Scott Hansenのソロ・ユニットTYCHOのニュー・アルバム

TYCHO / Dive

Boards of Canadaなどのエレクトロニック・サウンドから、Ulrich Schnaussなどシューゲイザー〜ドリーム・ポップ。さらにはWashed Out~Toro Y Moiなどの現代チル・ウェイヴ系サウンドまでを繋ぐ架け橋のような作品。

1. A Walk / 2. Hours / 3. Daydream / 4. Dive / 5. Coastal Brake / 6. Ascension / 7. Melanine / 8. Adrift / 9. Epigram / 10. Elegy

懐かしさを呼び起こす音響

インディー・ロックとクラブ・ミュージックを程よく共存させたアーティストを輩出し続けるアメリカの名門レーベルGhostly International。代表的なアーティストはMathew DearやSchool Of Seven Bellsで、昨年ではGold Pandaが話題だった。そんなGhostly InternationalからTYCHOというアーティストがアルバムをリリースする。Scott Hansenのソロ・プロジェクトであるTYCHOは2002年から活動し、それなりにキャリアがあるアーティストだ。今回リリースする『Dive』が、2000枚限定プレスだった2006年『Past is Prologue』を入れればサード・アルバムになる。彼のサウンドは、エレクトロニカやヒップ・ホップをインディー・ロック的な感覚を基に混ぜ合わせた最近のGhostly Internationalらしいものではあるが、『Dive』ではキャリアを重ねてきた分だけ色々な感覚が折り重なった作品になっている。大きく分けると、今作には00年代中盤のエレクトロニカやアンダーグラウンド・ヒップ・ホップといったクラブ・ミュージック発のジャンルがインディー・ロックに接近していたときの感覚と、近年のチル・ウェイブなどに代表されるインディー・ロックがクラブ・ミュージック化した感覚の両方があるのだ。

エレクトロニカは90年代前半の実験的かつ抽象的な音から、00年代半ばからmumなどのフォークトロニカやFenneszの『Endless Summer』によって生楽器を導入し始め、エモーショナルな表現に傾き、インディー・ロックに接近していく。また、同時にヒップ・ホップでもPrefuse73やアンダーグラウンド・ヒップ・ホップのレーベルanticonのアーティストらによって新たな表現が切り開かれ、やはり、インディー・ロック的な内面の表現に進んでいっていた。一方で、現在ではThe Fieldsなどのミニマル・テクノとシューゲイザーを融合させたような音楽性や、Washed Outに代表されるチル・ウェイブのようなクラブ・ミュージックの方法論を取り入れたインディー・ロックが主流になっている。この00年代半ばの流れと近年の流れはインディー・ロック的な、身近にあるもので身近な感情を表現する感覚をベースにしているという点で共通しているが、明確に異なっている。前者はそれまで内省的な表現をあまりしてこなかったジャンルが新たにそうした地平を開拓したが、後者は内省的な表現をしてきたインディー・ロックが逃避のためにクラブ・ミュージックの方法論を取り入れたということだ。

この違いはビートによく表れている。00年代半ばのビートは踊らせることが主眼ではないため、ビートが比較的ゆるく、直線的だ。しかし、近年のチル・ウェイブなどは、インディー・ロックとはいえ、ビートの取り入れ方が踊らせることに特化したクラブ・ミュージックのものを基にしている。TYCHOのビートは前者の特徴を持っている。しかし、一方で、少しこもった感じの懐かしさを呼び起こすような音響はAnimal Collective以降のインディー・ロックの特徴的な表現を捉えたものになっている。そこにギターや電子音のメランコリックなメロディが加わることで、彼のサウンドは日常とは違う世界への現実逃避ではなく、その中間ぐらいのとても親しみやすく落ち着いた空間を形作っている。TYCHOのサウンドは、彼が活動を始めた時代をベースにしつつも、無理なく合うところを取り入れて、アップ・デートしているのだ。MGMTが売れた2008年ごろからインディー・ロック的な感性が主流になるようになり、今ではKanye WestがBon Iverを起用するまでになったが、TYCHOのような地道な姿勢もインディー・ロックの大きな魅力のひとつなのだ。(Text by 滝沢時朗)

RECOMMEND

Sigur Rós / Inní

アイスランドを代表する唯一無二の4ピース・バンド、シガー・ロスがバンド初となるライヴ作品をリリース! 2002年作『()』は、グラミー賞にもノミネートし、商業的な成功を音楽の力だけで成し遂げた稀有な存在としてあのレディオヘッドとも並ぶ存在。ここ日本でも来日公演が全て完売する等その人気は絶大!

Prefuse73 / The Only She Chapters

盟友The Gaslamp KillerやNeon Indian、さらに、自身の楽曲にクラシックのアレンジを加えて披露し、大きな注目を集めたポーランドのAusko Orchestraとのツアーなど、ライヴ面でも大きな飛躍を見せる彼だが、それらにも見られる現代音楽への傾倒が顕著に現れているのが本作『The Only She Chapters』だ。ビートやループを基盤とするものより、現代音楽のスピリットにより近づき、ピッチフォークのBest Hope for 2010に選ばれた注目のシンガー、Zola JesusやMy Brightest Diamond、そして今は亡きBroadcastのTrish Keenanなど多くの女性ヴォーカルがフィーチャーされている。

Dday One / MOOD ALGORITHMS

インスト・ヒップ・ホップの枠を飛び越えて、もはやジャズとも形容されるビートをプロデュースするディーデイ・ワンによる待望の新作アルバム! ダウンロードやデジタルでの録音技術がまだ盛んではなかった90年代後半に制作され、カセット・テープで20本のみ作られたというまさにヒップ・ホップ黄金時代のサウンド!

PROFILE

TYCHO
サンフランシスコを拠点に活動するScott Hansen(スコット・ハンセン)によるソロ・ユニット。ISO50というヴィジュアル・ワークの名義も持つ。2002年に自主レーベルから『The Science of Patterns EP』リリースしてデビュー。2004年に1stアルバム『Sunrise Projector』をGammaphoneからリリース。2006年には2000部限定プレスとなった『Past Is Prologue』をMerckよりリリース。2007、2008年にGhostly Internationalからのデジタル・リリースを経て、今年フル・アルバム『Dive』をリリースする。

o

はてブに追加
 
 
"powerpush"の最新アーカイヴ
ハイレゾ版独占配信!! DE DE MOUSEによる、ライヴ・リアレンジ・アルバム
[POWERPUSH]・2015年07月02日・彼の“今”を高音質で聴け!——ハイレゾ版独占配信!! DE DE MOUSEによるライヴ・リアレンジ・アルバム つい一ヶ月前に、自身のルーツである90'sダンス・ミュージックをモチーフにしたEP『youth 99』をリリースしたDE DE MOUSE。彼が今回リリースした新作『milkyway drive』は、リアレンジ・アルバムだ。ライヴを行う上で、自然と施された既成曲へのアレンジを元に再構成された楽曲群。そこからは、彼独特のエスニックなメロディーとサンプリング・センス、そして彼の“今”の音楽性が堪能できる仕上がりに。ぜひ、このサウンドをOTOTOY限定のハイレゾ版音源でお楽しみいただきたい。 ハイレゾ版独占配信DE DE MOUSE / milkyway drive(24bit/48kHz)'【Track List】01. milkyway drive02. your favorite swing03. fading last night04. sun end girl05. tide on stars06. linear lights dance【配信形式】WAV / ALAC / FLAC(24b
by JJ
森山公一、待望のソロ・ファースト・アルバム『Recod! 』リリース!
[POWERPUSH]・2015年06月24日・自分の真ん中は“歌う”ことーー森山公一(オセロケッツ)、1年半のソロ・アルバム・プロジェクトがついに完結! 待望のアルバムをハイレゾでリリース 2014年1月から毎月シングルをOTOTOYでハイレゾ配信し、YouTubeにもMVを発表とコンスタントに活動を続けてきた森山公一のソロ・アルバム制作プロジェクトが、ついに完結。オセロケッツでデビューして以来、The Ma'amでの活動や他アーティストへのプロデューサー業など、ジャンルレスな活動から生み出された楽曲から伝わるのは“歌”への強い思い。初のソロ・アルバムを作るために始まったプロジェクトが1年半後に完成を迎えた今、本人にインタヴュー。スタートからゴールまでを振り返ります。 デジタル・ブックレットつき!森山公一 / Record!(24bit/96kHz)'【配信形態】(24bit/96kHz)WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 249円(税込) / まとめ購入 2,500円(税込)【Track List】01. のようなもののようなもの / 02. また会ったね、ロンリネス / 03. ええもん悪もんどうでもええもん / 04. 人間
by JJ
吉田ヨウヘイgroup新作『paradise lost,it begins』ハイレゾ配信&レヴュー
[POWERPUSH]・2015年06月23日・変化と成長が産んだ、進化と深化ーー"バンド"としての強靭さを手に入れた、吉田ヨウヘイgroup新作ハイレゾ配信!! ギター、ヴォーカルである吉田ヨウヘイを中心として2012年結成。前作『Smart Citizen』から、FUJI ROCK FESTIVALやOne Music Campなどのイベント出演、渋谷クラブクアトロでのワンマン公演を成功させるなど、"バンド"として充実した1年のインターバルを経て産まれた新作『paradise lost, it begins』。吉田ヨウヘイ本人も語るように、ともに濃密な1年を過ごした他のメンバーからのアイデアやフレーズが色濃く反映されている開けたアルバムとなった。今作に至るまでにメンバーの脱退があったものの、新世代ダブ・バンド、TAMTAMのフロントマンであるKuroがほぼ全編に渡ってコーラスとトランペットで参加するなど、新たな血が彼らの音楽を次へのステップへと押し上げている。この作品もまた2015年を象徴する1枚になることは間違いない。是非ハイレゾでお楽しみいただくと同時に、今作のレビューをどうぞ。 吉田ヨウヘイgroup / paradise lost, it
【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――【第10回】exaSound「e-22」
[POWERPUSH]・2015年06月20日・高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――ハイレゾ/PCオーディオ研究室――【第10回】exaSound「e-22」 聴こえなかった音が聴こえてくる、USB DAC 昨年暮れのOTOTOY DSD SHOPで和田博巳さんとトーク・イヴェントを行った時のこと、ともかく度肝を抜かれたのがexaSoundのUSB DAC、e-22から流れ出したサウンドだった。当日のイヴェントでは、USB DACにOppoのHA-1とexaSoundのe-22、パワード・モニターにFocalのTwin6 BEを用意して、パッシヴのプリアンプで切り替えながら、11.2MHzのDSDでリリースされた丈青のピアノ・ソロ作品、『I See You While Playing The Piano』の比較試聴を行った。このうちのOppo HA-1については、昨年、本連載でも使用レポートを書いた。とても優れたDACプリアンプで、価格帯を考えると敵無しといっていいくらいのコスト・パフォーマンスを誇る製品だ。パワード・モニターに使用したFocalのTwin6 BEもバランスの良いスピーカーで、HA-1との相性もバッチリだった。 exaSoundのe
by Reviewed by Kentaro Takahashi
OGRE YOU ASSHOLEのUst番組「RECORD YOU ASSHOLE」放送決定!
[POWERPUSH]・2012年08月30日・ RECORD YOU ASSHOLE OTOTOYとOGRE YOU ASSHOLEが、OTOTOYのチャンネル『TV♭』にて、OGRE YOU ASSHOLEの最新アルバム『100年後』のリリースを記念し、レコードを聞き漁るUstream番組『RECORD YOU ASSHOLE』をスタート。東京に来るたびに、ツアーに出るたびにレコードを買い漁っているOGRE YOU ASSHOLEのメンバー。例えば、出戸学(ギター、ボーカル)の最近のお気に入りのレーベルは、古いソウルの作品をリイシューしているレーベル、Numero Groupだそう。そんなレーベル知りません.. ってことで、この番組では、レコードが大好きなOGRE YOU ASSHOLEのメンバーにSELECTORとして10枚以上アナログを持ってきてもらい、1曲づつじっくり聴き、さらには、そのレコードについていろいろと調べたり教えてもらったりしようと思います。名盤と評判の『100年後』の片鱗は、必ず彼らのコレクションに隠れているはず! RECORD YOU ASSHOLE 第22回の放送が決定!! OTOTOYのUstream番組「RECORD
目指すは武道館! ——【無料配信】アニソン”シンガーを目指す期待の新人! 菜苗をご紹介!!
[POWERPUSH]・2015年06月12日・合言葉は「はっぴぃとぅぎゃざー!」——“アニソン”シンガーを志す期待の新人、菜苗を無料配信でご紹介!! ある日、菜苗と言う女性シンガーがOTOTOYを訪れた。木村カエラや安室奈美恵、はたまたきゃりーぱみゅぱみゅを目指しているのかなぁなんて思いながら、「どんな女性シンガーになりたいの?」って聞いてみたら、わたし“アニソン”シンガーになりたいんです、とのこと。ほぼ毎日、新人アーティストと会うけれど、“アニソン”シンガーになりたいって人は、ほとんどいなかった。だから、これからもっと大きくなるだろうアニソン・シーンをでっかくする可能性を秘めた女の子が現れたことはとても嬉しかったし、彼女の軌跡を追ってみたいと思った。 2015年4月にデビューしたばかりの菜苗。まだまだライヴは少ないし、インタビューも今回が初めて。でも、間違いなく歌は上手いし、アニソンへの愛に溢れていた。あと話が長かった(笑)! 彼女は確実に面白い! ちょっと一緒に彼女を追ってみませんか? 【text by 飯田仁一郎(OTOTOY編集長)】 OTOTOYだけの特別シングル「Re:LOOP」の無料配信はこちらから!! 菜苗 / Re:LOOP(24b
by 純三
アイドル・シーンの未来の担い手はamiinaだ! シンガロング出来る新しいアンセム誕生の時!
[POWERPUSH]・2015年06月05日・アイドル・シーンの未来の担い手はamiinaだ! シンガロング出来る新しいアンセム誕生!ーー無料DLでも話題を集めた楽曲がハイレゾ配信開始!! 2013年8月に1stシングル「1☆2☆3☆」を発表し、都内を中心に活動を繰り広げる2人組中学生ユニットamiina。2014年7月にリリースし、話題を集めた「Drop / RunBlue」より約1年振りのシングル、「canvas / ○△□」をリリース! エレクトロニカやポストロックなどのジャンルを内包した音に、あどけない歌声が乗ることで出来上がったポップ・サウンドは、これから彼女たちのアンセムとなること間違いないシングルとなっている。つい先日、mp3版の「canvas」のフリーダウンロードが行われ話題を集めたが、今回は遂にハイレゾでの配信開始ということで更なる音の広がりを楽しめる事間違い無し。今作のレビューとともに、是非ハイレゾ版との違いを楽しんで頂きたい。 amiina / Canvas / ○△□(24bit/48kHz)'【配信形態】 alac / flac / wav / aac : 単曲 162円 / まとめ購入 864円【Track List】''
5年半振りのケラ&ザ・シンセサイザーズと24年ぶり(!)の有頂天の新作をハイレゾ先行配信!!
[POWERPUSH]・2015年06月03日・2015年のKERAはてんこ盛り!! ーーケラ&ザ・シンセサイザーズ新作と、なんと24年ぶりの有頂天新作、ハイレゾ先行配信&インタヴュー!! ミュージシャン、劇作家と広いジャンルで活躍するKERAが、2015年の音楽シーンに2つのアルバムをぶちこんできた! まずは、ケラ&ザ・シンセサイザーズとして5年半ぶりのアルバム『BROKEN FLOWER』を、そして、有頂天として24年ぶりとなるスタジオ新録ミニ・アルバム『lost and found』を、OTOTOY独占2週間先行&ハイレゾ配信開始! KERAの中で何かが動き始めた… その答えを確認すべくKERAと、ケラ&ザ・シンセサイザーズのメンバー杉山圭一とReikoにインタヴュー。 5年半ぶりのニュー・アルバム!ケラ&ザ・シンセサイザーズ / BROKEN FLOWER(24bit/48kHz)'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 300円(税込) / まとめ購入 3000円(税込)【Track List】01. フラワー・ノイズ / 02. ネズミは沈みかかった船を見捨てる / 03. 求人妖奇譚 / 04. Long Go
by 岡本 貴之