新宿PIT INNで行われた1夜限りのセッションをDSD録音&独占配信

数々のジャズ・ミュージシャンとのセッションをはじめ、ROVO、渋さ知らズ、さらには自身が率いるVincent Atmicus、Orquesta Nudge! Nudge! など、幅広いフィールドで活躍する芳垣安洋。毎年恒例となった新宿PIT INNでの芳垣安洋4DAYSの初日6/21(火)に、おおはた雄一が登場。何を演奏するかは本番まで全く決めず、おおはた雄一がその時のフィーリングによってギターを弾き始め、芳垣が即興で合わせていくというスペシャル・セッションをDSDで録音しました。その中からおおはた雄一が選んだ全13曲をOTOTOY独占で販売します。

芳垣安洋×おおはた雄一 / LIVE at 新宿PIT INN 2011.06.21


【配信ファイル形式】
1) DSD+mp3(320kbps)版(約2.27GB)>>DSDの聴き方はこちら
2) HQD(24/48khz WAV)版(約1GB)
★いずれもオリジナルのデジタル・ブックレット付き!

【価格】
各1500円(まとめ購入のみ)

【Track List】
01. 不思議なくらい / 02. キリン / 03. Prayer / 04. きみはぼくのともだち / 05. 決別の旗 / 06. ゴロワーズを吸ったことがあるかい / 07. 旅の終わりに / 08. おだやかな暮らし / 09. Good night, Irene / 10. Canción Mixteca -encore 01- / 11. トラベリンマン -encore 02-
〈bonus track〉
12. He was a friend of mine -bonus track- / 13. サカナ-bonus track-

10曲目「Canción Mixteca -encore 01-」に関して、ダウンロードしたファイルが文字化けしている可能性がございます。その場合は、お手数をお掛けしますが、10曲目のタイトルを「Canción Mixteca -encore 01-」に変更してください。


【Personnel】
芳垣安洋 (Drums / Percusion)
おおはた雄一 (Vocal / A.Guitar / E.Guitar)

Recorded by 高橋健太郎 at 新宿PIT INN 2011.06.21
Mixed & Mastered by 高橋健太郎 at Memory Lab

Special Thanks to 新宿PIT INN

Project Directed by 簑島亘司 (OTOTOY)

Produced by tropical co.,ltd. & OTOTOY

【ダウンロードに関して】
windowsをご利用のお客さまは、標準の解凍設定、もしくは解凍ソフトによっては正常にファイルを解凍できない可能性がございます。その場合、お手数ですが別の解凍ツールを使用し、再度解凍をお試しくださるようお願い致します。7-Zip(フリー・ソフト)での解凍を推奨しています。

※7-zip http://sevenzip.sourceforge.jp/

また、ファイル名が長く操作出来ない場合や、ダウンロードしたファイルに不備や不明点がありましたら、info(at)ototoy.jpまでお問い合わせください。

気の合うもの同士で会話が弾み、話題は尽きない -2011.06.21 LIVE REPORT-

ROVO渋さ知らズなどで活躍するドラマー芳垣安洋。彼の手による6月21日~24日の4日間にわたる企画が、ジャズの老舗ライヴ・ハウス新宿PIT INNで行われた。その1日目のゲストがシンガー・ソングライターおおはた雄一。アメリカのルーツ・ミュージックをベースにした味わい深い楽曲を作り出す彼が、芳垣とどんなセッションをするのか期待が高まる。

中に入るとセットはステージにではなく、ライヴ・ハウスの中央に置かれ、その周りを囲む形で席が配置されていた。録音用のマイクが2本あるだけで、あとはヴォーカル用のマイク、ギター、アンプ、ドラム・セットと最小限のものが並べられ、場内にはすでに親密なムードが作られていた。開演時間になると最初に芳垣が登場し、「こんな時だからこそ、自分が楽しめる企画にした」と挨拶と共に企画の趣旨が語られる。そして、芳垣に呼ばれ、拍手と共におおはたも登場。いよいよ演奏開始だ。事前になにをやるかは決めず、おおはたがその時のフィーリングによってギターを弾き始め、芳垣がそれに合わせて入っていくという形でライヴは進行していく。ギターが爪弾かれ、おおはたが音楽に潜っていく人間特有のたまらないといった感じの表情で歌い始めると、芳垣はおおはたの顔をじっくり覗き込みながらドラムを叩く。伸びのある情感豊かな声に、時には数種類のドラム・スティックが使われる細やかなドラミングが合わさり、音楽が場を包んでいく。セッションとは言え、どの曲にも安定した感覚があり、互いの音楽を理解し、引き出し合っていることがよくわかる。

だが、もちろん即興ならではの楽しみもあった。おおはたが「列車のイメージが思い浮かんだ」と言って、弦をこすって列車が走る音を模し、芳垣もそれに合わせてスネアの表面をこすって同様の感触の音を出す。そのまま「汽車のうた」に入っていき、「Freight Train」のカバーに続いて曲の終わりの部分でまた列車の音を出し、今度はスネアの表面をこする横に揺れる動作を観客にもするよう促すといった場面もあった。とにかくおおはたはイメージが湧くままに次々と演奏し、MCで、ツアーを二人でまわったことのある芳垣も知らない曲を多くやっていると話していた。しかし、それは二人にとっては、ジャズ、ブルース、カントリーをベースに演奏を通じて言葉を交わしているようなものなのだと思う。感じられたのは、即興と言われて思い浮かべるようなどこに行くのかわからない緊張感ではなく、気の合うもの同士で会話が弾み、話題は尽きないといったような種類の自由闊達さだった。

そんなライヴは時間が経つのも早く感じるもので、リラックスして楽しんでいるうちにあっという間に進み、本編のラストにはアメリカのフォークやブルースの巨人Leadbellyの「Good Night Irene」のカバー。おおはたのスライド・ギターがまた心地よかった。そして、余韻も覚めやらぬ内にすぐにアンコールに入り、和やかな雰囲気のままライヴは終了した。冒頭の挨拶で芳垣が言っていたことがよくわかるような、人といることの楽しみに気持ちを向けられるいいライヴだった。(text by 滝沢時朗)

DSD Recording Archives on OTOTOY

INFORMATION

芳垣安洋
2011/07/17(日)@横濱エアジン
2011/07/18(祝・月)@新宿PIT INN
2011/07/21(木)@六本木SUPER DELUXE
2011/08/06(土)@新宿PIT INN
2011/08/09(火)@西宮Jazz Spot Corner Pocket
2011/08/11(木)@難波ROCKETS
2011/08/12(金)@新宿PIT INN
2011/08/19(金)@入谷なってるハウス
2011/08/23(火)@六本木SUPER DELUXE
2011/08/26(金)@中野Sweet Rain
2011/08/27(土)@落合SOUP

おおはた雄一
2011/07/17(日)@逗子 音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2011
2011/07/21(木)@いわき Hair SPACE
2011/07/22(金)@下北沢 440
2011/07/23(土)@仙台 勾当台公園
2011/08/21(日)@代官山 LOOP
2011/08/23(火)@下北沢 440

PROFILE

芳垣安洋
関西のジャズ・エリアでキャリアをスタートさせ、モダン・チョキチョキズ、ベツニ・ナンモ・クレズマー・オーケストラ、渋さ知らズなどに参加後上京。渋谷 毅、山下洋輔、坂田明、板橋文夫、梅津和時、片山広明、巻上公一、ホッピー神山、大島保克、菊地成孔、オオヤユウスケ、高田漣、ヤドランカ、酒井俊、長谷川きよし、カルメン・マキ、おおたか静流、小島真由実、浜田真理子、カヒミ・カリィ、UA、原田郁子、Jhon Zorn、Bill Laswellなど様々なミュージシャンと共演。現在、ROVO、大友良英ニュー・ジャズ・オーケストラ、南博GO THERE、アルタード・ステイツや自己のバンドVincent Atmicus、Emergency!、Orquesta Nudge!Nudge!等のライヴ活動の他、蜷川幸雄や文学座などの演劇や、映画の音楽制作も手掛ける。メールス・ジャズ・フェスを始めとする欧米のジャズや現代音楽のフェスティバルへの出演や、来日するミュージシャンとの共演も多く、海外ではインプロヴァイザーとしての評価も高い。レーベル「Glamorous」を主宰する。
芳垣安洋 official web

おおはた雄一
1975年茨城県生まれ
ブルースやフォーク・ミュージックをルーツとするシンガー・ソング・ライター、ギタリスト。2004年、1stアルバムを発表。代表曲『おだやかな暮らし』は、クラムボンや坂本美雨など多くのアーティストにカヴァーされている。自身の活動に加え、映画音楽('09「女の子ものがたり」)、プロデュース(ともさかりえ、扇谷一穂)や楽曲提供(原田郁子、持田香織など)、CM音楽(JR企業CFなど)で多くの作品に参加。2010年、盟友ジェシー・ハリス、リチャード・ジュリアンとの共同制作のアルバム『光を描く人』(コロムビア)を発表。夏にはSUMMER SONIC 2010への出演や、原田郁子、ハナレグミとのユニット『オオハタハラダナガヅミ』としてRISING SUN ROCK FESにも出演。ジャンルの枠も国境も飄々と飛び越えて活動中。
おおはた雄一 official web

o

 
 

"hqd"の最新アーカイヴ

tomzuin hの新作『Ring』を高音質音源で配信開始&インタビュー! 2週間限定フリー音源有り!
[HQD]・2013年05月16日・ 作編曲家、キーボーディスト、シンセサイザー・プログラマー、音楽プロデューサーと多彩な顔を持つ、エレクトロニック・アーティスト、TOMZUIN H。彼が1stアルバム『bird people』から実に9年振りに、長い沈黙を破っての新作『Ring』をリリースした。コンセプトは“長い音”。OTOTOYでは、24bit/48kHzの高音質音源で配信を開始するとともに、過去作の『bird people』を2週間限定で、全曲フリー配信! 繋がる長い音にこめられた壮大な物語と宇宙を楽曲として描き出した作品集をぜひお聴き下さい! >>>1st album『bird people』のフリーダウンロードはこちらから(〜5/30まで) 9年振りの新作を高音質で!TOMZUIN H / Ring'【価格】mp3 単曲 200円 / まとめ購入 1,000円HQD 単曲 250円 / まとめ購入 1,300円【Track List】1. Helium Leak / 2. At An Angle Of 120 Degrees / 3. Invisible Rays / 4. Silver / 5. Visible Rays / 6
by 純三
HALFBY AND HIS MYSTIC ARCHESTRAのライヴ音源を配信開始!
[HQD]・2011年11月06日・ HALFBY AND HIS MYSTIC ARKESTRAのライヴ音源を配信開始! 高橋孝博のソロ・ユニット・DJとして始動し、活動10周年を迎えたHALFBYが、10月22日、代官山UNITで開催したニュー・アルバム『LEADERS OF THE NEW SCHOOL』のプレ・リリース・パーティーでのライヴ音源を最高音質のDSDで配信スタート。HALFBY AND HIS MYSTIC ARKESTRAというバンド・セット名義で、ソロよりも一段とアグレッシブに進化したパーティ・サウンドを聞いてください。また、11月16日に発売する通算4枚目のニュー・アルバム『LEADERS OF THE NEW SCHOOL』は、DIPLOやA-TRAKが提示する最新ダンス・ミュージックとリンクした、キャリア最高級の完成度。ご期待ください! HALFBY AND HIS MYSTIC ARKESTRA / 『LIVE at UNIT 2011.10.22 -HALFBY 10th ANNIVERSARY-』【配信形態】1)DSD+mp3(320kbps)※約1.4GB2)HQD(24bit / 48kHz)※約6
by 坂本 哲哉
no.9『the history of the day』をHQDで配信スタート
[HQD]・2013年07月05日・ エレクトロニカにさまざまな要素を織り込み、日常の情景をやさしく表現するno.9が新作『The History of the Day』をリリース。15曲入りというヴォリュームたっぷりの1枚ですが、no.9の楽曲はリスナーを疲れさせることなど知らない、木漏れ日のようなやすらぎの音楽です。OTOTOYではHQD(24bit/48kHzのwav)で全曲を配信。是非とも高音質でお楽しみください。※本ページ上で、HQD(24bit/96kHzのwav)との表記がありましたが、正しくは、HQD(24bit/48kHzのwav)です。掲載情報に誤りがあったことを深くお詫び申し上げます。 no.9 / The History of the Day'【価格】※まとめ購入のみ mp3 / wav 1,800円【Track List】''1.inside outside / 2.The History of the day / 3.whisper of rain / 4.there / 5.small promise / 6.fairground spring #02 / 7.balance / 8.flat point /
ホテルニュートーキョーが、4年振りの3rd アルバム『yes?』リリース&インタヴュー
[HQD]・2013年06月12日・ 新作のスタジオ・アルバムを1週間先行で、高音質配信開始!今谷忠弘を中心としたユニット“ホテルニュートーキョー”が、4年振りのアルバムをリリース。今作は、toeの柏倉隆史をはじめ、中村圭作(kowloon、stim、toe、木村カエラ)や後関好宏(在日ファンク、stim、WUJA BIN BIN)など、第一線で活躍するミュージシャンらが集結。互いの個性をぶつけ合いながら、緻密に練り込まれたバンド・アンサンブルを披露。ホテルニュートーキョーの集大成とも言うべく傑作アルバムがここに完成した。もちろんリリースは曽我部恵一のROSE Recordsから。OTOTOYでは1週間先行で、24bit/48kHzの高音質WAV音源での配信がスタート! 1週間先行で配信スタート!ホテルニュートーキョー / yes?'【価格】mp3 単曲 200円 / まとめ購入 1,500円HQD(24bit/48kHzのwav) 単曲 230円 / まとめ購入 1,800円【Track List】''01. カルトヒーロー / 02. Good design makes me happy / 03. Succession / 04.
by 渡辺 裕也
LITE 4th Album『Installation』リリース&インタビュー
[HQD]・2013年06月05日・ 日本のインスト・ロック界の雄、LITEの新作が届きました!! 隙間を生かした繊細な音の積み重ね、1曲1曲がそれぞれ映像作品のように鮮やかで、ダイナミック。ポスト・ロック、エレクトロ二カ、ダブステップなど、あらゆるジャンルを越えて作品ごとに色を変え変化していくLITEのサウンドは、ひらめきが詰め込まれ、独自性を確立しています。OTOTOYではHQD音源も同時リリース!! LITEの音の広がりを、幅広いレンジでカヴァーしたハイレゾ音源の決定版です。ギタリスト、インスト好きは必読の、楽曲制作の裏側を覗いたインタヴューとともにお楽しみください。 LITE / Installation【価格】mp3 単曲 200円 / まとめ購入 2,000円HQD(24bit/48kHzのwav) 単曲 220円 / まとめ購入 2,200円【Track List】1. Starry Morning / 2. Echolocation / 3. Hunger / 4. Alter Ego / 5. Between Us / 6. Bond / 7. Fog Up / 8. Starry Night / 9. Subaru /
sukida dramas、OTOTOY presents お腹が痛い vol.4で収録されたライヴ音源をリリース!!!
[CLOSEUP]・2013年05月30日・ 2013年5月6日、ゴールデンウィーク最終日を熱気120%のなかで締めくくった、OTOTOY presents「お腹が痛い vol.4」@渋谷O-nest! 出演した5組のなかで、若さ溢れるパフォーマンスと、ポップな楽曲で盛り上げたsukida dramas from NAGOYA CITY!! 実は、ライヴの模様をDSD録音していました!! ということで、OTOTOYでのフリー・ダウンロードが話題となった「ゴリラ」を含む4曲のライヴ音源をOTOTOY独占リリース!! じめじめした季節をすっ飛ばしてくれる、爽やかな音源をお楽しみください!! sukida dramas / LIVE at お腹が痛い vol.4'【配信形態】DSD 5.6MHz+mp3 ver. まとめ購入のみ 800円HQD (24bit/48kHzのwav) ver. 単曲 200円 / まとめ 700円mp3 ver. 単曲 150円 / まとめ 600円【Track List】1. Teddy Boy / 2. Randoselu / 3. カーニバルがやってくる / 4. ゴリラ※ダウンロードしたファイルに不備や不明点がありま
『世武裕子 DSD recording sessions vol.2 JOY』リリース
[CLOSEUP]・2013年05月25日・ 東京でのワンマン・ライヴも含め、全国8カ所を巡る〈だいじょうぶ みらいのこどもツアー〉を終えたシンガー・ソングライターの世武裕子。映像音楽作家としても、楽曲提供という形で新たな活躍を見せる彼女のピアノ弾き語りを、DSDのネイティヴ録音、ネイティヴ・ミックスによって、生々しい音源に収めた『世武裕子 DSD recording sessions』の第二弾がついにリリースされる。 福生にあるピアノ・スタジオ「アルト・ノイ・アーティストサービス」で、Fazioli concert grand pianoとYAMAHA C3Bの2種類のピアノを使い、録音された。さらに、録音には世界に3台しかないDSDレコーダー「Clarity」を使用し、エンジニアには奥田泰次(studio MSR)を迎えて、DSDネイティヴ録音、ネイティヴ・ミックスを行っている。 4月2日(火)に配信開始され、好評を博している第一弾『世武裕子 DSD recording sessions vol.1 やもり』では、新曲「やもり」を2台のピアノで弾き比べた音源と、ゆらゆら帝国の「夜行性の生き物3匹」のカヴァーが収録されたが、第二弾となる今回、聴き
クラムボン『LOVER ALBUM 2』をDigital EditionとHQDで配信スタート
[CLOSEUP]・2013年05月23日・ 3年ぶりとなる、クラムボンの新作は、2006年に発表されロング・ヒットを記録した珠玉のカヴァー企画『LOVER ALBUM』の第2弾。前作から引き続き、洋邦問わないクラムボンならではの選曲と彼らならではのアレンジで、それぞれの楽曲が違った色で輝いています。カヴァーなのに、いや、カヴァーだからこそ見えてくる、クラムボンらしさが詰まった14曲を配信でリリース。さらに、その中から中森明菜のカヴァーである「DESIRE-情熱-」、Esbjörn Svensson Trioの「GOLDWRAP」など4曲をHQD(24bit/96kHzのwav)で配信いたします。みずみずしいサウンドをご堪能ください。 高音質HQD(24bit/96kHzのwav) Editionクラムボン / LOVER ALBUM 2(24bit/96kHz)'【価格】HQD(24bit/96kHzのwav) 単曲 400円 / まとめ購入 1,600円【Track List】''1. 呼び声 (24bit/96kHz) / 空気公団2. GOLDWRAP(24bit/96kHz) / e.s.t. (Esbjörn Svensson Trio
筆者について
滝沢 時朗 (滝沢 時朗)

1982年東京生まれ。twitter ID:@sarigenaginger

同じ筆者による他の記事