人と人とを交差させ、響かせる。──『SYMPHONY』が掘り起こす、あの頃の記憶

2015年にリリースしたシングル「HURTS」以降、注目を集め続ける京都在住の4ピース・バンド、Homecomings。昨年、2013年の“ROOKIE A GO-GO”出演から3年ぶりに〈FUJI ROCK FESTIVAL〉の舞台に立ち、観客の盛り上がりがフジロック随一とも言われる“レッドマーキー”への出演を果たす等、ライヴでの活躍が目立っていたなかで、待望の新作『SYMPHONY』をリリースする。本作で、彼らは殻を破ったと言えるだろう。バンド最高の名曲と評される「HURTS」を超える名曲が誕生した。新曲4曲 + REMIX1曲のミニ・アルバムではあるが、今年を振り返ったときに鮮明に覚えているアルバムになっているはずだ。容易く語られがちなセンチメンタルやノスタルジーに、これが本物だと言わんばかりの、心の機微を捉える名曲づくしのアルバムを、OTOTOYでは独占ハイレゾ配信のスタートとともにレヴューをお届けする。

〈FUJI ROCK FESTIVAL'16〉を経て成長したホムカミのミニ・アルバムが完成!


Homecomings / SYMPHONY

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 378円(税込) / アルバム 1,404円(税込)

【収録曲】
01. PLAY YARD SYMPHONY
02. SLACKER
03. PAINFUL
04. WELCOME TO MY ROOM
05. PLAY YARD SYMPHONY(BUSHMIND remix)


Homecomings/SYMPHONY trailer


【REVIEW】 Homecomings

無敵感。なぜあの頃はあんなに根拠のない自信だけで生きていけたのだろうか。身勝手で、不遜で、大人になった気になって達観して。学校という小さなコミュニティのなかでは自分が全て正しい世界。羞恥心と自尊心だけは一人前に持っていて、傷つくことに対しては人一倍敏感で。夢も目標もなく、漠然とした”楽しい”だけを求めて無茶をして、刺激がないと退屈だと嘆いて時間をゴミ箱に捨てていく日々。それでもなぜか自分には自信があって、この先成功しかないと思い上がっていた。

『SYMPHONY』を聴いて、そんな幼かった自分の記憶がつい蘇ってしまった。当たり前だが、人には人それぞれ思い出があって、お互いの思い出が繋がることなんてことは滅多にない。しかし、この『SYMPHONY』は、お互いのまだ子供だったときの記憶を感覚的な部分で交わらせ、思い出を美化させて倍音で響かせてくれる、文字通りの”交響曲”たちなのだ。

M1「PLAY YARD SYMPHONY」のキックとスネアがまるで跳ねているバスケットボールのように聴こえる〈The basketball bouncing down the basement stairs〉” 地下室の階段を跳ねるバスケットボール”のサウンド。遊んでいるのか、練習しているのか。そんな風景が頭に浮かぶ音像に、バンド初のストリングスアレンジが加わることでまるで広い運動場のような壮大なスケールを感じさせる。運動場でバスケ。秘密の場所に屯っておしゃべり。放課後、コンビニに寄って買うアイス。いろんな人の思い出を想像させてくれるこの楽曲は、ホムカミのいままでのアンセムであった「HURTS」を超える名曲だと断言できる。


Homecomings/PLAY YARD SYMPHONY

M2「SLACKER」は”よう怠け者どの”ではじまるキャラクターになりきった歌詞が魅力的。彼女のことを慕う怠け者が描かれ、何もできずに自堕落に毎日を過ごす自分もどこか不思議とカッコ良く見えてくる。M3「PAINFUL」では、ホムカミならではの行間を辿っていくアメリカ文学のようなロマンチックな歌詞から思春期の甘酸っぱさが感じられ、M4「WELCOME TO MY ROOM」では1stアルバム『Somehow, Somewhere』収録の「DANCING IN THE MOONLIGHT」を彷彿とさせるホムカミ節全開のモータウン・ポップが印象的。全体を通して切なさや悲哀、羨望や憂いを主人公的思考で運命的に捉えてしまう学生のある種の無敵感が歌詞に滲み出ている。

これまで日常のある部分を切り取ってきたストーリー・テリングなHomecomingsの音楽は、ついに僕達の思い出にまで手を伸ばし、共感だけには留まらない、心の機微さえも精密に捉えた音楽に深化を遂げたと言っていいだろう。そして『SYMPHONY』は少し大人になった僕に、あの頃あった無敵感が”幼さ”と同居していたことを気付かせてくれる。(Text by 高橋秀実)

Homecomingsの過去作品はこちら

LIVE SCHEDULE

EVENT SCHEDULE
〈Homecomings presents "BOWLER'S DELIGHT"〉
2017年7月5日(水)@東京 渋谷 O-nest
2017年7月16日(日)@宮城 仙台 enn3rd
2017年8月18日(金)@京都 京都 磔磔
2017年8月27日(日)@石川 金沢 vanvan V4

TOUR SCHEDULE
〈Homecomings "PLAY YARD SYMPHONY" TOUR〉
2017年9月7日(木)@愛知 名古屋 TOKUZO
2017年9月8日(金)@大阪 梅田 シャングリラ
2017年9月9日(土)@東京 渋谷 WWW
2017年9月15日(金)@福岡 the voodoo lounge
2017年9月16日(土)@広島 BANQUET(SPACEO92)

Homecomingsのライブ詳細はこちらから

PROFILE : Homecomings

2012年結成。京都在住、女の子3人+男の子1人の4ピース・バンド、Homecomings。通称ホムカミ。

シングル『HURTS』のリリース以降知名度が急上昇。昨年5月には2ndアルバム『SALE OF BROKEN DREAMS』をリリースし過去作が全てロング・セラーを記録している。海外文学やUSインディーに影響を受けたサウンドと歌詞は一級品。なかでも歌詞はインディ・ロック・シーンで卓越したものとなっており、たびたびそのステーリー・テラーぶりから海外文学と同等レベルと評される。ギター・ポップと形容されることが多いが、近年では洋楽志向のインディーからオルタナまで幅広い層に向けたギター・ロックが彼らの魅力となっている。

今年2月にはイラストレーターのサヌキナオヤ氏と新たなイベント〈New Neighbors〉をスタートさせ、映画『アメリカン・スリープオーバー』を上映。映画を見終わった後にライヴを行う、音楽 × 映画の斬新な企画にチケットはソールド。好評を博した。そして本作のジャケットはサヌキナオヤ氏がイラストを担当。デザインは映画「アメリカン・スリープオーバー」のパンフレットデザイン等も手掛ける佐川まりの(gucchis free school)が手がけるなど、繋がりが産んだ作品となった。

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】15年目に突入のNegicco──2作目となるベスト・アルバムをハイレゾ配信
・2017年07月20日・【REVIEW】15年目に突入のNegicco──2作目となるベスト・アルバムをハイレゾ配信 新潟在住の3人組アイドル・ユニットNegiccoが、キャリア15年目に突入した2017年7月20日、2作目となるベスト・アルバム『Negicco 2011~2017 -BEST- 2』をリリース。「光のシュプール」「ねぇバーディア」といったシングル曲はもちろん、作詞・作曲堀に堀込高樹、編曲にKIRINJIを迎えた書き下ろしの新曲「愛は光」、Homecomingsのギタリスト・福富優樹作詞の「ともだちがいない!」、《SIDE B楽曲から1曲を選ぶTwitterファン投票企画》にて圧倒的票数で選ばれた「さよならMusic」も収録。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信!! 大人のしなやかさと可愛らしさを持ち合わせたNegiccoの現在をお楽しみください。 2作目となるベスト・アルバムをハイレゾ配信Negicco / Negicco 2011~2017 -BEST- 2【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 201円(税込) / まとめ 2,401円(税込) 【収録曲】1. 愛は光
by 鈴木 雄希
でんぱ組.inc「夢眠ねむ」ボカロ“夢眠ネム”でコンピ・アルバムをリリース
[REVIEW]・2017年07月06日・でんぱ組.inc「夢眠ねむ」がボカロ“夢眠ネム”に! 豪華クリエイター参加のコンピ・アルバムをハイレゾ配信 でんぱ組.incのメンバー、夢眠ねむのボイスをサンプリングして2月に製品化発売されている「VOCALOID4 Library夢眠ネム」を使用して制作されたコンピレーション・アルバム『VOCALOID夢眠ネム』がリリースされた。楽曲制作には、kz(livetune)、八王子P、ゆよゆっぺ、tilt-six、ナユタン星人、玉屋2060%(Wienners)、MOSAIC.WAV、Yamaha VOCALOID夢眠ネム開発チーム、Tom-H@ckら豪華メンバーが参加。まだボカロの魅力に気づいていない人へ、南波一海のレヴューでその深みにハマってください。 V.A. / VOCALOID 夢眠ネム'【配信形態】(左)(24bit/48kHz) WAV / ALAC / FLAC / AAC(右)(16bit/44.1kHz) WAV / ALAC / FLAC / AAC【配信価格】(税込) (左)単曲 324円 / まとめ価格 2,700円(右)単曲 257円 / まとめ価格 1,852円【Track Lis
『SYMPHONY』が掘り起こす、あの頃の記憶──ホムカミ新作EPを独占ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年07月05日・人と人とを交差させ、響かせる。──『SYMPHONY』が掘り起こす、あの頃の記憶 2015年にリリースしたシングル「HURTS」以降、注目を集め続ける京都在住の4ピース・バンド、Homecomings。昨年、2013年の“ROOKIE A GO-GO”出演から3年ぶりに〈FUJI ROCK FESTIVAL〉の舞台に立ち、観客の盛り上がりがフジロック随一とも言われる“レッドマーキー”への出演を果たす等、ライヴでの活躍が目立っていたなかで、待望の新作『SYMPHONY』をリリースする。本作で、彼らは殻を破ったと言えるだろう。バンド最高の名曲と評される「HURTS」を超える名曲が誕生した。新曲4曲 + REMIX1曲のミニ・アルバムではあるが、今年を振り返ったときに鮮明に覚えているアルバムになっているはずだ。容易く語られがちなセンチメンタルやノスタルジーに、これが本物だと言わんばかりの、心の機微を捉える名曲づくしのアルバムを、OTOTOYでは独占ハイレゾ配信のスタートとともにレヴューをお届けする。 〈FUJI ROCK FESTIVAL'16〉を経て成長したホムカミのミニ・アルバムが完成! Homecomin
by 中の人
コーネリアス、11年ぶりのオリジナル・アルバム『Mellow Waves』を配信開始
[CLOSEUP]・2017年06月28日・コーネリアス、11年ぶりのオリジナル・アルバムーーメロウとゆらぎに満ちた大傑作『Mellow Waves』 Cornelius(コーネリアス)が、『sensuous』以来、11年ぶりとなるオリジナル・アルバムを完成させた。その間、salyu × salyuのプロデュースやMETAFIVEでの活動、『デザインあ』、『攻殻機動隊』のサウンドトラック制作など、様々なプロジェクトに関わってきた小山田圭吾が作り上げた至高の作品。坂本慎太郎を作詞に迎えた「あなたがいるなら」、「未来の人へ」をはじめ、“メロウ”と“ウェイヴ”に満たされた全10曲。銅版画家の中林忠良によるモノクロームのジャケットも含め、2017年ひいてはテン年代の代表作になるであろう本作を配信開始する。この作品を聴かない人生はもったいない! Cornelius / Mellow Waves'【配信形態】AAC【価格】単曲 257円(税込) アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''1. あなたがいるなら2. いつか / どこか3. 未来の人へ4. Surfing on Mind Wave pt 25. 夢の中で6. Helix / Spiral7. M
by 西澤 裕郎
むすびズム、新プロデュース布陣で臨むニューシングルを独占ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年06月27日・むすびズム、新プロデュース布陣で臨むニューシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 ASOBISYSTEM発、5人組アイドル・グループ、むすびズム。”「日本のカワイイ」を世界に発信する”をテーマに活動中の彼女たちが、このたび最大の武器、「kawaii」全開の3rdシングルを発表、OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信開始。アルバム購入すると、ブックレットと、抽選でサイン入りポスタープレゼントも。さらに、リリースを記念して担当ディレクター&メンバーからのコメントも到着しました! アルバム購入でブックレットpdfつき!むすびズム / キミに夢CHU♡XX【A盤】'【収録曲】1. キミに夢CHU♡XX2. キミへ100% 3. キミに夢CHU♡XX -Instrumental-4. キミへ100% -Instrumental- 【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / まとめ価格 1,000円(税込)むすびズム / キミに夢CHU♡XX【B盤】'【収録曲】1. キミに夢夢CHU♡XX2. 小悪魔なLOOK3. キミに夢夢CHU♡XX
シャムキャッツ新アルバム『Friends Again』を読み解く──〈岡村詩野音楽ライター講座〉よりクロス・レヴュー
[REVIEW]・2017年06月23日・シャムキャッツ新アルバム『Friends Again』を読み解く──新たに提示する“シャムキャッツの音楽”とは 昨年、自主レーベル〈TETRA RECORDS〉を立ち上げ、バンド史上最高のアンセムとなった『マイガール』、バラエティ豊かな楽曲が並ぶ『君の町にも雨はふるのかい?』を立て続けにリリースしたシャムキャッツ。今回リリースされる『Friends Again』は、実に約3年3ヶ月ぶり、そして〈TETRA RECORDS〉立ち上げ以降、初のフル・アルバムとなった。前作『AFTER HOURS』リリース以降、様々な方法で表現をし、“新たなシャムキャッツ”を模索し続けていた彼ら。そんなシャムキャッツが満を持して世間に放つ音楽とは……。現在開催中の、オトトイの学校〈岡村詩野音楽ライター講座〉の講座生によるレヴューとともに紐解いてみてはいかがだろうか。 前作から約3年3か月ぶりのフル・アルバム! シャムキャッツ / Friends Again'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,400円(税込)【収録曲】''1. 花草
【REVIEW】色気漂う大人の娯楽作──ルパン音楽生みの親、大野雄二・新バンドのセカンド・アルバムをハイレゾ配信スタート!!
[REVIEW]・2017年06月23日・色気漂う大人の娯楽作──ルパン音楽生みの親、大野雄二・新バンドの最新作をハイレゾ配信スタート!! 「犬神家の一族」や「人間の証明」などの映画音楽やTV音楽、そしてみなさまご存知「ルパン3世」の音楽を手掛けてきた大野雄二が昨年始動させた新バンド・Yuji Ohno & Lupintic Sixがデビュー作から1年という短いスパンで最新作をリリース。「ルパン三世のテーマ」、「愛のテーマ」をはじめとしたルパン・シリースの中でも人気の高い楽曲もニュー・アレンジにて収録。OTOTOYではもちろんハードボイルドでアッパーな今作をハイレゾにて配信中です。そして、アルバム購入者抽選で3名に大野雄二サイン入りステッカーをプレゼント! 詳細は記事内にて! Yuji Ohno & Lupintic Six / RED ROSES FOR THE KILLER'【Track List】01. TORNADO 201702. RED ROSES FOR THE KILLER 201703. CRAZY IN LOVE feat.詩織04. MIDNIGHT WHOOPIE05. GOLDEN TIME feat.TIGER06. B
スーパーノア、待望の1stフル・アルバムをリリース!メンバーによるライナーノーツを掲載
[REVIEW]・2017年06月22日・スーパーノア、待望の1stフル・アルバムをリリース──限りなくエヴァーグリーンでポップな今作を語る 2004年に結成、京都を中心に活動を行っているスーパーノア。ついに彼ら初のフル・アルバム『Time』が完成した。今回リリースされる『Time』には、ライヴ会場限定で販売されていたシングル「リリー」の再録バージョンや、予てから音源化が望まれていた「what light」など、いまのバンドのモードが反映された新曲など全10曲を収録。OTOTOYでは今作をハイレゾ配信開始。スーパーノアのメンバーである赤井裕(Gt)、井戸健人(Gt. / Vo.)、岩橋真平(Ba.)、岡村寛子(Key.)と、〈SIMPO RECORDS〉代表であり今作のレコーディング・エンジニアを務めた小泉大輔によるセルフライナーと共にご紹介しよう。 待望の初フル・アルバムをハイレゾ・リリース スーパーノア / Time'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 230円(税込) / アルバム 2,300円(税込)【収録曲】1. U(n)A2. MADA3. ドリームシアタ
筆者について
同じ筆者による他の記事