フラストレーションの爆発、その原点とは──変わる変わる変わる。両A面EPをリリース

濱野祐輝(Vo. / Gt.)と青栁昇太郎(Dr. / cho.)によるロック・バンド“変わる変わる変わる。”が2017年5月1日に両A面EP『A.O.S / 血漿』をリリース。今作は彼らにとって初の流通作品となる。もちろんOTOTOYでも配信中です。怒りや憤りなどの感情を露わにする濱野祐輝の歌を中心に据えながら、その歌に負けない攻撃的なサウンド。フラストレーションの爆発とでも言える彼らの楽曲は、どのように完成したのだろう。その原点に迫るインタヴューをぜひお楽しみください。

初の流通作品を配信中!


変わる変わる変わる。 / A.O.S / 血漿

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 324円(税込) / アルバム 864円(税込)

【収録曲】
1. A.O.S
2. 血漿
3. 血漿 remix


変わる変わる変わる。/A.O.S


INTERVIEW : 変わる変わる変わる。

日本のパンク全盛期であった1990年代や、青春パンクブームが起こった2000年代始めとは違って、今は多くのバンドが社会と協調した歌を歌っている。そんな中、変わる変わる変わる。は、過剰なまでの怒りや憤りといったフラストレーションを歌に込めた類い稀なバンドである。

今回の取材では、Vo.Gt.濱野祐輝とDr.choの青栁昇太郎の生い立ちを振り返りつつ、彼らが鳴らすフラストレーションがどこから湧き出る感情なのかを探っていった。彼らがインタビューを答えるのは今回が初ということで、貴重なインタヴューとなるだろう。

インタヴュー&文 : 真貝聡
写真 : 大橋祐希

曲はやたら真面目なんだけど、本人は不真面目なんです

左から濱野祐輝(Vo. / Gt.)、青栁昇太郎(Dr. / cho.)
──調べたら、インタビューを受けるのは今回が初なんですよね?

濱野祐輝(以下、濱野) : はい、初めてですね。超緊張してます。

──にも関わらず、青栁さんは15分遅刻してくるっていう(笑)。

青栁昇太郎(以下、青栁):東京の地理に疎くてですね。駅からタクシーで来たんですけど、実は徒歩の方が早かったんじゃないかと…… っていうか、申し訳ございませんでした!

濱野 : 道のせいにするんだ。

青栁 : 風も強くてねー…… って言いつつ、本当は僕のスケジュール管理の甘さで遅刻しました。すいませんでした!

──遅刻の話はこれで終わりにして……。バンドのことを知ろうと調べていたら、某サイトで濱野さんのアンケートが見つかったんですよ。

濱野 : どんなアンケートでしたっけ?

──バンドを始めたきっかけは「お母さんに言われたから」とか、自分の曲で気に入ってる歌詞は「見つめ合うと素直にお喋り出来ない」とか、テキトー過ぎるアンケートでした(笑)。

濱野 : アハハ! なんだろう、酔っ払ってたんですかね。

青栁 : こんなこと書いちゃダメだろ!

──その一方、青栁さんはツイッターで「金無さすぎて休憩室で般若心経唱えながら白目剥いてドッグフード食ってた」って呟いてましたけど、嘘ですよね?

青栁 : あ…すいません、嘘です。白目むいて白米を食べてたら周りから心配されたのは事実なんですけど、笑いが欲しくて話を盛りました。基本的に嘘しかついてないですね。

濱野 : 曲はやたら真面目なんだけど、本人は不真面目なんですよね。

──そもそも、2人がバンドを組むことになった経緯を教えてください。

青栁 : もともと、変わる変わる変わる。を組む前から、濱野くんとは一緒にバンドを組んでいたんですよ。当時YONCEがいたOLD JOEとか、HOWL BE QUIETと対バンしていたんですけど、みんなが上のステージへ行ったのに対して、僕らは下っていって。最終的には自然解散しました。それから、しばらくバンドをやらなかったんですよ。濱野くんはネットゲームをずっとやってて、僕はサラリーマンをやっててみたいな。

濱野 : ある日、Blueglueってバンドのメンバーに「もう、バンドはやらないの?」って言われたのをきっかけに、改めてバンドを組もうって思いました。それで、「もう1度、俺とバンドを組もう」って青栁くんを誘ったのが始まりですね。元々はスリーピース・バンドでスタートして、一時は4人になった時期もあったんですけど、ベースが抜けて、ギターが抜けて、いろいろと紆余曲折があっていまの2人になりました。

濱野祐輝(Vo. / Gt.)

──YONCEさんとは、Suchmos結成前からの仲なんですね。

濱野 : そうです。お互いの企画に出たり、出てもらったりしてって感じですね。

青栁 : 最近は会ってないよね。

濱野 : 彼は売れに売れてるので、今は恐れ多くて誘えないっすね(笑)。

青栁 : 20歳の頃が1番仲良かったのかな。6年前、僕が高校生限定の大きな大会に出場したんですよ。その決勝戦でOLD JOEとか、いまのHOWL BE QUIETのメンバーもそれぞれ別のバンドで出ていて。そこで会ったのが最初でしたね。

「やることねーな」と思って楽器を始めた

──2人はどんなカルチャーを通ってきたんですか?

濱野 : ネトゲー(ネットゲーム)に人生を費やしてきたので、語れるほどカルチャーを通ってきてないんですよね。

──費やしてきたって、どのくらい?

濱野 : 仮眠をする以外の時間は、ほとんどゲームをしてました。仮眠は眠くなったから寝るわけじゃなくて、レアモンスターが出現しない時間帯を狙って体を休めて、起きたらまたネットの世界へ行って…みたいな。もはや、ネットの世界が現実でリアルの世界がバーチャルでした。

──濱野さんは2年間引きこもりだったんですよね。それっていつ頃?

濱野 : それは中学生の頃ですね。ネトゲーにハマったのも、ちょうどその時期です。中学2年生の頃に引っ越したのがきっかけで、友達がいなくなって「もう、学校はいいや」って。

──それが原因ですか?

濱野 : ん~それだけじゃなくて、まあ色々あったんですよ。友達がいなくなったこともあるけど、他には不良みたいな子に殴られたのもあって、学校へ行くのが嫌になりましたね。

青栁昇太郎(Dr. / cho.)

──その頃はまだ音楽をやってない?

濱野 : 音楽を始めたのは、むしろそれがきっかけですね。学校に行かなくなって、ネトゲーを1日20時間のペースで半年ぐらいやっていたら、その世界でテッペンを取れちゃったんですよ。それで「やることねーな」と思って楽器を始めたって感じですね。

──楽器は家にあったんですか?

濱野 : いや、買いました。

──いろんな選択肢があるなかで、なぜ音楽を選んだんですか?

濱野 : なんでだろう…手に職をつけなきゃって思ったんですよね。もしも、ギターでメシを食えるんだったら、「超ラクじゃん!」っていう安易な考えで始めました。いま考えたら完全になめてましたね。

──どのタイミングで、引きこもり生活から脱出したんですか?

濱野 : 高校生になったら、引きこもりは辞めました。高校はみんな別々の学区から集まるし、何よりも1からのスタートだったので。16歳で初めてバンドを組んで、そっから音楽にのめり込んで行きました。

──どんな音楽に影響を受けました?

濱野 : 中学生の引きこもっていた時期に、2ちゃんねるをよく見てたんですよ。で、「引きこもりにオススメのバンド」みたいなスレッドがあって、その中にSyrup16gを見つけて。初めて聴いた時、「こんなことを歌っていいのか」と思って衝撃を受けました。あと、ぶっちゃけ演奏も歌も下手だと思ったんですよ。それで、「コレだったら、俺も出来るな」と思って曲を書きはじめました。

──なんでSyrup16gに惹かれたんですか?

濱野 : 共感したんでしょうね。「俺と似た様なことを考えている人がいるぞ」みたいな。五十嵐(隆)さんが支持されてるなら、俺も通用しそうだなって。あの、悪く聞こえそうですけど凄いリスペクトを込めて言ってます。

──青栁さんが通ってきたカルチャーも教えてください。

青栁 : 音楽はビートルズ、エアロスミス、B’zとか王道系のもの。漫画は窪之内英策、吉田戦車、つげ義のような青年誌を小学校低学年から読んでました。

──その年頃にしては、かなり渋いですね。

青栁 : 多分、おませさんなんですよね。あとは空手、水泳、サッカー、野球って色々と小さい頃から習い事もさせてもらいました。

──楽器を始めたのは?

青栁 : 濱野くんと被るんですけど、僕は小学校3年生で不登校になったんですよ。集団行動が苦手だったというのもあって。僕の住んでいた地域はかなり荒れていて、学級崩壊が2回起きたんですよ。あまりの酷さに、先生が転勤しちゃうほど。

──えっ! そこまで?

青栁 : いじめっ子に砂を食べさせたり、首を絞めたり、頭をつかんでコンクリートにぶつけたり。かなりゲットーな街で、僕も標的にされやすかったんですよね。そんなことがあったから、保健室登校をするようになって、最終的には児童相談所へ連れて行かれるっていうエリート・コースに進みました。そこは、ゲームや漫画とか色々と持ち込めたんですね。その中にドラムマニアっていうリズムゲームがあって、やり込んでいく内に「この時はこう叩くのか」ってドラムのセオリーを覚えていったんです。

その後、高校に進学して周りの友達たちがバンドを組み始めたんです。それで、あるグループの子が「青栁はドラム出来るんじゃないか」って話になって、初めてコピーバンドを組みました。

──2人は登校拒否だったという共通点があるんですね。

濱野 : たまたま、そうっすね。

青栁 : うん。本当にたまたま。でも、バンドの音楽性にとっては大きい要因かもしれないです。

負の気持ちが強くなったときに曲を作る

──楽曲についてもお聞きします。変わる変わる変わる。の音楽は異常なほど、世間に対してのフラストレーションを抱えているように感じました。

濱野 : 完全にそうですね。

──曲を作る上で原動力になっていることは?

濱野 : 中学生で引きこもりになったのも関係してますけど、5歳の頃に親が離婚して、おばあちゃんに育てらてたんですよ。それで、おばあちゃんから「お前の親はどうしようもないヤツだ」って毎日のように言われてて。俺も捨てられたって気持ちが芽生えて…… そんなことがあったから、人よりも負の感情を持ちやすいんですよね。だから、曲を作る時もそういう負の気持ちが強くなったときに曲を作ることが多くて。それが原動力になっていると思います。

──今作も負の気持ちが楽曲に込められているんですか?

濱野 : 「血漿」はそうですね。昔、病んでいる女の子に迷惑をかけられたことがあって、それで「なにくそ!」と思って書きました。「A.O.S」は青栁くんを意識した曲になっています。

青栁 : こいつは汚いんですよ。僕らは新曲が出来たらDropboxで共有してるんですけど、ある日「A.O.S」の歌詞だけ挙がっていたので、読んでみたら「これは絶対に俺のことを書いている」と思って。速攻で濱野くんに電話しました。

──青栁さんは、どうして自分のことだと思ったんですか?

青栁 : 言葉選びとか流れで分かりました。そういえば、最初はタイトル違ったよね。

濱野 : 曲がミスチルっぽかったから、当初は「ミスチル」ってタイトルにしてた。

青栁 : それを読んで、「何がミスチルだよ!」って思いましたね。で、歌詞を読んだら俺のことを歌ってるしって。

──これからバンドが売れていく上で、どんな課題があると思いますか?

青栁 : ある程度、長く続けているにも関わらず、他のバンドよりも認知度が低いと思うんですよね。それは歌詞も含めて楽曲が内向的だから、当然なんですけど。

濱野 : 歌詞を日記と同じ感覚で書いているから、外に向ける気持ちが全然ないんですよね。だから、世間の人に共感されにくいのが問題かなって。もっと外向きに発信していきたいよね。

青栁 : 今作の「A.O.S」と「血漿」は2者間で成立してる歌詞なので、「今回も内向的じゃん」て思われるかもしれないですけど、サウンド面に関しては外に向けることを意識した作品になってます。

濱野 : 不特定多数の人に向けて書こうと思ったら、言葉が出てこないんですよね。やりたくないわけじゃないんですけど……。

青栁 : 好き嫌いがハッキリしてて、すごい頑固だからこそお互い不登校になったのかなって思うんです。納得できないと動けないのが、売れているバンドとの差かなって。でも、それしかやり方を知らないんですよね。バーンって売れるのが理想ですけど、それが厳しいなら長く続けていくことが大事かなって思ってます。一生好きなことしか出来ないなら腰を据えてやるしかないなって。

RECOMMEND

HOWL BE QUIET / サネカズラ

変わる変わる変わる。とも親交が深いHOWL BE QUIETのメジャー・3rdシングル『サネカズラ』。TVアニメ『DAYS』のオープニング曲を収録。

イロムク / チラシみたいな

2013年結成の下北系ロック・バンド、イロムク。彼らの2ndミニ・アルバム『チラシみたいな』。ギターロックの要素満載のアルバムです!

LIVE SCHEDULE

〈Dr.Comet Panda×STAR LOUNGE Presents“悶”〉
2017年5月24日(水)@スターラウンジ
出演 : Dr.Comet Panda / aQua lover / amali / 浮世絵パンダ / 大沢良太 / 坂本龍之佑

PROFILE

変わる変わる変わる。

2013年に前身バンドの解散後、Vo.Gt.濱野とDr.青栁を中心に結成。同年下北沢ガレージにて初ライヴ。その後、メンバー・チェンジを繰り返しオリジナル・メンバー2人にサポートを迎えた現体制に落ち着く。
Vo.Gt.濱野の歌詞、歌を中心に据えながら、楽曲のもつ力を引き上げる楽器隊の攻撃的なプレイヤビリティ、オーディエンスの喜怒哀楽を増幅させる捨て身のライブを武器にしつつ、現在までコンスタントに活動を続けている。
これまでライブ会場や通販で音源の販売を行っていたが、今作「A.O.S/血漿」は自主レーベル「KGK RECORDS」からの初の全国流通・OTOTOYでのDL販売となる。

アーティスト公式HPはこちら

o

 
 

インタヴュー

桃井はるこ、「アニカル部!」テーマ楽曲を配信解禁!! ロング・インタヴュー掲載
・2017年07月17日・マリー・アントワネットが2017年に転生したら?ーー桃井はるこ、「アニカル部!」テーマ楽曲を配信解禁!! 声優、作詞・作曲・編曲・歌唱をこなすシンガー・ソングライターであり、秋葉原をはじめとした日本のサブカルチャーにも造形の深い、桃井はるこ。彼女が2017年6月7日にリリースしたシングル『純愛マリオネット』を遂にOTOTOYで配信開始!! tokyo toricoへレーベル移籍し初めて発表した本作の表題曲「純愛マリオネット」は、アニマックスにて放送中の番組「アニカル部!」のオープニング・テーマとなっている。桃井は、アニソン、コスプレ、声優、ダンス、聖地巡礼など​日本が世界に誇るアニメ・カルチャーを毎回ゲストを招いて紹介していく同番組の顧問として出演もしており、まさに大活躍中。OTOTOYでは配信を記念し、桃井はるこへのロング・インタヴューを掲載する。 アニカル部! のオープニング・テーマを配信スタート!!桃井はるこ / 純愛マリオネット'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【価格】単曲 257円(税込) / まとめ 500円(税込)【収録曲】''1. 純愛マリオ
by 西澤 裕郎
【ハイレゾ独占配信】Borisの音の渦に呑み込まれて乾涸びろ!! これが世界最高峰の”より豊かな音楽”だ!!artist=173725
・2017年07月12日・【ハイレゾ独占配信】Borisの音の渦に呑み込まれて乾涸びろ!! これが世界最高峰の”より豊かな音楽”だ!! 1992年より活動開始。つまり結成25周年! 海外での評価が恐ろしく高く、ドゥームの重鎮サン O)))との共作、ナイン・インチ・ネイルズの全米アリーナツアーをサポート、オール・トゥモローズ・パーティー等の大規模フェスへの出演、幾度となるヘッドライン・ツアー、日本ではメジャー・レコード会社、エイベックスからのリリース経験もあるBoris。ヘヴィーな作品では大文字BORIS、実験的な作品では小文字borisと名義を使い分けていたが、近年ではその双方を盛り込んだ形態としてBoris名義で作品をリリースしている。そして彼らは2017年7月12日に、アルバム『DEAR』をリリース。ぶっちゃけ、じっくり聴かなくたって良い。これがなんなのかなんて考えなくていい。ただただ爆音で、音の渦にのまれてほしい。この音源がなんなのかは、あなたが音の渦に呑み込まれて乾涸びたあとに、じっくり以下のインタビューを読めば良いのだから。 ってことで、乾涸びた皆様のために、OTOTOY編集長でありバンド・Limited Express
by JJ
90年代USグランジ難破船が時代を辿り着いた先──新時代を告げるグランジ大型船、ニトロデイが横浜から出港
[CLOSEUP]・2017年07月12日・90年代USグランジ難破船が辿り着いた先は──新時代を告げる“ニトロデイ”という名の大型船が出港 新時代の到来だ。昨年の12月に〈RO69JACK 2016 for COUNTDOWN JAPAN〉で他のバンドとは明らかな異彩を放ち優勝を果たしたロック・バンド、ニトロデイ。結成わずか1年足らずでの優勝という実績からもバンドの非凡な才能がひしひしと感じられる。なによりもこのバンドの最大の特徴はその若さと、いまの時代や流行を無視した音楽性だ。メンバーは現役高校生が主で、その高校生たちが鳴らす音楽は90年代のUSオルタナをルーツにした、いわゆるグランジである。現役高校生がグランジというだけでも興味を持っていただけるはずだが、インタヴューを通じてバンドの頭脳であるヴォーカル、小室ぺいのルーツや現況が見えてきた。大型新人、ニトロデイのインタヴューをぜひお楽しみください。 Nirvana meets NUMBER GIRLな国産グランジ! ニトロデイ / 青年ナイフEP'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 600円(税込)【
by JJ
サイケデリック・トランスで踊り狂えるアイドルーーMIGMA SHELTER、1stシングルをハイレゾ配信&メンバー個別インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月08日・サイケデリック・トランスで踊り狂えるアイドルーーMIGMA SHELTER、メンバー個別インタヴュー掲載 BELLRING少女ハートの後継グループ・There There Theres、“柳沢あやの”のソロ・プロジェクト・CLOCK & BOTANなど、挑戦的なグループを輩出している事務所AqbiRecが手がける“サイケデリック・トランスで踊り狂える”6人組アイドル・ユニット、MIGMA SHELTER(ミグマ・シェルター)。エスニックな楽曲でライヴ会場をざわざわさせている彼女たちの初音源を、OTOTOYでは7月8日(土)よりハイレゾ配信。前回のメンバー初インタヴューに続き、今回はメンバーの個別インタヴューをお届けします! 2017年台風の目となるか? 要注目です!! >>メンバー全員への初インタヴューはこちら>ヨネコ「神になりたいと思いながらやっています」>アマリ「燃え尽きて終わりたい」>コテジュン「ライヴ・アイドルの頂点を目指したい」>ミミミユ「武道館でライヴをしたい」>セイセイ「サイケデリック・トランスに限らず取り入れたい」>コマチ「明るく盛り上げていきたい」>>初インタヴューはこちら'' BELL
by 西澤 裕郎
遅刻魔、自信がない、人と関わるのが苦手──自分の殻からハミ出したアイドル・HAMIDASYSTEM
・2017年07月07日・遅刻魔、自信がない、人と関わるのが苦手──自分の殻からハミ出すアイドル、それが、HAMIDASYSTEM 「今の自分からはみ出すために、新しいシステムを作ろう。」という想いから結成された3人組アイドル・グループ、HAMIDASYSTEM。内気で自信が持てないメンバーのアイドルらしからぬ性格と、ポップな楽曲・激しいダンスが絶妙なギャップを生み出している。そんな彼女たちが、結成から半年の集大成となる1st mini album『START THIS SYSTEM!』をリリース。7月15日リリースの今作を、OTOTOYでは一足お先にハイレゾ音質で聴けちゃいます! さらにMP3音源は無料配信! こちらは1ヶ月の期間限定配信なので、ダウンロードはお早めに! 今回のインタヴューではネガティヴな言葉の中からも、結成に至るまでの経緯や直近の目標、そして遠い未来のことまで語ってもらった。ぜひ『START THIS SYSTEM!』と共にお楽しみください。 デビューから半年間の集大成! HAMIDASYSTEM / START THIS SYSTEM!'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) /
by JJ
祝フジで来日! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!
・2017年07月07日・フジロックいく人も、行かない人、これぐらい聴かなきゃ! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始! え、エイフェックス・ツインったら、コレでコレもんでしょう、え、聴いたことないの? とか言われちゃうマスト音源満載の過去音源が一挙OTOTOYでも配信開始です。具体的に言うと名門〈WARP〉に残してきたエイフェックス・ツイン名義の1990年代から2000年代初頭にかけての作品群。しかも、7月に行われるフジロックでは、2日目、7月29日(土)のヘッドライナーとしてひさびさの来日ライヴ! ということで、この作品群とともに、かなりの駆け足でそのキャリアでおさらいします。また今回の過去作配信開始に合わせて、これまでOTOTOYで配信していた2010年代の作品(ハイレゾ配信)にライナーPDFが付属するようになりました(すでに購入済みという方はアプリや再ダウンロードでどうぞ)。そして今回配信を開始した過去アルバム4作品もライナーPDF付きでお届けします。またアルバム未収録の、1990年代のシングルたちもロスレス形式で配信開始です。 WARP移籍までのエイフェックス・ツイン(面倒なら読み飛ばしちゃっても!)とりあえず抑えて
by 河村 祐介
【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP
[CLOSEUP]・2017年07月05日・【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP ロック・フェス〈夏の魔物〉の主催者・成田大致によって結成されたペンライトをふれるロックンロール・バンド、THE 夏の魔物が、7月12日にVAPより『シン・ マモノボンバイエ EP』をリリース。前山田健一作曲による「シン・魔物BOM-BA-YE ~魂ノ共鳴編~」、DOTAMAがラップで参加した「RNRッッッ!!!」、麻宮みずほ作詞の「ハジメまして」など全5曲を収録。シン・マモノBAND(Gt.越川和磨、Ba. えらめぐみ、Dr.中畑大樹、Key.ハジメタル)によるバンド・スタイルでレコーディングされた本作に迫るべく、2週に渡り特集を敢行!! 第1週目は、メンバーの泉茉里と麻宮みずほへのインタヴューをお届けする。 THE 夏の魔物、メジャー・シングルを7月12日より配信開始THE 夏の魔物 / シン・マモノボンバイエ EP'【Track List】''1. シン・魔物BOM-BA-YE ~魂ノ共鳴編~2. RNRッッッ!!!3. マモノ・アラウンド・ザ・ワールド4. ハジメまして5. 恋しちゃいなびびっど
by 岡本 貴之
宮良牧子の約9年ぶりソロ・アルバムをハイレゾ配信
[INTERVIEW]・2017年07月05日・沖縄県石垣島出身のシンガー・ソングライター、宮良牧子の約9年ぶりソロ・アルバムをハイレゾ配信 沖縄県石垣島出身のシンガー・ソングライター、宮良牧子。2005年のデビュー以降、日本郵政の第1弾コンピレーションCDのテーマソングや、NHK連続ドラマ小説「ゲゲゲの女房」サウンドトラックへの参加、そして、 ’12年秋公開映画『ペンギン夫婦の作りかた』では主題歌を担当するなど活動の場を広げている。約9年ぶりにリリースされたソロ・アルバム『シチヌウムイデ』は、新録曲に加え、タイアップ曲、カヴァーなど12曲が収録。金子飛鳥、富岡"GRICO"義広、窪田ミナら豪華な参加ミュージシャンも本アルバムに華を添え、ハイレゾ音質で聴くべき名盤に仕上がった。 宮良牧子 / シチヌウムイデ'【収録曲】01. あん美らさ / 02. 月酔唄 / 03. MOTHER / 04. 赤い爪 / 05. 夏の思い出 / 06. 手紙日和 / 07. 虹の彼方に~Over The Rainbow / 08. ヌチグスイ / 09. MOTHER ~夕焼けの庭 ver.~ / 10. あがろーざ / 11. 花筏 ~Shetland Air~ /