Scott Hansenのソロ・ユニットTYCHOのニュー・アルバム

TYCHO / Dive

Boards of Canadaなどのエレクトロニック・サウンドから、Ulrich Schnaussなどシューゲイザー〜ドリーム・ポップ。さらにはWashed Out~Toro Y Moiなどの現代チル・ウェイヴ系サウンドまでを繋ぐ架け橋のような作品。

1. A Walk / 2. Hours / 3. Daydream / 4. Dive / 5. Coastal Brake / 6. Ascension / 7. Melanine / 8. Adrift / 9. Epigram / 10. Elegy

懐かしさを呼び起こす音響

インディー・ロックとクラブ・ミュージックを程よく共存させたアーティストを輩出し続けるアメリカの名門レーベルGhostly International。代表的なアーティストはMathew DearやSchool Of Seven Bellsで、昨年ではGold Pandaが話題だった。そんなGhostly InternationalからTYCHOというアーティストがアルバムをリリースする。Scott Hansenのソロ・プロジェクトであるTYCHOは2002年から活動し、それなりにキャリアがあるアーティストだ。今回リリースする『Dive』が、2000枚限定プレスだった2006年『Past is Prologue』を入れればサード・アルバムになる。彼のサウンドは、エレクトロニカやヒップ・ホップをインディー・ロック的な感覚を基に混ぜ合わせた最近のGhostly Internationalらしいものではあるが、『Dive』ではキャリアを重ねてきた分だけ色々な感覚が折り重なった作品になっている。大きく分けると、今作には00年代中盤のエレクトロニカやアンダーグラウンド・ヒップ・ホップといったクラブ・ミュージック発のジャンルがインディー・ロックに接近していたときの感覚と、近年のチル・ウェイブなどに代表されるインディー・ロックがクラブ・ミュージック化した感覚の両方があるのだ。

エレクトロニカは90年代前半の実験的かつ抽象的な音から、00年代半ばからmumなどのフォークトロニカやFenneszの『Endless Summer』によって生楽器を導入し始め、エモーショナルな表現に傾き、インディー・ロックに接近していく。また、同時にヒップ・ホップでもPrefuse73やアンダーグラウンド・ヒップ・ホップのレーベルanticonのアーティストらによって新たな表現が切り開かれ、やはり、インディー・ロック的な内面の表現に進んでいっていた。一方で、現在ではThe Fieldsなどのミニマル・テクノとシューゲイザーを融合させたような音楽性や、Washed Outに代表されるチル・ウェイブのようなクラブ・ミュージックの方法論を取り入れたインディー・ロックが主流になっている。この00年代半ばの流れと近年の流れはインディー・ロック的な、身近にあるもので身近な感情を表現する感覚をベースにしているという点で共通しているが、明確に異なっている。前者はそれまで内省的な表現をあまりしてこなかったジャンルが新たにそうした地平を開拓したが、後者は内省的な表現をしてきたインディー・ロックが逃避のためにクラブ・ミュージックの方法論を取り入れたということだ。

この違いはビートによく表れている。00年代半ばのビートは踊らせることが主眼ではないため、ビートが比較的ゆるく、直線的だ。しかし、近年のチル・ウェイブなどは、インディー・ロックとはいえ、ビートの取り入れ方が踊らせることに特化したクラブ・ミュージックのものを基にしている。TYCHOのビートは前者の特徴を持っている。しかし、一方で、少しこもった感じの懐かしさを呼び起こすような音響はAnimal Collective以降のインディー・ロックの特徴的な表現を捉えたものになっている。そこにギターや電子音のメランコリックなメロディが加わることで、彼のサウンドは日常とは違う世界への現実逃避ではなく、その中間ぐらいのとても親しみやすく落ち着いた空間を形作っている。TYCHOのサウンドは、彼が活動を始めた時代をベースにしつつも、無理なく合うところを取り入れて、アップ・デートしているのだ。MGMTが売れた2008年ごろからインディー・ロック的な感性が主流になるようになり、今ではKanye WestがBon Iverを起用するまでになったが、TYCHOのような地道な姿勢もインディー・ロックの大きな魅力のひとつなのだ。(Text by 滝沢時朗)

RECOMMEND

Sigur Rós / Inní

アイスランドを代表する唯一無二の4ピース・バンド、シガー・ロスがバンド初となるライヴ作品をリリース! 2002年作『()』は、グラミー賞にもノミネートし、商業的な成功を音楽の力だけで成し遂げた稀有な存在としてあのレディオヘッドとも並ぶ存在。ここ日本でも来日公演が全て完売する等その人気は絶大!

Prefuse73 / The Only She Chapters

盟友The Gaslamp KillerやNeon Indian、さらに、自身の楽曲にクラシックのアレンジを加えて披露し、大きな注目を集めたポーランドのAusko Orchestraとのツアーなど、ライヴ面でも大きな飛躍を見せる彼だが、それらにも見られる現代音楽への傾倒が顕著に現れているのが本作『The Only She Chapters』だ。ビートやループを基盤とするものより、現代音楽のスピリットにより近づき、ピッチフォークのBest Hope for 2010に選ばれた注目のシンガー、Zola JesusやMy Brightest Diamond、そして今は亡きBroadcastのTrish Keenanなど多くの女性ヴォーカルがフィーチャーされている。

Dday One / MOOD ALGORITHMS

インスト・ヒップ・ホップの枠を飛び越えて、もはやジャズとも形容されるビートをプロデュースするディーデイ・ワンによる待望の新作アルバム! ダウンロードやデジタルでの録音技術がまだ盛んではなかった90年代後半に制作され、カセット・テープで20本のみ作られたというまさにヒップ・ホップ黄金時代のサウンド!

PROFILE

TYCHO
サンフランシスコを拠点に活動するScott Hansen(スコット・ハンセン)によるソロ・ユニット。ISO50というヴィジュアル・ワークの名義も持つ。2002年に自主レーベルから『The Science of Patterns EP』リリースしてデビュー。2004年に1stアルバム『Sunrise Projector』をGammaphoneからリリース。2006年には2000部限定プレスとなった『Past Is Prologue』をMerckよりリリース。2007、2008年にGhostly Internationalからのデジタル・リリースを経て、今年フル・アルバム『Dive』をリリースする。

o

 
 

"powerpush"の最新アーカイヴ

LITTLE CREATURES デビュー25周年! ハイレゾ配信& 全員インタヴュー
[POWERPUSH]・2016年07月07日・LITTLE CREATURESデビュー25周年! 全編日本語詞によるニュー・アルバムをハイレゾ独占配信 昨年2015年11月にデビュー25周年を迎えたLITTLE CREATURES。OTOTOY独占ハイレゾ配信中の5年ぶり通算7枚目のオリジナル・アルバム『未知のアルバム』について3人にインタヴュー。さらに、録音とmixを担当した奥田泰次から録音使用機材とコメントも掲載。初の全編日本語詞や、トリオ編成ならではの超ソリッドな音色にも注目して聴いていただきたい。 まとめ購入でデジタル・ブックレットつき!LITTLE CREATURES / 未知のアルバム(24bit/88.2kHz)'【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】まとめ購入のみ 2,700円(税込)【Track List】'' 01. 海原 / 02. 未知の世界 / 03. 夢ならば / 04. 絡めとられて / 05. かんちがい / 06. 声なき者 / 07. 月の顔 / 08. 嘘の朝 / 09. 赤いスカート / 10. 隼飛ぶ / 11. わずかばかり INTERVIEW : LITTLE CREATURE
by 渡辺 裕也
〈Hostess Entertainment〉のフジ、サマソニ関連作を期間限定20パーセント・プライスオフ!
[POWERPUSH]・2016年07月15日・〈Hostess Entertainment〉フジ、サマソニ関連作を期間限定20パーセント・プライスオフ!──【サマーキャンペーン2016】 ということで、夏本番、日本を代表する2つの野外フェスの開催も近づいてまいりました。今年20周年を迎える苗場スキー場で開かれるFUJI ROCK FESTIVAL(7月22日~24日開催)、そして都市型フェスとして東京、大阪の2都市同時開催のSUMMER SONIC(8月20、21日開催)。どちらもここでしか見れない海外の超弩級ビッグ・アクトから、いつものライヴハウスを飛びだした身近なインディ・ロック・バンドまでさまざまなアーティストが登場する、まさに音楽シーンの恒例イベント。今回OTOTOYでは、7月1日より開始された〈OTOTOYサマーキャンペーン2016〉の一環として、そんな2大夏フェスに多くのリリース・アーティストたちが出演しているレーベル〈Hostess Entertainment〉をフィーチャー。レーベルの協力のもと、その膨大な洋楽系カタログのなかから、2大夏フェスに出演が予定されているアーティストたちの作品を、期間限定20%プライスオフで配信いたします。ぜ
by 河村 祐介
ひめとまほう、とびきりポップな2ndシングルをハイレゾ独占配信
[POWERPUSH]・2016年07月12日・2016年のサマー・アンセムはこれ! ひめとまほう、とびきりポップな2ndシングルをハイレゾ独占配信 僕とジョルジュでも活動中の姫乃たまと、“ターンテーブルを持っていないDJ”でおなじみの音楽家、DJまほうつかいによるコンテンポラリー・ポップ・ユニット「ひめとまほう」から、この夏にぴったりの2ndシングルを7月24日にリリース。OTOTOYでは独占配信が決定、現在予約受付中! 予約してくれた方は、M1「真夏のスケープゴート」をいち早くダウンロードできます。そして2曲目の「真夏のスケープゴート(姫乃たまヴォーカル) 」は、期間限定でフリー・ダウンロード。姫乃たまのヴォーカルを堪能してください! 2016年、夏のサマー・アンセムはこの曲で決まりでしょ! 7月24日発売のシングルを現在予約受付中 予約でM1「真夏のスケープゴート」を先行ダウンロード可能!ひめとまほう / 真夏のスケープゴート(24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC / FLAC / WAV、AAC※ファイル形式について【価格】アルバム 864円(税込)で予約受付中【トラック・リスト】''1. 真夏のスケープゴート / 2. 真夏のスケー
by 純三
清 竜人25、アバンチュールなニューシングルをハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2016年07月13日・ひと夏の恋に大人のポップスを──清 竜人25、ニューシングルでの「変化」と「進化」全員インタヴュー 6人の妻と1人の夫からなる「清 竜人25」がこの夏放った新曲は、魅惑で危険な大人の香りただよう『アバンチュールしようよ♡』。楽曲、ビジュアルともに大きく変化し、そして更に進化したその理由を、恒例となった宗像明将によるメンバー全員インタヴューで解きあかします! 清 竜人25 / アバンチュールしようよ'【配信形態】【左】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/48kHz) 【右】ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3 ※ファイル形式について'※ハイレゾとは?'※購入方法'【配信価格】【左】単曲 324円(税込) / まとめ購入 1,296円(税込)【右】単曲 257円(税込) / まとめ購入 772円(税込)【Track List】01. アバンチュールしようよ♡02. Coupling♡03. アバンチュールしようよ♡(Instrumental)04. Coupling♡(Instrumental) INTERVIEW : 清 竜人25 2016年4月9日に中
callme、最新シングルをハイレゾ配信&メンバー・インタヴュー
[POWERPUSH]・2016年07月09日・魅了される「攻め」の姿勢──callme、最新シングルをハイレゾ配信&メンバー・インタヴュー 自ら作詞、作曲、振付などを手がける3人組、callmeが第3弾シングル『Confession』をリリース。「告白」をテーマに、イントロのピアノが頭に残る印象的な作品に仕上がった。本作品以外にも、OTOTOYではほぼ全作をハイレゾ配信中。今年全員20歳を迎え、ますます磨きがかかる彼女たちにOTOTOY初インタヴューです! callme / Confession(24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,100円(税込)【Track List】''01. Confession02. Take my time03. Summer of love INTERVIEW : callme 冒頭のイントロからいきなりテンションの高いパワフルなピアノ・プレイが鳴り響き、そのまま疾走するピアノとダンス・ビートに乗せて、3人のメンバーが妖しくシリアスな歌声を次々に聴かせていく。callmeの通算3枚目となるニュー・シングル『Confession』
【サマーキャンペーン2016】第1弾は〈WAX〉ハイレゾ30作品を期間限定で20%プライス・オフ配信!!
[POWERPUSH]・2016年07月01日・【サマーキャンペーン2016】第1弾は〈WAX〉ハイレゾ30作品を期間限定で20%プライス・オフ配信!! 「OTOTOYサマーキャンペーン 2016」を開催します!! キャンペーンの第1弾として、1987年に日本初のパンク・オルタナティヴ専門レーベルとして徳間ジャパン内に設立されたWAXレーベルをピックアップ。WAXレーベルは、80年代初頭に同時多発的に出現しカオティックな状態にあったインディ・レーベルの音源のサルベージを行いつつ、FRICTION、INU、THE STALIN、あぶらだこ、P-MODEL、カーネーションといった日本を代表するバンドの音源をリリース。「オトトイ・サマーキャンペーン 2016」では、その中から30の〈WAX〉ハイレゾ作品を20%プライス・オフで期間限定配信! これまで買い逃していた作品はもちろん、CDで持ってるんだけど、ハイレゾも…… なんてタイトルはこの機会にぜひ! サマーキャンペーン 2016期間 : 7月1日(金)〜8月31日(水)OTOTOYの夏は熱い! 第1弾の〈WAX〉ハイレゾ30作品20%プライス・オフ配信に続いて、プライスオフ企画の第2弾、『OTOTOYサンプラ
ニューエスト・モデル結成30周年! ベスト・アルバムハイレゾ先行配信& 中川敬インタヴュー
[POWERPUSH]・2016年06月29日・濃密なる8年の熱狂ーーニューエスト・モデル、結成30周年記念のベスト・アルバムを独占ハイレゾ先行配信 現在、ソウル・フラワー・ユニオンで活動する中川敬によって1985年に結成されたニューエスト・モデル。今年で結成30年を迎え、数ある名曲の中から厳選された36曲をリマスタリングしたベスト・アルバムをリリース。OTOTOYでは一般リリースより1週間早く、独占ハイレゾ配信を開始。中川敬がニューエスト・モデル時代の軌跡をじっくりと振りかえったインタヴューは必読です! ニューエスト・モデル / ザ・ベスト・オブ・ニューエスト・モデル 1986-1993(24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC(24bit/48kHz)【価格】まとめ購入のみ 3,000円(税込)【Track List】'DISC1 01. オモチャの兵隊 / 02. ソウル・ダイナマイト / 03. センスレス・チャター・センスレス・フィスツ / 04. ニュークリア・レース・オア・ヒューマン・レース / 05. ソウル・トゥ・ソウル / 06. プリティ・ピクチャー・ブック / 07. フィーリング
ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始
[POWERPUSH]・2016年06月17日・自由なる電子音の戯れ──ケンイシイ、フレア名義の作品をハイレゾ配信開始 世界中のテクノ・シーンでその名が知られるケンイシイ。そのアナザー・サイドとも言えるフレア名義の作品『Leaps』がこのたびハイレゾ配信される。ストレートなテクノ・サウンドのケンイシイ名義の作品に比べ、フレア名義は彼のエクスペリメンタルなエレクトロニック・ミュージック・サイドを担っている。ある意味で初期のケンイシイ名義の作品に渦巻いていたストレンジな電子音の感覚を継承している名義でもある。本作はすでに1年ほど前からケンイシイが出演する会場や自身のアーティスト・サイトなどかなり限られた販路でCDとして売られていた作品だが、今回、待望のハイレゾ版がリリースされる。まさに音そのものを楽しむ、その作品性を考えればハイレゾでのリスニングにもってこいの作品と言えるのではないだろうか。 Flare / Leaps(24bit/48kHz)'【Track List】01. Mole Tunnel02. Downglide03. Deep Freeze04. Sympathetic Nervous System05. Las Pozas06. Iapet
by 河村 祐介