Scott Hansenのソロ・ユニットTYCHOのニュー・アルバム

TYCHO / Dive

Boards of Canadaなどのエレクトロニック・サウンドから、Ulrich Schnaussなどシューゲイザー〜ドリーム・ポップ。さらにはWashed Out~Toro Y Moiなどの現代チル・ウェイヴ系サウンドまでを繋ぐ架け橋のような作品。

1. A Walk / 2. Hours / 3. Daydream / 4. Dive / 5. Coastal Brake / 6. Ascension / 7. Melanine / 8. Adrift / 9. Epigram / 10. Elegy

懐かしさを呼び起こす音響

インディー・ロックとクラブ・ミュージックを程よく共存させたアーティストを輩出し続けるアメリカの名門レーベルGhostly International。代表的なアーティストはMathew DearやSchool Of Seven Bellsで、昨年ではGold Pandaが話題だった。そんなGhostly InternationalからTYCHOというアーティストがアルバムをリリースする。Scott Hansenのソロ・プロジェクトであるTYCHOは2002年から活動し、それなりにキャリアがあるアーティストだ。今回リリースする『Dive』が、2000枚限定プレスだった2006年『Past is Prologue』を入れればサード・アルバムになる。彼のサウンドは、エレクトロニカやヒップ・ホップをインディー・ロック的な感覚を基に混ぜ合わせた最近のGhostly Internationalらしいものではあるが、『Dive』ではキャリアを重ねてきた分だけ色々な感覚が折り重なった作品になっている。大きく分けると、今作には00年代中盤のエレクトロニカやアンダーグラウンド・ヒップ・ホップといったクラブ・ミュージック発のジャンルがインディー・ロックに接近していたときの感覚と、近年のチル・ウェイブなどに代表されるインディー・ロックがクラブ・ミュージック化した感覚の両方があるのだ。

エレクトロニカは90年代前半の実験的かつ抽象的な音から、00年代半ばからmumなどのフォークトロニカやFenneszの『Endless Summer』によって生楽器を導入し始め、エモーショナルな表現に傾き、インディー・ロックに接近していく。また、同時にヒップ・ホップでもPrefuse73やアンダーグラウンド・ヒップ・ホップのレーベルanticonのアーティストらによって新たな表現が切り開かれ、やはり、インディー・ロック的な内面の表現に進んでいっていた。一方で、現在ではThe Fieldsなどのミニマル・テクノとシューゲイザーを融合させたような音楽性や、Washed Outに代表されるチル・ウェイブのようなクラブ・ミュージックの方法論を取り入れたインディー・ロックが主流になっている。この00年代半ばの流れと近年の流れはインディー・ロック的な、身近にあるもので身近な感情を表現する感覚をベースにしているという点で共通しているが、明確に異なっている。前者はそれまで内省的な表現をあまりしてこなかったジャンルが新たにそうした地平を開拓したが、後者は内省的な表現をしてきたインディー・ロックが逃避のためにクラブ・ミュージックの方法論を取り入れたということだ。

この違いはビートによく表れている。00年代半ばのビートは踊らせることが主眼ではないため、ビートが比較的ゆるく、直線的だ。しかし、近年のチル・ウェイブなどは、インディー・ロックとはいえ、ビートの取り入れ方が踊らせることに特化したクラブ・ミュージックのものを基にしている。TYCHOのビートは前者の特徴を持っている。しかし、一方で、少しこもった感じの懐かしさを呼び起こすような音響はAnimal Collective以降のインディー・ロックの特徴的な表現を捉えたものになっている。そこにギターや電子音のメランコリックなメロディが加わることで、彼のサウンドは日常とは違う世界への現実逃避ではなく、その中間ぐらいのとても親しみやすく落ち着いた空間を形作っている。TYCHOのサウンドは、彼が活動を始めた時代をベースにしつつも、無理なく合うところを取り入れて、アップ・デートしているのだ。MGMTが売れた2008年ごろからインディー・ロック的な感性が主流になるようになり、今ではKanye WestがBon Iverを起用するまでになったが、TYCHOのような地道な姿勢もインディー・ロックの大きな魅力のひとつなのだ。(Text by 滝沢時朗)

RECOMMEND

Sigur Rós / Inní

アイスランドを代表する唯一無二の4ピース・バンド、シガー・ロスがバンド初となるライヴ作品をリリース! 2002年作『()』は、グラミー賞にもノミネートし、商業的な成功を音楽の力だけで成し遂げた稀有な存在としてあのレディオヘッドとも並ぶ存在。ここ日本でも来日公演が全て完売する等その人気は絶大!

Prefuse73 / The Only She Chapters

盟友The Gaslamp KillerやNeon Indian、さらに、自身の楽曲にクラシックのアレンジを加えて披露し、大きな注目を集めたポーランドのAusko Orchestraとのツアーなど、ライヴ面でも大きな飛躍を見せる彼だが、それらにも見られる現代音楽への傾倒が顕著に現れているのが本作『The Only She Chapters』だ。ビートやループを基盤とするものより、現代音楽のスピリットにより近づき、ピッチフォークのBest Hope for 2010に選ばれた注目のシンガー、Zola JesusやMy Brightest Diamond、そして今は亡きBroadcastのTrish Keenanなど多くの女性ヴォーカルがフィーチャーされている。

Dday One / MOOD ALGORITHMS

インスト・ヒップ・ホップの枠を飛び越えて、もはやジャズとも形容されるビートをプロデュースするディーデイ・ワンによる待望の新作アルバム! ダウンロードやデジタルでの録音技術がまだ盛んではなかった90年代後半に制作され、カセット・テープで20本のみ作られたというまさにヒップ・ホップ黄金時代のサウンド!

PROFILE

TYCHO
サンフランシスコを拠点に活動するScott Hansen(スコット・ハンセン)によるソロ・ユニット。ISO50というヴィジュアル・ワークの名義も持つ。2002年に自主レーベルから『The Science of Patterns EP』リリースしてデビュー。2004年に1stアルバム『Sunrise Projector』をGammaphoneからリリース。2006年には2000部限定プレスとなった『Past Is Prologue』をMerckよりリリース。2007、2008年にGhostly Internationalからのデジタル・リリースを経て、今年フル・アルバム『Dive』をリリースする。

o

はてブに追加
 
 
"powerpush"の最新アーカイヴ
大型新人LILI LIMIT初作品レヴュー&ダイジェスト無料配信!!
[POWERPUSH]・2015年07月28日・2015年のブライテスト・ホープ、驚異の大型新人LILI LIMIT、イノセントなポップ・ワールドを繰り広げる初作品ダイジェスト版フリーDL配信!! 例えばサカナクション、ゲスの極み乙女。、SEKAI NO OWARIーー7月のはじめ、ファースト・ミニ・アルバムを世に送り出して以来、前述のバンドに次ぐ存在である、と誰かが謳うのを幾度と目にしたバンド。それが都内で活動する男女混成5人組、LILI LIMITである。それはバンド編成や声質に所以するだけではなく、彼らが切り開いてきたポップ・バンドの地位を継ぐ可能性を感じさせるからだ、というのは聴いてもらうまで信じがたい話かもしれない。 その大いなる可能性を感じさせたファースト・ミニ・アルバム『Etudes』を今一度紹介したい。ということで、YouTubeでも公開中のアルバム・ダイジェストをフリー・ダウンロードでお届けする。生音と電子音が生み出すイノセントなポップ・ワールド。そこに吹く次世代の風を、いち早く感じてほしい。 「Etudes Album Digest」のフリー・ダウンロードはこちら LILI LIMIT / Etudes'【Track List】01
by 鶯巣 大介
日本の新しいポップ・シーンを切り拓く“新世代バンド”特集
[POWERPUSH]・2015年07月02日・今こそインディーがおもしろい! YogeeやThe fin.に続き日本の新しいポップ・シーンを切り拓く“新世代バンド”を見逃すな!! 今、日本のインディー・シーンがおもしろいことになっている。独自の視点で都市生活における心の機微を綴った歌詞とサウンドスケープで最先端ポップスを奏でるYogee New Wavesや、80年代やリアルタイムのUSインディーを取り込んだドリーミー&アンビエントな音像が海外でも話題のThe fin.。彼らに続く“新世代バンド”が、デジタルとアナログレコード双方からのアプローチや海外アクトとの共演、ファッションブランドとのコラボ等々、ボーダーレスな活動を通しつつ驚くべきスピードで頭角を現しているのだ。 そこで今回はシティ・ポップやニュー・ウェーブをはじめとする多様な音楽を昇華し、近い将来日本のポップ・シーンを担うに違いない注目バンドを特集。いずれも“インディペンデント”という舞台でそれぞれのスタイルを貫き、周囲を巻き込んでいく魅力と地力を持つワンアンドオンリーなバンドばかりである。今まさにシーンを賑わせている、彼らの動向を見逃すべからず!! 文 : 山田百合子 YOUR ROMAN
UNISON SQUARE GARDEN、バンド10周年記念アルバムをリリース
[POWERPUSH]・2015年07月24日・彼らの10年間に迫ったマスターピースがここに——UNISON SQUARE GARDEN、結成10周年記念アルバムをリリース 透明感と力強さを兼ね備えた歌声、難解なユニゾンやテクニカルな演奏プレイをポップスに落としこむ卓越したセンス。今年で結成10周年を迎えたUNISON SQUARE GARDENが、これまでの軌跡を振り返る記念アルバムをリリースした。インディーズ時代の未発表曲から最新曲まで全16曲を収録。シングル表題曲を一切含まないという、勢いに満ちたバンドのいまを感じさせる選曲となっている。今作とともに、彼らのいままでとこれからにフォーカスをあてたレビューをお楽しみあれ。 UNISON SQUARE GARDEN / DUGOUT ACCIDENT'【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC / mp3(16bit/44.1kHz)【価格】単曲 257円(税込) まとめ購入 2,469円(税込)【Track List】''01. アンドロメダ / 02. フルカラープログラム(D.A style) / 03. 徹頭徹尾夜な夜なドライヴ / 04. ガリレオのショーケース(D.A s
先行ハイレゾ配信、GONNO、世界中のハウス / テクノ・シーン待望のアルバムがリリース!
[POWERPUSH]・2015年07月23日・自由なるハウス / テクノへの飛翔、世界的評価を受けるGONNOのファースト・アルバム、先行ハイレゾ配信 もし、あなたがジェミー・XXやエイフェックス・ツインのアルバムの、その先にあるエレクトロニック・ミュージックを聴きたければ、本作を聴いてみるといいだろう。それらの作品と同じ様な”ポップ”なポテンシャルも本作は持ち合わせている。 ディープなテクノ、ハウスのファンには、フランスを代表するテクノDJ、ロラン・ガルニエの手に渡った彼の曲の入ったデモがプレイされ、いつしか世界的ヒットとなったこと。そのシングルをリリースしたレーベルが、あのDJハーヴィなどがリリースする〈International Feel〉であったこと、と、このサクセス・ストーリーを聞けば、彼の作品がどのような質のものであるかがわかるだろう。 アーティストとして、そしてDJとしても海外で高い評価を受け活躍するGONNO。彼のニュー・アルバム『remember the life is beautiful』は、そんな彼の現在の勢い、それを裏打ちする音楽的キャリアもしっかりと示すようなそんな色彩にあふれた作品だ。 OTOTOYでは本作を1週間先行でしか
全世界待望のデビュー・アルバム!! Ykiki Beatが『When the World is Wide』をリリース!!
[POWERPUSH]・2015年07月20日・ジャンル、国境、カルチャーのボーダーを悠々と飛び越えていく彗星ーーYkiki Beat、誰もが待ちわびた1stアルバムをついにリリース!! Ykiki Beatがデビュー・アルバム『When the World is Wide』をリリース。このバンドのまとまった音源を心待ちにしていた方も多いのではないだろうか。結成初期から耳の早いリスナー達が彼らの才能に気付くと、バンドもそれに応えるかのようにアンセム「Forever」を発表。更なる話題を集めていた彼らだが、満を持してこのタイミングでアルバムをドロップ。約30分全8曲のコンパクトな作品ながら、待ち望んでいた期待をひょいと超えてしまうようなアルバムに仕上がった。 Ykiki Beat / When the World is Wide'【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3 : 単曲 257円(税込) / アルバム購入 1543円(税込)【Track List】''01. The Running / 02. Modern Lies / 03. Never Let You Go / 04. Dances / 05. Forever
フォー・テットの新作は長尺2曲の『Morning / Evening』
[POWERPUSH]・2015年07月15日・その表現には“アルバム”であるという必然性がある——フォー・テットのサイケデリックな新作 ポストロックにエレクトロニカ〜テクノ、最近ではベース・ミュージックへも接続するなど、まさにそうした幅広い音楽層から注目を集めるフォー・テット。1年半ぶりの新作『Morning / Evening』。前作『Beautiful Rewind』では、レイヴ・ミュージックへのオマージュをあらわにしていたが、新作はこれまた音楽性をちょいとばかし変化させ、20分ほどのトラック2曲で構成され、彼らしいサイケデリアと実験精神に満ちたテクノ・アルバムとなっている。 Four Tet / Morning / Evening'【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC / mp3(16bit/44.1kHz)【価格】まとめ購入のみ 1,543円(税込)【Track List】''01. Morning Side02. Evening Side 長尺の時間軸だからこそできる表現 ジ・オーブの新作の直後で、「フォー・テットお前もか」と言いたくなってしまう20分に渡る長尺2曲によるアルバム。とはいえ、音楽的にもこれがまたジ・
OTOTOYフジロック・ガイド2015
[POWERPUSH]・2015年07月15日・【手書き相関図付き】これさえ読めばフジロックが10倍楽しくなる!!ーーOTOTOYフジロック・ガイド2015 今年もこの季節がやってきました! いよいよ7月24日(金)、25日(土)、26日(日)に迫ったFUJI ROCK FESTIVAL '15。OTOTOYでは毎年恒例となったフジロック・ガイドを今年もやっちゃいます。去年は日本人アーティストにも焦点をあててガイドをお送りしましたが、今年は海外のアーティストを中心に地域、ジャンルなどの相関関係とともに隅から隅まで丁寧に紹介。これだけ多様な音楽に触れられるのは、フジロックならでは。大自然に囲まれて、美味しいものを食べながら、音楽を楽しみませんか? それでは、ライターの渡辺裕也がオススメする今年の見どころをチェック!! FUJI ROCK FESTIVAL '15 '2015年7月24日(金)、25日(土)、26日(日) @新潟県 湯沢町 苗場スキー場'開場 / 開演 9:00 / 11:00料金 3日通し券 39,800円 / 1日券 16,800円出演 国内外約200アーティスト詳細 http://www.fujirockfestival.com/ (
by 渡辺 裕也
男女によるポップス・デュオ、macicoの初作品を独占配信&初インタヴュー
[POWERPUSH]・2015年07月11日・歌うことが楽しいってことは忘れたくない——男女ポップス・デュオ、macicoの初作品を独占配信&フル試聴 凛とした歌声とハスキーなコーラス・ヴォイスで、シンプルながらも、芯の通ったサウンドを展開する男女ポップス・デュオ、macico。メンバーのaya(Vo)とtom(Gt,Vo)は2人とも、10代のアーティストのみが出演できるロック・フェスティバル『閃光ライオット』に、それぞれの活動で出演した経歴を持ち、それがこのデュオを結成したきっかけでもあるという。そんな彼らの初シングルである『blue』を、OTOTOYでは全曲フル試聴でご紹介。そっと日常にそっと寄り添うかのような、あたたかな楽曲群をまずは、聴いてみていただきたい。 そして、今回行った彼らへのインタヴューでは、お互い別々の活動を経てmacicoに至った経緯、そしてmacicoでの大きな決意を大いに語ってもらった。ぜひ、彼らの初作品とともに、耳を傾けていただきたい。 『blue』フル試聴実施中!! ※フル試聴期間 : 2015年7月25日(土)24:00まで 作品の購入はこちらから macico / blue'【Track List】01. 背中02.