AC部の奇妙な映像世界に、まつゆう*がゲスト参加!

開いた口が塞がらないとは、まさにこの作品のこと! AC部の名作(迷作? )「キッスはまだはやいわ」が、オリジナル・バージョンの発表から10年の時を経て、2010年、パワー全開でリニューアル。ゲスト・ボーカルに、彼らの旧友であり、最近ではアヒル口でおなじみのまつゆう*を迎えて制作された本作は、歌詞も新たに加えられ、もはやリニューアルの域を軽〜く飛び越えた、衝撃的な仕上がりに。楽曲アレンジとサウンド・プロダクションは、元・子供ばんどの勝 誠二が担当。60'Sのフレンチ・テイストあふれる、まつゆう*のポップでちょっとエッチなボーカルと、AC部の特濃ビジュアル&圧倒的なテンションにぐいぐいと引きずり込まれ、気付けば夢中になってしまう、奇妙な世界。騙されたと思って覗いてみては? もちろん、その後の責任はとりません!

AC部 featuring まつゆう* / キッスはまだはやいわ

映像制作・演出 : AC部
作詞 : 安藤 真(AC部)
作曲 : 安藤 真 & 安達 亨(AC 部)
編曲 : 勝 誠二
歌 : まつゆう*

Windowsをお使いの方はこちら(asfファイル)
macをお使いの方はこちら(mp4ファイル)

REVIEW

みなさんAC部という映像製作チームをご存知だろうか? 彼ら三人はNHKの番組デジタル・スタジアムに2000年に応募した「ユーロボーイズ」で年間グランプリを獲得。それ以来、独特の切り口で、人を楽しませようとしてるのかおちょくってるのか、すごいのかどうかさえわからない映像の数々で、多くの人々の心を複雑骨折させてきた。とにかくAC部の作品を見たらもう以前の自分には戻れない… そんな存在なのだ。そして、そのAC部の一人が同じく2000年にデジスタに送り込んでいたのが「キッスはまだはやいわ」なのだ。そう、今回ototoyから配信されるのはその10年ぶりのリメイクだ。しかも、その当時にデジスタでアシスタントをしていた縁でAC部と友人になり、今ではTwitter上で話題のアヒル口のまつゆう*が歌を入れるというではないか。「おー、こいつはなんだかすごそう」と思いながら見た「キッスはまだはやいわ」は、やっぱり想像の斜め上をぶっ飛ぶできだった。

まず、「アーン」の声から始まるアイドル歌謡曲のパロディのような、リズミカルな曲が始まる。歌詞の内容は、主人公の女子高生に彼氏がいるが、私達まだキッスははやいわ! やめて! でも、興味ありまくり! といったもの。その曲に合わせてエプロンをかけた女の子がキッチンで踊りながらイチゴのショート・ケーキを作っていく。そして、歌詞が乙女書体でバックを飛び交ったりするなどの数々のエフェクト。これだけだとただ軽くふざけてるだけだが、AC部の作品はこれをベースに奇天烈な表現でいくつものニュアンスを重ねてくる。

まず、一つ目が女の子の顔だ。基本的に映像の素材は実写だが、女の子の顔だけ中途半端にリアルな絵が使われてる。しかも、デジタル処理で目や鼻の各パーツが福笑のように貼り付けられていて、顔のパーツが微妙にゆらゆら動く。それがなんとも言えず不細工で、イラつくようなおもろいような表情を生み出すのだ。そして、ふたつ目が女の子の踊り。おそらく実際に動いているものを加工しているのだろうが、実際より少しはやめの動きで変にせかせかしていて、これまた心にひっかかる。三つ目が曲の歌い方。これが徹底して棒歌いなのだ。語りの部分さえ、棒読み。それで「じゅっぱじゅぱぱぱじゅんじゅん純情〜」と歌ったり、「イヤーン。キスだなんてはしたないわ。わたしを恋の奴隷にするつもりね」と語るので、へなへなと力が抜ける。これらの要素が積み重なって、映像に複雑なニュアンスを与えている。

つまり、思春期的なエロスの世界をベースに、これらのイラつき、おもろさ、脱力が色んな角度からなって視聴者を包んで前代未聞のキュートなバッド・トリップ感覚を生む、といった非常に変な作品に仕上がっている。相当熟練を重ねたであろうデジタルの映像技術を駆使して、ここまでそれを感じさせずに、人間の身体や感情の微妙さを表現した作品もないだろう。こんなことをするのはAC部だけだ。そして、そんな唯一無二の世界を君にもぜひ見て欲しい。ほれ早く。(text by 滝沢時朗)

PROFILE

AC部

1999 年頃に結成されたCGアニメーション制作チーム「AC部」は、多摩美術大学在学時に制作した「ユーロボーイズ」がNHKデジタル・スタジアム年間グランプリ を受賞したのをきっかけに本格的に活動を開始した。暑苦しいリアルなイラストレーションをベースとする、濃厚でハイ・テンションなビジュアルを様々な媒体に 植え付け、人々の固定観念を破壊し、そして新しい視聴覚体験をもたらすことを目指している。代表作に、デジスタ・アウォード年間グランプリ受賞の「ユーロボーイズ」、テレビ朝日SmaSTATION「スマアニメ/カッコいい男たち扁」、 NHK みんなのうた「哲学するマントヒヒ」、伊武雅刀公式HP、東京オンリーピック「和卓球」などがある。また現在、ニコニコ動画で賛否両論沸騰中のショート・ムービー「海女ゾネス」を完成へ向けて全力で制作中!

【代表作】
ユーロボーイズ(NHKデジタル・スタジアム デジスタ・アウォード2000 グランプリ)
テレビ朝日SmaSTATION「スマアニメ/カッコいい男たち扁」
NHK みんなのうた「哲学するマントヒヒ」
PV「ザマギ/マジカルDEATH」(Music Video Awards '05ノミネート)
伊武雅刀公式HP
フジテレビ SMAP×SMAPブリッジ映像
NHK 星新一ショート・ショート「プレゼント」
NHK教育「○○の国の王子様」
東京オンリーピック「和卓球」
NHK ビット・ワールド「アホちゃいまんねんビットやねん おもしろランキング2」

【エキシビジョン歴】
Digital Art Festival 2003 グループ展@東京・パナソニック・センター(2003年8月)
モーショングラフィックス7展 グループ展@東京・銀座クリエイション・ギャラリーG8(2006年1月 )
DEBLI DEBUT PROJECT Enjoy! Recycle & Re-create グループ展@東京・ルデコ・ギャラリー(2007年4月)
13 FRAMES グループ展@東京・銀座クリエイション・ギャラリーG8(2009年9月)

【受賞歴】
NHKデジタル・スタジアム デジスタ・アウォード2000グランプリ(ユーロボーイズ / 監督)
ADFEST2009グランプリ(白泉社 月刊LaLa TV-CM / アニメーション部分担当)
cinema digital seoul 2009_film festivalグリーン・カメレオン賞&ムーヴィー・コラージュ賞(東京オンリーピック / アニメーション部分担当)

まつゆう*
東京生まれ渋谷育ち。15歳より雑誌『プチセブン』のモデルとして活動を開始。50本を越えるCFや企業スチールに松丸祐子として出演、またアート・ユニット「chelucy」のまつゆう*として様々な分野で活躍。ブログ・サービス『ヤプログ!』のプロデューサーを務めるほか、webデザイン、映像制作、コスメのプロダクト・デザイン、独自のセンスでのスタイリングやメイクまで幅広く手がける。公式ブログでは自身でセレクトした「かわいいもの」を発信し、紹介した商品が完売する、複数のメディアで掲載されるなど、影響力の高いブロガーとして10代〜30代の女性から圧倒的な支持を集めている。2008年7月、米wired.comの特集「日本のセレブ・ブロガー11名(Japan's Hottest Celebrity Bloggers)」に選出。Twitterでは20万人を超えるフォロワーを集め、インターネット時代のタレントとして活動中。2010年4月には「ツイッターで人気爆発! みんな大好きアヒル口」(マガジンハウス)が刊行。

ついハマってしまう映像世界

作曲家・とくさしけんご、初のフル・アルバム『華麗なるホリデーの世界』より、ミュージック・ビデオをピック・アップ。岩城浩司、タナカカツキ、徳差えり、ヨシマルシン、前田裕次郎、甲田周平や菅原そうた等の映像クリエイターが、時には真面目に、時にはファニーに、それぞれの世界を見事に描き出しています!

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

【REVIEW】JJJ、驚くべき進化の先へ、ノイジーでありポップ、2ndアルバムをリリース
[CLOSEUP]・2017年02月23日・【REVIEW】ノイジーでありポップ、驚くべきスピードで進化を遂げたヒップホップ・サウンド——JJJ、2ndアルバム その存在は、Fla$hBackS、ソロとして作品の評価はもとより、その客演やトラックメイクのクレジットのリストを見るだけでもシーンのなかでもはや欠かせない才能であることがわかる。ここに、JJJの2ndソロ『HIKARI』が届いた。自身のトラックメイク、ラップを中心に、国内外で話題となった韓国のラッパー、Ugly Duck、Reddyのふたり、さらに国内勢では5lack、同郷川崎のSTICKY、MONJU/DOWN NORTH CAMPの仙人掌、KANDYTOWN / BCDMGのラッパーYOUNG JUJUなどのラッパーをフィーチャー。そしてFebbとKID FRESINOをフィーチャーしたFla$hBackS名義の楽曲も。またENDRUN、Aru-2、STUTSといったトラックメイカーも参加。まさに2017年の国産ヒップホップの重要作の1枚と言えるだろう。OTOTOYでは本作を配信、二木信のレヴューで紹介しよう。 JJJ / HIKARI'【Track List】01. BABE feat
BELLRING少女ハート、赤坂BLITZ単独公演〈BABEL〉ライヴ音源を独占ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年02月24日・東京最狂ーーBELLRING少女ハート最後の赤坂BLITZ単独公演をハイレゾ配信 BELLRING少女ハートが2016年いっぱいで活動休止した。そこから朝倉みずほ、柳沢あやの、甘楽の3名が卒業、有坂玲菜に改名した仮眠玲菜とカイに新メンバーを3名加え、There There Theresにグループ名を変更し2017年2月にスタートを切った。幅広い音楽性と黒い羽をつけたセーラー服でステージを駆け回るパフォーマンスで東京最狂の名を欲しいままにした、そんなベルハーが2016年12月22、東京・赤坂BLITZで開催したワンマン・ライヴ〈BABEL〉のライヴ音源をOTOTOYにて独占ハイレゾ配信する。3月1日にはThere There Theresの初音源の配信、ディレクターの田中紘治、コレオグラファーのYUKOとの対談記事も掲載予定。2017年以降も彼女たちから目を離すことはできなそうだ!! ベルハー、赤坂BLITZでのワンマンライヴをハイレゾ配信BELLRING少女ハート / 「BABEL」at AKASAKA BLITZ'【配信形態】 FLAC、ALAC、WAV(24bit/48kHz)【配信価格】まとめ価格
by 西澤 裕郎
どついたるねん、9作目のアルバム『COLOR LIFE』をリリース&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年02月15日・どついたるねん、一本糞あり!!ーー僕たちはロックンローラーとしてのスタート地点に立つことを許された 6008曲入りのアルバムをリリースしたり、AVメーカーHMJMとタッグを組んだ映画を公開するなど、常に話題を振りまき続けるバンド“どついたるねん”。昨年は47都道府県をまわる全国ツアーを約2ヶ月間で達成、ファイナルのリキッドルームは満員の中ライヴを行いました。そんな彼らが通算9作目のアルバム『COLOR LIFE』をリリース。タワーレコード限定発売のシングル曲「緊張の糸」、新たな彼らの代表曲「わたちゃん2」などを含む全11曲を収録。同作発売とともに全国ツアー〈彦龍〉を開催、ファイナルにバンド最大規模の赤坂BLITZワンマンも発表した、どついたるねんの現在を見逃さないよう!! 通算9作目のフル・アルバムを配信スタートどついたるねん / COLOR LIFE'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 216円(税込) まとめ価格 1,944円(税込)【Track List】1. Hello never mind2. Human 3. ミッドナイト デジャヴ4. freedom5. 緊
by 西澤 裕郎
24組のアイドルが名古屋に集結! 年に一度開催の「東海アイドル万博2017」 PHOTO REPORT
[CLOSEUP]・2017年02月17日・【PHOTO REPORT】24組のアイドルが名古屋に集結! 「東海アイドル万博2017」 関東・東海地方のアイドル・イベント制作会社、アイドル侍が主催する、年に一度行われているアイドル・イベント「東海アイドル万博2017」が2017年2月11日に愛知県名古屋市のダイアモンドホールにて開催された。 メジャーからインディーズまで、全24組のアイドルが名古屋に集合。その中からピックアップしたアイドル達のライヴの模様を写真で紹介する。 イベント名 : 東海アイドル万博2017日程 : 2017年2月11日(土)会場 : DIAMOND HALL出演 : 虹のコンキスタドール(東京)、マジカルパンチライン(東京)、天晴れ!原宿(東京)、Pimm's(東京)、強がりセンセーション(東京)、POP UP(大阪)、ICE CREAM SUICIDE(東京)、PREDIANNA(愛知)、*ココロモヨヲ*(愛知)、オレンジみるふぃ~ゆ(山口)、全力少女R(東京)、MilkShake(長崎) 、煌めき☆アンフォレント(三重)、ゆるめるモ!(東京)、P.IDL(東京)、Star☆T(愛知)、てのひらえる(兵庫)、ナト☆カン
2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表
[CLOSEUP]・2017年02月10日・【ツアー・ファイナル開催間近!】PAELLASがリミックス・コンテストの結果を発表 昨年末にリリースされたPAELLASの『Pressure』。現在の空気にドンピシャなインディR&Bのサウンドを携えたモダンなバンド・サウンドで話題を集めている。このアルバムのリリースに際して、OTOTOYではリミックス・コンテストを開催しました。制作期間は、ほぼ1ヶ月程度とかなりタイトな日程のなかでたくさんのご応募ありがとうございました! ということで本ページにて優秀作品を発表させていただきます。またこの優秀作品は後ほどOTOTOYでも配信予定です。そして『Pressure』のリリース・ツアーのファイナルも2月13日(月)に渋谷Club Asiaで開催。アルバム制作を終えてさまざまな面で変化を迎えた彼らのライヴもぜひとも! 2月13日(月)、アルバム『Pressure』リリース・ツアー・フィナル開催PAELLAS "Pressure" Release Tour Final2月13日(月)@渋谷 Club AsiaOPEN 19:00 / START 19:30LIVE : PAELLAS、ヤシの木フラミンゴVJ : chao
by 河村 祐介
7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年02月10日・【2ヶ月連続特集】7人組ロックンロール・バンドーーTHE 夏の魔物、スタジオ潜入レポート&インタヴュー 2017年1月6日、ロック・フェス〈夏の魔物〉の主催者・成田大致によって結成された7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物。3月15日リリース予定の1stシングルより浅野尚志作曲、只野菜摘作詞による「僕と君のロックンロール」を現在無料先行配信中だ。同楽曲は2月16日に新代田FEVERで開催されるワンマン・ライヴ〈THE 夏の魔物登場!!! TOUR特別編~麻宮みずほ20才おめでとう歓迎会スペシャル~〉にて初披露される。ギターに越川和磨と林宏敏(ex.踊ってばかりの国)、キーボードにハジメタル、ベースにえらめぐみ(theMADRAS、股下89)、ドラムにBOBOが参加し行われる同ワンマンのリハーサルに潜入、レポートとインタヴューを掲載。2ヶ月連続でTHE 夏の魔物をフィーチャーする。 1stシングルより期間限定フリー・ダウンロード中THE 夏の魔物 / 僕と君のロックンロール'【配信形態】''mp3 【配信価格】0円新世代ロックンロール・アンセム!! 21世紀の『リンダリンダ』がここにある! 3月1
by 岡本 貴之
水曜日のカンパネラ、メジャー1stアルバム『SUPERMAN』をハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年02月08日・【REVIEW】水曜日のカンパネラ、待望のメジャー1stアルバム『SUPERMAN』をハイレゾ配信中 水曜日のカンパネラのメジャー1stアルバム『SUPERMAN』をハイレゾ配信スタート。全曲ケンモチヒデフミによる作詞・作曲による本作は、2016年11月にリリースされたシングル『SUPERKID』より「アラジン」、「カメハメハ大王」を含む全10曲入り。2017年3月8日(水)には日本武道館でワンマン・ライヴを行うことも発表し、さらなる水曜日のカンパネラ旋風が吹き荒れること間違いなし。OTOTOYでは過去作もすべてハイレゾ配信中。この機会にあわせて揃えてみてはいかがでしょう? メジャー1stフル・アルバムをハイレゾ配信水曜日のカンパネラ / SUPERMAN'【配信形態 / 価格】24bit/96kHz(WAV / ALAC / FLAC)まとめ購入のみ 3,859円(税込)>>ハイレゾとは?【Track List】''1. アラジン2. 坂本龍馬3. 一休さん4. オニャンコポン5. チンギス・ハン6. チャップリン7. オードリー8. カメハメハ大王9. 世阿弥10. アマノウズメ REVIEW : 水
by 西澤 裕郎
特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド
[CLOSEUP]・2017年02月03日・特集 : 選ばれたグルーヴ──この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド ここ数年の、この国のインディ・ロックのシーンにインディR&Bやネオ・ソウル、現代ジャズといった音楽のグルーヴを援用したバンドたちが人気を集めている。本特集では、「選ばれたグルーヴ」と題して、現在OTOTOYでは配信中で、こうしたサウンドへと接続する音源を紹介するとともに、『Jazz The New Chapter』監修者 / ライターの柳樂光隆と、OTOTOYプロデューサー、高橋健太郎のふたりの識者の対談なども交えてお届けしよう。また、ここで、こうした流れの注目のバンドで昨年リリースされ話題を呼んだ、WONKの『Sphere』も配信開始する。文・選盤・構成 : 河村祐介 イントロ──選ばれたグルーヴ 2015年から、そして2016年にかけて、この国のインディ・ロック・シーンのサウンド面で新たにキーワードとして出てきたのは、インディR&B、ロバート・グラスパー以降の現代ジャズやアシッド・ジャズ……ざっくりと言ってこういったものだろう。こうした見方で言えば、さきほどリリースされたSuchmosのアルバム『THE KIDS』は、そう
by 河村 祐介
筆者について
滝沢 時朗 (滝沢 時朗)

1982年東京生まれ。twitter ID:@sarigenaginger

同じ筆者による他の記事