ムーンライダーズのニュー・アルバムを高音質で!

デビュー35周年を迎えた日本のキング・オブ・オルタナティブ・ロック・バンドの最新作

ムーンライダーズ / Ciao!

1. who's gonna be reborn first? / 2. 無垢なままで / 3. .Mt.,Kx / 4. ハロー マーニャ小母さん / 5. Pain Rain / 6. 折れた矢 / 7. Masque-Rider / 8. オカシな救済 / 9. 弱気な不良 Part-2 / 10. 主なくとも 梅は咲く ならば(もはや何者でもない) / 11. ラスト・ファンファーレ / 12. 蒸気でできたプレイグランド劇場で

配信形式 : HQD(24bit/48kHzのWAV)、mp3
価格 : HQD、mp3共に2000円


アルバム『Ciao!』未収録の新曲「Last Serenade」無料配信は2011年12月31日まで!

ムーンライダーズ / Last Serenade
作詞・作曲・編曲 : roomdiners
ファイル形式 : HQD(24bit/48KhzのWAV) / mp3の2種類
期間 : 2011年11月11日(金)午後11時11分〜2011年12月31日(土)午後11時59分

>>「Last Serenade」のフリー・ダウンロードはこちら

ムーンライダーズの活動休止へ寄せて

既報のとおり、ムーンライダーズは今年2011年をもって無期限活動休止となる。オフィシャル・サイトの声明文には解散という文字はないが、おそらく、現メンバーで今後アルバム制作、ライヴ活動をすることは当面ないと考えていいだろう。12月にリリースされるニュー・アルバム『Ciao!』が、まさに最後のオリジナル作になる。そして、そのリード・トラックとしてダウンロードされるのがこの「Last Serenade」だ。

彼らのかくも長い活動を追いかけている人なら先刻ご承知のように、彼らは前身バンドのはちみつぱい時代を含むと約40年ものキャリアを数えている。その間、もちろん活動を休止していた時期もあったし、決して順風満帆とはいかない時代もあっただろうが、少なくとも現在のメンバー――鈴木慶一、岡田徹、武川雅寛、かしぶち哲郎、鈴木博文、白井良明――に落ち着いてからというもの、常に一定のクオリティと体温のままシーンのど真ん中で居続けてきた。おまけに、同じような作品を延々作り続けていたわけではなく、作品ごとにアングルを変え方法論を変え、しかも時代の先端を切り取るような作業を続けてきたのだ。そう、実に約40年もの間。そのセンスと好奇心とバイタリティはどう考えてもすさまじいものと言える。

個人的に敬服しているのは、そんな長いキャリアの彼らも、実は今現在がバンドにとって頂点であるということだ。例えば90年代は彼らにとって決して最良のシーズンだったとはいえなかった。レーベルを転々とする中で、もう一つ方向性を模索していた印象がないわけでもない。だが、00年代の幕開けと共に、彼らはポップでありながらも攻めを見せたエッジーな作品を立て続けに発表するようになった。旧作のリイシューが進んだのも00年代以降のことだが、若い世代からお手本になったことも大きな推進力になったかもしれない。自身のレーベル=ムーンライダーズ・レコードを立ち上げ、順調に作品をリリースする一方で、メンバーそれぞれのソロ・ワークスに今一度しっかりと脚光が集まるようにもなった。そう、日本の音楽シーン発展の立役者はムーンライダーズにあり、なのだ。 だが、いい加減にもう解放してあげてもいいのではないかと思う。鈴木慶一以下彼ら6人が、この40年近くの間、どれほど自身の肉体と頭脳をなげうって日本の音楽の底上げに貢献してきたか。そう思えばこそ、アラカン(アラウンド還暦)の彼らには、もうレジェンドの称号にも縛られずのびのびと自由に音楽活動にいそしんでもらいたいと願う。いや、間違っても隠居や退官を強いているのではない。彼らにこれからもよりヴィヴィドで豊かな活動をしていってもらうには、ムーンライダーズという老舗の看板をいったん下ろしてあげることが必要なのかもしれない、ということだ。キャリアというのはもちろん強力な武器ではあるが、時として足を引っ張ることにもなる。

この「Last Serenade」はそんな彼らの本音をほんの少し垣間みることができるナンバーだ。イキのいいビート・チューンでもないしロック・ナンバーでもない。バラードはバラードでもタイトルに相応しい感動的な1曲とは少し様相も違う。どうやって作ったのか、と思えるような断面を持った、実にユニークで複雑な作業によって産み落とされた彼ららしい楽曲だ。だが、これが彼らからの回答なのだろう。活動休止?だから?So What? そんな飄々とした、でもほんのりとしたほろ苦さを持った彼ららしい1曲である。

鈴木慶一からは今でも会うたびに「●●の新作っていい?」「●●の来日はやっぱり見に行くべき?」などと聞かれる。それはデビューしたばかりのアメリカのインディー・バンドだったり、日本の若手クリエイターだったりすることが多い。近年だけでもトクマルシューゴや相対性理論ら精鋭たちをいち早く共演相手に抜擢し、曽我部恵一からダンボール・バットまでネーム・ヴァリューにとらわれない現場でプロデュース・センスを発揮してきた鈴木慶一は、60歳になってもデビュー当時と変わらぬ切れ味で音楽に攻めているのだ。おそらくそれはこれからも変わらないだろう。

おつかれさまでした。どうもありがとう。でも、これからもどうぞよろしくお願いします。今はムーンライダーズの6人にそう伝えたい気持ちでいっぱいだ。(text by 岡村詩野)

ムーンライダーズ 無期限活動休止のお知らせ

いつもムーンライダーズへご声援を賜りまして、ありがとうございます。

今年はアルバム「火の玉ボーイ」でデビューしてから35年目の節目の年でした。震災の影響で順延いたしましたが、5月5日には、ゆかりのゲストをお迎えした、記念の「火の玉ボーイコンサート」を開催し、多くの皆様に、ご来場いただきました。その後、アルバムの制作に入り、12月には新作アルバムのリリースと大阪、東京でのライヴを開催いたします。

そんな「進行形」のさ中、メンバー間での話合いの結果としまして、本年末をもってムーンライダーズはバンドとしての活動を無期限で休止する事になりました。

バンドの歴史と共に、長く、深く、聴き続けて、支えて、愛してくださった皆様のお陰で、35年もの間、ムーンライダーズは活動できました。

心より、お礼を申し上げます。

12月には新作アルバムのリリースに加え、大阪と東京でライヴを行います。是非、この、ムーンライダーズのライヴに足をお運び下さいませ。会場で皆様にお目にかかれればと存じます。

今後も、メンバーのソロ活動などに、ご声援をいただければ幸いです。

2011年11月11日 満月の日に
ムーンライダーズメンバー 一同



12月7日、最新アルバム『Ciao!』をHQDでリリース!

アーティスト : ムーンライダーズ
アルバム・タイトル : Ciao!
2011年12月7日(水)発売(配信は先行での販売 / CDは12月14日(水)発売)
品番 : XPCA-1015
価格 : 3,200円(税込)
全12曲収録
販売形式 : mp3 / HQD(24bit/48kHzのwav)

ライヴ会場、通信販売限定のアナログ盤もリリース決定。
2枚組LP『Ciao!』
価格 : 4,000円(税込)
※アナログ限定の組曲「Ciao!」(仮)が収録されています。

ムーンライダーズ Archives


Here we go'round HQD
2009年9月1日発売

6ヵ月連続でリリースした配信限定シングルを、OTOTOY限定シングル・コレクション『Here we go'round HQD』として、HQD(24bit48KHzのWAV)ファイルで高音質配信。購入者特典は、配信形態では入手不可能だった歌詞入りのウェブ・ジャケットです!

収録曲はこちら





ムーンライダーズLIVE情報

活動休止直前ライブ「Ciao! THE MOONRIDERS」

【大阪】
2011年12月13日(火)@なんばHatch
18:30開場 / 19:00開演
(問)SMASH WEST 06-6535-5569

【東京】
2011年12月17日(土)@中野サンプラザ
18:00開場 / 18:30開演
(問)キョードー東京 0570-064-708

※チケット代:7,350円(税込)
※大阪公演のみ1ドリンク込

PROFILE

1976年、鈴木慶一とムーンライダーズ名義のアルバム『火の玉ボーイ』でデビュー。メンバー全員がソングライターであり、プロデューサーである希有なバンド。常に新しいサウンドとテクノロジーを導入して、先鋭的な作品を発表。ライブでも、実験的な演出を数多く試み、人々に大きな影響を与えた。 2005年には自らのレーベル”moonriders records”を立ち上げ、作品を発表している。

>>ムーンライダーズ・オフィシャルweb

o

 
 

コラム

女子高生「OTOTOY」知ってる人0人説ーー新人スタッフ鈴木雄希が渋谷のJKに実際に訊いてみた
[CLOSEUP]・2017年01月20日・女子高生「OTOTOY」知ってる人0人説ーー新人スタッフ鈴木雄希が渋谷のJKに実際に訊いてみた 2017年4月から新入社員としてOTOTOYに入社することになった現在大学4年生の鈴木雄希。しかし蓋を開けてみるとOTOTOYには若い社員がいない! そもそも若い人たちは「OTOTOY」のことを知っているのか…。ふと疑問に思った鈴木は渋谷のセンター街に繰り出し、女子高生をターゲットに街頭インタヴューを敢行。はたして新人スタッフ鈴木は「女子高生知ってる人0人説」を証明してしまうのか!? さまざまなドラマがうまれた今回の企画、結果はぜひみなさんのその目でご確認ください! 新人スタッフ鈴木、渋谷の街へいざ出発!! はじめまして。4月からOTOTOYに新入社員として入社する鈴木雄希です。高校まで野球部で、キャプテンでキャッチャーをしていました。尊敬する選手は古田選手です! 音楽は渋谷系が好きで、小沢健二さんを敬愛しています。OTOTOYではロックを担当する予定です。みなさん、よろしくおねがいします! さて、僕は現在アルバイトとして週3回ほど会社に出勤しています。毎日刺激的なことが多いんですけど、あるときふと気がついたこ
by ?
OTOTOY AWARD 2016──30位〜11位編──
[CLOSEUP]・2016年12月07日・OTOTOY AWARD 2016──OTOTOY特選年間ベスト作品、30位〜11位を発表! その年の音楽総決算、OTOTOY AWARD。今年はジャンルをぶち抜いて、アルバム、シングル含めて総合チャートとして、2016年にイキの良かった50枚を選出しました。こちらでは30位から11位を発表します。今年の音楽、ちゃんとチェックしてから2017年へいきましょうぞ。 >>50位から31位はコチラ>>11位から1位はコチラ 30. HIROSHI WATANABE『MULTIVERSE』【作品詳細】KAITO名義でのジャーマン・テクノ名門〈コンパクト〉からのリリースでも知られる、HIROSHI WATANABEのデトロイト・テクノの伝説的レーベル、デリック・メイの〈トランスマット〉よりリリースされたアルバム。まっすぐにエネルギッシュなテクノ・アルバム。>>本作に関する特集ページ【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【アルバム配信価格】 2,700円(税込) 29. ミツメ『A Long Day』【作品詳細】インドネシア、台湾、テキサス、ニューヨークなどでの海外公演も含
OTOTOY AWARD 2016──2016年、年間ベスト、50位〜31位
[CLOSEUP]・2016年12月05日・OTOTOY AWARD 2016──OTOTOY特選年間ベスト作品、50位〜31位を発表! 2016年もあと少し。ということで、今年もやってまいりました。その年の音楽総決算、OTOTOY AWARD。2016年のOTOTOY AWARDは、ジャンルの垣根をぶち抜いて、総合チャートとして、アルバム、シングルに関わらず50枚を選出しました。まずは50位から31位までの20作品を発表いたします! >>30位から11位はコチラ>>10位から1位はコチラ 50. Predawn『Absence』【作品詳細】Predawn (プリドーン=夜明け前)を名乗る、女性ソロ・シンガー・ソングライターの2ndアルバム。UKロック、オルタナティヴ・ロック、ルーツ・ミュージックを独自に昇華し、少々ひねくれつつもドリーミングかつヒーリング的な聴き心地が融合。初のゲスト・ミュージシャンを迎え、より奥行きのある作品に。>>本作に関する特集ページ【配信形態】24bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【アルバム配信価格】 1,650円(税込) 49. ART-SCHOOL『Hello darkness, m
OTOTOY AWARDS 2015 まとめ編──OTOTOYエディターズが選ぶ、各ジャンル・ベスト10作品
[CLOSEUP]・2015年12月18日・配信曲から各ジャンルの2015年OTOTOYベスト10作品をご紹介、まとめ編──OTOTOY AWARDS 2015 え~、年の暮れも近く、日々の生活を忙しいながら振り返るこの季節。おまっとさんで、毎年恒例、OTOTOYスタッフ・セレクトによるOTOTOY AWARDSの季節。今年は新機軸、配信カタログの充実とともに今年はさまざまなジャンルにて展開いたします。各ジャンル順次公開していきますのでチェックをよろしくお願いいたします! 邦楽ロック / ポップス編 いやー、ついにあのユニットが大ブレイク。まだまだ無名の時代からしっかりフォローしてたのは間違いなくOTOTOYでしょう! インディ・ロック・バンドはかなり面白いバンドが目白押しだったんですが、“シティポップ”なる言葉で逆にわからなくなってしまった側面も……。とはいえceroの勢いはすごかった! OTOTOY AWARDS 2015 邦楽ロック / ポップス編はこちらへ 洋楽ロック / ポップス編 出るぞ、出るぞとここ数年言われていた歌姫、アデルの圧倒的な新作がついに登場! 1980年代のエレクトロ路線にカムバックしたようなニュー・オーダーのひさびさの
FUJI ROCK FESTIVAL '13開催目前! フジロックから広げる洋楽入門
[POWERPUSH]・2013年07月08日・ さあ、今年もそわそわしはじめる時期がやってきましたね。そうです。もう2013年のフジロック・フェスティバルの開催まであとわずかなんです。タイムテーブルも発表されたことだし、わくわくしながらスケジュールを考えているわけですが、果たしてどっちのステージに向かうか、鬼の選択を迫られる場面がここも、あそこも…。 なんて話でいまごろきっとOTOTOYのスタッフも盛り上がっているんだろうなーと思ってたんですが…。どうやら聞いたところだと、日頃OTOTOYの業務を手伝う学生インターンや若いスタッフたちは、どうもそこまでピンときてない様子だという。いわく、「海外のアーティストはあまり知らない」とか、「とりあえず有名なやつは見ておきたいけど」とか、「好きな日本のバンドが出るから、自分はそっち目的っす」とか、どうもそんな調子らしい。 けしからん。それは実にけしからん! フジロックは、世界各国からさまざまなアーティストが一挙に集まる、1年に1度の祭なのだよ。英米のアーティストはもちろん、普段なかなか生で触れる機会のない南米やアジア、アフリカの音楽をここまで一気に、しかもカジュアルに楽しめる場なんて、フジくらいのもんです。世界の
by 渡辺 裕也
怒髪天『サムバディー芋煮会』チャリティ配信スタート!
[POWERPUSH]・2011年03月24日・ 2011年3月11日の東日本大震災を受け、本サイトでは12日に被災地救済支援コンピレーション『Play for Japan』の制作を発表。多くのミュージシャン、イラストレーター、キュレーターの協力を得て、5日後の17日に112アーティスト、112曲、6枚組のコンピレーション・アルバムをリリースした。そして震災から3週間が経った4月1日、第二弾として『Play for Japan vol.7~10』をリリースした。 10枚組の大型コンピレーションを出そうとも、そこには収まりきらない思いがある。多くの表現者、発信者たちが、日本の、東北の現状を見つめ、自分に出来ることを考え、実行に移している。そのことを伝えなければならない。そして記録しなければならない。時間と共に、震災の記憶を薄れさせないために。このページでは、彼らの活動とメッセージを更新し続けていきます。 怒髪天『サムバディー芋煮会』チャリティ配信スタート! 2009年「風とロックFES 福島」(福島県郡山市)、2010年「風とロック芋煮会」(福島県裏磐梯)、2011年「LIVE福島 風とロックSUPER野馬追」(福島県内6会場)、2012年「風とロックふ
LOCAL REPORT『今一度福島を洗濯し候。』VOL.2
[LOCALREPORT]・2009年07月25日・ VOL.2 recommuniをご覧の皆様こんにちは、あやぽんごです。福島では桃の最盛期を迎え、農家の方々は、朝早くから摘果や出荷に大忙しです。ご存知の方もいらっしゃるかも知れませんが、福島の桃は甘く堅いのが特徴です。果物の一番美味しいところは皮と実の間と言われております。是非、もぎたてをジーンズに擦りつけてうぶ毛を落とし、皮のままかぶりついてみてください。 さて、前回の予告通り、今回からは福島で音楽活動を行っているバンドをピック・アップさせていただきたいと思います。ここに推薦させていただいた以上、一つ一つ愛情と責任をもって紹介させて頂きます。どうかご覧になられた皆様の中から、一人でも多くの方に音源を耳にして頂く機会を作って頂けたら幸いです。 LOCAL REPORT No.1 -福島の天使の歌声- 優しさライセンス(2001-) Vo.Gt:千葉俊和 / Ba :秦 広希 / Dr :阿部光男 1st Album『壁』2nd Album『こりゃ傑作だ。』Best Album『世の中の表裏が判り申した。』 2001年、当時大学5年生だった千葉と友人の阿部(Dr)と安部(元Gt)らが、使わなくなった選
話して頂戴。ぶっちゃけて業界!第1〜3回
[HCBG]・2009年05月14日・話して頂戴。ぶっちゃけて業界!レコミュニのPodcastシリーズ第2弾。インターネット出現後、激動する音楽メディアの現場で日々格闘している僕たちが、音楽の色々な側面を真摯に語ります。ホストは、レコミュニの竹中直純。レギュラー・パーソナリティに、音楽情報サイトOOPS!の川崎和哉、音楽情報サイト・ナタリーの滝口幸子、そしてメディアジャーナリストの津田大介という強力な布陣で毎週お送りします。毎週なんです。大事なことなので2回書きました。どうやって聴くのか こちらのリンクをドラッグして、フィード対応したアプリケーション、例えばiTunesにドロップしてください。この番組「話して頂戴。ぶっちゃけて業界!」が購読できます。言うまでもありませんが、無料です。お金はかかりません。試しに1回目だけでも聴いてやるか。という方は下の要約テキスト版のPART-1リンクから直接ダウンロードできます。でも購読してほしいです。一応iTSにも番組登録する予定ですが、それよりここから直接ドロップですよ。 初回はうっかり1時間半喋ってしまったのですが、そんなに長くても誰も最後まで聴いてくれないよ! という意見に押され、約30分に分割してみまし
筆者について
岡村 詩野 (ms.KITTEN)

ライターをやりながら、3ヶ月に1冊ペースで自主制作の音楽雑誌『KITTEN』なんかも作っています。

KITTEN webhttp://www.kittenmagazine.net/

同じ筆者による他の記事