationalからのデジタル・リリースを経て、今年フル・アルバム『Dive』をリリースする。

o

はてブに追加
 
 
"powerpush"の最新アーカイヴ
NegiccoとEspeciaによるユニット、Negipecia『Girl's Life』をハイレゾ配信!!
[POWERPUSH]・2014年08月26日・一夏限定の嬉しすぎるコラボーーNegiccoとEspeciaによるユニット、Negipeciaのハイレゾが買えるのはOTOTOYだけ!! 新潟在住の3人組アイドル・ユニットNegiccoと大阪堀江系ガールズ・グループEspeciaが、一夏限りのコラボレーション!! その名は、Negipecia!! 実はこの2組、2013〜2014年のカウントダウン・パーティや横浜港客船を使った「Fiesta.2013」「Fiesta2013-14」で共演するなど、公私ともに交流が深いのです。そんな2者による初シングルのリード曲「Girl's Life」は、おニャン子クラブや野猿などの楽曲も手掛ける後藤次利が、作曲・編曲・プロデュースを担当。あまりに豪華すぎる本作をOTOTOYではハイレゾ配信にてお送りいたします!! 贅沢な夏をお過ごしください。 NegiccoとEspeciaによるコラボ作をハイレゾ配信Negipecia / Girl's Life(24bit/48kHz)【配信価格】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48Hz) 単曲 249円 / まとめ購入 2,000円【Track List】1. Girl’s
by 西澤 裕郎
〈ぐるぐる回る 2014〉が2014年9月15日に開催決定!! わくわくを抑えきれず、会場下見に同行して写真とってきちゃいました!!
[POWERPUSH]・2014年08月20日・〈ぐるぐる回る 2014〉が2014年9月15日に開催決定!! わくわくを抑えきれず、会場下見に同行して写真とってきちゃいました!! 待ってました!! 埼玉スタジアム2002のコンコースを使って開催されるD.I.Yフェス〈ぐるぐる回る 2014〉の開催が決定しました!! サッカーの試合が行なわれるスタジアムのコンコースにライヴのステージが作られ、担当キュレーターがブッキング、そして演出を行う手作り感溢れる大型フェス。〈ぐるぐるTOIRO〉〈ぐるぐるコエド〉など、ぐるぐるシリーズは定期的に行なわれてきたものの、本祭である〈ぐるぐる回る〉の開催は2012年以来2年ぶりなのです。といっても、行ったことのない人は想像しづらいのでは? ということで、埼玉スタジアム2002へ下見に訪れるというぐるぐるスタッフに混じって、会場に行って写真を撮ってきました。ナビゲーターは、キュレーターのひとり、しあわせさん!! まだステージセッティング前の会場と、以前のステージを見比べてイメージを膨らませてみてください!! そして9月15日は、会場でぐるぐる周りながら祝杯をあげましょう!! 埼玉スタジアム2002を会場にしてしまった、
もるも もる、『ベトナムコーヒー』を独占ハイレゾ・リリース!!
[POWERPUSH]・2014年08月22日・目指すはアイドル界のウータンクラン?ーー3.5次元アイドル・ラッパー“もるも もる”、未発表楽曲をハイレゾ配信スタート!! 「普通のかわいい女の子が韻を踏みまくる本格的なラップをする」というスタンスで、3.5次元アイドル・ラッパーと名乗る女の子、“もるも もる”がOTOTOYに初登場です!! というか、全媒体通して初お披露目です!! というのも彼女、ノン・プロモーションながら、サウンドクラウドにアップした音源が噂を呼び、耳の早いリスナーを中心に話題になっているアイドルなのです!! たまたま“もるも もる”の存在を知ったOTOTOYは猛アピール。粘ったのですが、ライヴ会場限定のEPの発売には至りませんでした…。ごめんなさい。しか〜し!! サウンドクラウドでショート・バージョンが公開されている未発表曲「ベトナムコーヒー」のハイレゾ配信をゲットしました!! どこかPerfumeを思い起こさせるようなEDMで畳み掛けるラップが気持ちいい楽曲です。 そういえば、交渉の際、彼女をプロデュースしている亜良陽人にコンセプトを訊いたところ、「ソロで成り立つ個性的なアイドル・ラッパーをリリースしていって、メンバーが集まってき
by 西澤 裕郎
OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.3
[POWERPUSH]・2014年08月19日・いま、最もカッティング・エッジな歌姫、FKAツイッグス登場――More Beats + Peaces Vol.3 ということで、毎月、OTOTOYにて配信中の洋楽クラブものを中心にセレクト、紹介しているこの連載ですが、今回は海外でかなーーーりの話題になっている歌姫、FKAツイッグスのアルバム『LP1』リリースを記念して、その魅力に迫りますです。彼女の作品、なぜそんなに話題になっているかと言いますと、まぁ、まさに昨今のカッティング・エッジな音楽シーンの、さまざまなトピックをまとめたような存在なんですよ。なので、そんな彼女の音楽性を構成する要素を、OTOTOYで配信中の音源もからめつつ、紹介しちゃいます。というか、逆に言えば『LP1』1作を聴けば、様々な最新の音楽事情にも肉薄することができるってことです! まぁ、ひとことで言ってしまえば“今年の1作”なのです。後半には通常の毎月オススメの10選もございます。 FKA twigs / LP1【配信フォーマット / 価格】alac / flac / wav / mp3 : 単曲 257円 / まとめ購入 1,543円【Track List】01. Preface /
by 河村 祐介
OTOTOYフジロック・レポート2014
[POWERPUSH]・2014年08月14日・今年も苗場はアツかった!! 現場の感動、伝えます——OTOTOYフジロック・レポート2014 フジロック、今年も終わっちゃったなぁ… なんて気が抜けちゃってるみなさま! そんなみなさまに、あのアツい3日間を思い出させてくれるレポートをお届けします! ついついお酒が進んじゃって見逃したあのシンガー、やっと生で見られたあのグループ、たまたま通りかかって好きになっちゃった、そんな数々の出会いをライターの渡辺裕也のレポートとともに思い出しつつ、またアツくなっちゃいましょう。今年のラインナップは少し派手さに欠ける、なんて言われていましたが、終わってみれば結局感動しちゃうのがフジロック。早く来年になれ〜! FUJI ROCK FESTIVAL '14 '2014年7月25日(金)、26日(土)、27日(日) @新潟県 湯沢町 苗場スキー場'出演 国内外約200アーティスト詳細 http://www.fujirockfestival.com/ (オフィシャル・サイト) 渡辺裕也と一緒に今年のフジロックをおさらいしよう2014年の〈FUJI ROCK FESTIVAL〉が終了してから、早いものでもう2週間が経ちました。参加
by 渡辺 裕也
パズルガールズ×OTOTOY「パズルガールズ team.? 新メンバー募集」
[POWERPUSH]・2014年08月13日・「パズルガールズ team.? 新メンバー募集」延長します!!! 「パズルを解かないと曲が聴けない」という特異なライヴで、2012年8月より活動しているアイドル・グループ、パズルガールズの新メンバー募集(既に面談が始まっています!)を8月28日24時まで延長します。サウンド・プロデューサーに松隈ケンタを迎え制作された2ndシングル『?』も好調な彼女たちが、さらなる高みを目指して飛び出そうとしています。われこそはという方は、応募要項を読んで、ぜひ応募してみてください。走り出したパズルガールズとともに、本気で日本武道館を目指しませんか? プロデューサーからのご挨拶 パズルガールズは、ちょっぴり特殊なアイドルグループです。 歌って踊るだけでなく、急に事件に襲われたり 謎を出したり出されたり、非日常がステージにやってきます。 何が起こるか解らない未来を楽しめる 冒険することが大好きだ そんな好奇心旺盛な女の子だったら 一緒に誰も見た事がない世界をつくっていけると思います。 現在、8月20日にまでにご応募くださった皆様は 書類・面接審査を進めさせていただいております。 (沢山のご応募、ありがとうございました!)
花泥棒のメン募に関する100の条件――花泥棒、新作リリースとともにメンバー募集
[POWERPUSH]・2014年08月07日・君も一緒に花泥棒しないか?――京都から東京へ移住した花泥棒、新作リリースとともにメンバー募集 京都発ポップス生まれオルタナ育ちのバンド、花泥棒が2014年初夏、京都を離れ東京にやってきた。というのも本年のはじまりにギターとベースが脱退。新たな正式メンバーを探しに歩みを東に向けたわけなのだ。そして、新作の発売を機に大々的にOTOTOYでメンバーを募集。ヴォーカル&ギターの稲本裕太に「100の条件」を挙げてもらった。このなかから20個当てはまった人は、十分に花泥棒としてやっていく素質があるというわけだ。本気でメンバーを募集しているので、気になった方は条件下のメールアドレスにぜひ連絡してほしい。というか、本気でなければ、OTOTOYでメンバー募集などしないだろうし。 そしてくしくもこの「100の条件」が、花泥棒がどんなパーソナリティを持ち、どんなサウンドを鳴らすのかを端的に表すキーワードとなった。メンバー募集に少しでも心が揺れたあなたも、ただ少し気になって見にきたあなたも、まずは「100の条件」を目に通してみてはいかがだろうか。そして彼と一緒に、クアトロよりも大きなステージを目指さないか!? 花泥棒 / da
33RECORD、33週連続リリース企画『Biff Sound』第23弾をリリース&金子泰介、金子祐二、アレックス・ケレハー、インタヴュー!!
[POWERPUSH]・2014年08月05日・カナダと日本、国境なきレコーディング・セッションーー33週連続リリース企画「Biff Sound」6ヶ月目突入、インタヴュー・セッション 都会に住んでいても、季節は変わっていくんだな。のっけから、感傷的な気持ちになった。基本的に部屋にこもって原稿を書いているような人間としては、季節がいつの間にか過ぎさっていたなんてことなんてざらで、季節に想いを馳せるなんてことはそんなにないのだけど、毎月、浦安の外れの倉庫街に来ていると、いやでも季節が変わっていることを感じさせられる。なんてったって倉庫の中にあるスタジオ。初めてきたときは寒くて仕方なかったのだけど、いまでは暑くてたまらない。もちろん、クーラーなんてない。虫除けスプレーを吹きかけて、薄暗いスタジオのなかに機材をセットして、深夜にかけて集中してレコーディング・セッションをはじめる。こんな週末もすでに6ヶ月目を迎える。3月から休むことなく毎週末レコーディング・セッションを続け、音源をリリースし続けてきた33RECORDの面々。さすがにときたま疲弊している姿も見えるけれど、クリエイティヴの果てのやりきった姿。本当にいいものを作ることで頭が一杯の連中で頭がさがる。
by 西澤 裕郎
 
筆者について
滝沢 時朗 (滝沢 時朗)

1982年東京生まれ。twitter ID:@sarigenaginger

同じ筆者による他の記事