AC部の奇妙な映像世界に、まつゆう*がゲスト参加!

開いた口が塞がらないとは、まさにこの作品のこと! AC部の名作(迷作? )「キッスはまだはやいわ」が、オリジナル・バージョンの発表から10年の時を経て、2010年、パワー全開でリニューアル。ゲスト・ボーカルに、彼らの旧友であり、最近ではアヒル口でおなじみのまつゆう*を迎えて制作された本作は、歌詞も新たに加えられ、もはやリニューアルの域を軽〜く飛び越えた、衝撃的な仕上がりに。楽曲アレンジとサウンド・プロダクションは、元・子供ばんどの勝 誠二が担当。60'Sのフレンチ・テイストあふれる、まつゆう*のポップでちょっとエッチなボーカルと、AC部の特濃ビジュアル&圧倒的なテンションにぐいぐいと引きずり込まれ、気付けば夢中になってしまう、奇妙な世界。騙されたと思って覗いてみては? もちろん、その後の責任はとりません!

AC部 featuring まつゆう* / キッスはまだはやいわ

映像制作・演出 : AC部
作詞 : 安藤 真(AC部)
作曲 : 安藤 真 & 安達 亨(AC 部)
編曲 : 勝 誠二
歌 : まつゆう*

Windowsをお使いの方はこちら(asfファイル)
macをお使いの方はこちら(mp4ファイル)

REVIEW

みなさんAC部という映像製作チームをご存知だろうか? 彼ら三人はNHKの番組デジタル・スタジアムに2000年に応募した「ユーロボーイズ」で年間グランプリを獲得。それ以来、独特の切り口で、人を楽しませようとしてるのかおちょくってるのか、すごいのかどうかさえわからない映像の数々で、多くの人々の心を複雑骨折させてきた。とにかくAC部の作品を見たらもう以前の自分には戻れない… そんな存在なのだ。そして、そのAC部の一人が同じく2000年にデジスタに送り込んでいたのが「キッスはまだはやいわ」なのだ。そう、今回ototoyから配信されるのはその10年ぶりのリメイクだ。しかも、その当時にデジスタでアシスタントをしていた縁でAC部と友人になり、今ではTwitter上で話題のアヒル口のまつゆう*が歌を入れるというではないか。「おー、こいつはなんだかすごそう」と思いながら見た「キッスはまだはやいわ」は、やっぱり想像の斜め上をぶっ飛ぶできだった。

まず、「アーン」の声から始まるアイドル歌謡曲のパロディのような、リズミカルな曲が始まる。歌詞の内容は、主人公の女子高生に彼氏がいるが、私達まだキッスははやいわ! やめて! でも、興味ありまくり! といったもの。その曲に合わせてエプロンをかけた女の子がキッチンで踊りながらイチゴのショート・ケーキを作っていく。そして、歌詞が乙女書体でバックを飛び交ったりするなどの数々のエフェクト。これだけだとただ軽くふざけてるだけだが、AC部の作品はこれをベースに奇天烈な表現でいくつものニュアンスを重ねてくる。

まず、一つ目が女の子の顔だ。基本的に映像の素材は実写だが、女の子の顔だけ中途半端にリアルな絵が使われてる。しかも、デジタル処理で目や鼻の各パーツが福笑のように貼り付けられていて、顔のパーツが微妙にゆらゆら動く。それがなんとも言えず不細工で、イラつくようなおもろいような表情を生み出すのだ。そして、ふたつ目が女の子の踊り。おそらく実際に動いているものを加工しているのだろうが、実際より少しはやめの動きで変にせかせかしていて、これまた心にひっかかる。三つ目が曲の歌い方。これが徹底して棒歌いなのだ。語りの部分さえ、棒読み。それで「じゅっぱじゅぱぱぱじゅんじゅん純情〜」と歌ったり、「イヤーン。キスだなんてはしたないわ。わたしを恋の奴隷にするつもりね」と語るので、へなへなと力が抜ける。これらの要素が積み重なって、映像に複雑なニュアンスを与えている。

つまり、思春期的なエロスの世界をベースに、これらのイラつき、おもろさ、脱力が色んな角度からなって視聴者を包んで前代未聞のキュートなバッド・トリップ感覚を生む、といった非常に変な作品に仕上がっている。相当熟練を重ねたであろうデジタルの映像技術を駆使して、ここまでそれを感じさせずに、人間の身体や感情の微妙さを表現した作品もないだろう。こんなことをするのはAC部だけだ。そして、そんな唯一無二の世界を君にもぜひ見て欲しい。ほれ早く。(text by 滝沢時朗)

PROFILE

AC部

1999 年頃に結成されたCGアニメーション制作チーム「AC部」は、多摩美術大学在学時に制作した「ユーロボーイズ」がNHKデジタル・スタジアム年間グランプリ を受賞したのをきっかけに本格的に活動を開始した。暑苦しいリアルなイラストレーションをベースとする、濃厚でハイ・テンションなビジュアルを様々な媒体に 植え付け、人々の固定観念を破壊し、そして新しい視聴覚体験をもたらすことを目指している。代表作に、デジスタ・アウォード年間グランプリ受賞の「ユーロボーイズ」、テレビ朝日SmaSTATION「スマアニメ/カッコいい男たち扁」、 NHK みんなのうた「哲学するマントヒヒ」、伊武雅刀公式HP、東京オンリーピック「和卓球」などがある。また現在、ニコニコ動画で賛否両論沸騰中のショート・ムービー「海女ゾネス」を完成へ向けて全力で制作中!

【代表作】
ユーロボーイズ(NHKデジタル・スタジアム デジスタ・アウォード2000 グランプリ)
テレビ朝日SmaSTATION「スマアニメ/カッコいい男たち扁」
NHK みんなのうた「哲学するマントヒヒ」
PV「ザマギ/マジカルDEATH」(Music Video Awards '05ノミネート)
伊武雅刀公式HP
フジテレビ SMAP×SMAPブリッジ映像
NHK 星新一ショート・ショート「プレゼント」
NHK教育「○○の国の王子様」
東京オンリーピック「和卓球」
NHK ビット・ワールド「アホちゃいまんねんビットやねん おもしろランキング2」

【エキシビジョン歴】
Digital Art Festival 2003 グループ展@東京・パナソニック・センター(2003年8月)
モーショングラフィックス7展 グループ展@東京・銀座クリエイション・ギャラリーG8(2006年1月 )
DEBLI DEBUT PROJECT Enjoy! Recycle & Re-create グループ展@東京・ルデコ・ギャラリー(2007年4月)
13 FRAMES グループ展@東京・銀座クリエイション・ギャラリーG8(2009年9月)

【受賞歴】
NHKデジタル・スタジアム デジスタ・アウォード2000グランプリ(ユーロボーイズ / 監督)
ADFEST2009グランプリ(白泉社 月刊LaLa TV-CM / アニメーション部分担当)
cinema digital seoul 2009_film festivalグリーン・カメレオン賞&ムーヴィー・コラージュ賞(東京オンリーピック / アニメーション部分担当)

まつゆう*
東京生まれ渋谷育ち。15歳より雑誌『プチセブン』のモデルとして活動を開始。50本を越えるCFや企業スチールに松丸祐子として出演、またアート・ユニット「chelucy」のまつゆう*として様々な分野で活躍。ブログ・サービス『ヤプログ!』のプロデューサーを務めるほか、webデザイン、映像制作、コスメのプロダクト・デザイン、独自のセンスでのスタイリングやメイクまで幅広く手がける。公式ブログでは自身でセレクトした「かわいいもの」を発信し、紹介した商品が完売する、複数のメディアで掲載されるなど、影響力の高いブロガーとして10代〜30代の女性から圧倒的な支持を集めている。2008年7月、米wired.comの特集「日本のセレブ・ブロガー11名(Japan's Hottest Celebrity Bloggers)」に選出。Twitterでは20万人を超えるフォロワーを集め、インターネット時代のタレントとして活動中。2010年4月には「ツイッターで人気爆発! みんな大好きアヒル口」(マガジンハウス)が刊行。

ついハマってしまう映像世界

作曲家・とくさしけんご、初のフル・アルバム『華麗なるホリデーの世界』より、ミュージック・ビデオをピック・アップ。岩城浩司、タナカカツキ、徳差えり、ヨシマルシン、前田裕次郎、甲田周平や菅原そうた等の映像クリエイターが、時には真面目に、時にはファニーに、それぞれの世界を見事に描き出しています!

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

2017年の最大旋風だ!BRADIO、待望の2ndアルバムをハイレゾ配信!
[CLOSEUP]・2017年01月18日・BRADIOは、2017年の最大旋風を起こすだろう。信じれないなら、この2ndアルバムを聴いてみやがれ!!! 2013年に1st mini albumをリリースし、「日常に彩りを加えるエンターテインメント」をコンセプトに活動中の4人組ロックバンド、BRADIO。2016年はそのコンセプト以上な活躍で世間をざわつかせた彼らが(ワンマンは全部ソールド!)、2017年最大旋風を起こすであろう、待望の2ndアルバム『FREEDOM』をリリースした。今作は待ちに待ったBRADIO初となるハイレゾ音源の配信も! アルバム・タイトル『FREEDOM』とは裏腹に、作品への思いを真面目に語る(w)メンバー全員インタヴューをどうぞ。 祝! BRADIO初ハイレゾ!BRADIO / FREEDOM'【配信形態】(24bit/44.1kHz)WAV / ALAC / FLAC / AAC 【配信価格】単曲 540円(税込) アルバム3000円(税込)【Track List】''01. Back To The Funk / 02. -Freedom- / 03. 彼女ハリケーン / 04. 蝙蝠 / 05. ギフト / 06. R
by JJ
2017年最大の衝撃! Suchomos、ニュー・アルバム『THE KIDS』のハイレゾ版を予約受付開始!
[CLOSEUP]・2017年01月11日・2017年最大の衝撃! Suchmos、ニュー・アルバム『THE KIDS』のハイレゾ版を予約受付開始! 昨年、FUJI ROCK FESTIVALをはじめとする多数の夏フェスに参加し、一気にバンドの知名度と立ち位置を決めたSuchmos。まさしく、飛ぶ鳥を落とす勢いと言えるだろう。そんな彼らが、前作『THE BAY』から1年6ヶ月ぶりのリリースとなるニュー・アルバム『THE KIDS』をリリースする。OTOTOYでは、本作のハイレゾ版の予約受付を開始! さらにアルバム『THE KIDS』からスタジアムロックを彷彿とさせ、アルバムのスタートを切る1曲「A.G.I.T.」の先行配信もスタート! 今最も注目を集めるバンドSuchmosの、ストリートの殻を破り洗練されたサウンドに酔い痴れよう。 待望のニュー・アルバム『THE KIDS』のハイレゾ版予約はこちら! Suchmos / THE KIDS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】アルバム 2037円(税込)【収録曲】1. A.G.I.T.2. STAY TUNE3. PINKVI
by ?
ロストフィルムの新たな門出へ、ライヴ音源2種、自主企画イベントをリスタート
[CLOSEUP]・2017年01月11日・ロストフィルムの2017年、新たな門出──ライヴ2作品リリース、自主企画イベントも 約1年間、活動をほぼ休止していたロストフィルムが2016年末、そして2017年のスタートとともに、新たな門出を飾る。名古屋を拠点に、AORやソウル、ファンクといった要素を入れ込み、流麗なポップスを生み出す彼らだが、ひさびさの作品として昨年末にはライヴ作品を2種リリース。そして2017年1発目は、15回目となる彼らの自主企画イベント「めっちゃええかんじ」を1月21日開催する。2017年、確実に名古屋のインディ・シーンを中心に活発な活動へと乗り出しそうな注目のバンドの中心人物、松岡直哉にインタヴューを敢行した。 名物自主企画イベントも再始動「めっちゃええかんじ15回目」'2017年1月21日(土)@名古屋鶴舞KD JAPON出演:tio、HoSoVoSo、ロストフィルム会場装飾:AZKopen/start 18:00/19:00adv/door 2000円/2500円ご予約lostfilm2016jpn@gmail.com予約方法件名「1/21予約」本文「お名前(カタカナ)・人数・メールアドレス」を入力し送信して下さい。3日程度
by 鶯巣 大介
これはギターインスト最終形態であるーーdowny・青木裕による初ソロ・アルバムを先行ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年01月11日・これはギターインスト最終形態であるーーdowny・青木裕による初ソロ・アルバムを先行ハイレゾ配信 downyのギタリスト青木裕が初のソロ・アルバム『Lost in Forest』を完成させた。楽音とノイズの境を超え、すべての音で構築されるオーケストレーション。OTOTOYでは今作の先行ハイレゾ配信を行い、本作について青木裕にインタヴューを行った。今回なぜソロ・アルバムを作ることになったのか? そしてどのようにしてこの超大作が完成したのか。音楽を表現することについての考えを訊いた。 青木裕の初のソロ・アルバムを先行ハイレゾ配信青木裕 / Lost in Forest【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>ハイレゾとは? '【価格】WAV / ALAC / FLAC(24bit/48kHz)単曲 200円(税込) アルバム 2,100円(税込)AAC / MP3単曲 150円(税込) アルバム 1,900円(税込)【収録曲】''1. I am Lost (feat. MORRIE)2. Open the Gate (feat. MORRIE)3. 8514. Waltz
by JJ
メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリ、4曲入り1stEPをリリース
[CLOSEUP]・2017年01月11日・メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリは、なにを想う? 2011年結成、2016年には5年越しで12曲入り初の全国流通盤『無我夢中』をリリースした歌うアホウドリ。ラップ、ポエトリー・リーディング、歌と叫びを織り交ぜ、徹底的に喜怒哀楽を表現する楽曲の作成と演奏を志す4人組バンドの次なる作品は、ゲストボーカルにKIM(from UHNELLYS)、Miya-Z(from memento森)を迎えたEP『Scrap & Build』。前作から短いスパンで作られた理由は、ギターのMitsuyoshiが脱退することがきっかけで作られたから。今回は、バンドを続けていくヴォーカルのSatoshiと、抜けるMitsuyoshiの2人にインタヴューを敢行。彼らの想いを訊いた。 歌うアホウドリ / Scrap&Build'【Track List】01. Scrap&Build02. The World is Mine(feat. KIM fromUHNELLYS)03. 泡沫(w/piano ver.)04. ソラノワ(feat.Miya-Z from memento森)【配信形態 / 価格】''WAV /
by 岡本 貴之
カーネーション『Multimodal Sentiment』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年01月10日・【待望のハイレゾ】カーネーション、4年ぶりのアルバム『Multimodal Sentiment』を語る 結成33年というキャリアを持ちながら若きリスナーから円熟のマニアまでをも魅了する直枝政広(Vo.G)と大田譲(B)の2人からなるバンド、カーネーション。彼らが2016年7月にリリースした4年ぶりとなるアルバム『Multimodal Sentiment』をOTOTOYで初ハイレゾ配信!! 大谷能生、大森靖子、川本真琴、西川弘剛(GRAPEVINE)、佐藤優介(カメラ=万年筆)など豪華アーティストが参加し完成した本作について直枝にメール・インタヴューを敢行。4年ぶりのフル・アルバムに込められた思いなど彼らの現在の考えに迫った。 4年ぶりのフル・アルバムをハイレゾ配信!カーネーション / Multimodal Sentiment'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3200円 (税込)【収録曲】1. まともになりたい 2. WARUGI3. Lost in the Stars4. いつかここで会いま
ツボを心得たポップ職人・杉本清隆、9年ぶりの新作をハイレゾ配信、インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2016年12月27日・サウンド・クリエーターからバンド、そしてソロへーーツボを心得たポップ職人、杉本清隆が9年ぶりの新作 2017年、活動15周年を迎えるorangenoise shortcutの杉本清隆が、12月14日にリリースした9年ぶりとなる新作『グッバイ・レイディ』をハイレゾ・リリース。ゲームのサウンド・クリエイターとして始まった音楽キャリアがどのような変遷をたどり、いま現在どのように反映されているのか。実に9年ぶりとなるソロ名義の作品についてインタヴューした。臨場感のある演奏を是非ハイレゾでお楽しみください。 9年ぶりの新作をOTOTOYにて独占ハイレゾ配信!! 杉本清隆 / グッバイ・レイディ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】まとめ購入のみ 1,080円【トラック・リスト】1. グッバイ・レイディ2. It’s A Shiny Day!3. Seaside Christmas INTERVIEW : 杉本清隆 音楽ゲーム『pop'n music』シリーズのサウンド・クリエーターとしてその名を知られる一方、90年代渋谷系の空気を継承したポップス
by 岡本 貴之
コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2016年、そして2017年
[CLOSEUP]・2016年12月30日・コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2016年、そして2017年 毎年恒例、水曜日のカンパネラの1年間を振り返るインタヴューも4回目!? 2016年の水曜日のカンパネラは、アメリカ・テキサス州で開催されている世界最大規模の音楽フェスティバル〈SXSW2016〉に出演したり、ワーナーミュージックからメジャー・デビューを果たしたり、雑誌「FRIDAY」にスクープされたり、世の中からの関心が一層大きくなった1年間でした。そして、2017年3月8日(水)には日本武道館でワンマン・ライヴを行うことも発表。果たして2017年はどんな年になるのか? 2016年を振り返るこのインタヴューをご覧になって、2017年を想像してみてはいかがでしょう? 取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤 デジタル・リリースのEPをハイレゾ配信水曜日のカンパネラ / SUPERKID'【配信形態 / 価格】24bit/48kHz(WAV / ALAC / FLAC)単曲 432円(税込) / アルバム 773円(税込)AAC単曲 250円(税込) / アルバム 463円(税込)>>ハイレゾとは?【Tra
by 西澤 裕郎
筆者について
滝沢 時朗 (滝沢 時朗)

1982年東京生まれ。twitter ID:@sarigenaginger

同じ筆者による他の記事