ユアソン印の最高グルーヴ拡張中! ──JxJxに新作『Extended』インタヴュー!

ついにユアソンの新作が出る! 前作『OUT』から約3年半ぶりとなる新作フル・アルバム『Extended』を配信中! この快作を聴かないという選択肢はない! オトトイではリリースを記念して、サイトウ “JxJx” ジュンへのインタヴューを掲載。この『Extended』をつくりあげる苦悩や、今作に対する思いを語ってくれた。

前作『OUT』ではいままでのYOUR SONG IS GOODのイメージを刷新させることに成功した彼らだが、ダンスミュージックへの傾倒はまだまだ止まらない。今回リリースされる『Extended』では、さらに洗練された音楽を鳴らし、聴けば聴くほど気持ちいい! そんなアルバムになっている。結成20周年を目前に控えるユアソンの進化は止まらない!

約3年半ぶりとなるフル・アルバム


YOUR SONG IS GOOD / Extended

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 257円(税込) / アルバム 1,697円(税込)

【収録曲】
1. Cruise
2. New Dub
3. Mood Mood
4. Double Sider
5. Palm Tree
6. On
7. Waves


YOUR SONG IS GOOD/Double Sider


INTERVIEW : サイトウ “JxJx” ジュン(YOUR SONG IS GOOD)

僕たちのユアソンが帰ってきた! 『Extended』は、前作の『OUT』から約3年半ぶりのリリースとなる待望のフル・アルバムにして、全曲インストにこだわった究極の1枚。「ちょっと、待たせ過ぎですよ!」と思いつつ、音源を聴いてみたらやっぱり良い。どうして、リリースにそこまでの時間が空いてしまったのか事情を聞くと、そこにはサイトウ “JxJx” ジュンの苦悩と挫折があった。

なぜYOUR SONG IS GOODはダンスミュージックにこだわるのか? 『Extended』を聴く前に、このインタビューを読んでもらえれば作品の旨味をもっと感じてもらえるハズだ。

インタヴュー&文 : 真貝聡
写真 : 作永裕範

「自分なりに気持ちよさを追求してみよう」って

サイトウ “JxJx” ジュン

──前作の『OUT』をリリースして、どのような手応えを感じました?

サイトウ “JxJx” ジュン(以下、JxJx) : 当時、バンドを結成して15年以上が経っていたんですけど「このバンドでも、まだ新しいことをやれそうだな」と思えたのが大きな手応えですかね。実際に『OUT』は、僕がダンスミュージックの面白さにどんどんハマっていくきっかけとなったアルバムなんですよ。

──周りからの反響はどうでしたか?

JxJx : 友達とか、レーベルメイトのみんなが「YOUR SONG IS GOODが新しいフェーズへ入った」みたいにおもしろがってくれて、嬉しかったですね。


YOUR SONG IS GOOD/『OUT』OFFICIAL ALBUM TRAILER

──『OUT』の後、『Extended』をリリースするまでに約3年半の期間が空いたのはどうして?

JxJx : 手応えの話がありましたけど、『OUT』を作ったことで何か掴めたなと思ったんですが……実は全然掴めてなかったんですよね(笑)。

──どういうことですか?

JxJx : 個人的に『OUT』ってアルバム自体はとても気に入ってるし、ダンスミュージックに傾倒していく中で、あの作品はバンド的な面白さが物凄く入っているんですけど、ダンスミュージックのフォーマットに置き換えたら凄く情報量が多いなと思ったんです。それを踏まえて、次のアルバムは「もう少しシンプルにできないかな」と考えました。で、情報量が多い中で、「どの部分を残すべきなのか俺は……」みたいな悩みが目の前に生まれてしまいまして。結構、ここ3年半の間は新曲を作っては引っ込めてを繰り返して、ずっと悩んでましたね。

──「情報量が多い」という課題をどう解決したのでしょう?

JxJx : 『OUT』はアンサンブルとしての展開が多かったので、もうちょっと無くそうとか、各楽器の手数をもっと減らしてみようとか…… そういったところですかね。でも、そういうガチャガチャした部分にバンドの面白みがあることを知ってるから、意外と削るのって勇気がいるんですよ。「本当にこの音を減らして良いものか」、「ライブをやっておもしろいのかな」って疑問に思いまして。それで試してみては「なんか違うな」って、ずっとその繰り返し。

──制作意欲はあったけど、どうやって形にすれば良いかを見つけるのに時間が掛かったわけですね。

JxJx : そうです。「コレだ!」っていう、とっかかりとなるような曲を作るまでに、だいぶ試行錯誤しましたね。

──とっかかりとなった曲はなんですか?

JxJx : アルバムの最後に入っている「Waves」です。元々、僕らはパンク・ハードコアに物凄く影響を受けたところから始まっているので、はじめからテンションの打点が高かったんです。『OUT』でだいぶ下げたつもりだったんですけど、まだまだ下げられる余地があるなと。それで、最初のとっかかりとして「Waves」をつくっていったんですけど、ちょうど良いテンションまで下げるという作業にかなり時間が掛かりました。

──なぜ、時間がかかったのでしょうか?

JxJx : ロックやポップスに限らず、ダンスミュージックも毎年いろんなスタイルの音楽が生まれている訳じゃないですか。で、そんな中でも「ずっと聴ける音楽はあるよな」って気付いたんです。それは何かなと考えた時、古びない要素として“気持ちよさ”という部分は大きいんじゃないかなと思いました。それで、「自分なりに気持ちよさを追求してみよう」と。で、そこまでの課題は頭で考えられたんですけど、結局“気持ちよさ”の答えは感覚でしかないんですよね。「ああ、この感じ良いなあ」と思えたり、「俺はこの雰囲気が好きなのか」って感じる音の原因を探したりするのが大変で、そこに時間がかかりました。

──なるほど。

JxJx : デモを作って繰り返し聴いていったんですけど、「俺は本当にこれを気持ち良いと思えるのか」っていう自問自答が生まれてしまったりして、最終的には自分と向き合う作業になりました。気持ちよさを求めるているのに、答えが見つからず苦しい…… みたいな凄くヤバイ感じになっちゃって。

小学生ぐらいから何も変わってないって気付いたんです

──それはバンドマンとして20年以上のキャリアを積んだからこそ、生まれた葛藤だったのでしょうか?

JxJx : そうですね。速くて燃える音楽が好きな自分も、もちろんいるわけですよ。それと同時に、ゆっくりした音楽が好きな自分もいるんじゃないかなって思ったりして。そっちは、これまで生きてきてあんまり探ってこなかったんですよね。今作はそういう意味で、初めて自分と対峙する新しい冒険みたいな感じでした。

それでわかったのは、音楽をつくる中で色々と取捨選択があるなってことで。こっちの道へ行くのか、あっちの道へ行くのかみたいな分岐点に立ったとき、自分の気持ち良いと思う経験値に沿って進んで行こうと思ったんです。そこで僕の感覚って、小学生ぐらいから何も変わってないって気付いたんですよ。44歳になるまで色々と経験して、自分は進化しているつもりだったのに…… アレ? って。「全然成長してないな」って思い知らされて、凄い落ち込みましたね(笑)。

──音楽を通して、自分の人生を見つめ直したんですね。

JxJx : はい(笑)。これまで、何をやってたのかな俺…… みたいな感じですね。「そもそも、音楽を作るのはこんなやり方だっけ」みたいになって。もう、笑いましたね。

──経験を積んで、表現する音楽の選択肢が増えたからこそ、生まれた苦悩ですか?

JxJx : それもあると思います。結局、音楽は何でも好きだったりはするので。気持ちよさをテーマに絞りこもうと思ったとき、これまでは自分自身とちゃんと向き合ってなかったんでしょうね。なんか、今回は向き合っちゃった(笑)。

──向き合っちゃったって(笑)。

JxJx : これぐらいのテンションで、そこまでヘヴィーな話ではないことにしておきます(笑)。

──JxJxさんが自分自身と向き合った末に見つけた、YOUR SONG IS GOODが提唱するダンスミュージックって何なのでしょうか?

JxJx : その質問は……、ムズイっすね(笑)。やっぱり、各々が勝手気ままに踊る、あるいは踊らないっていうことなのかなって思いますけどね。僕らはそれを提供する音楽の1つでしかないっていうか。究極なことを言ってしまえば、「楽しく過ごしてもらいたい」だけなんですよ。「この曲は振り付けが決まってるから、こうやって踊ってほしい」というものではないですね。勝手に帰ってもいいし、途中から入ってきてもいいしって感じです。

──改めて『Extended』は、どんなアルバムですか?

JxJx : ザックリとヌケのいいもの、そういったものを追求したアルバムかな、と。ダンスミュージックの面白いところは、説明的ではなくて、なんかミステリアスな余地があるんですよ。そこが聴いていて楽しいところですし、すごく影響を受けてます。例えば、気持ちいい言葉って比較的に説明的な表現が多いんですよね。単語として強いというか、その一言で全部描かれきってしまうような言葉が多くて、そういうことではないなと思ってて。

──なるほど。

JxJx : そこで、タイトルの『Extended』って、元の曲に対して引き伸ばしていくとか、拡張されたって意味で、よくダンスミュージックの12インチとかで使われている言葉なんですけど、その引き伸ばされた部分に余地だったり、今見えている景色以外のものまで広がっていくようなおもしろさがすごくあるなと思って名付けました。

──アルバムを制作する上で、ヒントになった音楽はありますか?

JxJx : 「On」という曲で顕著に表れているんですけど、ディスコRe-Editっていうスタイルがやっぱりおもしろいなと思っていて。あるフレーズをダンスしやすいように繰り返していくわけですよ。こういう音楽って元のフレーズから繰り返されることによって、新しいものに生まれ変わっていくおもしろさがあるじゃないですか。こういうスタイルは目新しいモノではないですが、やっぱりあの感じが良いなと思ってて。ポイントは「それを生演奏で普通に、当たり前のアレンジとしてサラっとやってみようかな」という感じで、つくりました。

YOUR SONG IS GOODの編成って変だな〜

──ちなみに来年で結成20周年を迎えますが、これまでの活動を振り返ってどうですか?

JxJx : いや~1つのバンドをこんなに続けるつもりはなかったですね。僕自身はあんまり長く続けることに重きは置いていないタイプの人間だなとは思っています。ただ、どうして、ここまで続けられたのか原因はなんとなく見えていて…… 多分1枚ごとにやることやスタイルを変えていて、同じ人と結成と解散を繰り返しているような感じでやっていたから、20年も続けてこれたんだと思います。

──たしかに、YOUR SONG IS GOODって作品ごとに変化し続けている類い稀なバンドですよね。

JxJx : そもそもバンドの成り立ちが変なんですよね。こういう音楽をやりたいと思って結成するときって、普通だったらそれに向けた編成をするじゃないですか。例えばスカのバンドだったらホーンセクションがいて、ギターと鍵盤がいて、ドラムとベースがいて、みたいなジャンルにあった編成ってあると思うんですけど。僕たちの場合は友達同志で集まったからとか、できる楽器がたまたまこんなだった、みたいなスタンスなんですよ。

今だって、曲をつくる時に「なんで、この編成なんだろう……」って悩むことありますから(笑)。「うわっ! 思った感じならないなー」ってことを20年続けちゃってるような感じがありますね。それを納得するところまで毎回作り上げている感じ。主観的に見ても、客観的に見て、「YOUR SONG IS GOODの編成って変だな~」っていつも思ってます(笑)。

──そんなYOUR SONG IS GOODを突き詰めていくと、どこに行き着くんでしょうか?

JxJx : うわ~難しいですね…… 強いて挙げるなら憧れのバンドはTHE SPECIALSかなあ。でも、これは地球上の何十万バンドが言う答えだと思います。そのうちの1つが僕達。

──未だにTHE SPECIALSが神格化されているのは、どうしてだと思います?

JxJx : 抜群にカッコイイからじゃないですか。音、スタイル、アティテュードのすべてがあそこにあるんですよね。バンドっていう形で言うところの最高の仕上がりだと思います。

──ちなみに特にお気に入りの作品ってありますか?

JxJx : 今日の気分で良いですか? 『The Special AKA Live!』に収録されてる「Guns of Navarone」。あれは最高のカバーですね。


The Specials/Guns of Navarone

──そういえば、所属されているカクバリズムが今年15周年を迎えますよね。改めてYOUR SONG IS GOODとの関係を教えてください。

JxJx : いまとなっては大人の関係でもあるんですけど、根本的なところは遊び友達かなと思ってますね。カクバリズムを立ち上げる時、角張渉に話していたのは「自分たちの居場所=遊び場を作ろう」という。友達だから、空気はゆるいんですけど、しっかり譲れないところがあるから15年も続いたんだと思います。もっと仕事仕事してくると、ちょっとダサくても良いかなって余地が出てくると思いますけど、友達からダサイと思われたくないじゃないですか。そんな関係性があって。それはバンド対レーベルもそうですし、横のレーベル・メイトとの繋がりでもそんなところはあるのかな。

──客観的に見て、カクバリズムに所属しているアーティストのカラーってどう見えてますか?

JxJx : それは完全に角張渉の好みですね。「キミは本当に、そういうバンドが好きだね~」って思って見てます(笑)。商業的というよりも、本当に気に入ったアーティストしか呼ばないので、そこが大事なんですよね。ある種、恋愛スタイルというか、そこがややこしいところでもありますけど。

──どういうことですか(笑)?

JxJx : 「俺よりも、他のバンドが好きなんじゃないか」って、ヤキモチがあるというか。「もっと、こっちを向いてほしい」みたいな(笑)。お互いが好きで惹かれあっているから。そこが唯一の欠点でしょうね。

配信中の過去作もチェック!

OUT / YOUR SONG IS GOOD

いままでのYOUR SONG IS GOODのイメージを大幅に更新した5thフル・アルバム『OUT』。トロピカルなルーツミュージックを大胆に解体し、それを彼らなりのダンスミュージックに昇華させた問題作!

この作品に関する特集ページはこちら

YOUR SONG IS GOOD / YOUR SONG IS GOOD

YOUR SONG IS GOODの名盤1stフル・アルバム、その名も『YOUR SONG IS GOOD』。ファーストならではの勢いと雑多感覚が溢れたの子作品はいま聴いてもやっぱりかっこいい! 現在のYOUR SONG IS GOODとは違ったかっこよさを提示しています。

LIVE SCHEDULE

〈6th ALBUM “Extended”Release ONEMAN TOUR〉
2017年5月20日(土)@愛知 名古屋CLUB QUATTRO
2017年5月28日(日)@宮城 仙台enn 2nd
2017年6月3日(土)@大阪 梅田Shangri-La
2017年6月11日(日)@福岡 Early Believers
2017年7月1日(土)@東京 渋谷WWWX

〈the band apart SMOOTH LIKE GREENSPIA〉
2017年5月13日(土)@大阪 服部緑地野外音楽堂
LIVE : YOUR SONG IS GOOD / the band apart / and more…

〈森、道、市場 2017〉
2017年5月14日(日)@愛知 蒲郡ラグーナビーチ / ラグナシア
LIVE : YOUR SONG IS GOOD / cero / and more…

〈GREENROOM FESTIVAL’17〉
2017.05.21 SUN @ 横浜赤レンガ地区野外特設会場
LIVE : YOUR SONG IS GOOD / cero / and more…

〈SOUL TIME IN TOKYO “OPENING PARTY”〉
2017年05月26(金)@TOKYO CULTUART by BEAMS
LIVE : JUN “JxJx” SAITO(YOUR SONG IS GOOD)+ VIDEOTAPEMUSIC(Special Session)
DJ : ALOHA GOT SOUL(from Hawaii) / DJ NOTOYA

〈SOUL TIME IN TOKYO “AFTER PARTY”〉
2017年5月26日(金)@三軒茶屋 a-bridge
DJ : JUN “JxJx” SAITO(YOUR SONG IS GOOD) / 髙城晶平(cero) / ALOHA GOT SOUL(from Hawaii) / HIROSHI KAWANABE(TOKYO No1 SOULSET) / DJ YAMA / DJ NOTOYA

〈何かにつけて打ち上がる会 〜YOUR SONG IS GOOD「Extended」レコ発ツアー金沢場所〜〉
2017年6月17日(土)@金沢 MANIER
LIVE : YOUR SONG IS GOOD / Hotel New Tokyo
DJ : サイトウ “JxJx” ジュン(YOUR SONG IS GOOD) × 今谷忠弘(Hotel New Tokyo) / 3SHINE(KAZ×TAMA) / よふかしレコード(eouzen × おばけのキーン) / 百万石ストアーズ(FUNKEY LEMONADE × mppn1800)

〈『Extended』レコ発&カクバリズム15周年キックオフイベント『NEW MEMORIAL HITS』〉
LIVE : YOUR SONG IS GOOD / cero

詳しいライヴ情報はこちらから

PROFILE

YOUR SONG IS GOOD

1998年東京で結成。カクバリズム所属。通称YSIG。サイトウ"JxJx"ジュン、ヨシザワ"MAURICE"マサトモ、シライシ"JICHO"コウジ、ハットリ"SHORTY"ヤスヒコ、タカダ"DAATAKA"ヒロユキ、タナカ"ZEERAY"レイジに、現在、サポートパーカッショニストの松井泉を加えた7人体制。
はじまりはパンク・ロック、今はあえて言うならダンス音楽を演奏するインストゥルメンタル・バンド。DIYなスタジオライヴから、ライヴハウス、クラブ、FUJIROCKグリーンステージ等の巨大野外ロックフェスまで、ジャンル、場所、雰囲気、メジャー / インディ、時間帯、問わず、定評のあるライブを展開中。
またオリジナル・アルバム、7インチ・シングル、コンピ等、これまでに数多くの作品を、様々なスタイルと対峙しながら生み出すも、2013年、これまでのイメージを大幅に更新した異常なるFRESH感搭載のニュー・アルバム、その名も『OUT』をドロップ。トロピカルなルーツミュージックを大胆に解体、ハウス / ディスコ / テクノ / ベース、また時にポストロック的、もしくはプリミティヴな感覚でもって再構築、オリジナルな生演奏ダンスミュージックへの昇華に成功。Being Borings, LORD ECHO(From NZ)、Force Of Natureと最高のリミキサー陣を迎えた『OUT』からのアナログ12inchシングル・リカット・シリーズ3タイトルをリリース。
9月には新曲とGonnoリミックスを搭載した最新12インチ『Waves』をリリース。約3年半ぶり6枚目となるニュー・アルバム『Extended』を2017年5月10日にリリースする。感度良好な音楽愛好家達からの賞賛を浴びつつ、只今、キャリア史上もっとも目が離せないGOD ONLY KNOWS状態で諸々進行中である。WAH! WAH! WAH! WAH! WAH! WAH! WAH!

アーティスト公式HPはこちら

o

 
 

インタヴュー

桃井はるこ、「アニカル部!」テーマ楽曲を配信解禁!! ロング・インタヴュー掲載
・2017年07月17日・マリー・アントワネットが2017年に転生したら?ーー桃井はるこ、「アニカル部!」テーマ楽曲を配信解禁!! 声優、作詞・作曲・編曲・歌唱をこなすシンガー・ソングライターであり、秋葉原をはじめとした日本のサブカルチャーにも造形の深い、桃井はるこ。彼女が2017年6月7日にリリースしたシングル『純愛マリオネット』を遂にOTOTOYで配信開始!! tokyo toricoへレーベル移籍し初めて発表した本作の表題曲「純愛マリオネット」は、アニマックスにて放送中の番組「アニカル部!」のオープニング・テーマとなっている。桃井は、アニソン、コスプレ、声優、ダンス、聖地巡礼など​日本が世界に誇るアニメ・カルチャーを毎回ゲストを招いて紹介していく同番組の顧問として出演もしており、まさに大活躍中。OTOTOYでは配信を記念し、桃井はるこへのロング・インタヴューを掲載する。 アニカル部! のオープニング・テーマを配信スタート!!桃井はるこ / 純愛マリオネット'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【価格】単曲 257円(税込) / まとめ 500円(税込)【収録曲】''1. 純愛マリオ
by 西澤 裕郎
【ハイレゾ独占配信】Borisの音の渦に呑み込まれて乾涸びろ!! これが世界最高峰の”より豊かな音楽”だ!!artist=173725
・2017年07月12日・【ハイレゾ独占配信】Borisの音の渦に呑み込まれて乾涸びろ!! これが世界最高峰の”より豊かな音楽”だ!! 1992年より活動開始。つまり結成25周年! 海外での評価が恐ろしく高く、ドゥームの重鎮サン O)))との共作、ナイン・インチ・ネイルズの全米アリーナツアーをサポート、オール・トゥモローズ・パーティー等の大規模フェスへの出演、幾度となるヘッドライン・ツアー、日本ではメジャー・レコード会社、エイベックスからのリリース経験もあるBoris。ヘヴィーな作品では大文字BORIS、実験的な作品では小文字borisと名義を使い分けていたが、近年ではその双方を盛り込んだ形態としてBoris名義で作品をリリースしている。そして彼らは2017年7月12日に、アルバム『DEAR』をリリース。ぶっちゃけ、じっくり聴かなくたって良い。これがなんなのかなんて考えなくていい。ただただ爆音で、音の渦にのまれてほしい。この音源がなんなのかは、あなたが音の渦に呑み込まれて乾涸びたあとに、じっくり以下のインタビューを読めば良いのだから。 ってことで、乾涸びた皆様のために、OTOTOY編集長でありバンド・Limited Express
by JJ
90年代USグランジ難破船が時代を辿り着いた先──新時代を告げるグランジ大型船、ニトロデイが横浜から出港
[CLOSEUP]・2017年07月12日・90年代USグランジ難破船が辿り着いた先は──新時代を告げる“ニトロデイ”という名の大型船が出港 新時代の到来だ。昨年の12月に〈RO69JACK 2016 for COUNTDOWN JAPAN〉で他のバンドとは明らかな異彩を放ち優勝を果たしたロック・バンド、ニトロデイ。結成わずか1年足らずでの優勝という実績からもバンドの非凡な才能がひしひしと感じられる。なによりもこのバンドの最大の特徴はその若さと、いまの時代や流行を無視した音楽性だ。メンバーは現役高校生が主で、その高校生たちが鳴らす音楽は90年代のUSオルタナをルーツにした、いわゆるグランジである。現役高校生がグランジというだけでも興味を持っていただけるはずだが、インタヴューを通じてバンドの頭脳であるヴォーカル、小室ぺいのルーツや現況が見えてきた。大型新人、ニトロデイのインタヴューをぜひお楽しみください。 Nirvana meets NUMBER GIRLな国産グランジ! ニトロデイ / 青年ナイフEP'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 600円(税込)【
by JJ
サイケデリック・トランスで踊り狂えるアイドルーーMIGMA SHELTER、1stシングルをハイレゾ配信&メンバー個別インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月08日・サイケデリック・トランスで踊り狂えるアイドルーーMIGMA SHELTER、メンバー個別インタヴュー掲載 BELLRING少女ハートの後継グループ・There There Theres、“柳沢あやの”のソロ・プロジェクト・CLOCK & BOTANなど、挑戦的なグループを輩出している事務所AqbiRecが手がける“サイケデリック・トランスで踊り狂える”6人組アイドル・ユニット、MIGMA SHELTER(ミグマ・シェルター)。エスニックな楽曲でライヴ会場をざわざわさせている彼女たちの初音源を、OTOTOYでは7月8日(土)よりハイレゾ配信。前回のメンバー初インタヴューに続き、今回はメンバーの個別インタヴューをお届けします! 2017年台風の目となるか? 要注目です!! >>メンバー全員への初インタヴューはこちら>ヨネコ「神になりたいと思いながらやっています」>アマリ「燃え尽きて終わりたい」>コテジュン「ライヴ・アイドルの頂点を目指したい」>ミミミユ「武道館でライヴをしたい」>セイセイ「サイケデリック・トランスに限らず取り入れたい」>コマチ「明るく盛り上げていきたい」>>初インタヴューはこちら'' BELL
by 西澤 裕郎
遅刻魔、自信がない、人と関わるのが苦手──自分の殻からハミ出したアイドル・HAMIDASYSTEM
・2017年07月07日・遅刻魔、自信がない、人と関わるのが苦手──自分の殻からハミ出すアイドル、それが、HAMIDASYSTEM 「今の自分からはみ出すために、新しいシステムを作ろう。」という想いから結成された3人組アイドル・グループ、HAMIDASYSTEM。内気で自信が持てないメンバーのアイドルらしからぬ性格と、ポップな楽曲・激しいダンスが絶妙なギャップを生み出している。そんな彼女たちが、結成から半年の集大成となる1st mini album『START THIS SYSTEM!』をリリース。7月15日リリースの今作を、OTOTOYでは一足お先にハイレゾ音質で聴けちゃいます! さらにMP3音源は無料配信! こちらは1ヶ月の期間限定配信なので、ダウンロードはお早めに! 今回のインタヴューではネガティヴな言葉の中からも、結成に至るまでの経緯や直近の目標、そして遠い未来のことまで語ってもらった。ぜひ『START THIS SYSTEM!』と共にお楽しみください。 デビューから半年間の集大成! HAMIDASYSTEM / START THIS SYSTEM!'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) /
by JJ
祝フジで来日! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!
・2017年07月07日・フジロックいく人も、行かない人、これぐらい聴かなきゃ! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始! え、エイフェックス・ツインったら、コレでコレもんでしょう、え、聴いたことないの? とか言われちゃうマスト音源満載の過去音源が一挙OTOTOYでも配信開始です。具体的に言うと名門〈WARP〉に残してきたエイフェックス・ツイン名義の1990年代から2000年代初頭にかけての作品群。しかも、7月に行われるフジロックでは、2日目、7月29日(土)のヘッドライナーとしてひさびさの来日ライヴ! ということで、この作品群とともに、かなりの駆け足でそのキャリアでおさらいします。また今回の過去作配信開始に合わせて、これまでOTOTOYで配信していた2010年代の作品(ハイレゾ配信)にライナーPDFが付属するようになりました(すでに購入済みという方はアプリや再ダウンロードでどうぞ)。そして今回配信を開始した過去アルバム4作品もライナーPDF付きでお届けします。またアルバム未収録の、1990年代のシングルたちもロスレス形式で配信開始です。 WARP移籍までのエイフェックス・ツイン(面倒なら読み飛ばしちゃっても!)とりあえず抑えて
by 河村 祐介
【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP
[CLOSEUP]・2017年07月05日・【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP ロック・フェス〈夏の魔物〉の主催者・成田大致によって結成されたペンライトをふれるロックンロール・バンド、THE 夏の魔物が、7月12日にVAPより『シン・ マモノボンバイエ EP』をリリース。前山田健一作曲による「シン・魔物BOM-BA-YE ~魂ノ共鳴編~」、DOTAMAがラップで参加した「RNRッッッ!!!」、麻宮みずほ作詞の「ハジメまして」など全5曲を収録。シン・マモノBAND(Gt.越川和磨、Ba. えらめぐみ、Dr.中畑大樹、Key.ハジメタル)によるバンド・スタイルでレコーディングされた本作に迫るべく、2週に渡り特集を敢行!! 第1週目は、メンバーの泉茉里と麻宮みずほへのインタヴューをお届けする。 THE 夏の魔物、メジャー・シングルを7月12日より配信開始THE 夏の魔物 / シン・マモノボンバイエ EP'【Track List】''1. シン・魔物BOM-BA-YE ~魂ノ共鳴編~2. RNRッッッ!!!3. マモノ・アラウンド・ザ・ワールド4. ハジメまして5. 恋しちゃいなびびっど
by 岡本 貴之
宮良牧子の約9年ぶりソロ・アルバムをハイレゾ配信
[INTERVIEW]・2017年07月05日・沖縄県石垣島出身のシンガー・ソングライター、宮良牧子の約9年ぶりソロ・アルバムをハイレゾ配信 沖縄県石垣島出身のシンガー・ソングライター、宮良牧子。2005年のデビュー以降、日本郵政の第1弾コンピレーションCDのテーマソングや、NHK連続ドラマ小説「ゲゲゲの女房」サウンドトラックへの参加、そして、 ’12年秋公開映画『ペンギン夫婦の作りかた』では主題歌を担当するなど活動の場を広げている。約9年ぶりにリリースされたソロ・アルバム『シチヌウムイデ』は、新録曲に加え、タイアップ曲、カヴァーなど12曲が収録。金子飛鳥、富岡"GRICO"義広、窪田ミナら豪華な参加ミュージシャンも本アルバムに華を添え、ハイレゾ音質で聴くべき名盤に仕上がった。 宮良牧子 / シチヌウムイデ'【収録曲】01. あん美らさ / 02. 月酔唄 / 03. MOTHER / 04. 赤い爪 / 05. 夏の思い出 / 06. 手紙日和 / 07. 虹の彼方に~Over The Rainbow / 08. ヌチグスイ / 09. MOTHER ~夕焼けの庭 ver.~ / 10. あがろーざ / 11. 花筏 ~Shetland Air~ /