ユアソン印の最高グルーヴ拡張中! ──JxJxに新作『Extended』インタヴュー!

ついにユアソンの新作が出る! 前作『OUT』から約3年半ぶりとなる新作フル・アルバム『Extended』を配信中! この快作を聴かないという選択肢はない! オトトイではリリースを記念して、サイトウ “JxJx” ジュンへのインタヴューを掲載。この『Extended』をつくりあげる苦悩や、今作に対する思いを語ってくれた。

前作『OUT』ではいままでのYOUR SONG IS GOODのイメージを刷新させることに成功した彼らだが、ダンスミュージックへの傾倒はまだまだ止まらない。今回リリースされる『Extended』では、さらに洗練された音楽を鳴らし、聴けば聴くほど気持ちいい! そんなアルバムになっている。結成20周年を目前に控えるユアソンの進化は止まらない!

約3年半ぶりとなるフル・アルバム


YOUR SONG IS GOOD / Extended

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 257円(税込) / アルバム 1,697円(税込)

【収録曲】
1. Cruise
2. New Dub
3. Mood Mood
4. Double Sider
5. Palm Tree
6. On
7. Waves


YOUR SONG IS GOOD/Double Sider


INTERVIEW : サイトウ “JxJx” ジュン(YOUR SONG IS GOOD)

僕たちのユアソンが帰ってきた! 『Extended』は、前作の『OUT』から約3年半ぶりのリリースとなる待望のフル・アルバムにして、全曲インストにこだわった究極の1枚。「ちょっと、待たせ過ぎですよ!」と思いつつ、音源を聴いてみたらやっぱり良い。どうして、リリースにそこまでの時間が空いてしまったのか事情を聞くと、そこにはサイトウ “JxJx” ジュンの苦悩と挫折があった。

なぜYOUR SONG IS GOODはダンスミュージックにこだわるのか? 『Extended』を聴く前に、このインタビューを読んでもらえれば作品の旨味をもっと感じてもらえるハズだ。

インタヴュー&文 : 真貝聡
写真 : 作永裕範

「自分なりに気持ちよさを追求してみよう」って

サイトウ “JxJx” ジュン

──前作の『OUT』をリリースして、どのような手応えを感じました?

サイトウ “JxJx” ジュン(以下、JxJx) : 当時、バンドを結成して15年以上が経っていたんですけど「このバンドでも、まだ新しいことをやれそうだな」と思えたのが大きな手応えですかね。実際に『OUT』は、僕がダンスミュージックの面白さにどんどんハマっていくきっかけとなったアルバムなんですよ。

──周りからの反響はどうでしたか?

JxJx : 友達とか、レーベルメイトのみんなが「YOUR SONG IS GOODが新しいフェーズへ入った」みたいにおもしろがってくれて、嬉しかったですね。


YOUR SONG IS GOOD/『OUT』OFFICIAL ALBUM TRAILER

──『OUT』の後、『Extended』をリリースするまでに約3年半の期間が空いたのはどうして?

JxJx : 手応えの話がありましたけど、『OUT』を作ったことで何か掴めたなと思ったんですが……実は全然掴めてなかったんですよね(笑)。

──どういうことですか?

JxJx : 個人的に『OUT』ってアルバム自体はとても気に入ってるし、ダンスミュージックに傾倒していく中で、あの作品はバンド的な面白さが物凄く入っているんですけど、ダンスミュージックのフォーマットに置き換えたら凄く情報量が多いなと思ったんです。それを踏まえて、次のアルバムは「もう少しシンプルにできないかな」と考えました。で、情報量が多い中で、「どの部分を残すべきなのか俺は……」みたいな悩みが目の前に生まれてしまいまして。結構、ここ3年半の間は新曲を作っては引っ込めてを繰り返して、ずっと悩んでましたね。

──「情報量が多い」という課題をどう解決したのでしょう?

JxJx : 『OUT』はアンサンブルとしての展開が多かったので、もうちょっと無くそうとか、各楽器の手数をもっと減らしてみようとか…… そういったところですかね。でも、そういうガチャガチャした部分にバンドの面白みがあることを知ってるから、意外と削るのって勇気がいるんですよ。「本当にこの音を減らして良いものか」、「ライブをやっておもしろいのかな」って疑問に思いまして。それで試してみては「なんか違うな」って、ずっとその繰り返し。

──制作意欲はあったけど、どうやって形にすれば良いかを見つけるのに時間が掛かったわけですね。

JxJx : そうです。「コレだ!」っていう、とっかかりとなるような曲を作るまでに、だいぶ試行錯誤しましたね。

──とっかかりとなった曲はなんですか?

JxJx : アルバムの最後に入っている「Waves」です。元々、僕らはパンク・ハードコアに物凄く影響を受けたところから始まっているので、はじめからテンションの打点が高かったんです。『OUT』でだいぶ下げたつもりだったんですけど、まだまだ下げられる余地があるなと。それで、最初のとっかかりとして「Waves」をつくっていったんですけど、ちょうど良いテンションまで下げるという作業にかなり時間が掛かりました。

──なぜ、時間がかかったのでしょうか?

JxJx : ロックやポップスに限らず、ダンスミュージックも毎年いろんなスタイルの音楽が生まれている訳じゃないですか。で、そんな中でも「ずっと聴ける音楽はあるよな」って気付いたんです。それは何かなと考えた時、古びない要素として“気持ちよさ”という部分は大きいんじゃないかなと思いました。それで、「自分なりに気持ちよさを追求してみよう」と。で、そこまでの課題は頭で考えられたんですけど、結局“気持ちよさ”の答えは感覚でしかないんですよね。「ああ、この感じ良いなあ」と思えたり、「俺はこの雰囲気が好きなのか」って感じる音の原因を探したりするのが大変で、そこに時間がかかりました。

──なるほど。

JxJx : デモを作って繰り返し聴いていったんですけど、「俺は本当にこれを気持ち良いと思えるのか」っていう自問自答が生まれてしまったりして、最終的には自分と向き合う作業になりました。気持ちよさを求めるているのに、答えが見つからず苦しい…… みたいな凄くヤバイ感じになっちゃって。

小学生ぐらいから何も変わってないって気付いたんです

──それはバンドマンとして20年以上のキャリアを積んだからこそ、生まれた葛藤だったのでしょうか?

JxJx : そうですね。速くて燃える音楽が好きな自分も、もちろんいるわけですよ。それと同時に、ゆっくりした音楽が好きな自分もいるんじゃないかなって思ったりして。そっちは、これまで生きてきてあんまり探ってこなかったんですよね。今作はそういう意味で、初めて自分と対峙する新しい冒険みたいな感じでした。

それでわかったのは、音楽をつくる中で色々と取捨選択があるなってことで。こっちの道へ行くのか、あっちの道へ行くのかみたいな分岐点に立ったとき、自分の気持ち良いと思う経験値に沿って進んで行こうと思ったんです。そこで僕の感覚って、小学生ぐらいから何も変わってないって気付いたんですよ。44歳になるまで色々と経験して、自分は進化しているつもりだったのに…… アレ? って。「全然成長してないな」って思い知らされて、凄い落ち込みましたね(笑)。

──音楽を通して、自分の人生を見つめ直したんですね。

JxJx : はい(笑)。これまで、何をやってたのかな俺…… みたいな感じですね。「そもそも、音楽を作るのはこんなやり方だっけ」みたいになって。もう、笑いましたね。

──経験を積んで、表現する音楽の選択肢が増えたからこそ、生まれた苦悩ですか?

JxJx : それもあると思います。結局、音楽は何でも好きだったりはするので。気持ちよさをテーマに絞りこもうと思ったとき、これまでは自分自身とちゃんと向き合ってなかったんでしょうね。なんか、今回は向き合っちゃった(笑)。

──向き合っちゃったって(笑)。

JxJx : これぐらいのテンションで、そこまでヘヴィーな話ではないことにしておきます(笑)。

──JxJxさんが自分自身と向き合った末に見つけた、YOUR SONG IS GOODが提唱するダンスミュージックって何なのでしょうか?

JxJx : その質問は……、ムズイっすね(笑)。やっぱり、各々が勝手気ままに踊る、あるいは踊らないっていうことなのかなって思いますけどね。僕らはそれを提供する音楽の1つでしかないっていうか。究極なことを言ってしまえば、「楽しく過ごしてもらいたい」だけなんですよ。「この曲は振り付けが決まってるから、こうやって踊ってほしい」というものではないですね。勝手に帰ってもいいし、途中から入ってきてもいいしって感じです。

──改めて『Extended』は、どんなアルバムですか?

JxJx : ザックリとヌケのいいもの、そういったものを追求したアルバムかな、と。ダンスミュージックの面白いところは、説明的ではなくて、なんかミステリアスな余地があるんですよ。そこが聴いていて楽しいところですし、すごく影響を受けてます。例えば、気持ちいい言葉って比較的に説明的な表現が多いんですよね。単語として強いというか、その一言で全部描かれきってしまうような言葉が多くて、そういうことではないなと思ってて。

──なるほど。

JxJx : そこで、タイトルの『Extended』って、元の曲に対して引き伸ばしていくとか、拡張されたって意味で、よくダンスミュージックの12インチとかで使われている言葉なんですけど、その引き伸ばされた部分に余地だったり、今見えている景色以外のものまで広がっていくようなおもしろさがすごくあるなと思って名付けました。

──アルバムを制作する上で、ヒントになった音楽はありますか?

JxJx : 「On」という曲で顕著に表れているんですけど、ディスコRe-Editっていうスタイルがやっぱりおもしろいなと思っていて。あるフレーズをダンスしやすいように繰り返していくわけですよ。こういう音楽って元のフレーズから繰り返されることによって、新しいものに生まれ変わっていくおもしろさがあるじゃないですか。こういうスタイルは目新しいモノではないですが、やっぱりあの感じが良いなと思ってて。ポイントは「それを生演奏で普通に、当たり前のアレンジとしてサラっとやってみようかな」という感じで、つくりました。

YOUR SONG IS GOODの編成って変だな〜

──ちなみに来年で結成20周年を迎えますが、これまでの活動を振り返ってどうですか?

JxJx : いや~1つのバンドをこんなに続けるつもりはなかったですね。僕自身はあんまり長く続けることに重きは置いていないタイプの人間だなとは思っています。ただ、どうして、ここまで続けられたのか原因はなんとなく見えていて…… 多分1枚ごとにやることやスタイルを変えていて、同じ人と結成と解散を繰り返しているような感じでやっていたから、20年も続けてこれたんだと思います。

──たしかに、YOUR SONG IS GOODって作品ごとに変化し続けている類い稀なバンドですよね。

JxJx : そもそもバンドの成り立ちが変なんですよね。こういう音楽をやりたいと思って結成するときって、普通だったらそれに向けた編成をするじゃないですか。例えばスカのバンドだったらホーンセクションがいて、ギターと鍵盤がいて、ドラムとベースがいて、みたいなジャンルにあった編成ってあると思うんですけど。僕たちの場合は友達同志で集まったからとか、できる楽器がたまたまこんなだった、みたいなスタンスなんですよ。

今だって、曲をつくる時に「なんで、この編成なんだろう……」って悩むことありますから(笑)。「うわっ! 思った感じならないなー」ってことを20年続けちゃってるような感じがありますね。それを納得するところまで毎回作り上げている感じ。主観的に見ても、客観的に見て、「YOUR SONG IS GOODの編成って変だな~」っていつも思ってます(笑)。

──そんなYOUR SONG IS GOODを突き詰めていくと、どこに行き着くんでしょうか?

JxJx : うわ~難しいですね…… 強いて挙げるなら憧れのバンドはTHE SPECIALSかなあ。でも、これは地球上の何十万バンドが言う答えだと思います。そのうちの1つが僕達。

──未だにTHE SPECIALSが神格化されているのは、どうしてだと思います?

JxJx : 抜群にカッコイイからじゃないですか。音、スタイル、アティテュードのすべてがあそこにあるんですよね。バンドっていう形で言うところの最高の仕上がりだと思います。

──ちなみに特にお気に入りの作品ってありますか?

JxJx : 今日の気分で良いですか? 『The Special AKA Live!』に収録されてる「Guns of Navarone」。あれは最高のカバーですね。


The Specials/Guns of Navarone

──そういえば、所属されているカクバリズムが今年15周年を迎えますよね。改めてYOUR SONG IS GOODとの関係を教えてください。

JxJx : いまとなっては大人の関係でもあるんですけど、根本的なところは遊び友達かなと思ってますね。カクバリズムを立ち上げる時、角張渉に話していたのは「自分たちの居場所=遊び場を作ろう」という。友達だから、空気はゆるいんですけど、しっかり譲れないところがあるから15年も続いたんだと思います。もっと仕事仕事してくると、ちょっとダサくても良いかなって余地が出てくると思いますけど、友達からダサイと思われたくないじゃないですか。そんな関係性があって。それはバンド対レーベルもそうですし、横のレーベル・メイトとの繋がりでもそんなところはあるのかな。

──客観的に見て、カクバリズムに所属しているアーティストのカラーってどう見えてますか?

JxJx : それは完全に角張渉の好みですね。「キミは本当に、そういうバンドが好きだね~」って思って見てます(笑)。商業的というよりも、本当に気に入ったアーティストしか呼ばないので、そこが大事なんですよね。ある種、恋愛スタイルというか、そこがややこしいところでもありますけど。

──どういうことですか(笑)?

JxJx : 「俺よりも、他のバンドが好きなんじゃないか」って、ヤキモチがあるというか。「もっと、こっちを向いてほしい」みたいな(笑)。お互いが好きで惹かれあっているから。そこが唯一の欠点でしょうね。

配信中の過去作もチェック!

OUT / YOUR SONG IS GOOD

いままでのYOUR SONG IS GOODのイメージを大幅に更新した5thフル・アルバム『OUT』。トロピカルなルーツミュージックを大胆に解体し、それを彼らなりのダンスミュージックに昇華させた問題作!

この作品に関する特集ページはこちら

YOUR SONG IS GOOD / YOUR SONG IS GOOD

YOUR SONG IS GOODの名盤1stフル・アルバム、その名も『YOUR SONG IS GOOD』。ファーストならではの勢いと雑多感覚が溢れたの子作品はいま聴いてもやっぱりかっこいい! 現在のYOUR SONG IS GOODとは違ったかっこよさを提示しています。

LIVE SCHEDULE

〈6th ALBUM “Extended”Release ONEMAN TOUR〉
2017年5月20日(土)@愛知 名古屋CLUB QUATTRO
2017年5月28日(日)@宮城 仙台enn 2nd
2017年6月3日(土)@大阪 梅田Shangri-La
2017年6月11日(日)@福岡 Early Believers
2017年7月1日(土)@東京 渋谷WWWX

〈the band apart SMOOTH LIKE GREENSPIA〉
2017年5月13日(土)@大阪 服部緑地野外音楽堂
LIVE : YOUR SONG IS GOOD / the band apart / and more…

〈森、道、市場 2017〉
2017年5月14日(日)@愛知 蒲郡ラグーナビーチ / ラグナシア
LIVE : YOUR SONG IS GOOD / cero / and more…

〈GREENROOM FESTIVAL’17〉
2017.05.21 SUN @ 横浜赤レンガ地区野外特設会場
LIVE : YOUR SONG IS GOOD / cero / and more…

〈SOUL TIME IN TOKYO “OPENING PARTY”〉
2017年05月26(金)@TOKYO CULTUART by BEAMS
LIVE : JUN “JxJx” SAITO(YOUR SONG IS GOOD)+ VIDEOTAPEMUSIC(Special Session)
DJ : ALOHA GOT SOUL(from Hawaii) / DJ NOTOYA

〈SOUL TIME IN TOKYO “AFTER PARTY”〉
2017年5月26日(金)@三軒茶屋 a-bridge
DJ : JUN “JxJx” SAITO(YOUR SONG IS GOOD) / 髙城晶平(cero) / ALOHA GOT SOUL(from Hawaii) / HIROSHI KAWANABE(TOKYO No1 SOULSET) / DJ YAMA / DJ NOTOYA

〈何かにつけて打ち上がる会 〜YOUR SONG IS GOOD「Extended」レコ発ツアー金沢場所〜〉
2017年6月17日(土)@金沢 MANIER
LIVE : YOUR SONG IS GOOD / Hotel New Tokyo
DJ : サイトウ “JxJx” ジュン(YOUR SONG IS GOOD) × 今谷忠弘(Hotel New Tokyo) / 3SHINE(KAZ×TAMA) / よふかしレコード(eouzen × おばけのキーン) / 百万石ストアーズ(FUNKEY LEMONADE × mppn1800)

〈『Extended』レコ発&カクバリズム15周年キックオフイベント『NEW MEMORIAL HITS』〉
LIVE : YOUR SONG IS GOOD / cero

詳しいライヴ情報はこちらから

PROFILE

YOUR SONG IS GOOD

1998年東京で結成。カクバリズム所属。通称YSIG。サイトウ"JxJx"ジュン、ヨシザワ"MAURICE"マサトモ、シライシ"JICHO"コウジ、ハットリ"SHORTY"ヤスヒコ、タカダ"DAATAKA"ヒロユキ、タナカ"ZEERAY"レイジに、現在、サポートパーカッショニストの松井泉を加えた7人体制。
はじまりはパンク・ロック、今はあえて言うならダンス音楽を演奏するインストゥルメンタル・バンド。DIYなスタジオライヴから、ライヴハウス、クラブ、FUJIROCKグリーンステージ等の巨大野外ロックフェスまで、ジャンル、場所、雰囲気、メジャー / インディ、時間帯、問わず、定評のあるライブを展開中。
またオリジナル・アルバム、7インチ・シングル、コンピ等、これまでに数多くの作品を、様々なスタイルと対峙しながら生み出すも、2013年、これまでのイメージを大幅に更新した異常なるFRESH感搭載のニュー・アルバム、その名も『OUT』をドロップ。トロピカルなルーツミュージックを大胆に解体、ハウス / ディスコ / テクノ / ベース、また時にポストロック的、もしくはプリミティヴな感覚でもって再構築、オリジナルな生演奏ダンスミュージックへの昇華に成功。Being Borings, LORD ECHO(From NZ)、Force Of Natureと最高のリミキサー陣を迎えた『OUT』からのアナログ12inchシングル・リカット・シリーズ3タイトルをリリース。
9月には新曲とGonnoリミックスを搭載した最新12インチ『Waves』をリリース。約3年半ぶり6枚目となるニュー・アルバム『Extended』を2017年5月10日にリリースする。感度良好な音楽愛好家達からの賞賛を浴びつつ、只今、キャリア史上もっとも目が離せないGOD ONLY KNOWS状態で諸々進行中である。WAH! WAH! WAH! WAH! WAH! WAH! WAH!

アーティスト公式HPはこちら

o

 
 

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る
・2017年07月17日・ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る 〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。 ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Sun To Sola
by 河村 祐介
KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き
・2017年07月26日・KUNIYUKI TAKAHASHIのルーツにして、新たな側面をプレゼンする冒険的な新作──ハイレゾ独占配信 海外のハウス〜テクノ・シーンでも高い評価を受けるレーベル〈mule musiq〉。そのアーティスト・ラインナップは、現在でこそ海外シーンともシームレスなメンツが並ぶが、そのその設立当初から本レーベルを象徴するこの国のアーティストといえばこの人だろう。札幌のマエストロ、KUNIYUKI TAKAHASHI、その人だ。ジャズやソウルが豊かに溶け込んだディープ・ハウスを中心にしたこれまでの作品は、国内外で高い評価を受け続けている。そんな彼が、今回新作を発表するわけだが、そのサウンドはこれまでと趣向の違う質感を宿したものとなった。彼のルーツのひとつであるニューウェイヴやエレクトロニック・ボディ・ミュージック、インダストリアルといったサウンドを前面に出したプロジェクトとなっている。その名も「NEWWAVE PROJECT」。OTOTOYではこちらのハイレゾ独占配信をスタートする。サウンド・エンジニアとしての側面も持つ彼のそのサウンドの冒険をぜひともハイレゾで楽しんでいただきたい。 ハイレゾ独占配信KUNIYU
by 河村 祐介