Scott Hansenのソロ・ユニットTYCHOのニュー・アルバム

TYCHO / Dive

Boards of Canadaなどのエレクトロニック・サウンドから、Ulrich Schnaussなどシューゲイザー〜ドリーム・ポップ。さらにはWashed Out~Toro Y Moiなどの現代チル・ウェイヴ系サウンドまでを繋ぐ架け橋のような作品。

1. A Walk / 2. Hours / 3. Daydream / 4. Dive / 5. Coastal Brake / 6. Ascension / 7. Melanine / 8. Adrift / 9. Epigram / 10. Elegy

懐かしさを呼び起こす音響

インディー・ロックとクラブ・ミュージックを程よく共存させたアーティストを輩出し続けるアメリカの名門レーベルGhostly International。代表的なアーティストはMathew DearやSchool Of Seven Bellsで、昨年ではGold Pandaが話題だった。そんなGhostly InternationalからTYCHOというアーティストがアルバムをリリースする。Scott Hansenのソロ・プロジェクトであるTYCHOは2002年から活動し、それなりにキャリアがあるアーティストだ。今回リリースする『Dive』が、2000枚限定プレスだった2006年『Past is Prologue』を入れればサード・アルバムになる。彼のサウンドは、エレクトロニカやヒップ・ホップをインディー・ロック的な感覚を基に混ぜ合わせた最近のGhostly Internationalらしいものではあるが、『Dive』ではキャリアを重ねてきた分だけ色々な感覚が折り重なった作品になっている。大きく分けると、今作には00年代中盤のエレクトロニカやアンダーグラウンド・ヒップ・ホップといったクラブ・ミュージック発のジャンルがインディー・ロックに接近していたときの感覚と、近年のチル・ウェイブなどに代表されるインディー・ロックがクラブ・ミュージック化した感覚の両方があるのだ。

エレクトロニカは90年代前半の実験的かつ抽象的な音から、00年代半ばからmumなどのフォークトロニカやFenneszの『Endless Summer』によって生楽器を導入し始め、エモーショナルな表現に傾き、インディー・ロックに接近していく。また、同時にヒップ・ホップでもPrefuse73やアンダーグラウンド・ヒップ・ホップのレーベルanticonのアーティストらによって新たな表現が切り開かれ、やはり、インディー・ロック的な内面の表現に進んでいっていた。一方で、現在ではThe Fieldsなどのミニマル・テクノとシューゲイザーを融合させたような音楽性や、Washed Outに代表されるチル・ウェイブのようなクラブ・ミュージックの方法論を取り入れたインディー・ロックが主流になっている。この00年代半ばの流れと近年の流れはインディー・ロック的な、身近にあるもので身近な感情を表現する感覚をベースにしているという点で共通しているが、明確に異なっている。前者はそれまで内省的な表現をあまりしてこなかったジャンルが新たにそうした地平を開拓したが、後者は内省的な表現をしてきたインディー・ロックが逃避のためにクラブ・ミュージックの方法論を取り入れたということだ。

この違いはビートによく表れている。00年代半ばのビートは踊らせることが主眼ではないため、ビートが比較的ゆるく、直線的だ。しかし、近年のチル・ウェイブなどは、インディー・ロックとはいえ、ビートの取り入れ方が踊らせることに特化したクラブ・ミュージックのものを基にしている。TYCHOのビートは前者の特徴を持っている。しかし、一方で、少しこもった感じの懐かしさを呼び起こすような音響はAnimal Collective以降のインディー・ロックの特徴的な表現を捉えたものになっている。そこにギターや電子音のメランコリックなメロディが加わることで、彼のサウンドは日常とは違う世界への現実逃避ではなく、その中間ぐらいのとても親しみやすく落ち着いた空間を形作っている。TYCHOのサウンドは、彼が活動を始めた時代をベースにしつつも、無理なく合うところを取り入れて、アップ・デートしているのだ。MGMTが売れた2008年ごろからインディー・ロック的な感性が主流になるようになり、今ではKanye WestがBon Iverを起用するまでになったが、TYCHOのような地道な姿勢もインディー・ロックの大きな魅力のひとつなのだ。(Text by 滝沢時朗)

RECOMMEND

Sigur Rós / Inní

アイスランドを代表する唯一無二の4ピース・バンド、シガー・ロスがバンド初となるライヴ作品をリリース! 2002年作『()』は、グラミー賞にもノミネートし、商業的な成功を音楽の力だけで成し遂げた稀有な存在としてあのレディオヘッドとも並ぶ存在。ここ日本でも来日公演が全て完売する等その人気は絶大!

Prefuse73 / The Only She Chapters

盟友The Gaslamp KillerやNeon Indian、さらに、自身の楽曲にクラシックのアレンジを加えて披露し、大きな注目を集めたポーランドのAusko Orchestraとのツアーなど、ライヴ面でも大きな飛躍を見せる彼だが、それらにも見られる現代音楽への傾倒が顕著に現れているのが本作『The Only She Chapters』だ。ビートやループを基盤とするものより、現代音楽のスピリットにより近づき、ピッチフォークのBest Hope for 2010に選ばれた注目のシンガー、Zola JesusやMy Brightest Diamond、そして今は亡きBroadcastのTrish Keenanなど多くの女性ヴォーカルがフィーチャーされている。

Dday One / MOOD ALGORITHMS

インスト・ヒップ・ホップの枠を飛び越えて、もはやジャズとも形容されるビートをプロデュースするディーデイ・ワンによる待望の新作アルバム! ダウンロードやデジタルでの録音技術がまだ盛んではなかった90年代後半に制作され、カセット・テープで20本のみ作られたというまさにヒップ・ホップ黄金時代のサウンド!

PROFILE

TYCHO
サンフランシスコを拠点に活動するScott Hansen(スコット・ハンセン)によるソロ・ユニット。ISO50というヴィジュアル・ワークの名義も持つ。2002年に自主レーベルから『The Science of Patterns EP』リリースしてデビュー。2004年に1stアルバム『Sunrise Projector』をGammaphoneからリリース。2006年には2000部限定プレスとなった『Past Is Prologue』をMerckよりリリース。2007、2008年にGhostly Internationalからのデジタル・リリースを経て、今年フル・アルバム『Dive』をリリースする。

o

はてブに追加
 
 
"powerpush"の最新アーカイヴ
HIP HOPライター斎井直史によるガチンコ不定期連載「Intersection」Vol.3 東京の湿っぽい地下室が似合う突然変異的ユニット、ZOMG
[POWERPUSH]・2015年02月26日・東京の湿っぽい地下室がよく似合う突然変異、ZOMGーーHIP HOPライター斎井直史によるガチンコ連載「INTERSECTION」第3弾 これまで、興味を持ったアーティストに直接接触することでリリース情報を掴み、記事にしてきたヒップホップ・ライター、斎井直史。そんな彼によるガチンコ連載「INTERSECTION」!! 扱う対象は、レーベルを通した作品だけでなく、手売り音源、ネットで活動しているアーティストの音源、ライヴに徹しているアーティストの音源まで… 要するにすべて!! 斎井がいま熱いと思えるアーティストをみつけては、アポ取りから配信契約までを行う、まさにガチンコのDIY企画。それゆえ、ホットなリリースのみならず、突如として独占音源やインタヴューが飛び込んでくることも当たり前。熱いアーティストが増えれば増えるほど、このコーナーも熱さを増していく。がんばれ、斎井! おまえの骨はOTOTOYが拾ってやる! 連載3回目となる今回は、Young DrunkerのBaccasと、ADAMS CAMPの黒真珠による2人組、ZOMGをピックアップ。2人へのインタヴューとともに、OTOTOY限定の特別パッケージを配信
by 斎井 直史
坂本美雨と蓮沼執太クルー、一夜限りのライヴ音源をハイレゾ配信!! ライヴ直前インタヴュー&レポート掲載
[POWERPUSH]・2015年02月24日・聴いた人にいいことしか起こらない“おまじない”ーー坂本美雨と蓮沼執太クルーが奏でた一夜限りの夜をハイレゾ配信 2015年1月22日、坂本美雨と蓮沼執太クルーが渋谷WWWにて行った〈Waving Flags リリースパーティ〜旗を振るよ ここにいるよ〜〉の模様を収録したライヴ音源をハイレゾ・リリース。数多くのミュージシャンが参加して制作、昨年3月にリリースにされたアルバム『Waving Flags』の楽曲を中心に、カヴァー曲としては“蓮沼執太フィル”の楽曲である「ZERO CONCERTO」「ONEMAN」、坂本龍一が坂本美雨のために作ったことでも知られるYMOの楽曲「ONGAKU」を収録。蓮沼執太をコンダクターに、伊藤大地、村田シゲ、環ROYなど名うてのミュージシャンと坂本美雨、その場のお客さんがかけた一夜限りの“おまじない”。OTOTOYでは、その様子をレポートするとともに、ライヴ前の坂本美雨と蓮沼執太へのインタヴューもお届け。一緒に祝福の時間を追体験してみませんか? きっとその時間、いいことしか起こらないはず!! 坂本美雨と蓮沼執太クルー / LIVE “Waving Flags” '【配信形態】WA
by 西澤 裕郎
西アフリカ発のデザート・ブルース・バンド、ソンゴイ・ブルースによる、待望のデビュー作を配信
[POWERPUSH]・2015年02月25日・西アフリカ発信の“流浪の音達”——マリ共和国のデザート・ブルース・バンド、ソンゴイ・ブルースによる待望のデビュー作 西アフリカはマリ共和国、ここ最近まで紛争や内乱が絶えなかったこの国から1組のブルース・ロック・バンドが生まれた。その名も、ソンゴイ・ブルース。ヴォーカルとギター、ベース、ドラムという至ってシンプルな編成から生み出される音々は、アフロ・ビートにR&Bやロック・イディオムを折衷させた次世代のブルース・ミュージック。14世紀からマリに居住するソンゴイ族である彼らが注目を浴びたのは、なんとイギリスを代表するロック・バンド、ブラーのフロントマンであるデーモン・アルバーンのあるプロジェクトがきっかけ。彼による、西洋の音楽家とアフリカの音楽家のコラボレーション・プロジェクト、〈アフリカ・エクスプレス〉の楽曲に抜擢され、各シーンのミュージシャンに絶賛される。そんな彼らによる、待望のデビュー作『Music in Exile』がついに発売! 近年、アフロ・ポップに接近しているブライアン・イーノも絶賛する、渦を巻くようなブラック・グルーヴが詰まった本作を、ぜひレヴューとともにご体感あれ。 ※デザート・ブルース :
by ®ita Takaki
8年ぶりのアルバム『Vestiges & Claws』――ホセ・ゴンザレスの新作をハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2015年02月20日・哀愁のメロウ・サイケデリアを帯びたギターと歌、そしてその響き――ホセ・ゴンザレス新作を24bit / 96kHzで国内独占配信開始 まずはその哀愁を帯びたシルキーな歌声と、ギターで爪弾かれる旋律。彼の説明を読むのに、それを聴いてからだとしても遅くはないだろう。 スウェーデンの港湾都市、ヨーテボリ出身のシンガー、ホセ・ゴンザレスの新作が届いた。シンプルな、歌声とアコースティック・ギターという表現ながら、その世界観は唯一無二のものだ。いわゆるヨーロッパ的なネオアコやアメリカのフォークやブルースとも違った(が、それらの要素も含んでいる)、時に南米やラテン音楽の影響も感じさせる。そして、このたびリリースされたサード・アルバム『Vestiges & Claws』も、まさに彼のそうした音楽性が反映されたものだろう。 OTOTOYでは、本作を24bit / 96kHzのハイレゾ音質で、国内独占で配信を開始する。そのギター・プレイの指の動きすら見えてしまいそうな、さらにはその歌声の細やかな表現すら再現してしまいそうなハイレゾ音源で、本作の美しさをより深く楽しむべきだ。 José González / Vestiges &
by 河村 祐介
フレンチ・エレクトロニカの重要人物、Saycetの新作を先行ハイレゾ配信!
[POWERPUSH]・2015年02月19日・蜃気楼の先から聴こえる、シンフォニック・サウンド——フレンチ・エレクトロニカの重要人物、Saycetの新作を先行ハイレゾ配信! クリアな電子音と女性ヴォーカルが美しき物語を描き出す、フランスのエレクトロニカ・アーティスト、ピエール・ルフェブのプロジェクト、セイセット(Saycet)。前作『Through The Window』から4年、3枚目のアルバムとしてこのたび『Mirage』(フランス語で“蜃気楼”を意味する)がリリースされた。 OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信。繊細な電子音、さらには前作に引き続き参加の女性ヴォーカリスト、フォン・ソムサヴァットによる歌声の響きはやはり高音質でさらに真価を発揮するのではないだろうか? Saycet / Mirage(24bit/44.1kHz)'【配信形態】(各税込)ALAC / FLAC / WAV / AAC(24bit/44.1kHz) : 単曲 200円 / まとめ購入 2,000円【Track List】01. Ayrton Senna02. Mirages03. Volcano04. Meteores05. Half Awake06. Northe
by 河村 祐介
でんぱ組.inc、最高傑作のニュー・アルバムをハイレゾ配信開始!
[POWERPUSH]・2015年02月18日・2015年、でんぱが世界を大冒険! ーーでんぱ組.inc、萌えキュンソングがつまった最新アルバムをハイレゾでお届け! 6人組アイドル・グループのでんぱ組.incが、1年2ヶ月ぶり待望のニュー・アルバム『WWDD(だぶりゅーだぶりゅーでぃーでぃー)』をリリース。玉屋2060%、清 竜人、ヒャダインら豪華作家陣を迎えて作られた本作は、前アルバム以降のシングル曲はもちろんのこと、アルバム新録曲もたっぷり入ったカラフルで盛りだくさんな全14曲の大傑作! OTOTOYでは通常配信に加え、24bit/48kHzのハイレゾ版も配信! 何度聴いても楽しめる、音のテーマ・パークに取り憑かれること間違いなし。全曲レヴューで最新アルバムの魅力をじっくり紹介します。また、同時に前作のアルバム『WWD』も配信開始(16bit/44.1kHz)! さあ、みんなで魔法の扉をパーっと開きましょう! でんぱ組.inc / WWDD'【配信形態】(左)(24bit/48kHz) WAV / ALAC / FLAC / AAC(右)WAV / ALAC / FLAC / AAC(16/44.1kHz) / mp3【配信価格】(税込) (左)単曲
by 鶯巣 大介
アーティスト・デビューした声優・新田恵海、2nd&3rdシングルがハイレゾでリリース!!
[POWERPUSH]・2015年02月16日・声優であり歌手であるからこそ生まれる表現力の深さ、高音質で堪能――新田恵海、セカンド&サード・シングルのハイレゾ音源予約開始!! 昨年9月に念願のアーティスト・デビューが叶った声優・新田恵海。OTOTOYでもインタヴューを行い、彼女の音楽に対する知識、愛情の深さを感じる一面を見ることができました。さて、そんな彼女が今回は2作同時にリリース!! 声優として天城茉莉音役で出演するTVアニメ「探偵歌劇 ミルキィホームズTD」のエンディング・テーマを収録したセカンド・シングル『探求Dreaming』、そしこちらも声優として安城トコハ役で出演中のTVアニメ「カードファイト!! ヴァンガードG」の新エンディング・テーマを収録したサード・シングル『NEXT PHASE』がハイレゾで登場です!! 「探求Dreaming」はファースト・シングルに引き続き作曲をElements Gardenの上松範康、作詞を畑亜貴のタッグ、「NEXT PHASE」は作曲を同じくElements Gardenから藤田淳平、作詞を中島美嘉の「雪の華」などを手がけるSatomiが担当。アニメの世界観を映しながらも、いまの新田恵海を知ることのできる作
by 純三
フランス / キューバ出身の双子ユニット、Ibeyiによる、待望のデビュー・アルバム
[POWERPUSH]・2015年02月13日・ヴードゥー・ポップの輝く双子星、この地上に現る——Ibeyiによる魅惑の歌声、そしてフューチャー・アフロ・グルーヴ 声、パーカッション、エレクトロニック・サウンド、この3つを主体にしたソリッドでミニマルな編成。これを奏でるはキューバ系フランス人の双子姉妹によるユニット、Ibeyi(イベイー)。そのサウンドは、彼女たちの遠い出自でもあるヨルバのドラム・チャントをモダンなポップ・ミュージックへとリモデルしたかのようなアフロ・ポップである。しかも、彼女たちは若干19歳。それらのトピック、そしてその音によって注目を集めていた彼女達による、待望のデビュー・アルバムがついにリリースされた。ビョークを引き合いに出すメディアもある、そのミステリアスな歌声、さらにはM.I.A.やアデル、ヴァンパイア・ウィークエンドをトップ・アーティストへと育てあげた〈XLレコーディングス〉の主宰者、リチャード・ラッセル直々のサウンド・プロデュースだ。そういえばFKAツイッグスも〈XL〉傘下の〈Young Turks〉出身であることを考えれば、彼女たちに期待せずにはいられないだろう。その、あまりにも洗練された処女作をご堪能あれ。 Ibeyi
by 浜 公氣
 
筆者について
滝沢 時朗 (滝沢 時朗)

1982年東京生まれ。twitter ID:@sarigenaginger

同じ筆者による他の記事