OTOTOYが大推薦するハンサムは彼だ!

東京を代表するテクノ歌手・テクマ!が、ベスト・アルバム『ベスト盤をリリースしたハンサムは私だ。』をリリース。このベスト・アルバムは、音質はもちろん高音質のHQD。まとめ購入特典として、歌詞画像をプレゼント。まずは、1週間フリー・ダウンロードの代表曲「My Sex & Your Sex」を聴いてみてください。そして、ototoyの人気コーナー『ゆーきゃんからのてがみ』のスペシャル・バージョンでは、テクマ!ゆーきゃんのロング・インタビューが掲載。さらにさらに、公開インタビュー番組「ゆるストリーム」へのゲスト出演(生ライブ有り)も決定しました。今、ototoyでもっともハンサムなアーティストは、テクマ!でしょ。


作詞、作曲、トラックメイク、音源のエンジニアリングまでを自ら手掛けるテクノ歌手・テクマ! が、ベスト・アルバム『ベスト盤をリリースしたハンサムは私だ。』をリリース! 本作は、これまで彼がリリースしてきた作品の中から選出された全12曲を、新たに録音して収めたもの。ライヴでの定番曲はもちろんのこと、この一枚でテクマ!の魅力を追える仕上がりになっています。ototoyでは、高音質HQD(24bit/48khzのWAVファイル)とmp3で販売します。さらに、アルバムをご購入頂いた方には、歌詞付きウェブ・ブックレットをプレゼント。ハンサムが奏でるテクノ歌謡の世界をとくとご覧あれ!

ベスト盤をリリースしたハンサムは私だ。 / テクマ!
1.My Sex & Your Sex / 2.ジェニー / 3.ないないない / 4.淋しい気持ちを無くす薬 / 5.兄弟 / 6.以心電信 / 7.大人の恋とか・・・ / 8.月の光の下の恋人たち / 9.さくらの花の咲くころに / 10.貴女が美しく在る為に、僕は素敵で在り続けよう! / 11.アヴァンチュールで行こうよ! / 12.Have A Nice Life

テクマ!「My Sex & Your Sex」フリー・ダウンロードはこちら(期間 : 5/20〜5/27)

ゆーきゃんからのてがみ SPECIAL for テクマ!

シンガー・ソング・ライターのゆーきゃんが、国内外を問わずリスペクトしているミュージシャンにてがみを書くコーナー『ゆーきゃんからのてがみ』。今回はなんと、特大号でお送りします! 作詞、作曲、トラックメイク、音源のエンジニアリングまでを自ら手掛けるテクノ歌手、テクマ!をお相手に、往復書簡形式で何度もやりとりを繰り返し、徹底的に彼の音楽に対する姿勢や考えをききました。さらに、テクマ! の世界観を創り出すのに欠かせないのが、インパクトのあるアート・ワーク。「てがみ」内では、歴代のフライヤーを一挙公開しています! ベスト・アルバム『ベスト盤をリリースしたハンサムは私だ。』と併せて、お楽しみください。

message from youcan

自宅のスタジオ「テクノポップ研究所」を根城に作詞、作曲、トラックメイク、音源のエンジニアリングまで、一切を自ら手掛ける「テクノ歌手」テクマ!。「異彩」という単語は、このひとのためにあるのかもしれない。1996年のデビューから今に至るまで、孤高ともいうべき活動を続けてきた彼がベスト・アルバムをリリースするというので、便りを書いてみた。今回は往復書簡形式。なんどもやり取りをするなかで、尋ねてみたかったことの一つ一つが繋がりを持って行くのが分かって、とても面白かった。いつもより長くなってしまったので、もし一度に読み切る時間のないかたは、一往復ごとに栞をはさみながら、読んでみてほしい。四日かけてのやり取り、四日かけてなぞってゆくのも楽しいかもしれない。→テクマ!×ゆーきゃんのてがみの続きはこちらから

※本のようなレイアウトで楽しめる、”BCCKS”というウェブ・マガジンでご覧頂けます。

<script type="text/javascript" src="http://bccks.jp/bcck/23128/376335/widget">
続きはこちら

ゆーきゃんからのてがみのBACK NUMBER

ゆーきゃんからのてがみは、BCCKSと言うウェブ・マガジンで行われている京都の歌うたいゆーきゃんの連載企画です。様々なアーティストに、てがみ形式で質問をぶつけています。

#10 oono yuuki

#9 未知瑠

#8 enami Taisuke

#7 オオクボ-T

#6 キツネの嫁入り

#5 Akron/family

#4 Qurage

#3 and Young...

#2 Mirah

#1 とうめいロボ

NEWS! 本日21時より、テクマ! 公開インタビュー開催

本日21時より、ototoyがお送りする公開インタビュー番組「ゆるstream」にテクマ! が出演します!『ベスト盤をリリースしたハンサムは私だ。』の話を伺いつつ、生ライブまで披露して頂きます。インタビュアーはみなさんです。様々な質問をご用意してお待ちください!

□放送URL : http://ustre.am/dFWK

□注意事項:
※誹謗中傷や趣旨にそわない質問はお断りします。
※ハッシュタグは「#yurust」です。

「ゆるstream」とは
ototoyがお送りする公開インタビュー番組、その名も「ゆるstream」! 毎回異なるゲストを「バーかみさご」にお招きしておもてなし! みなさんからの質問を肴に、音楽の真剣話からくだらない話まで、振れ幅大きくゆるーくお送りする番組です。インタビュアーはパソコンの前のみなさん。様々な質問を、USTREAMのコメント欄にお書きください!! お酒と肴も忘れずに〜。

テクマ! PROFILE

自宅のスタジオ「テクノポップ研究所」を拠点に、作詞、作曲、トラックメイク、音源のエンジニアリングまでを自ら手掛けるテクノ歌手。1992年、ソフト・バレエのコピー・バンドMedia Bahnのヴォーカリストとして水戸ライトハウスを中心にライヴ活動を始める。1996年、「自分がヴォーカリストであり、また自分の求めるサウンドを自分で創ることが出来る」ことに気付き、バック・トラックを収めたDATと歌だけのスタイルである、テクマ! としてのライヴ活動を、高円寺20000Vを中心として開始する。2010年5月、12曲入りの新録ベスト・アルバム『ベスト盤をリリースしたハンサムは私だ。』をリリース。毎月第4水曜日に原宿UCESSにてトーク・ショーを開催中。

テクマ! official website

  • 『ベスト盤をリリースしたハンサムは私だ。』リリース・パーティー
2010年6月6日(日)@下北沢 BASEMENTBAR
開場 / 開演 : 18:30 / 19:00
料金 : / Adv \2,000 / Door \2,500(+1Drink)
LIVE : レコライド / チミドロ / テクマ! feat. サカモト教授 & FQTQ
DJ : UG(ギターウルフ)
Opening Act : 東京じゃぱん(JAPANコピー・バンド)

o

 
 

"youcan::youcan"の最新アーカイヴ

Mirah『(A)Spera』について/ゆーきゃんからの手紙
[YOUCAN]・2009年03月17日・ ミラーへ お手紙できてうれしいです。2005年に、あなたがタラ・ジェーン・オニールとトクマルシューゴと一緒にツアーで京都へいらっしゃったとき、ぼくも共演させていただきました。あなたのライブをすごく素敵だと思ったのですが、そのときは(どうしたわけか)すこし気恥ずかしくて、お話したいこともあったのに、できずじまいでした。今日あなたにお伺いするのは、ひとりのリスナーとして、そして別の国に住んで、別の言葉をつかって、しかも同じように「うた」を歌っているものとして、ぜひ聞いてみたいと思っていることです。 どうぞよろしくおねがいします。 ゆーきゃん THE RESPONSES —いつだったか、あなたがジャズ・バンドのシンガーだったと聞いたことがあります。ミラーの魅力のひとつには、古きよきアメリカン・ミュージックの要素と、ロウでミニマルな、現代のオルタナティブ・ミュージックを象徴するようなソング・ライティングの手法が同居していることがあると思うのですが、最近の2枚のアルバム(『(A)Spera』と『C’mon Mracle』)で、あなたの世界がぐっと広がってきたような気がします。トラッド、アフリカン、中南米の
by 結城 知亮
とうめいロボ(ゆーきゃんからの手紙)
[YOUCAN]・2009年03月06日・ はじめに書いておく。今回のメール・インタビューはとても長いが、あえてほぼ全文を掲載したいと思う。recommuniからたとえ怒られようと、読者のみなさんの目が痛くなっても、だ。 僕が、とうめいロボに話してくれとせがんだのだし、なによりも彼女のことばは、ひと綴りのビーズのように連なっていて、ひとつでも外そうとすればすぐにばらばらになってしまいそうだ。だから、お願いがある。もしこの記事を読むのに疲れたら、途中で放りだしても構わない。でも、そのあいだ『とうめいなじかん』を聴いてほしい。とうめいロボがいったことばを時折思い出しながら...聴き終わった後に、まだ続きが気になるようだったら、さっきのところから読み進めればいい。手紙なんて、そういうものだ。質問&文 : ゆーきゃん LETTER ちひろさん こんにちは。アルバム発売おめでとうございます。 『とうめいなじかん』、いつも聴かせていただいています。とうめいロボのうたが流れると、ほんとうに時間が透き通っていく気がします。さて今日は、いくつかちひろさんにお話して欲しいことがあってメールしました。 つね日頃「うた」それ自身には「呼吸」があると思っているのですが、アルバ
by 結城 知亮
長谷川健一、待望のフル・アルバム『震える牙、震える水』発売記念 ゆーきゃんからのてがみ
[YOUCAN]・2010年06月17日・ 京都にて歌いはじめ、現在は主に東京で活動している富山出身のシンガー・ソング・ライター、ゆーきゃん。『ゆーきゃんからのてがみ』は、彼が国内外を問わずリスペクトしているミュージシャンにてがみを書くコーナーです。丁寧に綴られたお互いのやりとりを、本のようなレイアウトで楽しめる、”BCCKS”というウェブ・マガジンにまとめました。今回のお相手は、同じ京都出身のシンガー・ソング・ライター、ハセケンこと長谷川健一。リリースされたばかりの待望のフル・アルバム『震える牙、震える水』とあわせてお楽しみください! 震える牙、震える水 / 長谷川健一1.何処かへ / 2.絶景 / 3.空の色 / 4.ユリイカ / 5.極北の食卓 / 6.alllight / 7.青春 / 8.震える牙、震える水 / 9.白日 / 10.ふたり / 11.夜明け前歌が純粋に歌として響くことの素晴らしさを思い起こしてくれるシンガー・ソング・ライター、長谷川健一。本作は山本達久・石橋英子・船戸博史という素晴らしい音楽家たちと共に作り上げられた待望のフル・アルバムだ。繊細で冷たい穏やかな光が暖かく震えながら降り注ぐ誰にも真似できないハセケンの世界。そ
by 結城 知亮
テクマ! ベスト・アルバム『ベスト盤をリリースしたハンサムは私だ。』発売記念 ゆーきゃんからのてがみスペシャル
[YOUCAN]・2010年05月19日・ OTOTOYが大推薦するハンサムは彼だ! 東京を代表するテクノ歌手・テクマ!が、ベスト・アルバム『ベスト盤をリリースしたハンサムは私だ。』をリリース。このベスト・アルバムは、音質はもちろん高音質のHQD。まとめ購入特典として、歌詞画像をプレゼント。まずは、1週間フリー・ダウンロードの代表曲「My Sex & Your Sex」を聴いてみてください。そして、ototoyの人気コーナー『ゆーきゃんからのてがみ』のスペシャル・バージョンでは、テクマ! とゆーきゃんのロング・インタビューが掲載。さらにさらに、公開インタビュー番組「ゆるストリーム」へのゲスト出演(生ライブ有り)も決定しました。今、ototoyでもっともハンサムなアーティストは、テクマ!でしょ。 作詞、作曲、トラックメイク、音源のエンジニアリングまでを自ら手掛けるテクノ歌手・テクマ! が、ベスト・アルバム『ベスト盤をリリースしたハンサムは私だ。』をリリース! 本作は、これまで彼がリリースしてきた作品の中から選出された全12曲を、新たに録音して収めたもの。ライヴでの定番曲はもちろんのこと、この一枚でテクマ!の魅力を追える仕上がりになっています。otot
by 結城 知亮
ゆーきゃんからのてがみ to enami Taisuke
[YOUCAN]・2010年01月17日・ 京都にて歌いはじめ、現在は主に東京で活動している富山出身のシンガー・ソング・ライター、ゆーきゃん。『ゆーきゃんからのてがみ』は、彼が国内外を問わずリスペクトしているミュージシャンにてがみを書くコーナーです。丁寧に綴られたお互いのやりとりを、本のようなレイアウトで楽しめる、”BCCKS”というウェブ・マガジンにまとめました。今回の相手は、フィールド・レコーディングされた音にキーボードやピアノが絡み合う、明るく、開かれたアルバムをリリースしたenami Taisuke。AOKI takamasa、クラムボンやエマーソン北村等との共演・セッションを経てきた彼の音楽観に迫ります。 message from youcanenami Taisukeというひとが居る。京都で音楽を始めたころ、ずいぶんとお世話になった先輩ミュージシャンだ。いくつかのバンドを経て、先日ソロのアルバムをリリースされた。長らく彼の名前を聞いていなかったこともあり、OTOTOYから音源を渡されたときにはずいぶん出し抜けなように思えたのだが、この、旅の記憶さえも音楽に落とし込んでいる作品を聴いているうちに、分かった。エナミタイスケというひとは、ずっ
by 結城 知亮
ゆーきゃんからのてがみ to 穂高亜希子
[YOUCAN]・2011年09月09日・ 穂高亜希子『ひかるゆめ』発売記念! ゆーきゃん×穂高亜希子 対談 マヘル・シャラル・ハシュ・バズの2004年Yik YakからのアルバムFaux Departにベーシストとして参加し、その前後より弾き語りライヴ活動を始めたシンガー・ソングライターの穂高亜希子が、初のソロ・アルバム『ひかるゆめ』をリリース。一言一言ゆっくりと紡がれるように唄われる言葉が心の深部に感動を呼び起こします。今回、ゆーきゃんの連載コーナー「ゆーきゃんからのてがみ」にて、ゆーきゃんと穂高亜希子の往復書簡を実施。丁寧で真摯なやりとりから見えてくることばの数々とともに、彼女の音楽に潜むこころに迫ります。 穂高亜希子 / ひかるゆめ1.道 / 2.緑 / 3.こころ / 4.忘れるうた / 5.どんくまさん / 6.森 / 7.静かな空 / 8.昨日の歌 / 9.冬のう / 10.水 / 11.城 / 12.春風 / 13.夢のように / 14.いつか message from youcan 今度の手紙のあて先は、穂高亜希子さん。JOJO広重氏が見いだし、山本精一、大友良英といったビッグネームが絶賛する、うたうたい―でも、たとえそんな履
by 結城 知亮
ゆーきゃんからのてがみ SPECIAL【シグナレス×aie】
[]・2011年02月02日・ Wリリース記念企画! 往復書簡でシグナレスとaieを知る! シンガー・ソングライターゆーきゃんと、エレクトロ・ダブ・ユニットあらかじめ決められた恋人たちへの池永正二によるユニット、シグナレスが、ファースト・アルバム『NO SIGNAL』をリリース! これまで自主制作のCD-Rや12インチ・ヴァイナルのリリースはあったものの、結成以来初の正式音源となる本作。ふわりと浮かび上がり、空間や人に浸透していくダブとフォークの邂逅は、驚くほど踊れる、新たなダンス・ミュージックを生み出した! そしてもう一組、ハードコアの聖地として名高い千葉県・柏の重要バンドaie(アイエ)が、前作から2年ぶりとなる新作『hikarika』をドロップ。より強靭になったバンドのアンサンブルで、祝祭感と激情が同居する美しいメロディを色鮮やかに描き出している。 今回、ゆーきゃんの連載コーナー「ゆーきゃんからのてがみ」にて、シグナレス×aieの往復書簡を実施。ゆーきゃんとaieの中道孝治を中心に、バンドのこと、アルバムのこと、現在抱えているジレンマや野望などを、思うがままに語ってもらった。 シグナレス / NO SIGNALあらかじめ決められた
by 結城 知亮
ゆーきゃんからのてがみ to 森ゆに
[]・2011年06月22日・ 森ゆに『夜をくぐる』発売記念! ゆーきゃん×森ゆに対談 アコースティック・バンド、ビンジョウバカネのボーカルとしてデビュー。その後はAPOGEEのサポート・キーボーディストとして活動し、2008年よりソロ活動をスタートさせた森ゆにのセカンド・アルバム『夜をくぐる』が完成。今回、同じくSSWのゆーきゃんの連載コーナー「ゆーきゃんからのてがみ」にて、ゆーきゃんと森ゆにの往復書簡を実施。普段から交流のあるふたりが、あらためて向かい合った、丁寧で真摯なやりとり。そこから見えてくる森ゆにという音楽家は、一体どんな人なのでしょうか。 森ゆに / 夜をくぐるミュージシャン界隈でいま話題のピアニスト/SSW、森ゆにのセカンド・アルバム。ピアノと歌だけでとにかくシンプルに作られた今作は「大切な記憶を呼び覚ます、8つのフラグメント。」原風景、原体験を想起させる、時代にとらわれない彼女の歌は、高い評価を得ています。 message from youcan 今回の手紙は、シンガー・ソングライターの「森ゆに」へ宛てた。じつは彼女との付き合いは3年ほど前にさかのぼり、ときどき鍵盤でサポートをしてもらったり、一緒にツアーに出たり、な
by 結城 知亮