frills INTERVIEW

1998年にメジャー・デビューし、そのグル―ヴ感あふれるダンサブルなサウンドで国内外問わず根強いファンを持っていたロック・バンド、Jerry Lee Phantom。その後2006年、同一メンバーでTHE BEACHESを結成。順調にライヴ活動とリリースを展開させるが、2010年に突然の活動休止宣言をした。そのバンドでキーボードを務めるr.u.koこと細萱あゆ子が初のソロ・アルバムを発表する。ソロへと転身した彼女から届けられた本作は、自由気ままなピアノ・サウンドに軽やかな声を乗せた遊び心満載なものとなった。9ヵ月の制作期間をかけ生み出されたファースト・アルバム『LOVE album』には、どんな思いが込められているのだろうか。また独特のポップ・チューンを生み出す彼女の中には、どのような世界観が広がっているのだろうか。ソング・ライターとしての新たな一歩を踏み出した細萱あゆ子に話を聞いた。

インタビュー&文 : 碇 真李江

frills「clap hands」のフリー・ダウンロードはこちらから!(期間 : 2011年8月25日まで)

frills / LOVE album

ピアノ・サウンドでの鍵盤弾き語りスタイルでここ何年か続けてきたライブ活動の中で育った曲の中から選りすぐりの10曲を収録。そこに時には楽しく、時には怪しく色づけされたパーカッション+α。あゆ子のリスペクトするPJハーヴェイ、ビョーク、トム ウェイツ etc… からのストレートな影響はもちろん、歌謡曲やアニメ・ソング、街でふと耳に入ってきた旋律… 様々な角度からインスパイアを受けたであろう楽曲。となるとなんでもいいのか? というとそうでもないらしい… 。『ここは絶対に譲れない』あゆ子フィルターを通すと… なるほどこれがフリルズってわけだ。

(ヒサシ the KID コメントより抜粋)

【TRACK LIST】
01. MUSIC / 02. ブランニューデイズ / 03. Smile / 04. ラストダンス / 05. Your love is mine / 06. I can believe in my soul / 07. Lie / 08. clap hands / 09. La... /10. リズム


絶対必要なものではないけど、あると楽しいもの

――ソロ活動はJerry Lee Phantomの時からしていたんですか?

Jerry Lee Phantomの時は、いずれ一人でもやってみたいと思っていたくらい。バンド・マンの友達に「ソロで弾き語りライヴをやらないか」と誘われたのがきっかけです。ライヴまでに3か月の期間があり、その日を目標に一気に沢山曲を作り、初めて歌詞を書きました。それが7、8年前だから大分昔の話。メンバーにも誰にも聴かせないで、ライヴで初めて聴かせました。その時メンバーにも凄く良かったと言ってもらえたから、あぁ良かったんだと思えた。それから何年かは誘われたらやるくらいのペースで活動してました。

――その頃からfrillsという名前だったんですか?

実家の庭に咲いている「ふしぐろせんのう」というオレンジの花が好きでその名前でも一瞬活動していたんですけど、変だったんですぐに変えました(笑)。本名でやっていた時もあったんですが、ある時期からfrillsにしようと思って。

――なぜそう思ったんですか?

洋服とかのフリルって絶対必要なものではないけど、あるとテンションあがりますよね。音楽も同じで、水や空気みたいにないと死んじゃうものではないけど、あったら楽しいしアガる。その感じが良いなと思って、すぐにfrillsに決めました。

――曲作りの時にもそれを意識していますか? 本質的には必要ないけど、あるとテンションがあがるというような。

意識して、ということはないかな? 基本の性格がそうなんです。

――Jerry Lee Phantom、THE BEACHES、そしてソロ活動となりました。今回のファースト・アルバムを聴いてバンドとの音楽性の違いを感じたんですが、自分ではどう思っていますか?

バンドの音楽は私ひとりで作ってたわけじゃなく、違う人が考えたコードに自分のフレーズや世界を乗せますよね。だからソロはより私個人という感じかな。

――frillsは完全に1人でしている活動なんですか?

基本1人です。でもライヴの時は私1人でやることもあれば中学からの友達とやることもあるし、今回プロデュースをお願いした恩賀周平君がベースやギターをやってくれることもあって、3人だったりパーカッションと2人きりだったり、様々ですね。

――THE BEACHESはパーティー感ある音楽が印象的でしたが、今作ではあゆ子さんと恩賀さんの2人で作っており、音楽の印象も変わりました。こういう音楽は元々やってみたかったんですか?

細々とやっていた中で曲はいっぱいあったのですが、音源がなかったので作りたいなとは思っていました。アルバムに向けて曲を書いたわけではないです。

――自然に曲が集まっていったという感じ。

そうですね。自然に集まった曲の中から、今回この10曲を選んだという感じです。

――バンドでの曲作りと何か違いはありましたか?

長い間主に私とヒサシ(ex.Jerry Lee Phantom、THE BEACHESのVo, Guitar)で曲を作っていたから、彼ならどうでるかは大体わかるしお互い信頼関係もあった。でも今回自分で書いた曲を持って、初めての他の人との作業で。録音は全部周平君と2人でしたんだけど、音作りや、色んな楽器を弾いてもらったり、コーラス・アレンジとかも一緒にして、こんな風にもなるんだ! という驚きももちろんあったし、彼とは感覚が凄く似ていて、あうんの呼吸で事が進んだ事にも驚きました。そんな人居るんだって。ぐっと来るか来ないかのポイントが同じだった事と、ムードや雰囲気、世界観をとても大事にする人なので、そこが私の音楽と合ったのかも。

昔からぐっとくる世界観は全然変わってない

――制作期間はどれくらいでしたか?

本当は去年のうちに出すつもりで、去年の10月に録り始めたんです。なぜここまで遅くなったかというと、一度喉の調子を崩して歌えなくなってしまったんですよね。それでちょっと期間を置いたんですけど、そのおかげで色んなことが見えてきた。ミックス作業も時間をかけながら試行錯誤していたらこんなに長引いてしまって。今作は自分のアルバムなので、曲間など今まで判断したこと無い部分も自分で判断しなくてはならなくて、優柔不断な私にとって、ジャッジを自分で下すということは本当に良い勉強になりました。

――揺らぐジャッジの決め手になるのは?

「揺らぐ」というよりは、本当にこれが一番いいんだって所まで、とことん色々試して悩んで、気持ちがすっきりしたところで出したい。自分の中でちゃんと納得しないと次に行けなくて、周平君はそこにも本当に良く付き合ってくれたので、助かりました。

――曲についてですが、「MUSIC」では飛び跳ねるようなキーボードにガツンとあゆ子さんの声が乗っかり、かっこいい曲だなと思いました。

MUSIC」は古めの曲なんです。他の古い曲はもっと暗くて、曲としては好きだけどライヴでやってもあまり楽しくない事に気付いて。去年1年はなるべく明るいトーンの曲を書こうと思って作ってました。意図的にやった部分はあったかもしれないです。

――1曲1曲が短くてポップですよね。

曲の長さに関しては、意識はしていないんですが自分が作るとすごい短くなります。パンク・バンドかと思うくらい(笑)。Aメロ・Bメロ・サビっていうのが染み付いてないんですよね。

――「clap hands」を聴いた時、不可思議で怪しげな印象を受けました。

トム・ウェイツが好きだからかな。雰囲気はあるかもしれません。

――映画「ダンサー・イン・ザ・ダーク」の中盤にかかるミュージカル・ソングのような印象を受けたのですが、意識されましたか?

悲しい映画が好きではないので「ダンサー・イン・ザ・ダーク」は見てないんですよね。でもビョークは好きなので、少なからずどっかの引き出しには入ってると思う。音楽はそこまで数を聴く方でもなくて、いいなと思ったものをずっと聴くタイプ。自分の好きな世界観はしっかりと持っていて、昔からぶれていないんです。

――その世界観を説明してもらえますか? 例えば映画とか。

映画はあまり見ないけど、「アダムス・ファミリー」とか、監督でいうとティム・バートンの世界観が好きです。怪しい感じのものが好きですね。

――ちょっとゴシックな世界感ですね。自分の世界観が決まった時はいつですか?

物心ついた頃から全然ぶれていません。ピンポンパン(「ママとあそぼう!ピンポンパン」1982年まで放送されていた子供向けの番組)のレコードの中に好きな曲がいっぱいあったり、小さい頃にピアノを習っていて、その時好きだったものはいまだに好きです。昔からぐっとくるポイントは全然変わってないですね。

――一番初めにバンドをやろうと思ったきっかけは?

無理矢理入れられたんです(笑)。大学に入った頃にはJerry Lee Phantomが既に出来ていて、それに遊びでピアノをつけていたらヒサシに「お前入れ。次のライヴまでにキーボード買え」と言われて、そこから始まりましたね。

――その前は遊びでバンドをやっていた?

大学のサークルとか、高校のクラブではやっていました。歌うことが好きだったのでPJハーベイとかElasticaのカバーとかをやって、遊んでいました。

――バンドのメンバー以外と一緒にやることはないですか?

たまに物好きな方が誘ってくれて、音源に1曲2曲参加したりとか。それぐらいです。

――THE BEACHESが活動休止になって、現在の活動はfrillsのみですか?

そうですね。私はあまりたくさんのことを出来ないタイプなので、今はアルバムとライブのことで頭がいっぱい。ここ最近まではアルバム制作に全力投球していました。

私が私でしかない、そういうアルバムが出来た

――曲は自然に出来る方ですか? 練りだして作る方?

自然に出来るんですが、録ってないと一瞬で忘れてしまうので、曲作りの時は、なんとなく弾きながら歌い初めて、良さそうと思ったら録りだします。それで良かったら構成を直して詰める。ライブはいつも何か新しいことがしたいので毎回必ず新曲をやると決めていて、ライブが近づいて来ると強制的にピアノの前に座って作ってました。

――曲を作るために何かしていることってあります?

そういうのもないです。意識的に何かを取り入れようとはしていないけど、道を歩いているだけでも色んな場面で音を聴く機会があって自分の中に飛び込んでくる。あんまりと思う音楽でもその中のどっかが引っかかれば、その感じが曲に出てくることはありますね。

――歌詞はどういう風に書いていますか?

歌詞は曲を作る時になんとなく歌ってみて、良いなと思った言葉の響きをピック・アップして、そこから意味を膨らませていきます。

――アルバムのタイトル『LOVE album』の意味は?

やっぱりLOVE & PEACEではないけど、愛は欠かせない部分だと思います。生きることって基本それが原動力になるんじゃないのかな。あとアルバムのタイトルを考えるのも初めてで、大きいタイトルだけど、『LOVE album』がなんかしっくり来て直感で決めました。自分自身昔から恋愛中心に生きる体質だし、全曲恋愛にしろそうじゃないにしろ、愛のことを歌っているので。

――音楽を作るときの源になるものは何ですか?

それは考えたこともなかったです。バンドの時はスタジオの日も曲作りの日も決まっていて、強制的に入るじゃないですか。それでメンバーとの曲作りの中、リズムやベースやギターの上で、自由に自分のフレーズや音色で色んな世界に広げていくんだけど、そうこうしている内に、突然「キター!!! 」ってなって… それが最高に気持ちいいんです。

――1人で作る時も、それは変わらない。

そうですね。作っているうちに、世界が広がって景色が見えて来てノッてくる、それで「キター!!! 」っていう自分の沸点まで気持ちがあがるかどうかというところでしかないです。

――ソロ活動をやっていて辛いことはありますか?

うーん… 。私は自分の好きな様に曲を作ってライヴして、良いと言ってもらえると嬉しいし、いまいちだったら残念。そういう当たり前なことの繰り返しです。作る作業で辛いことは全然ないです。

――最後になりますが、バンド活動時から現在まで長いスパンでファンでいてくれた人に伝えたいことはありますか?

そういう存在は一番ありがたくて、励みになる。それも原動力になることだから、変わらずやっていこうと思います。こういうことをやるからには、らしくなかったら何も意味がないでしょ。というかそれしかできないんですけど。本当に私が私でしかない、そういうアルバムが出来たので、いっぱい聴いて下さい。

音の中で凛と立ち、可憐に舞う声

In Your Dreams / GREGORY AND THE HAWK

MUM等でおなじみのUKのファット・キャットから衝撃のデビューをしたNYの女性シンガー・ソングライター、メレディス・ゴドルーのソロ・ユニット。デス・キャブ・フォー・キューティにも通じるキャッチーなメロディに、プロデューサーのアダム・ピアース=マイス・パレードのシューゲイズ・テイストを散りばめたキラキラ・サウンドは、ウィスパー系女性ヴォーカル・ファン必聴です。07年に自主リリースしたアルバムに、06年リリースのEPをカップリングした一枚。

ACO / devil's hands

ACO、4年半ぶりの新作『devil's hands』。シンガー・ソングライター、ヴォーカリスト、そして女性としての、ACOが表現する自身の現在進行形。

大久保由希 / 大久保由希

大久保由希(ex.レムスイム)のセカンド・アルバム。切れ味鋭いのにあたたかいゴキゲンなナンバーの数々。そして、ちょっぴり切ない隠し味が効いています。

frills SCHEDULE

frills『LOVE album』 release party
2011年8月25日(木) @下北沢440
open 18:30 / start 19:00
adv. 2,500yen / door. 3,000yen(共にdrink別)
w / 武藤昭平(勝手にしやがれ) / QUATTRO(岩本岳士&松坂勇介) / Empire Factory Propaganda(PILLS EMPIRE)

2011年9月19日(月/祝) @京都・二条nano
open / start 16:00
ticket. 1,500yen
w / VIDEOTAPEMUSIC / 欠伸 [ゆーきゃん+赤井裕(スーパーノア)+岩橋真平(スーパーノア)+岡村寛子(ときめき☆ジャンボジャンボ)+石渡新平(OUTATBERO、LLama)] / NOKIES!
DJ / 高橋孝博 (HALFBY) / 岩崎慎(METON MILK) / 田中亮太 / Tomoh (MAGICAL GANG)

2011年9月20日(火) @名古屋 cafe domina
start 19:00
ticket¥1,500
DJ / HATAMURA / hiiiko / momison / NOIRI / JUNPEI / STS / 栃沢康博
VJ / ma-chan

Club BAGSY 9th Anniversary party!!! ~Club BAGSY FES 2011~
2011年9月24日(土)@渋谷CHELSEA HOTEL+STAR LOUNGE
open 19:30 / close 5:00
adv. 3,500yen / door. 3,900yen(共にdrink別)
w / LILLIES AND REMAINS / 環ROY / Qomolangmatomato / the ARROWS / NOKIES! / hare-brained unity / Hi-5 / AKARI in THE TV(from岡山) / and more!
DJ / 村 圭史(Freak Affair) / 松本 素生(GOING UNDER GROUND) / Q's(pop it!/BRITIHSH PAVILLION) / DJ SOCCER BOY(TOKYO FUNPARTY) / ISHIKAWA(DISK UNION/a.k.a.TIGER HOLE) / 坂本 敏史(LONDON CALLING) / M.T.F.J(club vijon) / サカグチマナブ(MUSicK)

frills PROFILE

THE BEACHES キーボード r.u.ko、ayuko hosogayaのソロ・プロジェクト。
2011年8月17日、ファースト・フル・アルバム『LOVE album』を発表。

official website

o

 
 

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。3人の日常も垣間見える話題も満載です。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【T
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る
・2017年07月17日・ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る 〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。 ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Sun To Sola
by 河村 祐介
KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き
・2017年07月26日・KUNIYUKI TAKAHASHIのルーツにして、新たな側面をプレゼンする冒険的な新作──ハイレゾ独占配信 海外のハウス〜テクノ・シーンでも高い評価を受けるレーベル〈mule musiq〉。そのアーティスト・ラインナップは、現在でこそ海外シーンともシームレスなメンツが並ぶが、そのその設立当初から本レーベルを象徴するこの国のアーティストといえばこの人だろう。札幌のマエストロ、KUNIYUKI TAKAHASHI、その人だ。ジャズやソウルが豊かに溶け込んだディープ・ハウスを中心にしたこれまでの作品は、国内外で高い評価を受け続けている。そんな彼が、今回新作を発表するわけだが、そのサウンドはこれまでと趣向の違う質感を宿したものとなった。彼のルーツのひとつであるニューウェイヴやエレクトロニック・ボディ・ミュージック、インダストリアルといったサウンドを前面に出したプロジェクトとなっている。その名も「NEWWAVE PROJECT」。OTOTOYではこちらのハイレゾ独占配信をスタートする。サウンド・エンジニアとしての側面も持つ彼のそのサウンドの冒険をぜひともハイレゾで楽しんでいただきたい。 ハイレゾ独占配信KUNIYU
by 河村 祐介